Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
2017/4月前半 太陽とその近辺が、活発です。(-_-;) ナニ カ オコル ヨカン・・・
パート2です。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • ホログラム地球からの移行プロセス、総まとめ (2014/09/06)
    mirai (03/19)
  • ホログラム地球からの移行プロセス、総まとめ (2014/09/06)
    ストロベリー (03/17)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    ぷるるん (03/16)
  • PFC−JAPAN (02/17) 2月26日 エーテル界解放瞑想
    mirai (03/16)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    mirai (03/16)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    ぷるるん (03/15)
  • PFC−JAPAN (02/17) 2月26日 エーテル界解放瞑想
    しぇる (02/23)
  • コズミックディスクロージャー (2016/12/10) シーズン6 エピソード14
    mirai (02/11)
  • コズミックディスクロージャー (2016/12/10) シーズン6 エピソード14
    ラブコ (02/11)
  • PFC-JAPAN (12/29) コブラ・インタビュー 
    mirai (01/22)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2017年4月の太陽活動 (04/15)

∞ コーヒータイムです。 (^_^;) ヒトヤスミ ヒトヤスミ。 

 

 

 
 



 

 

 

■ 2017年4月の太陽活動
 

 

4月前半のSOHO(太陽観測衛星)画像です。 
 

 

☆ 他星系から次元ポータル経由で太陽系へジャンプ?

 

 


 

 


 

 


 

 

こちらは、光学的に異常な画像と思われます。 
 

 


 

 

こちらも同様ですね。
 

 


 

 

このような画像の乱れは、よく見られます。今回は4月14日の早い時間帯で起きた強烈なフレア放出による電磁的な影響によるものかも知れませんが、NASAからのコメントはありません。
 

 

こちらは冒頭の画像と比較して、短い光跡です。これは一コマ画像ですから、多分、シャッター開放から閉じるまでの時間の間に移動した球体の光跡を捉えたものでしょう。
 

 


 

 

(^_^)/ 






 

 

posted by: Michi&Mirai | お知らせ & コーヒータイム | 19:16 | comments(0) | - | - |
PFC−JAPAN (04/13) 平和瞑想の報告
∞  プレアデス人はプーチンと短い話し合いを持ち、プーチンはリスクを取って光に協力することにしたようです。(^_^)v
 


PFC−JAPAN
2017年4月13日

平和瞑想の報告


クリティカル・マスには届きませんでしたが、私たちの平和瞑想は大成功でした。状況の緊急性から、この瞑想の準備期間はたった4日間で、しかも平日の不都合な時間帯という事情もあり、さらにこの瞑想のフェイスブック拡散がカバールによってほぼ完全に遮断されたという事実があるにも関わらず、私たちは大きな成功を収めました。
 
瞑想の数時間前に、空にこんな兆候が現れました。
 


 

 

http://www.amsmeteors.org/2017/04/bright-fireball-over-san-diego-ca/
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事要約: カリフォルニア・サンディエゴ上空にまばゆい火球: カリフォルニア、アリゾナ、ネバダやニューメキシコで500件以上の目撃報告。目撃者の多くはこの火球を「緑色で非常に明るい」と表現した。これまで、同時に遅れて届いた音を聞いたのはたった7人だけだった。証言から推測された軌跡では、火球は東から西へ太平洋のサンディエゴ海溝に落ちた。(記事の下のほうに短い動画が2本ある)
---------------------------------------------------------------------------------------------
 

 

先週の金曜日にこの瞑想について投稿しようとした丁度その瞬間に、誰かが頑張って Blogger のサーバを落としたようです。
 
ほぼ同時に、Veterans Today のウェブサイトもサイバー攻撃を受けて約12時間止められたことが実に興味深いです。VTの情報源によると、サイバー攻撃を仕掛けた犯人はHuachaca駐屯地にあるアメリカサイバー軍で、追跡していくとハーバート・マクマスター陸軍中将にたどり着きました。どうやら彼らはこの記事の公開を嫌がっているようです。
 
レジスタンスの予想通り、火曜日は緊張状態のピークでした。以下の記事に取り上げられたアルコンの家系、特にオルシーニ家とパッラヴィチーニ家は、終末預言を実現するために、オメガ・グリッドの中にいるハザールの残党を通じて、 Doom33 という終末の世界破壊計画を起動しようとしました。
 
その企みは数時間後、ロシア軍や中国軍内部の重要人物に対するプレアデス人のコンタクトによって速やかに防がれました。それを可能にした要因の一つに、私たちの瞑想による地球エネルギ・グリッドへのエネルギ・サポートがありました。プレアデス人はプーチンと短い話し合いを持ち、彼が個人的に聞きたくない話をいくつか告げました。でも、いま瀕している危機について説明したら、分かってもらえて、彼はリスクを取って光に協力することを選びました。
 

 

いま世界中で起きているこれらのつばぜり合いがすぐに止まない場合、緊急度のレベル次第では、次の選択肢も上がっています。暴露、開示と排除です。
 
暴露はすなわち、ロシアのメディアによる、
 
1) 世界規模のイルミナティ・ネットワークと彼らの作戦
 
2) 米国政府と悪しきETの間の秘密協定 についての詳細暴露です。
 
開示はすなわち、ロシアと中国メディアによるETの存在についての情報完全開示と金融リセットです。実際、それはすでに始まっています。
 
https://v.qq.com/x/page/c0390w2t2hv.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
内容要約: 中国の有名金融分析専門家、黄鑫さんによるイベントの概略発表です。内容がよくまとまっていて、イベント内容の紹介も兼ねて、聞き取ったメモをこの翻訳の最後に載せました。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 

 

排除はすなわち、スペツナズ(ロシアの特殊工作部隊)による、邪悪な四人組を始めとするイルミナティ・ネットワークの排除です。
暴露は言葉通りに、プーチンがすでにそれをやっています。
 
https://www.rt.com/news/384333-putin-idlib-attack-provocation/
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事要約: イドリブの「化学兵器襲撃」はアサドを陥れるための偽旗作戦で、まだまだ仕掛けてくるだろう〜プーチン
プーチンはイタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領との共同記者会見で、次のように話した。
 
「複数の情報筋から、こういう偽旗としか言えないような作戦は、ダマスカス南の郊外を含めて、シリアの他の地域でも準備されていると聞いた。彼らは化学物質をそこに植え付けて、襲撃を仕掛けて責任をシリア政府に押しつけようとしている。」
 
ダマスカスは襲撃を否定し、該当領域にはISが貯蔵した科学兵器の可能性に言及した。しかし、事件はちゃんと調査されていないのに、米政府はミサイル攻撃をシリアの空軍基地に向けて数十発も発射した。
 
「マッタレッラ大統領にはこう話した。これをみて、2003年に米代表が国連安保理で、イラクで化学兵器が見つかったという証拠があると発言し、すぐにイラク侵略を始めて国家を一つ破壊して、ISというテロリスト組織を世界の舞台に登場させたことを思い出した」
 
とプーチンは付け加えた。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
私たちの瞑想とプレアデス人の介入の結果として、平和についての話し合いが突然出て来ました。
 
完全開示に先を越されることを恐れて、NASAは急ぎで、土星の衛星エンケラドスに地球外生命の可能性を公表しました。

---------------------------------------------------------------------------------------------
訳注: NASAの報告の中に、もし太陽系内の別天体で生命が見つかったら、同じように宇宙にあるすべての惑星にもその可能性があるというところまで、踏み込んだ発言をしています。
---------------------------------------------------------------------------------------------
人類史上初めて、主流科学が公的に、人類はひとりぼっちではないことを認めたのです。
 
ドラゴン筋によると、カバールの一部の代表は降伏についての交渉を持ちかけてきていますが、レジスタンスはその真意に非常に懐疑的です。
 
北朝鮮での紛争の火種はいまだに消えていないため、まだやらなければならないことがたくさんあります。
 
プレアデス勢は追加行動を取るかも知れません。レジスタンスは全面警戒状態を継続中です。
 
Victory of the Light!
 
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
By  PFC-JAPAN 13:45:00
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
中国の有名金融分析専門家、黄鑫さんによるイベントの概略発表です。
 
「アメリカ経済の崩壊はもうすぐ起きる。大きな事件(イベント)の前か後ろかは分からないが、イベントとは、一連の事件をまとめてさして言う言葉である。ヒラリーや欧米の著名政治家の逮捕が始まったら、それはイベント発生を意味する。世界中の銀行は1〜2週間ほど閉鎖される。アメリカの経済崩壊が先の場合、アメリカ株とドルの崩壊を目撃するだろう。
 
逆に集団逮捕が先に起きたら、銀行もすべて同時に閉鎖され、株取引も為替取引もすべて停止するため、見かけ上は高止まりのままになる。つまり、先に逮捕・イベントが起きる場合、表面上、株やドル崩壊現象は起きない。なぜなら、再開後は真新しい世界が訪れ、いままでのすべてはリセットされるから。
 
いままでのアメリカ会社は破産宣告され、清算される。
 
アメリカを中心に指す NESARA のほかに、世界規模の GESARA も実行され、一人あたり10万ドルの支給、負債の免除が起きる。
 
国家間の負債も免除されるが、個人間は負債は例外。いまのアメリカ株式会社は崩壊するが、懲罰としてではない。
 
NESARA/GESARA は集団逮捕後に起きる。
 
アメリカに新しい臨時大統領が誕生し、トランプは退陣させられる。その後、人道主義のための基金が運用開始、多くの社会制度が変わる。米国の解放はすなわち全世界の解放である。
 
世界中の株式はそのまま永久閉鎖になる可能性は高い。信じない人はFRBを調べてみるといい。
 
FRBは米国の銀行ではなく、ロスチャイルドやJPモルガンが所有する私的銀行だ。その裏にいるのはイエズス会、イルミナティなどのオカルト組織が絡んでいて、だからドル札にはピラミッドや全てを見通せる眼が描かれているのだ。
 
世界はカバールという陰謀集団に支配されてきた。調べていけば見えてくる。社会のために株式が必要だという固定概念も、ダーウィンの進化論と同じように間違っている。
 
殆どの人は今の株式を売買目的で買っていて、本来の投資ではなく、ただの投機である。だから、富めるものがますます富め、貧しいものがますます貧しくなり、社会格差が広がっていく。
 
私はこのことをもっと前から知っていたが、混乱を恐れたため黙ってきた。でも、もうイベントは近いため、あえて公表した。
 
世界中のメディアは支配されていて全部嘘をついているから、殆どの人は嘘を真実だと信じ込んで、真実を受け入れられないでいる。皆さんの知らないことがたくさんある。」
---------------------------------------------------------------------------------------------


∞  風雲急を告げる感じですね。(-_-)
 
日本時間の4月11日火曜日15時08分に始まったピース・メディテーションは残念ながら、クリティカル・マスに届かずでしたが、大きな成功もあったようです。
 
「レジスタンスの予想通り、火曜日は緊張状態のピークでした。以下の記事に取り上げられたアルコンの家系、特にオルシーニ家とパッラヴィチーニ家は、終末預言を実現するために、オメガ・グリッドの中にいるハザールの残党を通じて、 Doom33 という終末の世界破壊計画を起動しようとしました」
 
「Doom33」 という終末の世界破壊計画の起動は、数時間後、ロシア軍や中国軍内部の重要人物に対するプレアデス人のコンタクトによって速やかに防がれました。
 
プーチン大統領がやってくれましたね!(^_^)/
 
(^_^;)>プーチン プレチャン ト オトモダチ ニ ナッタンヨ。 
 
「いま世界中で起きているこれらのつばぜり合いがすぐに止まない場合、緊急度のレベル次第では、次の選択肢も上がっています。暴露、開示と排除です」
 
闇さん達と光の勢力とのつばぜり合いが続くなら、次の一手は、↓の2つです。
 
  岾示はすなわち、ロシアと中国メディアによるETの存在についての情報完全開示と金融リセットです。実際、それはすでに始まっています」
 
◆ 崘喀はすなわち、スペツナズ(ロシアの特殊工作部隊)による、邪悪な四人組を始めとするイルミナティ・ネットワークの排除です」
 
「プレアデス勢は追加行動を取るかも知れません。レジスタンスは全面警戒状態を継続中です」
 
プレアデス勢の地球への直接介入が始まっているのでしょうか?もし、そうだとするとキメラグループのプラズマトップレット爆弾の排除の進行具合が気になりますね。
 
「中国の有名金融分析専門家、黄鑫さんによるイベントの概略発表」
 
この内容は、イベント前後の状況を含めて、結構リアルに表現されているようです。必ずしもこの通りに進行するということではないとしても起きるべきポイントはきっちりと抑えてあるようです。
 
・ アメリカ経済の崩壊はもうすぐ起きる。
 
・ ヒラリーや欧米の著名政治家の逮捕が始まったら、それはイベント発生を意味する。世界中の銀行は1〜2週間ほど閉鎖される。
 
・ 先に逮捕・イベントが起きる場合、表面上、株やドル崩壊現象は起きない。なぜなら、再開後は真新しい世界が訪れ、いままでのすべてはリセットされるから。
 
・ いままでのアメリカ会社は破産宣告され、清算される。
 
・ NESARA/GESARA は集団逮捕後に起きる。
 
・ アメリカに新しい臨時大統領が誕生し、トランプは退陣させられる。その後、人道主義のための基金が運用開始、多くの社会制度が変わる。米国の解放はすなわち全世界の解放である。
 
トランプ大統領の退陣は、マシューメッセージの評価から見て、その可能性は高いかも知れません。
 
(^_^;) トランプチャン ハヤク メザメナヨ。





 
posted by: Michi&Mirai | PFC-JAPAN*_コブラ | 19:56 | comments(0) | - | - |
PFC−JAPAN (04/12) 台湾カンファレンス・ノート 2017年3月
∞  やや”深化”した、コブラからの情報です。(^_^)/

 

 
PFC−JAPAN
2017年4月12日
 
台湾カンファレンス・ノート 2017年3月


以下は私が3月11日と12日に参加した台北のコブラ・アセンション・カンファレンスで取ったノートと覚えた内容から、重要だと思われる部分の摘要である。このカンファレンスは私の想像や期待を遥かに超えたものだった。最後に皆に自分の感想を語ったが、私は自分の人生で多くの不思議体験をしてきた。
 
このカンファレンスでのコブラの教えは、自分個人のアセンションに限らず、惑星のアセンションへの歩みを実現するのに、もっとも関わり深く、もっと頼りになる内容だ。ノートの中に所々で斜体(水色の背景)のフレーズや言葉が現れるが、それは私の個人的な立場から選んだ言葉であり、コブラが述べた素晴らしい講義の文脈を埋めたり、明確にしたり、またははっきり覚えていなかった、聞き取れなかった言葉ということを表している。ほかにも、同じ理由から、彼の講義内容の一部を自分の裁量で言い換えた。
 
このノートは一般公開にあたって、コブラから許可を得ている。

ここでは、私が聞き取ったり、ノートに書き留めたりしたものとして、コブラが私たちに述べた資料の本質になるべく近づけるように言葉や表現を選んでいる。彼が教えた瞑想法や視覚化手法の一部は例外として、これらの情報の多くはコブラのウェブサイトで、彼が発表した大量の資料とともに見つけることが出来る。でも、コブラが言ったように、また私自身の内なる声や感触からも感じたように、私たちや惑星の解放にもっとも有益なのは、いまここで聞き取ったこれらの資料だ。
 
皆さんが感づいたように、私もそう感じたが、私たちはイベントの引き金を引く圧縮突破の分岐点に非常に急速に近づいている。また、コブラが言ったように、私も同じように感じたことだが、コブラの言葉と資料の裏にあるのは、レジスタンス・ムーブメントにいる7千万の存在が届けてきてくれたエネルギなのだ。コブラがカンファレンスで話していたのをを聞いていると、このエネルギの伝わりを感じ取ることが出来る。ここに書かれた内容がみなさんの役に立てて、活用して頂けることを願っている。愛と祝福を込めて、光に勝利を! 〜ピーターリードより
 
