Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    mirai (12/02)
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    m (12/02)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
      (10/27)
  • フルフォードレポート (10/22)
    mirai (10/24)
  • フルフォードレポート (10/22)
      (10/24)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ガイアポータル (09/28)

∞ 土曜日から、本日にかけて、嵐の前の静けさという感じがしませんか。(^_^;)





ガイアポータル
2013年9月28日



振動の周波数と強度は、ガイアが高次元のガイアの意図を完全に受け入れているので、今の時点でピークに達している。


共振周波数のピークは全てのガイアの上の目覚めた人間にあてはまるが、目覚めていない人間にも適用される。


古いパラダイムシステムの全てのレベルの次元での目覚しい解体と崩壊を期待して良い。


より高い次元のガイアが、ガイアと同調するより高い次元のガイアの意図を受け入れる全ての者に支援を与える。


これに同調しない者は全てが代替の通路へとはじき出される。


振動の周波数と強度はピークに達している      


http://gaiaportal.wordpress.com/2013/09/28/vibrational-attunements-reaching-peak-frequency-and-intensity/


Vibrational Attunements Reaching Peak Frequency and Intensity
28 Sep


GFLサービス


∞ 「振動の周波数と強度は、ガイアが高次元のガイアの意図を完全に受け入れているので、今の時点でピークに達している」


言わば、ガイアのハイアーセルフでしょうか。人間と同じようにガイアのハートを通じて高次のガイアの意図を受け入れて、周波数を上げ強度を高めていると言うことです。


「共振周波数のピークは全てのガイアの上の目覚めた人間にあてはまるが、目覚めていない人間にも適用される・・・古いパラダイムシステムの全てのレベルの次元での目覚しい解体と崩壊を期待して良い」


我々が共振周波数のピークを受け入れると、高次の周波数に移行し、低次の周波数域である古いパラダイムの全崩壊、つまり信念体系が完全に入れ替わることを期待して良いということのようです。これは目覚めていない人間にも適用されるという、ある意味強制的な意味合いを持ちますね。


「より高い次元のガイアが、ガイアと同調するより高い次元のガイアの意図を受け入れる全ての者に支援を与える・・・これに同調しない者は全てが代替の通路へとはじき出される・・・振動の周波数と強度はピークに達している」


ガイアは自身の高次の意図を受けて上昇するが、我々のソウルレベルの選択を尊重して上昇しない者を別の低次元世界へ送るようです。


つまり、”振動の周波数と強度はピークに達している”とは我慢の限界に達していると言うことです。



∞ 久しぶりの”太陽 NOW!”です。


今月も太陽近傍はいつものように大小の多くのシップさん達が乱舞していますが、9/27日(金曜日)の画像は多少趣が違いました。






それは、太陽へ一直線と思える一条の光跡が撮影されていたことです。彗星が太陽に突入する際の光筋とは明らかに異なりますから、ETさん達のマザーシップとおぼしき光る物体が何らかの意図を持って、太陽に向かったと推測した場合、その意図が太陽表面観察であれば、それなりの反応で済みますが、しかし極めて太陽に近接した状態でこの角度の接近は、言わば太陽突入を思わせるような感じにも受け取れます。(画像下に光跡の頭のマザーシップらしき光状の巨大な物体の画像を添付)


ここで、あくまで仮定の話と思っていただけるならば、このマザーシップとおぼしき光る物体の目的は太陽の次元ポータルを通る恒星間移動を行う為ではないか思われます。(次元ポータル→時に太陽面で観測される暗い台形や三角状のエリア)


仮にこの説が正しいとして、ガイアの伝えるメッセージの中に”これに同調しない者は全てが代替の通路へとはじき出される”とあることから、これがマザーシップの役割になる可能性があるのかも知れませんよ。(^_^;)


(-_-)  カテイ ノ ハナシ ヤデ イマ ハ ナ !

 

 

 

 

 

 

 

posted by: Michi&Mirai | ガイヤポータル | 11:55 | comments(0) | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:55 | - | - | - |