Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
サイト データ サービス停止 (2018 年 1 月 28 日) 我々 は、SOHO データ、画像、ムービーへのアクセスを提供するコード インフラストラクチャを更新しています。数週間かかる作業を見込んでいます。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • 「ホログラムは幻想」という事実をしっかりと落とし込んだうえでの、自己創造開始
    mirai (01/22)
  • 「ホログラムは幻想」という事実をしっかりと落とし込んだうえでの、自己創造開始
    mirai (01/22)
  • 「ホログラムは幻想」という事実をしっかりと落とし込んだうえでの、自己創造開始
    リリ (01/22)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    リリ (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    mirai (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    リリ (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    mirai (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    リリ (01/19)
  • COBRA状況報告 (11/06) 物理的な介入
    mirai (12/03)
  • COBRA状況報告 (11/06) 物理的な介入
    菅原 (12/03)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
コズミックディスクロージャー シリーズ 9 エピソード 11 (後半)
∞ 後半です。前半はこちら。(^_^)




 
コズミックディスクロージャー シリーズ 9 エピソード 11
2018年2月7日
 
ナスカトンネルとスーパースーツテクノロジー (後半)


デイヴィッド: テクノロジーの話に入ってきたようなので、エクソスーツあるいはスマートスーツのお話をしましょう。名称はあなたが呼んでいるものを使ってもいいですよ。
 
あなたは以前、このスーツに関するとてもおもしろい話をしてくれたんで、そのことについてお話していただけますか?
 
エメリー: そいつはいい。スーツの話かい?いいよ。
 
デイヴィッド: あなたは実際にそれを着用して楽しんでますよね?
 
エメリー: ああ。そうだ。
 
デイヴィッド: それで、そのスマートスーツのことをお話してください。
 
エメリー: ワオ!そいつは大ごとだ。いろんな一連の話になるからね。そこに使われている驚くべきテクノロジーの話から始めたいかい?それって言うのは・・・。
 
デイヴィッド: まず第一に、それって何なんですか?
 
エメリー: まず第一に、それはどんな環境の所にでも行けるようデザインされているんだ。それで・・・。
 
デイヴィッド: そのスーツは着るようなものですか?まず、視聴者にヴィジュアルのイメージを伝えておきましょう。
 
エメリー: オーケー。それはだな・・・。
 
デイヴィッド: 誰かがそれを着用しているとしたら、どのように見えますか?
 
エメリー: そのスーツがどんな風に見えるのかって?スキューバダイビングのスーツみたいなもんかな?
 
デイヴィッド: オーケー。
 
エメリー: ごく少量のネオプレン(訳注:ネオプレンは開発したデュポン社の登録商標名で、化学的にはクロロプレン(2-クロロ-1,3-ブタジエン)のトランス型の重合体で、クロロプレンゴムと呼ばれる合成ゴムのこと。天然ゴムよりあらゆる面で耐久性に優れる。)で出来ているようなものかな。でもネオプレンを使っているわけじゃないんだ。ぴったりと体に密着してとても薄いんだ。
 
それで、そのスーツは装着者の肉体へのあらゆる衝撃を吸収することができるんだ。もし、高さ40フィート(訳注:およそ12メートル)の崖から飛び降りて地面に着地したとしよう。するとその時にかかる重さがスーツ全体に分散されてそのスーツの装着者は何の衝撃も受けないんだ。
 
デイヴィッド: すごい!
 
エメリー: それは銃弾にも耐え、衝撃にも耐え、電磁力にも耐えるんだ。あらゆる面で耐性がある。
 
そのスーツはそういう能力を備えているのさ。ヘルメットもおもしろいよ。全てを精神/思考でコントロールできるんだ。それは実際のところ、装着者と繋がっているんだ。君がさっき言ってた背中についてるちっちゃなやつみたいなもんさ。
 
デイヴィッド: 暑さや寒さに対してはどうですか?
 
エメリー: ああ。ばっちりさ。お望みのあらゆる温度に調節可能なのさ。それは常時装着者の身体のコンディションを計測している。装着者がどれだけ汗をかいているか?どれだけ呼吸しているか?体温はどうか?血圧はどうか?全てを計測しているんだ。
 
それは衝撃を吸収するために収縮してはまた緩むんだ。だから装着者はどこにいようと快適なんだ。装着していることさえ忘れるほどさ。まるで裸でいるような感じさ。
 
だが、装着者が動こうとすると、それはぴったりと密着して活性化する。ナノ(訳注:十億分の一)秒のうちにね。
 
それは古い技術を駆逐する超戦士スーツとして作られたんだ。ディリチウム(訳注:テレビドラマのスタートレックに出てくる架空の物質)製のプレデター(訳注:1987年に公開された米国のSFアクション映画。訳者はこの映画を実際に見たが、この作品で登場する異星人プレデターが着用する特殊スーツは、特殊な技術で光を偏光させ、周囲の風景に完全に同化させて周囲から見えないようにしていた)っていう映画に出てくる宇宙人が着ていたスーツみたいなもんさ。周囲の景色に溶け込んで見えなくなるのさ。だが、その下に防護服を着なくちゃならない。
 
だから、いろんな異なったタイプのスーツの合わさったものなんだと思うよ。
 
デイヴィッド: 分かりました。”ディリチウム製のプレデタースーツ”ですか。それがどういうものか説明していただけますか?もちろん、映画の”プレデター”のことも。
 
エメリー: おお、それはだな・・・。
 
デイヴィッド: ”プレデター”に出てくるやつって時々見えなくなるみたいな感じですか?
 
エメリー: ああ。
 
デイヴィッド: でも、その腕にこういうのがついていて、それで、・・・。
 
エメリー: ああ。ポップカルチャー的な意味合いで言ってるんだよ。本当の意味でそういう機能をもったスーツだって言ってるわけじゃないんだ。
 
デイヴィッド: わかりました。
 
エメリー: でも、基本的にはこのタイプのスーツは小さくて丸いんだ。ピラミッドみたいなんだけど丸いんだ。切子面状なんだ。
 
それでそのピラミッドの底面は鏡になってるんだ。それでとてもとても小さい。0.3ミリメーターより小さいんじゃないかな?
(訳注:宇宙刑事ギャバンという特撮ヒーロー物のテレビ番組において、銀河連邦警察の地球担当の警察官である主人公が決めポーズで”蒸着”と叫ぶと宇宙空間で待機していた銀河連邦警察の宇宙船からコンバットスーツの素材である微粒子が瞬時に主人公のもとへ転送され、主人公の身体の表面に”蒸着”してコンバットスーツ化する仕組みであった。おそらく、エメリー:はこのようなスーツ素材の微粒子状の構成単位の1個の特徴について述べているのではと思われる。)
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: ああ。0.03から0.3ミリメートルの間だな。1立法センチメートルの中に数千個ある。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: それで何が起こるかというと、それに光が当たるとしよう。するとそれは光を映し出すんだ。スーツを装着している人間の周囲の光を映し出すんだ。装着者の前方の光を映し出す。旧式のスーツの場合でもそうだ。それは基本的に装着者の後方の光を映し出す。なぜって、人は何かに対して正面を向きたいだろう?君が椅子を見たい場合にね。君が僕を見たくない場合はそっぽを向くことになる。(訳者補足:つまり、人間には常に後ろに死角がある。)
 
だが、とても効果的とは言えないが、後方の光を映し出すことができるということは夜やジャングルで戦闘中の昼間では本当に役に立つ。
 
もちろん、映画みたいに上手くいくわけではないがね。
 
デイヴィッド: 分かります。
 
エメリー: でも、その機能はすごくいいのさ。たくさんの人間の命を救ったんだ。それはそういうものなのさ。
 
それのアップグレード版を装着すればアイアンマン(訳注:アメリカンコミックに登場するキャラクター。その漫画では超人的な能力を発揮する特殊スーツを着た人物が活躍する。アニメ化や映画化されている。)よりずっといいのさ。機動性があって脱ぐ必要がない。一週間ぶっ続けで着用することができる。
 
デイヴィッド: それってきれいにしてくれるんですか?
 
エメリー: ああ。
 
デイヴィッド: 驚き!
 
エメリー: やつらはそうしてるのさ。栄養補給も同時にしてくれるのさ。
 
デイヴィッド: 飲み食いしなくてもいいということですか?
 
エメリー: 飲み食いしなくていいんだよ。だって、それは皮膚を通して入ってくるからね。やつらは今や栄養や水を皮膚を通して吸収する方法を編み出しているのさ。
 
デイヴィッド: 初期の飢餓感をやり過ごさなければならないのですか?
 
エメリー: まだそういうのは依然としてあるから食べたり飲んだりはしてるがね。
 
デイヴィッド: おお、そうですか。
 
エメリー: そうしなくてもいいのだが、そうしなければならないと感じるならそうするということさ。
 
デイヴィッド: 分かりました。
 
エメリー: 分かるかい?本当はそうする必要はないんだ。
 
デイヴィッド: ええ。
 
エメリー: だが、スーツのメンテが必要なんだ。ジェットの部分とかのね。一年間ずっと着っぱなしというわけにはいかないんだ。
 
それで、特別なタイプの水をチャージするのさ。やつらはそうやっている。このチャージされたプラズマを介してこのスーツを操作するのさ。
 
デイヴィッド: 小さなボックスやポンプはついていないんですか?
 
エメリー: 何もついてない。完璧さ。シームレスさ。
 
デイヴィッド: ほお!
 
エメリー: 装着者がそれに入り込む時にはジップロック(訳注:スーパーにも売っているチャック付きのビニール袋)みたいな感じではある。
 
全てのスーツは装着者のために特別に作られるのさ。そうでないと正しく作動しないんだ。もし、君が僕のスーツに飛び込んでそれで何かしようものなら、実際、君を傷つけることになる。
 
デイヴィッド: そう思います。
 
エメリー: それで、やつらが今取り組んでいるのが汎用的な外形を持ったスーツを作ることなんだ。独自のAIを持っていて”どなたでもこれらのスーツを利用できますよ。”って分かっているのさ。将来、恐らくやつらはそういうスーツを保有することになるだろう。
 
彼らが保有しているヘルメットが問題なんだ。だが、現時点ではまだ何の変更も加えられていないと僕は確信している。
 
デイヴィッド: その話題に移る前にお聞きしたいのですが、例えば、もし、そのスーツを装着した時に走ったりジャンプしたりすることに関して何かお話できないでしょうか?どんな違いがあるんですか?
 
エメリー: ああ、1時間で38マイル(訳注:およそ61キロメートル)走ることができるんだ。
 
デイヴィッド: すごい!
 
エメリー: それで倒れちゃったりすることはないんだ。それには特別なシステムが仕込んである。君はそのスーツが数十億もの線維から形成されていることを理解しなくちゃいけない。何というか、歯磨きに使う糸ようじみたいな線維で出来てるのさ。身体のいたるところが締め付けられているのさ。
 
だから、それを着用したならば、飛んでくるあらゆる弾丸の衝撃を吸収してしまうのさ。完全防弾というわけにはいかないが、大部分の箇所で223レミントン弾(訳注:米軍M16(アーマライト社製AR-15)自動ライフル銃で使用する弾丸。ちなみに、M16はゴルゴ13が愛用する銃として有名。)をストップできる。問題なしさ。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: もし、ぐらついて倒れそうになったら、スーツに圧がかかってその両サイドが緊張して装着者の体勢を立て直すので行進を続けられるっていう寸法さ。
 
デイヴィッド: へえ!
 
エメリー: なぜなら、そいつは実際にどんな地形の所でも走り抜けられるように作られているのさ。岩でとてもごつごつしているような所でもね。たくさんの重いものも運べるんだ。
 
デイヴィッド: すごい!
 
エメリー: ああ。それで、実際に崖を飛び降りることもできるんだ。後方宙返りもできる。体操選手でなくてもね。それで、ネコみたいに着地できるんだ。
 
デイヴィッド: 驚きです!
 
エメリー: 頭から着地してけがさせるようにはなっていないんだ。そのスーツが装着者の動きを引き継いで装着者をボールみたいに丸くして、足で着地するようにしてくれるのさ。とても興味深いものさ。
 
飛び出すようになっている小さな部分もあるんだ。そのスーツは実際、ちっぽけなひれが遊泳用に突出しているんだ。それで、装着者が失敗して高く飛びすぎて落下してくる時、デイヴィッド:装着者は無意識状態になっているんだ。
 
デイヴィッド: ジャンプはどんな感じなんですか?ジャンプについてお話しましょう。
 
エメリー: ジャンプは驚きだよ。50フィート(訳注:およそ15メートル)くらいはジャンプできると思う。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: 荷物なしで地面から50,55フィートジャンプできるんだ。
 
重さに関しては、少しでも重いものを持ったならば、それが計算されるので、スーツのあらゆる事象に影響を与えるのさ。
 
スーツが自動的に計算して再調整するのさ。やつらが使っているのは地球外生命体のテクノロジーをまねて開発したテクノロジーなのさ。我々独自の輝かしい思考の成果を形にしたものではないのは確かさ。
 
そのスーツというのは他の様々なテクノロジーの集大成なのさ。そいつは本当に本当に上位クラスの特別な作戦のプロジェクトに関わりのあるやつらのためだけに開発されたものなのさ。政府とは何の関係もないのさ。僕は非常に高位のレベルの話をしてるのさ。分かるかい?
 
だから、今我々はそいつを世界にもたらすチャンスを手にしているんだよ。特別なやつらのためではなく、何かを守る目的のためにね。我々はそうしていくのさ。もちろん、最初は警察官や消防士なんかが使うことになるだろう。何しろ驚くべきテクノロジーだからね。
 
そいつは熱から装着者を護ることができる。もちろん、寒さからもね。
 
デイヴィッド: 分かりました。でも、もう少し詳しいお話をしましょう。
 
エメリー: そうだな。
 
デイヴィッド: あなたが”我々”とおっしゃっている時、
 
エメリー: それで?
 
デイヴィッド: その”我々”とは誰なのかをもう少し詳しくお話していただけますか?そして、どのようにこのスーツを公にできるのかも。
 
エメリー: このスーツを発明した連中はそいつが善い目的のために使用される様子を見たいと思っている。そして、他のタイプのスーツもあるんだ。もちろん、他の目的のために使用できるやつだ。分かるだろう?戦争目的のために使用されるスーツさ。
 
そういうレベルの話に行く前に、君はプロトタイプのことを理解しなくちゃならない。そう多くはまだ利用可能じゃないんだ。これら全てはまだプロトタイプなのさ。
 
だから、そいつらが表ざたになったらだな。いいかい?考えてくれ。何が起こると思う?
 
僕がそれに関して得ている開発理由について言おうか?そいつを作るにはある物質が必要なんだ。もし、君が我々にそのスーツを作るための物質を提供できたとしたら?そのスーツが空中浮揚するのに必要な物質を提供できたとしたら?そうしたら、我々はそのスーツのことで君とこんな感じで取引するだろうさ。
 
”我々はあなたのためにスーツを提供できます。でも、もちろん、スーツの秘密を守らなければなりません。でも、あなたはそれを自分のものにできます。あなたの望むどこにでも行くことができます。もちろん、あなたはそれを着用して街に出没してそれを公にすることはできません。しかし、あなたはまだ明らかにされていない広大な場所に行くことはできます。アメリカ合衆国の只中にあるどこでもない場所へとね。そこでそのスーツのテストをするんです。”
 
僕がそいつを作るための物質について知っていたということを分かって欲しいんだ。僕は特にヘルメットの開発に関する仕事をしていたんだ。それはスーツから完全に分離できる。だが、スーツのために作成されていたんだ。  


いいかい?僕が知っていたその物質というのは完全に地球外由来のものだったんだ。やつらはそれを使って異星人の技術をまねてスーツを開発したのさ。
 
デイヴィッド: 手短に言うと、空中浮揚できる物質ということですか?
 
エメリー: ああ。
 
デイヴィッド: その正確な意味は?どのように空中浮揚するんですか?
 
