Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NASAサイト データ サービス停止 (2018 年 1 月 28 日)は3月になっても終わりませんね。多分、太陽周辺でよほど公表したくない事が起きているのかも知れませんよ。(^_^;)
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (06/14)
    mirai (06/14)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (06/14)
    yukiya (06/14)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (06/12)
    mirai (06/12)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (06/12)
    m (06/12)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (05/20)
    mirai (05/21)
  • マイク クエンシ− (05/11)
    mirai (05/21)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (05/20)
    奏 (05/20)
  • マイク クエンシ− (05/11)
    noname (05/14)
  • 通貨評価替え/機密情報 警報 (03/29)
    mirai (04/01)
  • 通貨評価替え/機密情報 警報 (03/29)
    xx (04/01)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
コブラ (04/30) 情勢報告短信
∞ やはり、「プラズマトップレット爆弾」が除去されない限りイベントは起きない!(-_-;)
 



 
コブラ
2018年4月30日
 
情勢報告短信
 
キメラグループの掃討は続いている。残りのプラズマトップレット爆弾が依然として障害となっており、これらが除去されない限りイベントの開始には繋がらない。
 
どのようにムニョニルがこの惑星の表面を打つかをここで明らかにすることはできない。ただ一つ言えることは、ムニョニルテクノロジーの付加的な波動機能としてAN転換テクノロジーが最近になって付加されたことである。このテクノロジーはこの惑星表面の敵対的なグリッドロックの破壊を助けることであろう。
 
http://recreatingbalance1.blogspot.com/2016/05/an-conversion.html
 
1月27日のベータタイムラインの活性化から、地上作戦に関する全ての情報は高度な情報統制下に置かれることとなった。このことは、光の勢力はいかなる人間にも地上作戦について重大な情報を開示しないということを意味する。あなたはインターネット上で、地上作戦に関するいかなる信頼のおける最新情報(例外としていくつかのパンくずのような情報はそこここで出る事だろう)も受け取ることはできないだろう。というのは、光の勢力は、惑星解放のための新しい超常的な戦略を漏洩することを望まないからである。
 
イベントのための計画の一部に変更があったものの従前通りの部分もある。確実に言えることは、あなたはイベントを起こす上であなたが担うべき役割に関する重要な情報をイベントが近づくにつれて、必要とされる時に必要なだけ受け取るであろうということである。
 

 
この写真の文章の翻訳は以下のとおり。
 
「でもダーリン、私たちはただ単に存在するだけの自然のままのソウルをまだ与えられてはいません。私たちのミッションはこの世界を揺り動かしてめちゃくちゃにして、仲間の人たちに呼吸することと精一杯生きることとの違いを見せてあげることなのよ。」
 
新しいタイムラインが履行されたために”社会力学”の記事が私のブログに現れたが、このことはある人々を混乱させている。この混乱は、本来のコブラがクローンに置き換わってしまったという推測さえもたらしている始末である。このような事態は真実とはほど遠い。このような“社会力学”の記事は全くもって計画に基づいたものであり、更なる”社会力学”の記事が現れることになろう。
 
水面下で私は、惑星解放のために重要なあるプロジェクトに関わっている。そしてこのプロジェクトに私の大部分の時間とエネルギーとリソースを取られている。このために地上の人々のための私のブログの投稿頻度が最近多少とも落ちているのである。eメールへの返信がやや遅れているのである。ビジネス上の受発注手続きが少し遅れているのである。
 
ご理解いただければ幸いである。
 
光の勝利!
 
原文:http://2012portal.blogspot.jp/2018/04/short-situation-update.html
 
spiritual-light  NEW!2018-05-01 13:46:42

 
∞ ムニョニル(ミョルニル)はオペレーション・ミョルニルのことで、隔離地球で銀河法典の履行を確保するための、光の勢力の特別な作戦です。
 
ミョルニル・テクノロジーが提供する内容の一つとして、ネガティブな思考、感情、行動を発しているあらゆる闇の存在を、量子異常の量を計測することで検出することにあります。ミョルニル・テクノロジーのもう1つの内容は、銀河法典に基づいていかなる闇の存在もこの領域から排除して処理をすることのできる確実な封じ込みと処理の技術です。その処理は通常、ガニメデのある施設で行われています。
 
つまり、オペレーション・ミョルニルとはプラズマ領域に潜む闇の存在を検出するだけの作戦だったのですが、今回「ムニョニルテクノロジーの付加的な波動機能として、この惑星表面の敵対的なグリッドロックの破壊を助ける、AN転換テクノロジーが最近になって付加された」ということですから、攻撃的な戦略モードに移行したようです。
 
「新しいタイムラインが履行されたために”社会力学”の記事が私のブログに現れた」
 
”社会力学”は地球では集団力学とも訳され集団と個人との相互依存関係を実証的に研究し,一般的法則を見いだそうとするものとありますが、その道の専門家でないと聞いたこともないかもしれませんね。しかし、これがタイムラインが変わったから登場してきたとコブラが言えるところがすごいですね。
 
つまり、私たちはリアルなタイムラインジャンプを体験していることになります。

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 11:36 | comments(0) | - | - |
コブラ (04/09) 準備完了!グリッド一掃の初期設定完了
∞ 本当に圧縮突破が近いかも!! (O_O)ワォ !

 


 
コブラ
2018年4月9日
 
準備完了!グリッド一掃の初期設定完了。
 

緊急速報 ついに大詰めのようです!

コブラのThe Portalでは昨日から今日にかけてめまぐるしくSituation Updateが連投されていましたが、決定的なものがついに出てきました。
 
Monday, April 9, 2018
R! grid wipeout initialized
Posted by Cobra at 11:05 AM
 
基本的にコブラは米国西部時間を使うことが多いようなので、そうだとすると日本時間の4月10日火曜日の午前3時5分に投稿された模様です。
 
R! grid wipeout initializedでR!は多分Ready!という意味でしょうから訳すと
 
準備完了!グリッド一掃の初期設定完了。
 
となります。
 
地球圏は闇の宇宙人が張り巡らせたヴェールというエネルギーグリッドにより宇宙からもたらされる人類の進化をもたらす”光”が遮断されていて監獄状態に置かれていた訳ですが、ついにこれを除去する準備が整ったようです。
 
このヴェールにはヤルダバオト、プラズマ寄生虫、プラズマトップレット爆弾が全部繋がっていますから、grid wipeoutということですから、wipe+outですから、完全にこれらのものが拭い去られるということです。
 
キメラ、アルコン、ドラコ、レプティリアンも、もうこの動きには抗し切れなくなったということを意味します。Operation Pandoraもほぼ完了したと見ていいでしょう。
 
物質世界での大掃除は今週が山場ということは明らかでしたが、ここに来て、エーテル界、プラズマ界での宇宙戦争もいよいよ山場にさしかかってきたようです。

spiritual-light   2018-04-10 07:50:49

∞ もし、圧縮突破が起きたとしたら、これまでヴェールによって遮断されていた宇宙からの光エネルギーが入来してきます。つまり私たちの意識レベルを上昇(進化)させるエネルギーです。でもソーラーフラッシュのような強力なものではなくヴェールがなければ普通に入来していたものですから、比較的ソフトな感じのものかと思いますが、これは実際に体感してみないことにはなんとも言えませんね。

