Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フルフォードレポート (10/14)
∞  世界の最近の気になる動きに注目しましょう。(^_^)

 


 
フルフォードレポート
2019年10月14日
 

■ シオニストの計画が崩壊するにつれて歴史的な変化が世界中で展開する
 
何世紀にもわたるシオニストの計画が崩壊するにつれて、本当に歴史的な出来事が世界中で展開しています。これは、とりわけ、国連の資金不足、シリアへのトルコの大規模な侵略、および米国におけるエスカレートする内戦によって示されています。さらに、世界的な責任の新体制に関して、ロシア、中国、米国の間で高度な合意に達したという兆候がいくつかあります。
 
米国の状況から始めましょう。ここで、軍事政権はドナルド・トランプ大統領のリーダーシップの下で、破産を避けるために中国からの資金を確保した、とペンタゴンの情報筋は言う。実際、中国は、世界的な通貨のリセットが発生するまで、米国の豊富な食料に現金を支払うと彼らは言います。
 
米軍は見出し付きでこの写真を送ってくれた。「新会計年度を迎えるために、トランプは10月7日にホワイトハウスでの会議と夕食に[トップマーク]ミルリーと他の陸軍将軍と軍を呼んだ。第二次世界大戦の制服を着て、シオニストと深層国家との戦争を宣言しました。
 
さらに、ペンタゴンの情報筋は、「ハンターである(バイデンと他の裏切り者)が狩られているように、10月革命の狩りが始まっており、ジョセフダンフォード将軍が軍事裁判所を監督している」と述べています。
 
ロシアの情報筋によると、元大統領のバラク・フセイン・オバマはすでに発砲隊によって処刑されている。ペンタゴンの情報筋はこれを確認しなかったが、「内戦は、ギトモ(グアンタナモ湾)での処刑、機密解除、軍隊と当局の動員、およびカリフォルニアを乗っ取ったらしいことに激怒している」と述べた。
 
もちろん、シオニストは夜に静かに消えることはありません。上位のMI6の情報源は、非常に信頼できる情報源からとして、この惑星の生命の大部分を破壊することにつながる12月21日から24日の堕天使(悪魔の血統)の「輝かしい革命」についての奇妙な主張」と述べています。
 
もちろん、これは、その存在そのものが脅かされているときに世界を破壊するというイスラエルの「サムソンオプション(最後の核手段)」の焼き直しです。イスラエルは間違いなく致命的な実存的危機に直面しています...トルコ軍が出発した。クリスチャン・シオニストとシオニストのメディアは、トルコがシリアに移動する間、米国がクルド人を去るという問題を抱えています。企業メディアは、これを国境を確保するための限定的な介入と呼んでいますが、トルコ人はそうではないと言います。 「トルコとしては待てない。誰が何を言おうが、我々はこの戦いを止めない」と金曜日にエルドアン大統領は言った。
 
「トルコは、『国連平和維持活動』により、政治史上最大の地政学的介入を開始しました。 ...イラン国境と地中海にまたがる回廊全体が帳消しにされている。トルコ領域があり、平和のゾーンが開発されています」とトルコのコラムニスト、イブラヒム・カラギュルは言います。
 
トルコ人がこの動きに対するロシアと米国の支持を暗示しているようにも見えます。木曜日、米国とロシアはトルコに対する「一方的な軍事行動」の中止を求めるEU決議を拒否した。 1946年の国連の最初の会議以来、米国とロシアが同じ安全保障理事会決議を拒否したのはこれが初めてです。
 
ヨーロッパ人は手を絞るしか手がなかった。 「シリア北東部でのトルコの作戦は、すでに非常に暗いシリア戦争の歴史に新たな劇的な章を開くことができます。 そのような軍事作戦の起こりうる結果は、少なくとも私たちにとっては明らかです。 その影響は、人道的、軍事的、政治的、戦略的観点から非常に深刻なものになる。
 
「クルド人とトルコは長年にわたって戦ってきました。トルコは、PKKを史上最悪のテロリストと見なしています。他の人は入って来て、どちらか一方のために戦いたいかもしれません。好きにしろ!状況を注視しています。終わりのない戦争!非常に巧妙で、例外的にトルコ国境沿いの激しい戦いに参加しないことを」トランプはツイートした。
 
トルコには、150,000人のシリア軍と30,000人のクルド軍に対して、109万人の現役軍隊と予備軍がいます。少なくともトルコ人がシリアを占領するのは簡単だと思われます。
 
もちろん、大きな疑問は、石油ドルの中心であるサウジアラビアの旧トルコ領土に何が起こるかということです。ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、「サウジアラビアは東を向いている」と述べ、「そして、S400ミサイルがイスラエルから身を守ることさえできるだろう」
 
サウジアラビア経済も破綻し、石油会社アラムコを大きなトラブルに巻き込む計画を立てています。 「アラムコはAからAに格下げされており、ソブリン資産ファンド、国有企業、年金、億万長者がIPOの礎石となることを拒否しているため、BB以下の投資適格格付けになっている可能性があります」こうした状況下では、悪魔的なサウド家の私有地が再びトルコの支配下に置かれる可能性がありました。
 
イスラエルでは、ネズミはベンジャミン・ネタニヤフ首相から始まって、シオニストの船を離れようとしているようです。モサドの情報筋は、「ビビはまだ連合に招待されていない。彼はレーダーから離れ、出口戦略を準備します。彼は自分の時間がなくなったことを知っています。彼は姿を消そうとします。彼にはいくつかの選択肢があります。彼の動きは注意深く監視されています。 "
 
ネタニヤフは現在、司法取引の交渉を試みており、米国軍の保護の見返りに福島やシオニストのボスなどについて証言する、とペンタゴンの情報筋は述べている。
 
その間、シオニストは空の核の脅威は失敗したが(サムソンの選択肢が中立化されたため)、日米に対する気象戦争も繰り広げられました。
 
メディア不安と戦うための混乱した日本の運動において、日本はカテゴリー5 Typhoonで10月12日に襲われました。日本の気象衛星のこの画面ショットを見るならば、あなたは台風の左側で不自然な格子パターンを見ます。そして、それは天気戦争のはっきりした徴候です。
 
しかし、結局、「台風」は激しい暴風雨に過ぎないことが判明しました。報道機関で報告された洪水被害の多くは、いくつかのダムが水門を開けたため、意図的な妨害行為によるものと思われます。 (Stuxnet?)東京でもマグニチュード5.7の地震の報道がありましたが、私も東京で知っている誰もそれを感じませんでした。 「日本は深い国(デープステート?)に屈するべきではなく、正しい歴史に立つべきだ」とペンタゴンの情報筋は言う。彼らは、暴力団にリンクされた裏切り者安倍晋三を逮捕するために軍の警察を送ることによって助けることができます。
 
米国では、中西部のコーンベルトが「前例のない」吹雪に見舞われています。例年であれば、収穫の75%がすでに収穫されているはずであるが、「前例のない」春の洪水が植え付けを遅らせたため、雪が降る前に収穫の22%しか取られていませんでした。
 
その間、カリフォルニアは放火、意図的な停電、その他の混乱に悩まされてきました。そのため、米軍はこの不正州を一時的に支配することを計画しています。カリフォルニアの侵略により、Google、PayPal、Facebookなどの破壊的なカバルテクノロジー企業を国有化することも可能になります。
 
もちろん、個人所有の連邦準備制度理事会は、国有化が必要な最大の徒党機関です。現在、ドイツの中央銀行でさえ、「システムが崩壊した場合、金はそれを再構築するための基盤として役立つ可能性があります。 金は、中央銀行のバランスシートの安定性に対する信頼を強化し、安心感を生み出します。」と言うように、それは起こりうる。
 

 
これは、CIAの情報源が、このレポートが発行されたときの金融システムのリセットについて報告したものです。
 
「我々は今決勝戦に出ている。ピラミッドの頂点にいる人から、世界的な銀行のリセットは数か月先ではなく数週間先だと聞かされた。これは、ブレグジットと香港の危機に関連している可能性が最も高いです。これが正しければ、同じ日に香港で大事件が起こる。 11月1日は金曜日です。これは、週末にオンラインバンキングシステムを閉鎖するのに最適な時期です(事前に計画された政府イベントの場合は常にそうでした)。起こり得る結果はわかっています。 ATMが一時的にスイッチがオフのときにATM画面に通常表示されるように、「システム障害が原因でオフラインになっている」場合、大衆の間でパニックが発生します。
 
将来の予測と同様に、これが真実であるかどうかを確認するまで待つことができます。米国は世界で最も重債務国であるため、FRBの国有化とシステムのリセットには債権者、特に中国との合意が必要です。
 
この面では、トランプは関税や他の多くの脅威のためにロングビーチ港から中国への圧力を強めた。この文脈において、中国の食糧生産を破壊する豚コレラとアフリカシロナヨトウが自然現象でないと仮定されることができます。
 
アメリカもニンジンを提供しているようです。特に、米軍はこれまで隠されていたハイテク製品を一般に公開し始めました。たとえば、航空宇宙を完全に変革する「UFOのような技術」をリリースしました。また、世界経済を完全に変えるコンパクト核融合炉の特許も公開しています。この融合技術が機能すれば、文字通り地球上の誰でも億万長者のように生きることができるでしょう。
 
国連がついにニューヨークから撤退できる兆候もあります。 アントニオ・グテーレス事務総長は、月曜日(10月7日)に、10月末までにはもうお金がなくなると述べた。 これは主に、米国および他の64か国が国連の拠出金を支払っていないために発生します。
これは、中国がラオスやアジアの他の場所への移動を希望する可能性があることを意味します。
 
新しい時代が始まっている。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
すでに発表されている情報ばかりです。どうしたんでしょうね、フルフォードさん。オバマの件も既知情報ですが、まだ確認できていないと言うのが最新情報としてとっくに流れています。そういう情報を見て書いているような気がします、最近。まぁ、そういう時代ではないってことです。直ちにtwitterで暴露されてしまう。それより先にといっても、暴露しているのが当事者だから難しい。

なお、トランプ政権は軍部をバックにした政権なので、毎年軍の将軍を迎えて夕食会をやっています。今年に限ったことではありません。だから、どうのこうの言うのはおかしいと思います。おんなじ写真が毎年公表されている。ほんと簡単な翻訳です。既報だからです。裏を取る必要がない。
 

∞ フルフォードレポートによると、水面下で多くの事が起きているようです。 
 
気になる箇所だけ抜き書きしてみました。
 
・トランプによる、10/7日のシオニストと深層国家との戦争を宣言。
・ジョセフダンフォード将軍が軍事裁判所を監督。
・元大統領のバラク・フセイン・オバマはすでに発砲隊によって処刑されている。
・この惑星の生命の大部分を破壊することにつながる12月21日から24日の堕天使(悪魔の血統)の「輝かしい革命」。
・ピラミッドの頂点にいる人から、世界的な銀行のリセットは数か月先ではなく数週間先だと聞かされた。これは、ブレグジットと香港の危機に関連している可能性が最も高いです。これが正しければ、同じ日に香港で大事件が起こる。
・米軍はこれまで隠されていたハイテク製品を一般に公開し始めました。たとえば、航空宇宙を完全に変革する「UFOのような技術」をリリースしました。また、世界経済を完全に変えるコンパクト核融合炉の特許も公開しています。
 
上記項目の中で、特に気になるのはイベントとなる世界的な銀行のリセットが数か月先ではなく数週間先というところです。
 
インテルジェンスアラートでは、ほぼ毎回イベントの時期を予想していますが、しかし彼等の予想はこれまでことごとく外れています。彼等がこのような「嘘つきオオカミ少年」まがいのことをする意図は、私的には読み手にイベントへの関心を持続させる為だと善意に理解していますが、逆に闇さんたちによる策略に翻弄されている可能性も否めません。(^_^;)
 
しかし、これまでの世界の動きとETさん達からのメッセージからして、時期的に、「もう そろそろ」感が強まってきていると思いますが・・。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (10/07)
∞  フルフォードレポートの掲載は先週分迄で、今後、掲載されないかと思っていましたが・・・(^_^;)♪

 


 
フルフォードレポート
2019年10月7日
 

■ 米軍が徒党を倒すために動員して米国は内戦に向った
 
米国軍は現在、「深層国家を鎮圧するために」軍隊と予備部隊を動員しているため、米国は本格的な内戦または革命に向かっています。 「125,000件の起訴により、多くの人々の起訴の封印を解かれ、血まみれの10月革命または悪魔的なハロウィーンの休暇前の10月のサプライズになります。」「軍隊がトランプを警護するために軍隊を動員して、メラニア・トランプは新しい会計年度を迎えて10月革命を意味するために10月1日に赤い服を着ました」点に、彼らは注目している。
 
動員命令は、米国海兵隊のホームページで確認できます。
 
「知事は、大きな災害または非常事態に対応して連邦支援を要請します」、または、「大統領によって指示されるとき」または「信頼できる戦闘司令官からの出動要請(RFF)に従い、命令は海兵隊員と他の米国部隊に米国内で行動を起こす許可を与えます。命令はさらに続ける「従属する命令を持つ海兵隊員は命令を実行する。故国にある脅威に適切の応じるために」
 
スティーブ・ピクセニック博士(ヘンリー・キッシンジャー、サイラス・ヴァンス、ジェームズ・ベイカーの下で国務次官補を務めた)を含む複数の情報筋は、米大統領ドナルド・トランプに対するジーナ・ハスペルCIA局長が率いるCIAクーデター未遂に対する動員であることを確認している。ところで、ピクセニク博士はホロコーストの生存者の息子であり、ナチのユダヤ人を自国民の大量殺人に関与したとして非難している記録に残っています。
 
CIAの情報源は、ハスペルが「ロックフェラー氏族の血縁者(クリントン、ザッカーバーグなど)」であることを確認しています。さらに、情報源は、ハスペルが「猫の目」を担当したと述べています。これは、タイに設置されたテロリストの尋問のための最初の秘密のブラックサイトです。彼女はまた、GWブッシュ/ディックチェイニーの要請で9/11後にグアンタナモ湾刑務所で秘密の黒人サイトを運営しました。 (これは完全に本から外れていた)。 彼女はタイとキューバを行き来しました。 タイでの使命の後、彼女はCIAロンドン事務所の局長に任命されました。 彼女はトランプを排除する計画を監督しています。彼女は支持者の命令に従って行動している。ジーナ・はスペルは彼女の本名ではない。
 
