Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
COBRA (01/14)
∞  地球は光の帰還活性化の過程において鍵となる役目を持っています。何故なら、この宇宙の中で特に闇が集中している最後の場所だから・・(-_-;)

 


 
COBRA
2019年1月14日
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIORによる光の帰還活性化についてのコブラインタビュー


THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:私の友人の占星術師は、今回の月食の日の尋常ではないほどのアスペクトの数に非常に驚いていました。あなたがブログで書いていたように、なんと20ものアスペクトが見られます。彼は数秘術の観点で月食の日を見てみたところ、更に驚いていました。彼が言うには、今年こそがずっと待ち望んでいた年になるかもしれないねと言っていました。あまり煽り立てたくはないですが…もし集団瞑想の参加者が通常以上であれば、今年こそダムが大決壊するようなことが起きるのでしょうか?
 
COBRA:私はいかなる予測もしません。人々は「イベントがいつ起こるか」という結果に焦点を当てすぎてしまうからです。皆がイベントの起きる時期を推測しています。しかし、焦点はそこではありません。大事なのは、組織的に協力し合う事。そして、全体のプロセスのために貢献することです。ただの外で起きている出来事にしないでください。受け身の傍観者にならないでください。私達は、共同創造者です。ですから、イベントがいつ起きるかという質問は間違っていると思います。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:はい、私も待ちの姿勢に終始して、その場しのぎの事に集中している人達は間違っていると考えています。アスペクトの話に戻ります。20のアスペクトの中で、最も大事なものはどれですか?このチャートには、銀河の中心、プレアデス、シリウスなどアスペクトを作る惑星や小惑星の名前が並んでいます。
 
COBRA:このチャートで見られるいくつかの配置について説明させていただきます。一つ目に、多くの惑星が極度の緊張の下で並べられ、それらが巨大なブレイクスルーによって解放される、グランドクロスの配置があります。まだ「どのようなブレイクスルーが、どのように起きるのか」は断定されていません。しかし、惑星の状況に突如として猛烈なエネルギーが押し寄せてくることは間違いありません。更に、銀河の中心とのアスペクトが見られます。プレアデスやシリウスとのアスペクトも多く見られます。とても多くの惑星や小惑星が、これら三つのスターゲートを活性化しています。それが意味するのは、光の帰還瞑想の間と月食の間、これら三つのスターゲートが非常に活発になるということです。アスペクトの内容について一つ一つ述べていくことも可能ですが、専門的な詳細を話すことになってしまいます。もしお望みならお話しますが、大事なことではないと思います。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:はい、20もありますから、少しだけ紹介いただければ結構です。メインとなるものだけ教えてください。
 
COBRA:基本的にはパラス、水星、キロン、天王星、月のノードがそれぞれ銀河の中心とアスペクトを形成しています。これらは銀河の中心の引き金を引きます。そして、月、太陽、キロン、天王星がプレアデスとアスペクトを形成しています。シリウスとアスペクトを形成するのは火星、土星、金星、木星、海王星などです。ですから、チャート内のほぼ全ての惑星と小惑星が三つのスターゲートのいずれかとアスペクトを形成しているのです。信じがたいことです。単純に、非常に強力な配置だと分かります。しかもそれに加え、超強力なグランドクロスもあるのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:そうですね、今この時期にこれだけの連結が見られるというのは、極めて驚くべきことです。皆さん、私達は巨大なチャンスに恵まれているのです。このインタビューの主題として、月食とこれら全てのアスペクトがどのように関係しているかを知りたかったのです。ところで、これらのアスペクトが銀河の中心の引き金を引くというのは、どういう意味でしょうか?
 
COBRA:それぞれの占星術的アスペクトによって、太陽系全体に共鳴場が形成されます。そしてアスペクトごとに扉が形成されます。その扉からは、特定のスターゲートから太陽系を通ってこの惑星の地表へと続く道が作られます。したがって、この三つのスターゲートが活性化されることで、三つの異なる超次元プラズマ流ができて、銀河の中心、プレアデス、シリウスのエネルギー口を開き、そのエネルギーは太陽系を流れてきて、この惑星の地表に到達するということです。
 

 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:壮大ですね。これは例えば惑星や小惑星がシリウスとアスペクトをすると、シリウス人が惑星解放の為にもっと関わることができるようになるということでしょうか?
 
COBRA:その場合、シリウスのスターゲートのエネルギーがプラズマの超次元チューブともいえる道を通って、惑星地表に向けて流れます。シリウス人も当然、積極的に関わることになります。プレアデス人についても同様ですし、セントラル種族も非常に活発になるでしょう。ですから、三つの主要ポジティブ地球外種族がこの活性化に強く関わることになるのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:質問の続きになりますが、プレアデスのアルシオーネ・スターゲートのアスペクトも月食の間に活性化されるスターゲートの一つだということですね?
 
COBRA:はい、同じ原理です。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:過去の経緯を思い出していただくためにも質問しますが、2012年12月21日の冬至の日の活性化と、今回の1月21日の 月食の活性化には、何かエネルギー的な繋がりがありますか?
 
COBRA:その二つには直接の関連性はありません。全く違うエネルギーであり、違う星の配置であり、その背景も全く違います。
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:ですが、重要さや視野や影響という観点で見れば、2012年12月21日の時と同じくらいのレベルの活性化なのではありませんか?
 
COBRA:はい、同じレベルです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:ですから皆さん、今月の20日、21日の集団瞑想の為に総力を挙げる必要があります。 どうか、参加をお願いします。ところで、時間が操作されたようなことがありませんでしたでしょうか。一つの例として、トーマス・ウィリアムズが4年ごとの時間のループについて語っていましたが、そのループによって2012年12月に物理レベルで起きたいくつかの変化を感じられなくなっているというものです。このことについて、何かご存知ですか?
 
COBRA:いいえ、それは間違っています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:では、アメリカ中で観測できる今回の2019年の皆既月食と、2018年の皆既日食には、エネルギー的な繋がりがありますか?それらのエネルギーを得て、変化を広めるチャンスはありますか?
 
COBRA:はい、関連性があります。2017年8月21日のアメリカでの瞑想は、あるプロセスの引き金となり、現在までそれは続いています。今回、状況全体をアップグレードすることになります。試験に受かったとも言えます。ですので、今回は次のレベルに進むところです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それを聞けて良かったです。ということは、瞑想者数が臨界数に達すると、2017年8月21日と同じレベルのブレイクスルーを起こせるということですね?
 
COBRA:今回は、その時よりも大きなインパクトを起こすことになります。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、コブラから確認を貰いました。何が何でもやり遂げましょう。たまに「お空の星々で起きることなら、何もしなくても起きるだろう」と言って、臨界数に達するために自分で押し進める必要は無いと思っている人がいます。どう思われますか?
 
COBRA:お空の星で起きていると思っていれば、その星でしか物事は起きません。もしそれを自分の手で起こしたいのなら、物理的な行動を取ってください。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:素晴らしい。なぜ物事を加速化させ、よりスムーズに起こすためには、我々が惑星上で統一されたやり方の下で瞑想をする必要があるのですか?
 
COBRA:変化、ブレイクスルーは地表の住人を通じて起こす必要がある為です。そして、地表の住人を介して変化を起こしたいなら、地表の人々が変化のエネルギーを通さないといけません。それ以外の方法はありません。残された道は一つだけです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど。変化を起こすための青信号が灯ったということですね。黄金時代を経験するための許可が、我々には与えられました。私達の身体やDNA、エネルギー系には月食の間のスターゲートと同調するための、秘教的方法はあるのでしょうか?
 
COBRA:蝕というのは「時間が無い瞬間」なのです。5次元以上の次元と直接繋がることができる瞬間です。自由意志の決意の瞬間です。その瞬間には、量子的飛躍が可能になります。月食のエネルギーを使い、意識や具現化の過程に飛躍的進歩を起こしてください。惑星規模で言うなら、惑星の状況に効果的に量子飛躍を作り出すことができるのです。その瞬間には、惑星解放に繋がる特定の新たなプロセスが開始させるでしょう。そのことについては、まだ詳細をお話できません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、理解しました。 皆さん、この通り運命の分かれ道となる日ですから、積極的にご参加ください。キメラやアルコンはどのように妨害してくるでしょうか。そして惑星地表で瞑想をする人間は、どのようにそれに対抗し、占星術で予想される通りの出来事を起こせるでしょうか。
 
COBRA:キメラやアルコンがやっているのは、瞑想に参加する予定の人々の心理的弱点を突いて、瞑想へのやる気を無くさせることです。他の事に注意を逸らさせてきたり、忘れさせられたり、参加したくなくさせたりしてきます。これが奴らの基本的戦術です。これは戦争なのです。ピクニックではありません。瞑想には、勝利を押し進めるために参加してください。惑星解放のためです。参加者一人一人が大事です。 何度も言いますが、結果がすぐに出ることは約束できません。結果が出るまでやり続けなければなりません。それが私達にできることです。それ以外に道はありません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:その通りです。臨界数に達したら、他にどのような多次元的な出来事が起こりますか?例えば、多次元的な私達が異なる次元で、この活性化に参加することになるのでしょうか?
 
COBRA:はい、もちろんです。皆さんの物質的な肉体は、活性化の物質的側面を担当します。その間、高次元の皆さんは、同じ活性化の高次元の側面を担当します。そして全ての側面がカバーされ、全ての面で変化が起きます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:意識的に物理的な参加をすることによって、我々の潜在性が全て解き放たれるということですね
 
COBRA:はい、その通りです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:確認のためにお聞きしますが、多次元的な引き金を引くためには、物理的参加が必要なのですね?
 
COBRA:はい、もちろんです。惑星地表で多次元的変化を起こしたいのなら、物理的に参加をしてください。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、これではっきりと分かりましたね。占星術チャートでは、天王星が第4ハウスで太陽とTスクエアを形成しています。(更に、月とオポジションになっています) これはつまり、人々の頭で点と点が繋がって、突然物事をはっきりと理解したり、大衆が目覚めることになるという意味があるのでしょうか?
 
COBRA:この時点でまだ覚醒していないスターシードは突然「あっそうだったのか」という気づきがあって、高次元の現実と惑星の現状に目覚めるかもしれません。大衆も、マスメディアを通していくつかの暴露があり得ます。舞台裏では準備が進んでおり、その時には開示が起きるかもしれません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、私達がそれを支援するのです。恐らく地球同盟のことだと思いますが、彼らが作戦を実行できるように。非常に重要な役割を任されています。さて、私達はどのようにして、シリウスのスターゲートやプレアデスのアルシオーネ・スターゲートと繋がり、ソースのエネルギーを銀河セントラルサンからもたらすのを支援できるのでしょうか?言い換えれば、どのようにしてスターゲートとエネルギー的繋がりを持てますか?
 
COBRA:一番効果的なやり方としては、良く晴れた夜空を見上げることです。外に出て、ただ繋がってください。シリウスを見て、プレアデスを観察してください。北半球であれば、今見ることができます。本番まであと7日ほどありますから、難しくはないはずです。または、チンターマニストーンを通してシリウスのスターゲートと繋がることができます。プレアデスのスターゲートでしたら、モルダバイトストーンを通して繋がれます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:素晴らしい。スターゲートとの繋がりによって、惑星の地表にソースのエネルギーが流れるのを支援できますか?
 
COBRA:シリウスとプレアデスのスターゲートは、惑星解放プロセスを支援するソースのエネルギーを様々な次元を通すことができる、2大主要源なのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど。瞑想についてのあなたの投稿の中に、惑星上にある光と闇の勢力間の暗礁を解消させると書かれている部分がありました。その暗礁とは具体的にどのようなものでしょうか。人々が気づいていないこともありますか。例えば、カバールやメディアによる非覚醒層の分裂作戦はあります。明かせる範囲で構いませんので、他にも例を挙げていただけますか。
 
COBRA:最大の行き詰まりの原因はトップレット爆弾です。これがあるから、直接の行動が取れないでいます。もう一つの要因はインプラントに関する状況です。インプラントが強烈なので、覚醒しようとしない人が多数います。それと大問題は、インターネット上で拡散されている偽情報です。現在代替メディアで読める情報の8割以上が偽情報です。確認の取れていない情報に人々は踊らされています。全体の内容が意味不明となってしまい、実は読むことで心を乱してしまいます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:良い指摘です。よく認識しておきたい点ですね。ですが皆さん、全ての情報をただ無視すればいいという意味ではありません。私たちも、歪められていない、正確な情報提供を心掛けていますし、コブラはもちろんそうしています。さて、アメリカ大陸は長い間、西欧文明にとっての「新世界」と考えられてきました。私は、アメリカ大陸こそが、最もアトランティスのエネルギーを保持しているのではと見ています。実際、月食はアフリカの西海岸を通って最大になります。つまり、瞑想中と月食中に、未解決のアトランティスとその崩壊のエネルギーの最後の層が表面化して、それを私たちが解消するということはありますか。
 
COBRA:アメリカ大陸が最もアトランティスのエネルギーが最も強い場所であるという意見には同意しません。アトランティスのエネルギーがある場所の一つと言えます。また、この活性化は未解決のアトランティスのエネルギーを浄化するということには関係していません。それ以外のことに関係しています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それを今明かすことは…
 
COBRA:できません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:この占星術チャートがニューヨークの時間に設定されていることについて、特定の理由がありますか?この月食は、ニューヨークのマンハッタンにある、ウォール街に対して重要性を持つのでしょうか?
 
COBRA:ニューヨークは非常に重要です。この瞑想における重要なヴォルテックス地点ですが、マンハッタンやウォール街の為ではなく、別の理由があるためです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど。ニューヨークの中でも、とりわけロングアイランドは、ネイティブアメリカン(先住民族)13部族にとっての神聖な場所でした。ニューヨークとロングアイランドをこの月食で特に活性化される特別な方法があるのでしょうか?
 
COBRA:月食が通る道にあるヴォルテックスは全て活性化されます。よって、ロングアイランドだけではありません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、面白いです。光の勢力の中でも、あなたと行動している地球外のグループは、月食集団瞑想の前や最中に、物質的または非物質的な妨害があることを警戒していますか?
 
COBRA:はい、すでに予測済みで、もう始まっています。1月6日の部分日食の際に、非常に強い抵抗が始まりました。月食までの2週間には多くの集中的な浄化が起きて、時に強烈なレベルになるかもしれません。抑圧された闇の心理的側面を浄化するものであり、暴力的になる人もいるかもしれません。光の勢力はこの期間中、暴力のレベルを抑えるために尽力しているところです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:そうでしたか、なるほど。地球外のグループは、地表のライトワーカー達が集団瞑想によって光を定着させ、惑星とまだ目覚めていない層が光を吸収できるように、安定して光を確保する役目を持っていると見ているのでしょうか?
 
