Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    (09/15)
  • インテルアラート(09/02)
    mirai (09/03)
  • インテルアラート(09/02)
    SK47 (09/03)
  • 「+」領域、「−」領域、そして「+−」が融合した領域 (2014/12/15)
    hitomi (08/27)
  • バーバラマーシニアック (08/24) プレアデスからのメッセージその2 意識的に生きるとは?
    tarou758 (08/25)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    mirai (08/24)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    yukiya (08/24)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フルフォードレポート (10/04)
∞  ハザールマフィアの犯罪について世界の人々が関心を持ち始めているようです。(^_^)v

 


 
フルフォードレポート
2018年10月8日
 

世界は、想像力を越えてものすごいハザールマフィア犯罪について学ぼうとしています。
 
ハザールマフィアは恐ろしい規模で子供の虐待、殺人、虐殺を行っており、世界は軍事法廷が始まりを知ろうとしている。ニュヨーク警察やCIAから送られた不穏な写真や証言は、ハザールマフィアが本当に悪魔であることを示している。これらの人々は真実と和解委員会を超えており、すぐに死ぬ以外に価値がない。
 
米国の不明の子供たちに関する統計から始めましょう。そうすれば懐疑論者は彼らの完全なる悪に対して心を閉じることが防げる。2015年、442,032人が行方不明になっている、このうち42,032人は見つかっていない。

これに比較すると、同年の日本では、17,971人の子供が行くへ不明になって、そのうちの99%近くが見つかっている。

CIAによって送られた下の写真は、CNNスターとFRBヴアンダービルト相続人のアンダーソン・クーパーにリンクされており、少なくともこれらの子供たちに起こった事に関してヒントを与えるかもしれない。


さらに悲惨なのは、ニュヨーク市警から宅配便でCIAの送られた以下のリンクにビデオ静止写真である。それは悪魔の儀式でヒラリークリントンによって顔をはがされた処女を示している。警告です、それはグラフィックであり、私は2分後に見るのをやめた。
今、私は連邦準備理事会を所有する家族について記者会見でジョージ・ソロスの顔に現れた恐怖の顔を理解し始めた。彼はおそらくこの種のものを最初に見たのであろう。
 
これらの犯罪者の訴求は、判事ブレッド・カバナーの承認を受けて軍事政府が支持するドナルド・トランプが最高裁の多数を占めた今、ついに始まろうとしていると、国防総省情報筋は言う。
 
検事総長ジェフ・セッションはすでに特別検事である、ユタ州の米連邦検事ジョン・フーバーと会談しており、57,000件の訴追が開封される可能性が高いと、同筋は説明している。
 
最高裁判所におけるカバノーの就任は軍事法廷同様にFISAの機密書類や他の記録が解放されることになると、その筋は言う。
 
さらに、「上院は911文書の機密解除を求める決議を全会一致で承認したので、シオニストと深層国家を引きずりおろす段階にある」と彼らは付け加えた。
 
これらの犯罪のもう一つの面は、不正国家イスラエルに対する米軍/ロシアの軍事行動である。特に「ロシアは、サムソンの選択を時代遅れとし、核拡散防止の唯一の選択をすることで、イスラエルの飛行禁止区域を貸すことなく大陸弾道や他のミサイルを発射させないことを目的としている」と国防総省情報筋は説明する。言い換えれば、イスラエルはもはや米国の悪魔を保護するために核脅威を使うことはできない。また、バチカンのP2情報筋は、イスラエル首相のベンジャミン。ネタニヤフは速やかに逮捕されるか殺されるべき大量殺人悪魔であることを確認している。
 
米国とロシアはまた、イスラエルにその犯罪的活動を止めさせるためにイスラエルの海陸封鎖を課す検討をしていると、彼らは続けた。
 

 
情報筋は「米国は血の10月を宣言した」というメッセージをつけてこの写真を送ってきた。
 
国防総省情報筋はまた、「徒党は潜水艦と水中基地のほとんどを失い、国防長官ジームス・マティスと海軍参謀長ジョン・リチャードソンにリシンを送り報復しようとしたのかもしれない」と言っている。
 
国防総省が言及したことは、金塊の保管のために地下倉庫を持つクリントン逃亡住居の破壊であったと、インドネシアの情報筋は言う。

最近、インドネシアを襲った津波としてニュースに現れた破壊であり、ワシントンポストに掲載された専門家でさえ「それは尋常な出来事ではなかった:とシンガポールにある地球観測所の上級研究員のアダム・スィツアーは述べた。「この地震は警戒システムの限界を超えていた」
「クリントンはフリーポート者のグラスベル鉱山からの金塊を支配していた。クリントン財団/クリントン・グローバル・イニシアティブはパプアの事務所で簿外金塊の販売からの金を洗浄する方法であった。
 
「クリントンは何年もの間、インドネシア軍の特定の派閥との取引を行ってきた」その人たちがそれのアクセスを支配している。
 
「中国人がそのすべてを確認でき、唯一の方法は津波であることを知っていた」津波は中国人によって起動された。
 
科学的に言えば、津波は不可能であった。全てが注意深く行われ、欠陥のある技術と奇妙なスキュー核誤差まで遡ったが、このすべり角度の誤差は奇妙であり、自然の物ではなかった。(∞スキューとは歪み、斜め、剪断の意味ですが・・・?)
 
通信システムが操作できるので、三番目の津波は見られなかった。この津波警報システムは2004年のクリスマス第三次の後に開発されて以来、機能していた。
 
可視スペクトルに色を持たない目に見えないレーザーがあり、EDW(∞directed-energy weapon:指向性エネルギー兵器)を越えるEDWであった。中国軍は賢明で、彼らはDEWを検知されなかった、それが良かった。
 
これは中国の目に見えないレーザー衛星からの直接攻撃で、クリントンの逃避住宅、そこに住む取り巻き連中と地下倉庫が襲われた。不幸にも重大な副次的被害があった。
 
CIA筋によれば、破壊される前に、このクリントンの隠れ場所が襲撃され、特別資金500億ドル(先週報告の2憶7000万ドルではない)が押収されたと言う。破壊された複合体のgoogle earthのスクリーンショットは以下の通りです。(∞スクリーンショットはありません)
 
金は、インドネシア政府高官のうち、ジュスフ・カッラ副大統領とトランプの軍事部を含む内相のグループ間で、「金は分裂している」とその情報筋は述べている。だから、将軍が彼らに派遣された理由を今知ることになる。
 
また、CIA情報源の一人に関する情報を読者に提供できる。彼は1965年から1985年にかけて、米国大使館からジャカルタで秘密情報サービスを担当していた。
 
彼がそこにいた時、彼は私にジャカルタに20人のアメリカ人が永住していると語った。彼らは全員、大使館の掩護の元に働いていた。これは引用である「我々のチームはスカルノ大統領の力を削ぎ、スハルトに権力を与えた」
 
「彼のチーム、ラングレーの本部と他のアルファベットの機関はスハルトがPKIと呼ばれる100万人のインドネシア系中国人を殺害を助ける手段となった。それはよく計画され、そしてオーストラリア政府も参画し、企てられた大量虐殺に深く関与した。その時すでに、スハルトはフリーポートの支配権を機関他に手渡し、今でも十分である。
 
私は何故それを実行したのかと、無鉄砲者に聞いたら、彼の答えは、

「それは私の仕事であった、私は米政府の為に働いている、そのときあなたは質問しなかった、あなたは消えた」彼は私に、彼らは食料がなく、ジャカルタからの全ての米に配給が中止されたので、ダジャクスとマラヤスはこの危機の最中に飢餓死したので、カレマンへ米を積んだ二隻の船を持ち込むことに関与したと語った。そして、さらに増やすために、ブッシュ家の上級者であった。彼は、古い警備員の一人であったが、多くは残っていなかった。(スハルトが中国人虐殺の協力のオレイにフリーポートの権利を渡したと言っている)
 
最後に、南極の秘密基地につながる我々の情報源(彼は南極探検のリチャード・バード提督の親戚)が我々のところに戻り、本当に不思議なことがそこで起こっていると主張している。
 
「南極ではワームホールを開けて、そう、そこは多次元への入口があり、南極とその周辺に極端な磁気的変化があり、文字通り空間の新しい構造を破壊している。それが全てのこれらの政府指導者達がそこへ行った理由であり、彼らは大衆から南極を遮蔽した。大衆は南極の5%しか情報を得ておらず、あなたはその側にいる」
 
この情報源は、Scientific Americanなどの評判の高い出版物でさえ、「南極の凍結地から来る不思議なものがあり、我々が知るように、物理学を破壊する可能性がある」と報告している。
 
我々は、今年の南の夏に南極を訪問して、そこで何が起こっているかを直接読者にお伝えする。ワームホールのような異常が本当にあるならば、少数の指導者達ではなく、地球全般の人々に教える必要がある。
 
ヴィンセンゾ・マザーラ、クルサダー・カバリエ、バチカンのフリーメーソンロッジP2のシニアメンバーは、人類が箱舟の艦隊を建造して宇宙に進出する準備が整っていると述べている。
 
いつものように、このような問題に対する私の反応は、それを見たときに信じます。現在、白龍会は貧困を解消し、環境悪化を止める大規模キャンペーンに数兆ドルをかけるべく働いている。(その金はどこから持って来るの?)
 


∞ フルフォード氏の記事は英文なので、その翻訳で意味不明の箇所がいくつかあり、それらを分かる範囲で加筆訂正しています。
以下、注目すべき部分です。 
 
「連邦準備理事会を所有する家族への犯罪者の訴求は、判事ブレッド・カバナーの承認を受けて軍事政府が支持するドナルド・トランプが最高裁の多数を占めた今、ついに始まろうとしていると、国防総省情報筋は言う。・・・検事総長ジェフ・セッションはすでに特別検事である、ユタ州の米連邦検事ジョン・フーバーと会談しており、57,000件の訴追が開封される可能性が高いと、同筋は説明している」
 
いよいよ、トランプ大統領とディープ・ステートとのファイナルバトルのゴングが鳴りますよ。

「2000人超の犠牲者を出したインドネシアを襲った津波は金塊の保管のために地下倉庫を持つクリントン逃亡住居の破壊であった」

「中国の目に見えないレーザー衛星からの直接攻撃で、クリントンの逃避住宅、そこに住む取り巻き連中と地下倉庫が襲われた。不幸にも重大な副次的被害があった」→ 津波被害
 
「南極ではそう、そこは多次元への入口があり、南極とその周辺に極端な磁気的変化があり、文字通り空間の新しい構造を破壊している。それが全てのこれらの政府指導者達がそこへ行った理由であり、彼らは大衆から南極を遮蔽した。大衆は南極の5%しか情報を得ておらず、あなたはその側にいる」
 
闇さん達が南極でワームホールを開けたようですが、それを何に使うのか?予想すると!
 
 ^任気鹵が南極でワームホールを通って太陽系からの脱出を試みる。
結果:おそらく光の銀河連合に追跡され逮捕される。(^_^)v
 
◆‖深仝祇こΔ鳳れ場所を作り、ほとぼりの冷めるまで隠れる。
結果:隠れ場所が発見され逮捕される。(^_^;)


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 10:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (10/01)
∞  今回の記事はまともに読めます。(^_^)♪

 


 
フルフォードレポート
2018年10月1日
 

▼ 絶望的なハザールマフィアは、トランプ暗殺が失敗したので、偽の宇宙人侵略を計画している

ハザールマフィアは、ごく最近の米大統領ドナルド・トランプの暗殺に失敗した後、偽の宇宙人侵略を計画していると、国防総省とCIA情報筋は言う。暗殺の企みはイスラエルの潜水艦からエアーフォースワンに向かって発射されたミサイルの形で行われたと、国防総省情報筋は言う。レッド・オクトーバーを追えはイスラエルと徒党の潜水艦が沈没したことを意味するかもしれないので、人生は芸術を模倣する。10月の驚きは血まみれかもしれないと、その情報筋は付け加えた。
 
ハザールマフィアが暗殺のたくらみをする時間を買うために、ブレッド・カブァナフの最高裁判決を遅らせるために、すべての妨害を引き出したことは明らかである。代わりに、上院がカブァナフに対する虚偽の告発をした人々に対して法的措置を講ずる準備をしているので、彼らの動きは大きな打撃を与えている。あなたは、上院司法委員会のホームページから確かめることができる。
https://www.judiciary.senate.gov/press/rep/releases/judiciary-committee-refers-potential-false-statements-for-criminal-investigation
 
国防総省情報筋は、「カブァナフのFBI調査は、彼の汚名を晴らすだけではなく、雇った告発者、民主党、そして深層国家に対する攻撃に変わる」と説明している。さらに、「カブァナフは53の議席を持っており、トランプがすべての携帯電話にテキストアラートを送信する10月3日に確認される可能性が高いと、その情報筋は言っている。
 
この文脈で、スイス、フランスと英国のロスチャイルド分家が、降伏し南アフリカ型の真実和解委員会を受け入れるのが遅すぎないかどうか尋ねるために、白龍会との連絡線を開いたことは興味深い。明らかに、軍事法廷と銃撃隊の本当の見通しは、彼らが何かをしなければ本当にゲームオーバーになるだろうと気付いたのです。
 
私たちはまた、「xxx-xxxから米国の大使館から働いているxxxのCIAの秘密サービスの責任者」から次のような連絡を得ました。
「それはロスチャイルドの関するものである。私の友達はNYCで非常に静かに控えめな生活をしているナザニアル・ロスチャイルドの個人的友人です」
 
「それは南極に関することであり、南極はワームホールを開けてしまった。そう、三次元から他次元への扉がある。南極の中やその近くの極度の高磁気シフトにより、文字通り次元の世界に新しい構造を割(さ)いている。これはすべての政府の指導者たちがそこへ行ったからである。これが、南極大陸を一般に遮断をする理由である。大衆の5%のみがこの話を知っている。そして今、あなたはもう一方にいる」
 

 
このメッセージは以前に氷の下の都市について南極の話を送った人と同じであるので、私に極端なBS警報を鳴らした。そのことは1980年代の映画計画から配給をもぎ取られたことが判明した。さらに彼らは、後半に信用され軽蔑されたハザール人ポピュラーメカニクス誌の宣伝記事へのリンクを証拠として送ってきた。
https://www.popularmechanics.com/science/a23510743/strange-particles-coming-out-of-the-earth-hint-at-new-physics/
 
私がこれを読者と共有している理由のもう一つは、送信者が数十万人の死者に対するCIAの戦争犯罪を引用しているからである。彼は従って軍事法廷を恐れている人々の一人である。彼はまたブッシュ・ナチ派に繋がっている。
 
私がそれを読者と共有する理由のもう一つは、私がイタリアあの黒太陽崇拝P2フリーメーソンを訪問した時、彼らが私に空に1マイル幅の画像を投影する技術を見せた。言い換えれば、トランプ暗殺計画が失敗した今、ヘンリーキッシンジャーがかって言及した偽の宇宙人侵略シナリオにホログラフを使用する可能性が非常に高い可能性がある。
 
「今日、国連軍が秩序を回復するためにロスアンジェルスに侵入すれば(1991年のLA暴動を参照)、アメリカ人は怒るであろう。翌日には彼らは感謝するだろう。これは外からの脅威(地球外からの侵略)が本当であるがうわさであろうが、私たちの存在を脅かすものと言われた場合、特に当てはまる。このシナリオが提示されると、世界政府によって与えられる幸福が保証されるなら、個人の権利は喜んで放棄される。(ヘンリーキッシンジャー、1991年フランス・エビアンス ビルダーバーグ会議)
https://www.physicsforums.com/threads/kissingers-very-strange-remarks.8651/
 
もちろん、ハザールマフィアにとって本当に存在する脅威があります。それは彼らの悪魔的な奴隷制の独裁に対する世界の人々からの反抗である。
 
これに関して、カバナフ裁判官に対する抽象的な暴動が本格化したと同じように、バールのバビロニア門(バタンの門、サタンの門とも呼ばれる)の複製がワシントンDCに建てられたことも注目に値する。これには、シリアのパルミラ門の元の場所を取り戻すために、ダーイッシュ関連の武装勢力の同時推奨が伴った。
 
皆さんは、そんなことはできません。もちろん、悪魔崇拝ハザールマフィアにとって、彼らは同時に惑星中で権力を失っているので、世界は落下しているように見えているに違いない。
 
例えば、一人の読者がブラジルで右翼大統領候補ヤルイ救世主ボルソナロは2018年9月6日に刺された後、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院と呼ばれるシオニスト病院に入院していることを指摘している。だから、殺傷(本当であれ嘘であれ)は彼に対する同情を演出するために仕組まれたと思われる。このトリックは失敗したようで、ボルソナロは今、「選挙に負けたら結果は受け入れない」と言っている。
https://www.reuters.com/article/us-brazil-election-bolsonaro/brazils-bolsonaro-says-he-will-not-accept-election-result-if-he-loses-idUSKCN1M82R6
 
ボルソナロはブラジルの資源を略奪し、その国民を疲弊させているナチ・シオニストグループを代表しており、だから彼らは権力を失くことを非常に恐れているように見える。ヒットラーの娘であるドイツのアンゲラ・メルケルは先週、永年の同盟者で党の派閥リーダーであるボルカー・カウダーがドイツ連邦議会で驚くべき投票で拒絶されたので、彼女の政権奪取に多大な打撃を受けた。
https://www.rt.com/news/439406-merkels-parliamentary-leader-vote/
 
権力に対する支配力を脅かす右翼の人民主義者党は、多くのユダヤ人支持者を持ち、したがって「反ユダヤ人」主義を完全に破壊する。

メルケルの奴隷少年であるフランスの大統領エマニュエル・マクロンもまた、彼の支持率が20%を切ることに見舞われ、彼の不正選挙を解消するために軍事クーデターが非常に現実的となっていると、フランス軍のトップ情報筋が言う。
一方、イタリア政府は、最低所得保証と大衆を支えるための処置に対して財政赤字を増やしており、EUに対して公開戦争を宣言した。彼らはまたヒラリークリントンが悪魔の夕食に参加したと書いたジャーナリストマルセロ・ロアをイタリア国営放送協会のトップに指名した。
https://www.independent.co.uk/news/world/europe/italy-state-broadcaster-marcello-foa-rai-berlusconi-matteo-salvini-fake-news-a8559876.htm
 
不正国家ハザールマフィア・イスラエルもまた、エルサレムが拡大中東と世界を支配する計画を廃棄して、二国間解決を受け入れざるを得なくなっている。先週、ロシアはシリア攻撃のために欧州とイスラエルからの今後の飛行を防ぐために特殊防衛軍を駐留させた。
http://tass.com/defense/1023513
 
これが起きている間に、イスラエルに対しても同じことができるという鈍い警告として、米軍はヨルダン、バーレーンとクウェイトのパトリオットミサイルを撤去したと、国防総省情報源は言う。
 
ハザールマフィアもまた、世界政府を作る口実として炭素地球温暖化を使用して、権力の座に留まろうとしている。これに対する主要な手段は聞こう温暖化に対する政府間パネルである。それは195カ国を持っており、次の警告報告書を提出すると主張している。
https://www.bbc.com/news/science-environment-45653099
 
この時点でこれらの人々に言いたいことは、私が十分なお金を持っていれば、私は私を愛しているという200人の売春婦を得ることはできるが、それは決して真実にはならない。
 
ドナルド・トランプは先週、国連演説で多くの人々に話した。その時、「われわれは選べず、無責任な世界官僚構造へのアメリカの主権は決して放棄しない」と述べた。
 
しかし、それは我々がこの惑星を取り扱う方法を変えてはならないということではない。6500万年前に恐竜が隕石によって絶滅した時以来、我々は最大の絶滅危機の中にいる。これは地球温暖化によるものではなく、天然の生息地、汚染と乱獲の破壊です。
 
現在のクメール・マフィアに制御するバビロニア金融システムはまた、貧乏人からだけではなく、自然環境からも資源を吸い上げており、それが全世界の富のブラックホールのように、数百人の手に集中している。
 
ここにクリントン家による無駄な金の積み上げを救うためのボルネオの最近の米軍特殊派遣部隊の例がある。下のリンクの物語はインドネシアのCIA筋によって個人的に確認されている。
http://www.someonesbones.com/blog/special-forces-seize-clinton-cash-drugs-in-borneo/
 
いずれにしろ、このレポートの最初に言ったように、スイス、英国とフランスのロスチャイルド分家は最近、白龍会に接触してきた。スイスの代表は彼らは負け散ることを知っていると述べた。もしそうであれば、白龍会は中央銀行によるバビロニア負債制度からこの惑星の透明な方法について完全に透明な方法で交渉するために、一族のメンバーと直接会いたいと思う。我々はこの読者に、この分野のすべての新しい展開について情報を提供いたします。
 
最後に、我々は企業支配のインターネットから解放するために世界ウェブ開発者ティム・バーナー・リーの活動への支持を加えたいと思う。
https://www.fastcompany.com/90243936/exclusive-tim-berners-lee-tells-us-his-radical-new-plan-to-upend-the-world-wide-web
 
これは緊急に必要です。先週、この著者は友人を訪ね、彼女がどんな飲み物が好きかを聞いたので、次の機会に私は準備することができる。彼女はコロナ・ビールが好きだと話した。それは私の家の近くでは準備できないと話した。ネットサーフィンをすると、初めてコロナビールとオンライン小売業者へのリンクを見ました。主要な容疑者はグーグル感染している高性能スマートTVです。彼らはまだスパイをしているのですか?私のセックス生活を?
 

∞ ハザールマフィアさん達の足掻きがあちらこちらで動いているようです。彼らの辞書には「諦める」という言葉はないようですから、彼らが倒れるまで続くと予測しますが、トランプ大統領の3日、及びそれ以降のビッグイベント等の多くの光のイベントに打ち負かされて消え去ることは確実です。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (09/24)
∞ フルフォード・レポートはあいかわらず意味不明の箇所が多いようです。(-_-)   

 


 
フルフォードレポート
2018年9月24日
 

■ ハザールマフィアは軍事法廷が迫っているので、中国の保護を求めている

軍事法廷が迫るにつれて、悪魔崇拝ハザールマフィアは恐怖の狂乱に陥っている。結果として、彼らは保護を代償に中国に世界を(あたかも自分たりのものであるかのように)与えようとしていると、グノーシス・イルミナティとアジア秘密結社は言う。これに加え、彼らは世界的流行病を誘発させ、イエローストーンのカルデラを吹き飛ばし、大きなEMP攻撃を始めると脅迫しており、そして長期の遅れた裁判の外になるよう彼ら自身を脅迫するために、無駄な努力として騒乱(これらは無効にされるが)を起こそうとしている。また、ブレット・カラバナフの最高裁判所への任命を撤回するために、愚かで広く嘲笑される汚いキャンペーンを行っている。
 
国防総省情報筋は、彼らはジョージ・ブッシュ・ジュニアに公にカラバナフを支持させるために、間もなく起こる9/11機密解除の脅しを使った、その結果は軍事法廷を解放することになると、言っている。思い出してください、カバナフは彼の証言公聴会で、米国は9/11直後から戒厳令下にあり、結果的に軍事法廷は反逆罪で有罪判決を言い渡し、死刑判決も言い渡すことができたと言っている。
 
これに加え、その情報筋はヒラリークリントンを支持するユダヤマフィアによる2016年の選挙妨害のために、トランプは英国とオーストラリアにシオニストとイスラエル二重市民を影響ある地位から追放させるために、FISA機密解除を使うかもしれない。
 
イスラエルの不正国家は米国の支配を失う中、ロシアと中国の保護を求めようとしている。しかし、これは愉快にも逆効果になります。これらの努力がどこで主導されているかの米軍の分析がある。
 
最初に、第三次世界大戦を始める必死の企みとして、シリアをロシアの航空機を撃墜したと欺いたことの反発として、怒ったプーチンとロシア正教会は反戒律ユダヤ派に聖戦を宣言するかもしれず、ゴラン高原をシリアに戻し、ガザの封鎖を解き、非核化し、西岸、東エルサレムとすべての盗まれた土地をパレスチナとレバノンに返すまで、イスラエルに飛行禁止を科すかもしれない。
 
二番目に、イスラエルのハイファ港とインフラプロジェクトを支配している中国と、BRICS諸国は量子金融システムから不正国家を排除するかもしれない。トランプは国連の武器禁輸と空海封鎖に同意するかもしれない。
 
これら全てとこれからのことに関して、ロスチャイルド家のスイス分家、BISとシオニスト長老が先週、白龍会と幸福の交渉のために日本に代表を送ったことは驚くに値しない。交渉者(我々はBISマンと呼ぶ)は、銀行家族はフランスとロシアの革命の間に見てきた混沌とした状況、大量執行、内戦と他の不安について心配していると言った。言い換えれば、BISマンは惑星の為のより良いシステムへの円滑な移行の計画が説明され、ギロチンがメニューにないならば、銀行家続は降伏する用意があると言っている。
 
最近のBISの公式声明から、空気からお金を印刷して関係のあるインサイダー経由でそれを配布する現在のシステムが機能不全になっており、壊滅的な崩壊に向かって進んでいることを彼らが認めていることを確認できる。BISの話は早い話が、「トップはますます富み、配下はますます貧する」これは、「超富裕者はさらに富裕に、その他の人間は苦しむ」を意味していると解釈できる。
白龍会は祈念祭が唯一の答えであるという立場を取っている。特に、世界金融リセットは公私にわたる全ての債務の一度きりの帳消しと、不正な融資で得た不正資産の再配分が必要となるだろう。結果は地球上の誰もが自分の家を所有し、債務がないことを確実にすることです。これは一度限りなので、もし誰かが薬を買うために彼らの家を売って、結果的にホームレスになっても、彼らは救済されることはない。
 
白龍会はまた、貧困を終わらせ、環境破壊を止め、抑制されてきた技術の特許の解放−特にそれを望む人に節が可能となる技術−のための数十兆ドルのキャンペーンを統括する将来計画機関の設立を提案している。
 
交渉者(我々はBISマンと呼ぶ)は、銀行家族はフランスとロシアの革命の間に見てきた混沌とした状況、大量執行、内戦と他の不安について心配していると言った。言い換えれば、BISマンは惑星の為のより良いシステムへの円滑な以降の計画が説明され、ギロチンがメニューにないならば、銀行家族は降伏する用意があると言っている。
 
言い換えると、旧システムの基本的な部分の全てはそのままで、連続性とスムースな移行の名目で改良される。作動中のリアルタイム、インターネットベースの民主主義をサポートされると白龍会は示唆した。
 
全体プロセスは大衆の移行に対する準備の為のこの惑星の本当の歴史の暴露によって始まると、白龍会は述べた。
 
BISの代表はこれらの提案を支持して、彼ら(誰でしょうか?)をスイス・ツーグの人々に紹介すると約束した。
 
彼はチューリッヒのノームに関する考えに見識を与え、彼らは数学的記号で通信をしていると分かった。
 
もしそうであれば、遭遇することになる以下の方程式を考慮しなければならない。彼らがこの移行を認めなければ、移行+bis+シオニズム=0になる。
 
NSAは今、かってCIAが言ったようにエヴリン・デ・ロスチャイルドがロスチャイルド一族の長であると考えている。
 
彼らはまた、最新の調査結果はロスチャイルドが保護と引き換えに中国の日本の管理を提案したと言っている。
 
NSAの情報筋によると、このプロセスは4月に日本の天皇として、天皇の血なくしてロスチャイルドの傀儡として王位につく徳仁皇太子の継承で始まる。(なになに。。。。)
 
WDSとアジアの秘密結社の代表は、最近この話題を検討して、日本人が彼らの王族についての事実を学ばなければならない、そして、専門家の委員会が日本の市民と共に、菊何が起こらなければならないかについて決定しなければならないことに同意しました。
バチカンP2ロッジはまた、中国の大衆の沈静も行った。
 
これは中国のカトリック司教の選択に落ちて中国政府に違憲を与えるためにバチカンの同意の形で行われた。
 
イタリア政府が中国の一帯一路開発プロジェクトにG7で最初に参加すると発表の形でもやって来た。また、「男爵夫人デ・ロスチャイルド」によって2016年に発表された2−3のツィートも、この点で注目に値します。
 
Bssデ・ロスチャイルド@BssDeRothschild:
「トランプ/プーチン/イラン/中国/NK核戦争の後、ヨーロッパの上に保安を提供する世界主義者理想に、世界は戻ります。
 
ロスチャイルドとP2系は第三次世界大戦とロシアゲート失敗の後の保護を求めて中国に走っているのは明らかだ。
 
しかし、中国人はハザール人は彼らが聞きたいことを話し、彼らがそれを売る最初の機会に背中からさすことを知っている。
 
彼らは今忍び寄っている同じ人々がアヘン戦争の時に、彼らに恥をかかせた連中であるこも知っている。
 
上記で見たように、中国は静かにイスラエルの基盤を没収し、ロシアと米軍と協力してシオニストに釈迦不安を終わらせるよう強制している。
 
ハザール人は彼らの権力支配の最後の要塞である大手のインターネット会社を失っている。
 
国防総省は、「大きな技術企業が司法省の独占禁止法違反を受けて片欠をする時間であり、EUから重い罰金を受けて解体されることになる」と理解している。
 
友人であり元CIA職員のロバート・デイビット・デニールの経験豊かな解析の電子メールを皆さんに送り、今秋のレポート閉じる。
 
とりわけ、この追跡者がハザール暴徒がカラバノフの指名を遅らせている理由を明らかにした:「徒党が可花府の検察官クリスティーン・フォードの調査を引き伸ばそうとしている理由は、彼らの電力会社の全てで電力制御網とスタックスネット(標的型攻撃を行うマルウェア)から派生したソフトウェアを起動させ大規模停電を引き起すためであった」
 
あるいは、彼らがシリアとイランで大規模戦争を引き起こすか、ロシア連邦と核交換になるまで。
 
私は間違っているかもしれないが、彼らの前の上司が適切に解雇されれば、主流メディアの編集者はすばやく変わって、新しい勝者と考える人と一緒に行く。
 
彼らは誰に忠義を立てるわけではなく、大金と権力のための馬鹿者である。
 
ところで、私はミネソタ・ワッターリングの殺人とジョニーゴッシュの誘拐の隠された秘密の話について多く知っている。
 
それは、CIA、FBI、国際小児アクアネットワーク、ブロンフマン、GHWB、ホワイトハウス・ページ、バニー・フランク、クレイグ・すペンス等全てに対する物です。
 
それは、FBI関係者、家族の関与した犠牲者で完全に隠蔽された物語である。
 
それはオマハ、フランクリン・クレディット、曲がったFBI、CIA、揺る段、ミネソタの小児性愛問題とミネソタの司法長官スキップ・ハンフリーとの関係がある。我々は数年前に重要証人と面談しました。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
あまり大きな動きはないようです、同じ話が繰り返し繰り返されているだけです。
 
白龍会はさも真ん中に入るように書いていますが、聞いた話、自分達の主張を繰り返しているだけです。「貧困を止め、環境破壊を止めるために数十兆ドルのかねを・・・・・・」誰の金よ?
 
P2が悪者になったようです。P2と組んで米国を裏支配しようとしたのが白龍会でした。
 
まぁ、まだ待つしかないようです。明日のトランプとの会談でことが始まる気がしますが。
 


∞ レポート内容は世界のカバールの動きを中心に情勢を分析していますから、日本人にはわかりにくいかも知れませんね。

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 23:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート(9/17)
∞  今回のレポートもわかりにくい内容です。 (-_-)

 


 
フルフォードレポート(9/17)
2018年9月17日
 

MI6は徒党支配は3ヶ月以内に崩壊すると言っている
 
英国MI6情報筋によると、ハザール徒党支配は今後3ヶ月以内に崩壊する可能性が現実的であり、それに間に合うように代替権力機構の準備が必要である。その引き金には10月に始まる米国内の徒党幹部の逮捕が見込まれると、その情報筋は言う。
 
国防総省情報筋は、「徒党は二週間以上目と耳が不自由であったので、ブレット・カバノー最高裁判事の判決の後に、非常に大きなことが起こるはずである」と言っている。
 
「カバノー氏は9月20日の贖罪の日の後に判決をする準備ができており、同じ日に米大統領ドナルド・トランプはツィッター以上の多くの人々に届くように携帯電話にメッセージを送るかもしれない」と述べさらに、その情報筋は、FEMAはまたテレビによる緊急放送システムの試験を行う予定であり、無線の警告メッセージと合わせて、トランプはリアルタイムで真実のニュースを拡散し、真実の爆弾を投下することができるようになると、言っている。
 
緊急放送システムによってアメリカ人に伝えられる正確な内容は明らかではない。しかし先週、チューリッヒのスイス銀行の国際金融業者、ロシアFSB、MI6、日本皇室とアジア秘密結社の全てが白龍会に接触してきた。これらの情報筋は多くは2011年3月11日の福島核津波攻撃のテロ事件以降、多くの関係者が連絡を取りやめたという事実が、突然木箱から飛び出したのは何か大きなことが起きようと敷いてる明確な兆候である。
 
南極大陸の秘密基地に接触してきたCIA情報筋が突然諜報活動が活発になっていると言ったことは、7つの太陽の観測所が閉鎖されたことと関連があったと、特に情報筋は言う:

(∞ これは光の銀河連合の巨大な球形宇宙船が地球と太陽の間で動き回っているからです。)

「ニューメキシコのサンスポットの太陽観測所はロズウェル事件以来、太陽を観測している。彼らは、観測網とは独立のThe Watches社のグループに属している。地球上に戦略的に配置された特別の観測所を持っている」
 
「彼らは、銀河同盟の観測と人類支援委任の役割りとして大きな船が通り抜けると同様に、太陽から出てくるウィングメーカ船の写真やビデオ記録を多く持っている」
 
「深層国家は追い込まれている。彼らは今、羽を掴もうとしている。彼らは入り込み、恐怖とパニックから全てを掴もうとした。報道規制が発せられた。」
 
「我々は最終戦を知らない。これは彼らに対するものかもしれない、そして開示の主要行動として使われるかもしれない」
「情報筋は、観測の閉鎖になった3つの写真を送ってきた」
 
地上の人間のパニックや誤解を引き起こさないように、整然とした発表にしたかったので、観測所は閉鎖されたとMI6は言う。
しかし、これは最近の世界中のUFO観測の大量暴露と関連している。下は従来のメディアのおける二つの例につながっている。
 
これに加えて、太陽の変わった活動に関連があることがありえた熱帯低気圧活動の先例のない増大が、ありました。
先週、全ての熱帯地域は嵐帯でおおわれました。そして、そのうちの7つは名をつけられるのに十分大きかったです。
 
チューリッヒのスイスの銀行家が初めて特使をSDSに行かせることに決めたことは、非常に面白いです。P2フリーメーソンロッジのビンセント・マザーラとレオ・サガミはかって著者に、黒い太陽として知られる実体によって導かれた地球外生命によってスイスへ行くように命じられたと話した。スイスの代表は彼らの指導者は黒い太陽からの命令を受け、彼らとはガンマ線で通信していたことを確認した。
 
このポイントにおいて、本当の問題についてのこのレポートを見ることに慣れている読者は、彼らの頭を振って、我々が今はそれを得たかどうか疑問に思いそうです。答えは、スイスでその本部があるこの惑星の一種の制御ネットワークを、解析コース(それは主要な源(例えばデービッド・ロックフェラー、Rothschilds、英国皇族、アジアの秘密結社、その他によってたどられることができます)が一貫して示しているということです。
 
これら宇宙的なものが全てなんでもないことが分かることが、彼らが長年支配していた奴隷の人々を、好奇心の目から多少排他的な老人を隠そうとしたのかもしれない。
 
さて、地球の現況に質問に戻りましょう。
 
従って、地球の現時点の情勢に戻ると、チューリッヒの銀行家族、MI6(英王室)、国防総省、CIA、アジア秘密結社とロシアFSB、白龍会は貧困を止め環境破壊を止める大規模数兆ドルのキャンペーンを支持するといったことを報告できる。
 
しかし、これを可能にするためには、徒党は権力から完全に排除されなければならない。
 
さて、この面で最近の進展を見てみましょう。
 
米国では「CBSの指導者レス・ムヌーバの消滅は彼の大叔父がイスラエルの初代首相ダビット・ベングリオンであったので、シオニストを怖がらせることができた」と国防総省情報筋は言う。
 
ベングリオンはジョン・ケネディの暗殺を命じた人として、新しく公開された文書において罰せられた。おそらくCBSはまだ企業メディを信じている人の為にこのことを報道するかもしれない。
 
関係者は続ける:イスラエルが米国選挙に干渉するので、トランプの外国の選挙影響を押さえ込む条例は、ロシアやイギリス以上にイスラエルをターゲットとしている。国防総省は2012年のミットロムニーに、2016年のヒラリークリントンに公に支援しているイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに逆上している。影響は民主党のハイム・サーバンと共和党シェルダン・アデルセンのような融資者安全器を通じて起こると、彼らは言う。さらに、ハリウッド/ウォールストリート/シリコンバレー等の資金を集めている柱もまた、上院議員トム・コットン、チャック・シュマーとジョン・マケインのようなおとりによって支持されている。
 
さらに、トランプの中国との貿易戦争はウォール街の弱めることに有効であり、銀行や銀行家、ジェミーダイモンのような中国の為に働いている人は未登録外国人エージェントとしての彼らの役割のために、起訴されうるし、さらに悪いことにもなりうると、情報筋は警告する。
 
MI6は、彼らの最悪の敵はEUであり、それを所有する黒貴族であると言っている。彼らはドイツ首相のアンゲラ・メルケルはポーランドやハンガリーに彼らの血統(ヒットラー他)が彼らの行ったことの保証を支払わせねばならにと言っている。
 
この文脈で、ロシアのFSBが最近、マルタ騎士団と交渉したことは興味深い。彼らは様々な点でEUを制御しているP2フリーメーソン連携の軍事部門である。我々は、彼らが間近かに迫ったアングロ−サクソンの裁判からの保護を求めたと推察している。
 
FSBが最近、誰かの為に働いたのはサウジアラビア皇族のためである。それは極端であり100人を超す人間が関与したということを言うこと以外は、FSB情報筋は彼らが最近なにをしたかについては正確には言わない。ロシア正教会が事前にイスラム過激派との聖戦を宣言したので、次の記事(上級ワハハビ聖職者を処刑する計画を議論する)は関係があるかもしれない。
 
おそらく関連している他のこととしては、ロシア正教はイスラム支配のコンスタン地ノープルの正教会とは、ウクライナにナチ支配を理由に分裂しているということである。
 

ロシアは何世紀もの間、オスマントルコとドイツとライバル関係にあったことを思い出してください。また、MI6とCIA情報筋によると、中東における英国/フランスの支配の弱体化の手段として、安置はイスラム同胞団とイスラム過激派を作った責任がある。日本においては政権交代に到る何かが起こっている。日本政府が最近の北海道地震の震央近くの地面に二酸化炭素をポンプ圧送していることが分かる。
 
言い換えると、非科学的なハザールマフィアの二酸化炭素地球温暖化パラダイムの中で動いている奴隷政府は、地中に150,000トンの炭素を注入することで、地震を引き起こした。そのことは日本のインターネット上のいたるところにある。しかし、企業メディアは沈黙している。
 
それにもかかわらず、このようなばかげた動きは日本銀行を国有化するという右翼の上層部のコンセンサスを助けている。それはハザールマフィアから主要な資金源を奪うことになる。それはまた、日本の奴隷政権を自動的に終わらせることを意味している。
 
世界中でハザールマフィアが権力を失っているので、惑星の解放の為に戦っている多くの反抗軍が、円滑な移行の具体的な計画を立てることは避けられない。白龍会はこのような移行は負債のジュビリーの声明が必要となると考えている。それに惑星を救う大規模キャンペーンが続く。また、白龍会派南アフリカのような真実と和解委員会を指示する一方で、ハザールマフィアの犯罪は戦争犯罪裁判が必要であるほどひどいように思える。
 
10月に何が起こるか見てみましょう。
 
毎度、言っておりますが、早く実現させてさい。もちろん、日本もよろしくお願します。
 
さて、どうも安倍が総裁選は当選しそうな感じです。従って、当選後、組閣の不満で数派が自民党を離脱するそうです。野党と組んで内閣不信任案を提議して、ひっくり返す作戦のようです。さて、どうなるか見てみるしかあません。
 

∞ ↑前回の「嗚呼、悲しいではないか!」さんの考察は外れかもしれませんね。 
 
しかし、今回に限らず最近のフルフォードレポートは非常に読みづらく、わかりにくくなっています。あまりに酷いところは一部読み易いように修正しましたが、それ以外は意味不明のままです。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 23:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (09/15) 極秘未確認情報
∞  ちょっと気になる速報です。(^_^)

 


 
フルフォードレポート
2018年9月15日
 
極秘未確認情報


「総裁選挙は、石破の勝ち。米大使館・CIAが安倍を落とす方向で決まっている。派閥が何を言おうが、マスコミがどう動こうが、石破で決まっている。これは総裁選が始まると同時に、今月の初め頃決まった」
 
「20日にまでの次の体制を決めなければならない。徳川慶喜が大政奉還した時、ポツダム宣言を受託した時と全く同じで状態。緊急事態事項、特例で(大日本帝国憲法にはあったが、日本国憲法にはないはず)、今上様のご判断で、この事態を一番うまく引っ張っていける人をトップに立たせて、そういう体制を作る」
 
「日本の危機状態が国民にもわかる形で表面化するかもしれない。敗戦に匹敵するほどのひどい状態になっている」
 
詳細は不詳です。未確認情報ですが、現実はそのような方向で日々動いている気はします。

∞ ‘石破の勝ち’
 
日本の光の勢力が動いている!?


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 22:36 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (09/04)
∞ 今週は同盟vsハザール関連の情報が大半です。(^_^) 

 


 
フルフォードレポート
2018年9月4日
 

■ ロスチャイルド家の善人は、トランプが財政再建を実行するだろうと言っている
 
膠着状態は、夏の間の非宣言米内戦で終わってしまった。善良な人々は、すでに秘密の衛星の撃墜を含む徒党に対する一連の驚くべき動きを開始していると、複数の情報筋は言う。
 
また、世界金融システムの完全なリセットが既に開始されており、ロスチャイルド家の自分で述べている「良い面」に繋がっているというCIA情報筋を支持している。そして、それは9月の非常に多忙になると約束していることへの序曲に過ぎないと、同筋は同意している。
 
撃墜された衛星は初めに、神秘的なブロガー「Q」によって報告され、3つの情報源によって独立に確認された。8月30日、CIA衛星とスーパーコンピュータは押収され、トランプの新宇宙隊によって所有された。そしてGCHQ(英国諜報機関)はNSAデータベースから除去され、英国、オーストリア、カナダ、ニュジーランド、日本、フランス、ドイツと目と耳が不自由なイスラエルの徒党要素を排除すると、国防総省情報筋は説明した。
 
先週取り押さえられた秘密の衛星ネットワークの設置に関与したアジアのCIA情報筋は、以下のような警告を仲間に発した。

「我々は潜在的な危険に曝されている。車に燃料を入れ、緊急食と水を用意するよう希望する。これを誰がやり、何故行ったのか分からない。我々の衛星のいくつかは押収されているので、我々に何が起こるかは神のみぞ知る」
 
一方、第三の情報源はナザニエル・ロスチャイルド派が撃墜に関与していると言うが、「ナットは戻っている。彼は我々といる。我々はナチ/南極の世界通信網を解体している。これにはいくつかの周回衛星が含まれ、その一つは既に消去された」と言っている。
 
通信の取り壊しは徒党に対する軍事的財政的な攻撃の前兆であると、国防総省とCIA情報筋は認める。安全保障上の理由から、米軍の攻撃が無防備で方向を見失った徒党を終わらせようとしている以上の軍事的行動について言えないと、国防総省の情報筋は言う。
 
徒党の破壊の財政的側面には金担保ドルと来週の逮捕が含まれていると、元CIA代理人で海兵隊諜報部のロバート・デイビット・スティールは言う。
 
ロスチャイルドにつながる他のCIA情報筋は、「我々は既に通貨危機に瀕している。止める事は不可能である。金融債権は差し迫っている。金と銀の価格の動向に注意せよ。これは全て、2018年12月以前に起こる。トランプは非常に大きな役割を果たす。彼はロスチャイルドの良い側と密接に結びついている。(ナットは再び戻っている)」と付け加えた。
 
財政力の暗黒サイドもまた忙しくと、その情報筋は言い、「インドネシアのルピアは米ドルに対して押しつぶされている」と述べている。これはジョコウイ政権がニューギニアのパプア州のPTフリーポート(巨大な金山)の大部分を買収した結果である。
 
ロンドン市のハザール人シオニストは要求に屈しない国の通貨を破綻させている。ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、トルコ、インドネシアがまず攻撃された。
 
ハザール人は、BIS担保金を正当な所有者に返却を強制されているので、彼らは今金塊が欲しくてたまらないので、これらすべての国から資金を引き出していると、白龍会情報筋は言う。
 
これは2011年3月11日の日本への核津波攻撃の後白龍会との接触を断った英国の情報機関が白龍会の将来計画機関に支持を与えるために現れた理由かもしれない。彼らは渠底されている白龍会の日本銀行引き継ぎに前もって対応しようとしているのかもしれない。会談は次週に予定されている。
 
接触は、「トランプが8月31日に9月は緊急の月であり、9/11と3/11についての「真実の爆弾」を落とすかもしれないと言ったように、8月の銃とともに10月早々に登場するかもしれないので、やってきたのかもしれない」と国防総省情報筋は説明する。
 
さらに、情報筋は、「ツィンタワーが核攻撃されてから17年後、深層国家のジョン・マケインが9/11を前に処刑され、嵐が9月に上陸した。一方、愛国者へのメッセージで、統合参謀本部はマケインが横たわっている8月31日に登場して、勝利を宣言した。他の国防総省情報筋は、彼の頭を吹き飛ばした、つまり棺桶の中にはいなかったので「マケインの棺桶は閉鎖された」と述べた。
 
サイバー前線で行われている多くの活動もある。複数の情報筋はグーグル、フェイスブック、トゥイッター、ユ−チューブ等が標的にされていると、複数の情報筋は認める。
 
ここに、スティールの情勢分析がある。
 
「ソーシャルメディア生態学の中の中心的プレーヤ(フェイスブック、トゥィッター、ユ−チューブ)はAlternative Rightのメディアの達人アレックス・ジョーンズの強化され閉鎖により3重の脅威に直面している。一つの集団訴訟が提起され、多くの集団訴訟が起こされたという兆候がある。そして保守的な声によって差別化され、各々恣意的に閉鎖された」
 
前もって計画されたことではなく、保守的な指導者を名前で追い詰めていてデジタル的に暗殺する特別なNSAソフトを導入したという最近の暴露はRICO調査における火花を散らす大統領の興味である。
 
「積極的な注釈として、実行可能な選択肢が出てくるとき以外は大統領がツィッターを離れるという議論がある。マストドン、ギャブ、マインズとプルクのCEO達にはテキストメッセージ、オンライン宣伝目文句(おそらくトランペットと呼ばれるもの)、ビデオ(ビットキャッシュがコアとして置かれている)、教養ファイルと多層階会合とネットワークアプリケーションを含む継ぎ目内統合された新生態に資金を準備する保守的な億万長者が近づいている」
 
カルフォルニアに拠点を置くハイテク大手の襲撃は、おそらくその州の多くのハイテク企業の実際の軍事戦力につながるであろうと、他の多くの国防総省筋は指摘している。
 
徒党のもう一つの前線はウクライナで、実際には深刻な戦争が起きている様です。ロシアのタス通信は今月、東部ウクライナで民族ロシアと戦っているカナダ、米国、NATOの部隊との戦争が起こる可能性があると報告している。
 
アゾフグループのナチスは、後方攻撃を任されることになるだろう。タスによると、ドネツク人民共和国のダニエル・ペゾソノフ報道官によると、これらのすべての作戦は、米国とカナダの軍隊の、すなわちNATO軍によって命じられているとドネツク通信が伝えた。
「プーチン大統領はすべてのウクライナを取り戻すであろう」DPR(ドネツク人民共和国)の指導者を暗殺したことは形成を一変させた。すでに動き出している」とCIA情報筋は言う。
http://tass.com/society/1019633
 
ウクライナに対するこの動きの中で、中国とフランスがロシアを支援すると思わせることがある。中国は、およそ30万人の軍隊、900台の戦車、そして1,000機のロシア軍事演習に参加しようとしている。
一方、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、欧州側がロシアにもっと頼る必要があり、防衛の面では米国より少ないことを公に宣言することで、彼の立場を示唆した。
米国防総省はウクライナのナチスを守るために、米軍がロシアと戦うことはないと言っている。そうであれば、ウクライナのハザール不正政権の運命は決まる。
 
他のハザール不正政権であるイスラエルとサウジアラビアは、彼らが引きずりおろされる前に和平のために訴えを起こしている。今のところ、「ロシアはイドルブの攻撃を最後にシリア戦争を終結させている」と、国防総省情報筋は言う。
 
今後数日から数週間は、ベンジャミン。ネタニヤフ、ジョージ・ブッシュ・ジュニア、ヒラリー、ビルクリントン、ディック・チェイニー、バラク・オバマ、その他のクローンや替え玉やコンピュータグラフィックス)はカメラの前で公に逮捕され、うつ伏せにされ四人がかりで運ばれるであろう。
 
見るべき他のことは、トランプが選挙戦で約束した9/11の真実を公開するかどうかである。それが起こらなければ、白龍会は物事を次のレベルに引き上げるであろう。
 
今週の最後の記述として、我々は並外れた公開やUFO対応の件は他社にゆだねているが、我々は8月2日の日本航空の乗客によって撮影されたと伝えられるUFOへのリンクを含みCIAによって我々に送られたリンクを、お届けるべきだと強く感じてた。
 

 
これらの情報筋は、並外れた外界同盟はすぐに世界に公開されるであろう。今のところ、人間の目に見える形で干渉しているわけではない。我々は我々自身で解放する必要があり、我々が世界平和を達成できれば、この惑星の権益が解除されることを願っている。
 
白龍会のうさん臭さがだんだん表れてきた。焦っているんでしょうね。フルフォードさん気付いているよね。
 
トランプの宇宙隊が実際宇宙で戦争を始めたようです。徒党退治ですが、今まではそんなのとは与しないとばかり無視していましたが、宇宙隊の出現により、これも無視できなくなりアリバイつくりのようです。少しづつ訂正されているのは良いことです。
 

∞ youtubeの画像にある槍の穂先のような巨大宇宙船は光の銀河連合ですね。数キロの高さがあるような感じですね。 
 


posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 16:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (09/04)
∞ 今週は同盟vsハザール関連の情報が大半です。(^_^) 
フルフォードレポート
2018年9月4日

■ ロスチャイルド家の善人は、トランプが財政再建を実行するだろうと言っている
膠着状態は、夏の間の非宣言米内戦で終わってしまった。善良な人々は、すでに秘密の衛星の撃墜を含む徒党に対する一連の驚くべき動きを開始していると、複数の情報筋は言う。
また、世界金融システムの完全なリセットが既に開始されており、ロスチャイルド家の自分で述べている「良い面」に繋がっているというCIA情報筋を支持している。そして、それは9月の非常に多忙になると約束していることへの序曲に過ぎないと、同筋は同意している。
撃墜された衛星は初めに、神秘的なブロガー「Q」によって報告され、3つの情報源によって独立に確認された。8月30日、CIA衛星とスーパーコンピュータは押収され、トランプの新宇宙隊によって所有された。そしてGCHQ(英国諜報機関)はNSAデータベースから除去され、英国、オーストリア、カナダ、ニュジーランド、日本、フランス、ドイツと目と耳が不自由なイスラエルの徒党要素を排除すると、国防総省情報筋は説明した。
先週取り押さえられた秘密の衛星ネットワークの設置に関与したアジアのCIA情報筋は、以下のような警告を仲間に発した。「我々は潜在的な危険に曝されている。車に燃料を入れ、緊急食と水を用意するよう希望する。これを誰がやり、何故行ったのか分からない。我々の衛星のいくつかは押収されているので、我々に何が起こるかは神のみぞ知る」
一方、第三の情報源はナザニエル・ロスチャイルド派が撃墜に関与していると言うが、「ナットは戻っている。彼は我々といる。我々はナチ/南極の世界通信網を解体している。これにはいくつかの周回衛星が含まれ、その一つは既に消去された」と言っている。
通信の取り壊しは徒党に対する軍事的財政的な攻撃の前兆であると、国防総省とCIA情報筋は認める。安全保障上の理由から、米軍の攻撃が無防備で方向を見失った徒党を終わらせようとしている以上の軍事的行動について言えないと、国防総省の情報筋は言う。
徒党の破壊の財政的側面には金担保ドルと来週の逮捕が含まれていると、元CIA代理人で海兵隊諜報部のロバート・デイビット・スティールは言う。
ロスチャイルドにつながる他のCIA情報筋は、「我々は既に通貨危機に瀕している。止める事は不可能である。金融債権は差し迫っている。金と銀の価格の動向に注意せよ。これは全て、2018年12月以前に起こる。トランプは非常に大きな役割を果たす。彼はロスチャイルドの良い側と密接に結びついている。(ナットは再び戻っている)」と付け加えた。
財政力の暗黒サイドもまた忙しくと、その情報筋は言い、「インドネシアのルピアは米ドルに対して押しつぶされている」と述べている。これはジョコウイ政権がニューギニアのパプア州のPTフリーポート(巨大な金山)の大部分を買収した結果である。
ロンドン市のハザール人シオニストは要求に屈しない国の通貨を破綻させている。ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、トルコ、インドネシアがまず攻撃された。
ハザール人は、BIS担保金を正当な所有者に返却を強制されているので、彼らは今金塊が欲しくてたまらないので、これらすべての国から資金を引き出していると、白龍会情報筋は言う。
これは2011年3月11日の日本への核津波攻撃の後白龍会との接触を断った英国の情報機関が白龍会の将来計画機関に支持を与えるために現れた理由かもしれない。彼らは渠底されている白龍会の日本銀行引き継ぎに前もって対応しようとしているのかもしれない。会談は次週に予定されている。
接触は、「トランプが8月31日に9月は緊急の月であり、9/11と3/11についての「真実の爆弾」を落とすかもしれないと言ったように、8月の銃とともに10月早々に登場するかもしれないので、やってきたのかもしれない」と国防総省情報筋は説明する。
さらに、情報筋は、「ツィンタワーが核攻撃されてから17年後、深層国家のジョン・マケインが9/11を前に処刑され、嵐が9月に上陸した。一方、愛国者へのメッセージで、統合参謀本部はマケインが横たわっている8月31日に登場して、勝利を宣言した。他の国防総省情報筋は、彼の頭を吹き飛ばした、つまり棺桶の中にはいなかったので「マケインの棺桶は閉鎖された」と述べた。
サイバー前線で行われている多くの活動もある。複数の情報筋はグーグル、フェイスブック、トゥイッター、ユ−チューブ等が標的にされていると、複数の情報筋は認める。
ここに、スティールの情勢分析がある。
「ソーシャルメディア生態学の中の中心的プレーヤ(フェイスブック、トゥィッター、ユ−チューブ)はAlternative Rightのメディアの達人アレックス・ジョーンズの強化され閉鎖により3重の脅威に直面している。一つの集団訴訟が提起され、多くの集団訴訟が起こされたという兆候がある。そして保守的な声によって差別化され、各々恣意的に閉鎖された」
前もって計画されたことではなく、保守的な指導者を名前で追い詰めていてデジタル的に暗殺する特別なNSAソフトを導入したという最近の暴露はRICO調査における火花を散らす大統領の興味である。
「積極的な注釈として、実行可能な選択肢が出てくるとき以外は大統領がツィッターを離れるという議論がある。マストドン、ギャブ、マインズとプルクのCEO達にはテキストメッセージ、オンライン宣伝目文句(おそらくトランペットと呼ばれるもの)、ビデオ(ビットキャッシュがコアとして置かれている)、教養ファイルと多層階会合とネットワークアプリケーションを含む継ぎ目内統合された新生態に資金を準備する保守的な億万長者が近づいている」
カルフォルニアに拠点を置くハイテク大手の襲撃は、おそらくその州の多くのハイテク企業の実際の軍事戦力につながるであろうと、他の多くの国防総省筋は指摘している。
徒党のもう一つの前線はウクライナで、実際には深刻な戦争が起きている様です。ロシアのタス通信は今月、東部ウクライナで民族ロシアと戦っているカナダ、米国、NATOの部隊との戦争が起こる可能性があると報告している。
アゾフグループのナチスは、後方攻撃を任されることになるだろう。タスによると、ドネツク人民共和国のダニエル・ペゾソノフ報道官によると、これらのすべての作戦は、米国とカナダの軍隊の、すなわちNATO軍によって命じられているとドネツク通信が伝えた。
「プーチン大統領はすべてのウクライナを取り戻すであろう」DPR(ドネツク人民共和国)の指導者を暗殺したことは形成を一変させた。すでに動き出している」とCIA情報筋は言う。
http://tass.com/society/1019633
ウクライナに対するこの動きの中で、中国とフランスがロシアを支援すると思わせることがある。中国は、およそ30万人の軍隊、900台の戦車、そして1,000機のロシア軍事演習に参加しようとしている。
一方、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、欧州側がロシアにもっと頼る必要があり、防衛の面では米国より少ないことを公に宣言することで、彼の立場を示唆した。
米国防総省はウクライナのナチスを守るために、米軍がロシアと戦うことはないと言っている。そうであれば、ウクライナのハザール不正政権の運命は決まる。
他のハザール不正政権であるイスラエルとサウジアラビアは、彼らが引きずりおろされる前に和平のために訴えを起こしている。今のところ、「ロシアはイドルブの攻撃を最後にシリア戦争を終結させている」と、国防総省情報筋は言う。
今後数日から数週間は、ベンジャミン。ネタニヤフ、ジョージ・ブッシュ・ジュニア、ヒラリー、ビルクリントン、ディック・チェイニー、バラク・オバマ、その他のクローンや替え玉やコンピュータグラフィックス)はカメラの前で公に逮捕され、うつ伏せにされ四人がかりで運ばれるであろう。
見るべき他のことは、トランプが選挙戦で約束した9/11の真実を公開するかどうかである。それが起こらなければ、白龍会は物事を次のレベルに引き上げるであろう。
今週の最後の記述として、我々は並外れた公開やUFO対応の件は他社にゆだねているが、我々は8月2日の日本航空の乗客によって撮影されたと伝えられるUFOへのリンクを含みCIAによって我々に送られたリンクを、お届けるべきだと強く感じてた。
これらの情報筋は、並外れた外界同盟はすぐに世界に公開されるであろう。今のところ、人間の目に見える形で干渉しているわけではない。我々は我々自身で解放する必要があり、我々が世界平和を達成できれば、この惑星の権益が解除されることを願っている。
白龍会のうさん臭さがだんだん表れてきた。焦っているんでしょうね。フルフォードさん気付いているよね。
トランプの宇宙隊が実際宇宙で戦争を始めたようです。徒党退治ですが、今まではそんなのとは与しないとばかり無視していましたが、宇宙隊の出現により、これも無視できなくなりアリバイつくりのようです。少しづつ訂正されているのは良いことです。

∞ youtubeの画像にある槍の穂先のような巨大宇宙船は光の銀河連合ですね。数キロの高さがあるような感じですね。 
FIG 1
FIG 2
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 16:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/27)
∞  三週間ぶりにフルフォードさんの登場です。(^_^)/

 


 
フルフォードレポート
2018年8月27日

 
■ 米国内戦の膠着状態はまもなく終了する、次の段階は惑星の開放である
 
裏切り者ジョン・マケインの、おそらく処刑である死は、1913年以来米国を支配してきた犯罪徒党の掃討が新段階に入ったことを示していると、国防総省情報筋は認める。「裏切者マケインは軍事法廷による最初に刑罰死である可能性が高く、真相国家を恐れながら海軍の評判を守るためにロンメルのように名誉とともに死ぬことを許された」はある国防総省情報筋のこの状況の説明である。
 
しかし、実際の戦いは徒党の米支部が排除された後に始まり、米軍産複合体に、緩やかな欧州同盟のスイス本部に対抗させるであろう。
 
この戦いは世界戦争になるか、国連、BIS、IMF、EU等の戦後の機関の完全な再構築となるだろう。その鍵は、ハザールマフィアが私有中央銀行、フォーチュン500社とほとんどの世界的企業の支配をカモフラージュする為に使用している財団の複合体(バチカン銀行も)が標的となる。
 
花火は9月に始まり、そして米国の中間選挙に向かって激しくなるであろう。そこで、ハザールマフィアの米国支部はその権力の回復と米大統領ドナルド・トランプの排除を望んでいる。
 
しかし、トランプとヒラリーの二人の悪魔を比較すれば、はるかにトランプが大したことないことを心にとめるべきである。彼は米拠点のブッシュ/クリントン/ロックフェラー共謀に対して戦っているロスチャイルド代理人以上のものであることは、まだ示していない。思い出してください、トランプ政権はまだ、9/11と福島のような犯罪に関する真相を明かしてはいない。まして、彼は祈年祭以上のものは試みてもいない。
 
元CIAで開閉隊諜報部のロバート・デイビット・スティールは9/11の真相は議論になっている言っている。大統領はそのすべてを取り出すと約束している。彼は、シオニスト・イスラエルのための代理人として働くディック・チェイニーとネオコンの磔が直ぐに一つの選挙になるだろうという恐れから、選挙の前後のどちらにするか決めかねている。28人の学者と、スパイと、エンジニアによる大統領覚書を集めたものが腹案れる本が、オンラインで解放されている。
 
9/11をさらに掘り下げるウサギの穴は、もちろん、2011年3月11日の福島核津波大量虐殺となる。この全面で、先週ゴールドマンサックス首相マルコム・ターンバルの排除は3/11の真実の排出につながると、福島に関与した二人のオーストラリア秘密諜報部の代理人は言う。
 
これらの代理人は核兵器が盗まれたことを2010年にオーストラリア首相ケビン・ルッドに証拠を与えた。ロシアの潜水艦クルスクは2000年に、日本へ密かに運ばれ、その国に対するテロ攻撃に使われた。ロッドがこの証拠を入手し実行しようとした翌日に、彼は米連邦準備制度理事会から解雇されたと、その代理人は述べた。
 
その代理人は日本の軍事諜報部と共にその兵器を追跡続けて、地震と津波を引き起こすために爆破される前に、それが日本の深海掘削船「ちきゅう」に搭載され、5個の小兵器に分割されたことを突き止めた。これにもかかわらず、この攻撃を防ぐために当局は介入しなかった。さらに、攻撃の後、全米大統領バラク・オバマは白龍会に接触してきて、日本に対する攻撃は全く知らなかったし関与していないと主張した。
 
実際は証拠の追跡が(NSAが詳細を持っているが)元黒の教皇ピーター・ハンス・コルべンバッハとイスラエル首相ベンジャミン・ネタに繋がっている。そこから、足跡は悪魔数はP2フリーメーソンロッジ、スイスとBISに繋がって行く。イエスズ会教皇フランシスが今、小児性愛隠蔽で前例のない攻撃を受けいることに注目することは興味深い。改革に関する話し合いの中でフランシスは、人類に対する福島犯罪のような事件へのバチカンの関与を開示しなかった。
 
教皇フランシスの辞任は、彼のアイルランドの旅の失敗の後、可能性が高まっており、カルロ・マリア・ビガノ大司教による教皇の告発、および小児性愛者と思われる司祭に対する様々な国の攻撃が高まっている。10人の司祭のうち1人が小児性愛者という我々の理解は、バチカン内での小児性愛者と同性愛者の犠牲の文化は今や爆縮に繋がっていると、スティールは述べている。「バチカンにはもう一人の教皇のイメージの場所があり、次の教皇が最後の教皇であるという伝説がある。私が話をしているカトリックの指導者は深く心配している」とスティールは付け加えた。他のCIAと国防総省の情報筋もこの分析に同意した。
 
ほとんどのいわゆる世界指導者たちが賄賂(数十億ドルのバチカン銀行口座経由)と殺人や権力からの排除という脅しによって支配されているので、教皇とバチカンがどのようにこの惑星を運営する方法において真の変化の鍵となる。
 
福島攻撃の軌跡はまた夕暮れゾーンに繋がる。ドイツ騎士団(とバチカン暗殺者)長ヴィンセント・マザーラのようなP2フリーメーソンのトップは、彼らはガンマ線経由で交信する黒い太陽と呼ばれる実体から命令を受けていると主張する。これは実際の犯人から我々をそらすために作られた煙と鏡かもしれない。
 
しかし、国防総省情報筋は、惑星地球の戦いには難解あるいは地球外の次元があると主張している。この前線では「自身が多く、と党の水中基地や中継基地が系統的に破壊されていることが続いている」と述べている。
 
一方、地球の表面に戻ると、何が実際起こっているかを知る最良の方法は、スイスのツーグにあるBISやロスチャイルドのようなハザール徒党の要塞に物理的に敵対的軍事行動を取ることである。
 
これはトランプの下では起こりそうもない。何故なら、彼が破産するたびにロスチャイルドによって救済されてきたからである。(そしてこれはメディア報道を通じて容易に確認することができる)
 
彼が弾劾されれば株式市場が崩壊するとフォックスTVで話した時、トランプは中央銀行に制御された反対派であることの兆候が見えた。下のリンクのグラフが示すように、世界の株式市場は個人所有の中央銀行の紙幣印刷により株価が上がることが見える。言い換えれば、中央銀行は、彼らが制御する反対派の大統領が権力から除かれれば市場は破壊するという脅しを発するためにトランプを使用している。
多くの人々は株式市場が上昇することは良いことと思っているが、実際に起こっていることは中央銀行がおかしな紙幣を印刷し、主要企業の支配を強化しより富む為に株を買い戻すために使う友達に手渡している。本当の主導者であれば、世界中で買ったすべての資産を中央銀行におかしな紙幣で回収して、祈念祭的な方法で惑星の人々へ返還するだろう。
 
いずれにしても、さらなる証拠が、日本は地震兵器によって脅されてきたのではザールマフィアに日本企業の支配権を手渡したと発言する元日本の財務大臣竹中平蔵の代表から出てきた。竹中が辞任した後日本が攻撃されたのは、天皇が日本銀行の日本の支配を再確認しようとしたからであると、日本王室の情報筋は言っている。
 
ロシアの超核兵器が行方不明になったということはおそらく、彼らの権力が脅されると他の福島型の大量殺人事件を起こすという無言のハザール暴徒の脅しである。これはおそらくヒラリークリントンが自由である理由であろう。
多くのトップ・ハザール犯罪者たちは自由のままであるが、低位のと党に対する攻撃は雪だるま式の衝撃である。この前面で、国防総省情報筋からの最新版は、「ドイツの化学巨大企業バイエルはモンサントを買うことが認可されたのでグリオサート(除草剤)やGMO(遺伝子組み換え作物)などの大規模訴訟や調査がこの徒党企業を奪うであろう」としている。情報筋は、巨大製薬会社はまた高額薬価に対する公然の怒りだけではなく、メルクのような殺人ワクチンからも巻き起こっていると語った。
 
また、米国ではユダヤ人マフィアの民間軍隊、腐敗したニュ−ヨーク警察はユダヤ人地区を守りながら、イスラム教徒などの少数民族に対する逮捕、召喚状という違法割り当てを実施したことで調査される可能性が高い。これらの人々のほとんどは、私的刑務所の奴隷労働を供給するために、偽りの罪で逮捕されている。この面で、刑務所の奴隷労働者がストライキを行っていることに注目するのは興味深い。
別の面で、トランプはNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)のひざまづいた人を攻撃するだけではなく、ESPN,CBS、フォックス、NBCのようなユダヤ系TVネットワークを攻撃してユダヤ人のマフィアに対する文化戦争を始めた。
 
また再びスティールの言葉を引用すると、「トランプはジョンブレナン同様に、反逆、小児性愛、選挙鷺、事前鷺などに対するクリントンの有効な公的調査の最後の機会を与えているかもしれない。ヒラリークリントンが3人の民主党募金者に未題をつける準備をしたので、国務長官として彼女の大罪や悪行を一般に歩とたちの思い出が−レバノンをフランスへ、シリアとイエメンをサウジアラビアへの売却を含む−、11月の民主党の棺桶の釘となるかもしれない。
 
忙しい秋の準備をしください。
 

∞ 「米国内戦の膠着状態はまもなく終了する、次の段階は惑星の開放である」
 
この部分は現在、インテル情報で逐一レポートされていますから、現実味はありますね。
 
“忙しい秋の準備をしください。”
 
9/11にフォーカス! (^_^)v

追記: 「嗚呼、悲しいではないか!」さんの翻訳はたまに誤変換があるので文脈からそれを推測するのですが、今回は最後のセンテンスの“・・民主党募金者に未題をつける・・”の‘未題’と、“・・悪行を一般に歩とたちの思い出が・・”の‘歩とたち’は推測できませんでした。(^_^;)>
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 17:56 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/06)
∞ 今秋に始まる秘密の戦いのメンバー一覧です。(^_^)

 


 
フルフォードレポート
2018年8月6日
 
秘密結社、秘密情報機関と宗教:現在の力の均衡


惑星地球をめぐる秘密の戦いは激化しており、ある種のクライマックスに向かっている。その理由から、秋の戦いが始まる前に、世界で最も重要な秘密結社や関連する政府、宗教、課題のいくつかを見るにはよい時期である。
 
この問題を見る時に、人々が理解しなければならない最初のことは、実世界、スパイ代理人、秘密情報機関と軍隊は宗教に従属しているということである。この理由は、例え毛沢東が「銃の砲身から力が増えた」と言うけれど、実際は銃を持っている人の心から成長してくるからである。だから、惑星地球の戦いは実際は、権力闘争の間に実際に数えられる人間の心と精神のための戦いである。
アジアの秘密結社から始めましょう。全体として彼らの見解は今、西側が十分長い間惑星を支配しており、今は彼らの番である。しかし、アジアの秘密結社は欧米の秘密結社と同様にいくつかの競合するグループに分かれている。
 
最大はおそらくホンメンであり、主に中国と世界中のアジア地域に5,500万人のメンバーがいる。中国の習近平主席はこのグループのメンバーです。それは、商工会議所とギャンググループの組み合わせとして見ることができる。ところで、この種のことは、大きなお金と力をはらうためには保護が必要なため、西洋の秘密結社についても当てはまります。ホンメンは中国共産党と密接に結びついているが、同じではない。彼らの序列は能力主義に基づいており、血統ではありません。台湾を拠点とする派閥グループもあるが、彼らは、弱いリーダーシップと3月19日の秘密の誓約の裏切りのために影響力と権力を失っています。
 

 
ホンメンは人類が平和と繁栄の中で生きることができるように世界政府が欲しいと言います。しかし、彼らとの私の個人的な経験から言えば、彼らが成功するためには、より多文化的になる必要がある。
 
アジアの第二のグループはドラゴンファミリーです。ここは、保持者のネットワークによる古代王室の血統と歴史的金塊の隠家のグループである。台湾、中国北部、東南アジアで最も強い。北朝鮮は、清朝の間に中国を支配した満州王朝の真の後継者であるため、主要な拠点の一つである。中国北部、日本、モンゴルでも強い。彼らはモンゴルの戦士の相続人であり、パキスタンやアフガニスタンのような、その名が "スタン"で終わる国は強いモンゴル遺産である。ドラゴンファミリーはヨーロッパ王室と密接な関係にあり、世界政府を信じていますが、安定した連続性を維持するためには、血統や憲法君主制が必要だと考えています。
 

 
依然は非常に強力であったグループは、ブラック・ドラゴン・ソサエティ(BDS)である。彼らは皇室日本が偉大な東アジア共栄圏のために推し進める第二次世界大戦の背後にいた。このグループは、ナチスが第二次世界大戦を勝つと考え、ヒトラーがマイイン・カンプで指摘したように、アジアと非白人種族を奴隷化し、取り除く企みに進むだろうと考えていた。BDSは欧州/西側支配を終えるために世界中の非欧州人を募集するのに非常にうまくやった。しかし、アフリカ系アメリカ人活動家がこの著者に説明したように、「我々は、彼らの目的に賛成していましたが、我々全てが日本人にならなければならず、日本人に従わなければならないことを除いてである」BDSの相続人であると主張する多くの組織はあるが、彼らのだれもが本当の力を持っていない。他の大きなアジア秘密結社はブルードラゴンであり、彼らは暗殺者の相続人である。彼らはペルシャ(イラン)とイスラム世界に、特にインドのイスラム教徒に強い。彼らはマディと呼ばれる偉大な指導者が、終末の時の前に、悪の世界を浮かび上がらせると信じている。このグループは明確な指導者を欠いているが、新植民地支配者のムスリム世界、特に中東を解放するという共通の目標に向かっている。
 
神道につながる三本足烏のようなアジアの他のグループもあるが、現在の地球惑星の戦いでは主要なプレーヤではなく、勝利を収めた人たちと一緒になるであろう。
 
さて、西洋の秘密結社を見てみましょう
 
すでにたくさんの記事が書かれており、読者の方々には慣れ親しんでいるので、ここではあまり詳しく説明しません。
 
西洋社会における最も重要なグループはキリスト教である。西洋は数千年のために自分たちの中で戦ってきたが、彼らは静かに、共通の非キリスト教の脅威に直面して団結する傾向があります。
 
それは、伝統的にイスラム教徒となっているが、これらの日、アジアの上昇を相殺するために、「キリスト教同盟」のための圧力がある。
 

 
最初に、アングロサクソン社会の主要な秘密結社としてみることのできるスコットランドの儀式フリーメーソンを見る。
 
彼らは英国君主制、大英帝国、非カトリックキリスト教にリンクしている。
 
彼らはアングロの世界、すなわちオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国、米国の支配的な軍隊であり、彼らは背後で中国とロシアと協力している。
 
彼らは改革された世界的組織の中でアジアにとってより大きな役割を担っているが、むしろアジアの奴隷よりも死を賭けて戦うであろう。
 

 
他の大きな西側グループはP2フリーメーソンロッジです。このグループは15憶人のカトリック教会とマフィアを支配している。
彼らはまた、マルタ騎士団、ツートニック騎士団などの騎士道の命令を支配することによって、軍事産業に非常に影響力を持っています。
 
2013年には、教皇モレディクト(ベネディクト16世)が悪魔的な小児性愛者であることから退職した。
 
だから、教皇フランシスの下で、カトリック教会はヨーロッパのその発祥の地から、その信者の圧倒的多数が住むアフリカや南米に向かって離れて自分自身を再配向している。
 
今、私たちは、最も問題の西洋グループユダヤ人と彼らの秘密の巨匠、悪魔崇拝ハザールマフィアに向かっている。
 
純粋な意味で、ユダヤ人の秘密結社はエルサレムがバビロニア人に落ちた後の話に基づいて、ダビデ王の男性相続人は全てが殺害された。
 
従って、デイビッドの血統を保つために、彼のシークレットサービスは、彼の女の子孫を守り始めました。これは、あなたにはユダヤ人と考えられるユダヤ人の母がいなければならない習慣の起源です。
 
このグループは欧州の王室と貴族家族にうまく浸透しました。
 
彼らは神によって彼らに与えられた人類を支配する権利を持っていると信じている。彼らのシンボルは、欧州王室の家紋に多く見られるユダのライオンです。
 

 
彼らの西洋における歴史的反対派はグノーシス・イルミナティであり。彼らはギリシャの数学者ピタゴラス(BC570−495)及び26,000年前に洪水によって破壊された文明アトランティスの生存者を歴史的起源としている。
 
彼らは彼らのランクに対応した年齢ごとに天才を引き上げ、血統支配に反対している。
 
彼らはフランス、アメリカとロシア革命の背後におり、今は世界革命に取り組んでいると主張している。
 
最後に、我々はハザールマフィアに目を転ずる。彼らの歴史はこのリンクの記事で読むことができる。
 
我々がこれに加えることができるのは、現在のハザールマフィアが何者かに対する最も早く確かな歴史の参照がヒクソス民族(紀元前1650年ごろエジプトを侵略した遊牧民族)であるということです。
 

 
彼らは山羊の顔をした動物を礼拝しました。バールと名付けられた枝分かれした尾を持ち、そのイメージは下に見ることができる。
 

 
この神はエジプトの神セットと合体し、我々が今サタン、モロクアンドと呼んでいるものの起源である。彼らの崇拝者は、2001年9月11日以降、米国と西側諸国で権力を握った。彼らは積極的に人類の90%を殺し、残りを奴隷にすることを計画している。多くの上級寡頭勢力はこのグループのメンバーである。
 
これは例えば、毎夏ボヘミア・グローブに集まるモロクの崇拝者達に見られる。彼らの本部はスイス・ツーグのロスチャイルド家複合体にあが、他にも多くの拠点がある。彼らの強さの主要な源泉は、世界金融システムの乗っ取りと、彼らのお金のマジックによる世界債務奴隷制度の創設である。−つまり、不換通貨−何もないところからお金を作る。
 
最後に白龍会に移ります
 
白龍会は、欧州王室血統、グノーシス・イルミナティ指導者達、軍産複合体将軍、ロシアFSB、北朝鮮秘密警察、日本軍情報部、アジア秘密結社アンドを含むメンバーの緩やかな同盟である。
 
白龍会同盟はハザール人の大量虐殺計画に対抗して作られた。また、彼らは現在惑星を運営している人々の驚くべき無能さに驚いている。
 
白龍会は、世界平和と貧困と環境破壊を直ちに止めるための第三次世界大戦と同規模の大規模キャンペーンを推進している。
 
彼らはまた、前例のない繁栄と宇宙への指数関数的拡大の新しい時代を切り開くために、隠された技術(例えば、国家安全上の理由で米国で押さえられた6,000件の特許)を解放したい。
 
これを実現するための鍵は、世界金融システムのコントロールをハザール人の手から取り返すことである。
 
今年の秋の攻撃はこれを目指しており、連邦準備制度理事会、欧州中央銀行、日本銀行、英国銀行、米国銀行などの国際収支銀行(BIS)とその子会社には特に注意が向けられるだろう。
 
ハザール人は、人間生贄、人食い、食料と医療システムの毒の添加、戦争の煽動を含む彼らの犯罪が明らかになれば、彼らは罰せられることを知っている。さぁ、それを実現しましょう。

∞ 裏の世界史のお勉強です。今年の秋の戦いがあれば、秋以降、このほとんどのグループはその役割を終えて解体、消滅に向かうものと思われます。なぜなら光の新時代には必要のないものですし、また私たちは三次元世界から完全に分離して高次意識となり、高次元へ移行していくのですから、その記憶すらなくなるかもしれません。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:26 | comments(0) | - | - |
ベンジャミン・フルフォードインタビュー その2
∞ インタビュー部分のみ抜粋しています。 その2

