Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    mirai (12/02)
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    m (12/02)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
      (10/27)
  • フルフォードレポート (10/22)
    mirai (10/24)
  • フルフォードレポート (10/22)
      (10/24)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アーサナ・マハタリ (04/07)

∞ インプラントに関わる事です。

 



アーサナ・マハタリ
2015年4月7日

悪魔の無害なみせかけ



夢1:


私は米国大統領のオバマとリビングルームのソファにゆったりと座ってあれやこれやに就いて話をしています。その時私が考えたことは、これは実に素敵な人で、彼が一種の犯罪者だとはとても考えられないということです。


夢2:


(三週間後)私はサッカーゲーム観戦で、オバマの配下の国務長官のジョン・ケリーを見ました。政治家のチームが名も知れぬ別のチームと余興のゲームをしていました。


スタジアムは空で、セキュリティー部隊も見えず、非常に親密な雰囲気でした。ケリーがコーナーキックをしようとしていて、私は彼のすぐそばに立っていました。


私がこのゲームの唯一の観客で、肉体的に接触をしているにも関わらずジョン・ケリーにも、他の誰にも見られていませんでした。ケリーがレフェリーからのキックしても良いという合図を待っていたので、私がほとんどケリーのジャージーに触れンばかりのところで、彼の呼吸を聞いていて、肌で感じられた時間は非常に長く続きました。


彼は考えにふけり、空の一点を見つめていました。彼の顔には青と緑の点が見られました。私は、彼が本当の人間なのか、それとも闇からきたレプティリアンなのかと考えました。


そう考えるとケリーは以前の夢の中のオバマのように、彼が世界中で起こしている惨害については全く無害であり隣に住む目立たないおじさんのように思われました。(夢の終わり)


注:


初めのうちは第一の夢は全く気になりませんでした。三週間後の第二の夢から、私は第一の夢の中の光景が似ている事、その大切さに気が付きました。(注の終わり)


----------------------------------------------------------------------------------------------


親愛なる皆さん、私はアーサナ・マハタリです。


これらの夢のイメージでは、最近没落しつつある帝国の二人のリーダーは公共の場でも、人間関係の場でも非常に親しみが持て、むしろ無害であるように見えます。


二人の”素敵な男”


ある人は彼らから善を感じ、別の人は彼らを信じられず、悪い悪魔であると感じます。深く追求しないとここではどちらの力が作用しているのかははっきりしませんが、第二の夢ではこれが顔面の緑と青の点で示されています。


これらの者たちはプログラムされていて、驚くほどの事でもありませんが、巧妙にもあらゆる状況に合わせています。彼らは自分の感情を抑えられ、これらの者たちの振動を読めない者たちから真の意図を隠すことが出来ます。


以下の事が重要です。:


”システム”の目に見えるトップにいる男女は自分で決定はせず、上司からの命令に従い、必要なインプラントを実行し、それによって彼らはコントロールされ、コントロールされ続けます。これらの者たちは、ある種族に属しているので、彼らには、誕生後、或いは誕生時に既にインプラントが埋め込まれてます。


それ故に、この人間は遠隔操縦され、環境、必要性、目的、目標に従って、どのような犯罪も実行可能で、同時に純粋に親しみが持てるようにも振舞える、政治的な手下なのです。


■ ”システム”の奴隷


これらの夢のイメージは非常に重要であり、世界の全ての政治リーダーたちは正に夢の中で描かれた米国のリーダたちと同じです。これらの者たちは権力の闇に属し、調整され、服従させられるように行動しています。


今と言う時の狂気は、これらの者たちの親切心、愛は消え去っていて、その代わりにインプラントという冷たい現実に置き換えられているので可能になっているのです。


この時点で権力を振り回すのが、(オバマ、ケリーのような者)誰であろうと、彼らは”システム”の奴隷なので重要ではありません。ほとんどの場合には、肉体の消滅に繋がっているので、それはほんの僅かな数の者しか外れようとは思っていない役割なのです。


■ ”システム”からの脱出


闇との契約の解消と、それによるスピリットと体の健全性を保つことは、人間としての以下のことによってのみ可能です。


1) ソウルの進化によって強さを得て天からの支援を頼めるようになり、


2) 高いソウルを闇の中に降りてくるように導く光との契約を、ある時点で有効にすること。このグループも最高の天の保護を受け、世界中を動き回っても、何ら害をうけません。


時空のシーケンスに於いて、これが未だに大多数に当てはまりますが、リーダーたちは自分たちのあり方をより明確に認識出来るようになります。彼らの見せかけは意味を失います。権力の座に就く者に対する教えは実を結び、この者が何であるのか、誰なのかについては、外見そのもので十分になります。


第二、第三のランクの政治家はこれらの見せかけをすることは滅多にありません。これらの者たちは”システム”から利益を得るだけなので、そのように振る舞う立場にはありません。最高のランクに上り詰めたい者は獲得した快適さを失いたがらず、システムから更に大きい利益を獲得するために、段階的に更に大きい犯罪を犯すように身を委ねます。


これは閉じたサイクルでしたが、今の時点ではインプラントが活性度を失い、闇の中で働いていた光の戦士たちが光として自分を認識するようになり、全体的に益々多くの人達が”システム”を見破るようになったので、このサイクルは崩れています。


人間が覚醒し、より高度な力がこのプロセスで影響を及ぼすようになるので、”支配される人間”が自由を再び得ます。これらは闇のエリートたちが全く抗する事が出来ない力なのです。


これまではどのような時にもこのようなことは有りませんでした。今の地球上には、上昇しているユニークな条件があります。今では、”権力の戦い”に決まりがつき、この戦いは今の時代の概念からかけ離れた決着を見て、存在の全てにおいて統合した光の力に有利になっています。