COBRA:基本的にはそうです。光を定着させる時は、惑星の地表のエネルギーパターンを安定化させることになります。同じコインの裏表です。光の定着化とは、惑星のエネルギーグリッドを安定化するということでもあるのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、私達は安定化という大事な役割も持っているのです。このことは、心に留めておきましょう。さて、あなたは宇宙のセントラルサンから巨大な光の鼓動が万物へと送られると書きましたね。宇宙セントラルサンというのは、これまでの銀河セントラルサンとは明らかに別物であることが分かります。月食そのものは銀河の片隅で起きるちっぽけな出来事に過ぎないのに、なぜこのような大きな話が出てくるのでしょうか?
 
COBRA:これまで私達がしてきた集団瞑想は、物質界と高次元を繋げるためのものでした。成功した瞑想は、その繋がりを深め、私達とソースとの繋がりを強めていってくれました。そうしてゆっくりと前進していき、今回初めて、宇宙セントラルサンと意識的に繋がり始めることができる時点に至ったのです。宇宙セントラルサンは銀河セントラルサンよりもはるかに強力な存在です。銀河セントラルサンは、この特定の銀河の進化を見守るのみですが、宇宙セントラルサンは宇宙全体の進化を見守っています。宇宙のセントラルサンとの直接の繋がりが、今回初めて形成されることになります。その繋がりがどのようなものか知る者は誰もいません。というのも、宇宙の140億年の歴史において、その繋がりを作った存在はないからです。ですから、私達は過去の宇宙周期から未来の宇宙周期への架け橋という、進化の鍵となる瞬間にいます。ご存知の方もいるでしょうが、この惑星はこの過程において鍵となる役目を持っています。何故なら、この宇宙の中で特に闇が集中している最後の場所だからです。これは小さな銀河の中の、何処にでもあるような小さな惑星で起きる、単なる小さな月食などではありません。宇宙の中でも大事な変化が起きる、中心点なのです。だから、私達はここにいます。だから、この宇宙の転換期という特別な瞬間に、特別な目的を抱き、月食の間に惑星地表と宇宙セントラルサンを直接繋げて、私達の圧縮突破の次の段階を開始させようとしているのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:壮大な話です。文字通り、宇宙レベルの話ですね。今までにない、歴史を作るようなことです。特に、深い密度の物理的レベルでは無かったことだと思います。
 
COBRA:この特定の宇宙では、初めてのことです。だから、何が起きるかは正確には分からないのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:触れられたことのない話題でしょうね。とても楽しみになってきました。ですが、他の宇宙では過去に起きたことなのですか?
 
COBRA:はい、ですが、各宇宙はそれぞれ異なる構造を持ち、異なる状況があり、闇を経験することになったのはこの宇宙だけでした。「闇を経験したのにまだ存在している宇宙」だとも言えます。特別な状況です。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:他の宇宙では、物質的レベルの密度で成し遂げられたのですか?
 
COBRA:はい。初期異常の強い存在感が無かった状況でしたが。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それは全く異なる状況ですね。皆さん、お聞きになられたように、あなたは歴史の一部になります。一丸となって、歴史を作りましょう。前例のないことをやり遂げましょう。さて、地球外の善良なグループは、地表のライトワーカー達が複数の抑圧の層に苦しめられ、極度の傷を負っていることをよく分かってくれていると思われます。ですが、この状況が地表の住人が瞑想に参加する比率に影響することはありますか?
 
COBRA:難しい質問です。地球外の善良なグループは地表の住人と同じ経験を持っていません。何が起きているかは見ることはできますが、光から切り離され、かつ支援も受けられないというその経験が実際どのようなものなのかは、知る由もないのです。見るのと実際に経験するのでは、大きな差があります。彼らが理解していることは、私達の真実からは、全くもってかけ離れたものであると言えるでしょう。例えば「アフリカで餓死した子供たちの気持ちが分かりますか」と聞かれても分からないのと同じです。TVに映る映像を見て、なんとなく理解している気になったようなものです。地球外の善良な勢力は、このようにしか地表の住人を理解できていません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:やはりそうですか。結局は自分で体験してみなければ、本当に理解できませんからね。ところで、もし地球外の善良なグループが魂の目的に沿って、地表の住人の浄化とヒーリングをしに直接介入を行ったら、地球外の悪のグループも直接物理的または非物理的に介入をしてくるのでしょうか?
 
COBRA:はい、もちろんです。ネガティブ勢力が即座に報復に乗り出すために、光の勢力は介入ができません。この惑星の大きな問題です。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:もしプラズマ・トップレット爆弾による脅しと報復が無くなれば、もう安全ですか。
 
COBRA:はい、その他の事は問題ありません。トップレット爆弾さえ取り除かれれば、イベントはその15分後には起こせます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、分かりました。スターゲートを通ってこの惑星を解放しに来た144,000人のスターシードのうち、特にシリウスとプレアデスから来たソウルファミリーのマンダラは(彼らは聖杯の欠片と考えられています)、この月食で特に重要な役割を持っているのですね。
 
COBRA:はい。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それに加えて他にも、特別な役割があるのでしょうか。過去に語られたことの無かった役割などはありますか。
 
COBRA:今はまだ話せません。瞑想が終われば、もう少し話せるかもしれません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:分かりました。皆さんの役目は、惑星解放です。真剣に取り組みましょう。コブラ、物質界の闇の勢力のヒエラルキーについてお聞きしたいです。3週間前にトーマス・ウィリアムズが出演した際に話していたことですが、キメラのことは一旦置いておいて、ドラコがヒエラルキーのトップに君臨していて、その下には「ペアレンツ」と呼ばれる20人ほどのメンバーがおり、各自のグループを統括してたそうです。彼らは遺伝的に黒魔術師の血統でした。カヴンとしても知られています。そして、その下に黒い貴族がいるそうです。この中で語られている黒魔術師について、なにかご存知でしょうか。
 
COBRA:彼はイルミナティ構造について語っているようです。ドラコの何人かはイルミナティのトップにいましたが、黒い貴族はその上に君臨していました。そして黒魔術師のカヴンは、惑星中のイルミナティ・ネットワークの基本構造を占めています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:では、カヴンは黒い貴族の一つ下のレベルにいるということですか?
 
COBRA:はい。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、いずれにしてもトップに近いところにいるのですね。次は非物質界についてのアップデートをお願いします。特にプラズマ界とプラズマ・トップレット爆弾についてです。プラズマ界は特に浄化できていない場所のままですか。また、それは初期異常が特にそこに集中しているからですか。
 
COBRA:まだそうですし、ブレイクスルーが起きる瞬間までは、そうです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:コブラが多くを明かすことができないのは承知の上ですが、エーテル界、メンタル界、アストラル界などの低い層は大分進展があったように見えますが、まだやらなければならないことがありますか。
 
COBRA:まだありますが、徐々に改善が見られています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、なんとかしたいと思ったのなら、集団瞑想にご参加ください。さてコブラ、レジスタンス・ムーブメントやプレアデス人、シリウス人など銀河連合の感じていることや、士気について、私達にお話いただけることはありませんか。
 
COBRA:彼らは戦争の真っただ中です。ブレイクスルーを起こすことに注力しています。なかなか刺激的なプランを持っていますが、これらは時期が来ればお話できるでしょう。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:彼らの士気は高いですか。
 
COBRA:かなり高いですが、心配もあります。ですが、全体的に見れば状況はかなりポジティブです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:緊張状態が少なからずあるということですね。理解できます。これは戦争ですからね。コブラ、あなたは地上のどこにも見つけられない情報を地表の住人に提供してくださいました。特に非物質界の出来事、キメラについて、プラズマ・トップレット爆弾、人類の歴史の様々な側面についてなど。私も含め、皆があなたに感謝しています。ライトワーカーの間で仲間割れや言い争いが起きても、どうか落胆しないでください。ライトワーカー達が負ってきた傷も深いからです。アトランティスなど正気の考えではない、馬鹿げていると言われ続けてきました。ライトワーカーの大部分は再起不能なほどの傷を負っていてもおかしくないと思います。心からあなたに感謝の気持ちを表したかったのです。なにか付け加えられることがあれば、仰ってください。
 
COBRA:ありがとうございます。地表の住人が経験してきたことは理解できます。ですが、私の心理的構造は少々異なっているため、今起きている状況に対して一定のやり方で合わせています。私には全く未知の様相なので。
 
ですが、本当にありがとうございます。皆さんに瞑想に参加していただきたいです。この特別な瞬間に参加し、未来を大きく加速化させましょう。
 
Victory of the Light。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:まさにそうです。Victory of the Light。惑星解放の全過程をスムーズに加速化させるための絶好の機会です。コブラ、本当にありがとうございます。どうかご無事で。月食の日には、非物質界でもお目にかかります。
 
COBRA:オーケー、そこで会いましょう。私は特定の面白いやり方で参加します。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:すばらしい。わくわくするお話をいただきました。ありがとう。またお話しましょう。月食の後、素晴らしいお知らせを期待しています。
 
COBRA:分かりました。
 
NOGI」2019/01/15 14:07
 

∞  簡易抽出しました。 (^_^;)>
 
私達が、今このときに焦点を当てるべきは「イベントがいつ起きるか」ではなく、また受け身の傍観者であってはならず、共同創造者として組織的に協力し合う事。そして、全体のプロセスのために貢献する事です。
 
今回、以下の3つの占星術的アスペクトが形成されます。
 
・パラス、水星、キロン、天王星、月のノードがそれぞれ銀河の中心とアスペクトを形成し、銀河の中心の引き金を引く。

・月、太陽、キロン、天王星とプレアデスがアスペクト形成している。

・火星、土星、金星、木星、海王星がシリウスとアスペクトを形成している。

それぞれの占星術的アスペクトによって、太陽系全体に共鳴場が形成され、そしてアスペクトごとにスターゲイトが形成されて活性化することによって三つの異なる超次元プラズマ流ができて、銀河の中心、プレアデス、シリウスのエネルギー口を開き、そのエネルギーは太陽系を流れてきて、この地球の地表に到達します。これはこれまでに無い大きなインパクトを起こすようです。

このインパクトを起こすには地球の住人である私達が起こす必要があり、そのために統一されたやり方の下で144,000人以上人たちが瞑想をしなければなりません。

「蝕というのは『時間が無い瞬間』なのです。5次元以上の次元と直接繋がることができる瞬間です。自由意志の決意の瞬間です。その瞬間には、量子的飛躍が可能になります。月食のエネルギーを使い、意識や具現化の過程に飛躍的進歩を起こしてください。惑星規模で言うなら、惑星の状況に効果的に量子飛躍を作り出すことができるのです。その瞬間には、惑星解放に繋がる特定の新たなプロセスが開始させるでしょう」

集団瞑想によって量子飛躍を起こして意識や具現化の過程に飛躍的進歩を起こしましょう!

「最大の行き詰まりの原因はトップレット爆弾です。これがあるから、直接の行動が取れないでいます。もう一つの要因はインプラントに関する状況です。インプラントが強烈なので、覚醒しようとしない人が多数います。それと大問題は、インターネット上で拡散されている偽情報です。現在代替メディアで読める情報の8割以上が偽情報です」

これらは私達の進化を妨げる3つの要因です。

もし、プレアデス艦隊がプラズマトップレット爆弾の排除に成功したら、イベントはその15分後に起こせるようです。インプラントはソーラーフラッシュで消滅することを期待したいですね。偽情報に関してはハートで見抜いて下さい。

「私達はこの宇宙の140億年の歴史において、今宇宙セントラルサンと意識的に繋がり始めることができる時点に至り、過去の宇宙周期から未来の宇宙周期への架け橋という、進化の鍵となる瞬間にいます。地球はこの家庭において鍵となる役目を持っています。何故なら、この宇宙の中で特に闇が集中している最後の場所だからです」

↑これが、この宇宙で地球が注目される理由です。この宇宙における非常に最も重要なイベントを私達は、今私達の現実として体験中なのです。(^_^)v


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 22:36 | comments(0) | - | - |
アシュター司令官とジュピター司令官 (01/04)
∞  光の銀河連合とのチャネリングメッセージです。

 


 
アシュター司令官とジュピター司令官
2019年1月4日
 

こんにちは
 
愛されてる地球のアバターやライトワーカーの皆様、5次元ポータルが開いたことをお伝えできることは喜びです。そうです。愛されてる皆様は今、単に4次元から5次元意識にシフトできます。そして高次意識の中の、レインボーブリッジを踏み越え、ゲートウェイポータルは今開けられ、そして愛すべきスターシード、光の戦士の多くは、意識の高レベルに今上昇したのです。皆様は現実を5次元の生まれ変わりである惑星の高い領域の中で上昇したということです。
 
それはどういうことでしょうか:ここにいる沢山のライトワーカー達は言っています??。
 
なぜ3/4次元である人間としてなぜまだここで生活しているのでしょうか…。
 
愛する皆様、説明させて下さい。
 
シフトした皆様、皆の自覚している意識は、まだ今のところ、領域の間でいったり来たりしています。
 
意識の存在の惑星または次元的覚醒のレベル(段階)があるように….
 
例えば、それぞれの惑星は7回転生しました。それはつまりそれぞれの物理的惑星は6つの他のボディーがあり、またもっと分かりにく転生とも言えますが、地球と呼ばれてます。そしてこれらの7つの地球とは、人類意識の鎖と呼ばれたり、鎖(繋がり)を形成している存在の7つの地球レベルの中での次元的覚醒が起こっていると言われたりします。
 
惑星的文明が存在している現在の地球は、(円形や球体や領域の地球とか、4番目の転生の中にいるガイアと言われてます。カリユガの終焉、地球、5次元の黄金の時代に準備しつつシフトしていく領域… 地球領域の世界または次元….すべては意識のレベル、7つの惑星的転生の7つの転生の鎖を覚えておいて下さい。
 
そう例えば:これが我々が言うところの惑星的アセンションと個人的アセンションです!!!。
 
惑星的ボディーの5番目、6番目、7番目の転生はもっと高位で、もっとスピリチュアルで…7番目の領域では、皆様は意識創造者とともに一つの完成形となります。
 
愛する皆様、この惑星の高次的転生に向けてその入口を踏み越えていくため、覚醒した皆様のためのポータルは開かれました。
 
しかしながら、地球の同士達(仲間達)の多くはまだ3/4次元領域の洗脳マトリックスの中にいます。または ガイアの鎖の3/4番目の転生とでもいいましょうか….あなたの惑星には、まだ3番目のチャクラが活発で、意識のシフトにむけてのハートが完全に開いてない多くの人達がいます。
 
このこれらの個人レベルにおいての低い意識はイベント到来とともに完全に変るでしょう!!!。またはブラマー(古代インドの神)の偉大なる生命力〔息吹〕….
 
