Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    mirai (11/04)
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    レッグ (11/04)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
評議会 (10/13) 意志伝達

∞ 直感を働かす必要があります。(^_^)/

 


 

評議会
2016年10月13日
 
意志伝達


わたし達が今日皆さんと話したい話題は、意志伝達のことです。しかしこれは、一部の全体的な聴衆である一般的な意志伝達に関するメッセージではありません。このメッセージの内容は、皆さん、この文章の読者、そしてわたし達の皆さんとの意志伝達のことです。
 
皆さんがこれを読む時、数多くの皆さんが、評議会は皆さんに話しているのではない、と考えるでしょう。皆さんは、評議会は惑星上の限られた数の皆さんを通して、そしてその皆さんに対して意志伝達をしている、ひとつの機関です。
 
そしてそれにもかかわらず、わたし達は過去において、わたし達は指導霊達、教師達、霊的指導者達、そして光の存在達で構成されているひとつの機関であり、それがひとりひとりの皆さんすべてを通して、皆さんの世界を今の皆さんのような大いなる意識の自覚へ参加させるために働いています。
 
また、ひとりの個人としての皆さんが依然として、わたし達がある意味で皆さんから離れている、皆さんはわたし達と結び付けられていない、あるいは皆さんは幾つかの理由からわたし達のメッセージを受け取ることができない、と考えるかもしれない可能性があります。こうしたものは、すべて誤解です。
 
さて、今日わたし達は、皆さんが読むか聞く世界中にわたし達のメッセージを広めるような人々のように、皆さんが突然交信者になることについて話している訳ではありません。それでもわたし達は、皆さんがそうできることを認識し、また皆さんがそれを望まないことがあることも、分かっています。
 
わたし達が皆さんに認識して貰いたいことは、現時点において、皆さんが個人的に利用できる助言や叡智に直接触れることがますます簡単になっている、ということです。そしてわたし達にできる限り、そうである理由について少し説明することにしましょう。
 
今まで皆さんは、わたし達は皆さんの指導霊、教師として、そしてさらに高い自己として、いつも皆さんと一緒にいる、と話してきました。今まで皆さんは、皆さんは決してひとりではない、と何度も繰り返し聞いてきました。
 
そして皆さんは瞑想し、祈り、そして絶えず導きを求めます。皆さんは、何も起こらない、と考えます。わたし達は、まさに答えます。“しかし、わたしは何ひとつ聞こえない!”さて、一部の皆さんは聞こえます。しかしほとんどの皆さんは、霊聴能力者ではありません、今のところは。
 
そういった皆さんが結び付き始めていて、わたし達との結び付きを自覚し始めている状況が、今ここで起っています。現時点で皆さんをわたし達から引き離していたその覆いはかなり薄くなっていて、ほとんどズタズタになっていることを、認識してください。
 
これを別の言い方にすると、今皆さんの世界が存在するその領域はひとつの高い周波数になっているため、皆さんは簡単にわたし達と‘波長を合す’ことができます。しかし数多くの人々もまた、わたし達の皆さんへの答え方である内面の促しにますます気付き始めています。
 
これが、‘静かで小さな声’です。その声が皆さんの耳の中でひとつの叫び声になることは、ほとんどないでしょう。皆さんが単なる皆さんの想像の産物として却下することは、とても簡単です。皆さんが最初の場所で決して耳を傾けないことは、非常に簡単なことです。
 
実際に、ひとつの物事が不足しています。信頼です。まず皆さんは、わたし達が内部にいることを認識する必要があります。皆さんは、皆さんが聞かれ答えられていることを、信頼する必要があります。そして皆さんは、皆さんがその答えを認識できることを、信頼する必要があります。
 
明日目が覚めることを期待せずに、この知識と信頼が突然皆さんの一部になるようにしてください。言うまでもなく、それは実際に起ることがあります。しかしひとりひとりの皆さんは、皆さんが立つその地点から始めることが必要になります。
 
皆さんの意図で、今後皆さんは、わたし達はわたし達が話しているこの意志伝達を確立しようとして皆さんと連携している、というひとつの理解を持ち始めるようになるでしょう。ほぼ確実に、それは数々小さな‘一致’と共時性で始めることになるでしょう。こうした物事を期待して、それを皆さん自身に伝えることを、皆さんの習慣にしてください。
 
