Calendar
2017/5月前半 目立つのは太陽さんを貫く「光すじ」ぐらいかも。(^_^)
パート2です。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • 愛知ソニア (05/24) 宇宙意識の時代
    mirai (05/27)
  • 愛知ソニア (05/24) 宇宙意識の時代
    ゆう (05/27)
  • テレパシーは、意図しましょう♪ それが集合意識を変えてゆきます。(2014/09/30)
    mirai (05/21)
  • テレパシーは、意図しましょう♪ それが集合意識を変えてゆきます。(2014/09/30)
    るん (05/21)
  • ホログラム地球からの移行プロセス、総まとめ (2014/09/06)
    mirai (03/19)
  • ホログラム地球からの移行プロセス、総まとめ (2014/09/06)
    ストロベリー (03/17)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    ぷるるん (03/16)
  • PFC−JAPAN (02/17) 2月26日 エーテル界解放瞑想
    mirai (03/16)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    mirai (03/16)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    ぷるるん (03/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブロッサム・グッドチャイルド (04/06) 光の銀河連合からのメッセージ
∞   頭が‘クラクラ’する理由? (^_^;)

 

ブロッサム・グッドチャイルド
2017年4月6日
 
光の銀河連合からのメッセージ
 
 
ブロッサム:本当は今日ではなくて明日、光の銀河連合のみなさんとお話ししようと思っていたのですが。私の勘違いでなければ、今みなさんを近くに感じるので、繋がってみようかと思います。ご準備はよろしいですか?
 
光の銀河連合:応答して下さり、ありがとうございます。そうなのです、今‘お話し’できたら嬉しいと考えていました。
 
ブロッサム:今日は私が感じている感覚についてお聞きできればと思っているのですが、最近自分が‘傍観者である’というように感じます。そして、先日の私のニュースレターを読んでくださった方の多くも同じように感じているという反応がありました。この世の一部であると完全には思えなくなった、としか言いようが無い感覚なのですが。
 
光の銀河連合:地球の親愛なる魂のみなさん…常に転換しつつあるみなさんのエネルギーというのは…コップの中の嵐のようなものです。
 
ブロッサム:どういう意味ですか?
 
光の銀河連合:その意味は…「今」みなさんが感じている最大級の愛の事です…それ以外にはありません。変化のエネルギーによってみなさん個人のエネルギーもみなさんの内で渦巻いています。それは、つまり強烈なエネルギーがコップに入り込んで、渦を巻いているかのようです。だから、みなさんの人生も‘ひっちゃかめっちゃか’で、人生の指導権が握れていないかのようで…きっとみなさんの多くは、グラウンディングが出来ていないように感じている事でしょう。でも、本当は違うのです!むしろ、この事がみなさんの健やかな生活を脅かしているとは思いません。
 
ブロッサム:別に脅かされているとは思っていませんが、地球上の出来事から‘離れて’いる感じがするのです。とはいえ、地球で何が起きているかはしっかり認識していますが。
 
光の銀河連合:ブロッサム、単純明快な事実として…今はエネルギーが互いに融合しながら、移行しているのです…外から地球へやって来るエネルギーと自己の上昇するエネルギーとが融合して…まるで掃除機の中のような状態になっています。どこに属す事もなく…重量も無い。
 
これは、みなさんの地球に今流入している、驚くべき「パワー」による影響です。みなさん自身が、この優位な地点へと向かって歩き続けた結果、ここに今たどり着いたのです…‘この世とは思えない場所’に…そういう事です。
 
‘傍観者’のような気持ちになるのは、それが実際あなたのやっている事だからです。あなたは、自分の肉体/魂をより高い観点から傍観しているのです。それは、自分の中から見るのに対して、外から見る事の違いのようなものです。この感覚は今だけのものです…短い間だけです。
 
ひとつお聞きしても良いですか…批判するような感覚はありますか?
 
ブロッサム:自分自身をそれとも今の状況を?
 
光の銀河連合:両方です。
 
ブロッサム:あまりそういう気持ちでは無いです。ただ外から、中を見ている感じ。周りで起きている事に対してあまり感情移入しなくなったというか、それが不思議です。
 
光の銀河連合:一つ言わせてください。この状況は、魂自身の実験として、まさにあるべき状態です。あなたはより高い地へと上昇しつつあるので、足が地面から離れてよろよろとバランスを崩しそうな、そんな状況です。片方の足はある次元に、もう一方の足はそれとは違う次元に、次元間の狭間にいる状態で、あなたはしばらく過ごしてきています。つまり‘浮いた’状態で…今までの自分を見下ろしているのです。
 
間もなく…本当の意味で間もなく(何故なら、あなたが長い間宙ぶらりんになった状態は良くないから)より高エネルギーの状態/位置に近付くにつれて、もっと頭が‘クラクラ’してくると思います。
 
ブロッサム:着地したら、どうなりますか?
 
