Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NASAサイト データ サービス停止 (2018 年 1 月 28 日)は7月になっても終わりませんね。多分、太陽周辺でよほど公表したくない事が起きているのかも知れませんよ。(^_^;)
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    (09/15)
  • インテルアラート(09/02)
    mirai (09/03)
  • インテルアラート(09/02)
    SK47 (09/03)
  • 「+」領域、「−」領域、そして「+−」が融合した領域 (2014/12/15)
    hitomi (08/27)
  • バーバラマーシニアック (08/24) プレアデスからのメッセージその2 意識的に生きるとは?
    tarou758 (08/25)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    mirai (08/24)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    yukiya (08/24)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (08/20)
    mirai (08/22)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (08/20)
    林 (08/22)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
エリック君が語る 神とは誰か (06/06)
∞ いい!記事です。是非、お読み下さい。(^_^)/
 



 
エリック君が語る 神とは誰か 
2018年6月5日
 

その1.神の特徴あれこれ
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
登場人物
母:    エリックのお母さん。この番組のMC。
エリック: アストラル界の住人
キム:   スピリットと話す霊媒
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
神とは、あらゆる生命であり、今この瞬間のすべて
 
母: エリック、シンプルな質問なんだけど、神って何?
 
エリック: まず僕が言いたいのは、ママ、大好きだよってこと。
 
母: 私だって大好きよ。忘れないでね。
 
エリック: よし、挨拶終わり。じゃあ始める。
 
母: 準備完了ね。
 
エリック: まず、神とは生命だ。それから現在だ。てことで、以上。何か説明いる?
 
母: もう少し頼むわ。
 
エリック: 神とは、今という瞬間だ。今、君が周りを見回して、そこに生命を持ち、進化するものがあれば、それは神だ。すなわち、目に前のすべてが、神の現れだ。神は人格を持たない。人物じゃない。神はあらゆるものの中にある生命だ。
 
母: 分かりにくいな。
 
エリック: 神は、今この瞬間のすべての中に存在する。でも、僕らは神とのワンネスを求めながら、人類に立ちはだかる存在として神を考える。こういう考え方は、キリスト教をはじめとする、多くの伝統的な宗教の中にあるでしょ。「あの時あんなことをしたから、罰が当たった」なんて言ったり。
 
母: 天罰だとかね。
 
エリック: でも神とは過去ではなく、常に現在だ。それから未来についても同じ。僕らは、未来のことを祈るのが好きだけど。

母: 時間は存在しないって言われても、私たちが理解するのは難しいよ。
 
エリック: 神とは、僕らの外側にいて、過去や未来を司る存在じゃない。神は、僕らの内側にいる。今この時そのものであり、あらゆる生命の呼吸の一つ一つの中にいる。
 
母: 神はすべてだから、私たちも神の一部ってこと?
 
エリック: そうだよ。
 
創造主としての神/宗教の中の神
 
エリック: 宗教の中には、人間は無力な存在で、それより大きな存在として神を考える教えがある。でも実際は、みんなが神の現れなんだ。神の現れとしてのママ。神の現れとしてのキム。神の現れとしてのエリック…。
 
母: みんなが創造主ね。
 
エリック: 君が創造主であり、創造主が君を通じて自分を表現していると考えると、あるがままを受け入れればいい。起きることは、起こるべくして起きているから、後悔する必要もないんだ。
 
母: なるほど。
 
エリック: でも人間には難しいんだよね。「ちょっと待って、どういうこと?説明してくれないと分からない」なんて言って、そこを越えた部分を受け入れられないんだ。一歩下がって、ハートの中で受け入れるんだよ。
 
母: それぞれの宗教の神様は、どうなるの?
 
