Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    mirai (11/04)
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    レッグ (11/04)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
コブラ (04/01) 地上人類への短信
∞ former-spiritual-lightさんからの非常に意味深な情報ですよ! (^_^)/

 


 
コブラ 
2019年4月1日
 
地上人類への短信


水面下では多くのことが起こっています。もし、全てがプラン通りに進行すれば、地上人類への最新情勢に関する記事が数日のうちにこのブログに投稿されるでしょう。
 
原文:
Short Notice to the Surface Population
 
There are many things happening behind the scenes and if everything goes according to the plan, an update for the surface population will be posted on this blog in a few days.
 
 「former-spiritual-light」 
 

∞ “地上人類への最新情勢に関する”とあるので、もしかしたらプレアデス艦隊によって、「プラズマ領域のプラズマ生命体及びプラズマトップレット爆弾の排除が完了した」という嬉しいニュースだったら良いですね。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 10:26 | comments(0) | - | - |
PFC-JAPAN (03/15) 久しぶりにQ情報 「世界を救う計画」 リマスター版
∞  PFCを覗いたら「久しぶりにQ情報 世界を救う計画 リマスター版」という記事がUPされていて、それが今の世界の現状を知る上で非常に有益だと思いますので転載させていただきました。
 
 



 

PFC-JAPAN
2019年3月15日
 
久しぶりにQ情報 「世界を救う計画」 リマスター版
 
 
これは、前に載せた「世界を救う計画」のリマスター版だそうです。前より詳細に説明されてて良く分かる動画です。ぜひ見て下さい。
 
右下の設定で日本語訳が出ます。
 
ビデオの概要
 
世の中には人のお金を盗む、殺人をする、強盗する、麻薬を売る。犯罪者はいろいろいるが、でも、その犯罪者が政府を乗っ取ってしまったらどうなるだろう?
 
ありとあらゆることができてしまうようになるだろう。
 
そして奴らは、可能な限り自分たちの仲間だけが豊かになろうとするだろう。
 
それが今、まさに世界で起きてることなんだ。
 
奴らが恐れることは庶民がそのことに気づいて反乱を起こすこと。
 
だから奴らは本当の敵が誰だか分からなくするために、庶民同士互いに争わせることを思いついた。
 
さらに、現代ではあらゆる人がスマホを持って行動する。
 
これで全ての人の行動パターンが追跡可能になった。
 
人々の情報はNSAの巨大なデータセンターに送られ、逐一把握されるようになってしまったのだ。
 
これで奴らは庶民を完全に支配できるようになったのだ。
 
でも、しだいに奴らはそのデータベースに依存するようになった。
 
そこに奴らの隙があった。
 
Qは、その隙をついて反撃を開始したNSA内部のグループなのだ。
と説明してます。

 
∞ いかがでした?すごく分かりやすかったでしょう。これは、今世界で何が起きているのかを他の皆さんに知らせるためにも是非とも拡散してほしい動画です。
 
 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 17:56 | comments(0) | - | - |
コブラ (2018/03/22) プレアデス人
∞  「former-spiritual-light」さんがコブラの過去記事の「プレアデス人」を再掲されました。(^_^)♪

 


 
コブラ
2018年3月22日
 
プレアデス人
 

プレアデス人は愛と光の存在です。この惑星(訳注:地球のこと)の地表の人類のほとんどは、事象を正しく認識する能力が機能不全に陥っており、思惑や欲望を伴わない純粋かつ無条件の愛と光に満ち溢れている人々が他の星にいることを信じることができません。
 
しかし、このような純粋かつ無条件の愛と光の意識世界に生きている存在がこの銀河では大多数を占めているのです。プレアデス人もその仲間です。
 
プレアデス人は天使から進化した存在です。プレアデス人は銀河のセントラルサンのポータルを通ってこの次元の宇宙に入ってきました。
 
彼らはプレアデス星団に移住するまでの間、天使のライトボディで銀河を探検していたのです。この星団はプラズマ界から物質界に1,800万年前に出現しました。
 
彼らはプラズマ界にある自分たちの住んでいる惑星の密度を意識的に増大させ、物質界の密度レベルにまで増大させようとしました。そしてその結果、その惑星は爆発したのです。
 
彼らの住んでいた星の爆発片は銀河中に飛び散りました。そして、その爆発片のいくらかは地球にモルダバイトとして降り注ぎました。
 
https://heavenandearthjewelry.com/Moldavite-Starborn-Stone-of-Transformation1.aspx

 
地球のミッションに携わる144,000人のボランティアの144,000の光がコード化されて閉じ込められているモルダバイトのうち、一つの大きな破片を使って聖杯が彫り上げられたのです。
 
数十万年よりずっと前に、プレアデス人は、暴力は問題の解決にならないことを学び、これ以上銀河戦争に参加しないことを決意しました。そして、平和に満ちた文化を創り上げることに注力し、数百ものプレアデス星団を構成する星々にこの文化を広げ、プレアデス連合を結成するに至ったのです。
 
彼らは美と調和を信じており、それを自分たちの生活様式に反映させています。彼らはリキッドライトで自分たちを包んでいます。
 
http://www.theliquidcrystals.com/atlantian-and-lemurian-topics/the-pleiadian-influence-and-liquid-light-technology
 
彼らは自分たちの周囲を美しい芸術作品で飾りつけています。
 
そして、美しい音楽を楽しみます。

https://www.youtube.com/watch?v=6sK0wT0C_7k
 
彼らは結晶でできた都市に住んでいます。それは草木の緑豊かな自然の中でちっぽけな水晶の結晶のように輝いています。
 
これらの都市の多くは、プレアデス星団に属する惑星の地下および海底に結晶構造として存在しています。
 
彼らはあまり眠る必要がありません。そして、自分たちの物質的身体を特別な万能薬を飲むことによって維持しています。
 
彼らは不死の秘密を理解しています。しかし、1000年以上も同じ物質的身体で生きることを選択することは稀です。
 
彼らはとてもポジティブで喜びに満ちており官能的です。
 
エロティックな愛は彼らの人生において最も重要な要素です。そして、彼らはどのように自分たちのエネルギーを癒すかをよく知っています。
 
プレアデス人は数千年間、地上の人類とコンタクトしてきました。
 
この惑星の監獄状態を破るため、彼らはドイツの秘密宇宙プログラムをスタートさせるためにヴリルガールズ(die Vrilerinnen)とコンタクトしてきました。
 
http://1stmuse.com/maria_orsitsch/
 
闇の勢力がドイツの秘密宇宙プログラムを乗っ取ったので、プレアデス人は1945年にこの惑星の地上からヴリルガールズたちを救出しました。この秘密プロジェクトのコードネームは”Niemand bleibt hier”つまり、誰もここには留まらないでした。
 
 
 
1922年から1945年までの間の幾人かの重要な”ヴリルの女たち”
 
プレアデス人は1954年にアイゼンハワー大統領とコンタクトを取り、核戦争を防ごうとしました。
 
プレアデス人は核戦争を防ごうと1977年に私にコンタクトしてきました。
 
http://recreatingbalance1.blogspot.com/2015/03/notes-from-cobra-konstanz-conference.html
 
プレアデス人は核戦争を防ごうと努力を積み重ねてきました。しかし、1996年のアルコンの侵略を防ぐことができませんでした。
 
http://2012portal.blogspot.com/2015/10/the-great-forgetting-of-1996.html
 
アルコンは1996年から1999年までの短期間、プレアデス星団を侵略することさえできたのです。
 
https://www.youtube.com/watch?v=-OTryGzS-G8
 
プレアデス星団が1999年に解放され、地球の地下基地に軍隊により囚われていたプレアデス人の人質の大部分が救出された後、プレアデス人は2001年の後半に私にコンタクトしてきました。そして、タキオンヒーリングチャンバーの作り方を私に教えてくれたのです。
 
http://tachyonis.org/Chamber.html
 
とはいえ、彼らは私のソウルメイトの殺害を防ぐことはできませんでした。
 
http://2012portal.blogspot.com/2018/02/situation-update.html
 
そのため、どれだけの人々がこのブログを手の込んだ作り話で自分たちのことを騙していると思っているのか私には分からないのです。これらの人々は深刻な信頼の問題を抱えていてセラピーを受けることが益になるでしょう。また、このブログに間抜けでクソなコメントを投稿している人々は永遠に二度とこのブログに投稿することができなくなるでしょう。
 
もしあなたが間抜けでクソなコメントはどういうものか分からないのであれば、投稿する前にもう一度、その投稿の結果がどんな結果になるかをよく考えてください。
 
これは冗談ではありません。これは真面目な戦争なのです。私はほとんどの人々が思っているよりずっと高潔な主張をもたらしているのです。私はほとんどの人々が持っているものをはるかに上回る多くのものを失いました。ですから私は尊敬を受けるに値するのです。
 
この惑星の地上は私やレジスタンスやプレアデス人がかつて予想していた状況よりはるかに闇の状態にあります。この複雑な状況を浄化するのは非常に困難でこの作業が遅れるのは避けがたいのです。
 
私はこの状況が好きではありません。あなたはこの状況が好きではありません。だれもこの状況が好きではないのです。ですから、意気地なしでいるのはやめてください。泣いてばかりいるのは、文句ばかり言っているのはやめてください。この惑星の地上をもっとましなものにできる何かを実行してください。カバールしか十分な大きさの土地を提供できないからコンタクトディッシュプロジェクトに参加できないですって?
 
私はグーグル検索で20秒のうちにコンタクトディッシュプロジェクトにふさわしい土地が500ドル以下で売りに出ているのを見つけましたよ!
 
https://www.landcentury.com/under-1000-land-deals
 
何人かの方は素晴らしいコメントを寄せてくださって、コンタクトディスクプロジェクトを、イベントを起こす観点から立派に実行に移してくれました。
 
“多次元的に考えることが鍵になるでしょう。イベントに段々と向かう一本道はありません。たくさんの絶えず変化している異なったタイムラインがあってイベントが起こる道筋が変化していると思います。
 
これらのプロジェクトを情報開示することによって、それらのタイムラインはレジスタンスムーブメントと私たち全てによって創り出されているエネルギーフィールドの中で共同創造されます。
 
このタイムラインの安定化は相対的にバイブレーションと量子フィールドの状態を改善し、全てのポジティブなタイムラインをサポートすることになります。そのポジティブなタイムラインの一つでイベントが起こるのでしょう。”
 
何を今期待するのですか?私がお約束できるのは血と汗と涙だけです。
 
そして私は、あなたに光の勝利をお約束できます。
 
何時ですって?そんなことは誰も知りません。イベントはプラズマトップレット爆弾の大部分が除去されない限り起こりません。
 
光の勝利!
 

∞ 抜粋です。
 
“多次元的に考えることが鍵になるでしょう。イベントに段々と向かう一本道はありません。たくさんの絶えず変化している異なったタイムラインがあってイベントが起こる道筋が変化していると思います。
 
これらのプロジェクトを情報開示することによって、それらのタイムラインはレジスタンスムーブメントと私たち全てによって創り出されているエネルギーフィールドの中で共同創造されます。
 
このタイムラインの安定化は相対的にバイブレーションと量子フィールドの状態を改善し、全てのポジティブなタイムラインをサポートすることになります。そのポジティブなタイムラインの一つでイベントが起こるのでしょう。”
 
私たちの未来は私たちが創造しています。タイムラインの道筋は私たちの意識次第でいかようにでも変わります、例えば少し違うだけの未来のタイムラインも平行して存在していますし、それが私たちの望む未来ならそのタイムラインにジャンプして望む未来を選択すれば良いのです。
 
「イベントはプラズマトップレット爆弾の大部分が除去されない限り起こりません」
 
今現在、プレアデス艦隊はプラズマ領域のプラズマトップレット爆弾の排除に苦慮しているようですが、「天界の泡アップデート」によると1/22日からは相転移の第二段階に入り光エネルギーの入来が増加していきますし、第三段階の終わりにはソーラーフラッシュが起きます。その瞬間にプラズマトップレット爆弾の完全除去もしくは起爆解除が起きると、一挙にイベントに突入します。
 
これがここ数年以内に起きるというタイムスケジュールがはっきりしているのですから、あとはそのイベントの神聖なタイミングを待つだけです。
 
イベントが起きると、いずれ、そう遠くない時期に私たちはプレアデス人と直に話し合う機会を得るでしょう。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 23:16 | comments(0) | - | - |
コブラ (02/06) 天界の泡アップデート
∞  「former-spiritual-light」 さんが、今、最も重要なコブラの最新記事を翻訳されました。是非お読み下さい。(^_^)♪

 


 
コブラ
2019年2月6日
 
天界の泡アップデート


このアップデートの目的は、地上人類に前回の天界の泡の記事を説明することにあります。
 
まず、相転移の六つの段階をより詳しく説明することにします。これらの段階の各々は、惑星のアセンションプロセスの完成段階であり、ここ数ヶ月から数年にかけて続くと予想されています。これはみなさんの「いつイベントが起こるのですか?」というこのブログに寄せられた質問に対する回答として、いまだかつてなかった程にできる限り近づいたものとなっています。
  
 
相転移の第一段階は、境界面蒸発(訳注1)段階と呼ばれています。この段階は2012年に始まり、2019年の1月21日に終わりました。境界面蒸発段階は、熱流束(私たちの場合、銀河のセントラルサンから私たちの地球表面へのエネルギーの流入を意味します。)が境界面(私たちの場合、この惑星の地上を意味します。)へと送り込まれ、この表面の境界面上の対流(訳注2)を作り出します(これは2012年から2019年にかけての地上人類の覚醒と同じ意味です。)。
 
(訳注1:液体が気体になる現象には境界面蒸発と沸騰があります。ここでは水と水の気体である水蒸気の話に限定して話を進めます。みなさんは水に砂糖や塩が溶けることはご存知のことと思いますが、空気も水蒸気を溶かす性質があります。細かいことは話しませんが、境界を接している水と空気の両方の温度が高いほど、また、水に比べて空気の温度が高いほど、水面から水が水蒸気になって空気に溶け込んでいく量が多くなります。地球上の水や空気の温度は主に太陽からやってくる光エネルギーによって暖められます。水に加えられるエネルギーが充分ではないうちは、沸騰は起こらず、太陽からやってくる光エネルギーの程度に応じて、空気の水蒸気の溶けやすさに応じて水面から水が水蒸気になって空気に溶け込む境界面蒸発が起こるのです。そして、空気に溶け込んでいる水蒸気の量が限度を越えると、水蒸気は水滴となって雲を形成し、やがて、雨になって地上に戻ってくるのです。実は、地球の遙か彼方からやってくる太陽の光エネルギーは水と空気の境界面のエントロピーを低下させているのです。そうすると、そこでエントロピーを増大させようという反応が起きるのです。このエントロピーを増大させるために水面から空気へ水蒸気の移送が起こるのです。エントロピーは日本語では”乱雑さ”と訳されます。秩序がないということです。エントロピーの低いところというのは、微視的に見ると、各所に整合的なエネルギーギャップが出来ているのです。秩序/コスモスが形成されたということなのです。エントロピーが高いところは逆にのっぺりしてどこにもエネルギーギャップがないのです。つまり、無秩序/カオスなのです。)
 