この最後の波や、愛の光子の一押しが到来することを覚えておいて下さい。しかしながら、我々はいつ創造主が完全にこれを現実化する日や時間は伝えないでしょう。なぜなら今という永遠のなかで生きているからです….なので、今自分の意識に気づいた光の戦士やスターシードにはまだ必要なのです。5次元にシフトしたライトボディーやこの惑星の5回の転生、ここでは言ってもいいでしょうか:(まだあなたの惑星の表層土に立っている人間の足で)。
 
愛されてる皆様は、洗脳やヴェールを取り除くことをまさに必要としている仲間達のために、もっと光の中で定着することがまだ必要なのです。
 
我々の愛する皆様は高い周波数の橋渡し(導管)であり、光のコードとエネルギーの通信を受信するアンテナとして機能し。あなたのオーラのエネルギーフィールドを通過し、チャクラに入って吸収され、自分自身からまた放出し、宇宙のエネルギーは波の形や粒子の形のなかに存在しています。
 
すべての現実を貫通するエネルギー構成要素を作り、エネルギーは特定の場所では非常に小さいかもしれませんが、エネルギーはどこにでも存在しており…. そして愛する皆様は。特定の形で、特定の場所に集められた光の粒子エネルギーでできているのです。だから。あなたの愛すべきボディーはあなたのDNAから発する光の放射を変化させるエネルギーを特定の場所に集めるのです。それは、あなたが個人のエネルギーの特徴を惑星領域にむけて送信しているコアリアクター(原子炉)なのです。

だから親愛なるハートたち、自分の中にものすごく強力なパワーがあり、そしてあなたを助けたくてしょうがない(奉仕する)のです。そのパワーは、あなたが強く熱望し現実化したいすべてを叶える力があるのです。
 
だから今一度、集団瞑想のパワーについて考えてみて下さい ?皆が、もし宇宙からの自分の一点に集中し、自分の存在と人類に向けて、同時にエネルギーを送ったらと考えてみて下さい。 そして同じ意図で、どれだけ導管であるあなた、創造主であるあなたが強力なのか考えて下さい….もしあなたがすべて同時に同じことを望み、同じ目的で、連鎖反応的シフトを創造し現実化したらと….
 
だから愛する皆様、まだ行動のための呼びかけが必要なのです。
 
私たちは、天文学的整列に関して瞑想することを愛する皆のために願ってます。そして、2019年1月21日に皆様が言っている月食が見られるでしょう…0.51度のしし座において

月はスーパームーンでしょう ブルームーン…月は天王星と90度になるでしょう。天王星は月食を難しくする大きな影響です。これは、占星術的時間として、チャート内の複数の惑星は、それぞれが完全に直列の中で反対に位置します?….銀河の中心、プレアデスとシリウス星システムで数字的に強力に重なります。

このように…フォトンエネルギーのパワフルな配置を創造し、そして、大きなコズミック突破の中で、放出され最大の緊張状態の場所を作り出します。
 
グランドマザー・ファーザーゴッドフォース….コズミックセントラルサンは、複数の節の中で、すべてのグレートセントラルサンで整合された創造全体を通して、巨大な光のパルスを送るでしょう。

残された洗脳をシフトさせつつ、そこで愛する皆様、この正確な分点で、この整列に向け皆で瞑想すれば、この惑星で定着された皆の5次元の足で、 人類意識のパワーを想像してみて下さい。
 
愛する皆様、我々は今を願い−この視覚化の目的とテクニックを1月21日の月食の特別な日に使って、瞑想に連れて行きましょう。そしてあなたの日々の瞑想の中で、自分の惑星の周辺にあるエネルギーフィールドを拡大するため、自分の意識を統一するすることができるポータルを創造するために…. ガイアの新しい5番目の転生の中心で、光をグラウンディングさせましょう。
 
皆様は、光を定着するために自分のアンテナを使う事ができますし、目を閉じ、第3の目を開けて、そして呼吸…呼吸…自分自身の中に、創造の息吹の中で、….肩の力を抜いて…..高次のハートを開け….そして….惑星の表面に光をもたらすツールとして、この瞑想を行う意志を宣言してみて下さい。このような瞑想に皆様をお連れしたいと思います。
 
さあ眩しい白い柱/ 青いフォトンの光がマザーファーザーゴッドの核であるユニバーサルコズミックセントラルサンから放射されているところを視覚化して下さい。そしてこの光がすべての宇宙の銀河のすべてのセントラルサンへ届いている所をイメージしてください。
 
この光があなたの銀河セントラルサンを通って入ってきた所を視覚化し、そしてアルシオン・プレアデススターゲートの強力なスターゲートを通り、シリウススターゲートの別の強力なスターゲートを通り、我々の太陽系に入り、そして今あなたの太陽系システムの中の銀河ファミリーである私たち、つまり光の存在すべてに届いていきます。
 
それで、この光が私たちの母船と艦隊の上で、私たちが貢献するすべての我々の艦隊に光が入るのを視覚化してください?…..あなたのソウルスター・チャクラをとおって光は定着します。

クラウンチャクラの6インチ〔15センチ〕の場所にある、ソウルスターチャクラは恒星の通路です。そして“ソウルの場所“9番目のチャクラです。…..だから フォトンの光が9番目のチャクラに入り、ボディーに降り、すべてのチャクラから惑星ガイアのハートとソウルの核に流れます。そして、この光を人類から地球上の生命すべてに投影します。
 
今こそ愛する者たちへ!!!
 
愛する者たちが創造した現れは….地上に天国を現すことができ、そして。共同創造者が創造したように自分を圧縮突破しそしてその変化になって下さい。…..今、この光からあなたへのチャネリングメッセージとして記号化されたものをお届けしています。まだ多くのデルタオペレーション(作戦)はまだ発動中で地球の周辺にあります。我々の地球での大使たちの多くによってメッセージを広められてきました。我々の統括部隊のなかに多くの部署があります。そして、同志連合艦隊は多くの作戦が進行中で、ニューエネルギーの中での案内役に、そして皆様が言っている所の、我々が皆様の集合体へ最後の一押しのために多くの光の作戦を実行しているのです。
 
ですから愛する者たち、変化そのものになり、自由意志があります、だから自分のハートに中に突き進み、そしてないなる叡智を感じとり、そして、もし確信したなら、行動に移し…そして21日の月食に関する我々のチャンネルから与えられてる瞑想とともに光の中に定着して下さい。皆様の多くは 地上の素晴らしいクルーで戦士で、毎日変化しています。
 
アシュター司令官とジュピター司令官の我々は空母部隊とライトフォースとともにあり 愛と祝福とともに失礼します。すべての我々のハートで皆様を愛してます。
 
いつも皆とともにいます。
 
メッセージはリア オウロラ アテナ アッシュによるチャネリング
 
翻訳  瀧井
 

∞  アシュター司令官とジュピター司令官らはチャネリングにおいて地球のアバター(アバターとは「化身」の意味で、私達の仮想現実世界に投影した自分の分身)やライトワーカーの次元上昇と、そして今、5次元ポータルが開いたことを伝えています。そして、5次元ポータルが開いたことで、私達は今、単に4次元から5次元意識にシフトできるようになっていて、スターシード、光の戦士の多くは、既に意識の高レベルに上昇しているようです。
 
「なぜ3/4次元である人間としてなぜまだここで生活しているのでしょうか…」
 
私達は今現在に4次元から5次元意識にシフトできるのに、なぜ3次元世界で生活しているのかという理由は、‘地球の同士達(仲間達)の多くはまだ3/4次元領域の洗脳マトリックスの中にいる’からであり、それは私達の転生サイクルにおいてアルコンによって全てに人にインプラントが埋め込まれているのです。
 
「あなたの惑星には、まだ3番目のチャクラが活発で、意識のシフトにむけてのハートが完全に開いてない多くの人達がいます。・・これらの個人レベルにおいての低い意識はイベント到来とともに完全に変るでしょう」
 
ここでのイベントは「ソーラーフラッシュ」のことですね。この一月にその第一陣で金融リセットが起きれば、まだ覚醒していない人たちの意識レベルのシフトを引き起こしますから覚醒するでしょう。

「グランドマザー・ファーザーゴッドフォース….コズミックセントラルサンは、複数の節の中で、すべてのグレートセントラルサンで整合された創造全体を通して、巨大な光のパルスを送る」
 
このグレートセントラルサンからの強力なソーラーフラッシュを受けて洗脳やヴェールが完全に取り除かれることになりそうです。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 18:57 | comments(0) | - | - |
アレクサンドラのコブラインタビュー (2013/07/30)
∞  5年以上前のコブラインタビュー記事です。現状と照らし合わせてみて下さい。(^_^)

 


 
アレクサンドラのコブラインタビュー
2013年7月30日
 

要約編集してあります。-訳者より
A = アレクサンドラ
C = コブラ
 
A: 2013年7月29日のダビデの星メルカバ―の惑星規模のイベントについて、銀河的観点からご意見をお聞かせください。
 
C: 2013年8月25日にはもう一つのメルカバ―調整があり、その間は文明の調和の期間です。調和のエネルギーはこの惑星が今、最も必要としているものです。8月25日には光の勢力の特定の作戦が開始されますが、それまでは休憩期間です。
 
A: 多くの人が、「もう一つの地球」について語っています。片方の地球は3次元に残り、もう片方が次元上昇するというものです。
 
C: 2つの地球という考えは偽情報です。地球は一つしかなく、それが変化しています。変化の第一段階は、惑星上の全ての闇の浄化です。その後、本当のアセンション過程が始まります。新たなエネルギーの流入を誰も止めることはできません。誰も置いていかれることもありません。
 
A: 変化が多く起きていますが、現時点での時空連続体はどうなっているのでしょうか?
 
C: 実は、短いスケール、日々の時間の心理学的感覚は加速しています。毎日毎日、時間が短くなっていってます。しかし長期的なスケールで見ると、時間はそれほど速くはありません。これは単に、心理学的な時間感覚上のエネルギーの加速のエネルギー的影響なだけなのです。客観的な時間の速さはもちろん、変わっていません。時計は同じ速度で時間を測っています。
 
A: タイムラインは本当に統一されたのでしょうか?
 
C: 2012年12月21日に、主流タイムラインは単一のポジティブなものに統一されました。イベント前に起こる、いくつかの細かなタイムラインはまだ存在していますが、結局は自由意志次第です。ですが、主流タイムラインはポジティブなものです。核戦争やFEMA収容所、戒厳令などが起こる可能性はゼロです。
 
A: オランダの読者からの質問です。prepareforchange.netを支援したいのですが、人々の前に立って説明する時にはどのように振る舞うのが賢明でしょうか?
 
C: 接触する人々の心理的な心構えによります。私でしたら、金融システムから説明します。大体の人が銀行システムに欠陥があることを認識しています。UFOやファーストコンタクトの話から始めても、人々はプログラミングを受けているため、ポジティブな返事は得られないでしょう。
 
C: 光の勢力の作戦開始が9月1日だったので、多くのネズミが沈む船から逃げたというだけでした。
 
A: NSAの内部告発者のスノーデンは、何故ロシアを行先に選んだのですか?
 
C: 彼が選んだのではなく、環境が彼をロシアに導いたと言えるでしょう。その前は香港に行こうとしていました。
 
A: なるほど、前回は香港と言ってましたものね。彼は光の為に働いているということでいいんですよね。
 
C: はい、そうではないと主張する陰謀論はありますが、彼は多くの一般人にNSAに盗聴されていることを知らしめました。ポジティブな、大きな変化を大衆に起こしました。
 
A: ドイツでは、議会の人々が盗聴されていたことに対して怒りを示していますね。
 
C: 彼らは自分たちが積極的に関わっていたことを隠し、良い人を演じているだけです。政府のトップの中で、アメリカとの結びつきが強い連中は、知っててNSAと合意しました。
 
A: 彼らは、監視がいつまでもバレないとでも思っていたのでしょうか?
 
C: 全て国の諜報機関の上層部はイエズス会と繋がっています。その大きなスパイ作戦は地球上全てを支配しています。これがマトリックスです。しかし、それに潜入して光の為に働く者もいます。
 
A: サウジアラビアのKaeeb王子が、サウジ王族による人々への抑圧について暴露しました。これは光の進展によるものでしょうか?
 
C: 実は光の勢力はずっとサウジアラビアのカバールを逮捕しようとしてきました。ムスリム同胞団とサウジ政府は繋がっていました。サウジはロックフェラー派と繋がっています。そしてこの構造は全て変化の時を迎えています。
 
A: エジプトではMorsee大統領が失脚させられました。闇の勢力の中で大きな変動があるようですね。
 
C: これは記念すべきブレイクスルーでした。この惑星上で行われたポジティブミリタリーによる最初の大規模作戦でした。クーデターではありません。アルコンに操られ、誤った方向に進んでいたムスリム同胞団から人々を守り、彼らの意志を支援するものでした。アルコンの計略により、ムスリム同胞団はシリア紛争へと巻き込まれそうになりましたが、白龍会やグノーシス派イルミナティ、善良なテンプル騎士団とレジスタンス・ムーブメントに支えられたエジプトのポジティブミリタリーは、適正な時を待って、これを阻止したのです。これはイベントのリハーサルとなりました。
 
A: ムスリム同胞団にはどのように対処すればいいのでしょう?
 
C: ムスリム同胞団だけが問題では無く、アカデミ(旧ブラックウォーター)という民間傭兵も問題なのです。彼らはシリア、イラクなど世界中に散らばり、セルビアとボスニアの戦争を引き起こしたり、現在ではエジプトに潜んでいます。狙撃手を使って民間人を撃ってから、それを軍の所為にしています。
 
A: 皆が知りたがっていますが、なぜレジスタンスは民間軍事への資金提供を妨害できないのですか?
 
C: 金融システムはインターネットのようなもので、巨大なコンピュータープログラムです。そのプログラムに手を加えるとなると、その影響は全体に及びます。ですから妨害するにはシステム全体を停めてしまうしかないのです。(なるほど) システム全部をシャットダウンするということは、一旦全てをリセットするということです。
 
A: オース・キーパー(Oath-keepers)についてはご存知ですか?(はい)
 
なぜ彼らは今、表に出始めたのでしょうか?イベントが近いからですか?
 
C: オースキーパー(訳注: 退役軍人や元警官で構成された、武装した超党派民間平和軍のこと) はいつでも存在していましたが、機が熟すまでは目立たないようにしていました。理由は自身の安全確保の為です。ポジティブなメディアに属するメンバーがカバールに殺害されるのを見て、気を付けているのです。それに、一般大衆が一定レベル以上に目覚める必要があるからです。エジプトのSISI将官が、軍部の決定は一般大衆の支持によるものと演説をしたのは、これが狙いです。軍は一般人の支持が無ければ動けないからです。(その通りね) アメリカでも一般人の認識力が臨界数まで高まれば、ポジティブミリタリーがその意志を支持し、人々が自分の意志を表明できるようになります。それをやりたいという、人々からの一定数以上のコンセンサスが必要なのです。ですから、エジプトでもそうでしたが、オースキーパーが表に出たというよりも、人々が表に出てきたと言えるでしょう。
 
A: トレイボン・マーティン射殺事件は完全な偽旗作戦でしたか?
 
C: 大事な物事から人々の気を逸らすためのマスメディアによる作戦でした。こういった事件は強い感情の引き金となります。
 
A: お金の保管方法に困っている人がいます。あなたは金か銀に換えるのを勧めていましたね。ですが、品物が届くまでに長い期間待たないといけないことが問題になっているようです。
 
C: 大量に買おうとすると、そういった問題があります。バンク・オブ・アメリカなどに行く度に1オンスだけ買っておくと良いでしょう。今は買えても、いつ買えなくなるか分かりませんので、お早めにどうぞ。
 
A: バチカン銀行がマネーロンダリングで2600万ドルものお金を儲けていたようです。新しいローマ教皇や、このことに対して光の勢力は何か対策を取っていたのでしょうか?
 
C: まず、バチカンを通してロンダリングをされている数兆ドルという額に対して2000万ドルという額は大した事ではありません。そして教皇の良いところも悪いところも、少しずつ明らかになっていくでしょう。彼はイエズス会に強く訓練され、闇を選んでいます。儀式に使われる子供たちを守っていないことは誰の目にも明らかです。
 
A: 彼はゲイを支援していると主張するブログを目にしました。彼はオープンな人に見せたがっているのでしょうか。
 
C: それがイエズス会のやり方なのです。とても良い人に見せかけて、後ろでアジェンダを進めるのです。中国やインドなどの国々が17世紀に侵入された時もそうでした。そうして、彼らは世界帝国を築いたのです。
 
A: あなたがグレーと呼ぶ存在ですね。黒や白ではなく、グレー(灰色)。
 
C: イエズス会士は世界に17000人ほどいますが、その内の10%程がカバールであり、この惑星上最も深い闇の存在です。表面的には良い人に見えますが、計略をして状況を乗っ取って、操ろうとします。
 
A: 福島についての、重い話題です。ここ三日間で検知された放射能が90倍になっているそうです。これは正しい情報でしょうか?
 
C: 福島の原発には小型の核爆弾が仕込まれており、その爆発と共に事故が発生しました。その時は特に多くの放射能が生み出されることはありませんでしたが、後にカバールが故意に原発周囲の地域や、惑星上のあらゆる場所に放射性物質を置いて、福島の所為にしているのです。その検知された放射能は福島からのものではなく、カバールが地中に埋めた放射性廃棄物からのものです。
 
A: GMO(遺伝子組み換え作物)、ケムトレイル、ワクチンなど、私達はどうやって抗っていけばいいのでしょう?ヒーリングや救助を求めるとか?
 
C: それらから完璧に逃れることはできませんが、最小化することはできます。第一に、心配しすぎないこと。第二に、光を呼び出すこと。第三に、適正な食事をして綺麗な水を飲んで、身体を浄化することです。人体には再生能力という素晴らしい能力が備わっています。ハイヤーセルフと強く繋がれば、何でも治癒することができるのです。
 
A: 何故あなたはそんなに博識なのか尋ねてくる人がいます。チャネリングをしているのかと。
 
C: いつも自分の頭脳を、メンタル体を使って、それを訓練し、改善し、情報源のネットワークを構築しているので、よく知ることができます。私は心からこの惑星上で起きていることを理解したかったのです。なぜなら、おかしなことが起きているからです。その原因を知りたかったのです。それに、私は独自の情報源を持っています。物理的な能力に加え、非物質的な能力も持っています。
 
A: では、今チャネリングをしているわけでは無いのですね?
 
C: はい、私はあなたと話しています。
 
A: オバマが大統領令で、15歳から65歳までの人で、医療支援を受けたいのならばHIV検査を受けなければならないと言いました。一体アメリカ人は、力を取り戻すまでに、どれだけこういった所業に耐えなければならないのでしょうか?
 
C: 私も信じられないような法令を最近耳にしました。スペインでは太陽発電に課税することになりました。スペインでは太陽光発電は不正行為ということです。(そうね) このような愚かなことは、あちこちで起こっています。カバールは最後の最後にこのような振舞いをしているのです。
 
A: 一体どれだけ騙されれば理解するのでしょうね?アメリカではスマートメーターについて議論が盛んです。非常に危険なもので、スマートグリッドとマトリックスに繋がっています。
 
C: ええ、スマートフォンも最も危険な装置で、現在では皆持っています。それらは惑星のマトリックスと繋がっています。NSAはそれらを通して全ての会話を聴くことができます。
 
A: 最近は市民が訴訟をすると勝つケースが多く見られます。何が起きているのでしょう?
 
C: 2つの要素があり、一つはアルコンが物理界とエーテル界で訴訟手続きへの影響力を弱めているということです。二つめに、弁護士と裁判官というシステムそのものはカバールのネットワークに繋がっており、アルコンの活動が弱まると同時に、その繋がりも弱まっているのです。弁護士や裁判官の中には内なる導きに従い始めている者も出てきています。
 
A: アルコン的SPインプラントについての質問も多く寄せられています。
 
C: 多くの種類がありますので、どれかに特定してください。
 
A: こちらはクラゲ型のものについてです。左右の頭部に宿り、足の少陽胆経を攻撃します。一定期間が経つと、宿主の思考パターンや声を覚えて、その人物を乗っ取り、暴力的な傾向になるように導きます。
 
C: 人は誰もが転生する時にこういったゼラチン状の寄生体をインプラントされます。アルコンが支配する誕生プロセスの一部です。決断プロセスは前頭葉が司っているため、この寄生体は前頭葉に宿ります。この寄生体に意思決定を任せるかは、あなたの決断次第です。私達には自由意志があります。この惑星上の全ての状況を知るというのは現実的ではありませんが、ほとんどの状況で私達は自由意志を行使できます。人生で大事な決断をする時、この寄生体の影響に対してNOを突き付けてください。
 
A: 最近この寄生体の活動が目立っているのは、もうすぐ彼らの終わりが近いから?また、どのように除去するのが効果的ですか?
 
C: 活動が活発化したのはここ20年くらいです。イベントが近づくにつれ、活動も増していきます。除去するにあたり大事なのは、自由意志を使う練習をすることです。
 
A: 自由意志のマスターになることね。そして恐怖から離れること。
 
C: 恐怖は自然の反応です。特に恐怖を強調する必要もありません。ただ恐怖に集中しないことです。
 
A: 占星術のバース・チャートについての質問です。銀河系の中の私達の太陽系の場所が別の場所にあったとしたら、既存の占星術の力が弱まるのでしょうか?
 
C: 太陽系と銀河の場所は私達の寿命の中でも少しだけ変わりますが、無視できるレベルです。天体の位置が1度変化する程でしたらそれを考慮するのもいいかもしれません。太陽系内の惑星は、ある周波数を発することで皆さんに影響を与えています。ですがあなたには自由意志もあります。
 
A: 確か以前にあなたは、イベント後には星々が今と違うように見えるだろうと言っていましたね?
 
C: はい、地球の周りにはタキオン膜があり、いくつかの信号が惑星地表に到達しないように防いでいます。それが取り除かれると、今この瞬間の空を観測することができます。今の星の光は何百年も前の姿です。イベント後は光子以外にもタキオンを受信できるからです。
 
A: 違う色で見えるのでしょうか?それと場所も異なるのでしょうか?
 
C: ほとんどの星は少し違う場所にあるでしょう。今は見ることができないものを見ることができるようになります。例えば今はクローキングしている母船など。他にもありますが、今はお話することができません。
 
A: オバマはなぜまだ権力の座に居座っているのでしょうか?
 
C: 私からはコメントできませんが、彼はイベント後に大事な役割を果たすことになります。イベント後には新政府が樹立しますが、その前に臨時政府が現状を維持することになります。その後、惑星中から選挙で選ばれた人々が新政府の役人になります。
 
A: 二ビルについての質問です。二ビルは惑星ではなく、セクメトの母船ではありませんか?
 
C: 地球に近づく惑星ニビルという天体については偽情報です。セクメトは母船を持っていますが、あなたが望む名前で呼ぶといいでしょう。
 
A: 地磁気逆転についての質問です。北極の地磁気が62マイルも移動していたそうですが。
 
C: はい、地磁気の移動は起きており、進行中です。
 
A: 1933年の時のように、政府が私達市民から貴金属を没収するという可能性はありますか?
 
C:  カバールはそのような計画を持っていますが、実行は許されません。
 
A: Exovaticana.comではバチカンで起きていることを調査しているようです。彼らによれば、ネガティブなETが表に出てきて、救世主のふりをするそうです。新金融機関が立ち上がりますが、それは悪魔教信者たちの組織になります。そう思われますか?
 
C: 全く同意できません。新金融システムはカバールのものではありません。光の勢力によるものです。それにカバールにはそこまでの力はもう残っていません。
 
A: 次の質問者は、イスラエルはシリアに対して核爆弾を投下したのではと疑いを持っています。というのは、そこで特有のキノコ雲と閃光が見られたという情報を得たからだといいます。どう思いますか?
 
C: 残念ながら、それは起こりました。小型の核兵器がシリアの掩体壕に対して使用されました。2,3か月前の出来事でした。(ああ、なんて酷い)
 
死者は出ませんでしたが、放射性降下物が残りました。レジスタンス・ムーブメントの辛抱強さを測っているのです。
 
A: 大麻は地球外から来た神聖な植物ですか?
 
C: 惑星外に起源を持ちます。シリウス星系からではありません。植物はすべて神聖です。
 
A: ポーランドからの質問です。コブラは私達にお金を銀行からおろして貴金属を買うように勧めていますが、ここには食べ物を満足に買えないほどお金に困っている人がいます。イベント時には、何も食べ物が無くなってしまいます。人々はお互いに助け合うつもりもありません。なにも共有できるものがありません。そんな国で孤立してしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
 
C: そういった国はポーランドだけではありません。カバールはこのような貧困をあちこちで作りだしています。お金が無ければ、強い社会ネットワークを持つようにしてください。その中でお互いを支え、共有できるようにしてください。一緒に成長していけます。PFCを作ったのはそのためです。それにイベント後には皆が担保口座からお金を受け取りますから、その時に貧困は存在しなくなるでしょう。
 
A: 次の質問は、ポジティブミリタリーの存在に懐疑的な方からです。暴力を象徴し、エリートから命令されるだけのミリタリーが、どうしてポジティブになれるというのですか?
 
C: 名前が表す通り、ポジティブミリタリーとは光側に属する軍隊のことを言います。それらの存在は、軍隊を暴力集団から平和維持団体へと進化させるために転生してきた存在です。(なるほど、面白い)私は彼らといくらか繋がっていますが、彼らの目的は一つ、平和をもたらすことと、暴力を終わらせることです。
 
A: ということは、ミリタリーという呼称は、彼らの背景を表しているだけということですか?
 
C: そうです。彼らは惑星の変化を支援し、イベントを支援し、カバールを止めるためにいます。
 
A: アセンション・チェンバーの話題に戻りますが、あなたはカンファレンスで「アセンション・チェンバーは人類のヒーリングを助けてくれる」と言いました。質問者は、なぜライトワーカーはアセンション・チェンバーに入らなければいけないのか聞いています。
 
C: 何故ならアセンションが意識の大飛躍だからです。人間は光の勢力の高度な支援無しでそれに達することはできません。水の上を歩いてみてください。なぜ必要なのかが分かります。
 
A: その通りですね。壁を通り抜けられるか試したりね。
 
C: そうですね。ですが、本質的には皆さんもできるようになります。(すごい!皆さん、お聞きになりましたか?)
 
A: テクノロジーについての質問です。今後公開されていくものを、いくつか教えてください。
 
C: 進展中なのはフリーエネルギー技術です。小型の装置が各家庭に配布され、無料で電気を供給してくれます。これができればいい出発になります。
 
A: お金がかからない生活だなんて、今の生活に慣れ切った人々に、最初から簡単に受け入れられるものでしょうか?
 
C: これはあくまで出発点です。人々は少しづつ慣れていくでしょう。そして物事は加速していきます。ご心配しなくとも、決して退屈はしませんよ。
 
A: その後はレプリケーターで何でも具現化できるようになるんですね。
 
C: レプリケーターはファーストコンタクト後です。最先端のテクノロジーが導入されるのは、善良なET種族を迎え入れるようになってからです。
 
A: ファーストコンタクト前にそういう情報を受け取る準備ができている人々については、どうでしょうか?
 