光の銀河連合:待ち望んでいた感覚がやってきます。そして、それは自然な形であなたと馴染みます。
 
ブロッサム:それは良かった。何だか最近また‘人生って何なんだ’という感じになってきたから。もう何度もそうなっているのですけど。気分が高まっている訳でも、落ち込んでいる訳でもなく…ただ…ニュートラルなのです。でも、人生って本来は、これよりもっともっとワクワクするはずなんだ、という事は分かっている。頭で思った事が現実になるという事は知っているけど、もう‘どうでもいいや!’っていう気分です。
 
光の銀河連合:繰り返しますが、どうか気を付けてください。何を考えて、何に思いを巡らせるか…それをどのように扱い、どのように分類するのか。その思いは捨てるのか、再び思い出すのか、どうするつもりなのか。
 
親愛なる魂のみなさん…「ご自分が何者であるかを思い出してください」
 
「ネガティブなエネルギーによって、みなさんが泥沼にはまって引きずり降ろされる事のないように」
 
「そんな事は、もうお分かりでしょう」
 
「どうか上昇し…より高いパワーの自分になってください」
 
これまで以上に、今あなたの愛の力のエネルギーは、あなたの世界を愛で満たす準備が出来ています。あなたが上昇している今こそ、愛を放出する時です。今こそ許しを優先し、勇壮に歩くその道から逸れる事をしないでください。
 
親愛なる魂のみなさん。どうか、顔をあげてください。
 
ブロッサム:はい!そうしたいのは、やまやまです!でもね、あまりにも多くの人が地球の異常行動表現に気持ちを踏みにじられた気分なのです。誰を信用していいのかも、誰にもわかりません…それでも信念を持ち続け、やがて全てはうまくいくと信じながら、生き続けなければなりません。教えてください…恐竜がいた時代にもチャネラーは、これと同じような内容をチャネリングしていたのですか?だって、もう同じ話をずいぶん長く聞いてきたような気がします。
 
光の銀河連合:それは、あなたが‘もう既に長い間’同じ話を聞いてきたからです。この変化…この超音速?の変化は、もう相当長い時間続いてきました。もしかしたら、みなさんは思い違いをされているのかもしれません…この転換がどれだけ壮大なものであるかをご理解されていないのかもしれません。何故なら、もし知っていたとしたら…これまで、どれだけの事が達成されてきたか、そして今がどれだけ完成に近いかを知って、心から感激しているはずだからです。
 
ブロッサム:まあ、みなさんは5年前にも同じ事を言っていましたけどね。本当に‘時期’については諦めています…‘いつ’は常に‘何で?’とセットでくっついて回っているので。とはいっても、違う日、違う気分の日には…答えが全て分かった気になります。何か話した事の無い事を話してくれませんか?
 
光の銀河連合:もちろん喜んで。みなさんが大いに安堵するような物語をお話しします。
 
ブロッサム:それは物語なの、真実なの?
 
光の銀河連合:それはあなたという魂が追及する事です。昔、昔あるところに…
 
非常に知的な存在たちが集まったグループがあって、彼らは地球の歴史上最も重要な時期に地球に行くという役割の為に選ばれました。彼らは、自分たちが何で選ばれたかを知っていましたが、地球に到着する頃には、そのほとんどを忘れてしまいました。そもそも自己を再発見するという計画だったので、目的を忘れる事もその計画の一部でした。時間が経過するごとに…与えられた役割についての記憶はどんどん消えて行き、生きる為の‘糧’が無くなりました。上昇する事はおろか、地球に生きる事自体が感覚を麻痺させ…しばらくの間…地球という星は当てもなく漂いました。
 
そうなった時、最高評議会にて介入が必要であると判断されました。様々な事が見直された結果、黄金の計画自体には介入しない形で、必要な原動力のみを注入するという事に決まりました。したがって、地球以外の領域の存在たちが、徐々に叡智を浸透させていき、地球の方々に何故地球に来たかを思い出してもらい…真の源と再接続するのを助ける事で、本来のゲーム/計画を進展させようとしました。
 
それから何百年もの間…多くの援助が与えられました。私たち、光の銀河連合は光の‘真珠’を提供する事を選びました。何故なら、みなさんにご自分がどれだけ明るく輝いた存在であるか、更に地球に来た理由、この二つを思い出してもらう手助けをするのが、私たちの魂からの願いだからです。そして、何故あなたが選ばれたかについて…みなさんは自ら地球に来たいと望み、この星をより住みやすい明るい星に変えたいと希望したからです。
 
その時は、本当にみなさん熱心でした。予定よりも早く滞在している星を旅立つのは、魂にとって非常に悲しい事です。ここに滞在したいという強い希望があってここに居るのだから。
 
親愛なる魂のみなさん、私たちの観点からこの事を見てみてください…みなさんは本当に、すぐそこまで来ています。今諦めないでください。もう既に、境界線を越えて、自由へと足を踏み入れているのに。
 
「あなたである光」は、あなたの中から輝き出しています。でも、常にそうは感じられません、あなたには自分自身がどんよりとして見えるからです。でも、私たちには見えます…あなたの真実が見えます…私たちが、あなたという光の戦士をどれだけ羨望しているか。
 
いつか、いつか晴れた日に…かつての世界を振り返ってみて…あなたは信じられない気持ちになるでしょう。そして、どうか忘れないでください。物事は見た目通りとは限らないという事を。
 
ブロッサム:はい、私も何かの劇の中の劇の中の映画の中にいるように感じています!
 
光の銀河連合:それは、今のようなエネルギーの変化の時期にはある事です。やがてみなさんの足がより高い地に着地した際には…自分の‘役’がよりハッキリと分かります。そこでやるべき役柄についてより把握できています。
 
今みなさんにお願いしたいのは、この実験/経験の現実を…理解し…受け入れ…尊重して頂きたいという事です。これらの全てが、全なる神と完全に同調しています。それ以外にはあり得ないのです。何故ならこれは神聖な計画であるから、
 
ブロッサム:神聖性を表現するにしては、ずいぶん奇妙なやり方ですね。
 
光の銀河連合:それに対して私たちは神聖性には様々な側面があるとだけ言わせて頂きます。とはいえ、真実をいうと…全ての根底にあるのは神聖性であり…純粋で神聖な愛以外には何も無いのです。
 
何かしら陰謀があるように、簡単に思えるかもしれませんが、私たちは言います…「全ては愛」です。必要なのは、自分に正直である事。自分の神聖性に対して正直である事。神聖性をご自分の中で感じてください。その神聖性がご自分のハートから輝き出すよう促してください。
 
どうか、神聖性をあなたの思いや言葉、行動の最優先事項にしてください。そうしたら、親愛なる魂のみなさんは感じるようになります…分かるようになります…あなたという壮大な神聖性の広がりを。
 
あなたは落胆した気持ちでは無くなります。あなたは‘ハッキリ’と分かります。でも、これは言わなくてはなりません…それも、全てあなた次第であるという事。ご自分の思いや言葉をしっかりわきまえる事が出来る…最強の中の最強な存在のみなさん…どうか神聖な光でいて頂き…その光にこの先の道の先導を任せてください。
 
ブロッサム:ありがとうございます。あれやこれやあると、こういう事を忘れてしまいがちですよね。そして、‘けだるさ’に負けてしまうのです。人とは、時に全てに疲れてしまう事もあるのでしょうね。
 
光の銀河連合:一つ付け加えても良いですか。あなたの住む地域の天候について、嵐や強風、大雨があなたの心境に影響を与えていないとは言えません。世界中のこういった悪天候はそれぞれに‘爆弾’を抱えていて…人が自らの真実に辿り着くのを可能な限り邪魔しようとしています。
 
ブロッサム:はい、ありがとうございます。確かに、天候のせいで道が逸れてしまってはいけませんね!!
 
光の銀河連合:気持ちを元に戻すには、ちょっと思考回路を切り替えるだけで良いのです。
 
ブロッサム:そんな簡単にはいかない事がほとんどですけどね!!
 
光の銀河連合:とはいえ、そうでもないのですよ。地球上の魂のみなさん、どうか気分を上昇させてください…あなたは決して一人である事がありません。何故なら、あなたの吸う呼吸の一つ一つの中に神聖な愛の力が入っていて…常にあなたと共にいるから。どうか、それを知ってください…感じてください…私たちの事を感じてください…私たちはひとつなのですから。
 
ブロッサム:ありがとうございます…何だかまたみなさんと繋がれた感じで良い気分です。おかしいですよね、長い間ショービジネスに携わっていますけど、こういう内容が表に出る事は無いですから。でもね、若い人たちの中から輝く光のまぶしい事。それを感じられるのは素晴らしい事です。では、また次回まで…ありがとうございます。もうすぐ何かが起こりそうな予感がします…そう言ったら笑われるかしら!!
 