■ アセンション・プロセスの予定についての要約
 
私たちはあらゆる闇の除去を助けるためにこの時代に生まれて来た。個人と惑星のアセンション・プロセスは一つの銀河プロセスでもあり、大いなる浄化の到来という預言の一部でもある。
 
私たちの銀河の自転周期は2億2千5百万年である。26,000年ごとに銀河の中心から、スーパーウェーブまたはパルスが放たれてくる。このパルスは、初期異常やあらゆる闇の発生源を実質的に除去してくれるのだが、いま私たちはそのパルスの初期段階にある。
 
初期異常の消去と惑星解放のための窓は、1975年から2025年までだ。1996年に、アフリカのコンゴ・ポータルで起きたアルコン侵略によって、闇と悪が大量に侵入して、光の動きは一旦大きく後退した。でも、1998年5月17日に形勢がまた大きく逆転し、悪の大半が取り除かれた。さらに2月26日の日食でのグローバル瞑想がクリティカル・マスに達し、期待以上の結果が得られた。それがアルコンの侵略がもたらした悪影響をさらに巻き戻し、太陽系全体の初期異常の除去にも大きく寄与した。太陽系内のプラズマに潜む闇の異常を表しているエネルギ形態としてのヤルダバオートの本体は、それによって完全に消された。いま残っているのは地球周りにあるヤルダバオートの頭だけだ。
 
こうして私たちのアセンション・プロセスの第二段階が始まった。個人のアセンション・プロセスは二つの部分から構成されている。一つはライト・ボディの活性化で、もう一つは自分の I AM PRESENCE(ハイヤーセルフ)との完全統合である。プレアデス人はそれを助けるために、また惑星のアセンションを助けるために来てくれたのだ。
 
それから、コブラは私たちの解放を助けるための道具と、具体的にそれぞれがどう役に立つかを簡単に説明した。タキオン化されたチンターマニストーンや特殊なクリスタルなどが紹介された。彼のウェブサイトでも購入できるものだ。続いて、コブラのガイドに従い、瞑想が行われた。
---------------------------------------------------------------------------------------------
訳注 : ここでは瞑想の手順がかなり省略されています。詳細はイルカさんの講義ノートのほうはより具体的な手順が記されており、それをまとめたものは下のリンクにあります。コブラがこの瞑想を集会でもやってほしいといったらしいので、4月8日の東京集会で皆でやりました。このノートの公開に合わせて、瞑想一覧ページにも製作音声ガイドを公開しました。なお、適宜の名前がないので、勝手ながら「光の瞑想」と名付けさせて頂きました。
 
・ 光の瞑想 
・ 瞑想法一覧
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
■ プラズマの大まかな歴史と要約
 
数十億年前に、銀河のセントラル種族は銀河のセントラルサンを起点に、フィボナッチ数列と黄金比に基づいて位置を割り出し、パルサーという形で銀河中に「光の町」を作って広げていった。私たちの銀河は幅10万光年もあり、銀河を光の速度で横切るのに10万年もかかるのだ。私たちの太陽系は、「銀河ハイウェイ」というプラズマ・フィラメントの沿道に位置している。シリウスも私たちの太陽も、このハイウェイ上に位置するポータルであるため、(銀河内の)長距離移動には全く「時間」が掛からなかった。
 
銀河のセントラル種族はいま、私たちの太陽系の解放を見届けている。私たちの太陽系は広大なプラズマ雲に囲まれており、キメラ・グループはそれを利用して彼らのプラズマ異常(闇)を中に隠している。前述のように、これはすでに今は消失しているが、私たちの太陽系を通ろうとした天使や銀河の存在の多くは、この異常の中にとらわれたのだ。それが私たちの多くがこの地球にとらわれた理由でもあるのだ。
 
物質の三形態は個体、液体と気体である。特定の気体を極度の高温まで加熱すると、イオン化された気体になり、莫大なエネルギを持つようになる。それがプラズマだ。フリーエネルギの鍵を握っているのは、私たちの銀河全体にありふれる宇宙プラズマフィラメントの途方もない豊富さである。
 
私たちの世界では、プラズマの目に見える形は稲妻やオーロラとして現れる。エーテル・プラズマも膨大量の情報を含めている。私たちの反応や感情は、松果体と下垂体のチャクラの中で増えたプラズマとして、物質界に伝わり、私たちの現実として現れる。(だから、意識や感情が具現化プロセスの中で大きな役割を担っているのはこのためであり、そうやって私たちの現実が作られたのだと思う。)
 
 カバールは私たちの脳の中に、スカラー・プラズマ・ネットワークを組み込んだ(コンピューターのソフトウェア・プログラムのようなものかな?)。それを使って、私たちが自分の高次元意識にアクセスするのを妨害したのだ。すべての病気の 95% はこの有害なプラズマ・ネットワークによって作り出された結果だ。
 
反重力プラズマ推進力で、物質界と非物質界の間にブリッジまたはポータルをかけることができる。それによって、速度・重力・質量の束縛から解放できる。テスラが発見したのは、まさにこの電子を空間に伝達するプラズマ定常波を利用した基本原理である。彼は無線で電子(または電気)を伝達する装置を作った。でも彼自身と彼の発明はカバールに乗っ取られたのだ。
 
■ ニューアトランティスのエネルギ・グリッド
 
地球の赤道はもともと地球上の別の場所に位置していた。赤道は北大西洋から、あの時代に存在していたアトランティス大陸を通り、ペルーとチリを経由して南米を通っていた。アトランティス時代のポールシフト(極移動)は技術によって引き起こされたものであり、それが赤道を現在の位置に動かした。やがて、レイ・ラインのシステムも闇の勢力に乗っ取られた。
 
ニューアトランティス・プロジェクトは十七世紀に、セント・ジャーメインを含む特定の個人によって立ち上げられた。その時代に生まれ変わったセント・ジャーメインの名はフランシス・ベーコンで、彼の使っていたコードネームはシェークスピアで、エネルギ・グリッドを光の勢力の手中に取り戻そうとした。「A Work Unfulfilled(果たされぬ努め)」というタイトルの著書はそのプロジェクトについて書かれた本だった。
 
この新しいエネルギ・グリッドにおいて、南極は重要な地点である。カバールは過去の文明の遺物や、近い将来に開示される内容の一部となる情報をそこに隠している。ナチスがそこの土地を大量に購入してそこを占拠した理由の一つでもある。他の重要な場所は、サウジアラビアのアデン湾、スリランカ、アマゾン川の三角州地帯だ。これらの遺物の多くは浅い水面や砂地の下に残されている。
 
情勢がどんどん進んでいて、カバールは銀河のセントラル種族の母船をひどく恐れる極限状態になっている。ETの活動を監視するため、カバールが持っている最強のレーダー基地はマウイ島とジエゴ・ガルシア島にある。でも、母船はプラズマ雲の中に置かれているため、検出することは出来ないのだ。(同じ「技術」によって、多くのET宇宙船はレンズ状銀河または自然に形成され雲のように見えている)
 
台湾の北部で、光の勢力の最大規模の地下プロジェクトが進行中だ。そこには、60キロ×100キロ四方の地下基地がプレアデス人によって築かれており、現在10億人収容できる容量は30億人まで拡張されるだろう。そこにはテレポート装置や 1000トン以上の黄金がある。
 
2016年7月16日の台湾で行われたアセンション・カンファレンスで、惑星にとっての大きなエネルギ・ブレークスルーが起きた。ここはエネルギ・グリッドの中における非常に戦略的に重要な場所である。また、ドラゴン・ファミリーの助けで、惑星の圧縮突破にも大いに役立てている。(私がカンファレンスでここを初めて訪れたとき、台湾の素晴らしいライトワーカーたちの心と瞳をみて、この地域での光のエネルギをはっきり体感できた。) ドラゴン・ファミリーは中国人ではないモンゴルの満州民族が明朝を滅ぼして清朝を建てたときに、地下に潜んだスピリチュアル・ファミリーの戦士達で、彼らはのちに台湾に移住した。
 
イエズス会とロスチャイルドはアヘン戦争を仕掛けて、中国人の霊的成長を抑えた。第二次世界大戦後、ほかのドラゴン・ファミリーが中国社会に潜入した。従って、現在のドラゴン・ファミリーはこの台湾北部の地下基地とつながっており、私たちの惑星の解放において多くの階層で積極的に活動している。台北にある台湾人たちは、創設者の Anthem Chang のもとで、かなり大きなライトワーカーの集団に成長して、私たちの解放に影響を与えている。
 
地表にいる私たちは、圧縮突破の引き金になっている。私たちは惑星のチンターマニ・グリッドの確立を助けている。プラズマ・エネルギ(タキオン)はこれらのチンターマニストーンの中に宿っており、これらのチンターマニストーンを通って流れ、光を地球に伝え、定着させるのに役立てている。アガルタ人たちは、ヴォルテクスの生成と天使の定着のために、チンターマニストーンを洞窟のなるべく奥く深くに埋めるように要請している。彼らもまた、地表まわりのプラズマ浄化とヤルダバオート除去を手伝ってくれている。前回の日食のグローバル瞑想で得たもう一つの成果として、シリアの5つの女神ヴォルテクスのうち、4つは解放されたのだ。
 
私たちがより高い意識状態になる前に、自分を闇の束縛から解放しなければならない。闇との基本協定、すなわち私たちが生まれ変わったときに出来た契約を破棄して、個人の主権を取り戻し、再び自由に戻らねばならない。これらの契約は体と意識の中に埋め込まれているため、人格レベルではなく、魂のレベルからその契約を取り消さなければならないのだ。
 
自分の主権を再確認する方法の一つとして、次の言葉を繰り返すことだ。
 
「私は、私のハイヤーセルフの名において、光の勢力の名において、闇の勢力とのすべての契約を取り消し、無効とする。過去、現在、未来からのあらゆる影響や契約を破棄するように命じる。」
---------------------------------------------------------------------------------------------
参考: ↓2012年のカンファレンスで書き写された契約破棄の全文
 
アルコンとの契約終了決意表明文
 
「私は、本当の自分として、自分の聖なる魂の存在として、次元上昇した全ての光の存在の名において、銀河連合の名において、ソースの名において、過去、現在、未来において、闇の勢力と私の存在のいかなる部分との間に結ばれた契約も合意も無効とし、それらすべてを解消することをここで命じます。いま、これらの契約と合意、さらにそれらがもたらした影響も、私の現実から完全に消去されました。私はいま自由になりました。私の全存在のあらゆるカルマはこれで消去されました。
 
私は今から自由になり、永遠に自立した光の存在であり続けます。
 
そうなりますように、そうありますように」
 
光に包まれて、ここにて署名致します。
 
署名: _____________________________________________
 
原文: Ending Contract System
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
■ エーテル・インプラント
 
私たちが受け入れた主な契約内容の一つはインプラントの埋め込みだ。コブラはインプラントの仕組みについて少し説明した。
宇宙にある全てのものはトーラス(環状体)である。つまり、あるゆるエネルギの仕組みはドーナツ状に表現できる。銀河、地球、私たちの体、インプラントまで、エネルギはそのドーナツ状を上下してらせん運動を行っているのだ。
 
エーテル・インプラントの正体は、ネガティブなエネルギのプラズマを引きつけるブラックホールだ。イベント後、ネガティブな異常やプラズマの消失とともに、これらのインプラントはすべて取り除かれるだろう。それまでに、インプラントが及ぼすネガティブな影響を除去する方法と瞑想法がある。
 
(そのうちの一つは、Untwine の数年前のブログ でFreddy Ground Crew が説明している。)
今回、コブラははじめてより強力な方法を紹介してくれた。インプラント・クリスタル除去法である。
 
(インプラントに対して個人的に挑戦してきた自分からすれば、インプラントの悪影響を無くすことが出来ずとも、最小限に抑えるのには非常に効果的に思えた)
 
■ 下垂体チャクラと松果体チャクラ
 
下垂体チャクラと松果体チャクラは頭のど真ん中にある領域でつながっている。それらは私たちの肉体を、より高い電磁場・より高い周波数(さらに高い次元)に繋いでくれる。カバールは戦略的に、松果体と下垂体を萎縮させるための非常に効率的な方法を導入することに成功した。その結果、私たちのハイヤーセルフや高い意識状態への繋がりが阻まれている。
 
これらのチャクラはさらに、免疫系や他のチャクラ、感情ボディやメンタルボディを調節する機能をもっており、体を若返らせることすら出来るのだ。端的に言うと、これらのチャクラは私たちの肉体を魂に繋いでくれるのだ。これらを活性化する方法の一つとして、コロイダル・ゴールド(金コロイド)の服用がある。続いて、松果体チャクラと下垂体チャクラを活性化するための方法・瞑想法を教わった。
 
■ I AM presence
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
訳注 : I AM presence はハイヤーセルフとほぼ同義である。ハイヤーセルフを強く意識するときの表現として用いられる。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
I AM presence を宣言して呼び出すことで、私たちが自分の(真の)存在を再確認することになる。それは物質ではなく、メンタル(精神)でもなく、純粋な光である。私たちの内なる本当の魂としての存在であり、絶対的な能力を持っている。完璧な I AM presence と完全な意識を手に入れた人ならば、たった一人で惑星を解放することが出来るのだ。
 
I AM presence は私たちのダイアモンド・ライトボディ(メルカバ)であり、地球・母船・星々と銀河と同じ幾何学的形態を持っている。それを銀河間移動に使うこともできれば、プロテクションに使うこともできる。
 
この形態または光の乗り物を思い描く方法の一つを紹介しよう。垂直に立てた砂時計の上下(北極・南極)からエネルギが流れ出して中央(ハート)に合流し、さらに中央の合流点の周りを水平の円盤が光速で回っているイメージだ。(近いうちにコブラの許可を得た上で解説図を投稿するつもりだ)
 
また、アセンション・カラムを使って、I AM presence と肉体を融合して、私たちのライトボディを活性化するプロセスがある。このプロセスでは、次の言葉を唱えることで I AM presence を呼び出している。
 
「純白な光の柱よ、私のもとへ降りてきて、体の周りで光の柱になりたまえ。私は私であるという存在よ、私に加わって私と一つになりたまえ。」
 
これは私たちの個人としてのアセンション・プロセスの核心部分である。いつでも呼び出すことが出来るのだ。
 
■ 銀河のレイ・イニシエーション
 
続いて、コブラは様々な銀河のレイ(光線)とアセンデッドマスターのレイによるイニシエーションの説明にしばらく時間をかけた。カンファレンスの時間外で受けることになるが、誰でも登録して受けることができる。合計で3つまで受けられる。それぞれのレイに対応した特定のイニシエーションがある。それによって何が起きて、イニシエーションによって私たちがどう取り組むべきで、どう日常的に2回まで練習するかについて説明した。
 
■ 二日目 - マニフェステーション(具現化)
 
コブラは具現化プロセスと、ロスチャイルドがいかにそれを使って権力を手に入れて惑星を実質的に支配したかについて述べた。私たちは自分に対して完全に正直でなくてはいけない。自分がなぜ、どのようにしてその選択をしたのか、十分な自覚を持たなければならない。そうでなければ、私たちの意思決定は歪められ、私の人生は本来あるべき目標から逸れてしまいかねない。
 
例を一つあげて説明しよう。ある人は進学について父親の許しを得る必要があった。彼は父親の顔色をうかがって医学を勉強して医者になった。でも、結局のちの人生の中で、彼は全く別のこと(アーティスト)をやり出した。それこそ心底からやろうとすることだと気付いたのだ。このように、私たちは本当に実現したいことを見つけて選択する能力を持っているが、恐怖心はそれを歪めて邪魔してしまうのだ。正直さが足りない時だけ、恐怖感が表れるものだ。
---------------------------------------------------------------------------------------------
訳注 : 上記の例の説明について、ピーターの原文では意図が分かりにくかったため、ピーターに問い合わせて明確に教えてもらいました。そのため、前後の文脈とつながって分かりやすくなるように言葉を一部付け加えました。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
具現化プロセスは3つのステップから構成される。
 