C: はい、何人かは事前にコンタクトを受け、その種族と協力し、その際にテクノロジーも受け取るでしょう。
 
A: ありがとうございました!最後に何か一言お願いします。
 
C: お聴きいただき、ありがとうございました。皆さん一人一人が、最後の一押しのために重要です。
 
NOGI」2019/01/04 23:44


∞ 気になる箇所 (^_^;)
 
「2つの地球という考えは偽情報です。地球は一つしかなく、それが変化しています。変化の第一段階は、惑星上の全ての闇の浄化です。その後、本当のアセンション過程が始まります。新たなエネルギーの流入を誰も止めることはできません。誰も置いていかれることもありません」
 
管理人はこれに関して、当ブログにおいては3次元と高次元の「分離」が起きると伝えます。これはETさん達のメッセージのほとんどは「分離」という表現を取っていることがその理由ですが、最近の表現は自分の波動を上昇させない人は三次元世界に残り、波動を上昇させている人は高次元へ移行するとしています。これは同じ空間を波動差で共有することであり、私達の物理的な地球は1つで波動の差でお互いが見えない状態になること意味します。
 
「・・短いスケール、日々の時間の心理学的感覚は加速しています。毎日毎日、時間が短くなっていってます。しかし長期的なスケールで見ると、時間はそれほど速くはありません。これは単に、心理学的な時間感覚上のエネルギーの加速のエネルギー的影響なだけなのです。客観的な時間の速さはもちろん、変わっていません。時計は同じ速度で時間を測っています」
 
よく言われる「時間の加速」ですが、これは物理的に時間が加速することではなく、“心理学的な時間感覚上のエネルギーの加速のエネルギー的影響”によると言うことです。
 
「主流タイムラインは単一のポジティブなものに統一されました。イベント前に起こる、いくつかの細かなタイムラインはまだ存在していますが、結局は自由意志次第です。ですが、主流タイムラインはポジティブなものです。核戦争やFEMA収容所、戒厳令などが起こる可能性はゼロです」
 
2013年以降にタイムラインは大きく変化しています。当時はそうであるとしても全ての要素はパラメーターであり未来は不確定なので、これからも多くのタイムラインが発生し、その中で可能性の高いタイムラインを選択していくことになります。
 
「福島の原発には小型の核爆弾が仕込まれており、その爆発と共に事故が発生しました。その時は特に多くの放射能が生み出されることはありませんでしたが、後にカバールが故意に原発周囲の地域や、惑星上のあらゆる場所に放射性物質を置いて、福島の所為にしているのです。その検知された放射能は福島からのものではなく、カバールが地中に埋めた放射性廃棄物からのものです」
 
これは、フルディスクロージャーが起きたときに私達は知ることになります。
 
「自分の頭脳を、メンタル体を使って、それを訓練し、改善し、情報源のネットワークを構築しているので、よく知ることができます。私は心からこの惑星上で起きていることを理解したかったのです。なぜなら、おかしなことが起きているからです。その原因を知りたかったのです。それに、私は独自の情報源を持っています。物理的な能力に加え、非物質的な能力も持っています」
 
コブラがコブラたる所以ですね。
 
「人は誰もが転生する時にこういったゼラチン状の寄生体をインプラントされます。アルコンが支配する誕生プロセスの一部です。決断プロセスは前頭葉が司っているため、この寄生体は前頭葉に宿ります。この寄生体に意思決定を任せるかは、あなたの決断次第です。私達には自由意志があります。この惑星上の全ての状況を知るというのは現実的ではありませんが、ほとんどの状況で私達は自由意志を行使できます。人生で大事な決断をする時、この寄生体の影響に対してNOを突き付けてください」
 
私達の前頭葉に規制している寄生体に‘意思決定を任せる’かは自分の決断次第であり、私達には自由意志で寄生体の影響に対してNOを突き付けることができることを知っておいて下さい。

「なぜライトワーカーはアセンション・チェンバーに入らなければいけないのか・・何故ならアセンションが意識の大飛躍だからです。人間は光の勢力の高度な支援無しでそれに達することはできません・・」

要するに、私達の意識レベルが通常のペースではなく、急速にシフトするので、アセンション・チェンバー(ライト・チェンバー)に頼らざるを得ないのです。

「レプリケーターはファーストコンタクト後です。最先端のテクノロジーが導入されるのは、善良なET種族を迎え入れる用になってからです」

これは少々残念なことですが、私達の意識レベルがレブリケーターを適切に使えるようにならないとだめなようです。(^_^;)


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:16 | comments(0) | - | - |
The Portall (01/03) Return of Light Meditation Update
∞  光への帰還瞑想の日本語訳が UPされました。(^_^) 

 


 
The Portal
January 3, 2019
 
Return of Light Meditation Update


◆ コブラが1月20日/21日に企画している光への帰還瞑想の告知動画がリリースされました。
 


∞ 集団瞑想が人間社会にポジティブな効果は科学的に証明されているので、アセンションを望む全ての人々に是非とも参加して頂きたいです。ただ日本での瞑想時間帯は昼間の14時11分からなので、当日、時間のとれる方でないと無理かも知れませんが、願わくば前回超えられなかった144,000人を遙かに超える参加者を期待したいと思います。


(^_^)/  
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 18:17 | comments(0) | - | - |
COBRAアップデート 拡散希望!光の帰還の活性化瞑想
∞  コブラより、来年1月21日に行われる「光の帰還の活性化瞑想」への参加要請です。多くの方のご協力をお願いします。(^_^)/

 


 
COBRAアップデート
2018年12月23日
 
拡散希望!光の帰還の活性化瞑想
日本時間2019年1月21日14時11分

 
再び行動する時が来ました。世界の運命を自分たちの手中に収める時です。地球解放の過程に時間がかかりすぎていることは、誰しもが認めるところです。この過程を集団的に早めるチャンスです。1月20日・21日の完全月食の機会を利用してポータルを設定し、私たちの意識を統合して地球周囲のエネルギーフィールドを啓蒙しましょう。
 
本件を拡散してください。世界中に広めてください。皆さんのウェブサイトやブログに掲載してください。スピリチュアル関連グループに参加を呼び掛けてください。代替メディアをご存知でしたら、そちらにも送ってください。皆さんの周囲で参加される地元のグループ用にフェイスブックのイベントを設定しましょう。このイベント用に中心となるフェイスブックのグループも一つ設定してください。動画を作成してYoutubeに掲載してください。
 
集団瞑想が人間社会にポジティブな効果を与えることは科学的に証明されています。つまり、この瞑想に参加される各人は、イベントを発生させて完全開示に到達する役割を現実的に担っているわけです。
 
集団瞑想は周辺の犯罪率、自殺率、死亡率を下げることが科学的に確認されています
Washington crime reduced by 23% by TM group in four weeks
 
この瞑想は、光の勢力が地上に光のエネルギーを定着させて、光の勢力と闇の勢力間の暗礁を解消し、遂に人類の解放を支援することにあります。この過程を加速化させるためには、この瞑想を実行する人数が、地上の人間が有するパワーの中で唯一かつ最大の影響要因です。
 
この瞑想の臨界数の144,000人を達成しましょう。これによって、世界中のエネルギーフィールドで大規模な癒しの連鎖反応を引き起こします。光の勢力は、今回の月食で完全に覆われるアメリカ大陸全体(北米と南米)に注力します。
www.timeanddate.com
この瞑想の占星術チャートによると、月と月の交点が強力なグランドスクエアを形成し、太陽と水星がオポジションとなり、本チャート上で天王星、エリス、パラス、複数の惑星が銀河中心やプレアデスやシリウスと数多くの強力なアスペクトになります(合計で約20個のアスペクト)。この強力な配置で、宇宙規模の大ブレークスルーによって解放されることになる緊張点が最高潮に達します。

その時点で宇宙のセントラルサンが、万物全てに対して巨大な光の鼓動を送ります。この鼓動は、万物から全ての闇の最終的除去開始の引き金を引いて、新たな宇宙のサイクルの準備の開始点となります。
 
光の勢力は、当日に特定の計画を持っています。この計画は、瞑想完了後に初めて開示されます。
 
この瞑想の目的は、地上にできるだけ多く光を定着させることです。
 
瞑想の日時は、月食が最大となる瞬間に行います。ニューヨーク(1月21日午前00時11分EST、東京(1月21日午後2時11分)、台北・北京(午後1時11分CST)、カイロ(午前7時11分EET)、パリ(午前6時11分CEST)、ロンドン(午前5時11分GMT)です。

米国中西部は1月20日(日)で、シカゴ(午後11時11分CST)、デンバー(午後10時11分PST)、ロサンジェルス(午後9時11分PST)です。
 
こちらのタイムゾーン換算表があります。
www.timeanddate.com
 
瞑想指示
 
1.自分なりのやり方で、リラックスした意識状態に持ってゆきます。
 
2.この瞑想を、地上に光をもたらすための手段として行うことを意思表示します。
 
3.宇宙のセントラルサンから、白く輝く光の柱が発せられて、宇宙の全ての銀河にあるセントラルサンに配給されることを視覚化します。次にこの光が、銀河のセントラルサンを通り、アルシオーネにあるプレアデスのスターゲートを通って、シリウスのスターゲートを通り、我々の太陽系に入り、太陽系内の全ての光の存在を通って、惑星地球の全ての生命体と皆さんのカラダを通って、地球の中心に届くことを視覚化します。
 

4.この光が、宇宙に光だけが残るまで残存するすべての闇を変容させることを視覚化します。新たに大きな宇宙のサイクルが開始して、純粋な光と愛と幸福が宇宙全体の全ての生命体にもたらされることを視覚化します。
 
5. 手を頭上に上げて、時計回りに回転し始めます。
 
6.「イー」というマントラを唱えて自分のカラダ全体を振動させ、自分のカラダが輝く光の柱に変化し行き、その光の柱の中で数百万の虹色の星が散りばめられていることを視覚化します。
 
7.マントラを唱えて回り続けます。数分後に両手を下に降ろして、時計回りに回転を続けます。
 
8.その間、マントラの「エー」を唱えて自分のカラダを振動させ、自分のハートから虹色の光の渦が地球全体に広がって行く様子を視覚化します。
 
この虹色の渦は、皆さんのツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリー、スピリチュアルガイド、アセンデッドマスター、プレアデス人、エンジェル、イルカその他の光の生命体の降臨への呼びかけとなります。皆さんのツインソウル、ソウルメイト、ソウルファミリーが目覚めて、皆さんと一体となり、光のマンダラで一つ(One)の生命体となることを可視化します。
 
瞑想時間は20分間としてください。
 
女神は光を望みます。そして、光はもたらされます。
 
光の回帰瞑想の更新はこちらで行います。
翻訳:Terry
 
NOGI」  

 
∞  「この瞑想は、光の勢力が地上に光のエネルギーを定着させて、光の勢力と闇の勢力間の暗礁を解消し、遂に人類の解放を支援することにあります。この過程を加速化させるためには、この瞑想を実行する人数が、地上の人間が有するパワーの中で唯一かつ最大の影響要因です。・・この瞑想の臨界数の144,000人を達成しましょう。これによって、世界中のエネルギーフィールドで大規模な癒しの連鎖反応を引き起こします」
 
日本での瞑想開始時間は月曜日の午後2時11分です。この時間帯に参加可能であれば、是非、ご参加下さい。今回、瞑想への参加者が臨界数の144,000人を超えると、何かがはじまりますよ!(^_^)v


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 17:36 | comments(0) | - | - |
コブラ (12/07) ブラジルアセンションカンファレンスレポートおよび最新情勢報告
∞  ブラジルで行われたアセンション会議の状況報告です。

 


コブラ
2018年12月7日
 
ブラジルアセンションカンファレンスレポートおよび最新情勢報告


私たちのアセンションカンファレンスがサンパウロで催された週末に、この惑星に記念碑的な変化がありました。
カンファレンスが始まるほんの数時間前に邪悪な四人のリーダーであるジョージ・ブッシュ・シニアが死んだのは偶然ではありません。
https://www.rt.com/usa/445305-george-hw-bush-dead/
 
彼が新しいクローンの肉体に転生することを防ぐために光の勢力によって彼が捕らえられることを確実にするため、ただちに集団瞑想が行われました。
https://www.welovemassmeditation.com/2018/12/make-it-viral-meditation-for-george.html
 
この瞑想は光の勢力による作戦の成功をもたらし、彼は光の勢力によって捕らえられ、銀河のセントラルサンへと連行されました。そこで彼はただちに分解プロセスに付されています。
 
カンファレンスでのエネルギーは驚くべきものでした。400人前後の人々が巨大な光の共鳴フィールドを創り上げました。
カンファレンスの二日目には、大きなブレイクスルーが起きました。私たちはかつてなかったような女神のエネルギーを定着させることに成功しました。
https://peterpansblog.wordpress.com/2018/12/03/invitation-to-start-sisterhood-of-the-rose-groups/
 
 
カンファレンスから100人以上の人々が、彼らが住んでいる地域で物理的な薔薇の姉妹団を結成することを表明しました。
 
彼らは以下のリンクで物理的な薔薇の姉妹団を結成するための指示を見いだすことができます。
https://www.sisterhoodoftherose.network/groups
 
多くの人々がカンファレンスでノートを取っており、これらのノートは以下のリンクで見出すことができます。
https://peterpansblog.wordpress.com/2018/12/04/personal-notes-from-ascension-conference-sao-paulo/
 
https://prepareforchange.net/2018/12/07/cobra-sao-paulo-conference-notes-12-2-2018/
 
http://mundomeraki.com/ascensionconferencebrazil/
 
私たちのカンファレンスは巨大なエネルギーのインパクトを創り出しました。
https://peterpansblog.wordpress.com/2018/12/07/a-thousand-steps-to-the-light-inspirations-of-the-conference/
 
そして、あるマニフェステーションのサイクルを開始させました。そのことに関しては後ほど伝えられることでしょう。
 
週末のカンファレンスの間、水面下で重要なポジティブな変化が起こっていました。そして、私のチームの非常に多くのメンバーがイルミナティネットワークから金銭や協力の申し出を受けました。言うまでもなく、これらの全ての申し出はきっぱりと拒否しました。しかし、この出来事は、ジョージ・ブッシュ・シニアの死後、闇の勢力が弱体化していることを感じている徴(しるし)であり、これらの申し出は彼らが降伏しようとしている兆候のはしりなのでしょう。
 
また、カンファレンスの一日後、大きな金属のマーマンスパイダーの塑像がサンパウロ公園から取り除かれました。ちょうど薔薇の姉妹団がそこで瞑想を行っている最中でした。そのスパイダーは1996年にそこに設置され、ついにこの月曜日に取り除かれたのです。
 
今週は多くの変化がもたらされています。11月9日から11月11日にかけて、水面下でパリにおいて女神のヴォルテックスの活性化が起こったため、フランスにおいて黄色いベストの開放運動が勢いを得ています。
https://www.rt.com/op-ed/445661-yellow-vest-victory-working-class/
 
この運動をハイジャックするような勢力の浸透を防ぐため、そして、平和な変化を確実なものとするため、私たちは土曜日に平和瞑想を企画しました。
https://www.welovemassmeditation.com/2018/12/urgent-peace-meditations-for-paris-at.html
 
光の勝利!
 

∞ カンファレンスの詳細な報告はありませんが、注目すべきことが起きていることは確かなようですね。
 
 .献隋璽検Ε屮奪轡紂Ε轡縫△、死んだ後に、彼が新しいクローンの肉体に転生することを防ぐために光の勢力によって彼が捕らえられることを確実にするため、ただちに集団瞑想が行われ、光の勢力によって捕らえられ、銀河のセントラルサンへと連行され、ただちに分解プロセスに付されたとありますから、彼がこの宇宙に存在したという痕跡は完全に消された事になります。
 
◆.ンファレンスで400人前後の人々が巨大な光の共鳴フィールドを創り上げた。
 
 カンファレンスの二日目に、大きなブレイクスルーとなる女神のエネルギーを定着させることに成功した。

 
ぁ.ンファレンスから100人以上の人々が、彼らが住んでいる地域で物理的な薔薇の姉妹団を結成することを表明した。
 
もし、カンファレンスに日本人の参加者がいたら、そのカンファレンスノートを公表してほしいところですが・・・奇特な方、いらっしゃいませんか?(^_^)♪


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 10:06 | comments(0) | - | - |
【衝撃的!】Qアノンの世界を救う計画「ケネディ秘密宇宙開発とUFO」
∞  今、起きていることの背景が分かります。気短な人は倍速でお読み頂くとよろしいかと思います。(^_^;)>

 


 
PFCJAPAN
2018年12月4日
 
【衝撃的!】Qアノンの世界を救う計画「ケネディ秘密宇宙開発とUFO」

2018年12月1日に公開されたものです。

今回はエネルギー革命、ナチスUFO技術、ケネディやトランプ 、NWO推進派やQ計画を語る2016年のトランプ 演説、そしてケネディの演説について触れていきます。 参考および引用サイトは以下。
 

∞ 今起きていることの背景を知っておくことも必要です。管理人は読み進むうちに結構引き込まれてしまって、一気に読み終わりました。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 06:36 | comments(0) | - | - |
光の勢力 VS 闇の勢力
∞  コブラ紹介の「Xekleidoma」というサイトの翻訳記事で原文の投稿日付は不明です。(^_^)


 

光の勢力 VS 闇の勢力
2018年12月1日
 

闇の勢力の対抗組織
 
光の勢力や至高の愛に完璧に対抗する存在など、普通は考えられません。創造の歴史の中で、そのようなものはありませんでした。しかし、かつてソースと霊的な流れに背を向けた、堕天使のリーダーの下でそれは発生してしまいました。闇は勢力を拡大していき、光の魂たちが闇を封じ込めようと決心しました。宇宙の中での、これ以上の闇の拡大を防ぐためです。
 
私の理解では、闇は3つの銀河へ勢力を拡大してきたようです。天の川銀河、アンドロメダ銀河、そしてもう一つの隣接する銀河。1000億を越える銀河の中ではほんの僅かな割合ですが、その創造への悪影響は甚大でした。全ては繋がっており、完全な意識を持った魂にとっては、感覚の垣根が存在しないからです。
 
この創世記の「エラー」に対し、手軽な解決法というのは存在していません。邪悪という存在そのものが偶然できてしまったので、つまりはソースそのものでさえも予測できなかったということです。これが意味するのは、ソースとその意志に従う魂が揃ってこの邪悪という問題に対処しなければならなかったということです。そして、初期異常もこの問題に根源を持っています。光の勢力と闇の勢力の戦いは、こうして幕を開けました。これこそが、全ての戦争の原因です。
 

 
(エルヴィス・プレスリー『真実は太陽のようなものだ。一時的に覆い隠すことは出来るが、消し去ることは出来ない。』)
 
正しい理解
 
繰り返し強調しておきたいのは、「悪に目的など無い」ということです。そもそも、存在する意味や創造される意図すらありませんでした。霊的成長にとって何の糧にもなりませんし、愛や女神の素晴らしさを証明するために何の効力もありません。真実の愛の、無限の特質も、経験されなかったら意味が無いでしょう?だから、初期異常の解消以上に優先度が高いタスクなど存在しないのです。初期異常の解決こそが、全ての悪を終わらせる方法なのです。闇は打ち砕かれなければなりません。そして闇の勢力に加わっていた者には、裁きの時が訪れます。選ぶのは、光を抱いて浄化をされるか、魂のリセットを迎えるかの、どちらか一択です。魂のリセットは、魂に属している全ての知識、記憶、経験が跡形もなく消滅し、1から霊的成長を始めなければならなくなります。
 
光の勢力が使用する武器は、闇の勢力が使用するそれとは全く異なるものです。闇は恐怖、制限、権力、アメとムチ、嘘や詐欺行為、暴力と破壊行為、抑圧と飢餓、鬱と孤独、基本的欲求や対抗意識への働きかけを武器としています。反対に光の勢力は愛、充足、インスピレーション、真実とその解明、調和、自由と繁栄、ユーモアと意識の拡大、至高の魂としての人々の自然な性質の強化を武器としています。闇の勢力の最大の攻撃は、人々が自身のハイヤーセルフと繋がらなくさせることです。そうすることで人々は悪の行為に走り、闇は自分の居場所を確保できます。光は闇より強いです。どちらも元は光から生まれたからです。私達の本質も、光です。光は無限であり、境がありません。ですから光の目的にも制限はありません。光には創造性、美、冒険心、充足感、喜び、幸福感、絶頂感を持ち合わせています。そして、それは誰にも制限できないものです。
 
光の勢力は闇に支配された惑星を次々に解放してきました。1994年のアンカラ条約によって、銀河に多くの平和がもたらされました。この条約の内容に反対する勢力は、少数になりました。アンカラ同盟の意向を拒否し続け、自らの小さな闇の王国を維持するべく、対抗組織を結成しました。1996年、アルコンはリゲルから地球へと最後の拠点を移しました。そしてストレンジレット爆弾とトップレット爆弾を地球へと持ち込みました。それらは、核爆弾とは反対の原理を持つ爆弾です。核分裂による連鎖反応を引き起こすのではなく、亜原子粒子に圧力を加えて融合させ、ブラックホールを創りだすのです。惑星地球上の闇の勢力が未だに打倒されないのは、これが原因です。地表の住人を人質にしているのです。光の勢力は地球上の人類のことを気にかけているので、最大限の注意を払って対処にあたっています。ミカドというゲームをご存知でしょうか。
 

 
このゲームでは崩れないようにスティックを注意して引き抜きます。スティックがトップレット爆弾やそれに繋がっている支配テクノロジーだと喩えてみましょう。地球上の闇の勢力の力を削ぐのに、こんなにも時間がかかってしまっているのは、このような要因もあります。ほとんどの人は何も良い変化が無いという印象を持たされていますが、今日も背後では光と闇の銀河戦争が続いています。善良な宇宙人たちからは蒼い真珠と呼ばれている、この惑星地球を巡って。これまでの光の勝利のほとんどは、太陽系内の私達の目の届かない場所で達成されてきました。あるいは高次元であったり、地球の地下でもありました。戦いに気づいている人もいますが、闇の勢力の支配を崩す方法を知っている人はいません。なぜなら人類は深くプログラミング(洗脳)をされているからです。
 

 
レジスタンス・ムーブメント
 
光の勢力の主要グループの一つが、レジスタンス・ムーブメントです。彼らの出身は、冥王星よりもはるかに遠いところに軌道を持ち、知的生命体が存在し、1999年に闇の勢力の支配から解放された、惑星Xです。その時の自由闘士達の多くが惑星Xから地球へ移動し、地球の地下基地に1975年に設立された自由闘士達とも合流しました。レジスタンス・ムーブメント(RM)の目的はカバールの支配を転覆させることです。RMは先進的な技術を用いて、地下にいながら惑星地表の活動を監視しています。RMと合流する前の地球の闘士たちはアガルタ文明とも接触していましたが、カバールの兵隊に追い詰められていました。特に1996年から1999年の間の状況は非常に劣勢でしたが、惑星Xからの百万単位の増援を得て、形勢逆転が始まりました。それからは地表の諜報員たちや秘密組織の協力も得て、RMは地下の領土を奪還していき、カバールが人々の血税をそのブラックオペレーションに注ぎ込んでいた、地下の秘密軍事施設が次々と掃討されていきました。カバールの狙いは、まずこうした地下施設での長期滞在に必要な科学者、学者、医者、看護師、軍隊、建築家、大工などを採用し、地上で核爆弾や生物兵器や飢饉などによる第三次世界大戦を引き起こしてから、地下に避難しようというものでした。そのような破滅が起これば、世界中が助けを求めてカバールに完全服従し、服従した者には壊滅した文明の再建や医療処置を褒美として与えようとしていたのです。そのような恐ろしい陰謀はRMによって阻止されました。そしてRMはホワイトハットと呼ばれるポジティブミリタリーのメンバーと協力し、地下基地を破壊または占拠していきました。
 

地下へのポータル

カバールの地下軍事基地1

カバールの地下軍事基地2
 
善良な地球外生命体
 
RMは善良な地球外生命体から積極的な支援を受けています。プレアデス人、シリウス人、アークトゥルス人や善良なアンドロメダ人などに代表される様々な宇宙種族がいます。
 
プレアデス人
シリウス人
アークトゥルス人
 
彼らはアセンデッドマスターに率いられたポジティブな文明の緩やかな集まりである、銀河連合としてまとまっています。また、セントラル種族という宇宙で最も古い知的生命体もいます。
 

 
セントラル種族はその名の通り、天の川銀河の中央部で高度に発達した種族です。数千年以上も昔、地球のアトランティス文明とも交流がありました。
 
銀河連合の中には闇の勢力からの地球解放の特務を持った、アシュター・コマンドと呼ばれる特別部署もあります。
 
基本的に、太陽系の外側にある全ての惑星や文明は光側のものです。かつて闇の勢力であった文明も、今では光の導きを受け入れました。皆、多様性に富んだ宇宙文明の中でも調和を求めていくことが、自然の道であることを知り、創造の探求を続けているのです。お互いがお互いを満たしているので、欠けているものは何も無く、それによって苦悩している人もいません。他人を支配しようとする者は無く、立場の上下などは何もありません。本当の力とは私達一人一人の内側にあるものであり、深いところでは皆が繋がっていると知っているからです。だからこそ、最も深い知識をもった賢者が指導者の位置に座しているのです。善意の宇宙人の中には、高次元の存在もいれば、私達のような肉体を持った存在もいます。高い次元(9~12密度)の存在は中間次元(6~8密度)の存在と連絡し、それより低い次元の存在(3~5密度)へと伝わっていきます。高い次元と低い次元の違いとして、基本的に次元が低くなるほど濃度が増していき、形として表れます。高い次元では、より抽象的で概念的な、完全性の高い世界になります。
 
善良な地球外生命体の中には、スターシードと呼ばれる特別な集団もいます。彼らは異なる星系や異なる次元で生きていましたが、地球の人類を助けるために地球人として転生することを決意した魂です。彼らは人類に霊的な愛や智慧を自身の生き方を通して提示することで、人類の生き方や歴史の方向性を変え、調和と相互益のある高次元の原理を示すという役割を持っています。スターシードは革命的なアーティストや優れた科学者、自由闘士、ライトワーカーやライトウォーリアーであることが多いです。かつて享受していた平和で完璧な生活を捨て、危険を冒して惑星地球に来てくれたのです。
 

 
大天使、天使、スピリチュアル・ガイド
 
天の川銀河などの銀河や他の星系に起源を持つ知的生命体の他にも、肉体を持って転生することは無い、天使や大天使も存在します。これらはソースの使者であり、至高の計画に沿うように創造の舵を取る存在です。見えざる神の導き手とも言えます。天使の中でも特に強力な存在は大天使と呼ばれます。ミカエル、ガブリエル、シャムエル、ラファエル、ウリエル、ジョフィエル、ザドキエル、アドナエル、アクアリエル、アリエル、アズラエル、バラキエル、サブラエル、セアルティエル、ザカリエル、ゼラキエルなどがいます。それぞれの大天使は特有の能力を持ち、必要な支援を願って呼びかけることで、人生に何らかの手助けをもたらしてくれます。天使や大天使は二元性や悪や苦悩とは無縁の存在です。ソースから生み出された時から変わらず純粋なままです。大天使はアルコンに対しても説得を繰り返し、光に戻るように呼び掛けていました。アルコンの中には、光に戻ることを選択した者もいました。大天使はよく肖像画などで描かれていますが、これらは単なるエネルギーや性質を可視化しただけの人間的表現なだけであって、実際の見た目ではないことを知っておくべきです。天使には人間の持つ弱さや制限などはありません。人間よりも遥かに高い振動数の領域に存在しているからです。
 
スピリチュアルガイドとは、特定の肉体に転生はしないで、高次元からの導きや支援をもたらす、高度に発達した魂の総称です。人々が自身のミッションを遂行するのを支援する際に、人生の中で介入をしてくれます。私の人生の中にも、彼らの導きがありました。私が子供の頃、自転車を漕いでいたら、私に止まるように呼び掛けてくる声を聞きました。その直後、目の前で二台の車が衝突しました。駐車場から急いで出ようとして逆走した車と、駐車場に入った車が衝突したのでした。
 
大天使ガブリエル
大天使ミカエル
 
ヒーリング、変容、そしてトライアンギュレーションについて
 
陰謀論を学んだ人の多くが、これらはただの空論ではなく現実の出来事であると認識し始めました。私達の個人的な生活規模の出来事から、世界規模の出来事までも作り出している、私達の社会全体を操る、影の政府が実在しているということに。それを知ったら、怒り、復讐してやりたいと思うはずです。裏切られた。都合よく振り回されていただけだった。ですが、そう思っていても何の足しにもなりません。そう思っていても、何事も良い方向に変わっていくことはありません。私は復讐にはもう、興味がありません。
 

映画『ウエスタン』の最後の決闘シーン
 
誰がどんな犯罪を犯したとかは、関係ありません。誰が悪いとか、誰が自分の神性な権限を悪く使って人々を惨めな生活へと追い込んでいるかとか、どうでもいいのです。唯一、そして一番大事なのは、初期異常が原因となって起きてしまった混乱をいかにして浄化していくかということ。いかにして無意味な殺戮を止め、無意味な苦しみと破壊を止め、どうやって平和と調和と栄光の愛を地球へともたらすかということなのです。世界が正しいルールの下で協力し合うためには、相当な量の調整が必要になります。自然の豊かさが人々の下に返還されなければなりません。環境も浄化される必要があります。格差の広がった社会層間での、富の再分配も必要となります。創造的なことのために時間が費やされるべきです。より大きな責任を伴って生産や制作が行われるべきです。過激で暴力的な映画やイメージなどは排除され、元々の本当の精神性が人々の下へ返還されるべきです。古代の秘儀や隠されたテクノロジーの秘密が明かされるべきです。人々はソースとの直接の繋がりを再び得る必要があります。有害なマインドプログラミングや感情体に負った傷は、それでようやく癒えるでしょう。これらが本当の人類の課題です。ですが、カバールの支配が無くなれば、光の勢力の支援もあり、すぐに課題に取り掛かることが可能になるでしょう。人類への善良な地球外生命体の支援は、地球解放後に劇的に増えていくことでしょう。
 
ヒーリングの方法は多種多様です。ヒーリングというものも、創造プロセスの一つだからです。自らの直感と内なる導きに従い、自分だけの方法を発案するのも良いでしょう。例えば、私の手のひらのチャクラが活性化し、輝く白い光が発せられ、次第に強くなっていくのを視覚化します。その両手の間に惑星地球が浮かんでいて、そのヒーリングエネルギーを吸収していくのを視覚化します。それから両手をゆっくり持ち上げ、地球が両手の間を行き来して、これまで積み上げてきた重荷や闇の慣習が剥がれ落ちていくのを視覚化します。
 
あなたは、あなたという神に至るための道の途中にいるということを忘れないでください。あなたが大きな仕事を果たすということに、ためらいを持たないでください。
 
変容とは内側のプロセスであって、最も根底にある問題をピンポイントで解消していくことで、実際に起こります。自分の中にある基本的問題を、新しい選択をすることで解消します。玉ねぎの皮を剥いていくことに喩えれば、玉ねぎの芯の部分に至るまで、あなたの積み重なった層を剥いでいくのです。芯にある問題は、見つめることで初めて解決することができます。問題解決は、個人レベルでも、社会レベルでも同じように起こります。
 