エリック: 宗教っていうのは、神という存在を理解するための人間的な方法だよ。どの神が一番優れているなんていうのはない。合ってる間違ってるもない。神を理解しようとする試みが、それぞれにあるだけだ。
 
神とは、永遠に続く連鎖反応
 
母: 神はすべてっていうことは、神はエネルギーなんでしょ。すべてはエネルギーって言うじゃない?それに「神は愛なり」だから、つまり、神は愛のエネルギーなんでしょ。
 
エリック: 神は 愛だ。純粋な愛だ。でも、それは動詞だ。名詞じゃない。
 
キム: 今、エリックが見せてくれてるのは、絶え間ない進化を続けるエネルギー。一つの行動があって、そこから反応が生まれて、それがずっと続いていく。
 
エリック: すべては起こるべくして起きている。それは宇宙のオーケストラだ。起こるはずのないことは、起きる可能性もない。だから後悔もしなくていい。
 
母: でもそれって、運命ではないんでしょ。私たちには自由意志があるから。
 
エリック: 人間は、自分にとって好ましくないことが起きると、運命だとか、神の裁きだと考える。実際は、エネルギー的なシンクロが起きているだけなんだ。
 
神とは、あらゆる光と色と音楽
 
母: 神様は見た目や姿を持たないの?
 
エリック: 神様は、ママの見た目をしてるんだよ。
 
母: じゃあ天国で会ったら、どうなるの?
 
エリック: 神は、彼でも彼女でも、人でもない。神はすべてだ。すべての光を集めた存在だ。
 
キム: 彼、光のスペクトラムのことを言ってるみたい。
 
エリック: 色は音楽を持つ。それは神からできている。人間の目では見えない色もある。
 
キム: サードアイで見るってこと?
 
エリック: 感覚なんだ。感じることで、理解する。視覚として見ると、人は分析してしまうから、時々、ダイレクトな体験の妨げになる。ただ感じればいいんだ。
 
キム: だから音楽と似てるのね。
 
エリック: 音楽を聞くと、単純に気分が盛り上がるだろ。そのあり方が、まさに神そのものなんだ。
 
神は傷つく?
 
キム: 神の光が損なわれることはあるの?
 
エリック: 神は、自己修復機能や自然治癒力を持つ。僕らがそうであるように。
 
母: 私たちも、自己修復機能を持つの?
 
エリック: その通りだよ。そうやって、僕らは自分で病気を治すんだ。
 
キム: なんだか胸がいっぱいになるわ。
 
エリック: 多くの人が不必要な病気を経験するのは、自分の力、つまり内なる神の力を否定してしまうからだ。神はここ(胸に手を当てて)にいる。でも多くの人が、神とは自分の外側にいて、崇拝すべき対象だと教えられて育つ。そうじゃない。自分の内側の神を受け入れることで、僕らはどんな病気でも、克服することが出来るんだ。
 
母: 光が完全に消えることはあるの?
 
エリック: 弱まることはある。それは悪いことじゃない。闇が悪いと言うのも、人間が作り上げた神話に過ぎないよ。
 
その2.神の計画とメッセージ
 
二元論は進化のため
 
母: 宇宙に善悪がないって言われるのは、すべては神だからでしょ。
 
エリック: その通り。ひどいことをする人がいるように思えるのも、自由意志のバリエーションなんだ。
 
母: それは、スピリチュアルコントラクトでもあるんでしょ。集合や個人に学びを与え、成長させるために、悪役を演じるっていう、一種の自己犠牲。
 
エリック: そうだね。赤しか色のない世界なら、他の色をどうやって知ればいい?
 
母: 対比が必要ってことね。
 
エリック: 自分の中の神を知るためには、二元論は必要じゃない。でも、進化のためには必要なんだ。
 
神の意思と自由意志
 
母: 神の裁きとか、運命みたいなのはないんでしょ。
 
エリック: 神の意思と自由意志について説明しよう。僕らが神であり、創造主であるということは…。
 
キム: それらは同じものってことね。
 
エリック: 神がキムを通じて自分を経験しているとする。でも自分の人生をどう生きるかは、キムが自分で決定できる。つまりここで神の意思とは、キムの自由意志の形で現れると言える。
 
キム: 神の現れがいろいろあるように、神の意思も、個別の自由意志の形をとるのね。
 
母: なるほど。
 
神の計画は、どのようなものか
 
母: 神には、目的とか計画みたいなものがあるの?
 
エリック: 人間レベルの話?それとも、宇宙レベルの話?
 
母: 両方聞きたい。
 
キム: 今、エリックが、宇宙の絵を見せてくれてる。ビッグバンみたい。つまり、どんな小さな生き物も、微生物も、あらゆる動物や植物も…
 
エリック: そう。あらゆるすべてが神の異なる現れであり、神の記憶へと戻る意識だ。僕らは完全な全体に進化する道のりを歩んでる。
 
キム: 歯車が回っている絵が見える。
 
エリック: すべては、より高次の意識、つまりワンネスへと進化していく途上だ。たとえ個別の自由意志があるとは言え、究極的には、バイブレーションが上昇していく。そして最後のピースが揃えば、ビッグバンが起きる。
 
キム: 真っ白な光が見える。すべてが吹き飛んで、ひとつの意識、ひとつの全体になっている。
 
母: 神の一部になるってことね。
 
エリック: 神は無限だ。物理的な形は変わっても、その背後にあるエネルギーがなくなることはない。
 
キム: さっきも見たイメージが出てきた。何か行動があって、そこに反応が生じて、それが続く。永遠の連鎖反応。
 
エリック: 無限の可能性なんだ。
 
母: 人間やそのほかのものは、神が作ったの?
 
エリック: 自分を経験するためにね。
 
母: 自分を経験する?
 
エリック: 男性、女性、猫、犬、蝶々など、神はあらゆる形で自分を経験する。どうして海に、数々の生物が存在すると思う?どうして森に、これほど膨大な数の昆虫がいると思う?そうやって、神があらゆるレベルで自分を経験しているからだ。
 
母: つまり神は愛だから、愛をいろんな色のスペクトラムで経験する必要があるってこと?
 
エリック: そう。普段、人間は脳の10%しか使っていないって言われるけど、フルスペクトラムで使うなら、意識は純粋な全体を知ることができる。それと同じ。
 
神に会いに行く
 
母: エリック、神を見たときのことを手短に話してよ。
 
エリック: それはね、もうすべての苦しみがふっとぶような経験だった。手放すことを選ぶまでもないんだ。そのエネルギーの中、愛の中、気づきの中に入る。ひたすら純粋で高いエネルギーだ。
 
キム: なんだか鳥肌が立ったわ。
 
エリック: 想像してみてよ。ある部屋に一歩入ると、太陽が君に完璧な方法でキスしてくれる。熱さも、冷たさもない。ただ完全に抱きしめられる。その中で、自分の偉大さを思い出す。どんな心配もない。すべては、自然に洗い流されてしまう。その至福の中で、自分とはあらゆる場所にいる存在だと知る。
 
キム: 今見せてくれてるのは、文字通り光の中にいるところ。その光は、あらゆるレイヤーに及んで、すべてが白に包まれる。
 
母: その感覚って、肉体にいる間にも体験できる?
 
エリック: できるよ。完全じゃないけど。瞑想とかね。光の届かない部分を、光で洗い流すんだ。
 
神からのメッセージ
 
母: 神さまって、チャネリングできるの?
 
エリック: もちろんだよ。
 
母: キム、やってみてよ。
 
キム: いいわ。エリック、手伝ってね。
 
母: 神様が、人類をどう思っているか知りたいわ。
(長い沈黙)
 
キム: すごく重たいエネルギーが来てる。体がすごく重たい。でも静かな重たさって感じ。
 
母: ふむ。
 
キム: 絵で表すとしたら、波みたい。向こう側を透かして見ることはできない。光が形になって現れたみたいな。
 
母: 面白い。色はついてるの?
 
キム: ちょっと白っぽくて、虹色にも見える。
 
母: すごい!
 
キム: とても静かなの。ジャッジメントがまったくない。すべてを受け入れて、理解してくれる。なんでかと言うと、それは知ってるから。自分として受け入れてくれる。それは、私たちがここで成し遂げようとしていることでもある。私たちは、あらゆるレベルで完全な自分を経験するために、ここにいる。その時、自分の中の神を知る。
 
母: 人類にメッセージはありますか?
 
神: 自分と一つになってください。私と一つになるのではありません。自分と共にいるのです。自分と議論することが少なくなれば、そうなれます。争いや悲しみを作り出すレイヤーを取り払い、ハートの中に地上の天国を築いてください。
 

∞ 「自分と共にいるのです。自分と議論することが少なくなれば、自分と一つになれます」
「あるがままにあれ!」ということですね。 (^_^)v

(^_^)/ eene !
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 08:36 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:36 | - | - | - |