愛と光と感謝と…ブロッサム・グッドチャイルド…サインアウトします。
 
<翌日>
 
ブロッサム:今日もまた、こんにちは。昨日のやり取りを読み返していて、どうしても聞きたくなってしまいました。私たちがまだ聞いた事の無い話をして、とお願いした際に話して下さった内容に納得がいきません。だって、知っている内容だったし。みんなが大いに安堵する話をするって前置きしましたよね?
 
光の銀河連合:ブロッサム及び全ての方に、ご挨拶申し上げます。確かに、私たちの話し合いの中には時に、話が逸れてしまい、時間の関係で言いたい事の全てが言い尽くされていない事もありますね。地球での会話にはよくある事です。
 
ブロッサム:では、私たちの聞いた事のない話で、安堵する話とは何なのですか?つべこべ言わずに、単刀直入にお願いします。
 
光の銀河連合:私たちから言えるのは、みなさんはどちらにせよ全てを知っています。でも、そういう事を聞きたい訳では無いですよね。では、私たちがいう事に論理や理由付けが伴わない事が前提である事をお話しさせて頂いた上で言います…これは新しい考え方だと思うのですが…みなさんの人生の今後には…地球での身体全体に重大な変化が起きます。みなさんは、変化後も人類であるという認識はされますが…新しい状況に順応する為に、見た目は大きく変わるでしょう。
 
ブロッサム:それは、私が生きているうちには無いって事ね?(私は今年60歳になります)                                                                                                                                     
 
光の銀河連合:この先の日々の変化の速さにあなたは驚くでしょうね。
 
ブロッサム:‘今’の変化のペースの事を言ってるのであれば…もうあり得ないですね。
 
光の銀河連合:ですが、ブロッサム。一定の基盤が出来上がってしまえば…基礎が固まれば…その上に建設するのは簡単だとは思いませんか?
 
ブロッサム:まあ、そうかもしれません。では、どんな変化なのですか?
 
光の銀河連合:まあ、ご存知の通り、みなさんの身体は今入ってきている高い周波数とみなさん自身の周波数とがブレンドしている最中で、それに応じてみなさんは順応の為に瞬間瞬間ごとに変化を続けています。私たちの言う変化は、微妙でありながら、気付く事の出来る程度の変化です。
 
身体的に、より動きやすいという感じでしょうか。地球上の動物/哺乳類も環境の変化に順応しますよね?それと同じです。
 
実際は、あなたの感覚の方が真っ先に高まりますが、これはもう既に多くの方に起きている事です。みなさんは携帯やインターネットが不可欠と言いますが、こういったものは(一時的に)無くなります。とはいえ、コミュニケーションに関しては、みなさんの感覚の方がより効果的に働くようになりますし。その頃には、地球上の技術は言うまでもなく豊かになっています。より高度なライフスタイルが提供され、受け入れられると共に、多くの事が可能になります。
 
親愛なるみなさん、これはファッションの流行と同じです。例えば、50年前に放映した未来映画を見て…当時の人はそれが現実になるなんて思いもしないでしょうが…実際、現実になっています。地球で放映されている映画を見ると、そのほとんどに未来的な技術のイメージやSFと呼ばれるサイエンス・フィクション上の‘魔法の薬’、‘魔術’などが登場しますが…それらも、かなりうまく未来を予測しています。
 
映画で表現できるような事は全て、みなさんの現実になります。これはロケットのような技術ではなく、思いの力で物を具現化するという事になります。
 
そこで、再びのお願いとなりますが、どうか喜びや愛や平和の思いをもって、それを具現化してください。今みなさんに多く与えられているイメージは暴力的なものですが、こういったものは身体や魂にとって有益ではありません。
 
ブロッサム:技術的な進歩を見る限り;あなたの言う通りに何でも実現できそうですね。その流れで行くと、じゃあ結局…地球にまた転生してこなければ経験できないのか…それとも、あなた方の言う通りに、今のままより軽く明るい身体になって、いわゆる死の経験をしなくてもよくなるのかしら?
 
