Calendar
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    mirai (11/04)
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    レッグ (11/04)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
9次元アクトゥリアン評議会 (02/20) 地球と太陽からのアップグレードとダウンロード
∞ アクトゥリアン評議会も「2020年内のアセンション」に同調してきました。(^_^)♪

 

 

9次元アクトゥリアン評議会
2020年2月20日
 
地球と太陽からのアップグレードとダウンロード
 
 
“ご挨拶申し上げます。私たちはアクトゥリアン評議会です。私たちは皆様と繋がれる事を嬉しく思います。
 
私たちは、皆さんに、この送信をもたらすのにふさわしい瞬間を窺い、待ち、感じてきました。そして今や、その瞬間が私たちの手中にあるのです。太陽や地球から来るエネルギーの処理方法が変化している事を伝えることに興奮しています。皆さんはついに、皆さんの惑星地球が待ち望んでいた存在になりました。スターシードやワンダラー/放浪者だからこそ、殆どの人々は長い間、丘に上がった魚のように余所者(よそもの)の感覚を持っていましたが、皆さんが全て自分自身で非常に多くの仕事をし、太陽や地球が与えるエネルギーをあなたやあなたがたを通して、私たちには経験したことのない精密さでダウンロードしてアップロードする経験をする程に、皆さんのチャクラをクリアリング/浄化した今、その感覚は変わりつつあります。
 
つまり、地球(の意識)が5次元に上昇するという意図に皆さんは同調して調整したことを意味し、皆さんの惑星地球と共にアセンションするという経験をするのに完璧な存在であることを証明した事になります。あなたがたは地球のエネルギーの波(※)にうまく乗っているので、全てが阿吽之息の如くカチッと音をたててうまく作動し、太陽から入ってきたアップグレードを受けられるようになっています。恩恵を受ける為に、外へ出る多くの機会を作って、太陽の光を浴びる必要は余りありません。天から来る美しい光の中で太陽を眺めたり、一日何時間も過ごす必要はありません。日差しが少し入れば、ライト٠ボディのモード/形態に留まり易くなるようなアップグレードが受けられます。
 
あなたがたは肉体上に於けるハイアーセルフになることを容易にしました。皆さんの中にはクリアリング/浄化やプロセッシング/処理加工過程を行う必要がある時に、これがどのように可能なのか疑問に思っている事を知っていますが、クリアリングとプロセッシングについて知っているという事実だけでも、皆さんは地球や太陽が提供する高い周波数に身をオープンにしておく事がいかにうまく行えているかについて理解できると思います。
 
あなたがたは、皆さんのDNAにその銀河の歴史を刻み込んでいるにも関わらず、自分が地球人であることを受け入れる準備が出来ています。シリウスやプレアデスや私たちアルクトゥルスの恒星系など、銀河の至る所にある多くの星系と繋がりがあると感じても、です。あなたがたには、まだ、地球上での血統もあります。あなたがたはこの血統をアセンションの故郷にしたいと思っていました(宇宙での転生生涯を思い出せなかった時期が長かった為)。あなたがたが創造している5次元への最後の前進の為に、あなたがたが(あらゆる生命体を包括するガイア:地球のエネルギーの)マザーシップ(※)に乗っていると言う目覚めた人々がいることを彼女地球は、非常に喜び、誇りに思っています。地球上で生き、発散されるあらゆるエネルギーの調和を体験する素晴らしい時期であり、私たちも皆さんをとても誇りに思っています。
  
私たちはアクトゥリアン評議会です。私たちは皆様と繋がれた事を楽しんでいます。”
 
Daniel Scranton blog 2020年2月19日投稿(日本時間)
D٠スクラントン
 
(※)◼地球のエネルギーの波
     ◼マザーシップ
      両方とも同じ意味です。言い換えです。 UFOでは有りません。地球意識の事です。
 
∞ 「・・皆さんが全て自分自身で非常に多くの仕事をし、太陽や地球が与えるエネルギーをあなたやあなたがたを通して、私たちには経験したことのない精密さでダウンロードしてアップロードする経験をする程に、皆さんのチャクラをクリアリング/浄化した今、その感覚は変わりつつあります」
 
私達の‘チャクラをクリアリング/浄化’ は私達が太陽や地球が与えるエネルギーを精密にダウンロードしてアップロードすることによって行われた様ですね。
 
「地球(の意識)が5次元に上昇するという意図に皆さんは同調して調整したことを意味し、皆さんの惑星地球と共にアセンションするという経験をするのに完璧な存在であることを証明した事になります」
 
地球意識が5次元に上昇することにスターシードの皆さんが同調して、「地球と共にアセンションする」という本来の目的を実現することになります。しかも2025年頃と予定されていたことを5年も早めたという功績は高レベルで評価されるべき事でもあります。(^_^)v♫
 
「あなたがたは地球のエネルギーの波(※)にうまく乗っているので、全てが阿吽之息の如くカチッと音をたててうまく作動し、太陽から入ってきたアップグレードを受けられるようになっています」
 
‘太陽から入ってきたアップグレード’とはソーラーフラッシュ(ソーラーイオン化ガンマフォトン光粒子ビーム)のことです。それを私達は2020年内に複数回(段階的に3回程度!)受けて、私達の意識レベルを五次元意識に上げて肉体をタンパク質の炭素ベースから、光の炭素ベースであるダイヤモンドの結晶周波数にアップデートさせて光次元の「AENAステラボディ」に変容させます。
-----------------------------------------------------------------------------
我々に向けられているソーラーイオン化ガンマフォトン光粒子の到来するビームは、人間の原子核を切り開く能力を持ち、その化学結合をシフトし、私たちの原子構造のメイクアップをまさに変更します。 私たちの原子構造のこの再配置は、細胞をより複雑な結晶構造にモーフィング(変形、変態、変容の意)します。これにより宇宙のすべてのデータが人間の体のコンピューターに文字通り流れ始めるようになることが可能です。
-----------------------------------------------------------------------------
 
「恩恵を受ける為に、外へ出る多くの機会を作って、太陽の光を浴びる必要は余りありません。天から来る美しい光の中で太陽を眺めたり、一日何時間も過ごす必要はありません。日差しが少し入れば、ライト٠ボディのモード/形態に留まり易くなるようなアップグレードが受けられます」
 
↑このことはしっかり覚えていて下さい!(^_^)ネッ
 
※阿吽之息(あうんのいき)の意味・使い方。吐く息と吸う息。複数の人が共同で作業をするときのお互いの微妙な調子。またそのとき、気持ちが通じ合い、ぴったりと息があうこと。
 
「・・あなたがたは肉体上に於けるハイアーセルフになることを容易にしました」
 
これは、私達が今の肉体のままに5次元の存在に変容するということのようですね。これはこの宇宙開闢以来と言うべきことのなのかについては情報不足です。(^_^;)
 
「・・皆さんのDNAにその銀河の歴史を刻み込んでいるにも関わらず、自分が地球人であることを受け入れる準備が出来ています。・・あなたがたはこの血統をアセンションの故郷にしたいと思っていました」
 
私達が現在地球に転生してきた「スターピープル」であるとしても、地球は私達の「アセンションの故郷」であり、私達は地球人でもあると言うことのようです。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | mediedのblog | 10:56 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:56 | - | - | - |