Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    mirai (11/04)
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    レッグ (11/04)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アントワイン (12/14) 炎のような光とリキッドライト
∞  黄金は黄金色の光が高密度化したもの!(O_O) ワォ !

 


アントワイン
2018年12月14日
 
炎のような光とリキッドライト
 

紫の炎、ANの白い火や大天使ミカエルの青い炎のような炎のような光は広く知られており、ここ数十年地球上で使われています。とはいえ、リキッドライト/液状の光の使用はそれほど広がっていません。
 
炎のような光とリキッドライト/液状の光は高次元のエネルギーであり、物質的リアリティの源泉です。例えば、黄金の光は黄金という物質(そして、他の黄金色の結晶)が作り出される要素なのです。文字通り、黄金は黄金色の光が高密度化したものなのです。同じことは銀にも言えます。そして、多くの結晶にも言えます。実際、同じことが全ての物質にもあてはめることができるのです。物理学では、各々異なった原子は異なった周波数で振動していることが知られています。これらの周波数が色調に対応しているのです。ですから、全ての物質的原子は様々な色の光の周波数が高密度化して現れたものなのです。
 
私たちがこれらの色調を帯びた光を瞑想、視覚化、意図などで用いる時、何らかの現実や事実が私たちのより高次のボディ(四次元、五次元およびそれ以上の次元あるいは言葉を換えれば、エーテル界、アストラル界、ソウルなど)の中で起こるのです。これらの色調を帯びた光はより高次元のボディによって転送され、これらの界(エーテル界、アストラル界など)に直接的効果をもたらしているのです。そして、間接的には物質的リアリティに対しても効果を及ぼしているのです。なぜなら、物質はいつも、物質界と他の界との間を流れて行き来しているのです。
 
 
 
このことの実際の例としては、いつも黄金の光を使っていると、物質としての黄金を引き寄せる助けとなり得ることが挙げられます。とはいえ、本当の黄金のエネルギーと黄金色の事象は、本当は財政上の事象ではなく、ハイア―セルフ/ソウルのエネルギーの転送に関する事象であることを理解することは良いことです。太陽あるいは衛星から光が発せられている(訳注1)ようなものなのです。これが古代文明において黄金が広く利用されている根源的理由なのです。
(訳注1:太陽や衛星を本当のエネルギー/ハイアーセルフ/ソウルに、そこから発せられる光を色調を帯びた光/我々ロウワーセルフと考えればわかりやすい。)
 
色調を帯びた光を炎あるいはリキッド/液の形(訳注2)で用いることは、エネルギーに特別な/差異化された要素的な質(訳注:一なるものの法則のラーの言葉を借りればdistortion/歪み)を付与することになるのです。いくつかのケースでは、炎のような光を用いるだけでなく、リキッドライト/液状の光を用いてバランスを取ることが非常に有益なのです。特にエネルギーフィールドに敏感な人々で、そのことによって、現代のライフスタイルからもたらされる多くの刺激や緊張によって疲れたり負担が過度にかかったりしてしまう人々にとって、リキッドライト/液状の光はより優しく、慰めになり、滋養を与え、女性的な性質を持っているのです。水がまさしくこのリキッドライト/液状の光の性質を保有しているのです。リキッドライト/液状の光は刺激のバランスを取り、炎のような光を浄化するために非常に有用なのです。
(訳注2:古来日本に伝わる神道霊学において、このことは詳しく伝えられている。日本では古来、霊を時と場合に応じて、”霊=ヒ=火”、”霊=ミ=水”、”霊=チ=地(物質)”と使い分けて呼称している。これは万物全てがソース=根本霊に由来するものであり、根本霊の動的機能としての男性霊と女性霊の睦(むつ)み具合によって霊→火→水→地→水→火→霊と千変万化することを伝えているのである。)
 
 
有名な紫の炎の他に、多くの色調とその組み合わせを用いることができます。単純な光の形でも、炎のような形でも、液状でも、それらのミックスでも用いることができるのです。ここにいくつかの例を挙げておきます。
 
虹色のリキッドライト/液状の光は非常に強力なエネルギーでとてもとても有益で、多くの宇宙的存在やスターファミリーによって、たくさん使われています。いろいろと有益なのですが、それはワンネスの意識を創り上げる助けとして、変容をもたらしたり、癒しをもたらしたりするにも非常に良いのです。
 
 
白い真珠様のリキッドライト/液状の光は非常に効果の高い女神的な存在感を保有しています。それは優しい滋養に富んだ調和と平和と白ターラ菩薩や観音菩薩のような女神の元型のエネルギーなのです。これは白い火と非常に良い組み合わせとなり、補完する関係となっています。
 
 
明るい水色のリキッドライト/液状の光もまた、純真と喜びと連帯感のエネルギーを伴っており、素晴らしく慰めと癒しをもたらします。
 
 
他にもいろいろとあります。みなさん、自由にこれらを試してください。色々な存在が様々な時に馴染みとなる多くの可能性があるのです。
(訳者補足:炎のような光/flames of ightとリキッドライト/liquid lightはそれぞれ、直射光と散乱光に例えられるだろう。前者は晴れた日の日光を、後者は曇りの日の日光を想像していただければよい。曇りの日の霧のような光をイメージしながら、そこに虹色なり真珠色なり明るい水色なりの色調を乗せてあげれば、アントワインの言う虹色のリキッドライト、白い真珠様のリキッドライト、明るい水色のリキッドライトを再現できるであろう。)
 
「former-spiritual-light」 
 

∞  「炎のような光とリキッドライト/液状の光は高次元のエネルギーであり、物質的リアリティの源泉です。例えば、黄金の光は黄金という物質(そして、他の黄金色の結晶)が作り出される要素なのです。文字通り、黄金は黄金色の光が高密度化したものなのです」
 
光が“物質的リアリティの源泉”は人によっては‘新しい概念’となりますね。(^_^)
 
「物理学では、各々異なった原子は異なった周波数で振動していることが知られています。これらの周波数が色調に対応しているのです。ですから、全ての物質的原子は様々な色の光の周波数が高密度化して現れたものなのです」
 
光の周波数の高密度化が物質的原子になるのならば、私達が物質と認識する物の全ては原子で構成され、その原子は振動する高次元のエネルギーでつくられているということです。つまり、この宇宙の全ての物質は根源のエネルギーから創造されていると言えます。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | former-spiritual-lighter | 11:17 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:17 | - | - | - |