光の銀河連合:そういう話は、ぜひまた別の機会にお願いします。とはいえ、この事は以前にもざっとお話ししたと思います。
 
ブロッサム:私の記憶はざるのようなもので、何度もリマインドしてもらわないと忘れてしまうのです。今日は特別なエキストラセッションをありがとうございます。一つ正直に言っても良いですか?時々思うのですが、私たちって今まで何かを徹底的に話し合った事は一度も無いように思えるのです…そして、自分を疑ってしまい…また落ち込んでしまいます。私たちのやり取りは、毎回驚愕するような内容であるべきだと思うのですよ!
 
光の銀河連合:私たちから言わせて頂くと…時に私たちは…物事を反すうしているだけの時もあります。しかし、基本に触れて、再び繋がって頂く為にも、これらのメッセージは毎度度肝を抜くような内容でなくとも良いのです。それよりも、気持ちを上昇させ、大事な事を念押しする為のものです。そして、たまにカーブボールを挟む程度で良いのです。
 
ブロッサム:分かっています!話し合うべき事はたくさんあるのに…いつも同じレベルの話ばかり。
 
光の銀河連合:私たちは、このレベルの話に満足しています。忘れてはなりません、常に途中から参加して下さる読者たちがいらっしゃる事を。だからこそ、読者の方全員が理解できるような内容にしたいのです。私たちは、刺激的な発言をしに来ている訳ではありません。優しく応援したり、サポートする為に来ているのです。
 
ブロッサム:すみません。みなさんを非難するつもりはなかったのですが…ちょっと思った事を言っただけで。きっと、まだ舞台の方が終わっていないので、ピリピリしているのかも。チャネリングと舞台の仕事の両立はできないのかしら、そんなはずはないと思うのですが。
 
光の銀河連合:両立出来ますよ。常に両立されていますよ。私たちはあなたから離れる事が無いのだから。特定のエネルギーのせいで、離れているように感じるかもしれませんが。私たちは一つであるのに、どうやったら離れられるのですか?
 
ブロッサム:ですね、ありがとうございます。もう行かなくちゃ。愛しています。
 
光の銀河連合:どうか、落ち込んだりしないでくださいとお願いします。このメッセージを大変ありがたく思って下さる方が大勢います。それぞれの魂は、それぞれのペースで/それぞれの空間で進んでいます。こういったメッセージが人々のハートに与える影響を過小評価してはなりません。
 
ブロッサム:分かりました。ありがとうございます。では、気落ちした気持ちは置いて…行きます。
 
http://www.galacticchannelings.com/english/blossom06-04-17.html
訳:JUN ライトワーカー NEW!2017-04-15 10:34:29
 

∞  管理人が注目するところのみです。(^_^;)>
 
・自分が‘傍観者である’と感じる。
 
その理由:今、地球に入来し続けているセントラルサンからの光エネルギーと自己の上昇するエネルギーとの融合状態にあり、それは自分が次元間の狭間にいるような浮いた感じをもたらしていることが、自分の肉体/魂をより高い観点から傍観している感覚になるからということのようです。
 
「間もなく…本当の意味で間もなく(何故なら、あなたが長い間宙ぶらりんになった状態は良くないから)より高エネルギーの状態/位置に近付くにつれて、もっと頭が‘クラクラ’してくると思います」
 
頭の‘クラクラ’とは目眩のような感じでしょうか。この状況になるとより高次元に近づいた状態にあるというサインと受け取りましょう。(^_^)/
 
「・・・みなさんの人生の今後には…地球での身体全体に重大な変化が起きます。みなさんは、変化後も人類であるという認識はされますが…新しい状況に順応する為に、見た目は大きく変わるでしょう。・・・みなさんの身体は今入ってきている高い周波数とみなさん自身の周波数とがブレンドしている最中で、それに応じてみなさんは順応の為に瞬間瞬間ごとに変化を続けています。私たちの言う変化は、微妙でありながら、気付く事の出来る程度の変化です」
 
これは先の”セントラルサンからの光エネルギーと自己の上昇するエネルギーとの融合状態にある”ことを考えれば、肉体が高次元用の肉体に変態していく、つまり肉体のライトボディ化が始まると思われますが、アンドロメダのミラさんのメッセージによると、近い将来、我々の魂レベルでライトチェンバーに入ることを伝えていますから、肉体のライトボディ化は魂レベルでコントロールされるのかも知れません。
 
(^_^;) イツノ マニカ ライトボディ ニ ナッテタンヨ ト イウ コト モ アリカモ。





 
posted by: Michi&Mirai | ブロッサム・グッドチャイルド | 19:07 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - | - |