Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フルフォードレポート (08/19)
∞  少々読みづらいかも知れませんが、それなりにお読み頂けば・・・(^_^;)

 


 
フルフォードレポート
2019年8月19日
 

◆ 米政府は末期のエプスタイン−バー感染症に苦しんでいる
 
アメリカの最近の政治討論はモサドの小児性愛者の脅迫者ジェフリー・エプスタインとブッシュ時代のイラン・コントラ隠蔽アーチストであるウィリアム・バー司法長官によって占められており、これはおそらく偶然ではありません。エプスタインとバーの選択は※エプスタイン−バーウィルスに対する意図的なものである可能性がある。日本軍事情報部門によると、伝染性単核球症つまりりキス病としても知られる、エプスタイン−バー(EB)はナチ派が対象の犠牲者の中に癌を引き起こすように設計された最初のウィルスです。この場合、デープステート代理人のエプスタイン(モサド)とバー(ナチ/モサド)の間の八百長試合があり、それが、企業メディアが描くように意図的に米国に致命的な誤動作を引き起こしているようである。
 
※エプスタイン−バーウィルス(Epstein-Barr virus、EB virus)とは悪性リンパ腫であるバーキット-リンパ腫から発見されたヘルペス型ウイルス。発見者の名にちなむ。(管理人補記)
 
失敗したエプスタイン作戦の背後を見て、実際はもっと洗練された何かの一部かどうかを確認しましょう。
 
自殺防止牢獄におけるエプスタインの自殺は、それがバーの監視下においてにもかかわらず、バーによって直ちに却下された。自殺の直後に、人が故意に首を絞めたときに普通起こるように首が骨折をしていたことを示すニュースが報道された。これに続いて、それが結局自殺であることを示す公的な検視結果が出てきた。
 
この件について面白いことに、アメリカ人の42%の大多数が彼は殺されたと思っており、自殺したと言う公式の話を信じる者は29%に過ぎない。
 
社会の中核をなす鵜呑みにする少数派のアメリカ人が政府を信じているだけである。

(訳者注;29%対42%がそれほど少数か?算数苦手かな?)
 
実際、エプスタインは、彼のペドフィール島を訪れた300人以上のトップVIPの逮捕に全面的に協力する代わりに、彼の死を偽造することを許可されています。エプスタインの意図的な失敗「自殺」により、エプスタインの未成年者セックス調査はバーによって殺人調査に変えられたと、その情報筋は伝え、国内および軍の警察にはるかに強力な力を与えることになると彼らは言う。
 
確かに、演出されたエプスタインの死に続いて、エプスタインの島でのFBIの襲撃が行われました。現場のFBIエージェントは、ドローンが島の「寺院」内の血まみれのベッドを撮影できるように意図的に窓を開けました。下のビデオで2.22分で見ることができます。
 

 
海軍情報機関関連情報/偽情報サイトソルチャファールで海軍ダイバーがエプスタイン島の近くの海底で子供の骨の痕跡を発見したというレポートを得た。このことはVIPが未成年者とセックスをすることから思春期後の少女たちが子供の儀式の犠牲されていることを意味している。
 
イプシュタイン調査の重要な人としてのバーを使う自由が「捏造された」小児愛告訴で政敵を降ろすために「ドイツのDVD」熟練工によってそれを虐待に道を開けることができたと、英国のMI6情報筋は警告します。情報筋は、「イギリス軍の女王に続く最高の古参将校他が最近嘘の小児性愛者の罪で破滅したと指摘している。
 

 
それにもかかわらず、同じ情報源は、世界が悪魔的な敵に直面していることに同意します。彼らは、「悪魔主義は主に他のすべてのような過激派(狂信的)宗教的カルトであるが、世界で最も高い社会秩序のための妥協と制御メカニズムであると考えている」と述べた。同じ情報筋は、エプスタイン事件は「社会の最高レベルでの世界規模での大失敗」であり、「それはすべて出てくるだろう」と述べた。また、「女王の息子[アンドリュー王子]は、例えば、 みんなと。 彼は性中毒の治療を受け、拘留中は適切に治療されるべきだった。」
 
この英国王室の情報筋は、高レベルの小児性愛者の差し迫粛正に神経質になっているが、世界が公的かつ公正な裁判を要求しているとき、バーは秘密の軍事法廷を支持していたという点を上げている。
(訳者注:なんか細かいことをぐちゃぐちゃ言っていると言う感じです。そういうことにはならないと思うが。しかし、「寛大な赦免」も必要だと言っていたのはどこのどなたであろうか)
 
有名な小児性愛者を逮捕するのは良いことですが、9/11やイラクや日本のような国での大量殺人などの戦争犯罪の起訴についてのメディアの議論はまだありません。
(訳者注:あなたは5年前から来月来月と言い続けてきたのを覚えていますか?)
 
小児性愛の大量逮捕の脅しのもう一つの側面はもちろん、金融の自然な成り行きに関することである。本質的にワシントンDCの設立は一つの次元に要約することができる。「あなたが我々を破産させたら、あなたを小児性愛で逮捕しますよ」
(訳者注:これは間違い。トランプは破産させようとしている。リセットしてやり直そうとしている。それに抵抗しているのがワシントンDCである。小児性愛は別格で厳粛に全員逮捕されるでしょう)
 
小児性愛とエプスタインによって逮捕された人々への圧力の高まりは、EU外への広がりを求める英国主導の血統の思惑に関連していると、MI6の情報筋は言う。これは銀行のカルテルを制御するための法的メカニズムであり、このメカニズムを使用しようとすると「多くの銀行家が亡くなった」と警告する、と情報筋は説明する。
 
人々が理解する必要があるのは、ワシントンDC、EU、日本を含むフィアット銀行家の破産は、腐敗していない官僚や政治家を含むこれらの国の健全な部分を危険にさらさないことです。実際、破産により、これらの国々はバビロニアの債務奴隷制から解放されます。これは西側の軍事/情報界の多くが知っています。
(訳者注:みんな知ってるんじゃないですか、恐れてなんかいませんよ。恐れているのはDC側です。トランプ政権について非常なる誤解をしている)
 
米軍は、DCの政治的サーカスとテルアビブとスイスの首謀者を決定的に台無しにする次の新しいキャンペーンの間、完全に資金提供されたままです。これは、米国の軍事保護国であるサウジアラビアの現金で支払われる中国への石油輸出に見ることができる。
 
衛星画像と自動船舶識別システムに基づいて石油タンカーと貨物を追跡するTankerTrackers.comによると、サウジアラビアは、2019年7月に1日あたり1,802,788バレルという膨大な量を中国に輸出し、昨年の921,811バレルから96%増加しました対照的に、2018年7月の8月の米国への輸出は262,053バレル/日で、昨年8月の687,946バレル/日から62%近く減少しました。
(訳者注:何が言いたいの?)
 
サウジアラビアは、5000億ドル規模のマサチューセッツ州に新しい国を作り、人間の遺伝的改善に対する既存のタブーを迂回し、あらゆる種類の抑制された技術を導入するという提案は、少なくとも米国中央司令部が示している新しい国家反逆文明を見つけようとしています。
 

 
DCの設立は日々ますます必死になっています。国内では、集団射撃事件(本物であれ偽物であれ)の増加は、大衆が耳を傾けないために収入が減少することに関連しています。オレゴン州ポートランドで行われた右翼暴動を引き起こす試みも失敗しました。
 
ベネズエラ、シリア、イラン、その他の国々から石油を盗むための政権交代の試みが失敗した後、DCbネオコン衆は現在、デンマークからグリーンランドを購入することによって破産を回避することを望んでいます。
 
彼らはまた、中国との交渉力を得るために香港を不安定化しようとしている。抗議行動は、中国への身柄引き渡しを許可する法律を解除する香港市民による合法的なステップとして始まりました。香港には、共産主義の中国から逃げてきた人々がほとんど住んでいるので、法律は本当に神経質になりました。
 
しかし、中国の撤退後、シオニストによって支払われた挑発者による暴力行為による抗議は減少したと、アジアの秘密結社は言う。目的は、中国に過度の武力行使を強制し、それによってその国際的なイメージを台無しにすることであった、とCIA筋は認めた。しかし、中国人は1989年の天安門広場の抗議によって学び、放水砲や暴力的な個人の逮捕などの従来の反乱作戦戦略を使って抗議を市民的に行った。
 
香港への動きは、トランプが地元の反対によって中国製品の3000億ドルの関税引き下げを余儀なくされたときに起こりました。 現実の世界を知っている人なら誰でも、(米国の企業のように)物を買うために貴重な借金を使う破産者は強い交渉の立場にないことを理解しています。 米国で安い中国製品を販売することで利益を得る人々はこれを理解しています。
 

 
米国は、必死になって自分たちを生かそうとしているので利益の94%を支払っている。金融市場では、他の人よりも多くの利子を支払うことは、信用力の低下の明確な兆候です。
 
米国企業政府は9月の初めまでに資金を投入しましたが、この秋、米国企業政府の真の破産を推し進めるというコンセンサスが高まっています。 言うまでもなく、DCの人々はこれまでのところこのシナリオを回避することに成功しており、今年の秋にもそれを行うことができそうである。
 
ただし、今年はワシントンDCでEBに感染した政治サーカスに最後の仕上げをもたらす可能性のある大きな戦いがあります。 確かに、連邦、バチカン、ロシア人、中国人は、シオニストのトラブルメーカーが永久に事業を停止することを望んでいます。 シオニストは全力で戦う。
 
この秋はいつもよりも忙しくなりそうなので、夏の残りの間はよく休んでください。
(訳者注:この言葉、秋になると五年間同じです)
----------------------------------------------------------------------------------------------

トランプがあちら側の回しもんだと断言して、世界中から総スカンを食って、何も弁明することなく過ごしています。今度はバー司法長官が悪いんだそうです。何の根拠も示しません。今回のレポートは新情報はありません。夏休みの間、自分の立場を維持するために考えた言い訳にしか聞こえない。
 
バーをごちゃごちゃ言うならば、トランプの件の総括をすべきだと思う。何も100%言い当てろなどとは思っていない。あなたの言葉を借りれば「間違った時は後から訂正している」を実行したらいかがか。
 
とにかくトランプ政権にいちゃもんをつけているとしか読めないんですがいかがでしょうか?あなたの得意な証拠を示してくださいね。それでもいつも、今回も「秋になればよくなる」です。なにがどうなるの?何故ならこうだから?この号もまた世界中で議論を引き起こすと思う。
 
小生の関心事
 
.┘廛好織ぅ鵑鮖呂瓩箸垢覦事を働いたものの軍事裁判の状況。これは公式に一部が入ってくるが全貌が分からない。(分からないものかもしれないが)
 
∨鳴鮮の非核化の問題。金正雲はしびれを切らし「年内に決着しなければ話を元に戻す」と公言した。おそらく水面下の調整がうまく行っていない。北は「北朝鮮だけではなく米国も非核化しろ」と言っている。それに反対しているのは米国内、韓国内、日本内、中国内の戦争屋です。それを一掃しなければならないとトランプは考えている。日本としても大歓迎なのです。小泉純一郎と麻生太郎が横田に引っ張られたと言う情報もある。小泉はグアンタナモまで連れて行かれていると言う話もある。それが進次郎の結婚発表の真相である。森喜朗はフランスに引っ張って行かれたんじゃないの?これは私が勝手に思っている。今はフルフォードさんからは私の欲しい情報は全く入らない。どうしたの?って感じなんです。情報源が違っている。
 
9畊舛量閏膕修量簑蝓これは非常に大きな事件だと思っている。
 
中国人民警察隊が深圳に待機している。米英軍がフィリピンに待機していると聞く。人民警察が制圧に入ったら米英軍が突入して阻止するんだそうです。相当の犠牲者が予想される。これを実行したら習近平は間違いなく失脚どころでは済まない。でもやりそうです。共産党は強硬です。それに対して中国内の民主化推進派は李国強とか習近平主席夫人なんだそうですがどうでしょうか?どうなっているのか?フルフォードさん教えてくださいよ。
 

∞ 「嗚呼、悲しいではないか!」さんのご指摘のように、「フルフォードレポート」で、トランプ大統領がデープステート/カバール側であり、またバー司法長官を「悪者」扱いしているならば「フルフォードレポート」は読み手の洗脳を意図していることにはなりますが、その辺はどうなのでしょうね。
 
(メモ) 数カ所ほど意味不明の箇所がありましたが、原文を参照できる最初の部分のみ補記しました。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 12:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/12)
∞  今回は以前のへんちくりんなレポートに戻っています。(^_^;)

 


 
フルフォードレポート
2019年8月12日
 

◆ 多くの人々が予想するような突然の大規模事件が起こるでしょうか?
 