(^_^)/

 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 09:36 | comments(0) | - | - |
コブラ (04/02) ソウルファミリー
∞ 真実の情報です。じっくりお読み下さい。(^_^)/ 




 
コブラ
2018年4月2日
 
ソウルファミリー


イベント後そしてコンタクト後の社会に向けて準備を始めるために、プレアデス人は私にソウルファミリーに関する情報をリリースするよう求めてきました。
 
ソウルファミリーは、ソウルグループが未分化の単一的本質から現れて、宇宙空間のこの銀河か他の銀河にある七次元の銀河のセントラルサンのポータルを通ってこの宇宙に流入してきます。
 
この惑星の地上に今転生している数百万もの高度に進化したソウルは、主にこの銀河のセントラルサンかこの銀河の姉妹銀河であるアンドロメダ銀河のセントラルサンを通ってこの宇宙にやってきました。
 
彼らはこの銀河での旅を通して自分たちの経験を積んだのです。その旅は銀河を交差する高次元の光のフィラメントを通って行われました。そして更に後になって、プレアデス、アルデバラン、シリウス、アルクトゥルス、ヴェガ(アルファリラ)、くじら座タウ星といった星系のポータルで経験を積んで彼らの意識を集中していったのです。
 
彼らの進化経路のある時点において、彼らは銀河戦争を経験しました。そして彼らはそれに参加したのです。このことが地球に彼らを見いだすことになった主要な理由です。
 
彼らはこの監獄状態の地球に入っていくことを意図的に決意しました。その目的は光をこの惑星に定着させることによって光の勢力を助けこの惑星を解放することにありました。一方で、ただこの銀河の危険地帯をぶらつきたいがためにその危険をよく理解することなくこの危険地帯に入り込み、次元間のスカラーネットの中でアルコンに捕らえられ、地球に連行されて転生のサイクルに囚われることを強いられた存在もいたのです。
 
この惑星の地上に転生した高次元の存在にとって今覚醒することが、自分たちのミッションを思い出すことが、そしてそれを実行することが最重要事項なのです。
 
また、ソウルファミリーのメンバーにとって、監獄状態の地球に捕らわれた地球人類としてだけに止まらず、ソウルファミリーとしての高次の視点からお互いに繋がることも最重要事項なのです。
 
ソウルファミリーのメンバーは彼らの本質である五次元的な理解(未那識/まなしき)に基づいてお互いが繋がりを構築します。そしてそれによって真の友情を築き上げます。これが友情の原型の宇宙的起源なのです。
 
(訳者補足:未那識について解説しておきます。我々は“死への恐怖”という根源的欲望に無意識につき動かされ、環境から自分に必要な情報だけを分離して取り出そうとします。そして残りの多くの情報を取り損ねるのです。また、この分離した情報を自分の必要に応じて思考/解釈により好きなように切り刻んで加工します。こうしてあなたが得た情報は”死への恐怖”という太古の化石の支配する道具となり、あなたは過去から永遠に逃れられなくなります。転生から逃れられない。こうした”死への恐怖”が根源にある限り、あなたの思考/解釈は恐怖、憎しみ、不安、嫉み、軽蔑、怒り、すぐに恐怖や不安に変わる偽物の喜びや愛しか生み出しません。この無限地獄から脱するための“認識”が未那識です。未那識は思考/解釈が一切停止した時に現れる認識です。そして一切動きません。絶対に自ら動いて情報を取りに行くことはありません。このような明鏡止水の境地で自分の内外に何かを感じる時、それがハイアーセルフからのインスピレーションなのです。あなたを正しい方向へ導く鍵なのです。六次元以上は個我同士が融合する境地に入りますが、訳者もこの境地の経験は極めて乏しいのでこれ以降は説明できまでん。)
 
同じソウルファミリーに属する、あるいは、二つの近い関係にあるソウルファミリー同士のソウルファミリーメンバーは、非常に深いソウルの繋がりを創り出します。このような繋がりは、一なるソウルの愛に基づく六次元の相互作用の様式(ブッディ界の意識)を通じて行われます。そしてこのような繋がりを持ったソウル同士をソウルメイトと呼ばれています。これはガールフレンド/ボーイフレンドの原型の宇宙的起源なのです。
 
同じソウルファミリーに属するソウルファミリーのメンバーは、実のところ、それが四次元/三次元に入って来たときに一つの存在が対照をなす女性/男性の極性に分かれたものです。そしてそれはツインソウルと呼ばれます。彼らの繋がりは七次元(アートマ界の意識)に到達します。 
 
ソウルファミリーは薔薇の姉妹団の中心的な秘密の一つです。
https://inanaeliana.wixsite.com/perlen-der-liebe/celebrate
  
それは物質界において一なる存在を創り出します。
 


 
ソウルファミリー内のあらゆるレベルの結合は、マトリックスを打ち破るクリフォードトーラスを創り出します。
 
http://2012portal.blogspot.com/2012/07/plan.html
 
この理由のゆえに闇の勢力はいつもソウルファミリーを破壊しようとしています。
 
まず、彼らはスターピープルにインプラントを施すことによってそれを行います。そのインプラントは、彼らの高次元の意識との繋がりと一なるソウルの臨在に彼らが繋がることを妨害します。これは垂直インプラントプログラミングと呼ばれています。そしてこのことは、そうするべき時期が到来した時、特別にその目的のために献じられたブログの記事において話されるでしょう。垂直インプラントプログラミングは監獄状態の地球における妨害の基盤となるものです。
 
第二層のプログラミングは水平インプラントプログラミングです。プレアデス人はマトリックスを創り出している社会プログラミングの解体を始めるために今、この話をするように求めてきました。
 
水平インプラントプログラミングはツインソウルが男性(電気的)と女性(磁気的)の極性として四次元と三次元に入って来たとき、これらを誤用させます。その純粋な形態において、男性の電気的(クンダリーニ)力と女性の磁気的(ソウル)力は引き合い協力し合います。そしてそれは進化の力であるトライアンギュレーションを創り出します。
 
(訳者補足:どんな人物であっても必ず男性エネルギーと女性エネルギーをバランス良く保有していますが、このインプラントの故に著しく両者のエネルギーのバランスを欠いているのです。男性エネルギーが勝ちすぎている人は他人の気持ちを汲み取ることができません。全てにおいて自分勝手で自分が一番でないと気が済みません。自分の行為が他人を傷つけていることに気づきません。このような人は事ある毎に他人の気持ちになってみることをお勧めします。男性エネルギーの対極の女性エネルギーになってみるのです。こうするとだんだんとエネルギーのバランスが取れてきます。一方、女性エネルギーが勝ちすぎる人は引きこもります。極度に他人の目を恐れ、自分が他人の批判に晒されて傷つくことを極度に恐れます。このような人は清水寺の舞台から飛び降りる気持ちになって、勇気を振り絞って何か自分独自のものを表現してみることを、とにかく行動に移してみることをお勧めします。男性エネルギーを演じてみるのです。こうしてだんだんとエネルギーのバランスを取っていきましょう。トライアンギュレーションとは自分とは逆のエネルギーを無理矢理経験してみるというテクニックです。)
 
女性/男性間を引きつけるこの電磁気力が水平インプラントプログラミングで妨害される時、それは社会の電磁気フィールドの歪みを生じさせます。それはプログラムされたものであり、そのようにプログラムされた社会の進化は遅れさせられます。多くのミレニアムの時代にこれはしばしば起こりました。地球表面の社会がまさにそれなのです。
 
この基本的な水平インプラントが女性と男性の性エネルギーに対する感じ方の分離をもたらします。そのことは詳しく以下のリンクで語られています。
 
http://2012portal.blogspot.com/2018/03/sexual-energy.html
 
社会をコントロールする、そして、その進化を遅らせる最も効果的な方法は、女性の性的エネルギーをコントロールすることです。この理由のゆえに、女性に最大限の性的自由が与えられている文化が最も進化していると見なされたのです。
 
既知の社会において見られる女性の性的エネルギーを最も効果的にコントロールする方法は、クリティカルマスのオリオン/ドラコ/レプティリアンの性的捕食者をその社会に潜入させることでした。これはアルコンが人類の歴史上で何度も行ってきたことでした。クリティカルマスの女性がこのような性的捕食者からネガティブなプログラミングを受ける時、その社会の無意識的な女性的ソウルがパブロフ反応(訳注:条件反射)を起こすようになり、効果的に女神のエネルギーを切断するのです。
 
このような社会で女性は、マトリックスのせんさく好きな視線から離れた時のみに性的な表現を見せるような二重生活を生き始めるのです。
 
この極端な例がサウジアラビア社会です。
 
http://www.theweek.co.uk/60339/nine-things-women-cant-do-in-saudi-arabia
 
このような社会を解放する鍵は、このような社会の最も進歩した女性が、少しずつ官能的で性的な女神のエネルギーを表現し始めることです。
 http://thebestofhabibi.com/volume-18-no-2-september-2000/temple-priestess/
 
アルコンは、男性と女性との間の深い一なるソウルの愛のエネルギーに対してまったくもってアレルギーを持っているのです。
 
転生プロセスを管理することによって、彼らは滅多なことでツインソウルが同時代に転生しないようにしています。そうとはいえ、稀にはツインソウルが出会います。もし出会うことがあっても、彼らは滅多なことで一緒になることを許されません。アルコンの管理状態がこの統合を妨げるのです。このことがこの惑星において今はツインソウルの統合が極めて稀である理由です。そして、自分たちがツインソウルだと思っているほとんどの人々は、実際は最も近(ちか)しいソウルメイト(ツインソウルのエネルギーをお互いにチャネリングしているソウルメイト)なのです。
 
この惑星の地上におけるソウルメイト同士の深い一なるソウルの愛の繋がりは、多少は起こり得ます。もしそれが起こった時、アルコンはしばしばこの愛を激しく妨害しようとします。時にはどちらか一方か両方を殺すこともあります。
 
イベント後、特に、ファーストコンタクトの後には、レジスタンスとプレアデス人が人間社会の最も進歩したメンバーと、特に、ソウルファミリーとして目覚めている人々とコンタクトを開始します。
 
このコンタクトは人間社会に避けがたい地殻変動的な文化のシフトをもたらします。プレアデス人とレジスタンスは、このコンタクトは、しばしばより深いロマンティックな性的な関係への進化を避けがたくもたらすだろうと話し合っています。特にどちらか一方が地上に住んでおり、もう一方がレジスタンスか連合に属しているツインソウルとソウルメイトの場合にそれが顕著です。
 


 
このような繋がりにさらに準備するためには、地上の人類は、プレアデス人とレジスタンスがソウルファミリーに基づいたとてもよく似た社会モデルを保有していることに気づいている必要があります。しばしば彼らは彼らのツインソウルか最も近しいソウルメイトとの神聖な統合に深く身を委ねています。そして、しばしば開放的な複婚的な関係を形成しています。それは一なるソウルの愛と性的エネルギーの自由な流れに基づいているのです。同性同士の統合も彼らのうちに起こり得ます。しかしそれは、この惑星の地上でいたるところで見られるアルコンの妨害を受けていません。
 
これらの繋がりは、銀河社会への参入を果たすための人類統合の最終テストとなるでしょう。
 
光の勝利!
 
spiritual-light  NEW!2018-04-03 16:58:11
 

∞ このような情報が私たちの最も求める真実です。すんなり受け入れられます。このような真の情報は全てウェルカムです。(^_^)♪

 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:16 | comments(0) | - | - |
PFC−JAPAN (03/11) 春分・イースター・イシュタル・女神の帰還
∞ 春分の日の女神の帰還瞑想へのお誘いです。(^_^)
 



 
PFC−JAPAN
2018年3月11日
 
春分・イースター・イシュタル・女神の帰還


前回の投稿で述べたように、春分(3月21日)は女神のエネルギーにとって強力な瞬間で、女神が新しい生命を生み出す時期です。
 
「この循環で、女神のエネルギーに特に重要な段階があります。それが日の出、春分です。女神は可能な限りのあらゆる方法で新しい生命を生み出すものだからです。語源研究や音声学にたくさんの手がかりが残されています。
 
現在はイースター(Easter)の時期ですが、イースターは女神イシュタル(Ishtar)のことです。太陽は東の星(East Star)であるイシュタル(Ishtar)とともに東(East) から昇ります。イシュタルである金星は朝、最初に東(East) から上る星で、それで東の星(EastStar)と呼ばれます。また、ルシファー(元々はヴィーナスを指していた)とも呼ばれていて、ラテン語で文字通りの意味は、光をもたらすものです。なぜなら、金星が朝、新しい光をもたらすのと同じように、ヴィーナスは新しい命をもたらすからです。
 
ドイツ語やオランダ語の朝を示すmorgenが語源の朝(morning)という言葉は、別の女神の名前、モルガン・ル・フェに由来します。モルガンは語源的には海から生まれるという意味です。海は新しい命を生み出す水で、ちょうどイシュタルやヴィーナスに相当するギリシャの女神がアフロディーテであり、これも文字通りの意味は、海から生まれる、なのです。」
 
イースター の時期は春分にあたります。イースター は古代ケルト暦にあったように、女神アスタラやイーアスターから名付けられていて、どちらも女神アスタラ、アイシス、ヴィーナス、アフロディーテに相応する名前です。卵は明らかに生み出される新しい生命を象徴しますが、とりわけ卵の形は黄金比に基づいています。ウサギが象徴しているものにはいくつかの意味がありますが、一つは月(女神のエネルギーを伝える)にウサギの影が見られるというものです。


 
この生み出される新しい生命は女神自身の帰還でもあります。ですから、3月20日の春分の日、日の出の時間やその他いつでも女神の帰還瞑想を行うようお勧めしたいと思います。
 
日本語訳:女神の帰還瞑想&女神の渦瞑想
日本語訳:女神のパワー
 
この瞑想は、We Love Mass Meditation blogに投稿される予定の、正確な春分の時に行われる世界同時瞑想に加えて行っても良いでしょう。
 
女神の勝利
 
Spring Equinox-Easter-Ishtar - Return of the Goddess
原文:http://recreatingbalance1.blogspot.jp/2018/03/spring-equinox-easter-ishtar-return-of.html?m=1
 