(訳注2:この対流が訳注1で述べたエントロピーの低い状態、すなわち、秩序だったエネルギーギャップの一例です。ビーカーに水を入れて火でビーカーの底を熱していくと、やがて、左回りと右回りの水の渦からなる対流が一対生じます。対流が出来たということは、対流のない静水の状態に比べ、外からエネルギーが与えられたためにエントロピーが低下した、つまり、秩序が形成されたということなのです。)
 
相転移の第二段階は、蒸気泡形成段階(訳注3)と呼ばれています。この段階は2019年の1月21日に始まり現在進行中です。この段階では、この惑星の地上に充分量の熱エネルギーの移流が発生し、液体の水(マトリックス社会)から蒸気泡(銀河社会)への正真正銘の相転移が生じることが可能となります。ただし、この蒸気泡(銀河社会)の形成は、この地上のごく限られた小さな孤立した領域に留まります。蒸気泡形成段階の間、これらの天界の泡が現れ、これらがイジングモデルに完全に従って再編成および再組織化されます。
 
(訳注3:この段階で初めて沸騰が起こります。沸騰というのは、水が水蒸気に相転移するに充分なエネルギーを受け取って、境界面蒸発が起きる条件などは完全に飛び越えてしまって問答無用で水が水蒸気になる現象です。私たちが水を熱する場合、基本的にある特定方向からしか水を熱することができないわけです。また、水を熱するとまず最初に必ず対流が生じます。この特定方向からの水の加熱と対流のおかげで、エントロピーの低下が生じるわけですね。つまり、水を小部分に分けてそこの温度を計ってみると場所場所で違うわけです。秩序だったエネルギーギャップができているのです。のっぺりした、エネルギー差のない、エントロピーの高いマトリックスではないわけですね。温度が場所場所で違いますから、沸騰が起こって蒸気の泡ができるところとそうでないところが出来るわけです。このように、外部から与えられるエネルギーがまだ充分ではなくて、部分部分にしか沸騰が起きない状態を蒸気泡形成段階と言うのです。それで、このような部分部分にしか相転移が起きない状態を簡単に記述できるように開発されたモデルがイジングモデルなのです。)
 

https://en.wikipedia.org/wiki/Ising_model
上記リンクの日本語版はこちらです。
 
(訳者補足:この上のリンク記事の図Aの三つの図がエントロピーとマトリックス社会と銀河社会の関係を、境界面蒸発から蒸気泡形成段階に進む様子を直感的に理解する助けになります。右の図がエントロピーの高い状態、エネルギーギャップのないのっぺりした状態、マトリックス社会です。それで、左に行くにしたがってエントロピーが低下した状態に、エネルギーギャップが整合的に発生した状態に、泡が大きくはっきりしてくる状態になります。) 
 
  
この段階の間、天界の泡はエントロピーがより低下した状態で、ゆっくりとしかし確実に大きく成長してきます。一方、これを取り囲むマトリックス社会は更にエントロピーを増大させながら、着実に不安定となっていきます。
 
これが、いくらかの人々が外界の日々の政治に興味を失い、内面的な精神的成長により注意を向けるよう導かれている理由なのです。
 
https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/27/kp-message-1-27-19-a-few-notes-of-possible-interest-to-a-few/
 
https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/29/kp-message-1-29-19-winds-of-clearance/
 
https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/31/kp-note-1-31-19-timelines-levels-of-beingness-holy-crap-whats-going-on/
 
相転移の第三段階は、蒸気泡増大段階です。この段階では、銀河のセントラルサンからの熱流入は指数関数的に増大し、より多くのより大きな天界の泡が活発に形成されます。これに伴い、マトリックス社会は活発に崩壊していきます。そして、銀河のセントラルサンからの増大する熱流入により、これらが頂点に達した時がイベントが起こる瞬間となるのです。
 
イベントの瞬間とは限界熱流入点に達する瞬間なのです。この時、マトリックス社会は崩壊し、異星人とのコンタクトがなされ、旧社会のエントロピック/乱雑さに溢れた要素は迅速に取り除かれます。そして、私たちは第四段階に突入します。
 
相転移の第四段階は不安定膜沸騰段階(訳注4)と呼ばれます。天界の泡はこの惑星の地上に接続されます。そして、新しい社会のバックボーンとして、ある安定したネットワーク(膜)が形成されます。しかし、社会それ自体は総じて不安定です。しかし、徐々に統合され、安定化してきます。光の島は活発な異星人のコンタクトがあるにつれて完全な形として形成されていきます。
 
(訳注4:要は、エントロピー低下をもたらす外界からのエネルギー流入が充分に増大した結果、水蒸気界と液状水界との間のエネルギーギャップが充分に強大となり、つまり、充分にエントロピーが低下したため、巨大な膜状の水蒸気領域が形成される段階です。しかし、膜状の水蒸気領域が充分に安定するにはまだエネルギー流入が足りない段階です。)
 
相転移の第五段階は、安定膜沸騰段階です。この惑星の地上の光の島は、活動的な転移/反転領域となり、そこで、個人および集団のアセンションプロセスが起こります。最初に、数千人規模のファーストアセンションが起こります。ファーストアセンションした人々のうちの何人かは、アセンデッドビーイングとしてこの地上に戻ってきます。そして、数十万人規模の人々がアセンションするセカンドアセンションの準備をします。セカンドアセンションした人々のうち何人かは、地上に戻り、地上人類のサードアセンションの準備をします。
 
この第五段階の間、地上人類は、新しい進歩したテクノロジーを完全に統合し、全員で光を受け入れるに充分なほどに癒されます。
 
相転移の第六段階は最終閃光段階/Final Flash Phaseと呼ばれます。相転移は完了します。銀河のセントラルサンはソーラーイベント(訳注:コブラの前記事のmicronova/小新星、いわゆる、超巨大太陽フレアと同じ意味と考えられます。)の引き金となり、これがこの惑星のポールシフトを引き起こします。数百万人の人々はサードウェイブとしてアセンションします。そして、残りの人類はこの惑星の地上から銀河艦隊へと吸い込まれ、この艦隊は彼らをプレアデス星団の中の相応しい惑星へと移送します。そして、この惑星が人類の新しい故郷となるのです。
 
この時、この惑星の表面を津波が襲い、惑星の表面を拭い去ります。この津波の影響を受けない光の島だけが、進歩したスタービーイングの住む場所となります。このスタービーイングの多くがあなたなのです。そして、この新しい地球に新しいアトランティスが建設されるのです。
 
あなたに、光の勢力からリリースされたこのプラン全体のより詳しい説明をすることにしましょう。光の勢力は台湾北部に地下基地を完成させました。この基地は30億人の人々を収容することができます。同様に、同じような基地が中央ヨーロッパのある場所に建設されつつあります。そして、もう一つは南アフリカのある場所に建設中です。また、もう一つアフリカに建設される計画があります。これらの基地は銀河艦隊へとアセンションしなかった残りの人々を収容するプランのオプションとして利用されるかも知れません。
 
あなたは、私たちが1月21日に達成したことが非常に大きなものだと理解する必要があります。天界の泡は完全に新しい現実の最初の兆(きざ)しなのです。それは、新しい宇宙のサイクルに属するものなのです。
 
 あなたが光に連なる時にはいつでも、あなたの人生はどんどん容易になっていきます。あなたが崩壊しつつある旧社会に目を向けそれに執着する時はいつでも、あなたの人生はどんどん悪くなっていきます。
 
取るに足らない情報に依存している、溺れている人々には良い風は吹いてはこないのです。自分自身の手に自分の人生を握り、その人生を歩む人々のところに良い風は吹くのです。今のあなたの人生の状況がどうであれ、あなたは数年かそれ以内でもっと自分の人生を好転させる何かに自分の人生を振り向けることができます。もし、あなたが本当に献身的にそのように行動すればの話ですが・・・。これはイベントのタイミングとは関係なくできることです。
 
私の以前の記事のある部分に対する子供じみた反応やコメントはあらかじめ予期されていましたし、放っておかれました。これとは関係なく、ミッションは続いているのです。
 
また、何人かの人々は、レジスタンスムーブメントの暗号メッセージについて熱狂して語り合っていました。何の根拠もなく・・・。よく分からないユーチューブ動画をインターネットで探してきては無意味にそれに時間をつぶしていたのです。彼らの理解力のレベルというものは、普通レベルのアカゲザルの理解力が、量子力学を理解できるレベルに遠く及ばないのと同じようなものなのです。
 
プレアデス人は活発にモニタリングしています。地上人類の最も覚醒した人々の覚醒プロセスを評価し、助長しています。そして、私心なく愛に満ちたエネルギーをみなさんに送っているのです。
 
私たちの集団瞑想のちょうど30分前に、セムヤーゼは月において流星群をしつらえてくれました。このことを探知した天文愛好家たちは、“時が来たんだと感じ、”前もって望遠鏡を用意していたのです。
 
https://gizmodo.com/holy-crap-the-moon-was-struck-by-a-meteorite-during-th-1831950105
 
https://www.rt.com/news/449517-meteorite-hit-moon-during-lunar-eclipse/
 
https://www.newscientist.com/article/2191526-a-meteorite-hit-the-moon-during-mondays-total-lunar-eclipse/
 
これはセムヤーゼからのあるシグナルでした。地上人類にはまだその意味を明かすことはできません。
 
言わせて欲しいのですが、数日後、GSSAP、地球静止軌道宇宙状況自覚プログラムが、プレアデス艦隊の活動を受けて、その調査衛星の軌道を変更することを余儀なくされました。
 
レジスタンスは、トップレット爆弾に関する全ての情報は深い闇の中にあると言っています。一つ言えることは、トップレット爆弾はまだ除去されてはいませんが、徐々にその力を失っているということです。
 
レジスタンスは“Entry Protocol/参加手順”の記事に応じてボランティアを申し出た人々のほとんどが、準備ができているとはほど遠い状態であったとも言っていました。このため、ある”社会動力学的”記事とワークショップが、地上人類が、準備ができるようにリリースされることになるでしょう。
 
これらはまた、天界の泡と光の島を形成して拡張するための人々を準備するためにもリリースされるでしょう。
 
第一弾はソウルファミリーワークショップでハンガリーのブダペストにおいて、3月16日と17日に開催されます。あなたの参加を歓迎します。
 
http://portal2012.org/Hungary.html
 
 
レンゲルとティサの新石器時代の女神の文化の興隆以来、ハンガリーはこの惑星上の最も重要な女神のヴォルテックスの一つです。
 
http://rolfgross.dreamhosters.com/Modern-Man-2012/ProtoEurope/ProtoEurope.html
 
 
 

このワークショップの準備期間中に、光の柱がハンガリーに現れました。
 
 女神の統合は間もなくです。
光の勝利!
 
former-spiritual-light」 NEW!2019年02月07日

 
∞  ここ数ヶ月から数年にかけて続くと予想されている、「相転移の六つの段階」の注目してください。この相転移の第誼奮〜第挫奮
 

 〜蠹尚椶梁茘誼奮は「境界面蒸発段階」と呼ばれ、2012年〜2019年1月21日迄の期間です。
 
この段階は「境界面蒸発段階」は熱流束(セントラルサンから地球へ入来する光エネルギー)が地球表面に流入し表面の境界面上の対流を作りだします。
 
第誼奮はこの期間のエントロピーの低下が乱雑から秩序へという人類の意識レベルの上昇による覚醒が始まったということです。
 
◆〜蠹尚椶梁茘驚奮は「蒸気泡形成段階」と呼ばれ、2019年の1月21日に始まり現在進行中です。
 
この段階では、地球表面に熱流束による充分量の熱エネルギーの移流が発生し、液体の水(マトリックス社会:私たちの現実社会)から蒸気泡(銀河社会)への正真正銘の相転移が生じることが可能となります。
 
但し、蒸気泡(銀河社会)の形成は、この地上のごく限られた小さな孤立した領域に留まります。蒸気泡形成段階の間、これらの天界の泡が現れ、これらが(わかりやすい)イジングモデルに完全に従って再編成および再組織化されます。
 
 相転移の第恵奮は、「蒸気泡増大段階」です。 期間 未定
 
「この段階では、銀河のセントラルサンからの熱流入は指数関数的に増大し、より多くのより大きな天界の泡が活発に形成されます。これに伴い、マトリックス社会は活発に崩壊していきます。そして、銀河のセントラルサンからの増大する熱流入により、これらが頂点に達した時がイベントが起こる瞬間となるのです」
 
この段階はセントラルサンからの熱流束(Heat Flux)が急速に増加して臨界熱流束(Critical Heat Flux)に達する迄です。この急激な熱流束の増加によって高次領域となる天界の泡が活発に形成される一方で私たちの現実の崩壊が加速していきます。これは臨界熱流束になるまで続きます。そして、そのピークに達したときにイベントが起きて私たちの現実世界が崩壊します。ETさん達とのコンタクトが始まります。
 
ぁ〜蠹尚椶梁茘乎奮は不安定膜沸騰段階と呼ばれます。
 
「天界の泡はこの惑星の地上に接続されます。そして、新しい社会のバックボーンとして、ある安定したネットワーク(膜)が形成されます。しかし、社会それ自体は総じて不安定です。しかし、徐々に統合され、安定化してきます。光の島は活発な異星人のコンタクトがあるにつれて完全な形として形成されていきます」
 
この時期には地上に高次領域が出現するので「光の島」が出現してETさん達の支援を受けて光の都市ができるかも知れません。
 
ァ〜蠹尚椶梁茘甲奮は、安定膜沸騰段階です。
 
「この惑星の地上の光の島は、活動的な転移/反転領域となり、そこで、個人および集団のアセンションプロセスが起こります。最初に、数千人規模のファーストアセンションが起こります。ファーストアセンションした人々のうちの何人かは、アセンデッドビーイングとしてこの地上に戻ってきます。そして、数十万人規模の人々がアセンションするセカンドアセンションの準備をします。セカンドアセンションした人々のうち何人かは、地上に戻り、地上人類のサードアセンションの準備をします」
 
この段階で初めて、個人及び集団のアセンションが起きる。

・ ファーストアセンションで数千人規模
・ セカンドアセンションで数十万人規模
・ サードアセンションで数百万?
          ・
          ・
          ・
この部分は4、5年前に読んだアイーシャ・ノースのメッセージにもありました。彼女のチャネリング情報は間違ってはいません。(^_^)
 
アセンションすると言っても、アセンションレベルに達している人のみですから、まずはライトワーカーと言われている二百万人が対象になるのかも知れませんが、私たちの波動の上昇は続くのでそう遠くない時期にアセンション選択した人はアセンションできるでしょうね。 
 
「この第甲奮の間、地上人類は、新しい進歩したテクノロジーを完全に統合し、全員で光を受け入れるに充分なほどに癒されます」
 
この時期に闇さん達に隠蔽されていたテクノロジーが開示され、また光の銀河連合からの先進テクノロジーも無償供与されるので新時代の暮らしが可能になるということらしい。
 
Α〜蠹尚椶梁茘挫奮は最終閃光段階/Final Flash Phaseと呼ばれます。
 
「相転移は完了します。銀河のセントラルサンはソーラーイベントの引き金となり、これがこの惑星のポールシフトを引き起こします。数百万人の人々はサードウェイブとしてアセンションします。そして、残りの人類はこの惑星の地上から銀河艦隊へと吸い込まれ、この艦隊は彼らをプレアデス星団の中の相応しい惑星へと移送します。そして、この惑星が人類の新しい故郷となるのです」
 
この段階迄が残り数年の内に起きると言うことを知って下さい。
 
ソーラーイベントは相転移の完了後に起きて、地球のポールシフト(磁極の反転)を起こす。
 
・ 相転移の第甲奮で準備したサードアセンションで数百万がアセンションする。
 
2019年の人口は統計上では76億人程になるようです。その中のハザールマフィアさん達やアセンションを選択しなかった人たち以外の人々は銀河艦隊の宇宙船に吸い込まれて、私たちの波動に合うプレアデスの惑星へ移送されることになるようです。それは地球の霊界にいた魂のほとんどがプレアデスの惑星に送られているからです。従って私たちも同じ惑星へ行くことになるでしょうね。
 
「この時、この惑星の表面を津波が襲い、惑星の表面を拭い去ります。この津波の影響を受けない光の島だけが、進歩したスタービーイングの住む場所となります。このスタービーイングの多くがあなたなのです。そして、この新しい地球に新しいアトランティスが建設されるのです」
 
地球表面は津波によってネガティブなものは全て一掃され、光の島だけが残り、そこに進歩したスタービーイングである私たちが住む事になるようです。ということはプレアデスの惑星への移送は地球の浄化のための一時退避が目的かも知れませんが、自身の波動を上昇させないと戻って来られないかも知れません。
 
「あなたに、光の勢力からリリースされたこのプラン全体のより詳しい説明をすることにしましょう。光の勢力は台湾北部に地下基地を完成させました。この基地は30億人の人々を収容することができます。同様に、同じような基地が中央ヨーロッパのある場所に建設されつつあります。そして、もう一つは南アフリカのある場所に建設中です。また、もう一つアフリカに建設される計画があります。これらの基地は銀河艦隊へとアセンションしなかった残りの人々を収容するプランのオプションとして利用されるかも知れません」
 
30億人を収容できる地下基地が台湾北部に、また同規模の地下基地?が中央ヨーロッパ、南アフリカ、アフリカの3カ所の計4カ所できるとすれば総計120億人を収容できますが、現時点では銀河艦隊へとアセンションしなかった残りの人々を収容するプランのオプションとして利用される可能性があるようです。
 
銀河艦隊へアセンションは宇宙船から降りてくる光の柱に、何も持たずに入ると吸い上げられますが、中には恐怖もあり、光の柱に入ることを躊躇する人もいるでしょう。その場合、彼等はアセンションを拒否して地上に残ることを選択したので、津波による地球の浄化が始まる前に地下基地に一時的に避難することになりそうです。
 
「あなたは、私たちが1月21日に達成したことが非常に大きなものだと理解する必要があります。天界の泡は完全に新しい現実の最初の兆(きざ)しなのです。それは、新しい宇宙のサイクルに属するものなのです」
新しい宇宙のサイクルに入るための「天界の泡」は私たちの現実に確実に存在しているのです。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 23:26 | comments(0) | - | - |
月食の瞑想レポート - ガブリエルRL (01/23)
∞  遅ればせなからですが、1月21日の月食瞑想レポートです。

 


 
月食の瞑想レポート - ガブリエルRL
2019年1月23日
 

月蝕瞑想レポート
 
以前に報告されたように、エネルギー最高潮はクリティカルマスに瞑想の間に達成されました。正確には其処で432,000人の人々がこの銀河の光の瞑想と固定でつながっていました。
 
金星、そしてプレアデスの星系を通過する銀河のセントラルサンからの強力なプラズマ波、そして最終的に地球は私達の銀河系ファミリーの最も純粋な意思で非常に強力に到着しました。
 
惑星の至る所にいた何千人もの人々が、この強力なエネルギーのすばらしい受信機と強力な送信機として働いて、残りの地球の住民にエネルギーを増強して働きかけました。
 
顕著に金色のエネルギーが金色の光の針のように、地球を打っているように見えま。すぐに、このエネルギーは地球全体を包み込み、それは完全に金色に輝き放ちました。そしてそれは、特に地球のアストラル領域で大きな変化を引き起こしました。
 
彼らは新たに体現していない、千年紀の存在を抱いています。これらの存在は、まだ特定の否定的な精神的およびエネルギー的パターンを保持し、表面に悪影響を及ぼそうとします。
 
団結
 
これらの領域では大きな掃除がありました、そして、光のビームが地球全体に到達したとき、これらの存在の多くは意見の一致が出来ませんでした。まだ負の勢力になりがちなこれらの存在の約59%はこれらの地域から取り除かれ、特別な治療地域に連れて行かれました。
 
もう一つの重要な点は、この光の浴層によって、銀河軍は艦隊を少しでも惑星に近づけることができたということです。瞑想中そして瞑想の後、世界中で、惑星の至る所で私たちの家族の存在と支持の証として多くの隠れた(そしてではない)船が大量に現れました。
 
この瞑想はまた、世界をリードする政府である地球の何人かの指導者たちがついに、人々を統一する必要性を愛の中で理解し始めたときに、より多くの境界が解体されるきっかけとなるでしょう。
 
銀河セントラルサン
 
彼らの個人的なアジェンダは彼らの決定に大きな影響をさらなる接触の容易さを持つでしょう。セントラルサンの肯定的プラズマ波が惑星中のアショリス(Ashoris)3 / キメラ(Chimera)グループの”主力波”を完全に破壊したので(100%)、惑星上の物理的でない現実への集中度と敏感度が増すだろう。元から供給された補助ウェブは溶解の過程にあり、それらのほんの数パーセントを残す。
 
これらの補助ウェブは、補助ウェブが下にある、地球の低軌道の真下に位置する大きなウェブによって精力的に支えられていました。世界中の多くの預言者がこれらのウェブを観察するようになりました。今それらの残っているものは確かに完全に分解されて、直ぐに直線的に小さなパーセンテージに成った。それはアショリス(Ashoris)3 / キメラ(Chimera)にとって強烈でした。
 
銀河系セントラルサンのエネルギー
 
これらのウェブの主な機能の1つは、戦争の本能を活発に保ち、人間と其れ等のより高い自己とを結びつけるプロセスを妨げることでした。
 
彼らの分解により、人々はより短い時間の瞑想と固定で昇華(純化)することが出来る様になり、いつでも地球の住民にメッセージやインスピレーションを送ろうと照らされた助言者の情報にもっと簡単にアクセスできるようになるでしょう。
 
この固定と非常に多くの人々の参加は、私たちが手を結ぶときに何ができるかを示しました。
 
空中には大きなエネルギーがあり、それは、自分自身の中や他の人間との個人的な状況など、問題を解決するために多くの人を駆り立てます。彼らが何かに同意しなくても、彼らは外交的に一緒に共存することができ、そして特別な違いがあっても私たちがより強いことを知っているので、これによって彼らは古い憎しみを取り消すことへの大きな衝動を感じ得るでしょう。
 
最後に、この瞑想と固定の働きは惑星中の女性と男性のエネルギーの調和を助け、男性の存在がよりオープンになり、母なる女神と父なる神の女性の波を感じるようになるでしょう。これらの力を調和のとれた形で彼らの分野に統合し、それゆえ私たちがこれら二つの力であり、完全に私たちの中に統合されていることを理解し始めます。
 
私たちは男性的でも女性的でも無く両方共に在ります。そしてこの現実では、特定のプロジェクトのために、男性的で女性的な両極性で自分自身を表現します、しかし私達のそれぞれの奥深くには長年からの調和がとれていない2つのエネルギーがあります。
 
この情報は、彼等自身にまだどんな女性エネルギーに対して極度に耐性があり、男性の目を向けることができそして、確かに、「私は非常に 男性です!」と言う人もいるかもしれませんが、これはポイント部分ではありません。
 
本意が必ずしも彼の男らしさや女らしさを失うこと無く、この2つのエネルギーの調和がより明確になる、これを達成するのに少しの努力が必要になるでしょう。このすべてが固定するのでエネルギーが真に明確になり、この固定されたエネルギーはすべてそれのより明快さと内部理解を得るからです。
 
愛と感謝、
ガブリエルRLから
 
(注釈、この情報は、プレアデス1情報の詳細解説にも成っています。最近プレアデスからコブラに情報が入っているのか如何か分かりかねますが、詳細、内容に多少の違いは”感じ”ましたが私達の今後にとても参考に成ってると思いました。又、翻訳し難い部分も有りましたが、其処は皆さんの読解力にて理解して頂けると思います。ATC-Y)
 

∞ 「正確には其処で432,000人の人々がこの銀河の光の瞑想と固定でつながっていました」
 
432,000人は144,000人のきっちり三倍です。コブラの「天界の泡」の記事によると瞑想当時、100〜200万人の人々が瞑想について知らされ、30万〜40万人が実際に参加していたので、参加人数はクリティカルマスの数倍に及んだと報告されていましたが、それがきっちり三倍だったと言うことでしょうね。そこに何か意味があるのでしょうか?(^_^;)

∞ 「正確には其処で432,000人の人々がこの銀河の光の瞑想と固定でつながっていました」
 
432,000人は144,000人のきっちり三倍です。コブラの「天界の泡」の記事によると瞑想当時、100〜200万人の人々が瞑想について知らされ、30万〜40万人が実際に参加していたので、参加人数はクリティカルマスの数倍に及んだと報告されていましたが、それがきっちり三倍だったと言うことでしょうね。そこに何か意味があるのでしょうか?(^_^;)
 
レポート内容はコブラの記事とほぼ同じですが、銀河のセントラルサンからの強力なプラズマ波は1月21日の瞑想によって強化され地球のアストラル領域で大きな変化を引き起こし、ネガティブな存在の約59%が取り除かれて特別な治療地域に連れて行かれたと言うことと、この光の浴層によって、銀河軍は艦隊を少しでも惑星に近づけることができたということです。瞑想中そして瞑想の後、世界中で、惑星の至る所で私たちの家族の存在と支持の証として多くの隠れた(そしてではない)船が大量に現れました。
 

 
「この瞑想はまた、世界をリードする政府である地球の何人かの指導者たちがついに、人々を統一する必要性を愛の中で理解し始めたときに、より多くの境界が解体されるきっかけとなるでしょう」
 
その何人かの指導者はトランプ大統領、プーチン大統領、習近平国家主席の面々がそうなのか、あるいは光を受け入れた新たな指導者なのかは分かりませんが、いずれにしろ良い方向性にはあります。
 
「セントラルサンの肯定的プラズマ波が惑星中のアショリス(Ashoris)3 / キメラ(Chimera)グループの”主力波”を完全に破壊したので(100%)、惑星上の物理的でない現実への集中度と敏感度が増すだろう。元から供給された補助ウェブは溶解の過程にあり、それらのほんの数パーセントを残す」
 
‘アショリス(Ashoris)3’はどういう組織なのでしょうか?ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?
 
“Ashoris)3 / キメラ(Chimera)グループの‘主力波’を100%破壊した”
 
これによって光の銀河連合がプラズマ領域のプラズマトップレット爆弾の処理がやりやすくなれば良いのですが・・。
 
「ウェブの主な機能の1つは、戦争の本能を活発に保ち、人間と其れ等のより高い自己とを結びつけるプロセスを妨げることでした。・・彼らの分解により、人々はより短い時間の瞑想と固定で昇華(純化)することが出来る様になり、いつでも地球の住民にメッセージやインスピレーションを送ろうと照らされた助言者の情報にもっと簡単にアクセスできるようになるでしょう」
 
ここでのウェブとは3つの私たちに埋め込まれたインプラントのことでしょうね。私たちからインプラントが取り除かれれば闇さん達の支配から抜け出せますから、ETさん達とのコミニュケーションも可能になってくるでしょうね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:06 | comments(0) | - | - |
コブラ (01/21)  天界の泡
∞ 「former-spiritual-light」さんの記事に差し替えさせて頂きました。(^_^)v

 

 
 
コブラ
2019年1月21日
 
天界の泡


光の帰還瞑想の復活は大成功でした。 100〜200万人の人々が瞑想について知らされ、30万〜40万人が実際に参加していたので、参加人数はクリティカルマスの数倍にもおよびました。


 
宇宙のセントラルサンからのエネルギー波は地上に到達し、そのエネルギーは不可逆的に定着しました。
 
これにより、地上の初期異常の構造が大幅に変化し、私達は圧縮突破の次の段階、いわゆる核形成段階に入りました。 
 

(以下の部分は「former-spiritual-light」さんから部分転載させて頂きました。上記の図について説明する。これは、ホットプレートを徐々に加熱していって、そこに水滴を落とすとその水滴がどのような挙動を示すかを表している。縦軸/Y軸は熱移流(1平方センチメートルの領域を1秒あたりどのくらいの熱エネルギーが通過したかの数値の大きさを示している。横軸/X軸はホットプレート上の温度Tsurが水の沸点の温度Tsatより何度高いのか(ΔT)を表している。フェーズ気沸騰前、フェーズ兇鉢靴核沸騰/nucleate boiling、フェーズ犬遷移状態、フェーズ垢膜沸騰という状態である。核沸騰の状態では、ホットプレート上に落ちた水滴は静かに泡立ちながら蒸発していく。遷移状態では、ジュージューと音を立てながらあっという間に蒸発して消失する。膜沸騰の状態では、水滴はホットプレート上に少し浮き上がった状態で踊るような動きを見せ、なかなか蒸発してなくならない。コブラは、核生成段階/nucleation phaseという言葉を用いて、今が来たるイベントの直前の段階に入ったことを示唆したようである。図に示した熱移流限界/critical heat fluxの地点がイベント開始を象徴しているのだろう。)
 
核形成段階は、2つの動的システム間の相転移となる非常に重要な段階であり、私達は今日、地球と宇宙の解放過程のこの段階に入りました。
 
上のリンク記事の日本語版はこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%94%9F%E6%88%90
 
今、宇宙のセントラルサンからの直接の介入の結果として、天界の泡は監獄地球の内部に形成され始めました。これが可能になったのは、瞑想中の私たちの集合的意識が、地表に宇宙セントラルサンの光を集めるレンズとして作用したからです。(私達の)未来の文明は、おそらくこれを地球の意識の進化における決定的瞬間とみなすことでしょう。
 
天界の泡は純粋な光の領域であり、11次元のブレーン世界時空連続体の中に作られたすべての物質から独立して存在します。これは実際には、地表の物質界および非物質界に、闇の勢力の手が届かない小領域が形成されたことを意味します。これが光の帰還の本当の意味です。
 
これは、今からあなたの生活の中に光を創造して光に至ることがはるかに容易になったことを意味します。これは、私達がカバールと戦っているレジスタンスの段階を脱してブレークスルーの段階に入った事を意味しています。この段階においては私達は新しい現実を創造し、一方でその独自のエントロピーの重力の下で古い世界が崩壊する様子を静かに観察する事になるのです。私達はその崩壊に巻き込まれることはありません。私達は既にあらゆる状況において静かに輝く光なのです。
 
天界の泡(以下のシミュレーションでは、赤で示されている)は、ブレイクスルー(イベント)が起こるまで、監獄地球の地獄(以下のシミュレーションでは、白で示されている)の中に成長するでしょう。
 
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/92/Nucleation_of_the_equilibrium_

さて、ショックかもしれませんが、あなたが内面の奥深くで既に知っているであろう情報を開示する時が来ました。
 
イベント後のある段階において、地球の地軸に物理的なポールシフトが起きるでしょう。これは私たちの太陽が宇宙のセントラルサンと銀河のセントラルサンの活動により、小新星(訳注1)/Tタウリ型星(訳注2)となることによって誘発されるでしょう。
(訳注1:原文ではmicronova。日本語では全く情報がヒットしてこない。英語では以下に添付するYoutube動画でその内容を知ることができる。この動画でmicronovaはsuperflareと同じ意味に扱われている。superflareは日本語では超太陽フレアと訳出できよう。通常の太陽フレアの数万倍にもおよぶ強力なエネルギーを発する太陽の爆発現象である。なお、novaは日本語では新星と訳され、恒星(白色矮星)の表面に強い爆発が発生し、これにより一時的にその恒星の輝度が著しく増大する現象を言う。であるからして、micornovaは恒星のフレアより遙かに強烈であるが、novaよりは弱い恒星の爆発現象と捉えることができよう。)
 
https://www.youtube.com/watch?v=0cDWbgFjCDc&feature=youtu.be
 
(訳注2:原文ではT-tauri star。外層あるいは大気の爆発によって輝度を変える恒星の一種。爆発に伴い、強い恒星風(プラズマ(高エネルギー状態下で気体分子が陽イオンと電子に分離した状態)の一定方向への流れ)を吹き出していることを特徴とする。また、強い磁場を保有している。)
(訳者補足:天文学の定義では、micronovaは恒星に見られる現象の一つであり、T-tauri starは恒星のある特定の分類群を指すので、これらは厳密には同じものではない。コブラがこれらをmicronova/T-tauri starと併記したのは、恒星表面での大きな爆発によって生じる非常に強いプラズマ(荷電粒子)の流れのことに読者の注意を向けることを意図したと考えられよう。中学の理科で右ねじの法則を習ったことを思い出していただきたい。電流(荷電粒子の一定方向への流れ)がある所にはその周囲にらせん状の磁場を伴うのである。micronovaによって発生する強い磁場に地磁気が晒されるならば、これに狂いが生じ、ポールシフト(地軸移動)が起きるのは当然の理論的帰結である。)
 
宇宙のセントラルサンおよび銀河のセントラルサンの作用に誘発され、太陽は巨大なプラズマ波を放射し、これが地球の地殻変動をもたらし、地軸が移動し、1マイル(1609)の高さの津波を発生させるでしょう:
 
この1マイルの高さの津波は、排除される必要のある全ての不純な者どもをこの惑星の地上から効果的に一掃するでしょう。言うまでもないことですが、すべての光の島とすべての光の領域は津波によって全く影響されることはありません。なぜなら、これらの領域はイベント後にポジティブな種族によって私たちに与えられた先進のテクノロジーによって守られるからです。
 
これらの全てのことはイベントの数年後のことですから、何も恐れる必要はありません。
 
地軸の物理的な移動を伴わない、小規模ながら同じような太陽でのプラズマ現象は、歳差周期の半期で一回、あるいは一万二千九百年前に起きました。
 
カバールはこのことが起きるのを知っており、神経質になっています。なぜなら、彼らには逃げ場がないことを知っているからです。このために彼らは、自分たちがこの現象から逃れられるよう、空しい希望を抱きながら、様々な宇宙秘密プログラムを開発したのです。
 
彼らは地球温暖化という嘘情報を作り出し、来たるポールシフトの真実を覆い隠しているのです。
 

 
来たるポールシフトは彼らが隠そうとしている主要な秘密の一つです。しかし、真実は明らかになることでしょう。物理的なポールシフトに先立って起こる地磁気逆転は既に起きつつあるのです。
カバールが隠そうとしている第二の秘密は、女性性と男性性の極性間の相互作用がドーナツ状の電磁場を作り出し、これが惑星解放をもたらすクンダリーニエネルギーの誘因となるというです。
 
イエズス会の人類の性を抑圧する計画が失敗に終わったため、彼らは新しい計画を考案しました。彼らは脱極性化を図り、ジェンダー間の混乱を作り出すことによって、女性と男性のアイデンティティを混乱させようとしています。
 
男性を女性化することによって、
 
そして、女性を男性化さすることによって、
 
女性を男性化し、性的な女性の力を奪うため、イエズス会はまた、ここ数十年間メディアキャンペーンを組織化し、女性が脇の下の毛や体毛を剃ることを流行らせました。
 
脇の下や体毛は、本源的な女性の力と繋がっており、イエズス会と黒い貴族はこれを破壊しようと望んでいるのです。
 
彼らはまた、有害な衛生用品の使用を強要し、女性にホルモンバランスの失調を作り出しています。
 
純粋で歪みのない能動的/動的な男性性の電気的エネルギーおよび純粋で歪みのない受動的/静的な女性性の磁気的は、惑星解放のために必要なのです。
(訳注:男性性エネルギーと女性性エネルギーの関係は餅つきのつき手と返し手の関係と捉えればよい。最初に動くのはつき手でなければならない。つき手が蒸した餅米にエネルギーを加えてこれに変化をもたらし、これを受けて、返し手がこの蒸した餅米を整えこの変化を安定化させるのである。どちらかを欠いてもおいしいお餅はできないのである。)
 
純粋な電気的で能動的/動的な男性性のエネルギーは、トールのハンマーの重要要素なのです。
 
純粋な磁気的で応答的/静的な女性性のエネルギーは、イベントのためのコンタクトディッシュである共鳴場を作り出すのです。
 
これらが協働して聖杯を作り出すのです。
 
これらが協働してソウルファミリーのマンダラを作り出すのです。
 
今が、最も覚醒した地上人類のメンバーが、ソウルの見地に基づいて、ソウルファミリーの繋がりを形成し始める時なのです。このプロセスは既に始まっています。このことに関する更なる指示は間もなく与えられるでしょう。
 
ソウルファミリーのマンダラは光の島に住み始めるでしょう。光の島の創造プロセスは既に始まっています。アジア、ヨーロッパ、アフリカおよびアメリカで既にプロジェクトが進行中です。これに関する更なる指示は間もなく与えられるでしょう。
 
この図の文章の訳:カオスの内側に愛の神殿を作りましょう。
 
ソウルファミリーのマンダラおよび光の島は内部に作り上げられた天界の泡なのです。しかし、それは、現在の地上の状態の地獄に対して平行して存在するものなのです。それらは充分な光が存在するようになった時に具現化します。それらはこの惑星の地上における将来の離脱文明の種なのです。
 
私は個人的に私自身のソウルファミリーマンダラを創造し始めるよう導かれました。このプロセスは、プレアデス星艦隊の司令官であるセムヤーゼの導きの下で2019年の1月1日から加速化しました。彼女は実際、私のソウルファミリーマンダラに属するソウルメイトの一人なのです。


 
プレアデス艦隊は女性のソウル命とおよびこの地上における私のソウルファミリーの女性メンバーをこのプロジェクトのために準備しています。プレアデス艦隊は、彼女たちに強力な示唆的な明晰夢やヴィジョンやシンクロニシティを送信することによって、彼女たちが私とコンタクトするように準備することでしょう。これらの彼女たちのスピリチュアルな経験は、2018年3月のコンタクトディッシュの行動計画の公表から既に始まっています。しかし、これが強化され始めたのは2019年からです。
 
私たちは天界の泡を創造しつつあります。真実の女神の神秘を定着させつつあります。そして、加速化したアセンションプロセス経験しつつあります。
 
もし、私にコンタクトするように導かれたと感じているのならば、彼女たちはtutanotaのeメールアドレスを作成する必要があります。
 
(∞ Tutanota(トゥータノータ)は、2011年にサービスが開始された暗号化メールサービスである。 Tutanota間でのメール送受信は自動的にエンドツーエンドで暗号化される)
 
そして、そのtutanotaのEメールアドレスから、次のEメールアドレスまで私に連絡してください。
 
一般的な地上人類のために、私のブログからの全ての情報が、一冊の本に見事にまとめられた書籍がハードカヴァーあるいは電子書籍の形で公開されました。この本はイベントの時に非常に重要なものとなるでしょう。なぜならば、イベント前後の主要期間中の短い間に、電子システムが途絶し、インターネットが利用できなくなる可能性があるからです。この本は携帯するためには非常に便利です。
 
あなたは以下からこの本を注文できます。

https://portal-report.com/
 

 
光の帰還瞑想の報告を終えるに当たって一言。この瞬間の閃光のうちに、為されたあらゆる事はなかったことになるでしょう。
 
光の勝利!
 

∞ 「former-spiritual-light」さんの記事に差し替得させて頂きます。(^_^)♪ 
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:26 | comments(0) | - | - |
COBRA (01/14)
∞  地球は光の帰還活性化の過程において鍵となる役目を持っています。何故なら、この宇宙の中で特に闇が集中している最後の場所だから・・(-_-;)

 


 
COBRA
2019年1月14日
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIORによる光の帰還活性化についてのコブラインタビュー


THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:私の友人の占星術師は、今回の月食の日の尋常ではないほどのアスペクトの数に非常に驚いていました。あなたがブログで書いていたように、なんと20ものアスペクトが見られます。彼は数秘術の観点で月食の日を見てみたところ、更に驚いていました。彼が言うには、今年こそがずっと待ち望んでいた年になるかもしれないねと言っていました。あまり煽り立てたくはないですが…もし集団瞑想の参加者が通常以上であれば、今年こそダムが大決壊するようなことが起きるのでしょうか?
 
COBRA:私はいかなる予測もしません。人々は「イベントがいつ起こるか」という結果に焦点を当てすぎてしまうからです。皆がイベントの起きる時期を推測しています。しかし、焦点はそこではありません。大事なのは、組織的に協力し合う事。そして、全体のプロセスのために貢献することです。ただの外で起きている出来事にしないでください。受け身の傍観者にならないでください。私達は、共同創造者です。ですから、イベントがいつ起きるかという質問は間違っていると思います。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:はい、私も待ちの姿勢に終始して、その場しのぎの事に集中している人達は間違っていると考えています。アスペクトの話に戻ります。20のアスペクトの中で、最も大事なものはどれですか?このチャートには、銀河の中心、プレアデス、シリウスなどアスペクトを作る惑星や小惑星の名前が並んでいます。
 
COBRA:このチャートで見られるいくつかの配置について説明させていただきます。一つ目に、多くの惑星が極度の緊張の下で並べられ、それらが巨大なブレイクスルーによって解放される、グランドクロスの配置があります。まだ「どのようなブレイクスルーが、どのように起きるのか」は断定されていません。しかし、惑星の状況に突如として猛烈なエネルギーが押し寄せてくることは間違いありません。更に、銀河の中心とのアスペクトが見られます。プレアデスやシリウスとのアスペクトも多く見られます。とても多くの惑星や小惑星が、これら三つのスターゲートを活性化しています。それが意味するのは、光の帰還瞑想の間と月食の間、これら三つのスターゲートが非常に活発になるということです。アスペクトの内容について一つ一つ述べていくことも可能ですが、専門的な詳細を話すことになってしまいます。もしお望みならお話しますが、大事なことではないと思います。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:はい、20もありますから、少しだけ紹介いただければ結構です。メインとなるものだけ教えてください。
 
COBRA:基本的にはパラス、水星、キロン、天王星、月のノードがそれぞれ銀河の中心とアスペクトを形成しています。これらは銀河の中心の引き金を引きます。そして、月、太陽、キロン、天王星がプレアデスとアスペクトを形成しています。シリウスとアスペクトを形成するのは火星、土星、金星、木星、海王星などです。ですから、チャート内のほぼ全ての惑星と小惑星が三つのスターゲートのいずれかとアスペクトを形成しているのです。信じがたいことです。単純に、非常に強力な配置だと分かります。しかもそれに加え、超強力なグランドクロスもあるのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:そうですね、今この時期にこれだけの連結が見られるというのは、極めて驚くべきことです。皆さん、私達は巨大なチャンスに恵まれているのです。このインタビューの主題として、月食とこれら全てのアスペクトがどのように関係しているかを知りたかったのです。ところで、これらのアスペクトが銀河の中心の引き金を引くというのは、どういう意味でしょうか?
 
COBRA:それぞれの占星術的アスペクトによって、太陽系全体に共鳴場が形成されます。そしてアスペクトごとに扉が形成されます。その扉からは、特定のスターゲートから太陽系を通ってこの惑星の地表へと続く道が作られます。したがって、この三つのスターゲートが活性化されることで、三つの異なる超次元プラズマ流ができて、銀河の中心、プレアデス、シリウスのエネルギー口を開き、そのエネルギーは太陽系を流れてきて、この惑星の地表に到達するということです。
 

 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:壮大ですね。これは例えば惑星や小惑星がシリウスとアスペクトをすると、シリウス人が惑星解放の為にもっと関わることができるようになるということでしょうか?
 