トランプが国家安全保障会議のジョン・ボルトン議長を解任し、そして敵のために働く人間を解任したので、ハスペルは行動を起こし、緊急事態を引き起こした。
 
緊急事態の他の主要な引き金は、「ウォールストリートが攻撃されている」ことである、とペンタゴンの情報筋は言った。特に、「JPモーガンは、麻薬密売、詐欺、テロ資金、制裁違反およびその他の嫌がらせのために、RICOの下で犯罪者として迫害されています。」 JPモーガンへの攻撃は、もちろんナチ・ブッシュ一族への攻撃です。ロックフェラーの「吸血鬼」であるゴールドマン・サックスも、マレーシアでの1MDBスキャンダルへの関与でノックアウトされている、と情報筋は語った。もちろん、このスキャンダルは、それらをマレーシア航空370/17便の大量殺人事件と結び付けています。
 
ヨーロッパおよび米国の組織犯罪組織によって確認されているように、他の多くのメガバンクも調査されています。これらの調査の中で最も重要なのは金融取引に置ける経緯に関する監査官室に言及して、バチカン警察による「国務長官および州財務情報局の第1部門の特定部門からの文書および電子機器」を入手するための襲撃を含みました。とバチカンからのプレスリリースを述べています。
 
バチカンでは多くの世界リーダーが買収について話しているので非常に大きなことである。襲撃は、トランプに対する多くの「魔女狩り」に誰が資金提供したのかを探そうとするトランプの要求に一部関連していた。
 
しかし、バチカンのP2フリーメーソンは、「トランプの宗教」に反対し、「クシュナーグループ」と権力におけ一つの宗教と言う宗教原理主義と言う彼らの世界の権力の目標と戦うと言っている。
 
これらの攻撃に密接に関連しているのは、スイスにおける世界の金準備を管理し、それにより新しい金担保金融システムを管理しつつある世界を管理するための闘争です。この戦争の多くは、本物のキーナンを殺害した人々によって作られたこの新しい「ニールキーナンビデオ」で明らかにされています。
 
東南アジアのCIAソースは、次の分析を提供しました。
 
「ビデオは、1月前にシンガポールで開催されたF1レースの9月19日から22日に撮影されました。彼のビデオをよく見ると、招待状で一部を隠しているが彼が右腕に大きな腫瘍を持っていることがわかりますよね?彼の歯は元のニール・キーナンとは異なります。
 
「インドネシアの仲裁人は、インドネシア財務大臣のスリ・ムリヤニ・インドロワティです。彼女には非常に興味深い過去があります。2008年に世紀銀行のスキャンダルのためにインドネシアを去らなければなりませんでした。10億ドル近くが失われ、スシロバンバンユドヨノ大統領の再選に流れ込んだと考えられています。彼女は2010年5月に6年間世界銀行の3人のマネージングディレクターの1人になり、シオニスト徒党から特別な訓練を受けた後、インドネシアのハンドラーのために財務を解決する財務大臣として送り返されました。 2016年、ジョコウィドド大統領(ジョコウィ)によって任命されました。シオニスト徒党を財務大臣として支持する彼女の明らかな痕跡のいくつかを以下に示します。
 
「スリ・ムリヤニ・インドローワティはインドネシアのニュースで定期的に取り上げられており、彼女がこの国のために行っていると思われるすべての利益について取り上げています。 彼女は100%徒党代理人です。 現在の主な仕事は、インドネシアのさまざまな場所の貯蔵所に保管されている金の取得において、銀行を管理するUBSとシオニストの部族を支援することです。 最大の貯蔵所はジャカルタにあります。 これは、石油ドル銀行システムの崩壊を防ぐために必要な金を手に入れるための最後の試みです。
 
「ニールキーナンはスイスのUBS銀行について言及しています。ご存知のように、彼らは1963年のジュネーブ・グリーン・ヒルトン協定でブン・スカルノ大統領との最初の契約に署名しました。金の一部は物理的にスイスに移動しましたが、ほとんどはインドネシアの貯蔵所に保管されていました。
 
「メガワティスカルノプトリは、2001年から2004年までインドネシア大統領だったときに、後継者として数万トンの金を救ったことを示す関連文書とボディガードを従えて個人的にチューリッヒのUBS銀行に行きました。彼女はUBSから何も受け取れない、ハーグの国際裁判所を通じて合法的に金を取得しようとすると、排除されると銀行の特別なセキュリティ/法務チームから通知された。これはUBSと、銀行の真の実験者がシオニスト徒党であることをを示しています。スリ・ムリヤニ・インドラワティ(2016年からインドネシアの財務大臣を務めている)へのつながりはニールキーナンが、実際、誰のために働いているかを教えてくれる。
 
米軍が内戦で勝利したい場合、これと他の発見に基づいて、スイスにいるイカの頭を標的にしなければなりません。正当な所有者に金を返さない限り、彼らはスイスのチューリッヒとツークのバーゼルを攻撃すると脅せば、勝利はあなたのものです。
 
米軍はまた、ロックフェラー一族とその同胞が中国をだましていることを認識しなければなりません。中国の秘密結社の情報源は、「ヒラリー・ロックフェラー」が選出された場合、日本と東南アジアを含む「中国」を約束されたと言います。これは、トランプが最近ツイートしたように、「眠い」ジョー・バイデンが、経験不足で明白な理由もなく中国から15億ドルを受け取った本当の理由です。これらが正当な取引である可能性はありません。
 
(訳者注:こんなこと誰でも知っていること。何をいまさら。米軍に対して失礼)
 
アジアの秘密結社の情報筋はまた、ソフトバンクの孫正義への突然の1000億ドルの送金は、石油ドル体制の人々による中国への入国の試みでもあったと述べている。彼らは、孫は、現代中国の広く尊敬されている父である孫ヤッセンの親族だと言います。数十億ペトロドルを彼に注ぐことは、アジア人を支持を得る良い方法です、と情報筋は言いました。武蔵エンジニアリングの日本のキャンペーン装置で彼に責めたのは、中国を攻撃するロックフェラーの別の賢明な動きでした。
 
アジア筋によると、米軍はフランスのロスチャイルドとの共通の敵であるロックフェラーに対する同盟を検討したかもしれない。日産のボスであるカルロス・ゴーンは、偽造された容疑でロックフェラーに逮捕され、ロスチャイルドは最近ジェイ・ロックフェラーを殺害した報復だと言います。しかし、これを確認することはできず、ジェイ・ロックフェラーの死の公的な発表はありませんでした。
 
(訳者注;仏ロスチャイルドとの同盟はあり得ない。最終の標的です)
 
孫は私が今まで出会った中で最も知的な人々の一人ですが、最近の出来事が示すように、彼はこれらすべての石油ドル体制を効果的に実際の経済活動に変えることはできません。
 
国防総省の情報源は、石油ドル体制の基幹であるサウジアラビアで、「東部のシーアの敵対的な州の枯渇した埋蔵量と、ロケットとドローンに対する防御の欠如を考えると、サウジアラムコの格付けは1兆ドル近くなんてありません。」 [パペット支配者]モハメッドビンサルマンは、石器時代の投資会議の安全を保証できないため、今後の「砂漠のダボス」は再びボイコットされる可能性があります。
 
イスラエルも、ついに彼らが狂信者にだまされたことを目覚め始めています。先週、元イスラエル軍のチーフであるイェール・ゴランは、危険な狂信者に加わったユダヤ人の仲間入りし、「我々の中にはメシア的な態度を持つ急進派がいるので、注意し、非常に慎重にならなければならない。私たちイスラエルには民主主義が必要だ」、 「彼は、イスラエルがナチスドイツと同じ運命にある」と警告した。
 
フランス人も目を覚ます。 マスコミがそこで起こっている革命を無視しても、現実を無視してもそれは消えません。 先週、フランスの警察は、彼らが低賃金で、負担が大きく、黄色いベストの48週間の動きを止めることができないと言う大規模なデモを開始しました。
 
最後に我々はMI6から、女王は徒党に従いブレグジット(2016年に起こったイギリスのEU離脱問題)を止めるよう非常に大きな圧力を受けていると聞いている。しかし、彼女は国民がブレグジットに投票したことを知っている、結局のところ彼女は国民の奉仕人となる。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
欧米の情報は周回遅れです。東南アジアの情報は疎い我々には珍しい話。有益さは分からないが。白龍会の力でしょう。しかし、今語る意味が分からない。なお、欧米情報はとってつけたようでお止めになったらいかがか。樹林さんのツィートを皆さん見ているのでとっくに知っている。トランプ大統領の評価はちゃんとしてくださいね。信用を失ったままです。世界中がフルフォードは敵の回し者になっている。あれだけのことを言い放ってしまったのだから、間違っていたと言わないと収まらないと思います。親切な忠告です。
 
トランプ大統領が全てをぶちまけてツィートしているので、今までのように陰謀論を暴露する必要はなくなっている。このような商売はもう限界ではないでしょうか。
 

∞ 「嗚呼、悲しいではないか!」さんの仰るフルフォードレポートの内容が虚偽を含むなど信頼性に欠ける情報であるという批評は、この種の情報に関わるバックグランドを持たずに投稿される情報を盲目的に信じてしまう可能性の高い一般的な読者の1人としては非常にありがたいですね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 09:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (10/01)
∞  闇さん達の足掻きは未だに続いているようです・・・が劣勢かと・・(^_^)v

 

 
フルフォードレポート
2019年10月1日
 

シオニストはユダヤ教指導者による独裁を求めるが敗北に直面する
 
西側金融システムの支配の喪失、つまり権力の喪失に直面して、シオニストの長老たちは公に神政とそれに従わない人々の死を求めている。もちろん、少数の狂信者以外は誰も彼らに注意を払っていません。代わりに、ユダヤ人は何千年もの奴隷制から解放されようとしています。これは非宗教的で合理的な人々にとって消化するのは難しいかもしれませんが、それは客観的な現実世界の事実が示すものです。
 
先週、人類を統治する神聖な権利を主張するグループであるサンヘドリンは、「国連に代わる聖書に基づく国際組織」を求めました。これは、シオニストの長老たちに従う70の国のグループで構成されます。 これを開始するために、彼らは第三神殿の祭壇を建設し、その上で動物を犠牲にすることを計画しています。彼らはまた、すべての人類に適用されるノアヒデ法を求めています。
 
チャック・ボールドウィン牧師などが指摘するように、「ノアヒデ法は偶像崇拝(タルムード崇拝以外のあらゆるタイプの崇拝と定義される)を実践する人の死を求めています。」さらに、彼は「国際法廷の設立を求めている」エルサレムに本拠地を置き、最終的に「神への冒涜」を犯した人を(断頭により)処刑する権限が与えられます。」
 
これを完全に明確にするために、彼らはシオニストの長老たちに服従しないヒンズー教徒、仏教徒、キリスト教徒、イスラム教徒などの処刑を求めています。これらは、人類の90%を殺す策略の背後にいる人々です。
 
カトリック聖書に書かれているように、これらの人々が従うと主張するいわゆる神は、とりわけ、神を見ようとするモーセまたはアーロン以外の人は誰でも「投石または矢で撃たれる」と言います。出エジプト記19: 13
 
彼らの神はまた、人間の犠牲を求めます:
「あなたはあなたの子供の長子をわたしに与える。」出エジプト記22:28
 
さて、私たちは、石や矢で人を殺すと脅し、人間の犠牲を要求し、金や「赤く染まった羊の皮」などの贈り物を要求する、いわゆる「神」を持っています。私は、万能の宇宙創造主は、少なくとも稲妻を使って人々を殺し、彼/彼女/それが望んだだけの金を想起させることができると思います。
 
合理的で科学的な説明は、宇宙の創造者ではなく、「神」のイメージの後ろに隠れている洗練された人間の奴隷商人のグループを扱っていると結論付けます。
 
とにかく、この宝物の要求の後、いわゆる「神」は、盲目的に従順なグループが現れるまで、ユダヤ人指導者を次々に殺しに行きました。彼らの子孫はサンヘドリンであり、モーセの時代にまで遡る切れ目のない血統を主張し、暗唱することができます。言い換えれば、これらの人々は何千年もの間ユダヤ人の奴隷化を支援してきました。さて、素敵な言葉の後ろで、彼らは人類の残りを奴隷化しようとしており、彼らに従わない人々を殺すことを約束しています。
 
無神論者として育てられたので、人類の90%を殺す計画において彼らに加わろるよう私を誘ったグループが「シオニストの長老たち」である(私はテープにそれを持ちます)と日本軍情報部が私に話したとき、私は完全にひどく困惑しました。普通のユダヤ人などの混同を避けるために、この人間の奴隷の秘密グループを「悪魔主義者」と呼んでいます。
 
これらすべてについて恐ろしいことは、彼らがほとんど成功しかけた。 この恐ろしい計画を阻止することができたのは、ペンタゴンとアジア人だけでした
 
(訳者注:ペンタゴンは固有名詞、但しペンタゴン内にも色々の人がいる。ましてアジア人では全く分からない。白龍会のこと???)
 
それでは、なぜ最近の世界の出来事がこれらのサンヘドリンの奴隷商人と彼らの同類を導き、世界が終わろうとしているのかを考えてみましょう。 米国の出来事から始めましょう。ここで、ペンタゴンの情報筋は、「2019年9月30日の会計年度末(今日)は中央銀行の満了と一致します…金取引
 
(訳者注:こんなことはあなたが毎年この時期に言っています)
 
「サウジアラビアでの大規模な敗北とイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ犯罪大臣の権力の剥奪とともに」金で担保された通貨が現実になります。
 
これが「政治演劇と貿易戦争」の背景だと彼らは言う。政治演劇は、もちろん、2週間以内の突然閉鎖される前に、ドナルド・トランプ米国大統領の弾劾を求めるヒステリックな米国議会をもたらしている。
 
国防総省情報筋はまた、参謀統合本部長ジョセフ・ダンフォードは高位の軍事指導者であるジェームス・マティス将軍とジョン・ケリー将軍とトランプのシオニストと深層国家支持者に対する戦いに参加するために、退いていると述べている。
 
JCS(統合参謀本部)は現在、陸軍のマークミルリー陸軍大将が率いる一方、海兵隊の国家安全顧問および事実上の国家安全保障顧問はマットポッティンガー少佐であり、初めからそこにいて、元国防情報局長のマイケルフリンが連れてきた。
 
さらなる背景として、情報筋は次のようにコメントしています。「2015年5月にダンフォードがJCSの議長に任命されたため、トランプが採用され、2015年6月16日に大統領選挙が発表されました。ダンフォード、マティス、ケリーの元ディレクターは、2017年1月にトランプ政権に加わりました。」
 
英国王室の情報筋によると、米国政府は、たとえ9月30日に支払いを行わなかったとしても、水面上に浮上するために10月17日までに資金を集めようとしています。これは、連邦準備制度理事会が9月25日から1日1,000億ドルを費やしており、10月10日までにそれを約束する理由を説明しているようです。本当の富を持っている人への私のアドバイスは、シオニスティックに管理されたメガバンクからこの富のために現金を提供することを避けることです。
 
10月31日のBrexit期限前に英国で行われている不条理な政治的茶番を見てみましょう。 MI6の上級筋はこの状況を要約しました:「イギリスは現在の内戦で公式に発狂しました-完全な混乱。」MI6は「ドイツは間違いなく本気で戦う気である」と警告しました。これは非公式の戦争です。 「イギリス人がブレグジットを2対1で提唱しているのは明らかであるが、政治階級はそれを阻止しようと必死になっている。英国軍は、政治家が民衆の意志に反対するために賄賂と脅迫を受けていることを知っており、必要に応じて、情報筋によるとそれに応じて行動します。
 
次のイスラエル国防軍と非狂信的なユダヤ人は、何が起こっているのかを理解しています。ネタニヤフは政府を結成できず、刑務所に入るのは時間の問題です。
 
さて、一歩振り返ってみると、人類を奴隷化するというシオニストの陰謀が特徴の20世紀の隠された歴史を見てみましょう。読者が心配しなければならない最初のことは、アドルフ・ヒトラー(オーストリア議会委員会および他の情報源による)はロスチャイルドであり、イスラエルの創始者の一人であったということです。彼の使命は、ユダヤ人をイスラエルに追い出すことでした。来週、私たちはアルゼンチンでの戦後の引退中のヒトラーを示す写真を公開したいと考えています。日本人は今、ソビエトの独裁者であるジョセフ・スターリンもロスチャイルドだったと言っています。
 
これを考慮に入れてください:シオニストはメシアニックの宗教的狂信者であるだけでなく、歴史上最大の大量殺人者でもあります。 最近では、福島、マレーシア航空370/17便、シリアでの大量殺人など、9/11が発生しました。さらに、大規模な人間の犠牲があります。
 
これはおそらく、グノーシス・イルミナティとMJ-12が「意図的悪役諜報機関」と考えるものです。 おそらく、それは人間の奴隷商人の古代、信じられないほど知的で信じられないほど悪質なカルトです。 彼らは、情報(宗教)、食物(お金)、暴力(暗殺者)を支配し、統治(精神)(制御)しています。 彼らの弱点は、最高レベルの権力と富への集中です。
 
米軍は、これらの人々を権力から分離するために必要なすべての力を使わなければなりません。 彼らはおとなしくしてはいない。

この古代禍の元が完全に敗北するまで、私たちは戦い続けなければなりません。
 
明日(10月1日)は、中華人民共和国の70周年を迎えます。 彼らを称える大規模な軍事パレードがあり、多くの中国人はこれを一種の勝利パレードと見なします。
 
西側がシオニストの腐敗に感染していなければ、中国が西側を追い抜く機会はなかっただろう。 感染が治癒すると、西側は最終的に中国、ロシア、その他すべてとの調和と友情の新しい時代を始めることができます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
先週はトランプの欺瞞に何故皆さんは気付かないのだとまで言い切っていました。
 
今日はトランプを中心に米軍がシオニストと深層国家支持者に対する戦いに集中していると平気で述べている。なんか言えよ。信用できない人である。答えはいつも同じ「そう聞いたんだ」です。信用できません。今回もそう聞いたんでしょうね、国防総省情報筋から。
 
しかし、次は中国だと最後に述べています。白龍会に言わされているのか、洗脳されているのか、厄介な人である。中国は崩壊の寸前です。中国共産党がとっくに破綻しています。香港の騒動は香港の問題ではなく、中国共産党の問題である。
 
今週のレポートも古い話、ナチ、ヒットラーだのを引っ張り出してページ稼ぎをしています。旧約聖書の話で引っ張って、実は神の名に裏にいる悪魔主義者であると、子供みたいなことを言うために延々とページを使っています。それでも書くことがなく中国が・・・と意味ない言葉で突然終わってしまいます。何の新情報もありません、引用すらなくなっている、何の証拠も見せれない。もう訳するのも限界です。(あほらしい)今後は、特に新しい情報がない場合はパスさせて頂きます。
 

∞ ここ一年を通してのフルフォードレポートは、「嗚呼、悲しいではないか!」さんのご指摘の通り、レポート内容にちぐはぐな事が多いのですが、それにもかかわらず、これまでこのレポートを掲載を続けてこられたのは、過去の実績からみて、レポートに一抹の真実を期待されているからでしょうね。それは読み手にも言えることですが・・・。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (09/23)
∞ イベント気配、濃厚かも。 (^_^)/ 

 


 
フルフォードレポート
2019年9月23日

 
■ 多くの兆候は差し迫ったリーマン金融津波より大きなことを示している
 
ベテランの金融市場オブザーバーは、先週の金融市場の異常はある種の予期せぬ大事件が起こりそうであることを示していることを教えてくれる。これは、くわばらくわばら、幸運を祈るという、米国の政府の待望の崩壊の兆候かもしれません。それはまた、世界の金融システムの新しいブレトンウッズスタイルの再起動の合図かもしれません。
 
理解するには、9月19日のこれら2つのグラフを見てください。最初のはレポ市場(不動産買戻し市場)で、二つ目はSOFR(担保付翌日物調達金利)です。
 
レポ市場は基本的に、銀行などが今ここで現金を借りるための担保として米国国債のような長期の高品質の金融商品を使用する市場です。 2つ目は、銀行が互いに貸し合う割合です。レポ市場が1日で2%から10%に上昇するということは、インサイダーが米国債が価値を失いそうになっていると考えるか、巨大な銀行が破綻しそうであるため、誰も現金を引き渡したいと思わないことを意味します。
 
2番目のSOFRは282ベーシスポイント移動し、一般に20ベーシスポイントの移動でも人々が大騒ぎする市場です。 SOFRの動きは、少なくとも1つのメガバンクまたは複数のメガバンクが他の銀行からお金を得ることができなかったことを示しています。 この種の動きはリーマンショック時に最後に見られました。
 
個人所有のFRBは、今から10月10日までの間、1日当たり750億ドルを提供することで物事を落ち着かせようとしている。 これは興味深いタイミングです。米国政府は9月30日に支払い期限があり、9月30日に支払いに失敗した場合、10月10日頃(または遅くとも17日)までに支払いを行う予定です。
 
英国の王室の家族は宣言しました:
「米国司法省による決定が彼らに対して集団訴訟を許すので、金融業界は破産しました。不安定性は、余震にすぎない」と彼は説明する。以下のリンクはJPモーガン、ドイツ銀行、バークレイズ、ニューヨーク銀行メロン、ソシエテ・ジェネラル、コメルツ銀行その他を含むその多くの銀行は現在組織犯罪のギャングとみなされていて、RICOと他の反ギャングによって攻撃されています。法律は関与している。
 
言うまでもなく、これらの刑事事件は、これらの金銭的な悪行の被害者に破産訴訟を起こす原因となります。これらの法的措置は、<・・(^_^;)キレテル 金融システムの崩壊の兆候はこれだけではありません。米国の信用市場を見ると、完全な災害がすでに始まっていることがわかります。現在、サブプライムまたは疑わしい企業向けのハイリスクのローンまたは債券には3,128兆ドルがあります。
 
これはリーマンショック前のほぼ2倍の速さです。現在、米国の民間部門の資産はUSBIPの5.6倍であり、GDPに見合うためには80%近く下落する必要があります。
 
思い出してください。これに一時借り入れのアメリカ政府負債の200兆ドル以上(GDPの10倍)は含くまれていません。
 
別のショック:国有の不動産金融会社であるファニーメイとフレディマックは合計60億ドル(それぞれ30億ドル)の資本バッファーを持っていますが、5兆ドル近くの住宅ローン証券を所有または保証しています。これは1に対して1,000を使用されることを意味します。言い換えれば、住宅価格が0.01%下落すれば、破綻します。そして、何を推測します。不動産価格が実際に下落した兆候があります。
 
金融の第一人者であるジム・ロジャースが、金融システム全体が2、3年以内に崩壊すると予測するのも不思議ではありません。彼はおそらく楽観主義者です。少なくともかなり過大に評価されているが、実に不正な不動産会社WeWorkが崩壊の直接の引き金になっている可能性があります。
 
債券価格については、このチャートをご覧ください。

 
サウジアラビアと日本の投資家である孫正義に1000億ドルの「ビジョン」ファンドをもたらしたので、これは非常に興味深いです。 WeWorkの崩壊は最終的に孫の破産につながる可能性があり、その結果、日本の政権交代につながる可能性があります(孫は武蔵エンジニアリング、日本の選挙を盗んで安倍首相の犯罪政権を維持する会社を所有しています) )。孫の主な支援者であるサウジ皇太子ムハンマド・ビン・サルマン(本物のMBSは死んでいる)は、先週述べた英国王室に財政支援を求めて連絡を取ろうとした。
 
「MBS(それが何であれ/誰であれ)は直接接触への申し込みをしました、しかし、要請がスクリーニングされていない源から来たので、それは拒絶されました」と、彼は言います。これはサウジアラビアの先週突然の精油所火災、イタリア、インド、中国、メキシコ、その他の背景です。そして、内部爆発しているオイルダラーのシステムの所有者は言うようです。「やりましょう、さもなければ、我々はあなたの油をカットします」さらに、いくつかの日本の情報筋は、日本に対するいくつかの脅威(地震、核爆弾など)が米国企業により多くのお金を送らせることを強いられていることを伝えています。そして、ロックフェラーが管理する世界銀行と世界保健機関は(?)間接的に8000万人を殺すと脅しています。
 
国防総省情報源によると、「長年のジンバブエの指導者ロバート・ムガベの死、イラン中央銀行に対する制裁、サウジアラビアの石油危機、中国貿易戦争は、トランプ大統領が金本位制への復帰を発表するためのスケジュールを加速させる可能性がある」 、 「トランプの金本位制計画の詳細に関心がある場合は、最近、トランプ氏がFRB総裁に指名したジュディシェルトンのエッセイを読むことができます。
 
一方、米軍は、世界の来たるべき変化に備えるために、中東で増強している。
 
「前イスラエルのベニー・ガンツ国防長官は、2人の他の前IDFのリーダーを取り込み次のイスラエルの首相なりそうである」と、我々の国防総省筋は報告している。
 
「これは、中ので平和によいことと、情報源は説明します」ガンツはアラブ党の支持を必要とします、そして、張子の虎のIDF[イスラエル国防軍]は能力上のロシア人とイスラエルのイランの武器の犠牲になることを恐れている。
 
したがって、これは将来の攻撃を阻止するはずです。 「ビビ(ベンジャミンネタニヤフ)が追放された後、エジプトの反SISIと米国の軍隊がサウジアラビアにMBSの保護のために進軍する。トランプは彼の3人の独裁者、ロシア、中国、イラン、トルコの下の新しい中東に躊躇している。」
 
情報筋はさらにヒントを提供する。国防総省はまた今週、「軍産複合体の三社は追い詰められており、ロッキードのF35、ボーイング737、787、777、レイセオンのパトリオットミサイル防衛システムに問題がある」と述べた。「シオニストと深層国家に対するもので多極世界にとっては平和には良い」と言っている。
 
今週、米国を拠点とするCIAソースから非常に興味深い奇妙なレポートを受け取りました。これは、いくつかの上級インサイダーから同様のことを独立して聞いたため、文字通り以下に記録しました。 MJレベルで、私はそれが絶対に正しいと思います。
 
ヒラリーを起訴するためにはCIA全体を廃止し、偽の国家システム(多くの秘密作戦と制裁、およびトップ支配者の個人的な強化)全体を起訴し、95%縮小する必要がある。ヒラリーはCIAの事務員であった。ジョージ・ブッシュ・シニアとヒラリーはロスチャイルド家とネルソン・ロックフェラーの庶子ビルらによる伝えられるところによるオカルト儀式に目をつぶることで作られた。よって彼女は偉大な力を持った。
 
「CIAは、国家安全保障下でヒラリーとビル・クリントンおよびクリントン財団に対するすべての証拠を保護するために、米国司法省に国家安全保障の免除を提出し、人々の訴追には使用できませんでした。 ヒラリーの電子メールは中国人に対する秘密作戦であり、中国人を誤解させるために、信頼を獲得し、虚偽の情報を誤解させるために、電子メールとエージェント名(それらを削除する意思のある人)は与えられた。ヒラリーは、中国人をだまし、彼らがロンドン市の民間銀行家に後に寄生されるように彼らを育てるのを助けるために、二重のエージェントの役割を果たしました。 「現時点では、トップの異なるグループ間で熾烈な戦争がある。
 
「USN提督たちによってつくられたトランプ」ヒラリーは悪魔的な/小児性愛のネットワークを代表しており、カリフォルニアのサークルの悪魔的なモロクの魔女であり、通常月に1度オカルトセレモニーに参加しています。 ピザゲートのストーリーはすべて真実であり、エプスタイン、NXIVM(ネクセウム)、および世界中の性的行為や児童被害者のオカルトシステムにおける人身売買の他の多くの事例に関連しています。
 
※ピザゲート(Pizzagate)は、2016年アメリカ合衆国大統領選挙の期間中に広まった、民主党のヒラリー・クリントン候補陣営の関係者が人身売買や児童性的虐待に関与しているという陰謀論です。
※NXIVM(ネクセウム)は、カルト集団 
 
ブッシュ/シェルフカバルは、ナチスの第4帝国(COL Ziosが率いる黒い太陽の支持者)の一部であり、ジョンディーとアリスタークローリーの時代のさまざまなオカルトサークルに関連しています。 イギリスはダークサイドを統合しました。
 
子どもの人身売買と犠牲が非常に重要な理由は、これらの犯罪者は、バアル/モロクの負のライフサイクルエネルギーニーズを満たしながら、すべての主要な役人と企業幹部を買収し、コントロールするためにこれを使用しなければならないと信じているからです。世界を導き、非常に豊かなままです。犠牲者の血液やホルモンに依存している人もいます。
 
すぐに、この全Z徒党グループがサンヒドリン・ラビとチャバドによって押しのけられると、私は思っています、そして、彼らはNoahide法を導入します‖(それはは既に米国の法律にある。米国で、伝えられるところでは、ロナルド・レーガンはそれ(多分PDD)の先頭にたったでしょう。大統領決定指令)
 
すべての目に見える既存の経済および権力構造、特に「ミステリーバビロン」-赤ちゃん-米石油ドルのバチカン/ COL / DCシステム-は権力から追放されています。
 
ここに、トップ9の9人のコントローラー(人または「ハイブリッド」ではないと言う人もいます)が現在計画に持っているものがあります。ロシアとアメリカを操作してお互いを破壊し、ジオニスト/イスラエルと中東のイスラム教徒がお互いを破壊し、そして中国が世界をリードする力になり、一帯一路と道路システムを持った後、中東を引き継ぐこれは、アメリカでの第二次世界大戦以来の最大の経済発展です。
 
(訳者注;言い放し.9人て誰れ?現実はどんどん進んでいる)
 
「その一方、東アジアのCIAの情報源は次のメッセージを送信しました。」私の非常に良い連絡先の1人が昨夜、大きな偽旗イベントがまもなく計画されていると言った。
 
そして、はい、イベントはオーストラリアの近くで起きることになっているので、オーストラリアが関与しています。 スコット・モリソン首相は、単なる素敵な州の夕食会よりもはるかに多くの目的でトランプを訪問しました。 彼は9月27日までそこにいます。首相がオーストラリアにいない間に事件が発生するのでしょうか? オーストラリアは、いわば、NWO法律といろいろな社会工学プロジェクトのための最初の試験台でした。
 
これは生の情報であるため、一粒の塩で取りますが、情報源は本物であり、大きな何かが私たちの道を進んでいることに疑いの余地はありません。 米軍は、120,000人の起訴者をできるだけ早く逮捕し、彼らが私たちのために建設したFEMAキャンプに連れて行かなければなりません。
 
私達にとってイベントは是非、起きてほしいことなのですが、闇さん達はそれを絶対に阻止しなければ彼等の世界は消滅するので、そうはさせまいとして世界の偽旗事件や多国間戦争等、彼等が考える多くの事件を起こす可能性はまだ残っています。そして、日本への再度の脅威が懸念されます。
 

∞ RV/インテルジェンス アラート(09/26)の中の「米国は来月(10月)に金本位制に戻ると予想されている」に関するで現実面での金融システムの崩壊の様々な兆候を抽出してみました。
 
・ 先週の金融市場の異常はある種の予期せぬ大事件が起こりそうであることを示していることを教えてくれる。
 
・ レポ市場が1日で2%から10%に上昇するということは、インサイダーが米国債が価値を失いそうになっていると考えるか、巨大な銀行が破綻しそうであるため、誰も現金を引き渡したいと思わないことを意味します。
 
・ 米国の信用市場を見ると、完全な災害がすでに始まっている。・・これはリーマンショック前のほぼ2倍の速さです。
 
・ 不正な不動産会社WeWorkの崩壊は最終的に孫の破産につながる可能性があり、その結果、日本の政権交代につながる可能性があります(孫は武蔵エンジニアリング、日本の選挙を盗んで安倍首相の犯罪政権を維持する会社を所有しています)。
 
・ いくつかの日本の情報筋は、日本に対するいくつかの脅威(地震、核爆弾など)が米国企業により多くのお金を送らせることを強いられていることを伝えています。そして、ロックフェラーが管理する世界銀行と世界保健機関は(?)間接的に8000万人を殺すと脅しています。
 
・ 国防総省情報源によると、「長年のジンバブエの指導者ロバート・ムガベの死、イラン中央銀行に対する制裁、サウジアラビアの石油危機、中国貿易戦争は、トランプ大統領が金本位制への復帰を発表するためのスケジュールを加速させる可能性がある」。
 
・ 米軍は、世界の来たるべき変化に備えるために、中東で増強している。
 
冒頭に「イベント気配、濃厚かも」と書いたように世界規模のイベントとなると、潜在的なものを含め多くの要因が絡むことから、それらが全て「青信号」になる絶妙なタイミングでないと‘予想通り’にはならないでしょう。その時が「聖なるタイミング」です。
 
私達にとってイベントは是非、起きてほしいことなのですが、闇さん達はそれを絶対に阻止しなければ彼等の世界は消滅するので、そうはさせまいとして世界の偽旗事件や多国間戦争等、彼等が考える限りの多くの事件を引き起こす可能性はまだ残っています。そして、日本への再度の脅威も懸念されます。

 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 18:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート(9/16)
∞  読み手の感情をめっちゃ高ぶらせてくれます。(^_^)>

 
 

 
フルフォードレポート(9/16)
2019年9月17日


■ ハザールマフィアはサウジアラビアに対する「イラン攻撃」と言う嘘のハルマゲドンで最終決戦を要求する
 

 
ワシントンDC株式会社の差し迫った破産に直面しているハザールマフィアは、彼らの以前から予定された第三次世界大戦を始めるための必死のアベマリア計画において、サウジアラビアの石油生産への「攻撃」を行ったと、複数の源は同意します。
 
攻撃には二つの目的がある。
 
1.石油価格を引き上げて米国の破産を防ぎ、中国のような国々に米国石油を買わせることである
2.イラン軍と米軍を第三次世界大戦を始めさせるよう騙して、ハルマゲドンをもたらし、ジャレッド・クシュナのためにメシアへの道を開くいことである。
 
最初に理解する必要があるのは、イランの「最高指導者」であるアリ・ハメネイと米国ドナルドトランプ大統領は、どちらもロスチャイルド(悪魔のような赤い盾)家族の従業員です。
 
依然、企業メディアの清涼剤をお飲みの皆さん、どうかいくつかの個別の事実確認をしてください。ドナルド・トランプはビジネスマンとして倒産し、ロスチャイルドに救済されました。しかし、イラン革命の指導者であるアヤトラ・ホメイニ、実際にはイギリス・インド人であり、イギリスの石油従業員の人であることを知っていましたか?ロスチャイルド所有のBP(英国石油)は、その後、アングロイランオイルとして知られていました。
 
(訳者注:また始まった。それをチェックさせる前のこの3年トランプがやってきたことを確認したら?さらにクシュナーが実際やってきたこと(中東問題の解決)を確認したらどうか?トランプに相手にされない白龍会によって洗脳されてしまった哀れな宣伝マンに成り下がったフルフォード氏は嘆かわしい。あんたもロックフェラーとの写真が残っているよ)
 
ホメイニの後継者について、イランの反体制派は次のように述べています。「イラン人は皆、アリ・ロスチャイルド(カメネイ)を知っており、嫌っています。」
 
(訳者注:反体制派はそういうでしょうね。で?まるでどっかの国の首相のようである。周りが見えない)
 
だから今、ロスチャイルド奴隷のトランプ大統領のツイートがあります。「サウジアラビアの石油供給が攻撃されました。私たちが犯人を知っていると信じる理由があります。検証に応じて照準を合わせ装填されます。」
 
(訳者注:これがどうしてイラン攻撃になるのでしょうか?照準先はハザールマフィアの拠点です。米軍とロシア軍とイラン軍によって一斉に攻撃が起こる。予定通りです。イスラエルはロシアに完全に抑え込まれている、もしミサイルでも撃ったらついでに一斉に攻撃される)
 
イランの指導者ハメネイは共和国防衛司令官アミール・アリ・ハジザデに「本格的な準備ができている」、「イランの周り1,243マイルに配置されているアメリカの軍事基地と航空母艦は、イランのミサイルの射程内である」と言うように命令した。
 
(訳者注:アメリカと言う言い方は何度も言うがどっちのアメリカですか?)
 

 
イランと米国の指導者が、ユダヤ人が目覚め大量殺人戦争犯罪者ベンジャミン・ネタニヤフを牢獄に入れる前に、9月17日に再選挙を行おうとしているように見える。
 
米国の多く 軍事/ intelligence報機関は、トランプがシオニストと一緒になって、アメリカの支配から彼らを排除するように設計された精巧な策略の一部として進めているだけだという希望にまだ固執しています。
 
従って、米国防省情報筋は相互防衛条約でビビを敗北させることを成し遂げると主張している。
 
(訳者注:何の証拠もないのに、偏執狂のようです。もう引っ込みがつかなくなったのでしょうね、どっかの総理と同じです)
 
情報筋は、「イスラエルとの議論の余地のある相互防衛条約は、イスラエル国防軍と米国国防総省によって反対されており、上院によって決して批准されないかもしれない。海に関する国連法は、それを止めるのにたった34人の上院議員で十分なので批准することはできない」。
 
さらに、「批准されたとしても、イスラエルはロシア、イラン、ヒズボラからのS400、水中爆弾、高度なミサイルとドローンに囲まれているとき、米軍がシオニストに血を流すことはないので、イスラエルはこの小切手を換金できない」。
 
イスラエルの犯罪首相ネタニヤフはイランに対するイスラエルの攻撃に対する支持を得ることを期待して、先週ロスチャイルドのマスターを代表してロシアを訪問しました。 代わりに、ロシアのウラジミール・プーチン大統領は「彼に反暴動法を読んで」、イスラエルの攻撃機を撃墜すると脅した、とペンタゴンの情報筋は語った。
 
代わりに、ベテラントゥデイのゴードン・ダフは今日(米国空軍との広範な接触がある)、イランを非難しようとしてサウジアラビアを攻撃したのはまさにイスラエル人だと書いている。
 

 
これにもかかわらず、ペンタゴンの情報源のいくつかは、トランプが彼らが望むすべてのものと一緒に行くふりをして、シオニストに対して密かに働いているという希望にまだ固執しているようです。 彼らは、トランプが「9/11の前日にジョン・ボルトンを解雇してイスラエルに不吉な警告を送り、イスラエルがホワイトハウスと議会をスパイしていることを暴露した」と言っている。
 
(訳者注:相当いかれてしまっている。トランプが証拠は持っていると言っているが、イランとは言っていない。イスラエルであることは分かっている。ゴードンダフが言っていることは無視なのでしょうか?勝負のニュースレターなのだろうが、これで終わりですね)
 

 
いずれにせよ、ペンタゴンの情報筋は、ボルトンの解任はサウジアラビアに対するフーティの勝利であり、9月17日開催の国連総会の間にトランプとイランのハッサン・ルーハニ大統領との会談を持つことになると述べている。トランプ大統領は「ハメネイとの首脳会談を得るために、サウジの石油をオフラインにしてイランの制裁を解くことを余儀なくされる可能性がある」と情報筋は付け加えた。
 
さらに、「サウジアラビア人がリヤド近くの石油施設への攻撃で敗北するので、イスラエルの操り人形指導者モハメッド・ビン・サルマンが排除される可能性がある」と情報筋は述べた。これは「パトリオット防空ミサイルを役に立たないものとしてさらし、レイセオン社と軍産複合体に深刻な打撃を与えながら、アラムコのIPOを排除することになる」と彼は付け加えた。
 
いずれにせよ、サウジ石油施設に対する明らかに誇張された攻撃は、米国株式会社に短期的な利益をもたらします。トランプ氏は、「必要に応じて、市場の供給を維持するのに十分な量の戦略的石油備蓄からの石油の放出を承認しました。また、現在進行中のパイプラインの承認を加速するためにすべての適切な機関に通知しました。テキサス州およびその他の州での認可計画。「翻訳?:9月30日の破産を回避するため、より多くの石油を販売する。
 
この計画が進んでいる兆候として、アジアの秘密結社とCSIS情報筋は、9月2日に報告したように元日本の首相小泉純一郎と中曽根康弘がロスチャイルドの代理人マイケル・グリーンバーグによって逮捕されたと聞いた。彼らは原発を抑制して米企業政府から石油を買うことを約束して解放されたと、その情報筋は言う。
 
(訳者注:ちっちゃいことしか考えられないんだね)
 
破産を避けるためのこれらの努力は、イギリス連邦、中国、ロシア人、そして世界の他の大部分が、米軍産複合体にアメリカ企業政府が失敗することを許容するよう説得しようとするときに起こります。
 
(訳者注;当然ですよね。潰そうとする方と必死のもがく相手。トランプ政権と米国企業政府が一緒だと思っているからこういう発言が出る)
 
1871年にアメリカ合衆国共和国に取って代わった米国法人は、特に近年、アメリカ国民にとって大惨事でした。アメリカ人の90%の真の生活水準は1972年以来低下しています。米国は世界で最も高い刑務所率を持っています。寿命が短くなっても、医療費は世界で最も高い。教育基準が悪い。シオニストの狂信者は、アメリカ人の90%が支持していない議会を支配しています。
 
議論中の計画は、米国法人を米国の民主的な北米に置き換えることです。この計画では、これまでに敗北したエリートのカナダ軍が米軍に加わります。一方、アメリカ人は良い統治、より良い医療、より高い生活水準、より低い犯罪率などを得るでしょう。この計画は、アメリカ人をカストロの息子と彼の兄弟ジャスティン・トルドーのおそらく殺人の支配下に置くことを計画していない、MI6は約束している。

(訳者注:なにをこの人は何十年も言われていることを今更くどくどと言うのだろうが?ページ稼ぎとしか思えない。トルドーが米国を救い世界を救うと言ったのはベンジャミン・フルフォードである。訂正しなよ、こう書くことで訂正しているつもりなんでしょうね。今度はトランプだ。
 
トランプがまだ彼らの救い主であると思う人のために、以下について慎重に考えてください。現在、120,000件を超える封印された告発がありますが、トランプは告発されないようにしています。彼が約束したように、9/11に関する真実は明らかにされませんでした。 「QAnon」は閉じられました。トランプの義理の息子ジャレッド・クシュナー「666 5番街」。ペンタゴンの情報筋は、トランプが軍事法廷を止めてジェフリー・エプスタインの啓示を隠蔽するために彼の力ですべてをしていると付け加えた。
 
(訳者注:当初の予定より困難を得ているかもしれないが、120,000件の件は着々と進んでいるのが見えませんか?今FBIが火の車です。QAnonが閉じたことが証拠?笑止千万。もう少し論理的に説明してください。Qanonは再び隠れました。再びケネディとして登場する為です。その代わりが登場して説明してくれていますが、見てないんですか?)
 
多くの人が信じているように、トランプがシオニストと一緒に遊んでいることを本当に願っていますが、これまでのところ、彼の行動は反対を示しています。プラグを抜いて、権力を握った狂ったメシアの狂信者からアメリカを救ってください。
 
いずれにせよ、たとえ米国企業政府が先延ばしになっても、数学的に非難されます。伝説的な投資家であるジム・ロジャースは先週日本外国特派員クラブで講演し、現在の金融システムは「今後2〜3年で崩壊する」と米連邦準備制度理事会は「なくなる」と予測している。
 
ほとんどのベテランの投資家と同様に、ロジャースは、マイナス金利に基づいてゾンビコーポレーションにお金を注入するのに役立つ現在のシステムが運命づけられていることを知っています。 バンクオブアメリカが指摘したように、米国の金融資産はGDPの5倍以上なっている。

(訳者注:饒舌ですね。ページ稼ぎ)
 
つまり、実体経済に適応するには、資産の価値が80%低下するはずです。 1942年に生まれたロジャーズが「私の人生で最悪の市場(崩壊)」を予想しているのも不思議ではありません。
 
米国軍産複合体が第11章の秩序ある破産と米国政府の再起動を伴わない場合、混乱が生じるでしょう。 「多くの政府が崩壊し、消滅するだろう」とロジャーズは予測する。
 
無秩序の代わりに、グローバルな金融システムを再起動し、貧困を終わらせ、環境破壊を止めるための数十億ドル規模のキャンペーンを開始する方が良いでしょうか?中国、英国、ロシア、バチカン、その他多くの人々がこの計画を支持しています。彼らは単なるメシアニックであり、狂信的なシオニストの狂信者たちは、これを防ぐためにできる限りのことをしています。彼らはまだ世界人口の90%を殺し、残りを奴隷にしたいと考えています。

(訳者注:訳したくないくらいの饒舌です。有料ページ稼ぎ)
 
米軍はジャレッド・クシュナーを逮捕し、監視下に置くべきです。 彼が悪魔の所有の兆候を見せ始めるのはそう長くないことを保証します。 彼らはまた、トランプでの反暴動行為を読むべきです。
 
最後のメモでは、我々(訳者注:白龍会の)のロシアの情報筋は、なぜメラニア・トランプの祖母の役割で米国の女優ジャネット・リーの写真を送ったのかをチェックしていると言いますが、それはソ連陸軍のオルガ・オリフ中将だと主張しています。
 
(訳者注:こう言うオカルト的な話が彼は好きです。思わせぶり)
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
トランプの敵を騙すためにはまず見方から作戦に引っかかっています。細かなことをまだやっていないなどと非難していますが、着実に進行している。クリントンならどうなったのか?考えればすぐにわかる。それにしても内容にないレポートです。最近の傾向です。古臭いネタを出してきてぐちゃぐちゃ言っている感じです。
 
世界的にフルフォードレポートを報道するブログが非常に少なくなっている。分からないことが多かったので色々参考にさせていただいていたのですが、掲載するところがなくなってきた。こんな内容では買えませんね。当然の気がします。今週号でとうとう開き直ってしまったから、これで結果が出れば終わりですね。次回は新情報がなければ掲載はしないとか考えますので、よろしく。
 
もう、訳すのが馬鹿馬鹿しくなってきた。
 

∞  「アリ・ハメネイと米国ドナルドトランプ大統領は、どちらもロスチャイルド(悪魔のような赤い盾)家族の従業員です」
 
トランプ大統領がロスチャイルド側??
 
これはなんとも受け入れがたい‘とんでも’情報です。 もし仮に彼が一時期そうであったとしても、地球同盟が大統領になる相当以前から彼を支援してきているはずがないですし、大統領に就任してからも、また彼の現在迄の多くの政策からみても、闇勢力に加担していないことは明らかです。(--#)
 
「・・現在、120,000件を超える封印された告発がありますが、トランプは告発されないようにしています。・・・」の部分抽出です。
 
・ 120,000件を超える封印された告発をトランプは告発されないようにしている。
・ 彼が約束したように、9/11に関する真実は明らかにされませんでした。
・ 「QAnon」は閉じられた。
・ ペンタゴンの情報筋は、トランプが軍事法廷を止めてジェフリー・エプスタインの啓示を隠蔽するために彼の力ですべてをしていると付け加えた
 
これを、かの国の文ちゃんの言葉で表現すると、「・・、いけしゃあしゃあ・・」と言えるもんですね。(^_^;)>
 
「嗚呼、悲しいではないか!」さん、文字通りのお気持ちとお察しします。 


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (09/09)
∞  ハザールマフィアさん達の終焉が近づいている!? (^_^)♪

 


 
フルフォードレポート
2019年9月9日
 

アメリカ陸軍戦略大学の研究は95ー100%の確率でハザールマフィアの敗北を示している
 
アメリカ陸軍戦略大学によって試算されたモデル解析によると、国際的な軍事と法的なキャンぺーンは「成功する確率が95−100%」であると、MI6と国防総省情報筋は言う。今週の金曜日の13日には911の記念日が続き、必然的最終敗北に向けて一生懸命圧力をかける良い機会であると、その情報筋は言う。
 
ハザール人敗北の鍵は43,000人の多国籍企業を分析し、700人のグループ(ほとんどが銀行家)にその支配をたどったスイスの数学者グループによって軍に引き渡されましたと、MI6筋は言う。
 
これは、「企業統制のグローバルネットワーク(GNCC)と呼ばれるねずみ講構造であり、連結蝶ネクタイ企業構造になっています」と情報筋は言う。軍隊は目標を持てば最善の仕事をする。そしてこの700人の個別情報は彼らにその目標を与えたと、国防総省情報筋は確認している。アメリカ陸軍戦略大学は一覧の可能性モデルを検証して、「法の支配のために世界的連合」(つまり、例えば人民)が最終的に勝利することを保証する検証を導き出したと、その情報筋は言う。
 
ハザール暴徒は米国、香港、イランなどでトラブルを引き起こし文字通り生き残りを掛けて戦っているので、このことが戦争終了を意味してはいない。しかし、これらは正に無力な後衛の努力であり、非常に豊かな犯罪ギャングでありながら敗北した。
 
イスラエルの選挙では、最高の悪魔的指導者ベンジャミンネタニヤフと仲間のギャングが権力を維持するために汚いあらゆるトリックを使用しています。ユダヤ人は彼らの悪魔支配者に立ち向かい勝つかあるいは彼らの犯罪指導者たちを排除しようとするトルコ/イラン/米国/ある部連合と対峙しなければならない。
 
容易な戦いにはならないだろう。モサドにリンクする情報/偽情報サイトデブーカですら、ネタニヤフは選挙を延期し権力の座に留まる為に戦争を始めようと計画していると言っている。
 

ネタニヤフは米民主党の「ロシア選挙窃盗詐欺がアラブ人が選挙を盗んだと主張する」本を引用していると、イスラエル新聞Haaretzは報道している。
 

ところで、米国の「ロシア人がやった」詐欺者は、ソ連軍の上級中尉オルゴ・オルリフ−メラニア・トランプの祖母によって私に送られたこの写真が好きかもしれない。オルリフがソビエトと共にナチ・ドイツと戦ったと、ロシア情報筋は言う。
 

 
いずれにしろ、他の重要な問題は英国の10月31日のブレジクト締切日である。このところの政治家の奇妙でふざけた態度から判断して、ハザール人は彼らが持っている贈収賄と恐喝の小道具で呼びかけた。例えば一例として、野党労働党の影の外務長官エミリー・ソーンベリーは、テレビでEUと「可能な限り最善の取引」を求め、それに対してキャンペーンを行うと述べました。
 

 
国会議員は、「決定が既に下されている場合、国を混乱とパニック状態に導きます。内外とも二つのヤジは問題ではない−最終的にはEUはもはや存在しない」とMI6情報筋は約束する。彼らが言うには、EUにとどまることは、主権の喪失と「高い反逆罪と他の何も」を意味するでしょう。「イギリス軍の君主と上級将軍はすべて主権に同調している」と妥協した政治家ではない、と彼らは付け加えた。英国の世論は、700人の銀行家に支配されている大企業の代理人であるマスコミによる宣伝キャンペーンにもかかわらず、政治家に反対している、と彼らは指摘している。
 
興味深いのは、西側の企業媒体がイスラエル、香港、英国のような場所について暴動を述べている一方で、彼らが展開している大規模で暴力的な革命を完全に無視していることです...
 
「ソロンでは、刑務所が火事になり、250人以上の囚人が逃亡した。数千人が世界最大の金鉱山であるグラスバーグ近くのティミカにあるジャヤプラに集まり、FakFakは市場に火をつけました」と以下の記事から抜粋。
 

 
インドネシアの警察筋は、「パプアの現在の混乱について話すことや、ビデオを作ることは禁じられています。この命令に従わない場合、投獄を含む厳しい罰則が科せられます。」地元の情報源によると、人々はインドネシアからの独立を望んでいます。
 
世界が注意を怠ると、1970年代に東ティモールの状況が繰り返され、インドネシア当局が独立運動を止めるために10万人から30万人を殺害したという現実的な危険があります。また、世界最大の金鉱山、ガス埋蔵量、その他の天然資源の一部を管理することも重要です。
 
香港のニューギニア、パプア北部では、国務省とCIAの必死の努力により状況は落ち着いています。香港の状況についてCIAの情報筋が言わなければならないことは次のとおりです。
 
「CIAの従業員の一部は、街頭で1日あたり3000香港ドル、空港での座り込みで300香港ドルを支払ったときに、現行犯逮捕され、撮影され、登録されました。」台湾経由で飛行機を変える特別な合意をして、組織の最高幹部5人が米国に入りましたと、その情報筋は報告している。
 
「中国の秘密警察はデモ隊に潜入し、抗議者をつまみだした。彼らは、香港外の未知の場所に運ばれます。彼らは再び見ることができるのか? 」情報源は心配している。
 
香港での戦いは、中国と米国の間で現在行われている事実上の複合型戦争の1つにすぎません。CIAの情報筋は、次のステップは香港の銀行システムを閉鎖しようとするものだと言います。
 
シオニストのハリウッドと巨大技術企業グーグルとフェイスブックがスポンサーのロスアンジェルスと香港間の光ファイバーは中国との貿易戦争においてドナルド・トランプ大統領によって阻止されると、国防総省情報筋は言っている。
 
トランプ大統領はまた、ロシアを中国から引き離すキャンペーンの一環として、ロシアにG8への再参入の機会を与えるようフランス、英国、ドイツ、日本に促している、と情報筋は述べた。彼らはまた、ロシアのプーチン大統領がロシアの極超音速ミサイルを米国に販売するというこの取り組みの一環としての申し出を受け入れることを検討しています。ペンタゴンの情報筋によると、ロシアの極超音速の購入は「軍事産業複合体を再構築、競争させ、米国の納税者の強姦を止めさせることを強要するだろうと、国防総省内情報筋は述べた。
 
一方、中東では、米国はトランプとイランのトップ指導者アリ・ハメネイとの首脳会談の準備を進めており、イエメンのイランのフーシー同盟国に対するサウジアラビアでの戦争を終わらせています。 「イランからの高度なフーシドローンとミサイルのおかげで、イエメン戦争は終わりました」その結果、サウジアラビアは平和を求めざるを得ず、賠償金を支払わなければならないかもしれません。」
ウクライナのくすぶっている紛争も終わりに近づいているようです。 「ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領の政府は、土曜日の声明での前任者とは対照的に、合理的な態度と妥協する意欲の証明を示した」とロシアの公式通信会社タスは言った。
 
おそらく、ウクライナでの和平協定により、多くのアシュケナージ系ユダヤ人がイスラエルではなく、本当の故郷ウクライナに戻ることができるでしょう。
 
最後に、今週、ハザ−ル人が管理する金融システムはますます不安定になり、いつでも予想外に崩壊する可能性があります。 下のチャートは、ファンドが逃げ続けているにもかかわらず、株式市場がどのように金融市場の重力に逆らって増加し続けていることを示しています。
 
次のチャートは、中央銀行マネーを使用する企業がこれを可能にしている方法を示しています。中央銀行マネーは、ほとんどがマイナス金利で取られていたため、自社の株式を買い戻します。
 

 
言い換えれば、西側の中央銀行に所属する約700人のカザールのギャングは、借りているお金を印刷しているので、すでに所有している会社をもっと買うことができます。一方、実体経済はいくつかの崩壊の兆候を見せています。これは私にとって死のスパイラルのように見えます。
 

 
ハザール暴徒は彼らの不正に操作された株式市場を避けた保険会社をだますためにハリケーン・ドーリアに起因する損害を誇張しようとしているようにも見える。
 
彼らは9/11、福島、ハイチなどでこれを行いました。 今回の保険会社が賢明であり、実際のハリケーンの犠牲者にのみ支払うことを願っています。
 
ちなみに、私が住んでいる東京は昨晩台風に見舞われましたが、少なくとも私の近所では、実際の害を及ぼさないただの嵐でした。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
もう、フルフォードさんのようなジャーナリストは仕事が難しくなる。なんたって、朝一番にトランプ大統領が全部(ではないか?)バラしちゃうのだから、これ以上に正確かつ早い情報はない。いままでは、日本政府でもそうだが、表ではうそを言っておきながら、裏で事を進めることが政治としてきた。トランプは違う、全てがオープン、それで、世界中に味方を作り、国内の反対勢力に対抗しようとしているものと思う。そういう点で、隠されていることを暴露するなんてことはもうできなくなったし、必要もない。
 

∞  「アメリカ陸軍戦略大学の研究は95ー100%の確率でハザールマフィアの敗北を示している。・・911の記念日が続き、必然的最終敗北に向けて一生懸命圧力をかける良い機会である」
 
100%でないのは残念ですが、本日は9月11日ですから「911」にかけて、ハザールマフィアさん達を一網打尽にしてほしいところですね。
 
「ハザール人敗北の鍵は43,000人の多国籍企業を分析し、700人のグループ(ほとんどが銀行家)にその支配をたどったスイスの数学者グループによって軍に引き渡されました」
 
・ 多国籍企業ついてはこちらに世界の経済の中核を形成する1318の多国籍企業。 スーパーコネクテッド企業は赤、非常にコネクテッド企業は黄色です。 ドットのサイズは収益を表します。
 
・ 軍産複合体についてはこちらで「アメリカの軍産複合体(Military-industrial complex)」の実態が分かります。
 
・ コングロマリットとは、直接の関係を持たない多岐に渡る業種・業務に参入している企業体のこと。複合企業やグループ会社のことで、異業種企業が相乗効果を期待して合併した企業体です。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 10:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/26)
∞  ‘経済的パラダイムシフト’が現実化しそうな雰囲気です。(^_^)v

 


 
フルフォードレポート
2019年8月26日
 

◆ 米国防総省は世界金融リセットが迫っているのでシオニストを国外追放しようとしている
 
米軍産複合体はシオニストに対して重大な動きを見せており、多くをシベリアのユダヤ人自治区に追放する準備をしていると、国防相処情報筋は言う。国防総省とその同盟国はシオニストの支配権を受け継ごうとしており、先週ワイオミング州のジャクソン・ホールで会合し、中央銀行やG7リーダーさえ、経済的パラダイムシフトが必要であることを認めている。これらの動きは、民間所有の中央銀行に対するシオニストの支配を終わらせる世界的な金融リセットの話に関連している、と情報筋は言う。
 
大多数の公的機関のお偉いさんたちは現在、金融リセットを公に訴えている。これには、IMFのクリスティーン・ラガルド大統領、ロシアのウラジミール・プーチン大統領、中国の習近平国家主席、ロスチャイルド所有のエコノミストなどが含まれます。世界経済の利益とシオニストに支配された会社アメリカ政府のそれとは対立しているので、そのような通貨は、ほとんど定義上、シオン主義者支配から外れることになる。
 
(訳者注:ここまで全く不要の言葉だと思いますが)
 
「貿易戦争は世界の通貨リセットの前線です」とペンタゴンの情報筋は確認しています。ドナルド・トランプ米大統領は、JPモルガン・チェース・バンク、バンク・オブ・アメリカ、シティグループなどのCEOに貿易戦争に対する姿勢を支持するよう呼びかけている、と情報筋は述べている。JPモルガンチェースによるカナダのすべてのクレジットカード債務のキャンセル、ドイツ銀行の破綻、ゼネラルエレクトリックの不正暴露、人民元の切り下げ、および金で支えられたドルはすべて、新しいシステムの進行中の抜け目ない取引の一部でしたと、彼らは言う。
 
しかし、トランプが大騒ぎし電話をかけまくっても、新システムは米国から力を奪うことを明らかにしている。現在、米国は世界貿易のわずか10%を占めていますが、イングランド銀行によると、世界のGDPの70%以上が米ドルをアンカー通貨として使用しています。これにより、グローバル通貨リセットが米国企業から大きな力を奪うことは明らかです。
 
(訳者注:そうしようとトランプはおこなっているんですよ。世界のリーダー役は下りると言っているんです)
 
トランプ氏は先週、「長年にわたって年間合計約1兆ドルの損失があるため、この問題について「国家の緊急事態を宣言する」可能性があることを認めた。
 

 
(訳者注:痛みは承知している。しかし、今やらねば将来はないと言う覚悟を持っている)
 
彼はグリーンランドとその資源を乗っ取り、米国の軍事基地の全費用「50%以上」を同盟国に請求し、中国のすべてに関税を課そうとしました。
 
(訳者注:全く分かっていないことが見えています。米軍は世界中から撤退しますと言っているのです。日本に対しても同じで5倍に引き上げる⇒とても無理⇒安保廃止⇒米軍撤退 そう安倍には申し入れていると思いますよ。安倍は現に5倍も無理と言っている。何倍かの話ではない。米軍は引き上げると言われているのですよ)
 
米軍は、海軍がさまざまな情報機関の制御を引き継ぐ一方で、陸軍を軍の全体的な責任に置くことによって進行中の大きな変化の準備をしていると、ペンタゴンの情報源は言います。 これは、すべての米国の情報機関の新しい責任者であることを意味します。ペンタゴンの情報筋によると、情報機関の新国家情報局長は元海軍の元海軍中将であるジョー・マグワイアです。マグワイアは”深層国家のさくらではない前上院議員ダン・コーツの解雇のあとを引き継ぐのであって、元CIA長官代理であのジョン・ブレナンの召使スーゴードンの代わりではないと、彼らは言う。
 
事実上の米国軍事政権は「ユダヤ人のマフィアに最も悲しい日に、戦いティシャ・バヴを宣言した」と情報筋は言う。小児性愛者ゆすり屋ジェフリー・イプシュタインに関連した文書は8月9日に封を切られました、そして、「すべての証拠がどんな法廷説明なしで現在認められるので、彼は他の起訴を急速に発展させるために8月10日に『自殺しました』」と国防総省情報筋は言う。
 
「紀元前586年に最初に破壊された寺院、期限後70年に破壊された二番目の寺院、1492年のスペインからの追放、そして今のティシャ・バヴにおけるシオニストの最終地は、軟石にもわたる反乱の実行のためにカルマの制裁を受けて極東ロシアのユダヤ人自治区になるだろう」と国防総省情報筋は宣言する。
 
情報源は、「エプスタインは明らかに、西側のモサド工作員、シオニスト寄生虫、巨大組織のアメリカ・イスラエル公共問題委員会、イスラエルの第五部隊を根絶するために軍から法主された熟練工である」と付け加えた。
 
”悪魔主義者とシオニストの一連の勝利として”、エプスタインはユダヤ日66年6か月、22日の6時、つまり66,6年に信だと、その情報筋は言う。
 
「8月10日は、スルチスペクトル衛星を使って、致命的な小児性愛やその他の凶悪犯罪を追跡し、エプスタイン島を冠水させた国防総省の70周年でもあります」と述べています。
 
情報筋はまた、「トランプはビビ(イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフ)に議会の女性イルハン・オマールとラシダ・トライブを追放するよう強制した」と言っている。彼はイスラエルは抑圧された国家であると明かして、イスラエルボイコット運動を支援して超党派的支持を止めた。911と311の戦争犯罪者ビビは再選に勝てないかもしれないトランプ・ルカイのように今は見える。
 
(訳者注:深い作戦なんでしょ)
 
中国習近平主席と連邦準備理事会議長ジェローム・パウエルは敵であるとのトランプの声明は米国の破産は反中国と同様に反シオニスト活動に繋がることが明らかになった。しかし、実際はそれほど単純ではありません。
 
イングランド銀行のマーク・カーネイ総裁は先週、仲間内で非常に興味深いスピーチをして明らかにした。カーニーによると「システムの中心部の不安定な非対称性による国際決済金融システム何に深い欠陥がある−世界貿易の10%、ビットコイン(BIP?)の15%に過ぎないが、世界のGDPの70%をなす国家間の基軸通貨として機能している」
 
(訳者注:そんなことみんな知っている。だから通貨リセットをしようとしているのでしょ。トランプはドルは基軸通貨を降りると言っているですよ。貿易赤字、財政赤字の主因だから)
 
IMFS管理からほとんど除外されている新興市場(EME)は、現在、世界のGDPの60%を占め、2030年までに75%を占めると彼は言います。それらを金融システムの制御から除外すると、「世界経済の6分の5」の経済成長が遅くなります。
 
(訳者注:こんな子供みたいなことを今更教えていただかなくてもみんな知っている。我々を馬鹿にしていない?それともページを稼いでいるの?(そう思っている。お金取っているのに))
 
カーニーは現在の低金利制度もターゲットにしています。「以前の低金利は、戦争、金融危機、金融混乱などの高リスクのイベントと一致する傾向がありました。」とカーニーは「新たな多面的で多極的な世界経済にふさわしいシステム」が必要だと結論付ける。
(訳者注:FRBと同じ考え方ですね。トランプは今から、まもなく、大経済改革をしようとしている。景気は最短でも7−8年悪化すると見ている。だから金利を下げようとしている。今を見ているのではない。カーニーの結論は5年前からそうでしょ。ページを稼ぐのはいい加減にしたらいかがか。これからまたぺージ稼ぎが始まります)
 
[ここからPDF形式のスピーチをダウンロードしてください。]
金融政策の課題の増加 (リンク先がありません(^_^;))
 
財務長官は、国際収支の効果的な調整を妨げるため、または国際貿易における不公平な競争上の優位性を得るために、各国が通貨と米ドルの間の為替レートを操作しているかどうかを考慮する必要があります。ムニュチン長官は本日、トランプ大統領の後援の下で、中国は通貨操作者であると述べた。"
 
トランプ大統領は、「私たちの国は何年もの間、中国に何兆ドルも損失しているのは馬鹿げている。私たちは中国を必要としません、そして、率直に言って、それなしではるかに良いでしょう。彼はまた、「私たちがドイツや他の特定の国よりもはるかに多くの関心を払っているのはなぜかという質問です。 「もちろん、現在存在するドルは、米国経済にとっては良くありません」
 
カーニーの提案する解決策は、ドルを「バランス」に置き換えることです。「バランス」は、元カバルボスによって制御された暗号通貨です。もちろん、実際の解決策は、特派員が長年言ってきたことです。米国は、もはや米ドルではない国連ドルとは別の新しい通貨を発行しなければなりません。
 
古いシステムを制御している13の血統の政府委員会の情報筋は、次のように述べています。基本計画において我々は迅速に動く、それは投資銀行業務の加速と呼ばれます。ヨーロッパの王である情報筋は、将来の計画機関を積極的に検討すると述べています。現在使用しているシステムが確率された第二次世界大戦後に存在した世界ではなく、世界の現在の現実に基づいた投票構造を持たないだろうと彼は言います。世界は巨大なスーパータンカーのような勢いで、方向を変えたい新しい船長がいたとしても、向きを変えるのに長い時間がかかります。 そのため、従来の方法では非常に迅速に変化が起きていますが、進歩は遅いようです。 それでも、米国企業が国際的な債権者に支払いをしなければならない9月31日またはその前後に何が起こるかを見るのは興味深いでしょう。 この著者はヘッジファンドの投資家ではありませんが、もしそうなら、この秋に不安定性の危険にさらされるでしょう。
 
西側が重要なことを何もしなければ、アジア人が2020年の旧正月以降に移動するのはいいことです。 もしそうなら、中国人は非常に慎重であるが、彼らが動くとき、彼らは大きく動くことを思い出してください。
 
(訳者注:すごいですね。「お前らがなにもしなければ中国が動くぞ」と脅迫にもならない脅迫です。この人完全におかしくなっている。白龍会の焦りでもあるんですが)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
ついつい、頭にきて注釈をつけてしましまして、読みずらく申し訳ありません。とにかく読んでいてハザールマフィアの言い分を聞いているような気がします。よそからの情報の方がはるかに先を言っています。今日の文章でも個人的には得る情報は何もありませんでした。(旧聞ばかり、勉強するものがないので、訳も簡単に終わります)もう無理ではないでしょうか。訳を続けるのも苦痛となりました。お金を払うのもばかばかしくなりました。考えさせていただきます。(フルフォードレポートを載せるるブログがびっくりするくらい少なくなってきております。当然ですね、中身がない)
 
追伸です。少し前からうわさが流れだしていますが、ホントかね?と思っているのですが、どうやら中身は別として、事件があったようです。


∞ 何か?事件! >(O_O) イヨイヨ カ ?

因みに、‘パラダイムシフト’ とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。パラダイムチェンジともいう。(Wikipedia) 


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:56 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/19)
∞  少々読みづらいかも知れませんが、それなりにお読み頂けば・・・(^_^;)

 


 
フルフォードレポート
2019年8月19日
 

◆ 米政府は末期のエプスタイン−バー感染症に苦しんでいる
 
アメリカの最近の政治討論はモサドの小児性愛者の脅迫者ジェフリー・エプスタインとブッシュ時代のイラン・コントラ隠蔽アーチストであるウィリアム・バー司法長官によって占められており、これはおそらく偶然ではありません。エプスタインとバーの選択は※エプスタイン−バーウィルスに対する意図的なものである可能性がある。日本軍事情報部門によると、伝染性単核球症つまりりキス病としても知られる、エプスタイン−バー(EB)はナチ派が対象の犠牲者の中に癌を引き起こすように設計された最初のウィルスです。この場合、デープステート代理人のエプスタイン(モサド)とバー(ナチ/モサド)の間の八百長試合があり、それが、企業メディアが描くように意図的に米国に致命的な誤動作を引き起こしているようである。
 
※エプスタイン−バーウィルス(Epstein-Barr virus、EB virus)とは悪性リンパ腫であるバーキット-リンパ腫から発見されたヘルペス型ウイルス。発見者の名にちなむ。(管理人補記)
 
失敗したエプスタイン作戦の背後を見て、実際はもっと洗練された何かの一部かどうかを確認しましょう。
 
自殺防止牢獄におけるエプスタインの自殺は、それがバーの監視下においてにもかかわらず、バーによって直ちに却下された。自殺の直後に、人が故意に首を絞めたときに普通起こるように首が骨折をしていたことを示すニュースが報道された。これに続いて、それが結局自殺であることを示す公的な検視結果が出てきた。
 
この件について面白いことに、アメリカ人の42%の大多数が彼は殺されたと思っており、自殺したと言う公式の話を信じる者は29%に過ぎない。
 
社会の中核をなす鵜呑みにする少数派のアメリカ人が政府を信じているだけである。

(訳者注;29%対42%がそれほど少数か?算数苦手かな?)
 
実際、エプスタインは、彼のペドフィール島を訪れた300人以上のトップVIPの逮捕に全面的に協力する代わりに、彼の死を偽造することを許可されています。エプスタインの意図的な失敗「自殺」により、エプスタインの未成年者セックス調査はバーによって殺人調査に変えられたと、その情報筋は伝え、国内および軍の警察にはるかに強力な力を与えることになると彼らは言う。
 
確かに、演出されたエプスタインの死に続いて、エプスタインの島でのFBIの襲撃が行われました。現場のFBIエージェントは、ドローンが島の「寺院」内の血まみれのベッドを撮影できるように意図的に窓を開けました。下のビデオで2.22分で見ることができます。
 

 
海軍情報機関関連情報/偽情報サイトソルチャファールで海軍ダイバーがエプスタイン島の近くの海底で子供の骨の痕跡を発見したというレポートを得た。このことはVIPが未成年者とセックスをすることから思春期後の少女たちが子供の儀式の犠牲されていることを意味している。
 
イプシュタイン調査の重要な人としてのバーを使う自由が「捏造された」小児愛告訴で政敵を降ろすために「ドイツのDVD」熟練工によってそれを虐待に道を開けることができたと、英国のMI6情報筋は警告します。情報筋は、「イギリス軍の女王に続く最高の古参将校他が最近嘘の小児性愛者の罪で破滅したと指摘している。
 

 
それにもかかわらず、同じ情報源は、世界が悪魔的な敵に直面していることに同意します。彼らは、「悪魔主義は主に他のすべてのような過激派(狂信的)宗教的カルトであるが、世界で最も高い社会秩序のための妥協と制御メカニズムであると考えている」と述べた。同じ情報筋は、エプスタイン事件は「社会の最高レベルでの世界規模での大失敗」であり、「それはすべて出てくるだろう」と述べた。また、「女王の息子[アンドリュー王子]は、例えば、 みんなと。 彼は性中毒の治療を受け、拘留中は適切に治療されるべきだった。」
 
この英国王室の情報筋は、高レベルの小児性愛者の差し迫粛正に神経質になっているが、世界が公的かつ公正な裁判を要求しているとき、バーは秘密の軍事法廷を支持していたという点を上げている。
(訳者注:なんか細かいことをぐちゃぐちゃ言っていると言う感じです。そういうことにはならないと思うが。しかし、「寛大な赦免」も必要だと言っていたのはどこのどなたであろうか)
 
有名な小児性愛者を逮捕するのは良いことですが、9/11やイラクや日本のような国での大量殺人などの戦争犯罪の起訴についてのメディアの議論はまだありません。
(訳者注:あなたは5年前から来月来月と言い続けてきたのを覚えていますか?)
 
小児性愛の大量逮捕の脅しのもう一つの側面はもちろん、金融の自然な成り行きに関することである。本質的にワシントンDCの設立は一つの次元に要約することができる。「あなたが我々を破産させたら、あなたを小児性愛で逮捕しますよ」
(訳者注:これは間違い。トランプは破産させようとしている。リセットしてやり直そうとしている。それに抵抗しているのがワシントンDCである。小児性愛は別格で厳粛に全員逮捕されるでしょう)
 
小児性愛とエプスタインによって逮捕された人々への圧力の高まりは、EU外への広がりを求める英国主導の血統の思惑に関連していると、MI6の情報筋は言う。これは銀行のカルテルを制御するための法的メカニズムであり、このメカニズムを使用しようとすると「多くの銀行家が亡くなった」と警告する、と情報筋は説明する。
 
人々が理解する必要があるのは、ワシントンDC、EU、日本を含むフィアット銀行家の破産は、腐敗していない官僚や政治家を含むこれらの国の健全な部分を危険にさらさないことです。実際、破産により、これらの国々はバビロニアの債務奴隷制から解放されます。これは西側の軍事/情報界の多くが知っています。
(訳者注:みんな知ってるんじゃないですか、恐れてなんかいませんよ。恐れているのはDC側です。トランプ政権について非常なる誤解をしている)
 
米軍は、DCの政治的サーカスとテルアビブとスイスの首謀者を決定的に台無しにする次の新しいキャンペーンの間、完全に資金提供されたままです。これは、米国の軍事保護国であるサウジアラビアの現金で支払われる中国への石油輸出に見ることができる。
 
衛星画像と自動船舶識別システムに基づいて石油タンカーと貨物を追跡するTankerTrackers.comによると、サウジアラビアは、2019年7月に1日あたり1,802,788バレルという膨大な量を中国に輸出し、昨年の921,811バレルから96%増加しました対照的に、2018年7月の8月の米国への輸出は262,053バレル/日で、昨年8月の687,946バレル/日から62%近く減少しました。
(訳者注:何が言いたいの?)
 
サウジアラビアは、5000億ドル規模のマサチューセッツ州に新しい国を作り、人間の遺伝的改善に対する既存のタブーを迂回し、あらゆる種類の抑制された技術を導入するという提案は、少なくとも米国中央司令部が示している新しい国家反逆文明を見つけようとしています。
 

 
DCの設立は日々ますます必死になっています。国内では、集団射撃事件(本物であれ偽物であれ)の増加は、大衆が耳を傾けないために収入が減少することに関連しています。オレゴン州ポートランドで行われた右翼暴動を引き起こす試みも失敗しました。
 
ベネズエラ、シリア、イラン、その他の国々から石油を盗むための政権交代の試みが失敗した後、DCbネオコン衆は現在、デンマークからグリーンランドを購入することによって破産を回避することを望んでいます。
 
彼らはまた、中国との交渉力を得るために香港を不安定化しようとしている。抗議行動は、中国への身柄引き渡しを許可する法律を解除する香港市民による合法的なステップとして始まりました。香港には、共産主義の中国から逃げてきた人々がほとんど住んでいるので、法律は本当に神経質になりました。
 
しかし、中国の撤退後、シオニストによって支払われた挑発者による暴力行為による抗議は減少したと、アジアの秘密結社は言う。目的は、中国に過度の武力行使を強制し、それによってその国際的なイメージを台無しにすることであった、とCIA筋は認めた。しかし、中国人は1989年の天安門広場の抗議によって学び、放水砲や暴力的な個人の逮捕などの従来の反乱作戦戦略を使って抗議を市民的に行った。
 
香港への動きは、トランプが地元の反対によって中国製品の3000億ドルの関税引き下げを余儀なくされたときに起こりました。 現実の世界を知っている人なら誰でも、(米国の企業のように)物を買うために貴重な借金を使う破産者は強い交渉の立場にないことを理解しています。 米国で安い中国製品を販売することで利益を得る人々はこれを理解しています。
 

 
米国は、必死になって自分たちを生かそうとしているので利益の94%を支払っている。金融市場では、他の人よりも多くの利子を支払うことは、信用力の低下の明確な兆候です。
 
米国企業政府は9月の初めまでに資金を投入しましたが、この秋、米国企業政府の真の破産を推し進めるというコンセンサスが高まっています。 言うまでもなく、DCの人々はこれまでのところこのシナリオを回避することに成功しており、今年の秋にもそれを行うことができそうである。
 
ただし、今年はワシントンDCでEBに感染した政治サーカスに最後の仕上げをもたらす可能性のある大きな戦いがあります。 確かに、連邦、バチカン、ロシア人、中国人は、シオニストのトラブルメーカーが永久に事業を停止することを望んでいます。 シオニストは全力で戦う。
 
この秋はいつもよりも忙しくなりそうなので、夏の残りの間はよく休んでください。
(訳者注:この言葉、秋になると五年間同じです)
----------------------------------------------------------------------------------------------

トランプがあちら側の回しもんだと断言して、世界中から総スカンを食って、何も弁明することなく過ごしています。今度はバー司法長官が悪いんだそうです。何の根拠も示しません。今回のレポートは新情報はありません。夏休みの間、自分の立場を維持するために考えた言い訳にしか聞こえない。
 
バーをごちゃごちゃ言うならば、トランプの件の総括をすべきだと思う。何も100%言い当てろなどとは思っていない。あなたの言葉を借りれば「間違った時は後から訂正している」を実行したらいかがか。
 
とにかくトランプ政権にいちゃもんをつけているとしか読めないんですがいかがでしょうか?あなたの得意な証拠を示してくださいね。それでもいつも、今回も「秋になればよくなる」です。なにがどうなるの?何故ならこうだから?この号もまた世界中で議論を引き起こすと思う。
 
小生の関心事
 
.┘廛好織ぅ鵑鮖呂瓩箸垢覦事を働いたものの軍事裁判の状況。これは公式に一部が入ってくるが全貌が分からない。(分からないものかもしれないが)
 
∨鳴鮮の非核化の問題。金正雲はしびれを切らし「年内に決着しなければ話を元に戻す」と公言した。おそらく水面下の調整がうまく行っていない。北は「北朝鮮だけではなく米国も非核化しろ」と言っている。それに反対しているのは米国内、韓国内、日本内、中国内の戦争屋です。それを一掃しなければならないとトランプは考えている。日本としても大歓迎なのです。小泉純一郎と麻生太郎が横田に引っ張られたと言う情報もある。小泉はグアンタナモまで連れて行かれていると言う話もある。それが進次郎の結婚発表の真相である。森喜朗はフランスに引っ張って行かれたんじゃないの?これは私が勝手に思っている。今はフルフォードさんからは私の欲しい情報は全く入らない。どうしたの?って感じなんです。情報源が違っている。
 
9畊舛量閏膕修量簑蝓これは非常に大きな事件だと思っている。
 
中国人民警察隊が深圳に待機している。米英軍がフィリピンに待機していると聞く。人民警察が制圧に入ったら米英軍が突入して阻止するんだそうです。相当の犠牲者が予想される。これを実行したら習近平は間違いなく失脚どころでは済まない。でもやりそうです。共産党は強硬です。それに対して中国内の民主化推進派は李国強とか習近平主席夫人なんだそうですがどうでしょうか?どうなっているのか?フルフォードさん教えてくださいよ。
 

∞ 「嗚呼、悲しいではないか!」さんのご指摘のように、「フルフォードレポート」で、トランプ大統領がデープステート/カバール側であり、またバー司法長官を「悪者」扱いしているならば「フルフォードレポート」は読み手の洗脳を意図していることにはなりますが、その辺はどうなのでしょうね。
 
(メモ) 数カ所ほど意味不明の箇所がありましたが、原文を参照できる最初の部分のみ補記しました。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 12:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/12)
∞  今回は以前のへんちくりんなレポートに戻っています。(^_^;)

 


 
フルフォードレポート
2019年8月12日
 

◆ 多くの人々が予想するような突然の大規模事件が起こるでしょうか?
 
何千年もの間、一神教はある種の地球を変える出来事を予測してきた。ある人はそれを終末と呼び、ある人は軽挙と呼び、あるいはメシアの復活(再臨)と呼ぶ。最近では、私たちに全く新しい宇宙を紹介するためにやってくる銀河からの母船のようなものを話すニューエージ版もある。
 
現実世界からの情報を収集する現実に基づく記者として、宗教的信念(それらが旧版でも新版)は私の範疇ではない。世界権力の最高レベルからの30年以上の報告は、少なくとも私たちが新しい時代に入っていると確信するのに十分な確固たる証拠を私に残した。
 
ここで今確認できる証拠に取りかかる前に、私が遭遇した奇妙なものから始めましょう。私の頭の中には、世界観に合わない情報で。どうしていいのかわからないものを保存する棚がある。
 
例えば私の公開講演の契約に時々来る日本の紳士は火星で人が住めるるように改造する仕事をしていると主張している。これらの主張とは別に、彼は非常にまともな日本政府の役人のようである。彼は最近、火星へのすべてのアクセスが遮断されたと言っている。
 
また、プレアデスから来たと主張し、彼らの家の詳細な記憶を持っていると主張する人々もいます。彼らは今、この惑星に置き去りにされており、家に戻れないと言います。これ以外は、彼らは機能的で、明らかに健全な人々です。
 
有名な武器商人のアドナン・カショギがかつてハニートラップを送ってくれました(彼女は私の前で裸になり、セックスに誘惑しようとしましたが、レイプに行き閉じ込められる土壇場でノーと言った。)彼がこの任務に失敗した後、彼女はアヌンナキに似た記述の巨大な人型生物が彼女の子宮で実験したと私に言った。
 
日本のギャングやプロの暗殺者も、実験された記憶があると言っています。あるプロの北朝鮮の暗殺者は、彼が「ユダヤ人のハンドラー」を殺したと私に言ったことがありますが、同じ人が数か月後に再登場だけである。
 
これらは私が個人的に出会った人々です。私は彼らが他に持っていなかったと言う以外に彼らの証言をどうするべきかわかりません、例えば、精神衛生の問題、そして私を信じてください、私はそのような問題を持つ多くの人々によってアプローチされました。
 
それは私が受け取った直接の証言の一部です。外国人と「秘密宇宙プログラム」について話している複数の公人による多くの証言もあります。例えば、外国人と私たちの惑星を見たと言って記録に行った十数人の元米国の宇宙飛行士がいます。観察中です。
 
最も注目に値する外国人情報公開の人物は、おそらく元カナダ国防相のポール・ヘリアーです。彼は、エイリアンが何千年も地球を訪れていると言います。
 
これはまさに、バチカンのP2フリーメーソンを訪れたときに言われたことです。 彼らは、千年もの間これらのエイリアンと接触していたと言い、「天使、悪魔、ジン、スプライトなど」として知っていた。P2はエイリアンが教皇ベネディクト(マレディクト)XVIを解雇するつもりだと私に言った。 彼に辞任を強いることにより、彼らが本当に強力であることを証明した。
 
騎士団の騎士であり、P2のトップエージェントであるヴィンチェンツォマッサラは、ミラノの大聖堂の壁に描かれていると報告された実体の写真を見せてくれました。 以下は、いくつかの描写の(ぼやけた)写真です。
 

 
私の観点から最も興味深いのは、その後これらの実体に個人的に会ったことです。 私はそれらの写真を撮っていなければ、これは言及しません。 写真は以下のとおりです。
 
ここからは反イルミナティTVのVorabübersetzungが続きます。


 

これらは東京の渋谷の近くで撮影されました。これらの生き物はゆっくりと上下に動き、私とテレパシーで通信しているように見えました。また、グノーシス主義の啓蒙主義者の「アレクサンダー・ロマノフ」は、これらの存在に会ったと主張します。価値があるのは、これらのプラズマ実体から学んだことです。
 
私たちの現実は非常に複雑な数式の結果であると言われました。これらの方程式は、わずかな変動を伴って何度も繰り返されています。このため、この作家を含む私たちの多くは、現在の現実のわずかに異なるバージョンの記憶を持っています。あるものでは、人間は他の星を探検し、植民地化することを許されました。他では、核戦争によって大部分が一掃されました。
 
これらの情報源や他の情報源から聞いたことは、現在起こっていることは、さまざまな異なるシナリオがシナリオに変わったということです。そのため、さまざまな物語の記憶を持つ人々が、この惑星とこの特定の現実に突然打上げられたりします。
 
さて、現在の「公式の」現実から確認できることに戻りましょう。たとえば、60年代と70年代には、宇宙飛行士を月に送りました。私たちは1980年代に人々を火星に送る予定でしたが、突然すべてが騒がなくなりました。しかし、NASAは、人間が地球を取り巻く電気的障壁や電離層を克服できないことを繰り返し認めています。


 
米国防総省の精神戦争部のポールレインは、NASAが「宇宙機関ではない」の略だと言ったことがあります。いわゆる火星探査機がおそらく火星ではなくグリーンランドまたは米国の砂漠を周回していることを示す無数の写真(ウサギ、トカゲ、墓石など)があります。月の向こう側への最近の中国旅行の写真も、すべてがスタジオで行われたという明確な証拠を示しました。
 
この報告書の読者が誰も近くの宇宙港に行き、ロケット船のチケットを取得して別の惑星を訪れることができないことは明らかです。また、地元のスターゲートに行って別の次元に移動することもできません(そして、読者がこれを主張するなら、私はそれを記録するために連れて行ってもらいたい)。
 
どう見ても、この惑星の表面で隔離されているようです。これにはいくつかの可能な説明があります。 1つは、この現実全体がデジタルシミュレーションであり、ビデオゲームのキャラクターのようにゲームから抜け出せないということです。
 
もう一つの理由は、ポール・ヘリアーが主張するように、私たちは好戦的で破壊的であるということです。それが私たちがこの惑星を離れることを許されない理由です。ライオンやトラがニューヨークのダウンタウンを歩き回ることを許可しないのと同様に、エイリアンは地球上に軍事産業、戦争崇拝の人々をこの惑星から抜け出させない。
 
しかし、私が出会ったエイリアンは私に非常に異なる話をしました。彼らは、何千年もの間、銀河間戦争が進行しており、サタンと彼の堕胎天使として知られるグループのリーダーがこの惑星で追い詰められていたと言いました。惑星地球は隔離されているので、それらは最終的に捕獲され、古い戦争は終了します。その場合、隔離が解除され、人類が宇宙に解放されます。
 
これらの選択肢のどれを好むかに関わらず、または上記のいずれも当てはまらないと感じたとしても、ここと現在の私たち自身の行動を通して、ニューエイジまたは終末の出来事を開始すし、現実を強要する実用的な方法があります。
 
まず、世界平和に到達しなければなりません。 これは、人間が「神の」干渉なしに行うべきことです。 この惑星での軍事産業の大量殺人の正当化はないはずです。 世界で最も強力な力-米国、ロシア、中国-はすでに合意しており、中東、ウクライナ、アフリカの一部、およびその他のホットスポットで最終的に世界平和が交渉されています。
 
2番目にやらなければならないのは、環境破壊を止めることです。繰り返しますが、これは共同決定をすれば非常に簡単にできる。

熱帯雨林のさらなる燃焼を止めるために、ブラジルとインドネシアに特殊部隊を派遣することを意味します。また、保護地域で絶滅危to種を保護するためにこれらの力を展開することも意味します。これはすでにかなりの範囲で起こっています。
 
私たちがしなければならないもう一つのことは、世界の貧困をなくすことです。貧困は人間の潜在能力を低下させます。森林を焼いて家族を養う飢えた農民は、環境悪化の最大の原因の一つです。インドは過去10年間で2億7,100万人を貧困から解放しました。世界は今や最終的に貧困を終わらせるためにアフリカと他のいくつかの場所に焦点を合わせなければなりません。
 
惑星の緊急作業が完了すると、私たちはここ地球上で楽園を作り始めることができます。 たとえば、新たに発見されたヒトゲノムの制御では、不死性と超大国を獲得できない理由はありません。
 
読者への注意:このレポートは、毎年恒例の休暇を取るときに事前に作成されています。 画期的なイベントが行われている場合にのみ、ニュース速報を報告します。 最新ニュースを含む次のレポートは、8月19日に公開されます。 ご理解いただければ幸いです。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
表題で掲げた命題に対する答えは何なんでしょうか?なにもありません。適当に文献を繋いでコピーしたものと思われる。
 
内容については過去に何度もフルフォードさんからも聞いているし、他のブログからも聞いている。本当かどうかは分からないが。
実はトランプがずっと、これらを含む多くのことを暗示している。それを開示できない状況が続いていると理解している。やがてすべてが開示されるものと思っている。そのためにも今多くの戦いが行われていると思っている。
 
いまここで、こんな話をすることは何の意味合いを持つのでしょうか?いよいよ差し迫ったということ???そういう話をして頂かないと、理解はできないが、聞いていますよ、あなた以外からも。
 
次の最新レポート(有料ですよ)を読むと、この話の意味合いが分かることを期待します。
 

∞ フルフォードレポートでは、主に世界の地政学的な情勢分析のみに終始していて、宇宙での光の銀河連合やSSP(秘密宇宙プログラム)関連の活動に関する情報にはいっさい関知せず、いつも物足りない感じを持っていましたが、このレポートによると、彼が宇宙で起きていることにまるで関心が無いようにも見えます。それが彼の特質なのかどうかはわかりませんが、ただ、彼を裏で操る闇さん達がいるとしたら、フルフォードレポートは地上の闇勢力によってSSPの活動に言及しないようにコントロールされているという推測も出来ます。もしそうであれば、今回に限らず過去のレポートに「嗚呼、悲しいではないか!」さんが嘆いていらっしゃった、いくつか、‘へんちくりん’なレポートがあったことも理解できます。・・(^_^;)


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 08:56 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/05)
∞  最近のレポートでは「嗚呼、悲しいではないか!」さんの手厳しい突っ込みが多くなっています。 (^_^;)

 


 
フルフォードレポート
2019年8月5日
 

◆ 世界政府と交渉中の権力センター
 
この秋は、ついに第二次世界大戦後に建てられたシステムを置き換えるために設計された世界憲章の発表となるかもしれない。(訳者注:もう5年位同じ言い方しています。この文章のままです)米軍産複合体、アジア秘密社会(訳者注:誰れ?)中国共産党、英国連邦、バチカン、ロシア正教会、イスラム教徒、そして他のグループがみなこの惑星は従来のままでは運営できないことを基本的に合意している。彼らはまた、緩(ゆる)いが統一された惑星連合について合意をし始めている。(訳者注:言葉は何年も聞いているが、統一された惑星連合の中身は?)
 
主要な問題は戦わずに消えるつもりのない旧体制の制御者にある。スイスの分析では、フォーチュン社およびその他の大企業の取締役会に座っている約700人の中心グループを発見した。
 
我々はこのグループをハザール・マフィアと呼びます。ハザール人は依然として、巨大石油会社やグーグル、フェイスブック、アマゾンやアップルと言ったインターネット巨人と偽ニュース企業メディアを含む多くの巨大企業を支配している。彼らの最大の権力は、もちろん、中央銀行の所有権であり、それが彼らが企業を掌握するために使用したものである。
 
このグループは世界権力特に西側のトップレベルに侵入するために殺人、買収、嘘を使ってきた。彼らはまた戦略的に彼らの娘を権力者と結婚させてきた。例えが、我々はロシア人、NSAや他の情報源から、ドイツ首相アンゲラ・メルケル、英元首相テレサ・メイと他の指導者たちはアドルフ・ヒットラーの娘である見出している。我々は今、元米大統領のバラク・オバマの母親もまたヒットラーの娘であったことを見出している。それは、映画「ブラジルからの少年たち」が少年ではなく少女であることを除き真実に基づいていることが分かっている。
 
私達はまたクリントンが実際にロックフェラー家族の一員であることを発見した。ビルクリントンの母親はロックフェラー(父親ではなく母親)、ヒラリークリントンはデビッドロックフェラーの娘でした。そして、もちろん、FacebookのCEOであるMark Zuckerbergはデイビット・ロックフェラーの孫です。
 
ハザール人は彼らの姓と経歴を彼らの世代間の支配の経歴を隠すために変える。例えば、我々はブッシュ家の名前はシェリフ、ピアースそして最後はイタリアの黒の貴族のペッチ家と交換したことを追跡した。
 
ハザール・マフィアのの権力構造について注意すべきもう一つのことは、彼らが実際に一神教制度において神の役割を果たす人を持つと言うことである。もちろん、彼らの神はルシファー、バアル、サタン、モレックなどとして知られています。
 
ユダヤ人の歴史を勉強すれば、多くのユダヤ人がイスラム教徒やクリスチャンと同じようなシステムを持っていることがわかります。 ここがヌーフィア、つまり脳の雰囲気の概念が効いてくるところです。たっている総体的な考えるプロセスがあります、そして、特定の時代の特定の人々は最終的な決定がグループ意識でなされる重要な結び目になります。意識的に、または無意識に、最終的な裁定者となっている社会集団の中の人が「神」です。
 
第一に、シーア派イスラム教徒の場合、彼らの最も強力な指導者は...アサキンとして歴史を通して私達に知られているアハカーン、ムハンマドの子孫であり、イスマイ一族の指導者である。彼らの秘密結社はブルーまたはグリーンドラゴンとして知られています。彼らはおよそ2億人のシーア派イスラム教徒を支配する大きな力を持ち、彼らが国を支配するのを助けるためにイギリスと契約したインドのような場所で大きな影響力を持っています。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
ここからは反イルミナティテレビの事前翻訳です。
 
彼はまたイランの支配者です。彼らは、一流の一般公開の仲介者の仲間に人々を導き入れ、彼らが従わない場合は彼らが脆弱であることを彼らに知らせることによって彼らの力を獲得します。彼らはいまだに一つの惑星という考えに賛成していません、そしてそれがイランの緊張がまだたくさんある理由の一つです。うまくいけば、彼らは今秋の交渉の間に持ち込まれるでしょう。
 
スンニ派イスラム教徒は、シーア派のような現在、一元管理下にありません。特にエジプトでは、中央統制に最も近いのが主要なイマーム(導師)でしょうが、このシステムは今日では間違いなく一元化されていません。サウジアラビアの王族は、イスラム教徒ではなくハザール悪魔主義者であり、彼らのペトロダラーでスンニ派イスラム教を統制しようとしましたが、基本的には売春婦と傭兵しか持っていません。幸いなことに、彼らは今や米軍のホワイトハットの支配下に入り、キリスト教の階級に従っている(下記参照)。
 
ユダヤ人は、彼らの立場では、大まかに言って二つのグループ - 世俗的なものと宗教的なもの - に分けられています。世俗的なユダヤ人は、通常、無神論的、不可知論的、または漠然とした宗教的です。もし彼らが神を持っていたら、それは金の神であるマンモンでしょう、そして私は金の泉を所有する家族 - 連邦準備制度理事会 - が彼らの神であろうと思います。この役割は、ビルダーバーググループ、外交評議会、および三極委員会の委員長を務めたデビッドロックフェラーによって長年にわたって行われてきました。彼はペトロダラーシステムの最後のボスであり、彼の死は大きな空白を生み出しました。
 
米国の政治システムにおける混乱と闘争の多くは、それが残した空白を埋めるための闘争にまでさかのぼることができます。彼のカバン持ち、ヘンリー・キッシンジャーはそれに取って代わることはできなかった。彼の娘ヒラリークリントン(ロックフェラー)に率いられてロックフェラーの相続人は、米大統領ドナルドトランプに米国選挙戦を失って以来、激しい戦闘を戦ってきました。
 
ドナルド・トランプの大統領の誕生は、ロックフェラーの支配の継続に反対することに満場一致で一致したいくつかの派閥の連合の結果でした。
 
その一人はロスチャイルド家で、ロックフェラーが20世紀にアメリカや日本で彼らを追い出したので、拒んだ。だからこそ、ロスチャイルドの元従業員の多くがトランプの戸棚に入っているのです。 「ロスチャイルド」は、母方の側で聖書のダビデ王から派生したと主張する貴族のヨーロッパの家族のグループの略語として理解されるべきです。彼らは信仰が大体Torah派(旧約聖書派)とTalmud派(バビロニア旧約聖書派)の部分に分けられる宗教的ユダヤ人の指導者と見なされるかもしれません。
 
トランプ大統領の背後にあるもう1つのグループは、グノーシスティックイルミナティによって支配されている合衆国の軍産複合体で、血統の統治と実力主義に反対しています。彼らは宇宙がそれを作成した誰もが悪であるように悲惨さと苦しみに満ちていると彼らは信じています、そして彼らはそれを倒しそしてそれを自分でコントロールしようとします。
 
トランプ大統領の背後にいる人々は、アジアの言っているように、「同床異夢」でした。ロスチャイルド派閥はトランプを彼のエイリアン親イスラエル人の立場に押し込むものである。彼らはまた、彼にイラン、北朝鮮、シリア、ロシアまたは他のどこかを攻撃させることによってハルマゲドンを始めるように彼を挑発しようとします。彼らはこれがメシアをもたらすと誠意をこめて信じています。
 
P2フリーメーソンロッジは、キリスト教のカトリック側の背後にいる人々です。 彼らの長期計画は、ローマをモデルにした強力に中央集権化された世界政府または新世界秩序でした。 彼らはジョージ・ブッシュ・シニアの背後にいましたが、今では彼らの忠誠心を変え、グノーシスのイルミナティと不快な同盟を結んでいます。 彼らは、テンプル騎士団、マルタ騎士団、ドイツ騎士団の騎士、ホスピタリストなどの騎士団の命令を管理するため、軍産複合体に非常に影響力があります。
 
キリスト教のプロテスタントの半分はより緩やかですが、主にスコットランドの儀式フリーメイソンとイギリスの女王へのイギリス連邦について報告します。彼らはまた、現在存在する憲法君主制を含むという条件付きで、実力主義的な世界政府を望んでいるグノーシス主義の啓蒙主義者とP2にも大まかに焦点を合わせています。
 
当分の間、これらの力はすべて、サタン、ルシファー、バアル、モレクなどを崇拝するグループを転覆するために団結します。彼らは多かれ少なかれ、西欧の力の三本柱-財政、宗教、軍事-をコントロールすることに成功しました。これらは、ロンドン(金融)、ローマ(宗教)、ワシントンDC(軍事)のエジプトのオベリスクに象徴されています。しかし、最終的な合意に達する必要があります。できれば、イングランドや日本などの伝統的な君主制を含む緩やかな世界同盟の形で。
 
今、私たちは中国とアジアの秘密結社をこの構図に載せます。第二次世界大戦の前、アジア人は多かれ少なかれブラックドラゴン協会の下で団結していた。このグループは、ナチスが第二次世界大戦に勝ち、その後、非ヨーロッパ人種を根絶する計画を実行すると信じていました。彼らは、より大きな東アジアの繁栄の領域の背後にあるグループでした。日本と黒竜は、第二次世界大戦中に表面的にナチスと同盟を結んでいましたが、東、西、北、南の間の必然的な対決と考えられるものにひそかに準備を整えました。
 
現在、Black Dragon Societyは以前の影もなくなっている。その代わりに、赤、青、緑、白のドラゴン協会の同盟があります。彼らは、私たちは皆同じ創造から生まれ、同じ惑星を共有していると信じています。彼らはまた、ゆるい世界の協会を信じていますが、ヨーロッパ人だけでなく、誰もがトップに上がることができるようにしたいのです。彼らは、世界の人口の65%とGDPの世界最大のシェアを持つアジアは、地球を統治する階級にふさわしいと考えています。
 
彼らはまた、連邦準備制度理事会に1912年から2012年までの任務を与えることに同意したときにこれが約束されたと言った。アジアの秘密結社は、FRBの背後にいる人々がこの約束を拒否したと言います。ホワイトドラゴンソサエティとそのアジア同盟国との間の暫定合意により、ヨーロッパ人が世界連邦の最初のリーダーとなり、アジア人がそれに続くことが規定されています。その後、人種や民族に関係なく、最高の仕事は最高の人に行きます。
 
新しい連邦は、貧困を終わらせ、環境の悪化を止めるために、数兆ドル規模の大規模なキャンペーンを開始します。 これに続いて、ジュビリーや場合によっては新しいカレンダーなどの大きなお祝いが行われます。 その後、新しい時代が始まります。
 
もちろん、悪魔は随所におり、これが明らかにされるまで、公の発表は期待できません。 これらの交渉については、この秋に再開する際に詳細に報告します。


∞ このレポートによると、今後に予期される、RV、株式市場崩壊、金融システムリセットなどを経て世界統一政府としての「世界連邦」が創設されるようです。当然、デープステート/カバールは完全に排除されているはずですから、世界の全ての人々が祝福することになると思いますが、当面は世界の国境や宗教問題などが解決されるまでは困難を極めるかも知れません。従って、真の連邦政府が成立までは、光の勢力である地球同盟が連邦政府の仮のホストとしてETさん達とのファーストコンタクトなどを取り仕切るなど、予想される多くの課題をこなす必要があるでしょう。その後、状況に応じて本来のホストへ移管されることになるでしょうね。
 
「ヨーロッパ人が世界連邦の最初のリーダーとなり、アジア人がそれに続くことが規定されています。その後、人種や民族に関係なく、最高の仕事は最高の人に行きます」
 
世界連邦の初代となる人物はヨーロッパ人で、次はアジア人が予定されているようです。もし、日本人が指名されたら地球の未来は調和のとれた高度な社会として、ETさん達の訪問にも太陽系のホストとしての大役をそつなくこなす成熟した連邦社会になるでしょう。
 

(^_^)/ カモネ !
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:36 | comments(0) | - | - |