いずれのケースにしても、根底にある問題を見つめるには、一定レベルまで成長した人格と、自己の完全な正直さが必要となります。あなたという個人、あるいは集団を直視しようとする意志が無ければ、問題は無くならないどころか悪化していきます。痛みを感じるプロセスですが、そんな時は自分自身を許してあげてください。
 
トライアンギュレーションは、繋がりが断たれた物事を再接続したり、相容れない物事を和解するために非常に有効な方法です。アンカラ条約もこの方法を採り入れて達成したことの例です。トライアンギュレーションの原理とは、まず人は自分が置かれた状況の中で、必要となること、願い、判断を基にした意思決定をしていると理解することです。もし人が理想的な選択をとることが不可能と感じた場合、つまり誰とっても利益のある選択が無いと知った場合、次は自分自身(エゴ)にとっての最適な選択をとるはずです。その際、他人の利益を奪ったりすることになっても。利益や視点の幅はもっと拡げられるべきです。そうすれば、見えなくなっていた全ての選択肢、解決法の存在に気づくでしょう。そしてようやく、ホリスティック(全体的)な融和が達成され、争いや不和が解消していきます。
 

 
ホーリズム(全体論) - もう一度、自分自身になりましょう
 
この惑星上では、信じられないほど多くの人間関係の分割や切り離しが、人工的に作り出されています。闇の勢力が邪魔しなければ、どれほど素晴らしい世界になっていたことか。それで涙を流したことも幾度かありました。きっと楽園そのものか、それに近いものになるでしょう。光の勢力がいなかったら、惑星上から生命はとっくに姿を消していたことでしょう。多くの最悪な闇のシナリオが回避されてきました。光の勢力と闇の勢力の間に以前交わされた、ある合意があります。惑星上のどちらのサイドの個人や社会に対しても、状況を左右するような直接の影響を与えないようにするというものです。光の勢力の影の支援がいなければ、人類は核戦争で自滅していたか、レプティリアンに食べられて全滅していたでしょう。キメラグループの報復措置(トップレット爆弾)が完全に無くなる瞬間、光の勢力は即座に直接介入を始めるでしょう。
 
私は自分自身の人生を振り返って、あることに気づきました。皆さんならこの感覚をお分かりになるはずです。アルコンは私達が一番大事にしている目標に達することを特に妨害します。そして頑張って積み上げてきたアイデアを他人にズタズタに壊されるものだという考えを頭に植え付けられます。
 

(訳注: 上の動画では、カニを何匹か一つの箱に入れると、箱の外へ逃げようとするカニの脚を他のカニが引っ張り、最後はお互いに傷つけ合うという行動に発展しますが、人間社会の中にも同様のことが見られると説明しています。)
アルコンのこのやり方なら、人はお互いに邪魔をし合い、人生とは困難なものだと思い込ませることができるのです。
 
鍵となるのは、私達が再び全てのレベルにおいて全体性を取り戻すことです。ホリスティックなアプローチが必要となります。皆さんがお互いに協力し合う必要があります。
 

 
本当に大事なことのために、貢献すること、目標を一つにして様々な才能を発揮すること、皆の成功を決意すること。
 

 
危険なことも、面と向かって直視する勇気を持つこと。
 

 
女性性のエネルギーを胸に抱き、
 

 
情熱を燃やし、生きていくのです。
 

 
自分の幸せと情熱は、皆の幸せと情熱だと分かります。それに沿って行動を起こせば、世界を変えることができるのです。あなたが実際に行動を起こせば、人生に多くのインスピレーションが供給され始めます。あなたの情熱と努力に、皆が嬉しくなって援助をしてくれるようになります。
 
ホリスティックとは言えない慣習(世界には未だそういった慣習が複数存在しています。)は、本当に人々が望んでいて、続けたいものなのか、問われるべきです。それと同時に、人々が他人の所為にする前に、自分の過ちや弱さを認めることは大切なことです。他人のネガティブなところを指摘して、それを詳しく述べていくのは、とても簡単なことです。ですが、それをして何になるというのでしょう?他人の強みを教えてあげる方がはるかに良い効果があります。人が得意なことを刺激して、伸ばしてあげましょう。そうすればポジティブな場が作られ、協力的なフィードバックが得られるようになっていきます。課された責任に押しつぶされそうになる人は、他に時間が余っている人に負担となっていることを任せてあげればいいのです。人の善意に対して、優しく応えてあげることは大事なことです。自分のことしか考えず、周りの世界を蔑ろに考えて責任を放棄する人にこそ、厳しく接する必要があります。
 
警告と激励
 
この場を持って、私は改めて、惑星地球はどう考えても異常な状態にあるということをはっきりと言わせていただきます。はっきり言って、完全におかしいし、狂っています。このような環境の中で生きているので、感覚が麻痺してしまっていますが、起きている犯罪、ヘイト、戦争、環境汚染、人口過剰、飢餓、経済危機、貧困、権力乱用、汚職など、数えきれないほどのおかしなことがあります。ですが、これらの問題は全て、私達が自分の人生への責任をもつことで解決していきます。やがて私達の社会全体が責任をとり、破滅への道を進む人々を早期に止めてあげることができればいいのです。あまりに歪んでいて異常な人々は、惑星から排除される道しか残っていません。光の勢力によって排除は行われます。実際に何名かの極度に歪んだ人々は排除されました。結局のところ、光の勢力と闇の勢力の見えざる戦争には、生きるか死ぬかのどちらか一択しか残りません。闇の勢力が敗れれば、文字通り宇宙から消滅するという結果になります。この惑星上でも、光の勢力があやうく全滅しそうになるほどの危機に直面したこともありました。現在光の勢力が直面している闇の抑圧や汚染などは、当時と比べれば軽いものです。ほとんどの危機は回避されましたが、闇が残っている限りは危険はまだ残っています。光の勢力の勝利への、最後の後押しをしましょう。あなただけにしかできない、最高の仕事をしてください。
 
私達が生まれたのは、心を削って働かされたり、一日中パソコンの前に座ってつまらなそうに働き続けるためではありません。人生は本当は、もっともっと楽しく刺激的なのです。週末に趣味を楽しんでいる時間だけが、あなたの人生の全てではありません。あなたの人生全部の話をしています。もしテクノロジーの恩恵を受けて、中央集権体制から解放され、物価が下がり、重労働からも解放され、生活がもっと快適になったのなら…。
 
あなたに問います。
 
賃金の受け取りと税金の支払いを続ける奴隷として、生き続けたいですか?
 
死ぬまで銀行に借金をし続けたいですか?
 
老人になった時、ようやく借金を返済できたと思えば、もう生きる気力が残されておらず、ずっとやりたいと思っていたことができなくて、それでいいのでしょうか?
 
もっと時間とお金があれば、どうなっていたのでしょうか?
 
この狂気から抜け出したくありませんか?
 
狂気のオカルト主義者によって合法化された窃盗システムの中から抜け出したくありませんか?
 
子供の頃から騙され続けてきた、このシステムの外へ。
 
もしここから出たいと決めてくれたのなら、勇気を出して立ち上がりましょう。
 
あなたをバカにする愚かな声は無視しましょう。奴隷になって久しく、立ち上がる気力もない人には、真実を突き付けてあげましょう。彼らが混乱して怒り出しても仕方ありません。いきなり全てを教えるよりかは、少しずつ教えて認識を拡げてあげるのが良いでしょう。闇の勢力からの最終的な解放を後押しするためにできること。私にとってそれは、人々とアイデアを共有し、代替え案を提示することで、人々にインスピレーションを与えて目覚めを促すことです。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
NOGI」2018/12/01 15:24

”宇宙で劇的な変化が起こっていて、その変化が地球に到達したとき、変容は大規模なものとなるでしょう。

小氷河期が起きる前にそのサイクルを打ち消すような規模の銀河サイクルが起きて、一般にはソーラーフラッシュとも呼ばれているものが必然的に発生します。それが実は銀河のスーパーウェーブで、イベントに通ずるものなのです。

その間、光の勢力の作戦についてこちらで学んでおいてください。”
----------------------------------------------------------------------------------------------

∞ この記事には読んだ人のそれぞれに多くの学びがあったのでないでしょうか。それらを踏まえて、今最も必要なことは「初期異常の解決」こそが、全ての悪を終わらせる方法であるということを知って下さいね。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 11:36 | comments(0) | - | - |
コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
∞ この記事は、お勧めです。(^_^)♪

 


 
コブラ
2018年12月1日
 
光の勢力の「プラン」
 

”宇宙で劇的な変化が起こっていて、その変化が地球に到達したとき、変容は大規模なものとなるでしょう。
 
小氷河期が起きる前にそのサイクルを打ち消すような規模の銀河サイクルが起きて、一般にはソーラーフラッシュとも呼ばれているものが必然的に発生します。それが実は銀河のスーパーウェーブで、イベントに通ずるものなのです。
 
その間、光の勢力の作戦についてこちらで学んでおいてください。”
 
惑星解放
 
光の勢力の地球とその住人のためのプランには、基本的に三つの段階があります。
 
1.闇の勢力の権力構造やテクノロジーの支配を排除または弱体化をさせ、一般大衆の認識を高め、イベントへの準備を加速させること。
 
2.闇の勢力を乗っ取り、政府、金融、メディア、医療や科学界での根本的な変化を引き起こすことで、カバールのメンバーに裁きを下すこと。
 
3.浄化とヒーリングを惑星と人類へ届け、隠されてきた地球の歴史を公開し、地球外知的生命体の存在を公表し、人々に完全な認識をもたらすこと。
 
第一段階については、もうすぐ終わりなので、今は第二段階への準備をしているところです。それはイベント時に始まるでしょう。イベントは「イベント・フラッシュ(閃光)」とともに到来するでしょう。
 
イベント・フラッシュとは、非常に強力なエネルギーのパルスであり、銀河のセントラルサンを通してプレローマから送られてきます。人々の感じ方は個人差がありますが、全員が何らかのエネルギーを感じることでしょう。
 
このフラッシュが地球に到達すると、既存の金融システムは即座にシャットダウンし、世界規模でのカバールメンバー達の大量逮捕が始まります。その様子はテレビで放送されるため、誰もが目撃することになります。
 
第二段階が落ち着いてくると、人々は一体何が、どうして起こっているのか、ようやく理解し始めるでしょう。
 
そして第三段階へと進んでいきます。それによってカバールウの闇のルールや無責任な行動によって混乱した状況が整理されていき、人類全体から隠されてきた完全無垢な真実が明かされていきます。
 
この段階が完了すると、もう光の勢力からの熱心な支えは必要では無くなり、皆が自分自身の意志で、自らの必要な願いを満たすための最適な行動を取ることができるようになります。

 
アシュター

 
シリウス人
 
これまでに達成したこと
 
1994年にアンカラ条約が締結されてからは、多くの出来事がありました。オリオンから太陽系内と地球周辺へと武力を集結させた闇の勢力の残党によって、地球の状況が悪化した場面もありましたが、光の勢力の反撃により、地下深くの軍事基地などは徐々に掃討が進んでいきました。これには地球人の政府の役人や兵士の働きもありました。また、レジスタンス・ムーブメントや他の星系からやってきた人間型宇宙種族の支援のおかげでもありました。結果、5億人もの物理的レプティリアンは惑星から排除され、多くの人質になっていた人間も解放され、銀河連合の領域へと連れていかれ、ヒーリングや修復を受けました。
 
また、カバールが第三次世界大戦を引き起こそうと企んでいた秘密基地の数々も掃討され、計画は実行不可となりました。太陽系内の月や小惑星にあった多くの闇の勢力の小規模基地は光の勢力によって制圧され、そこにあったベールを強化するための技術や、宇宙中から異常エネルギーを引き寄せるための技術などは除去され、人間の人質たちも解放されました。
 
2010年、ワクチン接種プログラムによって維持および強化されていた、大部分の物質的インプラントは、レジスタンス・ムーブメントの特別なテクノロジーによって遠距離から除去されました。高次元の知識への接触を抑圧するプラズマ・インプラントは、未だ完全には除去はされていません。それでも、それらのインプラントの効果も大分落ちてきています。それに続き、何十億という数のプラズマ界やエーテル界の非物質的レプティリアンなどのネガティブエンティティーが排除されていきました。
 
2012年のポータル活性化の集団瞑想の数々によって、全てのネガティブな未来のタイムラインは完全に消え去りました。よって、カバールがいかに世界的な大災害を引き起こそうとしても、実現は全く不可能となったのです。もっとも素晴らしかったのが、中央銀行やカバールの禁固に保持されていた大部分のゴールド(金)がレジスタンス・ムーブメントによって盗まれたということです。カバールは今、ゴールドも何もない、空気の価値を基にしたフィアット通貨(中央銀行が発行した通貨のこと)システムのみで成り立っているのです。中央銀行に唯一できるのは、金メッキしたタングステンの延べ棒を禁固にしまっておくことくらいです。困ったカバールは、西欧諸国のあちこちの都市にゴールド買取店を設置し、ゴールドの回収作戦に乗り出しました。
 
地中にいる諸文明もお互いの連携を強めていきました。レジスタンス・ムーブメントと他の善良な地球外生命体、そしてアガルタ・ネットワークの間の交流は深まっていきました。地表でも、イベントの直後や最中でも正しく発展を導けるように支援するための「イベント・サポート・グループ」が組織されていきました。人道的支援、環境保護、社会支援、文化的支援などのプロジェクトが企画されていきました。
 
2015年初頭、キメラグループの全ての物質的ストレンジレット爆弾と物質的トップレット爆弾が除去されました。2016年、全てのプラズマ・ストレンジレット爆弾の除去作戦が完了しました。
 
地球を直接囲んでいる太陽系のエリアからネガティブな存在は排除されていき、ヤルダバオートの解体も進んでいきました。最初の段階として、プレアデス人によるタキオン膜が月の軌道の内側に張り巡らされたということがありました。それによってヤルダバオートの頭部が触手から効果的に切り離されました。
 
2017年の2月26日の集団瞑想の結果、ヤルダバオートの触手は完全に消滅し、惑星地表の外側には初期異常は完全に排除されました。現在、プラズマ・トップレット爆弾を内部に宿すヤルダバオートの頭部の残りも消滅しようとしています。
 
2018年2月、ついに惑星解放の最終段階へと移行しました。浅い階層にある地下軍事基地とカバールの掃討作戦も開始しました。
 
2018年夏、天の川銀河のはずれからプラズマ・フィラメント(銀河中に伸びた高次元のプラズマトンネル)を通して太陽系内に集められたプラズマ異常の飛沫も阻止され、蛇口はしっかりと閉められ、飛び散ったプラズマ異常も綺麗に浄化されています。
 

 
イベントへと近づくにあたって
 
イベントが近づくにつれ、カバールのメンバーも狼狽えています。光への降伏を避け、世にも恐ろしい犯罪を犯してきました。彼らを待ち受ける、逃れられない宿命から逃れようとあがき、カオスを作り出し、世界中を混乱と破壊に陥れようと画策していますが、上手くいっていません。光の勢力によって、ほとんどの計画は阻止されるからです。大規模な死傷者を出さないかぎりは、闇の計画が光をすり抜けて実行に移されてしまうこともあるため、イベントまではこのような不快な事件が起こり続けることが予想されます。精神的にも感情的にも覚悟を決め、これ以上の遅れを引き起こさないように努めるよう、カバールには忠告をしておきます。
 
イベントが始まれば、多くの人が自分の目で目の当たりにする光景によって、ショックを受けて混乱することでしょう。私達のような「知っていた」人々が家族や同僚、友人や一般人に対して、リーダーとして何が起こっているのかを知らせる義務があります。イベントはどのような背景と意図があり、今後どのように展開するのか、説明をするという義務です。それによってカオスの度合いに制限がかかり、混乱した人々の暴動を避けることに繋がります。このような急激な変化の時ほど、できるだけスムーズな移行になるように努めるべきです。
 
イベントの際に起こること:
 
・金融システムにはびこる賄賂や借金は即座に終了します(すべてのデータ上の取引は遮断され、現金による取引だけが継続するでしょう)。
 
・実際の経済的価値の何十倍もの価値が与えられていた全ての有価証券、金融派生商品の価値がゼロになります。
 
・全てのカバールが世界中で大量に逮捕されます(堕落した銀行家、政治家、大統領や社長、官僚、ネガティブな秘密組織のメンバー、黒い貴族やイエズス会などなど)
 
・大量逮捕の模様はテレビ地上波で生放送されます。一般人はカバールについて知り、彼らの行った犯罪行為についても認知します。
 
イベントの後すぐに起こること:
 
・隠し口座は全て閉鎖され、残金もゼロになります。
 
・カバールによる違法な詐欺ビジネスの合意書はすべて破棄されます。
 
・1930年代に物質的ゴールドと引き換えにアジアの王族が受け取った、何十億ドルもする金貨支払債券は、長期間の物理的ゴールドとその利子に対する返還延滞への返済を求めて、連邦準備理事会へと突き返されます。しかし連邦準備理事会にはとても返済できない額なため、その波及はカバールが支配する全ての銀行へと及び、次々に破産していきます。
 
・世界の全ての公的および私的借金は帳消しになります。
 
・新しい公平で調和のとれた金融システムが開始します。
 
・カバールの行ってきた、ありとあらゆる犯罪実録劇がドキュメンタリー映画や証言集となって一般人の目に公表されます。
イベントの後、しばらくして起こること:
 
・武器を使用した全ての争いは止められ、扇動者や資金提供者は排除され、暴動実行者はいかに自分たちが操られていたかを知ることになります。
 
・多国籍企業は分裂し、国有企業になります。
 
・光を拒むカバールは銀河のセントラルサンに連行され、魂のリセットが行われます。裁判にかけられ、真実を話した者には和解措置が検討される場合があります。
 
・その立場に立つに値する、高い意識を持った新たな指導者がカバールの代わりに各立場につきます。
 
・繁栄基金が全人類に対して渡されます。それと同時に、カバールによって不法に保持されていた財産も再分配されます。
 
・貧困や環境破壊を促していたカバールのプロジェクトは大々的に止められ、海の浄化やインフラストラクチャーの整備が始まります。
 
・抑圧されてきた先進技術が公開され、大量生産されます。その中にはフリーエネルギー装置などの最重要技術も含まれます。
 
・抑圧された情報が過去から現在にかけて、すべて公開されます。その中には地球外生命体の存在の証拠も含まれます。
 
イベント後、もうしばらくしてから起こること:
 
・光の地球外生命体が地球の人間たちと面会し始めます。始めは個人的なコンタクト、次に大衆の前に姿を現し始めます。
 
・地球内部の種族も地表の住人と接触し始め、公的な関係を持ち始めます。
 
・ソウルファミリーと再会し、地球外起源の魂を持つ人は、ホームとなる惑星へと帰還することもできます。
 
・惑星地球のアセンション・プランが告知され、アセンション・プロセスが始まります。
 
・銀河連合の領域にあるライト・チェンバーへと案内される人間は、完全意識へと至ることになります。
 
・個人やグループ単位での物理的、精神的、感情的、霊的な、この惑星で積み重ねてきたダメージへのヒーリングが施されます。
 
・カバールに組み込まれていなかったネガティブな人々は再教育を施され、より建設的な生き方を学びます。
 
・全ての人が銀河連合への加入の機会が与えられます。
 

 
イベント後の世界
 
真の自由を享受するだけでいいのです。借金、貧困、搾取、操作、戦争、犯罪、嘘、詐欺や背信から解放される時が来るのです。闇の勢力がいないというだけで、これほどの違いが生まれるものなのだと、皆が自覚し始めます。これが普通に生きるということ。お互いに助け合い、協力し合うということ。降伏を追求して、生きられるということ。イベントの前にやっていたような滅茶苦茶な生き方は、真実と和解のプロセスの中で記憶から消え去っていくでしょう。
 
いくつもの素晴らしい出来事が起こります。皆がお互いの才能を高め合うチャンスを与えあいます。個々の才能は望むことに行使することができます。既に今の世の中にも、障害に打ち勝つために才能を伸ばし、ありとあらゆる分野の技能を身につけてきた人がいます。それら全てを、宇宙全体への奉仕に使っていきましょう。宇宙旅行も日常的なものになっていくでしょう。
 
先進的な技術が導入されることによって、仕事内容も負担の軽いものになり、労働時間も半分ほどになります。作業の自動化やロボット化はエリート達だけのものではなく、一般人のものになります。レプリケーター(3Dプリンターの遥かに進んだバージョンの技術)の導入によって、生活もずいぶん楽なものになります。フリーエネルギーの導入によって、製品の費用も劇的に下がっていきます。環境を汚染する技術は廃れていき、環境に優しい綺麗な製造法や運搬法に取って代わられるでしょう。
 
霊的成長に強い焦点が与えられ、皆がスピリチュアルに目覚めていくでしょう。遠隔視やエンパスなどのサイキック能力に目覚めていく人も多くいるでしょう。また、テレパシー能力も発展していくことでしょう。
 
医療にも革命的変化が訪れます。自然界に存在するものを使ったエネルギー療法が使われていくようになります。身体を切開したり、症状を抑えるだけの人工製薬の投与は無くなっていくでしょう。人々に忘れ去られていたホリスティック医学や、余暇活動が復活し、それらの本当の価値と美が人々に思い出されていきます。
 
多機能や効率性に傾倒した従来の男性性重視の建築スタイルも、神秘性や柔和さ、美しさに特化した女性性的な建築スタイルとのバランスが取れていくでしょう。自然の建築学というものは自然の形態をとります。直感的建築学というのは、男性性と女性性の性質を直感的に組み合わせ、完璧なバランスを持った方法での建築法を指します。工業的な設計、庭、景観のデザインは似て非なるものです。手作り製品の持つ実用性と美が両方とも再び注目を浴びることになるでしょう。
 
全てはいちいちお金の勘定の必要が無くなってからです。
 

 


 

夢に生きる。
 
障害物が無くなって支援を受けられる環境になってしまえば、皆に道は拓かれていきます。あなたが諦めてしまっていた夢も、この惑星のために使うため、光が当たるようになるでしょう。
 
愛と性が宇宙で一番強い力であるとして、その二つは同じコインの裏と表なのです。同じように、多くの人々が自分の夢はただのファンタジーだと信じさせられてきました。その実、皆が強く夢を追っていたいと願っているのです。夢はありとあらゆる種類があり、実現の仕方も様々です。しかし、それらは直観力と強く繋がっているものです。
 
セックスは第二チャクラ(サクラルチャクラ)の力です。愛は第四チャクラ(ハートチャクラ)の力です。直感は第六チャクラ(サードアイチャクラ)の力です。これらは皆、女性性の力です。直観力は、パートナーが欲しいものを本質的に見抜く力です。
 
人間の第二の核となる本能とは、創造力です。負担や義務を課されなくなった人間は、自然に何かを創りたくなります。こちらもサクラルチャクラの女性性の力です。もたらされるのは、何かを発明したい、デザインしたい、組み立てたいと思う心です。創造物はどんなに小さなものでも、ウルトラ級の大きさのものでも、なんでも自由です。美しいものを創る時、愛を加えてみましょう。そして実用性を考える直感力も加えてみましょう。そうすれば、新たな素晴らしい創造物が目の前に現れるでしょう。
 
人間の核となる第三の本能とは、自己実現の能力です。もっと上手くなりたい(基底チャクラ)、もっと強くなりたい(ソーラープレキサスチャクラ)、もっとコミュニケーションが上手くなりたい(スロートチャクラ)、もっと賢くなりたい(クラウンチャクラ)。これらは男性性の力によるものです。
 
最後には、その力によって人々は生きる男神と女神に変わっていきます。あなたがどの部分を成長させたいと思うかが問われるのではありません。なにを探求したいかが大事なのです。他の誰かより上手になるという問題ではなく、内側からのインスピレーションを追求してください。そしてあなたがなりたい存在になってください。
 
生命とは、愛し、愛されることです。物理的、精神的、感情的、霊的に愛し、愛されて生きることです。そして素晴らしいものを創造し、あなたという存在になってください。
 

 
NOGI」 2018/12/01 00:52


∞  光の勢力の「プラン」はいかがでした?
 
この記事全般は、これまで伝えられてきたことの集大成で非常に嬉しくなる記事です。
 
でも、2つほど気になる箇所があります。
 
一つ目が、コブラによると私達の現状は三つの段階があり、現時点で第二の段階にさしかかったところで、既存の金融システムの崩壊というイベントが始まろうとしているのですが、それは第一弾の「イベント(ソーラー)・フラッシュ」の到来とともに開始するとあります。

「このフラッシュが地球に到達すると、既存の金融システムは即座にシャットダウンし、世界規模でのカバールメンバー達の大量逮捕が始まります。その様子はテレビで放送されるため、誰もが目撃することになります」
 
つまり、私達の今の状況では、「イベント(ソーラー)・フラッシュ」の到来はいつ起きてもいいということになりますが、逆に「イベント(ソーラー)・フラッシュ」がこないと金融崩壊やハザールマフィアさん達の大量逮捕は起きないと言うこともありますから、場合によっては、イベントがすぐには起きない可能性もありますね。
 
2つ目はこれまでのコブラ情報の総まとめです。この中で気になるのは「これまでに達成したこと」の部分です。
 
「2015年初頭、キメラグループの全ての物質的ストレンジレット爆弾と物質的トップレット爆弾が除去されました。2016年、全てのプラズマ・ストレンジレット爆弾の除去作戦が完了しました」
 
現在2018年12月ですが、ここに記載されている情報とこれまでにコブラが伝えてきた状況報告短信との時期的な「ずれ」がみられます。それは“2016年、全てのプラズマ・ストレンジレット爆弾の除去作戦が完了”という部分ですが、コブラによる、プラズマ・ストレンジレット爆弾の撤去は2018年の今現在、除去されたいう短信情報を読んだことがありません。であれば、隠密作戦と言うことで、まずは見方を騙す作戦だったいうことでしょうか。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 11:36 | comments(2) | - | - |
コブラ (11/30) 状況報告短信
∞  第一弾のソーラーフラッシュが起きるは非常に近いようです!(O_O) フラッシュ !!

 


 
コブラ
2018年11月30日
 
状況報告短信


キメラグループの掃討が継続中です。舞台裏では極めてポジティブな活動が起きていますが、光の勢力の作戦については無線封止される必要があるため、内容の公表はできません。言えることは、結果が出れば、すべての人がそれを経験できるということです。
 
他方、カバールは自分たちが敗北するであろうことにますます気づいていますが、おいそれと負けを受け入れることはないでしょう。最近カバールは指向性エネルギー兵器を使って、カリフォルニアの住人を大量に殺害しました。

この大量殺人のオカルト的な目的は、火による生贄を生み出し、ネガティブな異常ボルテックスを作り出すことで、さらに多くの宇宙の初期異常を地球に引き寄せて、カバールの地球支配を長引かせるためでした。
 
真実は、地球の外に残存している初期異常はほとんどなく、闇の勢力はセットのトンネルを通じて地球へ異常プラズマやネガティブな生命体のリソースを補充することの難しさに気づいています。
 
地球周囲のプラズマと異常の状態に関する巨大な情報戦争があります。信頼性のある情報を得ることは非常に困難です。いま残存する異常プラズマの大半は、牡牛座暗黒星雲からやってきているようです。
https://en.wikipedia.org/wiki/Taurus_Molecular_Cloud
 
現在、銀河外の光の勢力は天の川銀河に残存する全ての異常を急速に排除しているところです。銀河外の援軍の大半は乙女座超銀河団から来ています。
そして特にM87銀河からの援軍は地球の解放と全宇宙からの闇の痕跡の排除に直接的な関わりを増やしつつあります。

 
これをまとめると、宇宙で劇的な変化が起こっていて、その変化が地球に到達したとき、変容は大規模なものとなるでしょう。
まず、太陽活動の減少は新たな小氷河期へとても急速に向かっています。数ヵ月後には発生し得るものです。

幸運なことに、小氷河期が起きる前にそのサイクルを打ち消すような規模の銀河サイクルが起きて、一般にはソーラーフラッシュとも呼ばれているものが必然的に発生します。それが実は銀河のスーパーウェーブで、イベントに通ずるものなのです。
 
その間、光の勢力の作戦についてこちらで学んでおいてください。
 
Victory of the Light!


∞  「最近カバールは指向性エネルギー兵器を使って、カリフォルニアの住人を大量に殺害しました」

先月8日に発生した、「アメリカのカリフォルニア州の山火事」では行方不明者は11月16日時点で631人になったと発表されていました。また、新たに7人に遺体が見つかり、死者数は少なくとも63人に上っているようです。
 
「幸運なことに、小氷河期が起きる前にそのサイクルを打ち消すような規模の銀河サイクルが起きて、一般にはソーラーフラッシュとも呼ばれているものが必然的に発生します。それが実は銀河のスーパーウェーブで、イベントに通ずるものなのです」
 
“ソーラーフラッシュ”はこれから三段階に渡って入来してきますが、その第一弾が、金融システムの崩壊前にやってくるようです。ソーラーフラッシュ後にインテルの伝える、数々のイベントが起きることになるようです。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 09:56 | comments(0) | - | - |