 
ベンジャミン・フルフォードインタビュー その2
2018年8月6日
 

ショーに戻ります。
 
ベンジャミン:戻りました。
 
メグ:はい、我々も戻りました。ほかに何ができるかを考えていました。私は世界的な人身売買も大kきな問題だと考えていた。それは未成年問題にも関係しています。
 
インド、中国、アフリカ:すべて大きな人口を抱えている
 
ベンジャミン:私が話せる他のことはインドとアフリカについて話したい。
 
メグ:良い。
 
ベンジャミン:たった今、中国は日の下に暮らしている。彼らは太陽の下で彼らの日を過ごしている。彼らは信じられない経済成長を遂げて、実際には世界最大の経済購買力になっている。彼らはAIIBのような強力な新しい国際金融機関を与えられた。彼らはマーシャルプランより60倍の一帯一路計画を持っている。
 
ベンジャミン:しかし、私はインドがこれについてうんざりしていることに気づいた。彼らはインドと中国との上海共同体組織の一員ですが、一帯一路計画に反対している。ウィキペディアによると中国は14憶人、インドは13憶4,400慢人であるが、インド人口の50%が25歳未満で、中国の人口のわずか25%がその年齢層です。言い換えれば、インドは若くて、人口も多く、すぐに人口が中国を上回り、最終的には有能な経済管理を受けているので、インドにOBORに匹敵する大きなプロジェクトを提供する時が来ています...そして、アフリカとインドはいろいろな点で良いことになるでしょう。これらの国々は人口の爆発的な増加を抱えていますが、世界の他の国々は縮小して高齢化し始めており、バランスのとれた対処が必要です。また、世界で最も貧しい人々もインドやアフリカにいます。何かがそこでなされる必要がある。
 
ベンジャミン:だから、私は大きな大きなインド/アフリカ計画のためのロビー活動をしてきた。それは中国の一帯一路に対して負けない大きさのものである。アフリカの12億人とインドの14億人というこれらの巨大グループを取り込むと、それは世界のほぼ半分となる。彼らは東アジアが今見ている、そして欧州は長い間見てきたのと同規模のレベルに持ち上げる必要がある。それが次の大きなトレンドだと思っている。それは正しいはずである。
 
ベンジャミン:正直に言うと、私はしばらくの間、アフリカは多くの外国人経営者を必要としていると思う。私は、アジアのインフラテクノロジーと呼ばれるものを得るためには、アジア人、欧州人他の人たちを連れてこなければならないと思う。鉄道、病院、大学を才能を高めるために管理できる機関を創立し、アフリカのアフリカ人に渡してほしい。しかし、今現在は起こっていることを見ると、外部の援助が必要である。世界がアフリカに大きな力添えをする時期である。
 
アフリカの膨大な資源をアフリカに戻す
 
メグ:人的資源のみならず、アフリカには第一次世界大戦国によって利用された膨大な天然資源があるが、アフリカの人々に返すべきであり、それで彼らは自分の国の発展に使える。
 
ベンジャミン:間違いない、間違いない。中国はアフリカで多くの良いことをしたが、西側とインドは貢献するのに良いタイミングである。それは大きな問題である。そして、もちろん、そこの熱帯雨林と自然を守ることにつながる。貧困と環境破壊を切り離すべきではない、それらは関連している。熱帯雨林を焼き尽くして生きるほかの方法を教えれば、彼らは良い多くのタロイモを栽培できる。これは我々が行う必要があるものである。私は清王朝の金塊のためにロビー活動をしているが、それはロックフェラーによってこのプロジェクトの裏打ちのために使われるために盗まれたもので、依然としてスイスのバーゼルの背後の丘に座している。それが黒幕と大衆に問うていることである。それは、この惑星のために我々ができる次のことだと考えている。
 
メグ:アフリカを支援する管理グループは誰だと考えているのか?私が言いたいことは、彼らは国内で能力があるのでは。
 
ベンジャミン:私は、AIIBのような新機関を立ち上げる必要があると考えている。トップにインド人そして世界中から能力のある人になるかもしれない。これを行う新機関は、数十億ドルではなく、数千億ドルが利用可能である。私が言っている様にその金は盗まれた金塊で裏打ちされる。要は、満州相続者が彼らはその目的のために喜んでその金塊を使うと言っている。従って今、金塊を盗んだ人々−スイスのツーグ、バゼルとBISに居る人々−は説明をする必要がある。もし彼らがそうしなければ、我々は強制するつもりである。これはこの件の一つとして−私は夏の休暇に入る。三週間電力網から離れ、休養を取り、これが秋に起こるように大きな圧力を掛ける。
 
メグ:これを話すことは非常に興奮する。何故なら、我々は、アフリカの人々が数十年に渡り騒動が続き、非常に苦しんできたことを見てきたからである。
 
ベンジャミン:彼らは資源の価値の数分の一は支払われている。西洋人がアフリカに来ると兵器を持ってくるが、中国人が来ると商売を持ってくるといったのはアフリカ人であったと思う。西洋の支店とは異なる何かをする時期である。アフリカにおける我々の行動を一掃して、彼らの資源に対して彼らが望む物を払おう。彼らが近代化することを支援する。
 
リチャード:そして彼らの教育も。
 
メグ:そうね。
 
欧州評議会にロシアを入れる
 
ベンジャミン:そうしないと、事件を待つことになる。トランプの訪問によって欧州で起こったことは、彼がEUは敵だと公に叫んだことである。あなたが考えなければならないことである。
 
リチャード:そして、我々は彼がテレサ・メイがEUを訴えると話したことを聞いている。
 
ベンジャミン:えーと、それが商売であればそうするでしょう。英国政府にその主権をその組織に売り渡させる為に脅迫を使う前提であれば、後ろ向きな話だと思う。より前向きにはEUはたった28カ国であり、欧州民主国家は27カ国ある。今は敵国と見なされるロシアや他の国々を含む新組織を立ち上げる必要がある。
 
ベンジャミン:そして、もちろん、それはEUを所有するアニェッリ家とロスチャイルド家と他の人々以外が維持することを意味しており、「はい、あなた、あなたは民主的ではない。これは汎欧州ではない。脇に退け!欧州人に彼らの国のことは任せろ」言う。それが問題である。それは民主的ではなく、それは人々によって運営されておらず、実施か欧州人ではない。だから、拡大する必要があり、欧州の全ての民主国家はロシアとそれらの国々を含む新システムに統一する。
 
メグ:我々は先週、欧州評議会の再活性化について話したので、ロシアを紹介した。
 
ベンジャミン:はい、そして始めなければならず、これはこれら全ての官僚を働かせる場所におけるかと言う問題であり、ロシアを含む新統合化欧州の構造の肝心の詳細を解決することである。それは官僚にそれを行うために多くのスタッフを与え、希望的には報道の自由を与え、彼らは官僚主義ではない方法でそれを行う、わかる?(笑)プーチンとトランプの間でも議論されたことであろうと思うが、私へその部屋に居なかったが、彼らが話したことは間違いないと確信している。
 
リチャード:おっしゃるとおり。
 
日本はネオマンチュリア(新満州)に統合される
 
ベンジャミン:私は以前CIAに、プーチンはワールドカップ後に大きな動きをすると言われていた。それはフォローアップされるであろうと思う。ウクライナで起こっていることを見てみましょう、欧州の他の残された問題について、それらは最終的に解決されるのであろうか?私は解決されると思う。そしてイスラエルですが、それはこの世界に残された多く名問題である。北朝鮮は多かれ少なかれ解決されている。
 
ベンジャミン:来年の日本における新天皇の引継ぎ行われるときに−それは5月であると思われる−世界のこの部分で多くの変化が起こると言われている。日本はもっと多くの移民を受け入れるであろうし、朝鮮半島の統一も押し進めるであろう。時間がたてば、日本は北東アジアに統合されるであろうと思う。つまり、北部中国、モンゴル、韓国と日本を含む新満州国のようなものであり、後に政治統合に繋がる経済統合、文化統合である。それが私が聞いている計画されているものである。私はアジアの秘密結社の人からこれを聞いた。そして、もちろん、今起こっていることは、韓国人と日本人を互いに嫌わせて、互いに戦わせようする大きな圧力があるので、世論をまず管理する必要がある。そして大きな政治的変化が起こる前に、除去されるべき大気中の多くの毒があり、それは私が聞いていることである。
 
リチャード:うーーーーむ
 
メグ:それは素晴らしい。
 
大気中の毒、英国内の更なる毒
 
リチャード:大気汚染、その出来事といえば全く文字通り、我々はここ英国にその問題ある。もしスクリパル事件が冗談ではなければ、彼らは第二幕において打ち倒されていたであろう。そして再びポートンダウン化学兵器工場の8km以内で、ノビチョックと思われるもので毒くを受けた二人の人間が居る。何故英国情報局はこれを行ったのだろうか?ロシアを悪魔にするため?それは馬鹿げており信じられないことに思える。
 
ベンジャミン:そう、私はその金を追い、誰がこの事件に資金を出したかを見つけたが、これは英国規格のようなもので止められている。それは全く現実的な機能目的を提供しない。それは互いに戦う寡頭勢力であり、これらの事件に資金提供することで悪い宣伝を作り出そうとしたとしか思えない。そして、だから我々はこのような事件の傀儡主人をを追いかける必要があり、この無意味なことを終わらせる必要がある。
 
リチャード:絶対に。
 
メグ:だから、あなたは前回に、我々が話した反重力特許情報について見る様に話した。
 
ニュヨークからロンドンは30分?
 
ベンジャミン:そう、私は繋がりがあって、特許について更なる詳細を欲する二人から電話を頂いたが、私はそれを持っていなかった。希望的には、それは一例であって、私は、アメリカ人とアメリカ人によって、私は米軍産複合体がアジアとの交渉カードとしてこれをもっていると思っている。私は、この技術の解放と発展が北朝鮮/中国の発展において起こるかもしれない何かであると思う。それは一つの可能性である。アメリカ人は金塊を持っておらず、金も持っていたが、彼らはこのような長技術を持っているので、ある種の貿易となるであろう−高度技術に対する金。これは、秋の交渉の一部になるであろうもう一つのことであると思う。
 
リチャード:それは最近トランプが同様に設置した軍の6つの支店と連携しているのでしょうか?今、彼はこれを公開する基盤と舞台を手に入れた、そして「見よ、これが我々が開発した物だ」
 
ベンジャミン:そう、そして希望的には我々はニュヨークからロンドンまでUFOに乗れば30分で行けることになる。
 
リチャード:はい。
 
メグ:それは素晴らしい。我々はロンドンからニュヨークまでUFOで飛べるアイディアについては、口を閉じておくことはできる。(笑)
 
8月に電源を落として釣りに行く
 
ベンジャミン:私は電源を遮断するので、電子メールもインターネットも2−3週間見ない。私は釣りと泳ぎに行くだけだ。私は誰もが年に一度はこのデジタル物から解毒する必要があると思っている。
 
リチャード:うーむ
 
ベンジャミン:だから、皆さんと再び話すのは9月になる。
 
メグ:素晴らしい。素敵な休暇を取ってください。
 
メグ:虚のインタビューを楽しんでいただけたでしょうか?我々の毎日の公開の為にPrepareforChange.net をチェックしてください。また次回まで。
 


∞ このインタビュー記事はどうみてもアセンションプロセスを除外して、これからの世界はこれまでの世界の延長としてアメリカや欧州諸国を除く中国とインドが覇権をとるような感じの展開になっているようです。つまり、ここに書かれていることは別次元の世界の話のようにも思えますが、皆さんはいかが思われますか?
 

(^_^)/ 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:16 | comments(0) | - | - |