COBRA:その場合、シリウスのスターゲートのエネルギーがプラズマの超次元チューブともいえる道を通って、惑星地表に向けて流れます。シリウス人も当然、積極的に関わることになります。プレアデス人についても同様ですし、セントラル種族も非常に活発になるでしょう。ですから、三つの主要ポジティブ地球外種族がこの活性化に強く関わることになるのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:質問の続きになりますが、プレアデスのアルシオーネ・スターゲートのアスペクトも月食の間に活性化されるスターゲートの一つだということですね?
 
COBRA:はい、同じ原理です。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:過去の経緯を思い出していただくためにも質問しますが、2012年12月21日の冬至の日の活性化と、今回の1月21日の 月食の活性化には、何かエネルギー的な繋がりがありますか?
 
COBRA:その二つには直接の関連性はありません。全く違うエネルギーであり、違う星の配置であり、その背景も全く違います。
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:ですが、重要さや視野や影響という観点で見れば、2012年12月21日の時と同じくらいのレベルの活性化なのではありませんか?
 
COBRA:はい、同じレベルです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:ですから皆さん、今月の20日、21日の集団瞑想の為に総力を挙げる必要があります。 どうか、参加をお願いします。ところで、時間が操作されたようなことがありませんでしたでしょうか。一つの例として、トーマス・ウィリアムズが4年ごとの時間のループについて語っていましたが、そのループによって2012年12月に物理レベルで起きたいくつかの変化を感じられなくなっているというものです。このことについて、何かご存知ですか?
 
COBRA:いいえ、それは間違っています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:では、アメリカ中で観測できる今回の2019年の皆既月食と、2018年の皆既日食には、エネルギー的な繋がりがありますか?それらのエネルギーを得て、変化を広めるチャンスはありますか?
 
COBRA:はい、関連性があります。2017年8月21日のアメリカでの瞑想は、あるプロセスの引き金となり、現在までそれは続いています。今回、状況全体をアップグレードすることになります。試験に受かったとも言えます。ですので、今回は次のレベルに進むところです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それを聞けて良かったです。ということは、瞑想者数が臨界数に達すると、2017年8月21日と同じレベルのブレイクスルーを起こせるということですね?
 
COBRA:今回は、その時よりも大きなインパクトを起こすことになります。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、コブラから確認を貰いました。何が何でもやり遂げましょう。たまに「お空の星々で起きることなら、何もしなくても起きるだろう」と言って、臨界数に達するために自分で押し進める必要は無いと思っている人がいます。どう思われますか?
 
COBRA:お空の星で起きていると思っていれば、その星でしか物事は起きません。もしそれを自分の手で起こしたいのなら、物理的な行動を取ってください。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:素晴らしい。なぜ物事を加速化させ、よりスムーズに起こすためには、我々が惑星上で統一されたやり方の下で瞑想をする必要があるのですか?
 
COBRA:変化、ブレイクスルーは地表の住人を通じて起こす必要がある為です。そして、地表の住人を介して変化を起こしたいなら、地表の人々が変化のエネルギーを通さないといけません。それ以外の方法はありません。残された道は一つだけです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど。変化を起こすための青信号が灯ったということですね。黄金時代を経験するための許可が、我々には与えられました。私達の身体やDNA、エネルギー系には月食の間のスターゲートと同調するための、秘教的方法はあるのでしょうか?
 
COBRA:蝕というのは「時間が無い瞬間」なのです。5次元以上の次元と直接繋がることができる瞬間です。自由意志の決意の瞬間です。その瞬間には、量子的飛躍が可能になります。月食のエネルギーを使い、意識や具現化の過程に飛躍的進歩を起こしてください。惑星規模で言うなら、惑星の状況に効果的に量子飛躍を作り出すことができるのです。その瞬間には、惑星解放に繋がる特定の新たなプロセスが開始させるでしょう。そのことについては、まだ詳細をお話できません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、理解しました。 皆さん、この通り運命の分かれ道となる日ですから、積極的にご参加ください。キメラやアルコンはどのように妨害してくるでしょうか。そして惑星地表で瞑想をする人間は、どのようにそれに対抗し、占星術で予想される通りの出来事を起こせるでしょうか。
 
COBRA:キメラやアルコンがやっているのは、瞑想に参加する予定の人々の心理的弱点を突いて、瞑想へのやる気を無くさせることです。他の事に注意を逸らさせてきたり、忘れさせられたり、参加したくなくさせたりしてきます。これが奴らの基本的戦術です。これは戦争なのです。ピクニックではありません。瞑想には、勝利を押し進めるために参加してください。惑星解放のためです。参加者一人一人が大事です。 何度も言いますが、結果がすぐに出ることは約束できません。結果が出るまでやり続けなければなりません。それが私達にできることです。それ以外に道はありません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:その通りです。臨界数に達したら、他にどのような多次元的な出来事が起こりますか?例えば、多次元的な私達が異なる次元で、この活性化に参加することになるのでしょうか?
 
COBRA:はい、もちろんです。皆さんの物質的な肉体は、活性化の物質的側面を担当します。その間、高次元の皆さんは、同じ活性化の高次元の側面を担当します。そして全ての側面がカバーされ、全ての面で変化が起きます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:意識的に物理的な参加をすることによって、我々の潜在性が全て解き放たれるということですね
 
COBRA:はい、その通りです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:確認のためにお聞きしますが、多次元的な引き金を引くためには、物理的参加が必要なのですね?
 
COBRA:はい、もちろんです。惑星地表で多次元的変化を起こしたいのなら、物理的に参加をしてください。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、これではっきりと分かりましたね。占星術チャートでは、天王星が第4ハウスで太陽とTスクエアを形成しています。(更に、月とオポジションになっています) これはつまり、人々の頭で点と点が繋がって、突然物事をはっきりと理解したり、大衆が目覚めることになるという意味があるのでしょうか?
 
COBRA:この時点でまだ覚醒していないスターシードは突然「あっそうだったのか」という気づきがあって、高次元の現実と惑星の現状に目覚めるかもしれません。大衆も、マスメディアを通していくつかの暴露があり得ます。舞台裏では準備が進んでおり、その時には開示が起きるかもしれません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、私達がそれを支援するのです。恐らく地球同盟のことだと思いますが、彼らが作戦を実行できるように。非常に重要な役割を任されています。さて、私達はどのようにして、シリウスのスターゲートやプレアデスのアルシオーネ・スターゲートと繋がり、ソースのエネルギーを銀河セントラルサンからもたらすのを支援できるのでしょうか?言い換えれば、どのようにしてスターゲートとエネルギー的繋がりを持てますか?
 
COBRA:一番効果的なやり方としては、良く晴れた夜空を見上げることです。外に出て、ただ繋がってください。シリウスを見て、プレアデスを観察してください。北半球であれば、今見ることができます。本番まであと7日ほどありますから、難しくはないはずです。または、チンターマニストーンを通してシリウスのスターゲートと繋がることができます。プレアデスのスターゲートでしたら、モルダバイトストーンを通して繋がれます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:素晴らしい。スターゲートとの繋がりによって、惑星の地表にソースのエネルギーが流れるのを支援できますか?
 
COBRA:シリウスとプレアデスのスターゲートは、惑星解放プロセスを支援するソースのエネルギーを様々な次元を通すことができる、2大主要源なのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど。瞑想についてのあなたの投稿の中に、惑星上にある光と闇の勢力間の暗礁を解消させると書かれている部分がありました。その暗礁とは具体的にどのようなものでしょうか。人々が気づいていないこともありますか。例えば、カバールやメディアによる非覚醒層の分裂作戦はあります。明かせる範囲で構いませんので、他にも例を挙げていただけますか。
 
COBRA:最大の行き詰まりの原因はトップレット爆弾です。これがあるから、直接の行動が取れないでいます。もう一つの要因はインプラントに関する状況です。インプラントが強烈なので、覚醒しようとしない人が多数います。それと大問題は、インターネット上で拡散されている偽情報です。現在代替メディアで読める情報の8割以上が偽情報です。確認の取れていない情報に人々は踊らされています。全体の内容が意味不明となってしまい、実は読むことで心を乱してしまいます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:良い指摘です。よく認識しておきたい点ですね。ですが皆さん、全ての情報をただ無視すればいいという意味ではありません。私たちも、歪められていない、正確な情報提供を心掛けていますし、コブラはもちろんそうしています。さて、アメリカ大陸は長い間、西欧文明にとっての「新世界」と考えられてきました。私は、アメリカ大陸こそが、最もアトランティスのエネルギーを保持しているのではと見ています。実際、月食はアフリカの西海岸を通って最大になります。つまり、瞑想中と月食中に、未解決のアトランティスとその崩壊のエネルギーの最後の層が表面化して、それを私たちが解消するということはありますか。
 
COBRA:アメリカ大陸が最もアトランティスのエネルギーが最も強い場所であるという意見には同意しません。アトランティスのエネルギーがある場所の一つと言えます。また、この活性化は未解決のアトランティスのエネルギーを浄化するということには関係していません。それ以外のことに関係しています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それを今明かすことは…
 
COBRA:できません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:この占星術チャートがニューヨークの時間に設定されていることについて、特定の理由がありますか?この月食は、ニューヨークのマンハッタンにある、ウォール街に対して重要性を持つのでしょうか?
 
COBRA:ニューヨークは非常に重要です。この瞑想における重要なヴォルテックス地点ですが、マンハッタンやウォール街の為ではなく、別の理由があるためです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど。ニューヨークの中でも、とりわけロングアイランドは、ネイティブアメリカン(先住民族)13部族にとっての神聖な場所でした。ニューヨークとロングアイランドをこの月食で特に活性化される特別な方法があるのでしょうか?
 
COBRA:月食が通る道にあるヴォルテックスは全て活性化されます。よって、ロングアイランドだけではありません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、面白いです。光の勢力の中でも、あなたと行動している地球外のグループは、月食集団瞑想の前や最中に、物質的または非物質的な妨害があることを警戒していますか?
 
COBRA:はい、すでに予測済みで、もう始まっています。1月6日の部分日食の際に、非常に強い抵抗が始まりました。月食までの2週間には多くの集中的な浄化が起きて、時に強烈なレベルになるかもしれません。抑圧された闇の心理的側面を浄化するものであり、暴力的になる人もいるかもしれません。光の勢力はこの期間中、暴力のレベルを抑えるために尽力しているところです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:そうでしたか、なるほど。地球外のグループは、地表のライトワーカー達が集団瞑想によって光を定着させ、惑星とまだ目覚めていない層が光を吸収できるように、安定して光を確保する役目を持っていると見ているのでしょうか?
 
COBRA:基本的にはそうです。光を定着させる時は、惑星の地表のエネルギーパターンを安定化させることになります。同じコインの裏表です。光の定着化とは、惑星のエネルギーグリッドを安定化するということでもあるのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、私達は安定化という大事な役割も持っているのです。このことは、心に留めておきましょう。さて、あなたは宇宙のセントラルサンから巨大な光の鼓動が万物へと送られると書きましたね。宇宙セントラルサンというのは、これまでの銀河セントラルサンとは明らかに別物であることが分かります。月食そのものは銀河の片隅で起きるちっぽけな出来事に過ぎないのに、なぜこのような大きな話が出てくるのでしょうか?
 
COBRA:これまで私達がしてきた集団瞑想は、物質界と高次元を繋げるためのものでした。成功した瞑想は、その繋がりを深め、私達とソースとの繋がりを強めていってくれました。そうしてゆっくりと前進していき、今回初めて、宇宙セントラルサンと意識的に繋がり始めることができる時点に至ったのです。宇宙セントラルサンは銀河セントラルサンよりもはるかに強力な存在です。銀河セントラルサンは、この特定の銀河の進化を見守るのみですが、宇宙セントラルサンは宇宙全体の進化を見守っています。宇宙のセントラルサンとの直接の繋がりが、今回初めて形成されることになります。その繋がりがどのようなものか知る者は誰もいません。というのも、宇宙の140億年の歴史において、その繋がりを作った存在はないからです。ですから、私達は過去の宇宙周期から未来の宇宙周期への架け橋という、進化の鍵となる瞬間にいます。ご存知の方もいるでしょうが、この惑星はこの過程において鍵となる役目を持っています。何故なら、この宇宙の中で特に闇が集中している最後の場所だからです。これは小さな銀河の中の、何処にでもあるような小さな惑星で起きる、単なる小さな月食などではありません。宇宙の中でも大事な変化が起きる、中心点なのです。だから、私達はここにいます。だから、この宇宙の転換期という特別な瞬間に、特別な目的を抱き、月食の間に惑星地表と宇宙セントラルサンを直接繋げて、私達の圧縮突破の次の段階を開始させようとしているのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:壮大な話です。文字通り、宇宙レベルの話ですね。今までにない、歴史を作るようなことです。特に、深い密度の物理的レベルでは無かったことだと思います。
 
COBRA:この特定の宇宙では、初めてのことです。だから、何が起きるかは正確には分からないのです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:触れられたことのない話題でしょうね。とても楽しみになってきました。ですが、他の宇宙では過去に起きたことなのですか?
 
COBRA:はい、ですが、各宇宙はそれぞれ異なる構造を持ち、異なる状況があり、闇を経験することになったのはこの宇宙だけでした。「闇を経験したのにまだ存在している宇宙」だとも言えます。特別な状況です。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:他の宇宙では、物質的レベルの密度で成し遂げられたのですか?
 
COBRA:はい。初期異常の強い存在感が無かった状況でしたが。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それは全く異なる状況ですね。皆さん、お聞きになられたように、あなたは歴史の一部になります。一丸となって、歴史を作りましょう。前例のないことをやり遂げましょう。さて、地球外の善良なグループは、地表のライトワーカー達が複数の抑圧の層に苦しめられ、極度の傷を負っていることをよく分かってくれていると思われます。ですが、この状況が地表の住人が瞑想に参加する比率に影響することはありますか?
 
COBRA:難しい質問です。地球外の善良なグループは地表の住人と同じ経験を持っていません。何が起きているかは見ることはできますが、光から切り離され、かつ支援も受けられないというその経験が実際どのようなものなのかは、知る由もないのです。見るのと実際に経験するのでは、大きな差があります。彼らが理解していることは、私達の真実からは、全くもってかけ離れたものであると言えるでしょう。例えば「アフリカで餓死した子供たちの気持ちが分かりますか」と聞かれても分からないのと同じです。TVに映る映像を見て、なんとなく理解している気になったようなものです。地球外の善良な勢力は、このようにしか地表の住人を理解できていません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:やはりそうですか。結局は自分で体験してみなければ、本当に理解できませんからね。ところで、もし地球外の善良なグループが魂の目的に沿って、地表の住人の浄化とヒーリングをしに直接介入を行ったら、地球外の悪のグループも直接物理的または非物理的に介入をしてくるのでしょうか?
 
COBRA:はい、もちろんです。ネガティブ勢力が即座に報復に乗り出すために、光の勢力は介入ができません。この惑星の大きな問題です。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:もしプラズマ・トップレット爆弾による脅しと報復が無くなれば、もう安全ですか。
 
COBRA:はい、その他の事は問題ありません。トップレット爆弾さえ取り除かれれば、イベントはその15分後には起こせます。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、分かりました。スターゲートを通ってこの惑星を解放しに来た144,000人のスターシードのうち、特にシリウスとプレアデスから来たソウルファミリーのマンダラは(彼らは聖杯の欠片と考えられています)、この月食で特に重要な役割を持っているのですね。
 
COBRA:はい。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:それに加えて他にも、特別な役割があるのでしょうか。過去に語られたことの無かった役割などはありますか。
 
COBRA:今はまだ話せません。瞑想が終われば、もう少し話せるかもしれません。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:分かりました。皆さんの役目は、惑星解放です。真剣に取り組みましょう。コブラ、物質界の闇の勢力のヒエラルキーについてお聞きしたいです。3週間前にトーマス・ウィリアムズが出演した際に話していたことですが、キメラのことは一旦置いておいて、ドラコがヒエラルキーのトップに君臨していて、その下には「ペアレンツ」と呼ばれる20人ほどのメンバーがおり、各自のグループを統括してたそうです。彼らは遺伝的に黒魔術師の血統でした。カヴンとしても知られています。そして、その下に黒い貴族がいるそうです。この中で語られている黒魔術師について、なにかご存知でしょうか。
 
COBRA:彼はイルミナティ構造について語っているようです。ドラコの何人かはイルミナティのトップにいましたが、黒い貴族はその上に君臨していました。そして黒魔術師のカヴンは、惑星中のイルミナティ・ネットワークの基本構造を占めています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:では、カヴンは黒い貴族の一つ下のレベルにいるということですか?
 
COBRA:はい。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:なるほど、いずれにしてもトップに近いところにいるのですね。次は非物質界についてのアップデートをお願いします。特にプラズマ界とプラズマ・トップレット爆弾についてです。プラズマ界は特に浄化できていない場所のままですか。また、それは初期異常が特にそこに集中しているからですか。
 
COBRA:まだそうですし、ブレイクスルーが起きる瞬間までは、そうです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:コブラが多くを明かすことができないのは承知の上ですが、エーテル界、メンタル界、アストラル界などの低い層は大分進展があったように見えますが、まだやらなければならないことがありますか。
 
COBRA:まだありますが、徐々に改善が見られています。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:皆さん、なんとかしたいと思ったのなら、集団瞑想にご参加ください。さてコブラ、レジスタンス・ムーブメントやプレアデス人、シリウス人など銀河連合の感じていることや、士気について、私達にお話いただけることはありませんか。
 
COBRA:彼らは戦争の真っただ中です。ブレイクスルーを起こすことに注力しています。なかなか刺激的なプランを持っていますが、これらは時期が来ればお話できるでしょう。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:彼らの士気は高いですか。
 
COBRA:かなり高いですが、心配もあります。ですが、全体的に見れば状況はかなりポジティブです。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:緊張状態が少なからずあるということですね。理解できます。これは戦争ですからね。コブラ、あなたは地上のどこにも見つけられない情報を地表の住人に提供してくださいました。特に非物質界の出来事、キメラについて、プラズマ・トップレット爆弾、人類の歴史の様々な側面についてなど。私も含め、皆があなたに感謝しています。ライトワーカーの間で仲間割れや言い争いが起きても、どうか落胆しないでください。ライトワーカー達が負ってきた傷も深いからです。アトランティスなど正気の考えではない、馬鹿げていると言われ続けてきました。ライトワーカーの大部分は再起不能なほどの傷を負っていてもおかしくないと思います。心からあなたに感謝の気持ちを表したかったのです。なにか付け加えられることがあれば、仰ってください。
 
COBRA:ありがとうございます。地表の住人が経験してきたことは理解できます。ですが、私の心理的構造は少々異なっているため、今起きている状況に対して一定のやり方で合わせています。私には全く未知の様相なので。
 
ですが、本当にありがとうございます。皆さんに瞑想に参加していただきたいです。この特別な瞬間に参加し、未来を大きく加速化させましょう。
 
Victory of the Light。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:まさにそうです。Victory of the Light。惑星解放の全過程をスムーズに加速化させるための絶好の機会です。コブラ、本当にありがとうございます。どうかご無事で。月食の日には、非物質界でもお目にかかります。
 
COBRA:オーケー、そこで会いましょう。私は特定の面白いやり方で参加します。
 
THE UNKNOWN LIGHTWARRIOR:すばらしい。わくわくするお話をいただきました。ありがとう。またお話しましょう。月食の後、素晴らしいお知らせを期待しています。
 
COBRA:分かりました。
 
NOGI」2019/01/15 14:07
 

∞  簡易抽出しました。 (^_^;)>
 
私達が、今このときに焦点を当てるべきは「イベントがいつ起きるか」ではなく、また受け身の傍観者であってはならず、共同創造者として組織的に協力し合う事。そして、全体のプロセスのために貢献する事です。
 
今回、以下の3つの占星術的アスペクトが形成されます。
 
・パラス、水星、キロン、天王星、月のノードがそれぞれ銀河の中心とアスペクトを形成し、銀河の中心の引き金を引く。

・月、太陽、キロン、天王星とプレアデスがアスペクト形成している。

・火星、土星、金星、木星、海王星がシリウスとアスペクトを形成している。

それぞれの占星術的アスペクトによって、太陽系全体に共鳴場が形成され、そしてアスペクトごとにスターゲイトが形成されて活性化することによって三つの異なる超次元プラズマ流ができて、銀河の中心、プレアデス、シリウスのエネルギー口を開き、そのエネルギーは太陽系を流れてきて、この地球の地表に到達します。これはこれまでに無い大きなインパクトを起こすようです。

このインパクトを起こすには地球の住人である私達が起こす必要があり、そのために統一されたやり方の下で144,000人以上人たちが瞑想をしなければなりません。

「蝕というのは『時間が無い瞬間』なのです。5次元以上の次元と直接繋がることができる瞬間です。自由意志の決意の瞬間です。その瞬間には、量子的飛躍が可能になります。月食のエネルギーを使い、意識や具現化の過程に飛躍的進歩を起こしてください。惑星規模で言うなら、惑星の状況に効果的に量子飛躍を作り出すことができるのです。その瞬間には、惑星解放に繋がる特定の新たなプロセスが開始させるでしょう」

集団瞑想によって量子飛躍を起こして意識や具現化の過程に飛躍的進歩を起こしましょう!

「最大の行き詰まりの原因はトップレット爆弾です。これがあるから、直接の行動が取れないでいます。もう一つの要因はインプラントに関する状況です。インプラントが強烈なので、覚醒しようとしない人が多数います。それと大問題は、インターネット上で拡散されている偽情報です。現在代替メディアで読める情報の8割以上が偽情報です」

これらは私達の進化を妨げる3つの要因です。

もし、プレアデス艦隊がプラズマトップレット爆弾の排除に成功したら、イベントはその15分後に起こせるようです。インプラントはソーラーフラッシュで消滅することを期待したいですね。偽情報に関してはハートで見抜いて下さい。

「私達はこの宇宙の140億年の歴史において、今宇宙セントラルサンと意識的に繋がり始めることができる時点に至り、過去の宇宙周期から未来の宇宙周期への架け橋という、進化の鍵となる瞬間にいます。地球はこの家庭において鍵となる役目を持っています。何故なら、この宇宙の中で特に闇が集中している最後の場所だからです」

↑これが、この宇宙で地球が注目される理由です。この宇宙における非常に最も重要なイベントを私達は、今私達の現実として体験中なのです。(^_^)v


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 22:36 | comments(0) | - | - |
アシュター司令官とジュピター司令官 (01/04)
∞  光の銀河連合とのチャネリングメッセージです。

 


 
アシュター司令官とジュピター司令官
2019年1月4日
 

こんにちは
 
愛されてる地球のアバターやライトワーカーの皆様、5次元ポータルが開いたことをお伝えできることは喜びです。そうです。愛されてる皆様は今、単に4次元から5次元意識にシフトできます。そして高次意識の中の、レインボーブリッジを踏み越え、ゲートウェイポータルは今開けられ、そして愛すべきスターシード、光の戦士の多くは、意識の高レベルに今上昇したのです。皆様は現実を5次元の生まれ変わりである惑星の高い領域の中で上昇したということです。
 
それはどういうことでしょうか:ここにいる沢山のライトワーカー達は言っています??。
 
なぜ3/4次元である人間としてなぜまだここで生活しているのでしょうか…。
 
愛する皆様、説明させて下さい。
 
シフトした皆様、皆の自覚している意識は、まだ今のところ、領域の間でいったり来たりしています。
 
意識の存在の惑星または次元的覚醒のレベル(段階)があるように….
 
例えば、それぞれの惑星は7回転生しました。それはつまりそれぞれの物理的惑星は6つの他のボディーがあり、またもっと分かりにく転生とも言えますが、地球と呼ばれてます。そしてこれらの7つの地球とは、人類意識の鎖と呼ばれたり、鎖(繋がり)を形成している存在の7つの地球レベルの中での次元的覚醒が起こっていると言われたりします。
 
惑星的文明が存在している現在の地球は、(円形や球体や領域の地球とか、4番目の転生の中にいるガイアと言われてます。カリユガの終焉、地球、5次元の黄金の時代に準備しつつシフトしていく領域… 地球領域の世界または次元….すべては意識のレベル、7つの惑星的転生の7つの転生の鎖を覚えておいて下さい。
 
そう例えば:これが我々が言うところの惑星的アセンションと個人的アセンションです!!!。
 
惑星的ボディーの5番目、6番目、7番目の転生はもっと高位で、もっとスピリチュアルで…7番目の領域では、皆様は意識創造者とともに一つの完成形となります。
 
愛する皆様、この惑星の高次的転生に向けてその入口を踏み越えていくため、覚醒した皆様のためのポータルは開かれました。
 
しかしながら、地球の同士達(仲間達)の多くはまだ3/4次元領域の洗脳マトリックスの中にいます。または ガイアの鎖の3/4番目の転生とでもいいましょうか….あなたの惑星には、まだ3番目のチャクラが活発で、意識のシフトにむけてのハートが完全に開いてない多くの人達がいます。
 
このこれらの個人レベルにおいての低い意識はイベント到来とともに完全に変るでしょう!!!。またはブラマー(古代インドの神)の偉大なる生命力〔息吹〕….
 
この最後の波や、愛の光子の一押しが到来することを覚えておいて下さい。しかしながら、我々はいつ創造主が完全にこれを現実化する日や時間は伝えないでしょう。なぜなら今という永遠のなかで生きているからです….なので、今自分の意識に気づいた光の戦士やスターシードにはまだ必要なのです。5次元にシフトしたライトボディーやこの惑星の5回の転生、ここでは言ってもいいでしょうか:(まだあなたの惑星の表層土に立っている人間の足で)。
 
愛されてる皆様は、洗脳やヴェールを取り除くことをまさに必要としている仲間達のために、もっと光の中で定着することがまだ必要なのです。
 
我々の愛する皆様は高い周波数の橋渡し(導管)であり、光のコードとエネルギーの通信を受信するアンテナとして機能し。あなたのオーラのエネルギーフィールドを通過し、チャクラに入って吸収され、自分自身からまた放出し、宇宙のエネルギーは波の形や粒子の形のなかに存在しています。
 
すべての現実を貫通するエネルギー構成要素を作り、エネルギーは特定の場所では非常に小さいかもしれませんが、エネルギーはどこにでも存在しており…. そして愛する皆様は。特定の形で、特定の場所に集められた光の粒子エネルギーでできているのです。だから。あなたの愛すべきボディーはあなたのDNAから発する光の放射を変化させるエネルギーを特定の場所に集めるのです。それは、あなたが個人のエネルギーの特徴を惑星領域にむけて送信しているコアリアクター(原子炉)なのです。

だから親愛なるハートたち、自分の中にものすごく強力なパワーがあり、そしてあなたを助けたくてしょうがない(奉仕する)のです。そのパワーは、あなたが強く熱望し現実化したいすべてを叶える力があるのです。
 
だから今一度、集団瞑想のパワーについて考えてみて下さい ?皆が、もし宇宙からの自分の一点に集中し、自分の存在と人類に向けて、同時にエネルギーを送ったらと考えてみて下さい。 そして同じ意図で、どれだけ導管であるあなた、創造主であるあなたが強力なのか考えて下さい….もしあなたがすべて同時に同じことを望み、同じ目的で、連鎖反応的シフトを創造し現実化したらと….
 
だから愛する皆様、まだ行動のための呼びかけが必要なのです。
 
私たちは、天文学的整列に関して瞑想することを愛する皆のために願ってます。そして、2019年1月21日に皆様が言っている月食が見られるでしょう…0.51度のしし座において

月はスーパームーンでしょう ブルームーン…月は天王星と90度になるでしょう。天王星は月食を難しくする大きな影響です。これは、占星術的時間として、チャート内の複数の惑星は、それぞれが完全に直列の中で反対に位置します?….銀河の中心、プレアデスとシリウス星システムで数字的に強力に重なります。

このように…フォトンエネルギーのパワフルな配置を創造し、そして、大きなコズミック突破の中で、放出され最大の緊張状態の場所を作り出します。
 
グランドマザー・ファーザーゴッドフォース….コズミックセントラルサンは、複数の節の中で、すべてのグレートセントラルサンで整合された創造全体を通して、巨大な光のパルスを送るでしょう。

残された洗脳をシフトさせつつ、そこで愛する皆様、この正確な分点で、この整列に向け皆で瞑想すれば、この惑星で定着された皆の5次元の足で、 人類意識のパワーを想像してみて下さい。
 
愛する皆様、我々は今を願い−この視覚化の目的とテクニックを1月21日の月食の特別な日に使って、瞑想に連れて行きましょう。そしてあなたの日々の瞑想の中で、自分の惑星の周辺にあるエネルギーフィールドを拡大するため、自分の意識を統一するすることができるポータルを創造するために…. ガイアの新しい5番目の転生の中心で、光をグラウンディングさせましょう。
 
皆様は、光を定着するために自分のアンテナを使う事ができますし、目を閉じ、第3の目を開けて、そして呼吸…呼吸…自分自身の中に、創造の息吹の中で、….肩の力を抜いて…..高次のハートを開け….そして….惑星の表面に光をもたらすツールとして、この瞑想を行う意志を宣言してみて下さい。このような瞑想に皆様をお連れしたいと思います。
 
さあ眩しい白い柱/ 青いフォトンの光がマザーファーザーゴッドの核であるユニバーサルコズミックセントラルサンから放射されているところを視覚化して下さい。そしてこの光がすべての宇宙の銀河のすべてのセントラルサンへ届いている所をイメージしてください。
 
この光があなたの銀河セントラルサンを通って入ってきた所を視覚化し、そしてアルシオン・プレアデススターゲートの強力なスターゲートを通り、シリウススターゲートの別の強力なスターゲートを通り、我々の太陽系に入り、そして今あなたの太陽系システムの中の銀河ファミリーである私たち、つまり光の存在すべてに届いていきます。
 
それで、この光が私たちの母船と艦隊の上で、私たちが貢献するすべての我々の艦隊に光が入るのを視覚化してください?…..あなたのソウルスター・チャクラをとおって光は定着します。

クラウンチャクラの6インチ〔15センチ〕の場所にある、ソウルスターチャクラは恒星の通路です。そして“ソウルの場所“9番目のチャクラです。…..だから フォトンの光が9番目のチャクラに入り、ボディーに降り、すべてのチャクラから惑星ガイアのハートとソウルの核に流れます。そして、この光を人類から地球上の生命すべてに投影します。
 
今こそ愛する者たちへ!!!
 
愛する者たちが創造した現れは….地上に天国を現すことができ、そして。共同創造者が創造したように自分を圧縮突破しそしてその変化になって下さい。…..今、この光からあなたへのチャネリングメッセージとして記号化されたものをお届けしています。まだ多くのデルタオペレーション(作戦)はまだ発動中で地球の周辺にあります。我々の地球での大使たちの多くによってメッセージを広められてきました。我々の統括部隊のなかに多くの部署があります。そして、同志連合艦隊は多くの作戦が進行中で、ニューエネルギーの中での案内役に、そして皆様が言っている所の、我々が皆様の集合体へ最後の一押しのために多くの光の作戦を実行しているのです。
 
ですから愛する者たち、変化そのものになり、自由意志があります、だから自分のハートに中に突き進み、そしてないなる叡智を感じとり、そして、もし確信したなら、行動に移し…そして21日の月食に関する我々のチャンネルから与えられてる瞑想とともに光の中に定着して下さい。皆様の多くは 地上の素晴らしいクルーで戦士で、毎日変化しています。
 
アシュター司令官とジュピター司令官の我々は空母部隊とライトフォースとともにあり 愛と祝福とともに失礼します。すべての我々のハートで皆様を愛してます。
 
いつも皆とともにいます。
 
メッセージはリア オウロラ アテナ アッシュによるチャネリング
 
翻訳  瀧井
 

∞  アシュター司令官とジュピター司令官らはチャネリングにおいて地球のアバター(アバターとは「化身」の意味で、私達の仮想現実世界に投影した自分の分身)やライトワーカーの次元上昇と、そして今、5次元ポータルが開いたことを伝えています。そして、5次元ポータルが開いたことで、私達は今、単に4次元から5次元意識にシフトできるようになっていて、スターシード、光の戦士の多くは、既に意識の高レベルに上昇しているようです。
 
「なぜ3/4次元である人間としてなぜまだここで生活しているのでしょうか…」
 
私達は今現在に4次元から5次元意識にシフトできるのに、なぜ3次元世界で生活しているのかという理由は、‘地球の同士達(仲間達)の多くはまだ3/4次元領域の洗脳マトリックスの中にいる’からであり、それは私達の転生サイクルにおいてアルコンによって全てに人にインプラントが埋め込まれているのです。
 
「あなたの惑星には、まだ3番目のチャクラが活発で、意識のシフトにむけてのハートが完全に開いてない多くの人達がいます。・・これらの個人レベルにおいての低い意識はイベント到来とともに完全に変るでしょう」
 
ここでのイベントは「ソーラーフラッシュ」のことですね。この一月にその第一陣で金融リセットが起きれば、まだ覚醒していない人たちの意識レベルのシフトを引き起こしますから覚醒するでしょう。

「グランドマザー・ファーザーゴッドフォース….コズミックセントラルサンは、複数の節の中で、すべてのグレートセントラルサンで整合された創造全体を通して、巨大な光のパルスを送る」
 
このグレートセントラルサンからの強力なソーラーフラッシュを受けて洗脳やヴェールが完全に取り除かれることになりそうです。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 18:57 | comments(0) | - | - |
アレクサンドラのコブラインタビュー (2013/07/30)
∞  5年以上前のコブラインタビュー記事です。現状と照らし合わせてみて下さい。(^_^)

 


 
アレクサンドラのコブラインタビュー
2013年7月30日
 

要約編集してあります。-訳者より
A = アレクサンドラ
C = コブラ
 
A: 2013年7月29日のダビデの星メルカバ―の惑星規模のイベントについて、銀河的観点からご意見をお聞かせください。
 
C: 2013年8月25日にはもう一つのメルカバ―調整があり、その間は文明の調和の期間です。調和のエネルギーはこの惑星が今、最も必要としているものです。8月25日には光の勢力の特定の作戦が開始されますが、それまでは休憩期間です。
 
A: 多くの人が、「もう一つの地球」について語っています。片方の地球は3次元に残り、もう片方が次元上昇するというものです。
 
C: 2つの地球という考えは偽情報です。地球は一つしかなく、それが変化しています。変化の第一段階は、惑星上の全ての闇の浄化です。その後、本当のアセンション過程が始まります。新たなエネルギーの流入を誰も止めることはできません。誰も置いていかれることもありません。
 
A: 変化が多く起きていますが、現時点での時空連続体はどうなっているのでしょうか?
 
C: 実は、短いスケール、日々の時間の心理学的感覚は加速しています。毎日毎日、時間が短くなっていってます。しかし長期的なスケールで見ると、時間はそれほど速くはありません。これは単に、心理学的な時間感覚上のエネルギーの加速のエネルギー的影響なだけなのです。客観的な時間の速さはもちろん、変わっていません。時計は同じ速度で時間を測っています。
 
A: タイムラインは本当に統一されたのでしょうか?
 
C: 2012年12月21日に、主流タイムラインは単一のポジティブなものに統一されました。イベント前に起こる、いくつかの細かなタイムラインはまだ存在していますが、結局は自由意志次第です。ですが、主流タイムラインはポジティブなものです。核戦争やFEMA収容所、戒厳令などが起こる可能性はゼロです。
 
A: オランダの読者からの質問です。prepareforchange.netを支援したいのですが、人々の前に立って説明する時にはどのように振る舞うのが賢明でしょうか?
 
C: 接触する人々の心理的な心構えによります。私でしたら、金融システムから説明します。大体の人が銀行システムに欠陥があることを認識しています。UFOやファーストコンタクトの話から始めても、人々はプログラミングを受けているため、ポジティブな返事は得られないでしょう。
 
C: 光の勢力の作戦開始が9月1日だったので、多くのネズミが沈む船から逃げたというだけでした。
 
A: NSAの内部告発者のスノーデンは、何故ロシアを行先に選んだのですか?
 
C: 彼が選んだのではなく、環境が彼をロシアに導いたと言えるでしょう。その前は香港に行こうとしていました。
 
A: なるほど、前回は香港と言ってましたものね。彼は光の為に働いているということでいいんですよね。
 
C: はい、そうではないと主張する陰謀論はありますが、彼は多くの一般人にNSAに盗聴されていることを知らしめました。ポジティブな、大きな変化を大衆に起こしました。
 
A: ドイツでは、議会の人々が盗聴されていたことに対して怒りを示していますね。
 
C: 彼らは自分たちが積極的に関わっていたことを隠し、良い人を演じているだけです。政府のトップの中で、アメリカとの結びつきが強い連中は、知っててNSAと合意しました。
 
A: 彼らは、監視がいつまでもバレないとでも思っていたのでしょうか?
 
C: 全て国の諜報機関の上層部はイエズス会と繋がっています。その大きなスパイ作戦は地球上全てを支配しています。これがマトリックスです。しかし、それに潜入して光の為に働く者もいます。
 
A: サウジアラビアのKaeeb王子が、サウジ王族による人々への抑圧について暴露しました。これは光の進展によるものでしょうか?
 
C: 実は光の勢力はずっとサウジアラビアのカバールを逮捕しようとしてきました。ムスリム同胞団とサウジ政府は繋がっていました。サウジはロックフェラー派と繋がっています。そしてこの構造は全て変化の時を迎えています。
 
A: エジプトではMorsee大統領が失脚させられました。闇の勢力の中で大きな変動があるようですね。
 
C: これは記念すべきブレイクスルーでした。この惑星上で行われたポジティブミリタリーによる最初の大規模作戦でした。クーデターではありません。アルコンに操られ、誤った方向に進んでいたムスリム同胞団から人々を守り、彼らの意志を支援するものでした。アルコンの計略により、ムスリム同胞団はシリア紛争へと巻き込まれそうになりましたが、白龍会やグノーシス派イルミナティ、善良なテンプル騎士団とレジスタンス・ムーブメントに支えられたエジプトのポジティブミリタリーは、適正な時を待って、これを阻止したのです。これはイベントのリハーサルとなりました。
 
A: ムスリム同胞団にはどのように対処すればいいのでしょう?
 
C: ムスリム同胞団だけが問題では無く、アカデミ(旧ブラックウォーター)という民間傭兵も問題なのです。彼らはシリア、イラクなど世界中に散らばり、セルビアとボスニアの戦争を引き起こしたり、現在ではエジプトに潜んでいます。狙撃手を使って民間人を撃ってから、それを軍の所為にしています。
 
A: 皆が知りたがっていますが、なぜレジスタンスは民間軍事への資金提供を妨害できないのですか?
 
C: 金融システムはインターネットのようなもので、巨大なコンピュータープログラムです。そのプログラムに手を加えるとなると、その影響は全体に及びます。ですから妨害するにはシステム全体を停めてしまうしかないのです。(なるほど) システム全部をシャットダウンするということは、一旦全てをリセットするということです。
 
A: オース・キーパー(Oath-keepers)についてはご存知ですか?(はい)
 
なぜ彼らは今、表に出始めたのでしょうか?イベントが近いからですか?
 
C: オースキーパー(訳注: 退役軍人や元警官で構成された、武装した超党派民間平和軍のこと) はいつでも存在していましたが、機が熟すまでは目立たないようにしていました。理由は自身の安全確保の為です。ポジティブなメディアに属するメンバーがカバールに殺害されるのを見て、気を付けているのです。それに、一般大衆が一定レベル以上に目覚める必要があるからです。エジプトのSISI将官が、軍部の決定は一般大衆の支持によるものと演説をしたのは、これが狙いです。軍は一般人の支持が無ければ動けないからです。(その通りね) アメリカでも一般人の認識力が臨界数まで高まれば、ポジティブミリタリーがその意志を支持し、人々が自分の意志を表明できるようになります。それをやりたいという、人々からの一定数以上のコンセンサスが必要なのです。ですから、エジプトでもそうでしたが、オースキーパーが表に出たというよりも、人々が表に出てきたと言えるでしょう。
 
A: トレイボン・マーティン射殺事件は完全な偽旗作戦でしたか?
 
C: 大事な物事から人々の気を逸らすためのマスメディアによる作戦でした。こういった事件は強い感情の引き金となります。
 
A: お金の保管方法に困っている人がいます。あなたは金か銀に換えるのを勧めていましたね。ですが、品物が届くまでに長い期間待たないといけないことが問題になっているようです。
 
C: 大量に買おうとすると、そういった問題があります。バンク・オブ・アメリカなどに行く度に1オンスだけ買っておくと良いでしょう。今は買えても、いつ買えなくなるか分かりませんので、お早めにどうぞ。
 
A: バチカン銀行がマネーロンダリングで2600万ドルものお金を儲けていたようです。新しいローマ教皇や、このことに対して光の勢力は何か対策を取っていたのでしょうか?
 
C: まず、バチカンを通してロンダリングをされている数兆ドルという額に対して2000万ドルという額は大した事ではありません。そして教皇の良いところも悪いところも、少しずつ明らかになっていくでしょう。彼はイエズス会に強く訓練され、闇を選んでいます。儀式に使われる子供たちを守っていないことは誰の目にも明らかです。
 
A: 彼はゲイを支援していると主張するブログを目にしました。彼はオープンな人に見せたがっているのでしょうか。
 
C: それがイエズス会のやり方なのです。とても良い人に見せかけて、後ろでアジェンダを進めるのです。中国やインドなどの国々が17世紀に侵入された時もそうでした。そうして、彼らは世界帝国を築いたのです。
 
A: あなたがグレーと呼ぶ存在ですね。黒や白ではなく、グレー(灰色)。
 
C: イエズス会士は世界に17000人ほどいますが、その内の10%程がカバールであり、この惑星上最も深い闇の存在です。表面的には良い人に見えますが、計略をして状況を乗っ取って、操ろうとします。
 
A: 福島についての、重い話題です。ここ三日間で検知された放射能が90倍になっているそうです。これは正しい情報でしょうか?
 
C: 福島の原発には小型の核爆弾が仕込まれており、その爆発と共に事故が発生しました。その時は特に多くの放射能が生み出されることはありませんでしたが、後にカバールが故意に原発周囲の地域や、惑星上のあらゆる場所に放射性物質を置いて、福島の所為にしているのです。その検知された放射能は福島からのものではなく、カバールが地中に埋めた放射性廃棄物からのものです。
 
A: GMO(遺伝子組み換え作物)、ケムトレイル、ワクチンなど、私達はどうやって抗っていけばいいのでしょう?ヒーリングや救助を求めるとか?
 
C: それらから完璧に逃れることはできませんが、最小化することはできます。第一に、心配しすぎないこと。第二に、光を呼び出すこと。第三に、適正な食事をして綺麗な水を飲んで、身体を浄化することです。人体には再生能力という素晴らしい能力が備わっています。ハイヤーセルフと強く繋がれば、何でも治癒することができるのです。
 
A: 何故あなたはそんなに博識なのか尋ねてくる人がいます。チャネリングをしているのかと。
 
C: いつも自分の頭脳を、メンタル体を使って、それを訓練し、改善し、情報源のネットワークを構築しているので、よく知ることができます。私は心からこの惑星上で起きていることを理解したかったのです。なぜなら、おかしなことが起きているからです。その原因を知りたかったのです。それに、私は独自の情報源を持っています。物理的な能力に加え、非物質的な能力も持っています。
 
A: では、今チャネリングをしているわけでは無いのですね?
 
C: はい、私はあなたと話しています。
 
A: オバマが大統領令で、15歳から65歳までの人で、医療支援を受けたいのならばHIV検査を受けなければならないと言いました。一体アメリカ人は、力を取り戻すまでに、どれだけこういった所業に耐えなければならないのでしょうか?
 
C: 私も信じられないような法令を最近耳にしました。スペインでは太陽発電に課税することになりました。スペインでは太陽光発電は不正行為ということです。(そうね) このような愚かなことは、あちこちで起こっています。カバールは最後の最後にこのような振舞いをしているのです。
 
A: 一体どれだけ騙されれば理解するのでしょうね?アメリカではスマートメーターについて議論が盛んです。非常に危険なもので、スマートグリッドとマトリックスに繋がっています。
 
C: ええ、スマートフォンも最も危険な装置で、現在では皆持っています。それらは惑星のマトリックスと繋がっています。NSAはそれらを通して全ての会話を聴くことができます。
 
A: 最近は市民が訴訟をすると勝つケースが多く見られます。何が起きているのでしょう?
 
C: 2つの要素があり、一つはアルコンが物理界とエーテル界で訴訟手続きへの影響力を弱めているということです。二つめに、弁護士と裁判官というシステムそのものはカバールのネットワークに繋がっており、アルコンの活動が弱まると同時に、その繋がりも弱まっているのです。弁護士や裁判官の中には内なる導きに従い始めている者も出てきています。
 
A: アルコン的SPインプラントについての質問も多く寄せられています。
 
C: 多くの種類がありますので、どれかに特定してください。
 
A: こちらはクラゲ型のものについてです。左右の頭部に宿り、足の少陽胆経を攻撃します。一定期間が経つと、宿主の思考パターンや声を覚えて、その人物を乗っ取り、暴力的な傾向になるように導きます。
 
C: 人は誰もが転生する時にこういったゼラチン状の寄生体をインプラントされます。アルコンが支配する誕生プロセスの一部です。決断プロセスは前頭葉が司っているため、この寄生体は前頭葉に宿ります。この寄生体に意思決定を任せるかは、あなたの決断次第です。私達には自由意志があります。この惑星上の全ての状況を知るというのは現実的ではありませんが、ほとんどの状況で私達は自由意志を行使できます。人生で大事な決断をする時、この寄生体の影響に対してNOを突き付けてください。
 
A: 最近この寄生体の活動が目立っているのは、もうすぐ彼らの終わりが近いから?また、どのように除去するのが効果的ですか?
 
C: 活動が活発化したのはここ20年くらいです。イベントが近づくにつれ、活動も増していきます。除去するにあたり大事なのは、自由意志を使う練習をすることです。
 
A: 自由意志のマスターになることね。そして恐怖から離れること。
 
C: 恐怖は自然の反応です。特に恐怖を強調する必要もありません。ただ恐怖に集中しないことです。
 
A: 占星術のバース・チャートについての質問です。銀河系の中の私達の太陽系の場所が別の場所にあったとしたら、既存の占星術の力が弱まるのでしょうか?
 
C: 太陽系と銀河の場所は私達の寿命の中でも少しだけ変わりますが、無視できるレベルです。天体の位置が1度変化する程でしたらそれを考慮するのもいいかもしれません。太陽系内の惑星は、ある周波数を発することで皆さんに影響を与えています。ですがあなたには自由意志もあります。
 
A: 確か以前にあなたは、イベント後には星々が今と違うように見えるだろうと言っていましたね?
 
C: はい、地球の周りにはタキオン膜があり、いくつかの信号が惑星地表に到達しないように防いでいます。それが取り除かれると、今この瞬間の空を観測することができます。今の星の光は何百年も前の姿です。イベント後は光子以外にもタキオンを受信できるからです。
 
A: 違う色で見えるのでしょうか?それと場所も異なるのでしょうか?
 
C: ほとんどの星は少し違う場所にあるでしょう。今は見ることができないものを見ることができるようになります。例えば今はクローキングしている母船など。他にもありますが、今はお話することができません。
 
A: オバマはなぜまだ権力の座に居座っているのでしょうか?
 
C: 私からはコメントできませんが、彼はイベント後に大事な役割を果たすことになります。イベント後には新政府が樹立しますが、その前に臨時政府が現状を維持することになります。その後、惑星中から選挙で選ばれた人々が新政府の役人になります。
 
A: 二ビルについての質問です。二ビルは惑星ではなく、セクメトの母船ではありませんか?
 
C: 地球に近づく惑星ニビルという天体については偽情報です。セクメトは母船を持っていますが、あなたが望む名前で呼ぶといいでしょう。
 
A: 地磁気逆転についての質問です。北極の地磁気が62マイルも移動していたそうですが。
 
C: はい、地磁気の移動は起きており、進行中です。
 
A: 1933年の時のように、政府が私達市民から貴金属を没収するという可能性はありますか?
 
C:  カバールはそのような計画を持っていますが、実行は許されません。
 
A: Exovaticana.comではバチカンで起きていることを調査しているようです。彼らによれば、ネガティブなETが表に出てきて、救世主のふりをするそうです。新金融機関が立ち上がりますが、それは悪魔教信者たちの組織になります。そう思われますか?
 
C: 全く同意できません。新金融システムはカバールのものではありません。光の勢力によるものです。それにカバールにはそこまでの力はもう残っていません。
 
A: 次の質問者は、イスラエルはシリアに対して核爆弾を投下したのではと疑いを持っています。というのは、そこで特有のキノコ雲と閃光が見られたという情報を得たからだといいます。どう思いますか?
 
C: 残念ながら、それは起こりました。小型の核兵器がシリアの掩体壕に対して使用されました。2,3か月前の出来事でした。(ああ、なんて酷い)
 
死者は出ませんでしたが、放射性降下物が残りました。レジスタンス・ムーブメントの辛抱強さを測っているのです。
 
A: 大麻は地球外から来た神聖な植物ですか?
 
C: 惑星外に起源を持ちます。シリウス星系からではありません。植物はすべて神聖です。
 
A: ポーランドからの質問です。コブラは私達にお金を銀行からおろして貴金属を買うように勧めていますが、ここには食べ物を満足に買えないほどお金に困っている人がいます。イベント時には、何も食べ物が無くなってしまいます。人々はお互いに助け合うつもりもありません。なにも共有できるものがありません。そんな国で孤立してしまった場合はどうすればいいのでしょうか?
 
C: そういった国はポーランドだけではありません。カバールはこのような貧困をあちこちで作りだしています。お金が無ければ、強い社会ネットワークを持つようにしてください。その中でお互いを支え、共有できるようにしてください。一緒に成長していけます。PFCを作ったのはそのためです。それにイベント後には皆が担保口座からお金を受け取りますから、その時に貧困は存在しなくなるでしょう。
 
A: 次の質問は、ポジティブミリタリーの存在に懐疑的な方からです。暴力を象徴し、エリートから命令されるだけのミリタリーが、どうしてポジティブになれるというのですか?
 
C: 名前が表す通り、ポジティブミリタリーとは光側に属する軍隊のことを言います。それらの存在は、軍隊を暴力集団から平和維持団体へと進化させるために転生してきた存在です。(なるほど、面白い)私は彼らといくらか繋がっていますが、彼らの目的は一つ、平和をもたらすことと、暴力を終わらせることです。
 
A: ということは、ミリタリーという呼称は、彼らの背景を表しているだけということですか?
 
C: そうです。彼らは惑星の変化を支援し、イベントを支援し、カバールを止めるためにいます。
 
A: アセンション・チェンバーの話題に戻りますが、あなたはカンファレンスで「アセンション・チェンバーは人類のヒーリングを助けてくれる」と言いました。質問者は、なぜライトワーカーはアセンション・チェンバーに入らなければいけないのか聞いています。
 
C: 何故ならアセンションが意識の大飛躍だからです。人間は光の勢力の高度な支援無しでそれに達することはできません。水の上を歩いてみてください。なぜ必要なのかが分かります。
 
A: その通りですね。壁を通り抜けられるか試したりね。
 
C: そうですね。ですが、本質的には皆さんもできるようになります。(すごい!皆さん、お聞きになりましたか?)
 
A: テクノロジーについての質問です。今後公開されていくものを、いくつか教えてください。
 
C: 進展中なのはフリーエネルギー技術です。小型の装置が各家庭に配布され、無料で電気を供給してくれます。これができればいい出発になります。
 
A: お金がかからない生活だなんて、今の生活に慣れ切った人々に、最初から簡単に受け入れられるものでしょうか?
 
C: これはあくまで出発点です。人々は少しづつ慣れていくでしょう。そして物事は加速していきます。ご心配しなくとも、決して退屈はしませんよ。
 
A: その後はレプリケーターで何でも具現化できるようになるんですね。
 
C: レプリケーターはファーストコンタクト後です。最先端のテクノロジーが導入されるのは、善良なET種族を迎え入れるようになってからです。
 
A: ファーストコンタクト前にそういう情報を受け取る準備ができている人々については、どうでしょうか?
 
C: はい、何人かは事前にコンタクトを受け、その種族と協力し、その際にテクノロジーも受け取るでしょう。
 
A: ありがとうございました!最後に何か一言お願いします。
 
C: お聴きいただき、ありがとうございました。皆さん一人一人が、最後の一押しのために重要です。
 
NOGI」2019/01/04 23:44


∞ 気になる箇所 (^_^;)
 
「2つの地球という考えは偽情報です。地球は一つしかなく、それが変化しています。変化の第一段階は、惑星上の全ての闇の浄化です。その後、本当のアセンション過程が始まります。新たなエネルギーの流入を誰も止めることはできません。誰も置いていかれることもありません」
 
管理人はこれに関して、当ブログにおいては3次元と高次元の「分離」が起きると伝えます。これはETさん達のメッセージのほとんどは「分離」という表現を取っていることがその理由ですが、最近の表現は自分の波動を上昇させない人は三次元世界に残り、波動を上昇させている人は高次元へ移行するとしています。これは同じ空間を波動差で共有することであり、私達の物理的な地球は1つで波動の差でお互いが見えない状態になること意味します。
 
「・・短いスケール、日々の時間の心理学的感覚は加速しています。毎日毎日、時間が短くなっていってます。しかし長期的なスケールで見ると、時間はそれほど速くはありません。これは単に、心理学的な時間感覚上のエネルギーの加速のエネルギー的影響なだけなのです。客観的な時間の速さはもちろん、変わっていません。時計は同じ速度で時間を測っています」
 
よく言われる「時間の加速」ですが、これは物理的に時間が加速することではなく、“心理学的な時間感覚上のエネルギーの加速のエネルギー的影響”によると言うことです。
 
「主流タイムラインは単一のポジティブなものに統一されました。イベント前に起こる、いくつかの細かなタイムラインはまだ存在していますが、結局は自由意志次第です。ですが、主流タイムラインはポジティブなものです。核戦争やFEMA収容所、戒厳令などが起こる可能性はゼロです」
 
2013年以降にタイムラインは大きく変化しています。当時はそうであるとしても全ての要素はパラメーターであり未来は不確定なので、これからも多くのタイムラインが発生し、その中で可能性の高いタイムラインを選択していくことになります。
 
「福島の原発には小型の核爆弾が仕込まれており、その爆発と共に事故が発生しました。その時は特に多くの放射能が生み出されることはありませんでしたが、後にカバールが故意に原発周囲の地域や、惑星上のあらゆる場所に放射性物質を置いて、福島の所為にしているのです。その検知された放射能は福島からのものではなく、カバールが地中に埋めた放射性廃棄物からのものです」
 
これは、フルディスクロージャーが起きたときに私達は知ることになります。
 
「自分の頭脳を、メンタル体を使って、それを訓練し、改善し、情報源のネットワークを構築しているので、よく知ることができます。私は心からこの惑星上で起きていることを理解したかったのです。なぜなら、おかしなことが起きているからです。その原因を知りたかったのです。それに、私は独自の情報源を持っています。物理的な能力に加え、非物質的な能力も持っています」
 
コブラがコブラたる所以ですね。
 
「人は誰もが転生する時にこういったゼラチン状の寄生体をインプラントされます。アルコンが支配する誕生プロセスの一部です。決断プロセスは前頭葉が司っているため、この寄生体は前頭葉に宿ります。この寄生体に意思決定を任せるかは、あなたの決断次第です。私達には自由意志があります。この惑星上の全ての状況を知るというのは現実的ではありませんが、ほとんどの状況で私達は自由意志を行使できます。人生で大事な決断をする時、この寄生体の影響に対してNOを突き付けてください」
 
私達の前頭葉に規制している寄生体に‘意思決定を任せる’かは自分の決断次第であり、私達には自由意志で寄生体の影響に対してNOを突き付けることができることを知っておいて下さい。

「なぜライトワーカーはアセンション・チェンバーに入らなければいけないのか・・何故ならアセンションが意識の大飛躍だからです。人間は光の勢力の高度な支援無しでそれに達することはできません・・」

要するに、私達の意識レベルが通常のペースではなく、急速にシフトするので、アセンション・チェンバー(ライト・チェンバー)に頼らざるを得ないのです。

「レプリケーターはファーストコンタクト後です。最先端のテクノロジーが導入されるのは、善良なET種族を迎え入れる用になってからです」

これは少々残念なことですが、私達の意識レベルがレブリケーターを適切に使えるようにならないとだめなようです。(^_^;)


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:16 | comments(0) | - | - |
The Portall (01/03) Return of Light Meditation Update
∞  光への帰還瞑想の日本語訳が UPされました。(^_^) 

 


 
The Portal
January 3, 2019
 
Return of Light Meditation Update


◆ コブラが1月20日/21日に企画している光への帰還瞑想の告知動画がリリースされました。
 


∞ 集団瞑想が人間社会にポジティブな効果は科学的に証明されているので、アセンションを望む全ての人々に是非とも参加して頂きたいです。ただ日本での瞑想時間帯は昼間の14時11分からなので、当日、時間のとれる方でないと無理かも知れませんが、願わくば前回超えられなかった144,000人を遙かに超える参加者を期待したいと思います。


(^_^)/  
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 18:17 | comments(0) | - | - |