Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
RV/インテルアラート:「債務免除」 (04/18)
∞  情勢は良い方向で推移しています。(^_^)♪

 


 
RV/インテルアラート:「債務免除」
2019年4月18日
 

ノートルダム大聖堂火災は4月15日に発生しました。
 
アブラハムリンカーンは4月14日に死亡し、(※)1871年法は彼の死後に可決された。
 
1871年の法はクーデターでした。
 
タイタニック号は4月14日から15日に沈没し、そのすぐ後に連邦準備法が可決されました。
 
連邦準備法は、カバールが中央銀行を介してアメリカの経済の支配を引き受けることを許可した。
 
ノートルダム大聖堂の火事の後に何が起ころうとしているのでしょうか?
 
一方、世界の貿易量は今や2008年の金融危機以降と同じくらい最悪です。
 
これらは、カバールの債務ベースの金融システムが債務の増加により崩壊しつつあるという兆候です。
 
システムの1つの中断は全体の構造を崩壊させるでしょう。
 
情報筋によると、機密情報開示はシステム内のこの中断を引き起こすかもしれません。
 
機密情報開示はミューラーレポートの全開示後に開始される予定です。
 
負債ベースの金融システムに代わる新しい公正な量子金融システム(QFS)が導入されています。
 
Basil III (※バーゼルIII)と犬僚犁鬚呂海亮汰の一部です。
 
量子金融システムはGESARA準拠の金融システムです。
 
量子金融システムが実施されると、※繁栄プログラムと世界信託からの世界的な支払いが始まります。
 
すべての借金が赦(ゆる)されると、支払いが行われます。

すべての国が、独自の債務免除および支払いを行います。
 
RVの状況は、イベントが展開しているため現在保留中です。
 
「人生はそれがどんなに粗いものであっても旅である。それはあなたの魂のための学習経験である。嵐はすぐに終わり、太陽が出るだろう。」


∞ 今回の記事の一部についてフォローしました。
 
※1871年法とは?
 
あなたはそれを知らない方がいいかもしれませんが、1871年に議会はアメリカ合衆国の国民に対する裏切りともいえる法律を可決しました。私はここで 「合衆国」 を表記するのに united states という小文字を使います。それは、これが合衆国の創立者がつくった本来の憲法に書かれた 「合衆国」 の表記法であるからです。
 
さて1871年の法律では、それに基づいてcorporation がつくられました。そしてこの会社には、なんと大文字で 「the UNITED STATES OF AMERIKA アメリカ合衆国」という名前がつけられたのです。この会社が我々の創立者がつくった実際の (united states of America) アメリカ合衆国とは異なる法律上の entity[実態]であることを示すためにそうしたわけです。
 
1871年当時アメリカ合衆国は内戦を終息させたばかりでしたので、連邦政府はお金を必要としていました。そこで外国の銀行家と英国の王室はアメリカ合衆国会社 the UNITED STATES OF AMERICA corporation の大多数の株式を買い、その株式と引き換えに財政危機にあえいでいた連邦政府にお金が入りました。そして残る少数の株式は、J・Pモルガンとヴァンダービルトを含むアメリカ人によって購入されました。このような会社はもうひとつつくられました(1913年に発足した私企業「連邦準備制度理事会」です)が、合衆国の敵が政府に関係し、つながっている会社を所有することによって我々の国を「合法的」に支配することができるようになったのは、この時からです。
 
こうして1872年には、このオリジナル(original)憲法を保全する責務をもった国務長官が憲法の偽造に許可を与え、この時からふたつの重要な手口で憲法上の表現を変えることによって合衆国憲法は骨抜きにされました。この偽造はオリジナルに似せてそれをすりかえる方法で、憲法上の言葉 united states を United States に変えたり、また、憲法のタイトルそのものを変えてしまったのです。今の「憲法」はもはや元の憲法と違って、我々の主張と自由を守るものではなくなってしまったことは確かです。
 
ここには、我々の憲法の条文中のタイトルが変わって、現実に、法的に巨大な違いが生まれることになったひとつのTINY WORD(小さい語)があります。本来の憲法は The Constitution for the united states of America (アメリカ合衆国のための憲法)と称されました。偽造されたものは The Constitution of the United States of America (アメリカ合衆国の憲法)という名称を与えられました。
 
ここで for が of に変えられたことは、我々の父祖たちがイギリスと戦って勝ち取った本来の憲法に記されていた我々の主権と神から与えられた大きな力が我々のためのものではなくなり、我々の国 the united states of America が産み出したものがイルミナティの支配する英国女王の株式会社 the United States of America に略奪されるようになったことを意味しています。
 
一部の人々は、最初の憲法に記されていた言葉が変わったのは偽造によって取り替えられたというよりはむしろ字体を小文字から大文字に変えた alter だけであったと思っています。しかし、アメリカ人に対して犯されたこれらの詐欺についてのより多くの詳細を伝える論文があります。これらの論文はいずれも書き変えられた憲法の問題点を論じています。
 
いずれにせよ、暗黒の陰謀に加担した一部の官僚たちが我々の国を騙し、外国の銀行家たちから詐欺の報酬を受け取っていたというのは本当です。私は、我々がこれについて真実を与えられるだろうと告白されました。本来の憲法は今も失われることなく無傷のまま存在しますが、それはNESARAの発表がなされた後で広く知られるようになるはずです。
 
さて、以上のように私はアメリカ人を騙し続けてきたこのとんでもない詐欺について説明してきましたが、ここであなたに良い知らせをお伝えします。およそ10日前(※初版は2008年8月31日です)、「アメリカ合衆国 the UNITED STATES OF AMERICA」という名で知られている法律会社が世界裁判所 [オランダのバーグにある国際司法裁判所] の内部で違法活動をしていることが証明され、ただちに解散するよう命令されました。なにしろ、「アメリカ合衆国」はこれまで我々の政府を支配してきたイルミナティの世界支配の主たる武器でしたから…今やこの巨大な悪の巣窟に遂に解散命令が出されました。(以下略)
 
Mutual Aid Japan 道(真理)の実践」さんより転載させて戴きました。
 
※ バーゼルIIIは、主要国の金融監督当局で構成するバーゼル銀行監督委員会が2010年9月に公表した、国際的に業務を展開している銀行の健全性を維持するための新たな自己資本規制のこと。 ∞ バーゼル犬呂泙声汰されていないようです。
 
※ 繁栄プログラムは以前お知らせした繁栄プロジェクト資金のことです。これは世界中の人々に世界の信託基金から1千万程度が支払われる言うことですが、その詳細はまだ分かりません。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 19:56 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:56 | - | - | - |