翻訳:エル
By  PFC-JAPAN  2018/03/11

 
∞  「女神のエネルギーに特に重要な段階があります。それが日の出、春分です。女神は可能な限りのあらゆる方法で新しい生命を生み出すものだからです」
 
3月21日、春分の日(3月21日)は女神のエネルギーにとって強力な瞬間で、女神が新しい生命を生み出す時期であり、生み出される新しい生命は女神自身の帰還でもあるということです。

(^_^)/

 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:07 | comments(0) | - | - |
コブラ (03/06) セクシュアル・エナジー
∞ この記事、既読の方も多いとは思いますが、アセンションを目指す、私たちが知っておくべき重要なことなので掲載します。(^_^)/

 


 
コブラ
2018年3月6日
 
セクシュアル・エナジー


性的エネルギーは女神の秘儀と最も深く関連しています。それによって、男女の両極性は再統合されてアセンションにつながります。これが真の意味で練金術的な公式であるsolve et coagula”(溶融し凝固させる)です。
 
アルコンはアトランティス時代の後期以降、人間の性的エネルギーを操って、出来る限りそれを切り離そうとしました。彼らは、男女それぞれに異なるインプラントを施して心理的な分裂と男女の人格を乖離させました。このアトランティス時代の初期的な乖離が、男女関係における誤解の原因です。
 
女性達はツインソウルとの繋がりを継続する特殊な方法でインプラントを埋め込まれましたが、そのインプラントはツインソウル以外のすべての男性との性的関係を抑圧するものです。これによって、女性は一夫一婦制を条件づけられて、自分の片割れであるツインソウルを自分の現在のパートナーに投影している状態を作り出したのです。
 
男性は、ツインソウルとの繋がりをブロックされるようなインプラントを施されました。しかしこのインプラントは、他の女性達との性的な関係を許容するものです。男性が多数の女性との関係をもつことでツインソウルとの繋がりを否定して避ける傾向にあることになり、それによって男性達を一夫多妻に駆り立てます。
 
加えて、男女共にハートから流れてくる性的エネルギーとのつながりを遮断するインプラントが埋め込まれており、それは乖離と対立を最大化するような真反対の性質を生成するインプラントなのです。
 
女性はセックスの無い愛を許容するプログラムをインプラントされました。多くの条件が適合する特別の状況が生じた場合にのみ、性的エネルギーを自分の愛と融合させることを許容します。
 
男性は、愛のないセックスのみを許容するプログラムをインプラントされました。多くの条件が適合する特別の状況が生じた場合にのみ、男性は心を許して、愛のエネルギーを自分の性的欲求と融合させることを許容します。
 
これらに加えて、アルコンは5,000年以上前のクルガンアルコンの侵略中に、残虐な強姦を行って女性にしっかりとトラウマを植え付けて、地球にいる女性の性的エネルギーを暴力的に抑圧しました。
 


 
紀元前3000年 から300 年までの期間には、女性は女神の寺院で性的なヒーラーとして自己表現することができました。
 
その後、4世紀のカザリアンクルガン侵攻によって、この伝統を無残にも終わらせて、女性に対する性的抑圧を更に推進しました。中世になって、異端審問を行って多くの女性を火あぶりの刑に処してしまいました。
 
このトラウマを使ったプログラミングは、過去5000年間進行中で、惑星の女性精神に深い傷跡を創出しました。残念ながら、このプログラミングは、2018年3月現在においても世界中の同一加害者によって継続しています。
 
アルコンもカバールを操作しており、カバールメンバーの間での同性愛を推進する目論見をもっています。というのも、男性カバールメンバーと女性の間の本物でポジティブな性的やり取りによってカバールメンバーが光を支援する存在に変えることができることをアルコンは熟知しているからです。
 
カバールのメンバーの多くは、オカルト訓練の一環として受けたマイナーな女神の秘儀の一部を捻じ曲げて歪めて使っています。多くのカバールのメンバーは、過去の輪廻転生中に在籍していた古代ミステリースクールの脱落者であり、彼らは大きな秘技へのアクセスを得るためのテストに合格せず、すでにアクセスできていたマイナーな神秘を維持し歪め悪用し始めました。
 
カバールは、一般人にこのマイナーな秘技を歪めたものを、ハリウッドとマスメディアを通して、強制しようとしています。
 
このことすべてが、地上にいる人々を非常に片化した状態にしているのです。
 
状況に不満を抱いた多くの男性は、ナンパのゲームを始めました。
 
人間のセクシュアリティの断片化状態の真の治癒は、地上に女神エネルギーが到着することによってのみ起こります。
 
これが起こるためには、私たち自身が感情を感じて表現できるようにする必要があります。
 

http://www.stillnessinthestorm.com/2018/02/inspirational-the-power-of-true-strength-in-emotion-keys-to-an-enlightened-planet.html#more



 
地球を治癒するための主な鍵は、女性が自分の性的エネルギーを感じて表現できるようにすることです。性交渉によって表現しなければいけないわけではなくて、官能的なカラダへのタッチで表現できることも多いです。またはダンスを通してでも可能でしょう。
 
性的エネルギーの目的は、女性と男性の極性の統合です。それは不死とアセンションへの鍵です。
 
アセンションの一環としての性的統合は、女神の重要な秘技の一部です。
 
これは、Ordo Bucintoroというポジティブなテンプラーのグループの秘密の教義であるSpiritus Eros(スピリタス エロス)にすべて記述されています。
 
日本語訳: オルド・ブチントロ
Spiritus Erosのテキストはドイツ語です。ドイツ語がわからない方は、google 翻訳を使ってください。):
 
Oneへの性的統合の多くの秘密は、Kaula Tantra(カウラ タントラ)システムの奥深くに封印されています。
この本もお役に立つと思います。
Victory of the Light!
翻訳:ria
By  PFC-JAPAN 3月 06, 2018


∞ 「・・男女の両極性は再統合されてアセンションにつながります。これが真の意味で練金術的な公式であるsolve et coagula”(溶融し凝固させる)です」
 
“アルコンが必要とするエネルギーはネガティブエネルギーです。そのエネルギーを生産しているのは三次元世界の私たちです。つまり、彼らの食料としてのネガティブエネルギーを私たちは生産しているのです。ですから私たちがアセンションして高次世界にシフトすると彼らは非常に困るのです”
 
と言う話を、皆さんは読んだり聞いたりしたことがありますよね。それは事実であり、そのためにアルコンらキメラグループの闇さん達は私たちをこの混沌とした三次元世界に閉じ込めるための手段の一つとして、アセンションによって男女の両極性が再統合されることを阻止しているのです。そのために男女ともにインプラントを埋め込まれ男女間の関係を複雑にしたり、またアルコンは女性に対して残虐な強姦によるトラウマを植え付けたりして女性の性的エネルギーを暴力的に抑圧しています。これは現在も続いています。従って今人間のセクシュアリティの断片化が起きているのです。この状態を真に治癒するには地上に女神エネルギーが到着することが必然なのです。

「地球を治癒するための主な鍵は、女性が自分の性的エネルギーを感じて表現できるようにすることです。性交渉によって表現しなければいけないわけではなくて、官能的なカラダへのタッチで表現できることも多いです。またはダンスを通してでも可能でしょう」
 
女神のエネルギーの到来は↑を可能にしてくれるのです。

(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:17 | comments(0) | - | - |
コブラ (03/02) 情勢報告短信
∞ 今回は地上作戦に関わる開示可能な情報のみです。(-_-;)
 

五次元のクリフォードトーラス ?
 
コブラ
2018年3月2日
 
情勢報告短信


■ イルミナティの地下複合脱出経路の除去はフルスピードで進行中である。
 
作戦上の和解が成立しない限り、光の勢力は誰かに地上作戦について多くの情報を開示することはできない。光の勢力は、実のある情報がないために、空疎(くうそ)な情報がインターネット上で出回っていることに注意を促している。それゆえ、多くの識別力を働かせることが推奨される。また、光の勢力はいつイベントが起きるかについての推測に反対している。
 
彼らが私に情報開示するよう求めている唯一のことは以下のとおりである:”ミョルニルテクノロジーは五次元のクリフォードトーラスで、それは四次元と三次元に投射される。この惑星の地上の開放はゴルディロックスの原理(訳注:最適選択原理)に従う。”
 
(訳注:五次元のクリフォードトーラスとは、ある種の幾何学空間で、円柱の上端平面と下端平面を円柱を曲げずに繋げたもの。三次元では不可能。五次元および四次元でのクリフォードトーラスの形状は地球人のイメージ能力では想像が難しい。) 
 
圧縮突破の表面位相数学を学びたいならば、以下の書籍を読むと興味深いだろう。

 https://www.amazon.com/Deaths-End-Remembrance-Earths-Past/dp/0765377101
 
近い将来、地上作戦とは直接的な関わりはないが多くの情報を開示することができるであろう。光の勢力は私に女神の神秘に関する情報の開示を求めてきた。また、いくつかの他の情報は現在に至るまで厳に機密扱いである。この情報は、このブログの読者である地上の人々の多くに強力な反応を引き起こすであろう。
 
静かに待て。
 
∞  今回は天空の戦いに関する情報はなく、地上戦に関するものだけですが、その地上作戦に関する重要な情報は作戦上開示できないようです。
 
“ミョルニルテクノロジーは五次元のクリフォードトーラスで、それは四次元と三次元に投射される”
 
これが圧縮突破に関係する高次元テクノロジーのようですが、その作用についての説明はなく、ただ、もっとも適切なタイミングで起きるだろうと伝えます。
 
※ ミョルニルは、トールのハンマーとも呼ばれており、その意味するところは監獄状態の地球において、銀河法典が再び尊重されることを確実にするために銀河連合が用いている特別な秘密テクノロジーである。
 
「近い将来、地上作戦とは直接的な関わりはないが多くの情報を開示することができるであろう。光の勢力は私に女神の神秘に関する情報の開示を求めてきた。また、いくつかの他の情報は現在に至るまで厳に機密扱いである。この情報は、このブログの読者である地上の人々の多くに強力な反応を引き起こすであろう」
 
地上作戦に関わらない多くの情報の開示が、地球低軌道内(2000Km以下)でのSSPのネガティブグループとの戦闘状況であれば、その領域は光の勢力が勝利しているとみなせるかもしれませんね。
 
光の勢力が求める女神の神秘に関する私たちへの情報の開示が、地上の人々の多くに強力な反応を引き起こすとは、たいそう気になりますね。(^_^)
 
次回は天空の戦況の詳細と地上戦の具体的な情報がほしいですね。

(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 23:16 | comments(0) | - | - |
過去記事 台湾カンファレンスレポート/太陽系の最新情勢 (2015/01/29)
∞ この記事は2018年2月の現時点のものではなく、約3年前の「太陽系の最新情報」というコブラの過去記事です。(^_^;)




 
台湾カンファレンスレポート/太陽系の最新情勢
2015年1月29日
 

台湾カンファレンスは大いなる成功を収めた。なぜならば、台湾はポジティブなドラゴングループの主要センターであり、非常に強力なライトワーカーおよびライトウォリアーのコミュニティーが発展し得るからである。カンファレンス(一般的には会議の意)は、第二次世界大戦後にドラゴンファミリーが中国本土から脱出した後、彼らの金塊を隠した土地の近郊で開催された。
 
カンファレンスを通じて、金融リセットおよび公正でバランスの取れた新しい金融システムの構築に向けて、我々は重要な物理次元でのそしてエネルギー次元でのステップを踏むこととなった。
 
この同じ時期に、キメラグループの全ての物理次元でのストレンジレット爆弾およびトップレット爆弾が除去された。今や、プラズマ界のストレンジレット爆弾およびトップレット爆弾が残されているのみである。プラズマ界はキメラグループの影響力が強力である主要な領域であり、イベントが起きる前に慎重に取り扱わなければならない領域である。我々は将来の本ブログの投稿において、プラズマ界の情勢について詳しく扱うつもりである。
 
物理次元での爆弾が除去された結果、光の勢力の間では大いに安堵が広がっており、以前は機密扱いと判定されていた多くの情報が、今や開示しても安全であると判断されることとなった。以下のリンクのデイヴィッド・ウィルコックによる短い情報開示レポートは、物理次元での爆弾が除去された数時間後にリリースされた。作戦がまだ進行中の中で彼がこれだけ多くの情報をいち早く開示したことについて、私は驚きを禁じ得ない。
 
太陽系の外周近傍に陣取っている銀河連合の母船団が存在するが、この母船団はキメラグループの宇宙船が脱出できないバリアを張り巡らしている。
 
邪悪な四人(訳注:米国におけるニクソン政権およびフォード政権の側近であったヘンリー・キッシンジャー、ブッシュ・シニア元米国大統領、米国におけるブッシュ・ジュニア政権の副大統領であったディック・チェイニー、ブッシュ・ジュニア政権の国防長官であったドナルド・ラムズフェルドの四人を指す。)は、大量逮捕がなされる前に、キメラグループが彼らのために太陽系を脱出してバーナード星(訳注:太陽系から二番目に近い恒星。この恒星の周囲には惑星が周回していると噂されているが今のことろ、確たる証拠はない。)へ至る脱出経路を確保して欲しいと密かに願い求めている。そして、このことはキメラグループがこれらのカバールのトップに約束したことである。
 
キメラグループがかつて強大な力を持っていた物理次元でのドラコニアンおよびレプティリアンの一党の少数の小グループを支配していることは事実である。これらの小グループは、分散して主要なアステロイドベルト(訳注:別名、小惑星帯。火星軌道と木星軌道の間に存在する小惑星が集中して存在する領域。)やカイパーベルト(訳注:別名、エッジワーズ・カイパーベルト。星海王軌道の外側に存在する諸惑星が集中して存在する領域。)中に存在するいくつかの小惑星に隠れている。
 
この情報は今まではトップシークレットであった。なぜならば、レプティリアンが、(訳者補足:もし、この情報を開示するならば、)これらの小惑星に捕らわれている比較的少数の地球人類の人質に報復すると脅迫していたからである。この週末に、アシュターコマンド、プレアデス人、シリウスおよびレジスタンスムーブメントといった光の勢力が、太陽系全体の闇の勢力を一掃する作戦を開始した。
 
最近までは、バーナード星およびWolf359と呼ばれる星の周囲に存在する小惑星帯においても、ドラコ/レプティリアンの小グループが隠れていた。これらの小グループは既に完全に除去されている。
 
キメラグループが地下要塞システムを支配していることも事実である。この要塞から地上への唯一の主要なアクセスポイントはロングアイランド(訳注:米国ニューヨーク州南東部にある島。)に存在する。これらのキメラグループの地下要塞はDUMBs(deep underground military bases 深層地下軍事基地)とは全くもって連絡していない。全てのDUMBsは既に除去されており、ネガティブミリタリーとカバールはキメラの地下要塞にアクセスすることができず、地上で立ち往生している。
 
秘密宇宙プログラム/離脱文明に関わっている人々が太陽系内および地下のキメラの拠点へのアクセス方法を保有してはいないこと、また、キメラグループが存在することにさえほとんど気づいていないことをあなた方は理解する必要がある。
 
この情報は、現在に至るまでは機密扱いであった。なぜならば、キメラグループは彼らの地下基地および太陽系(月および火星ではない)に散在する拠点にいまだに地球人類の人質を保有しているからである。そして、これらの人質の解放は最大限の注意を払って実行されるはずである。
 
これらの拠点において、スカラープラズマグリッドテクノロジーが操作されているのである。
 
情報開示の安全が確保され次第、より多くの機密情報が開示されるであろう。
 
原文はこちら
 
spiritual-light  
NEW!2018-02-06 10:16:58


∞ 過去記事ですが、今に続く起点になる記事かと思います。(^_^)v
 
「この同じ時期に、キメラグループの全ての物理次元でのストレンジレット爆弾およびトップレット爆弾が除去された。今や、プラズマ界のストレンジレット爆弾およびトップレット爆弾が残されているのみである。プラズマ界はキメラグループの影響力が強力である主要な領域であり、イベントが起きる前に慎重に取り扱わなければならない領域である。我々は将来の本ブログの投稿において、プラズマ界の情勢について詳しく扱うつもりである」
 
2015年1月に物理次元のストレンジレット爆弾とトップレット爆弾が完全に除去されています。
 
「キメラグループは彼らの地下基地および太陽系(月および火星ではない)に散在する拠点にいまだに地球人類の人質を保有しているからである。そして、これらの人質の解放は最大限の注意を払って実行されるはずである。・・これらの拠点において、スカラープラズマグリッドテクノロジーが操作されているのである」
 
しかし、この時点でキメラグループは地球人類の人質を保有しており、人質の解放は当時の最大の懸案事項でした。
 
それからほぼ3年後の「12月7日のコブラの状況報告」によると、2017年12月にはサブルーナースペース(地球と月の間)でプラズマ寄生体の排除に集中しており、銀河中心への多次元ポータルが12月21日を転換点として、12月17日から12月25日まで開くことによって、サブルーナー空間のプラズマ界の大半の状況が(良い方向へ)劇的に変化しています。
 
そして、「2018年1月16日のコブラ ミョルニル作戦」では、2017年11月からミョルニルテクノロジーの機能の一つである“闇の存在をも検知する”を使ってフルに効果を発揮していますし、もう一つの、闇の存在をその領域から分離して銀河法典に従って処理することを可能にする極めて簡単な抑制・切り出し機能によって、
 
「サブルーナースペースにおいて、銀河連合に属する光の勢力は、現実的なやり方であらゆる闇の勢力の全てのメンバーにアプローチしつつある。そして、彼らに対して、光を受け入れるかさもなくば再構成されるために銀河のセントラルサンに取り込まれるかの選択を迫っている」
 
という状況にあります。
 
2018年2月3日の「COBRA状況報告」によると、
 
「今まで、地上にいる多くの人質(地球人)が闇の勢力に殺害されないように、光の勢力は地球開放に対して慎重なアプローチをしていました。人質が存在する状況において、この段階は交渉段階(もしくは膠着状態)と呼ばれています。・・交渉段階の間は、目に見える進展はさほどなく、状況の進呈にはかなりの遅れがあります。というのも、人質交渉が長引くけば長引くほど、人質が無害のまま生き残る可能性があるからです」
 
ということで、光の銀河連合によるプロセスの進捗遅延の最大の要因は人質問題であると言うことですが、コブラのソウルメイトである、
 
「アイシス・アスタラのような重要人物の殺害に伴い、人質の解放は最後の終了段階に進むことにしました。終了段階においては、人質を解放するための迅速な物理的行動があります。1月27日早朝、銀河のハイコマンド(上部司令官)は地球中軌道の配置につく決定をしました」
 
によって、光の銀河連合は人質の解放は最後の終了段階に進んで、地球中軌道のドラコ艦隊防衛線を突破して数日でほとんどのドラコ艦隊は排除されました。
 
「銀河法典を受諾しないネガティブな派閥で、地球外または秘密の宇宙プログラムのいずれかの宇宙飛行能力を有するものすべてを、銀河連合は2週間以内に排除することになります」
 
さらに、以下のネガティブな勢力を2月中旬までに排除するようです。そして現在、
 
「地表の人質状況があまりにも細心の注意を要するので、今から地表の作戦については完全に情報発信の管理体制(EMCON) に入ります。推測は数多く出回るはずですが、地表の作戦についての本当の情報は光の勢力からは公開されません」
 
とあるように、完全に情報発信の管理体制(EMCON) に入っていますから、現状にて人質の救出とネガティブな勢力排除が行われているとみられます。
 
その結果が2月半ばに判明すれば、
 
・ カバールの排除 → 完了 
・ 完全開示と完全暴露 → ディスクロージャー開始
・ 金融リセット → 起きる
 
という状況になります。これは現実に起きることですよ!
 
皆さん、私たちの置かれている現実をしっかりみましょう!


(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 18:56 | comments(0) | - | - |
COBRA状況報告 (02/03)
∞ 光の銀河連合は現在、コンプレッション・ブレークスルー(圧縮突破)でネガティブな勢力と戦闘状態に入っているようです!! (^_^)v




COBRA状況報告
2018年2月3日
 

■ コンプレッション・ブレイクスルー(圧縮突破) 人質交渉 アイシス・アスタラ 大量逮捕 ミョルニル ポジティブミリタリー
 
私の愛するソウルメイトであるアイシス・アスタラが、物質界を去りました。アイシスは、指向性エネルギー兵器で頻繁にひどい攻撃を受けていて、1月25日の攻撃は一度に多くの被害を出すものでした。私たちは彼女を守ることができず、彼女の心臓は回復しませんでした。トップレット爆弾が誘発することになるので、レジスタンスも直接的に介入できませんでした。
 
アイシスは無事にプラズマ界を通過した後に、現在はスピリチュアルガイドに付き添われて、ついに自由の身となって愛や楽しさに囲まれています。アイシスは、イベント後には生前と全く同一の見た目のクローンの肉体で地球に戻ってきます。アイシスはいま、光のエリアに滞在して女神のエネルギーを定着させて、常に望んでいた黄金時代の楽しい人生を謳歌しています。
 
この度の攻撃は、愛あふれる女性的な女神の存在に対する直接攻撃となるもので、地球外政治に起因するものです。
今まで、地上にいる多くの人質(地球人)が闇の勢力に殺害されないように、光の勢力は地球開放に対して慎重なアプローチをしていました。人質が存在する状況において、この段階は交渉段階(もしくは膠着状態)と呼ばれています。
 
people.howstuffworks.com
 
交渉段階の間は、目に見える進展はさほどなく、状況の進呈にはかなりの遅れがあります。というのも、人質交渉が長引くけば長引くほど、人質が無害のまま生き残る可能性があるからです。 

 people.howstuffworks.com
 
アイシス・アスタラのような重要人物の殺害に伴い、人質の解放は最後の終了段階に進むことにしました。終了段階においては、人質を解放するための迅速な物理的行動があります。
 
1月27日早朝、銀河のハイコマンド(上部司令官)は地球中軌道の配置につく決定をしました。
 
 


 

Medium Earth orbit - Wikipedia
中軌道 - Wikipedia
 
この情報は独立した2つの情報源である、プレアデス人とレジスタンスから来ました。ドラゴン筋からは「地球外生命体の侵略が始まった」との情報があり、この内容を確認しています。
 
地球中軌道は地球高軌道と地球低軌道の間にあって、衛星がほとんど配置されていない、珍しい領域です。例外はモルニヤ軌道にある、ロシアの通信衛星と(アメリカの)電子情報の偵察衛星のトランペット・シリーズといった、いくつかの衛星です。
 
 
地球中軌道がほぼ空っぽである理由は、高度1000マイル(1600km)から8000マイル(12750km)は、キメラ支配下のドラコ艦隊が1996年に侵攻して隔離地球を防衛している最も内側の円となる地域だからです。
 
このドラコ艦隊防衛線は1月27日夜遅くに銀河連合艦隊によって突破され、ほとんどのドラコ艦隊はその後数日で排除されました。
 
 
銀河法典を受諾しないネガティブな派閥で、地球外または秘密の宇宙プログラムのいずれかの宇宙飛行能力を有するものすべてを、銀河連合は2週間以内に排除することになります。
 

∞ 2月前半にはネガティブな派閥が排除されるということですから、2月後半には新たな動きがあるかも知れませんね。
 
それから銀河連合は、念入りに組織的に地中のすべてを排除してから、地上での作戦を開始します。
 
人質の状況の力学が変化したことで、元々あったイベントの計画が拡張されて、さらにしっかりしたものとなりました。アメリカ、中国、ロシアのポジティブミリタリーの上層部にも接触をして、指示を与えました。
 
今まではインターネット上にイベントについての機密情報が多すぎました。
 
地表の人質状況があまりにも細心の注意を要するので、今から地表の作戦については完全に情報発信の管理体制(EMCON) に入ります。推測は数多く出回るはずですが、地表の作戦についての本当の情報は光の勢力からは公開されません。
 
∞ 最終ステージに入っているようですが、“人質状況があまりにも細心の注意を要する”ので慎重に対応するようです。私たちはその結果待ちですね。
 
イベントについて私が申し上げられることは、以下の内容です。
 
・ カバールの排除
・ 完全開示と完全暴露
・ 金融リセット
 
カバールの大量逮捕は起こるかもしれませんし、起こらないかもしれません。イベントの作戦については、イベントが起こる時にマスメディアを通してリアルタイムで報道されます。
 
地球の重要な変化の時期において、女神と繋がり、愛を育み、思いやりと優しさをもってつながることで、安定的な変化をもたらし、地球にはびこっている残虐性に対抗することが最も重要なことです。
 
これについて特別なブログ記事投稿を準備しています。
 
女神は愛を望んでいるので、そうなることでしょう。
 
2012portal.blogspot.jp
 
注)アイシスアスタラへの4時間おきの瞑想は終了となります。

一方、まだブラックアラートが続いているので、以下の4時間おきのアラート対策瞑想への参加を引き続きお願いします。
地球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の記事を翻訳しています。
翻訳:Takanobu Kobayashi & NOGI
2018-02-04
 

 
∞ 皆さん、地球解放のカウントダウンが始まっていますよ!!
 
カバールが排除されると金融リセットが起きますから、当面、約2週間程度の生活を維持するための準備が必要になるかも知れません。そして完全開示と完全暴露が起きるとイベントラッシュが始まります!
 
そのときは近いですよ。
 

(^_^)/





 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:36 | comments(0) | - | - |
コブラ (01/16) ミョルニル作戦
∞ 「ミョルニル」とは「トールのハンマー」のことです。(^_^)/

 



 

コブラ
2018年1月16日
 
ミョルニル作戦
 

ミョルニル作戦は、監獄状態の地球において銀河法典の履行を実施するために光の勢力が行う特別な作戦である。
 
ミョルニルは、トールのハンマーとも呼ばれており(北欧神話におけるトール、ローマ神話におけるユピテル、ギリシャ神話におけるゼウス、エジプト神話におけるオシリス、後アトランティス文明におけるアシュターと比較せよ)、その意味するところは監獄状態の地球において、銀河法典が再び尊重されることを確実にするために銀河連合が用いている特別な秘密テクノロジーである。
 
https://en.wikipedia.org/wiki/Mj%C3%B6lnir
 
ミョルニルテクノロジーの一つの機能として、ネガティブな思考、感情および行動から発せられる量子異常の量を計測することにより、いかなる闇の存在をも検知することが挙げられる。もう一つは、闇の存在をその領域から分離して銀河法典に従って処理することを可能にする極めて簡単な抑制・切り出し機能が挙げられる。その切り出し選別作業は通常、ガニメデ(訳注:木星の衛星の一つ)の仕分け施設で行われる。
 
ミョルニル作戦は2017年11月からフルに効果を発揮している。


 
月下空間において、銀河連合に属する光の勢力は、現実的なやり方であらゆる闇の勢力の全てのメンバーにアプローチしつつある。そして、彼らに対して、光を受け入れるかさもなくば再構成されるために銀河のセントラルサンに取り込まれるかの選択を迫っている。
---------------------------------------------------------------------------------------------
∞ レジスタンスはサブルーナー(月下の)スペースを、月の軌道の下と、人口衛星の一番低い軌道の上の空間と定義しています。  
---------------------------------------------------------------------------------------------
 最近になって問題を起こしている主要勢力は、イルミナティ分離複合体(IBC)と呼ばれている一党である。IBCは、キメラの支配下にあるネガティブな一党で、地上のイルミナティネットワークから分離し、1996年のアルコンの侵略の間に地下に潜行したグループである。彼らは地下都市に彼ら独自のネットワークを構築し、それらは高速鉄道によって結ばれている。彼らの地下ネットワークは、米軍の地下ネットワーク(1950年代に建設され、2000年までにレジスタンスにより除去された)からも、キメラの地下ネットワーク(26,000年前に建設され、今やそのほとんどがレジスタンスにより除去されている)からも、アガルタの地下ネットワーク(26,000年前に構築され、数十年前にレジスタンスがそのネットワークに加わってから拡張された)からも独立している。
 
 
地下において、イルミナティ分離複合体は、土着の地球のドラコおよびレプティリアンと協同し、直近のアルコンの侵略期間中に1996年から1999年にかけて太陽系に侵入してきたドラコおよびレプティリアンとも連携することとなった。2014年において、イルミナティ分離複合体の指導者層は、キメラによって取って替わられた。1996年から、IBCは彼ら独自の極秘宇宙プログラムを発展させつつあり、そのプログラムはドラコ艦隊いわゆるダークフリート(闇の艦隊)と連携していた。今や、このクローキングされた宇宙船よりなる一大勢力の艦隊と関わりのある極秘宇宙プログラムが月下空間に展開する最も強力でネガティブな一党であり、ミョルニル作戦の主要目標である。
 
最近では、キメラの支配の下、イルミナティ分離複合体は、200,000人のイルミナティとドラコを擁するまでになった。IBCは2015年からの子供たちの失踪の多くに関わっており、彼らはその子供たちを彼らの地下基地における奴隷として使役している。
 
https://www.icmec.org/press/activities-in-more-than-29-countries-around-the-globe-will-remember-missing-children-on-may-25/
 
IBCに関する情報は、今までは開示することができなかった。なぜなら、それを行ったならば、彼らはその囚われの子供たちに対して計り知れない量の苦しみを与えることにより、報復すると予測されたからである。ミョルニル作戦の一環として、レジスタンスは2018年1月の始まりとともに、囚われの子供たちの大多数を解放し、プレアデス人たちはその子供たちを回復とヒーリングのためにプレアデス星団の近くにあるとある惑星へと連れて行っている。
 
イルミナティ分離複合体はまた、夥しい数のスカラー兵器および直接兵器によるライトワーカーやライトウォリアーへの攻撃にも関わっている。特筆すべきは、2017年11月からは、電流波による攻撃が開始された。
 
イルミナティ分離複合体はまた、地上の特にアフリカ大陸や南アメリカ大陸に多く住み、他の大陸に住んでいて吸血鬼として知られている百万人もの土着のレプティリアンとも関係を結んでいる。
 
https://onvampires.wordpress.com/who-am-i/
 
http://qvrc.blogspot.com/
 
他の極秘宇宙プログラムは地球低軌道に移行する傾向にあり、これらの除去はより目にすることのできる最近の宇宙戦争と関わりが深い。
 
http://siberiantimes.com/other/others/news/stunning-bright-light-turned-night-to-day-over-vast-swathe-of-russia/
 
https://www.rt.com/usa/415833-hawaii-ballistic-missile-alert/
 
https://solarismodalis.com/solaris-modalis-commentary-photographs-taken-during-hawaii-missile-incident/
 
ハワイにおけるミサイル騒ぎは、ある極秘宇宙プログラムによってハワイに向けられて発射された兵器であり、それは大気圏に突入する前に銀河連合によって除去された。
 
ズマ機密衛星(USA280)は成功裏に軌道まで打ち上げられ、最近の宇宙戦争に関係することとなった。最近になって、この衛星の位置情報を以下のリンクで追うことが可能となった。
 
http://www.n2yo.com/satellite/?s=43098
 
もう一つの衛星、NROL-47もまた、地球低軌道内における最近の宇宙戦争に関係することとなった。

 https://www.nasaspaceflight.com/2018/01/ula-delta-iv-nrol-47-launch-vandenberg/
 
この衛星は、キメラの支配下にある米国国防総省情報部のポジティブな一党によって開発されたかされていないかのどちらかである。
 
https://en.wikipedia.org/wiki/National_Reconnaissance_Office
 
米国国防総省情報部は、地球の監獄状態を維持することを第一目的としている主要組織の一つであり、監獄のような地球領域への銀河連合のあらゆる関わりを常に監視している。
 
NROL-47のミッションを示す記章には、Mali Nunquam Praevalebuntというラテン語を表す文字が読めるが、その意味するところは、「悪は決して勝利しない」あるいは「闇は決して繁栄しない」である。
 
記章に描かれている絵柄は、人間の犠牲を要求する龍を征伐する聖ジョージを表している。
 
https://en.wikipedia.org/wiki/Saint_George_and_the_Dragon
 
これを現代語に訳すならば、それは、この銀河戦争の最終局面における人食いドラコ種に対するポジティブな人類の勝利を意味している。
 
我々は、この更新記事を多くの人々にとって興味深いと思われるミョルニル作戦の動画で締めくくりたいと思う。 
 
Victory of the Light!
 
NEW!2018-01-17 10:19:39
 

∞ 現在、サブルーナー(月下の)スペースにおいて、光の銀河連合とキメラグループとの宇宙戦争が始まっているようです。この作戦名が「ミョルニル作戦」で、光の銀河連合が地球において銀河法典の履行を実施するために行う特別な作戦です。
 
ミョルニル作戦は2017年11月からフルに効果を発揮しているようですが、実際にどのようなことをしているのでしょうか?

「ミョルニルテクノロジーの一つの機能として、ネガティブな思考、感情および行動から発せられる量子異常の量を計測することにより、いかなる闇の存在をも検知することが挙げられる。もう一つは、闇の存在をその領域から分離して銀河法典に従って処理することを可能にする極めて簡単な抑制・切り出し機能が挙げられる。その切り出し選別作業は通常、ガニメデ(訳注:木星の衛星の一つ)の仕分け施設で行われる」
 
ミョルニルテクノロジーによって、プラズマ領域の生命体の存在も検知し、そしてプラズマ領域からその生命体を抑制して切り出して分離した後に銀河法典に従って処理することになるようですね。
 
「月下空間において、銀河連合に属する光の勢力は、現実的なやり方であらゆる闇の勢力の全てのメンバーにアプローチしつつある。そして、彼らに対して、光を受け入れるかさもなくば再構成されるために銀河のセントラルサンに取り込まれるかの選択を迫っている」
 
“現実的なやり方”とありますから、“光を受け入れるかさもなくば再構成されるために銀河のセントラルサンに取り込まれるか”を彼らの自由意思を尊重しつつ選択することを迫っているようです。
 
(-_-;) イエス カ ノウ カ セマッテ イルンヨ。
 
もし、彼らが拒否すれば銀河のセントラルサンでソウルが分解されて再構成されるので、自分という存在がこの宇宙から完全に消えてしまい、これまでの全ての経験が無になります。ですから、ほとんどの存在は光を受け入れて再度進化をめざすことを選択することになるのではないでしょうか。
 
(^_^)/゜






 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:36 | comments(0) | - | - |
コマンドPBスターダストの映像↑と漫画↓(12/16)

光の勢力から「コマンドPBスターダスト」の拡散要請です。 (^_^)♪

 

 

 

https://youtu.be/QrJLSZQtXWI (英語)

 

コマンドPBスターダストの映像↑と漫画↓
2017年12月16日

 

プレアデス人から、皆さんの慢性的な痛みを何とかしてあげたいということで、疼痛緩和のプロトコールを開発してくれました。慢性的に肉体の痛みがある方は、自分の心の中で3回唱えてください。
 
「コマンドPBスターダスト」
 
このコマンドを起動すると、プレアデス人が高度な技術を使って、皆さんの中枢神経系にアクセスして痛みを緩和します。このプロトコールはまだ新しいもので開発段階にあります。したがって効果は限定的です。
 


∞ この、疼痛緩和のプロトコール(手順)は自分の心の中で
 
「コマンドPBスターダスト」 
 
と3回唱えるだけで、漫画にあるように疼痛の痛みが和らぎます。実際にこれを実践されて「痛みが治まった」という複数の方からのコメントもありますから、まずはお試しあれ!
(^_^)/
疼痛の詳細についてはこちらをご覧下さい。 


 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 11:07 | comments(0) | - | - |