Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NASAサイト データ サービス停止 (2018 年 1 月 28 日)は3月になっても終わりませんね。多分、太陽周辺でよほど公表したくない事が起きているのかも知れませんよ。(^_^;)
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (05/20)
    mirai (05/21)
  • マイク クエンシ− (05/11)
    mirai (05/21)
  • 世界通貨リセット・大量逮捕情報おまとめ日報 (05/20)
    奏 (05/20)
  • マイク クエンシ− (05/11)
    noname (05/14)
  • 通貨評価替え/機密情報 警報 (03/29)
    mirai (04/01)
  • 通貨評価替え/機密情報 警報 (03/29)
    xx (04/01)
  • 通貨評価替え/機密情報 警報 (03/29)
    mirai (03/31)
  • 通貨評価替え/機密情報 警報 (03/29)
    xx (03/30)
  • 緊急速報 中華人民共和国がついにカバール金融に宣戦布告 (03/20)
    mirai (03/21)
  • 緊急速報 中華人民共和国がついにカバール金融に宣戦布告 (03/20)
      (03/21)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
大天使メタトロン (01/07) 結晶構造のファイの錬金術 (前半)
∞  結晶構造についてのメッセージです・・・。(-_-)゜zzz…




 
大天使メタトロン
2017年1月7日
 
結晶構造のファイの錬金術 (前半)
 
 
こんにちは!わたしはメタトロン、結晶構造担当のティベロンと一緒にいる光の天使存在!わたし達は、かつてそしていつも、この永遠の今という瞬間の中で、暖かくそして愛を込めて、皆さんに呼び掛けます。わたし達は実際に、皆さんの目がこうした言葉を読む特定の時点で、ひとりひとりの皆さんを個人的に感知します。
 
それで統一場のマトリクスを通して真実と理解と叡智を統合し、願いと自覚的意識で幾何学的な思考パターンを結び付けながら、もうひとつの瞬間がわたし達を呼び集めます。それでまさにすべての物事は、同じように一体となります。何故なら、すべての考え、すべての物事、すべての存在は、意識の、顕現の、そしてかつて存在しこれからいつも存在するすべての物事の、電磁的な表象になるからです。
それで一部の物事、一部の考え、一部の創造は、そのマトリクスの範囲内ではより急速に、より加速された周波数で伝わります。他の物事は、より密度が高くよりゆっくりと伝わりますが、しかしご存知のように、それでもやはり、そういった創造と創造者精神の特質と足並みを揃えた状態で、完璧な順番で到着します。
 
何故なら、何らかの次元的解釈あるいはその把握にかかわらず、万物、大宇宙は、それ自体が完璧なものだからです。機械的な感覚、量子的正接において、統一場の中のすべての物事は、正確にそして完璧にその特質と構造上の完全性に従って、作動します。それにもかかわらず、一部の物事は他の物事よりもさらに高い周波数、さらに高い振動共鳴で創り出されます。
 
 
◇ アトランティスにおける一体性の法則と結晶質の利用
 
アトランティスにおける結晶構造の科学の慈善的な利用は、‘天然の’結晶質、主として石英の精錬を含みました。研磨された天然の石英は、光を受け取り、濃縮し、増幅する強化された能力を持ちます。特定の角度に成形され、刻面される時、この特性は指数関数的に強化されます。光学等級を持つヴォーゲルのファイは、今後実際に恒星を含めた他の光源を吸収し、増幅することになるでしょう。
 
2017年の現時点において、わたし達は皆さんに、皆さんの研究者達はただ石英の巨大なエネルギーの利用限度の表面に触れてきただけであることを伝えます。
 
最近の百万年分のデータの記録のための‘超水晶’の利用は、光の吸収、濃縮、増幅、放射線発光、そして光の階層化を含めた石英の他の能力につながることになるでしょう。今後これが、順番として、高品位の天然の石英や、(皆さんの現在においてまだ明らかにされていない)超改質化石英の特定の型の中で独自に発見される、次元間の振動範囲の発見に通じることになるでしょう。皆さんのNASA集団は、改質化石英を用いた遮熱材としての利用を試しているところであり、溶融‘超’石英を扱う特定のコンピューター会社は、石英の属性における新たな発見を行おうとしています。間もなく明らかにされる領域のひとつが、光のエネルギーの保管になります。
 
ケイシーのリーディングの中で述べられたように、アトランティスの人々は、特化した結晶質を利用しました。一部の結晶質はエネルギーを供給するために改良され、他の結晶質は人間の物質的な身体の再生のため、他の結晶質は、次元間の移動と他の数々の領域への連絡と同時に時空内の移動のために、改良されました。結晶質は、建設での利用を目的として空間の中の開口部、‘ワームホール’と反重力場を創り出すために、磁気特性と組み合わせて利用されました。
 
そしてわたし達の要点は、波動、光線、そして振動領域の適用において電子結晶構造のエネルギーとして一般化されても差し支えないものに関する多種多様な慈善的属性が存在する、ということです。
 
実際にファイ結晶質は、その利用者に(現在認識されていないひとつの‘副作用’として)可干渉性で濃縮された光の形態を放射しますが、それは物質的な身体を活性化させるだけではなく、物質的な身体に対してビタミンDを含めた ‘暫定的な光の’栄養素を提供することができます。こうしたものは、ヴォーゲルのファイの周辺で形成する‘結晶構造場’ のひとつの結果として、間接的に卵管状で放射されます。そしてこれは、ある意味でその結晶それ自体のオーラに類似したものであり、結晶が投影することができる‘レーザー光線’とは異なるものです。
 
そのヴォーゲルのファイの周りの卵型の‘場’は、‘結晶質の頭蓋’の周りに形成される場との特定の共通点を持ち、その中でその独自の個別的な混合場が双方向性の結晶質の意識を持ち運びます。それでも‘結晶質の頭蓋’は、それ以上にひとつの双方向性の‘記録係’つまり書庫として成形されます。その熟練した利用者は、特定の洞察と内部の癒しを目的として、その結晶質の頭蓋の内部のひとつの領域へと入り込みます。ある意味では、ひとつの結晶質の頭蓋は、目的においてヴォーゲルのファイ結晶質とは遥かに異なる、伝達に関するひとつの‘個性’の側面を持つことになるでしょう。
 
今後皆さんは、その2つは適応において極めて異なるものの、しかし直列的利用において非常に良く機能できることに気付くことになるでしょう。ヴォーゲルのファイは、ひとつの結晶質の頭蓋を活性化することができます。しかし明確にさせてもらうと、ヴォーゲルのファイは遥かに素晴らしいひとつの適用範囲を持ちます。それは興味深いものではないですか!
 
結晶構造の場は、実際に多面的な周波数的な共鳴であり、‘新しい惑星地球’の結晶構造の移行において、惑星と人類に対して同じように重要なものになります。
 
◇ 結晶構造の領域
 
ヴォーゲルのファイ結晶質は、その結晶質に、指数関数的に‘天然の石英’の属性を上回る適用において、桁外れの恩恵を提供します。その聖なる幾何学の形成作用は、光学的な等級の石英を用いながら、‘高振動の思考’エネルギーに焦点を合わせて明示する際の、ひとつの‘ダイオード光線’効果を可能にします。
 
今後ヴォーゲルのファイは、間違いなくチャクラを刺激して開放することへのひとつの影響力を持つことになり、従ってさらに高い数々の領域に向かうひとつの通路を提供することになるでしょう。実際に、皆さんの呼び名で言うチャクラは、実際には生物物理学情の変換器、物質から‘反物質’への粒子加速装置です。
 
こうした‘ヴォーゲルのファイ’結晶質は、独自の意識、ひとつの生きている自覚的意識を形成するために、人間と融合します。あるヴォーゲルのファイは、光学石英の中で具体化されます。そしてこの型形成は、未精錬の天然の石英結晶質がある場所よりもさらに多くの光のエネルギーを受け取り、蓄積し、そして投影するために席を占めることができます。
 
ジェームズ・ティベロンへの話:あなたが連携するブラジル人の刻面師は、アトランティスの科学的手法に長けた‘結晶質の司祭職’、アトラのラーの一部でした。‘アトランティスのティベロン’としてのあなたと同じでした。あなた方両方は、その時期におけるニコラ・テスラとマルセル・ヴォーゲルにかなり精通していました... そしてあなたとそのブラジル人の刻面師の両方は、実際に同時に存在するあなたの‘マルセル・ヴォーゲルを含めたアトラのラーとその同僚達の過去の自己’と、積極的に連絡を取ります。あなたとそのブラジル人によって受け取られるその‘カット’は、こうした原因から直接現れました。
 
メタトロンへの質問:ヴォーゲルの結晶質、ファイカットの結晶質、そしてそれをマルセル・ヴォーゲルに考案させた人物について、話して貰えますか?
 
大天使メタトロン:確かに!こうしたものの考案者は、言うまでもなく、アトランティスの科学者の司祭であるアトラのラー出身の、ひとりの鋭敏な結晶質の達人でした。しかしながら、彼は実際にそれを考案したのではなく、どちらかと言えば多次元性の内部で共存する同じ知識を交信しました。実際には、あなたが発明されたと考えるもののほとんどは、新しい科学技術ではなく、どちらかと言えば未来と過去の進んだ科学技術的な知識から引き寄せられます。
 
結晶質の知識は、来るべき量子力学的な結晶構造の領域の時代に不可欠なものです。数多くの皆さんが、この失われた科学に複雑に関連しました。それが、今これほど数多くの人々が石英の多様性だけではなく、鉱物の王国のすべての側面に魅了されている理由です。けれども、結晶構造の領域は、その意識、考え、行動、そして明白な創造との関連性の観点からすると同じように有効であることに、注意してください。
 
マルセル・ヴォーゲルは、石英のエネルギーの特徴は純水の特徴と非常に類似性があり、しかも人間の身体は70%以上が水であるように、石英は両方を変えて影響を及ぼすために利用することができることを、正確に推測しました。
 
ここでわたし達は、ファイ結晶質の成形におけるヴォーゲルの業績は彼の生涯の晩年に生じたこと、そしてポセイダの一体性の法則の社会によって霊的な手段として利用されたさらに数多くの多様なファイ結晶質のパターンが存在することを、付け加える必要があります。その共通点は、51度の底角です。正面角と同時に面の数、面の型における有効な改変もまたこの桁外れのエネルギーを保持しますが、しかしまだ導入されません。現在においては、主として刻玉技術と光学的等級の結晶質の利用によって、制限されます。
 
聖なるファイの角度に刻まれた結晶質は、数多くの物事に対する能力があり、そのほとんどは、現在の二極性の意識の内部の大多数の人類の理解を超えています。ご存知のように、こうした結晶質は皆さんの可視の光の波長分布の上部に存在し、X線と紫外線の範囲内の結晶構造の光の知覚的分割にまで及びます。
 
その際は、こうした結晶質は時系列を超えています。そのようなものとして、それらは時間ゲートであり、皆さんの認識された過去と未来の両方で、数々の現実性の一瞥を提示することができます。わたしがそれを説明できるほど単純に、惑星の二元性と‘煌めく’連続体の順序の内部にある皆さんの意識は、直線的時間と蓋然性の平行域へと“分割”されます。さらに高い紫外線の中の今という瞬間は、普遍的な真実を含む結晶構造のひとつの単位です。皆さんがその自己の中心核を利用できる時、それは大霊の本質として呼んで差し支えないものであり、皆さんは皆さんの真実を観察し、調和させ、調整し、そして拡大する能力を実現し、そしてその結果として、皆さんの現実性の主導権を握ります。その時、ファイ結晶質は伝説的な賢者の石であり、結晶構造の周波数の統一された領域へ向かう皆さんの意識を支援します。
 
 
◇ 錬金術的な今という瞬間
 
錬金術は今までいつも、秘儀的な物事に変換の概念を関連付けようとして、広く比喩、象徴体系を利用してきました。幾つかの時代と状況の中で、こうした形而上的な側面が優位を占めるようになり、そして次に、無数の変容の転換の過程が霊的な過程の象徴と見做されました。
 
皆さんのヘルメス的な錬金術の観点の中で、その過程は、より大いなる物事へ向けた物質的あるいは微かな実質の哲学的そして原始科学的なひとつの変成転換として定義付けられます。その時これは、内面の潜在能力のための聖なる隠喩と、より低次の不完全な状態からさらに高い啓発と完璧性の状態に進化する原因になります。ファイ結晶質は、人を錬金術の旅に連れ出すマカナの手段です。それらは、賢者の石の数々の道筋、ファイを通した可干渉性のエネルギーに向かう、結晶構造の旅のひとつです。
 
ここでわたし達は、ファイ結晶質の全配置は特定の利用のための極めて洗練された手段であり、利用がそのキーワードである、と話すことになります。それは、棚の上に配置され放置される結晶質ではありません。実際にそれは意識的な手段であり、それは正しく利用される時に、他の数々の属性に囲まれて、視覚化された思考の単位に向けて濃縮された‘生命力’を増大することによって効果的に思考を増幅し、その結果、発想の概念から実際の‘物質的な3次元の’現実性に向けた‘意図’の顕在化の過程を強化し、加速しています。
 
マカナの旅と呼ばれるものもまた、ヴォーゲルのファイ、特に144面体の型と呼ばれるもので、有効になります。ファイ結晶質は次元的な拡大を提示し、そして実際にエーテルと物質的な数々の次元領域上で修復されます。
 
 
◇ 石英の内部の‘ブラックホール’
 
さて、特定の結晶構造の形態に関連した幾つかの興味深い側面がありますが、それはまだ皆さんの科学者によって理解されはじめただけです。マルセル・ヴォーゲルは、石英の分子(SiO2)の中、今‘格子欠落理論’と呼ばれるその中にあったものの中には、‘失われた’珪素原始が存在したことを、正確に理論付けました。実際に、石英の分子の四面体のピラミッドの中には、‘数々の穴・欠落’が存在します。その失われた構成要素が珪素であり、そして‘失われた隙間’の空間は、ひとつの電子的な姿を留め、それが人間の意図を独自に受け取り増幅できることを、わたし達は皆さんに伝えます。
 
それで、石英の中で生じるものは、ひとつの‘ブラックホール’、つまり言い換えれば、ある種の‘内部超常的な’時間の入り口、活性化された人間の意図を受信及び増幅できる通路の送受信装置になります!石英や他の数多くの結晶構造の原石が‘プログラム化・処理手順化された’状態になることができるのは、これがその理由です。そして親愛なる皆さん、これがこうしたものが特に皆さんに有益である理由のひとつの重要な側面であることに、注目してください。ファイ結晶質は、その聖なる幾何学的構造によって、ひとつの固有なエネルギー、可干渉性の結晶構造の光を放射します。ファイ結晶質は、その利用者の‘精神的な’振動を好意的に変え、上方移行させます。そしてそれは、人間の精神がそれで作動する数々の周波数を移行させます。
 
51度の底角を持つすべてのファイ結晶質は、(その使用者の光の割合に従って)人間の意図を受け取り、増幅します... そして実際に、高貴な気高い意図は、結晶構造の光を通して協働され変換されたひとつのエネルギーを創り出します。そしてその潤色されたエネルギーは、数々の天界と地球、内部と外部の数々の次元を明示し、それに到達することができます。分かりますか?
 
現在利用できる不可欠な51度51分の底角を持つファイ結晶質の変種は、すべて意図的に人間性に適合します。その幾つかは、追加として共鳴周波数的な関連性の属性と地球との親和性で潤色されます。一部の変種は、自然力と情緒的な世界に対する扉を開く特性を持つ周波数で潤色され、そして他の変種は、天の数々の領域で潤色されます。幾つかは、一部の天然の結晶質が行うように、古代の符号化を解除する周波数を創り出します。
 
特定のヴォーゲルのファイは、過去と未来を連続させる鍵を持ち、それが時間と次元の門を開きます。しかし現在においてこうしたものはほとんど理解されず、こうしたものの数多くは、利用されずに閉ざされたままです。こうした知識が今、学識者達や目を向ける熟練者に利用できるものになっています。個人の利用者が同じように責任ある利用法を理解できるようになるにつれて、今後それが表面化して、それ自体を提示することになるでしょう。
 
今、皆さんの宝石鑑定士や結晶学者達は、トパーズやトルマリンを含む特定の結晶構造の宝石の原石、特に石英が、圧電性と呼ばれる性質を持つことに、気付いています。これは、特定の分極された状況の下で電気を発生する、生きている結晶質の内部の極めて固有な能力です。
 
結晶構造の個体は、非常に整然とした原子及び分子の構造を持ちます:すなわち、お互いが分子の規模で高分子として繰り返される状態に関する、原子と分子の局所的な位置です。こうした結晶質の構造の配列は、数多くの目的に役立ち、そして実質的に結晶質の実体の生命力の構造を形成します。すべての生命の場合と同様に、オーラの領域があり、そして実際に結晶質の内部にひとつの意識があります。石英の意識は、特にそれを人類に有益なものにする数多くの機能性を提示しますが、それにもかかわらず、実際にはすべての結晶構造の仕組みが、無数の恩恵を提示します。
 
石英の結晶質の主要な属性のひとつは、こうした実在する鉱物形態が情報を受け取り、蓄積し、回収し、そして発信できることです。皆さんの科学者は、モナリザの3次元の画像をひとつの石英の結晶質に挿入して読み取ることに成功した20年前に、これを発見しました。皆さんの主流の学者達は長い間、エネルギー波動を送信する結晶質の能力を認めてきました。皆さんの初期のラジオは、結晶質の発信機を利用しました。そして結晶質つまり‘シリコン−珪素’の科学技術は、皆さんの電子計算機の基礎です。
 
熟達者の皆さん、これは氷山の一角に過ぎません:あるいは、わたし達は結晶質の先端と言うべきでしょうか!
 
ひとつのファイ結晶質の目的は、皆さんが方向付けたいと望む‘高貴な思考’で様式化されたエネルギーを増幅し、凝集させることです。皆さんは増幅をより手軽に理解できますが、しかし可干渉性は、メタトロン的な用語の範囲の物理特性の中では、皆さんにとって幾分難しいひとつの概念です。可干渉性は、他のすべての波動との合理的で順序付けられた調和の中でそれぞれの個別の波動を持つ、光のエネルギー波動のひとつの結晶構造の側面です。現在において、皆さんのレーザー光は、完全に位相が揃った光の最も突出した具体例です;ひとつのレーザーによって放射されたすべてのフォトン・光量子は同じ周波数を持ち、そして量子の状態の中で高調波の結晶構造の位相になっています。ファイ結晶質は、完璧で位相の揃った結合の中で、符号化された光の意図のひとつの独自な混合を形成し、放射できることを、わたし達は皆さんに伝えます。これは皆さんにとって把握することが簡単ではないかもしれませんが、しかし皆さんは量子的結晶構造の領域の内部で次元上昇に入るため、それはひとつの重要な公理、‘新しい’枠組みのひとつの鍵となる側面になります。可干渉性は、適切な意図の発現を強化します、分かりますか?
 
メタトロンへの質問:‘夢のカット’としてのヴォーゲルのカットの中のファイ結晶質の様々な恩恵を述べて、説明して貰えますか?
 
メタトロン:確かに。まずわたし達は、ヴォーゲルの形式の中のファイ結晶質は、結晶光の可干渉性に向けて石英それ自体の知覚できる特性を大幅に純化し、大いに増幅することを目的として特定の基端角度を活用した、‘一体性の法則’のアトランティス人−アルクトゥルスの存在達のひとつの科学技術である、と伝えることになります。ファイ結晶質を用いて利用できる慈善的な周波数と、非常に異なる独自に増幅された特殊化した周波数振動には数多くの異なる種類があり、そして皆さんの天然に形成された石英の中では見つけ出すことのないものもあります。
 
アトランティスの人々やアルクトゥルスの熟達者達は、幅広い複雑なファイ結晶質の科学技術を発達させ、理解しました。実際に、幾つかの特殊化されたファイ結晶質は、一体性の法則の僧職社会(アトラのラー)によって、惑星上の鍵となる力の要所や結節点に向けて設置されました。その中で最も効力があるものが、アーカンソーとブラジルの結晶質の領域の内部にあります。こうした領域は、ファイ周波数を放射するように複雑に策定され、処理の手順化が施され、そして今、持続放出の中で目覚めています。しかしその一方で、こうしたものは天然の結晶質の領域とは極めて異なります。地中で時間をかけて自然に形成された結晶質は、同じ精緻化された振動を持ちません。分かりますか?
 
そのため、ファイ、黄金の角度、そして聖なる直線こそが、聖なるものを崇敬し、太陽と巨大中心太陽に起因する結晶構造の光の神性エネルギーである最も高い象徴、最も高い振動を啓示することを目的にして、量子の結晶構造の領域を活性化し、それと融合しながら、脈動する可干渉性の結晶構造のエネルギーの啓示を創り出します。
 
それで、その結果、黄金のファイの要素は当初シリウスの太陽に由来し、地球上のここ、こうした全能のアルクトゥルスのファイ結晶質が存在する場所、また真の深く賢明な振動が存在する場所で、それ自体を取り戻しました。
 
しかしわたし達は指摘しますが、すべての石英がそういった振動に属する訳ではありません。実際に、幾つかの主要なアトランティスの結晶質は、そういった神聖なるエネルギーを持ち運び、投影します。既にわたし達は、以前皆さんに、こうした主要なアトランティスの結晶質について伝えておきました。こうした結晶質が今、主としてアーカンソーとブラジルの中で、目的を持ったまどろみから目覚めています。
 
天然の石英の形成は、一般にはそういった高い周波数や、鏡面角あるいは黄金の合金に属するファイのどちらも維持することはありません。幾つかのものは維持しますが、しかしほとんどはそうではありません。最も高い領域を持ち運ぶ結晶質の頭蓋と主要なアトランティスの結晶質の両方で最初に利用されたものが、黄金と珪酸塩の合金の結晶質です。自然形態の中のこうした結晶質のまばらな窪みが、まさにブラジル、チベット、そしてアーカンソーの表層の下深くに存在します。しかしこうしたものはほとんど数が少なく、そしてまだ利用可能ではありません。
 
天然の石英の結晶質は六方晶系であり、要所を通して最も強力に放射されるひとつの渦巻き状のファイエネルギーを放出します。ほんの少数の天然に形成された標本が完璧に対称であるため、アルクトゥルスの存在達とアトランティスのアトラのラーに属する科学者の祭司は、結晶質を通して普遍的な生命力が放射される均等に対称となった面取りを持つ二重の終結点の形式の中で、石英の正確な刻面法のひとつの手段を発達させました。そうする中で、人間の生態に起因する気のエネルギーを結晶質に転移させて、上位の部分点上の正確な焦点へとより良好に精緻化し、螺旋化できることを、彼らは完全に理解しました。
 
その低角は、51度51分の角度で面取りされた時にさらに高い次元のファイエネルギーで最も流動的に気のエネルギーを受け取って精緻化するように、決定されました。その角度は、4面ピラミッド型の8面体の角度になります。天界のエネルギーを、主要な極性を持つ地球の次元領域に属する生態鉱物球面へと変えるものが、その聖なる角度です。それは、皆さんの大ピラミッドの中で用いられた、トート主義者のメタトロン的な角度です。一部の人々は、この角度に言及して、それを51.8度として計測しますが、実際にそれは、51度51分51秒(≒51.8641667度)になります。皆さんは、8面体それ自体を‘上のように下にも’と結び付けた、その状態の熟達性が、分かりますか?親愛なる皆さん、それは両方の世界を結び付け、そして実際にその聖なる共鳴において神聖なるものです。
 
まだ‘再発見’されていない低角と頂点の両方で特定の目的のために用いることができる他の正確な角度がありますが、しかしこれは、今後適切な時期に与えられることになるでしょう。今という瞬間の中で、51度51分51秒の角度は、真の自己の自覚における人類の最初の局面に対する人類の目覚めにとって、最も有益なものです。その幾何学特性は、人類に正確な聖なるエネルギー場を引き寄せます。その特性は、また人間の領域もその特性に引き寄せます。分かりますか?
 
ただ単に石英の結晶質を12面またはそれ以上の長さに刻むことは、その結晶質にファイ共鳴を与えることはなく、そしてそれは、皆さんが理解するために不可欠なものであることを、わたし達は皆さんに伝えます。実際に、今という瞬間の中で、その底角は、伝えたように51度に刻まれることが確かに必要になります。
 
皆さんがマルセル・ヴォーゲルとして言及する者、キロンは、結晶質と水の間の相乗効果を認識しました。ファイ結晶質は、水と光というその2つの錬金術的な要素を極めて見事に一体化させるものに属する、ひとつの相乗効果を創り出します。分かりますか?その2つの混合は、硬化と軟化の両方が生じるものです。それは魂を軟化し、霊を強化します。分かりますか?
 
さて、すべてのファイカット(ヴォーゲル)の結晶質は、それと伴に生じる8つの共通した主要な特性を持ちます。天然の石英の結晶質は、こうした幾つかの属性を含みますが、しかしこうした属性は、ファイカットの単位の中で大幅に精緻化され、増幅されます。こうしたものは、以下の能力になります:
 
*思考の周波数の増幅
*顕在化のための集中力の有効化
*思考あるいは意図の受信と保管
*光の波動の周波数の変換と精緻化
*周波数エネルギーの調和的な融合
*ひとつの可干渉性の周波数領域の放射
*思考の光への変換と可干渉性の中の光の結晶光への変換

(...後半に続く)
 
Archangel Metatron  The Alchemy of Crystalline Phi January 7th 2017
Archangel Metatron via James Tyberonn

 
∞ 抽出しています。
 
「統一場のマトリクスを通して・・・すべての物事は、同じように一体となります。何故ならすべての考え、すべての物事、すべての存在は、意識の、顕現の、そしてかつて存在しこれからいつも存在するすべての物事の、電磁的な表象になるからです」
 
「・・・一部の物事、一部の考え、一部の創造は、そのマトリクスの範囲内ではより急速に、より加速された周波数で伝わります。・・・何故なら、何らかの次元的解釈あるいはその把握にかかわらず、万物、大宇宙は、それ自体が完璧なものだからです。機械的な感覚、量子的正接において、統一場の中のすべての物事は、正確にそして完璧にその特質と構造上の完全性に従って、作動します。それにもかかわらず、一部の物事は他の物事よりもさらに高い周波数、さらに高い振動共鳴で創り出されます」
 
上記二つのセンテンスを前提として結晶質についてお勉強してください。(^_^) 
 
今後に、石英の巨大なエネルギーの利用が開発されていくようですが、アトランティス時代には、エネルギーを供給する、人間の物質的な身体の再生、、‘ワームホール’と反重力場を作り出して次元間の移動と他の数々の領域への連絡と同時に時空内の移動等、多彩に利用していたようですね。
 
「波動、光線、そして振動領域の適用において電子結晶構造のエネルギーとして一般化されても差し支えないものに関する多種多様な慈善的属性が存在する」
 
↑が、メタトロンが我々に伝えたいことです。
 
「◇ 結晶構造の領域」の項目で “ヴォーゲルのファイ結晶質は、その結晶質に、指数関数的に‘天然の石英’の属性を上回る適用において、桁外れの恩恵を提供します”とあるので、「ヴォーゲルのファイ結晶質」についての情報をUPして起きます。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
親愛なるマルセル・ヴォーゲル博士
Dr .marcel vogel
 

 
マルセル・ジョセフ・ヴォーゲル(1917-1991)は、著名な研究専門の科学者であり、27年間IBMの先進システム開発部門で働き、非常に数多くの科学的革新、発明、研究に基づいた卓越した論文によって、名誉博士を授与されました。
 
マルセル・ヴォーゲルは発光に関し豊富な成果を生み出し、最終的に彼を著名な最先端の論文であるシカゴ大学のピーター・プリングスハイム博士との共著、“液体と固体の中の発光と、その実践的な応用” に導きました。
 
そして、発明に対する なんと67を超える特許を取得し特許の中には、コンピューターのハードディスク装置の磁気コーティングなどがあります。専門分野は、発光に加えて、蛍光体科学技術、磁気学、そして液晶装置などです。
 

そしてこの記事でお伝えしたいのが優秀な科学者の彼が設計したヴォーゲル結晶質です。クリスタルの結晶を高い水準に向けて集結させることによって“普遍的な生命力” に焦点を合わせたというもの。
 
アインシュタインやピタゴラスそしてマルセル・ヴォーゲル等の優秀な数学者や科学者達は、晩年スピリチュアルと科学を結びつける為に研究を重ねました。科学のずっと、ずっと先には、スピリチュアルが有るのかもしれません。
 
ヴォーゲルの結晶質は、ギザの大ピラミッドと正確に同じ角度の正確な51度51分51秒の角度(黄金比)でカットされ、その結晶質は生命の樹の象徴の幾何学にならって設計されています。
 

 
適切な幾何学的な形状にカットされ、人間の精神が愛の振動の中でその構造的な完全性との関係に入る時、結晶質はひとつの振動を発します。
 
それはその力と使用者の精神の把握力を広げ、増幅します。レーザーのように、それは位相の揃った高度に凝縮された形態で、エネルギーを放射します。そしてこの極端に慈善的なエネルギーは、意のままに物体あるいは人々に向けて伝送することができます。わたしの認識では、これは真実です。
 

精密に角度が形成されカットされたファイ結晶質の利用は、内面の数々の世界の発見と、結晶構造の領域の多次元的な数々の面という観点から極端に進んだ数々の機会を提供します。その中に、皆さんの本質が横たわっています。
 
思考の現象化と一貫して融合するファイ結晶質の能力は、実際に賢明な使用者の人生を豊かにすることができます。
KIKUYAスタッフブログ」さんよりの転載です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
  
この記事には後半があります。無理なさらないで適度にお読みください。
 
(^_^;) ゴジツネ。







 
posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 19:07 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロン (03/09) 無が聖なる時 宗教の霊性への進化
∞ 大天使メタトロンの伝える2017年以降・・・が。 (^_^;) エェー !

 


 
大天使メタトロン
2017年3月9日 
 
無が聖なる時 宗教の霊性への進化


熟達者の皆さん、こんにちは。わたしはメタトロン、結晶構造担当のティベロンと一緒にいる光の天使存在。わたし達は、無条件の愛の方向量の中で、皆さんを抱き締めます。
 
現在の地球規模の動揺の時期の中で、アブラハムから生じた宗教の間で、恨みの潮流が高まっています。そして今後時を経て帰着する必要な解消策のひとつは、こうした3つの家父長的な宗教(訳注:ユダヤ教、イスラム教、キリスト教)の調和です。皆さんが否定的として考えるものでさえ、例え難しい方法だとしても、やがて解消し、愛に戻ります。
  
■ 宗教と真実
 
わたし達はこの交信の中で、宗教について話をしたいと思います。何故なら、皆さんの在り方と全存在に対する関係性の理解が、広がっているからです。神は愛です。熟達者の皆さん、人類が霊性を熟慮し、独善的な宗教を超えて最も優れた人間としての倫理を全体で受け入れる時期が近付いていることを、わたし達は皆さんに伝えます。神、‘全存在’は、親切なこころ以外の独善的な宗教など認識しないことを、わたし達は皆さんに伝えます。
 
皆さんの様々な転生の中で、皆さんすべてが、皆さんの意識的な記憶の外部、皆さんの記憶された歴史以前の他の霊的な叡智の構成や型式と同様に、皆さんの現在の宗教のほとんどの信条と教義を経験してきたことは、気付いている人間には驚くことではありません。
 
しかしその一方で、現在の2017年という時期、新しい地球の枠組みの5年目の中で、宗教の条件付けが依然として広範囲に及ぶ影響力を持ちます。悲しいことに、皆さんの主要な宗教は、皆さんの現実性の膨大な真実を充分に網羅するあるいは受け入れることはほとんどありません。こうした宗教の間で、仏教はその最も近くに位置しますが、しかし依然として、特定の重要な分野を欠いたままです。特定の仏教の伝統の中で教えられた全体的な願望の放棄は、自己否定に通じることがあります。アブラハムの3つの宗教は、その多様な変型と、原罪とひとりの神を持つ‘わが道の他に道はなし’の天罰という熱狂的な教義における排斥の程度と伴に、数多くの対立と戦争に通じてきた悲しい歪みになっています。
  
■ 進化と自己発見
 
拡大している‘新しい地球’のエネルギーの移行の中で、今後人類の中で、ひとつの新しい考え方が浮上することになるでしょう。新しい人間は、信条から信条へ、あるいは導師から導師への疾走によっては、宗教を超えた真実に気付くことはないでしょう。同じように皆さんは、何らかの特定の科学技術の形に熱狂的に固執することによって、皆さんの真実を見付け出すあるいは経験することはないでしょう。数々の書籍を読むことによって、あるいは皆さんが読むあらゆる物事を盲目的に受け入れて信じることによって、それが起こることはありません。立証責任、自己の真実の旅は、別の人が見付け出すことはできません。皆さんに神性に対する皆さん自身の関係性を証明するために、あるいは何らかの指導者または教師に頼ることは、間違った道筋です。大抵の場合、そういった過程は、ただ単に主観的なひとつの檻の後に続く別の檻に通じるだけです。
 
何らかの指導者あるいは教義に従う、またはそれを与えられる際に、可能性として最初の心地良い状態あるいは安心があるとしても、答えを見付け出す責任の所在は、特に皆さんがさらに高く発展した地域に進出するにつれて、公平にそれぞれの個人にあります。親愛なる者、孤独を取り戻し、深く穏やかにそして率直に自己に目を向けることによってこそ、皆さんは、皆さん自身の真実に関する経験的な知識を獲得し、内面の自己と皆さんの拡大的な根源の多次元的な特質と現実性を発見し、そして事実通りそれを経験することができます。これは、努力を必要とします。実際に、人は飢えを、深い願望を感じることが必要になります。そこにはひとつの関連する積極的な帰順、焦点とする対象の実現に向けた公然たる従順さがあります。
 
■ 歴史的な歪み
 
今まで皆さんの惑星上に転生した、数多くの‘クリストス意識’が存在してきました。彼らのメッセージのほとんどは、失われるか、歴史の中で歪められました。そのどれひとつとして、実際に皆さんの聖書の文章の中で描写されているように虐待されたことはありません。しかしその一方で、それは、そのキリスト教世界の中で暗示された出来事が、深い象徴的なひとつのメッセージまたは効果的なホログラム的現実性は持たない、という意味は含みません。深く埋め込まれた、莫大な数の人類を対象にした信念に向けて順序立てられたどのような出来事も、今後は集団的精神の共同創造性を通して、特定の‘投影された心理学的な’現実性を担うことになるでしょう。この意味では、磔刑(たっけい)の物語は、実際に起こるよりも大いなるひとつの現実性を持ちます。実際に、ヨシュア・ベン・ヨセフとして転生した、啓発された‘歴史上重要な’ひとりのキリストが存在しましたが、しかし彼の真のメッセージの多くは、‘怖れに基づいた’支配と政治的な操作と都合を目的として、後に組織化された行政組織の教会によって流用されてしまいました。
 
別にわたし達は、普遍的な愛と道徳の教旨を持つある正統派の宗教的規律を献身的に実践することは、自分達の誠意と信念をそういった教会組織に向ける人々に慰めを与えることはできない、と話している訳ではありません。霊との親交、そしてさらに高い数々の領域への接点は、何らかの宗教または信念の中にいて熱心にそして献身的に光と愛を追求する人々に、絶対的にあり得るものです。むしろわたし達は、現在の時期の中で最も順序立てられた霊的な宗派は、限定されたひとつの範囲、現実性の真の特質の最小限の把握を持ち、そしてある楽園のような天国を含めた従順な信者達に対する設定されたひとつの原則と怖れによる支配、そして他のあらゆる人に対する燃え上がる地獄の猛烈な苦悩で、ひとつの予定表を規定する、と話しています。最初の教義と歪められていないメッセージは、原罪の概念を含むことはありませんでした。
 
悠久の時を通して、数多くの真実の担い手達は、しばしば‘語り手’として言及されました。ヨシュア・ベン・ヨセフは、他の存在達の間のピタゴラス、ゾロアスター、そしてゴータマ・シッタールタと同じような、そういったひとりの語り手でした。バプテスマのヨハネは、12使徒と同じように、実際にヨシュア・ベン・ヨセフ、キリストの魂のひとつの在り方の部分でした。12使徒は人間の属性のパターンの12の徳目を象徴し、地球の次元領域における人間の属性に属する12の黄道帯の定型と客観的に関連しています。パウロは、ひとりのクリストスになりました。そして事実通りキリスト教のより広範囲への普及を始めたのが、彼の仕事でした。パウロとバプテスマのヨハネの両方が、歴史的に殉教しました。パウロは、より大いなる真実に気付いていましたが、しかし彼はただ、支持者達の内輪の社会に対するメッセージのさらに神秘的なある種の側面を共有しただけでした。
 
そしてわたし達は、より拡大的なキリストの教義の記録を維持してきた、秘密の修道院グループに属する少数集団が存在していることを、皆さんに伝えます。エッセネ派の分派が行ったように。それにもかかわらず、欧州の地域内、特にスペイン東部と西部の修道院の内部には、修道用の洞窟や隠された部屋が存在します。その内部には、さらに大いなる真実に関する古代の書籍や暗号化された巻物があります。しかしながら、そのほとんどが、バチカンの権威主義者達や異端審問の当局筋によって破壊されました。しかし現在でも、例え解読するには余りにも色褪せて脆弱になっているとしても、一部の暗号化された変型がバチカンの金庫室や欧州内の特定の遺跡の内部に残っています。
  
■ 来るべき黄金時代
 
エドガー・ケイシーが21世紀の後に始まると預言し、聖書の文章が平和な千年王国として大まかに言及した‘黄金時代’は、初期の数々の基準日は過ぎ去ってしまったと考えられます。こうしものは、おそらく以下のようになります。過ぎ去った基準日は赤で... 未来の対象日は青になっています:
 
・1987年−調和的な収束・高調波収束
・1998年−1998年の隕石‘死の星’の任意の終了の偏向
・2012年−3次元から12次元への地球の拡大
・2038年から2044年−化身の回帰、クリストスの4番目の擬人化
・2075年〜2077年−主要な化身任務の完了
・2150年〜2300年−一体性の法則の魂のグループの集団転生の復帰(エドガー・ケイシーの魂の復帰−2158年に転生)
・2300年〜2375年−人類が‘啓発された二元性意識’の臨界質量(人口)の50%を超える
・2350年〜2375年... 黄金時代の開始
 
1987年の調和的収束(高調波収束・8つの惑星でのグランド・トラインの配置となった、マヤ歴の1144日の時点で起こった)の光の計測は、地球規模の力の要所全域で一緒に瞑想した144,000人の人々を含みましたが、それが、神聖なる意図の中に共同創造的に種が播かれて、2012年の地球の次元上昇と、(激変による再起動を回避している)今の人類の次元上昇に向けた運動を可能にしました。その通り!
 
数多くの皆さんが自覚しないこととして、エドガー・ケイシーを含めたこれほど数多くの予言者達によって予知された地球規模の激変は、調和的収束のおかげで回避された、という事実があります。そうでなければ、起こり得る激変の現実性は、1998と2012年の間に、地球に衝突する巨大な1.5キロメートルのひとつの隕石に端を発して、既に起こっていました。皆さんの間の敏感な人々は、この潜在的可能性に気付いていました。興味深いことに、この90年代の時期と2000年代初期に、潜在的可能性として惑星に衝突して壊滅させる小惑星に関する幾つかの映画が出現しました。
 
144,000名と伴に1144年(1987年)に起こった事が、可能性の状況から物性に向けて、再起動を行わない移行をもたらしました。それは、意識的な共同創造を通して、新しいひとつの道筋を‘調和的に’顕在化しました。それは、2012年の要所の特質を、壊滅的激変による再起動から、次元の拡大に変えました。
 
それでそれは、来るべき黄金時代の真の黎明が2012年の中で次元的に生まれ、そして周波数的に明らかになり始めた、ということです。しかし、それが事実通りひとつの‘黄金の平和の君臨’として起こるためには、およそ15から20の世代、直線的時間で300年から400年の年数を必要とすることになるでしょう。
 
皆さんの現在の2017年の中の時間から2038年に至るまでの間、数々の変化は、皆さんの間の無頓着な観察者には、漸進的で外見的にゆっくりとしたものになるでしょう。しかしその一方で、2038年が近付くにつれて、こうした継続する不可欠な変化と周波数の上方移行を通して、ある際立った導入効果の胎動が生じることになるでしょう。こうした移行のエネルギーとその符号化された光を伴うイオンの流入が、ゆっくりとしかし確実に、惑星上と内部に浸透しています。そして今後それが、人類の変容の中で本質的に主要な役割を果たすことになるでしょう。
 
こうした移行は、多次元的な認識と叡智へのさらいに大いなる結び付きを可能にすることになるでしょう。人類は、わたし達が以前共有しておいたように、新しい結晶質風の(シリコンを基準とした)身体の型へ向けて、ゆっくりと移行しています。アーカンソーとブラジルの結晶質の渦に向けて誕生した新しい世代は、たとえこうした親和的な変異が次の世代またはそのまた次の世代のために医学的に認められ始めることはないとしても、既に生理上の微かな変化を身に着け始めていることを、わたし達は皆さんに伝えます。
 
今後人間の脳は、以前は休眠していた領域の中で活性化し、さらに大いなる意識を取り囲み始めるようになるでしょう。これを受けて、33のチャクラ系への継続的な拡大が、12の生理学状のチャクラから拡大を続けています。
 
この過程の中で、新しい霊的な自覚の中心が進化することになるでしょう。その充分な活性化が、結果として枠組みに関する理解のかなり優れた弾力性をもたらすことになるでしょう。二元性は依然としてこれからも存在することになりますが、しかしより少ない弧状振幅を伴うものに、つまり良し悪しの理解の観点からすると‘あいまいな領域’の減少が、生じるようになるでしょう。これは、今後数々の障害物、争点あるいは解消すべき問題が存在しなくなる、という意味は含みません。何故なら、それが、3次元の自由意志の中のひとつの実験の場としての地球の特質になるからです。むしろ、その路の分岐点、そして選択するべき道筋に関する意思決定の方がより簡潔な言い方であり、識別がより簡単なもの... より多くの白黒の選択肢になります。対立している地域の中で、誤りに誤りを重ねても決して正しくなることはない、という、遙かに大いなる自覚が起こることになるでしょう。
 
2017年から2038年までの年を追う毎にこうした変化が進むにつれて、そしてまた2075年から2100年と2150年から2300年の集団的な局面の中で、さらに多くの拡大と自覚が、正統派の考えと‘宗教’の媒介変数を超えてその数を上回る人間の探求者の集団に通じることになるでしょう。霊性が、聖なる形而上学的な実践の自己仕立ての個人的な変型を通して‘神聖なる啓発’の接点の経験と結び付きながら、より個別化された概念に向けたひとつの主要な移行を引き起こすことになるでしょう。
 
人間の経験は広がり、自覚的意識の中で拡大することになるでしょう。今後これが、異なった脳波の意識状態へ向けたより多くの蝕知(しょくち)できる到達点を可能にすることになるでしょう。そして結果として、12の惑星の次元とのさらに大きな接点だけではなく、また過去の人生の個性と未来と過去の両方の転生との連結性伝達能力に関連した、他の複数の新紀元についてのさらに大いなる認知へ向けた、ひとつの幻想的な水準上の接点もまた、促進することになるでしょう。
 
■ 不可欠な浄化
 
熟達者の皆さん、拡大している現在の時代の中で、すべての皆さんが今、そして今後も、数年の間、わたし達が‘坩堝(るつぼ)の占星学’と呼んできたものの様々な強さを経験し続けています。これは必要な浄化であり、起こらなければならないものです。皆さんが直面し解消することを目的として、対立が起こっているすべての地域が浮上しています。しかしこの定型化の微妙な差異の範囲には数々の局面があり、それは、今後皆さんが現状維持や宗教と個人的な信念体系の周りの古いエネルギーに疑問を持つようになる局面です。信念は変わり、そして紛れもないやり方で物質的な環境の属性を移行させることによって、新しい信念に大幅に影響を与え続けています。
 
学界と主流の科学の分野は、数々の発見を行い、物理特性と現実性の流体的特質に関した枠組みの移行を含む実行可能な新たな理論を明らかにし始めています。
 
より自然でより自発的な啓蒙の形が発展を続けていて、今後は正統派の宗教的規律を置き換えることになるでしょう。それほど遠くない未来において、脳走査技術が、以前は眠りに就いていた領域の中で高まる活動を明らかにするようになるでしょう。内域側頭葉が、ブレインマッピング(考えの図表化)の中、大脳辺縁系の中のさらに大きなひとつの活動を明らかにすることになるでしょう。
 
また脳の基底部の中で、内分泌系、視床下部、そして下垂体に影響を与えながら、著しい数々の変化が起こることになるでしょう。人間の身体の特定の神経細胞とジメチルトリプタミンの自然な内因性生産が増大し、意識の拡大の側面から研究されるようになるでしょう。刺激された特定の脳の領域が、過去の人生の記憶を一貫して生み出すことが、発見されるようになるでしょう。人間の精神感応による伝達能力もまた、著しく拡大することになるでしょう。
 
この拡大は、太陽活動と地球の大気に向けて数十億トンもの陰イオンの微粒子を衝突させているコロナ質量放出を経由した結果的なイオン比率の移行によって、少なからず影響され、促進されることになるでしょう。
 
このすべては人間の連続的な直線的時間の感覚の中では漸進的なものですが、しかしひとつの概観からすると急激なものです。
  
■ わたし達の意図
 
この交信におけるわたし達の意図は、惑星の坩堝の定型化の中で起こっている混沌にもかかわらず、すべては順調に進んでいることを、皆さんに保証することです。実際に人類は、たとえ依然として数々の世代を隔てているとしても、次元上昇に対して順調に進んでいます。今後次元上昇の道筋の上のほとんどの皆さんが、今と人類の卒業の間に何度か転生することは、皆さんにとってひとつの驚きではないはずです。‘啓発されている’人類の大多数の実際の瞬間を事実通り正確に指摘することができない事情は、実際上の理由と、次元上昇はひとつのこころで一度ずつ起こりまた自由意志が絶えず関係するという事実の両方が原因になっているからです。しかしわたし達の視点からすると、それは今後それが‘起こるかどうか’というひとつの事柄ではなく、単純に、今しっかりと順調に進みながら、その空間と時間との中の着地点を明らかにしているものに向かう、ひとつの進化です。
 
次の世紀の中頃(2150年)までに、人類の集団的な振動とグループの光の割合は、現在の状況よりもかなり高くなるでしょう。この予測を用いると、2300年から2350年までに、地上の次元領域に転生する人類の大多数、およそ70%が、高い光の割合の状態になっているでしょう。ひとりの個人的な水準の暴力まで発展する非常に少数の対立しか起こらなくなり、そして統合された地球の下位治組織の間では、実質的に皆無になるでしょう。
 
この時期までに、人類は、ある程度まで、宗教的な信念に関する概念を変えてしまっているでしょう。その範囲は、あるのはただ、2300年の中で理解されるものの間に存在する2017年の現時点の人々の信念に対する比較における断片的な歴史的類似性だけだ、というものです。実際に2300年までに、宗教という言葉はもはや使用されることはなく、もはや霊的な自覚に関連した特有語の不可欠な部分ではなくなるでしょう。(今後皆さんは、その未来の時間の方向量の中で、過去において正統派の宗教的信念がどれほど制限的で狭いものかに驚くことになるでしょう。)
 
大いに期待された皆さんの‘星の’祖先達との‘接触’は、23世紀までに起こることになるでしょう。今後皆さんは、ケイシーや他の存在達によって予言された新しい身体の型の状態になっているでしょう。その基本的な姿は同じものになりますが、しかし珪素を基盤とした肉体は、より発光性の高いものになっているでしょう。人間のオーラは明白に輝き、そしてある程度、それぞれの個人的なオーラの同一性は、物質的な属性よりも優先されることになるでしょう。人種的な差異は依然として存在しますが、しかしそれほど明白なものではなくなるでしょう。‘オーラ’の霊的な本質から投影されたその色彩とエネルギーが、物質的な特徴よりも上位に位置することになるでしょう。人間の身体は‘3次元の物質’の組成の中でより密度が低く、より薄く、そして実質的に無毛になるでしょう。その頭蓋はわずかながらより細長くなり、さらに広い額を持つことになり、さらに規模を拡大する脳の活動によって体積の増加がもたらされることになるでしょう。
  
■ 結びとして
 
熟達者の皆さん、皆さんは、むしろ絶望を感知し、落胆するのが簡単で、人間の進歩は後退を続けているように感じるかもしれない、混沌とした時間の局面の中で暮らします。宗教的な対立が、戦争と極端な暴力に向けて惑星中で噴出しています。
 
今起っている、そう見えるような混沌として矛盾した物事は、ひとつの浄化です。ある意味で、皆さんは、巨大な前進(飛躍的進歩)の‘二歩’を踏む前に、後退の一歩を踏んでいます。この暴力と騒乱は、やがて解決策を持つことになるでしょう。皆さんが希望を見失わないことが、極めて重要になります。皆さんの間の追求者達、皆さんの間の賢者を、皆さんは、愛と肯定的な共同創造のエネルギーを投影するために、皆さんの今という瞬間の中で今までよりも必要としています。そうする中で皆さんは、今後現れる数々の変化の種子の核心部分となる顕在化に向けて、本質的で肥沃なエネルギーを供給します。
 
今後皆さんにさらに大いなる普遍的な真実との結合を許す数々の変化が、所定の場所にあります。直観的に理解され、一貫して所定の場所にある、数々の真実です。皆さんの大宇宙の中の場所を含んでいる叡智、人生における目的、そして神性に対する関係性は、独断的教義を持たず、現在の制限的宗教構造から離れています。他の人々と自己に対して歓び、親切、そして敬意を維持し反映する行動および考えは、これからは、回復可能で‘古い時代の宗教’から救い出された、信ずるに値する基本的な‘真実’として、理解されることになるでしょう。
 
そして、真実であるもの、皆さんの個別化された表現に基づいて信じる能力を持っているものを認識することの中に、根本的なひとつの至福があります。
 
熟達者の皆さん、二元性という目的にされた幻影の中で、あらゆる物事と無は、同じ硬貨の反対側です。
 
どのような物事も何ひとつ皆さんを幸せにしない時、皆さんは既に飛躍的進歩を遂げているでしょう。何故なら、皆さんの周りの数々の出来事によって揺るぐことのないひとつの歓びの振動を維持することは、人間の在り方のひとつの大いなる目標になるからです。その意味では、皆さんは実際に、(諧謔を込めながら)‘聖なるものは何もない’と話すかもしれません。熟達者の皆さん、皆さんが歓びと至福を投影する時、それは遥か遠くまで達する影響力と効果を持ちます。真実に関する真の自己実現よりもさらに大いなる歓び、さらに優れたものなど無いことを、わたし達は皆さんに伝えます。
 
わたしは結晶構造担当のティベロンと一緒にいるメタトロン。そしてわたし達は、この真実を共有します。壮麗な卒業が皆さんを待ち構えます。親愛なる人間の皆さん、皆さんはこころから最愛なる人々です。
 
そしてその通りに... そしてそのように...
 
The above channel is Copyright Protected  All Rights Duly Reserved 2017
March 9th, 2017 Via James Tyberonn
All Copyrights Duly Reserved to Earth-Keeper & James Tyberonn 2017
 
翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。

∞  一点だけ、注目しました。(^_^)/
 
このメッセージが大天使メタトロンのメッセージだとしても、伝えることは、今、我々の置かれている現実から観ると「タイムスパンがちょっと違うのでは?」という疑問も湧きますが・・・。
 
「■ 来るべき黄金時代」では、“2012年−3次元から12次元への地球の拡大”とありますから、この期間内に地球の次元上昇は起きることになり、また次元上昇の窓は2025年に閉じるので、遅くとも、今後8年以内に、我々も肉体を伴って地球と共に五次元迄次元上昇することになります。それがETさん達がメッセージで伝える我々の次元上昇のプロセスです。ですから2038年以降、300有余年後の2350年にやっと黄金時代の開始となるとはどういうことかと言うと、それは次元上昇した我々の次のステップとなる銀河人になるということでしょうか。
 
実際的に、我々が次元上昇してから銀河人として一人前になるまでには時系列的にみると300年以上かかるかも知れませんが、我々が五次元の存在となると「時間」という概念は必要なく、過去も未来も同時起きているのですから、このようなタイムスパンは無意味かも知れません。でも大天使メタトロンは我々が理解しやすいように三次元時系列で伝えようとしたのかも。(^_^)





 
posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 19:17 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロン (06/09) 地球の未来と次元上昇
∞  このやや長文のメッセージはしっかりお読み戴くことをお薦めします。なぜなら、ご自分にとって得るものが多いからです。(^_^)/

 


 
大天使メタトロン
2017年6月9日
 
地球の未来と次元上昇
 
 
地球の未来は既に存在し、確認し経験するすべての人々が利用できます。それは、数多くの魂達が既に存在するひとつの次元です。それは今、地球上のすべての人々が利用できるものです。
 
皆さんの物質的な身体を移動する、あるいは地球の未来を実証するその次元に近付くために皆さんの光の身体へと移動するというよりも、それは単純に、精神が吸収し、反映し、その結果それに似合う、ひとつのエネルギーの周波数です。
  
皆さんの精神は、皆さんの考え、情緒、信念、過去の経験、怖れ、そして皆さんの願いの集積を通して、その現実性を創り出します。
 
皆さんという存在の最も卓越したエネルギーは、それが肯定的か否定的かどうかにかかわらず、皆さんが経験できるように皆さんの現実性に類似のエネルギーを引き寄せようとして皆さんの精神がこうしたものを利用する時に、皆さんの現実性の創造を支えます。
 
皆さんの考え、情緒、信念、過去の経験、怖れ、そして願いが、皆さん自身の創作から生まれたひとつの夢のような状態を創り出しながら、皆さんの内部で光の周波数、エネルギー、音響、そして情報を作り出します。
 
その時皆さんは、さらに深く、人類の集団意識と過ぎ去りし世代の認知の影響を受けます。皆さんが事実として教えられてきた基本的な情報が、それを通して皆さんが皆さんの現実性を眺めるひとつの坑道を創り出します。
 
皆さんが普通で正しいと把握する、人間が地球上でそう生きるべき方法や地球がそのようになるべき物事に関するすべての情報と発想さえ、他の人々の視点から生まれます。
 
それは実際に、皆さん自身の内面の真実や、皆さん自身の自然な見通しや視線で地球と皆さん自身を確認する皆さんの能力、その能力を阻む壁に、似ています。
 
皆さんの自然な見通しは、これほど数多くの年月を経ながら人類が信じてきたものが存在するというよりも、むしろ実際に存在するものを認識しながら、皆さんが数々の制約や幻影を超えて確認することを許す、皆さんの魂の認知、皆さんの魂の凝視です。
  
皆さんが地球の未来の次元に近付く時、皆さんは、皆さんの内部の新しい視点から地球と地球の人類を確認する皆さん自身を許しています。皆さんの魂を通してもたらされたこうした新しい視点は、無限で、愛に溢れ、創造的で、純粋で、そして誠実であり、このため肯定的で充実した考え、情緒、信念、そして目標によって、創り出されます。
 
解き放たれた制限的な過去の経験と認知が、創造主と宇宙の愛と真実のためのさらに大いなる空間が皆さんという存在を満たすことを許す一方で、今後80%以上の怖れが癒され、消し去られることになるでしょう。それ故に、今後わたし達という存在の周波数は変わることになるでしょう。
 
従って、皆さんの精神は、その愛と拡大を利用しながら、同じそしてまたさらにそれ以上のエネルギーを皆さんが経験できる皆さんの現実性に引き寄せようとして、数々の周波数を満たすようになるでしょう。
 
実際に、今後80%以上の皆さんが、創造主である全存在が皆さんを通して豊富に流れることを許しながら。創造主と同調するようになるでしょう。
 
皆さんが敢えて皆さんの魂の目を通して確認し始める時、重要なことは、既に皆さんは創造主との40%の同調を経験していること、つまり皆さんは、皆さんの人生に向けて、幾つかの充足した愛に溢れる経験を引き寄せて、地球の未来を一瞥できることを認識することになります。
  
 
■ 地球の未来として認識される次元とは何か?
 
次元とは単純に、経験され具体化された時に、創造と遭遇に溢れたひとつの全体的世界のように感じる、エネルギーの周波数のことです。それぞれの次元はある異なる周波数を持ち、従って、経験に関する異なる意図を持ちます。
 
地球の未来として認識される次元は、事実通り美しいものであり、調和の中で、そしてひとつの物質的な水準で80%以上が創造主と同調している状態で存在する、地球と人類を明示します。すべての人々が、愛、真実、幸せ、充足、安らぎ、完璧な健康、そして豊かさを経験するために、利用できるものです。
 
この次元による大いなる至福は、それが創造主の創造的な振動の深淵で強力なひとつの存在感を持つことです。この理由は、創造主はすべての人々の内部に存在し、そしてまたその最も純粋な振動で存在する母なる地球が、数々の制約や境界を超えた巨大な創造性のひとつの源泉になっているためです。
 
人類が創造主と同調した状態で存在する時、人類は、母なる地球の深淵で創造的なエネルギーと能力を認めることになるでしょう。その時人類と母なる地球は、創造主の創造のエネルギーと純粋な意図を結合させながら、伴に深く意味深い旅を始めることになるでしょう。
 
これはかなり強力なものになるため、創造主の本質から生まれて、今まで決して数多くの人々が経験したことがないそうした美しさで、創造主の宇宙を満たすことになるでしょう。今後美しさが創造主の宇宙を満たして、ひとつの強力で大いなる大宇宙の移行を触発し、それがすべての人々に肯定的に影響を与えることになるでしょう。
 
 
■ 地球の未来に対する準備
 
地球上のあらゆる人が今、地球の未来の次元に近付くことができます。すべての人類が変わるのを待つ必要はありません。その次元は、既に存在します。人類が地球上でそれを創り出す必要はありません。
 
その代わりに人類は、地球の至福の次元に充分に近付いてそれを経験できるように、自分達の存在の内部に適切な状況を創り出すことが必要になります。
 
適切な状況とは、肯定的で充実した考え、情緒、信念、そして目標のことです。創造主の愛と真実のためのさらに大いなる空間を許している解き放たれた制限的な過去の経験と認知と伴に、80%以上の怖れが癒され、消し去られます。
 
それぞれの個人が自分達の存在の内部で適切な状況を達成できる行動を選択するため、それはまるでその人々の周りの地球が変わっているように見えるようになるでしょう。
 
今後地球は、その人々の存在の内部で起こっている物事と人類の集団意識の内部で起こっている数々の移行を、反映することになるでしょう。数多くの古いエネルギーと制限的な認知、怖れ、そして幻影は、今後皆さんが認めて解き放つことができるように、表面化することになるでしょう。
 
一部の幻影は、人類の認知の内部でかなり根深いものになっている可能性があるため、それは、巨大な損失のように感じて、今後真実が浮上することを許しながら癒えているとしても、数々の嘆きの過程を創り出すようにさえ感じるかもしれません。
 
 
真実はいつも情報または知識である訳ではないことを、良く理解することが重要になります。それはしばしば、ひとつの自由な感覚か、あるいは拡大をもたらすひとつの表現になります。真実は、皆さん自身と皆さんの周りの環境に関する皆さんの認知の拡大です。
  
皆さんが皆さん自身と現実性を把握するやり方における変化と移行は、単純に内的なものかもしれませんが、しかしその一方で、皆さんはそれを、皆さんの地元の現実性と世界の中の堅牢な状況または経験だと確認し、感じ、そして認識します。
 
堅牢な外部の世界が移行して、皆さんの内面の世界と一致することが必要になりますが、これは時間がかかることになるでしょう。
 
皆さんの周りの世界で忍耐と思いやりを行使することは、すべての人類の内部の移行によって創り出された世界の移行に対処する際に皆さんを支えるだけではなく、またそれは、地球上の最も暗い時代の中でさえ、皆さんが地球の未来の次元を一瞥することを許すことになるでしょう。
 
そうする中で、今後皆さんは、それが皆さんにとって肯定的または否定的に見えるかどうかにかかわらず、あらゆる物事を、創造主の完璧さとして把握するようになるでしょう。
  
 
■ 皆さん自身を思い出すために重要なこと
 
皆さんの現実性あるいは世界の内部におけるどのような状況も、それが憂慮すべきものか触発されるものかどうかにかかわらず、制約から自由と創造主との同調に移動している人類と皆さん自身の認知の、ひとつの産物です。
 
それは、すべての人々のために自由を創り出すひとつの過程ですが、その一方でまた時には、移行に抵抗している古い制限的な認知のひとつの産物である場合もあります。皆さんが否定的だと把握する数多くの状況は、人類の内部でひとつの反応を創り出すために引き起こされます。
 
その反応は、その中で新しい魂を生み出すひとつの変容、触発された認知、そして古い制限的な認知の解放を、明らかにします。
  
 
■ 地球の未来の次元に近付く
  
地球の未来の次元に近付くことによって、皆さんは、皆さん自身、地球、そして人類を、創造主と、そして地球に関する最も触発的で創造的な経験と、同調させています。
 
これは地球上で創り出されたものではなく、地球と皆さん自身のひとつの認知であり、それが今後、次第に皆さんの内部から明らかになり、まるで皆さんの周りで地球が変わっているように感じるようになることを、憶えておいてください。
 
それは単純に、変わり続けている皆さんの地球の光景になるでしょう。このひとつの具体例として、もしも皆さんが皆さんの内部で混沌を経験しているなら、その時混沌は、皆さんの局所的な現実性と世界の内部に存在するようになり、皆さんもまた、他の人々や他の人々の行動の内部でそれを確認することになるでしょう。
 
もしも皆さんが皆さんの内部のその混沌とした周波数を癒し、解き放つとすれば、その結果もはや皆さんは、皆さんの現実性または世界の中でさえ、それを確認することはないでしょう。
 
人類が混沌を解き放つにつれて、世界の中のその混沌の存在感と創造は次第に完全に解消することになるでしょう。皆さんの内面の変容は、創造主の真実に接近する際にすべての人々を支える、ひとつの触媒です。
 
 
‘大天使メタトロン、あなたの天使の光でわたしを取り囲み、わたしの振動を高めて、わたしが地球の未来の次元と結び付く準備を整えてください。わたしという存在のすべての側面が、地球の未来の次元の聖なる周波数を浴びて、それを吸収するようにしてください。
 
この次元と調和して振動しているわたしの身体と、その周波数と同調しているわたしの精神を、支えてください。地球の未来の次元を一瞥し、感知し、認識し、そして具体化する際に、わたしを支援してください。今、わたしが地球と創造主の真実とを確認し、感知し、認めるようにしてください。あなたに感謝します。’
 
Archangel Metatron
The Future and Ascension of the Earth June 9th, 2017
Via Natalie Glasson
 
The Future and Ascension of the Earth by Archangel Metatron
Channelled through Natalie Glasson 9th June 2017 Original Source:

Sacred School of OmNaRead More from Archangel Metatron:
 

Natalie Glasson channels a Free Weekly Channeled Message of Wisdom from Ascended Masters, Archangel, Angels and Celestial Beings to share guidance for the ascension and spiritual development of humanity.
 
You are welcome to share Natalie’s Messages but please respect Natalie’s work by including ‘Natalie Glasson www.omna.org,’ Thank you.
 
翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
 

∞ シェルダンやマイクからのメッセージが2週間以上、またコズミック・ディスクロージャーに至っては約1ヶ月停滞しています。
 
メッセージ翻訳の遅れはボランティアの方の裁量で行われているので、仕方がないことなのですが、多少の無理は承知の上で出来うるならば翻訳を間断なく続けて欲しいと思います。なぜなら、我々の未来は我々の集合意識が創造していることを知ると、日本人が最新のアセンションメッセージを読むことが出来なければ、その分、我々のアセンション意識が薄れ、アセンションプロセス全体の停滞の一因になる可能性があるからです。 
 
(^_^) ワテ ノ キボウヤケド ミンナノ タメ ナンヨ。

メタトロンのこのメッセージは以下のいくつかのセンテンスを「キー」として捉えると、より理解しやすくなるかも。
 
(^_^;) コジンテキ ケンカイヤ。 
 
「皆さんの物質的な身体を移動する、あるいは地球の未来を実証するその次元に近付くために皆さんの光の身体へと移動するというよりも、それは単純に、精神が吸収し、反映し、その結果それに似合う、ひとつのエネルギーの周波数です。」
 
「皆さんの精神は、皆さんの考え、情緒、信念、過去の経験、怖れ、そして皆さんの願いの集積を通して、その現実性を創り出します」
 
「次元とは単純に、経験され具体化された時に、創造と遭遇に溢れたひとつの全体的世界のように感じる、エネルギーの周波数のことです。それぞれの次元はある異なる周波数を持ち、従って、経験に関する異なる意図を持ちます」

追記:最近、日に一度以上、瞬間的に

「クラッ」とするような?

シフトするような?

感覚があるのですが、皆さんはいかがでしょうか?

(^_^;)


 
posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 19:27 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロン (2016/10/22) 来るべき2017年
∞  コンスタントにUPしたい記事が、間欠泉のようにピタッと止まりました。なのでピンチヒッターとして「大天使メタトロン」に登場して戴きました。(^_^;) 
追記 6/27 またもUPされていませんでした。



 
大天使メタトロン
2016年10月22日
 
来るべき2017年


熟達者の皆さんこんにちは。わたしはメタトロン、光の天使存在。そしてわたしは、結晶構造担当のティベロンによってこの集いに結び付けられています。
 
わたし達は、皆さんがこうした言葉を読むまさに‘今’という瞬間の中の無条件の愛のひとつの方向量の中で、皆さんに挨拶を送ります。それでわたし達は、2017年、新しい地球の5年目の数々の傾向性と可能性について話をします。
 
しかしその一方で、わたし達は、今は今まで以上に、その未来は皆さんの共同創造であることを、強調したいと思います。それは、ひとつの‘移動する標的’のままの、皆さんの言葉で言うと確定されていない、数々の可能性を秘めたひとつの流動性です。
 
2017年の中で、未解決のエネルギーの解放と表面化という‘坩堝(るつぼ)’のパターン形成が、占星学的な力と立体映像の挿入物と結び付けられた充分な慣性を持った状態で、続くことになるでしょう。これは、新しい黄金時代の浮上のための、ひとつの不可欠な清算、ひとつの必要な浄化であり、それは2038年に始まります。
 
熟達者の皆さん、わたし達は皆さんにもう一度伝えますが、そしてどうか注意して貰いたいことは、皆さんは長引く試練の占星学の時期の中にいる、ということです。
 
そしてこのパターン形成は、人類が個人的にそして集団で未解決の数々の問題に立ち向かいそれを解決できるように、目的を持って、意図されて、未解消のすべてのエネルギーが表面化する状況をもたらします。
 
皆さんは、歴史的なひとつの強烈な浄化の局面の中にいて、2038年に通じる大いなる周波数の変化によってさらに大幅に高められています。
 
そして来るべき黄金時代を迎え入れることを目的にすると、これは言うまでもなく、数々の対立、不平等、そして問題点を含めた未解消のすべてのエネルギーを完了させる上で、大いなる努力が必要になる、ということです。
 
そしてその“未来”は‘流動的’とはいっても、特定の出来事が所定の位置にあり、実際に既に皆さんは共同創造を行っていて、今はただ空間と時間によってその3次元の実現から切り離されているだけであるということを、わたし達は皆さんに伝えます。
 
そして人類の次元上昇はこうした物事のひとつであり、さらに深い内面のひとつの水準では、皆さんの間にいる数々の探求者達が、これを認識しています。しかし皆さんが外面的に理解して受け入れるためには、これが重用になります。
 
人類が集団で自分達の人生の基準にしている数々の信念構造がこのように皆さんの在り方を条件付けるため、皆さんはしばしば皆さんが内的に認識するものを、外的に否定します。
 
2017年から2020年を通した惑星のエネルギーは、長期化したむしろ身を切るような振幅のひとつの状態であり、この強度の水準の中では、その周波数の程度は高められ、それぞれの蝕、至点、昼夜平分時で、意図的に上方移行されます。
 
それにもかかわらず、こうした状態が、基準の再調整、結晶質の移行、そして再充電のための数々の機会を提示します。
 
そういった期間は、符号化に不可欠なものです。
 
そしてわたし達は、わたし達が一覧に掲げる時期の数々の機会を2017年の中の再起度と再活性化のために利用して、数々の強度が皆さんのエネルギー場を圧倒してひとつの無気力や幻滅への陥穽に通じることを許さないように、皆さんに要請します。
 
こうした時期は強力な時期であり、皆さんの地球の管理者達、グリッドの活動家や光の活動家達は、果敢に先駆者になって、勇敢にその移行を定着させ、新しい地球の騒々しい流れを航行しています。
 
皆さんは稀なエネルギーの融合の時期にいますが、しかしこの周波数は、その困難な強さにもかかわらず、さらに高い周波数の数々の符号に満ち溢れています。
 
光の復帰を可能にする、数々の符号です。
 
そしてそれに伴う浄化は外見的に混沌の中で無検閲とはいっても、それは目的を持たないものではなく、また出鱈目な偶然の出来事の中で起っている訳でもなく、それは必要となる否定性の解放と、聖別された光の流入の播種を表します。
 
■ 2017年の強力な時期
 
・月蝕 2月10日
・日蝕 2月26日
・月蝕 8月7日
・日蝕 8月21日
 
■ 昼夜平分時と至点
 
・昼夜平分時:2017年3月20日10:28 GMT と、2017年9月22日20:02 GMT
・至点:2017年6月21日04:24 GMTと、2017年12月21日16:28 GMT
・Equinoxes: March 20 2017 10:28 GMT & September 22 2017 20:02 GMT
・Solstices: June 21 2017 04:24 GMT & December 21 2017 16:28 GMT
 
2017年の8月は、間違いなく2017年の最も強力なエネルギーの局面になる巨大な蝕のひとつの連携を提示することになるでしょう。
 
7月28日から8月23日までの期間は、1回の満月と月蝕(8月7日)、そして1回の日蝕(8月21日)を含むことになります。
 
8月8日は獅子座の門にあたり、内面の探索にとって信じ難く強力なひとつの時期になります。
 
■ 2017年の巨大な蝕
 
2017年の間には数多くの天文学的及び占星学的な強力な絶頂期がありますが、8月の蝕の局面と同じほど大いなる重要性を持つものはありません。それに応じてその天球の方向量は、この共有の中のわたし達の焦点になるでしょう。
 
興味深い事に、8月7日の月蝕こそが、おそらく内的な回顧と基準の再調整の観点からするとさらに意義深い単一の期間を提示します。何故なら、月蝕は8-8のポータルに近いとても強力な満月で起るからです。
 
これは、聖なる旅と内省のためのひとつの幸先の良い時間です。
 
このタイミングの中で、地球の大地の特性は、ひとつの絶頂を迎え、潤色された夢のような状況と心霊的な展望を許す時間の門が開くことになるでしょう。
 
8月21日の新月の皆既日蝕は、特に北米全体では、数十年の中で最も目立つ日蝕のひとつになります。
 
しかしその一方で、8月14日から8月20日まで欠けて行く月相は、水星の逆行の範囲内で情緒的な両極端と意志疎通の混乱の時期になるでしょう。その時期は、むしろひとつの安定を達成することが困難な局面になるかもしれません。
 
蝕は、光、惑星の数々の周波数、地球の重力、そして集団的な考えを結び付ける開口部です。
 
蝕は、神聖なる思考と人間集団の思考のさらに高い振動の両方が刷り込まれる、ひとつの固有な色調の範囲を提示します。
 
ここでは、ひとつの月蝕は一度の満月の時にしか起ることはなく、ひとつの日蝕は一度の新月の時にしか起りません。両方が、その蝕に追加される強度を提供します。
 
蝕は、しばしば人類によって単一の出来事として眺められますが、しかしわたし達は皆さんに、他の面を伝えたいと思います... 皆既月食と皆既日蝕は、他の強力な配置と直接した直線的な連続の状態であり、2017年8月に起っているように、大いなるエネルギーの濃縮の中で遥かに増幅された領域が形成されます。
 
2017年の8月の中で、効果において相乗作用を持った、月と太陽の振動の痕跡のひとつの固有な象徴的な織り合わせが形成されます... 両方が幾何級数的に増幅されます。
 
この協調の中では、どのような日蝕の姿でも直列に増幅され、部分、年次、皆既の何れの蝕であれ、例えば別の蝕が皆既月蝕のすべての効果を備えた、ひとつの巨大な効果を持ちます。
 
もしも月蝕が皆既で、部分日蝕と直線的な連続状態になっているなら、その直列の二重奏の結果は、両方が‘二重の皆既蝕’の効果に増幅されるひとつの巨大なエネルギーになります。
 
蝕は、より進んだ数々の社会によって、地球の次元領域内部の現実性の次元的な基礎構造に浸透する、極端に重要性の高い出来事として認識されました。
 
アトランティスの人々は、それを無限点として言及しました。その理由は、蝕の期間の間、ひとつの短い無限の幕間で直線的な時間が止まるからです。
 
(蝕という言葉はアトランティスの言語に由来し、古代ギリシャの言語へと葬られ、隠す、または‘存在を止める’ことを意味しています。)
 
蝕は光の波長を独自に変えて、重力に影響を与えます。蝕の間に、数々の重力の異常と同時に捻れ効果が起ります。こうした現象は、皆さんの現在の科学の中で、アライアス&サクシ効果と考えられています。
 
蝕は、地球に浸透して人類に影響を与える符号化された、‘打楽器状’の可干渉性のエネルギー波を放射します。
 
可干渉性が松果腺を開き、人間の物質的な身体の細胞とエーテル質の身体のエネルギーの構造体の両方に起因する、具体的なひとつの反応を引き起こします。
 
ある意味では、この蝕の局面の間に、皆さんがそのように認識する時間が変えられます。そしてこの減少が数々の強度を創り出す一方で、それがまた広がりを途方もない意識の‘次元の出入り口’を開きます。
 
こうした稀有な局面の中で夢の状態がより明晰なものになり、目覚めている意識の内部で変化した状態もまた、異なったものになります。
 
微かながらとても有意義な形で、思考と生命力のパルスが変化します。
 
現実性の窓が開放され、存在性の水平線が拡大されます。
 
時空が一時的に変えられます。
 
さらに高い‘永遠の今’の連動した時間の状態が強化され、事実通り潤色された多次元的な明晰性を持つひとつの局面を許します。
 
‘数々の聖地’は、さらに大いなる生命力の単位の集中で潤色された地球上の方向量の内部の力の結節点であることを、皆さんは意識します... (またダイヤモンド状あるいはアーカーシャの本質として言及されます)。
 
蝕は、しばらくの間、創造的な生命力の微粒子が形成する集中した波動の流れを放射します。
 
このエネルギーの衝撃は、意識と無意識の両方の水準で、皆さんがさらに高い人類の意図と同時に‘神聖なる’パターンの考えの挿入物を播種することができるものになります。
 
今後皆さんがそれを自覚するかどうかにかかわらず、このエネルギーが、幾つかの水準ですべての皆さんに様々な程度の影響を与えることになるでしょう。
 
しかし意識的にせよまたは無意識にせよ、皆さんがそれを活用するやり方は、皆さんの集中力、知識、そして光の割合に依存することになるでしょう。
 
今起っていること、そして2017年8月の巨大な蝕の二重奏の照合されたエネルギーの中で今後起ることの不可欠な部分は、継続している過負荷の情緒的状態の自発的な選択の余地のない解放になるでしょう。
 
2017年の皆既日蝕は、水星の逆行の範囲で起ります。そしてこれは実際に、水星の逆行の特性(そして他のすべての惑星の運動)の効果を増幅することになるでしょう。
 
情緒の傾向性の数々の固有な特性が、人間によってひとつの蝕の共鳴振動領域に向けて埋め込まれます。
 
現在の惑星上の ‘エネルギーのカクテル’によって誘発された数々の極端な状態のような情緒的緊張は、さらに簡単に呼び戻されて、より正規化されたひとつの水準へ向かいます。
 
蝕は、特定の緯度と経度の標高の電磁気が人間の身体と情緒に安定を供給する場合とほぼ同じやり方で ホルモン失調を安定させることができるひとつのエネルギーを運びます。
 
■ 2017年の経済
 
皆さんの数多くの経済学の専門家や金融仲介機関が、大いなる怖れと懸念を持つ数々の領域に向けて急騰と急落を続けている経済状況の激しい変化を確認します。一部の人々は、既に完全な崩壊を予測しています。
 
親愛なる皆さん、経済体制は変化しなければならず今後変化する一方で、世界規模の混沌に至る完全な崩壊は、新しい地球に役立つことはありません。今後完全な崩壊は起こることはなく、起こることが許されることもないでしょう。
 
新しい体制への変化が起こることになりますが、しかし数百年が必要になるでしょう。それは、ひとつの漸進的な過程になるでしょう。
 
しかし、怖れの斡旋屋達に追随する傾向がある人々にとって、新しい地球の新しい枠組みの高い数々の周波数の中では、集中した考えは、現実性に向けてさらに大いなる推力と急速化で明らかになります。
 
従って、もしも人が金融上の怖れ(あるいは何らかの怖れ)にこだわることを選択するなら、集中的に怖れられるものが、個人の共同創造を経由して、個人的な人生の流れ、個人的な経済状態に向けて明らかになることがあります。
 
熟達者の皆さん、皆さんは、皆さんが怖れる物事を自己に引き寄せます。市場は上昇と下降を見せるかもしれませんが、そういった振幅のパターンは、極端なものになることはないでしょう。
 
‘存在する権力者達’、そういった市場と出来事を支配し操作する組み込まれた選良が、地球規模の金融崩壊を許すことはないでしょう。
 
これは、何らかの利他的な動機を通したものではなく、極めて正反対であり、実際にそれが崩壊を防ごうとするその者達の利益に役立つからです。そして、崩壊は起こることはないでしょう。
 
金融媒体の局外者達や怖れを仲介する反対論者のエコノミスト達は、そういった怖れを常食とし、‘安全のための’生活必需品や貴金属の購入を促そうする狡猾な策動の中で、そこから利益を得ています。
 
■ 結びとしての要約
 
2017年の中で、2016年の中で経験された全般的なエネルギーの基調と強度に対する数多くの人目を引く主要な類似点が存在することになるでしょう。
 
実際に、その‘基調’は、むしろ不可欠な浄化と除去に関する強度の水準が振幅し高まるに連れて、2016年から2020年を通して一貫した状態に留まることになるでしょう。
 
これは、慰めや明晰さの局面がないことを意味する訳ではなく、むしろ地球の共鳴が高まるに連れて、振動周波数の背後の水準が高まり続けていることを意味します。
 
皆さんは、皆さんの抑制と落ち着きの能力を強化することを求められます。そして実際に皆さんは、そうするための手段を手にしています。
 
宝石の原石のオーラの強化手段とチャクラの安定化の適切で賢明な利用が今、過去数千年の以前の時代よりもさらに重要になります。
 
何故なら、こうしたものは意識的な生きている地球の結晶構造の贈り物であり、そしてガイアは実際に来るべき人類の次元上昇と2038年の光の復帰に向かう人間性の路の中のひとつの同盟者になるからです。
 
熟達者の皆さん、磁気のグリッドは減少を続け、今は新しい144の結晶構造のグリッドが所定の位置にあり 屈強さを高めています。
 
2012以降の中で、結晶構造のエネルギーは、磁気的なグリッドの流動があった2012年以前よりも、さらに簡潔になり、さらに同心円状に整列しています。
 
順応するには時間がかかりますが、しかしそれは明らかにさらに高い側面を可能にするさらに明快な周波数です。
 
結晶構造の周波数への調整と33のチャクラ系の活性化は、今皆さんが耐えている数々の試練の局面の中では、一時的な不安定さを加えることがあります。
 
継続している数々のエネルギーのどちらかと言えば騒然とした数々の側面中で、無意識な人々が悪い影響を受けることは簡単なことですが、それにもかかわらずこの同じ周波数の中で、特にファイ・ヴォーゲル結晶質を増幅して、慎重さと偏りのない安定性、個人の高貴な目標と高い意図の中で明らかになる思考のような結晶構造の数々の手段の支援を受けることによって、集中した思考の状態で意識的な共同創造を活用することができます。
 
今、オーラの維持管理を理解し、実践することが必要になります。来年とそれ以降の年の数々の障害物と足掛かりを維持し習熟するためには、最適なオーラの安定性と回路の状態が不可欠になります。
 
そしてわたし達はあまり気にせずに、皆さんが新しい地球上で急激なエネルギーの状態の中にいることを、言い直すことも再度強調することはないでしょう。その中で皆さんの思考の力は、三次元の現実性の中のさらに豊饒な播種と顕在化を、徹底的に気付きます。
 
それはひとつの真実の剣ですが、しかし両刃の剣です。2017年とそれ以降の推移するイオン比率の中で、引き寄せの法則はさらに潤沢にさらに急速になります。これは、大いなる恩恵の始動のためであり、無意識な、おそらくひとつの脆弱な区間に向かいます。
 
それにもかかわらず、たとえ人がその難題に対して意識的に立ち上がらないとしても、皆さんは無意識な潮流によってそうするように促されます。もうこれ以上、人の頭を砂の中に隠すような空間や所はありません。
 
何故ならこの強い潮流は、何れにせよ今後皆さんの注意を要求するひとつの目覚めのエネルギーになるからです。
 
今後それは、もしも人が泳ごうとせずにただ単に浮かぶことを試みるなら、皆さんの上昇以降を刺激して、‘原因と結果’と呼ばれる苦難に満ちた学校を経由した学びを促進することになるでしょう。
 
2017年は、結晶構造の意図の中で前に向かって泳ぐ人々にとって、大いなる成長、歓び、そして拡大の1年になるでしょう。
 
わたしは結晶構造担当のティベロンと一緒にいるメタトロン、そしてわたし達は、皆さんとこの真実を共有します。皆さんは最愛なる人々です。
 
そしてその通りに... そしてそのように...
 
The above channel is Copyright Protected  All Rights Duly Reserved 2016?
The 3d copyrights of this Archangel Metatron message via James Tyberonn are the exclusive copyrights of Earth-Keeper publishing. We offer this message in love. The complete channel is available gratis in video version on the Earth-Keeper U-Tube Channel and will be available very soon in book format. The above channel may not be published, printed, sold, or posted on Facebook, Internet or U-Tube. Thank you ! For any queries contact Anne at Earth-Keeper Admin: Tyberonn@hotmail.com
 
Archangel Metatron
2017 The Year Ahead
October 22, 2016
James Tyberonn
New Metatron Channel
 
翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。
 

∞ 偶には、大天使メタトロンの伝える、頭がこんがらかるようなメッセージもいいものですよ。(^_^)
 
このメッセージでは途中色々と小難しいことを伝えていますが、各センテンスには結構含みがありますから気になる方は掘り下げてお読みください。そうでない方は以下の文末のセンテンスの集約メッセージを受け容れてください。(^_^)/
 
「2017年は、結晶構造の意図の中で前に向かって泳ぐ人々にとって、大いなる成長、歓び、そして拡大の1年になるでしょう」
 
つまり今年は惑星配置などによる強力な光エネルギーの入来によって我々の意識レベルが上昇し、状況によっては‘圧縮突破’も起きる可能性も高く、また意識の拡大は認識の拡大となり、これから開示される多くの真実を受け容れられる下地作りの期間になります。
 
ところで、メッセージ中の以下のセンテンスについて、皆さん「?」をお持ちでしょう。(^_^)
 
「・・・ガイアは実際に来るべき人類の次元上昇と2038年の光の復帰に向かう人間性の路の中のひとつの同盟者になるからです」
 
アセンションの窓は2025年閉じますから、アセンションを選択した人類はそれまでに上昇しなければならないことを御承知と思います。では「2038年の縛りとは何か?」という疑問をお持ちかも知れませんが、これはアセンション後に完全意識の銀河人に戻るということでしょうか。(^_^)/
 
追記:‘結晶構造’に関しては、後日UPさせて戴きます。<(_ _)>





 
posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 19:37 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロン (01/30) アストラルの領域:妖精の王国、アストラルの数々の次元、自然霊、そして電気的な生命体達 パート1
∞ 今週冒頭から情報日照りになっています。ですから、この小難しいメタトロンの為になる情報を暫しお楽しみください。最新情報はちょっとの間お預けです。(^_^;)>

 


 
大天使メタトロン
2016年1月30日

アストラルの領域:妖精の王国、アストラルの数々の次元、自然霊、そして電気的な生命体達 パート1
 

熟達者の皆さんこんにちは、わたしはメタトロン、光の天使存在。そしてわたしは、結晶構造担当のティベロンによって、この集いに結び付けられています。わたし達は、無条件の愛の方交渉の中で、皆さんに挨拶を送ります。
 
親愛なる皆さん、全体的地球に属する地球の次元領域の両極性の内部と上で、アストラルと他の次元の中でまさに実際に存在する客観的な数々の現実性があります。
 
目に見えない地球の数々の次元に属する生きた居住者達は、単なる自然霊よりも型と姿において遥かに複雑で巨大です。ほとんどが変幻自在であり、彼らは姿を消すと同時に様々な姿になることができます。
 
アストラルのエネルギーは、2016年とそれ以降の新しい地球の強化されたイオンの共鳴の中で、なおさら触知できるものであることを、わたし達は強調したいと思います。
 
地球、全体的地球は、惑星の次元上昇と呼ばれる継続中の過渡期の上方移行の中で、驚くべきやり方で拡大しています。
 
今は驚くべき時期です!
 
2012年の基準は、皆さんの周りの数々の現実性に関する皆さんの視野と認知における数々の奇跡的な変化を始動させました。以前は把握することがなおさら難しかった生命の数々の領域は今、新しい地球の中で、人類の内部の感性が豊かな人々に遥かに利用しやすいものになっています。
 
皆さんの惑星の‘結晶構造の移行’は、地球を3次元から12次元まで拡大させてきました。そして太陽放射は、松果腺を通して第3の目の見通しに好意的に影響を及ぼす測定できるひとつのやり方で、イオン比率を移行させてきました。
 
皆さんの意識のすべてのレンズは、3次元を含めて、明晰夢、昏睡状態のようなものであり、それに応じて意識は単純にその中で自己が目を向けるその方向性であり、その中で皆さんが意識を集中することを選択した経路に過ぎないことを、忘れないでください。
 
そして惑星の新しい数々の周波数を受けて、既に今皆さんは、3チャンネルから12チャンネルまで明確な受信を増大させています。そのようなものとして、今後数多くの皆さんがアストラルの領域とさらに高い次元の活動を敬遠し始めることになるでしょう。
 
そして、わたし達がこうした他の数々の現実性の内部で生きる者達に関するわたし達の見方を提示しているのは、これがその理由です。
 
さて、またわたし達は、この交信者、ジェームズ・ティベロンに、この集いの中で、魅惑的で興味深く、そしてわたし達が以前論じたことがない主題ひとつの話題、光子と電子の生命体に関する話題を論評するように求められます。

 
こうした存在達は、妖精や精霊の王国の存在達のように、同じ次元領域の中に実在する存在達として考えられるかもしれません。しかしそれは、自然霊とは異なるひとつの現実性と組成に属します。

 
これからわたし達は、こうした存在達について、この二部構成の交信の第一部で簡潔に伝えて、その第二部ではこうした多様で複雑な存在達についてかなり詳細な部分にまで踏み込むことになるでしょう。
 
そして、まさに注目して貰いたいこと、わたし達が強調して再び伝えることは、皆さんが2016年とそれ以降に入る時、皆さんの間の敏感な共感能力者達は、特に完全な波長分布の共鳴を持つ力の結節点の中で、遥かに簡単に遥かに頻繁に、他の数々の次元の中の生命体達を経験するひとつの潤色された能力に気付くことになるでしょう。
 
そのため、皆さんにこの現実性に関する理解を提示することは、適切なことです。
 
現在の西洋文明の中にいるほとんどの人間が精霊の王国に関して持つその印象は、ケルトの民間伝承、ギリシャ神話、そしてヘレン・ブラバツキー、チャールズWリードビーター、アニー・ベザント、またジョフリー・ホドソン等の神智学協会系の著作によって、少なからず条件付けられています。
 
たとえヴェーダの教義に由来する神話と(非人間の霊存在達に関する)宇宙論の複雑さがまだかなり利用できるものであるとしても、西洋文化の中にいるほとんどの人々はせいぜいただこうした教義に多少慣れ親しんでいるだけであり、しかし実際にこうした話題に関する神学的情報の大部分は、(そういった存在達の位階に関して)古代のヴェーダから選び出されたものであり、ブラバツキーとリードビーターよりも数十年早く、トーマス・カイトリーによって目録化された神話伝承です。
 
アストラルの拡大
 
それにもかかわらず、そういった‘アストラル’の生命は、その神智学系の著作を遥かに超えて広がり、既にわたし達が伝えたように、遥かに数多くの存在達やエーテル質の生命体達が、アストラルの次元領域と呼ぶことができるもの、全体的地球と地球の領域のさらに高い数々の次元(2012年以降7次元から12次元)の並列した場所の中に存在します。
 
実際に、比較的最近の過去数年の中で始まったオーブ(光球)達や光の精霊達の出現は、今目に見える形で生じている光子の生命体達です。
 
(ジェームズ・ティベロンからの編集挿入−こうしたものは、この交信の第二部の中で論じられます)
 
こうした存在達は、その姿と多様性において、地球の領域の中だけではなく、動的な大宇宙の無限性の中で、絶えず拡大しています。
 
物質的な地球と皆さんの宇宙の3次元の太陽系に属する地球の二元性の領域は、無数の宇宙あるいは“現実性の体系”のひとつに過ぎず、一部は性質として物質的であり、一部はより適切には精神的または霊的なものとして描写できるものです。
 
そして、人間の概念にとって完全に異質で、皆さんが思い描くことができるものをかなり超えたな他の存在達もいます。
 
そのそれぞれが、それ自体の自然の法則と伴に存在し、それぞれの次元は、物質的か非物質的かどうかにかかわらず、他のあらゆる領域と同じように、徹底的に確実なものです。
 
リードビーターは、アストラルの内部やそれ以外に溢れている、生きている‘思考形態’や、他の精力的な生命体に言及します。そしてわたし達は、こうした存在達について簡潔に話し、また同時に他の特定の存在達のこともさらに詳しく説明することになるでしょう。
 
動物の生命と非輪廻
 
しかしわたし達はまず、上記の参照元に対する食い違いにおいて、魂の輪廻はひとつの誤解された一般化であり、その解釈においてひとつの不正確な概念であることを、明確にしたいと思います。
 
たとえ動物の霊が実際にアストラルの数々の次元の中に存在するとしても、動物霊は人間に進化しないことを、わたし他は皆さんに断言します。
 
わたし達が地球の次元領域の動物の王国に関するわたし達の初期の交信の中で共有してきたように、すべての‘動物達’はひとつの集団意識の中で活動し、(クジラ目のイルカを例外として)真の個別性を持ちません。
 
動物達は、目的を持った二元性のマーヤー(幻像)の中のその人類に対する信じ難い奉仕において、事前に合意されたひとつの奉仕の中、逓減された意識の型になっています。
 
伝えたその内容と伴に、人類は動物達の集団意識に物質的に生れ変ることはなく、地球の二元性の領域の中で動物の霊は人間の魂に進化しないことを、わたし達は強調したいと思います。
 
地球の系の内部で転生するあらゆる生命体は、その中にいるその型の範囲で転生しますが、さらに高いひとつの振動エネルギーの中で、その同じ‘集団領域’の存在性に属する姿を向上させることがあります。
 
しかし動物の王国は、人間の魂のやり方で個人的な創造的な意識の中で進化するために地球上にある訳ではありません。
 
何故なら、そういった進化は個人の意識の中で起り、そして動物達はひとつの集団を持ち... そして精神的なひとつの水準上の本能的な行動型に属する低減された様式の中にいるからです。
 
しかし、さらに大いなる動物の部門や王国は、皆さんが生きていないとさえ考えるすべての生命体と同じように、実際にひとつの‘魂の特質’を持ちます。
 
動物の王国のすべての仲間達は、すべての生命体と同じようにひとつの‘魂の特質’を持つことを、わたし達は皆さんに保証します。しかしその一方で、人類は、動物の姿に向けて自分達のエネルギーの部分を統合する能力を持ちます。
 
しかし、明確にするために伝えると、この‘統合’は魂の輪廻ではありません。それは、ひとりの人間がひとつの動物の中に転生させられることがあることは意味しません。
 
それは、数々の個性が、地球の数々の王国の中の様々な種類の生命に向けて、自分達のエネルギーの一部を送ることができることを意味します。
 
実際に、二元性以前のレムリアの人々やアトランティスの人々は、自分達の意識を動物達や鉱物や自然力や樹木と融合したひとつの‘3次元’に向けて投影して、その姿を形成することによって、しばしば地球の次元領域を経験します。
 
精霊の霊としての動物のトーテム
 
水牛の霊、鷲の霊、熊の霊、狼の霊、そしてジャガーの霊(と同時に他の無数の動物達の霊)は、特にアメリカの地域の中では、充分な力を持つ結節エネルギーが完全な次元的な波長分布分光の投影を許し提供する領域の範囲で、ひとつの触知できる‘さらに高い精霊’の姿の中に存在します。
 
こうした存在達は、集団の魂に根差した精霊の投影のさらに高い分類であり、実際に協力で賢明なエネルギーです。
 
動物の王国は、地球の他の意識の王国に関する充分で巨大なさらに多くの理解と意識を持ち、そして今までいつも、それを人類に教える能力を保有してきました。
 
現代の中で皆さんは、極めて残念ながら、皆さんが動物の王国のすべての存在達からどれほど沢山学んだのかということを、ほとんど忘れてしまいました。野原の社会や文化の中にいた人類は、植物の王国と交流する動物の行動に注目することから、薬、栄養に関する大量の情報を学びました。
 
人類は、避けるべき植物や栽培する植物を、注意深く観察しました。皆さんは、動物達に注目するだけではなく、動物達と直接精神感応的に連絡を取ることによって、生き残りの技能や、実際に社会的な行為を学びました。
 
アストラルの数々の領域の中の姿を変えている‘精霊’の教師達として、儀式の中で動物達を称えてその叡智を経験した部族国家や先住社会との接点の中で、動物のトーテムによって提供される、数々の賢明な霊や指導霊について、わたし達はさらに詳しく話すことになるでしょう。
 
同時に存在する現実性
 
転生したそれぞれの人間が、少なくとも4つの生命の領域の中に、そして実際に進歩の水準に応じた無数の追加的な領域の中に、同時に存在します。
 
すべての人類が内部で共存する基本的な4つの現実性は、(1)3次元の物質的な宇宙、(2)‘夢’の世界、(3)その中に内面の自己が居住してすべての精神的活動が起る‘精神的な’結晶電気的な領域、そして(4)また天使の領域として単純化して描写されることがある天使的な反物質の領域です。
 
そして、この天使の反物質の領域は、ゼロポイントのエネルギーのひとつであり、無極性のひとつの領域です。
 
今までわたし達は、ティベロンを経由した数々の共有された交信を通して、アストラルや3次元を超えた他の数々の次元の中の生命についてかなり頻繁に話をしてきました。
 
そしてこの交信者(ジェームズ・ティベロン)は、カナダとチリの湖の精霊、そしてスコットランド、カナダ、ギリシャ、アイルランド、英国、アーカンソー、シャスタ山、そしてチリのアンデス、ボリビア、ベネズエラ、そしてペルーの中の電気的生命体や超自然的な精霊達との具体的な接点の中で、彼の経験を共有してきました。
 
さて、この交信の中で簡潔さを目的にして、わたし達は精霊または地球の天使の領域をただ簡潔に言及するだけになるでしょう。この主題は、天使の王国についてのわたし達の以前の交信の中で、かなり詳しく共有されてきたからです。
 
新しい触知可能性
 
意識は人類が自覚するよりも遥かに機動性が高いことを、わたし達は皆さんに保証します。機能的にそして意図的に、わたし達は、天空の崩落以降、ひとつの種として、相対的に狭い‘物質的な3次元’の領域に意識を集中してきました。
 
皆さんは、意識を、ひとつの謎めいた概念的な‘物’として考える傾向があります。意識のより相応しくより正確な説明は、多次元的な‘存在性’が持つひとつの具体的な資質と特性です。
 
それぞれの部分が立体映像的なものであり、これは皆さんの意識のそれぞれの部分が皆さんの意識の‘全体’を含むことを意味しています。
 
これが、ひとつの種としての人類が既に忘れてしまったひとつの属性です。そして、過去数千年の間、一般的に言って、もはや経験していないものです。
 
実際に、今に至るまで、人類は不信の中で、人は自分達自身の物質的な3次元の身体の中と同時にその外部に存在することができるというどのような発想も、概ね拒絶してきました。
 
現世の生命の初期の局面の中で、意識は遥かに‘機動力’を持ち、そのようなものとして用意周到に受け入れられました。
 
わたし達が上で述べたように、樹木達、動物達、鉱物、そして自然力の生命と深く交わり、実際に融合して、さらに大いなる意識と個性の主観的な領域としてこうした領域を経験する能力を持って、他の数々の次元を確認して実際にその中に存在することができました。
 
現代の中で、その‘マトリクス’は、そういった経験を認める漸進的な変容の過程の中にあります。そして、これが理解されることは、意識の幻想体験を妄想と却下するよりも、むしろ良いことです。
 
そのようなものとして、現在経験されることがある生命の姿があります。それは、144の結晶構造のグリッドの12-12-12の活性化以前は見ることができず、触知できなかったものです。
 

[パート1了]
 
Jan 30 2016
ジェームズ・ティベロン経由
Archangel Metatron via J Tyberonn
 
翻訳★森のくまさま...ありがとうございます。


∞ メタトロンのメッセージはお堅いイメージですから読み疲れされる方も多いと思いますが、結構ご自分のために為になるものですからお薦めです。
(^_^;) ワテ →  (-_-)゜zzz…
 
皆さんお待ちかねのシェルダンの最新号は2/23日発信の予定だったのですが、一週間過ぎてもUPされませんね。これは今までにないことです。この遅延の理由がポジティブならば、今凄いことが起きているのかも知れません、もしネガティブならシェルダン氏が病気でダウン、或いはネガティブそのままに闇さん系の発信だったという落ちがあるかも知れませんね。(^_^;)

 
マイク・クエンシー氏のハイアーからのメッセージは2/26日に発信されてはいますが、翻訳されていません。おそらく、JUNさんがお忙しいのでしょうね。できればお願いしたいですね。_(._.)_ オ・ネ・ガ・イ









 
posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 19:07 | comments(2) | - | - |
大天使メタトロン (09/27) 特別な食についてのニュース

∞ 食、夏至、冬至、春分、秋分が、我々にどのような影響を与えるのかをメタトロン先生が根気よく解説してくれています。(^_^;)

 



大天使メタトロン
2015年9月27日

特別な食についてのニュース



こんにちはマスターの皆さん、私はメタトロン、光の天使です。私はジェームズ・ティベロンのセッションに参加して、あなた方を無条件の愛でお迎えしています。親愛なる皆さん、今日は信じがたいほどの機会のエネルギーで満ちています。壮大なエネルギーの開口が今開いています。


今日は2015年9月27日で、9月23日の秋分の日の後の満月の月食であり、水星後退が進んでいます。皆既月食のエネルギーは、この惑星上に注がれているエネルギーの頂点に位します。あなた方は混沌のパージの最中にあるにも関わらず、月食は繰り返しているので、今はあなた方のより高いゴールについての深い熟考と共同創造の時です。


この月食は又、7個の流星と全ての惑星の直接の動きがある11月に始まる生物結晶的な変化を起こす、2015年の最高の最も重要なエネルギーパルスへの前進の動きを促します。


私たちが強調したいことは、この月食のピークの時にあなた方の最高の意図の実現に向けての瞑想の時間をとることが大切だということです。皆既月食の間短い間ですが、線型の時間が停止します。そしてこのスーパームーンの月食の間に次元の幕が驚くほどのレベルにまで上がります。


この月食の開口の中で、生命力、生きたアカシャエネルギーが地球プレーンの中に一挙に流れ込んできます。そして、高い意図がテータマインドの中で視覚化されると、”高貴”な思考と高い意図が生命エネルギー微粒子と共に結晶化し、従ってより容易に三次元の現実の中へと具現化します。ですから、このエネルギーを賢明に利用することをお勧めします。


地球の月


地球の月はこの惑星上での物理的な生命の存続を可能にします。そしてこの基本的な可能性を越して、あなた方の月はほとんどの人達が現在認識しているよりも大きく人間に追加的な影響を与えています。


あなた方は科学、神話、おとぎ話を通じて月に親しみを持っています。あなた方の過去、及び未来の進歩した文明では、天文学の有効性をあなた方の感情的、肉体的、及び心理的な側面への効果の点で認識しているにも関わらず、いくらかの人達は月の影響を、主流としては、民話又は仮説的研究、天文学と名付けられているものだと考えているだけです。


月は地球に対して大きい役割を果たしています。月は現在は、過去に於けるようには良く記憶され、良く理解されていない多くのスピリチュアルな意味で人間に影響を及ぼしています。月は絶対的に意識と感覚を持ち、多くの点で物理的な生命だけの地球の能力のサポート能力だけでなく、地球プレーンのエネルギー中にいる人間のスピリチュアルな進化にも責任を担っているのです。


月の周期には、熟達した人間が理解を深めるのに利用出来る特別な期間があります。ある相では、心理体と感情体を包む人間のオーラ場を絶対的にバランスさせる光と重力を示す期間があります。この生きた月のサイクルがなければ、あなた方の夢を見る能力、あなた方が睡眠と名付けている再調整の重要な場の中への没入が容易に、又は効果的には得られないと申し上げます。


月が月影を落とすように、闇に光を照らすので、”生きた月”はあなた方の暮らしの動きに明瞭さを得る、及び、不確実さ、或いは陰の部分へと進む方法に大きい理解を得る助けをしてくれます。


月の反射光は太陽の直接光からのそれとは全く異なります。それはあなた方に全く違う影響を与えます。それでも、多くの点でそれは太陽の光のようにあなた方の安寧にとって重要です。月の影響は地球の月サイクルの特定の段階の豊作との関連、光のレベルにおける単なる変化よりも遙かに大きい人間の感情場、オーラ場との関連があります。


食:


食は光、惑星の周波数、地理的な重力分布、及び集合的思考を結びつける開口です。食では、天の思考と集合としての人間のより高い次元の埋め込み振動の両方のためのユニークなパレットを提供します。


月食は満月の場合にのみ起き、日食は新月の場合にのみ起きます。両方共特定の天文的周波数署名を生じ、関連する食に力を加えます。食はしばしば人間から見ると、単一のイベントのようですが、そうではないと申し上げます。月食や日食は直接関連する一連のもので、より大きいエネルギーの集中が起きている場合にはより増幅された場が形成されます。


(15日以内の)連続した、夏至、冬至、春分、秋分を包含する食は大いに強さが増幅されます。効果が相乗的に融合、混合される、月と太陽の特徴的振動の共生的絡み合いが形成されます。


食はより進歩した社会では地球プレーンの中に現実の次元的な組織を浸透させる極度に重要なイベントとして知られていました。


食の間の期間では無限の中での短い間、線型の時間が止まるので、アトランティス人は食を無限の点といっていました。(”食/エクリプス、と言う言葉はアトランティスの言葉に由来し、古代ギリシャ語で、隠す、或いは”存在を止める”という意味の言葉に変化しました。)


食はユニークに光の波長を変え、重力に影響を与えます。食の間に、重力異常がねじり効果と共に起こります。あなた方の科学では、これらはアリアス・サクシ効果として認識されています。


食は地球に浸透し、人間に影響を与える論理暗号の打楽器的波動を放射します。この論理暗号は松果体を開き、人間の肉体の細胞とエーテル体のエネルギー構造の両方から特定の反応を引き出します。


知っての通り、食の間、特に月食と日食が夏至と秋分の間の頂点の比較的近傍の範囲内で起きる時には、時間に就いての概念が変わります。そして実にこれが今、2015年9月において起きつつあるのです。


そしてマスターの皆さん、このエネルギー事象が強さを増している時、それは又異常な意識の”次元の戸口”を開けます。これらの希な相においては、夢がより明晰になり、覚醒している間に変性意識が得られます。思考のパルス、生命力が微妙に、しかし非常に意味あるあり方で変化します。


現実の窓が開き、存在の水平線が延長されます。時空は短い間ですが、変化します。”永遠の今”という共時性のより高い次元状態が強まり、多次元的明瞭さという真に美しい相が現れます。


あなた方は”聖なるサイト”が地球上のベクトルの中で大きく集中された生命力ユニットで飾られた惑星のパワーノードだということにあなた方は気付いています。(これは又、アダマンティン、或いはアカシックエッセンスと言われています。)


食はある期間創造的な生命力粒子の集中した流束を放射します。このエネルギーの爆発的流入には、意識、無意識の両方のレベルで”聖なる”思考パターンとより高い次元の人間の意図が播種され得ます。


このエネルギーはある、種々のレベルであなた方が気付いていようといまいと、あなた方全てに影響を与えます。しかし、意識的にせよ、無意識的にせよ、あなた方がどのように利用するかはあなた方の集中、知識、及び光の比率次第です。


2015年9月の大規模な二重奏の食エネルギーの中で今起きつつあること、これから起きることの一部は、過熱した感情状態の、無意識的な解放です。


ユニークで特徴的な感覚のトーンが食の共振振動場の中に人間によって埋め込まれています。この惑星上の現在の”エネルギーカクテル”によって極端な状況として引き起こされている感情的な緊張はより正常なレベルに容易に引き戻され得ます。


食は、ある経度、緯度の電磁場の高揚が人間の体と感情のバランスを取らせるのと同様にホルモンのアンバランスを安定化させられるエネルギーを照射します。


人間の生体と、実に心理場、及び感情場は絶対的に環境に影響されます。あなた方の環境には重力波、光周波数、イオン比、惑星の鉱物学的振動などあなた方の意識で感じ取れるものよりもはるかに多くの要素が含まれています。


あなた方の肉体は生物学的に動作し、ホルモンと生化学的なバランスが惑星の光フォーマットとマトリックスに直接影響される細胞意識を持っています。


食は人間のオーラ場に直接衝撃を与えます。なぜなら食は差別化された光を投射し、重力を変え、多次元性の内のより高い次元の中でより大きく、より高次元のインターフェースの動作を可能にするからです。従って食の前後5日の間、或いは大規模な直列の食である、秋分の三位一体では更に長い間、多くの事が起きます。


日陰の植物が太陽光に向かって成長する向日性のように、あなた方の体の細胞は光と生命の力に反応します。しかしこの効果は単に生物的な肌の深さのものではなく、存在の統合性と同調し、ハイアーセルフへの豊かな窓である、人間の進化の期間と光の比率に独特の、特別な窓を提供します。


現在の、2015年9月の食は又2015年3月20日と4月4日の以前の皆既食と周波数的に繋がっています。当時は混沌としていた今年のエネルギーは高いままですが、9月に起きる事は必要な排気であり、ある種の圧力逃がしで、この圧力逃がしは11月にピークを迎える土星への7つの水星の流入と結晶性の変化の始まりに助けられるでしょう。


以前お知らせしたように、夏至と秋分のノードはプログラム可能です。2015年の食は論理的に非常に高度に暗号化されています。あなた方が最近経験したものよりも高度です。このようなプログラミングは2038年の光の回帰のフォーマットのために続けられます。


あなた方一人一人はこれらの食の日に自分の中深くを探索する時間を取らねばなりません。あなた方はより高い次元の現実を経験する特異な機会を発見するでしょう。しかし、専念する時間を取ることが必要です。


夢の状態がはるかに明晰で、個人的な問題を解決する機会が得られるでしょう。なぜならこれらの開口は現実のものであり、民話ではなく、重力的なものだからです。あなた方には障害を排除する特異な機会が与えられようとしていますが、この機会は無視や無駄使いではなく、最適に利用されねばなりません。


2015年9月27-28日の月食は特に新しい遷移コード、あなた方の言葉でいう向上を受け、実現するように多くの効果を導きます。食は常にエネルギー周波数がその構造の中に組み込まれている開口なのです。


食を形成する地球、月、及び太陽の直接整列は毎年4回から7回起きます。どの年でも、食が多ければ多いほど、エネルギーのコーディングも大きくなります。7回の食が起きるのは次は2038年であり、この年は実に重要です。


しかし、あなた方の現在に於いて起きる事も、2015年12月に全ての惑星が直接動く上に、結晶性の生物的変化が2015年の最後の三ヶ月の間に始まり、11月にピークを迎えるので、変化の準備という点において極度に重要です。


2015年9月27日ー28日の非常に異常な水星後退時に於けるスーパームーンの皆既月食は内なるサイキックビジョンの異常な強化を起こします。


しかしこのビジョンの機会の誤った解釈である幻想的とは反対の意味の明晰さのレベルは個人のオーラの統合、バランスの状態、グラウンディングを続ける能力次第です。


水星が後退の状態にあるので、通信の誤り、理解の誤りが起きるだけでなく、予防的な措置が取られなければ指数関数的に増幅され得るといことに留意してください。語る前に二度考え、紛争に立ち入るまえに三度考えて下さい。


月食と満月はあなた方の歴史を通じて強力なエネルギーでしたが、これらは諸刃の剣であり両方向に切れ味を示します。高い意図で利用されれば増幅された食のエネルギーは松果体を開き、チャクラの感覚を特に最適なサイキックな気付きにまで開き、オーラと心理のバランスをより大きい明晰さまで強化します。


しかし保護されていないマインドにたいしては、このような高いエネルギーに入ると、抑鬱状態になり、心配、或いはアンバランスも増幅されるでしょう。


従って、2015年9月の月食周波数の5日間の強度に於いては、バランスの大切さの自覚が非常に大切であり、さもないとこの惑星を浸すエネルギーの管理は困難になり、最適な利用が出来なくなります。注意と理解が必要です。さもさいと、後退期間にはいると抑鬱と無感動の中へのスパイラル状の落ち込みに陥ってしまい得ます。


これらのエネルギーを賢明に利用すると、明晰さ、スピリチュアルな成長、及び共同創造のためのばね板になり得ます。しかし、増幅は各個人のマインドの状態に依存します。従って、妄想の中にいる者は妄想を経験し、明晰さを得ている者は、異常な程の明晰さを得るでしょう。


これが祖先達がいつも食、夏至、冬至、春分、秋分を聖なるイベントとして考えていた理由なのです。現在でさえ、多くの宗教は未だにこれらのイベントを聖なる日と考えています。しかし、明晰さを得るためにはバランスが等しくなければなりません。


月から到来する光は反射光で、太陽からの光は直接光である事に留意してください。食の期間には、この差が鍵となる要因になります。


月光と月齢のパターンは変性領域と夢のビジョンの中でより著しく影響します。


太陽光と太陽周波数のパターンは生命力と、具現化のための美しい一貫エネルギーを利用する共同創造の範囲で更なる影響を持って
います。


連続した二重の食の効果の中で、活動プランを旨く立てるには両方を良く理解しなければなりません。


私はメタトロンで、これらの真実をお知らせします。あなた方は愛されています。


http://thegoldenlightchannel.com/category/archangel-messages/
archangel-metatron-via-james-tyberonn/


Earth-Keeper SpecialEclipseIssueSept27,2015
ArchangelMetatronviaJamesTyberonn


GFLサービス



∞  メタトロンの伝える、食、夏至、冬至、春分、秋分は天体運行上昇の特別な、位置、またそれらの配置により起きることですが、それらが単に天体物理的な現象ではなく、起きたときに地球へ入来するエネルギーの強度や種類の変化があり、それが我々に様々な影響を与えているということです。


しかし、我々には現実の物理世界において、メタトロンが伝えるような影響を受けているという実感は、一部エネルギーを感知しやすい人以外にはほとんどないでしょうね。(^_^;)


ですが、我々が次元上昇して多次元の高次意識の存在になると、エネルギーに関する知識は必須になりますね。(^_^)


ところで、大天使ミカエルが「起きます!」と断定した、数百万人といわれている次元上昇が本日起きるはずですが、まだのようですね。


(-_-;) ミカチャン ホント ニ オキルンヤロナ?

(^_^)ミカエル  オキル ト オモッテ イルト オキルノデス。


つまり、起きるタイムラインもあるし、起きないタイムラインもあるのでと言い訳しています。

まっ、後日のミカエルのメッセージを楽しみに待つことにしましょうか。(^_^;)


自分事ですけど、ここ数日のエネルギーは大分強化されていたようですし、昨日、今日には肉体的な疲労感もかなり感じています。それに突然の耳鳴りが数回起きました。でも、それだけです。

(^_^;) ワテ ソノタ タスウ ノ ヒトヤシ。








 









 
posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 18:57 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロン (09/08) 9月23日〜28日のブラッドムーン/ガネシャポータル

∞  正面から取り組むと難解すぎてギブアップかも。(^_^;) ダカラ カルク バイパス シトルンヨ。

 



大天使メタトロン
2015年9月8日

9月23日〜28日のブラッドムーン/ガネシャポータル



ガネシャ、又は像のポータル:勝利、覚醒、パワー、成長と覚醒、豊かさ、デスクロージャー、真実、慈悲、浄化、愛、及び光の為の大きい機会


以下、大天使メタトロンと第33次元からのメッセージです。:
----------------------------------------------------------------------------------------------


現在及び過去のモーメントの心理的な執着と目論みの理論的で数学的な方程式は物珍しそうにその軸の周りを回転しています。地球の住民達についての理論的な認識は熱意ある理解を失い、存在についての理想的な構造の中で崩壊しつつあります。五次元の種類の者との穏やかな遭遇は新たに一貫した振動を複雑に織りなしています。


あなた方にとって既知の世界の周波数はあなた方の目前で急速に変化しているので、地球上に居住している者たちが動作している周波数も急速に変化しています。上記のモーメントで、創造主の目的が分かる時が来ますが、この目的の中には天が守っている真実の園への扉があります。


私たちがこのメッセージを伝えているあなた方地球の住民に届けられようとしているものは、博愛に対する熱意と期待を担っています。エーテルの世界の中で頂点に達しつつあるあなた方が選んだモーメントの潜在意識の中へと変換されるエネルギーは、新たな天の展開への道へと導く正しさの程度を増しつつあります。


ガイアに入ってくる新しいエネルギーに従いなさい。従うことによって、純粋の天の意図であるこの壮大なエネルギーの中に、光の生き生きとした奇跡的なエネルギーの中に、自分を浸らせて下さい。


なぜならこの生き生きとしたエネルギーはあなた方を浄化し、自分の心理の中で新しく発見されるアイデンティティーの中にあなた方を一気に固定するからです。自分の中に光と、あなた方が選んだ肉体を通じて経験された事がない情熱に点火する鍵を見付け出して下さい。


新たに発見されたアイデンティティー、新たに発見された存在のオクターブの祈りはあなた方地球の住民の正に細胞の中へと急速に取り入れられるからです。光のミストに従い、五次元の種類の者との恩恵ある遭遇に従いなさい。なぜなら遭遇と自分自身の魂の解放によってのみ魂を本当のありかたへと飛躍させるからです。


ですから、一体化という原則、あなた方人間のここ数ヶ月間の時間という理解の間での実に問題であった解消と浄化は実に終わりに至り、新しい覚醒の段階があなた方が認識する現実に急速に近付いています。


従い、解放し、未だに従来の影の中に潜んでいるゴミの最後の断片を手放してください。浄化の段階は終わり、新しい時代が急速に近付いてきています。解放し、手放して下さい。


ですから、あなた方が熱意を込めて働いてきた事全てが大きい力とすばらしさであなた方を新次元的存在へと導き、あなた方に真実の経験をさせ、真実のあなた方とは何ら関係がない長い間の過去からのあなた方を解放するので、あなた方全ての周りには、想像も出来ない奇跡が満ちるでしょう。あなた方を自分の中の聖性と繋がらせ、あなた方を祝福、豊かさ、健康、認識できる二極性の統一の道へと導くでしょう。


今はこれまでです。私たちはあなた方を愛しています。私たちはあなた方と共にあります。


https://sacredascensionmerkaba.wordpress.com/2015/09/08/blood-moon-ganesha-portal-sept-23-28-aa-metatron-33rd-dimension/


~BLOODMOON–GANESHAPORTAL–SEPT23–28-AAMETATRON&33RDDIMENSION


ByannamerkabaonSeptember8,2015


GFLサービス



∞  メタトロンのメッセージは何時もながら我々の理解の上をいくようですね。(^_^;)
 
「現在及び過去のモーメントの心理的な執着と目論みの理論的で数学的な方程式は物珍しそうにその軸の周りを回転しています。地球の住民達についての理論的な認識は熱意ある理解を失い、存在についての理想的な構造の中で崩壊しつつあります。五次元の種類の者との穏やかな遭遇は新たに一貫した振動を複雑に織りなしています」


よく分かりませんが、我々の三次元仮想現実世界の崩壊と、五次元への移行に伴いETさん達との接触が開始されつつあると解するしかなさそうです。


(^_^;) カンベンナ。


「あなた方にとって既知の世界の周波数はあなた方の目前で急速に変化しているので、地球上に居住している者たちが動作している周波数も急速に変化しています。上記のモーメントで、創造主の目的が分かる時が来ますが、この目的の中には天が守っている真実の園への扉があります」


時間の加速とともに我々の振動数も上昇しています。これらの変化は我々が現在、次元上昇をめざしていて「one」への途上にあるということです。


「私たちがこのメッセージを伝えているあなた方地球の住民に届けられようとしているものは、博愛に対する熱意と期待を担っています。エーテルの世界の中で頂点に達しつつあるあなた方が選んだモーメントの潜在意識の中へと変換されるエネルギーは、新たな天の展開への道へと導く正しさの程度を増しつつあります」


ETさん達からのメッセージは我々の次元上昇を支援してくれています。我々は今、光の道であるタイムラインに乗っています。


「ガイアに入ってくる新しいエネルギーに従いなさい。従うことによって、純粋の天の意図であるこの壮大なエネルギーの中に、光の生き生きとした奇跡的なエネルギーの中に、自分を浸らせて下さい」


今、入来してくる強力なガンマー線エネルギーは我々を浄化し、光の多次元存在への変容を助けます。ですから、このエネルギーの中に自分を浸らせるようにと伝えます。

「なぜならこの生き生きとしたエネルギーはあなた方を浄化し、自分の心理の中で新しく発見されるアイデンティティーの中にあなた方を一気に固定するからです。自分の中に光と、あなた方が選んだ肉体を通じて経験された事がない情熱に点火する鍵を見付け出して下さい」


”・・・自分の心理の中で新しく発見されるアイデンティティー・・・”


これは、「大天使ミカエル (09/08) 輝く光の津波と聖なる女性性周波数の戻り 2015.09.08 Tuesday」にある以下のことかも知れません。

”光のマスターである、自分の魂とハイアーセルフとの最後の真の同調をとるようになっています。より高いレベルからの魂の中で立ち上がる夢とビジョンを自分に感じさせ、これらを自分自身の夢、ビジョン、及び創造物としてこの世界の中に表現させて下さい”
 

【ミニ知識】
----------------------------------------------------------------------------------------------
アイデンティティーとは「自己同一性」のことで、自分は何者であり、何をなすべきかという個人の心の中に保持される概念のことです。(Wikipedia)


もっと具体的にと思われる方は「こちら」を参照してください。(^_^;)
 

そのエッセンスは ”自分が自信をもっていること、自分自身のよりどころ、のようなことだと思う” ということのようです。
----------------------------------------------------------------------------------------------


「新たに発見されたアイデンティティー、新たに発見された存在のオクターブの祈りはあなた方地球の住民の正に細胞の中へと急速に取り入れられるからです。光のミストに従い、五次元の種類の者との恩恵ある遭遇に従いなさい。なぜなら遭遇と自分自身の魂の解放によってのみ魂を本当のありかたへと飛躍させるからです」


我々は新生した人間Ver.2として光の導きに従い、五次元の存在との再会して我々の本当のありかたを学ぶことになるようです。


「ですから、一体化という原則、あなた方人間のここ数ヶ月間の時間という理解の間での実に問題であった解消と浄化は実に終わりに至り、新しい覚醒の段階があなた方が認識する現実に急速に近付いています」


一体化(one)という原則に関わる解消と浄化が終わりに近づき、我々の現実に新しい覚醒(真実)が起きるということですね。


「従い、解放し、未だに従来の影の中に潜んでいるゴミの最後の断片を手放してください。浄化の段階は終わり、新しい時代が急速に近付いてきています。解放し、手放して下さい」


今は浄化の段階を終えて、自分のソウルレベルでの開放と全ての残渣の手放しを行うべきときです。


「ですから、あなた方が熱意を込めて働いてきた事全てが大きい力とすばらしさであなた方を新次元的存在へと導き、あなた方に真実の経験をさせ、真実のあなた方とは何ら関係がない長い間の過去からのあなた方を解放するので、あなた方全ての周りには、想像も出来ない奇跡が満ちるでしょう。あなた方を自分の中の聖性と繋がらせ、あなた方を祝福、豊かさ、健康、認識できる二極性の統一の道へと導くでしょう」


我々の真摯な努力の全てが我々を多次元の存在へと導き、我々の真実を知り過去からの開放は大いなる奇跡を呼び、我々を自分の中の神聖と繋がらせることで二極性の統一の道へと導くようです。


(^_^;) 「ヨウヤク シタダケヤン」 ト イワントイテナ。


しかし、このメタトロンのメッセージは昨日、当ブログにUPした「大天使ミカエル」のメッセージの二番煎じのような気がしないでもない。(^_^;)












 

posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 18:27 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロンと33次元 (08/14) 単原子粒子の活性化/ブラッドムーンの準備

∞ 単原子粒子についての詳細が得られますよ。(^_^)/

 



大天使メタトロンと33次元
2015年8月14日

単原子粒子の活性化/ブラッドムーンの準備



大天使メタトロンと第33次元からのメッセージは次の通り。


「親愛なる光の子供達よ


単原子粒子と言う神の粒子の定義は単に、”真に首尾一貫してあなた方のものである現実を構築している建築ブロック”です。


単原子粒子(酸素、窒素、フッ素などは、二つの原子の組み合わせで分子を構成するのが普通ですが、例えば金のように一つの原子だけで存在する粒子のこと)は、知覚者の啓蒙的エネルギー現象への参加とそのエネルギーの時空連続体の中での物理的現実への変換を行う粒子です。


金の単原子粒子はあなた方の地球上での存在構造の正に核心から、自己の慈愛という真実への目覚めのための種々の現実に基づくプログラムの限界の超越に適しています。


なぜなら、あなた方のエーテルの周りと、あなた方の正に自分の細胞中に浮遊している単原子粒子を通じて、競争と個人主義的な基礎に立っている社会から統一とワンネスに基礎を置く社会への変革が行われるからです。


なぜなら、私たちはあなた方の生物圏の構造内で今起きている上述の変化に関して躊躇なく話をしているからです。なぜなら、あなた方の細胞と臓器、及びあなた方が選択したモーメントの媒体の全ての部分全体で起きつつある種々の活動について躊躇なく話をしているからです。


さて、この神の単原子粒子について認識出来る効果についてお話をする時がきました。あなた方の現実の構築ブロックの真の性状、その操作、知を持つ者によってあなた方のために設定されている全てのこれらの構造の超越をする為の内なる能力について説明をすることから始めましょう。


事実、あなた方一人一人にはあなた方の要求に応じて活性化し、あなた方の認識する既知の現実の障壁を突破し、あなた方と言う存在の振動原理に基づく細胞構造を一つ一つ変える生物的、及びエーテル的なメカニズムが備わっているのです。


この活性化に応じて、あなた方全員が保有している外部世界の二元的メカニズムが、あなた方自身の構造認識の範囲内のみでなく、あなた方の周囲の者の認識範囲の聖性との完全な繋がりをさせ、あなた方の現在の現実の中で最も知られていない影響場を創造します。


私たちが言おうとしていることは、あなた方が自分の中の聖性だけでなく、あなた方の為に精妙に展開される宇宙のゲートウエイとの完全な繋がりを果たすために、慈悲のタペストリーとの同調を果たすために、天の水が飲める新たな現実を構築するために、このメカニズムを完全に起動させる時が来たということなのです。


さてそこで、あなた方が次元上昇という調和のトーンの宇宙のタペストリーのなかへと踏み出せるのは、前述のメカニズムの始動を通じてであり、又、あなた方という正にその存在の中の知に従うことによるのです。


この原則に従って瞑想をすることによって、あなた方はあなた方が認識している現実に急速に近付きつつある始動のための媒体を理解し、準備することが出来るようになるでしょう。従って、私たちは以下の瞑想法を取るように要請したいと思います。」


このチャネラーが導かれて知り合ったホーラー博士によると、


”単原子粒子は、金、銀、プラチナ、ロジウム、イリジウムなどによって形成される。例えば、金は通常の状態では6つの原子が結合しているか、単一の原子だけで存在しているか、どちらかである。単原子状態では超伝導で電気抵抗はゼロである。


金採掘の尾鉱の中には、不思議な性状の物質が存在し、多くの者がこれを取りだそうと試みたが、分析が不可能であった。


単原子粒子にはヒーリング特性がある。これらの物質は特に神経系中に存在する。多くの植物も単原子粒子を持っている。単原子粒子が多ければ多いほど、人のヒーリング、治癒能力が高くなる。


免疫システムは通信システムに他ならず、細胞の通信速度が大きいと、体の疾病判定能力と治癒能力は向上する。もう一つの単原子粒子の能力はDNA分子の歪みの解消であり、病気や病気傾向を解消する。


細胞は電子的、化学的に相互通信するだけでなく、光子を経由しても通信している。単原子粒子は細胞の中の免疫システムの能力を向上させ、病気を排除する。単原子粒子は細胞の光子レベルと体の健康状態を向上させる。”


以下の瞑想法が非常に間もなく、起きる変化に対してエネルギーを開かせるきっかっけになると希望します。


以下は、この瞑想法です。


ステップ1:


一日の中で時間をとり、静かに、完全にリラックスして次のマントラを唱えたあとで瞑想に入る。


”私と言う媒体のグリッドの構造要素の中で単原子粒子が完全、かつ充分に活動を開始します。この活動開始要請を通じて、遺伝子のプールの中の操作によるゴミの中に埋もれていた聖なる知識を回復するように、私はハイアーセルフにお願いします。


私はこれらの操作に関係していたあらゆる障害が取り除かれるものと理解します。


私は宇宙の光、真実、慈悲、力、愛、及び無条件の理解のための暗号化器、暗号解読器を利用するために、道を塞いでいた全ての障害を取り除きます。私の存在についての認識的理解の中に関係する全ての者への慈善的な結果と共に、新たな時代のポジティブな始まりと恩恵の為に私はこれらのエネルギーを渦巻かせます。


私はあらゆる障害、脅威、恐れを取り除き、最終的に私のために築く新たな基礎に達します。この確認と共に、私はハイアーセルフに私の細胞が充分に、完全に機能出来るように、より多くの光と神の単原子粒子を取り込んで貰います。”


ステップ2:


瞑想は単純にリラックスし、単にポジティブな事だけを思い浮かべられるように、最高の振動状態で、深い息をしながら、一日5分、5日行って3日休むペースで3サイクル行います。5分が長すぎるのなら3分でもかまいません。


https://sacredascensionmerkaba.wordpress.com/2015/08/14/
monatomicparticleactivation/


~MonatomicParticlesofGodActivation–PreparationfortheBloodMoon–
AAMetatron&The33rdDimension


ByannamerkabaonAugust14,2015


GFLサービス



∞  「単原子粒子と言う神の粒子の定義は単に、”真に首尾一貫してあなた方のものである現実を構築している建築ブロック”です」


「単原子粒子」=金のように一つの原子だけで存在する粒子。


建築ブロック、つまり建築素材という位置づけでしょうね。


「単原子粒子は、知覚者の啓蒙的エネルギー現象への参加とそのエネルギーの時空連続体の中での物理的現実への変換を行う粒子です」


我々の意識エネルギーで創造するものの具現化を担う粒子ということでしょうか。


「金の単原子粒子はあなた方の地球上での存在構造の正に核心から、自己の慈愛という真実への目覚めのための種々の現実に基づくプログラムの限界の超越に適しています」


金の単原子粒子は我々という存在の核心から我々の真実への目覚めのために超越的な働きをしてくれるようです。


「なぜなら、あなた方のエーテルの周りと、あなた方の正に自分の細胞中に浮遊している単原子粒子を通じて、競争と個人主義的な基礎に立っている社会から統一とワンネスに基礎を置く社会への変革が行われるからです」


エーテルの周りと、自分の細胞中に浮遊している単原子粒子を通じて、肉体を纏う我々の現実から多次元の存在への移行が起きるということでしょうね。


「なぜなら、私たちはあなた方の生物圏の構造内で今起きている上述の変化に関して躊躇なく話をしているからです。なぜなら、あなた方の細胞と臓器、及びあなた方が選択したモーメントの媒体の全ての部分全体で起きつつある種々の活動について躊躇なく話をしているからです」


つまり、我々の肉体で今起きていることですよ、とメタトロンは伝えています。


「さて、この神の単原子粒子について認識出来る効果についてお話をする時がきました。あなた方の現実の構築ブロックの真の性状、その操作、知を持つ者によってあなた方のために設定されている全てのこれらの構造の超越をする為の内なる能力について説明をすることから始めましょう」


”神の金の単原子粒子について認識出来る効果” に注目です。


「事実、あなた方一人一人にはあなた方の要求に応じて活性化し、あなた方の認識する既知の現実の障壁を突破し、あなた方と言う存在の振動原理に基づく細胞構造を一つ一つ変える生物的、及びエーテル的なメカニズムが備わっているのです」


簡単に言うと、我々には現在の細胞を多次元的に機能できる細胞へ変化させうる生物的、及びエーテル的なメカニズムを備えているということです。


「この活性化に応じて、あなた方全員が保有している外部世界の二元的メカニズムが、あなた方自身の構造認識の範囲内のみでなく、あなた方の周囲の者の認識範囲の聖性との完全な繋がりをさせ、あなた方の現在の現実の中で最も知られていない影響場を創造します」


我々の現実世界と内部世界が繫がり、新しい現実が創造される?


(^_^;) ヨク ワカランワイ。


「私たちが言おうとしていることは、あなた方が自分の中の聖性だけでなく、あなた方の為に精妙に展開される宇宙のゲートウエイとの完全な繋がりを果たすために、慈悲のタペストリー(織物)との同調を果たすために、天の水が飲める新たな現実を構築するために、このメカニズムを完全に起動させる時が来たということなのです」


次元上昇するときと言うことでしょうか。

「さてそこで、あなた方が次元上昇という調和のトーンの宇宙のタペストリー(織物)へと踏み出せるのは、前述のメカニズムの始動を通じてであり、又、あなた方という正にその存在の中の知に従うことによるのです」


(^_^;) ケッコウ メンドソウヤネ。


「この原則に従って瞑想をすることによって、あなた方はあなた方が認識している現実に急速に近付きつつある始動のための媒体を理解し、準備することが出来るようになるでしょう。従って、私たちは以下の瞑想法を取るように要請したいと思います」


瞑想法については本文末をお読みください。


「このチャネラーが導かれて知り合ったホーラー博士によると、単原子粒子は、金、銀、プラチナ、ロジウム、イリジウムなどによって形成される。例えば、金は通常の状態では6つの原子が結合しているか、単一の原子だけで存在しているか、どちらかである。単原子状態では超伝導で電気抵抗はゼロである」


ここで重要なことは、”単原子状態では超伝導で電気抵抗はゼロである” ことです。


「金採掘の尾鉱の中には、不思議な性状の物質が存在し、多くの者がこれを取りだそうと試みたが、分析が不可能であった」


尾鉱(びこう)=選鉱の結果生じる低品位の産物で,廃棄の対象となるもの。


お金にならない低品位の金鉱が、実は我々にとって非常に重要なものであったということですね。


(^_^;) ステタラ オオゾン スルトコロヤッタンヨ。


「単原子粒子にはヒーリング特性がある。これらの物質は特に神経系中に存在する。多くの植物も単原子粒子を持っている。単原子粒子が多ければ多いほど、人のヒーリング、治癒能力が高くなる」


・ 単原子粒子にはヒーリング特性がある。
・ 多くの植物も単原子粒子を持っている。
・ 単原子粒子が多ければ多いほど、人のヒーリング、治癒能力が高い。


なぜ、単原子粒子にはヒーリング特性があるのか?また治癒能力が高いのか?

「免疫システムは通信システムに他ならず、細胞の通信速度が大きいと、体の疾病判定能力と治癒能力は向上する。もう一つの単原子粒子の能力はDNA分子の歪みの解消であり、病気や病気傾向を解消する」

・ 免疫システムは通信システムである。
・ 細胞の通信速度が大きいと、体の疾病判定能力と治癒能力は向上する。
・ 単原子粒子の能力はDNA分子の歪みの解消であり、病気や病気傾向を解消する。

つまり、細胞の中、特に神経系に多量の単原子粒子が存在すると、”単原子状態では超伝導で電気抵抗はゼロである” ことから情報の伝搬が非常に早くなり、体の疾病判定能力と治癒能力は格段に向上することと、単原子粒子の能力がDNA分子の歪みの解消であり、病気や病気傾向を解消するからということです。


(^_^;) タンゲンシ アナドレンナ!


「細胞は電子的、化学的に相互通信するだけでなく、光子を経由しても通信している。単原子粒子は細胞の中の免疫システムの能力を向上させ、病気を排除する。単原子粒子は細胞の光子レベルと体の健康状態を向上させる」


・ 単原子粒子は細胞の中の免疫システムの能力を向上させ、病気を排除する。
・ 単原子粒子は細胞の光子レベルと体の健康状態を向上させる。


以上から、「単原子粒子」は我々にとって必要不可欠なものであるということてす。


「以下の瞑想法が非常に間もなく、起きる変化に対してエネルギーを開かせるきっかっけになると希望します」


瞑想の手順は本文を読んで戴くとして、ここでは ”非常に間もなく、起きる変化” とは?
----------------------------------------------------------------------------------------------
大天使ミカエル
ダイヤモンドの道筋:2015年の愛と豊かさという新しい創造的な冒険
13 January 2015 - 7:16am
セリア・フェン経由 Channeler: Celia Fenn


第三の強力な時は9月の昼夜平分時になります。これは9月23日の秋分の日になります。


この月の中で、また9月13日の部分日蝕と9月28日の皆既月蝕が起ります。


こうした強力な移行の主題は、3月の昼夜平分時と蝕で始まったさらに高い自覚的意識の新しいエネルギーの継続になるでしょう。


また、調和と穏やかさ、そして豊かさのダイヤモンドの光を定着させ、ひとつの新しい現実性を創り出すさらに多くの機会が訪れることになるでしょう。


それは刺激的で挑戦的な時期になりますが、しかしまた数々の新しい機会に溢れています。


繰り返しますが、わたし達は、皆さんがこうした機会に集中し、光と創造性の熟達者として皆さん自身を強化して、形が物質的な次元領域で後に続くことができるように、皆さんが人類の集団意識のグリッドに向けて惑星地球のための新しい現実性を定着させる支援をすることを求めます。


この2週間の期間は、光の存在達や天使の数々の領域やまた不思議な自然力のエネルギーと連携して、この不思議で奇跡的な新しい現実性を定着させる数々の機会に恵まれることになるでしょう。
----------------------------------------------------------------------------------------------


ということです。


(^_^)/


∞ たきさんからのお知らせにある、
----------------------------------------------------------------------------------------------
サルーサのチャネラーである、マイク・クインシー、内部地球ネットワークのアン・デハールト、ゾラに引き続いてシェルダン・ナイド ルまでもがマイナス波動になってしまいました。従ってこれらからのメッセージの翻訳を中止いたします。 2015年8月5日
----------------------------------------------------------------------------------------------
は、今後も続くようです。理由は伝える内容に偽情報が多い、つまり闇さん達からのものであるということからです。従って当ブログもこれらのメッセージはUPしないことにします。

(^_^;) リュウドウ テキ カモ シレン。

他にも、コブラの情報も偽情報であると言われているようですが、こちらは思うところがあって継続してUPします。


















 














 
posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 19:37 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロン (07/17)

∞  36,000人の男性と女性の振動数で振動する、キーマンと地球の年での最後の満月であるブラッドムーンの関係についてです。

 



大天使メタトロン
2015年7月17日

最後のブラッドムーン/鍵の保持者/ツインフレーム



親愛なる光の子供達よ、


鍵を持つ者が目覚め、その隠された能力を活性化させると、鍵を持つ者が自分達の真の姿に目覚め、松果体と脳下垂体、及び第三の目を活性化させると、ハートのコーデックス(暗号化器兼複合化器)がここで展開することと同調するに至ります。


これらの活性化を通じてハートはあなた方の宇宙船内のソーナーに類似の信号を送り出し始め、実に、あなた方の間には距離はなく、同じ光のスペクトルの上で動作しているので、この信号は光速で遠距離まで届きます。


しかし、一度鍵を持つ者が自分のアイデンティティーに完全にめざめ、振動を上昇させると、これ等の者の振動数が上がり、彼らの選択の媒体は新しい周波数で振動し始めるので、世界中に送り出すソーナーはあなた方の創造のマトリックスの中で止まらないばかりか、真実の頂点、すなわち彼等のハイアーセルフに達するまでこの宇宙の中へと放出され続けます。


一度頂点に達し、確認され、ひとたび共振が始まると、人の忘却のベールは剥がれ、このマトリックスへと来た指令を完全に認識し、理解するように戸口が開かれ、戸口から入ってくる情報はハイアーセルフによって人間に理解できるように翻訳され、この戸口の中では、鍵を持つ者は存在する者の特定の音符とオクターブの上に配置される主要な活性化の準備のために、この惑星上の正しい場所を認識して位置を占めることが出来ます。


このような瞬間が到来すると、鍵を持つ者の活性化がガイアに流れ込む創造エネルギーと完全に同調するに至り、鍵を持つ者はこの戸口の中で、それぞれのエネルギーと符号を利用して、あなた方が知っている山の頂上に秘密裏に隠されている、悪と共振するもう一つのソーラー信号を送り出します。それによって、裸眼で目視可能な山頂だけでなく、時間の層の下、海洋の下、この惑星の範囲内に埋もれていたものも目覚めを始めます。


そして、かくして、36,000人の男性と女性の振動数で振動する、鍵を持つ者の準備が、実に、始まりました。この鍵を持つ者の準備は始まり、地球の年での最後の満月であるブラッドムーンまで全力で継続するでしょう。


この瞬間が起きると、鍵を持つ者は融合し、無条件の愛の範囲でお互いに踊るようにゆらめき、その範囲と、彼等が創り出す渦を突き破って、ソナー信号がそのパワーを倍増し、時空を超えて伝播し、全ての鍵を持つ者が創り出した渦を相互に結合させ、ポジティブ及びネガティブな極性の巨大な旋回渦が合成され、影響の空虚範囲を創成し、それによって過去、未来、及び現在の”カルマの借り”は完全に解消され、その中で、新たなきれいに拭き清めた理解の白板が姿を現し始めるでしょう。


それはあなた方が一夜にして新世界に到着するということを言っているのではなく、これらの渦の活性化と地球と人間のソウルの中に巣くっていた全ての”カルマの借り”の解消を通じて、自分を自分と言う存在への目覚めへと推し進め、カルマ経験の理解へと推し進め、存在についての新たな認識へと情け深く推し進め、同時に人が経験した事を許し、このような認識に感謝し、過去の現実構造はもはや何ら関係がなく、住みたいと思う新世界の中には存在する場所がないことを感じ、かつ理解するということです。


それにも関わらず、人間のソウルの自由意志は、カルマと言うアイディアとこの構造に就いての理解が消え、あなた方の惑星上での存在を把握する短い時間の間効力を示し続けるでしょう。それでもこの経験を続けたいと思うソウルたちに関しては、ほとんど消失するマトリックスの中での現実を経験する機会が与えられるでしょう。


ですから、かつこのようにして、エネルギーの安定化効果、種々の極性の融合、意識の拡張は、毎日の地球上での認識範囲での解消と浄化エネルギーを通じて効果を示し続けます。


ですから、あなた方の心理の中に現れる矛盾するエネルギー、遭遇、及び情報について気を付けていることが非常に大切です。あなた方の前での急速な展開がみられることに気をつけ、しっかりとグラウンディングをし、今の中に留まっていて下さい。


自分の聖性を思い出して下さい。あなた方がサポートされ、実に自分そのものであるように支援され、思い起こさされていることを忘れないで下さい。そうなのですから、そうであることを知って下さい。


これまでにして終わりにします。私たちはあなた方を愛し、あなた方と共にあります。さようなら。


https://sacredascensionmerkaba.wordpress.com/2015/07/17/aa-metatron-final-blood-moon-key-holders-twin-flames/


AAMetatron–FinalBloodMoon–KeyHolders–TwinFlames
ByannamerkabaonJuly17,2015


GFLサービス



∞  メタトロンのメッセージは決して読みにくい訳ではなく伝える内容は理解できますが、その詳細はなぜか頭に残りませんね。(^_^;)


ですから、この詳細が気になる方は、それが分かるまで根気よくお読み戴くことをお願いいたします。(^_^;)


大まかな流れは以下になります。


「そして、かくして、36,000人の男性と女性の振動数で振動する、鍵を持つ者の準備が、実に、始まりました。この鍵を持つ者の準備は始まり、地球の年での最後の満月であるブラッドムーンまで全力で継続するでしょう」

彼らが目覚めて自分の役割を果たすことで、我々の過去、未来、及び現在の”カルマの借り”は完全に解消され、エネルギーの安定化効果、種々の極性の融合、意識の拡張は、毎日の地球上での認識範囲での解消と浄化エネルギーを通じて効果を示し続けるようです。

この間、我々の心理の中に現れる矛盾するエネルギー、遭遇、及び情報について気を付けることと、自分の前での急速な展開がみられることに気をつけ、しっかりとグラウンディングをして今の中に留まる必要があるようです。


つまり、36,000人キーマンが、今目覚め、結果的に我々のカルマの解消をしてくれますが、その間に我々が色々な体験をすることもあるので心のバランスとグランディングをして、今に集中してくださいということです。













 

posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 18:37 | comments(0) | - | - |
大天使メタトロン (12/28)

∞  2015年は何が起きるのでしょう?(^_^)/

 


 

大天使メタトロン

2015年:驚くべき年間予測
2014年12月28日

ジェームズ・ティベロン経由



熟達者の皆さん、こんにちは。わたしはメタトロン、光の天使。そしてわたしは無条件の愛の方向量の中で、皆さんに挨拶を送ります。


そのため、この集いの中で、わたし達はこの交信者に、皆さんの前に横たわる年、皆さんの直線的な年表の中の2015年について議論するように求められます。


それは、新しい地球の‘第3年’になります。それは事実通り驚くべき一年に、ひとつの移行の時期、ひとつ大いなる変化の年.. そして実際に強烈な一年になるでしょう。


すべてに目的があり、そして人類が遭遇するその数々の困難は、解決されることが可能なものであり、そしてそうなるでしょう。しかし、努力と改善が必要になります。今は、穏やかなひとつの世界を共同創造する時です。


親愛なる人間の皆さん、わたし達が求められているその主題に取り掛かる前に、わたし達はひとつの論点を付け加えたいと思います。


継続している惑星上の混迷は、人類に対して明確に合図を示します。


複雑で、深く埋め込まれた対立の数々の争点は、それが宗教、領土的な根拠、あるいは社会的な公平さまたは不公平さの何れにしても、すべてが解決されなければならないものです。


こうした争点は、解決策が無いまま、以前に何度も表面化してきました。しかしその一方で、新しい地球のエネルギーの中で、今後そういった争点がただ消え去ることはないでしょう。


皆さんの‘現在の’時系列のエネルギーの中で、今後そういった数々の対立は絶対的に表面に浸透し、そしてそこに留まることになるでしょう。


こうした数多くの物事は過去の抑圧のせいで劇的に情緒化されますが、しかしその核となる争点は表面化しなければならないものであり、また皆さんが直面しなければならないものです。


そういった数々の難題が生じる時、束の間の律動的な数々のパターンの中で... この事例の中ではたとえひとつの継続するリズムの中であっても、おそらく‘解決療法’と呼ぶことができる物事の別の期間が始まります。


熟達者の皆さん、人間の平等に関する数々の対立と争点は、皆さんが‘憂さ晴らし’というひとつの即効薬または安全弁療法で対処することができないものです。平等と正義は、実現される理想にならなければならないものです。


そして2015年という年の中で、こうした争点は地球規模で取り上げられることになるでしょう。


□ 最悪の状態


さて、2014年の最後の週の中で、数多くの皆さんはエネルギーの最悪の状態、ちょっとした‘魂の闇夜’を感じることになるでしょう。


皆さんは、失望、沈滞、怒り、そして絶望を感じるかもしれません。これは部分的に、9月に始まり10月の数々の巨大な蝕を駆け抜けたかなり強烈な一連のエネルギーの後で生じた、自然の反気候的な共鳴のせいです。


比較的啓発されている皆さんでさえ、自己に疑問を持ち、深い絶望に関するひとつの挿話を感じるかもしれません。


占星学的な数々の影響力が、こういった感覚に多大な影響を与えることがあります。


そして皆さんがオーラの完全性を維持してそういった一時的な情緒の劣化を切り抜けることが、非常に重要になります。


数多くの皆さんにとって、感謝祭からクリスマスを通した休暇の時期は、悲しみや孤独、過ぎ去った過去の記憶で裏打ちされる時期です。またそれは、残り少ない年と別の年の影響を良く考えるための、自然な時期です。


□ 年末


2014年の最後の月の中で、世界は巨視的にも微視的にも、既に強烈に混沌としているように見えています。数々の戦争、暴力、不正、そして高まる混乱が、個人と集団の両方の状況のあらゆる場所で表面化しました。


これが2015年に向けて続くことになるでしょう。数多くの皆さんが今起っている物事に戸惑いを覚えています。それは皆さんにとって、既に世界は後退してしまったように見えるかもしれません。


皆さんは2012年の信憑性に疑問を持ち、既に次元上昇の何らかの形が発生しているかということに関して疑問を感じるかもしれません。


地球は2012年に12の次元に向けて次元上昇したことを、そしてその新しい惑星地球の新しい結晶構造のマトリクスこそが、今後人類の最終的な次元上昇を許すことを、わたし達は皆さんに保証します。


しかしわたし達が以前皆さんに伝えたように、人類の次元上昇は多世代にわたって起ることはないでしょう。


そしてわたし達は、今惑星は混沌の中に在るように見えることを、良く理解しています。数多くの皆さんが、皆さんに関する、混乱を眺めながら、何故世界が発狂しているように見えるのかを尋ねています。


既にわたし達は、クリストスのエネルギーは2038年に復帰すると皆さんに伝えてあります。両極性の観点からすると、これは光のエネルギーです。


現在起り続けていることは、部分的に、その復帰を阻止しようとする無益な試みの中の、二元性に固有な闇のエネルギーの最後の苦しみです。


そして今後光の復帰が起り、それが阻止されることはあり得ないことを、わたし達は皆さんに伝えます。そのため、不可欠な除去が起ることが必要であり、そしてそれが実際に起っているところです。


2015年に通じる稀有な数々のエネルギーが、ある意味では既にその地下室の扉を開いていて、否定的と呼ばれるものが表面化しているところです。


それは、吹き出物を針で突くこと、または二歩前進する前に一歩後退する姿に似ています。


□ 夢の明晰さ


2014年の最終四半期と2015年全体の両方に関してわたし達が強調したいひとつの論点は、夢の状態が特別に潤色されるようになることです。


関与する無数のエネルギーのために、今後それぞれの皆さんが途方もない夢の活動の機会を持つことになるでしょう。これは、巨大な蝕の期間の2つの二次関数的な局面の間に、特に強化され、著しく可能なものになるでしょう。


明快な夢に長けている皆さんは、今後皆さんの前に横たわる物事に関する数々の時間帯を経験することになるでしょう。


しかしこの明快な時間帯は今後すべての人々に利用できるものになり、そしてこれは、皆さんが意識的な目覚めた状態でその記憶を持ち続けることができるかどうかにかかわらず、皆さんの夢の状態の中で起ることになるでしょう。


しかしわたし達は、皆さんがそれを思い出すために一致した努力を行うように働き掛けます。何故なら、今後その夢が、皆さんの周りで起っている数々の移行に向けた洞察力を提示するようになるからです。


そして次の数年の間全体で、途方もない数々の移行が個人的にそして集団の中で起り続けるようになるでしょう。


それにもかかわらず、この期間の中で(そして2015年に向けて)、不正と受け取られる数々の不平等な領域が新しい地球の中で表面化し続けるでしょう。そしてこれは、目的を持ったものです。


今は、‘宇宙の照準’の時であり、それぞれの皆さんにとって、もしかすると時に混沌の標的にされているように見えます。


今は、強烈に対立する両極性のひとつの側面の中で、数々の違いが強調され、数々の逸脱と格差が表面化されて明晰さに向かい、不可欠な調和と統一のための道を整える時です。


□ 神聖なる目的


さて、2015年の中で地球の次元領域に充満する占星学的な重要性に関するさらに掘り下げた説明に関してわたし達が先に進む前に、少し時間を取って、現在皆さんの周りで起り続けているあらゆる物事には目的があることをもう一度皆さんに伝えさせて貰います。


二元性の中には正反対の物事(そしてそういった闇のエネルギーのような物事)が存在するにもかかわらず、皆さんの言葉で言う善と悪は、目的化された幻影です。


両極性を超えたさらに高い立場からは、正反対の物事は存在しません。そしてあらゆる物事は、最も大いなる善の一部であり、その善に通じます。


地球はひとつの実験場であり、そして皆さんが二元性の中で積むその経験は皆さんにとって非常に現実的であるにもかかわらず、そういった絶対に不可欠な授業は、皆さんの共同創造精神の発達のために考案されます。


皆さんは、学び、成長し、そして教えられていて、そして皆さんは、エネルギーを最適に維持して、皆さんの言葉で言う‘全存在’、創造主の神と伴に共同創造主になるために、皆さん自身を指導しているところです。


そして二元性の宇宙の中の“発達段階”つまり学びの数々の過程は、善と悪と伴に、数々の現実性として正反対の物事に対処することを含みます。


そして二元性の中にこうした正反対の物事が存在するという理由から、皆さんが愛の道筋の中で‘善’を選択することが不可欠になります。


光と闇、善と悪の間の争いは、すべての皆さんの内部にあります。一部の皆さんは、光を発散させます。人類の仲間の他の人々は、まだ発散しません。統一性に気付く方法を学ぶことは、皆さんの履修課程の不可欠な部分です。これは、ひとつの統一、完全な全体性を象徴します。


皆さんが二元性の領域の中で事実通りまだそれを把握できない理由は、3次元の二元性の中で、皆さんの大部分が、全体ではなく、ただ現実性の数々の部分だけを把握するからです。


正反対の物事は両極性の中で現実的であり、そしてそれに応じて、皆さんはそれに対処する方法を学ぶことが必要になります。


誤解しないでください。


闇は行く手を阻まれなければならず、そして光はいつも広がります... そして二元性を超えた場所では善と悪は実際に存在しないにもかかわらず、それは確かに、皆さんの現実性の体系の中の存在状況としての、3次元の現実です。


むしろ単純化した意味で、善と悪という概念は、やがて皆さんに存在の神聖さと意識の責任を教え、皆さんに皆さんの道筋に沿った数々の指針を提供するために役立つことになるでしょう。


□ 2015年の強力な日付と活性化の局面


2015年のエネルギーは、その年の前半の間、極めて強烈なものになるでしょう。しかしその一方で、それは、高い強烈さが具体的な目的を持たない期間であることを意味する訳ではありません。


何故なら、実際にその周波数の‘水準’は依然として高められ、そして具体的なエネルギーの数々の符号が今後調整されて、2015年の占星学的な開放の間に取り込まれることになるからです。


しかし、2015年のその強烈な数々の局面は、生じている数々の影響力の自覚で対処することができるものです。


何故なら、こうした物事は、目的を持って起っているからです。そして2015年の内部で、数多くの深遠な機会は、ただ不可欠な浄化に役立つだけではなく、また向上にも役立ちます。


2015年の1回の昼夜平分時、至点の二次関数、そして日蝕と月蝕は、極端に強力であり、周波数的に照合されて、固有な符号化された新しい地球の8面体のポータルの開放を提示しています。


昼夜平分時、至点、そして特に2014年から2015年にかけての6回の蝕の間、‘新しい’符号化された数々のエネルギーの急騰が惑星を溢れさせることになるでしょう。


□ 2015年の鍵となる重要な日付


3月20日、皆既日食(新月)


2015年3月20日−昼夜平分時


4月4日−満月の皆既月蝕


2015年6月21日、至点


9月13日、部分日蝕(新月)


2015年9月23日−昼夜平分時


9月28日、満月の皆既月蝕


2015年12月21日−至点


上の一覧のそれぞれの日付が、その個別の特性の中の出力点です。


そして数々の蝕の局面が重なり、組み合わさって相互に作用するという事実にもかかわらず、こうしたエネルギーは、描写の目的役立つ全体の主要な2つの部分として考えることができます。


最初は3月20から6月21日まで。2番目が、9月13日から12月21日まで。それぞれがひとつの蝕で始まり、昼夜平分時を含み、そして至点で終わります。


その最初の局面は、その内部にひとつの主要な上方移行と、レイラインつまり地球の電流と呼ぶ事ができるものの活性化を含みます。今後これは、主に惑星上の主要な長さの山脈(北半球と南半球)を通して起ることになるでしょう。


北アメリカの中にある上方移行の主要な場所は、コロラド州とアルバータ州、そしてカナダの中で起ることになるでしょう。南アメリカの中では、その範囲はアンデスの主要な長さに沿って広がることになるでしょう。


今後その2つは、拡大的な山系全体の中で結び付くことになるでしょう。(この主題は、最近のコロラドの上方移行−地球のエネルギーの経路の中でより詳細に議論されます)。ウラル山脈、グレート・ダイビング・レンジ(素晴らしいダイビングの地域、オーストラリア)、そして南極を横切る地域が、この不可欠な部分になります。


コロラド州のリオグランデ断層の地域はひとつの主要な上方移行を経験しているところであり、今後こうした地域はひとつの新しいエネルギーを運び、その山々や弾道の地域に沿って数多くの恩恵を提示することになるでしょう。


東西の領域は、2016年に上方移行を続けているところであり、そしてわたし達は、これについて直ぐに伝えることになるでしょう。


その最初の期間は、2015年の最終局面として、沢山の同じエネルギーを運びます。それは、ひとつの浄化の時期です。


二番目の局面は、内観の時期です。調和を模索して、集団的に調和を投影する、神聖な時期です。


追加の数々の符号が、地球規模で霊の再誕と、人間関係の再編と再定義を許します。世界平和の種を播くひとつの好機を提示します。


個人的な水準では、問題を抱えた人間関係にさらに素晴らしい明快さをもたらす時期になります。今まで役立った物事を調停する時期です。


思いやりの流入です。最初の局面で起ることは対立の表面化と噴出になるため、2番目の局面の中では調停が機能します。


それはまさに本当の意味で、‘クリストスのエネルギー’の復帰の準備の中で、‘無条件の愛’と呼ぶことができるものの追加の取り込みになります。実際には、それぞれの蝕が、この過程の新たな数々の符号を運びます。


こうした天文学的な日付が符号化された流入の取り込みを提供することは、絶対的にひとつの自然な相乗効果です。


何故なら、こうした出来事(至点、昼夜平分時、そして蝕)は、今までいつもそういった転移のための固有の出来事になってきた数々の出入り口や開口部を事実通り開くからです。


古代の数々の文化の中で、そして現在の数多くの霊的な分派の中で、今までそれが内省、祈り、そして瞑想の日々として崇拝されてきたのは、これがその理由です。


さて、2015年の蝕は、個人そして惑星両方に役立つ変化の触媒となるエネルギーのきっかけを提示するという観点からすると、今まで以上に固有な資質を帯びます。そしてこの特定の目的を持つ周波数の中で、2015年の蝕、至点、そして昼夜平分時は、飛躍的に拡大されます。


2015年は、4回の独特な蝕によって特徴付けられると言って差し支えないと思います。2014年の蝕と2015年の蝕の間には、ひとつの明確な周波数の重なりがあります。


2014年の2回の月蝕は、4月と10月の両方が、満月の絶頂期の‘皆既’月蝕になります。それは、自己の方向性と基準調整に向けた瞑想によって皆さんの人生の進路を変える、完璧な時期になるでしょう。


2014年の中で、数多くの皆さんが新たなひとつの目的に気付き、ひとつの文芸復興を経験しました。そして今、2015年の中で継続して本格化する新しい創造的な道筋の上にいます。


既に他の人々は同じ道筋に留まることを選択していますが、しかし新たな活力と新しい視点または新しい集団の関連性を手にしています。


それにもかかわらず今後数多くの皆さんが、2015年の中でひとつの新しい目的に気付き、以前は眠っていたか良く理解されていなかったひとつの肥沃な才能を表面化させることになるでしょう。


2015年は、皆さんの‘魂の契約’の未完成な要点に向けて皆さんを意図的に再充電することによって、そのエネルギーを提供してその再誕と調整を達成します。


□ 2015年の水星が逆行する日付:


水星の逆行:1月21日から2月11日


水星の逆行:5月18日から6月11日


水星の逆行:9月17日から10月9日


水星の逆行は、特に2015年の数々のエネルギーの内部で、自己の明確な再考察に役立つ数々の固有な時間帯を提示します。


2015年の5月18日から6月11日の水星の局面は、ひとつの集会の時期、集団的に共同創造する時期です。


2015年9月28日の満月の皆既月食は、非常に稀な水星の逆行の時期の中で起り、桁外れに強化された内的な心霊の展望を利用できるようにします。


しかし、妄想的な誤解の水準とは対照的に、今後この幻想の機会の明確さの水準は、個人の個別のオーラの完全性、安定した状態、そして‘地が足に付いた’状態に留まる能力によって決まることに留意することが重要になります。


□ 2015年の宇宙の重力−数々の真実と道筋


熟達者の皆さん、占星学は、その正しい適用の中で、重力的なそして電磁的な波動であり、人間の物質的な身体と、精神と情緒のマトリクスに属するエーテル質の身体に影響を与えます。


それは実在し、民間伝承ではありません。わたし達は占星図についてではなく、むしろ非常に現実的なエネルギーの波動について話をしています。


それは、数々の周波数、光、そして色彩に満ち溢れていて、誘発そして数々の連合の定型によって皆さんに影響を与えます。こうした定型は、今後皆さんに絶対的に影響を与える振動であり、皆さんがそれを受け入れるかどうかにかかわらず、それは影響を与えます。


しかしその一方で、意志の力よりも偉大なものは、何もありません。


しかし影響力を持つ振動パターンに気付くことによって、皆さんは抵抗するのではなく、さらに効果的にそのパターンと連携することができます。その結果、皆さんは数々の機会を理解し、従って把握することができ、そして数々の落とし穴を賢明に回避することができます。分かりますか?


新しい地球の中で、既に結晶構造のグリッドは磁気グリッド全体に対して優位に立ち、そしてこれが同じように数々の惑星や恒星の引力と同時に光の解釈の両方に影響を与えます。そして、このエネルギーのコラージュに向けて働く影響力のひとつの勢いが、神聖なる思考の影響力になります。


集団的な人類の神聖なる側面と、普遍的な精神と呼ばれるものに起因する影響力のパターンがあります。それは、蝕、至点、そして昼夜平分時の局面の中で形成される頂点で、結晶構造のグリッドを通して地球の次元領域に向けて流入している、特定のパターンです。


□ 外観的に混沌とした2015年のパターン


その結果2015年の中で、皆さんはひとつの固有な時期の中にいて、その中では既に惑星の数々の影響力が普通に占星学的な重力に関連する宇宙の数々の力を結び付いていて、新しい地球の枠組みの中で、固有で簡潔に強力な除去作用を創り出します。


影、闇の側面と呼ばれるものが、周波数的な時間のひとつの特異な期間の間、一時的な自由な流れの状態になり、妥当なものかどうかにかかわらず抑圧と数々の不満を表面化させて、皆さんは、人間の経験と明らかな現実性の試練の中で、その状況に直面し、眺め、対処します。


隠されて抑圧された物事が濾過されながら、頂点に達します。今まで隠されてきた可能性がある過去の数々の犯罪や未解決の対立が、対峙と責任ある浄化のために、今後この時期に表面化することになるでしょう。


今は、誤解の時、過剰反応と幻影の時です。


それは、抑圧の表現の中の極端な数々の物事によって強調されたひとつのエネルギー、数々の不満のひとつの反動であり、それは、‘影’の中に存在したものを解き放つ際に、不吉で不適切でさえある表出のひとつの狭窄の中で、明らかにされる可能性があります。


2015年の最初の四半期を通して、妄想、時折の壮大な思い違いまたは強化された空想の蜃気楼に陥りやすい人々は、今後この無価値な覆いが偽りの夢の数々の世界に向けて広く開かれることに気付くようになるでしょう。


そしてこうした一時的に途方に暮れた夢想者達は、夢想者達を目覚めさせようと試みる人々に、おそらく恩を仇で返すことになります。


まさに最善の意図から提示された現実性の判断材料が、結果としてひとつの混乱、予期せぬカウンターパンチ、あるいは拒絶になる可能性があります。その状況は、純粋なこころでさえ、良い意志を持った助言を、まして干渉を、外見的に拒絶する可能性があります。


普通に気難しくない人々の間でさえ反抗的な言動が余地を与えられて、そうでなければ論理的に見えていたこのむしろ曖昧な局面の中で、その言動が人に影響を与えて、対策を講じさせる可能性があります。


そのため、この普通ではないエネルギーはすべての物事に影響を与えることが可能であることを、肝に銘じてください。内面の‘コヨーテ’が解き放たれます。


教師は既に教室を離れ、生徒達は自分達だけで対処し、この霧の掛った周波数の中では数々の規則が強制力を伴うものにならないため、悪戯を始めます。


このむしろ混沌とした周波数の重力の中で数々の制約が引き上げられるため、今後数多くの皆さんが、予期せぬ驚くほど普通ではない方法や、皆さんの普通のパターンとはかなり外れた方法で行動するようになるでしょう。


否定的な復讐の側面または何らかの否定的な汚染に結び付けられた派閥や個人達は、この局面の間に極端な手段で行動する傾向を持つ可能性があります。


□ 火星と冥王星が、この岐路の中で作用し始めます。


認められていないという概念、排除され拒絶されているという発想の概念、如何なる方法でも見落とされ否定されるという概念です。


これは巨視的には、数々の信念体系、宗教、国々、あるいは自分達の‘力’が理解されない、または既に衰えていると感じる数々の集団に当てはまります。抑圧された怒りが、表現を見付け出すことになるでしょう。


暴力を許し、または教条的に攻撃性を容認する宗教が、この範疇に当てはまります。抑圧されていると感じる数々の集団や個人達は、今後ひとつの放出の機会を見付け出すことになるでしょう。狂信者達の間で、激怒が極端な状態になるでしょう。


2015年の中で世界の引き裂かれた地域に移動して努力することは、この時期の範囲内ではさらに巨大な危険を抱えることになり、従って優れた判断力と慎重さが必要になることを、わたし達は皆さんに伝えたいと思います。


2015年の終りの時期を迎えるまで、パンドラの箱が開いたままになるでしょう。


さて、今後人間は占星学的なひとつの力よりもさらに強くなり、しかも怖れがその答えではないことを、わたし達はもう一度皆さんに伝えます。それにもかかわらず、慎重さが賢明であり、意識的にタイミングを選択することが、すべての努力の中で充分に検討されるべきです。


熟達者の皆さん、2015年の坩堝(るつぼ)のエネルギーの内部には、桁外れな機会の時間帯と共同創造のための符号化があります。


4回の満月の皆既月蝕という4組は、2014年4月に始まり、2015年9月に終りを迎えます。この月蝕の4組のすべてが、25日の範囲内で日蝕を伴いました。これは、日蝕と月蝕が連続して起ることが可能な最も短い時間であり、両方に力を与えます。


皆さんは稀なエネルギーの周波数の中にいて、そしてこの周波数はさらに高い周波数の数々の符号で満ち溢れています。光の復帰を可能にする数々の符号です。


そして付随する浄化はその強さにおいて外見的に無検閲とはいっても、それは必要な否定性の解放であり、種を播く神に結び付けられた光の流入です。


□ 蝕の一年


蝕は開口部であり、光、惑星の周波数、地球の重力、そして集団的な思考を結び付けます。


蝕は、神聖なる思考と人間の集団的な思考のさらに高い振動の両方に役立つひとつの固有なパレットを提示して、それが刻み込まれます。


さて、月蝕は、ただ満月の時に発生することがあるだけであり、日蝕は、ただ新月の時に起ることがあるだけです。両方が、蝕に追加された強力さを提供します。


蝕は、人間によって頻繁に単一の出来事と見做されますが、しかしわたし達は皆さんにそうではないことを伝えたいと思います... 月蝕と日蝕が、2014年と2015年の中で起っているように、直接直線的な時間の連続の中で起る時、さらに巨大なエネルギーの集中の中で、より増幅されたひとつの領域が形成されます。


従って(15日の範囲内の)月蝕は、大幅に拡大された強さを持ちます。月と太陽の振動上の特徴の共生的な織り合わせが形成され、それが実質的に相乗効果を発揮し... 両方が増幅されます。


この協調の中で、それが部分蝕であれ毎年の蝕または皆既蝕であれ、日蝕のどのような姿も直列に拡大され、皆既月蝕のすべての影響力と伴に、そしてその逆も同じように、ひとつの巨大な効果を発揮します。


もしも月蝕が皆既であり、直線的な連続で部分日蝕が続くとすると、その直列の二重の結果は、ひとつの巨大なエネルギーになり、‘2回重なった皆既蝕’の影響力の中で両方を増幅することを意味します。


蝕は、さらに進んだ数々の社会によって、地球の次元領域の内部の現実性の次元的な基礎構造に浸透した、極端に意義深い出来事として認識されました。アトランティスの人々は、蝕を無限点として言及しました。


何故なら、蝕の期間の間、直線的な時間が、無限の短い合間のために停止するからです。(‘蝕’という言葉は、アトランティスの言語に由来し、古代ギリシャの言語に入り込み、秘匿すること、あるいは‘存在を停止すること’を意味しました。)蝕は、光の波長を独自に変えて、重力に影響を与えます。蝕の間に、重力の異常と同時に捻れ効果が起ります。


こうした出来事は、皆さんの現在の科学の中で、アレー効果やサキシ効果として考えられます。


蝕は、符号化された可干渉性を特徴とする‘打楽器のような’エネルギー波を放射し、それが地球に浸透して、人類に影響を与えます。


可干渉性は松果体を開き、人間の物質的な身体の細部とエーテル質の身体のエネルギー構造体の両方に起因するひとつの固有な反応を引き起こします。


ある意味では、皆さんが認識するような時間は、蝕の局面の間に、特に至点と昼夜平分時の頂点に比較的近い範囲で月蝕と日蝕が起る時に、変わります。


これが、2015を通して起り続けます。


そしてそれが数々の強さを創り出す一方で、また桁外れな意識の‘次元的な数々の出入り口’を開きます。こういった稀有な局面の中で夢の状態がより明快になり、そして目覚めている意識の内部の変性状態もまた識別されます。


思考と生命力の脈拍が、繊細ながら非常に意味深い数々の方法で変化します。


現実性の数々の時間帯が開かれて、存在性の数々の領域が拡張されます。空間と時間が一時的に変わります。‘永遠の今’の同時の時間のさらに高い状態が強化され、事実通り潤色(じゅんしょく)された多次元的な明瞭さの局面を許します。


‘聖地’は、生命力の数々の単位のさらに巨大な集中で潤色された、地球上の数々の方向量の内部の惑星の力の結節点であることを、皆さんは気付いています... (またダイヤモンドのようなまたはアーカーシャの本質として言及されます)。蝕は、しばらくの間、創造的な生命力の微粒子の濃縮された波動の流れを放射します。


このエネルギーの殺到は、‘神聖なる’定型の思考の挿入物と同時に、意識と無意識の両方の水準のさらに高い人類の意図で、種が播かれることが可能です。


今後このエネルギーは、皆さんがそれを自覚するかどうかにかかわらず、同じ水準のすべての皆さんに様々な程度に影響を与えることになるでしょう。


しかし、意識的または無意識の何れにしても、皆さんがそれを利用する方法は、皆さんの集中力、知識、そして光の割合に依存することになるでしょう。


今起り続けている物事の部分と、今後10月の巨大な蝕の二重奏の照合されたエネルギーの中で起る物事の部分が、継続している過熱した情緒の状態の自発的で不本意な解放になるでしょう。


人類は、ひとつの蝕の共鳴振動場に向けて、固有な独特の感覚の情調を組み込みます。


皆さんは、より正常化された水準に向けて、惑星上の現在‘エネルギーのカクテル’によって引き起こされた極端な物事のような情緒的な数々の葛藤を、さらに簡単に呼び戻すことがあります。


蝕は、特定の地域と標高の電磁気の上昇が人類の身体と情緒に安定を提供する場合とほぼ同じ方法で、ホルモンの不均衡を安定させることができるひとつのエネルギーを運びます。


ジェームズ・ティベロンからの質問:


あなたは、蝕が人間の生態と情緒の状態に影響を与えると話しているのでしょうか?


大天使メタトロン:


人間の生態と実際に精神と情緒の領域は、確実に環境によって影響を受けます。


皆さんの環境は、惑星の重力波、光の周波数、イオン比率、そして鉱物の振動を含めて、皆さんが意識的に把握するものよりも遥かに多くの物事を含みます。


皆さんの物質的な身体は、生態的に活動している細胞の意識を持ち、そのためホルモンや生化学的な安定が、惑星の光の形式やマトリクスによって直接影響を受けます。


蝕がひとつの衝撃をもつ理由は、それが分化した光を投影し、重力を変え、そして意識を持つ生命力で符号化され、さらに巨大な静寂を可能にするからです。それに応じて、ひとつの解放と同時に基準の再調整が起ることを可能にします。


単純に、影の中の植物が向日性的に日光に向けて成長することを求める場合と多少同じやり方で、皆さんの身体の反応をその潤色された光と生命力に向けてください。


しかしながらその効果は、表面的なものよりも遥かに深く、単純に生物学的なものではなく、不可欠な存在性を調整して、さらに高い自己に向けたひとつの多産な時間帯、人間の進化の期間と光の割合に対して固有で具体的なひとつの時間帯を提供します。


また2015年の蝕は、周波数的に2014年の蝕と結び付けられています。


現在の激しさは今後も高いままになりますが、しかし2015年3月に起ることは、必要な放出を許し、そして多少継続している混沌の大釜の内部の一時的な圧力の解放を許すことになるでしょう。


わたし達が以前に皆さんと共有したように、至点と昼夜平分時の結節点もまた条件付けが可能なものです。


2015年に起る蝕は、高度に符号化されます。


既に皆さんがここ最近に経験してきたどのような物事よりも大幅に符号化されます。


そういった条件付けは、2038年の光の復帰の書式を整えるために今後も続くことになるでしょう。


蝕に対する物理的な法則と、実際に科学的な属性がありますが、それは皆さんの現在の学問の中ではまだ理解されていないか、充分に理解されていないものです。皆さんの科学は聖なる物事を軽視し、そして聖なる物事もまだ科学的な物事を除外します。


それぞれの皆さんは、こうした蝕の日付の日にひたむきになる時間を取って、深い内面に向かうべきです。今後皆さんは、さらに高い数々の現実性を経験する途方もない機会に気付くようになるでしょう。


夢の状態は遥かに明快であり、個人的な数々の問題を解決するひとつの機会が与えられることを、皆さんは気付くようになるでしょう。しかし、ひたむきになる時間が割り当てられることが必須になります。


今後一部の皆さんは、他の人々よりもさらに簡単にこうした真実を受け入れるようになるでしょう。何故なら、わたし達が共有する内容は、アトランティスの中の一体性の法則に属する‘科学者の祭司達’の内部で理解された物事になるからです。


そしてそういった神秘学派の一員だった数多くの皆さんが、今後わたし達が共有する物事のその正確さを直観的に認めることになるでしょう。


無数の効果が、符号の受け取ることと符号を可能にすることの両方に特別に貢献します。


そして蝕が今までいつも数々の開口部になり、その中でエネルギーの数々の周波数がその構造の内部に取り込まれることが可能になってきたのは、それがその理由です。


地球、月、そして太陽の(直接的な)会合の配置が、それぞれの年の中で4回から7回の間で蝕の発生を可能にします。蝕の数が多いほど、どの年の中でもエネルギーの符号化はより巨大なものになります。


次に7回の蝕が起るのは2038年の中であり、そしてそれは、実際に大きな影響力を持ちます。しかし皆さんの現在の中で起っていることもまた、数々の変化の準備として、極端に重要なものです。


□ 2015年の蝕は開口部


蝕は符号化され、そして神聖化された光の復帰の種を播いていることを、今までわたし達は皆さんに伝えてきました。今後わたし達は、未来の数々の交信の中で、これについてさらに多くの物事を伝えることになるでしょう。しかし、すべては2038年に通じていることを、肝に銘じてください。


2014年と2015年の中の4回の満月の皆既月蝕は、過ぎ越しと幕屋の饗宴の日に起っています。


そして神殿の丘の地域はひとつの主要な惑星の臍帯であるため、今は平和の種子が蒔かれているところであり、そして今後はこうした日付の日にさらに広範囲にその種子が蒔かれることになるでしょう。


月蝕と満月は、皆さんの歴史を貫いて、数々の色彩、青い月、黄金の月、地の月等々の観点から言及されてきました... そしてわたし達は皆さんに伝えますが、こうした色彩は数々の符号の色調であり、そしてもしも意図的に活用するなら、その蝕のエネルギーは松果体とチャクラの感覚を開いて、途方もない最適な神霊の目覚めに向かい、そういったオーラと精神の安定の探究者達に、さらに大いなる明快さに達する拡大された明晰さを与えます。


皆さんが安定の重要性を自覚することが、非常に重要になります。そうでなければ、(2015年3月を通して持続する)現在惑星上に存在する数々のエネルギーは、維持することが困難になり、ほとんど最適に活用されないこともあります。


配慮と理解が求められます。そうでなければ、これは失望と無気力に向けた後退の時期になる可能性があります。


こうしたエネルギーが賢明に利用される状況は、明晰さ、霊の成長、そして共同創造のための巨大な跳躍板になることができます。


狂信、自我の強化、慢性的な鬱、そして情緒不安定(両極端)は、より劣って実現されてオーラの不安定をもたらす仕組みの一部です。


現実的に物事を考えていることが、明晰さのために不可欠であり、数多くの人々が、過剰に高邁で余りにも急速に振動する形而上学をかなり意図します。そういった不安定は、結果としてオーラの‘電気回路のショート’の姿を取ります。


固定されたままの安定した状態などは存在しません。皆さんの言葉で‘雲をつかむような’妄想と呼ばれるものの‘薔薇色の眼鏡’という幻覚症候群の中では、明晰さが失われます。


従って、3次元の中で安定と機能を効果的に維持する方法を学ぶことは、さらに高い次元の中で明晰さを可能にするオーラの維持管理の必要条件です。


亀裂の入ったオーラは、今後役立つことはないでしょう。


むしろ、完全なオーラは、いつもさらに高い領域に向けた次元上昇のための跳躍板です。(これはメタトロンの鍵の中で教えられています。)


その結果、妄想の中にいる人々は、今後妄想を経験することになるでしょう。明晰さの中にいる人々は、今後途方もない明晰さを経験することになるでしょう。


古代の人々が、昼夜平分時、至点、そして蝕をいつも聖なる出来事と考えたのは、これがその理由です。


皆さんの現在の時代の中でさえ、数多くの宗教が、依然としてこうした出来事を聖なる日々と考えます。


またわたし達は、月から受け取った光は内省的であり、その一方で太陽からの光は直接的である、と伝えます。


蝕の間、こうした数々の違いが主要な要因になります。月の光と月の作用域の数々のパターンは、変更された数々の領域の夢のような光景の中で、さらに作動します。


太陽の光と太陽の周波数のパターンは、潤色された可干渉性のエネルギーを明らかにするために活用する生命力の範囲と共同創造精神の中で、もうひとつの影響を与えます。


二重の蝕の直列のコラージュ(重なり合う)の中で、それに応じて活動を計画するためには、両方が理解されるべきです。


その結晶構造のグリッドは、焦点レンズとして役立ち、さらに高い数々の符号が新しい地球のマトリクスの12の次元の中に埋め込まれることを許し、従って、すべての皆さんがこれほど複雑に結び付けられている人類の普遍的な精神を通した誘発を通して受け取られることを許します


□ 結びとして


熟達者の皆さん、結びとしてわたし達は、惑星の次元上昇は実際に起ったことを、皆さんにもう一度伝えます。皆さんがこれを理解し、確信を失わないことが不可欠です。


いつも否定論者は存在し、そしてその道筋に上にいる人々の間でさえ、2012年12月21日の後で何らかの本当の変化が起ったのかという疑問は今後も存在し続けるでしょう。惑星の次元上昇は、実際に起りました。


そして光に属する皆さんが、次元上昇を起こしました。しかしわたし達は、それは惑星地球の卒業であり、既に生じている12の次元に向けた拡大だったことを明確にすることを望みます。


そして訪れている人類の次元上昇を今まで可能にしてきたものが、惑星の次元上昇です。そのため、次元上昇は新しいひとつの始まりであると、わたし達は皆さんに伝えることになるでしょう。


そして2015年の中で、地球は新しい書式に向けてさらに進み続け、それが今後人類に、明快に上昇し、さらに高い数々の次元に向けて意識的に次元上昇する能力を許すことになるでしょう。


新しい地球は今、結晶構造のグリッドを通して、人類が多次元性の内部で人類の真の特質をより自覚することを可能にする、ひとつのマトリクスを運びます。


既に新しい太陽が昇っていて、そしてそれは実際に変化という太陽であることを、わたし達は皆さんに保証します。それは、壮麗な新しい地球の光をもたらします。そして親愛なる皆さん、わたし達は、まさに壮麗ということを意味しています。


この新しい時代の中で、歓びを投影し、光を投影することが探究者達に課せられます。何故なら、結晶構造の高調波に向けた拡大の中で、皆さんが投影する精神的な光のあらゆる光子が、飛躍的に増幅されるからです。


そしてこれは、2015年の新しいエネルギーの中で、さらに急速に起ります。そのため皆さんの数々の役割は、新しい重要性、さらに巨大な慈善を引き受けます。何故なら皆さんの創造の力は、その水瓶座の移行と呼ばれるものの中で増大するからです。


外観上の混沌と激しさは、目的を持たないものではありません。


今後また光に属する皆さんは、愛の世界と人類の次元上昇の世界を共同創造するために、惑星上のエネルギーを活用することができるようになるでしょう。


そして、次元上昇は一度にひとつのこころで起ることを... 皆さんが個人的に行う物事、そしてそれぞれの皆さんが反応する方法が、集団に加わることを、忘れないでください。


わたしはメタトロン、そしてわたしは皆さんとこの真実を共有します。


皆さんは最愛なる人々です。


そしてその通りに... そしてそのように。


And so it is...And it is So
Archangel Metatron
2015 : The Amazing Year Ahead
28 December 2014 - 8:08am
Metatron via James Tyberonn
Archangel Metatron Channel: 2015 : The Amazing Year Ahead


All Rights of Authorship Duly Reserved to Earth-Keeper
All Rights of Authorship Duly Reserved?
The above Archangel Metatron channel is copyrighted [レジスタードトレードマーク] to www.Earth-Keeper.com . It may be forwarded with the below (red box) link. It may be viewed on our Earth-Keeper website or viewed on our U-Tube Channel in audio form free of charge.. and is so offered in love. Posting on secondary websites or FaceBook is not permitted. It may not be published in journals, magazines, U-Tube, or public print without expressed written permission from Earth-Keeper. To order the text version of Metatron Channels via Tyberonn in book format please contact EK Admin. Thank you so very much.?


Permissions may be requested from Earth-Keeper Admin by emailing Bobby at the following address : Tyberonn@hotmail.com?


翻訳★森のくまさま....ありがとうございます。


きらきら星へようこそ...☆
 


∞  「それは、新しい地球の‘第3年’になる。それは事実通り驚くべき一年に、ひとつの移行の時期、ひとつ大いなる変化の年.. そして実際に強烈な一年になる」


‘第3年’とは何かというと、地球は2012年12月21日に12の次元に向けて次元上昇しており、2014年12月21日は新しい地球になって3年目に入ったという意味のようです。


何か頭が混乱しそうですが、メタトロンは以下のように続けます。

「地球は2012年に12の次元に向けて次元上昇したことを、そしてその新しい惑星地球の新しい結晶構造のマトリクスこそが、今後人類の最終的な次元上昇を許すことを、わたし達は皆さんに保証する」


我々の次元上昇は地球の新しい結晶構造のマトリクスによって起きると言うことです。


とにかく、2015年は”強烈な一年”になるようですよ。(^_^;)

「複雑で、深く埋め込まれた対立の数々の争点は、それが宗教、領土的な根拠、あるいは社会的な公平さまたは不公平さの何れにしても、すべてが解決されなければならないものである」

その核となる争点は表面化し、我々が直面することになる。

2015年はこうした争点が地球規模で起きて、”解決療法”と呼ぶ物事の別の期間が始まる。


「□ 最悪の状態」


「さて、2014年の最後の週の中で、数多くの皆さんはエネルギーの最悪の状態、ちょっとした‘魂の闇夜’を感じることになる」

「皆さんは、失望、沈滞、怒り、そして絶望を感じるかもしれない。これは部分的に、9月に始まり10月の数々の巨大な蝕を駆け抜けたかなり強烈な一連のエネルギーの後で生じた、自然の反気候的な共鳴のせいである」


つまり、反動です。(^_^;)


「□ 年末」


2014年は数々の戦争、暴力、不正、そして高まる混乱が、個人と集団の両方の状況のあらゆる場所で表面化し、2015年に向けて続くことになるようです。


「地球は2012年に12の次元に向けて次元上昇したことを、そしてその新しい惑星地球の新しい結晶構造のマトリクスこそが、今後人類の最終的な次元上昇を許すことを、わたし達は皆さんに保証する」

「しかしわたし達が以前皆さんに伝えたように、人類の次元上昇は多世代にわたって起ることはない」


つまり、新地球のマトリクスは我々の世代に完了し、我々は次元上昇すると言うことです


「□ 夢の明晰さ」


今後我々は途方もない夢の活動の機会を持ち、明晰夢として夢の状態が特別に潤色(色づけ?)されるようになり、我々の周りで起っている数々の移行に向けた洞察力を提示するようになり、そして次の数年の間全体で、途方もない数々の移行が個人的にそして集団の中で起り続けるようになるようです。


「□ 神聖なる目的」


二元性の中での善と悪は目的化された幻影であり、高次の立場からは、あらゆる物事は、最も大いなる善の一部であり、その善に通じると言う事です。

地球はひとつの実験場であり、我々の共同創造精神の発達のために考案されたもので、‘全存在’、創造主の神と伴に共同創造主になるために、我々自身を指導しているということです。(^_^)


「□ 2015年の強力な日付と活性化の局面」


2015年のエネルギーは、その年の前半の間、極めて強烈なものになるようです。

「何故なら、実際にその周波数の‘水準’は依然として高められ、そして具体的なエネルギーの数々の符号が今後調整されて、2015年の占星学的な開放の間に取り込まれることになるからである」


天体運行による色々な蝕は個人そして惑星両方に役立つ変化の触媒となるエネルギーを送ってくれるようです。


□ 2015年の宇宙の重力−数々の真実と道筋
 

「占星学は、その正しい適用の中で、重力的なそして電磁的な波動であり、人間の物質的な身体と、精神と情緒のマトリクスに属するエーテル質の身体に影響を与える。・・・それは実在し、民間伝承ではない。わたし達は占星図についてではなく、むしろ非常に現実的なエネルギーの波動について話をしている」

「それは、数々の周波数、光、そして色彩に満ち溢れていて、誘発そして数々の連合の定型によって皆さんに影響を与える。こうした定型は、今後皆さんに絶対的に影響を与える振動であり、皆さんがそれを受け入れるかどうかにかかわらず、それは影響を与える。・・・しかしその一方で、意志の力よりも偉大なものは、何もない」
 

我々は占星学を学ぶことで数々の機会を理解し、把握でき、そして数々の落とし穴を賢明に回避出来るようです。


「□ 外観的に混沌とした2015年のパターン」


「2015年の中で、皆さんはひとつの固有な時期の中にいて、その中では既に惑星の数々の影響力が普通に占星学的な重力に関連する宇宙の数々の力を結び付いていて、新しい地球の枠組みの中で、固有で簡潔に強力な除去作用を創り出す」


”占星学”が単なる占いではなく、惑星の数々の影響力と宇宙の数々の力を結び付いていることを知ることは大切な事ですね。


以下、蝕や占星学的な拡張ですので省略します。(^_^;)









 

posted by: Michi&Mirai | 大天使メタトロン | 19:37 | comments(0) | - | - |