1) 意思決定
2) 決意・発動
3) 行動 である。
 
どんな想念も、どんな行動も、さざ波を立てて、意識が存在する無限な領域へ広がっていく。私たちは私たち自身が思う以上にずっと強い力をもっているのだ。最も I AM presence を手に入れた人達はこの真実を知っている。私たちの I AM presense は私たちの信念のエネルギーを発散しているのだ。私たちは考えることでそのエネルギを特定の周波数で濾過して、さらに感情でもう一回濾過して、最後にようやくそれを物質の世界に具現化するのだ。
 
私たちの信念は世界を変えることが出来るのだ。私たちはこの惑星の現実の形を作っているのだ。それに、惑星の上空からも地下からも強力な助っ人が手伝ってくれている。だから、本当に欲しいものを恐れずに追い求めよう。セント・ジャーメインは「求めよ。さすれば叶う」という言葉を残してくれた。
 
意思決定が私たちの I AM presence から発せられたものであれば、はるかに強力な効果を持つ。求めるものを明確にして、一貫していなければならない。考えをコロコロ変えてはいけない。意思決定を明確にするために、時間をかける価値はある。自分の欲しいものを求めてそのために努力することは身勝手であると、カバールはそういう考え方を私たちに押しつけることで、私たちの考えを紛らわせている。イベント後、具現化はずっと早くできるようになるだろう。特に五次元の世界では一瞬にできるのだ。
 
発動と決意は、私たちの感情を使ってエネルギの流れを刺激する部分と、求めるものの具体的な内容や詳細をイメージとして視覚化する部分の二つである。強い期待を持ちながらも、けっして取り憑かれずに、むしろ開き直りが必要なのだ。本当に望むのなら、どうなっても決して諦めないことだ。ロスチャイルドはそれを理解していて、どんな困難が待ち受けていても、彼は70年間も耐えて求め続けた。あっぱれだ。
 
前出の意思決定と決意発動に続き、行動とは、自らをインスピレーションで駆り立てて、物理的に実行して、求めるものを実際に手に入れることだ。あなたの望みを具現化させるエネルギを感じて、それを体の細胞に刻み込んで下さい。
 
一例として、私自身がツインソウルのパートナーに出会うため、自分の願望と意思表示、そして発動をした。多くの女性と出会い、パートナーとして自分が求めている素養や女神の化身として求める条件を見分けて評価し、彼女のエネルギを感じようとするのが第二段階の発動だ。さらに、アメリカから台湾に来て、コブラのカンファレンスに参加して、彼女に出会う可能性にかけたのが第三段階の行動だ。この一ヶ月間の旅で、私は彼女に出会えなかったが、それでも自分の I AM presense に大きく近づけたし、台湾の女性の「天使達」とつながったことを通して、彼女との距離を縮めたのではないかと思う。
 
ここで説明したのは、次のセクションの「現実を形作る」に関するエネルギの拡張と評価の一例でもある。イベントの後、私たちはソウルメートに出会うことがより楽になり、可能性もずっと高まるとコブラは言った。
 

 

■ ディマニフェステーション・フィルター(非具現化フィルター)
 
具現化と同じように、非具現化も可能である。欲しいと意思表示したことがないのに、身の回りの嫌なものに対して、単純に「要らない」と表明することだ。誰かを離れて、二度と会わないという拒否能力を私たちは持っている。いまの環境から始めてみるといいだろう。まず財産、家、人間関係などから、さらにそれを地球に対して広げていこう。私たちを支配しているカバールに対して、144,000人が絶対的な「ノー!」を突きつければ、圧縮突破が実現するだろう。私たちはその意思を表明して、それに専念する必要がある。
 
どんなことが起きても、具現化したいものを決して諦めないでください。ロスチャイルドはそうやって地球支配に至ったのだ。
 
■ 現実を形作る
 
現実とは、今この瞬間から始まる、絶え間ない具現化と創造の流れだ。もし、いまの人生の中で行われていることを認識して、すでに持っているものを正しく評価できれば、具現化の流れを拡張して欲しいものを作り出せる。エネルギの流れに注意を向けて、感謝の気持ちを抱けば、私たちの具現化能力は上がっていくだろう。物事の共時性に気付くことができれば、この現実が作られる流れとの繋がりを正しく認識できるようになる。また、自分の内なる導きを見分けることで、それを育んでいけるようになる。自分の快適ゾーンから外に出て、求める現実に向かって一歩踏み出すための変わらぬ意思を持ち続けて下さい。
 
私たちの現実空間の大部分は、それぞれの個人の快適ゾーンに縛られて、一定の範囲に誓約されている。自分と周りの上昇エネルギ・フィールドを物理的に感じ取ることで、現実空間を拡大していくようにしてください。さらに、より高い目標を掲げて、信念を拡張していくことで、その現実空間を広げることも出来る。(コブラがカンファレンスで見せたような、ドーナツ状の円錐形ヴォルテクスが互いに向かい合って、具現化タイムラインを標識化したの略図を含めるかも知れない)
 
私たちが具現化プロセスに取り組むための極めて物理的な方法を、コブラが教えてくれた。(前日、彼は私たちに雑誌や大きめの紙、ハサミとのりを持ってくるように指示した。) 私たちは小グループに分かれて、持ってきた道具を共有して、人生や生活の中で実現したい、創造したいものに対応する画像を雑誌から切り出すように指示された。十分な数の画像を集めたら、大きめの紙に貼り付けるように指示された。時間はたっぷり与えられた。
 
私だけでなく、皆さんはそれを楽しんで取り組むことが出来たと思う。私が見つけた画像は、人生の中で心から探し求めていたものに非常に近かった。すべてをくっつけて貼り付けたら、人生で具現化したいものを強く表したイメージになった。
 
その後、ヴォルテクスの中で渦巻くエネルギ・フィールドが自分の体の中に入っていくというイメージを視覚化するように教わった。「私の I AM presence は、惑星とエネルギ交換のヴォルテクスを作って、(現実/人生の中で)作った状況と作ろうとしている状況を引きつけている。」と自分に繰り返し言い聞かせるといいだろう。
 
■ エリア・オブ・ライトの創造
 
コブラはニュー・アトランティスのグリッドの一部として、地球上nの特定の地域で共同体を作る運動を紹介してくれた。共同体はその中だけでなく、他の光の共同体とも、調和名関係を保ち、内部地球のグループとの協力もできる。これは地球上の新しい現実の始まりになるだろう。
 
コブラはアレックスを紹介してくれた。アレックスはこの共同体の施設と、レーザー技術とフリーエネルギ源と各種装置の利用について説明してくれた。ライト・マンダラ技術についても語ってくれた。コブラのウェブサイトからのリンクもある。
 
ライト・マンダラ機器で作り出した神聖なコヒーレント光を利用して、水晶の格子構造からコヒーレント光の神聖幾何学フィールドを放射して、特定の共鳴する生体互換光子場を生成するのだ。(この話しをコブラとアレックスから聞いて、私は嬉しくてこの光の初期共同体の一員になろうと考えた。ライトマンダラのセッションにも誘われて実に素晴らしい体験だった。)
 
■ アセンション・カラム - 光の柱
 
太陽系から、ヤルダバオートの本体やプラズマ・フィールド内の有害な異常が除去されたことで、プレアデスの母船は地表から丁度 12,000 キロ上空に駐留できるようになった。そこは地球を隠蔽状態にしているヤルダバオートの頭のすぐ外側である。殆どの場合、彼らは私たちやカバールからは見えないようにしている(カバールは彼らのことを知っていて非常に怖がっているが)。
 
私たちはいつでも、自分の体から発した光の柱が、地球をまだ包んでいる初期異常を貫いて、母船とつながるようにイメージすることで、意識的に母船とつながることが出来る。彼らは私たちの連絡を歓迎してくれている。私たちからの連絡が増えれば、彼らは私たちとの関与をより積極的になるだろう。銀河の兄弟姉妹とつながることも、地上のライトワーカーの兄弟姉妹とつながることも、イベントの具現化を助けることになるのだ。
 
サイキックまたは物理的にベールが貫通される度に、初期異常の消失が進んでいく。私たちが自分のハートや「光」を、地球上の他の人のハートや「光」とつながる度に、私たちは光を成長させ、定着させているのだ。コブラの発表した内容はすべて7千万人のレジスタンス・ムーブメントの高次元勢力から来たものなのだ。
 
Victory of the Light !!!
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
この記事は2017年3月11日〜12日に台北で開かれたコブラのアセンション・カンファレンスから、ピーター・リードが取ったノートです。一般公開の許可はコブラから得ています。
 
冒頭の写真は、ピーター・リード氏が、カンファレンス・ノートをコブラのチェックに送った当日に台湾の佳楽水で撮ったものです。この最高の共時性を祝ってそれを「コブラ・タンデム(連携)」と名付けた!と伝えています。
 
これらのノートをここに投稿させてくれたピーターに感謝します。ピーターの投稿の原文は以下の FaceBook にあります。
 
By  PFC-JAPAN 23:50:00

原文: Taiwan Conference Notes - March 2017
 
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
-----------------------------------------------------------------------------
 
∞  この記事は、台北のアセンション・カンファレンスでピーター・リード氏が取ったノートから起こしたものです。カンファレンスで得られた情報は今までのものより一歩踏み込んだ情報として、その価値は高く、またそれ以上に情報の出所が「なまの情報」であることが、その信頼性の高いことを証明しています。
 
(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | PFC-JAPAN*_コブラ | 17:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (04/10)
∞  トランプ大統領が、悪魔主義ゾンビ!? (^_^;)

 


 

フルフォードレポート英語版
2017年4月10日
 
 
 ■ ハザール悪魔主義者はトランプをゾンビ奴隷に変えることによって致命的に彼ら自身を暴露した
 
悪魔崇拝はザールマフィアは先週、彼らが米大統領を彼らの奴隷ゾンビになるよう脅迫したときに、致命的な誤算をしたと、国防総省と他の情報源は認める。
 
悪魔主義者たちは医者によって殺されたアヘン中毒の赤ん坊のビデオを掲示し、トランプに対してシリアに対する違法なミサイル攻撃を命じるために使った。
 
しかし、トランプがこの違法な攻撃を命じた本当の理由は、彼がメリーという名の12歳の少女を殺したビデオによって悪魔主義者によって脅迫されたからであると、国防総省とCIA情報源は言う。
 
国防総省情報源は、トランプ(悪魔主義者)はザールハンドラーのジャレッド・クシュナーを首にして、ネオコンを排除する為に全米の反撃と大量抗議を展開させた一方で、シリア攻撃はロシア軍に最小限の損害を与えると事前に通知したと言っている。
 
クシュナーが悪魔主義者と信じがたい人は、例えば獣の識別のように人間の中に埋め込まれるマイクロチップを開発していたルーセント・テクノロジーと呼ばれる会社を置くために5番街の666ビルを買うことが何故できたのか自身に問いかけてみなさい。

 
クシュナーは公衆の標的であり、この惑星上にそう長く残れないだろうと、CIAとその機関の情報源は言う。
 
いずれにしても、必死のハザール徒党がシリア攻撃の道を敷き始めた他の重要な理由は、EUがドイツへのノルドストリーム2ガスパイプラインの反対を議決したので、ロシアがエネルギー戦争に勝ったからであると、国防総省情報源は言う。
 
シリア攻撃について注意しなければならないもう一つのことは、ハザール悪魔主義ダーイッシュ傭兵軍がパルミラのバール神殿を取り戻そうとするのに時間を稼ぐものであった。この企みは失敗した。
 
今度は、トランプが悪魔主義ゾンビに変わったので、悪魔主義者将軍デイヴィッド・ペトレイアスが米国家安全保障理事会を引き継いだと、国防総省情報源は言う。彼の下働き、H. R.マクマスターは今、トランプの国家安全保障顧問であり、15万人の米軍をシリアへ侵攻させようとしていると、その情報源は言う。
 
これには統合参謀本部は追従しないから、さらなる組織変更が起こるであろうと、その情報源は続ける。言うまでもなく、15万人の米軍隊をシリアに派遣すれば、第三次世界大戦がはじまり、人類の90%が死に、北半球は破壊されるので、それは起こらないだろう。
 
イスラエルはまた、トルコのインシルク空軍基地における悪魔主義者のヘロイン密輸作戦が閉鎖されたので、シリアに米空軍の巨大な基地を建設させようと欺いてきた。
 
私たちが目撃していることは、イスラエルを占拠している悪魔主義者による必死の戦いである。
 
「ヒズボラ、イラン、イラク、レバノンはイスラエル、サウジとその傭兵軍に不法で決して終わらない戦争を止めさせるようロシアと米軍と合流している」と多くの情報源は認める。
 
中東の火花にもかかわらず、現在日本と北朝鮮で決定的な動きが起こっており、CIA、FSB、日本軍事情報機関などの意見が一致している。
 
悪魔奴隷ドナルド・トランプの空母グループを北朝鮮へ派遣する決定は、4月27日に行われる北朝鮮に対する核攻撃の命令と関連していると、日本軍事情報機関は言う。
 
習金平が先週米国を訪問した時、トランプは彼に中国は何故、北朝鮮に鉄槌を下さなかったのかと聞いた。習は彼に北朝鮮と中国北部は軍部の支配下にあり、彼には影響力がないと説明したと、日本軍情報機関は言う。
 
国防総省情報源は、習はトランプはイスラエルに奉仕すべく脅迫されているかしれないので、ホワイトハウスと国家訪問の罠を避けた。
 
それがトランプが癇癪を持っている理由であり、中国と北朝鮮にメッセージを送るために空母を北朝鮮に派遣するよう命令した。それでも、トランプは戦争を起こすことは認められないと、国防総省情報源は言う。
 
トランプが北朝鮮を攻撃した意思の本当の理由は、ハアザールマフィアが日本の支配、彼らの重要なドル箱(約2兆ドル以上の収入)、そして麻薬とエネルギーー収入が枯渇しようとしている事実へ対処しなければならないからであると、白龍会情報源は言う。
その理由は、デイビット・ロックフェラーは日本権力構造の最頂点に大きな権力空白を作ったからである。白龍会とその同盟者は日本を、ハザールマフィアの世界権力を永遠に終わらせる為の重要な鍵と特定している。
 
米国には推定百万人のハザール悪魔主義者がいるが、日本には千人以下である。もし東京タワー、日本銀行と赤坂のプルデンシャルビル近くのCSIS日本本部が占領されれば、そのことが日本のハザールマフィア支配を終わらせるだろう。
 
これが彼らを破産させ、その結果彼らの全惑星支配網が沈没し炎上する。いずれにしても、日本の黒幕小沢一郎が今、彼が新統領であり彼がヘンリーキシンジャーから南北朝鮮と日本とマレーシア一つの国に統一する許可をヘンリーキッシンジャーから受けているという主張を放棄することを確認している。
 
今度は梨本隆夫と言う名前の日本の支配者が彼が担当していると言いながら走り回っている。実際、彼は日本財団の笹川隆平から命令を受けている。笹川はCSISとP2フリーメーソンロッジから命令を受けていると、P2情報源は言う。
 
白龍会は新フリーメーソン総支配人とCSISトップのレルフ・コーサと先週接触したが、何の回答も得られなかったので、我々は直接訪問しなければならない。コーサは戦いになれば、彼とその手先は数で1000倍勝っているので、希望的には平和裏に勝てると思っている。
 
グノーシス・イルミナティは人類を悪魔主義派ザールマフィアから解放するために必要とあればローマを破壊するつもりであると言っている。関連する進展として、キッシンジャーはK.T.マクファーランドを先週、米NSCから解雇し、シンガポール米大使として送った。シンガポールはCIAのアジア本部であり、マクファーランドは彼女の主人キッシンジャーに代わってアジアの金塊を握ろうとするかもしれない。
 
一方、米国に戻ると、FRBに対する攻撃は続いており、リッチモンド連銀総裁ジェフ・ラッカーが解雇され、不正な金を作り出すコンピュータと暗号は世界通貨リセットの為に押収されたと、国防総省情報源は言う。日本軍情報機関は、ヘンリーキッシンジャーが逮捕され、ドル、ユーロと円を作り出す万スターコードが引き渡されない限り、連邦準備理事会、日本銀行と押収中央銀行の物理的占領は意味がないと言っている。それがキッシンジャー逮捕の指名手配が出た理由である。彼が逮捕されそのコードを手渡させば、1京ドルが新時代の融資に活用できる。
 