次にわたし達が皆さんに求めたいことは、皆さんが必要とするものを尋ねる皆さんの習慣を発展させることです。皆さんが今日起ることを望む小さな事から始めてください。皆さんの目標は、今後信頼を高めることになる小さな成功を経験することであり、それで今後霊との意志伝達の糸口が開いて、機能し始めることになります。
 
ご存知のように、信頼は、経験の上に築き上げられるものです。そのため、小さく始めて、その信頼を高めることに努力してください。数々の兆候を求めてください。皆さんの道筋の中の硬貨と羽根は愚かに見えるかもしれませんが、しかしそれはその目的を持ちます。駐車場所が、その目的を持つこともあります。11:11または777等のような数の繰り返しを探してください。
 
皆さんがこの過程を始めて、それが機能している姿を確認し始めた時、皆さんが霊に話しかける時に皆さんは物事を尋ねていないことを、皆さんは直ぐに気付くようになるでしょう。
 
皆さんは、意図しています。そして今後皆さんは、生きるためにこれが効果的どころか最も効果的な方法であることに気付くことになるでしょう。そしてこの理由は、皆さんは実際に皆さんの世界の熟達者だからです。
 
皆さんは存在するすべての最愛の価値ある一面であることを皆さんが自覚する時、皆さんが必要なものを訴える必要はありません。
 
その時皆さんが認識する必要がある唯一の物事は、そして皆さんが進む最善にして最も簡単な方法は、その意図で皆さん自身とすべての人々のために皆さんがそうなることができる最高の状態になることです。
 
現時点で、文字通り数千万の人々が、わたし達がまさに論じてきたその物事に気付いた状態になる経験を積んでいます。そしてもしも皆さんがこうした人々のひとりなら、わたし達は皆さんと祝います。もしも皆さんがまだその場所にいないなら、皆さんの周りを見て、皆さんの近くの誰かがそうなっている兆しがないかどうかを、確認してください。そういった人達と、時間を過してください。
 
今後皆さんは、このような数々の変化が伝染している様子に気付くようになるでしょう。そして皆さんがそれを把握する時、皆さんのおかげでそれが広まることになるでしょう。皆さんは、誰にも教える必要はありません。それは皆さんの周りの人々に影響を与えることになるでしょう。
 
愛に溢れてください。歓びに溢れてください。そして、皆さんはひとりだと決して考えないでください。わたしたちが、皆さんのこころの中にいます。
 
October 13, 2016/ ロン・ヘッド経由
Communication  The Council
 

∞ ここでの意思伝達とは評議会の面々とこの文章を読んでいる我々一人一人との通信のことです。
 
評議会とは指導霊達、教師達、霊的指導者達、そして光の存在達で構成され、地球上の限られた数、つまりこのメッセージを読んでいる人達のすべてを通して、我々の世界を今の我々のような大いなる意識の自覚へ参加させるための機関です。
 
評議会の意図は我々が彼等と通信するために我々にチャネラーになることを勧めている訳ではなく、今入来し続けている光エネルギーにより地球と我々の領域の周波数が上昇し、我々と評議会の存在達の間のベールが非常に薄れているので、我々が彼等と‘波長を合す’ことが可能になっていると伝え、そして今我々の多くが評議会の存在達の伝える‘内面の促し’である‘静かで小さな声’にますます気付き始めていると伝えています。
 
‘静かで小さな声’とは、我々の直感の事ですが、我々はそれに耳を傾けようとはしません。なぜなら、我々の内側に評議会の存在達がいるということを認識しようとしないからです。
 
ですから、評議会の存在達は我々に対して以下の目標を求めます。
 
・ 我々が必要とするものを内側に尋ねる我々の習慣を発展させる為に我々が今日起ることを望む小さな事から始めること。
 
・ その答えとしての数々の兆候を求めること。
 
例えば、11:11または777等のような数の繰り返しを探すなどです。
 
「・・・この目標は、今後信頼を高めることになる小さな成功を経験することであり、それで今後霊との意志伝達の糸口が開いて、機能し始めることになります」
 
我々は、内側への問いは必ず答えが得られるということを「信頼」することが必要です。
 
(^_^)/ ゴク カンタン ニ シタンヨ。








 
posted by: Michi&Mirai | 評議会&アンドロメダ | 19:07 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - | - |