Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
2017/12月 目立った動きはありません。 (^_^;) イツモノトオリヤ。    
12月その2 特になし。(^_^;)
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • 「ホログラムは幻想」という事実をしっかりと落とし込んだうえでの、自己創造開始
    mirai (01/22)
  • 「ホログラムは幻想」という事実をしっかりと落とし込んだうえでの、自己創造開始
    mirai (01/22)
  • 「ホログラムは幻想」という事実をしっかりと落とし込んだうえでの、自己創造開始
    リリ (01/22)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    リリ (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    mirai (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    リリ (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    mirai (01/20)
  • アストラル界からのインタビュー チャールズ・マンソン (01/18)
    リリ (01/19)
  • COBRA状況報告 (11/06) 物理的な介入
    mirai (12/03)
  • COBRA状況報告 (11/06) 物理的な介入
    菅原 (12/03)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フルフォードレポート英語版 (01/22)
∞ 果たして、スイスのダボスでの会合に期待できるのか?



 
フルフォードレポート
2018年1月22日
 
スーパー・ブルー・ブラッド・ムーンが近づき、世界の将来が二週間以内に交渉される


トップレベルの交渉がその代替を議論し続けているので、週末の米政府の閉鎖は永久になる可能性が高いと、複数の情報源は認める。西側旧世界指導者たちが今週、スイスのダボスに集まってこの問題を議論することになっていると、その情報源は言う。
 
一方、国防総省情報筋は、開会中でないので不逮捕特権もないので、議会が逮捕されるように閉鎖は調整されたと言う。さらに情報源は、米大統領ドナルド・トランプは、海軍が悪質な潜水艦を捜索し、軍は徒党を逮捕し、政府を解散させ、共和国を世界共通通貨リセットで導くために政府閉鎖を使用するよう、1月18日に国防総省で幹部将軍と会うように要求された。
 
さらに、その情報源は、「下院は司法省、FBI、民主党全国委員会、CIA内の犯罪者とオバマとヒラリークリントンの連合を逮捕することになるFISAメモを公開するかもしれない。「トランプは1月30日に連邦議会でメモを読み上げるかもしれない」と、その情報源は付け加えた。
 
その情報源はまた、「ジンバブエの野党指導者ロイ・ベネットは、ジンバブエドルを固め、世界共通通貨リセットの道を開くために、ニューメキシコで殺されたと言っている。金担保ジンバブエドルは、現状の偽物であるロスチャイルド支配の通貨に置き換わる新アフリカ通貨として多くの人から押されている。
 
しかし、国防総省とその機関の人々が想像しているように、世界共通通貨リセットは世界中から進められそうであり、状況は極めて激しく、米国の統制から抜け出ることは、まだまだ確定はできない。
 
心の止めておくべき最も重要なことは、米政府はこの惑星の歴史上最も恩恵を受けている政府であり、その負債の多くは中国が負っている。もし米国が負債から一方的に手を引くならば、国防総省が世界中で行動できることを認めている米ドルシステムを支配することはもはやできなくなるなるだろう。その結果、すでに米政府の閉鎖で給料を受け取っていない米兵士たちは、路上で物乞いしたり、または世界中で銃で強盗をするだろう。この状況を裏付けるように、中国の格付け機関Dgongは米ソブリン債や地方政府負債をマイナス見通しでBBB+に引き下げて、ペルーまたはモロッコの下に置いた。
 
彼らが米の借金について言わなければならないことは、次の通りです。
 
経済基盤上の上部構造への長年の悪影響は、連邦政府の債務支払先を悪化させ続け、大幅な減税によりこの傾向はさらに悪化するだろう。債務主導の経済発展への依存度の高まりは、引き続き連邦政府の支払い能力を蝕み続ける。
 
Dagongはおそらく、問題の深さがどれくらいかは理解していないでしょう。国防総省は社外監査による初めての監査で、1998年から2015年の間に21兆ドルが行方不明になっていることをすでに知っている。これは2016年の米軍予算の35倍に以上です。
 
CIA、MI6、国防総省筋によれば、行方不明のお金は・・・・・正式な政府の外に巨大な傭兵軍を築き上げるために使われた。これらはISIS、イエメン戦争、ブラックウォーター/アカデミア等の背後にいる人々である。また、情報源は、お金の多くは秘密宇宙計画に使われたと言っている。
 
我々はここで見えている世界に焦点を当てようとしているので、秘密宇宙計画のどの部分が我々「表層人間」のメンバーに見えているかを見てみましょう。すぐに気になるのは、テスラモーター社と宇宙計画Xのデリック・ムスクである。テスラモーター社の時価総額は3,500億ドルであり、売り上げの50倍、利益の218倍です。時価総額は利益の10倍で、伝統的に合理的であると考えられていた。明らかに、ムスクは最近、魔法を使って作り出された私有中央銀行のおかしな金のすべてにとって主要な資金洗浄チャンネルである。また、国防総省とNSAの両者は、最近の北朝鮮のミサイル脅威の背後にいる本当の容疑者であると認めていることを覚えておくことは重要である。
 
その後、アルファベット/グーグルが登場した。その最近解雇されたエリック・シュミット会長は、最近のミサイル騒動が始まる前2013年に北朝鮮を訪問している。グーグルは今、マレーシア航空370便と17便の行方不明と、微生物者とコンピュータ技師の消滅に繋がっている。
 

https://www.veteranstoday.com/2018/01/19/new-evidence-did-google-down-mh-17-killing-238/
 

いずれにしても、ハザールマフィア徒党達が近年、核兵器を発射し、ハルマゲドンを開始するための無数の企みを見てきたが、しばしば不思議な力によって各時間が止められるだけであった。
 
我々の今の国防総省情報源は、「秘密宇宙計画はハワイと日本を狙った核ミサイルを破壊し、徒党が地球を去ることを止めるために使われたかもしれない」と認めている。
 
一方、惑星地球の羊飼い牧場の表面に戻ると、米国西海岸の寡頭勢力は彼らのカルフォルニアの要塞で攻撃を受けていることは明らかだ。最近の不思議なカルフォルニアの火災に続いて、ネバタ州リノで同様な不思議な地震群が続いている。リノはロスチャイルド家が集まっている地球上最後の主要な規制のないオフショア・バンキング・センターであることを覚えておいてください。
 
リノの地下基地は反重力円盤技術と南極のナチの活動に繋がっている。このニュースレターが公開されると、この証拠とつながりのあるリンクがインターネットから削除された。
 
おそらくそれが、南極探検の名声バード提督の親戚であるCIA上級幹部が、1月31日にスーパーブル−ブラッドムーンの前とその最中に、白龍会の代表と惑星地球の将来について議論するために、会合を要求している理由であろう。会合は来週、東南アジアの非公開の場所で行う予定である。うまく行けば、2018年2月5日版のこのニュースレターで読者の為に有用な会合の詳細について報告する予定である。
 
米国の秘密政府は、現在の米国の社会契約が絶え間なく崩壊しているので、かってないほどの圧力を受けているのは間違いがない。これは2014年以降の人口上位の1%の富が指数関数的に増加し、持続不可能なことを示す、下のグラフを見れば明らかである。
 
カリフォルニア州での状況は今のところ最も重大なものかもしれません。裕福なカリフォルニア人の家の隣に、ホームレスのための巨大なテントキャンプが登場しました。さらに、怒りは、AppleとGoogleの従業員を輸送しているバスに石を投げつけたり、銃撃されているところまでに達しています。
 
この緊張した背景により、カリフォルニア州の農村部はサンディエゴ、ロサンジェルス、サンフランシスコの沿岸地域から離脱している。このようにしてカルフォルニア州政府と地方市長は、米国連邦政府に対して公然と反乱に出ている。だから、米軍はカルフォルニアでの大量逮捕によって東海岸ハザール寡頭勢力の逮捕を始めたと、国防総省情報筋は言う。
 

国際的には現在の米企業政府は地球上で支持を失いつつある。ここではそのいくつかを示す。
 
米NATO同盟国のトルコはシリアの米軍支援軍を攻撃し始めた。
 
長年の米同盟国パキスタンは米国との同盟を公式に止めた。
 
南北朝鮮はオリンピックの共同チームを結成して、世界に向けて人間として人工的に分裂されたくないし、第三次世界大戦を始める言い訳に使われたくはないと言うメッセージを送った。
 
カナダ、インド、日本、ブラジル、中国とEUはトランプの保護主義貿易政策を攻撃している。
 

EU中央銀行は準備金を米ドルから中国元に転換している。
 

https://qz.com/1180434/europes-central-banks-are-starting-to-replace-us-dollar-reserves-with-the-chinese-yuan/
 

今週、スイス・ダボスで行われるに西側(太平洋同盟)諸国の集まりに緊急性を与えているのは米国企業政府の断末魔の苦しみである。そこで、ある派がアメリカ共和国の修復を推進している。もうカナダの友好的買収と完全に統制された北アメリカの創設への資金提供を求めている。どちらの派も共通していることは、米国の覇権を中国の覇権に置き換えるだけではないと言いう希望です。
 
中国側は、アジアの秘密結社に高級メンバーによると、地球のすべての人々にとって友好的で公平な世界政府の創設を手助けたいと言っている。彼らは中国の覇権を望んではいないし、求めもしいないと主張している。しかし、一部の派は西側から惑星を支配することは中国の支配に向かうと考えていることは明確である。
 
いずれにしろ、物事が進むに連れて、より多くの時間が過ぎれば、中国がより強くなり、西側が弱くなる。西側社会は今や借金におぼれており、社会的に不均衡な富を抱えており、人口の高齢化や老化が進んでいる。このため西側諸国は、政府、社会、経済構造を根本的に改革する必要がある。記念祭と一時資産再配分を含む復活の代替案は、現状の構造を広範に終わらせる安定した崩壊になるだろう。カルフォルニアは前触れに過ぎない。
 


∞ 注目点。
 
「トップレベルの交渉がその代替を議論し続けているので、週末の米政府の閉鎖は永久になる可能性が高いと、複数の情報源は認める。西側旧世界指導者たちが今週、スイスのダボスに集まってこの問題を議論することになっていると、その情報源は言う」
 
“週末の米政府の閉鎖は永久になる可能性が高い”とありますが、今日のヤフーニュースでは閉鎖は解消される見通しと伝えています。
---------------------------------------------------------------------------------------------
■ 米政府の一部閉鎖、解消へ 上院、つなぎ法案動議を可決
 
米連邦政府の暫定予算が失効し、政府機関が一部閉鎖となっている問題で、上院は22日、来月8日までのつなぎ予算案の動議を可決した。野党・民主党が求めていた不法移民の救済策について、与党・共和党が法案を検討することで合意した。トランプ大統領の就任1周年の20日から続いた政府閉鎖は、3日目で解消される見通しとなった。(朝日新聞デジタル)
---------------------------------------------------------------------------------------------
しかし、永久閉鎖の可能性は消えた訳ではなく、いずれ近いうちに閉鎖されなければならないでしょうね。
 
「・・国防総省は社外監査による初めての監査で、1998年から2015年の間に21兆ドルが行方不明になっていることをすでに知っている。これは2016年の米軍予算の35倍に以上です。・・CIA、MI6、国防総省筋によれば、行方不明のお金は・・・・・正式な政府の外に巨大な傭兵軍を築き上げるために使われた。これらはISIS、イエメン戦争、ブラックウォーター/アカデミア等の背後にいる人々である。また、情報源は、お金の多くは秘密宇宙計画に使われたと言っている」
 
いよいよ、SSPの存在とその正体にメスが入りそうです。本格的なディスクロージャー前に暴露されると、あとは一気にディスクロージャーへと続くのでしょうが、まだ゙続いている光の銀河連合によるプラズマ領域のキメラグループの掃討が完了するまではだめでしょうね。

(^_^)/


 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (01/15)
∞ 全体的に分かりにくい感じのレポートになっています。(-_-;)
 



 
フルフォードレポート
2018年1月15日
 

■ 米国株式会社政府に対するかすかに見えてきた最終対決として血統家族とイルミナティの間に緊張が高まっている
 
石油ドル体制の米国株式会社政府はまだ手当てがついていない1月31日の支払期限が迫っている一方で、1月18日の金担保の元建て石油取引に直面しているので、世界的緊張は目に見えるように増加している。
 
この極度の緊張の一つの兆候が、徒党の潜水艦はハワイの攻撃を止められ、潜水艦は沈められた。先週、やってきたと、国防総省情報筋は言う。世界中のメディアは、ハワイの住民は携帯電話に次のような警告を受け取ったと、報道している。「ハワイを目がける弾道ミサイルの危険がある。直ちにシェルターを見つけよ、これは訓練ではない」しかし、これはのちに誤警報であったと報道された。それは違う−それは北朝鮮の所為にする徒党による企みであった。そして彼らが長く待ち望んだ第三次世界大戦のきっかけであったと、CIA情報筋は言う。
 
その攻撃に地震と火山活動の増加が続き、それはチリ、ペルー、パプア・ニューギニアあるいは水中の潜水艦基地の攻撃になり得る可能性があると、国防総省情報筋は言う。米国防情報局のポール・レインは以前この著者に多くの水中基地が存在すると言っていた。これらの基地は全面攻撃を受けているようである。
 
北アメリアの王室総理大臣である閣下殿下アーネスト・ロスチャイルドと主張する人がこの著者に接触してきて、米国連邦/アメリカ合衆国はUSNAの下になると主張した。彼は銀河が彼の主張を実行するために今到着したと述べた。彼は彼の主張を裏付ける多くの文書を提供した。それはその提供された所在地はワシントンDC内の仮想オフィスに過ぎないと言うコメント以上のものはない以下にリンクされる。
 
いずれにしても、銀河系と水中基地は別として、目に見えて、ここそして今の地政学的領域に多くのことが起こっている。先週、これは特にドナルド・トランプを代表とする米軍事政権と世界の多くの国との間の緊張の中で明らかになった。
 
国防総省筋は、「徒党の兵士MS−13(サルバドール・ギャング)に対する戦争は、トランプが米国の北東部でMS−13のリーダーを逮捕し、20万人のサルバドール人の一時保護を中止し、6万人のホンジュラス人にも同じことをする可能性があるので、激化挿げ紀あk(?)していると言っている。
 
さらに、「トランプは司法省が全てのオバマ政権を逮捕するための援助として、オバマ大統領図書館からすべての機密犯罪文書を押収した」と、その情報筋は続ける。
 
サウジアラビアと米国の掃討の後、欧州の掃討がグローバリスト(元EU委員長、ゴールドマンサックスのピーター・サザーランド会長)の死によって始まると、彼らは続ける。
 
同筋はまた、「トランプはダボスに勝利するためにロンドンを狙っている」と言っている。
 
しかし、その勝利も時期尚早であることは明らかである。アジアのCIAと情報筋と米国のロスチャイルド家の情報筋は、3月について次のように述べている。
 
「偉大な金融緩和の始まりです」
 
CIAは次のようににい説明した。「ダウ・ジョーンズ社は3月中旬までに3万人に達する。これは国民の液状化した資産を全て排水するのに必要な数です。事件が起こり、栓が抜かれ、そして崩壊が始まる。これは世界的な津波に繋がる波紋になるだろう。これが彼らの現在の計画である。「3月のどこかで栓が抜かれたときにやってくることは、ロシア、中国、インドとインドネシアが関与する金担保通貨が一緒になって稼働する」と、その情報源は付け加えた。
 
CIA情報筋は、トランプ政権のクリントン財団の調査は、非常に多くの政府がそこへ寄付をしているので、世界的に非常に厄介な問題となるだろうと指摘もした。
 
ハイチの地震と津波の時に、我々は米国防衛諜報庁から、クリントン財団が特にハイチに関して大量の横領の罪を犯していることは間違いがない。徒党の潜水艦によって海底に埋められた核兵器によって引き起こされたと、伝えられた。財団に関するFBIの目下の調査は究極的にはこの事実に至り、そしてそこから2011年3月11日の福島の同様な攻撃に繋がってゆく。
 
しかし、これらすべてがいかに複雑であるかを示すために、徹底的な文書証拠は、福島からの軌跡はP2フリーメーソンロッジとトランプのビクトリーランをとることになるダボスのその人たちに繋がってゆく。
 
また、我々の国防総省情報筋は以下のような声明を送ってきたので、それをそのまま読者の伝える。「ニューヨーク、ロスアンジェルス、サンフランシスコ、シカゴと英国、フランス、ドイツ、スェーデンと黒人とイスラム人によって劣悪化され、犯罪とテロの為にイスラエルに引き渡された白人国のような聖域都市はに対して、「劣悪な場所」という言葉が使われるであろう。
 
さらに、その情報源は、「トランプは、私生児のハリーと反黒人のメガン・マークルの結婚式で白人種を大量虐殺するために黒人と白人を混合しようと助長したかどで、女王と根性の腐った王族を非難するかもしれない、そして一方でジェフ・ロリッタ島へ行っていたアンドリューはEU小児性愛者リストのトップになるかもしれない」と付け加えた。
 
この声明は多くの欧州人と欧州系アメリカ人の間で、広まった見解であることは疑いの余地がない。人種、民族性、犯罪、社会的成果などの結びつきについての真の議論を妨げてきた過度の政治的正義の結果、このような見方は背景にうごめいている。例えば、アフリカ系アメリカ人が占める特定の地域では、ヨーロッパ系アメリカ人が住んでいる地域よりも犯罪率がはるかに高いという事実です。これが真実ではないふりをしたり、あるいは歴史的な不公平にそれを責めることは、問題を解決するつもりがないと言うことである。
 
同時に、トランプをアフリカの「シットレ国」に言及するための人種差別主義者であると盲目的に(一部によれば)攻撃することは、アフリカ諸国が他の世界に比べ圧倒的に貧しく、発展していないという事実を無視している。
 
さらに、私のアフリカ系アメリカ人とアフリカ系アメリカ人の友人たちは、ヨーロッパ諸国でこれまで経験してきたように、アジアにはそれほど多くの人種差別主義があると報告しているので、この問題を「白人優位主義」と呼ぶのは過度に単純化しすぎである。
アジアと西洋諸国がより包括的な世界を交渉するにつれて、アフリカの問題は正直に調べる必要があります。おそらく、アフリカ人が資源の適正価格を支払われれば、サウジアラビア人のように非常に急速な開発と近代化を経験するだろう。
 
いずれにしても、この議論をより建設的に再開するために、トマトの例を使用したいと思います。ミニトマトと巨大なトマトとオレンジ色のトマトがありますので、明らかに遺伝的な違いがあります。同時に、遺伝的に同一の2つのトマトをとり、日光、肥料などの理想的な条件で作物を作った場合、数百のトマトが生った巨大な植物が得られます。同じ種をとり、それを非常に貧しい状態に置くと、たった一つしか生らない発育を阻害された植物が得られます。だから私の見解では、人々が遺伝子や人種差別について議論する前に、地球上の各人間が可能な限り最大限に繁栄できる環境があることを確認する必要があります。
 
過去のイングランドでは、様々な父親から多くの子供を産んだ売春婦がいました。これらの「私生児」は貧しい状況で成長し、犯罪者や娼婦の自己永続的な基盤の一部となる。英国では、この最下層階級は、例えば教護院、売春などの禁止等の多くの処置によって廃止されました。おそらく、ドナルド・トランプは人種差別の告訴を避けるために、勤勉な中流階級のアフリカ系アメリカ人に、同様の方法で、現在米国で不相応な量の犯罪の原因となる類似したスラム街最下層階級(祖先で遺伝的に70%以上ヨーロッパ人である多く)に対処するよう、頼むことができました。
 
我々は事前のたわごとで、厄介な問題の蓋を開けたと認識しているが、時には議論の余地のあるものに蓋をしても解決には至らず、この種の議論はあまりにも長く抑止されてきた。
 
いずれにせよ、地政学的状況に戻って、米軍事政権が英国、フランス、ドイツ、スウェーデンを敵と呼んでいることがわかります。それは、彼らがまだ持っている友人ことを疑わせることになる。
 
答えは、米国の最も近い友人であり隣人のカナダによって提供されるかもしれません。カナダ政府は今週、バンクーバーの20カ国以上の国々との会議を「北朝鮮を議論する」と呼びかけた。これには、英国、米国、フランス、ドイツ、インド、タイ、韓国、日本など北朝鮮と戦った国々韓国、中国、ロシアが含まれる。北朝鮮はただの表の話だ。集まっている国々は、実際には中国と、彼らの差し迫った計画である、米ドル、ユーロ、日本円の代わりに金に裏打ちされた通貨について話している。
 
カナダは、米国とは異なり、世界各地の人々、あらゆる種類の民族的、文化的、人種的背景をうまく生き生きと調和させて成功しています。今週のバンクーバーでの実際の議論は、破産しそうな企業の米国政府を誰がどのように代理するのか、そして中国とその同盟国との交渉スタンスがどうなるのだろうかとなるであろう。

 
∞  誤記の部分はほぼ訂正できましたが、“激化挿げ紀あkしている”は訂正できませんでした。(^_^;)
 
今回のフルフォードレポートは今までのものと違って、ある程度の事情通でないと理解しがたいようです。
 
分かるところは、冒頭部分の米国株式会社政府が今月末の支払にどう対処するのか、そして中国の1月18日の金担保の元建て石油取引にどのように対処するのかということや、ハザールマフィアによるハワイへのミサイル攻撃とその後に続く第三次世界大戦へのシナリオぐらいです。
 
もう少し詳細な情報が欲しいところですが、おそらくハザールマフィアの思惑は諸般の事情からも今後に実現しそうになく、後は彼らの敗北が確定するだけという観測で良いのかも知れません・・・。

(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 08:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードからの緊急アラート (01/15)
∞ ハワイーのミサイル攻撃は現実だったようです。(-_-;)

 


 
フルフォードからの緊急アラート
2018年1月15日
 

▼ 昨日、徒党はハワイを核攻撃しようとしたのか?
 
ベンジャミン・フルフォードによるホワイトドラゴン編集者への手紙
 
ジンバブエドル品は詐欺です。私の情報源が私に語ったことは、スイスと英国同様インド、ロシア、中国、インドネシアは少なくとも新しい金塊担保新通貨を支持している。何兆ドルもの金が魔術のように紙の中から出てくることはない。
 
私はハワイのことは直接知っている訳ではないが、しかし、北朝鮮がハワイを攻撃したように見せかけるイスラエルの企みは意味をなす。
 
2018年1月15日
 
こんにちはベン、これが本当の説明になるかどうかは分からないが、私はそれを送ろうと思った。それは、多くの人に何が起こっているかを考えさせる。RVはジンバブエ・ドル、そして他の通貨とペッチリ債で始まる準備ができている。私はもっと知っているが、何かを危険にさらしたくないので、言うことができません。
 
徒党は昨日ハワイを核攻撃しようと企みましたか?RVは政府のミサイル警告は本当であったと言っている。ハワイ中の人々は飛来する差し迫ったミサイル攻撃に対する政府の警報を受け取った。
(BF)
 
情報源−RVインテリジェンスアラート−

2018年1月13日
 
昨日、1月12日、ハワイの沖合で異常を検知したので、RVの発信を中止した。
 
本日、1月13日、徒党はハワイ諸島を攻撃して、それを北朝鮮の所為にしようとした。
 
(情報源は、ハワイの本日の警報は隠蔽の話であったことを確認している。攻撃は真実であった。メディアは「北朝鮮がハワイを攻撃した」物語を事前に準備していた。攻撃が失敗したとき、徒党はパニックになった。隠蔽の話は直ちに作られ、攻撃は誤警報として処理された。緊急放送システムは嘘をつかない。案違ってボタンを押すことはあり得ない。これは、戦争を作ることによって移行プロセスを狂わせるもう一つの秘密グループ試みでした。)
 
ミサイル発射はハワイ沖の太平洋で検知された。昨日1月12日に検知されたと同じ異常地点からの発射。ミサイルは直ちに傍受され、破壊された。異常点は核ステルス潜水艦であることが判明した。核ステルス潜水艦は、攻撃の企みの直後に特定され、破壊された。
 
惑星探査では2日前の11日には検出できていない。同盟は、太平洋のどこかに位置する深い地下軍事基地の一つから来た潜水艦であると思っている。
 
同盟は今、いわゆる深い地下軍事基地を積極的に探している。

the RV/GCR/GESARAに関するすべての法的文書は署名され封印されている。
 
中国の長老たちは、状況が解決するまでRVの許可を保留している。
 
同盟は、状況は数日以内の解決されるものと思っている。一方、共和国は米国における繁栄基金の派分配の準備を進めている。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
状況がよくわかりませんが、徒党がハワイを攻撃しようとしてミサイルを発射したが、撃ち落されたと言っている。ハワイの警報は誤情報ではなく、本当であった。
 
とりあえず、速報です。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------


∞ 「情報源は、ハワイの本日の警報は隠蔽の話であったことを確認している。攻撃は真実であった。メディアは「北朝鮮がハワイを攻撃した」物語を事前に準備していた。攻撃が失敗したとき、徒党はパニックになった。隠蔽の話は直ちに作られ、攻撃は誤警報として処理された。緊急放送システムは嘘をつかない。案違ってボタンを押すことはあり得ない。これは、戦争を作ることによって移行プロセスを狂わせるもう一つの秘密グループ試みでした。」
 
今回のハワイのミサイル騒動は米国と戦争を始めたいハザールマフィアが画策したことでしたが、あえなく玉砕したというのが真相だったようですね。2018年はディスクロージャーが本格化しそうですから、これからも同様な事件が起きる可能性はありますね。
 
(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 22:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (01/09)

何やらきな臭くなってきましたよ!(-_-;) 

 



 
フルフォードレポート英語版
2018年1月9日
 

■ 金融戦争は最終的な対決が迫るにつれて大規模電磁気パルス攻撃へ拡大する可能性がある
 
金融システムの支配、つまりこの惑星の将来の支配を巡る目下の戦争は危険な最高潮に達しつつあると、複数の情報源が認めている。最も重要なことは、米軍が機密のZuma衛星を打ち上げるためにスペースX使った一方で、米大統領ドナルド・トランプと彼の元法律顧問であるスティーブ・バノンとの間の偽の確執で世界の注目を逸らせたと、国防総省情報筋は言う。
 
米国の1月31日の支払期限が迫っているので、この電磁気パルス衛星(EMP)が打ち上げられた、そして北朝鮮に対して使われるであろうと、その情報筋は言う。北朝鮮は傀儡であり、EMP攻撃によって影響を受ける例であり、これは米国を中身のない国にして中国を建設したスイスの支配者に対する隠れた脅しであることは明確だ。
 
西側の秘密政府は天体の動きを利用して主要な地政学的行事を行うことに注意してください。そして1月31日は150年ぶりに、青い月とスーパームーンと月食の組み合わせが起こる日である。
 
天体の件は置いておいて、主要石油輸出国であるロシア、ベネズエラとイランはドルシステムを経ずに石油を販売しているので、米国の石油ドルシステムは瀕死に至っている。イランとベネズエラを政権交代させる米政府機関の企みは今のところ失敗しており、カタールやインドネシアのような他の石油輸出国に、同様な石油ドルシステム回避をすることに勇気を与えている。さらに、ロシアは1月1日に新パイプラインによって中国への石油輸出能力を倍増させた。
 
パキスタンはまた、140万人のアフガン人を追放し、中国にそこで軍事基地建設を呼び掛ける一方、貿易に中国の元を使うと発表することで旧体制に深刻な打撃を与えた。これはアフガンからのヘロイン収入が脅かされる危険性を意味している。石油ドルが石油麻薬ドルとさらに正確に記されているので、これもまた旧体制に深刻な打撃である。
 
この背景として、中国は1月18日を、中国元と金塊による石油の先物取引の開始日と考えている。
 
これが、国防総省情報筋がEMP攻撃について話している一方で、CIA筋は先週報告したように、裏口は金融システムを閉鎖するために使われると言っている。
 
この文脈では、イランの石油タンカーが先週、上海沖で火災に遭ったことも注目に値する。おそらくこれは、米軍産複合体による彼らが依然として中国のエネルギの多くを遮断することができることを教えるための中国への警告である可能性が高い。言い換えれば、彼らは中国に対して新システムへの最終合意ができるまで、旧金融システムを一方的に置き換えるのは控えるよう話している。
 
一方、米国内の悪魔崇拝ハザールマフィアが抹殺された今、ホワイトハットは欧州の小児性愛者とハザール暴徒を捕まえており、ディエゴ・ガルシアへの米軍基地に連行していると、国防総省情報筋は言う。
 
ジュリアン・アサンジは今、米軍に拘留されており、米軍とその機関ホワイトハットに実用的な情報を提供している。例えば彼らは今、人身売買を止めるために少なくとも7隻の運搬船を追跡するために海軍特殊部隊ネービーシールズを使用していると、国防総省情報筋は言う。
 
ハザール人間奴隷に対するキャンペーンでは、BBCミニシリーズ「マックマフィア」の2回目の話では、ロシアと東欧の女性がエジプト経由でイスラエルに売買されていることを示していたと、その情報筋は語った。その番組が放映された直後、エジプトは人身売買で75人を逮捕した。また、イスラエルの犯罪黒幕モッシュ・ハーレルは先週、世界的人体臓器販売ネットワークを運営していたとして逮捕された。
 
また、ハザール人ヘッジファンドとその運営会社に対する激しい攻撃が行われていると、国防総省情報筋は言う。彼らは、ヘッジファンドのブリッジ・ウォーター社の取締役ブルース・スタインバックを含む10人のハザール人がコスタリカの飛行機事故で殺されたと述べている。元FBI長官のジェームス・コメイはかってブリッジウォーターで働いていたが、これは影の銀行家とその投資家へのメッセージの可能性が高いと、彼らは付け加えた。

元Och Ziff取締役マイケル・コーエンがアフリカにおける詐欺で起訴されたように、ヘッジファンドとイスラエルの汚い金に対する攻撃は続いている。彼はイスラエルの億万長者ダン・ゲルトラーに繋がっているとその情報筋は言う。
 
一方米国内では、大統領ドナルド・トランプは、今実施されている10,000件以上の極秘起訴をもたらした後、不正投票委員会を解散したと、彼らは言う。
 
ヒラリークリントンンのウラニウム・ワン、クリントン財団と電子メールスキャンダルは、FBIと司法省によって正式に操作が発表されたので、ほとんどの企業メディで報道されている。ニューヨークの彼女の家で書類やコンピュータが焼却されたら、ヒラリーは反逆罪でつるされるかもしれないと、国防総省情報筋は言う。
 
事実、ヒラリーとその他の多くは、反逆罪だけではなく、大量殺人の為につるされるべきである。この調査が実現されれば、ハイチの沿岸で津波と地震を引き起こすために使われた水中核兵器に繋がって行くだろう。それはついに日本に対する福島の津波核大量殺人事件に、いわゆる主流メディアの注目を集めるだろう。これは必然的に日本の奴隷政治家やハザール傀儡支配人の待望の廃除に繋がるだろう。
 
我々が長く報告しているように、日本に対する福島攻撃はロスチャイルドと隠れたスイスのマスターによる彼らのアジア本部を東京から北朝鮮へ移す計画の一環であった。その後、首相の菅直人は、災害を受けてから、東京から4千万人を朝鮮半島へ避難させるよう圧力を受けたと公表した。
 
ウサギの穴がどれほど深いかを示す兆候として、最近発刊された日本の本は、第二次世界大戦の日本の裕仁天皇は実際英国軍の陸軍元帥であったと主張している。ここに、彼らの主張を裏付ける英国陸軍の電報のコピーを示すと主張する本からの数ページがある。過去にロスチャイルド家のメンバーが我々に、第二次世界大戦における日本の役割は世界金融システムのハザール人支配を継続させるために、アジアの金塊を盗むことであったと語った。
 
一方、ロスチャイルド家の良い側を代表していると主張する情報源は、「白いウサギに続け」と言う指示を伴う図を送ってきた。この図の最トップで、彼等がバチカンとカトリック教がこの図を完全に理解するために重要な鍵であると主張している。
 
いずれにしても、ハザールマフィアによってひどく寝込んでいるアジアの指導者の一人であるマレーシア首相ナジブ・ラザックは既に逃亡の準備をしていると、CIAとMI6の情報筋は言う。
 
ここにCIAアジアからの生情報がある。

これは非常に重要である。
 

最後の行は聞かせどころです。
 
ナジブはまだ、マハティールの指摘に対して公にコメントしていない。首相は今週サウジアラビアの訪問が予定されている。
 
私のマレーシアのMI−6の接触者は、「ナジブはサウジアラビアで亡命しようとしている」と語った。いよいよ正念場である。彼は50億ドル以上を吸い上げた。そして事情に通じている誰もが気づいている。
 
思い出してください、ナジブはサウジアラビアとゴールドマンサックスが絡んだ資金紛失スキャンダルに巻き込まれている。彼はまた、マレーシア航空370便と17便の行方不明に関心の重要人物である。
 
しかし、そこの体制は、もはや彼の共犯者は排除されているので、そのの支配下ではないので、彼はサウジアラビアで本当の避難所を見つけられそうもありません。米軍は事実上サウジアラビアを支配している。
 
彼はその代わり、ウクライナの保護を求めようとしたが、そこのハザール犯罪政府もそう長く生きられそうもない。それが、ロシアを挑発してくれるとあてにしている東欧諸国がハザールファシストEU計画から逃げている理由です。これは、独身イスラム男性を数百万人輸入する件について16の東欧諸国が拒否している理由である。それは東側−ユーラシアの抱擁に見ることができる(一帯一路インフラプロジェクト見て)
 
ドイツでは、EUプロジェクトの前の砦である国家主義者が増加して、70年の占領政府の後に、再び独立を要求している。西側の最上級ハザール血統権力者であるアンゲラ・メルケルは反血統グノーシス・イルミナティによって辞任を申し渡されている。思い出してください。メルケルが代表する政権は管理を誤ったので、ドイツの出生率が急落し、ドイツ民族とそれ自身の長期生き残りを危険にした。
 
年上の欧州ハザール人公演が始まった今、彼女はこれ以上権力にしがみ付けることはないだろう。多くの人々は既にブラッセルの欧州本部から消えている。人々はまたイタリアとスイスにおいてもレーダーから外れている。
 
西側の革命が目の前に展開されている。P2法王フランシスが降伏を交渉するまでどのくらい掛かるか見てみましょう。
 


∞  “米国の1月31日の支払期限が迫っている”
 
これがどうなるか、再度延長か、それとも腹をくくるか、ですね。(^_^;)
 
 “電磁気パルス衛星(EMP)が打ち上げられた、そして北朝鮮に対して使われるであろう”
 
これは北朝鮮の核ミサイルの破壊に使われるのでしょうね。
 
“主要石油輸出国であるロシア、ベネズエラとイランはドルシステムを経ずに石油を販売しているので、米国の石油ドルシステムは瀕死に至っている”
 
ロシアの強気の裏にはプレアデス人の存在があるからでしょうね。
 
“中国は1月18日を、中国元と金塊による石油の先物取引の開始日と考えている”
 
ロシアと同じようにハザールマフィアの石油麻薬ドルを完全に排除ですね。ただ中国は「元」での決済になるようです。
 
「イランの石油タンカーが先週、上海沖で火災に遭ったことも注目に値する。おそらくこれは、米軍産複合体による彼らが依然として中国のエネルギの多くを遮断することができることを教えるための中国への警告である可能性が高い。・・」
 
中国がこの脅しに屈するのかはちょっとした見物かも。
 
“大統領ドナルド・トランプは、今実施されている10,000件以上の極秘起訴をもたらした”
 
起訴がどの程度の効力を発揮するかが気になります。
 
「・・日本に対する福島の津波核大量殺人事件に、いわゆる主流メディアの注目を集めるだろう。これは必然的に日本の奴隷政治家やハザール傀儡支配人の待望の廃除に繋がるだろう」
 
日本でもそろそろ起きてほしいハザールマフィアー逮捕!


(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 22:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (12/25)
∞ 白龍会と13イルミナティ血統家族が交渉を開始しているようです。(^_^)/




 
フルフォードレポート英語版
2017年12月25日
 
メリークリスマス:13イルミナティ血統家族は平和を求めている


惑星地球の古代の支配法則が崩壊しているのを見ている13のイルミナティ血統家族が平和を求めている今、地球上の平和とすべて(人類だけではなくすべての生き物)との友好は2018年の現実的目標のように思える。先週、G7(ドイツ、英国、米国企業、日本、イタリア、フランスとカナダ)が平和の問題を議論するために白龍会代表と会ったと、その会議に出席した白龍会メンバーは言う。もちろん、G7は13血統家族にとっては政治的全面である。この会合は軍産複合体内部の人々がイエス・キリストの精神で行動することで可能になったことは間違いがない。だから、彼らに「メリークリスマスと新年あけましておめでとう」
 
秘話を交渉すると言う血統の申し出は、米国大統領ドナルド・トランプが先週宣言した非常事態に直結する。それをまだ見ていないなら、下のリンクから歴史的文書をお読みください。(文末に翻訳有り)
 
「ハヌカーの後、トランプは緊急事態を宣言し、12月20日に人権侵害と汚職の被告人の資産を凍結する大統領令にサインした。ブッシュ、クリントン、ソロス、オバマ、徒党と世界的ユダヤマフィアを倒産させるためのすべてを包含した方法は、国防総省情報筋がその状況をどのように纏めるかであった。
 
国家の緊急事態はトランプに、資産を奪い、大量逮捕を実行し、軍事法廷で裁判を行うために軍隊を出動させ、効果的に戒厳令を課すことを可能にしたと、その情報筋は続ける。
 
国防総省情報筋はまた、「ソロス/ヒラリーの紫革命に勝利した12月18日に彼の国家安全保障戦略を明らかにしたときに、トランプは紫の服を着て、手錠を模擬した両手で水を飲んだ」と言う説明文をつけて、この写真のコピーを送った。
 


 

明らかにこのような状況に対応して、血統家族の代表は日本の天皇の誕生日の12月23日に会議を開き、G7と同様に皇室の代表者と主張した。降伏を交渉しているかのような行動していた代表者は、血統家族は既存の国家と制度をそのまま維持したいと言ったが、彼らは新しい国際経済計画機関に協力し、資金を提供する意思があると述べた。
 
白龍会交渉担当者は、既存の国家と機関はほとんどが継続されるべきであり、白龍会は古いものを破壊するのではなく、新しいものを作ることに関心があることを強調することは認められるべきだと述べた。しかし、朝鮮半島のような人工的に分離されたものは変更されるべきであると、両サイドは認めた。双方とも、現在の国連は機能不全であり、大幅な改革が必要であることに合意した。全体として、双方は、何らかの最終合意に達するために、十分近いものであった。
 
しかし、血統家族代表は、「国民が金融政策の支配権を持っていると、誰も働かなくなる」ので、彼らは中央銀行や紙幣の発行の支配を持ちたいと述べた。彼は、各家族を代表していたスイスに13家族の会議があったが、これらの家族のほとんどのトップは、日本の天皇のように、実際所家族の血統の出ではなかったと付け加えた。彼は家族は実際の血統の厳格な代表よりも多くの機関として存在していたと述べた。
 
白龍会代表は、彼らは金は稼ぐべきだと言う考えを述べたが、国民支配中央銀行は教育、軍事、公共事業、医療、宇宙探査、科学研究のなどの費用を払う為に金を印刷すると述べた。白龍会交渉者はまた、白龍会はジュビリー(祈念祭)、つまりすべての負債の一時解消、公的私的、不公正資産の一時期の再分配を主張したと述べた。これらの条件が合意されれば、血統家族は経済の企業部門において継続できる可能性があると、白龍会代表は述べた。
 
この時点で、交渉は中断された。何故なら、血統家族の代表は明らかに私有中央銀行の終了やジュビリーを交渉する権限がないからだ。
 
しかし、次の日に、現在の国際金融システムの金担保を支配しているゴールデンドラゴンとして知られるグループの代表が、以下のメッセージを白龍会に送ってきた。「和解し、交渉することは非常にうれしい、米国は新たな経済への移行によって新鮮なスタートが切れる」
 
確かに、トランプに代表される軍事政権は米国内では勝利しているが、血統家族は依然として他の地域では強力な支配を持っている。だから、例えトランプが経済非常事態を使って、米国のクレジットカードの請求書を放棄しても、次回はガソリンスタンドへ行っても、カードを使ってガソリンを入れることはできなくなる。これは強行着陸を意味し、すでにプエルトリコで経験済である。
 
デイビット・ノルクィスト米防衛庁長官は、12月7日の記者会見で米国政府の停止は以下のように行われる・・・・軍人は出動するが、閉鎖が終了するまで我々は支払うことはできない。任務の遂行で殺された家族や軍人に対する死に対する利益のような単純なことも、我々にはできない・・・・請負業はは参加することも働くこともできない・・・・閉鎖がいかに破壊的であるかは強調してしすぎると言うことはない・・・・・これは組織に波及して、非常に破壊的である。
 
言い換えれば、ゴールデン・ドラゴンと「新経済移行」について話すことは間違いなく進むべき道である・このニュースレターが公開される時点では、交渉の具体的な日程は定められていない。
 
いずれにしろ、米軍事政権は今後そして新年に入っても、交渉に最大限活用するために、徒党に対して攻撃をし続けるだろう。
 
この面で、国防総省情報筋はジョージ・ソロスは以前報道されているように殺されてはおらず、数か月の間、拘留と尋問を受けていると言う。最近、徒党が崩壊しているので彼はアトランタから海軍基地デイビットに移されたと、その情報筋は言う。他の多くの大物寡頭勢力も暫定的に収容され、連絡不能に陥っていると、CIA筋は付け加えた。
 
米国防長官ジェームス・マティスはソロスと徒党の為に特別な場所を準備するために、グアンタモを冬至の12月21日に訪問した、彼等は洗礼をうけるかもしれないと、国防総省情報筋は続ける。
 
洗礼の他の対象者は、イスラエル紛争のダイアモンド億万長者でモサドの資産ダン・ゲルトラーであり、彼はマーク・リッチ(スイスのツーグに本部を置く)とクリントン財団と関係があると認められていると、国防総省情報筋は言う。これは、グーグル会長のエリック・シュミットが辞任したので、他のユダヤ寡頭勢力にまで及ぶかもしれないと、彼らは指摘する。例えば今、スパイブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグになるのはよい時期ではないだろう。
 
ハザールマフィア寡頭勢力(悪魔を崇拝し、従って彼等が主張しようがユダヤ人ではない)の孤立は、国連における先週のイスラエル184-9の外交完敗において、非常に明確となった。一方的に大使館をエルサレムに移す米国の計画を非難する決議案に対して、イスラエルと共に賛成した国は、グアテマラ、ホンヂュラス、マーシャル諸島、ミクロネシア、ナウル、パラオ、トーゴ、米国だけであった。「これは米国がイスラエルを捨てて、ロシア、中国、EU、国連を平和対して正直な開拓者にする舞台になるだろう」と、国防総省情報筋は言う。
 
イスラエルに対するこの投票はエルサレムに関することではなく、彼等が隣人と平和について誠実に交渉すれば、彼らの寺院を再建し、平和をもてると、世界からイスラエルに対するサインであった。世界は絶え間ない戦争とエルサレムから世界を支配する権利を持っていると思う宗教的狂信者の嘘にうんざりしている。聖職者イスラエル人が正しい指摘をしているように、神は神の仕事をし、神のふりをする狂信者はいない。
 
世界は平和を望んでおり、血統家族が終に交渉のテーブルに着いた今、これが我々が2018年にできることである。
 
*我々は引用としてイルミナティを使った。血統家族の代表は彼ら地震をイルミナティと呼んでいるからであるが、自身をイルミナティと呼ぶ血統支配に反対しているグループもいる。我々は最初のグループを血統と、二番目をグノーシス・イルミナティと呼ぶことに決めた。

∞ 以下は「歴史的文書」をGoogle 翻訳したものです。直訳ですので、それなりの不備はご勘弁ください。(^_^;)
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
大統領から米国議会への手紙本文
 
法律とジャスティス
 
発行日:2017年12月21日
 
アメリカ合衆国の議会へ:

国際緊急経済措置法(IEEPA)(改訂版50 USC 1701以降)に基づき、私は、緊急事態を宣言した大​​統領令米国の重大な人権侵害や腐敗によってもたらされた米国の国家安全保障、外交政策、経済に対する特別な脅威。 IEEPAの下で措置を取ることに加えて、この命令は、Global Magnitsky Human Rights Accountability Act(公法114-328)(以下「法律」)を実施し、その権限の一部を委任する。
 
注文は、注文の附属書に記載されている人物の財産と利益を阻止する。また、国務長官および検察総長との協議のもと、財務長官が決定した外国人の財産および財産に対する利益を阻止する。
 
(1)重大な人権侵害に関与しているか、それに随伴しているか、直接的または間接的に従事していること。
 
(2)現政府職員または元政府職員、またはその職員を代理してまたはその代理を務める者、次のいずれかに責任または執行する者、または直接または間接に従事している者:
 
(a)国家資産の不正流用、個人利益のための民間資産の収用、政府契約や天然資源の搾取に関連する腐敗、贈収賄を含む腐敗。または
 
(b)腐敗手続きの移転の移転または円滑化。
 
(3)次の者の指導者または公職者であること、
 
(A)に係合し、またはそのメンバーに従事しているしている任意の政府のエンティティを含むエンティティを、(1)、(2)(A)、または(2)(B)に関する上記に記載の活動のいずれか指導者または公務員の在任期間。または
 
(b)指導者または公務員の任期に関連する活動の結果、指揮命令に従って財産権および財産権が奪われた実体。または
 
(4)上記(1)、(2)(a)、または(2)(b)に記載されている活動のいずれかに従事しようとしたこと。
 
この命令はまた、国務長官および検察総長との協議の下、財務長官が決定した者を阻止する。
 
(5)財政的、物質的、技術的支援、財またはサービスを実質的に支援、スポンサー、または提供したこと
 
(a)上記(1)、(2)(a)、または(2)(b)に記載されている外国人の行為。
 
(b)注文に応じて不動産に対する財産権および利権が奪われた者。または
 
(c)上記の(3)(a)に記載され、外国人がその活動を行っている団体。
 
(6)注文に従って不動産や不動産の利益が守られていない者が直接的または間接的に行動した、または行動した、または
 
(7)に記載された活動のいずれかに従事しようとした(6)を満たす。
 
さらに、この命令は、附属書に記載された外国人の米国への入国を停止するか、上記の基準の1つ以上を満たすことを決定した。
 
私は、国務長官と協議の上、規則や規制の採択を含む措置を講じ、必要に応じてIEEPAと大統領によって大統領に与えられたすべての権限を雇用する権限を財務長官に委任した法の命令と関連規定を実施すること。私は、規則や規則の採択を含むそのような措置を講じる権限を国務長官に委任し、命令と法律の規定を実施するために必要な場合があるように、IEEPAと法によって大統領に付与されたすべての権限を雇用する特定の外国人の米国への入国を中止する。すべての執行部署と代理店は、注文を実施するために権限内ですべての適切な措置を講じるように指示されています。
 
ドナルド・トゥルンプ
 
ホワイトハウス、
 
2017年12月20日。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
13のイルミナティ血統家族は彼らの支配構造が崩壊しつつある今、やっと彼らの政治的全面であるG7が白龍会代表と会うことになったようです。その後に継続する会議において13のイルミナティ血統家族はその地位の保全を要求しているようですが、白龍会の代表は13のイルミナティ血統家族のすべての負債の一時解消、公的私的、不公正資産の一時期の再分配を主張し、これらの条件が合意されれば、血統家族は経済の企業部門において継続できる可能性があると述べたようです。その時点で交渉が一時中断されたが、次の日に現在の国際金融システムの金担保を支配しているゴールデンドラゴンとして知られるグループの代表が、次のメッセージを白龍会に送ってきています。
 
「和解し、交渉することは非常にうれしい、米国は新たな経済への移行によって新鮮なスタートが切れる」
 
このメッセージはゴールデン・ドラゴンが「新経済移行」について話すことは間違いなく進むべき道であるとして、白龍会との交渉継続の意思があることを伝えています。これについてトランプ米軍事政権は今後そして2018年に入っても、交渉に最大限活用するために、13のイルミナティ血統家族に対して攻撃をし続けるようですね。
 
従って、この交渉の決着がいつになるかで、世界金融改革等の一連のイベント開始が決まります。願わくば2018年冒頭に決着できると良いのですが・・・。

(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 08:36 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (12/18)
∞ 世界のハザールマフィアの排除計画は着実に進行してはいるようです。しかし、まだ少々混迷している・・・。(^_^)

 


 
フルフォードレポート英語版
2017年12月18日
 

■ 米軍はハザール暴徒を検挙するために、1,000の未公開告発を持って世界中に展開する
 
米大統領ドナルド・トランプは、世界中のハザールマフィアを断頭する綿密な戦略を立てるために幹部将軍とキャンプ。デービットで週末を過ごしたと、国防総省情報筋は言う。「アトランタ空港を閉鎖することで、世界中の徒党を始末する可能性の高い44,000人の軍隊の位置を公開することを拒否したと、国防総省上級情報筋が言っている。ハザール人犯罪者たちの多くが、同僚の証拠を放棄するほど、未公開告発は10,000件に迫っていると、その情報筋は言う。
 
また、連続する法廷外殺人も多くある。「不法入国者が告白した後でもすらケート・シュタインの殺人において無罪であると判明した後に、自由主義聖域都市サンフランシスコ市長エドウィン・リーは急死したと、ある情報筋は述べた。リーの死は、シカゴのラム・エマニュエルやニューヨークのビル・デ・ブラシオのような民主党員であり、聖域都市の市長へのメッセージであると、その情報筋は警告する。
 
ハザール暴徒もまた、多くの人々を殺している。日本では、東芝の二人の元役員である西田厚聡と西室泰三は、2011年3月11日の日本に対する福島津波核テロ攻撃について証拠を提供しようとしたので、突然2か月前に殺されたと、皇室に近い情報筋は言う。
 
この攻撃はヒラリーとビル・クリントンを含むロックフェラー・ファミリの仲間によって実行されたと、その情報筋は言う。翻ってロックフェラーはP2フリーメーソン・ロッジから命令を受けていたと彼らは言う。ところで、ロックフェラー家は新家族長として、ネルソン・ロックフェラーの息子、メル・ロックフェラーを選出したと、これらの情報筋は付け加えた。
 
カナダでは、カナダの巨大製薬会社アポテックスの所有者であるベリー・シャーマンが、ファミリの屋内プールで妻のハニーと一緒に吊るされて死んでいるのを発見された。CIA情報筋によると、シャーマンはハイチにおけるクリントン財団とその犯罪に繋がる証拠を隠滅するために殺された。「我々は、ハイチの人々に対してジェネリック医療薬を供給することになっていたクリントン財団とカナダの製薬会社に関する機密文書を持っている。重要なことは彼らは品質の劣るジェネリック医薬品を供給し、価格差を埋めようとしていた」とCIA情報筋は言う。
 
いずれにしろ、潜在的に証人が何人いようとも、状況はハザール人が彼らの出口を台無しにすることはないはずである。例えば、12月12日のアラバマの上院議員選挙は、ハザール人に対する攻撃であったと、国防総省情報筋は言う。「上院議員ロイ・ムーアはアラバマでの選挙を盗むことを許されたので、トランプはソロス組織、民主党、不正投票をした徒党を解体するための投票データを収集することができたと、その情報筋は言う。「3人の投票作業者がすでに逮捕されている」と彼らは述べた。
 
下院議長ポール・ライアンは、上下院の掃討によって辞任する予定の増加するの政治家リストにまもなく載ることになっていると、その情報筋は付け加えた。上院議員ジョン・ダーイッシュ・マケインもまた、彼らの犯罪が公になる前に、この世から去ることになっている。
 
洗脳された喧伝メディアですら、ヒラリークリントンの外科ブーツ(GPS足首ブレスレッドを隠している)が爪先が折れたと言う正式な言い訳が真実であったとしても、取り除かれるべき時期が過ぎてもそのままであることを見て、何かが起こっていることを認識し始めた。疑いの余地がない言い訳が与えられ、依然として洗脳されている人々がそれを受け入れるであろうことは疑いの余地がない。
 
依然として徒党の物語を信じている人々は、彼の妻が騙されたと言っている男についてのジョークに人々のようなものである。ジョークでは彼は妻の無実を証明するために探偵を雇う。探偵は戻って言う「彼女は町で他の男と会って、一緒にホテルに入った」。夫は「彼らが一緒に部屋に入るのを見たのか?」と聞く。探偵は「はい」と言う。夫は「一緒に部屋に入るのを見たのか?」と聞く。「部屋の中で何が起こったかを見たのか?」と夫は聞く。「はい、私は鍵穴から彼らがベッドで一緒にいるのを見た」と答える。「彼らは毛布を羽織っていたか?」と夫は聞く。探偵は男に「はい」と答える。彼は「毛布の下を見たのか?」と聞く。そして探偵は「いいえ」と答える。「それでは彼女が不正行為をしたことは証明できない」と夫は言う。夫は世界観をひっくり返したくないので、現実を直視したくない。同様に洗脳された人々は現実を避けるために最悪の言い訳に執着する。同時に、クリントンが複雑なのでサイはまだ続いていると説明すると、懐疑派の人々は彼女が逮捕されたことを受け入れるより、この話を好むだろう。
 
にもかかわらず、我々はこれらの人々もやがて現実に直面せざるを得ない時が来ると思っている。ヒラリークリントンを訴追から守ろうとしているFBIと司法省ネットワーク全体もまた体系的に公開され、解体されている。このリンクは素晴らしい視覚的な総括を提供している。
 

現在企業メディアさえ、いわゆる「イスラム国」がCIAの創設であることの受入を余儀なくされている。これは11月18日に米軍のCIA襲撃が、モッキンバード作戦を中止させたので、これが表に出てきて、企業メディアは真実を報道せざるを得なくなっている。
 
我々が生きている時代がいかに異常であるかと言う兆候として、前米大統領バラク・オバマが英国に政治亡命を求めていることに見ることができる。
 
これが示す
ことは、ドナルド・トランプが英国では歓迎されない事実と相まって、アングロサクソン世界は血統支配の英国と非血統支配のグノーシス・イルミナティ支配のアメリカ合衆共和国に分かれていることである。このような状況は、非公式な英中同盟が、累積貿易赤字と現金では輸入することができない製品の支払いができないことに基づいて、米国を国際的に破産させようとしているので、一月には頭打ちになる可能性が高い。
 
米国は戦争の脅威で対応するだろう。これは、北朝鮮に対して米国武力による威嚇の形でニュースで見かけ、さらに多くの金を奪うために全面的な核戦争カードをもう一度利用する。中国は今回は米国を虚勢と呼ぶ準備をしており、台湾と北朝鮮の近くで軍事訓練を行い、核戦争に対する準備を国民に警告している政府によって見ることができる。
 

https://sputniknews.com/asia/201712131059976881-beijing-bombers-jets-encircle-taiwan/https://www.rt.com/news/413269-china-navy-drills-north-korea/
 

中国と英国は平和的で法律に基づく惑星の確保の為に世界政府の創設を望んでいると、アジアの秘密結社筋は言う。米軍事政権と何らかの妥協がなければ、戦争が回避されても財政的混乱が起こるだろう。
 
現在の金融システムは機能不全であり、株式市場を通じて超富裕層に個人所有の中央銀行のおかしな資金を流す手段としてのみ機能する。この資金を流通させる手段は、金融市場を現実のものから遠ざけてしまっており、それを避けようと努力しても、現実には到底勝つことはできない。ボストン・コンサルティング・グループは、250億ドルを超える資金を管理している250名の上位機関投資家を対象に調査を行い、2008年のリーマンショック以来の最も悲観的なものであると判断しました。
 
うまくゆけば、新しい透明で実力主義で運営される金融システムが立ち上がるであろうが、これが可能となる前には古いシステムの混乱的崩壊を通り抜けなければならないだろう。新年には見つけることができるでしょう。
 
最後に個人的なメモとして、サイモン・ヴィンセント・センターのエイブラハム・クーパーが12月20日に日本の外国特派員協会で講演する。クーパーは反ユダヤ的であるとして禁止となった私の本の一つを持っている。私が彼に何が反ユダヤなのかと聞いたとき、私が米大統領ジョージ・ブッシュ・ジュニアはイラクにおける多くの市民の死に対して責任があると書いたことだと、彼は言った。
 
ブッシュは福音主義キリスト教徒であると思われ、イラクの市民の死に関する情報は医学雑誌ランセットからの来たものである。だからここに、それが反ユダヤ的である理由で、非ユダヤ人による大量虐殺を非難するユダヤ人祖先を持つ人間(私)によって書かれた本を禁止にするユダヤ人がいる。貴方はどうしてそんなに偽善者になれるのか?貧しいウィンセンタールは墓の中で目を回しているに違いない。
 
徳間書店の関係者達に寄れば、ヴィンセントタール・センターは私の本に誤解を招く新聞広告を掲載するために編集者に賄賂を払った。その結果、新聞と他の広告の全てが、その内容が何であっても、完全に禁止された。これは世界中の作家に対して行う典型であり、日本他の支配網の一部である。米国では、国家安全保障省が英語で私の本が出版できないように全出版社の銀行口座を凍結した。
 
クーパーと彼のユダヤマフィアの仲間達はまた、韓国と日本が互いに戦い続けさせるために、韓国の民族商店街等の攻撃のようなことをさせるために右翼の雇われ人に支払っていると、これらのグループのメンバーは言う。
 
この男は犯罪者であり、刑務所に入るべきである。もし、クーパーが逮捕されれば、彼は日本他のハザールマフィア支配網についてべらべら喋るだろう。彼はまた、ハザールマフィアが北朝鮮を運営する方法を詳細に説明するだろう。あるMPがイベントに登場して彼を逮捕してくれたら幸せである。彼をグアンテマラ連れて行き、喋らせてくれ。
 

∞ ただ一つ、注目すべきイベントが期待できるのが、以下の部分です。
 
「米大統領ドナルド・トランプは、世界中のハザールマフィアを断頭する綿密な戦略を立てるために幹部将軍とキャンプ。デービットで週末を過ごしたと、国防総省情報筋は言う。「アトランタ空港を閉鎖することで、世界中の徒党を始末する可能性の高い44,000人の軍隊の位置を公開することを拒否したと、国防総省上級情報筋が言っている。ハザール人犯罪者たちの多くが、同僚の証拠を放棄するほど、未公開告発は10,000件に迫っていると、その情報筋は言う」
 
以下の情報が「真」ならば、トランプ大統領には13人の銀河系人アドバイザーが付いていて、彼らとともに“世界中のハザールマフィアを断頭する綿密な戦略を立てる”とありますから、機が熟したら44,000人の米軍隊が行動を開始するでしょうね。

(^_^)/
---------------------------------------------------------------------------------------------
12月18にブログ「大摩邇」で掲載された、「タイタニックとFR(連邦貯蓄銀行)の陰謀」のコメントに以下の情報がありました。
以下はコメントの内容です。
 
3. 米暴露サイトニュース
2017年12月19日 07:42
RV/情報部 警報
 
13人の銀河系人アドバイザーは現在 キャンプ デービッドで トランプと他を含む共和国の職員達と会議をしています。
 
RVのための最終的な指示と解放時間が設定されています。
 
エネルギー封鎖は実際の解放時間が漏れないようにまだ防止しています。
 
USNは発表されるように設定されています。(20日ー23日の可能性) 内部情報によると、USN はRV の翌日に発表されるーーと言うことは、RV発表は20日から23日の間にいつでも開始することができるという予測です。
 
民間での両替交換 はいまだにチューリッヒで発生しています。他の国でのHSBC 支店も、交換する人を招待し始めるかもしれません。これはティア4(インターネットグループ)交換が開始されようとしているサインです。

---------------------------------------------------------------------------------------------
 
ソースが「米暴露サイトニュース」ですから、それなりにお読みください。(^_^;)
 
RV(通貨の評価替え)の発表が12月/20日〜23日の間に予定されているなら、ニューヨークと東京の時差は14時間ですから、日本時間では今晩11時過ぎから23日までの4日間となります。

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 18:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (12/11)
∞ ハザールマフィアの大量逮捕や排除が確実に進行しているので、2017年中に期待するイベントが起きる・・・かも。(^_^;)

 


 
フルフォードレポート英語版
2017年12月11日
 

西側の秘密政府の頂点における権力闘争と非宣言内戦は先週、米国とその他におけるハザールギャングの大量逮捕によって急速に激しくなったと、複数の情報筋は同意する。米 大統領ドナルド・トランプが、裏に意味がある違う動きとしてエルサレムがイスラエルの首都だと認識するという宣言もあった。我々はこのことについては後で以下に説明する。
 
まず、最初に、我々はカルフォルニアで起きている極めて異常な事件を見なければならない。最近、この州の市民は日本とアメリカが戦った第二次世界大戦におけるソロモン諸島のように感じているに違いない。カルフォルニアの反政府派によってレーザーのようなエネルギー兵器が使われた強い証拠があると、国防総省とNSA情報筋は認める。
 
ロサンジェルスのベルエアー火事は地下基地のゲティーセンターの小児性愛者を標的にしており、サンディエゴの火事は明らかに米海兵隊のキャンプ・ベンドルトンを標的としているように過熱していると、国防総省情報筋は述べている。空からレーザービームがやってきて火事を起こしたことを示すビデオが現れた。さらに、建物は火事で完全に破壊されたが、その側に立つ木々は被害を受けていない。
 
我々が目撃していることは、組織的に子供を虐待して拷問に掛けて、その肉を食べるカルフォルニアのハザール派のメンバーの掃討であると、白龍会情報筋は言う。これは非常に恐ろしいことなので、我々多くにとって信じがたいことだと思う。読者の中には、我々が先週、ハリウッドの監督/役者のメル・ギブソンはハリウッドのエリートは赤ん坊の肉を食べていると報告したことは誤情報であると主張する方がいる。しかし、ニューヨークタイムスのような所謂主流メディアは米司法省が中絶された乳幼児の肉体と器官を販売している優生学組織「家族計画」を調査していると報道している。


 
 


 

そのような行動を行っているハザール悪魔主義者達は非常に長い間我々を支配してきたので、彼らのシンボルを世界中に公に展示しても安全だと感じている。例えば、日本銀行の建物は1982年に建設された物であるが、その正門や脇の入口に家紋があります。下の写真で確認できるように、家紋はハザール王室に所属する物である。二匹のライオンはユダヤのライオンとして知られている紋章であり、この印を示している人々はデイビット王の子孫であることを主張している。中央の印はホルスの目であり、所謂米1ドル札の上に見ることができるものと同じである。言い換えれば日本はスイス・ツーグのハザール悪魔世界本部によって運営されている。
 


 
ちなみに、日本の皇室は菊のご紋を使用しているので、それはそれらとは違う。日本銀行の報道官は、「我々の正式な立場は、その紋章が何を意味するのかは分からない」と述べた。日本銀行の錯乱状態にもかかわらず、日本が1863年以来ハザール・シオニストの植民地であった多くの証拠がある。
 
最新の情報は、「ロケットマンが太った少年と多くの人は同じと思うが、本当のロケットマンは、北朝鮮を強化するためにオバマによって設立されたスペースXのエロン・ムスクである」と言っている国防総省の情報源から来たものである。イスラエルに繋がる情報/誤情報サイトDEBUKAがハザール人北朝鮮傀儡がミサイルや核兵器を発射するたびに自慢しているのは不思議なことではない。
ラムズフェルドは海軍指揮官であって、元海兵隊ロバート・ミュラーとの隠蔽は徴兵逃れと、元副大統領ディック・チェイニー、ブッシュ家そしてイスラエルの911ほかの犯罪を取り下げさせたと、その情報源は言う。911までの日に、ラムズフェルドはまた、国防総省の予算から2兆3,000億ドルが失われたと言って有名になった。現在、国務国防総省は、廃棄物、詐欺と虐待を減らすために前例のない監査を受けていると、その情報源は言う。
 
議会はまた、連邦準備理事会を監査する法律を可決するよう圧力を掛けられている。これを実現するためには、米議会と上院議員は排除を受けており、これまでに30人以上の下院議員と上院議員が排除を主張されている。彼らは辞任するか牢獄行きだと言われた。最近の、議員ジョン・コンバートとトレント・フランクスと同様に上院議員のアル・ペネバント・フランケンに続いて、多くの他の人たちもまもなく続くことになると、その情報源は言う。
 

https://www.nytimes.com/2017/12/08/us/politics/dina-powell-trump-resign.html
 

トランプは彼の義理の息子を解雇するのは難しいとみて、クシュナー自身はイスラエルと他の違法行為に対して未登録の代理人として行動したとして起訴される可能性が高いと、国防総省情報筋は言う。
 
11月18日に、海兵隊のCIA本部襲撃はまた、ワシントンポスト、ニューヨークタイムス、ブルームバーグ、ABC、CNNなどの企業メディアがいつもの反トランプ報道に対して是正と謝罪を求められていることから、モッキンバード作戦は明確に終わらせた。今彼らはまた、真実と計画家族による赤ちゃんの肉の販売のようなことを報道するように圧力を掛けられている。
 
ところで、海兵隊のCIA本部襲撃を明らかにするために、我々が今聞いていることは、CIAのラングレー本部から180マイル離れた二つの空軍基地において力を誇示している。これは、海兵隊情報部隊が居住区に入りコンピュータを押収することをCIAに説得するには十分であったと、その情報筋は言う。その結果、司法省、裁判所とFBIの掃討は今始まったと国防総省情報筋は言う。
 
いずれにしても、国防総省戦略担当者は徒党を逮捕する彼らの全体的なステップはまさに軍事的なものであると言っている。それは、彼らがCIAのようは情報収集所を切り離し、下位の前線の軍隊を逮捕することで始めたことを意味している。ハザール人のケースでは、小児性愛とそのたぐいの犯罪に対して、MS−13ギャング、下位斡旋人とひもを逮捕することを意味している。これらの人々は彼らのボスが誰であったかを指名するよう圧力を掛けられている。
 
これらのすべての動きは先週のエルサレムをイスラエルの首都としてトランプの承認に向かって飛んでいるようである。これは世界中の多くの人々にトランプは結局シオニストの代理人だと思わせることになった。しかし、国防総省情報筋は「それはハザール徒党を逮捕するためにイスラエルに対する世界的な憎しみを誘発させるための計算された動きでる」と述べている。情報筋は、米国は依然としてパスポート、地図、公文書でエルサレムを市として認めることを拒否していると指摘している。
 
「米大使館のエルサレムへの移動は起こりえない」トランプの命令の実行は6か月間は有効ではない。今から2018年5月までに多くのことが起こるだろうと、CIA情報筋は言う。ユダヤ人であるCIA情報源は、「今バチカンがエルサレムを所有している」と述べている。
 
バチカンを支配するP2フリーメーソンロッジは明らかに何か大きなことを企んでいる。私が彼らの本部を訪問した時、彼らは私に、天体の動きを中心に大きな社会工学的出来事を計画していると言った。その面では我々は3つのスーパームーンの真っただ中にいる。最初は12月3日。次は1月の1日と31日である。1月31日はスーパームーンであり、青月であり、月食も予定されている。この日はまた、米国の政府の納税期限でもある。
 
その日に、金融システムの多くを依然として支配しているハザール人は米軍やその他の政府職員への給料支払いを遮断すると言う一つの推測は可能性が高い。米国機関ホワイトハットは緊急計画を立てたいと思っているだろう。
 
もう一つ注目すべきことは、世界中の最大の混乱が今、米国にある一方で、EUへも新たな乱気流が近づいている危険性がある。中国とロシア軍は、ハザール暴徒のフランス、英国とリビアが雇った傭兵軍からリビアの油田を取り戻そうとしている。その他のアフリカは流動的である。米軍はこの立場に立っており、二束三文でリビアの石油とアフリカの資源が手に入らなければ、EUとユーロは重大な金融混乱に直面するだろう。
 
また、金融システムについては、中央銀行を所有するハザール人は彼らのお札の印刷が究極的には株式市場と債券市場で悲惨なバブルを創り出すことを見てきた。それが、この注目される金の多くが、ビットコインなどの仮想通貨に逃げている理由です。これはバブルの可能性が高く、バブルは崩壊する前に何度も上がることがある。もし仮にバブルが崩壊したら、長期的にはブロックチェーン(オンライン取引のデータベース)が現在の金融構造を多くを置き換える可能性の高い技術的改善を示すに違いない。
 
また、ロシア、中国、インドとインドネシアのような実物金塊を所有する国々はビットコインに対して反対していることは注目に値する。そうでない日本や米国はそこに急いでいる。ビットコインは食べることはできないが、同様に金塊も食べることはできない。終わりに、白龍会は、これらの二つの派が究極の通貨は人生そのものであることを認識させることを期待している。今地球の生命は攻撃を受けており、人類は惑星を救うために団結する必要がある。
 


∞ 今週は「嗚呼、悲しいではないか!」さんの解説がありませんね。
 
注目すべき点。
 
「ロサンジェルスのベルエアー火事は地下基地のゲティーセンターの小児性愛者を標的にしており、サンディエゴの火事は明らかに米海兵隊のキャンプ・ベンドルトンを標的としているように過熱していると、国防総省情報筋は述べている。空からレーザービームがやってきて火事を起こしたことを示すビデオが現れた。さらに、建物は火事で完全に破壊されたが、その側に立つ木々は被害を受けていない」
 
米カリフォルニア州南部で12月6日に発生した複数の山火事は、折からの強風などにより記録的な勢いで拡大していますが、未だに鎮火していないようですね。
 
“建物は火事で完全に破壊されたが、その側に立つ木々は被害を受けていない”からみて、発火の原因は今回もレーザー兵器による攻撃です。その対象は“ロサンジェルスのベルエアー火事は地下基地のゲティーセンターの小児性愛者を標的”とありますから、光の勢力による攻撃ですね。
 
「・・日本はスイス・ツーグのハザール悪魔世界本部によって運営されている」
 
これ、多分、事実でしょうから、日本の光の勢力によって早期に排除してほしいですね。
 
「最新の情報は、「ロケットマンが太った少年と多くの人は同じと思うが、本当のロケットマンは、北朝鮮を強化するためにオバマによって設立されたスペースXのエロン・ムスクである」と言っている国防総省の情報源から来たものである。・・」
 
これは、北朝鮮のバックにハザールマフィアが付いているということでしょうか。
 
「・・現在、国務国防総省は、廃棄物、詐欺と虐待を減らすために前例のない監査を受けている。・・議会はまた、連邦準備理事会を監査する法律を可決するよう圧力を掛けられている。これを実現するためには、米議会と上院議員は排除を受けており、これまでに30人以上の下院議員と上院議員が排除を主張されている。彼らは辞任するか牢獄行きだと言われた。・・」
 
光の勢力によって、国務国防総省の監査と、米議会が連邦準備理事会を監査する法律を可決するよう圧力を掛けられていることと、下院議員と上院議員の排除が行われるようですから、ハザールマフィア排除は最終フレーズに入っているのではないでしょうか。
 
「11月18日に、海兵隊のCIA本部襲撃はまた、ワシントンポスト、ニューヨークタイムス、ブルームバーグ、ABC、CNNなどの企業メディアがいつもの反トランプ報道に対して是正と謝罪を求められていることから、モッキンバード作戦は明確に終わらせた。今彼らはまた、真実と計画家族による赤ちゃんの肉の販売のようなことを報道するように圧力を掛けられている」
 
モッキンバード作戦とは、米中央情報局(CIA)が報道 の操作を図った秘密工作のことです。それを“明確に終わらせた”とありまいから、今後、米マスメディアが真実の報道をするようになる可能性は高いですね。この大手のマスメディアが真実を報道するようになれば、大勢の人々が覚醒するでしょうね。
 
「・・海兵隊情報部隊が居住区に入りコンピュータを押収することをCIAに説得するには十分であったと、その情報筋は言う。その結果、司法省、裁判所とFBIの掃討は今始まったと国防総省情報筋は言う」
 
“司法省、裁判所とFBIの掃討”が今始まったのなら、今年中に、ラフな言い方をすれば「ケリが付く」かも知れませんね。
 
特に注目すべきは以下のセンテンスですね。
 
「これらのすべての動きは先週のエルサレムをイスラエルの首都としてトランプの承認に向かって飛んでいるようである。これは世界中の多くの人々にトランプは結局シオニストの代理人だと思わせることになった。しかし、国防総省情報筋は『それはハザール徒党を逮捕するためにイスラエルに対する世界的な憎しみを誘発させるための計算された動きである』と述べている。情報筋は、米国は依然としてパスポート、地図、公文書でエルサレムを市として認めることを拒否していると指摘している」
 
“エルサレムをイスラエルの首都としてトランプの承認”
 
この一件、世界中からトランプ大統領へのブーイング嵐が起きているのですが、“それはハザール徒党を逮捕するためにイスラエルに対する世界的な憎しみを誘発させるための計算された動きである”ということなら、光の勢力のブレーンがバックに付いているとしても、トランプ大統領はやはり、一流の役者ですね。
 
(^_^)/





 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (12/05)
∞ これは先日UPしたフルフォード緊急報告 (11/30)」の詳細版です。・・・12月はそのまま・・・かも。(^_^;)




 
フルフォードレポート英語版
2017年12月5日

 
■ 司法省、FBIの犯罪性が暴露されたので、戒厳令を宣言する米軍
 
大統領ドナルド・トランプの政権として知られている米軍事政権は戒厳令を宣言しようとしていると、国防総省情報源は言う。「トランプは暴動と国民の不安に備えて国家警備隊を連邦化する準備をしているので、徒党は詰んでいる」と国防総省情報筋は言っている、また「FEMAキャンプは大量逮捕を収容するのに使われ、グァンタモは、軍事裁判所が迅速に派遣される一方で、高レベル標的を収容する可能性が高い」と付け加えた。
 
前大統領バラク・オバマやイスラエルの為のさくらで積み上がった議会によって指名された腐敗した判事の為に、トランプは軍事裁判を課すために戒厳令を宣言させられる可能性が高いとある国防総省情報源が状況を説明しているので、そのような急進的行動が必要である。例えば、FBIはG4S傭兵軍を使ったラスベガスにおける数百人のアメリカ人虐殺を積極的に隠蔽してきたと、複数の情報源は言う。
 
トランプはおそらく、以下のツィートでこの排除について言及していたのでしょう。「コミーの数年間後、FBIを指揮している嘘と不正のクリントン調査によって、その評判はぼろぼろであり、史上最悪である!しかし、恐れることはない、我々は偉大さを取り戻す」
 
先週のその他の大きなニュースは、米ドーバー空軍基地が核兵器かそれと同等のもので最近攻撃された。攻撃は企業メディアではマグニチュード4.4の地震として報道された。しかし、その震央が軍事基地であり、浅く、地震計が巨大な一時的瞬間的地震を示しており、自然地震に見られる振れの増加ではないので、核爆弾或いはビーム兵器攻撃の特徴を有している。それは、下のリンクで見ることができる。
 
この攻撃は、北朝鮮が米国内のどこでも攻撃可能な大陸弾道弾を持っていると発表した翌日に起きたが、国防総省情報源は、軍産複合体内の非宣言内戦であると言っている。ドーバー基地は米軍や他の死体を処理するところで、また長距離高重量の航空輸送の拠点である。CIAはベトナム戦争中はヘロインを棺に入れて米国に密輸していたので、アフガンのヘロイン主要輸送基地であったので取り除かれたとするのは良い推測である。
 
先週、国防総省が不正な衛星が勝手に飛んでいると表現したように少ないけれど低軌道空間戦争の証拠も見られた。これは、19の衛星を搭載したロシアのロケットの打ち上げの失敗として、ニュースに登場したかもしれない。
 

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/11/28/international-spacecrafts-lost-sea-russian-rocket-fails-make/
 

また、12月2日に米戦略司令部長官であるジョン・ハイデン将軍がカルフォルニアの聴衆を前に、いくつかの州が米宇宙能力を標的にしているが、「我々はそれを起こさせない」と警告した。
 
先週は世界的に隕石と宇宙のごみの落下の報告があった。この著者は個人的に、私の東京西部の家から1kmも離れていないところに多色隕石がが落下するのを目撃した。その動画は次のリンクからご覧いただけます。
 


 

「サウジの排除によって11月4日に始まった嵐は続いている」と国防総省情報源は言い、明らかに文字通りであると言われている。
 
米国内の地上レベルでの掃討もますます目に見えるようになっている。「モッキンバード作戦は、11月18日のCIA本部の襲撃に続いてマット・ローラーのようなCIAメディア資産がNBCから解雇されたように、モッキンバード作戦は止められたと、その情報源は言う。トランプが「ロシア、ロシア、ロシアの魔女狩りについて恐ろしく不正確で不正直と言うので、ABCニュースはブライアン・ロスを追放したので、モッキンバードは撃ち落されたもう一つの兆候がきた。企業メディアの追放は始まったばかりであると、その情報源は約束している。
 
ハザール暴徒は特別検事ロバート・ミュラーによる前米国防省諜報局のマイケル・フリンの告発がトランプの弾劾に繋がると言う希望に固執している。しかし、国防総省情報源は、フリンの告発は、オバマ、ヒラリー、FBI、小児性愛と深層国家の全ての犯罪をミュラーに暴露させることになり、トランプの泥沼の排水を助けることになり、無意味なことであると約束している。
 
オバマは先週中国国家主席習金平に政治的庇護を求めたが、断られたとアジアの秘密結社情報源は言う。公には、中国を出る直後にダライラマを訪問することで中国を馬鹿にするオバマを見ることができる。しかし、ダライラマは彼自身が排除される可能性があり、オバマを助ける立場にない。
 
また、小児性愛については、先週ハリウッドのスター、ディレクターである俳優ノメル・ギブソンはハリウッドのエリート達は「子供達の血を収穫する」と言っていた。彼らは肉を食べる。彼らはこれが彼らに生命力を与えると信じている。子供が死ぬ前に身体と精神で苦しめば、これが更なる生命力を与えてくれると信じている。ギブソンは、「これはある種の芸術的抽象ではありません。私は2000年代初めに個人的にこの紹介を受けた。これらの人々、経営幹部は今は死んでいるので、これについて話せる。
 
この著者は人間の胎児を食べたことを認めた二人のハザール人暴徒に個人的に会ったことを確認できる。これらは、ホワイトハットによって今積極的に狩られている人々である。
 
徳仁天皇が彼の父親である明仁天皇から引き継いだ日本でも掃討が始まったと、日本軍情報機関は言っている。明仁は2019年4月まで退位する予定ではないが、徳仁は既に事実上の天皇であると、彼らは説明している。今のところ、数十人しか掃討されていないが、真珠湾記念日の12月7日にはさらに多くが始まると、彼らは言う。特に70人のボディーガードで守られるホテルの住んでいるミスターKは逮捕されると、彼らは付け加えた。
 
日本の諜報機関はまた、米軍ホワイトハットに日本の米軍と諜報社会の多くが長年、加倉坂の芸者と現金で買収されてきたことに気付いて欲しいと思っている。彼らは、全米大使のキャロライン・ケネディ大使でさえ、定期的に惜しげなホストクラブで楽しんだ。裕仁天皇の死後、日本の金の多くは、元首相中曽根康弘のような日本人のふりをした韓国人によって、ロスチャイルド、ブッシュ、クリントンと他の高レベルハザール暴徒に与えられて、奪われてきたと、その情報源は言う。
 
米国と日本が清掃を続ける一報で、米国と中国の間の国際金融緊張が高まっている。この兆候は、先週の米中経済対話の解消であった。先週トランプが発表した減税は、その文脈で米国が破産宣告して新たな通貨を発行する場合にのみ実施可能であることに注意することが重要です。そうしないと中国から大規模な新規借り入れが必要となるからである。中国は米国企業のブラックホールにさらに多くの資金をつぎ込む気分ではないと、アジアの秘密結社筋は言っている。
 
中国は、米企業政府を破産させて、カナダが引き継いで、米企業政府がなってしまった不正政権を置換え、北米合衆国をつくることを希望していると、その情報源は言う。今週、カナダ首相ジャスティン・トルドーは中国にいて、カナダ放送公社の報告によると、「米大統領ドナルド・トランプの現れては消えることに対する中国の反感は、北米におけるより魅力的なパートナーとしてカナダを位置づける助けになっている」
 
中国とBRICS同盟国が米国の債務不履行に備えている兆候として、先週BRICS諸国が独自の金塊取引ネットワークを始めつと公式発表があった。
 

http://www.zerohedge.com/news/2017-12-02/russia-china-india-unveil-new-gold-trading-network
 

ベネズエラは先週、米ドルに置き換えて金塊、石油とダイアモンドに裏打ちされた仮想通貨を立ち上げると発表した。さらに、ロシア財務省は、アメリカ人による金押収を心配して、米国がロシアの外貨備蓄を奪うことがあれば、金融戦争を宣言すると警告した。
 
不気味なことに、ロスチャイルドに繋がるアジアのCIA情報筋は、金融戦争について訊ねられた時、以下のようなコメントをした。「私はこの種の話に詳しい私の連絡者の一人から、基本計画は2018年の第3四半期に世界システムを崩壊させると聞いている」
 
最後に、ブラジルの読者から電子メールで以下のような情報が寄せられた。「私の国の南部の州ポルト・アレグロ・ブラジルには、大きなアメリカ領事館があるが、実際サンパウロの物より大きい。常識的にはCIA本部でもなければ、そのような大きなアメリカ領事館は持つ必要がないと言える。そこに住んでいる私の友人は、この建物が作られて以来、ここ数年、表面的には10人以下の少数しか働いていないようだと言っている。おそらく、これは、取り除くべきもう一つのDUMB(深層地下軍事基地)であろう。
 
しかし、南米の地下基地を基点とするナチスは以前、この著者に彼らはもはや世界を征服したくはなく、彼らの空飛ぶ円盤で遊ぶ為に放っておいて欲しいといっていた。多分、彼らにとっては、それとその他の技術を世界の人々と共有することを発表するだけである。
 

∞ 全体的に見て、世界はこれから2018年にかけてどう動いていくのかという本筋が見えそうで見えません。もう少し見通しが良くなると良いのですが・・・。
 

(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 00:06 | comments(0) | - | - |
フルフォード緊急報告 (11/30)
∞ 状況報告がUPされています。

 
フルフォード緊急報告
2017年11月30日
 

 今世界が激しく動いている。
 
11月18日に米海兵隊がCIA本部を占領した。その影響でアフガンの400箇所のヘロイン生産拠点が爆撃された。アメリカ軍産複合体の中で内戦が起きている。アメリカの大物政治家を含む逮捕者が4200名以上に上っている。まだ発表されていないが、すでに始まっている。トランプ大統領のツィッターを見ればわかる。
 
もう一つ大きな展開は、北朝鮮がアメリカを始め世界のどこにでも核爆弾を送ることができることを見せた。これで北朝鮮が潰されない、核戦争のカードがアメリカが切れなくなった。地球の今後を平和的に決めるしかない。それはある意味でよかった。リビアのようにあきらめると滅茶滅茶にされる。これによって旧体制の全面戦争が切れなくなった。
 
イスラエルのネタニヤフ首相が、イランと戦争をすると言う発言をしたことに対して、イスラエルの国防長官がイスラエルはイランと戦争しませんと言っているので、最後の悪役が失脚し始めている。日本では加計学園で私物化学兵器を作ろうとしている安倍政権が問題である。
 
今、アメリカンの第七艦隊の幹部440人のうち対象60名が収賄罪事件で捜査されている。これでハリーハリスのアジア地区最高司令官が首になる。それによって横田基地で身を潜めているマイケルグリーンとりチャード・アーミタージも保護されなくなる。そうすると安倍政権と311大量殺人の犯人たちも、ようやく逮捕される。
 
311の関係者に言う。今のうちに降伏すれば、まだ許しがある。嘘を言い続ければ刑務所、あるいは死刑になる。世界は激変していて、ドイツのメルケルも失脚、911のサウジ王子たちも逮捕された。アメリカではジョン・マケイン、ヒラリークリントンも逮捕された。やっと正義の味方が勝っているので、人類の解放を楽しみにして下さい。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------

第七艦隊の粛清が行われているとしたら、最高に幸せです。ぜひ、よろしくお願いします。待ってました!!
フルフォードレポート今週号も緊迫です。今しばらくお待ちください。お楽しみに。

嗚呼、悲しいではないか!」 


∞ 掲載している情報はほとんどが先週までに既に発信されています。現状にて、それがそのままに進行状態にあるようです。そして、その先には、ハザールマフィア達の逮捕がいつ実行されるのかという事が焦点となるでしょうね。出来れば12月中に始まってほしいものです。
 
(^_^)/ 2018 ヒカリ アレ !




 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 17:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (11/29)
∞ 海兵隊のCIA本部襲撃はハザールマフィアの逮捕関連に多くの収穫があったようです。(^_^)/
11/30:追記 先日、投稿済みのはずが、またも未投稿にされてしまいました。(-_-;)



 

フルフォードレポート英語版
2017年11月28日
 

■ ベンジャミン・フルフォードは海兵隊のCIA本部襲撃から引き出される莫大な起訴可能な情報が得られると言っている
 
皆さん、善人は勝つ、そして、最後の洗脳奴隷がハザール人負債奴隷マインドコントロール基盤から解放され、犯罪者たちが逮捕されるのはそう遠いことではない。
 
先週、バージニア州ラングレーのCIA本部を襲撃した海兵隊は、起訴できる膨大な情報を与えてくれると、国防総省と他の情報源は言う。「米大統領ドナルド・トランプはフィリピン、アフリカ、ドイツと同様に中国でも破壊されたクリントンにつながる小児性愛リングに対して大きな勝利を得た。全米にわたる軍事法廷と極秘の起訴は4,000件に近付いていると、国防総省情報筋は言う。
 
この襲撃はブッシュ−クリントン徒党、トランプがユダヤマフィアを引きづり降ろし、CIAとFBIから反逆者を掃討するために退役軍人に活動義務を呼び掛けた10月20日の大統領命令にサインしたので、可能となった。
 
CIA本部を襲撃した10月18日に、コンピュータや書類が押収され、その結果、「400に及ぶ麻薬施設があり、そして米軍がアフガニスタンの彼らを爆撃を始めた」と、その情報源は言う。爆撃された地域は政治的に正しくあるために、タリバンの地域と認識されたものであると彼らは付け加えた。言い換えれば、彼らは世界に、軍産複合体内部に内戦が行われているとは思ってもらいたくないということである。
 
いずれにしても、これは軍事作戦ではなく、情報作戦であり、心理兵器作戦であり、歴史上最大の反麻薬作戦であるので、海兵隊は彼らは常に忠実である(いつも正義である)ことを今一度証明したと、その情報源は続ける。
 
アフガンからのヘロイン資金を遮断することに加え、北朝鮮への空路陸路の遮断は、同様にハザール徒党へのアンフェタミン資金の流れを止めたとアジアの秘密結社情報源は言う。
 
メキシコとコロンビアの麻薬カルテルへの新しい攻撃同様に、麻薬王エルチャポへの暗殺者として雇われたMS-13エルサルバドリギャングの大量逮捕と国外追放は南アメリカのコカイン資金もまた遮断されたことを意味している。世界中に現在進行しているマリファナの合法化もまたハザール人の裏の資金源を遮断している。
 
CIAの麻薬資金の影響が尽きれば、国際司法裁判所はアフガニスタン他で拷問やその他の戦争犯罪に対して、CIAとブッシュ徒党を訴求することの用意ができていると、国防総省と他の情報源は言う。
 
また、米軍史上最大の汚職事件の一つは、海軍幹部将軍の2/3に及ぶ60人を含む440人の調査に繋がった。これらの主にアジアに駐留する汚職士官の掃討は、第七艦隊が日本、韓国、北朝鮮の秘密のハザール人植民地の汚染された政治家を保護することを止めることになることを意味している。これは米国の逮捕にアジアの同様な逮捕が続くことになることを意味している。
 
2011年3月11日の日本への津波核大量殺人攻撃に関与した日本人犯罪者たちは、彼らの命を恐れているが、内部告白者でありグノーシス・イルミナティのグランドマスターでアルアレックス・ロマノフ、別名Slasha Zarictを引き留めて、東京府中の長谷川病院へ非人間的状態で閉じ込めた。病院の電話は81-422-31-8600である。人類に対する福島の犯罪に関与した元首相中曽根康弘、元首相の森喜朗、小金井市長、小金井警察署長と他のすべての犯罪者達は、ザリックを直ちに開放し、直ちに彼らの罪を告白する記者会見を持たない限り、最終的には処刑されるだろう。彼らの財産は没収され、ザリックは彼に対してなされた危害に対して補償されるだろうと、白龍会情報筋は言う。もちろん、米国、イタリア、スイスの上級幹部もまたこれらの犯罪で裁判に掛かるであろう。
 
ビルゲーツやジョージソロスなどのハザール人幹部暴力団はすでに、職に就いていないと、白龍会情報筋は言う。もっとも著名な人々の中で、次に引きずり降ろされることが予想されているには、グーグルのエリック・シュミット、アマゾンのジェフ・ベゾス、フェイスブックのマーク・ツッケルベルグである。
 
同様に、私有中央銀行の法定不換紙幣を実体経済に戦場するための漏斗として使ってきたソフトバンクの孫正義と多くの寡頭勢力もまた次に予想されている。日本の右翼情報筋は、孫はすでに処理されたと言っている。
 
一方、米海兵隊本部の情報源はまた、襲撃で暴かれた他のハザール人犯罪の詳細な情報を提供した。これはCIAホワイトハットから電子メールで受け取った。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
CIA本部の海兵隊員から
 
自身のアイフォンから送られた。

米海兵隊はバージニア州ラングレーのCIAを先週末に襲撃した。海兵隊は有名な政治家が、横領、不正選挙、身分詐称、暗殺計画、殺人、国内テロと小児性愛に関係している多くの証拠を回収した。私はあなたの興味を刺激して、起こっていることを総括するために以下の23項目を挙げました。
 
項目1:CIA本部は襲撃され、FBIは無効にされ、米財務省が盗んだ35兆ドルも回収された。約100兆ドルがブッシュとクリントンによって横領された。
 
項目2:大統領ドナルド・トランプは大統領ジョン・F・ケネディ暗殺のファイルとジョージH/Wブッシュがその背後にいることを再公開した。JFKの検視写真は偽造された。
 
項目3:これらすべての議員のセクハラは主流メディアの、現在起きていることに対する目くらましである。(米海兵隊はCIA本部を襲撃し、大統領トランプは軍事戒厳令を発した)
 
項目4:Infowarsのアレックス・ジョーンズは反逆者であり、モサドの一部門、イスラエル国秘密情報機関であるモサドの一部門に繋がる国家安全保障の脅威である。
 
項目5:ヒラリー・ロッドハム・クリントンは、ロン・ブラウン(商務長官)、ウィリアム・コルビー(CIA長官)、ヴィンス・フォスター(大統領次席顧問)とジョン・F・ケネディ・ジュニア(暗殺された大統領ジョン・F・ケネディの息子)−そしたその他からなる国内暗殺部隊を通じて、殺人を命令した。
 
項目6:当時、共和党の大統領候補であったトランプは、上院議員テッド・クルーズの父がリー・ハービー・オズワルドと関係があった点は正しかった。
 
項目7:下院知性に関する常任委員会の上級メンバーであるカルフォルニア州議会議員アダム・シフと、米大統領バラク・オバマの前ホワイトハウス統合参謀長であるシカゴ市長ローム・エマニュエルはモサドに繋がっている。シフとエマニュエル両名は小児性愛者である。
 
項目8:バラク・オバマはケニアで生まれ、元大統領は身元詐称を犯していた。オバマは身元詐称で逮捕されるべきである。
 
項目9;上院議員クルーズは米上院議員になるために彼の出生証明を偽造した。クルーズは身元詐称で逮捕されるべきである。
 
項目10:大統領トランプはCIAの給与計算書に載るすべてのジャーナリスト(例えば、アンダーソン・クーパー(CNN/CBS)、クリス・マッシュー(MSNBC)、ウォルフ・ブリッツア(CNN)、と恐れおそらくアレックス・ジョンソン(Infowars)のファイルを得ている。
 
項目11:米海兵隊先週末、CIA本部からコンピュータを除去した。
 
項目12:彼らは今は、ヒラリー・ロッドハム・クリントンが選挙違反、反逆罪と扇動を行ったと言う証明と証拠を持っている。彼女は麻薬ディーラーである。彼女は大量殺人を犯した。彼女は委託殺人の計画として国務省で人々を殺害した。
 
項目13:2016年11月にCBSニュース通信員を引退したビル・プレートはJFKが正面から撃たれとことを確認した。そしてテネシー州上院議員民主党大統領候補あるゴアが2000年の選挙に実際に勝利し、9/11テロリスト攻撃が不正の操作された。プレートは、報道員は彼らの命を恐れて何も報道されないだろうと述べた。
 
項目14:この国は一旦、国際協定が実行されれば、赤字は解消される。100兆ドルが入り、35兆ドルが米財務省に、15兆ドルが余剰金となる。我々は税金を削減して、軍隊を再建し、この国の為に素晴らしい基盤計画を作り、ロナルド・レーガン以来最高の大統領になるでしょう。
 
項目15:ジョージ・H・W・ブッシュはレーガン大統領の8年間の大統領就任中に、大統領レーガンを三度暗殺しようとした。
 
項目16:パパ・ブッシュ(そしてヒラリークリントン)は大統領ドナルド・トランプを7回暗殺しようとした。ブッシュは一年中、他の主要な政治家、特に下院議員と上院議員に対する25回の暗殺計画に関与してきた。
 
項目17:ゴアが就任して、ブッシュが選挙を盗めなかったら、ゴアを排除して副大統領の候補のアル・リベーマンを大統領に据える計画があった。
 
項目18:カルフォルニア代表のマクシム・ウォーターとタイのブルームーン銀行が関与した隠蔽がある。
 
項目19;2017年11月3日の反戦争/反妊娠中絶のケンタッキー州上院議員ランド・ポールへの強襲は殺人未遂であった。
 
項目20:主要ネットワークの報道員は話を壊そうとしている−だから彼は今日までそこにいられた。政府が国中の孤児院へ連絡して、孤児をワシントンDCに送るよう孤児院に支払いをしたので、ディックチェイニーやHWブッシュ他小児性愛者(例えばベリーフランク)がセックスをするために子供を連れだすことができた。それから、彼らは子供をパーティに連れて行った。フーカーはこれらのパーティに参加した。議会議員は麻薬を打たれ、これらの孤児と政治家は性的に名誉を気付つけられることで写真を撮られた。議会のほとんどは(今も)脅迫によって支配されている。
 
項目21:米海兵隊がCIAの建物を襲撃した時、彼らは事前9/11テロリスト攻撃の金融契約書、保険書類と他の書類をを発見した。これらの書類は今は、米海兵隊情報局の所有となっている。
 
項目22:ウィスコン州、連邦準備理事会と前(2001年から2005年)ウィスコンシン知事トミートンプソンは米財務省から数兆ドル窃盗に関与している。ウィスコンシン知事ジェリーブラウンは彼が所有している物は全て返却しないと、召喚されることになるだろう。
 
項目23: カリフォルニア州民主党知事ジェリー・ブラウン(Jerry Brown)は、カリフォルニア州議会議員/ナンシー・ペロシ大統領とカマラ・ハリス上院議員を含む自らの党の捜査を命じた。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
上記の情報は我々の情報源が我々に話していることとは完全には一致しませんが、十分理解できる範囲であるので、正確にその言葉通りに掲載した。
 
たとえば、バラク・オバマ氏はアメリカで実際に生まれましたが、彼の本当の父親はアメリカの共産主義活動家のフランク・マーシャル・デイビスだったため、身元詐欺を犯しています。また、Wantaの議定書が活性化され、100兆ドルが掛かることは確証できません。しかし、Janet Yellenは、任期が2024年まで延期されていたにもかかわらず、連邦準備制度理事会の総裁として辞任を余儀なくされたことを確認できます。理論上、無制限の資金が世界の他の国々と共にアメリカを再び偉大にするために利用できるようにすることを意味する。
 
しかし、ハザール人が真に敗北する前に多くのことが残っているので、今は栄誉に休息している暇はない。
 
米国では、企業宣伝メディアは依然として引き摺り下ろされ続けており、真実を放送し始めるよう圧力を掛けられている。先週、その方向で多くの措置が講じられました。例えば、ワイントンポストとハザール人所有のアドバンス出版はセックス虐待の主張が嘘と暴かれた後に、アラバマ州のロイ・ムーア上院議員による名誉既存訴訟に直面している。ドナルド・トランプはムーアを支持している。
 
また、ロバートマードックにFOXを売るように圧力を掛けているハザール暴徒による企みは、トランプ政権によって止められていると、国防総省情報筋は言う。第一段階として、司法省はコムキャストにNBCユニバーサルを売却させるよう圧力を掛けて、フォックスを引き継ぐたくらみを放棄させようとしていると、その情報源は言う。メディアトップのボスの逮捕もまた差し迫っていると、彼らは言う。
 
ハザール人は彼らとしては、世界の石油の多くのハザール支配を守るためにイスラエル軍とサウジアラビアの傭兵軍を統合して守りを固めている。
 
しかし、国防総省情報源によれば、「イスラエルは武器金融の対象になっているので、長年の顧客であるインドが5億ドルの対戦車ミサイル取引を中止し、ドイツのメルケルの後任者が潜水艦の建造を中止する可能性があり、イスラエルがF35を増やすこともできず、部品の供給を拒否され、オバマの元で作られた、10年間380億ドルの軍事援助もキャンセルされるかもしれない」
 
全体としては、惑星地球の人々にとって素晴らしい勝利の週であった。また、イスラエル、日本、ドイツ、イタリア、フランスと英国で政権交代が起こる否定できない兆候もある。これが起これば、大量逮捕が続いて、我々はハザール人バビロニア負債奴隷の悪魔が本当に終わったことを知ることになる。
 
人類にとって新しい夜明けが起こっている。それが起こるよう圧力を掛け続けましょう。
 
∞ ドナルド大統領も、やるもんですね。表向きには暴言ばかりが目立ましたが、その裏ではハザールマフィア打倒のための緻密な作戦を練っていて、しかも即、実行したということですから大した役者です。おそらく、「光の勢力」が彼を全面的にサポートしているでしょうね。

(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 22:26 | comments(0) | - | - |