Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
エリック君が語る (03/09) ”自分の正しさばかりを主張する人との付き合い方”
∞  久しぶりのエリック君です。(^_^)

 


 
エリック君が語る
2019年3月9日
 
”自分の正しさばかりを主張する人との付き合い方”

登場人物
母: エリックのお母さん。この番組のMC.
エリック: アストラル界の住人。
 
正しさを主張したい気持ちは、どこから来るか
 
母: 今日は、自分が正しくありたいと感じる気持ちについて聞きたいんだ。それって、サバイバルのための自己防衛本能じゃないかと思うんだけど、進化のプロセスっていう観点で見ると、どうなの?
 
エリック: ママの言う通りだよ。かつて、人類はサバイバルする上で、決断力が非常に重要だったんだ。なにしろ大昔は、正しく決断できなければ、死んじゃうからね。
 
母: ふむ。それが発端だったとしても、今みたいにエゴイスティックな主張になったのは、なんでかしら?「自分の方が正しくて、君は違ってる」みたいな。
 
エリック: 人間が集団で暮らし始めた頃、正しさとは、サバイバルに直結するものだった。正しければ、グループの長になれるし、グループの長になれば、他のグループと戦って勝ち、さらにいい暮らしにつながるからね。でもそういうサバイバルは、もう必要じゃないけど。
 
母: だけど、正しくありたい人っているじゃない?私も昔はそうだったけど、子どもを5人も持つと、自分のエゴばかり主張できないのよね。
 
エリック: そうだね。常に正しくなくちゃいけないって気持ちは、無知に由来することが多いね。つまり人生経験が少ないか、情報が足りてないんだ。自分の方が正しかったとして、常に相手がそれを理解する必要はないんだよ。自分が正しいと思われたいのは、人間的な未熟さだ。もちろん言ってることが正しくても、だからと言って、相手に気まずい思いをさせてまで主張することはないよね。
 
子ども時代や前世との関係
 
母: それって、子ども時代の経験に関係したりする?
 
エリック: 生まれつきの性格のこともあるし、育つ環境に起因することもある。「正しくないと、人として駄目」っていう育て方をされると、正しさの基準値がすごく高くなる。それから兄弟姉妹が何人もいると、その中で一人か二人は、自分の正しさにこだわる子が出てくる場合がある。
 
母: うちの長女がそうだわ。カオスな両親と5人の兄弟姉妹の中で育ったから「自分がしっかりしないと」って思っちゃうのよね。
 
エリック: でも生まれつきの性格のことも多いよ。だいたい前世が絡んでる。軍人や政治家だったなら、正しくないとまずいからね。
 
母: でもさ、どっちの方が正しいかではなく、どっちもありっていう可能性だってあるじゃない?
 
エリック: 自分の意見だけを正しいと主張するのはどうかってことだよね。実際には正しい、間違っていないことでも、多くの人は自分の意見は正しい理由に基づくと思いたがる。その人の現実の中ではそうかも知れないけどね。
 
母: エリックは正しい間違ってはいないっていつも言うけど、たとえば「今日は寒い」とか、「気温は8℃だ」っていうのは、誰にとっても正しいでしょ。
 
エリック: それは意見じゃなくて、事実だ。どの動物が犬で、どれが猫かみたいな。そうじゃなくて、自分の正しさを主張し、自分の視点を分かってもらいたいと思いたがる人がいるって話でしょ。
 
しなやかさを獲得するレッスン
 
母: 正しさにこだわる人と、別にどっちでもいいって言う人には、どんな違いがあるの?
 
エリック: 忍耐力。学ぼうとする意志。あとは、単に争いが嫌いな人もいる。いくら自分が正しいと分かっていても、争うのが嫌だからという理由で声を上げない人もいるよね。単なる性格の違いで、もちろんそこから学ぶことはあるだろうけどね。自分の間違いを認められないなら、それは恥ずかしさに関係してる。間違うのは自分が十分じゃないからだと思うのは、それはそれでストレスがたまるよね。何を手放すべきなのか、きちんと考えた方がいい。
 
母: でも、どうしても自分が優位に立ちたい人っているじゃない?自分が正しくて、相手が間違っていると決めることで、自分の方が優れていて、価値があると思いたいみたいな。
 
エリック: その通りだよ。自尊心の問題だよね。そういう人は、たいてい自尊心が低くて、実は自分に自信がないことも多いいんだ。もちろん、知識があって、正しいことを言えるっていうのとは違うよ。
 
母: 自分の間違いを認めたり、柔軟に意見を変えることの方がよっぽど難しいし、そういうしなやかさは大事だと思うわ。
 
エリック: そのプロセスこそ、本当に学びだよね。
 
母: 私は昔、いつも自分が正しくないと気が済まなかった。そういう両親の元で育ったのよ。それですごく苦労したから、自分の意見は一旦置いといて、いろいろな立場でフレキシブルに物事を眺めるように練習したの。
 
エリック: そうそう、練習が大事なんだよね。人と話してる時にイライラしたり、議論になることが多い人は、ぜひやってみるといいよ。最初にひらめいたことをそのまま言わず、一呼吸入れてみよう。
 
母: 逆にそういう人の周りにいる人は、どうすればいいの?
 
エリック: あんまりひどいようなら、関係から離れた方がいいね。でもその人が親しい相手で、君が大切に思っているなら、きちんと言葉にして伝えるといいよ。
 
メタフィジックス通信」 2019年3月19日
 

∞ “自分が正しいと思われたいのは、人間的な未熟さだ。もちろん言ってることが正しくても”
(-_-) フムフム。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 08:37 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:37 | - | - | - |