Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    mirai (12/02)
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    m (12/02)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
      (10/27)
  • フルフォードレポート (10/22)
    mirai (10/24)
  • フルフォードレポート (10/22)
      (10/24)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アントワイン (05/07) 女神ドゥルガー 統合と神々の母
∞ 地球の開放を支援している女神ドゥルガーのお話です。(^_^)




 
アントワイン
2018年5月7日
 
女神ドゥルガー 統合と神々の母
 
 
女神ドゥルガーは非常に強力な光(注1)の存在でこの惑星の開放を支援しています。彼女の伝統的な神話においては、邪悪な存在が地球全体を支配しており、また天界の支配をも開始していたのです。神々と女神たちはこの邪悪な存在を阻止できるほど強くはありませんでした。そこで、神々と女神たちは解決策を見出すために話し合いました。その話し合いの最中に、宇宙の神々の母の声が高次空間の奥深くから聞こえてきて、彼らの力を統合すべきだと伝えたのです。そして、その統合されたエネルギーを通じて彼女は転生し、平和を取り戻すであろうと言ったのです。そして、全ての神々と女神たちは光の一なる存在として融合し、女神ドゥルガーが生まれました。彼女は全ての悪を破壊し、この宇宙に平和と自由を取り戻します。
 
(注1:アントワインの原文ではLightであり、大文字で始まっており、単なる物理的な光/小文字で始まるlightという意味では用いてはいない。ソースより流出し、高次界を貫いて物質界にまで到達している高次光線を意味していると共に、各種存在がソースと繋がっている状態をも意味していると解される。これとは反対に糸が切れた凧(たこ)のようにソースとは繋がっていないまま勝手気ままに活動している状態が闇である。)
 
この神話はタントラ(注2)の真実を象徴的に表しています。その真実とは、私たちの統合された力がこの惑星に光を取り戻すために必要であるということであり、どのようにライトワーカーが共通の目的のために共に働く必要があるかであり、どのように私たちの内面的様相がお互いに繋がって活性化され均衡を保つ必要があるかということなのです。
 
(注2:タントラはサンスクリット語で織物という意味であり、タントラと称する織物には多くの場合、曼荼羅や男女神の交合の様子が描かれている。タントラは男性エネルギー(斥力、推進力、分離力、遷移力などの側面を包含している)と女性エネルギー(引力、制止力、統合力、安定力などの側面を包含している)というソースから流出した根本的なエネルギー対が様々に織りなすエネルギーの織物がいかに宇宙の諸様相を紡ぎ出していくかを象徴したものなのである。)
 
最近、親友の一人が私に、同じ真実を別の言葉で語ってくれました。「僕たちは誰も完全な絵など持ち合わせてはいない。僕たちはそれぞれのライトワークで一つのビーズ玉、一つの真珠、一つのクリスタルを作っている。そして、最後にそれらを持ち寄って神々の母のためにネックレスを作ることになる。」
 
(注3:であるからして、ビーズを作っている人が真珠を作っている人を見て「あなたは間違っている。あなたは闇の存在だ。」などとは簡単に言える代物ではないのである。物質的次元における差異に囚われることなく、その奥底に潜むエネルギー的な本質を見極めるセンスを身に着けるべく努力すべきである。)
 
女神ドゥルガーのエネルギーはこの内面的・外面的統合を強力に支援し、光を取り戻します。彼女はまた強力な護り手であるとともに強力なヒーラーでもあります。私たちは個人的あるいは惑星的事情によって彼女を呼び求めることができます。
 
インドラ神は神々にお辞儀をして彼らの問題について彼らに伝えました。インドラ神が話を終えた時、その場所全体に一つの声、強く音色の美しい声が反響しました。その声の主は偉大なる女神にして神々の母であるマハーデヴィでした。その声はこう告げました。

「子供たちよ。偉大な力を創り上げるためにはあなた方の力を共に使いなさい。三人の女神が一緒に来るべきです。私は一つの偉大なる女神の形態のうちにそこへと転生することでしょう。彼女にあなた方の全ての力を捧げるのです。彼女はあなた方の全ての問題を解決するでしょう。」この言葉を聞くや否や、三人の女神−サラスワティー、ラクシュミー、カーリーがほほ笑んだのです。彼女たちは全てこの偉大なる女神が転生したものなのです。彼らの母は、全ての悪を破壊するのに十分な強さの力を創造することを望みました。するとこの三人の女神は合体したのです。
 
彼女たちが共に来た時、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァが強力な白い光を放ちました。そしてその光は合体した三人の女神たちと融合したのです。その光は神々をもってしても見ることができないほど強烈だったのです。
 
この光から千本の手を持った一人の女性が現れました。この女神は凶暴に見えると同時に美しくもありました。
 
この女神はマハーデヴィと同じ音色の強い声で自己紹介しました。「私はドゥルガー(ドゥルガーはサンスクリット語で“無敵”を意味します。)です。私は神々の母の生まれ変わりで、全ての悪を破壊するためにここに来ました。」
神々と女神たちは皆、ドゥルガーを見て彼女に挨拶(あいさつ)しました。神々と女神たちは各々ドゥルガーの前に進み出て、自分たちの力を彼女に捧げました。そして彼女はそれらの力によって武装されたのです。女神ドゥルガーは獅子の上に堂々と座り、その獅子に身震いするような咆哮(ほうこう)をもたらすのでした。その咆哮はあまりにも大きく、三界が震えました。海は荒れ狂い、空と大地は揺れました。光へ還る時が到来したのです。
 

 
spiritual-light  NEW!2018-05-10 00:05:00

 
∞ 「私はドゥルガー(“無敵”)です。私は神々の母の生まれ変わりで、全ての悪を破壊するためにここに来ました。」
 
いいですね。


(^_^)/

 
posted by: Michi&Mirai | アントワイン | 19:57 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:57 | - | - | - |