エメリー: このスーツが空中浮揚できるのはホワイトゴールド(訳注:原文ではwhite gold。元素記号Auで表される元素である”金”は不純物の混入種類と混入割合に応じて、イエローゴールド、シャンパンゴールド、ホワイトゴールドのそれぞれ色合いの異なる三種類の金製品が知られている。王の宝石商の異名で知られる一流ブランドCartierはこの三種類の金製品を巧みに組み合わせたトリニティリングで有名である。また、元素記号Ptで表される元素”プラチナ”は日本において、古くは”白金”と呼ばれていた。ここで、このwhite goldを”ホワイトゴールド”と訳すか”白金”と訳すかの問題が出てくるが、エメリー:ほどの化学知識に富んだ人間であればPtのことはplatinumと呼称しているはずで、エメリー:の言うwhite goldはAu製品の一種の”ホワイトゴールド”と近縁関係にある現代の一般社会ではまだ未知の”特別なホワイトゴールド”を意味している可能性が高く、ここでは”ホワイトゴールド”と訳出することとした。)と関係があるのさ。
 
デイヴィッド: へえー。
 
エメリー: やつらは純粋なホワイトゴールドが必要だった。古代のね。
 
デイヴィッド: 本当ですか?
 
エメリー: ああ。
 
デイヴィッド: 空中浮揚ってどんな感じなんですか?もう少し詳しくお話していただけますか?
 
エメリー: そのスーツは装着者の意識の助けを得て作動する。この特別なホワイトゴールドをスーツの材料に混合することによってこれらの諸特性が発揮されるんだ。そうさ。実際、空中浮揚できるのさ。
 
デイヴィッド: どの程度まで可能なんですか?
 
エメリー: お望みどおりさ。
 
デイヴィッド: 本当ですか?
 
エメリー: ああ。
 
デイヴィッド: 驚いた!
 
エメリー: もし、そのスーツが十分に正しく作成されたなら、それを着て宇宙に行けるだろう。
 
デイヴィッド: 奇妙ですね。時折、そこここで耳にするんですが、あなたもこのお話について時折耳にしませんか?これがその一つなんですが、最近、オーストラリアで一人の人間が空中浮揚しているところを目撃されているんです。
 


 
エメリー: ウフフ。
 
デイヴィッド: 人に見えますよね?
 
エメリー: おお、そうだな。
 
デイヴィッド: まさしく空中浮揚しています。どれくらいのスーツがテストのために人々に提供されているんですか?
 
エメリー: 二着だけさ。僕が知っている限り、二着のスーツだけだ。
 
デイヴィッド: 本当ですか?
 
エメリー: ああ。僕が知っているのはこの二着のスーツ・・・この製造者から提供されたやつだけだね。そうさ。
 
もちろん、他にもたくさんのスーツがある。いわゆるアイアンマン(訳注:前述したのでここでは解説しない)タイプのやつも見たことがある。
 
デイヴィッド: なるほど。
 
エメリー: ナットやボルトはもう使われていないよ。
 
デイヴィッド: そうでしょうね。それで、コーリー・グッドにこのアイアンマンスーツの写真を見せた時、秘密宇宙プログラムではこれを保有していて自分はこれを使用したと彼は言っていたことをあなたにお知らせしたいのです。
 
そして、それは瞬間的な反重力技術を利用したもので、地面に着地する直前の2〜3フィート(訳注:およそ60〜90センチメートル)の高さで空中浮揚を維持するのに十分な量のガスを噴射してスムースな着地を可能にするものだと、そして、それは短い間の空中浮揚を可能にするだけだと彼は言っていました。
 
エメリー: ああ、そういうジャンプして着地するスーツのことは知っている。でも、僕が言っているのはそういうやつじゃないんだ。空中浮揚するのに電磁場を使うやつさ。
 
デイヴィッド: おお、本当ですか?
 
エメリー: ああ。
 
デイヴィッド: トム・クルーズ主演の映画の”The Edge of Tomorrow”別名”Live, Die, Repeat”(訳注:邦題は「オールユーニードイズキル」。2014年に公開されたアメリカのSF映画)を観たことはありますよね?
  

 
兵隊たちはこういった大きくてかさばる金属製の枠組みを身に着けてますよね?
 
エメリー: おお、そうだな。
 
デイヴィッド: 彼らはこれらで駐車してある車を動かせるんです。こんな感じで。
 
エメリー: ああ。そいつはひどく時代遅れのテクノロジーさ。そいつは全ての秘密プロジェクトで使われていた。そいつらは地下基地ではごくありふれたものだ。
 
デイヴィッド: 本当ですか?
 
エメリー: 外部骨格っていうやつさ。映画で見るようなやつさ。シガニー・ウィーバーなんかが出ている”エイリアン”(訳注:1979年に公開されたアメリカのSF映画。この作品に出てくる異星人エイリアンの造形デザインを怪奇的な作風で知られるスイスの画家H.R.ギーガーが手掛けて話題となった。)でも出てただろう?こういうでかいやつがさ。
  

 
デイヴィッド: そうですね。
 
エメリー: 今はずっと小っちゃくなってるよ。その外形は装着者の身体にぴったりとフィットする。もう、かさばった感じじゃない。
それで、自分の十倍の重さを持ち上げることができるんだ。人間フォークリフトみたいなもんさ。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: でもそれはジャンプしたりアクロバットをやったり高速で走ったりするやつじゃないんだ。
 
デイヴィッド: もし、装着者が裂傷を負ったり、骨折したりそういった時にはそのスーツは何かしてくれるんですか?そういった対策が施されているんですか?
 
エメリー: もちろん。スーツ自体が出血を止めるために収縮しあtり流血を凝固させたりする機能がスーツに導入されていいるのさ。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: それだけでなく、そいつはビタミン、ミネラル、電解質、栄養素、特別なたんぱく質、アミノ酸も供給できるんだ。スーツに話しかければスーツも話しかけてくれる。脚部にも仕掛けがある。
 
脚を骨折したら、その部分が硬くなるんだ。
 
デイヴィッド: 驚き!
 
エメリー: ああ、びっくりさ。
 
デイヴィッド: 痛みはどうなんですか?痛い時は?
 
エメリー: ああ。装着者がそいつに痛みを与えてくれるように命令したらそいつは痛みを与えてくれるんだ。オペレーターも同じことができる。衛星みたいなものさ。衛星がとらえた何かの情報を地上の管制塔がキャッチするようなものさ。(訳注:スーツの遠隔操作の話をしていると思われる。米軍は実際に、アフガニスタンなどでテロリストの暗殺に、米軍基地でドローンパイロットが遠隔操作している無人攻撃型ドローンを使用している。こういった遠隔操縦システムの話をしているようだ。)
 
それで、普通は誰かがどこかから装着者とコミュニケーションを取るのだが、スーツ自体とコミュニケーションを取ることもある。スーツが走り回っていても装着者は関知していないとかね。そういう感じさ。
 
実のところ、こういうのは完全にプロトタイプでの話なんだ。
 
デイヴィッド: 装着者がひどく恐怖感や不安感を味わった時はどうなるんですか?スーツは装着者の恐れを感知するんですか?そういう時はそいつは何か助けてくれるんですか?
 
エメリー: ああ。そいつは装着者の身体の中の現象や化学物質の状態を常に測定しているんだ。そいつはいつも研究室なんだよ。
そいつは装着者のアドレナリン(訳注:ホルモンの一種で、五感が危機を察知した場合に分泌が促進される。このホルモンの血中濃度が高まると、生命体の警戒態勢、臨戦態勢、逃走態勢が整うことになる。現象としては意識レベルの上昇、心拍数の上昇、緊張感の高まりなどが現れる。)濃度が上昇したかどうかを感知している。そいつは装着者の心拍数の上昇を把握している。そいつはそういうことを分析しているんだ。
 
そして、それに加えて、忘れずに覚えていて欲しいんだが、そいつは普通、装着者を監視しているチームと繋がっていて、装着者が実際に傷を負った場合など必要と判断された場合には、監視者がエピネフリン(訳注:アドレナリンの別名)やモルヒネ(訳注:ケシから抽出される麻薬物質で強力な麻酔・鎮痛作用がある)を装着者に注入し、予防的措置を講じる場合がある。
 
デイヴィッド: アロマテラピー(訳注:香りを使った治療)を行う能力はあるんですか?
 
エメリー: いいや。それは知らないな。僕はそういうのを見た記憶がない。
 
デイヴィッド: 分かりました。
 
エメリー: 僕はそういう報告を受けてはいない。
 
デイヴィッド: 興味深いですね。なぜなら、コーリーが語ってくれたスーツもあなたがおっしゃっているほとんど同じ機能を持ているんです。
 
彼が話してくれたことで唯一記憶に残っていることは、装着者が動揺している時には、そのスーツがラベンダーのような香りをあるいは装着者が好む何等かの香りを嗅がせてくれるそうです。そのスーツがそういう物質を発生させるそうです。
 
エメリー: ああ。そのスーツで行われていることは薬学的知見を利用した何かなんじゃないかな?人間の身体というのはストレスに対処する化学物質を分泌してるんだ。
 
そいつがやっていることというのは、各々のスーツが各々の装着者に合わせて作成されているということが重要であることの理由になっている。なぜなら、我々が装着者の血液検査結果を得たならば、我々は実際、そういう化学物質を計測してるんだが、我々は実際に装着者が戦闘したり飛んだりし始める時の化学物質の濃度を計測することになるんだ。
 
それで、そいつは装着者に即座にドーパミン(訳注:生命体に快感を与えるホルモンである。スーツ装着者が戦闘などで苦痛を感じた時、これを和らげる目的で投与されると思われる。)とセロトニン(訳注:生命体に安心感、冷静さを与えるホルモンである。

スーツ装着者が戦闘時にカッとなって冷静さを失った時に、これを解消させるために投与されると思われる。)を、装着者を冷静にさせるために投与できるのさ。自家製のドーパミンとセロトニンだがね。
 
それで、自家製という意味はその物質が装着者の身体から発生したものだという意味なんだ。ただ、濃縮されるだけなのさ。
 
そういうわけで、そのスーツは装着者を癒したり、治療したりする能力があるのさ。装着者がその必要性を感じた時、装着者自身から採取された化学物質を投与することによってね。装着者がそうする必要性を感じない時はそれはそれでいいってことさ。薬剤部のやつらが楽になるってものよ。
 
デイヴィッド: もし、こういうスーツが公に配布されることになったら、何者かが、特にテロリストのような存在が、そのようなスーツを得ることによって破壊不可能な超絶的な敵になることを、我々はどのように予防できるでしょうか?
 
私はそのスーツを装着した誰かがこのように他の誰かを打ち負かすことを想定しています。
 
エメリー: ああ、そうさせないためには・・・。
 
デイヴィッド: それを悪用することをどのように止められるでしょうか?
 
エメリー: ああ、そうだな・・・。総合的に考えると、ゆっくりと情報開示を進めることになるんじゃないかな。警察なんかに最初に導入するとか。
 
あとは、必要最小限の能力しか発揮しないようにダウングレードして運用するのもひとつの手だろう。防弾性のみを付与するとかね。高くジャンプできないようにして、そんなに速くは走れないようにするとかしてね。スーツの繊維の密度を制限するんだ。スーツが栄養素なんかを装着者に与えられないようにすることも一つの手だな。
 
もっと、人を護るようなものがあるといい。防護専用のスーツをもっと増やすとか。しかし、スーパーヒーロータイプはいらない。そんな感じだろう。
 
やつらがどのようにその技術を民間に降ろしていくかという問題なのさ。民生利用できるようにすればそれは病んだ人々の助けになるし、危険な仕事に従事する人々の助けにもなる。
 
デイヴィッド: ライフガードなどに活用するということですか?
 
エメリー: ライフガードであるとか、溶接工であるとか、危険な場所で働く人々、火傷を負う可能性のある場所などで働く人々のために活用することを考えるということさ。
 
デイヴィッド: 消防士ですね。
 
エメリー: ああ。消防士。さっき話したよね。それが未来のスーツとして全ての人々が所有できるように徐々に浸透していくだろうということさ。それを使用する人々の健康を維持したり、強くしたり、そういった用途に使われていくだろうということさ。
 
デイヴィッド: このテクノロジーのような何かが製造されて行くというのは我々のスマートフォンのチップがどんどん改良されて、改良されるにつれて大量生産されるのと似ているのではないですか?そういうチップは我々がスマートフォンをたくさん使うようになったので今は、値段が下がって安価になりましたよね?
 
そのスーツも最終的には一般大衆の手の届く価格にまで価格が下がる可能性があるのではないですか?そう思いませんか?
 
エメリー: まさしくそのとおり。だが、それが全てじゃないだろう。性能が限られているんだ。それが全てだ。
 
今日ではX-phone 10を入手できるがX-phone 20はまで手に入れることができないだろう?そういうことだ。(訳注:いろいろ調べたがX-phoneなるスマートフォンの存在は確認できなかった。さまざまなブラウザによる検索結果からすると、X-phone10は恐らく、iPhoneの最新版であるiPhoneXを指していると思われる。)
 
デイヴィッド: ハハハ。
 
エメリー: 内輪ネタさ。だが、そうなんだ。そいういう風になって行く。
 
その時まで、僕が我々はそうなる必要があると思ってはいないと信じている・・・僕はそうは思わない。僕はこれらのテクノロジーが全ての人に手渡される可能性があると思っているんだ。でも、僕はそういう風に事態が動いてはいないと考えている。我々は近いうちに商業化するという事態から離れていっているように思っている。将来、ここ20年のうちに実現するという状況から離れていっているように思えるんだ。
 
デイヴィッド: 私はこの事態が覆されないままにはならないようにと思っていました。あなたはヘルメットに問題があるとおっしゃいました。何が問題なのか説明していただけますか?なぜ、ヘルメットが良くはならないのですか?
 
エメリー: ヘルメットはすごいんだ。ヘルメットに関する問題は加圧に関することとスーツとの連携に関することなんだ。ヘルメットとスーツでは開発者が異なっているんだ。
 
デイヴィッド: おお。
 
エメリー: ヘルメットは器用に働いてくれる。ただ、スーツにうまく接合しないだけなんだ。スーツは完璧に身体に追随した形状を実現しているんだが、ヘルメットは実際はそうじゃないんだ。分かるかい?そいつは少しばかりかさばるんだ。小さい。オートバイのヘルメットよりはずっと小さい。分かるかい?そこが問題なんだ。今もなお恐らくは解決できていない。去年の夏だってそうだった。いや、去年の夏じゃないな。二年前の夏だった。
 
デイヴィッド: あなたはそれが公開された時にその供給者になる機会を与えられていたと我々が言うのは正しいことですか?
 
エメリー: ああ。供給者というよりはつなぎ役だな。僕のことはそうみなしたいんだ。僕はビジネスの問題にはそんなに多くは関わってはいないんだ。僕は継続中の他の事案に関係があるんだ。
 
だが、僕は橋渡し役になりたいんだ。今我々を守ってくれている人々を防護するためにこのテクノロジーが役立つように橋渡ししたいんだ。例えば、警察官や消防士や医療補助員や民間社会の他の人々の防護にこのテクノロジーが役立つように橋渡しをしたいんだ。というのも、世の中がどんどんクレイジーになってきて、社会を守る仕事をしている人々の助けが必要だからさ。
 
こういった一方的な脅威を伴うゲームに対してこういった人たちは少しでも先んじている必要がある。それで、こういったことは可能性を開くんだよ。ヘルメットもそうなんだが、・・・何かが密かに近づいてくることになすすべもないという事態にね。
 
デイヴィッド: 私は国際法や国連のようなものに違和感を感じています。国連は一部の特別な軍隊のみがこういうテクノロジーにアクセスしているということをどう感じているのでしょうか?彼らが戦争においてこのような不釣り合いな優位性を保有することを国連はどう思っているのでしょうか?もし、戦争当事国の指導部が妥協しようとしなたならば、彼らがある種の世界規模の独裁体制を築くことになるかもしれないということについて、国連はどう思っているのでしょうか?
 
これに関する何か他の考えがあるのでしょうか?
 
エメリー: それは一つの意見に過ぎないんだよ。やつらはかつてそういった事案について話し合ったことさえないんだよ。
 
製造者や発明者や政治家・・・。あるいは政治家ではないそういう共同体を牛耳っている人間。やつらは長期的に物事など考えやしないんだ。
 
やつらは誰が一番たくさんん金を払ってくれるか?どうやってそれをやるか?により多くの関心を抱くのさ。そして我々がそれを必要としているということだ。
 
しかし、このグループには幸運なことに、やつらはより憐み深くなってきている。君の言っているようなことに関心を抱いてきている。それ以上は言えないがね。個人的なことは言えないんだ。
 
それで、彼らの心は今は正しいところにある。やつらも良い事をしたいんだよ。やつらは必ずしも戦争をすることを必要とはしていないんだよ。
 
デイヴィッド: 分かります。
 
エメリー: そういう風にはまだ事は進んではいない。しかし、確実にそして容易に事はその方向に進むだろう。
 
僕は今日において、全てのドローンが出撃しているようには思わない。他のことに関してもそうだ。なされれば良い方向に進むであろう仕事を人類が得るように我々が望まないなんて考えはしない。
 
デイヴィッド: そうですね。
 
エメリー: だから、ドローンが人口衛星から出動してある地域にステルスモードで配置されるというより多くの脅威が存在する。それは今日では単純なテクノロジーではある。それは廃れたテクノロジーではある。しかし、・・・
 
デイヴィッド: 本当に心に響きます。まとめると、ディスクロージャーが起こり始めたので、我々が予期さえしていなかった数多くの驚くべき出来事が進行しつつあるということですね。残るは”アセンション”に関するテクノロジーの開示のみということでしょうか?
 
エメリー: そういうことさ。
 
デイヴィッド: ええ。
 
エメリー: そいつは星々に旅する能力を我々に与えるのさ。
 
デイヴィッド: 本当に驚きでしたね。それではエメリー、ここに来ていただいてありがとうございました。そして、この”コズミックディスクロージャー”を観てくださったみなさんにも感謝します。ホスト役のデイヴィッド・ウィルコックとスペシャルゲストのエメリー・スミスでお送りしました。
 
spiritual-light  NEW!2018-02-18 14:24:43

∞ このスーパースーツを着るだけであなたはスーパーマンですよ!

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コズミック・ディスクロージャー | 19:56 | comments(0) | - | - |
コズミックディスクロージャー シリーズ 9 エピソード 11 (前半)
∞ スーパースーツテクノロジー は驚くべきものですよ! (@_@)ワォ !
 



 
コズミックディスクロージャー シリーズ 9 エピソード 11
2018年2月7日
 
ナスカトンネルとスーパースーツテクノロジー (前半)


デイヴィッド・ウィルコック: それでは始めます。コズミックディスクロージャーにようこそ。ホスト役のデイヴィッド・ウィルコックです。今日も特別ゲストとしてエメリー:・スミスにおこし頂いています。
 
エメリー、ここで証言してくれることを決断していただいて重ねて感謝します。
 
エメリー・スミス: ありがとう、デイブ。長いもんだな。10年だよ。こうしてカミングアウトしてこういう話をするようになるまで10年かかった。
 
君がすでに人々に対して教え続けてきたことに新たに付け加えられることになるこういった情報について、人々が知る時期が来たんだと僕は思うよ。


 
だが、真実と世間に知られていることとの間にはギャップがある。それで、もし君が疑問に思っていることがあれば、そのギャップを埋める手伝いをしたいと思っている。
 
デイヴィッド: ピート・ピーターソンが“コズミックディスクロージャー”の前エピソードで我々にもたらしてくれた報告を更にフォローアップしようとつい最近もたらしてくれた報告について話し合いたいのですが?
 
エメリー: いいよ。
 
デイヴィッド: 我々は地下の巨大な掘り上げられた(訳注:原文ではcarved。彫刻を施されたという訳も可能だが、訳者はどちらを採用すべきか現物を見ていないので判断できない。とりあえず、“トンネルを掘削された”という意味に取っておく。)トンネルのことについてお話してましたよね?内壁がガラスみたいな。なんでしたっけ?
 
エメリー: 黒曜石(訳注:酸性(有色鉱物成分の少ない)マグマが水中に放出されるなど、急冷されて鉱物が結晶化するまでもなくガラス状(非晶質)に固結して形成された火山岩の一種。割ると鋭利な切片を形成するので、石器時代には石器の材料として好んで用いられた。)だよ。
 
デイヴィッド: 了解です。
 
エメリー: 溶岩さ。
 
デイヴィッド: このことについてはご存じですか?
 
エメリー: ああ。知ってる。
 
デイヴィッド: 彼が言うには、彼らがナスカの地上絵を追って進んでいると、場合によっては、外れたところにそういう部屋があるそうです。それらはそこに人が住んでいたかのような様子で佇んでいて、その住人たちが去った後に全てのものが取り去られてしまったかのようだそうです。
 
それで、このことについてお話していただけませんか?誰が全てをきれいさっぱり取り除いてしまったのですか?我々じゃないですよね?そこに住んでいた存在自身がそうしたのですか?
 
そこがそのように廃墟のようになっている理由をあなたはご存じですか?
 
エメリー: そこにはたくさんの乗物があって他の多くのトンネルと繋がっているんだよ。
 
僕は彼がどのような報告を受けているかは知らんがね、僕が報告を受けているのは、そこには200から300の乗物があって壁の中に石化した状態で入っているということだ。
 
それは溶岩洞の洞窟システムのようだ。それは意図的に溶かされたものなのさ。そして、そこに凍結されている・・・・凍結されているような感じなんだ・・・。
 
デイヴィッド: 分かります。
 
エメリー: 一時停止の動画みたいな感じさ。
 
デイヴィッド: あなたがそこに200から300の乗物があるとおっしゃったのは興味深いです。なぜなら、ピートの報告によれば、彼はそこには恐らく500もの乗物が存在していると推測しているからです。
 
エメリー: おお。
 
デイヴィッド: だから、とても似かよった数字なんです。
 
エメリー: メキシコだけだとそれくらいなんだ。でも、南に下ったところでもそれくらいなのさ。(訳者補足:メキシコで200〜300、それより南で200〜300なので500くらいという意味か?)
 
デイヴィッド: おお!
 
エメリー: とても大きな科学者集団が関わっていたのさ。でも、米国政府になびかざるを得なかった。
 
デイヴィッド: 私はまだ誰にも情報をシェアしていないのですが、彼は報告の中でもう一つ情報提供しています。今、カメラの前で初めてシェアさせていただきますが、彼はごく最近になって、かなり大きな無視できない規模の地球外生命体の居留地が地球上に存在した時代が5度あったことを認識するに至ったそうです。そして、それらはほとんどの場合、地下に存在したそうです。
 
それで、彼が言うには、この5度の時代のうちのいくつかは数百万年前まで時代を遡ることができるそうです。また、それらは互いに、テクノロジーも社会も見た目も非常に異なっていたそうです。とても違っていたそうです。
 
それで、もし、あなたがこれらの5度の時代について聞いたことがあるなら、地球上のこれらの地球外生命体の植民地時代についてお話していただけたらと思うのですが?
 
エメリー: 5度目まで聞いたことがあるよ。でも、知っているのは3つだけだ。人工異物と生命体のことだがね。人づてに聞いただけだがね。
 
僕が直接知ってるという場合は、もちろん、僕が直接ものを見たか報告を読んでるということなんだ。僕がテクノロジーや身体を見たということだ。
 
でも、僕は正しいことを言っている。少なくとも、五つの異なる文明があったことは間違いない。数百万年前の話だがね。
 
デイヴィッド: 分かりました。
 
エメリー: 我々は違う時代のものを話しているんだよ。それで、それはエジプトや南極のものと関係があるかも知れない。レムリアやアトランティスのものとも関係があるかも知れない。
 
異なったタイムゾーンに繋がれているのさ。なぜって、シンボルやそこで発見されたもの、全ての装置やテクノロジーが君が言うように完全に異なっているからね。
 
それで、たくさんの科学者をやつらは雇い入れて調査に投入してるのさ。例えば、暗号が何を意味するのか解読させるためにね。
 
それで、発見されたもののいくつかをやつらは操作できないでいる。なぜなら、やつらは意識がナンバーワンのテクノロジーだって分かっちゃいないのさ。
 
二番目が高度な科学さ。我々が学んだことのないやつさ。我々の理解を超えているのさ。もし、僕がETで君に説明しようにも、それは君の理解力を超えているのさ。君はそれを理解できない。君が今何を知っているかを知ろうとしても無理なんだ。
 
デイヴィッド: 私はあなたが前のエピソードで話してくれた南極で発見された廃墟と似たような廃墟がコスタリカの洞窟で発見されたという話に惹かれます。私はあなたにこの話題についてお話を伺いたいと思います。
 
内部通報者の一人が私にエクアドルの地下で発見された複合体について話してくれました。また、ニール・アームストロングやNASAの他のある宇宙飛行士がそこに行くことができると聞いています。
 
それは極めて先進的で極めて驚くべきものであり、南極のものと似ているそうです。
 
その特別な事物に関するデータに結論を下せる別の内部通報者を私はまだ見いだしていません。
 
私はピートにもコーリー・グッドにも質問を試みましたが、彼らはエクアドルのことにつては知りませんでした。
 
エメリー: 僕は前のエピソードで君に、”コスタリカの近く”と言ったはずだよ。
 
デイヴィッド: おお!なるほど。
 
エメリー: だから、そうなのさ。僕はそこに行ったことがある。
 
デイヴィッド: あなたは一度エクアドルに行ったのですね?
 
エメリー: ああ。
 
デイヴィッド: 本当ですか?
 
エメリー: 本当さ。
 
デイヴィッド: 私が聞いたところによると、それはまさしく驚くべきものです。
 
エメリー: そこではすでに独自の植物相や動物相を形成し始めていたらしい。そこにはずっと以前に墜落して壊れた宇宙船があって、何らかのエネルギーシステムが依然作動している。
 
その文明は地球外からバクテリアか何かを持ち込んだに違いない。なぜなら、地中深く降りて行くと、そこにはある種独特の生体発光の雰囲気を漂わせていて、地表の大気とは少し違っている感じだった。
 
それで、そこはそんなには地中深くじゃない。
 
デイヴィッド: ほう!
 
エメリー: だが、そこの植物は僕が地球上で見た何物とも違っていたことだけは君に言えるよ。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: そいつは本当にびっくり仰天さ。もちろん、いくらか小さな昆虫や他の生物がうろちょろしてるのも見たが、そいつらも全く違っていた。
 
デイヴィッド: うへー!
 
エメリー: この地は高度に護られていて本当に良質なセキュリティーシステムが導入されているんだ。だが、その内、公にされると思う。なぜなら、他の組織の人口衛星が偶然内部地球のものを感知しちゃったんだよ。それで、やつらはそいつを隠しおおせないだろう。
 
だから、彼がこいつについて語っている内容は正しい。彼はそれを洞窟と言ったのかい?
 
デイヴィッド: 彼はそれを地下の複合体と言っただけです。
 
エメリー: そうだな。地下の複合体だ。だが、本当は壊れた宇宙船なのさ。我々が思うにそれはそこに墜落してずっとそこにある。それで彼らはその周りにいろいろと建設し始めたのさ。
 
それで、そいつは地球の地表とかなり近いので、それの上方は解放されていて雨水が入り込む。そこの植物相と動物相のあるものはその雨水と接触する。何がもたらされようとも。宇宙船から発せられるエネルギーがこういったものを変化させてしまっているらしい。
 
これ以上は僕も詳しくは知らないな。
 
デイヴィッド: 分かりました。彼が使った”とても驚くべき”といった言葉に私は夢中になってしまいます。それで、我々がそこで何を見ることになるのか詳しく教えていただけますか?
 
そこのいくつかのポイントに我々が行けるとして、我々が何を見ることになるか少しだけでも教えていただけますか?
 
エメリー: ああ、できるとも。僕はただ回顧のために動画を使うのが嫌なだけなんだ。
 
デイヴィッド: 映画は内部通報者の信用を損なうためにプログラムされています。
 
エメリー: そこは小さな校庭みたいで映画の”アバター”(訳注:2009年に公開された米英合作映画)の世界みたいな感じなのさ。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: そこのいたるところに液体が流れている。枝の幹にも液体が流れている。全てにだ。
 
デイヴィッド: へえ!
 
エメリー: そこには光があった。全てから光が出ていた。全てに地表世界とは違った風に見える光の陰があった。僕が見たこともないような光だった。
 
虹色とは違うんだ。たくさんの驚くべき色があった。
 
それで、植物は最も驚くべきものだった。それらは意識を持っているようだった。もちろん、我々の意識のようなものではない。全ての植物は意識を持っている。だが、我々の意識とは違うんだ。
 
葉から土に落ちていく全てのものがスポンジ状なんだ。それは土なんだが土は全てスポンジ状なんだ。厚さ1インチの泡のマットレスの上を歩いている感じさ。僕がそんなこと言ったら大げさに感じるだろうか?
 
デイヴィッド: うーむ。
 
エメリー: それで、すべてが湿っぽい。
それで、そこには小さな生き物がいる。小さな動物がいる。マウスぐらいの大きさのやつさ。毛のないモグラみたいなやつなんだ。毛のないトガリネズミみたいなやつなんだ。うろちょろしてるんだが、地表のやつとは全然違うんだ。実際、そいつらの身体からは色彩が発せられているんだ。僕にはそれが反射光なんだかそれ自体が発光しているんだか分からない。
 
僕はそういう特別な生物について話すためにそこに行ったんじゃない。別の何かをするために行ったんだ。でも、本当に魅力的だった。こんな魅力的なものを見たのは初めてだった。
 
地球上には人為的に形成されたたくさんの生命圏があると僕は思っている。ここのやつは何らかの原因で地表への開口部ができて我々の生命圏と混ざり合ったものだ。それだやつらが関心を持ってるのさ。ここを人に知られないままにしておくべきだろうか?ってね。でも、できなかった。
 
やつらがそこから持ち出した植物や動物は地球の地表では生き残ることができなかったんだ。
 
デイヴィッド: へえ!
 
エメリー: だからそれは独自の生命圏なんだ。それで、そこを保護している電磁場があるのかもしれない。それでその電磁場は何かが出入りする時に開くのさ。
 
デイヴィッド: 彼が”非常に驚くべきもの”と言った意味について、詳細をお伺いすることができて本当にうれしいです。今なら具体的にイメージできています。
 
そんなこともあって、最初に言及したニール・アームストロングやその他の宇宙飛行士が賄賂をつかまされて口止めされているんだと思います。
 
あなたがおっしゃっている内容からすると、あまりにも信じられない内容なので、あなたがそこにもっと行けるように口をつぐんでいようとするように思えます。
 
エメリー: 好意なんだよ。お金のやりとりはないんだ。全て好意さ。
 
デイヴィッド: うーむ。
 
エメリー: もし、君が応じずに好意的行動を取らないならば、普通は大きな問題が生じることになる。好意的行動というのは南極に宇宙飛行士を連れてくような感じのものさ。
 
デイヴィッド: 分かります。ええ。
 
エメリー: この惑星の全ての特別な他の場所は我々はまだ詳細に述べたことがないんだ。ここみたいにね。
 
ここみたいな地が複数あるのさ。地球の中にも周囲にもね。ここの場合は卵の殻が割れたようになって外界に開かれて美しいものが現れたのさ。
 
デイヴィッド: テクノロジーに関しては、彼が”とても驚くべき”と言ったのは、彼はあなたがそこに行った時に見たようなすばらしい宇宙船のようなものがあるとある程度仄めかしたのでしょう。
 
それで、この部分に関しても詳細に述べていただけますか?宇宙船にように見えるものと映画アバターに出てくる庭園いたいに見えるものとの相互作用といった話を。
 
エメリー: その乗物は光なんだ。だから、タイヤを蹴ったりできる代物じゃないんだ。ハハハ。それでその光は触(さわ)れるんだ。それは丸くて卵形で細長いんだ。大きいんだ。僕が見たのはかなり大きい。僕は結局のところ、中を全部歩いたわけじゃない。
 
僕は300ヤード(訳注:およそ274メートル)中に入っただけだ。それで十分だった。もう口あんぐりさ。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: この光の宇宙船は触れるのさ。光の思考なのさ。すぐそこにあるような目がくらむ類いの光じゃないんだ。目を眩まされることなくじっと見ることができるように輝く光なんだ。
 
君がその乗物に乗りたいのなら、どこからでもその中に入ることができるんだ。
 
デイヴィッド: へえ!
 
エメリー: 君が近づいて触れるとする。それは生態識別装置のようなものなんだ。
 
デイヴィッド: とても興味深いです。エメリー。というのも、ピートが”コズミック(訳者補足:ディスクロージャー)“で南極の乗物について語っていたもので。彼はそれは拡散する光輝を放っていたと表現しました。
 
エメリー: その通り。
 
デイヴィッド: いたるところが光だったそうです。どこに行こうとも、そこにはいつも光があったそうです。
 
そして、彼はそこに子供たちの一人が連れてこられたかのように話してくれました。その乗物に話しかけることができて、その乗物は話しかけた人がして欲しい通りに、言う通りに自ら変形するのだそうです。
 
それは言葉や考えなんかが分かるんだそうです。
 
エメリー: まさしくその通り。意識そのものというのは、地球上で今日ここで我々が呼んでいるようなテクノロジーに過ぎないのさ。
 
それで、その乗物は生きているんだ。乗物を飛ばす必要なんかない。ただ、”行け”と、そして、どこに行きたいかを言わなきゃならないんだ。単純な話さ。あるいはどこに行きたいかを思えばいいんだ。そうすればそいつは行きたいところに安全に連れてってくれるのさ。
 
その乗物のどこをのぞき込もうとも、乗物の外が完全に見えるのさ。どこを見ようともそれは開放されていて、見ているところを広い角度で明瞭に正確に見ることができるんだ。
 
デイヴィッド: ワオ!
 
エメリー: 上も下も見えるのさ。
 
デイヴィッド: 顕微鏡(訳注:原文ではbinocular。正確な日本語名は”双眼実体顕微鏡”だが、専門的な機器で一般にはなじみが薄いので、”顕微鏡”と訳した。ちなみに、前回のシーズン9エピソード10では、白衣を着たスティーブン・グリア博士と手術衣を着たエメリー・スミスとで何やらやっているらしい写真が掲載されているが、二人の前に置かれているのが”双眼実体顕微鏡”である。)で見るように小さなものも見えるのですか?望遠鏡で見るように遠くのものも見えるのですか?
 
エメリー: いいや。そういう視界は経験しなかったな。
 
デイヴィッド: ピートは機密扱いのより進化した戦闘機のことについても語ってくれました。それが今言ったような機能を備えているのです。肩甲骨の小さな塊でくまなく調べるんです。
 
もし、肩甲骨を感じることができるのならば、そこには小さなくぼみがあって、そこにはたくさんんの神経が交差しているんだそうです。それで彼はどのようにポートと呼ばれるその部分から信号を吸い上げるかを明らかにするチームの一員だったそうです。それでその部分の機能を用いることにより、目の不自由な人たちを実際に見えるようにすることができるそうです。
 
その戦闘機にはそういう機能が搭載されていて、戦闘機には窓が必要ないそうです。搭乗員は精神の目で外を見るんだそうです。普通の視界の他に拡大機能や望遠機能も備えているんだそうです。
 
エメリー: ヘッドアップディスプレイがいらないって意味かい?
 
デイヴィッド: そうです。
 
エメリー: いらないって、必要なのは・・・。
 
デイヴィッド: 頭の中で見えるんです。
 
エメリー: もちろん、正気でいられるようプロテクションが必要だがね。
 
デイヴィッド: ええ。
 
エメリー: そうだ。それはまさしく本当なんだ。少しの間表ざたになっていた。古いテクノロジーの一種さ。
 
デイヴィッド: ハハハ。古いテクノロジーなんですか?
 
エメリー: ハハハ。失礼。おもちゃもできてるよ。指になんかを接続して考えるとファンかなんかでボールが宙に浮いているイメージが現れるみたいな。
 
デイヴィッド: なるほど。
 
エメリー: すべてが現実なのさ。我々が現在保有しているものに比べるともう古いテクノロジーなんだ。我々が現在保有している技術として特筆に値するのが、新しいスーツに関するプログラムだ。そのスーツにはそういった機能が全て導入されているのさ。君の言うようにそのスーツのヘルメットを着用すると、考えて声を出さずに命じることができるのさ。それで自動的に視界がズームインしたりズームアウトするんだ。
 
そのスーツを着用していると装着者は異なった波長の光を見ることになる。僕はよく知っている。誰かが言ったことが本当かどうかがそれではっきりと分かるんだ。
 
(後半に続く)





 
posted by: Michi&Mirai | コズミック・ディスクロージャー | 19:36 | comments(0) | - | - |
アセンション予報 (02/12)
∞ 既に2月後半に入りました。 さて・・・ (^_^;)




 
アセンション予報
2018年2月12日
 
スターライト・ザ・ユニコーン ”ソースの光は急速に拡大しています”


多くのことが、とても順調に進んでいます。

親愛なる友人であり、旅路を共にする仲間のみなさん。私、ユニコーン族のスターライトが、希望と勇気のメッセージをお届けに上がりました。
 
多くのことが、とても順調に進んでいますが、一般のライトワーカーのみなさんには、まだ見えていないかも知れません。けれどもエネルギーシグネチャーに敏感な人や、何かが起きていると感じる人たちには見えています。そして、実際にそうなのです。
 
人類は上昇し、かつてないほど高いバイブレーションを放っています。私たちは非常に嬉しいです。みなさんは瞑想や願いを通じて、このシフトが起きるための道を創り上げています。それはリアルなことなのです。私が保証します。あなたたちの願いが、創造主である神と同調する時、シフトは起こります。
 
あなたたちはソースの光です
 
あなたたちにとって、本当のアイデンティティを思い出す時です。あなたたちはソースの光です。けれども、その光が肉体にくるまれた時、恐れを植え付けられ、自らのルーツを忘れ、切り離されて孤独を感じます。
 
けれども、あなたたちはソースそのものであるのに、一体誰がそこから切り離すことが出来るでしょう?その考えは、あなたたちをコントロールしようとする者によって作られたトリッキーな幻想だと分かりますか?
 
もっと愛になってください
 
神は愛です。もう何千回も耳にしているでしょう。ならば、どうして愛が分断できますか?それは不可能です。愛とは、全てです。愛とは、あらゆる全てなのです!もっと愛になってください。
 
愛とは、伸びやかなものです。たとえば家族が一人増えたら、増えた分を包んで、愛は広がっていくものです。たっぷりの愛が、あなたのためにいつでも用意されています。
 
深く傷つき、涙を流し、孤独に絶望している人がいます。それはその人にとっての真実であり、私はその経験や感情を少なく見積もるつもりは決してありません。けれども、ソースはあらゆる場所に満ちていることに、あなたは気付いてくれるでしょうか?もちろん、あなたの中にも満ちています。
 
ソースの光は、急速に拡大しています
 
ですから、どうか心を平和に静めてください。ソースの光は、急速に拡大しています。変化に身を慣らしてください。全ての存在に対する急激な変化が、マザーの息によって成し遂げられています。彼女の息は、凍える心の傷をあたため、みなさんはゆっくりとハイヤーセルフへと進化していきます。とても素敵ですよね。どうぞ、リラックスしてください。みなさんは、多くのレベルにおいて愛されています。
 
私はユニコーン族のスターライトです。私には、人類がワンネスを花開かせていくところが見えます。ここに深く敬意を表します。あなたの第三の目が活性化し、もっとクリアに見えるように、私の角であなたの額に触れています。
 
深く愛してください。拡大してください。平和な心でいてください。
 


∞ 「・・エネルギーシグネチャーに敏感な人や、何かが起きていると感じる人たちには見えています。そして、実際にそうなのです」
 
2/18日の零時以降、就寝中に顔面をたたくような感じの強烈なエネルギーによってメガ覚めましたが、皆さんはいかがでしたか?
 
管理人にとって、この夜中に起こされるような強烈なエネルギーは初めてです。しかしそれがどのくらい続いていたのかはわかりません。なぜならそのまますぐに寝入ってしまったので・・・ (^_^;)
 
いつもは、もっと柔らかい感じなのですが、今回は覆い被さるような感じで強烈でした。でも、天体イベントもないし、またETさん達のメッセージにもありませんでしたので、このエネルギーシグネチャーは一体なんだったのだろうと・・・思っていたら、今朝のこのメッセージを見て、“何かが起きていると感じる”ことがそうだったのかと腑に落ちました。でも自信はありませんが・・・ (^_^;)
 
「人類は上昇し、かつてないほど高いバイブレーションを放っています。私たちは非常に嬉しいです。みなさんは瞑想や願いを通じて、このシフトが起きるための道を創り上げています。それはリアルなことなのです。私が保証します。あなたたちの願いが、創造主である神と同調する時、シフトは起こります」
 
私たちのバイブレーションは順調に上昇し続けているので、現実は良い方向に創造されているようですが、その明確な兆しはまだのようです。しかし現在ハザールマフィアの逮捕が進行中であり、またRV(通貨再評価)の開始待ちでもありますから、その実施の時期は近いとは思いますが、それは大局的な判断を要するものですから適切なタイミングで実施されると理解しておきましょう。
 
「・・本当のアイデンティティを思い出す時です。あなたたちはソースの光です・・」
 
「アイデンティティ」とは自己同一性のことですが、ここではより具体的に本当の自分であり、そしてソースの光であることです。
「・・ソースの光は、急速に拡大しています。変化に身を慣らしてください。全ての存在に対する急激な変化が、マザーの息によって成し遂げられています。彼女の息は、凍える心の傷をあたため、みなさんはゆっくりとハイヤーセルフへと進化していきます」
私たちのバイブレーションは上昇しつづけていますからライトボディへの変態過程で肉体的な変調も起きます。それが具体的にどうなるのかは人それぞれと思いますから、ご自分の肉体に聞くしかありません。
 
ガイアは今ハザールマフィアによって痛めつけられた地球自然を修復中です。それが今起きている天変地異の原因でもあるようです。地球表面プレートの移動などの広範囲な修正も起きているようですが、その時はガイアは極力人間に影響を与えないようにしているようです。
 
「私はユニコーン族のスターライトです。私には、人類がワンネスを花開かせていくところが見えます・・」
 
私たちのアセンションは成功裏に終わることになっている・・・

(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 10:07 | comments(0) | - | - |
シェルダン・ナイドルニュース (02/13)
∞ フェーズが変わったようですね。いよいよ動きだしますよ!新時代へ!適切なタイミングで・・ (^_^)♪
 



 
シェルダン・ナイドルニュース
2018年2月13日
 

Selamat Balik. では、引き続き舞台裏で何が展開しているかをレポートさせて頂きます。闇の秘密組織は、全体として人類に対する力を失っています。そして、新しく輝く光が形成されつつあり、それによってたくさんの新しいイベントの実現が可能になってきました。私たちが定期的に導入している戦略は、闇の秘密組織を組織的に打ち破る為にデザインされたものです。その結果として、通貨の再評価は日々近付いてきており、それがやがて通貨のリセットに繋がります。私たちは地球の仲間たちと、その仲間と共に、この世界を安全に転換させるべく、系統的に準備を進めています。
 
本日、私たちは勝利の間際に立っています。忍耐と狡猾さ(内なる叡智とも言います)が私たち全員が長らく作ろうと努力してきた、銀河的社会の実現に導いてくれます。一体化した意識という定義の下の、本当に素晴らしい現実になろうとしています。闇の横暴さ加減が、彼らの下落を意味しています。彼らは私たちとチェスでもしている気持ちだったのでしょう:現実的には無数のプレイヤーと無数の戦略を駆使しなければならない、中国のダイアモンドゲームのようなゲームをしていたのです。みなさんの方が優勢です…この事をハートの中で知っておいてください。究極的に闇の生存の可能性はありませんので、今は彼らの敗北を目撃する方向に進んでいるとだけご理解ください。
 
では、今からみなさんの中にはもう既に経験しているであろう、アセンション症状と言われる症状についてお話しさせて頂きたいと思います。それは、あなたの喉のチャクラと新しく活性化しつつある後頭葉(頭の後ろの下の方)にある‘夢の井戸’のチャクラが関わってきます。
 
まずは喉のチャクラについて、みなさんの中には乾いた咳が続いているという方がいらっしゃるのではないでしょうか。これは肺とは関係のない咳で、のどと喉頭のイガイガから来ています。このチャクラは身体を活性化したり、浄化してくれるプラーナエネルギー(生命力のようなもの)を集める手助けをしています。更にのどのチャクラは、意識のコミュニケーションを司り、あなたが自信と無条件の愛を持って、真実を話す事が出来るよう、あなたのパワーを活性化させてくれます。更に、頭の循環エネルギーと共に、身体の中のエネルギーを調整してくれます。それは、象徴的なダンスのようなものです。
 
更に、新しいバイブレーションが上昇してきている事で、頭のチャクラがその影響を受けています。特に‘夢の井戸’のチャクラの活性化によって、多くの方が生々しい夢を見たり、頭痛/不眠を経験しているかもしれません。特に特殊能力を持っているような方々は、情報が首のあたりで‘引っ掛かる’事から来る頭痛を体験する事があるでしょう。みなさんがこういった症状に気が付き、その症状の出ている部分の中心をスピリチュアルな防護で包んであげるのが大事な事になります。
 
あなたが様々なアップグレードを吸収していく中、ご家族やご自分自身に優しく接してください。そして、純度の高い水を飲み、よく休み、自然の中でなるべく過ごす事が最適であると知ってください。みなさんの間で自分の経験を互いにシェアし合って、一緒にグループとして集まる事が、かけがえのない事となります。頭のチャクラは、新しいエネルギーがあなたの意識の中に流れ込むのを助けます。今世界は急速に変化しつつありますので、どうか私たちの助けを求めてください。私たちはあなたと共にいます。
 
ナマステ!私たちはあなたのアセンデッドマスターです!これから展開する事に対して、天に感謝する時がやって来ました。古く、不正まみれであった政治のプロセスはもうすぐ無くなり、NESARAとGESARAという新しいものに祝福をもって置き換わるでしょう。あなたは神聖な自由の光を浴びる事ができ、ご自分の喜びを目一杯満たす事になります。この内なる情熱があなたを突き動かすのですが、これはあなたに対する天からの最大級の贈り物となるでしょう。これは、天がどれだけあなたを愛しているかを示すサインであり、どれだけあなたに個人的に絶対に成功して欲しいと天が深く望んでいるかを証明しています!あなたの夢が叶った事に対して、天にその素晴らしい働きに感謝をする事は、あなたが行う事全てに対する報酬でもあるのです!
 
あなたの増えつつある知的好奇心は、私たちにとって嬉しい驚きですが、それによってこの領域の古い考え方がどんどん変わっています。あなたが吸収した新しいエネルギーの結果として、世界は均衡を失っているように見え、必要のない戦争によってあなたが動揺する事も無くなりました。この世を長らく支配してきた存在たちはあなたの事をもはや従順な操り人形だとは思ってはおらず、むしろ侮る事の出来ない人たちと見ています。これもまた、今まで普通だった事が完全に変わったという一連の兆候の一つです。今はあなたも洞察に満ちた、神聖な在り方を理解しているからです。
 
どうか忍耐強くいて下さい。どうか心の中で知っていてください、怒涛の聖なる計画が進んでおり、その計画に沿わないものは全部一層されますから。これから展開される事は、新しく豊かな現実へのリフォームです。毎日、多くの聖なる宣言が発表されています。そして、汚れの無い新しい世界が実現しますし、障害があるとすればそれは変換されます。今起きている事を楽しんで頂き、この神聖な新しい現実の出現を許可して下さい。全ての聖な深淵なるものの名の下に、この目的を達成しましょう。ハレルヤ!
 
本日は、みなさんの世界で起きている事についてレポートさせて頂きました。光によって長らく約束されてきたイベントの数々は、ようやくあなたの周りで実現し始めます。それらを、驚くべき自由で豊かな領域がやって来るという、ほんの最初の証しとして捉えてください。どうか知ってください、無限の供給と終わる事の無い天の豊かさは実にあなたのものである事を!そういう事です!一つであれ!喜びの中にあれ!
 
訳:JUN ライトワーカー   NEW!2018-02-16 22:24:05
 

∞ フェーズが変わったとしても、私たちの現実がすぐに変化すると言うことではありませんが、でもその時は近いでしょう。(^_^)
 
「・・通貨の再評価は日々近付いてきており、それがやがて通貨のリセットに繋がります・・」
 
RV、GCRは通貨リセットへの起爆剤になります。繁栄パッケージ資金配布も既にスタンバイしています。
 
・ 通貨改革の目的はサンジェルマンによって以下のように定められています。
 
「通貨の再評価と地球規模の通貨改革は、自己への奉仕(昔の権力者達やより上流の階級によって受け入れられた古い枠組み)から、すべての存在への奉仕と人類への奉仕への枠組みの移行の象徴です」 
 
通貨リセットが起きると世界経済がどうなるかはその道の専門家に聞かなければ分かりませんが、ただ、明確に言えることはワシントンD.C.は確実に壊滅するでしょうね。
 
「・・彼らは私たちとチェスでもしている気持ちだったのでしょう:現実的には無数のプレイヤーと無数の戦略を駆使しなければならない、中国のダイアモンドゲームのようなゲームをしていたのです・・」
 
つまり、光の勢力が慎重に事を進めていると言っていた理由は多面的な戦略を包括的に推し進めていく必要があったと言うことでしょうか。そして現時点でゲームは光優勢で闇さん達の完全排除が進行中ということのようですね。
 
以下はアセンション症状の説明とアセンデッドマスターからのエールですから、省略しますが、アセンション症状については“乾いた咳が続いている”が続いていいる方は、喉のチャクラが活性化していることが理由でそれが“のどと喉頭のイガイガから来ている”ことを知っておきましょう。
 
また、「・・バイブレーションの上昇により頭のチャクラがその影響を受け、特に‘夢の井戸’のチャクラの活性化によって、多くの方が生々しい夢を見たり、頭痛/不眠を経験しているかもしれません・・」とありますから、最近なぜかリアルな夢見が増えたという方は‘夢の井戸’のチャクラが活性化していると言うことでしょうね。
 
以上、ご自分の体調を、よ〜く観察することで自分の肉体が変態プロセスにあることをご確認下さい。

(^_^)/


 
posted by: Michi&Mirai | シェルダン・ナイドル | 17:57 | comments(0) | - | - |
愛知ソニア (02/15) 日食/新月/旧正月のエネルギー
∞ 2月のエネルギーは私たちの宇宙意識を促してくれるようです。(^_^)
 



 
愛知ソニア
2018年2月15日
 
日食/新月/旧正月のエネルギー


2月はパチパチと電気的なエネルギーで、とても速いペースで進んでいます。なかなか落ち着いた気分になれずにそわそわしたり、逆に体力低下からスローペースになったりしていませんか?
 
また、時間の感覚がヘンになっていて、約束をすっかり忘れてしまって、「うっかりしてた!」なんてことが増えているかもしれませんね。
 
2月は毎年そのような傾向が多少あるにしても、今年はとくに1月末の月食と、今近づいている部分日食の影響によって、そういった傾向が強く出やすくなっています。
 
2月16日は、新月と日本では観られませんが、部分日食が重なります。日食や月食に向けて心身のエネルギーが低下しているのを感じられるかもしれませんが、過ぎるとまた元通りに戻り、元気な自分を感じられるようになるでしょう。
 
この部分日食のパワーは、人と人とのつながりを強く感じさせてくれるエネルギーを届けてくれます。プロジェクトを一緒に進めている人たちや、家族やパートナーシップにおける関係性において、ほんとにつながっていてよかったと、有り難く思えて感謝できるでしょう。
 
宇宙エネルギーのスケールからすると、この同じエネルギーの波は、あらゆる次元を融合させる力があるので、気づきが深まり、すべてがつながっているという宇宙意識を促してくれます。
 
したがって、たとえ潜在意識がなにかが気がかりだったり、なにかをやり遂げようと焦り気味だったとしても、調和に満ちた自然なあり方、満ち足りた気分を間隔をおいて味わうことができるでしょう。
 
2月16日は新月と部分日食に加えて旧正月とも重なります。
 
いよいよ2018年が本格的に稼働する時期を迎えました。
 
そういった意味でも同時に起きる日食は、誰かとなにか新しいことを本格的にスタートするのに、実は偶然にしては出来過ぎているほどバッチリのタイミングなのです!でも実際に行動に移すのは、少なくとも、日食と新月から2日間ほど経つまで待ったほうがよいでしょう。実行に移すのは、新月から満月に向かう時期がもっとも相応しいエネルギーです。
 
日食と新月のエネルギーが未来への架け橋となり、新しいやり方のヒントを思いついたり、新しいアイデアが湧いてきたりして将来のヴィジョンがより鮮明に浮かんでくるでしょう。
 
今年は共同創造を後押ししてくれるエネルギーが最高に働きかけるので、意識して誰かといっしょに共同創造してみてください。
 


∞ 2月後半は∞ 2月後半は
 
“いよいよ2018年が本格的に稼働する時期を迎えました”
 
と言うことですので、先にUPしたブロッサム・グッドチャイルドの「光の銀河連合」の伝えるディスクロージャーが期待できるかも知れませんね。

(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | 愛知ソニア | 18:27 | comments(0) | - | - |
ブロッサム・グッドチャイルド (02/11)
∞ そろそろ始まりそうですね!心の準備はよろしいですか? (^_^)/




 
ブロッサム・グッドチャイルド
2017年2月11日
 
光の銀河連合からのメッセージ­〜


※ 先週の分を翻訳できていないのですが、超要約すると、今後明らかにされる真実がかなり衝撃的なので備えるようとの内容でした。(JUN)
  
ブロッサム:友人のみなさん今アメリカで起きている様々な逮捕から判断すると…先週のやり取りの張りつめたエネルギーは実際的なものだったようですね。私の奥深くの、全てを分かっているという部分では…もう、ゲームは開始していると言っているかのようです。そして、みなさんが言った「自分の光を知り、その中に強く立ち続ける事」という意味が理解できる気がします。これからの私たちはそうする事が必要なのですよね…まだ始まったばかりですけど!
 
光の銀河連合:地球の魂たち…愛の魂たち…ご準備は整いましたか?
 
あなたを取り巻くエネルギー…あなたであるエネルギーは…明らかにされるであろう強烈な暴露に対峙する準備が整っています。前回お話しした内容を繰り返すつもりはありませんが、みなさんにはグラウンディングする事をお願いしたいと思います…何故なら、明らかにされるショッキングなニュースは様々な形でやって来る可能性があるからです。
 
ブロッサム:光の銀河連合さんはこういったメッセージを伝えてくださる以外に、どのようにこの計画に関わってくるのですか?直接的に関わっていますか?
 
光の銀河連合:もちろんです!これから明らかにされる内容は政治的な支配と管理についてだけではなく、‘他の星の存在たち‘についての衝撃的な内容も間違いなく含まれるし、彼らとは随分と長い間コンタクトを続けていてたという事も明らかにされます。考えてもみてください、’私たちのような存在‘が何百年も謎のままだったのです。みなさんにとって、私たちは謎ですか?そうでは無いですよね。とはいえ、私たちや私たちと同様の存在たちで決められたのです…相談の際は、地球の方たち抜きで決めたのですが…地球を’牛耳ってる‘存在たちの意のままにはさせないと。彼らの意図は全体の為にはならないものだからです。むしろ、彼らが良い事をしたという試しがありません。
 
だからといって私たちは‘引き下がった’わけではありません。ただ、裏方に留まって「全ての動き」を逐一見ていました。
 
ブロッサム:あなたが発表されるであろうと言っている‘恐怖’の内容を…あなたは知っているのですか?
 
光の銀河連合:はい、知っています。でも発表するのは私たちではありません。これは、地球の方に発表をして頂き、地球の方でしかるべき対処をするべき事なのです。暴露の頻発と混乱が佳境に到達した時…今よりもハッキリとした登場の仕方を私たちがしなければならない、その為の適切な時がやってきます。地球で起きている事に対して、多くの方が戸惑うでしょうし…その上で私たちが登場して火に油を注ぐような事があってはなりません。私たちが、みなさんが知る殆どの事実よりも‘リアル’であると知ったら多くの方は仰天するでしょうから!
 
ブロッサム:つまり何ですか?
 
光の銀河連合:つまり、みなさんが信じて疑わないで‘共に過ごしてきた嘘’はみなさんにとって‘リアル’な事でしょうが…本当はそうでは無いという事です。あまり深く言及する事はしませんので、心の奥深くの真実を活用して‘行間を読んで’頂ければと思います。以前にも言いましたが…私たちが言えるのはある程度までが限界だからです。それは計画で決められている事で、私たちがあえて計画を変える理由はありませんから。
 
親愛なるみなさん、私たちがせめて言える事は…私たちの人類に対する奉仕は、より重要な局面を迎えてきていて、地球のみなさんとの繋がりという意味では、受け入れる準備が出来ている方にとってはより身近なつながりになっていくでしょう…という事です。
 
私たちを目撃する機会が増えます。読者の方の中にはオレンジの光を見たという方がいらっしゃいましたが、これは友人です。どちらかというと、肉体的な友人というよりは‘エネルギー形態’の友人であると言わせて頂きます。
 
ブロッサム:彼らの目的は?
 
光の銀河連合:気付いてもらう事です。とは言っても、みなさんに驚いて欲しいというだけの‘光のボール’ではありません。その中には、情報と高度なエネルギーが入っていて、存在する事でそれを放つ事が出来ます。
 
ブロッサム:誰がそれをコントロールしているの?
 
光の銀河連合:本人たち自身です。親愛なるブロッサム、あらゆる物事を行う為に/叡智を持つには、あなたの持つような肉体が必ずしも必要であるという訳では無いのです。こういった光自体が叡智を持ち、自らの意志で地球環境にやって来て、特定の時間や場所に現れているのです。もちろんランダムに現れている訳ではありません。全て計画的に行われています。
 
ブロッサム:それはどのような情報ですか?‘光の柱’(とそれがいつ現れるか)の事でしょうか?
 
光の銀河連合:その情報は、あなたという存在と繋がる情報です。そして、あなたが既に知っている情報でもあり、あなたが地球に来る前から完全に知っていた内容で、今のあなたがそれに気付くのを静かにあなたの中で待っている情報です。こういったあなたの中の情報は、オレンジの光や様々な形態のいわゆる‘不思議現象’をきっかけにして、あなたの中で再び目覚めるのです。私たちが‘他の星の存在’が地球環境に入って来ると言う時…まだ目覚めていない人たちは、変な緑色の宇宙人が来ると想像するかもしれません。そうでは無くて、みなさんをあっと驚かす様々な形の‘現象’、そして大混乱の中でもみなさんを落ち着かせてくれるような‘現象’を全部ひっくるめて、‘他の星の存在’が地球環境に入って来ると私たちは言っています。
 
覚えておいてください:これから破壊や炎上の混乱の裏…あなたの魂の中では正反対の事が起きます!みなさんが落ち着いて、乗り越えて行く為にも…この事を覚えていてください!
 
社会の根本であると考えられていたものが崩壊する事で…みなさんは自由になります。そして、親愛なる魂のみなさんに最大の敬意を込めて言わせて頂きますと…虚構の牢屋の中に閉じ込められているみなさんは…真の自由がどんなものかを、まだ全く知りません。
 
ブロッサム:なるほど、興味深いですね。多くの方が様々な内容のメールを送ってきますが…それに対してどう思えばいいのか分かりかねます。しかしながら、社会にどんな嘘をつかれていたとしても、知らずに社会の牢屋に入っていたとしても、真実に対して目隠しをされていたとしても…究極の真実は…愛…であって…それが私にはだんだん分かってきました。私たちから愛を引き離す事が出来ない事も…だって、単純に愛こそが私たち自身だから。もし月がホログラムで出来た偽物だとしても、月や星を眺めて美しいと思ったり、愛の感情が沸いてくるのが止まる訳ではありません。偽物かどうかはどうでも良い事なのです!どんな悲惨な事実が明らかになろうとも、私の中で渦巻く愛の感情は変わりません。ある歌の歌詞が頭の中でグルグル巡っています。シナトラの‘They can’t take that away from me’♪(それだけは私からは奪えない)!
 
光の銀河連合:それに対して、私たちはブラボー!としか言いようがありませんよ、ブロッサム。私たちが言いたいのは、まさにこの事です。これこそが最重要であり…最も価値のある事です。
 
だからこそ、この歌をあなたの頭に送ったのです!あなたである愛を…あなたから奪う事は絶対にできません…何があっても…永遠に!
 
どうか、ご自分の中の力と勇気を招集してください。どこに行って、何をすればいいかを自分に聞いて下さい。どうか、地球で最も重要なあなたの役目は何か示して欲しいと頼んでください…お約束します…絶対に答えは返ってきます。
 
まだ寝ぼけた状態の多くの方は‘ショック状態’に陥り、空が降ってくるような感覚に見舞われるでしょう!そんな時こそ目覚めていて、準備の出来ているみなさん一人一人が、迷っている方々を見つけて、翼の下に保護してあげる事ができるのです。安心させて、道を示す事が出来るのです。
 
あなたは、近付いてきている他の世界とのつながり方やコミュニケーションの仕方を感覚で知っています。その時が来た時に、あなたはご自分自身が愛と希望とやる気で満たされるような方法で、人々を手助けします。そして、これまであなたの‘思考を支配してきた呪縛’から解放されると…頭の中の空間が広がり始めるので…新しいコミュニケーションがとても簡単にできるようになります。今後のあなたには、制限が無くなります。あなたのエネルギーバリアーを囲むものは無くなります。
 
ブロッサム:エネルギーバリアーって何ですか?
 
光の銀河連合:説明する最も簡単な方法としては…これまでは、あなたが‘より高度な源に届く事’が出来ないようにエネルギー領域にブロックがかかっていました。それには様々な形態のものがあるのですが、あなたの身体ではフッ化物が松果体を遮断しているという事をご存知でしょうか…その遮断が解けると、考えただけで他の世界に行く事が出来るようになります。
 
ブロッサム:質問です。まず1.どうやって遮断を解除するの?そして2.どうやってみなさんとコミュニケーションするの?
 
光の銀河連合:地球のシステムが崩れてくると…みなさんは、まるで不死鳥が炎の中から飛び立つように、知識と力を得て舞い上がります。何をどうするかは、紙をまとめたバインダーが‘外れる’かのように見えてきて、‘あなたは危険から回避’させられます。様々な‘制限’が解かれると…私たちが話してきた、あなたは‘元から知っている’という事の真意をあなたは感じ取る事が出来るようになります。
 
エネルギーのブロックはあなたの周りにたくさん配置されています…あなたを支配する為…あなたを利用する為のブロック…あなたを不健康なまでに落ち込ませる為のブロック…それは様々な形でみなさんに与えられてきました…食事、飲み物、薬…その他にもたくさんあります。地球の空に‘ばらまかれている’飛行機雲のようなケムトレイルも‘みなさんをおとなしく服従させる為のもの…自由にさせないためのもの…惨めな気持ちにさせるもの。こういった日常にあふれている物事の多くが、あなたを人生そのものに興味を無くさせる為に仕組まれているのです!
 
ブロッサム:それは何度も感じた事があります!
 
光の銀河連合:でも、再び気持ちを盛り上げてくれるものが何かありますよね?ブロッサム?
 
ブロッサム:愛こそが勝つと知りながら、また ‘ゲームの中に戻って’…愛こそが自分をハッピーにしてくれると知りながら…私が、その唯一の愛を基に行動する。そして、ネガティブなエネルギーに溺れる事を自分に許さないという事です。今後、ネガティブなエネルギーが全部なくなると思うと、本当に嬉しいですね…本当に!
 
光の銀河連合:私たちとあなたがコミュニケーションするレベルに関しては…17年ほど前に‘痙攣’という形で経験した心と身体の不快感について、リマインドする必要があるでしょうか?
 
ブロッサム:あ、確かにリマインドが必要かもしれませんね。何だかそれは前世で自分ではない自分が経験した事かのように思えます!(でも、痙攣はピタッと止まったんです、ホワイトクラウドとコミュニケーションが始まってから)
 
光の銀河連合:みなさんに素敵なエネルギーとして知られている、ホワイトクラウドが以前に言っていたのですが、彼がブロッサムを通して繋がる為には、そしてその他の存在と繋がる為にも、あの方法取るしかなかったと話していました。それは、あなたのエネルギーを再編成し、身体の内部も調整をする為にも‘痙攣’が必要だったそうです。こういった調整を経て、その後はあなたの身体には一切負担をかけずに…‘私たちとも繋がれる’ようになりましたね。
 
ブロッサム:あの‘痙攣’(自分では‘機能停止’と呼んでいました)の最中に何か起きていたかは、きっと複雑すぎて私には理解できないだろうし、知る必要もないかもしれません。結果的にそれを経験したからこそ、みなさんの役に立つ事が出来たというのであれば、嬉しい事です。(もう18年も経った今だから言えるのですが)今、こうしてみなさんの光のメッセンジャーとなる為に必要だったのであれば、きっと違う次元の自分が合意した事なのでしょう…でも、結果的にこうなって本当に嬉しく思います。
 
光の銀河連合:今日はここまでで、終わりにした方が良さそうですね。
 
「今」この時の呼吸を3回ほど深く吸って吐いて下さい。
 
息を吸う度に愛のエネルギーを創り出してください…そして息を吐く時に…その高まった愛のエネルギーをあなたから送り出してください…世界へと送り出してください。
 
あなたが出会う全ての魂に対して…心からの愛を提供してください。
 
頭に浮かぶ全ての思いが…愛を通した思いでありますように。
 
地球にいる魂のみなさん、その時がやって来ました。どうか打席に立ってください。
 
今あなたがいると考えている場所から、はしごをあと最低でも5段くらい昇ってください。
 
そして、更に20段、また20段。
 
あなたが、より高いところにいる事を自覚してください…あなたがいるべき高い場所にいると。
 
そして、もっともっと高く…上へ上へ上へ…あなたの帰りを待っているお家に辿り着くまで。
 
どうか、困難に備えてください。それと同時に嵐の中でも、太陽が差し込む場所を見つけてください…太陽はいつもあなたと共にいますから。
 
最も深い愛を持って…今日は去ります。
 
あなたに提供されている愛を…感じてください…知ってください。それを感じて/知る事であなた方は、手と手を取って、あなたである愛として堂々と光の中へと歩みを進めます。
 
ブロッサム:みんなありがとう…本当に。一人では無いと知れて本当に嬉しい。
 
光の銀河連合:親愛なるブロッサム。あなたが一人になる事は絶対にありませんから…絶対に!!
 
Website: Blossom Goodchild
 
訳:JUN ライトワーカー   NEW!2018-02-16 11:54:15
 

∞ 「そろそろ」とは言っても、具体的にいつ始まるとは言えませんが、ETさん達のメッセージによるとその適切なタイミングを計っているようです。
 
「・・地球の方に発表をして頂き、地球の方でしかるべき対処をするべき事なのです。暴露の頻発と混乱が佳境に到達した時…今よりもハッキリとした登場の仕方を私たちがしなければならない、その為の適切な時がやってきます・・」
 
地球での発表(ディスクロージャー)をどの国のどの機関がどのように行うのかは分かりませんが、現状からみると、アメリカ合衆国で、トランプ大統領が発表するか、それとも彼に変わる光の勢力のバックアップを受けたある機関がそれを行うか、同じく信頼筋の複数の情報元が一斉か、もしくは散発的にという感じでしょうか。
 
いずれにしろ、私たちの現実の真実が公に暴露されるのですから、世界的な大混乱が起きることは否定しようがありません。
 
“暴露の頻発と混乱が佳境に到達した時…”
 
その収束には適切なタイミングで光の銀河連合のETさん達に登場願うことになりますね。

(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | ブロッサム・グッドチャイルド | 17:57 | comments(0) | - | - |
マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ (02/09)
∞ 今回も素晴らしいメッセージですね。(^_^)/
 



 
マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ
2018年2月9日
 

時間が経つと共に、あなたはご自分の為の新しい人生を創造しているという事に気が付いてくるでしょう。あなたは、ゆっくりと本来の‘素晴らしく、内なる美しさを備えた存在’である自分を発見します。宇宙レベルの存在となるからには、あれやこれやを‘批判’する事は乗り越えなくてはならないという事にも気が付くでしょう。真実を言えば、人を批判する立場にいる魂など一人もいません。更に、批判をする必要があると思うような状況になった人が、自分が敢えてその状況に置かれているという事を理解したり、気が付く事はごくまれです。しかし、全ての事は事前に計画され、進化を続ける為に必要なレッスンを網羅するよう配慮されています。
 
どうか知ってください、みなさんはご自分の置かれた状況について“被害者”のような気持ちでいるかもしれませんし、その状況をどうにもできないとお考えかもしれませんが、偶然で起きる事は一つもありません。あなたにとって必要な人生経験は、あなたが生まれる前から自分で計画しており、それが適切なタイミングで経験できるように、みなさんのガイドたちがしっかりサポートしてくれています。更に、ガイドたちは更なるカルマを生み出すような、必要のない経験を避けるよう、最大限に努力してはいますが、もちろんみなさんの自由意志が最優先ですし、最大限に尊重されています。みなさんのガイドたちは、あなたに知られる事無く/気付かれもしない影のヒーローたちであり、あなたがご自分の人生プランに沿って生きる事が出来るよう、できる限りの事をしようとしてくれます。そして、学ぶべきレッスンはさっさと学んで、あなたが何度も同じ経験をしなくて良いように配慮してくれてもいます。
 
もし、今のあなたの人生が成功に満ちていたとしたら、カルマの解消という意味ではあまり意味が無いのではと思われるかもしれません。しかし、あなたにとっての直近のメリットとしては、同じ経験を何度もしなくても良いという点があります。それは、あなたが梯子のより上部にステップアップし、バイブレーションが上昇したという意味です。つまり、アセンションに向けて一歩一歩近付いているという事です。この旅路はとても大変なもので、最初の試練は真の自分を知らないまま、低いバイブレーションから脱出しなければなりません。とはいえ、もう人類はその一線を越えているので、真の自分というのがどんどん明らかになります。バイブレーションは上昇し、それと共にあなたは低いバイブレーションの自分を過去に置いていきます。それと同時に、あなたは真の自分に気が付き、どこに向かっているかも分かるようになります。あなたが善意でした事の全てがうまく進み、長期的に見ても、とても意義があったという結果に繋がるでしょう。
 
本当の事を言うと、あなたは既に今の現実を経験済でありますが、未だにこの現実に残っているのは、あなたが二元性を学ぶ途中の人たち、及び進化における自分の役目に気が付いていない人たちの為に敢えて、この状況を再び受け入れると選択したからです。あなたはより古い魂の存在であり、人を導くという役目を負っています。そして、あなたは人がその道を歩む手助けをする為の装備もしっかりと備えています。目覚めつつある魂が、手助けを必要とする際には、あなたを見つけ出すでしょう。そして、あなたは地球に来た意味を理解しようとしている魂を既に数多く助けてきた事でしょう。そういった魂たちは、実際には見えなくとも、あなたの光を“感じて”、あなたの光に引き付けられて来ます。そんな彼らのガイドたちも、そういった状況になるよう状況の設定に関わっているかもしれませんし、本人が気が付いていなくても、必要な経験に繋がる行動をとるよう導かれています。
 
地球に平和をもたらす為に様々な事が調整されている最中なので、何か進展が遅いように感じられるかもしれません。しかし、じきに重大な変化が起きている事は明らかになりますし、あなたの生活の質は大幅に改善します。最初の変化はこれからやって来る大きな変化の兆候となるでしょうし、新しい時代を全面的に実現させる為の大きな一歩が踏み出されたとみなされます。計画は既に遂行されており、ゴーサインが出次第、全てが一斉に動き出せる準備が整っています。ですから、変化があなたの見えない所で起きているからといって、この時点で気持ちを揺るがさないようにしてください。
 
物事の収拾はかなり前から既についており、あらゆるプロジェクトがパーフェクトなタイミングで始動出来るように、最大限の努力がなされています。これまで、事前にどれだけの準備がされてきたかをあなたが知ったら、歓喜の驚きに包まれるでしょう。ですから、全てが予告されている通りに実現するという事を知りながら、そしてそれを止めるものは何も無いと知りつつ、未来に意識を集中させてください。これは、最初から運命づけられている事ですし、既にあなたに予告されてきた事や、あなたの今の想像力を遥かに超越した事がこれから展開していくのです。
 
物事が順調に進むまでに、少し時間はかかりましたが、これからはあなたは新しい時代のプロジェクトの開始に向けた様々なニュースを受け取り始めるでしょう。詳細についての情報は、まだあまり出て来ないでしょうが、時間が経つごとに情報を明かしても安全な状況になっていきます。舞台裏では、闇の存在たちを排除する為のプランが進んでいますが、非常に時間を要しているようです。この点については、忍耐が必要となりそうですが、やがて大きな成果に繋がっていくでしょう。真実のニュースが出て来ないのは、それが阻止されているからであって、みなさんはいつも何も知らない状態にされています。とはいえ、全てが明らかにされるような段階がやってきますので、地球で本当は何が起きているかをあまり知らない人たちが、驚かない程度に少しずつ明らかにしていきます。
 
トランプ大統領はどうにかまだ権力の座にいて、仮初の時を過ごしている状態でありながらも、彼でなければもたらす事の出来ない前向きな変化を実現させています。物事を裏で動かしている存在たちの都合次第で、トランプ氏はいなくなりますが、どちらにしても、全てが完全な変化に繋がる事を希望する存在たちの望む方向に動くでしょう。政治とは、ドロドロのゲームのようなもので、現時点では様々な活動の温床となっています。闇の存在たちは何が起きるかを未だにコントロールできていると信じているようですが、彼らよりも遥かに大きな力が実際に全体をコントロールしています。
 
ずっと以前より計画されているプランというのがあって、それによって、新しい時代の実現へと続くポジティブな変化の基礎が準備されています。光の存在たちは、適当な時間では無く、絶対に確実な時を狙っているので、タイミングに関しては安心して任せてください。このずっと前から計画されてきたプランとは、あなたが長らく待ち望んできた結果をもたらす運命を持つプランです。
 
みなさんの進化を見守っている存在たちは何が起きても対処する事が出来るので、あなたをアセンションさせるというプランに沿って、様々な対応を行ったり、イベントをアレンジする事をしてくれています。あなたが前進しなければならない時がやって来ましたので、古いサイクルのお荷物はどうか置いてきて、前進してください。アセンションを望む全ての魂、そしてその準備が出来ていると感じる全ての魂は、このサイクルで全てを一新させる事ができますし、バイブレーションを上昇し続ける事さえできればアセンションします。
 
全ての魂や状況に対して、宇宙的な愛で接してください。そして、あらゆる批判の形を過去に置いてきてください。これは、今まであなたがしてきた事とは違うので、ちょっと難しいと思われるかもしれませんが、やると決めたらあなたは成功します。
 
あなたには常に助けが提供されている事を忘れないでください。そして、決して一人で苦しむような状況にはならないと知ってください。常に直感を信じてください。そして、通常は最初に頭に浮かんだ事が一番大事な事であると知ってください。短い瞑想を行う事で、あなたのガイドをより身近に感じ、彼らがあなたに‘話しかける’事を可能にしてください。手助けは常に近くにありますし、あなたにメッセージを伝える方法はいくつもあります。
 
では、今日はここまでとし、あなたを愛と祝福の中に置いて私は去ります。どうか完了までの日々と道を光が照らしてくれますように。このメッセージは私のハイヤーセルフから来ました。
 
愛と光を持って  マイク・クインシー
先週のマイク・クインシーはやむを得ず飛ばさせてもらっています。
翻訳の仕事の合間の数時間でこの翻訳をやっているので、許してください。

訳:JUN ライトワーカー  NEW!2018-02-13 23:15:20

 
∞ JUNさん、仕事の合間でこの翻訳をされているようです。感謝です。(^_^) 
 
「時間が経つと共に、あなたはご自分の為の新しい人生を創造しているという事に気が付いてくるでしょう。あなたは、ゆっくりと本来の‘素晴らしく、内なる美しさを備えた存在’である自分を発見します。宇宙レベルの存在となるからには、あれやこれやを‘批判’する事は乗り越えなくてはならないという事にも気が付くでしょう。真実を言えば、人を批判する立場にいる魂など一人もいません。更に、批判をする必要があると思うような状況になった人が、自分が敢えてその状況に置かれているという事を理解したり、気が付く事はごくまれです。しかし、全ての事は事前に計画され、進化を続ける為に必要なレッスンを網羅するよう配慮されています」
 
私たちのバイブレーションが上昇しつつある今、自意識のレベルの上昇は本当の自分が‘素晴らしく、内なる美しさを備えた存在’であることを発見し、人を批判する立場にない存在と気づきつつあります。この三次元世界での経験はその全てが自分の進化の為のレッスンであると言うことを知って下さい。
 
「どうか知ってください、みなさんはご自分の置かれた状況について“被害者”のような気持ちでいるかもしれませんし、その状況をどうにもできないとお考えかもしれませんが、偶然で起きる事は一つもありません。あなたにとって必要な人生経験は、あなたが生まれる前から自分で計画しており、それが適切なタイミングで経験できるように、みなさんのガイドたちがしっかりサポートしてくれています。更に、ガイドたちは更なるカルマを生み出すような、必要のない経験を避けるよう、最大限に努力してはいますが、もちろんみなさんの自由意志が最優先ですし、最大限に尊重されています。みなさんのガイドたちは、あなたに知られる事無く/気付かれもしない影のヒーローたちであり、あなたがご自分の人生プランに沿って生きる事が出来るよう、できる限りの事をしようとしてくれます。そして、学ぶべきレッスンはさっさと学んで、あなたが何度も同じ経験をしなくて良いように配慮してくれてもいます」
 
私たちの今生の人生経験は転生前に自分のガイド達と自分の人生をプランニングしていますが、この世に生まれ出たときにはその全てを忘れています。ではどうすればそれを知ることができるのかと言うと、自分自身のガイドからの様々なサインを見逃さないようにすることはもちろんですが、しかしこの人生において始終サイン探しをすることは現実的ではないでしょう。でも自分の日々の生活の中で一度立ち止まって自分の人生を考えてみることで、この人生で自分のしたいことが見えてくるなら、それはひとつのサインかも知れません。
 
「もし、今のあなたの人生が成功に満ちていたとしたら、カルマの解消という意味ではあまり意味が無いのではと思われるかもしれません。しかし、あなたにとっての直近のメリットとしては、同じ経験を何度もしなくても良いという点があります。それは、あなたが梯子のより上部にステップアップし、バイブレーションが上昇したという意味です。つまり、アセンションに向けて一歩一歩近付いているという事です。この旅路はとても大変なもので、最初の試練は真の自分を知らないまま、低いバイブレーションから脱出しなければなりません。とはいえ、もう人類はその一線を越えているので、真の自分というのがどんどん明らかになります。バイブレーションは上昇し、それと共にあなたは低いバイブレーションの自分を過去に置いていきます。それと同時に、あなたは真の自分に気が付き、どこに向かっているかも分かるようになります。あなたが善意でした事の全てがうまく進み、長期的に見ても、とても意義があったという結果に繋がるでしょう」
 
私たちのバイブレーションは外部からの光エネルギーにより、今上昇中で意識レベルがネガティブ思考から離れポジティブ思考へと大きく変化していく途上にあり、そして本当の自分探しが始まっています。それに私たちは既に後戻りできないポイントを通過していますし、光の銀河連合によるネガティブ勢力の一掃も現実ものになりつつあります。従って、私たちはこれから先、世界が大きく光にシフトしていく様子を見ることになります。
 
「本当の事を言うと、あなたは既に今の現実を経験済でありますが、未だにこの現実に残っているのは、あなたが二元性を学ぶ途中の人たち、及び進化における自分の役目に気が付いていない人たちの為に敢えて、この状況を再び受け入れると選択したからです。あなたはより古い魂の存在であり、人を導くという役目を負っています。そして、あなたは人がその道を歩む手助けをする為の装備もしっかりと備えています。目覚めつつある魂が、手助けを必要とする際には、あなたを見つけ出すでしょう。そして、あなたは地球に来た意味を理解しようとしている魂を既に数多く助けてきた事でしょう。そういった魂たちは、実際には見えなくとも、あなたの光を“感じて”、あなたの光に引き付けられて来ます。そんな彼らのガイドたちも、そういった状況になるよう状況の設定に関わっているかもしれませんし、本人が気が付いていなくても、必要な経験に繋がる行動をとるよう導かれています」
 
数百万もの古い魂の存在であるライトワーカー達が志願してこの地球に転生してきています。彼らの役目は、“二元性を学ぶ途中の人たち、及び進化における自分の役目に気が付いていない人たち”の覚醒を促すことにあります。ですから私たちはライトワーカー達の放つ光に自発的に引き寄せられ、それぞれの人生を有意義に過ごせるように導かれているのです。これがライトワーカーとしての人生プランなのです。
 
「地球に平和をもたらす為に様々な事が調整されている最中なので、何か進展が遅いように感じられるかもしれません。しかし、じきに重大な変化が起きている事は明らかになりますし、あなたの生活の質は大幅に改善します。最初の変化はこれからやって来る大きな変化の兆候となるでしょうし、新しい時代を全面的に実現させる為の大きな一歩が踏み出されたとみなされます。計画は既に遂行されており、ゴーサインが出次第、全てが一斉に動き出せる準備が整っています。ですから、変化があなたの見えない所で起きているからといって、この時点で気持ちを揺るがさないようにしてください」
 
今世界は表面的には何も起きていないように見えますが、水面下では光の勢力により“地球に平和をもたらす為に様々な事が調整されている最中”にあるようです。
 
“じきに重大な変化が起きている事は明らかになりますし、あなたの生活の質は大幅に改善します”
 
これはこれから起きるこの時代の大きな転換のことであり、例のイベントラッシュが起きることで始動します。
 
“最初の変化”はおそらく金融関係ではないかと推測します。RV、GCRが起きれば、世界的にハザールマフィアの動きを封じ込め排除することになりますから、世界は米国を筆頭に新時代へ向かうことになるでしょう。しかしRV、GCRが起きるには大量の金の裏付けがある兌換紙幣が必要です。それが繁栄パッケージ資金と言われるものです。その配布のタイミングがキーになるでしょう。
 
“計画は既に遂行されており、ゴーサインが出次第、全てが一斉に動き出せる準備が整っています”
 
光の勢力がこの計画開始のスタンバイに入っています。このときトランプ大統領がどうなるのかは分かりませんが、マイククエンシーによると彼の役割は終わっていると言うことのようですね。
 
「物事の収拾はかなり前から既についており、あらゆるプロジェクトがパーフェクトなタイミングで始動出来るように、最大限の努力がなされています。これまで、事前にどれだけの準備がされてきたかをあなたが知ったら、歓喜の驚きに包まれるでしょう。ですから、全てが予告されている通りに実現するという事を知りながら、そしてそれを止めるものは何も無いと知りつつ、未来に意識を集中させてください。これは、最初から運命づけられている事ですし、既にあなたに予告されてきた事や、あなたの今の想像力を遥かに超越した事がこれから展開していくのです」
 
光の勢力はイベントを“あらゆるプロジェクトがパーフェクトなタイミング”で始動するように計っているようです。これは慎重すぎるのかも知れませんが世界規模で行われるイベントなので多くの変動要因が存在するものとすれば、そうしなければならないのでしょう。その際に重要なことは、私たちの意識状態によっては物事の進行に不測事態が起きるかも知れません。つまり光エネルギーが不足することです。私たちのできることは、これから移行する新しい時代に意識を集中させて新時代を創造することです。
 
「物事が順調に進むまでに、少し時間はかかりましたが、これからはあなたは新しい時代のプロジェクトの開始に向けた様々なニュースを受け取り始めるでしょう。詳細についての情報は、まだあまり出て来ないでしょうが、時間が経つごとに情報を明かしても安全な状況になっていきます。舞台裏では、闇の存在たちを排除する為のプランが進んでいますが、非常に時間を要しているようです。この点については、忍耐が必要となりそうですが、やがて大きな成果に繋がっていくでしょう。真実のニュースが出て来ないのは、それが阻止されているからであって、みなさんはいつも何も知らない状態にされています。とはいえ、全てが明らかにされるような段階がやってきますので、地球で本当は何が起きているかをあまり知らない人たちが、驚かない程度に少しずつ明らかにしていきます」
 
今、少しずつではありますが、コズミック・ディスクロージャー シーズンに見られるように情報開示は進行中です。ハザールマフィアの支配下にあるマスメディアが解放されればさらに多くの真実の情報が発信されるでしょうし、それにより一般大衆が今起きていることの真実を周知するようになるでしょう。マスメディアに携わる人々はその影響力を自覚する必要があります。
 
「トランプ大統領はどうにかまだ権力の座にいて、仮初の時を過ごしている状態でありながらも、彼でなければもたらす事の出来ない前向きな変化を実現させています。物事を裏で動かしている存在たちの都合次第で、トランプ氏はいなくなりますが、どちらにしても、全てが完全な変化に繋がる事を希望する存在たちの望む方向に動くでしょう。政治とは、ドロドロのゲームのようなもので、現時点では様々な活動の温床となっています。闇の存在たちは何が起きるかを未だにコントロールできていると信じているようですが、彼らよりも遥かに大きな力が実際に全体をコントロールしています」
 
“物事を裏で動かしている存在”はハザールマフィアのことでしょう。彼らはトランプ大統領を完全にコントロールしていると思っているようですが、ETさん達によると彼には光の勢力も付いて色々とアドバイスしているものとみられます。ただ、光の勢力はトランプ大統領の自由意志を尊重しますから状況によってはハザールマフィアの思惑通りに動かされる可能性もあり、もし彼が彼らの役に立たなくなれば排除されることもあります。しかし全体的にコントロールしているのは光の勢力のようですから、トランプ大統領が排除されたとしても世界は“全てが完全な変化に繋がる事を希望する存在たちの望む方向に動く”ことになります。
 
「ずっと以前より計画されているプランというのがあって、それによって、新しい時代の実現へと続くポジティブな変化の基礎が準備されています。光の存在たちは、適当な時間では無く、絶対に確実な時を狙っているので、タイミングに関しては安心して任せてください。このずっと前から計画されてきたプランとは、あなたが長らく待ち望んできた結果をもたらす運命を持つプランです」
今は、近い将来に私たちが待ち望んでいる光の勢力のプラン通りに全てが始まる、神聖なタイミングがやってくる「時」を期待しつつ光を取り込むことに専念しましょう。
 
「みなさんの進化を見守っている存在たちは何が起きても対処する事が出来るので、あなたをアセンションさせるというプランに沿って、様々な対応を行ったり、イベントをアレンジする事をしてくれています。あなたが前進しなければならない時がやって来ましたので、古いサイクルのお荷物はどうか置いてきて、前進してください。アセンションを望む全ての魂、そしてその準備が出来ていると感じる全ての魂は、このサイクルで全てを一新させる事ができますし、バイブレーションを上昇し続ける事さえできればアセンションします」
 
“あなたが前進しなければならない時がやって来ましたので、古いサイクルのお荷物はどうか置いてきて、前進してください”
私たちは、今その時に限りなく近づいているのです。ですから今はネガティブなことはほっておいてポジティブなことに専心しましょう。
 
光の勢力が私たちを見守っていてくれます。
 
“アセンションを望む全ての魂、そしてその準備が出来ていると感じる全ての魂は、このサイクルで全てを一新させる事ができますし、バイブレーションを上昇し続ける事さえできればアセンションします”
 
アセンションを受け入れる準備をしている全ての皆さんは必ずアセンションして五次元の存在へと移行します。自分がそれを望んでいるのですから宇宙が支援してくれます。
 
「全ての魂や状況に対して、宇宙的な愛で接してください。そして、あらゆる批判の形を過去に置いてきてください。これは、今まであなたがしてきた事とは違うので、ちょっと難しいと思われるかもしれませんが、やると決めたらあなたは成功します」
 
“全ての魂や状況に対して、宇宙的な愛で接してください”
 
例え極悪非道な存在であっても一切の批判をせず、彼は彼の役割を果たした存在であり、愛すべき存在なのだと理解して愛して下さい。全ての魂はひとつのものなのですから。
 
「あなたには常に助けが提供されている事を忘れないでください。そして、決して一人で苦しむような状況にはならないと知ってください。常に直感を信じてください。そして、通常は最初に頭に浮かんだ事が一番大事な事であると知ってください。短い瞑想を行う事で、あなたのガイドをより身近に感じ、彼らがあなたに‘話しかける’事を可能にしてください。手助けは常に近くにありますし、あなたにメッセージを伝える方法はいくつもあります」
 
“あなたには常に助けが提供されている”
 
ガイドさんや天使達へのヘルプコールはいつでも受け付けています。彼らはそれに答えて色々なサインを送ってくるでしょう
 
“常に直感を信じてください。そして、通常は最初に頭に浮かんだ事が一番大事な事である”
 
自分のハイアーセルフからの直感、つまり何事かを考えるとき、行う時に、まず最初に頭にに浮かんだ事です。いつ出かけるか、今と思うなら今です。何をすべきかなら、思いついたことからです。
 
“短い瞑想を行う事で、あなたのガイドをより身近に感じ、彼らがあなたに‘話しかける’事を可能にしてください”
 
私たちのバイブレーションが上昇ですから、ちょっとの瞑想でも真摯に取り組めば、自分のガイドさんから「ハロー」と耳元でささやかれるかもしれませんよ。


(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | マイククエンシー | 18:37 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (02/13)
∞ 世界は今少し、混沌状態を経験したいようです。(^_^;) 




 
フルフォードレポート
2018年2月13日
 

米国のブログのいくつかが言っている様に、ここで述べられていることは、白龍会とフルフォードが言っていることであり、トランプが言っていることとは違う。キッシンジャーはこんなことの為に動いているのではないということを頭に入れておいて欲しい。フルフォードさんは白龍会に心を売ったか、騙されているのだと思っている。逆に言えば、ずっとそうであるが、白龍会が負けているということである。彼等が目指すのは、中国を表に出して、自分達が新たな寡頭勢力になろうとしていることである。最近のフルフォードレポートには、このような邪(よこしま)な内容が時々あるが、今回はひどいので、公開するに当たって、一言申し上げておきたいと思った。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
■ バチカン、中国共産党、大英帝国と国防総省は世界政府を計画している
 
バチカン、中国共産党、大英帝国と国防総省は世界政府樹立の交渉をしている証拠が増えている。
 
最新の兆候は、バチカンと中国共産党の間で達した、中国のカトリック教会の司教を共同で選ぶ合意の形でやってきた。これは900万人ほどの中国のカトリック教徒にしか関係しない小さな問題と思うかもしれないが、実際は世界権力の分担の合意であると、アジア秘密結社とP2フリーメーソンロッジは言う。
 
その合意は司教に選ばれた人に対して双方が拒否権を持っており、つまり双方の合意が必要なことを意味しており、これは世界政府の指導者を選ぶ将来の東西間のプロセスの青写真であると、その情報源は説明する。所謂多くの世界政府指導者たちは、彼らが権力を握った時に銀行口座に大きな預金が与えられ、彼らは銀と鉛(賄賂か弾丸)のどちらかを選択できると言われていることを思い出してください。ほとんどが銀を取る。言い換えれば、国連に登場する世界指導者たちのほとんどは、バチカンP2フリーメーソンロッジの命令を受け取るということである。従って、バチカンと中国の間の合意は、西側支配の旧世界秩序とアジア支配の新時代の動きの間の合意を意味している。
 
英国王室家族のメンバーによると、中国はまた、この契約の一部として彼らの国家宗教として中国の特性を持つキリスト教を使用することを発表するかもしれない。このことが真実かもしれないこと気付かせることに、ローマ法王庁社会科学アカデミーの司教である、アルゼンチン司教マルセロ・サンチェス・ソロンドはバチカン内部関係者とのスペイン語のインタビューで、「この時点で、中国はカトリック教社会の最高の教育を実行していると主張した。
 
大英帝国は、その金融市場を中国のそれに融合させ、AIIBと一帯一路プロジェクトを支援し、秘密裏に所謂米ドルを置き換えるために金担保の元で支援することによって、世界政府のアジア計画と公に同調している。
 
英連邦、カトリック教会と中国は世界人口76億人のうちの50億人の運命に責任がある。その政府がこの計画を支持するドイツ、インドネシア、パキスタン、ロシアとイランなども加え、世界が新時代に向かっていることは明らかである。
 
元徒党のかばん持ちヘンリーキッシンジャーはこの政府を創設の交渉の為に世界中を密かに行き来していると、複数の情報源は確認している。10月のドナルド・トランプ大統領との前回の会談の後、キッシンジャーは「トランプ政権は、建設的で、平和な世界秩序を築く機会が最大になるときを見計らっている」と言っている。彼がトランプに会った後の先週、彼は「何か新しい注目すべきことが、トランプ政権から出てくると言っていた。
 
キッシンジャーが先週、トランプに話した注目のことが、「南北朝鮮が3月24日に朝鮮半島再統一を発表しようとした」と、キッシンジャーに最近会った日本の皇室家族の情報源が言う。「北朝鮮はロスチャイルドに、韓国はデイビットロックフェラーに支配されていたが、今はデイビットは死に、半島を分裂させておく理由はなくなった」とその情報源は言っている。
 
朝鮮統一の場合、北朝鮮の独裁者金正雲は日本の皇室と同じような象徴としての役割を担い、日常の政権運営は政治家や専門家に委ねられるだろうと、その情報源は言う。米軍は今いる場所の38度線南にとどまり、中国からの朝鮮の独立を確保すると、その情報源は言う。
 
キッシンジャーがトランプと提議した他の問題は、中東であり、ハザール寡頭勢力の運命であったと、国防総省情報源は言う。「徒党はトランプと何の取引も成立していないので、完全なパニック状態に入っている」、それでキッシンジャーは直ちに彼らから距離を置いたと、その情報源は言っている。
 
例えば、ユダヤ人CIA情報源他は、悪魔主義イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフは辞任して、直ちに6か月間拘留されると言っている。「もし、ハザールマフィアのネタニヤフが牢獄へ行けば、彼は生きて戻ることはないだろう」と、その情報源は言う。ネタニヤフは、日本に対する福島大量殺人攻撃に深く関与し、パレスティナ人との二国間条約に反対しているので、廃除されたと、色々な情報筋は言う。
 
ネタニヤフは先週、イランと戦争を起こすだけではなく、米国とロシアの間で戦争をお起こさせようと企んで、この状況を打破しようとしたが、再び失敗した。その代わり、彼はイスラエル軍と彼らの傀儡が多くの前線で血を流した後、軍の支持を失った。
 
徒党はまた、法的捜査網が各方面から迫っているので、その痕跡を隠し、目撃者を消すために激しく戦っている。
 
この点では、国防総省情報源は「71人の死者を出した2月11日のロシアの航空記事墜落事故は、ウラニウムワンとロサトム取締役ビチャスラフ・イワノフの調書に関係する一人の標的を削除する為であったと思われる」と述べている。
 
「イワノフはひそかに解雇することもできたのに、先例のないSVR、FSBとGRUのボスのワシントンDCへの訪問の後であるので、事故は激しさを増すロシア/米情報協力に対する徒党の報復の可能性がある」と、その情報源は言う。
 
その情報源は、ロスチャイルド家は特にその足跡を隠そうとしているようだと言う。その情報源は、「ロスチャイルド家が1875年から所有しているオーストラリアの13,000エーカーのランガウの狩猟用の土地は、人間狩りに使われていた可能性があるので、2018年12月21日のトランプ大統領令によって押収されるのを回避するために、火災の焼け残り特価で売却された。
 
「王族たちは、彼らは子供を狩りして殺し、赤ん坊を切り刻んだりして、子供生贄をしていたので、ひどく恐れている」と、彼らは続けた。「カーライルの役員が上海で逮捕されたように狩人たちは今、狩られる人間になり、一方、シフは元米大統領のバラク・オバマを操るバレリー・ジャレットに42分の電話において反逆罪に問われるカルフォルニア州議会議員アダム・シフに対して重大な影響を与えたと、彼らは言っている。(意味が採れません、単語間違い?)
 
さらに、ロスチャイルドはアパッチ、シェブロン、シスコや他の資産の株式を投棄しているかもしれないが、彼らの犯罪証拠は残っている」と、国防総省情報源は言う。
 
「大量逮捕の後、トランプと軍事法廷を守る力の誇示として、国家警備隊をDCに連れ出すために軍事パレードが使われるかもしれない」と彼らは言う。さらに、「私的正義を湾曲させて、オバマによって解雇された役人たちが彼を反逆罪で宣告するかもしれない」と付け加えた。
 
もちろん、軍事法廷を行うためには、軍の給料は払い続ける必要がある。目下の金融戦争が、壮大な権力闘争で起きている逮捕や暗殺と同じくらい重要な理由である。ジェローム・パウエルが2月5日にトランプによってFRB議長に任命されたので、株価の記録的落ち込みが見られた時、この戦いの激しさの兆候が見られた。
 
株価の急落と、暗号通貨による先行きの暴落は全て、金融システム立ち上げ前に、先ず奪取して、その後金融システムを閉鎖する計画の一環であると、アジアのロスチャイルドに繋がるCIA情報源は言う。
 
株式バブルの崩壊が、実体経済や米軍とその機関ホワイトハットに問題を引き起こさないようにする為に、白龍会とその同盟者は西側の為に独自の代替金融システムに取り組んでいる。
 
この目的の為に、中国の数兆ドルの一帯一路プロジェクトに対するG7の融資要望に応える為に、十分な資金が確保されている。これにはアラスカとユーラシア大陸をつなぐトンネルの建設、日本と韓国をつなぐトンネルの建設が含まれている。朽ち果てた米国のインフラは完全に近代化されるであろう。他のプロジェクトとしては、砂漠と南極の緑化、海洋に魚を増やす、他の惑星の植民地計画が含まれる。また、死を含む全ての病気やその治療法を見つけるために、数兆ドルのプロジェクトもある。
 
もちろん、地球の人々は、我々がそのような未来を創造するかについて、最大の選択権を持っている。私有中央銀行の債務奴隷として見えない債務から解放されているので、我々はどのような未来を築きたいかを考え始めることができる。だから、読者に理想の世界を想像し、そこへ行く計画のアイデアを求めている。

終に惑星の戦う人々はやり遂げて、善良な人々が勝つようになった。穏やかな地球を継承しようとしている。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
なんで、バチカンやP2と一緒にやることが新しい世界政府なのでしょうか?
 
カナダが米国を引き継ぐという話はどうなったの?
 
南極を緑化してどうしようと言うのか?
 
他にやることが一杯ある。
 
なんか、手を変え、品を変えて客引きをやっているしか思えません。
 
ベンジャミン・フルフォードに対する評価が最近、世界的に下っていますが、今週のレポートでさらに低下するのではないでしょうか。
 
朝堂院が最近、距離を置いているのも、同じ理由であると思われる。
 

∞ フルフォード氏の記事を最後まで読むと、「嗚呼、悲しいではないか!」さんが冒頭で 
 
「・・ここで述べられていることは、白龍会とフルフォードが言っていることであり、トランプが言っていることとは違う」
と述べておられることがよくわかりますね。(-_-;)
 
「バチカン、中国共産党、大英帝国と国防総省は世界政府樹立の交渉をしている証拠が増えている」
 
↑この交渉は、世界を一致調和する目的で超大国が安全と“世界平和”を約束し支配権を持つという「新世界秩序」への移行ですね。
私たちが望む本当の新時代は以下の新時代です。

「トランプ政権は、建設的で、平和な世界秩序を築く機会が最大になるときを見計らっている」と言っている。彼がトランプに会った後の先週、彼は「何か新しい注目すべきことが、トランプ政権から出てくると言っていた」
 
トランプ大統領には光の勢力のブレーンが付いていますから、彼は私たちが望む世界を築いてくれるだろうと思います。今現在、キメラグループとの戦闘が光の銀河連合優位に進行していることと、それが完了次第、地底のネガティブ勢力の掃討作戦が予定されていますし、それにセントラルサンからの光エネルギーの入来やソーラーフラッシュなど光の勢力を支援する天体イベントも続きますから、ハザールマフィアがどのように足掻こうとも光の勝利は確定します。
 
そして、ある時点でタイムラインの分離が起きて、「新世界秩序」を望む低次元世界とアセンションする高次元世界とに分かれていくことになるでしょう。その時に自分がどちらのタイムラインを選択するのかは私たちの自由意志になります。

(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:06 | comments(0) | - | - |
銀河連合から地球への公式声明 (02/12)
∞ 現時点で真為のほどは定かではありませんが、「オペレーション・ミョルニル」の続報のようです。(^_^)?




 
銀河連合から地球への公式声明
2018年2月12日
 

Arbre Solaile(フランス語で“太陽の木”)さんの最新動画がアップされました。この方はCobraのチェックを受けた後に動画をリリースしているそうです。
 
秘密宇宙プログラムが全面降伏し、銀河法典に則り、彼らが秘匿してきた技術をディスクロージャーしていくことになったそうです。
 
低地球軌道は完全解放されたそうです。ミョルニルが地を打つ時が目前に迫っています。
 
ブレイクスルー後は地球人が自由意志の下で自ら地球を善い惑星にしていくことになります。
 
みなさんの心のエネルギーの浄化の努力をお願いします。 奪ってから要らないものをポイ捨てする“吸引モード”から与えて受け取る”分け与えモード“への変更をお願いします。
 
以下「KIARA」のブログさんの記事です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
銀河連合から地球への公式声明
2018年2月12日
 
2018年2月12付で、アーブルがすごい動画を出しました!
※ 時間的には短いですが、とても具体的な内容なので、鵜呑みにはしないように、くれぐれも気を付けて下さい。
 

 

(日本語字幕版)
☆ 銀河連合から地球への公式声明
Arbre Solaile
 
<銀河公式声明>
星間評議会 - 銀河連合
 
ご挨拶を申し上げます、これは局部銀河政府の与党評議会からの短信です
 
≪オペレーション・ミョルニル≫
状況報告
 
我々のことを、あなた方は銀河連合と呼んでいます。
 
あなた方に敵対していて、地球の表面や宇宙に存在する世界勢力を除去する作戦が、重要な段階に達しました。
 
我々の艦隊は、大規模かつ圧倒的な力でこれらの徒党に対峙し勝利をおさめてきました、彼らの宇宙戦争能力を皆無にするべく、それらを削減してきました。
 
しかしながら、彼らは今もなお、あなた方地球人への脅威となっています。ですから我々は慎重に事を進めなければなりません。
 
残りの敵対勢力を排除する作戦はこの惑星の地下で続くことになりますが同時に、我々のシップも今下層大気圏へと向かっています。
 
近地球軌道は現在悪意の物理的妨害から解放されています。
 
残りの宇宙秘密プログラム派閥は銀河法典の条件を受け入れました。そして彼らの隠された技術を公開して地球の人々の進歩に貢献しようとしています。これらの技術はそのうち一般利用されるでしょう。
 
介入の法に関する銀河法典第四節の条件に従って、我々は今、近地球軌道が‘連合空間’であることを宣言します。
 
そしてこの惑星が‘連合領域’であることを。
  
個人レベルと団体レベルの両方で、様々なコンタクト計画が着手されています。
 
ご清聴ありがとうございました。
 
【制作者コメント】
音楽:”Who Will Save Us Now” by David Chappell
映像:”The Fleet Is In” HD
 
銀河法典簡略版
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
◇エンブレム:「惑星連邦/議長府」
動画『コマンド PB スターダスト』と同様に、今回の動画も右上にずっとエンブレムが表示されています。今回も『スタートレック』からの引用で、こちらは惑星連邦の評議会議長(大統領)府を示す印章が用いられています。


 
連邦大統領(Memory Alpha)
http://ja.memory-alpha.wikia.com/wiki/
 
◇ 下層大気:地球を包む気体の層である地球大気圏の範囲は、地表からおよそ500kmまで。そのうち地表0〜10kmの部分を下層大気といい、対流圏とも呼ばれます。雨や雪などの気象現象が起こり、航空機が飛行する高度はこの範囲です。
 

http://mh.rgr.jp/memo/mq0161.htm


◇ 近地球軌道:地球低軌道(LEO)とおおむね同じ意味にとらえて良さそうです。地表から高度2,000kmまでをさし、衛星軌道のうち低い部分となっていますが、宇宙ゴミが多いようです。
 


水色が低軌道、黄色が中軌道、黒色の点線が静止軌道を表している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8E%E8%BB%8C%E9%81%93
 

 

◇ 銀河法典(THE GALACITIC CODEX)
動画制作者コメントにあるリンクはThe Portalの記事へのもので日本語への翻訳は下記の通りです。
 
日本語翻訳文(Now Creation)
https://nowcreation.jimdo.com/2015/03/13/
%E9%8A%80%E6%B2%B3%E6%B3%95%E5%85%B8/
 
日本語動画、制作者コメント欄に全文記載(wake-up88さん)
https://www.youtube.com/watch?v=FAgjT6OnegM
 
(追記)wake-up88さんによる日本語字幕版動画を追加しました。いつもありがとうございます。
 

 


∞ この記事は前回UPした「コブラ 2018年1月16日 ミョルニル作戦」 の続報のようですが、前回と違って、「銀河連合から地球への公式声明」ということになっています。
 
ただ、この情報の発信元がアーブル(Arbre Solaile)さんがコブラのチェックを受けて発信したとありますが、もしこのメッセージが「銀河連合から地球への公式声明」であれば、コブラから直接発信されるべきではないのかという疑問もあります。しかしコブラが動画込みでの発信を許可した可能性も否定できませんが・・・。

 
(^_^)/


 
posted by: Michi&Mirai | 光の銀河連合 | 11:16 | comments(0) | - | - |
エリック君が語る (02/12) ”ジャッジメントについて”
∞ ジャッジメントについてのエリック君の話、いいですよ!(^_^)




 
エリック君が語る
2018年2月12日
 
”ジャッジメントについて”


ジャッジメントとは

ジャッジメントとは、直訳すると「判断」、「審判」です。スピリチュアルの文脈で使われる時は、「善悪や優劣の判断を下すこと」、「一面だけを見て、それを定義したり、カテゴライズすること」といった意味になります。単なる区別とは違って、比較や優劣の価値観、それに伴うネガティブな感情と結びついたものとして扱われます。
 
ジャッジメントが問題なのは、倫理的によろしくないということではなく、それがあると自分の世界が窮屈で生きづらくなるからです。
 
ジャッジメントの対義語は、「ありのままに受け入れる」です。

---------------------------------------------------------------------------------------------
母: エリックのお母さん。この番組のMC。
エリック: アストラル界の住人。


ジャッジメント
 
母: 今日は、ジャッジメントについて聞きたいんだ。神や天使みたいな存在が、私たちを裁くことっていうのはないんでしょ。
エリック: ジャッジメントっていう考えは、人間が作ったものだからね。地球の次元にいると、ジャッジメントは僕らに一種の力を与えてくれるんだ。まあ、偽物の力なんだけどさ。人間て、善悪や優劣をつけて判断することで力を感じたり、自分に価値があると思ってしまう生き物なんだよ。誰かを悪いやつを作ると、自分が正しいやつになった気がするだろ?

母: すごくよく分かる。

エリック: でも、ジャッジメントと識別は大きく違うんだよ。

母: どういうこと?

エリック: 「よし、もう何事もジャッジしないぞ。危険なことでもやってみよう」って言うのは、極端過ぎる。そうじゃなくて、自分が誰であるとか、自分の役割や性格なんかを見極めることが識別だ。

母: 意見を持つみたいな?

エリック: うーん。まあそうかな。

母: でもさ、たとえば「スージーが青いドレスを着ている。素敵ね」とか、「そのドレスは似合わないから買わない」って言うのは、ジャッジメント?それとも、識別?
 
エリック: それは観察って感じかな。

母: どう違うの?

エリック: 識別っていうのは、自分の個性から来るものだよ。自分が誰であって、この世界で何をしているか。そういう個性の違いを見つけること。ジャッジメントっていうのは、批判につながること。ジャッジメントは、することもされることもあるけど、誰かに何か言われたからって、そいつは君じゃないから、本当のことは分からないだろ。逆も然りだけど。

ジャッジメントと意見との違い

母: でも人間は、意見を持つでしょ。ジャッジメントと、どう違うの?

エリック: ほとんど同じだよ。それは自分の考えや、自分の真実に執着するってことだから。意見っていうのは、それを言う人の意識や、その人が世界をどう眺めるかが、反映するんだ。たとえば君が「あの人は最悪」という意見を持つなら、それは君が意識の中で囚われている「最悪」の定義が、反映されているだけなんだ。

母: でも、本当に最悪な人っているでしょ。それはどうすればいいの?

エリック: 確かに、いわゆる最悪な人っていうのは、沢山いるよ。でもジャッジメントがない状態っていうのは、それをただの意識の階層の違いとして認識するってこと。「まじかよ、こいつ最悪!」って思うなら、そう思うのはどうしてか?その感情を引き起こすトリガーを探った方がいい。そのトリガーがあるから、君はそのようなリアクションを取る。なければ、普通に接することができる。

母: 最悪だと思う人にネガティブな対応をするとかではなく、ただ最悪だなって思うのはどうなの?

エリック: ネガティブな反応をせずに、ただありのままに眺めるなら、バイブレーションは高いままだ。

自分に対するジャッジメント

母: 自分に対するジャッジメントっていうのもあるよね。

エリック: それが最大のクソなんだよね。

母: 私が思うに、自分に対するジャッジメントっていうのは、両親とか兄弟、仲間の意見や、世間体による外側からのジャッジメントに由来してるんじゃないのかな。でも、それを自分の基準として受け入れてしまうみたいな?分からないけど。専門家から説明してよ(笑)

エリック: ほとんどの人は、自分の頭の中で、いつも考え事をしている。でも多くの場合で、それは自分自身の真実ではないことを観察しているだけなんだ。頭の中の声って言うのは、実は自分自身の声じゃないんだよ。この話は、すごく面白くってさ、僕らは自分で自分のことをジャッジするだろ?誰でも自分の意見には重きを置くから、自分へのジャッジにも、実際、重大な価値や真実があるように感じるんだ。で、すごくダメージをくらう。自分の意見っていうのは、たとえそれがネガティブでも、自分の中では絶対的に思えるから。でもそれは、スピリチュアル的にも、肉体的にも、精神的にも、非常によくない影響を与えるんだよ。自分が大切に思っている人の意見なら、みんな、なおさら真に受ける。自分が何に価値を置くかには、よく気をつけなくちゃいけない。

母: そうだね。

エリック: 自分に向けたジャッジメントっていうのは、世間がノーマルだとする基準にも、多く関係している。その基準から外れてしまうと、僕たちは自分に対するジャッジメントを始める。

母: うん。

エリック: 社会が基準を作ったからって、誰もがそこに当てはまる訳じゃないよ。「自分が普通じゃないのは、自分に何かが足りないからだ」なんて、絶対に思っちゃだめだ。出来るだけニュートラルなままでいるんだ。自分をダメだと思いそうになったら、そう思う判断の基準は、本当に自分自身の真実の声なのか、それとも、誰かの基準に過ぎないのか、よく考えよう。

母: じゃあ、自分に対するポジティブなジャッジメントはどうなの? やっぱり自分の意見か、他人の基準か、よく注意した方がいいのかな?

エリック: まあそれは、みんなやるんだけどさ。とにかくジャッジメントなんて要らないんだよ。ただ愛があるだけだ。

母: 自分を愛しなさい?

エリック: そうそう。

母: 「私の新しいヘアスタイル、気に入った」とかは?

エリック: ヘアスタイルも、いつかはまたモジャモジャになるだろ?だから、それだけに重きを置かない方がいい。

母: なるほどね。

エリック: キーワードは愛なんだ。

∞ 本当は誰でも知っていることなのですが・・・(^_^)>ワスレトルンヨ。
 
・ ジャッジメントとは「判断」、「審判」の意味であり、比較や優劣の価値観、それに伴うネガティブな感情と結びついたもので批判につながる。

・ ジャッジメントとは三次元地球で善悪や優劣をつけて判断することで力を感じたり、自分に価値がある思っている人間が作ったもの。

・ ジャッジメントがない状態っていうのは、それをただの意識の階層の違いとして認識すること。

・ 自分に向けたジャッジメントは、世間がノーマルだとする基準にも、多く関係し、その基準から外れてしまうと、自分に対するジャッジメントを始めるが、それは自分をニュートラルにしてハートに聞いて回避する。

・ 識別とは、自分の個性から来るもので、自分が誰であって、この世界で何をしているか。そういう個性の違いを見つけること。

・ 意見はそれを言う人の意識や、その人が世界をどう眺めるかが、反映される。

・ ジャッジメントなんて必要ない。ただ愛があるだけだ。


(^_^)/





 
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 18:27 | comments(0) | - | - |