Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
      (10/27)
  • フルフォードレポート (10/22)
    mirai (10/24)
  • フルフォードレポート (10/22)
      (10/24)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    (09/15)
  • インテルアラート(09/02)
    mirai (09/03)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ (06/01)
∞ 世界の本当の動きは見た目ではわかりません。(^_^)/




 
マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ
2018年6月1日

 
あなたの周りの空間は何も無いように見えますが、生命とは多くの異なったレベルで存在しているので、実際は様々な形態の生命に溢れています。あなたは理解しやすいように、次元という風に分けていますが、実際1つ1つのバイブレーションの間には、明確な分割が無く、滑らかに別のバイブレーションと融合し合っています。 あなたは、高いバイブレーションの愛のエネルギーを投影する能力を身に付けた結果として、より高いレベルのバイブレーションに到達します。常にその高いレベルを保つことであなたは、周りの低いバイブレーションの影響を受けなくなるくらいの、レベルにまで進化することができます。 それは、あなたがバイブレーションを上げれば上げるほど、より強力なあなた自身の光によって保護されるからです。あなたの現在のレベルだと、高度に進化した光の魂の前に立つ際には、彼らがバイブレーションを下げないとなりません。
 
人間にとっての最大の挑戦は、エゴ(自我)との折り合いをつける事です。 多くの人は、自らの行動がエゴによってどれだけ左右されているかを理解していません。エゴは、実際に全ての状況において自分を最優先に置く程に自己を支配したり、自己に代わって行動することができます。 それは、他者のニーズを考慮せずに「利己的」であるという事です。あなたは、エゴが全ての事に対して自分を最優先にする事に、特に異論はないでしょう。 しかし、自己を最初に置くことは、他の人がそれを経験する権利を否定することになりかねない為に、その状況を変えたい場合は、意思決定の際に他の人のことも考慮する必要があります。あなたが本当に、自分自身と同じように他の人を愛することができるようになったら、それは普遍的な愛を実践するという点で、あなたがとても進化したという証しです。 もう、自己を優先する積極的なエゴの必要性よりも、仲間に対する真の愛の方が上回るという事がお分かり頂けたでしょうか?
 
地球のバイブレーションが引き続き上昇する事で、それは愛と光の中で働く人々にもっと力を与えます。逆に、闇の存在は力を失い、人類が光に向かって進むのを妨げることができなくなります。 高次元の他の多くの存在は、あなたが進歩し新時代を完全に生きるのを、助ける機会を待っています。革新的な進歩は、あなたが獲得した資格であり、思っているよりも早くあなたのものとなるはずです。 あなたを、新時代へと更に躍進させる為に、多くの準備がされており、今は地球上にいる事自体がとってもワクワクする時です。あなたの周りを見るとそうは見えないかもしれませんが、より高いレベルからは、新しい事を皆さんに紹介する丁度いい機会を、今か今かと待っているように見えます。 あなたが目標をしっかりと定め、それに集中する事が重要で、そうする事で目標の実現が早まります。
 
長期的にみると、闇の存在に邪魔された事であなたが失うものは何もありません。何故なら、進歩が多少遅延するというだけのことです。近い将来には、導入準備が進められている一連の先進技術を楽しむようになります。 結果として、人生はよりたやすくなり、あなたは本当にやりたい事を追求する自由が与えられます。おそらく最も歓迎されるのは、全ての病気やそれによる弊害が、もはや人種を苦しめなくなることです。中には、 既に高齢者であっても健康を保っている方がいますが、老いの問題は徐々になくなるでしょう。高齢者の中には、他の人ほど、早く老化しているようには見えない人もいます。 それは、健康的な生活をしているという事と、病気と老化が、必ずしも一緒ではないという信念を持っている点が鍵を握っています。あなたの思考の力はますます強くなっているので、その点にご注意ください。あなたはご自分で思っているよりも、はるかに人生をコントロールできるようになっています。
 
あなたは今までよりも、ずっと早く進化しています。そして、以前よりもずっと偉大な魂になるでしょう。それは、そのように計画されているからで、常にあなたの運命(さだめ)であり、多くの高次の存在が、成功を達成するのを助けています。闇の存在達は、あなた方を闇で包み込み、本来の能力を、「闇の中」に閉じ込めるように努めました。いわゆる古い魂たちは、自分自身の魂の進歩を感じており、振動を上げるのに役立つ経験を持っています。そして、いわゆる若い魂たちは、実際には、より大きな経験をもって生まれてきている魂であり、まもなく、みなさんにすばらしい新しい発明を紹介できるよう、進化を早めるべく積極的にスピードアップに貢献するでしょう。もう、進歩の邪魔をするものは何もありませんし、真実を隠すことはできません。驚くべき新技術がもう間もなく導入されますので、楽しみにしていてください。
 
物事は、いくつかの異なるレベルで非常に急速に変化し始めています。それは、来るべきものに対する、あなたの準備を整えるのに必要な新しい理解の領域へとあなたを連れて行く流れの一部です。混乱と矛盾を通してあなたを古い時代から抜け出させ、道を見つける為に存在していた戦いと争いは、すぐに消え去るでしょう。それによって、あなたの人生の質を高める多くの歓迎すべき変化が起こることが可能になります。これまであなたは、特に何の変化も感じていなかったかもしれませんが、今回ある地点を通過した事で、素晴らしい成果の恩恵を受ける寸前まで来ています。成果が実感されるまでには時間がかかりますが、多くの進歩の為の準備が整っていますし、その多くは待った甲斐があったと思えるものです。
 
皆さんは、地球に生まれる前に、ご自分の人生計画について既に話し合い、直面するであろう課題についても認識しているという事を思い出してください。最初に成功しなかったとしても、その結果に耐える能力があると分かっていて、ご自分で同意した事です。例え失敗しても、次にうまくやる為の機会は何度も与えられますし、成功するまで手伝ってくれる存在もいます。カルマは決して罰ではありません。それは、失敗した挑戦を克服するためのチャンスであり、そうする事であなたの進化を後押ししてくれるものです。あなたがカルマをクリアしたときの直接的な利点は、より高い次元へ進むために進化し続けることができるという点です。あなたが低い振動から自由になれたとき、あなたはもはやクリアするためのカルマなど存在しないレベルに滞在する事になります。
 
未来があなたを招いていますが、未来はあなたが関わったすべてのネガティブな事柄からあなたを解放します。経験は、あなたの進化を助けてくれたので、最も歓迎されるものですが、この経験のおかげであなたは、あなたの足跡(そくせき)に従う他の人を助けることもできます。あなたは低次元に戻る必要はありませんし、高次元で平和と幸福を見つけるでしょう。すぐにあなたは低次元での困難な時を忘れ、それは最終的に遠くに消えるでしょう。 以前少し伝えましたが、奮闘している魂がそのジレンマを解決し、光の存在を見つけるのを助けるために、中には低い次元に快く戻る存在がいます。極端に言えば、光がほとんど存在しないレベルに入るということです。それは非常に大変な役目のために、多くの場合はエンジェル的な存在がその任務を請け負います。
 
進歩に関して言えば、一見ゆっくりと進んでいるように見えるかもしれませんが、見えない舞台裏では、未来の実現に向けて多くのことが起きています。私はあなたに愛と祝福を残し、そして光はあなたの日々を明るく照らし、あなたを完全なる自己へと導くでしょう。このメッセージは、私の中の神聖なる自己、高次の自己を通して頂いたメッセージです。すべての魂は、神の御魂と繋がっています。
 
愛と光の中で
マイク・クインシー
 
訳:NINA&JUN
 

∞ 抜粋しています。
 
「・・次元という風に分けていますが、実際1つ1つのバイブレーションの間には、明確な分割が無く、滑らかに別のバイブレーションと融合し合っています」
 
つまり三次元空間という定義ではなく、多次元的な意味で多重空間としてみると無数の振動が重なっている空間であり、時に他の振動と融合しあっている多次元空間ということになりますね。
 
ここの解釈は人によって異なるかも知れませんが、同じ空間に“様々な形態の生命に溢れている”ならば振動数(密度)の違いという認識が妥当かと思います。
 
「・・あなたがバイブレーションを上げれば上げるほど、より強力なあなた自身の光によって保護されるからです。あなたの現在のレベルだと、高度に進化した光の魂の前に立つ際には、彼らがバイブレーションを下げないとなりません」
 
高速で振動しているものに触れようとすれば跳ね返され、場合よっては怪我をします。もし、それが私たちに近い振動数まで下がれば物理的に接触することが可能になります。従ってプレアデス人が個人所有の空き地に着陸してコンタクトする場合は彼らの振動数をある程度下げる事になりますが、それでも結構眩しくみえるかも知れませんね。
 
「・・エゴは、実際に全ての状況において自分を最優先に置く程に自己を支配したり、自己に代わって行動することができます」
 
エゴは三次元二極世界で自己を守るために機能します。
 
「・・あなたが本当に、自分自身と同じように他の人を愛することができるようになったら、それは普遍的な愛を実践するという点で、あなたがとても進化したという証し・・」
 
仲間に対する真の愛 > 自己を優先する積極的なエゴの必要性
 
「地球のバイブレーションが引き続き上昇する事で、それは愛と光の中で働く人々にもっと力を与えます。逆に、闇の存在は力を失い、人類が光に向かって進むのを妨げることができなくなります・・」
 
闇さん達は上昇する振動に追従することはできません。従って、見かけ上でも彼らのパワー低下は明らかです。

「・・今は地球上にいる事自体がとってもワクワクする時です。あなたの周りを見るとそうは見えないかもしれませんが、より高いレベルからは、新しい事を皆さんに紹介する丁度いい機会を、今か今かと待っているように見えます」
 
今、世界を見てもいつもと同じ世界のようにみえますが、その実、水面下で多くの光のイベントの準備が進行中であることを知って下さい。
 
「・・高齢者の中には、他の人ほど、早く老化しているようには見えない人もいます。 それは、健康的な生活をしているという事と、病気と老化が、必ずしも一緒ではないという信念を持っている点が鍵を握っています・・」
 
例え、60代以上の高齢者であっても、新時代に移行後は思考力により自分の肉体をコントロールすれば老化を止めることも可能であり、また先進医療科学である程度の肉体の若返りも可能になるでしょうし、またアセンションに向けて肉体の結晶質への変態も加速するでしょうから、アセンションを目指す全ての人々は自分好みのライトボディを得ることになります。
 
「・・いわゆる古い魂たちは、自分自身の魂の進歩を感じており、振動を上げるのに役立つ経験を持っています。そして、いわゆる若い魂たちは、実際には、より大きな経験をもって生まれてきている魂であり、まもなく、みなさんにすばらしい新しい発明を紹介できるよう、進化を早めるべく積極的にスピードアップに貢献するでしょう・・」
 
古い魂たち、ここでは若い世代以外のグループになりますが、彼らは、ここ地球で闇さん達の支配の中、振動数を上昇させて光へ移行するというイベントを成し遂げたという特別な経験を持ちます。この経験はこれから先、地球と同様に闇さん達の支配下にある別な太陽系の惑星でその住民達を光に導くという任務に大いに役立つことになります。
また、20代迄の若い世代は“より大きな経験をもって生まれてきている魂”であり、私たちの進化を早めるべく新時代への移行をリードしていく存在達です。
 
「物事は、いくつかの異なるレベルで非常に急速に変化し始めています。それは、来るべきものに対する、あなたの準備を整えるのに必要な新しい理解の領域へとあなたを連れて行く流れの一部です。・・今回ある地点を通過した事で、素晴らしい成果の恩恵を受ける寸前まで来ています」
 
世界の流れは私たちにとって、非常によい状況にあるようです。


(^_^)/
 
posted by: Michi&Mirai | マイククエンシー | 07:57 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 07:57 | - | - | - |