日本の皇室家族は、皇室委員会が伝統的にお金の創出の要求を封印しているが、彼らはキッシンジャー、ロックフェラーやハザール暴徒の命令でそれを実行してきた。彼らはキッシンジャーの逮捕が確認できるまでは、独立した行動をとることは依然として非常に恐れていると、皇室家族情報源は言う。それはキッシンジャーが多くの戦後の日本の首相や政治家の殺人を命令してきたからであると、彼らは言う。
 
キッシンジャーは最新の情報では南極に隠れていると報告されており、これを書いている時点では、特殊部隊が彼を捕獲するためにその途上にある。
 
最後に、白流会とその同盟者が惑星地球の魂の戦いに勝利したらどうなるかを説明したい。
 
・ 我々のグループは公的および個人の負債の全てを記念日や一時解消を発表する。
 
・ 私有中央銀行が父性によって取得して全ての資産を人々に再配分する。
 
・ 薬物乱用で投獄された全ての非暴力囚人の恩赦。
 
・ 世界平和を宣言し、世界の人口統計と経済の実態を正確に反映した世界構造の再構築。
 
・ 将来計画機関を設立し、人々に解放された数京ドルの資産を、この惑星を楽園に変えるために責任ある、非インフレ方法で使用する。
 
・ 禁止された技術を解放し、使途病気を終わらせつ為に大規模な資金提供計画を開始し、望むなら私達を不死にする。

真実と若い委員会を設立し、人々が真実の歴史を学ぶことができるようにし、ダレでもが新しいクリーンなスタートを切れるチャンスを与える。
 
・ 銀河の中の他の惑星の殖民をし、宇宙に拡張し、黄金時代を始める。
---------------------------------------------------------------------------------------------
話が唐突で付いてゆけません。コメント不能。各自でお考え下さい。
 
ちなみに、これまたガセ・メーカですが、板垣ブログです。
 
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
 
米国はキッシンジャー博士の指南を受けて「世界の警察官」復活、習近平国家主席に「北朝鮮問題」解決を委ね、北朝鮮を守る
 
◆〔特別情報1〕
 
「小沢一郎代表は、巨額マネーを天皇陛下とともに委託されて、国際政治の檜舞台で大活躍、評価を大いに高めている」―「世界銀行+IMF(国際通貨基金)」運用益の分配(シェア)を意図的に妨害して遅らせていた張本人(私利私欲の朝敵)が、「反社会的勢力を動かして、財務官僚やメガバンクの担当者を脅迫して妨害した」として国際司法裁判所に2月中ごろ告発されて、死刑判決を受けた。
 
米国は、ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士の指南を受けて、「世界の警察官」の地位を復活、中東和平をめざし「シリア攻撃」、朝鮮半島統一の前提となる「米国と北朝鮮の国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結」実現に向けて、習近平国家主席が北朝鮮問題解決に全力を上げること促すため、原子力空母「カールビンソン」を擁する戦闘部隊「第1空母打撃群」(北朝鮮に対する攻撃は、厳に禁じられている)を派遣して、北朝鮮を守ろうとしている。
  
真実はよく分かりませんが、この類の話がなんらかの形で行われているのだろうと思います。結果がでれば分かりますね。
---------------------------------------------------------------------------------------------

∞ レポートを読むと、何か別次元の出来事のように感じません?(^_^;)
 
いずれにしても、現在、地球周辺でプラズマ領域で「ヤルダバオートの頭」と闘っているプレアデス艦隊が、その頭を完全消去し、圧縮突破が起きたら、地上の闇さん達全ては降伏するしか生き残る道はありません。ですから、今は静観していればよろしいかと思いますが・・・。(^_^;)



 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 12:00 | comments(0) | - | - |
サアラさんが語る感情のメカニズム (04/09)
∞  この記事、多くの気付きがありますよ。(^_^)/ ヨミトク デスヨ。
 
 

『超脳トレ全脳活性プロデュース』さんより


 

サアラさんが語る感情のメカニズム
2017年4月9日
 


現代科学は進歩したとよく言われます。私は、この言葉を何度聞いたのだろうと思います。しかしながら私は最近、違和感を覚えるようになりました。というのも、以前は「まあ、そうでしょうね」という思いでしたが、今は「本当にそう言えるのか」という思いが湧いてくるようになったからです。その例を挙げればきりがないのですが、一つ脳科学について触れたいと思います。私はいったん社会人になってから、大学の研究室に入りなおしたことがあります。その時の授業で、脳科学が紹介されて、脳のメカニズムがかなり解明されてきたことに感銘を受けたことがありました。当時は、この調子で解明が進んでいくと、人間の意思とか人格について本質的な謎が解かれる日も来るんだろうなと漠然と思っていました。
 
私は今、サアラさんのスクールに通っているのですが、その授業で脳科学が話題になったのです。
 
サアラさんが言うには、脳科学は完全に壁にぶち当たっているそうです。脳科学者達の最大のテーマは、人間の意思とか思考とか感情とか、その人間の人格の元となっているものを、脳の中に見つけだすことだそうです。今の科学は、魂といった異次元の存在を公式には認めていません。それゆえ、人格の元となっているものを脳のメカニズムで説明できるはずだという立場なんだそうです。しかし脳科学者が必死になって探しても、脳の中に見つからないというのです。つまりこれが、今の脳科学の壁というわけです。
 
私は科学者ではないので、自分の考えていることを好き勝手に言わせてもらいますが、人間の本質が脳だというのは、滑稽としか思えません。いや滑稽というより、傲慢不遜と言うべきでしょうか。私の見解では、脳はこの3次元で人間の活動を統率(指令)する高性能のコンピューターに相当します。人間の本質である思考や感情、意思といったものは魂にあるのであり、そこから発したものが脳に伝わり、脳から体内の各器官に指令が発動されると考えます。もちろん記憶もそうです。膨大な魂の記憶は魂の中に貯蔵されているのであり、仮に変性意識状態となれば、現生の記憶だけでなく、魂の記憶にアクセスして、過去生などを思い出すことができると考えます。こうした観点から見ると、現代の脳科学が行き詰るのは当然だと私には思えるのです。
 
サアラさんから学んだ魂に関する知識のうち、今回はその一部を紹介したいと思います。サアラさんによると、人間の肉体の周りを意識場という卵型のエネルギーフィールドが包んでおり、そのさらに周りを潜在意識場というトーラス状のエネルギーフィールドが包んでいるといいます。さらにその周りを超意識場というエネルギーフィールドが包んでいるといいます。全体のエネルギーフィールドは普通の人でも半径で10数メートルあり、これが魂と呼ばれるものだといいます。霊感のある人が見えるオーラは、これら3つのエネルギーフィールドの一部を見ているそうです。そして、これら3つのフィールドが脳内の次の3つの器官に主に対応しているそうです。
 
  ^媼云        ...大脳
 ◆\在意識場  ...中脳
  超意識場     ...小脳
 
人は普段は、ほとんど,琉媼云譴魍萓化させて生活しています。記憶を引きだし、思考し、判断し、行動を決定するといったことは意識場で行われ、意識場と密接に繋がっている大脳に指令が送られ、行動が開始されます。物理次元で行動すると、物理次元で結果が出ます。その結果が記憶として意識場にフィードバックされ、貯蔵されます。そしてまた意識場から記憶を引き出し、また同じパターンの流れが起きます。
 
授業では、これらエネルギーフィールドに関して細かい説明があったのですが、量が多くなってしまうので書ききれません。それで今回は、私が特に興味を惹かれた感情のメカニズムについて紹介したいと思います。
 
人間の感情を司るのは△寮在意識場だといいます。場というのはエネルギーですから、必ず振動しています。腹立たしい、悲しい、苦しい、淋しい、嬉しい、といった感情はそれに対応する振動数を持ちます。それがまず潜在意識場で発生します。特定の感情に対応した潜在意識場の振動は、中脳に伝わります。中脳の中のある領域に感情の振動が伝わると、脳下垂体で、その感情に対応したペプチドが合成されます。このペプチド(アミノ酸で合成されたもの)が血管に放出され、全身の細胞に送られます。
 
各細胞は、このペプチドを栄養源として摂り入れます。1つの細胞には、ペプチドを摂り入れる細胞膜のレセプターが5000個もあるそうです。このレセプターは、様々なペプチドを摂り入れることができるように変化するそうです。例えば、年がら年中イライラしている人は、イライラに対応したペプチドが合成され、それが血液に放出され細胞の栄養源となります。毎日、嬉しい、楽しい、で過ごしている人は、嬉しい楽しいペプチドが合成され、それが細胞に供給されます。細胞は効率よくペプチドを摂り入れるために、常にそのペプチドに合ったレセプターを準備します。細胞にとってはイライラだろうが、楽しいだろうが関係ありません。
 
細胞にとっての危機とは、レセプターからペプチドが摂り入れられなくなることです。それは細胞の死を意味するので、その人が以前と同じ感情を維持してくれるのは大歓迎です。サアラさんは、細胞がペプチドを大量に摂り入れると、ブルブル震えると表現していました。このブルブル震えるというのが、いわいるエクスタシーです。強烈な快感です。強烈な快感は、中毒をもたらします。そして人は、いとも簡単に、この中毒に嵌ってしまうそうです。
 
誰しもこんな経験があるのではないでしょうか。過去の失敗を思い出しては、その失敗によって湧き起こる、辛い思いとか、悔しい思いとか、やりきれない思いに浸ってしまうのです。そんな感情に浸っている自分にハッと気づいて、ああ、またやってしまったと後悔します。過去にこだわることは止めて、未来を見つめて前向きに生きるのが大事なことは百も承知です。しかし百も承知のはずなのに、また懲りずに過去の失敗を思い出して浸ってしまうのです。
 
これは感情の生理的なメカニズムを理解すると、容易に納得できます。過去の失敗を思い出すことによって湧き起こる感情に浸ることは、細胞にとってはブルブル震えるほどのエクスタシーなのです。つまり身体にとって、その感情は中毒となっているのです。本人は辛い、悲しい、やりきれないという思いで、(表面的には)もうこんなことは止めたいと思っているはずです。しかし、どつぼに嵌ると、さらにどつぼに嵌るという循環になってしまいます。落ち込む人は、さらに落ち込むということです。
 
ここで強い意思を発揮して、もう二度と過去は振り返らないと決意したとします。すると何が起きるでしょうか。細胞が反乱を起こすそうです。細胞にとって特定のペプチドがレセプターから入手できないのは死を意味します。それゆえ、それまでの感情が一気に爆発的に起こるよう仕向けるそうです。これにより、二度と過去は振り返らないと決意したはずなのに、過去が強烈に甦ってくる体験をすることになります。ここで挫折してしまうと、再び過去を振り返る日々に戻ってしまいます。
 
では、仮にさらに強い意思を発揮して、過去を振り返らない努力をした場合はどうでしょうか。今度は細胞が生き残りをかけて、変化するようになります。つまり新たなペプチドを摂り入れるべく、レセプターの形状を変えるのです。例えば、嬉しい、楽しいペプチドが多く流れるようになっていれば、嬉しい、楽しいペプチド用のレセプターに変化するというわけです。
 
サアラさんによると、細胞膜は2ヶ月で更新されるといいます。 それゆえ過去を振り返ってくよくよするという悪習でも、通常はレセプターの変化により、2ヶ月ほど頑張ると治るそうです。早ければ1ヶ月、遅くても4ヶ月で治るといいます。
 
最後に感情のメカニズムに関して、私が特に興味を持った話を紹介します。サアラさんによると、こうした感情のメカニズムは人類特有なものなんだそうです。ET(地球外知的生命体)には、このメカニズムはないそうです。
 
その理由は、人類がもともと奴隷として創造されたという歴史があるからだといいます。私の理解によれば、人類はニビル星人のアヌンナキによって17万年前、金(キン)の採掘を行うための奴隷として造られました。奴隷を管理するもっともよい方法は、中毒にさせることです。ワーカーホリックという言葉がありますが、中毒になるほど働いてくれる奴隷は、管理する者にとって実に有難い存在です。人類を中毒にさせるために、脳内にドーパミン(快感ホルモン)を発生させるメカニズムが造られました。このドーパミンは人類にとってきわめて強烈で、人類はドーパミンを出す行為に嵌るように造られたといいます。これが中毒です。サアラさんは、「この社会は中毒によって成り立っている」と表現していました。アルコール、たばこ、麻薬、賭博、性、などは中毒になる最たるものです。特に、たばこが一番中毒になりやすく、3回吸っただけでも中毒になる可能性があるそうです。気化したものは肺からすぐ脳に到達するからだそうです。
 
「地球はアディクション(addiction)(注)で構成される」ともサアラさんは言っていました。では新たな水瓶座を迎えた私たちは、どうすればいいのでしょうか。サアラさんは、「自分の意思で突破するしかない」と言っていました。悪しき感情の中毒を乗り越えるのは、(誰かが解決してくれるわけではないのですから)私たち一人一人の強い意思しかありません。その為に、こうした感情のメカニズムを理解するということは、極めて強いモチベーションになると私は信じています。
 
(注) ネットによれば、アディクションとは、「止めよう止めようと思いながらも止めることのできない悪い習慣に耽(ふけ)ってしまうこと」です。
 
よろず屋寸話」さんよりの転載です。
 

∞ いかがでした? 読み得くだったでしょう。これで皆さんは、物理脳にこだわる脳科学者さん達の上をいく存在になったのです。(^_^)/
 
「・・・今の科学は、魂といった異次元の存在を公式には認めていません。それゆえ、人格の元となっているものを脳のメカニズムで説明できるはずだという立場なんだそうです」
 
「なんと! 時代錯誤な思考をお持ちなのでしょう、今時の科学者は!」と、なじりたくもなりますね。(^_^;)
 
これもアヌンナキらのキメラグループによる全地球人の洗脳による悪しき成果なのです。(-_-;)
 
今、我々自身の波動が上昇し続けています。そろそろ、多次元的に思考すべき時です。スピリチュアルを大いに学んでください!(^_^)/
 
「・・・人間の肉体の周りを意識場という卵型のエネルギーフィールドが包んでおり、そのさらに周りを潜在意識場というトーラス状のエネルギーフィールドが包んでいるといいます。さらにその周りを超意識場というエネルギーフィールドが包んでいるといいます。全体のエネルギーフィールドは普通の人でも半径で10数メートルあり、これが魂と呼ばれるものだといいます。霊感のある人が見えるオーラは、これら3つのエネルギーフィールドの一部を見ているそうです。そして、これら3つのフィールドが脳内の次の3つの器官に主に対応しているそうです」
 
  ^媼云        ...大脳 日常生活で活性化させている。
 ◆\在意識場  ...中脳 人間の感情を司る。ペプチドの合成に関する情報は貴重です。
  超意識場     ...小脳 多次元意識の場です。
 
”トーラス状のエネルギーフィールド”については、先日、当ブログにUPしました、「ハートの聖なる空間」に関する記事でも簡単に説明させて戴きましたが、ここではより深い理解が得られますね。
 
人体のトーラス状のエネルギーフィールドの形状や動き等の詳細については『超脳トレ全脳活性プロデュース』 山岡尚樹オフィシャルブログ を参照願います。
 
「・・・細胞膜は2ヶ月で更新されるといいます。 それゆえ過去を振り返ってくよくよするという悪習でも、通常はレセプターの変化により、2ヶ月ほど頑張ると治るそうです。早ければ1ヶ月、遅くても4ヶ月で治るといいます」

これは知っておくべき情報です。
 
「『地球はアディクション(addiction)(注)で構成される』ともサアラさんは言っていました。では新たな水瓶座を迎えた私たちは、どうすればいいのでしょうか。サアラさんは、『自分の意思で突破するしかない』と言っていました。悪しき感情の中毒を乗り越えるのは、(誰かが解決してくれるわけではないのですから)私たち一人一人の強い意思しかありません。その為に、こうした感情のメカニズムを理解するということは、極めて強いモチベーションになると私は信じています」
 
”自分の意思で突破するしかない”
 
そうなんです。次元上昇は自分の意思によって成就しなければなりません。他人は助けてくれませんし、あてにも出来ません。自分が今、何をどうするかは自分の意思でしかありません。
 
(-_-;) ソヤナ ジユウイシヤ。





 
posted by: Michi&Mirai | サアラ | 19:59 | comments(0) | - | - |
シェルダン・ナイドルニュース (04/04)
∞  前回、休止を経ての投稿です。現状は光優勢のままに推移しています。(^_^)v

 

 
シェルダン・ナイドルニュース
2017年4月4日
 
 
Selamat Jalwa! 完全にNESARAに沿った合法な政府を実現する必要がある為に、最初の主要な支出には膨大な量のアメリカ紙幣が関わってきます。したがって、NESARA共和国の国庫は西へ移動させられる事となりました。これによって、未来の支払いが当初予想されていたよりも、効果的に行う事が可能になりました。この初期の支払いの膨大さは、それによって古い違法な株式会社アメリカが正式に崩壊する事を示唆しています。また、この活動はワシントンにある政府の存在が無くなり、日常的に行われていた不正行為の終焉をも意味します。新しいNESARA共和国を作っている人々は、この共和国が成立した後の初期の日々の為に、今いくつかの手順を整えています。このイベントは、最悪の極みである戦争状態から、平和と豊かさの続く時代へと、地球を変えるきっかけとなるように設計されています。これはまた、世界的に負債奴隷が終わるという正式な証でもあります。
  
この特別なプロセスは、全ての人がこの新しい地球上でのあり方において、尊厳ある豊かな一員になれるように設計されています。この新しい合法的な政府とその他の多くの姉妹国家は、新しい現実にて再構成され、合法で歓迎されるべきリーダー的国家となるでしょう。この現実においては、これまで国家安全保障という名の下に古い政権に正式に隠蔽されていた、一連の驚くべき最新装置が解放される道を作られます。これらの装置はアトランティス以降、人類を毒し続けてきた、様々な病気を治す事で知られているものです。これに加えて、忘れ去られてきた膨大な量の歴史的事実も明らかにされ、アセンデッドマスターたちによって議論される事となります。人類は、これまでアクセスを否定されてきた叡智に触れる事ができるようになるのです。この知識とこれまで隠蔽されてきた先進技術を使って。あなたは奇跡を体験します。― あらゆる嫌な病気から解放され、素晴らしい若返りの術もみなさんに与えられます。全ての人にとっての、真にミラクルな時がやってきます!
 
これからやってくる時というのは、地球内部のアガルタや、私たち連合とも連絡し合う事ができる時代への突入が約束されます。ファーストコンタクトというのは、私たちが1990年代初頭に地球にやってきた当初から目指し続けてきた事です。闇のアンチャラ同盟は太陽の状態を操作する事で、新星爆発現象を可能にし、私たちの努力を無にしようとしました。しかし、天が私たちに彼らの行動を知らせてくれた事で、私たちはこれを迅速に正す事ができました。この件を通して、彼らの違法なあり方が、彼らにとってどれほど重要であるかを私たちは痛感しました。私たちは早急に、科学探索隊に連絡を取り、みなさんの太陽を注意深く監視する事を目的とした小さなチームを送り込みました。この一時的な作戦がやがて1990年の後半には防衛隊へと進化し、地球に対して闇の秘密組織が何度も悪意ある“侵略”を行おうとした際には、アンチャラ同盟がそれを援助するのを妨害する事に成功しています。こういった闇の執拗な活動があった事で、神が私たちにファーストコンタクトのミッションを命じる事に繋がりました。そして、このミッションはここ数十年の間で、今の形へと進化しました。私たちは今、みなさんが光と完全意識へと転換する様子を見守っている所です。
 
現在のミッションには、みなさんを銀河的人類に転換させる為に、私たちの中の教師的存在とアガルタ人たちが共同で、生きたクリスタルライトチェンバーを作る事が必要となります。そして、このプロセスの成功の為には安定して、且つ計算し尽くされたペースで進めなければならない事に私たちは気付きました。更に私たちは連絡係を通じて、みなさんの非常に多種様々な信念体系や文化についても多くを知る事ができました。闇の存在たちが、彼らの都合の良いようにみなさんの現実をあたかもワープさせたかのように、古い現実に留まらせたやり方にはかなり驚きました。
 
この領域を変える為に尽力している方々が、私たちを全面的に受け入れてくださった事を非常に嬉しく思います。当初、種々多様なみなさんの中に私たちを受け入れるのが、どれだけ難しい事であったかを私たちは理解しています。それと共に、みなさんの闇との間の長い葛藤に対して、私たちが大きく助けになった事について、とても嬉しく思います。みなさんを永遠に奴隷化しようという闇の秘密組織らの卑劣なプランの数々に対して、みなさんは本質的には完全勝利にかなり近づいています。適切な時が来れば、わたしたちはみなさんを新しい銀河の星間国家として、完全に受け入れる準備が出来ています。それは、みなさんが銀河的人類に転換し、みなさんの新しい星間国家内の全ての水の惑星が人類が住めるように転換させられてからになります。
 
ナマステ!私たちはみなさんのアセンデッドマスターです!本日は、私たちの聖なる秘密社会が光の最大級の勝利の達成の為に敏速に対応した事に対して喜びで溢れています。この一連の素晴らしい出来事は、自分たちが勝利したと闇の側に思わせるよう仕掛けた、特別な罠のおかげです。実際、極悪な政府は私たちにとって、株式会社USAが実在するという嘘を暴く為の継続的なおとり捜査の対象となりました。現在も継続中のこのおとり捜査は、闇の秘密組織とその無数にある手下の組織を完全に孤立させ、逮捕する為に必要な証拠を提供してくれるでしょう。みなさんがポジティブなビジョンを保ち続けて下さり、それによって天が神聖なタイミングでこの事に方を付ける事ができる事に対して引き続き感謝を申し上げます。必要に応じた遅延が加わったものの、みなさんは集合的なビジョンを丁重に維持してくださいました。そのお陰で、天は新しく豊かな領域という、大きな贈り物を届ける事ができます。ホサナ!ホサナ!ホサナ!
 
みなさんのポジティブな可視化と、素晴らしいサポートに感謝します。この最も難しい旅路を、私たちはみなさん全員と共に開始しました。こうやってできた素晴らしき集合体の、その最も深い望みである平和と豊かさ、自由と尊厳が叶おうとしています。NESARAの立ち上げと、それに伴う全てはあなたのものです。みなさんお一人お一人が、最も情熱を傾けている夢を叶える姿を見るのを楽しみにしています。付け加えると、夢の実現という天からの贈り物は、プロジェクトが無事成功した際にやって来ます。この地球の現実を転換させる事が、いかに難しい事かを天は理解しています。更に、天はこの難しい課題がどのようにクリアされるかを話してくれました。みなさんが共に意識を集中してくださる事、そしてみなさんの多くの困難を乗り越える力に感謝を申し上げます。どうか、その結果として得られた知識を使って、より楽しい祝賀にしてください!ハレルヤ!ハレルヤ!
 
終わりに、地球の集合体に対して、その可視化によって得られた現実に感謝を申し上げたいと思います。この一連の高貴な行動によって今起きている事が起きているのです。この壮大なサプライズをきっかけに、可能性を更に成長させましょう。みなさんの偉大な優しく慈悲深い行動が展開するのを私たちは見ていて、この現実における旧闇の支配者たちがいかに傲慢であったかを思い出します。今彼らは、大幅に見下していた存在たちに壮大なプランを台無しにされるのを見届けなくてはなりません。みなさんの忍耐強さと成長する素晴らしい力に永遠に感謝申し上げます!私たちは非常に危険な旅へと共に出掛けました。その紆余曲折は永遠に続くかと思え、何度か天が手を差し伸べなくてはならない時もありました。しかし、私たちは生き延び、世にも素晴らしい物語を語れる立場になりました。私たちから、お疲れさまでしたと、その素晴らしい仕事っぷりに祝福を送らせて頂きます。そういう意味で、この喜びのメッセージと優雅な勝利があるのです!
 
本日は、再びこの青緑色の美しい地球で起きている事に関して意識を傾けてもらいました。多くの事が展開しようとしています。この時間を使って、最も喜ばしい、かつ素晴らしいドライブをする準備を整えてくださいね。古いことわざにもあるように“楽しみはこれからです!” どうか知ってください、無限の供給と終わる事のない天の豊かさは実にあなたのものであると!そういう事です!ひとつであれ!喜びの中にあれ!
 
Website: Planetary Activation Organization
 
訳:JUN ライトワーカー  NEW!2017-04-11 00:38:02


∞  以下はポジティブ指向にて流しました。(^_^;)
 
 
 「Selamat Jalwa! 完全にNESARAに沿った合法な政府を実現する必要がある為に、最初の主要な支出には膨大な量のアメリカ紙幣が関わってきます。したがって、NESARA共和国の国庫は西へ移動させられる事となりました。これによって、未来の支払いが当初予想されていたよりも、効果的に行う事が可能になりました。この初期の支払いの膨大さは、それによって古い違法な株式会社アメリカが正式に崩壊する事を示唆しています。また、この活動はワシントンにある政府の存在が無くなり、日常的に行われていた不正行為の終焉をも意味します。新しいNESARA共和国を作っている人々は、この共和国が成立した後の初期の日々の為に、今いくつかの手順を整えています。このイベントは、最悪の極みである戦争状態から、平和と豊かさの続く時代へと、地球を変えるきっかけとなるように設計されています。これはまた、世界的に負債奴隷が終わるという正式な証でもあります」
 
NESARA共和国の国庫が西へ移動させられ、未来の支払いが効果的に行う事が可能になったとは、東海岸のワシントンDCにある闇さん達のUSAカンパニーが正式に崩壊する事を示唆し、またニューヨークのウォール街にある国際金融センター金融処理も、新金融システムにバイパスされ機能しなくなると言うことですね。
 
国庫の移動がいつ行われるのかは分かりませんが、それが可能になったと言うことは、地上の光の勢力によって闇さん達の支配層の影響力がかなり低下させられているとみなされます。従って、残るは、地球周辺でのプレアデス勢とキメラ・グループとの攻防ですが、それもコブラの最新情報によると現時点で光優勢ままに進行していますから、その決着、つまりプラズマトップレット爆弾の完全排除が完了するという圧縮突破がいつになるかが焦点になってきますね。
 
(^_^)/ カウントダウン シタロカ !
  
「この特別なプロセスは、全ての人がこの新しい地球上でのあり方において、尊厳ある豊かな一員になれるように設計されています。この新しい合法的な政府とその他の多くの姉妹国家は、新しい現実にて再構成され、合法で歓迎されるべきリーダー的国家となるでしょう。この現実においては、これまで国家安全保障という名の下に古い政権に正式に隠蔽されていた、一連の驚くべき最新装置が解放される道を作られます。これらの装置はアトランティス以降、人類を毒し続けてきた、様々な病気を治す事で知られているものです。これに加えて、忘れ去られてきた膨大な量の歴史的事実も明らかにされ、アセンデッドマスターたちによって議論される事となります。人類は、これまでアクセスを否定されてきた叡智に触れる事ができるようになるのです。この知識とこれまで隠蔽されてきた先進技術を使って。あなたは奇跡を体験します。― あらゆる嫌な病気から解放され、素晴らしい若返りの術もみなさんに与えられます。全ての人にとっての、真にミラクルな時がやってきます!」
 
NESARA法のもと、アメリカ共和国が正式に機能し始めると、まずはディスクロージャーが公式に宣言され、闇さん達によって隠蔽されていた先進技術の開示と真実の歴史が明らかにされるでしょう。そして、その他、新時代に相応しいあらゆるイベントが起きる事になります。(^_^)/
 
「これからやってくる時というのは、地球内部のアガルタや、私たち連合とも連絡し合う事ができる時代への突入が約束されます。ファーストコンタクトというのは、私たちが1990年代初頭に地球にやってきた当初から目指し続けてきた事です。闇のアンチャラ同盟は太陽の状態を操作する事で、新星爆発現象を可能にし、私たちの努力を無にしようとしました。しかし、天が私たちに彼らの行動を知らせてくれた事で、私たちはこれを迅速に正す事ができました。この件を通して、彼らの違法なあり方が、彼らにとってどれほど重要であるかを私たちは痛感しました。私たちは早急に、科学探索隊に連絡を取り、みなさんの太陽を注意深く監視する事を目的とした小さなチームを送り込みました。この一時的な作戦がやがて1990年の後半には防衛隊へと進化し、地球に対して闇の秘密組織が何度も悪意ある“侵略”を行おうとした際には、アンチャラ同盟がそれを援助するのを妨害する事に成功しています。こういった闇の執拗な活動があった事で、神が私たちにファーストコンタクトのミッションを命じる事に繋がりました。そして、このミッションはここ数十年の間で、今の形へと進化しました。私たちは今、みなさんが光と完全意識へと転換する様子を見守っている所です」
 
アンチャラ同盟云々は耳タコでしょうから、さておいて、圧縮突破後のイベントラッシュを経て、地底のアガルタ王国との交流や光の銀河連合との接触も実際に始まりますから、我々の意識レベルを向上させる必要があります。そうしないとパラダイムシフトショックで思考停止に陥るかも知れませんから。(^_^;)
 
「現在のミッションには、みなさんを銀河的人類に転換させる為に、私たちの中の教師的存在とアガルタ人たちが共同で、生きたクリスタルライトチェンバーを作る事が必要となります。そして、このプロセスの成功の為には安定して、且つ計算し尽くされたペースで進めなければならない事に私たちは気付きました。更に私たちは連絡係を通じて、みなさんの非常に多種様々な信念体系や文化についても多くを知る事ができました。闇の存在たちが、彼らの都合の良いようにみなさんの現実をあたかもワープさせたかのように、古い現実に留まらせたやり方にはかなり驚きました」
 
”生きたクリスタルライトチェンバーを作る事が必要となる”
 
アンドロメダのミラさんによると「クリスタルライトチェンバー」に入るのは、肉体はそのままに魂のみですが、上の表現は肉体のライトボディ化の為に必要なライトチェンバーと言うことでしょうか?
 
もし、”このプロセスの成功の為には安定して、且つ計算し尽くされたペースで進めなければならない”と”多種様々な信念体系や文化”という2つのフレーズに注目すると、「生きたクリスタルライトチェンバー」とは我々の意識レベルの上昇を計るものかも知れません。
 
(^_^;) ココ ハ マア テキトウ ニ ナガシテ クンロ。
 
「この領域を変える為に尽力している方々が、私たちを全面的に受け入れてくださった事を非常に嬉しく思います。当初、種々多様なみなさんの中に私たちを受け入れるのが、どれだけ難しい事であったかを私たちは理解しています。それと共に、みなさんの闇との間の長い葛藤に対して、私たちが大きく助けになった事について、とても嬉しく思います。みなさんを永遠に奴隷化しようという闇の秘密組織らの卑劣なプランの数々に対して、みなさんは本質的には完全勝利にかなり近づいています。適切な時が来れば、わたしたちはみなさんを新しい銀河の星間国家として、完全に受け入れる準備が出来ています。それは、みなさんが銀河的人類に転換し、みなさんの新しい星間国家内の全ての水の惑星が人類が住めるように転換させられてからになります」
 
我々は本質的には完全勝利にかなり近づいているという、光の銀河連合からのお墨付きを戴いていますから、今生で完全意識の銀河人として、星間国家の住人になり得ますね。
 
水の惑星というと、金星、地球、火星、再生惑星のマローナでしょうか。(^_^)
 
「ナマステ!私たちはみなさんのアセンデッドマスターです!本日は、私たちの聖なる秘密社会が光の最大級の勝利の達成の為に敏速に対応した事に対して喜びで溢れています。この一連の素晴らしい出来事は、自分たちが勝利したと闇の側に思わせるよう仕掛けた、特別な罠のおかげです。実際、極悪な政府は私たちにとって、株式会社USAが実在するという嘘を暴く為の継続的なおとり捜査の対象となりました。現在も継続中のこのおとり捜査は、闇の秘密組織とその無数にある手下の組織を完全に孤立させ、逮捕する為に必要な証拠を提供してくれるでしょう。みなさんがポジティブなビジョンを保ち続けて下さり、それによって天が神聖なタイミングでこの事に方を付ける事ができる事に対して引き続き感謝を申し上げます。必要に応じた遅延が加わったものの、みなさんは集合的なビジョンを丁重に維持してくださいました。そのお陰で、天は新しく豊かな領域という、大きな贈り物を届ける事ができます。ホサナ!ホサナ!ホサナ!」
 
光の銀河連合のおとり捜査にまんまと、引っかかってくれた闇さん達と、ハイスペックなおとり捜査を編み出した光の銀河連合に共に感謝ですね。でも、我々もポジティブなビジョンを常に保ち続けるという支援をしましたけどね。
 
(^_^;)ヤミチャン ヒカリチャン ト ノ ハクチュウ シタ ゲーム ハ タノシカッタンヨ。 
 
「みなさんのポジティブな可視化と、素晴らしいサポートに感謝します。この最も難しい旅路を、私たちはみなさん全員と共に開始しました。こうやってできた素晴らしき集合体の、その最も深い望みである平和と豊かさ、自由と尊厳が叶おうとしています。NESARAの立ち上げと、それに伴う全てはあなたのものです。みなさんお一人お一人が、最も情熱を傾けている夢を叶える姿を見るのを楽しみにしています。付け加えると、夢の実現という天からの贈り物は、プロジェクトが無事成功した際にやって来ます。この地球の現実を転換させる事が、いかに難しい事かを天は理解しています。更に、天はこの難しい課題がどのようにクリアされるかを話してくれました。みなさんが共に意識を集中してくださる事、そしてみなさんの多くの困難を乗り越える力に感謝を申し上げます。どうか、その結果として得られた知識を使って、より楽しい祝賀にしてください!ハレルヤ!ハレルヤ!」
 
ともかく、我々は今、光の銀河連合、アガルタ王国との盛大な祝賀イベント待ちの状況であることを知っておきましょう。(^_^)/
 
「終わりに、地球の集合体に対して、その可視化によって得られた現実に感謝を申し上げたいと思います。この一連の高貴な行動によって今起きている事が起きているのです。この壮大なサプライズをきっかけに、可能性を更に成長させましょう。みなさんの偉大な優しく慈悲深い行動が展開するのを私たちは見ていて、この現実における旧闇の支配者たちがいかに傲慢であったかを思い出します。今彼らは、大幅に見下していた存在たちに壮大なプランを台無しにされるのを見届けなくてはなりません。みなさんの忍耐強さと成長する素晴らしい力に永遠に感謝申し上げます!私たちは非常に危険な旅へと共に出掛けました。その紆余曲折は永遠に続くかと思え、何度か天が手を差し伸べなくてはならない時もありました。しかし、私たちは生き延び、世にも素晴らしい物語を語れる立場になりました。私たちから、お疲れさまでしたと、その素晴らしい仕事っぷりに祝福を送らせて頂きます。そういう意味で、この喜びのメッセージと優雅な勝利があるのです!」
 
我々のホジティブ意識の持続はキメラグループには大きなダメージを与え、光の銀河連合には光優勢の現状と光エネルギーの増強を創造しました。結果として、闇さん達は彼等の企てた壮大なプランが脆くも崩れ去る有様を見届けて、ゲームエンドを迎えます。
 
「本日は、再びこの青緑色の美しい地球で起きている事に関して意識を傾けてもらいました。多くの事が展開しようとしています。この時間を使って、最も喜ばしい、かつ素晴らしいドライブをする準備を整えてくださいね。古いことわざにもあるように“楽しみはこれからです!” どうか知ってください、無限の供給と終わる事のない天の豊かさは実にあなたのものであると!そういう事です!ひとつであれ!喜びの中にあれ!」
 
”多くの事が展開しようとしています。この時間を使って、最も喜ばしい、かつ素晴らしいドライブをする準備を整えてくださいね”
 
皆さん、心と体の準備はOKですか? 我々は、まもなく、新時代に突入しますよ!!
 
(^_^)♪





 
posted by: Michi&Mirai | シェルダン・ナイドル | 20:07 | comments(0) | - | - |
マシュー君のメッセージ(124) 04/09
∞  オバマ元大統領は、やはり、光側であったようです。(^_^;) ソウナン !?

 


マシュー君のメッセージ(124)
2017年4月9日
 

■ ハート(心臓)と魂、地球の黄金時代、アセンション、光と愛、洗礼、バラク・オバマ、ドナルド・トランプと宇宙の法則の政権への影響、ウラジミール・プーチン、世界愛の日

マシューです。この宇宙領域にいる全ての魂たちから、心からのご挨拶をします。僕たちのいる所から見たアセンションの説明に感謝を示してくれた人たち全てにお礼を申し上げます。そしてある読者からの嬉しい感想をシェアしたいと思います。 
 
◆ 読者からの質問
---------------------------------------------------------------------------------------------
「アセンション(私にとって)は、最高の存在になることと同じです・・それが何であれ!!もしそれがダンスなら、最高のダンサーになること。歌うことなら、最高のシンガーに。庭いじりなら、最高の庭師に。絵を描くことなら、最高の絵描きに。自分の最高の存在になることです。自分にとって最高の存在になることは、魂(エネルギー、すなわち内なる気/生命力)を取り戻し、波動エネルギーを高めることです。“私のこの小さな光。それを輝かせよう”(訳注:黒人霊歌『私のこの小さな光』)
 
「何度も繰り返して言わなければならない大事なことは、“答えを外に求めるのは止めなさい。心の中に行きなさい”だと思います。答えは私たちの中にあります。ハート(心臓)とつながるのです。それが強力な、神性なる器官です」
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
本当にそうです。あなたたちの直観に従いなさいと何度も僕たちはあなたたちに言っています。それは、あらゆる真理が認知されている場の魂から意識へのメッセージです。神は、僕の母との会話の中で、「ハート(心臓)は魂の座です」と彼女に言いました。魂の構成成分は愛のエネルギーです。それは愛の感覚が感じられるハート(心臓)の辺りにあります。あなたたちが「心からあなたを愛します」と言い、愛のノートに小さなハートマークをつけ、特に大事な人たちにハートをあしらったバレンタインカードを送るのは、そのようなちゃんとした理由があるからです。
 
◆ 読者からの質問
---------------------------------------------------------------------------------------------
「詳しい説明をありがとうございました。まだよくわからないのは、黄金時代というのはアセンションのどこに当てはまるのでしょうか?それとも違うことなのでしょうか?」
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
もちろんです、それは当てはまります。地球のアセンションを汽車だと想像してみてください。それが地球の周りを走り回っていて、乗客は自分自身のアセンションの旅をしている魂たちです。約80年前、この汽車は全員を乗せて、全くの闇の中をのろのろと走り始めました。その後数十年間、汽車はスピードを上げて、世界中をグルグル回っていく内に、幼児たちが乗り込み、あらゆる年齢層の人たちは降りて行きました。そして地球はどんどん明るくなって行きました。
 
この汽車と乗客の旅は、地球が最大に輝き、素晴らしい黄金時代が満開に花開くまで続くでしょう・・これが汽車の最終目的地です。まだ乗っている乗客たちはその駅につかの間でも、100年、またはそれ以上でも留まることができます。でも、汽車に乗って地球を周航してきた魂たちは全て、この宇宙の最高の存在と一体になるための個人的な旅を続けていくでしょう。
  
この崇高な時代と、惑星と個人的なアセンションとの関係を示すのに、これが僕たちに考えられるベストな例えです。でもこの話にはもっと先があります。乗客の中には、ニルヴァーナで降りる前に、スピリチュアルと意識レベルで第三密度から第四密度まで進んだ魂たちがいましたし、そうならなかった魂たちもいました。でもこの汽車の旅は、その目標に到達するために無限にある機会のひとつにすぎません。汽車はさらに高い波動エネルギーへと旅を続けていきます。そしてその恩恵を受ける乗客たちは、霊界での転生の後、地球にまた戻ってもいいし、別の素晴らしい世界に行く選択もできます。魂たちが宇宙の再統合への旅の転生を何時、どこで経験しようと、全ての究極的な目的地は創造主の本質である愛と光であり、そこに彼らはいつでも、そして永遠に存在しています。
 
あなたたちと地球のアセンションを“スピードアップ”させるのに、あなたたちに何ができるかについてですが、僕たちはこう言います。あなたたちの光を生きなさい、あなたたちのハートから生きなさい、愛こそが鍵です。光と愛は同じエネルギーで大宇宙コスモスの最強のフォースです。ですから、愛を感じるのも光を送るのも同じことで、それが最高のアセンションの助けになります。思いやり、感謝、許し、寛大さ、親切、正直な気持ちを持つことは、高い波動エネルギーを発し、それはあなたたちの人生に光をもたらし、世界の光を増すでしょう。あなたたちの将来と地球の行く末に気楽さと自信を持つことが、作られるエネルギーに相当するものを現実にする助けになります。また黄金の光ですっぽり包まれた地球全体をビジョンすることが、その輝きを集合意識に送ることになります。それがいわゆる“宇宙のスープ”と呼ばれるもので、そこからあなたたちの世界の全てのものが具現化されています。
 
◆ 読者からの質問
---------------------------------------------------------------------------------------------
「洗礼はアセンションプロセスに何か影響を与えるのか、どうぞマシューに聞いてください」
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
全くありません。教会と国家の指導者たちが洗礼を義務付けて宗教的儀式にしたのは、人々への支配を強化するためでした。それはそうなのですが、信仰はその人の現実を作ります。それに“天国に行く”ための条件として洗礼が含めれるのなら、そしてそれがアセンションと同じと考えられるのなら、その人にとっての現実はそうですね、洗礼はアセンションの重要な一部になります。
 
僕たちの愛する地球ファミリーがもうこれ以上、政治の虜になって欲しくないと僕たちは思っているのですが、まだそれは変わりません。世界にその行動が大きな影響を与える、アメリカ大統領オバマとトランプ、そしてロシア大統領プーチンについて話してほしいというたくさんの読者たちのリクエストを無視したくもありません。質問とコメントに僕たちが答える際に、どうか前のメッセージで言ったことを思い出してください。僕たちは政治とは何の関わりもなく、誰も批判しません。そして地球の兄弟姉妹たち全てを無条件で愛しています。
 
バラク・オバマは、ガイアがこの魂をアメリカ大統領に選んだ時と変わらず今日でも光に溢れた存在です。当時は、スピリチュアルとモラルの上で誠実なビジョンある指導者が人々に気づきをもたらし、徐々に賢明な生き方へと導くのにふさわしい時期とされたのでしょう。あなたたちの2008年というそのタイミングは、その文明社会がスピリチュアルと意識レベルの気づきへの用意ができているだろうと黄金時代のマスタープラン立案者たちが予想した時期でした。けれどもこの世紀が変わる数年前、多くの魂たちが選んだカルマ経験のためにそのような状況もたらし、その後は光の勢力に加わるという合意をしていたはずの魂たちが、その合意の後半部分を守ることを拒否しました。とどまるところのない権力と莫大な富の虜になった彼らは、世界支配に向かって恐ろしい破壊と暴力を繰り返したために、人々に期待されていた気づきへの前進が10年遅れることになりました。
 
そのようにして、オバマが政権に入った時は、差別、偏見、欲、嘘、腐敗、暴力、貧困、戦争肯定思考がまだ満ち溢れていました。第三密度の鍋を煮立たせ続けることで、イルミナティは、オバマが彼の国と世界にやりたいと思っていたことをすべて妨害したり骨抜きにすることができたのです。彼の家族や大事な支持者たちへの死の脅迫があったために、彼は譲歩し、彼らの要求を飲みました。彼が大統領である間に、彼の国にもっと多くのことができず、また世界に平和をもたらせなかったことが彼の悲しみです。でも彼は、ガイアの地球人類のビジョンであるそのような目的に向かって努力を続ける気持ちを今も強く持っています。
 
ドナルド・トランプが大統領になったのは運命で決まっていたのでもなく、生前の合意で選んだカルマ経験でもなかったのです。その合意には有用な資質・・知性、健康、富、忍耐心、自信、起業能力、カリスマ性・・が確かに含まれています。そのような資質を選んで利用することで、彼は望むような名声を手に入れましたが、国家指導者が尊敬され信頼されるために必要とされる英知と品行をそれらはもたらしていません。彼が大統領に立候補しようと決めたのは、新しい冒険に成功しようと言う野心からでした。そして皮肉にも、彼にそれを可能にさせたのはヒラリー・クリントンのイルミナティ陣営にいる手先たちでした。
 
彼らの大統領中間選挙での不正投票操作によってバーニー・サンダーズ上院議員が除外されました。彼の支持者たちの投票があれば、彼をホワイトハウスに送っていたでしょう。その手先たちが大統領選挙の開票操作にしくじったために、クリントンに行くはずの勝利が、代わりにトランプに行ってしまったのです。しかしそのことを知る人はほとんどいませんから、アメリカの選挙に干渉したとしてロシアが公式に名指しで非難されています。そしてそれがトランプの選挙運動と結託していたとされています。 
 
この選挙の結果を実際に招いた手段は別として、常に作用する2つの宇宙の法則が、ホワイトハウスに誰がいようと影響を与えていたでしょう。まず、引き寄せの法則とそれがどのように大統領政権に影響を与えているかについて説明します。選挙公約を守ることで、その政策による方向に国を持っていきたいと思っている人たちを皆満足させるができます。この国が達成して来た市民権、法制度そして環境改革を基礎に築いていきたいと、たくさんの人々が思っています。
 
引き寄せの法則は中立です・・それは、人々の思考、感情、行動のエネルギーと一致するものを集合意識からただ引き寄せるだけです。ですからいわば需要に合わせて供給するわけです。市民の大多数によって圧倒的な量のエネルギーが生産されているわけですから、この公平な法則が、大統領と彼の支持者たちによって指示されている政策よりも、それに反対する方に比例してより強く反応しています。
 
効果を表している別の法則は波動エネルギーと関わっています。それもこの政権の方向への反対を支持する影響を与えています。波動エネルギーの副産物には、入国禁止大統領令への法的異議申し立てと医療保険法案を採決に持っていけないことがあります。政治解説者たちもまともに分析していますが、それらの意図は恐れと差別を拡大させること、そして金持ちを優遇することです。
 
そのような意図から発せられる低い波動エネルギーは、大統領令による環境安全対策破棄措置のエネルギーと相まって、地球に広まっている高い波動エネルギーと衝突しています。あらゆるものがそうであるように、意図はある特定の振動数で振動しているエネルギーです。二つの相反する波動エネルギーレベルの“ダンス”の瞬間はあっという間に終わりました。もしこの国の現在の方向が反転しても、このレベル間の衝突がまだ終わらない場合は、地球が目指しているより軽いエネルギー領域に入って統一が成される時に終わるでしょう。
 
さて、そのような宇宙の法則よりももっと多くのことがトランプ政権の中で起きています。大統領と彼のスタッフは、政府の内外にいる“カバル”メンバー・・イルミナティです・・を公表し裁判に掛けようとしています。波動エネルギーが世界にとって重要なこの計画を後押ししています。けれども、率直に言って多くの場面でトランプの賢明な判断力の欠如としか呼べないことへの反応が、その助けを必要としている人たちが彼に協力するのをためらう結果になっています。これがこの計画が上手くいくことが地球の可能性のエネルギー場で“ありそうな”から“可能に”なるチャンスを弱めています。それでも、がっかりする必要はありません・・大統領のやり方で上手くいくかもしれませんし、もしそうでなくても別の方法で起きてくるでしょう。イルミナティの幾世代に渡る闇の支配は終わろうとしています。
 
“自由報道”の国々の政府関係者、政治解説者、主要メディアは、イルミナティによって流されたウラジミール・プーチンについての情報をそのまま繰り返していますが、彼は彼らと協力することを拒否しています。彼が、外国政府の政策に干渉するのでヨーロッパにとって危険であり、ヒラリー・クリントンの小児愛者組織への関与について“嘘のニュース”を流し、サイバー戦争を起こした無慈悲な独裁者だとあなたたちが聞いているのはそれが理由です。プーチンの手は全く無垢ではないかもしれませんが、そのような人物像は・・イルミナティによって流されている他の全ての嘘と同様に・・全く見当違いです。彼が、世界からイルミナティの支配を除き、その恐ろしい活動を明るみに出してその責任を負わせ、そして彼らの不正に得た富を回収して、その資金を使って貧困、環境破壊そしてテロ集団をなくすために組織的に取り組んでいる主要人物の一人であることを彼らは知っています。
 
それは実際困難な仕事です。このミッションに関わっている人たちは、歴史、文化、資源、思想/宗教が異なる国から来ています。でもその目的は同じです・・あらゆる人たちが豊かさを分け与える、より安全で、より健康な世界です・・そして強まる光がこの世界的な活動を支えているので、あなたたちはその進行状況の証拠を見るでしょう。いくら待っても明らかな証拠が見えないと、時々忍耐心が萎えてしまい、一体人々が愛と平和に一緒に暮らしていけるのだろうかと思うのはわかります。はい、愛する魂たち、できます、そしてそうなります。ではこの励ましをあげましょう。5月1日は「世界愛の日」で、世界に無条件の愛と平和をもたらす貢献をしているLOVEファンデーションが主催する14回目のお祝いの日です。そのウェッブサイトwww.thelovefoundation.comを読むと、あなたたちの心が喜ぶでしょう。
 
この宇宙のすべての光の存在たちが、光へのあなたたちの働きを敬い、無条件の愛のパワーであなたたちをサポートしています。
 
愛と平和を スザンヌ・ワード著
原文:Matthew's Messages
 
訳文責:森田 玄 2017年4月2日
 
◇ 以下は原文にはありませんので、玄さんの記事と思われます。
-----------------------------------------------------------------------------
 
皆さんは、心臓は血液を全身に送るための単なる血液循環ポンプだと思っていませんか。ましてや、心臓に脳と同じ神経細胞があり、「心臓脳」と呼ばれていることなどほとんどの人は知らないと思います。

近年、心臓が神経系を通して脳に大きな影響を与えていることが発見され、心臓固有の神経組織の研究が進んだ結果、心臓には複雑な神経ネットワークが存在することが明らかになり、心臓神経学と呼ばれる分野が確立されています。現在「心臓脳」と一般に呼ばれる固有の心臓神経系は、複雑な神経節、神経伝達物質、たんぱく質、支持細胞からなる精妙なネットワークであり、それは脳にあるものと同じです。「心臓脳」の神経回路によって、それが頭の脳とは無関係に、学習、記憶、決定、さらには感じ、知覚する能力を持つことがわかっています。
 
そして驚くことに、心臓が脳に送る情報は、脳が心臓に送るものより100倍も多いことが明らかになっています。
 
さらに、心臓は様々なホルモンも分泌しています。例えば、幸福や愛のホルモンとして最近注目を集めているオキシトシンも心臓で作られていることが発見されています。
 
中でも最も重要な発見の一つは、心臓と脳との関係が私たちの思考と感情、身体的機能だけでなく、活力や能力そして健康に大きな影響を与えることが明らかになったことです。
 
心臓と脳の研究のリーダーであるアメリカのハートマス研究所は、心臓と脳との調和/同期的関係性を「コヒーランス」というスケールで計測するシステムを開発しました。
 
この心臓と脳とのコヒーランスを意識的にもたらし、さらに感情とニーズにつながる共感とを組み合わせたスキルがコネクション・プラクティスです。
 
ハート(心)の科学的究明が心臓神経学の研究でやっとここまで来ています。これまで脳科学では解明できなかった心の神秘がこれから明らかになっていくと思うとワクワクします。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
∞ この記事に関する補記
 
「ハートの聖なる空間へ」という本に、「心臓脳」に関する詳細があります。アメリカのスタンフォード大学の関連機関のハートマス研究所で心臓自身が脳を備えていることを発見したのです。その脳はわずか4万個ほどの極小の脳細胞群てしかありませんが、心臓を機能させるには十分な規模です。つまり、心臓に知性があると言うことです。さらに人間の心臓は臓器の中でも最かつ最大のエネルギー・フィールドを形成しており、この電磁場の軸の中心は心臓にあり、大きさは直径2メートル半から3メートルほどありますが、ハートの聖なる空間にも同様に小型のエネルギーフィールド(トロイド型の電磁場)があり、そこに独自の機能が備わっているようです。それがどのように機能するのかはわかりません。ただ、心臓外科医達の研究結果によると、心臓の中にはいかなる理由があっても決して触れてはいけない箇所があり、触れるとその患者は一瞬にして絶命し、どんな処置を施しても蘇生しないという部位があり、それがハートの聖なる空間にある「心臓の脳」なのです。
 
ハートの聖なる空間はスピリチュアル的には心臓の秘密の小部屋とも呼ばれ、「今ここ」であらゆることが可能となる、時間のない意識の次元とされているようです。

∞  抜萃しています。
 
「本当にそうです。あなたたちの直観に従いなさいと何度も僕たちはあなたたちに言っています。それは、あらゆる真理が認知されている場の魂から意識へのメッセージです。神は、僕の母との会話の中で、「ハート(心臓)は魂の座です」と彼女に言いました。魂の構成成分は愛のエネルギーです。それは愛の感覚が感じられるハート(心臓)の辺りにあります。あなたたちが「心からあなたを愛します」と言い、愛のノートに小さなハートマークをつけ、特に大事な人たちにハートをあしらったバレンタインカードを送るのは、そのようなちゃんとした理由があるからです」
 
”ハート(心臓)は魂の座です。魂の構成成分は愛のエネルギーで、それは愛の感覚が感じられるハート(心臓)の辺りにあります”
皆さん、「直観に従う」、それは、あらゆる真理が認知されている場の魂から意識へのメッセージなのです。
 
(^_^)/ ハーイ センセ ワカリマシタ。
 
「・・・魂たちが宇宙の再統合への旅の転生を何時、どこで経験しようと、全ての究極的な目的地は創造主の本質である愛と光であり、そこに彼らはいつでも、そして永遠に存在しています」
 
この宇宙の全ての生命体は、無限の時、必要な学びを得て「創造の源」へ帰還します。その全ての生命体が帰還すると、宇宙は全ての森羅万象を学び終えたとして休眠に入ります。そして、永遠のある時、より進化した新しい宇宙として目覚め、新たに生命体を創造し、再び、学びのサイクルに入ります。これが、未来永劫に続きます。(-_-)゜zzz…
 
「・・・地球のアセンションを“スピードアップ”させるのに、あなたたちに何ができるか・・・?」
 
・ 自分のハートから生きること。愛こそが鍵。光と愛は同じエネルギーで大宇宙コスモスの最強のフォース。
 
・ 思いやり、感謝、許し、寛大さ、親切、正直な気持ちを持つことは、高い波動エネルギーを発し、それは我々の人生に光をもたらし、世界の光を増す。
 
・ 黄金の光ですっぽり包まれた地球全体をビジョンして、その輝きを集合意識に送る。それが、“宇宙のスープ”になり、そこからあなたたちの世界の全てのものが具現化される。
 
「・・・オバマが政権に入った時は、差別、偏見、欲、嘘、腐敗、暴力、貧困、戦争肯定思考がまだ満ち溢れていました。第三密度の鍋を煮立たせ続けることで、イルミナティは、オバマが彼の国と世界にやりたいと思っていたことをすべて妨害したり骨抜きにすることができたのです。彼の家族や大事な支持者たちへの死の脅迫があったために、彼は譲歩し、彼らの要求を飲みました。・・・」
 
オバマ元大統領が、闇さん達の言いなりであったのは、イルミナティによる、彼の家族や大事な支持者たちへの死の脅迫があったからのようです。ですから、闇さん達の要求に抗しきれずに悪役に徹したと言うことですね。でも任期が終了して、すぐに麻薬で逮捕というのは、どういうことでしょうね。
 
(^_^;)>オバマ イャー ツイ テ ガ デテモウタンヨ。    
 
「ドナルド・トランプが大統領になったのは運命で決まっていたのでもなく、生前の合意で選んだカルマ経験でもなかったのです。その合意には有用な資質・・知性、健康、富、忍耐心、自信、起業能力、カリスマ性・・が確かに含まれています。そのような資質を選んで利用することで、彼は望むような名声を手に入れましたが、国家指導者が尊敬され信頼されるために必要とされる英知と品行をそれらはもたらしていません。彼が大統領に立候補しようと決めたのは、新しい冒険に成功しようと言う野心からでした。そして皮肉にも、彼にそれを可能にさせたのはヒラリー・クリントンのイルミナティ陣営にいる手先たちでした」
 
ドナルド・トランプが大統領に立候補しようと決めたのが、新しい冒険に成功しようと言う彼自身の野心ならば、彼は自由意思を行使して転生前の合意に反して、今生でのカルマの解消をせずに低次元に居残る選択をしたことになります。そうなると、彼は我々を光の時代に導くキーパーソンでないということになります。
 
従って、光の勢力の次の一手がどうなるのかは分かりませんが、一つのタイムラインを想定すると、もしプレアデス艦隊によって圧縮突破が起きたら、おそらく彼等は地球への直接介入を開始するものと思われます。従って、それにより多くの人々の目覚めが起きて、トランプ大統領は罷免され、新時代の大統領としての相応しい資質を持つ人物が、次の大統領として我々のアセンションプセスを天の絶体スケジュールのままに進行させる可能性もあります。
 
(^_^;) デモナ タイムライン ハ ヒトツ ジャ ナインヨ。





 
posted by: Michi&Mirai | マシュー君 | 11:07 | comments(0) | - | - |
南極はジュラシックパークか?(03/08)

「生物46b」とはなんぞや!? (^_^)/
 

 



 

南極はジュラシックパークか?
2107年3月8日
 

ロシアが口を滑らした:南極、それは聞いていたものとは違う。これは本当にジュラ紀の公園ですか? 2017年3月8日
 
地中レーダーは南極の氷の下に別の大陸を発見した。これは世界の指導者、とりわけバチカンの関心を集めた堕天使の文明ですか?今、南極大陸には禁止令があります。何故かを見てください。さらに有毒の14本足のタコも。
 
南極の魅力を私と共有しましょう。驚きである、恐れさえ抱く開発と発見が続く...

キングアレクサンダーライトより。
 
南極の秘密は公開されている!あなたはその真実を扱うことができますか?
 
ダヴィン・ヴィギレンより。
 
南極−本当に何が起こっているのですか?....ロシアが口を滑らし、そしてこれはどのように予言と結びつけるのですか?
 
 
■ 夜の恐怖から
 
南極のロシアの科学者は生物46bと戦っている、南極の生物、ヴォストク湖タコ、生物46bは最初に毒を使ってその獲物を麻痺させることで狩りをする。奇妙な生物は強力なくちばしを使って獲物を捕獲し、その食料源を破壊する。
 
古代人は人間の大きな巡回船を転覆させると脅している、波の下の深みに隠れている蛇の怪物を信じていた。今日、調査されていない海や湖はなく、海獣をはいないことがることが分かっている。南極の氷の下に埋まっている淡水湖を除いて。
 
南極の氷の下に隠れた大陸があります。地中探査レーダーはこの大陸の上に数百の湖の存在を確認している。氷によって掛かる圧力が理由で、これらの湖は凍らない。それらは液体であり、少なくとも1500万年の間隔離されていた淡水を含んでいる。
 
これらの中で最大はヴォストク湖であり、2マイルの厚さの氷河で覆われている。氷の上にロシアのヴォストック研究基地がある。ソ連が一人の人間を乗せられるよう設計された特殊なエレベーターを伴う氷の中の垂直トンネルを掘るのに10年掛かった。2012年に楕円のドリルビットが終に、湖の東海岸に到達した。8人からなるチームが一度に一人ずつ大陸の元の表面に降ろされた。その後のことは、一人のロシアの科学者が西側に逃げるまでは、完全に守られた国家の秘密であった。
 
アントン・パダル−カはソ連の研究チームの一員であった。彼は政府が南極でなされた発見のために軍事計画を持っていることを知った後に亡命した。スイスの聖域で、パダルカ博士はヴォストク湖に生息する生物の存在を発表した.....生物46-Bと命名された奇妙で致命的な生物である。低温用ウェットスーツを必要とするスキューバダイビングで、その初日にその生物に遭遇した。
 
生物46-Bは巨大なタコの種であるが、8本ではなく14本の腕を持っている。透明なタコであるvitreledonella richardiというタコに近い特徴を有している。しかし、46-bは小さいものにはできないあることができる。それは、インクを排出されるための嚢に蓄えられた毒によって、150フィートの距離からも麻痺させることができる。遠征隊員アレックス・ヴィンドグラドフ(ラジオ事業者)はこのように派遣され、ラジオを失った。
 
インド洋−太平洋の擬態タコのように46-bは驚くべき迷彩の能力を持っている。擬態は、ライオン魚、海蛇やクラゲなどの15種の水生生物の形態に変化する。さらに、生物46-bはこの能力を一歩進める。パダル−カ博士は人間のダイバーの形の生物を目のあたりにした。彼らはそれが彼らに向かって泳ぐチームメンバーだと思った。その生物に最も近かった海洋生物学者の科学者は、生物がその形を再現し、彼を断片化したとき、生命を失う第二の研究者となった。
 
この時点で探検隊長のA.M.イェラギンは生物を捕獲するために標本タンクを使用することを決めた。チーム唯一の女性メンバーであるマルタ・カラシュニック博士は46bを誘うのに用いられた。彼女が魅力的だったからではなく、プロのアスリートであったからである。彼女は自分を守る能力が優れていると判断された。罠は成功したが、海獣の腕の一つが彼女を脅かした、クラシュニックは身を守るために彼女の斧を使わざるを得なかった。
 
パダルーカ博士によると、人食いが浮上した時、それはソ連安全保障省によって直ちに没収された。国際報道機関は何も発見されなかったと伝えられた。穴の入り口は塞がれた。ロシア大統領ウラジミール・プーチンは今、先史時代の海獣の毒を武器にしようとしている。
 
■ Sherry Shrinerから
 
・ 南極の人々の救助と本当に起こっていること。
 
南極の現況と生物に一体何が起こっているのか.....そして彼らはそこにいるみんなを避難させているのか?軍隊もその途上にある。
 

https://youtu.be/GaWSDn6I3s0

 

 

Marins Realityより
 

 

何故、南極に禁止があるのか?(理由はあなたに衝撃を与えるだろう)
 
https://youtu.be/43bS8zaYAMM
 

---------------------------------------------------------------------------------------------
なんか、よく分からない。分からないことばかりです、南極については。
 

 

サウジのアークとはどういう関係があるのでしょうか?
 
この大タコが全員避難騒動の原因なのかどうかもわからない。

そんな大タコが生きてゆけるだけ、獲物がいるということでしょうか?
 
疑問ばかりで、コメントになりません。
 
「嗚呼、悲しいではないか!」  2017-04-10 18:00:00
---------------------------------------------------------------------------------------------

 
∞ 「嗚呼、悲しいではないか!」さん、お手上げのようです。しかし、コーリー・グッド氏の「コズミック・ディスクロージャー」の記事をお読みになると、彼の疑問は少しは解けるかも知れませんね。
 
(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | 世界変革 | 19:06 | comments(0) | - | - |
COBRAアップデート (2017/04/07) 惑星情勢の最新情報
∞  トランプ大統領によるシリアへの攻撃の影にキメラグループがいたようです。(-_-;)
 
 


 

COBRAアップデート
2017年4月7日
 
惑星情勢の最新情報


キメラ・グループの掃討は続いています。光の勢力は、すべてのプラズマ異常やプラズマ・トップレット爆弾、ベールに関わる全てのプラズマ・スカラー技術とともに、ヤルダバオートの頭を集中的に取り除いています。迫る敗北を自覚して、キメラはカギとなるライトワーカーやライトウォーリアへのプラズマ攻撃をエスカレートさせました。
 
銀河連合とアシュター・コマンドによる光の勢力は水曜日に、地表に近いところのプラズマ異常の全力除去を精力的に始めました。隔離区域内で、銀河連合軍が介入する度に、キメラはそれに誘発されて反撃しました。キメラはまず、アメリカと北朝鮮との間の核攻撃合戦を引き起こそうとしました。

 


 
実際に水曜日に、地下基地の一つで限定的な核攻撃合戦が起き、キメラグループ配下の一定数のドラコを蒸発させました。しかし、光の勢力にしてみれば、地表での超小型核爆弾はともかく、それ以上の規模の核攻撃合戦は決して許されないものです。
 
核攻撃の継続が無理だと悟ったキメラは、通常兵器による世界戦争の誘発を頼りにしました。
 
アルコンとイエズス会のネットワークを通じて、彼らはトランプに圧力をかけて、シリア攻撃を促しました。
 


 

 

トランプは国会の承認を得ずに攻撃を命じましたが、これは明かな合衆国憲法違反です。
 

アメリカのこの軍事行動は、アルコンによるパルミラ奪還作戦への加勢になりました。パルミラは、シリアのペンタグラムにおいて極めて重要なヴォルテクス要所です。
 

 


 


---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要: アメリカのミサイル攻撃に合わせて、ダーイシュ(IS)は新たなパルミラ攻撃を開始したが、シリア軍に撃退された。
---------------------------------------------------------------------------------------------

https://www.rt.com/news/383826-isis-used-us-airstrike-syria/
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要: ダーイシュはアメリカのミサイル攻撃をパルミラ攻撃に利用した。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
闇の勢力の狙いは、トルコとイスラエルをこの紛争に巻き込み、中東での全面衝突に発展させることです。
 
彼らはプーチンが挑発に乗せられることを期待しています。でも、プレアデスの優れた軍事戦略家とつながっているプーチンはおそらく、アメリカとの直接対決を避け、外交・国際世論やシリア軍への軍事サポートを使ってうまく交わすことになるでしょう。
 
イドリブでの化学兵器攻撃というのは、トランプがシリア攻撃に使った口実ですが、それが偽旗作戦であることを国際社会は徐々に気づき始めています。
 
http://russia-insider.com/en/politics/real-justice-syria-gas-attack-moscow-submits-evidence-new-resolution-unsc/ri19455
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要: ロシアは米英仏の提出したずさんな書類に対して、火曜にシリアのハーン・シャイフーンで使われた化学兵器についての証拠付きデータと真実を国連安保理に提出。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
https://sputniknews.com/middleeast/201704051052334782-idlib-chemical-attack-no-facts/
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要: シリア軍の化学兵器使用への非難に使われたデータを作成したと言われる「シリアの人権監視団体」は、実際はロンドンに存在しており、状況を監視することは不可能である。トランプは真相究明に全く興味を示さずに行動を起こした。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
http://theduran.com/confirmed-chemical-weapons-in-idlib-were-stashed-by-terrorists/
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要: 化学兵器を使用したのはテロリストであることが確認済み。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
https://sitsshow.blogspot.com/2017/04/ron-paul-says-chemical-attack-in-syria-makes-no-sense-all-signs-point-to-a-false-flag.html#more
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要: 元下院議員ロン・ポールいわく、「シリアでの化学兵器攻撃は全く意味不明。偽旗にしかみえない。」この化学兵器攻撃に関わっていたのは、白いヘルメットを被っていた正体不明の部隊でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
∞ ↓リンク先はエラーになります。
http://www.veteranstoday.com/2017/04/06/swedish-medical-associations-says-white-helmets-murdered-kids-for-fake-gas-attack-videos/
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要:スウェーデン医師会によると、ホワイトヘルメットを被った犯人が偽ガス攻撃で子供を殺害と証言。(動画があるみたいですが、なぜかVeteranTodayのウェブサイトがダウンしている。攻撃されているかもしれません)
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
http://humansarefree.com/2017/04/chemical-weapons-attack-in-syria.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要:化学兵器攻撃が起きた僅か数時間後、調査もしていないのにNATOがシリア政府を犯人と断定。
---------------------------------------------------------------------------------------------

トランプの崇拝者たちもようやく酔いが覚め始めたころでしょう。
http://www.mirror.co.uk/news/politics/donald-trump-bombed-syria-biggest-10178367
---------------------------------------------------------------------------------------------
記事摘要:トランプの最大の支持者であるイギリスの独立党党首、ナイジェル・ファラージはトランプのシリア攻撃に対して、朝からえらく立腹した。トランプ支持者の多くは裏切られたと感じた。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
光の勢力はあらゆる手段を使ってこの軍事紛争の激化を極力抑えるでしょう。著しい激化が短期的に起きるかもしれないが、規模は限定されるだろうというドラゴン筋の見方もこれを後押ししました。レジスタンスはこの状況が火曜日にピークを迎えることを予想しました。
 
女神は平和を望んでいます。だからきっと平和になるでしょう!
 
P.S. この最新報告と、その次のより重要な「平和瞑想」についての記事を投稿しようとしたとたん、世界中のブロッガー・サーバーが数時間もダウンして、記事の掲載を遅らせました。
 
実に興味深い「偶然」ですね。
 
Victory of the Light!
翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
By  PFC-JAPAN 3:30:00 2017年4月8日

 
∞ 「銀河連合とアシュター・コマンドによる光の勢力は水曜日に、地表に近いところのプラズマ異常の全力除去を精力的に始めました。隔離区域内で、銀河連合軍が介入する度に、キメラはそれに誘発されて反撃しました。キメラはまず、アメリカと北朝鮮との間の核攻撃合戦を引き起こそうとしました」
水曜日というと2017/04/05ですね。その日に光の勢力が”地表に近いところのプラズマ異常の全力除去を精力的に始めた”とあるので、対キメラ戦略は、光優勢のままに前回のCOBRAアップデートの情報より大分進展しています。
2017年2月12日の「コブラ近況報告」によると、
 
「キメラ・グループの掃討は続いています。最近、太陽系の状況が大きく前進しました。光の勢力は太陽系とその先にあった殆どのプラズマ異常を除去することができました。残ったプラズマ異常やトップレット爆弾の大半は、地球の中心から直径1.5倍以内の領域に溜まっている」
 

という状況で、それが、約2ヶ月後の4月5日の時点で、”地表に近いところのプラズマ異常の全力除去を精力的に始めた”に変わりました。おそらく、このペースでいくと遅くても残りの地表から地底領域のキメラグループは今年中には全て除去される可能性がありますね。(^_^)♪
「実際に水曜日に、地下基地の一つで限定的な核攻撃合戦が起き、キメラグループ配下の一定数のドラコを蒸発させました。しかし、光の勢力にしてみれば、地表での超小型核爆弾はともかく、それ以上の規模の核攻撃合戦は決して許されないものです」
既に地下基地での核攻撃も起きているようですね。
「アルコンとイエズス会のネットワークを通じて、彼らはトランプに圧力をかけて、シリア攻撃を促しました。・・・トランプは国会の承認を得ずに攻撃を命じましたが、これは明かな合衆国憲法違反です。・・・アメリカのこの軍事行動は、アルコンによるパルミラ奪還作戦への加勢になりました。パルミラは、シリアのペンタグラムにおいて極めて重要なヴォルテクス要所です」
このことは、国会の承認無しに攻撃を開始したトランプ大統領の大失点であり、彼が目先の情報に惑わされて状況判断を誤り、しかもアルコンの手伝い迄する羽目になるという事態を引き起こしています。
(-_-;) トランブチャン カンジョウ ノ オモモク ママ デ ハ イカンゼヨ。
「光の勢力はあらゆる手段を使ってこの軍事紛争の激化を極力抑えるでしょう。著しい激化が短期的に起きるかもしれないが、規模は限定されるだろうというドラゴン筋の見方もこれを後押ししました。レジスタンスはこの状況が火曜日にピークを迎えることを予想しました」
光の勢力の支援が無ければ、より深刻な事態に陥り、我々の次元上昇は消滅したかも知れませんね。(-_-)
”著しい激化が短期的に起きる・・・それは火曜日にピークを迎えると予想”
これに対してPFCは、日本時間は4月11日火曜日15時08分から平和瞑想を行います。皆さん、挙って参加してくだいね。(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | PFC-JAPAN*_コブラ | 19:16 | comments(0) | - | - |
新生地球の宇宙での役割 (2014/09/17)
∞ コブラのアップデート最新版(英文)4月7日分がUPされています。現在翻訳待ちです。(^_^)
 

 
新生地球の宇宙での役割
2014年9月17日


地球が物質的にもアセンションしてのち、地球が果たす役割があります。それが、地球の人類が創造した‘闇体験’を他の宇宙存在たちにも追体験させること。
 
「地球は生きた図書館になる」ということを聞いたことがありませんか?
 
闇体験は、宇宙のなかで、他のどの惑星も経験したことのないもの。その闇体験のデータ保存場所。闇の体験をホログラムで追体験するための図書館に地球は、なってゆくのです。
 
過日の記事で、
 
>生命は、創造主が生みだしたすべての現象を体験するための探究をみずから辿り、行わずにはいられません。それが、創造主へと向かい、近づき、創造主とひとつとなる。つまり、じぶんも創造主の一表現である。創造主=じぶん・・を、生きる、ということなのです。
 
と、書かせていただきました
 
創造主 = じぶん
 
どこまでもどこまでも創造主を体験しつづけること。創造主が創造するものには際限がありません。人間は、いまだそのすべてを体験し、知るには至れません。だから、どこまでもどこまでも探究しつづけるのです。探究しつづけ・・それでもいまだ知らぬ世界が観えてくるならそれも体験したい。新たに‘無知’であることに気づいたならそのことも知りたい。
 
そうして新たな体験をし新たな叡智にたどり着くたび、人間存在は、創造主に近づいてゆきます。エネルギー的に、拡大することができるのです。どこかで探究を止めてしまったなら、その先へと進むことはできません。でも人間は、進むことを止めることなどできないのです。なぜなら人間は創造主でもあるから・・。創造主は、人間をはじめあらゆるカタチをとって、生命を探究しつづけているから・・。
 
アトランティス時代、宇宙に闇のエネルギーが生まれたこと。たとえ闇であれ、創造主が生みだした世界であるなら、そのすべての体験を、生命はみずからも経ずにはいられません。闇を体験する、という、新たに生まれたチャレンジは、今後、地球に生きた人類以外の人間存在にとっても体験せずにはいられない探究となります。さらに闇をも体験し、みずからのエネルギー場・・エーテル体・・に、その闇の体験を刻み付けること。いまや、すべての宇宙存在にとって、地球の闇体験は、自らも体験したいと誰もが望むことなのです。
 
闇のなかで、死にもの狂いになって必死に生きてきたわたしたち地球人類にとっては、ちょっと理解しがたいことかもしれませんね?
 
「こんな辛いこと、こんな苦しいこと、こんな残酷なこと・・体験したいなんて、どうして自ら望むものですかっ!!」
 
これが、この自らの肉体をもって闇のなかを生きてきた人類の、率直な想いというものでしょう。
 
・・そう3次元ホログラム地球の闇の体験は過酷でした。だから、後々、この体験をもって探究しつづけようというすべての宇宙存在のために、人類は、みずからの体験を、地球奥深くに、記録しつづけたのです。
 
今後、他の存在たちが、じぶんたちのような辛く苦しい想いをしなくてもすむように・・身体や心に生々しい痛みや傷を負わなくてもすむように・・ただただデータとして、その体験を、ひたすら地球に刻み付けました。
 
人類の闇の体験はすべて、地球のクリスタルにデータとして記録、保存され、今後は、その刻み付けられたデータをホログラム体験することで、すべての宇宙存在たちは、闇体験を、みずからのエーテル体に記録することになります。そう、もう誰も、生々しい傷みを負うことなく、闇の記憶を、自らのエネルギー場に、持つことができるのです。
 
この世界のすべては、エネルギーです。闇の体験をエネルギーとして記録するには、だれかが本気で闇を体験し抜くしかありません。だから人類は、高次であるじぶんを忘れ、高次の肉体には存在しない‘感情’と‘思考’というエネルギー場を生みだしました。
 
人類が抱く‘恐れ’。。これは、感情と思考が生みだすもの。感情と思考によって生じてゆくドロドログチャグチャの低次のエネルギー体験に、人類は敢えて、みずからを任せたのです。
 
そうして恐れを基調とした闇体験は、すべての人類を通し、あらゆる時代、あらゆる世界、あらゆる分野、あらゆる感情、あらゆる思考、あらゆる・・・のなかで体験されつくされました・・このままでは地球は壊れてしまう、というところまでも・・。
 
高次であるじぶんを忘れ、みずからの肉体を使っての生々しい傷み、痛みの体験はもう、この地球でお終いです。これからは、それらの記録を追体験する・・というカタチでの闇体験が行われてゆきます。
 
地球の人類のおかげで、今後、宇宙の全存在たちが、感情や思考を通さずに、闇の体験をエーテル体にデータ記録するだけで、済むようになったのです。それはつまり、思考や感情による生々しい痛みや苦しみを経験せずに、闇体験ができる、ということ。そうして闇の記録をみずからに刻み付けることで、今後だれもが、闇体験のその先の探究を、続けることができるようになったのです。
 
宇宙存在たちが、この地球のアセンションにおいて、どうしてこれほどまでに地球の人類の功績を称えるのか、そのわけが、わかりましたでしょう?わたしたち地球の人類ひとりひとりの体験がどれほど大切で貴重であるか・・。わたしたちを見守り導いてくれた宇宙存在たちのほうがきっと、わたしたち人類よりも、その体験の偉大さに、感動しているのかもしれません。
 
「アント゜ロメダ・ミラ」
 

∞  タイトルが「新生地球の宇宙での役割」という意味がお分かりですね。(^_^)/
 
「地球が物質的にもアセンションしてのち、地球が果たす役割があります。それが、地球の人類が創造した‘闇体験’を他の宇宙存在たちにも追体験させること」
 
つまり、地球は”生きた図書館”になるということです。
 
その為に、我々は仮想現実世界という太陽系規模の3次元ホログラム世界に自分の意識を投影して、その世界を体験するという実験に志願して参加することにしたのです。
 
つまり、アトランティス時代に宇宙に闇のエネルギーが生まれたことで、自らのエネルギー場であるエーテル体にその闇の体験を刻み付けることは、創造主に近づくために、すべての宇宙存在にとって体験したいと誰もが望むことであったのです。従って、志願した存在達の中で選抜が行われ、地球の輪廻サイクルに参入したのです。
 
その体験は実宇宙ではなく、非常に緻密に創られた3次元仮想現実世界という、実世界から見ると実宇宙に浮かぶ太陽系規模の隔離された特殊な時空間になります。その3次元仮想現実世界に本当の自分の自意識を投影して、闇の体験を、今現在続けているのです。
 
しかし、この描写はETさん達の過去のETさん達からのメッセージや関連する書籍等、多くの情報をもとに、かなり個人的主観をいれて想像(創造)しているので、実際、本当にそうなのかという疑問があることは承知の上で展開しています。ですが、ここは、この真実は我々が新時代へ移行した時点で理解されることとして、ご容赦願います。(-_-;)
 
ともかく、我々の仮想現実世界は、我々の次元上昇にて崩壊することになり、そして次元上昇=真実の世界、また真実の宇宙に我々は還ることになります。それは、まるで長い夢を見ていたと言う感じの目覚めになります。(^_^)/
 
余談ですが、我々の仮想現実世界は意識世界とすれば、今世界で起きているあらゆる事象は全ての人達による意識の産物と見做されますから、我々の現実では不可解なことも、当然、起きることになりますね。(^_^)






 
posted by: Michi&Mirai | アンドロメダ・ミラ | 19:27 | comments(0) | - | - |