■ 人形は足場を失った


権力のレベルにある遠隔操縦されている人形である、エイリアンの声に従い、自分の意志と責任能力を失った人間はこの世界での足場を失っています。なぜなら、彼らはもはや宇宙、惑星、及び個人的なレベルで有効になっている光に耐えられないからです。


光は保護をも意味するので、闇の者たちとの契約から外れる意識が今日では以前よりも遙かに容易になっています。又、多くの人間が時の恩寵を利用するのが待たれています。


”時の質の最終的な定着”は未だに終わっておらず、闇の死の力に対する意志の力への信頼についての人から抽出される対価はそのソウルの役割と特性によって決められます。今は時の恩寵を利用する事が必要です。なぜなら、私が以下の事をあなた方に対して言うからです。


すなわち:光にはあらゆることをする能力があり、天の力は無敵で、生命は永遠であり、今命を選択する者は今日まで何に犯されていようと、誰も死にあう必要はありません。


これに関しては非常に多くの事が言われています。それ故に、決して騙されないようにして下さい。


人間が言うことは重要ではなく、行う事は注目に値し、行為の下にある意図が決定的なのです。偏見無しに、正しく見て下さい。人間同士は平等ではありません。


■ 世界の上下反転の修正


全ての者が平和と統一を呼びかける時、これまでこの世界の不幸を決めてきた者が、自分たちの仮面がもはや役に立たず、見せかけが消え失せたことに気が付かないので、大いなる判別が今始まっています。


二つの夢には一つの意味があります。:すなわち、闇は無害の外観をしていてもいまだに闇として認識されているということです。


判別し、認識し、行動して下さい!愛との繋がりを維持し、神に中心を置き、全ての人間に光を流しましょう。


愛は保護を求める者がその下で避難できる屋根であり、光は迷える者に害が及ばないようにする遮蔽なのです。


あなた方は光であり、神の愛の中で暮らしを営むのですから、あなた方には何事も起こり得えません。あなた方は天からのツールで地球上の挑戦に挑むのですから、あなた方には何事も起こり得ません。


次元上昇の為に地球の上下反転が調整され、神の栄光の到来に備えます。


あなた方には何事も起き得ません。あなた方は神によって無限に守られています。


私はアーサナ・マハタリです。


http://lichtweltverlag.blogspot.jp/2015/04/harmless-sham-of-evil-asana-mahatari.html


7April2015
HARMLESSSHAMOFEVIL,ASANAMAHATARI
Nothingcanhappentoyou!
channeledbyJahnJKassl
translatedbyFranz


GFLサービス



∞  冒頭の夢は、オバマ大統領と、国務長官のジョン・ケリー氏が闇さん達にプログラムされているということですね。


「彼らは自分の感情を抑えられ、これらの者たちの振動を読めない者たちから真の意図を隠すことが出来ます」


これは彼らの自由意思が封じられ、闇さん達の命令に従うロボットのような状態あると言うことです。

「”システム”の目に見えるトップにいる男女は自分で決定はせず、上司からの命令に従い、必要なインプラント(体内埋め込み)を実行し、それによって彼らはコントロールされ、コントロールされ続けます。これらの者たちは、ある種族に属しているので、彼らには、誕生後、或いは誕生時に既にインプラントが埋め込まれてます」


”システム”の目に見えるトップにいる男女とは、各国の首脳クラスの人物のことであり、彼らも我々の輪廻サイクルに入り込んだ闇さん達から罠を仕掛けられ、この世への転生時にはほとんどの人達と同様にインプラントされた状態です。つまり、我々のほとんどは誕生時から既に闇さん達のコントロール下にあると言うことです。しかし中には闇さん達の罠を見破りインプラントを回避できている人達(波動の高い人達)もいるようです。


「それ故に、この人間は遠隔操縦され、環境、必要性、目的、目標に従って、どのような犯罪も実行可能で、同時に純粋に親しみが持てるようにも振舞える、政治的な手下なのです」


つまり、インプラントされた世界の首脳達は闇さん達の都合の良いように操られていると言うことです。(オバマ大統領は光側と伝えるETさん達もいますから、既にインプラントから解放されているのかも知れませんが。)


この詳細は本メッセージの「■ ”システム”の奴隷」の項目を参照願います。


「時空のシーケンスに於いて、これが未だに大多数に当てはまりますが、リーダーたちは自分たちのあり方をより明確に認識出来るようになります。彼らの見せかけは意味を失います。権力の座に就く者に対する教えは実を結び、この者が何であるのか、誰なのかについては、外見そのもので十分になります」


次に「■ ”システム”からの脱出」という項目では、今入来している光エネルギーで我々の振動が上昇して、高次の支援を受けいれ易くなっているのでインプラントからの解放が起きていると言うことです。

「今の時点ではインプラントが活性度を失い、闇の中で働いていた光の戦士たちが光として自分を認識するようになり、全体的に益々多くの人達が”システム”を見破るようになったので、このサイクルは崩れています」


”闇の中で働いていた光の戦士たち” とは闇さん達のコントロール下にあった世界の指導者達やその配下であり、彼らが覚醒することで闇さん達のシステムが崩壊して行くことになります。


このメッセージの大筋はこんな所でしょうか。


(^_^;) ミスッテ イタラ ゴメンヤデ。


「■ 世界の上下反転の修正」については以下の


光が優勢であるときに元闇さん達というレッテルは残りますが、

「愛は保護を求める者がその下で避難できる屋根であり、光は迷える者に害が及ばないようにする遮蔽なのです」


と言う事ですから、我々には何事も起きず、神によって無限に守られて、”次元上昇の為に地球の上下反転が調整され、神の栄光の到来に備える” ことになります。















 

posted by: Michi&Mirai | アーサナ・マハタリ | 19:07 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - | - |