Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    (09/15)
  • インテルアラート(09/02)
    mirai (09/03)
  • インテルアラート(09/02)
    SK47 (09/03)
  • 「+」領域、「−」領域、そして「+−」が融合した領域 (2014/12/15)
    hitomi (08/27)
  • バーバラマーシニアック (08/24) プレアデスからのメッセージその2 意識的に生きるとは?
    tarou758 (08/25)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    mirai (08/24)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    yukiya (08/24)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報
∞ 現時点での「フルディスクロージャー」は時期尚早か?(-_-)

 


 
世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報
2018年8月8日
 
 
まずは”緊急警報GCRによる共和国の再興”です。
https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2018/08/restored-republic-via-gcr-update-as-of_7.html
 
本日も紹介したいような記事が見当たらないのでご紹介しません。
 
次に”通貨評価替え/機密情報 警報”です。全訳します。
https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2018/08/operation-disclosure-gcrrv-intel-alert_7.html
 
世界は地政学的には個々にGESARA法を支援すべく変化した。
 
全ての個々の地政学的出来事は同盟とカバールとの間の主導権争いなのである。(ジンバブエでの選挙がその例である。)
 
注記:同盟は一つの特別な組織ではない。それはカバールに対抗して戦っているあらゆる善意の集団を記述するために用いられている用語に過ぎない。
 
GESARAは世界中の人々に対して静かに導入されつつある。
 
悪いことはもうたくさんだ!
 
世界中の50%の人々でさえまだ完全に覚醒していない。
 
この時点でのフルディスクロージャーは集団ヒステリーとカオスをもたらすだろう。そして、このことはカバールが再び力を得る有利な状況を利用する機会を与えることだろう。
 
人生におけるバランスはすべてのことへの鍵である。
 
複数の情報筋によれば、RVのリリースに関して長老たちの間で合意に至った。
 
RVは人々を前へ進ませる私的な秘密のイベントとなろう。
 
RVの開始は人類を前進させ、全体的なカバールの敗北の前兆となるだろう。
 
GESARAはRV後に布告されるだろう。
 
戦争は終わるだろう。第二のニュルンベルク裁判(訳注:ニュルンベルク裁判は第二次世界大戦後にナチス帝国の戦犯が裁かれた裁判である。)が始まるだろう。
 
封印された起訴状はこの時点で開封されるだろう。
 
これより私見です。
 
本日の”通貨評価替え/機密情報 警報”は示唆に富んだ内容のように思います。
 
同盟はフルディスクロージャーが時期尚早だと見ているようです。
 
フルディスクロージャーを実施するには人々がまだ十分に目覚めていないと、フルディスクロージャーを実行するために人々の心のバランスを取る必要があると言っています。
 
同盟はこのまだ目覚めていない人々の心のバランスを取る個別的なイベントとしてRVを考えているようです。
 
カバールによって不当に低く評価されている各国通貨の評価額を本来あるべき価値にRV/Revaluate/再評価することによって、カバールによって人々から奪われた富を人々に返還することによって、人々に金銭的豊かさ、物質的豊かさを与えてまず、人々の飢餓感、欠乏感、貧困感を癒やすことが先決だと考えているようです。
 
これをまずやらなければ平和な社会の実現やアセンションのことを語っても無意味だと考えているようです。
 
そこで、人々の物質的飢餓感、欠乏感、貧困感をまずはRVを起こすことによって癒やそうと考えているようです。
 
その後にGESARAを施行して不公平のない、搾取のない、貧困のない社会を構築する。
 
それから、フルディスクロージャー→宇宙人とのコンタクトやアセンションに進んで行くのではないでしょうか?
 
また、今回の文脈からは大量逮捕がどのタイミングで行われるのかがよく分かりません。
 
しかし、同盟が従前のシナリオ通り、RVの発端としてジンバブエの金本位制への移行を考えているのであれば、カバールの石油ドルの価値を暴落させなければ勝ち目は薄いのです。
 
この石油ドルを暴落させるにはカバールの悪事の暴露によるカバール金融体制への信頼性の失墜が必要になるでしょう。
 
そのためにはカバールの罪の露見を必死になって防いでいる米国政府内に巣喰うカバールの排除が必要になってきます。
 
このようなカバール残党は狡猾にも法の盲点をついて悪事を行っており、なかなかしっぽをつかませません。
 
このようなカバールの排除をしなければ封印されたカバールの起訴状の開封はままなりません。
 
このようなカバールの排除に大きな役割を果たしそうなのが、先ほどご紹介したオメガフェニックス作戦です。
 
コブラの最新投稿によると、どうもこの作戦がいよいよ動き出しそうな情勢です。
 
Qが設定した11月11日の勝利パレードの日に向かって事態は着々と進んでいるように思えます。
 
ちょっと休憩
 
ワーグナー作曲/脚本  楽劇「トリスタンとイゾルデ」より 「イゾルデの愛の死」

https://youtu.be/5kukLn-V6gs 
 
リヒアルト・ワーグナー(1813-1883)はイタリアのジュゼッペ・ヴェルディと並び称される偉大な歌劇作家であるとともに、脚本家としてもロマン派の文学作家の顔を有していました。
ワンネスの愛の至福の境地の中での個性の終焉を歌うこの楽劇の掉尾を飾る本曲は、次から次へと目まぐるしく転調する半音階的上昇によってその前人未到の境地を見事に表現しています。
 
spiritual-light」NEW!2018-08-09 00:05:00


∞ 「同盟は一つの特別な組織ではない。それはカバールに対抗して戦っているあらゆる善意の集団を記述するために用いられている用語に過ぎない」
 
もし、同盟が、リーダー不在で、すべての事案が協議制とすれば、今の情勢のスローテンポな推移は理解できます。でも、光の勢力は地上社会の崩壊が多くのライトワーカーのボディの崩壊まで引き起こしている現状を見て、今年5月にベータタイムラインからガンマタイムラインへとシフトして地上のライトワーカーならびにライトウォリアーに対して、トップレット爆弾を誘爆させないように直接的な物理的介入を可能にしました。そして今、オメガフェニックス作戦が動き出そうとしているようです。その強力なバックアップとなるのが8/11日に世界的に行われる私たちが参加できる集団瞑想です。

「コブラが呼びかけた8月11日の自由への鍵瞑想が成功すれば、北極圏の基地に逃げ込んだキメラの残党も逮捕されるでしょう。トップレット爆弾の除去も進むことでしょう」
 
となれば↓
 
「フルディスクロージャーは集団ヒステリーとカオスをもたらすだろう。そして、このことはカバールが再び力を得る有利な状況を利用する機会を与えることだろう」
 
と言う事態に陥ることもなく、さらに光の勢力な適切なアドバイスも期待できますから、
 
「同盟はフルディスクロージャーが時期尚早だと見ているようです」
 
は修正されるべきであり、また「時期尚早」に固執するならば闇さんたちの残党がまだ居残っている可能性があるでしょうね。

 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | - | 17:06 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 17:06 | - | - | - |