何千年もの間、一神教はある種の地球を変える出来事を予測してきた。ある人はそれを終末と呼び、ある人は軽挙と呼び、あるいはメシアの復活(再臨)と呼ぶ。最近では、私たちに全く新しい宇宙を紹介するためにやってくる銀河からの母船のようなものを話すニューエージ版もある。
 
現実世界からの情報を収集する現実に基づく記者として、宗教的信念(それらが旧版でも新版)は私の範疇ではない。世界権力の最高レベルからの30年以上の報告は、少なくとも私たちが新しい時代に入っていると確信するのに十分な確固たる証拠を私に残した。
 
ここで今確認できる証拠に取りかかる前に、私が遭遇した奇妙なものから始めましょう。私の頭の中には、世界観に合わない情報で。どうしていいのかわからないものを保存する棚がある。
 
例えば私の公開講演の契約に時々来る日本の紳士は火星で人が住めるるように改造する仕事をしていると主張している。これらの主張とは別に、彼は非常にまともな日本政府の役人のようである。彼は最近、火星へのすべてのアクセスが遮断されたと言っている。
 
また、プレアデスから来たと主張し、彼らの家の詳細な記憶を持っていると主張する人々もいます。彼らは今、この惑星に置き去りにされており、家に戻れないと言います。これ以外は、彼らは機能的で、明らかに健全な人々です。
 
有名な武器商人のアドナン・カショギがかつてハニートラップを送ってくれました(彼女は私の前で裸になり、セックスに誘惑しようとしましたが、レイプに行き閉じ込められる土壇場でノーと言った。)彼がこの任務に失敗した後、彼女はアヌンナキに似た記述の巨大な人型生物が彼女の子宮で実験したと私に言った。
 
日本のギャングやプロの暗殺者も、実験された記憶があると言っています。あるプロの北朝鮮の暗殺者は、彼が「ユダヤ人のハンドラー」を殺したと私に言ったことがありますが、同じ人が数か月後に再登場だけである。
 
これらは私が個人的に出会った人々です。私は彼らが他に持っていなかったと言う以外に彼らの証言をどうするべきかわかりません、例えば、精神衛生の問題、そして私を信じてください、私はそのような問題を持つ多くの人々によってアプローチされました。
 
それは私が受け取った直接の証言の一部です。外国人と「秘密宇宙プログラム」について話している複数の公人による多くの証言もあります。例えば、外国人と私たちの惑星を見たと言って記録に行った十数人の元米国の宇宙飛行士がいます。観察中です。
 
最も注目に値する外国人情報公開の人物は、おそらく元カナダ国防相のポール・ヘリアーです。彼は、エイリアンが何千年も地球を訪れていると言います。
 
これはまさに、バチカンのP2フリーメーソンを訪れたときに言われたことです。 彼らは、千年もの間これらのエイリアンと接触していたと言い、「天使、悪魔、ジン、スプライトなど」として知っていた。P2はエイリアンが教皇ベネディクト(マレディクト)XVIを解雇するつもりだと私に言った。 彼に辞任を強いることにより、彼らが本当に強力であることを証明した。
 
騎士団の騎士であり、P2のトップエージェントであるヴィンチェンツォマッサラは、ミラノの大聖堂の壁に描かれていると報告された実体の写真を見せてくれました。 以下は、いくつかの描写の(ぼやけた)写真です。
 

 
私の観点から最も興味深いのは、その後これらの実体に個人的に会ったことです。 私はそれらの写真を撮っていなければ、これは言及しません。 写真は以下のとおりです。
 
ここからは反イルミナティTVのVorabübersetzungが続きます。


 

これらは東京の渋谷の近くで撮影されました。これらの生き物はゆっくりと上下に動き、私とテレパシーで通信しているように見えました。また、グノーシス主義の啓蒙主義者の「アレクサンダー・ロマノフ」は、これらの存在に会ったと主張します。価値があるのは、これらのプラズマ実体から学んだことです。
 
私たちの現実は非常に複雑な数式の結果であると言われました。これらの方程式は、わずかな変動を伴って何度も繰り返されています。このため、この作家を含む私たちの多くは、現在の現実のわずかに異なるバージョンの記憶を持っています。あるものでは、人間は他の星を探検し、植民地化することを許されました。他では、核戦争によって大部分が一掃されました。
 
これらの情報源や他の情報源から聞いたことは、現在起こっていることは、さまざまな異なるシナリオがシナリオに変わったということです。そのため、さまざまな物語の記憶を持つ人々が、この惑星とこの特定の現実に突然打上げられたりします。
 
さて、現在の「公式の」現実から確認できることに戻りましょう。たとえば、60年代と70年代には、宇宙飛行士を月に送りました。私たちは1980年代に人々を火星に送る予定でしたが、突然すべてが騒がなくなりました。しかし、NASAは、人間が地球を取り巻く電気的障壁や電離層を克服できないことを繰り返し認めています。


 
米国防総省の精神戦争部のポールレインは、NASAが「宇宙機関ではない」の略だと言ったことがあります。いわゆる火星探査機がおそらく火星ではなくグリーンランドまたは米国の砂漠を周回していることを示す無数の写真(ウサギ、トカゲ、墓石など)があります。月の向こう側への最近の中国旅行の写真も、すべてがスタジオで行われたという明確な証拠を示しました。
 
この報告書の読者が誰も近くの宇宙港に行き、ロケット船のチケットを取得して別の惑星を訪れることができないことは明らかです。また、地元のスターゲートに行って別の次元に移動することもできません(そして、読者がこれを主張するなら、私はそれを記録するために連れて行ってもらいたい)。
 
どう見ても、この惑星の表面で隔離されているようです。これにはいくつかの可能な説明があります。 1つは、この現実全体がデジタルシミュレーションであり、ビデオゲームのキャラクターのようにゲームから抜け出せないということです。
 
もう一つの理由は、ポール・ヘリアーが主張するように、私たちは好戦的で破壊的であるということです。それが私たちがこの惑星を離れることを許されない理由です。ライオンやトラがニューヨークのダウンタウンを歩き回ることを許可しないのと同様に、エイリアンは地球上に軍事産業、戦争崇拝の人々をこの惑星から抜け出させない。
 
しかし、私が出会ったエイリアンは私に非常に異なる話をしました。彼らは、何千年もの間、銀河間戦争が進行しており、サタンと彼の堕胎天使として知られるグループのリーダーがこの惑星で追い詰められていたと言いました。惑星地球は隔離されているので、それらは最終的に捕獲され、古い戦争は終了します。その場合、隔離が解除され、人類が宇宙に解放されます。
 
これらの選択肢のどれを好むかに関わらず、または上記のいずれも当てはまらないと感じたとしても、ここと現在の私たち自身の行動を通して、ニューエイジまたは終末の出来事を開始すし、現実を強要する実用的な方法があります。
 
まず、世界平和に到達しなければなりません。 これは、人間が「神の」干渉なしに行うべきことです。 この惑星での軍事産業の大量殺人の正当化はないはずです。 世界で最も強力な力-米国、ロシア、中国-はすでに合意しており、中東、ウクライナ、アフリカの一部、およびその他のホットスポットで最終的に世界平和が交渉されています。
 
2番目にやらなければならないのは、環境破壊を止めることです。繰り返しますが、これは共同決定をすれば非常に簡単にできる。

熱帯雨林のさらなる燃焼を止めるために、ブラジルとインドネシアに特殊部隊を派遣することを意味します。また、保護地域で絶滅危to種を保護するためにこれらの力を展開することも意味します。これはすでにかなりの範囲で起こっています。
 
私たちがしなければならないもう一つのことは、世界の貧困をなくすことです。貧困は人間の潜在能力を低下させます。森林を焼いて家族を養う飢えた農民は、環境悪化の最大の原因の一つです。インドは過去10年間で2億7,100万人を貧困から解放しました。世界は今や最終的に貧困を終わらせるためにアフリカと他のいくつかの場所に焦点を合わせなければなりません。
 
惑星の緊急作業が完了すると、私たちはここ地球上で楽園を作り始めることができます。 たとえば、新たに発見されたヒトゲノムの制御では、不死性と超大国を獲得できない理由はありません。
 
読者への注意:このレポートは、毎年恒例の休暇を取るときに事前に作成されています。 画期的なイベントが行われている場合にのみ、ニュース速報を報告します。 最新ニュースを含む次のレポートは、8月19日に公開されます。 ご理解いただければ幸いです。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
表題で掲げた命題に対する答えは何なんでしょうか?なにもありません。適当に文献を繋いでコピーしたものと思われる。
 
内容については過去に何度もフルフォードさんからも聞いているし、他のブログからも聞いている。本当かどうかは分からないが。
実はトランプがずっと、これらを含む多くのことを暗示している。それを開示できない状況が続いていると理解している。やがてすべてが開示されるものと思っている。そのためにも今多くの戦いが行われていると思っている。
 
いまここで、こんな話をすることは何の意味合いを持つのでしょうか?いよいよ差し迫ったということ???そういう話をして頂かないと、理解はできないが、聞いていますよ、あなた以外からも。
 
次の最新レポート(有料ですよ)を読むと、この話の意味合いが分かることを期待します。
 

∞ フルフォードレポートでは、主に世界の地政学的な情勢分析のみに終始していて、宇宙での光の銀河連合やSSP(秘密宇宙プログラム)関連の活動に関する情報にはいっさい関知せず、いつも物足りない感じを持っていましたが、このレポートによると、彼が宇宙で起きていることにまるで関心が無いようにも見えます。それが彼の特質なのかどうかはわかりませんが、ただ、彼を裏で操る闇さん達がいるとしたら、フルフォードレポートは地上の闇勢力によってSSPの活動に言及しないようにコントロールされているという推測も出来ます。もしそうであれば、今回に限らず過去のレポートに「嗚呼、悲しいではないか!」さんが嘆いていらっしゃった、いくつか、‘へんちくりん’なレポートがあったことも理解できます。・・(^_^;)


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 08:56 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (08/05)
∞  最近のレポートでは「嗚呼、悲しいではないか!」さんの手厳しい突っ込みが多くなっています。 (^_^;)

 


 
フルフォードレポート
2019年8月5日
 

◆ 世界政府と交渉中の権力センター
 
この秋は、ついに第二次世界大戦後に建てられたシステムを置き換えるために設計された世界憲章の発表となるかもしれない。(訳者注:もう5年位同じ言い方しています。この文章のままです)米軍産複合体、アジア秘密社会(訳者注:誰れ?)中国共産党、英国連邦、バチカン、ロシア正教会、イスラム教徒、そして他のグループがみなこの惑星は従来のままでは運営できないことを基本的に合意している。彼らはまた、緩(ゆる)いが統一された惑星連合について合意をし始めている。(訳者注:言葉は何年も聞いているが、統一された惑星連合の中身は?)
 
主要な問題は戦わずに消えるつもりのない旧体制の制御者にある。スイスの分析では、フォーチュン社およびその他の大企業の取締役会に座っている約700人の中心グループを発見した。
 
我々はこのグループをハザール・マフィアと呼びます。ハザール人は依然として、巨大石油会社やグーグル、フェイスブック、アマゾンやアップルと言ったインターネット巨人と偽ニュース企業メディアを含む多くの巨大企業を支配している。彼らの最大の権力は、もちろん、中央銀行の所有権であり、それが彼らが企業を掌握するために使用したものである。
 
このグループは世界権力特に西側のトップレベルに侵入するために殺人、買収、嘘を使ってきた。彼らはまた戦略的に彼らの娘を権力者と結婚させてきた。例えが、我々はロシア人、NSAや他の情報源から、ドイツ首相アンゲラ・メルケル、英元首相テレサ・メイと他の指導者たちはアドルフ・ヒットラーの娘である見出している。我々は今、元米大統領のバラク・オバマの母親もまたヒットラーの娘であったことを見出している。それは、映画「ブラジルからの少年たち」が少年ではなく少女であることを除き真実に基づいていることが分かっている。
 
私達はまたクリントンが実際にロックフェラー家族の一員であることを発見した。ビルクリントンの母親はロックフェラー(父親ではなく母親)、ヒラリークリントンはデビッドロックフェラーの娘でした。そして、もちろん、FacebookのCEOであるMark Zuckerbergはデイビット・ロックフェラーの孫です。
 
ハザール人は彼らの姓と経歴を彼らの世代間の支配の経歴を隠すために変える。例えば、我々はブッシュ家の名前はシェリフ、ピアースそして最後はイタリアの黒の貴族のペッチ家と交換したことを追跡した。
 
ハザール・マフィアのの権力構造について注意すべきもう一つのことは、彼らが実際に一神教制度において神の役割を果たす人を持つと言うことである。もちろん、彼らの神はルシファー、バアル、サタン、モレックなどとして知られています。
 
ユダヤ人の歴史を勉強すれば、多くのユダヤ人がイスラム教徒やクリスチャンと同じようなシステムを持っていることがわかります。 ここがヌーフィア、つまり脳の雰囲気の概念が効いてくるところです。たっている総体的な考えるプロセスがあります、そして、特定の時代の特定の人々は最終的な決定がグループ意識でなされる重要な結び目になります。意識的に、または無意識に、最終的な裁定者となっている社会集団の中の人が「神」です。
 
第一に、シーア派イスラム教徒の場合、彼らの最も強力な指導者は...アサキンとして歴史を通して私達に知られているアハカーン、ムハンマドの子孫であり、イスマイ一族の指導者である。彼らの秘密結社はブルーまたはグリーンドラゴンとして知られています。彼らはおよそ2億人のシーア派イスラム教徒を支配する大きな力を持ち、彼らが国を支配するのを助けるためにイギリスと契約したインドのような場所で大きな影響力を持っています。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
ここからは反イルミナティテレビの事前翻訳です。
 
彼はまたイランの支配者です。彼らは、一流の一般公開の仲介者の仲間に人々を導き入れ、彼らが従わない場合は彼らが脆弱であることを彼らに知らせることによって彼らの力を獲得します。彼らはいまだに一つの惑星という考えに賛成していません、そしてそれがイランの緊張がまだたくさんある理由の一つです。うまくいけば、彼らは今秋の交渉の間に持ち込まれるでしょう。
 
スンニ派イスラム教徒は、シーア派のような現在、一元管理下にありません。特にエジプトでは、中央統制に最も近いのが主要なイマーム(導師)でしょうが、このシステムは今日では間違いなく一元化されていません。サウジアラビアの王族は、イスラム教徒ではなくハザール悪魔主義者であり、彼らのペトロダラーでスンニ派イスラム教を統制しようとしましたが、基本的には売春婦と傭兵しか持っていません。幸いなことに、彼らは今や米軍のホワイトハットの支配下に入り、キリスト教の階級に従っている(下記参照)。
 
ユダヤ人は、彼らの立場では、大まかに言って二つのグループ - 世俗的なものと宗教的なもの - に分けられています。世俗的なユダヤ人は、通常、無神論的、不可知論的、または漠然とした宗教的です。もし彼らが神を持っていたら、それは金の神であるマンモンでしょう、そして私は金の泉を所有する家族 - 連邦準備制度理事会 - が彼らの神であろうと思います。この役割は、ビルダーバーググループ、外交評議会、および三極委員会の委員長を務めたデビッドロックフェラーによって長年にわたって行われてきました。彼はペトロダラーシステムの最後のボスであり、彼の死は大きな空白を生み出しました。
 
米国の政治システムにおける混乱と闘争の多くは、それが残した空白を埋めるための闘争にまでさかのぼることができます。彼のカバン持ち、ヘンリー・キッシンジャーはそれに取って代わることはできなかった。彼の娘ヒラリークリントン(ロックフェラー)に率いられてロックフェラーの相続人は、米大統領ドナルドトランプに米国選挙戦を失って以来、激しい戦闘を戦ってきました。
 
ドナルド・トランプの大統領の誕生は、ロックフェラーの支配の継続に反対することに満場一致で一致したいくつかの派閥の連合の結果でした。
 
その一人はロスチャイルド家で、ロックフェラーが20世紀にアメリカや日本で彼らを追い出したので、拒んだ。だからこそ、ロスチャイルドの元従業員の多くがトランプの戸棚に入っているのです。 「ロスチャイルド」は、母方の側で聖書のダビデ王から派生したと主張する貴族のヨーロッパの家族のグループの略語として理解されるべきです。彼らは信仰が大体Torah派(旧約聖書派)とTalmud派(バビロニア旧約聖書派)の部分に分けられる宗教的ユダヤ人の指導者と見なされるかもしれません。
 
トランプ大統領の背後にあるもう1つのグループは、グノーシスティックイルミナティによって支配されている合衆国の軍産複合体で、血統の統治と実力主義に反対しています。彼らは宇宙がそれを作成した誰もが悪であるように悲惨さと苦しみに満ちていると彼らは信じています、そして彼らはそれを倒しそしてそれを自分でコントロールしようとします。
 
トランプ大統領の背後にいる人々は、アジアの言っているように、「同床異夢」でした。ロスチャイルド派閥はトランプを彼のエイリアン親イスラエル人の立場に押し込むものである。彼らはまた、彼にイラン、北朝鮮、シリア、ロシアまたは他のどこかを攻撃させることによってハルマゲドンを始めるように彼を挑発しようとします。彼らはこれがメシアをもたらすと誠意をこめて信じています。
 
P2フリーメーソンロッジは、キリスト教のカトリック側の背後にいる人々です。 彼らの長期計画は、ローマをモデルにした強力に中央集権化された世界政府または新世界秩序でした。 彼らはジョージ・ブッシュ・シニアの背後にいましたが、今では彼らの忠誠心を変え、グノーシスのイルミナティと不快な同盟を結んでいます。 彼らは、テンプル騎士団、マルタ騎士団、ドイツ騎士団の騎士、ホスピタリストなどの騎士団の命令を管理するため、軍産複合体に非常に影響力があります。
 
キリスト教のプロテスタントの半分はより緩やかですが、主にスコットランドの儀式フリーメイソンとイギリスの女王へのイギリス連邦について報告します。彼らはまた、現在存在する憲法君主制を含むという条件付きで、実力主義的な世界政府を望んでいるグノーシス主義の啓蒙主義者とP2にも大まかに焦点を合わせています。
 
当分の間、これらの力はすべて、サタン、ルシファー、バアル、モレクなどを崇拝するグループを転覆するために団結します。彼らは多かれ少なかれ、西欧の力の三本柱-財政、宗教、軍事-をコントロールすることに成功しました。これらは、ロンドン(金融)、ローマ(宗教)、ワシントンDC(軍事)のエジプトのオベリスクに象徴されています。しかし、最終的な合意に達する必要があります。できれば、イングランドや日本などの伝統的な君主制を含む緩やかな世界同盟の形で。
 
今、私たちは中国とアジアの秘密結社をこの構図に載せます。第二次世界大戦の前、アジア人は多かれ少なかれブラックドラゴン協会の下で団結していた。このグループは、ナチスが第二次世界大戦に勝ち、その後、非ヨーロッパ人種を根絶する計画を実行すると信じていました。彼らは、より大きな東アジアの繁栄の領域の背後にあるグループでした。日本と黒竜は、第二次世界大戦中に表面的にナチスと同盟を結んでいましたが、東、西、北、南の間の必然的な対決と考えられるものにひそかに準備を整えました。
 
現在、Black Dragon Societyは以前の影もなくなっている。その代わりに、赤、青、緑、白のドラゴン協会の同盟があります。彼らは、私たちは皆同じ創造から生まれ、同じ惑星を共有していると信じています。彼らはまた、ゆるい世界の協会を信じていますが、ヨーロッパ人だけでなく、誰もがトップに上がることができるようにしたいのです。彼らは、世界の人口の65%とGDPの世界最大のシェアを持つアジアは、地球を統治する階級にふさわしいと考えています。
 
彼らはまた、連邦準備制度理事会に1912年から2012年までの任務を与えることに同意したときにこれが約束されたと言った。アジアの秘密結社は、FRBの背後にいる人々がこの約束を拒否したと言います。ホワイトドラゴンソサエティとそのアジア同盟国との間の暫定合意により、ヨーロッパ人が世界連邦の最初のリーダーとなり、アジア人がそれに続くことが規定されています。その後、人種や民族に関係なく、最高の仕事は最高の人に行きます。
 
新しい連邦は、貧困を終わらせ、環境の悪化を止めるために、数兆ドル規模の大規模なキャンペーンを開始します。 これに続いて、ジュビリーや場合によっては新しいカレンダーなどの大きなお祝いが行われます。 その後、新しい時代が始まります。
 
もちろん、悪魔は随所におり、これが明らかにされるまで、公の発表は期待できません。 これらの交渉については、この秋に再開する際に詳細に報告します。


∞ このレポートによると、今後に予期される、RV、株式市場崩壊、金融システムリセットなどを経て世界統一政府としての「世界連邦」が創設されるようです。当然、デープステート/カバールは完全に排除されているはずですから、世界の全ての人々が祝福することになると思いますが、当面は世界の国境や宗教問題などが解決されるまでは困難を極めるかも知れません。従って、真の連邦政府が成立までは、光の勢力である地球同盟が連邦政府の仮のホストとしてETさん達とのファーストコンタクトなどを取り仕切るなど、予想される多くの課題をこなす必要があるでしょう。その後、状況に応じて本来のホストへ移管されることになるでしょうね。
 
「ヨーロッパ人が世界連邦の最初のリーダーとなり、アジア人がそれに続くことが規定されています。その後、人種や民族に関係なく、最高の仕事は最高の人に行きます」
 
世界連邦の初代となる人物はヨーロッパ人で、次はアジア人が予定されているようです。もし、日本人が指名されたら地球の未来は調和のとれた高度な社会として、ETさん達の訪問にも太陽系のホストとしての大役をそつなくこなす成熟した連邦社会になるでしょう。
 

(^_^)/ カモネ !
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:36 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (07/29)
∞ フルフォード氏のレポートは複数のブログで同時発信されているので、偶に、ある特定のブログだけ、掲載が忘れられるということがあります。(^_^;) 

 


 
フルフォードレポート
2019年7月29日
 

■ 300の委員会に提出された世界未来計画機関のための詳細計画
 
読者への通知:読者への通知:この報告書とそれに続く2つの報告書は、私が年に1回のサバティカル(研究休暇)を取っているので、事前に書かれるでしょう。何らかの変化をもたらす事件が発生した場合にのみ、最新ニュースを報告します。次の週刊ニュース速報は8月19日に発表されます。 あなたの理解に感謝します。
 
世界経済統治システムは最高レベルにおいて機能不全に陥っている。第二次世界大戦後の戦勝者によって作られた機関−すなわちIMF、世界銀行、国連などの機関は消滅レベルの生態学的禍と寄生エリートの手に極度の富の集中をもたらした。
 
中国は数兆ドルの一帯一路計画によって、急速に欧米権力を窮地に追いやっている。そのために、白龍会は中国の一帯一路の補完として欧米主導の未来計画調(FRP)の創設を提案している。この計画は国防総省、バチカンと英連邦の高レベルの支持を得ている。(訳者注:こんな話を数年間提案し続けているようですが、進んでいると言う話は聞きません。つねに提案しているです。国防総省?のだれですか?米国は一つではないので誰かを言ってくれないと分からない。バチカン??良いもんですか???英連邦の誰でしょうか?)
 
FPAは戦後の日本の壮大な(しばしば二桁の)経済成長の背後にあった日本経済計画庁(EPA)をモデルとすることになっていました。このシステムは、1980年代半ばに日本で最高になり、世界で一人当たりの収入が最も高く、OECD(経済協力開発機構)の貧富の差が最も小さかった。したがって、FPAの計画を立てる前に、日本のWPAがどのように機能するのかを検討することをお勧めします。
 
日本のシステムの中心には、約20人の官僚、産業主義者、政治家の非公式グループがありました。政治家は人々が欲しいものを伝え、官僚たちは現実的なものを言い、そして実業家は利益があるものを助言するでしょう。一緒に、彼らは今後5年間で彼らが国内で達成したいことのための計画を考え出す。
 
計画は、日本銀行による体系的な調査から始まります。彼らは商品の価格をチェックするために全国の店に役人を送ります。彼らはまた彼らの事業計画、特に彼らが購入したい機器の量について中小企業に尋ねるでしょう。このデータに基づいて、日銀ははインフレを引き起こすことなく投資計画を満たすために必要な金額を正確に計算します。
 
お金は個人顧客部門に割り当てられます。リテールバンキング事業は全国的に「都市銀行」、地方銀行および専門銀行に分割されている。各機関には「メインバンク」があり、これらの銀行は全体計画の下で企業に資金を提供しています。
 
どれだけのお金を経済に投入するかを決めたら、他の官僚、特にかつてはで恐ろしいことで有名であった通商産業省(MITI)が計画を立てます。総務省は、最高レベルで最も不可能な公務員試験に合格した日本で最も賢い人々を何人か持っています。
 
貿易産業省は共産主義の中央計画機関ではありませんでしたが、民間部門のための一般的なロードマップを作成しました。たとえば、5年間の計画で日本の高速道路の数を2倍にすることを想定している場合、通商産業省には、自動車会社が新しい道路用に十分な自動車を製造するために必要なすべてが揃っています。
 
制度全体の要点は、国全体として将来の方向性と計画があるということでした。これは、企業や個人が自らの将来を計画するのに役立ちます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

これは反イルミナティの事前翻訳です。
 
その信じられないほどの成功にもかかわらず、日本のシステムは大きな失敗をしました。これは制度の官僚の強制退職によるものです。昇進レベルに達していない官僚は早期退官しなければならなかった。後になって、これらの官僚たちは「黄金のパラシュート」を受け、彼らが以前監督していた民間部門に仕事を復活させた。これから未定の禅のシステムが生まれました。官僚は、退職後の約束された仕事と引き換えにビジネスを提供します。この官僚のための非常に低い賃金はシステムを悪化させるだけでした。
 
シンガポールは、この問題を解決するために、官僚に退職金を払うのではなく、民間部門に競争力のある賃金を支払った。 これは彼らが監督しなければならなかった運だけではなく、善を共有することに集中できることを意味しました。
 
全体的に見て、シンガポールと日本のモデルは、西ヨーロッパの資本主義と東アジアの儒教、メリトクラティック官僚主義の最高のものを兼ね備えています。 韓国、中国、ベトナムなどの他の国もその例をコピーしています。 重要なのは、アジア全体が西側全体よりもGDPが高いということです。
 
力の経済力の均衡における根本的な変化は、アジア諸国が惑星がどのように管理されているかについてより大きな影響力を持つようにしました。西側がアジアのモデルの成功した部分を組み込んで改善することによってそのシステムを改革しなければ、西側が弱くなればなるほど、アジアはより強くなる。
 
さて、特に冷戦終結後の西側システムの失敗を考えてみましょう。西側は第二次世界大戦の結果として大規模な経済拡大を経験しました。これは戦争と関連した産業計画によるものです。
 
第二次世界大戦が終結したとき、西側における当初の推進力は軍事機器を解体し、伝統的で最小レベルの平和に戻すことでした。しかし、大規模な軍事ブームの恩恵を受けた工業主義者たちは、クーデターを押し進め、大規模な軍事支出を続けるために「冷戦」の計画を立てました。
 
この発明された冷戦は1970年代初頭まで経済全体にとって良かった。軍産業複合体は、しかし、それ自体は軍事産業の大量殺人の手段の製造に専念しました。ある時点でそれは寄生虫になりました。その結果、実際の生活水準は1970年代初頭からアメリカ人の90%に低下しています。
 
ソビエト連邦の崩壊と冷戦の終結は、勝利を収めた西側に大きな平和の配当をもたらしたはずです。しかし、それは東アジアに存在するように将来の計画のシステムがなかったので、この機会は逃されました。
 
その代わりに、西側をリードしている寡頭軍は、漠然とした「テロリスト」の敵を作り出すことによって冷戦を復活させる犯罪的で愚かな計画を持っていました。このように、アフガニスタンやイラクのような場所での際限のない低レベルの紛争と関連して、テロとの偽の戦争が生じました。その結果、無意味な軍事紛争で数兆ドルが浪費されました。
 
西側のインフラ、特に米国は衰退し、米国は世界史上最も債務のある国となりました。これは、債務がサウジアラビアや日本のような閉じ込められた奴隷国に負っている限り有効でした。しかし、中国ではそうではありません。中国を征服し、非難するというNeoconの計画を知っていた中国人は、「私たちを殺すために何故金を払わなければならないのか?」と正当に尋ねた。
 
アメリカ人が中国に彼らの負債を支払うことができないことは進行中の貿易戦争の中心問題にあります。ドナルド・トランプの政府は、「破産を避けるために私たちのものを買え」と言っています。中国の答え:「売れるものがない」中国人は半導体を手に入れようとしており、すぐに石油も遮断されるかもしれない。中国人はこれを予見し、彼らが行動を起こすのに十分な量の中東の石油に代わるものができるまで待った。
 
アメリカが今おこなわなければならない唯一の地図は第三次世界大戦です、しかしペンタゴンがその戦争ゲームを何回プレイしても、結果は同じです - 人類の90%が死亡し、地球の北半球全体が人が住めなく。(訳者注:米国をひとくくりにしてごまかそうといつもする)
 
ホワイトドラゴン協会(WDS)がアジアの秘密結社と交渉した解決策 - そして先に述べたように、バチカン、イギリス連邦、ペンタゴンがこれを支持 - は、将来を見据えた西側主導の計画機関を設立することです。(訳者注:何年も念仏を唱えるのではなく、具体的な計画を提示してくれ)
 
多国籍のパフォーマンス志向のスタッフを擁するこの提案された1兆ドルの機関は、BRIの西側の対抗となるでしょう。砂漠を緑にする、海を補充する、宇宙を探索するなどの大きな計画があり、実際の作業は入札を通じて民間部門に分配されます。(訳者注・なんで中国と対抗するのか??中国にも嫌われたの??トランプには嫌われたので、欧州へ近寄ろうとしているらしい)
 
現在、西側の中央銀行システムの支配権を得た狂信的なシオニストは、この計画の実現への主な障害です。 彼らはGogとMagogの間の戦争の黙示録的なビジョンに固執し、それは人類の90%を殺して、彼らが生存者を奴隷にすることを可能にするでしょう。
 
そのため、WDSとその同盟国は、最終的な敗北と降伏が事実になるまで、これらの大量虐殺狂信者を追い詰めて殺す以外に選択肢がありませんでした。 それをグリッドから切断するプロセスは本格化しており、すべてうまくいけば、今年の秋までには完了する可能性があります。(訳者注:なにをやったの?講釈をたれているだけ。トランプは一生懸命実行しているが)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
毎年夏休みには同じことを書いている。5年位になるでしょうか?ちっとも進んでいない、具体的になっていない。やってないということ。自ら実行したことを書いて欲しいね。現実は、個人毎に粛正が実行されている時期に来ているのに、べきろんばかり。いつもは夏季休暇となっていたが今年は研究休暇だそうです。成果を楽しみにしております。
 
嗚呼、悲しいではないか!」 2019年07月30日


∞ フルフォードレポートは専門的な地勢分析ではなく伝聞主体のようですから、それなりに受け取るしかないでしょうね。それに地球同盟やETさん達の活動を除外して現実世界の出来事だけで解説しているので、今、起きている世界情勢の表裏全体が見通せていないのかも知れません。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 09:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (07/22)
∞  グアンタナモ湾などで行われている軍事裁判の生中継が始まるようです。(^_^)v

 


 
フルフォードレポート
2019年7月22日
 

・ インターネットで生中継するニュルンベルグ2.0の公聴会
 
米下院がキューバのグアンタナモ湾などで行われている裁判を生中継することを可決した先週、統治体は劇的な新展開をした。
 
国防総省の情報筋は、これらの公聴会を「ニュルンベルク2.0」と説明し、米国防総省が進行中の軍事裁判を放送するために様々な拠点にカメラを設置していると述べた。法廷は、全米から11万人以上の封印された起訴状を開き始めた、と彼らは言う。
 
私たちはまた、モサドの小児性愛者のメイドであるジェフリー・エプスタインが、外交委員会と三国間委員会の両方のメンバーであることも明らかにしています。
 
これらの組織はロックフェラー家によって創設されたので、エプスタインが彼らの下僕だったようです。
 
「シオニストたちは、ニューヨーク州南部地区のユダヤ人連邦検察官、ジェフリー・バーマン、ユダヤ人の連邦裁判官であるリチャード・バーマン氏がビル・クリントン氏によって任命されたが、弁護もせず、モサドのエプスタインの1億ドルの保釈も棄却を否定したので狼狽していると、 国防総省の情報筋は言う。
 
検察官バーマンは、2018年11月に11月9日の弁護士委員会による大陪審員への請願を提出することに同意した。 ウィキペディアより:この請願は、ニューヨークの南部地区内で行われた9/11関連連邦犯罪の概要を示しています。世界貿易センター(WTC)、ツインタワー(WTC1とWTC2)、およびWTCビル7(WTC7)は 9月11日に。事前に埋設された爆薬/または焼夷弾の爆発によるものです。
 
おそらくロックフェラー代理人であるエプスタインの刑事訴追は、9月11日の調査とともに、最終的に破産させる国際的な企みにつながっている。
 
ここからは反イルミナティTVの事前翻訳が続く:
 
国防総省、MI6とアジア秘密結社によると、米国株式会社はこのように陥落する。米国の企業政府は、その報道を利用して米国内で株価を上げ、支払いをすることができます。しかし、それは対外債務を解決するために使用することはできません、そして中国人がついに立場を主張して、合衆国企業政府にお金を貸すのをやめることを選んでいるように見えます。MI6と他の情報筋によると、トランプが関税の引き上げとファーウェイの攻撃を試みたのは、このためです。このために、企業ニュースが「借金の上限引き上げ」について再び政治的歌舞伎劇場で満載されている理由である。
 
DC(ワシントンD・C)を破産させるこの最後の試みが成功すると、米国の政治システムを退化させた偽のショー全体が全体から外されます。これで、「メキシコの国境での壁の建設」などのメディアイベントは終了です。ちなみに、ドナルド・トランプ米大統領は、彼の自慢や反論にもかかわらず、何マイルにも及ぶ新たな最前線の壁を構築していないことが判明しました。
 
もう一つの起こり得ると思われることは、連邦当局からの変なお金を株式市場でインサイダーに与えるシステム全体が終了するということです。リーマンショックの後、2009年に量的緩和が始まって以来、米国株式は350%上昇しています。それ以来、GDPはわずか46%しか増加していない。つまり、1ドルの実際の経済活動を行うには、株式市場に7ドルのドルが必要です。人口の10%未満が株式の84%以上を所有していることを考慮に入れると、GDP成長率はほぼ金持ちのみに集中していることがわかります。この富裕層のGDP成長率さえ、偽のインフレデータによって誇張されています。
 
エプスタインの資金源は連邦準備制度理事会の所有者である可能性が高いので、エプスタイン・スキャンダルはシステム全体を解明するための糸である、と国防総省情報筋は言う。
 
これまでのところ、アポロのCEO、ニューヨークユダヤ人億万長者のレオンブラックは、彼の家族財団憲章でエプスタインについて嘘をついたことに対する偽証、虚偽の証言、および虚偽の文書の提出で起訴されています。これまでのところ、アポロのCEO、ニューヨークユダヤ人億万長者のレオンブラックは、彼の家族財団憲章でエプスタインについて嘘をついたことに対する偽証、虚偽の証言、および虚偽の文書の提出で起訴されています。彼はエプスタインのニューヨークマンションの近くに住んでいて、エプスタインから素晴らしい資本注入手数料を得て、彼のプライベートエクイティファンドのために脅迫された投資家から恩恵を受けたかもしれないと、国防総省情報筋は言いました。彼が「自殺」にならないという前提で、レオンブラックの追跡は確かにピラミッドをリードし続けるでしょう。
 
支配されたメディアの多くの編集者たちはモサドによって脅迫されている可能性があるので、彼らはそのことだけではなく、CIAとFBIが最初からエプスタイン−マクスウエル−モサド小児性愛と脅迫行為への関与を我々には話さないだろうが、米各州にはFBIによって保護されたモサド封じ込め作戦があると、元CIA作戦責任者で開閉隊情報責任者のロバート・デービット・スティールは述べた。
 
一方、情報機関がロンドンの金融街でLiborの入札やその他の違法な市場操作の背後にあるネットワークの解体を開始する中、英国はまた大規模な浄化の直前にあると、MI6の情報筋は述べた。
 
「この問題は国内法および国際法で完全に拡大し、訴訟全体を清算するための逮捕令状が出された」と、高水準のMI5筋は述べている。それは「1年にわたる隠蔽につながった汚職と共謀の驚くべき実態」の結果です、と彼は付け加えます。
 
同時に、パニックに陥った悪魔崇拝シオニストの狂信者たちは、イランとの戦いを試みようとしています。 最近のトリックでは、イスラエルの政治家は「イラン人を殺す」ことを自慢している。
 
I6の情報筋によると、さて、テレサ・メイがついに辞任して、イギリスはイランに対する彼らの挑発をやめるでしょう。 「彼らはどんな対価を払っでも船で遊ぶ。私たちは私たちの利益を守るために資産を使ってきましたが、十分ではありません。ジブラルタルでの事件は報復に至ったばかりですが、それらは今もなお存在しており、お互い調停するでしょう。我々はイランとの聖戦に関与するべきではないことを知っている "とMI6のある情報源は言った。言い換えれば、イギリス軍は、そのアメリカの対応者と同様に、シオニストの狂信者によって戦争へ操作されることを拒否した。
 
米国では、「ランドポールがトランプのイランへの使節を指名された時、ネオコンは根絶された」とペンタゴンの情報筋は述べた。
 
国防総省情報筋は、トランプが非常な犯罪者イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相大量殺人者を悩ましたがっているようである理由を調べるよう求められた。これはこのモンスターについての彼の最新のお世辞のつぶやきの一部です:
 
「我々は、イスラエル史上最長の首相を務めたビビ@ネタニヤフを祝福し、民主主義、自由、そして機会均等の価値にイスラエルに関与させた。」
 
我々にはネタニヤフがトランプを抱き込もうとしているとしか思えない。この追跡は最終的にはロスチャイルドのフランス分家と福島に繋がる可能性が高いと、日本情報機関筋は言う。
 
日本の軍事ニュースは最近、政府がブッシュ・ジュニア政権の間に地震兵器で強要された後、2003年に日本が外資の所有する企業になったと報じた。以下の証券取引委員会への年次報告書の登録は証拠として提示されています。
 
アジアの秘密結社の関係者によると、日本の総理大臣邸の5階にオフィスを構えていた日本企業の外国人管理職は、去って行かなければ今秋に狩り殺されることになる。
 
いずれにせよ、世界の他の国々は、西側、特にアメリカ合衆国が、その権力構造のトップレベルに侵入した犯罪者から自分自身を解放するのを待っています。 これが終わったとき、惑星の指導者のために新しくてより良い方法が交渉されている、とアジアの秘密結社の情報筋は言います。
 
最後に、私達は年次休日にカナダでオフラインになることを読者に知らせたいと思います。 これは、次の3つのレポートは、特別な事態が発生しない限り、事前に作成されることを意味します。
 
それまでの間、私たちは読者が市民記者になり、軍事裁判所の生放送を見て、人々のために要約を作成することを勧めます。
----------------------------------------------------------------------------------------------

米国の情報源に頼ることに変えた?所為で、ポイントが良いと思う。
 
これだけのことを、おそらくすごい脅迫(実際に地震とかいろいろなことが起こっている)を受けながら着実に実行しているのがトランプ政権です。もちろんトランプだけではありません、トランプはただのスピーカです。とてつもなく大きな秘密組織が実行を行っている。トランプの発言はそこがやらせている。それが見えないフルフォード氏である。ネタニヤフの件は少しわかってきたのかな?夏休みなどやっている場合じゃないと思うが。誰でもいえることになると、「アジア秘密組織のよると」となる。白龍会はただの評論家です。そこが見えずに白龍会に身をゆだねた(経済的に苦しくなって)ところから没落が始まった。白龍会とはまだ切れていないようですが、あまりの評判の悪さ(本当に世界的にぼろくそです)に考えていると期待しますが、そうでないと終わっちゃうよ。


∞  「・・法廷は、全米から11万人以上の封印された起訴状を開き始めた」
 
裁判が動き出しましたが、11万人もの大量裁判ですから、いつまでかかることやら・・・(^_^;)
 
「ニューヨークの南部地区内で行われた9/11関連連邦犯罪の概要を示しています。世界貿易センター(WTC)、ツインタワー(WTC1とWTC2)、およびWTCビル7(WTC7)は 9月11日に。事前に埋設された爆薬/または焼夷弾の爆発によるものです」
 
いよいよ、9/11の真相が明らかになります。これに関わった全ての闇さん達が白日の下にさらされて国際的な企みの解明が進むでしょうね。
 
「DC(ワシントンD・C)を破産させるこの最後の試みが成功すると、米国の政治システムを退化させた偽のショー全体が全体から外されます。これで、「メキシコの国境での壁の建設」などのメディアイベントは終了です。ちなみに、ドナルド・トランプ米大統領は、彼の自慢や反論にもかかわらず、何マイルにも及ぶ新たな最前線の壁を構築していないことが判明しました」
 
闇さん達の根城である、DC(ワシントンD・C)を破産させるのは最高に痛快なショーです。(^_^)♪
 
‘メキシコの国境の壁の建設’はトランプ一流のフェィクだったようです。騙されました!(^_^;)>
 
「連邦当局からの変なお金を株式市場でインサイダーに与えるシステム全体が終了するということです。・・・エプスタインの資金源は連邦準備制度理事会の所有者である可能性が高いので、エプスタイン・スキャンダルはシステム全体を解明するための糸である、と国防総省情報筋は言う」
 
連邦準備制度理事会(FRB)が変なお金の出所になっていたようですね。FRBの所有者を即刻逮捕して断罪しなければいけません!
 
「支配されたメディアの多くの編集者たちはモサドによって脅迫されている可能性がある」
 
このことが、メディアによる偏向報道の理由であり原因のようです。メディアへの圧力はメディアの力で反撃できないことはないとは思いますが、脅迫相手が極めて危険な人達であれば自分の身の安全を考えて、やむを得なかったのかと同情せざるを得ません。しかし、今、このときは‘真実の報道’によって、彼等にしっかりと対抗すべきではないでしょうか。
 
「アジアの秘密結社の関係者によると、日本の総理大臣邸の5階にオフィスを構えていた日本企業の外国人管理職は、去って行かなければ今秋に狩り殺されることになる」
 
今の総理に何ができるのでしょうか。日本の為にできることを確実にやって頂きたいものですね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (07/15)
∞ 一時中止していた、フルフォード氏のレポートを再開します。(^_^;) 

 


 
フルフォードレポート
2019年7月15日
 

ジョージ・ブッシュ・シニアの処刑は、JPモーガン、ドイツ銀行、メルケルを運命づけました。
 
ジョージ・ブッシュ・シニアとその妻バーバラ・ブッシュの処刑は終に悪魔主義ハザールマフィアの徒党の本当の崩壊への扉が開かれたと、複数の情報筋は認める。これは企業祖霊メディアによって報道されているあらゆる種類のニュース事件でも見ることができる。トランプ政権の労働長官アレクサンダー・アコスタがモサド代理人ジェフリー・エプスタインの隠ぺいに関与した件で辞任したことは、転落するもう一つのドミノである。広範囲の政治家、チョンジェイ、億万長者を含む少なくとも11万人の人々がそれに続くであろうと、国防総省情報筋は約束している。
 
世界の権力の頂点にあるこの粛清は、惑星を正す大規模なキャンペーンと密接に関連して行きます。「世界の将来計画機関への推薦状は、すべての主権国の首脳に配布されました」と、ヨーロッパの王室の高水準の情報筋は言う。この提案には、米国と中国を合わせた面積の森林再生計画が追加されたとも述べている。
 
その構造の市場動向の詳細が紐解かれるまで、この提案は外交団と関連報道機関の報道禁止下にあると、その情報筋は言う。しかし、このプロジェクトは数兆ドル規模の中国の一帯一路計画ですらや異称化することが決まっていると言う。
 
負の金利と株価の高騰を伴う巨大な幻覚になりつつある世界の金融市場は、その準備の一環として閉鎖され再起動される可能性があると、情報筋は付け加えている。先週のマンハッタンでの停電の間に起こったクリントン財団や他の悪魔的なインフラストラクチャを特殊部隊が襲撃したことでこれが続けられた、と関係者は言います。
 
中国がメディアの注目を引いている内に、CIAとFBIが彼らの犯罪とエプスタインを保護していたことに報いを受けたので、NSA、軍隊とロシアの支援を受けた防諜特殊部隊が悪魔主義シオニスト寄生虫からアメリカを解放すると、国防総省情報筋が言う。
 
国防総省新聞によると、トランプは2020年に勝つには今しかないこと知っているのでエプスタインに関する開封された11万件の告訴、カルフォルニアのツイッターの停電と地震によって、連邦軍の急襲は大量逮捕に繋がりうると述べていると、情報筋は言う。
 
たとえトランプがシオニストの代理人であるとしても、彼がそれを止めようとすれば軍産複合体の中間層がシャンパンボトルのコルクのように彼を蹴りだすであろう。
 
国防総省情報筋は次のように付け加えた。元首相のエフード・バラックがエプスタインの恐喝と9月11日を命じたかもしれないので、イスラエルは包囲されている。
 
バラクは戦争犯罪者のベンジャミン・ネタニヤフに強姦されたようで、イスラエルでの闘争が増加している。 MI6のソースに注意してください。
 
トルコがをNATOを粉砕し、力を発揮させ、キプロスの沖合ガスを保護し、イスラエルを砂場に戻すようにしているためにロシアのS-400対空ミサイルを取得したのでイスラエルもその熱を感じていると、国防総省情報筋は言う。
 
モサド情報筋によると、困ったことに偽ユダヤ人たちは迫害を受け、攻撃を正当化するために自らを攻撃している。そのためにモサドの設立が叫ばれている。
 
ハマスは世界中でユダヤ人が殺されていると述べている。
https://www.timesofisrael.com/senior-hamas-official-calls-on-members- of-palestinian-diaspora-to-kill-jews/
 
ユダヤ人へのメッセージ:リラックスして、誰もあなたを殺しません。彼らは何千年もの悪魔のバビロニアの専制政治から解放されています。
 
この緊急の開放は、あらゆる方向から悪化してきた悪魔主義者たちへの圧力をしてみることができる。
 
国防総省の情報筋は、FISAの開示、9 / 11、3 / 11 [福島]およびマレーシア航空370/17の機密情報が公開されていることを確認している。
 
これは、ドイツ銀行がエプスタインの資金調達だけでなく、マネーロンダリングやマレーシアの1MDBスキャンダル(訳者注:マレーシア政府系投資会社巨額負債事件)にも関与していたことを示すドイツ銀行調査に見ることができる。
 
東南アジアのCIAの情報筋によると、数十億ドルの不正使用を含むこのスキャンダルで逮捕された元首相のナジブ・ラザクは暴露した。
 
ラザクは懇願を交渉している、彼は恩赦のためにマレーシアの航空便370/17の彼の秘密のファイルを交換するつもりである、と関係者は言っている。
 
このニュースレターの長年の読者が知っているように、飛行370/17はとりわけ、世界の指導者たちの核恐喝のためにオバマ米大統領前大統領によって使われた。
https://markets.businessinsider.com/news/stocks/deutsche-bank- weathers-エプスタイン-links-doj-research-1mdb-2019-7-1028345284? utm_source = reddit.com
https://www.zerohedge.com/news/2019-07-10/us-probing-deutsche-banks-dealings-マレーシア-1mdb-goldman-throws-it-under-bus
 
ブッシュ・シニアが物事を一目から遠ざけられる立場にいないというもう一つの徴候は、ブッシュ系列のJPモルガンが所有する船が13億ドル相当のコカインを積んでいたとして爆破されました。
https://www.aol.com/article/finance/2019/07/09/us-customs-just- seized-a-ship-owned-by-jpmorgan-after-authorities-found-dollar1-billion- worth- of-drugs-on-it / 23767071 /
 
ブッシュに打ち勝ったので、ドイツ主導の※EUSSR(欧州+ロシア)も暴露された。
※ソビエト社会主義共和国連邦
 
先週述べたように英国がBrexitの強硬姿勢を取れば、欧州のバルト海、地中海とスエズ運河へのアクセスを遮断できることを示した。
 
国防総省情報筋によると、EUを占領する手段であるとして※ガリレオGPSシステムは廃止された。
https://www.bbc.com/news/science-environment-48985399
※ガリレオ(Galileo)は、EUが構築した全地球航法衛星システム
 
アンゲラ・ヒットラーが3週間で3度目の公衆において震えを起こしたのも不思議ではありません。
<https://www.thesun.co.uk/news/9476651/angela-merkel-shaking-third- time/>
 
メルケルが電子武器で攻撃されたのでなければ、彼女には神経学的であるかさらに神経変性障害のようなパーキンソン病または※Kuruのようなプリオン病による深刻な健康問題があると、ドイツの右翼の源は言います。
 
※クールー病(Kuru)は、パプアニューギニアの風土病。 治療不能とされる神経の変性をもたらす伝達性海綿状脳症の一種で、ヒトのプリオンが原因である。
 
国民は彼女の震えの本当の理由を知る権利があると、その情報筋は付け加える。
 
緊張になるだけである。英国王室情報筋によると、先週の英国の米大使の解任も激しい衝突の一部であった。
 
我々はファルネーゼ家(国防総省)家族を侮辱した罪でワシントンへの大使を解任した。

彼らが公表するゴミ情報に注意を向けないでください。
 
この情報はまた、欧州権力の最高権力者の悪魔主義の侵入についての洞察を提供している。
 
本当に、それはかなりひどいです、しかしそれはカルトであり、そして私達が知っているように、宗教的な狂信者です。
 
すべての狂信者は、それらに対処するために非常に高度な精神医学以外では致命的に危険です。ちなみに、元英国首相トニー・ブレアは欧州のマザーオブダークネスサイトで第九サークルンお悪魔的カルトによって完全に支配されるようにされた。
 
この件がイラクの違法なアングロ・アメリカの戦争に利用されたと思っている。あなたが報告してくる多くのものは私が直面した世界政府の全くの腐敗の兆候である。
 
思い出してください、トニーブレアとジョージブッシュ・ジュニアは、イラクにおける彼らの犯罪に対する起訴からの保護を求めるために辞任後に教皇Maledict(ベネディクト16世)との個人的な協議に行きました。
 
ベネディク(または彼の写真)から、あなたは純粋に悪を見ることができます。彼は悪性実体の支配下にあるようです。
http://thechurchinmalta.org/de/posts/9402/thousands-flock-to-vatican- to-back-pope-over-abuseturija-massicca-ta%25e2%2580%2599- solidarjeta-mal-papa-quddiem- l-iskandlu-ta
 
世界の期間は完全に機能不全であり、西側家族によって汚された。それらは、私が置き換えたロスチャイルド家に起こったように、全く従順であるか、あきらめたか、あるいは新時代を完全に不可能に考えていたと、王室情報筋は述べた。(訳者注:意味不明)
世界の支配階級−本当にマフィア-には非常な怠惰なところがあって、物事が変わった。少なくとも弾道は変わったと疲れは付け加えた。
 
これと他の情報源が同意するように、西側諸機関の最高レベルでの権力の移行は公衆の開示と逮捕を可能にする。
 
落ちる最後のドミノは日本かもしれません。ここでは、嘘の世論調査、嘘の選挙、嘘の経済統計、殺人および贈収賄によって支配されている犯罪政府が権力を主張している。
 
皆さんは7月21日の参議院選挙でおそらく勝利するでしょう。
 
この政権に権力を与えた人リチャード・アーミテージは死んだも同然である。
 
殺人者であり麻薬売人のバーバラ・ブッシュの従妹でありブッシュ・シニアの外交員は彼の上級のパトロンを失った。
 
日本でそれが起こるときは、突然そして圧倒的に起きると、アジアの秘密結社の情報筋は言う。
 
日本を支配している米軍はアーミテージ、マイケル・グリーンやジェラルド・カーティスのような日本操縦者の犯罪者の首を切ろうとしている。
 
しかし、これは米国が片付けられた後に初めて起こるだろう、と彼らは述べています。
 
その間、米軍は、たとえ米国の企業政府が破産したとしても、公に継続的な存在の準備をしています。
 
彼らはすでにクウェートにサウジアラビアとの共同出資を確信させています。今彼らは日本にもっとお金を払わせようと取り組んでいます。
http://thechurchinmalta.org/de/posts/9402/thousands-flock-to-vatican- to-back-pope-over-abuseturija-massicca-ta%25e2%2580%2599- solidarjeta-mal-papa-quddiem- l-iskandlu-ta
<https://www.japantimes.co.jp/news/2019/07/14/national/japan-mulling-possible-sdf-dispatch-strait-hormuz />#.XSvY6keRWq5
 
米国防総省の関係者によると、決戦にはNATOに代わるロシアと米の軍事同盟が含まれるという。
 
この統一されたキリスト教の同盟はそれから世界平和の上でアジア人と交渉するでしょう、と言う。
 
イギリスの王家の情報筋は同意し、付け加えています。通常、取引が完了すると物事は非常に早く起こるので、あなたの帽子が飛ばされないようにしてください。
 
しかし、いつものように、私たちはあなたがそれを見たときだけそれを信じることに対して私達の読者に警告する。
 
例えばトランプは、9/11についての真実を明らかにするという彼の約束をまだ果たしていません。
 
世界は、高位の犯罪者に対するニュルンベルクスタイルの公判を待ち望んでいます。(訳者注:トランプの所為のような言い方ですね。ずるいといつも思う)
 
ヒラリーやビル・クリントンのような人々が手錠をかけられたのを見るのは良いスタートだろう。
(訳者注:何年同じことを言っているのですか?人ごとになった)
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
ジョージ・ブッシュ、バーバラ・ブッシュが処刑されたと報じています。さらにジュニアを含め三人が処刑されたと言うアングラ情報が流れましたが、今は静かです。煙のないところにですので、本当と思うのですが、今後どう公開されるのでしょうか?そのへんのところがないと有料レターにならない。ただの周回遅れですよ。
 
今回の情報源は全てが「国防総省情報筋」となっている。以前はほとんどがそうでしたが、このところあ「アジア秘密結社」でした。宗旨替えでしょうか?白龍会離れか?今回は白龍会の匂いはしません。従って内容もアメリカがらみになりました。とりあえずアメリカ中心で、アメリカの行動で世の中が変わっているので、情報源としてはそうすべきだと思う。
 
トランプに対して、言い訳的な言葉が多く、だからトランプが信用できなかったと言い訳しているようです。国防総省よりになればトランプを悪く言う人はいないはずです。911真相を暴くとトランプが言ったがまだやってないじゃないかみたいな、子供じみた言葉が情けない。あなたは何年間同じことを言ってきましたか?トランプは遅れているが嘘を暴こう(そう公言するだけでもすごいと思う)として着実に前へ進んでいます。実行しています。エプスタインの件はどう評価しますか?イランとの戦争危機を誰が止めたのですか?ロシアとの戦争危機を誰が止めたのですか?
 
「秋になれば・・・」はもう飽きました。
 
∞ フルフォードレポートに、多少、曖昧な情報が含まれているとしても、今世界で起きていることに関する詳細な情報も多々あるので情報サーチの一環として再開することにしました。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 18:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (04/22)
∞ 今回のレポート内容も??です。(-_-)

 


 

 



フルフォードレポート
2019年4月22日


中国はドイツ第四帝国の崩壊に伴いダイムラーベンツやドイツ銀行を強奪する準備ができている。
 
ドイツと第四帝国政権は包囲され、フランスやイタリアのような占領国のように大規模負債と人民抵抗による崩壊に直面している。

結果的にドイツはその国を代表する王冠である−ダイムラーベンツやドイツ銀行を売る羽目になるかもしれないと、日本軍事情報機関やその他が言う。

モレク(バアール、セット、サタン)へのノートルダム大聖堂の生贄の火事は彼らの運命をいくぶんか反転させたい迷信的なEUハザール悪魔主義者による必死の企みであったと、P2フリーメーソン情報筋は言う。

普通の人がこれらの悪魔主義者の迷信的思考法を理解することは難しいが、彼らは女神との戦いの中にいると考えているようである。これが彼らが「聖母マリアであるノートルダム」を燃やすことを選んだ理由である。もちろんマリアは女神イシスのクリスチャンネームであり、彼女がセットやサタンを倒すことができるまでに幼児を育てた。これらの悪魔主義者たちが恐ろしいテロ組織を創設して、人類の心の中の女神への支持を弱めるためにISISを呼び込もうとしたことも、これと同じ迷信によるものである。

ノートルダムを犠牲にすることによる期待は、911後のジョージ・ブッシュ・ジュニアの周りに集まったアメリカ人のように、フランスのロスチャイルド奴隷のマクロンに関する欧州と世界の感情を統一することであったと、その情報筋は言う。それにもかかわらず、フランスのイエローベストの複数の情報筋によると、大聖堂の炎上はマクロンと彼のドイツの傀儡主人の所為になっていると言う。

欧州カトリック教会の神聖冒涜とフランスのノートルダム崩壊は良い面もあり、フランシス法王の解雇とフランス枢機卿フィリップ・バーバリンの神職剥奪に至る可能性があると、国防総省情報筋は状況を見ている。「悪魔世界のユダヤマフィアはフランスの反キリスト教テロ、スリランカの復活祭の虐殺(ユダヤ人は殺されていない)他によって、彼らの死刑執行命令に調印したかもしれないと、その情報筋は付け加えた。
 
非常に多くの目覚めた人々、特に世界の軍隊や情報機関の人々は「イスラム国」は実際は悪魔国家、つまりイスラエルであることを知っている。「イスラム国」がスリランカ他でキリスト教徒の大虐殺を称賛すれば本当の犯人はイスラエルと特定される。
 
「21世紀の聖戦であるユダヤ(ハザールマフィア)に対する十字軍は、ロシア、EUと米国によってイスラム教徒の支援を受けてキリスト教を守るために導かれると、国防総省情報筋は予測する。穏健イスラムグループはイスラム教/キリスト教の聖戦を始めようとする企みに対する戦いのための国連の顧問の地位を得るために、この声明を支持している。
 
イスラム教徒はノートルダムが焼かれたのと同時にエルサレムのアレアクサモスクが焼こうとしたのはクリスチャンではなくハザール悪魔主義者の仕事であることを、十分知っている。
 
これらの出来事が示すように、悪魔のようなハザールマフィアとの戦いは、伝統的な政治的、宗教的、そして地理的な境界を越えて激しくなっています。
 
もう1つの例は、4月9日に日本の沖で日本のF-35戦闘機が消えたことです。
 
日本の地下世界の情報筋は、この飛行機は実際にはシオニスト(ハザールマフィア)によって莫大な金額で北朝鮮に売られていると言っている。
 
金正雲は今月末にロシア大統領ウラジミール・プーチンを訪問するときにお土産として交渉手段としてこの航空機を使うつもりである。(訳者注:思惑ではなく証拠を見せてください。情報源は?)
 
おそらくシオニストは北朝鮮を通じてロシアに米軍の迷彩技術の重要品を提供することで、イスラエルの保護を受けることを望んでいる。しかし、ロシアFSB関係者は、20世紀に数千万人のロシア人を殺害した同じ悪魔主義者によってつくられた国家を保護しないと長年言ってきた。

金正雲が日本の天皇徳仁が5月1日に正式に天皇につく直前にロシアを訪問する事実は彼がある種の保護を求めている兆候でもあると、天皇に近い日本の右翼情報筋は言う。それが北朝鮮が福島大量殺人を助けたことに対して、新天皇による報復を恐れている理由である。
 
北朝鮮は悪魔主義ハザールロスチャイルド家(ロスチャイルドは悪魔のシンボルである「赤い盾」を意味する)による約束と交換に福島を支援した。ロスチャイルド家は4千万人の日本人を東京から北朝鮮へ移し、北朝鮮をロスチャイルド一族のアジアの本部とすると述べた。だから、日本の首相菅直人は福島への攻撃に続いて大東京から4千万人を非難させるよう圧力を掛けられていると確認した。
 
惑星地球の戦いは世界のほとんどの金塊があると言われているインドネシアでも展開している。ここでは物議をかもす議会選挙が行われている。インドネシアのCIA情報筋は、カバールマフィアが支援するプラボウ・スビアントと写真写りのよい副大統領候補サンディアガ・ウノが現在のジョコウィを敗北させたと言っている。
 
彼らは、矛盾する結果を伴うインドネシアのテレビからのこのスクリーンショットを証拠として提供した。
 

 
これがその写真です。
 
下に示す54.81%はジョコウィ/マルフ・アミンのものを示している。スクリーンの上部のプラボウ/ウノの数字はその逆を示している・これは個別に問い合わせた速報値であり、インドネシアの追跡局は出口調査と呼んでいる。数字はオレンジのリボンで囲まれており、上部のものはプラボオ/ウノが勝者を示す速報値であり、下で彼らはジョコウィ/マルフ・アミンが勝者を示す結果に変えている。
 
CIA情報筋はまた以下のように報告している。
 
「舞台裏で国の支配に対する熾烈な闘争があり、多くの内部情報源が確認しるようにプラボオ/ウノは実際に60%前後で勝利しているが、ジョコウィ/アミンは彼らが勝ったと言っているおり、舞台裏の交渉が行われており、プラボオは公にインドネシアのインフラへの中国の参入は制限することになる。正式な投票数は5月22日に公表される。(訳者注:文章的におかしいので意味が十分に取れていない。なんでこうなるのだろうか、何かをコピーして付け加えたような感じ、フルフォードが信用できない一面です)
 
いかなる政党も公式の国勢調査に異議を申し立てて憲法裁判所に訴訟を起こすことができる。これは6月に起こる。どちらかが日没までに辞退する十分な譲歩をしないと、それまでは自動操縦になる。それ以上のことは言えない。我々は完全に両サイドを見守っている。それは前向きである。ご存知のように」
 
インドネシアの支配は西側権力にとって生死の問題であり、金塊と財宝の支配は、不可避の金融リセットが起こる時に非常に重要になるだろう。
 
西側がシステムをリセットしなければ、それは一つの中国になることは避けられない。米国の累積貿易赤字は約15兆ドルです。これはつまり、中国人と日本人を中心とする外国人が米国のGDPに近い金額を支配していることを意味している。だからこそ、中国は10憶ドル規模のベルト・アンド・ロード(BRI)イニシアチブで世界を征服することができ、西側は遠い将来までそのようなものを提供する余裕はない。
 
さらに、2008年のリーマン危機以降に累積した1兆7,777憶ドルの赤字により中国はEUを支配している。
 
東欧の16か国は既にBRIに参加しており、次はギリシャ、イタリア、スイスの番である。フランス、英国とドイツはためらっている主要な欧州国家である。EUは米軍の軍事選択肢を持っていないので、非常に弱い立場にある。
 
アジアの秘密結社の情報筋は、中国はEUにこれ以上紙(EU約束事メモ)は不要であると話した。その代わりに、中国はダイムラーベンツのような産業の宝石やドイツ銀行のようなj金融発電所の支配を要求することでドイツに圧力をかけていると、彼らは言う。中国はボルボを、ダイムラーの9.69%を所有しており、それ今はそれ以上を求めていると彼らは言う。
 
中国は最近、新メルセデス・ベンツが購入後直ちに暴落したことを口実として会社の調査を始めると圧力を高めた。日本の情報機関は、これが中国によるウドイツへに大きな動きとしてゲームの開始であると言っている。
 
これがドイツが現在自国の核搭載艦隊を望んでいると公言している本当の理由でしょう。
 
西側は、アジア人と新金融システムを交渉する際の統一戦線を機能できるように、その悪魔的な寄生虫を政治体制から急ぎ取り除かなければならない。それはまたロシアをその側に連れ戻さなければならない。ドナルド・トランプ大統領がロシアに支持されたウクライナのウラジミール大統領を歓迎している事実は、「すべてをロシアの所為にする」と言う西側の破壊的活動が終わったことを示す明らかな証左である。
 
EU、ロシア、北米が統一戦線を形成している場合にのみ、今後数週間から数ヶ月の間に重要な会議で力のある立場から交渉することを望むことができます。
 
∞ ここ一年間のフルフォードレポートをフルフォードさん本人が書いているとしても、カバール/デーブステートの何らかの手が入っている可能性が高いと思われますので、掲載を休止させて戴くことにします。(o_ _)o


(^_^)/

 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 07:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (04/15)
∞ 今回のレポートもインテルアラートの情報に同期しているようには見えますが・・・(^_^;) 

 


 
フルフォードレポート
2019年4月15日
 

破産と崩壊が数学的に確実であるので、米政治体制は衰弱し空虚な脅しに退化するなどワシントンDCは破産が近づいて、政治的狂気に苦しんでいる。「ロンドンシティはもはや徒党の金融センターではなくなったのは、3月29日のブレディクトが行われたからである」と、英情報機関と国防総省情報筋が確認している。
 
「ドナルド・トランプ大統領はこれにどのように対応していますか」と尋ねられたとき、英国の上級情報将校は「おそらく現時点で、非常に誠実であろうとする為に、盲目のパニックになった」と述べた。
 
これを信じることは難しいことですか?米政府に今年起こってきたことを見てみましょう。まず、すべての退役軍人が1月1日にトランプ政権から去った。米政府は、米軍が完全に融資されているのにも関わらず35日間閉鎖しました。(訳者注:なんで閉鎖したかの理由が分かっていないんだね)
 
米政府が再開した時に、トランプは荒れ狂うシオニスト・ネオコンで内閣を埋めた。彼らは彼らはアメリカ国民の税の還付を盗み、米国のガソリン価格を吊り上げることで、何とかやりくりしている。これは借金中毒のワシントンDCに与える一方で、砂糖の高騰が米経済の回復を殺し始めた。(砂糖の高騰で米経済回復が殺される????)
 
一方トランプは、「サウジアラビアは4,500憶ドル相当の武器を購入する」とか「中国は米国から1兆ドル相当の製品を買う」とか言いながら偉大なことが起こることを国民に納得させようとしている破産中毒者のように話している。実際は、サウジアラビアは単に145憶ドルの米輸出品を買うことに同意しただけである。また、例え中国が1兆ドルの高価格な米製品を買うことを認めたとしても、米経済はこれらの製品を作る能力を持っていない。(訳者注:具体的な製品は?何年間の話?)アジアの秘密結社の情報筋によれば、いずれにしろ中国はワシントンDCの破産宣言を真剣に考えている。(訳者注・ワシントンDCとトランプ政権の関係は?一緒くたにしてませんか?中国どころじゃないですよ、トランプ自身が破産宣告したいんです、分かります?、フルフォードさん)
 

 

トランプ政権は高価な米国のシェールオイルとガスの購入を各国に強いることで自立を図ろうとしている。それが、米国がシリアとイエメンを攻撃するとか、イラン、ベネズエラとロシアに対する経済制裁をする理由である。しかし、欧州、中国、日本、インドと言った主要な石油輸入国は高価な米国石油とガスに関心がないので、この戦略はうまく行っていない。また、これらの国は米国の制裁に協力していない。この状況をよく分析したものとして、9/11の真実を最初に拾い上げたシエリー・メイソンにより以下の記事をお勧めします。
 

 
国防総省情報筋は、前ベネズエラ軍情報部長である陸軍将軍ヒューゴ・カルバジャルのスペインでの逮捕は、ネオコンのクーデターが幸運にも失敗したので、軍隊にベネズエラ大統領ニコラス・ムラドーへのさらなる忠誠を為させたと言っている。このことは、世界最大の石油埋蔵量が徒党の石油ドルシステムの外になったことを意味している。
 
偉ぶった徒党ヘンリーキッシンジャーは数兆ドルの価値のある債権を現金化することでDCと彼の石油ドルシステムを救うために必死かつ無駄な努力をしてきた。これらの債権は決して現金化されないと、その情報筋は言う。
 
その代わりに、量子金融システムと呼ばれるものが実装されると、複数の情報筋は認めている。日本の金融市場は4月27日から5月6日までの6日の間閉鎖され、これは第二次世界大戦以降最長の金融市場と銀行の閉鎖であろう。(訳者注:ゴールデンウィーク11日ですから。この正月連休も1週間止まったんですが、こういうのを嘘と言います)
 

QFSを作った人は「戦争大学の権力移行理論」にその起源があると言っっており、それは大英帝国の開放に非常に正確に使用された。
 
これに関して、CIA情報筋は言う「ブレグジットは単に欧州と英国の問題ではない」「もし彼らがローマクラブを去ろうとするならば、何人かの高級議員を脅す巨大な悪魔のゲームである。事は起きようとしているが、もし彼らが逃げようとするならば親衛隊が文字通り彼らを食い物にするだろう」(訳者注:いつもこういう言い方です。本当に分かっていて話しているのでしょうか?もっと具体的に言ってください)
 
MI6の一つの情報源によれば、世界の武装軍隊とその情報機関は崩壊する新世界秩序に置き換わる主権国家の世界同盟を作り出すために、この権力移行モデルを使っている。主権国家連合はまた、世界将来計画機関のような世界機関を創設を支持していると、伝統的13血統の主導メンバーの情報筋は言う。
 
この情報源は最近の英国の開放に中心にいた軍の反防諜活動の背後にいた主要な計画者の一人であった。
 
英国の開放作戦はバークレー銀行のソブリン債市場のイタリアとバチカン事務所で働くこの人間の内部告発で引き起こされた。この内部告発はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作スキャンダルに繋がった。
 
ここにこのスキャンダルの意味に関する彼の総括がある:「ブルームバーグのチャットフォーラムを使って進路を操ることは最大の複雑な金融詐欺となり、終には全ての産業を目滅ぼし、地政学が公かつ密かな方法に変えた」
 
もちろん、これらの機関と腐敗した政治システムを戦うことなしに支配することをあきらめない。先週、悪魔と称えられた大量殺人者ベンジャミン・ネタニヤフに権力を維持させるために、彼らはおそらく不正選挙を行っただろう。
 
この不正選挙を衆目からそらす為に、彼らは偽ニュースを演出した。イスラエルでは間違った月面着陸を演出した。以下のようなコメントの付いた写真がユダヤ人CIA情報筋から送られてきた。添付写真はイスラエル月任務の偽物を示している。「サタンの星」がよく見える完全な道具立てに気が付いてください。
 
彼らはそれが出版されるとすぐにあざけ笑われたブラックホールの偽の写真を持ち出した。これはガーディアンやニューヨークタイムスのような出版社のハザール奴隷が、ブレグジットをブラックホールとして参照するようにこの写真を報道することを防がなかった。

 
しかし、イベントからのすべてのビデオとスチールが独りの関係者が今日では、コンピュータ・グラフィック偽造の隠しおおせない徴候のあるロシアからのものである点に、我々は注意している。2016年にパメラ・アンダーソンが訪ねてきた後に、ジュリアン・アサンジがロンドンのエクアドル大使館の彼のバルコニーでさえ現れなかった点に、我々も注意している。
 
ここに、ジム・ストーンのウィキリークスのタイムラインがある。
 
2016年10月23日 -  WikiLeaksのディレクター、Gavey Macfadyenが死亡しました。

2016年4月16日 - ウィキリークスのジョン・ジョーンズ弁護士が死亡(「列車の前でジャンプ」)(自殺)

2016年5月11日 -  WikiLeaksの弁護士Michael Ratnerが死亡しました。

2016年10月16日 -  Pamela Andersonがアサンジに「昼食」をもたらし、夕食後は体調が悪かったと主張し、10月17日にアサンジは「インターネットの遮断」を行いました。
 
彼らはまた、本当に重要な情報を含まないウィキリークスのデータダンプを偽装した。彼らは9/11や福島や他の人類に対する犯罪について真実を見つけることができないだろう。
 
福島はテロリスト攻撃であり、国際報道では過少報告されている非常に深刻な国際事件であったとMI6情報筋は言っている。彼は、このきわめて深刻な事件は来る戦争犯罪裁判の重要な問題となるだろうと付け加えた。
 
いずれにしても、すべてのこれら演出された事件に関する面白いことは、彼らは今暴露されており、ハザールマフィアが大衆意見を操作することにその力を失っていることを示していることだ。
 
これらの犯罪から注意をそらさせるヒステリックな努力にもかかわらず、ネットはハザールマフィア特にイスラエルの作戦基地の周りを描き出している。
 
この点に関して、国防総省情報筋はトランプが「我々は決して忘れない」とツィートしたこと、ナンシーロペスが「9月11日の痛みを伴う印象」と述べたことを注意している。さらに、議員イルハン・オマールが9月11日に「誰かが何かをやった」と応答した。真実の爆弾がイスラエルに落とされる前に、それは政治的に正しい国際会話になって行くでしょう。(訳者注:何が言いたいのだろうか)
 
元米軍参謀長ジョン・アビザイドはサウジアラビアの米大使として92対7で承認され、中東の事実上の軍統治者となると、情報筋は述べている。
 
これは、エジプト大統領アブデル・ファター・エルシ・トランプ大統領がホワイトハウスで「エジプトはアラブやNATOの一因にはならず、イランをこの地域の紛れもないリーダーにすると述べた間に起こったと、国防総省は付け加えた。
 
リビア、スーダンとアルジェリアで起こった政権交代は、中東とイスラムの団結の復活の全て関連している。
 
ベンジャミン・ネタニヤフは、彼の権威のもとで悪魔数はシオニストの計画が崩壊した時に歴史的裁判に直面するものと思われる。(訳者注:いつになるの?あくびです。誰がこれを支配しているのか?)
 
今週の最後に、私は支配血統情報筋がハザールマフィアは予測計画を使用していると伝えt来たことをh、再び指摘します。つまり、彼らは実際の事件を演出する前に、世界貿易センタービルに飛び回る航空機に関するTV番組を作る。
 
それは、私がフォーブスマガジンで働いていた時のことを思い出した、フォーブスの東京支局長が心臓発作のもととなる武器で殺害された小説を私に思い起こさせた。数年後、私は問東京の永田町駅で私に対して白い封筒状の装置を私に使おうとした人間によって攻撃を受けた。装置は小説に述べられた心臓攻撃兵器の詳細に対応していた。
 
ここに私自身の予測プログラミングがある:私はベンジャミン・ネタニヤフが軍事法廷で手錠を掛けられて、死刑判決を聞いているのを見ている。イスラエルの軍事警察は機会を見て二国間交渉をすると私は予想している。代替案はイスラエルのユダヤ人がとるこのゲットーになってしまうことである。
 

∞ このレポートの解釈は大いに悩みます。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 23:36 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (04/08)
∞ 水面下のが起きています。 

 


 
フルフォードレポート
2019年4月8日
 

■ G7内で荒れ狂っている非宣言英独戦争
 
西側G7指導部は英同盟を独同盟に挑ませている内戦の最中にあると、複数の情報筋が主張している。英国教育を受けた日本の新天皇の出現と日産/ルノー前会長のカルロス・ゴーンの再逮捕はこの戦争の一部であると、日本軍事情報の情報筋は言う。
 
明らかに日本が独立国へ戻る可能性は、ハザールマフィアを慌てさせている。私たちは先週、モリタと言う名前のいつも酔っぱらっていて普(あまね)く尊敬されていないギャングから次のメッセージを受け取りました。「あなたの言葉は5月11日に10万人の日本人の死をもたらすでしょう」モリタは明らかにハザール人所有の日本銀行の国有化の呼びかけに言及している。軍事警察はできるだけ早く彼を逮捕して、誰が彼にこの脅しを伝えるために雇ったかを明らかにさせる必要がある。
 
我々はまた、白龍会が3個の500キロトンの核弾道を使う選択肢を与えられたと指摘することができる。そのことは、フランクフルト、テルアビブやツーグの破壊によって日本への新しい攻撃に対して報復できると言うことを意味している。しかし、悪魔崇拝者とは異なり、白龍会は政治目的のために罪のない人々を大量に殺害しようとは思わない。その代わりに、我々は有罪者のピンポイント殺人を使う。あなたが我々ははったりであると思うならば、福島の大量殺人に関与した所謂大使クリストファー・スティーブンスや黒教皇ピーターハンス・コルベンバッハを含む200人以上が既に処刑されていることを指摘する価値がある。
 
今回の新しい罰はハザールマフィアのDVDナチ連続体の総統を含むことになると、白龍会情報筋は言う。処刑されたジョージ・ブッシュ・シニアに代わる新しい総統であり黒太陽組織の長は、日本軍事情報によるとハインリッヒ・ドナトゥス・フィリップ・ウンベルトヘッセ王子とヘッセのランドグラフである。MI6と他の情報筋によると、彼はビクトリア女王の子孫であり、アドルフ・ヒットラーとイタリアの皇帝ビクターエマニュエルの親戚である。彼の英国の従妹は既に彼に止めるよう話している。これは白龍会から彼へのメッセージである。「あなたが、この地球を救えるあなたの才能を使える機会があるうちに降伏するか、さもなければあなた全体の大量虐殺血統は永久に人間のゲノムから消されるでしょう」
 
さて、ここで西側エリート内の英国派とドイツ派の秘密の戦争の兆候について見てみましょう。
 
もちろん、最も明白なことは、Brexitに対する騒動です。英国の諜報機関によると、政治家はそうではないと言うふりをしているが、法律で定められているようにBrexitは3月29日に行われたと言う。この目に見える兆候は、この日付以降に発行された英国のパスポートには欧州連合への言及が含まれていないという事実です。テレサ・メイ首相は、ドイツ軍に対するイギリス軍の情報収集を統制する取り決めを交渉しようともしていない。
 
先週すでに述べたように、ドイツ人はすでにフランスを占領して第二次世界大戦の結果を覆しました。
 
フランスのイエローべスト運動の指導者たちは、フランスのエマニュエル・マクロン大統領はドイツ人家族のロスチャイルド/サックスゴータ/ヘッセの一員であり、自分自身を外国のボディガードから身を守る必要があると指摘しています。彼らはまた、黄色いベストのデモ隊を抑圧するために、(卍の代わりに)EUの星を持ったドイツの装甲車両が使用されているとも述べています。
 
ドイツの自動車輸出を運搬している船がイギリス海峡に沈んだのは偶然なのか、そうではないかもしれないが。

 
それからイギリスのMI6チーフサーアレックスヤンガーの息子は不思議な自動車事故で死にました。
 
英国の諜報機関は、彼らはドイツによって支持された第五列(スパイ)に対して抜本的な措置を取ることになるだろうと言っている。だからこそ、彼らはトニーブレアのような旧来の裏切り者を収容するために彼らのグアンタナモ湾バージョンとしてクリスマス島の遠隔刑務所キャンプを用意した、と彼らは言う。
 
すでに述べたように、この代理戦争は日本でも急増しています。先週のカルロス・ゴーンの再逮捕はランドグレーブ・ドナウタスを狙った一歩だった、と日本の情報筋は言う。ドイツ人はゴーンを使って三菱重工業から日本の軍事秘密を入手しようとした、と彼らは言う。三菱は現在ボーイングとロッキード・マーティンと提携しており、そして、ドイツの軍事派閥はこの成長している同盟に突入しようとしている、と彼らは言う。
 
日本の航空会社が彼らの浮上を維持するように、ボーイングにとって日本の支援は今特に重要であると、日本の情報筋は言う。さらなる支援が必要である「ボーイング737は世界的な汚名に直面しており、商業航空機のみならず軍備品に対するボイコット、投資引き上げや制裁にと言った世界的な運動が起こりうると、国防総省情報筋は言っている。
 
ペンタゴンの情報筋によると、最近のエチオピアの航空会社のボーイング737号の墜落事故の調査では、これはフランスとドイツの秘密機関による遠隔ハイジャックによって行われたことを示唆しているという。ライバルであるボーイングの評判を落とすことでエアバスジェットを売っている間のアフリカにおけるフランスの利益に反する働きをしている国連の当局者をフランスとそのドイツの擁護者が殺すことができたと、彼らは言う。
 
事実、ボーイングはすべての航空機から遠隔制御装置の除去を行っており、エアバスはこの事故の原因のこの装置を装備している。取り急ぎの検索では、少なくとも3回の、エアバス航空機の遠隔操作ハイジャックと思われるものが発生している。
世界は、エアバスとボーイングの複占を打破するために中国と日本を必要としていると、国防総省情報筋は言う。「航空機は現在FAAだけではなく、EUと中国との協議のもとイマンを保護するために認証されている」と付け加えた。
 
※ 複占(ふくせん)とは、ある財や商品の供給者が2社しか市場に存在しない状態である。1社のみの場合は独占という。
 
米軍はまた、「貪欲で貪欲な」米軍備品製造業者から距離を置く準備をしていると彼らは言う。トルコは高価なロッキードゴミF−35ではなく、第五世代スホーイSu−57にロシアS−400(対空ミサイル)を導入することで利益を受ける可能性が高い。

「石油ドル体制から解放されれば、スホーイはこれをインド、中国、イラン、ベネズエラとサウジアラビアにすら売ることができるようになる」と彼らは続ける。
 
サウジアラビアが石油ドル体制を捨てたという言及は、米国の軍事管理政府が事実上サウジアラビアをカオゼ - マフィアの支配から解放しようとしていることを明確に示している、とCIA筋は言う。
 
もし、国防総省が気付いているイランとイスラエルの主導者たちが第三次世界大戦を始めるためにスイスのツーグのご主人様に命令を受けたことが真実であれば、米大統領ドナルド・トランプのイラン革命軍を外国トロリスト機構(FTO)であると言う指定は、イスラエルの国防軍モサド、シンベットとアマン(軍事諜報)を同様にFTOと呼ぶ基礎を与えてくれた。
 
今週イスラエルは総選挙を行うが、それはまだ理解していないイスラエル市民に思い起こさせる:ベンジャミン・ネタニヤフはアシュケナージ・ユダヤ人を彼らの先祖代々の土地からイスラエルに押しやるために、ホロコーストを実行した、つまり焼けた生贄をモレホ、バール、サタン等に捧げたナチのために働いている。
 
イスラエル人は選択できる。自分達自身の条件で平和を気付き、二国間解決を見つけるか、トルコ、イラン、シリア、ヨルダン、イラク、レバノンそしてカタールの複合勢力に対して戦争を仕掛けるかである。
 
古代の偽造品によって支配されている迷信狂信者を思い起こす;米軍は退化している不正な国家イスラエルを守るために戦うことはない。目を覚まして現実に立ち向かいましょう。ゴグとマゴグの戦争はありません。お終いです。新しい時代を迎える時が来ている。
 
この新しい時代が始まった兆候が多くある。例えば、中国の習近平主席は欧州を訪問して、BISと中国の間でアジアの金塊を認めることに合意しました。
 
背景として:アジア人は世界で知られる金塊の85%を支配しているが、この金塊の大部分は1971年のニクソンショック以来、西側の金融システムではブラックリストに挙げられて来た。この金塊が世界の金融システムに再統合されれば、ロスチャイルドなどからの財政力の大幅な移行がもたらされるでしょう。
 
同様の進展として、メキシコの情報筋は、先週NSAが我々に情報を伝えたメキシコの億万長者のカルロス・スリムと日本の天皇徳仁との会談は、メキシコの独立中央銀行の立ち上げに関するものであった。メキシコの大統領アンドレス・マニュエル・ロペス・オブラドールはスリムと共に働いており、既存の銀行システムを迂回して利益を直接貧困者に配布するためにアズテック銀行に融資していると、彼らは言う。
 

 
イタリアも中央銀行を国営化しており、金塊を没収していることを述べおく。多くの国が後に続くことになる。
 
最後に、新時代が面白くなってきている。我々は中国が魔法のキノコを売る準備をしていることが分かる。(キノコによる医薬品市場への参入)
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
相変わらず、米国情報がありません。今の変動の大本は米国です。トランプです。
 
中国情報なので米国情報は入りません。米中は全くうまく行っていないことがよくわかる。
 
どうするのでしょうか?日本の菅官房長官が5月初めに訪米して、今後の日本と中国との関係を議論するそうです。安倍と麻生をのけ者にする相談のようです。そろそろ自滅しますが。
 
菅が自民党総裁になるらしいが、総理は別のようです、どうなるのでしょうか?
 

∞ 「日本が独立国へ戻る可能性は、ハザールマフィアを慌てさせている」
 
他の情報にもありますが、日本のハザールマフィアの支配からの解放が現実になりそうです。
 
 「Brexitは3月29日に行われたと言う。この目に見える兆候は、この日付以降に発行された英国のパスポートには欧州連合への言及が含まれていないという事実です」
 
この情報はインテルアラートで伝えていますが、このレポートでも肯定しています。
 
「世界は、エアバスとボーイングの複占を打破するために中国と日本を必要としている」
 
これは新時代に移行するまでのことです。カバール敗退後は彼等によって隠蔽されていた先進技術が全て開示されるので旧来の技術は必要ありません。
 
「イタリアも中央銀行を国営化しており、金塊を没収していることを述べおく。多くの国が後に続くことになる」
 
カバール敗退によって各国の中央銀行が国営化するのも近いでしょう。
 
「中国情報なので米国情報は入りません。米中は全くうまく行っていないことがよくわかる」
 
中国の指導者は新時代を見ていませんから、トランプ大統領とは反りが合いません。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:56 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (04/01)
∞  日本の光の勢力が動き出す・・・! (^_^)v

 


 
フルフォードレポート
2019年4月1日
 

■「令和時代」が始まると、日本の将軍たちはシオニストの手先に対して行動をする用意ができている
 
白龍会に接触した複数の将軍たちによると、新しい「令和時代」が公式に始まった今、日本軍はハザール・シオニスト手先たちに対して行動をする準備ができている。公には新しい時代は5月1日に始まると言われているが、NSA情報筋と日本右翼情報筋は、本日2019年4月1日令和時代のゼロ年に徳仁天皇は支配を掌握したと言っている。
 
令和の名前「令和」は「調和のとれた日本人と強調する」と翻訳することができ、明らかに歴史上はじめて中国古典ではなく日本語からとられていると、日本の学者は言う。この選択はハザールマフィアの保護との引き換えに日本を中国に売ろうとするハザールマフィアの企みに対する反応の一環として鼓舞されたと、日本の右翼筋は言う。
 
リチャード・アーミテージ、マイケル・グリーンバーグとジェラルド・カーティスらのハザールマフィアの代理人たちは、新時代の幕開けの一環として「ジャパン・ハンドラー」の役目を奪われたと、天皇に近い日本の右翼筋は言う。
 
日本軍の将軍たちは白龍会によって、もし再び日本を独立させたいのなら、外資系日本銀行を国有化し、議会、首相官邸、主要なメディア企業を統括する必要があると助言された。何人かの将軍は同意し、それがすでに起こっていると言っている。
 
しかし、NSAは今日、この著者に人を派遣してきて、徳仁天皇はメキシコの億万長者カルロス・スリムから命令を受けていることを口頭で私に連絡してきた。彼らは徳仁に命令している「カルロス・スリム」は公に現れるカルロス・スリムではないと言い続けました。むしろ車椅子に縛られた老人のようだと言っている。
 
この情報の部分的確認になるかもしれないこととして、白龍会は最近、非常に強力であり組織を支持を提供するメキシコの組織から接触を受けた。出来事はこれが真実であるかどうかを示すはずである。明らかにそれが真実であれば、この道はメキシコからバチカンとP2フリーメーソンへと続くはずである。(訳者注:飛躍していてついてゆけません)
 
つまり、P2フリーメーソンが最近、アジアの秘密結社と共に働くと約束した点に注目する価値がある。少なくとも、イタリアの出来事はこれが真実であることを証明する。例えば、イタリアは既に正式に中国の大規模21兆ドルの一帯一路に加わることに同意する最初のG7国となった。イタリアの情報筋は、彼らの決定が他のG7国が一帯一路に従って加わることは不可避になったと言っている。(訳者注:本当ならP2が米国と手を切ったということで好ましいことですが、非常に飛躍がある)
 
首相アンゲラ・メルケルは既に一帯一路に積極的なコメントをしている。またドイツは明らかに、フランスを再び支配することによって第二次世界大戦の結果を覆そうとしている。事実、黄色いベスト運動の背後にいるフランス抵抗軍はドイツによって既に支配されていると主張している。第二次世界大戦とは異なり、今度は彼らは爆弾ではなく債権を使った。ドイツとフランスが議会と軍隊を一つの組織に混合し始めたと言う事実は、これが本当に起こっていると言う一般的証明である。
 
イタリアの報道だけの進展として、中央銀行の中央銀行であるBISは密かに、金塊が今再び米ドルやユーロと踏歌の現金として考慮されるだろうと発表した。これは、米ドルと金塊を切り離すと言う1971年のリチャード・ニクソン決定に直接反することを述べている。
 
それはまた、中国の金担保先物取引において石油ドルに対する直接挑戦をBISが承認したことを示している。これ以上の情報は、以下のリンクのイタリアの記事をグーグル翻訳または同等のものを使って読んでください。
 
国防総省情報筋は彼らの側として、量子金融システム、世界通貨リセットと金担保通貨の出現は石油ドルシステムの地盤低下の兆候であることを確認している。米国はその単極時代を失って多極世界が起こっていると彼らは認めている。ハウエイ、イランとベネズエラを阻止する試みの失敗のような複数の事件によって、米国の力の喪失は確かめられたと彼らは述べる。(訳者注:トランプは基軸通貨を降りると言っているのだから)
 
米大統領ドナルド・トランプと北朝鮮実力者の金正雲の間の首脳会談が失敗した後、石油ドルを創設したヘンリーキッシンジャーは失意の男となったと、新帝の近くの情報筋は確認している。(訳者注:誰でもそうだと思うが)
 
世界が金担保通貨を欲するならば、ワシントンDCは間違いなく内部崩壊する。今年単独でも、米国は9200憶ドルの貿易赤字、これは2万トンの金塊に相当する。見込まれる1兆2000億ドルの米財政赤字に資金を供給することは、ハザール偽米政府を生き延びらせるために必要な金塊量の二倍以上に達することになる。
 
米企業政府はプエルトリコの破綻をハリケーンの所為に押し付けたように、米企業政府の破産をEPM攻撃の所為に押し付けるかもしれない。混乱、腐敗または機能障害が国民の経済安心、国家公衆衛生あるいは安全保障をマヒさせるアメリカ合衆国にとって重要な政府と民間部門の機能へのEMP攻撃の供えるために、トランプは3月26日に大統領令を発行した。
 
米国境界を閉鎖するというトランプの脅迫は、州の破産の結果が原因とされることができた危機を引き起こす試みでもあり得たと、CIA筋は警告します。(訳者注:色々あると思うが、根本的にどうするかを考えるべき)
 
ハザールマフィアは依然として、巨額な金塊を手にすることでワシントンDCの破産を防ごうとあらゆる力を試している。91,173tの金塊を寄贈のニール・キーナン再建委変えるロスチャイルドの企みは失敗したことを、例として先週報告した。
 
今、ハザールマフィアはベネズエラ人奴隷ジュアン・グアイドによってインドネシアを乗っ取ろうとしていると、インドネシアの情報筋は言う。ハザール人の計画はベテランのインドネシア政治家プラボウ・サビアントを彼のカリスマ的副大統領候補サンディアガ・ウノを使って支持させることであると、彼らは言う。
 
「プラボウが選挙に勝った直後に、脳卒中、心臓発作または他の病気、あるいは事故で苦しんだ後」ウノは大統領職を引き継ぐと、その情報筋は言う。しかし、アジアの秘密結社は、この計画はベネズエラの失敗と同様に失敗すると言っているインドネシア内の情報筋を持っている。
 
彼らの側として、国防総省情報筋はトランプが、世界中の反社会的計画を支持するふりをしながら、ハザール暴徒の支配を終わらせるのを手伝うと主張している。彼らは「トランプはイスラエルのゴラン高原支配を認めるために、ムラー報告書が発表されるのを待った」と言っている。この承認の本当の目的は、ロシア、トルコ、イラン、イラク、クェート、ヨルダンとレバノンがイスラエルとサウジアラビアに対して戦う正当性を与えることであった。(訳者注:意味不明です。だからどうだと言うのか?聞いた話をお伝えしているだけだからしょうがないのかなぁ)
 
さらに、イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフが先週訪米した時に、予定より早く出発させられたり、彼の訪問中、AIPACやロビー活動で話すことは許可されなかったと、国防総省情報筋は言う。
 
エチオピアとインドネシアの民間航空機を衝突させるためにハザールマフィアが使用した遠隔反ハイジャック・ソフトウェアの使用は巨大は波紋を引き起こした。国防総省情報筋は「ボーイング737事件は、証明の取り消し、生産の停止、より安全な航空機と軍備を提供させる新しい完全な再設計に繋がるかもしれない」と言う。軍産複合体の他の会社も彼らの行動をはっきりさせるよう強制されるとも、彼らは言っている。
 
これは軍産複合体の指導者たちを窮地に陥らせるには十分ではないかもしれない。CIA情報筋によれば、世界中の当局は疑わしい航空会社のさらなる調査をしている。例えば、オランダ、ロシア、オーストラリアとマレーシア政府は、マレーシア航空370/17便に何が起こったのかを一緒に学び始めた。
 
さらに英国の研究所は、2010年に
「墜落」してポーランド政府のほとんどの殺した飛行機の部品に、爆発の痕跡を発見した。これは、多くのEUとロシアの官僚が間もなく大量殺人の嫌疑を受けることになることを意味している。
 
他の航空会社の事故も戦略的効果を持っていた。マレーシア便370/17便の墜落は中国へ行く途中のフェアチャイルドからの研究者の命を奪いました。ライオン航空の事故は30人のインドネシア中央銀行員を殺した。そしてエチオピアの墜落は19人の国連職員の命を奪いました。
 
そして、我々は9/11の効果を忘れてはならない。
 
正義の歯車はこれらの事故をメイ下ハザールマフィアのボスの方へ転がっている。これらの調査が行われると言う事実は、ハザールマフィアの最も基本的なレベルの力を失っていることを証明している。
 
歴史家がこれらの事件を振り返るならば、彼らはそれをおそらく、数千年もの間歴史的大出来事であったバビロンの没落と呼ぶでしょう。それは非常に大きな出来事であるので、隠れたローマ工程がもはや支配しないので、日本のみならず西側は、西暦を置き換えるために新しい時代を名付けるべきである。彼らのバビロニア式負債奴隷システムは内部崩壊する。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
全くフルフォード氏の言う、「聞いた話を伝えているだけ(真偽は責任を持たない)」と言うレポートです。本質的な話はなく、こまごまと白龍会が聞いた話を並べているだけ。結論がない。皇太子とメキシコの話はどうなったのよ。(皇太子もなんか胡散臭いけどね)全体を通して、「国防総省筋によると」と言う文章がほとんどありません。ほとんどはアジアの秘密結社によるとである。つまり白龍会の宣伝マンになっている(前からだけど)。本元のDCに戦いについては全く言及がない。米国の情報源を失っていると思う、あるいは白龍会の言いなりである。毎日、トランプとQのツィートを見ている方が世の中の動きが分かる。米国の話は一切ない。それと繰り返しの抽象論が多いのは情報が入手できなくなっているのかもしれない。それで白龍会と手を組んだ???
 
(参考)あるフルフォード論(米国有名ブロガーのフルフォード論)
私はそれらについて同じ質問を頻繁に受けるので、私はすべてのフルフォード報告にこの一般的なコメントを加えることに決めました。

解説:
私がこれらの報告を共有する理由について疑問に思っている人々から私が受ける多くの質問とコメントに応えて、私は以下を提供します。
 
2011年以来フルフォードの報告に従ってきた誰かと言えば、それらを読むことはおそらく大きな塩の粒で行われるべきです。つまり、彼はペンタゴン、CIA、ホワイトドラゴン協会などの中で申し立てられた情報源から直接情報を共有しているようです。しばしば提示されたデータは表面上で矛盾しています。
 
Fulfordが作成した予測と言明は時々非常に正確ですが、他の場合には、それらは完全に根拠のないものです。 Fulfordをより大きな真実に「惹きつけられる」ものとして見るのではなく、彼のデータを現時点で地球上で起こっていることの1つの可能性のある見方として考えることはおそらくより生産的でしょう。
 
もちろん、これはあらゆる情報源にも及びます。 Fulfordは、私たち全員のように、人間にすぎず、間違いを犯す可能性があります。しかしそれは、意識を広め、人類のためにより明るい未来へ物事を進めるために彼がした仕事を損なうものではありません。
識別は、何かが何かを理解するプロセスです。フルフォードの場合、それは盲目的にそれらを信じずに彼のレポートを楽しませて、それから実際に起こったことを決定するために追跡調査/事実チェックをすることを意味します。このように、それはリアルタイムの識別運動です。
 
センセーショナルで乱暴な不正確さにもかかわらず、正確かつ辛辣であるにもかかわらず、非常に多くの人々が彼の報告を読み続けるという事実は、彼が情報を受け取る人々がおそらくあなたに話すためのマウスピースとして彼を使っていることを意味します。目覚めの道を進んでいます。そのように、盲目的な信念や冷酷な拒絶は私たちの同盟国ではありませんが、批判的思考と率直さはそうです。
 
私が前に言ったように、彼がカバルの現状やエージェントを変えるために働いている様々なグループのためのマウスピースとして働いているならば、あたかもそれが宣伝を目覚めさせる形式であるかのようにデータを解読することができます。大衆に。これがあなたの個人的なプロセスにどのような影響を与えるかは、主にあなた次第です。しかし、私は識別に積極的な役割を果たすこと、そして全面的な受け入れまたは拒絶の罠に陥らないことをお勧めします。
 

∞ インテルアラートの伝える現状と、フルフォードレポートの乖離が大きいような・・・


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:36 | comments(0) | - | - |