Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フルフォードレポート (04/15)
∞ 今回のレポートもインテルアラートの情報に同期しているようには見えますが・・・(^_^;) 

 


 
フルフォードレポート
2019年4月15日
 

破産と崩壊が数学的に確実であるので、米政治体制は衰弱し空虚な脅しに退化するなどワシントンDCは破産が近づいて、政治的狂気に苦しんでいる。「ロンドンシティはもはや徒党の金融センターではなくなったのは、3月29日のブレディクトが行われたからである」と、英情報機関と国防総省情報筋が確認している。
 
「ドナルド・トランプ大統領はこれにどのように対応していますか」と尋ねられたとき、英国の上級情報将校は「おそらく現時点で、非常に誠実であろうとする為に、盲目のパニックになった」と述べた。
 
これを信じることは難しいことですか?米政府に今年起こってきたことを見てみましょう。まず、すべての退役軍人が1月1日にトランプ政権から去った。米政府は、米軍が完全に融資されているのにも関わらず35日間閉鎖しました。(訳者注:なんで閉鎖したかの理由が分かっていないんだね)
 
米政府が再開した時に、トランプは荒れ狂うシオニスト・ネオコンで内閣を埋めた。彼らは彼らはアメリカ国民の税の還付を盗み、米国のガソリン価格を吊り上げることで、何とかやりくりしている。これは借金中毒のワシントンDCに与える一方で、砂糖の高騰が米経済の回復を殺し始めた。(砂糖の高騰で米経済回復が殺される????)
 
一方トランプは、「サウジアラビアは4,500憶ドル相当の武器を購入する」とか「中国は米国から1兆ドル相当の製品を買う」とか言いながら偉大なことが起こることを国民に納得させようとしている破産中毒者のように話している。実際は、サウジアラビアは単に145憶ドルの米輸出品を買うことに同意しただけである。また、例え中国が1兆ドルの高価格な米製品を買うことを認めたとしても、米経済はこれらの製品を作る能力を持っていない。(訳者注:具体的な製品は?何年間の話?)アジアの秘密結社の情報筋によれば、いずれにしろ中国はワシントンDCの破産宣言を真剣に考えている。(訳者注・ワシントンDCとトランプ政権の関係は?一緒くたにしてませんか?中国どころじゃないですよ、トランプ自身が破産宣告したいんです、分かります?、フルフォードさん)
 

 

トランプ政権は高価な米国のシェールオイルとガスの購入を各国に強いることで自立を図ろうとしている。それが、米国がシリアとイエメンを攻撃するとか、イラン、ベネズエラとロシアに対する経済制裁をする理由である。しかし、欧州、中国、日本、インドと言った主要な石油輸入国は高価な米国石油とガスに関心がないので、この戦略はうまく行っていない。また、これらの国は米国の制裁に協力していない。この状況をよく分析したものとして、9/11の真実を最初に拾い上げたシエリー・メイソンにより以下の記事をお勧めします。
 

 
国防総省情報筋は、前ベネズエラ軍情報部長である陸軍将軍ヒューゴ・カルバジャルのスペインでの逮捕は、ネオコンのクーデターが幸運にも失敗したので、軍隊にベネズエラ大統領ニコラス・ムラドーへのさらなる忠誠を為させたと言っている。このことは、世界最大の石油埋蔵量が徒党の石油ドルシステムの外になったことを意味している。
 
偉ぶった徒党ヘンリーキッシンジャーは数兆ドルの価値のある債権を現金化することでDCと彼の石油ドルシステムを救うために必死かつ無駄な努力をしてきた。これらの債権は決して現金化されないと、その情報筋は言う。
 
その代わりに、量子金融システムと呼ばれるものが実装されると、複数の情報筋は認めている。日本の金融市場は4月27日から5月6日までの6日の間閉鎖され、これは第二次世界大戦以降最長の金融市場と銀行の閉鎖であろう。(訳者注:ゴールデンウィーク11日ですから。この正月連休も1週間止まったんですが、こういうのを嘘と言います)
 

QFSを作った人は「戦争大学の権力移行理論」にその起源があると言っっており、それは大英帝国の開放に非常に正確に使用された。
 
これに関して、CIA情報筋は言う「ブレグジットは単に欧州と英国の問題ではない」「もし彼らがローマクラブを去ろうとするならば、何人かの高級議員を脅す巨大な悪魔のゲームである。事は起きようとしているが、もし彼らが逃げようとするならば親衛隊が文字通り彼らを食い物にするだろう」(訳者注:いつもこういう言い方です。本当に分かっていて話しているのでしょうか?もっと具体的に言ってください)
 
MI6の一つの情報源によれば、世界の武装軍隊とその情報機関は崩壊する新世界秩序に置き換わる主権国家の世界同盟を作り出すために、この権力移行モデルを使っている。主権国家連合はまた、世界将来計画機関のような世界機関を創設を支持していると、伝統的13血統の主導メンバーの情報筋は言う。
 
この情報源は最近の英国の開放に中心にいた軍の反防諜活動の背後にいた主要な計画者の一人であった。
 
英国の開放作戦はバークレー銀行のソブリン債市場のイタリアとバチカン事務所で働くこの人間の内部告発で引き起こされた。この内部告発はロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作スキャンダルに繋がった。
 
ここにこのスキャンダルの意味に関する彼の総括がある:「ブルームバーグのチャットフォーラムを使って進路を操ることは最大の複雑な金融詐欺となり、終には全ての産業を目滅ぼし、地政学が公かつ密かな方法に変えた」
 
もちろん、これらの機関と腐敗した政治システムを戦うことなしに支配することをあきらめない。先週、悪魔と称えられた大量殺人者ベンジャミン・ネタニヤフに権力を維持させるために、彼らはおそらく不正選挙を行っただろう。
 
この不正選挙を衆目からそらす為に、彼らは偽ニュースを演出した。イスラエルでは間違った月面着陸を演出した。以下のようなコメントの付いた写真がユダヤ人CIA情報筋から送られてきた。添付写真はイスラエル月任務の偽物を示している。「サタンの星」がよく見える完全な道具立てに気が付いてください。
 
彼らはそれが出版されるとすぐにあざけ笑われたブラックホールの偽の写真を持ち出した。これはガーディアンやニューヨークタイムスのような出版社のハザール奴隷が、ブレグジットをブラックホールとして参照するようにこの写真を報道することを防がなかった。

 
しかし、イベントからのすべてのビデオとスチールが独りの関係者が今日では、コンピュータ・グラフィック偽造の隠しおおせない徴候のあるロシアからのものである点に、我々は注意している。2016年にパメラ・アンダーソンが訪ねてきた後に、ジュリアン・アサンジがロンドンのエクアドル大使館の彼のバルコニーでさえ現れなかった点に、我々も注意している。
 
ここに、ジム・ストーンのウィキリークスのタイムラインがある。
 
2016年10月23日 -  WikiLeaksのディレクター、Gavey Macfadyenが死亡しました。

2016年4月16日 - ウィキリークスのジョン・ジョーンズ弁護士が死亡(「列車の前でジャンプ」)(自殺)

2016年5月11日 -  WikiLeaksの弁護士Michael Ratnerが死亡しました。

2016年10月16日 -  Pamela Andersonがアサンジに「昼食」をもたらし、夕食後は体調が悪かったと主張し、10月17日にアサンジは「インターネットの遮断」を行いました。
 
彼らはまた、本当に重要な情報を含まないウィキリークスのデータダンプを偽装した。彼らは9/11や福島や他の人類に対する犯罪について真実を見つけることができないだろう。
 
福島はテロリスト攻撃であり、国際報道では過少報告されている非常に深刻な国際事件であったとMI6情報筋は言っている。彼は、このきわめて深刻な事件は来る戦争犯罪裁判の重要な問題となるだろうと付け加えた。
 
いずれにしても、すべてのこれら演出された事件に関する面白いことは、彼らは今暴露されており、ハザールマフィアが大衆意見を操作することにその力を失っていることを示していることだ。
 
これらの犯罪から注意をそらさせるヒステリックな努力にもかかわらず、ネットはハザールマフィア特にイスラエルの作戦基地の周りを描き出している。
 
この点に関して、国防総省情報筋はトランプが「我々は決して忘れない」とツィートしたこと、ナンシーロペスが「9月11日の痛みを伴う印象」と述べたことを注意している。さらに、議員イルハン・オマールが9月11日に「誰かが何かをやった」と応答した。真実の爆弾がイスラエルに落とされる前に、それは政治的に正しい国際会話になって行くでしょう。(訳者注:何が言いたいのだろうか)
 
元米軍参謀長ジョン・アビザイドはサウジアラビアの米大使として92対7で承認され、中東の事実上の軍統治者となると、情報筋は述べている。
 
これは、エジプト大統領アブデル・ファター・エルシ・トランプ大統領がホワイトハウスで「エジプトはアラブやNATOの一因にはならず、イランをこの地域の紛れもないリーダーにすると述べた間に起こったと、国防総省は付け加えた。
 
リビア、スーダンとアルジェリアで起こった政権交代は、中東とイスラムの団結の復活の全て関連している。
 
ベンジャミン・ネタニヤフは、彼の権威のもとで悪魔数はシオニストの計画が崩壊した時に歴史的裁判に直面するものと思われる。(訳者注:いつになるの?あくびです。誰がこれを支配しているのか?)
 
今週の最後に、私は支配血統情報筋がハザールマフィアは予測計画を使用していると伝えt来たことをh、再び指摘します。つまり、彼らは実際の事件を演出する前に、世界貿易センタービルに飛び回る航空機に関するTV番組を作る。
 
それは、私がフォーブスマガジンで働いていた時のことを思い出した、フォーブスの東京支局長が心臓発作のもととなる武器で殺害された小説を私に思い起こさせた。数年後、私は問東京の永田町駅で私に対して白い封筒状の装置を私に使おうとした人間によって攻撃を受けた。装置は小説に述べられた心臓攻撃兵器の詳細に対応していた。
 
ここに私自身の予測プログラミングがある:私はベンジャミン・ネタニヤフが軍事法廷で手錠を掛けられて、死刑判決を聞いているのを見ている。イスラエルの軍事警察は機会を見て二国間交渉をすると私は予想している。代替案はイスラエルのユダヤ人がとるこのゲットーになってしまうことである。
 

∞ このレポートの解釈は大いに悩みます。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 23:36 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (04/08)
∞ 水面下のが起きています。 

 


 
フルフォードレポート
2019年4月8日
 

■ G7内で荒れ狂っている非宣言英独戦争
 
西側G7指導部は英同盟を独同盟に挑ませている内戦の最中にあると、複数の情報筋が主張している。英国教育を受けた日本の新天皇の出現と日産/ルノー前会長のカルロス・ゴーンの再逮捕はこの戦争の一部であると、日本軍事情報の情報筋は言う。
 
明らかに日本が独立国へ戻る可能性は、ハザールマフィアを慌てさせている。私たちは先週、モリタと言う名前のいつも酔っぱらっていて普(あまね)く尊敬されていないギャングから次のメッセージを受け取りました。「あなたの言葉は5月11日に10万人の日本人の死をもたらすでしょう」モリタは明らかにハザール人所有の日本銀行の国有化の呼びかけに言及している。軍事警察はできるだけ早く彼を逮捕して、誰が彼にこの脅しを伝えるために雇ったかを明らかにさせる必要がある。
 
我々はまた、白龍会が3個の500キロトンの核弾道を使う選択肢を与えられたと指摘することができる。そのことは、フランクフルト、テルアビブやツーグの破壊によって日本への新しい攻撃に対して報復できると言うことを意味している。しかし、悪魔崇拝者とは異なり、白龍会は政治目的のために罪のない人々を大量に殺害しようとは思わない。その代わりに、我々は有罪者のピンポイント殺人を使う。あなたが我々ははったりであると思うならば、福島の大量殺人に関与した所謂大使クリストファー・スティーブンスや黒教皇ピーターハンス・コルベンバッハを含む200人以上が既に処刑されていることを指摘する価値がある。
 
今回の新しい罰はハザールマフィアのDVDナチ連続体の総統を含むことになると、白龍会情報筋は言う。処刑されたジョージ・ブッシュ・シニアに代わる新しい総統であり黒太陽組織の長は、日本軍事情報によるとハインリッヒ・ドナトゥス・フィリップ・ウンベルトヘッセ王子とヘッセのランドグラフである。MI6と他の情報筋によると、彼はビクトリア女王の子孫であり、アドルフ・ヒットラーとイタリアの皇帝ビクターエマニュエルの親戚である。彼の英国の従妹は既に彼に止めるよう話している。これは白龍会から彼へのメッセージである。「あなたが、この地球を救えるあなたの才能を使える機会があるうちに降伏するか、さもなければあなた全体の大量虐殺血統は永久に人間のゲノムから消されるでしょう」
 
さて、ここで西側エリート内の英国派とドイツ派の秘密の戦争の兆候について見てみましょう。
 
もちろん、最も明白なことは、Brexitに対する騒動です。英国の諜報機関によると、政治家はそうではないと言うふりをしているが、法律で定められているようにBrexitは3月29日に行われたと言う。この目に見える兆候は、この日付以降に発行された英国のパスポートには欧州連合への言及が含まれていないという事実です。テレサ・メイ首相は、ドイツ軍に対するイギリス軍の情報収集を統制する取り決めを交渉しようともしていない。
 
先週すでに述べたように、ドイツ人はすでにフランスを占領して第二次世界大戦の結果を覆しました。
 
フランスのイエローべスト運動の指導者たちは、フランスのエマニュエル・マクロン大統領はドイツ人家族のロスチャイルド/サックスゴータ/ヘッセの一員であり、自分自身を外国のボディガードから身を守る必要があると指摘しています。彼らはまた、黄色いベストのデモ隊を抑圧するために、(卍の代わりに)EUの星を持ったドイツの装甲車両が使用されているとも述べています。
 
ドイツの自動車輸出を運搬している船がイギリス海峡に沈んだのは偶然なのか、そうではないかもしれないが。

 
それからイギリスのMI6チーフサーアレックスヤンガーの息子は不思議な自動車事故で死にました。
 
英国の諜報機関は、彼らはドイツによって支持された第五列(スパイ)に対して抜本的な措置を取ることになるだろうと言っている。だからこそ、彼らはトニーブレアのような旧来の裏切り者を収容するために彼らのグアンタナモ湾バージョンとしてクリスマス島の遠隔刑務所キャンプを用意した、と彼らは言う。
 
すでに述べたように、この代理戦争は日本でも急増しています。先週のカルロス・ゴーンの再逮捕はランドグレーブ・ドナウタスを狙った一歩だった、と日本の情報筋は言う。ドイツ人はゴーンを使って三菱重工業から日本の軍事秘密を入手しようとした、と彼らは言う。三菱は現在ボーイングとロッキード・マーティンと提携しており、そして、ドイツの軍事派閥はこの成長している同盟に突入しようとしている、と彼らは言う。
 
日本の航空会社が彼らの浮上を維持するように、ボーイングにとって日本の支援は今特に重要であると、日本の情報筋は言う。さらなる支援が必要である「ボーイング737は世界的な汚名に直面しており、商業航空機のみならず軍備品に対するボイコット、投資引き上げや制裁にと言った世界的な運動が起こりうると、国防総省情報筋は言っている。
 
ペンタゴンの情報筋によると、最近のエチオピアの航空会社のボーイング737号の墜落事故の調査では、これはフランスとドイツの秘密機関による遠隔ハイジャックによって行われたことを示唆しているという。ライバルであるボーイングの評判を落とすことでエアバスジェットを売っている間のアフリカにおけるフランスの利益に反する働きをしている国連の当局者をフランスとそのドイツの擁護者が殺すことができたと、彼らは言う。
 
事実、ボーイングはすべての航空機から遠隔制御装置の除去を行っており、エアバスはこの事故の原因のこの装置を装備している。取り急ぎの検索では、少なくとも3回の、エアバス航空機の遠隔操作ハイジャックと思われるものが発生している。
世界は、エアバスとボーイングの複占を打破するために中国と日本を必要としていると、国防総省情報筋は言う。「航空機は現在FAAだけではなく、EUと中国との協議のもとイマンを保護するために認証されている」と付け加えた。
 
※ 複占(ふくせん)とは、ある財や商品の供給者が2社しか市場に存在しない状態である。1社のみの場合は独占という。
 
米軍はまた、「貪欲で貪欲な」米軍備品製造業者から距離を置く準備をしていると彼らは言う。トルコは高価なロッキードゴミF−35ではなく、第五世代スホーイSu−57にロシアS−400(対空ミサイル)を導入することで利益を受ける可能性が高い。

「石油ドル体制から解放されれば、スホーイはこれをインド、中国、イラン、ベネズエラとサウジアラビアにすら売ることができるようになる」と彼らは続ける。
 
サウジアラビアが石油ドル体制を捨てたという言及は、米国の軍事管理政府が事実上サウジアラビアをカオゼ - マフィアの支配から解放しようとしていることを明確に示している、とCIA筋は言う。
 
もし、国防総省が気付いているイランとイスラエルの主導者たちが第三次世界大戦を始めるためにスイスのツーグのご主人様に命令を受けたことが真実であれば、米大統領ドナルド・トランプのイラン革命軍を外国トロリスト機構(FTO)であると言う指定は、イスラエルの国防軍モサド、シンベットとアマン(軍事諜報)を同様にFTOと呼ぶ基礎を与えてくれた。
 
今週イスラエルは総選挙を行うが、それはまだ理解していないイスラエル市民に思い起こさせる:ベンジャミン・ネタニヤフはアシュケナージ・ユダヤ人を彼らの先祖代々の土地からイスラエルに押しやるために、ホロコーストを実行した、つまり焼けた生贄をモレホ、バール、サタン等に捧げたナチのために働いている。
 
イスラエル人は選択できる。自分達自身の条件で平和を気付き、二国間解決を見つけるか、トルコ、イラン、シリア、ヨルダン、イラク、レバノンそしてカタールの複合勢力に対して戦争を仕掛けるかである。
 
古代の偽造品によって支配されている迷信狂信者を思い起こす;米軍は退化している不正な国家イスラエルを守るために戦うことはない。目を覚まして現実に立ち向かいましょう。ゴグとマゴグの戦争はありません。お終いです。新しい時代を迎える時が来ている。
 
この新しい時代が始まった兆候が多くある。例えば、中国の習近平主席は欧州を訪問して、BISと中国の間でアジアの金塊を認めることに合意しました。
 
背景として:アジア人は世界で知られる金塊の85%を支配しているが、この金塊の大部分は1971年のニクソンショック以来、西側の金融システムではブラックリストに挙げられて来た。この金塊が世界の金融システムに再統合されれば、ロスチャイルドなどからの財政力の大幅な移行がもたらされるでしょう。
 
同様の進展として、メキシコの情報筋は、先週NSAが我々に情報を伝えたメキシコの億万長者のカルロス・スリムと日本の天皇徳仁との会談は、メキシコの独立中央銀行の立ち上げに関するものであった。メキシコの大統領アンドレス・マニュエル・ロペス・オブラドールはスリムと共に働いており、既存の銀行システムを迂回して利益を直接貧困者に配布するためにアズテック銀行に融資していると、彼らは言う。
 

 
イタリアも中央銀行を国営化しており、金塊を没収していることを述べおく。多くの国が後に続くことになる。
 
最後に、新時代が面白くなってきている。我々は中国が魔法のキノコを売る準備をしていることが分かる。(キノコによる医薬品市場への参入)
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
相変わらず、米国情報がありません。今の変動の大本は米国です。トランプです。
 
中国情報なので米国情報は入りません。米中は全くうまく行っていないことがよくわかる。
 
どうするのでしょうか?日本の菅官房長官が5月初めに訪米して、今後の日本と中国との関係を議論するそうです。安倍と麻生をのけ者にする相談のようです。そろそろ自滅しますが。
 
菅が自民党総裁になるらしいが、総理は別のようです、どうなるのでしょうか?
 

∞ 「日本が独立国へ戻る可能性は、ハザールマフィアを慌てさせている」
 
他の情報にもありますが、日本のハザールマフィアの支配からの解放が現実になりそうです。
 
 「Brexitは3月29日に行われたと言う。この目に見える兆候は、この日付以降に発行された英国のパスポートには欧州連合への言及が含まれていないという事実です」
 
この情報はインテルアラートで伝えていますが、このレポートでも肯定しています。
 
「世界は、エアバスとボーイングの複占を打破するために中国と日本を必要としている」
 
これは新時代に移行するまでのことです。カバール敗退後は彼等によって隠蔽されていた先進技術が全て開示されるので旧来の技術は必要ありません。
 
「イタリアも中央銀行を国営化しており、金塊を没収していることを述べおく。多くの国が後に続くことになる」
 
カバール敗退によって各国の中央銀行が国営化するのも近いでしょう。
 
「中国情報なので米国情報は入りません。米中は全くうまく行っていないことがよくわかる」
 
中国の指導者は新時代を見ていませんから、トランプ大統領とは反りが合いません。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:56 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (04/01)
∞  日本の光の勢力が動き出す・・・! (^_^)v

 


 
フルフォードレポート
2019年4月1日
 

■「令和時代」が始まると、日本の将軍たちはシオニストの手先に対して行動をする用意ができている
 
白龍会に接触した複数の将軍たちによると、新しい「令和時代」が公式に始まった今、日本軍はハザール・シオニスト手先たちに対して行動をする準備ができている。公には新しい時代は5月1日に始まると言われているが、NSA情報筋と日本右翼情報筋は、本日2019年4月1日令和時代のゼロ年に徳仁天皇は支配を掌握したと言っている。
 
令和の名前「令和」は「調和のとれた日本人と強調する」と翻訳することができ、明らかに歴史上はじめて中国古典ではなく日本語からとられていると、日本の学者は言う。この選択はハザールマフィアの保護との引き換えに日本を中国に売ろうとするハザールマフィアの企みに対する反応の一環として鼓舞されたと、日本の右翼筋は言う。
 
リチャード・アーミテージ、マイケル・グリーンバーグとジェラルド・カーティスらのハザールマフィアの代理人たちは、新時代の幕開けの一環として「ジャパン・ハンドラー」の役目を奪われたと、天皇に近い日本の右翼筋は言う。
 
日本軍の将軍たちは白龍会によって、もし再び日本を独立させたいのなら、外資系日本銀行を国有化し、議会、首相官邸、主要なメディア企業を統括する必要があると助言された。何人かの将軍は同意し、それがすでに起こっていると言っている。
 
しかし、NSAは今日、この著者に人を派遣してきて、徳仁天皇はメキシコの億万長者カルロス・スリムから命令を受けていることを口頭で私に連絡してきた。彼らは徳仁に命令している「カルロス・スリム」は公に現れるカルロス・スリムではないと言い続けました。むしろ車椅子に縛られた老人のようだと言っている。
 
この情報の部分的確認になるかもしれないこととして、白龍会は最近、非常に強力であり組織を支持を提供するメキシコの組織から接触を受けた。出来事はこれが真実であるかどうかを示すはずである。明らかにそれが真実であれば、この道はメキシコからバチカンとP2フリーメーソンへと続くはずである。(訳者注:飛躍していてついてゆけません)
 
つまり、P2フリーメーソンが最近、アジアの秘密結社と共に働くと約束した点に注目する価値がある。少なくとも、イタリアの出来事はこれが真実であることを証明する。例えば、イタリアは既に正式に中国の大規模21兆ドルの一帯一路に加わることに同意する最初のG7国となった。イタリアの情報筋は、彼らの決定が他のG7国が一帯一路に従って加わることは不可避になったと言っている。(訳者注:本当ならP2が米国と手を切ったということで好ましいことですが、非常に飛躍がある)
 
首相アンゲラ・メルケルは既に一帯一路に積極的なコメントをしている。またドイツは明らかに、フランスを再び支配することによって第二次世界大戦の結果を覆そうとしている。事実、黄色いベスト運動の背後にいるフランス抵抗軍はドイツによって既に支配されていると主張している。第二次世界大戦とは異なり、今度は彼らは爆弾ではなく債権を使った。ドイツとフランスが議会と軍隊を一つの組織に混合し始めたと言う事実は、これが本当に起こっていると言う一般的証明である。
 
イタリアの報道だけの進展として、中央銀行の中央銀行であるBISは密かに、金塊が今再び米ドルやユーロと踏歌の現金として考慮されるだろうと発表した。これは、米ドルと金塊を切り離すと言う1971年のリチャード・ニクソン決定に直接反することを述べている。
 
それはまた、中国の金担保先物取引において石油ドルに対する直接挑戦をBISが承認したことを示している。これ以上の情報は、以下のリンクのイタリアの記事をグーグル翻訳または同等のものを使って読んでください。
 
国防総省情報筋は彼らの側として、量子金融システム、世界通貨リセットと金担保通貨の出現は石油ドルシステムの地盤低下の兆候であることを確認している。米国はその単極時代を失って多極世界が起こっていると彼らは認めている。ハウエイ、イランとベネズエラを阻止する試みの失敗のような複数の事件によって、米国の力の喪失は確かめられたと彼らは述べる。(訳者注:トランプは基軸通貨を降りると言っているのだから)
 
米大統領ドナルド・トランプと北朝鮮実力者の金正雲の間の首脳会談が失敗した後、石油ドルを創設したヘンリーキッシンジャーは失意の男となったと、新帝の近くの情報筋は確認している。(訳者注:誰でもそうだと思うが)
 
世界が金担保通貨を欲するならば、ワシントンDCは間違いなく内部崩壊する。今年単独でも、米国は9200憶ドルの貿易赤字、これは2万トンの金塊に相当する。見込まれる1兆2000億ドルの米財政赤字に資金を供給することは、ハザール偽米政府を生き延びらせるために必要な金塊量の二倍以上に達することになる。
 
米企業政府はプエルトリコの破綻をハリケーンの所為に押し付けたように、米企業政府の破産をEPM攻撃の所為に押し付けるかもしれない。混乱、腐敗または機能障害が国民の経済安心、国家公衆衛生あるいは安全保障をマヒさせるアメリカ合衆国にとって重要な政府と民間部門の機能へのEMP攻撃の供えるために、トランプは3月26日に大統領令を発行した。
 
米国境界を閉鎖するというトランプの脅迫は、州の破産の結果が原因とされることができた危機を引き起こす試みでもあり得たと、CIA筋は警告します。(訳者注:色々あると思うが、根本的にどうするかを考えるべき)
 
ハザールマフィアは依然として、巨額な金塊を手にすることでワシントンDCの破産を防ごうとあらゆる力を試している。91,173tの金塊を寄贈のニール・キーナン再建委変えるロスチャイルドの企みは失敗したことを、例として先週報告した。
 
今、ハザールマフィアはベネズエラ人奴隷ジュアン・グアイドによってインドネシアを乗っ取ろうとしていると、インドネシアの情報筋は言う。ハザール人の計画はベテランのインドネシア政治家プラボウ・サビアントを彼のカリスマ的副大統領候補サンディアガ・ウノを使って支持させることであると、彼らは言う。
 
「プラボウが選挙に勝った直後に、脳卒中、心臓発作または他の病気、あるいは事故で苦しんだ後」ウノは大統領職を引き継ぐと、その情報筋は言う。しかし、アジアの秘密結社は、この計画はベネズエラの失敗と同様に失敗すると言っているインドネシア内の情報筋を持っている。
 
彼らの側として、国防総省情報筋はトランプが、世界中の反社会的計画を支持するふりをしながら、ハザール暴徒の支配を終わらせるのを手伝うと主張している。彼らは「トランプはイスラエルのゴラン高原支配を認めるために、ムラー報告書が発表されるのを待った」と言っている。この承認の本当の目的は、ロシア、トルコ、イラン、イラク、クェート、ヨルダンとレバノンがイスラエルとサウジアラビアに対して戦う正当性を与えることであった。(訳者注:意味不明です。だからどうだと言うのか?聞いた話をお伝えしているだけだからしょうがないのかなぁ)
 
さらに、イスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフが先週訪米した時に、予定より早く出発させられたり、彼の訪問中、AIPACやロビー活動で話すことは許可されなかったと、国防総省情報筋は言う。
 
エチオピアとインドネシアの民間航空機を衝突させるためにハザールマフィアが使用した遠隔反ハイジャック・ソフトウェアの使用は巨大は波紋を引き起こした。国防総省情報筋は「ボーイング737事件は、証明の取り消し、生産の停止、より安全な航空機と軍備を提供させる新しい完全な再設計に繋がるかもしれない」と言う。軍産複合体の他の会社も彼らの行動をはっきりさせるよう強制されるとも、彼らは言っている。
 
これは軍産複合体の指導者たちを窮地に陥らせるには十分ではないかもしれない。CIA情報筋によれば、世界中の当局は疑わしい航空会社のさらなる調査をしている。例えば、オランダ、ロシア、オーストラリアとマレーシア政府は、マレーシア航空370/17便に何が起こったのかを一緒に学び始めた。
 
さらに英国の研究所は、2010年に
「墜落」してポーランド政府のほとんどの殺した飛行機の部品に、爆発の痕跡を発見した。これは、多くのEUとロシアの官僚が間もなく大量殺人の嫌疑を受けることになることを意味している。
 
他の航空会社の事故も戦略的効果を持っていた。マレーシア便370/17便の墜落は中国へ行く途中のフェアチャイルドからの研究者の命を奪いました。ライオン航空の事故は30人のインドネシア中央銀行員を殺した。そしてエチオピアの墜落は19人の国連職員の命を奪いました。
 
そして、我々は9/11の効果を忘れてはならない。
 
正義の歯車はこれらの事故をメイ下ハザールマフィアのボスの方へ転がっている。これらの調査が行われると言う事実は、ハザールマフィアの最も基本的なレベルの力を失っていることを証明している。
 
歴史家がこれらの事件を振り返るならば、彼らはそれをおそらく、数千年もの間歴史的大出来事であったバビロンの没落と呼ぶでしょう。それは非常に大きな出来事であるので、隠れたローマ工程がもはや支配しないので、日本のみならず西側は、西暦を置き換えるために新しい時代を名付けるべきである。彼らのバビロニア式負債奴隷システムは内部崩壊する。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
全くフルフォード氏の言う、「聞いた話を伝えているだけ(真偽は責任を持たない)」と言うレポートです。本質的な話はなく、こまごまと白龍会が聞いた話を並べているだけ。結論がない。皇太子とメキシコの話はどうなったのよ。(皇太子もなんか胡散臭いけどね)全体を通して、「国防総省筋によると」と言う文章がほとんどありません。ほとんどはアジアの秘密結社によるとである。つまり白龍会の宣伝マンになっている(前からだけど)。本元のDCに戦いについては全く言及がない。米国の情報源を失っていると思う、あるいは白龍会の言いなりである。毎日、トランプとQのツィートを見ている方が世の中の動きが分かる。米国の話は一切ない。それと繰り返しの抽象論が多いのは情報が入手できなくなっているのかもしれない。それで白龍会と手を組んだ???
 
(参考)あるフルフォード論(米国有名ブロガーのフルフォード論)
私はそれらについて同じ質問を頻繁に受けるので、私はすべてのフルフォード報告にこの一般的なコメントを加えることに決めました。

解説:
私がこれらの報告を共有する理由について疑問に思っている人々から私が受ける多くの質問とコメントに応えて、私は以下を提供します。
 
2011年以来フルフォードの報告に従ってきた誰かと言えば、それらを読むことはおそらく大きな塩の粒で行われるべきです。つまり、彼はペンタゴン、CIA、ホワイトドラゴン協会などの中で申し立てられた情報源から直接情報を共有しているようです。しばしば提示されたデータは表面上で矛盾しています。
 
Fulfordが作成した予測と言明は時々非常に正確ですが、他の場合には、それらは完全に根拠のないものです。 Fulfordをより大きな真実に「惹きつけられる」ものとして見るのではなく、彼のデータを現時点で地球上で起こっていることの1つの可能性のある見方として考えることはおそらくより生産的でしょう。
 
もちろん、これはあらゆる情報源にも及びます。 Fulfordは、私たち全員のように、人間にすぎず、間違いを犯す可能性があります。しかしそれは、意識を広め、人類のためにより明るい未来へ物事を進めるために彼がした仕事を損なうものではありません。
識別は、何かが何かを理解するプロセスです。フルフォードの場合、それは盲目的にそれらを信じずに彼のレポートを楽しませて、それから実際に起こったことを決定するために追跡調査/事実チェックをすることを意味します。このように、それはリアルタイムの識別運動です。
 
センセーショナルで乱暴な不正確さにもかかわらず、正確かつ辛辣であるにもかかわらず、非常に多くの人々が彼の報告を読み続けるという事実は、彼が情報を受け取る人々がおそらくあなたに話すためのマウスピースとして彼を使っていることを意味します。目覚めの道を進んでいます。そのように、盲目的な信念や冷酷な拒絶は私たちの同盟国ではありませんが、批判的思考と率直さはそうです。
 
私が前に言ったように、彼がカバルの現状やエージェントを変えるために働いている様々なグループのためのマウスピースとして働いているならば、あたかもそれが宣伝を目覚めさせる形式であるかのようにデータを解読することができます。大衆に。これがあなたの個人的なプロセスにどのような影響を与えるかは、主にあなた次第です。しかし、私は識別に積極的な役割を果たすこと、そして全面的な受け入れまたは拒絶の罠に陥らないことをお勧めします。
 

∞ インテルアラートの伝える現状と、フルフォードレポートの乖離が大きいような・・・


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:36 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (03/25)
∞  トランプ大統領の動きと相反するハザールマフィアの現実!

 


 
フルフォードレポート
2019年3月25日
 

■ 世界連邦政府」を創設する交渉は、シオニズムが破綻するにつれて危機的な段階に達している
 
3月は、世界初の世界政府創設と言う前例にない歴史的出来事が目に前で繰り広げられ、その狂気を続けている。起こっていることは、一神教を創設したP2フリーメーソンロッジがアジアの秘密結社と交渉して「世界連邦政府」を創設しようとしていることであると、P2とアジアの秘密結社情報筋は確認している。今唯一邪魔をしているのは、いまだに古代の迷信にしがみついている悪魔崇拝者と狂信的なシオニストである。
 
これらを確認できる複数のニュース出来事がある。例えば、中国とモナコの交渉に関する中国の公式ニュースサイト新華社の写真を見てください。
 
これが人口38,400人の2平方kmの国と14億人の中国人政府の間の交渉に見えますか?実際に行われていることは、モナコは非常に強力で、P2として知られる秘密のモナコフリーメーソンロッジの本部である。これは、モナコがワシントンDC、ロンドンシティ、バチカンに匹敵する都市国家であることを意味すると、P2の情報筋は述べている。彼らは、「科学技術、イノベーション、環境保護、野生生物保護、再生可能エネルギーなどの分野における協力」について議論しています。
 
中国の公式メディアもまた、すでに始まったかのように「新時代」について公然と話しています。中国の習近平国家主席がイタリアを訪問したことを説明するにあたり、新華社通信は「中国は、新時代の二国間関係の方向性を堅持するためにイタリアと手を組む準備ができている」そして「国連の出来事、世界政府、気候変動と持続可能な2030年課題のような重要な問題について交渉している。
 
アジアの秘密結社は、2月27日のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の有力者、キム・ジョンウンとの間の首脳会談の失敗を受けて、イタリアの秘密結社と直接交渉することを決定した。 MI6とアジアの秘密結社の関係者によると、今回の首脳会談で、トランプは実際には担当していないということでした。これが、習近平が3月に予定していたトランプとの会談をキャンセルし、13血統の代表である「本物の上司に会うために」イタリアへ行ったことであると、MI6情報筋は言う。
 
現在、2500万人の世界最貧国と世界の超大国の間のトランプ/金首脳会談に関する表向きの話がバラバラになっている。例えば、元CIA韓国行使アンドリュー・キムは先週韓国のソウルで講演した時に、金はハワイとグアムの完全な非核化と米太平洋艦隊の解体を要求したことを明らかにした。
 
きわめて小さく破産した国家の長である金が、そのような要求をすることができると感じたと言う事実は、NSA情報筋が長年言っていた彼が実際にアジア秘密結社の幹部であることを裏付けている。
 
いずれにしろ、3月22日−322−に公表された「ロシア選挙介入」に関するロバート・ムラーの調査の終了によってもう一つの異常な兆候が現れたと、スカル&ボーンズのメンバー。
 
スカル&ボーンズはエール大学の秘密結社として広く知られているが、P2フリーメーソンは、元々のスカル&ボーンズは322年にコンスタンティン皇帝の母親によって建てられたローマの教会に見ることができる。そこにあるオリジナルのスカル&ボーンズの写真を下に示す。
 

 
この日付は、根本的な変化に関して内部関係者へのサインとしてP2の人々によって選ばれた。
 
アジアの秘密結社によると、日本が4月1日に新元号を公表し、5月1日に新天皇を置くのも偶然ではない。
 
新時代の誕生と、シオニズムの内部崩壊がともに見られるようになると複数の情報筋が同意する。国防総省情報筋は、イスラエル国民が悪魔崇拝大量殺人者ベンジャミン・ネタニヤフを再選した場合、イスラエルとサウジアラビアの犯罪政権を排除するために短期の鋭い軍事行動がとられるであろうと言っている。トリガーとなり得るものは、ロシア、トルコ、イラン、シリア、イラク、ヨルダンとエジプトによるゴラン高原の占領の動きであると、国防総省情報筋は言う。情報筋は、トランプがゴラン高原を巡るイスラエルの主権を違法に認証したことは、米軍に支持されておらず、国連、欧州連合、英国、フランス、ドイツ、エジプト、ロシア、トルコ、イラン等の多くな国際的反対によりイスラエルをさらに孤立していると付け加えた。情報筋は、トランプは彼がいなくなる日まで、イスラエルにために事を続ける傀儡を演じていると付け加えた。
 
ゴラン高原の件は正に「シオニズムの棺桶の釘」であると、その情報筋は続ける。警察は南部貧困法律センターを内部崩壊させており、民主党政治家は圧力団体であるAIPAC(アメリカ・イスラエル公共問題委員会)によって主催される会議をボイコットしていると考えて注意してください。彼らがそれをボイコットした理由は、ほとんどのアメリカのユダヤ人がはホロコーストに本当の責任があるのはシオニストであることに気づき、彼らが背を向けたからである。シオニスト崩壊の他の兆候は、先週の明白となった:「シオニストであるボブ・クラフトは愛国者フットボールティームを売り払わされるかもしれない、またブラン雲大学はイスラエルと取引をする会社からの学生の69%の指示で最初のエリート校となった」と、その情報筋は述べている。
 
国防総省情報筋は、ムラーのトランプ無罪報告書の発行はFISAによって承認され、司法省の総括監査官の報告書の発行、未開封基礎と軍事法廷の開始に繋がるだろうと、述べている。我々はすでにそのことを聞いているが、裁判が実際に行われたときに、信じることができる。
 
始めにあたって行うのが良いのは、シャレッド・クシュナーの逮捕です。思い出してください、彼らが人間の脳に埋め込む「獣の印」マイクロチップを開発したのは5番街666にあるクシュナーのビルであった。何人かが彼は半キリストであるとさえ主張するカシュナーの犯罪の十分な証拠がある。(訳者注:これが十分な証拠であるのか?)
 
https://beforeitsnews.com/v3/religion/2018/2542730.html

元CIA職員のロバート・スティールは、「クシュナー社の本で、ジャレッド・クシュナーは父親の跡をたどり刑務所へ直行するメディア記事の大旋風を引き起こした」と述べている。世界的リーダーとの情報交換にWhatsappを使ったり、すべての公式手順や通信回路を迂回したり、多くのレベルで大統領の名を悪用したり、多くの詐欺、税と不動産法を起こすことから退けられて、不名誉な終わりに向っているように思える。(思えるだけだよね)彼の妻−トランプの娘は人が信じることができない法律の感覚(信念に逆らう権利の感覚)であると言う役に立たないと言う非難によって暴露された。
 
クシュナーの排除に加えて、国民は高レベルの小児性愛者を取り上げない理由に戸惑っている。Qanonのwebsiteは最近、ジェフリー・エプスタイン小児性愛島に繋がる注目の有名人リストを掲げました。トランプはこの島の訪問者でありクシュナーの義理の父親であるので、彼がそれらの面で行動がとれないのであれば、自身が排除する必要があるかもしれないと、CIA情報筋は言う。(訳者注:トランプは本当に一生懸命人身売買ネットワークを実際に潰している。彼らの手口はいつも同じ、自分たちがやっていることを相手の仕業にする)
 
航空機墜落による遠隔操縦に関するボーイングの犯罪調査は少なくとも、米国内の徒党に対する行動はすでに始まっている兆候である。現在の国防長官であるパトリック・シャナハンですら彼の関与について調査されていると、国防総省情報筋は言う。
 
その情報筋は、この調査は株式会社アメリカ政府と同様に「高価格軍装備の見直し」国防相と軍産複合体の汚職に繋がる。
 
ハイテク寡占に関する現在の継続的公開は、これももう一つの兆候である。ごく最近の例として、テクノロジー会社が違法に組織的に商業目的他のために国民の盗聴をしていると言う確証である。それが信じられないならば、あなたが買う予定である製品について話をしようとしてください、そうするとあなた達が近い将来にウェブをサーフィンするときに、どんな広告を得たかを見て下さい。
 
もちろん、シオニストは静かに消え去ることはない。例えば、ハイテク企業は中国への技術移転との交換で中国の保護を得ようとするだろう。その一つが5Gマインドコントロール技術によって世界の人間の完全支配を中国に与えることを約束していることであると、国防総省情報筋は言う。国防総省はそれを阻止するために最善を尽くしていると、彼らは付け加えた。表面的にはここで確認することができる:
 
シオニストは偽情報と宣伝を広めるためにコンピュータ・グラフィックスを使い続ける。もう一つの最近の例は偽のニール・キーナンのビデオである。
 
このビデオではキーナンはユダヤ人に帽子をかぶっていることを確認してください、しかし本当のキーナンはローマカトリックです。私のインドネシアのCIA接触者は、言葉も話しそこに20年以上いるのですが、インドネシア当局はキーナンが入国した記録はないことを確証している。彼は最新のビデオ路記事が出てきた時期は91,173tのインドネシア金塊の実債権の出回りと時期を同じにする。これは(破産したロスチャイルドが(金塊)の貯蔵庫に近づこうとしている方法であるが、それは決して起こらないと彼は言っている。
 
瀕死のシオニスト獣が四方八方にばらまく、多くの爆発、破壊行動、組織化した気候災害他が起こるでしょう。
 
例えば英国では、掩蔽壕(えんぺいごう)に指導部を避難させる計画で、困難を極めるBrexitに準備していると、MI6情報筋は言う。そこの軍隊は、金融システムがシャットダウンしたら食料と燃料の配布の物流を引き受ける準備をしていると、彼らは言う。
 
今週の最後ですが、我々は多くの人々がこの著者をグローバリストと中傷しているのを見ている。読者の皆さんに思い出していただきたい、私がしていることは世界がどうなっているかを話しており、私が願っていることではない。しかし、世界は惑星規模で進行中の大量絶滅イベントを終わらせるために一生に働く必要があり、それは世界のリーダーたちがしようとしていることである。
----------------------------------------------------------------------------------------------

(フルフォード氏の)お耳に入っているんですね、結構なことです。でも、まだ分かっていない。我々が不信を抱いていることは、言うことがコロコロ変わることである。それが真実ならば、訂正とその理由を明確にしてほしい。先週と違うことをさも当然のように言うのは金をとっていておかしいと思う。だから、やつらの手先だと言われる。まだまだ、世界的に不信を買っていますよ。ジャレッド・クシュナーの件も、あんな程度の理由で黒だと言っていいのだろうか、また間違えるのではないか。「私は自分の意見を言っているのではない。私が聞いた話をしている」と言うのはいつもの逃げ口上である。色々な誤情報があるのでしょ、誤報を垂れ流しにされては困る、有料なのだから。それは自ら自分の信用を貶めていることに気づかない。
 

∞ フルフォードレポートとインテルアラート情報のギヤップがありすぎて少々混乱します。
 

(^_^)/ 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 23:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (03/18)
∞  今回もライターは別人? (^_^)

 


 
フルフォードレポート
2019年3月18日
 

◆ 重要な転換期に達しようとしている徒党支配から人類を解放する戦い
 
人類を犠牲にする悪魔崇拝者(バアル、モレックなど)のカルトから人類を解放するための戦いは、多くの分野で激しい戦いが繰り広げられる中で、重要な転換期を迎えている。本質的に、戦いは深く根付いたトップエリートに対するほとんどの国の軍隊と同盟している大衆との間の戦いである。
 
大量逮捕が行われなかった理由を疑問に思っている人々は、私たちが夜は静かにしようとしない千年前の統治システムを扱っていることを理解する必要がある。兎の穴がどれだけ深く走っているかを理解するために、下の図を見てください。
 
https://benjaminfulford.net/wp-content/uploads/2019/03/high-tech-freemasons.docx

この図は、今日でもなおほとんどの世界支配者を支配しているシステムを表している。

例えば、先週ロシアの情報は我々に、ドイツ首相アンゲラ・メルケルだけではなく、英国首相テレサ・メイとリトアニア大統領のダリア・グリバウスカイトもヒットラー・ロスチャイルドとカスナーズ家の血のつながった三人娘であると言う証を提供した。サルマン・ロスチャイルドはマリア・アンナ・シックルグルーバーと性交渉を持った。アロイス・ロスチャイルドはクララ・ヒットラー(アドルフ・ヒットラーの母親)を愛し、同じ血統から教皇ベネディクトが生まれたブラウナウ・アムホテルで赤ん坊が飛び出したと、その情報源は言う。証拠として、彼らはこの写真をタビストックのマインドコントロール研究所でのリーダーシップのトンーニング時代のその三人であると主張して提供した。
 

 
彼らはまた、Brexitを阻止しようと一生懸命のメイが、メルケルと同じ悪魔の目のような「ピラミッドの目」の手のサインを作っていることにも注目している。
 

 
また、カナダでは、異母兄のミッシェル・トルドーを殺害したかもしれない(その死体は発見されていない)ジャスティン・カストロ・シンクレア首相がいる。カストロ・シンクレアの母親であるマーガレット・シンクレアはスコットランド・フリーメーソンを設立した血統のジェームス・シンクレアの娘です。カストロ・シンクレアは数十年にわたるカナダの外交政策を裏切って、ウクライナとイスラエルのナチス政権を盲目的に支持し、カナダ銀行を野蛮な支配から外すことを拒否することによって、彼の本性を現した。
 
フランスのエマニュエル・マクロン大統領がロスチャイルドの奴隷であることもよく文書化されている。実際、我々が以前に書いたように、ほとんどの世界リーダーは奴隷である。
 
それでは、これらの人々皆は最終的に誰に報告するのでしょうか。その答えはイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相のような偽のユダヤ人ではない。ネタニヤフはイタリアとスイスの黒太陽崇拝者に報告するただの副主任です。このことは、日本の福島に対する大量虐殺攻撃への彼の関与が文書化されて証明された。この攻撃は元イエスズ会トップピーター・ハンズ。コルベンバッハによって指揮された。彼はNSAが録音した会話の直後に悪魔であると主張したと、日本の軍事情報筋は確認している。
 
ですから、我々が人類を解放するためには、私たちを扱っているのは誰かを正確に把握する必要がある。それは、別の深い兎の穴を掘り下げ、秘密の支配家族の一つでファルネーゼを見つけなければならないことを意味する。下の図は、家族の洋裁、元の五角形、ワシントンの国防総省−彼らが思い描いていた創作−と、当時彼らがワシントンDCがローマファシスト、バビロニア政府の中心になる計画を立てていた。
さて、この時点で読者に、これらが全て現在の出来事にどれほど関連しているかを示す必要がある。先週のニュージーランドのモスクにおける虐殺から始めましょう。襲撃者はリュックサックに黒い太陽の紋章をつけていた。
 

 
私たちはこの攻撃の本当の性質に深く入り込むつもりはない(それは良くどこにでも文書化されているから)、それは徒党の権力を喚起するための悪魔への犠牲だったとコメントする以外はない。
 
特報:

ニュージーランド警察とフリーメーソンの共犯によるシオニスト・イスラエルによるニュージーランド偽旗:複数の狙撃者、場所、パレスティナへのニュージーランド支援に関連するシオニストの動機?
 
それでは、北朝鮮と米国のドナルド・トランプ大統領を含む最近の出来事における、黒太陽の支持者から命令を受けたイタリアのマフィアの関与を見てみましょう。
 
トランプと北朝鮮実力者の金正雲との首脳会談が崩壊した後、中国の習金平主席がトランプと会うための3月の米国への予定されていた訪問を延期したことに注意してください。代わりに今週彼はイタリアに飛んで本当のボスに会う。
 
これに関連して、ガンビーの家のボスであるフランク・カリの殺人が先週あった。P2フリーメーソンの情報筋は、カリは「イタリア系アメリカ人マフィアが彼らは北朝鮮の要望通りに資金洗浄をしたので、トランプと金正雲の会談は成功すると約束した」と、その情報筋は言う。しかし、その情報筋は続ける「会談は失敗した、理由は権力における思想的地政学が金より強かったかので失敗した」したがって、ガンビー家は価値のない北朝鮮の通貨を蓄えていたので、巨額の損失を強いられた。
 
これに関連して、金/トランプ会談の直前に、スペインにある北朝鮮大使館への攻撃があった。米国の報道によれば北朝鮮反体制派、スペインの報道によればCIAによって襲撃が行われたが、大したことではないが、コンピュータと携帯電話が没収され、それらにはマフィア/北朝鮮の資金洗浄に関する情報が含まれていたと、日本の軍事情報は述べた。
 
いずれにしろ、P2フリーメーソンと黒太陽崇拝者たちは、「世界連邦政府」を創設するためにアジアの秘密結社と交渉しようとしていると言う。
 
一方、人々の戦争は徒党に対して激しさを続けている。攻撃の大部分は徒党の管理するハイテク企業に対するものである。グーグル、フェイスブックおよびその他の多くのハイテク企業に対して、以前報告されたように、現在刑事犯罪や独占禁止法の告訴を準備している。国防総省の関係者によると、これらの企業は全ては破壊され、そのリーダーは多くが投獄されると言っている。
 
誰が本当にこれらの企業を支配しているかについての手掛かりについては、以下のこのWEBサイトをご覧ください。
 
他の徒党と同様、これらのハイテク企業は戦わずして諦めないでしょう。先週、二人の情報提供者が、彼らが人類の統治を維持するために、あるいは殺害するために5G技術を使用することを計画していると私たちに警告するようになった。
 
5Gデバイスを製造する大手テクノロジー企業のマネージャである内部告発者は、それは非常に危険なテクノロジだと言っています。 3Gと4Gが導入された頃とは異なり、この情報筋によると、上部管理者は適切な安全チェックなしで5Gの実装を推進しています。 「5G波長は人間の脳の波長と非常に似ているので、マインドコントロールに使用することができます」と彼は言った。彼はまた、3G信号はバスケットボールのように、4Gはゴルフボールのように人々を襲うが、5Gは針のように振る舞い、脳を損傷する可能性があるとも述べた。彼はまた、5Gは100mごとに送電鉄塔を必要とし、非常に邪魔になり環境に危険であると警告した。彼は彼の会社の5Gテストラボでは電磁波を照射した微生物を含む生き物は生き残れないと言った。このマネージャーはまた、自分の4Gスマートフォンを自分の体に乗せないで、寝るときに機内モードにするように勧めました。私は彼の忠告を受け入れてところ、私がより長くより深く眠れるようになったと報告することができます。南アフリカのアパルトヘイト政権は黒人アフリカ人の行動を操作するために電磁波搬送周波数を使用したと言った南アフリカの元情報当局者からも連絡がありました。ある時点で彼らはお互いを攻撃するのに慣れた、と彼は言った。それについての議論は下のリンクされたビデオのおよそ45:31クロックから見られることができます:

https://youtu.be/Aw5yuOgqayI
 
https://www.youtube.com/watch?v=Aw5yuOgqayI

英国の諜報機関は、アングロサクソンファイブアイズグループはこれらの危険性を認識していると言っているので、彼らは5Gを減速させ、同様にすることを中国人に求めている。
 
他のニュースでは、先週米国の石油精製所を襲った火事がいくつかありました。これはほぼ間違いなくに彼らの国への徒党の攻撃に対するベネズエラの復讐だった。米国の脆弱なインフラストラクチャに対して、さらに多くの復讐攻撃が行われる可能性があります。
 
誰かが米国の支配階級に古い格言を思い出させるべきです:「温室に住んでいる人々は石を投げてはいけません」。
 
米国防情報局も先週、徒党支配のボーイング社に対する大規模妨害について述べた。346人の犠牲者(ライオン航空とエチオピア航空の犠牲者)は無駄ではなかったと国防総省情報筋は言う。その死は、ボーイングのCEOと腐敗した航空当局者とのロビー活動にもかかわらず、トランプが737の飛行差し止めをせざるを得なくなった時に、肥大した贅沢な軍産複合体に火をつけた。

∞ FAA:アメリカ連邦航空局(Federal Aviation Administration)
 
FAAはボーイングに依存しているので、トランプは行政命令で737を地面に置かなければならなかった。エチオピアは米国を信用していないので、フランスに飛行データとボイスレコーダーをチェックさせたと、その情報筋は述べた。FAAはひどく信用がないので、航空安全に関する大本の標準はEUと中国にあると彼は述べた。国防総省情報筋は、737の安全認証を取り消し、9/11やライオン航空、マレーシア航空370/17便のような事件の実行をモサドやCIAに許してしまったボーイングのBHUP(自動操縦)遠隔ハイジャック機能を取り除く動くがある。
 
他の軍産複合体であるロッキードはトルコ、台湾やドイツのような同盟国にお粗末なF35の販売を失いつつあると、その情報筋は言う。国防総省情報筋は「ロシアはよりよくより安い武器を製造している」と付け加えた。それがトランプが湿地を排水し続けなければならないもう一つの理由である。
 
∞ フィサ【FISA】[Foreign Intelligence Surveillance Act]とは米国に対する諜報活動や国際テロへの関与が疑われる人物を、電子的手段を用いて監視するための手続きについて定めた米国の法律。外国情報監視法。外国諜報監視法。
 
国防総省情報筋は、ロバートミュラーの調査が終われば、真相国家を破壊するためのFISAの機密解除、シオニスト組織の外国人代理人登録、9/11の開示などが起こると指摘している。「アメリカを再び偉大に」の動きが続く。

----------------------------------------------------------------------------------------------
先週のトランプ悪者説はどうしたのでしょうか?

その時々に飛び込んできた言葉を述べているだけ、

フルフォードさん自身が「私は聞いた話を伝えているだけです」
正しいかどうかは知らないとと言ってはばからない。

私だって、よく吟味してお知らせしているつもりですが。
 
さて、細かい話ばかりで体制がどうなっているのかが分かりません。

彼らも分からないんでしょうね。

それと、フルフォード氏の姿が見えません、大丈夫でしょうか?
今回も彼の英語ではありません。


∞ このフルフォードレポートは、一体誰が書いているのでしょうね。地球同盟?

“中国の習金平主席がトランプと会うための3月の米国への予定されていた訪問を延期したことに注意してください。代わりに今週彼はイタリアに飛んで本当のボスに会う”

習近平さんはやはりハザールマフィア?

英国首相テレサ・メイも?

現時点で、世界の至る所でハザールマフィアさんたちの足掻きによる反撃が起きている現状に、地球同盟がどう対処するのか気になりますね。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 10:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (02/25)
∞ 読むと少々混乱するかも・・・(^_^;) 


 


 
フルフォードレポート
2019年2月25日
 

■ ハザールマフィアは皆殺しを避けるために最終戦でトランプ脅迫カードを切
 
ハザールマフィアは、多くのユダヤ人を含むますます多くの人々が彼らの恐怖に目覚めているので、深刻なパニック状態にある。それが、彼らが米大統領ドナルド・トランプを米国共和国の復権を妨害し、軍事法廷の開始を阻止しようと脅してトランプゲームをしている理由であると、国防総省とMI6の情報筋は言う。
 
トランプは彼の義理の息子ジャレッド・クシュナーのチャバド計画(各ユダヤ人に2,800人のゴイム奴隷)を進めていると、その情報筋は言う。その結果、米軍諜報機関はトランプは進まなければならないという結論に至っている。
 
「ドナルド・トランプは国防総省の平時の大統領であるので、彼の周囲には軍事情報が大量に存在している。本当は我々は彼も一方も望まなかったが、一つにしなければならなかったので、ブッシュのものが通過することができたとは、高レベル軍事情報情報筋が説明したことである。その結果、バーバラ・ブッシュとジョージ・ブッシュ・シニアが反逆罪で処刑されたと、その情報筋は述べた。
 
しかし、トランプが再びブッシュ・シニア時代の検事総長ウィリアム・バーを検事総長に任命したので、彼は911の加害者やブッシュ/クリントン犯罪家族のさらなるメンバーを追いかけるつもりはないと読ませるサインを出した。トランプはまた、軍事裁判や他の裁判が前進することを阻止してきたと、国防総省情報筋は言う。
 
この著者を含む多くの人々が、トランプがアメリカの解放者になることを望んだ。しかし、トランプがジェフ・ボルトンのような過激なネオコン戦士とエリオット・エイブラハムのような有罪判決を受けた犯罪者を雇ったことは我々に、トランプは破損品であると気付かせた。
 
トランプ大統領に何か重大な問題があると言う新たな兆候が欲しいというなら、なぜトランプが核兵器技術をサウジアラビアの不正国家に移行しようとしているのかを自問してみてください。
 

 
国防総省の情報筋によれば、サウジアラビアの核兵器で、イランに対して核の世界大戦を始めるために、彼は彼のChabadマスターの側でこれを行っているという。
 
これらの不自然なトランプ行動の理由は深刻な脅迫である、とペンタゴンとMI6の両情報筋は言う。具体的には、彼らは、「トランプは子供の頭をぶちのめすフィルムの登場する」と言っている。これは、イギリスとアメリカの両方の軍事情報筋が確認するものです。
 
現在、公に公表されている裏付ける証拠があります。特にマイアミヘラルドは、有罪判決を受けた小児性愛者Jeff Epsteinを露出することによって、本当のジャーナリズムの仕事をしてきた。彼が所有するオルギー島にトランプが煩雑に訪問していた。現在、裁判官はトランプのアレクサンダーアコスタ労働長官が小児性愛の容疑でエプスタインを軽い処分で辞任させたときに法律を破ったと裁定した。それについて尋ねられたとき、トランプは言った、「私はそれについてあまり知りません。彼は労働長官として素晴らしい仕事をしました。それは昔のようです」
 

 
ちなみに、これはトランプ氏がエプスタインについて語ったことです「彼は一緒にいるのがとても楽しいです。彼が私と同じくらい美しい女性を好むと言っている。そして、彼らの多くは若い女性です」
 
目覚めよ。トランプの輩はアメリカの正義を妨げる障害となった。
 
それだけでなく、彼は何十年もの間第二次世界大戦を始めようとしていた過激なChabad狂信者に公に参加しました。私の質問は、軍がなぜエイブラムス、ボルトン、クシュナーなどを逮捕し、彼らが属する場所で刑務所に入れないのですか?また、トランプが脅迫されているビデオを見つけて、辞任を強要する為に使用しないのはなぜですか。あなたはエプスタインに質問することによってその検索を始めることができます。
 
いずれにせよ、9/11のような問題についてのトランプの不自然な方向転回にもかかわらず、ペンタゴンの筋は彼がより低いランクの人物に対して行動を起こすことを軍隊に強いられたと言います。 「トランプが2017年10月に軍の将軍と会ってハーヴェイ・ワインスタイン、そしてラスベガスのカジノ王スティーブ・ウィン(ワインバーグ)、そしてCBSの巨人レ・ムーンヴス、そして今や億万長者ニューイングランドの愛国者のボブ・クラフトなどと暴風雨を浴びせた。 」
 
また、「ユダヤ人の犯罪者を支援するためのモサドスパイ活動は、Psy Groupの閉鎖、およびBlack CubeとPegasusスパイウェアの露出によって無力化されました」と国防総省情報筋は述べています。さらに、「同性愛者のボルトン下僕とイスラエル人ちょうちん持ちであるリチャード・グレルは国連大使として棄却された」と情報筋は述べている。
 
上級小児性愛者のカトリックの枢機卿の排除は、ハザールマフィアの小児性愛者の脅迫ネットワークが解体されていることを示すもう1つの前向きな兆候です。先週のD.C. のTed McCarrickの性捕食者の元枢機卿の聖職からの解職に続いて、有罪判決を受けた小児性愛者のバチカン銀行の元総裁枢機卿George Pellが解職される可能性が高いと、情報筋は言う。
 
トランプが今週、北朝鮮の有力者、キム・ジョンウン氏と会うとき、これについて議論することになるだろう、と彼らは言う。
 
アジアの秘密結社は、確かに日本の支配が中国に約束されていることを確認しています。彼らはトランプの選挙が行った唯一のことはすでにヒラリー・クリントンによって交渉されていたこの取り引きを遅らせることであったと言う。
 
サウジアラビアのクローン王子モハメド・ビン・サルマンが中国を訪問した先週、中国人から吸い上げているハザールマフィアの兆候が見られました。彼はそこに巨大な製油所を建設することを申し出ることによって、そしてすべてのサウジアラビアの学童に中国語を教えることを約束することによって中国からいくらかの賃貸料を得ることができました。彼はまた、中国のウイグル人イスラム教徒の強制収容所への配置を支持することにより、彼が偽のイスラム教徒であることを示した。

 

 
ユダヤ人たちがついにハザール人が彼らの最悪の敵であることに気づいたので、ハザールマフィアのサウジアラビアとアメリカの支店も中国の保護を求めています。まだ視聴していない場合は、米国の政府高官であるSteve Pieczenikによる、この短いYouTubeビデオをご覧ください。 Pieczenikは何年もの間私に何人の情報源が私に言っているかを独立して確認します:第二次世界大戦の間にアドルフヒトラーとナチスのために働いているユダヤ人は彼らの仲間のユダヤ人を殺しました。
 
これらすべては、ユダヤ人をヨーロッパからイスラエルに強制的に連れて行って、そこにハザールマフィアのための王国を創造するための努力の一部でした。ユダヤ人がシオニズムの名の下に彼らに対するこの恐ろしい犯罪に目覚めているという事実は、ハザールマフィアを深刻な恐怖の状態にしました。これは、反シオニズムを刑事犯罪にしようとするロスチャイルドの奴隷フランス大統領エマニュエル・マクロンによる動きの中に見ることができます。
 
彼らの統治に反対する大衆の反乱を阻止するために抑圧を強化しようとしたら、誰かがルーマニアのニコライ・チヤウセスクあるいはイタリアのベニート・ムッソリーニに何が起こったのかについてマクロンに思い出させるべきです。
 
今週の最後のメモで、私たちは先週、 "Doctor" Zvonko Berdik-Albertの名で高級債を現金化しようとしたという私達の報告に関して多くの反応があった。アジアの秘密結社によると、アルバート博士は詐欺師であり本物の医者ではなかったという。彼らはある時点で彼が違法にPlum Blossom(Mei Hua)の資金にアクセスし、その結果「50近くの中国人将軍」が処刑されたと言っています。アルバート博士は処刑されたと言うのです。
 
しかし、債券のスポンサーは言って反論しました:
 
「彼はもともと間違った側にいましたが、それから彼の人生の最後の10年間は​​正しいことだけをすることに専念したため、カバールに狩られました。しかし、彼は善良な人で、信頼が人々の最善の利益のためだけに使われるのを見たかったのです。彼は彼の人生の最後の年にカバールに対して彼の足を置いた。我々は実権を握ったので、我々はその過去からの方向を変えました。 [入れ] A博士の代わりにスコットは純粋に人類のためであり、そして彼は過去10年間の間に良い戦いと原因と戦ってきました。私たちは、人類全体として、公正で公平なことをするだけです。」
 
この手段で現金にしようとした人々は誠実で善意のようでした。
 
しかし、債権への動きは、影響力のある真実の求職者に「人道目的」のために膨大な金額を提供することによって買収しようとするひそかな試みのようでもあった。もちろん問題は、秘密集団がその能力を使うシステムを永続させる為に、薄いお金からお金を生み出して賄賂や支払いに使おうとしたことである。
 
最終的な答えは、自己選択された少数のための神のような力の秘密の源泉ではなく、公的に有用なお金の創造と分配を公にすることです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
冒頭のトランプ批判は、これはおそらく白龍会側が挿入したか、フルフォードを押さえつけたのかもしれない。前回もそういうことがあって、フルフォードは白龍会が勝手に挿入したと言っていた。釈明ではなく、従って原因対策もなし。前から、金で身を売ったジャーナリストと私は言っていた。
 
前回の事件の後は世界的にブロガーのフルフォード離れが起こった(今も続いている)。あるいは彼は信用できないが、各種情報は見るべきものがあり、確認しながら使っていると表明するブログもかなりある。今回も大きな動きがでるのではないか。フルフォード氏はどう対応するのだろうか。それで私は決める。

批判の内容は幼稚なものである
 
.船礇丱匹噺世Δユダヤ人の件は、今のイスラエルはバレスティナに返す。その代わりロシア領あたりに新ユダヤ国歌をつくる。その中心がチャバドになるらしい。米露共同で進めている話で、トランプ政権は息子のクシュナーがパージを受けたことをいいことに隠密で本件を進めていると聞いている。
 
▲肇薀鵐廚任皀屮奪轡紊任發匹舛蕕任發茲ったという発言は意味不明。白龍会がだろうなぁ?
 
所詮くだらない愚痴である。
 
ボルトンとかウィリアムバーとか官僚の話。優秀な官僚のようですよ。
 
ぅ肇薀鵐廚離咼妊の話は大昔からあるのに、人に言わないで白龍会が騒いだらどうか?
 
何故ディープステート側は騒がないのだろうか?自分たちが作った捏造だろうと言われても仕方がない。
 
ィ坑隠韻鮖呂瓩箸垢觀鎧裁判は国家非常事態宣言が必要です。やっとここまで来た。これからでしょ、軍事裁判。Qの話でもそろそろのようですよ。
 
白龍会はP2と共同で新たな寡頭勢力になろうとしていただけです(何度も言っています)
 
従ってトランプからは全く無視されているので、トランプが憎くてしょうがない。つまり悪人と言うことです。

私がトランプに騙されているのでしょうか?そのほかの人に騙されている可能性の方がはるかに高いと、今は思っている。
 
いずれにしても、フルフォードは信用はしていません。自己責任で。
 

∞ 今回のフルフォード・レポートに記載されている内容のほとんどがよく理解できないのは白龍会の思惑で彼等の記事を勝手に挿入したからのようです。フルフォード氏は彼等から金を受けとっている以上受け入れるしかないようですが、地球同盟の動きに同調しない情報を発信する意味はないと思いますが。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 00:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (02/18)
∞   ハザールマフィアさん達の排除は世界的に進行中のようです。

 


 
フルフォードレポート
2019年2月18日
 

破産の米政府は浮上を保つために偽の債権を発行している
 
ワシントンDCの破産した米政府は偽の債券を発行することで破産しなかったふりをできたが、これらは阻止されると、国防総省、アジア秘密結社と欧州王室筋は言う。
 
2008年に、ワシントンDCのハザールマフィア傀儡政権は700トンの金塊を使用して75万トンの金担保債権を偽造し、23兆ドルを希薄な空気から生み出すことで破産を回避することができたと、CIA、国防総省、MI6他の情報筋は認める。その金は使い切っている。
 
今回は、彼らは殺された男「医者ツボンコ・バーディック(事実はコート・アルバート)の身分証を偽造して同じことをしようとしており、今回は中国通貨を使用する。偽造証のコピーは以下で見れる。

 
インドネシアのCIA情報筋によると、ハザール暴徒はまた、欧州CIAのトップのニール・キーナンを殺害し、インドネシアの金塊を手に入れようとして失敗に終わった企みにおいて彼の身分証を偽造しようとした。
 
同時に、ハザールマフィアは中東の石油支配の崩壊に対する安全保障を買う企みとして、買収金200億ドルと共にサウジ皇太子をパキスタンに送ったと、国防総省情報筋は言う。しかし、パキスタンはイスラム教徒のふりをした悪魔崇拝ハザール傀儡に騙されなかったと、イスマイリ(歴史的なハシャシンあるいはアサッシン)情報筋は言う。
 
皇太子が保護を求めてパキスタンに行った理由は、米軍がサウジアラビアから撤退し、アラビアを再び彼らの指導者として正当のイスラム人を選ばせる事を計画しているので、所謂サウジ王室のほとんどは運命づけられていると、国防総省情報筋は言う。
 
一方、米国とカナダの複数の情報筋は先週の米大統領ドナルド・トランプによる国家非常事態宣言に続いて北米で行動を起こすために特殊部隊が召集されたと述べている。
 
国防総省情報筋は、「非常大権を持って、トランプは今、偽旗脅威を取り除き、徒党と外国代理人を逮捕し、海外基地を閉鎖し、陸軍工兵隊に壁を建設させ、軍隊を帰国させ、軍事法廷を国民的会話に持ち込むために各都市で軍事作戦を指揮できるようになっている」と言っている。
 
大量逮捕を可能にし、FISAの機密情報開示や情報廃棄に備える為に、トランプが国家非常事態を宣言する前に、連邦緊急管理庁執政官ブロック・ロングが解雇され、司法長官ウィリアム・バーが宣誓をしたと、国防総省情報筋は言う。ブロック・ロングは、ワシントンDC株式会社のプエルトリコ事業の破産を隠蔽するために使われた偽のハリケーン危機の背後にいた人間である。
 
情報廃棄の多くは、違法な製薬業界から巨額な賄賂を受け取っている政治家や黒幕に関するものであると、CIA情報筋は言う。すでに、麻薬王エル・チャポはヒラリークリントン、ナンシー・ペロシ、下院情報委員会議長アダム・シフ他が彼から麻薬資金を受け取ったと彼の判決の公聴会で証言している。
 
 
同時にフランシス法王は、性を食い物にするDCの元枢機卿テッド・カリックから聖職をはく奪するために歴史的な動きを強いられ、さらに多くの枢機卿と司教が同罪に直面する道を開いたと、その情報筋は言う。
 

 
枢機卿が解雇され還俗させられたのは2000年に及ぶ教会史上、明らかに初めてのことである。マックカリックは多くの高位の政治家犯罪者を擁護してきたワシントンDCの黒幕のトップであったと、その情報筋は言う。(ジョージ・ブッシュ・ジュニアとトニーブレアが権力を失った後、保護を求めるためにマレディクト教皇に会いに行ったことを覚えていますか?)
 
マックカリックの解雇は昨年12月に子供の性的虐待で有罪になったアロのバチカンのトップ融資者枢機卿ペルに排除に関連していると、P2フリーメーソン情報筋は言う。ペルは新金融システムの開始を阻止していると、彼らは言う。これはまた、2011年3月11日の福島大量殺人におけるバチカンの役割を調査するために外交チャンネルを使ってバチカンに送られた英国政府の正式要請にも繋がっていると、英国MI6の情報筋は言う。福島の刑事訴訟はイスラエルの安全管理会社マグナBSPとイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに対する起訴によって始まると、その情報筋は言う。
 
しかし、ファシストで細菌戦主導者の日本の安倍首相と彼の後援者である岩崎一族(三菱グループ)もまた、訴訟の後半で裁判にかけられると、その情報筋は言う。念のために言っておくと、安倍政権は福島震災の後、選挙詐欺によって成立した。日本の右翼情報筋によると、彼の政府は公式には福島の洗浄のために使われていることになっている多額の金を略奪している。山口組暴力団によると、安倍の母親は東京オリンピック関連のスラッシュ資金を配るための日本のギャングとの連絡係りとして行動している。
 
ロシア政府が安倍政権と和平協定を結ぶこと望んでいない事実は、それが違法な犯罪政府であることを彼らが理解している明確な兆候であると、ロシアFSB筋は述べている。
 
日本のバチカン/モサドのトップ代理人のマイケル・グリーンバーグと殺人と麻薬取引の差し迫った逮捕やバーバラブッシュの従妹リチャード・アーミテージの解雇は日本の一掃の道を開くであろうと、日本の白龍会情報筋は言う。
 
それが、日本が5月1日に新天皇として皇太子を据える準備をしている舞台裏で巨大な戦いが起こっている理由である。あるグループは北朝鮮の金正雲は外国支配には屈しなかった王室血統の一部を代表しているので、彼を天皇に据えようとしていると、日本皇室家族の情報筋は言う。他のグループは、徳仁は皇室の血を引いていないので、南朝の皇室血統の小野寺直史を天皇に据えるよう主張している。
 
2月27日と28日にベトナムで金正雲とトランプが会う時、帝国の継承問題は激しい議論になることは確実である。国防総省の情報筋は、合法的な天皇が誰であるべきかを決定する公判が行われるかもしれないと言っている。
 
フランスの国家移行評議会の関係者によると、ハーグ国際司法裁判所(ICJ)でも欧州連合の政治的基盤を覆す可能性もあると言う。理事会報道官ファブリス・デュブルデューによると、2月19日に評議会はICJに「フランスは2007年12月13日以来、憲法を定めていない」と主張する件を提出する。さらに評議会はフランスの3部門(行政機関)が1948年以来法的権利なしで運営されていることを示すであろうと、彼は言う。
 
「この法的混乱は、フランスの政権交代ののみならず、あなたがこ飲むなら私が進展させることができるあらゆる法的理由によってEUの崩壊(我々が知っているように)をも引き起こす可能性がある」とデュブルデューは言う。彼は「我々は単純ではなので、常時監視されていることを知っている。我々は行動妨げられていない事実は、上位者がEU第四帝国を合法的に火をつける適切なタイミングであると判断したことを意味している」と付け加えた。
 
一方、イスラエルのハザールマフィア政府はその第四帝国ナチ支持者が力を失っているのを見て、イランへの戦争の支持を強めるために先週ポーランドで緊急会議を開催することを試みた。彼らはまた、ポーランドから金を強要しようとしたと言う。ポーランド政府は1ペニーをも拒否し、代わりにドナルド・タスク欧州理事会議長の起訴を求めたと、情報筋は述べている。タスクはポーランド人のふりをしているだけで、2010年の大統領を含むポーランド政府高官の殺害に関与したドイツの代理人であると、彼らは付け加えた。
 
ハザール人が支配を失っているもう一つの兆候は、「イスラエル二重国籍のルパード・マードックの代理人の前フォックスニュースのアンカーであったヒース・ナワートが国連大使の候補から彼女の名前を取り下げると言う形で現れたと、国防総省情報筋は言う。ユダヤ人のCIA情報筋によると、米国は間もなくイスラエルではなく米国を代表する国連大使を持つことになる。進行中の作戦が危険にさらされるのでまだ書けない多くのことがある。しかし、同社はそれは人々とこの惑星に住む生き物にとって本当に素晴らしいことであるので安心してください。我慢する人は最後には彼らの遺産を相続することができる。
 

∞ 日本の闇さん達の一掃も近づいているようですね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 07:36 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (02/11)
∞  今回のフルフォードレポートに違和感が・・・ (-_-;)

 


 
フルフォードレポート
2019年2月11日
 

■ 秘密の条約は早ければ3月には大規模世界変化を知らせている
 
秘密裏でも公の場でも、世界権力の最高レベルで激しい交渉が行われていると、複数の情報源が認める。このことは、早ければ3月には地球を変える声明をもたらすかもしれない。ワシントンDCにおける権力闘争もまた、ドナルドトランプ大統領の国家非常事態を宣言すると言う脅しに見られるように、ある種のクライマックに向っている。
 
一つの大きな公的な動きは、教皇、上級イスラム代表者および他の多くの宗教の代表者による世界一神教の発表でした。これは教皇フランシスがイスラム発祥の地であるアラビア半島を訪問する史上最初の教皇となった後に、起こりました。発表の文書はここで見ることができる。
 
東南アジアのCIA筋によると、国連本部をニューヨークからラオスに移転することが、2月27日から28日にかけてのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮実力者の金正雲の首脳会談の大きなテーマになると言う。
 
交渉に関与している情報筋によると、アジアの秘密結社、米軍産複合体、そして欧州王室たちは、世界将来計画立案機関の創設に取り組んでいる。これに関するいくつかの公文書はすでに署名されていると、英国王室情報筋は言う。
 
MI6、P2フリーメーソン、国防総省、そしてアジア秘密結社の情報筋もまた、ある種の世界政府が発表されることを強く推進していると述べている。これは今では、敗者がなく、勝者だけがいると言うやり方で行われ得る。それは世界権力がほぼ完全に均衡しているおかげであると、彼らは言う。
 
下のリンクの地図は、青の西側同盟、赤のユーラシア同盟、および灰色の南同盟の3つの権力グループを示している。表面的にはベネズエラ政府に対するグループの喧嘩を示しているが、実際は世界の統制に関する分割である。
 
先週、すべてのアフリカ諸国のための統一されたパスポートの発表は、世界政府への動きの明白な兆候の1つでした。
 
いずれにしろ、ベネズエラのための戦いはまた、世界最大の石油埋蔵量を掌握することによって国際金融システムの支配権を取り戻そうとするネオコン(ハザールマフィア)による失敗した企みと見ることができる。
 
国防総省情報筋は、「ベネズエラの米国傀儡は、欧州連合、アメリカ国家組織、IMF、世界銀行、アフリカ連合、国連などの超国家組織によって認知されなかった。
 
また、国連、バチカンと赤十字は傀儡反体制指導者ファン・グアイドに「人道的支援」を提供することを拒否した。それが武器輸送のカモフラージュであったからだと、情報筋は言う。その結果、「ベネズエラのクーデターは大失敗に終わった」と彼らは述べた。
 
CIA情報筋によると、ベネズエラの石油奪取ができなかったため、トランプは国家の緊急事態、より正確には国家の破産を宣言することを余儀なくされる可能性があると、述べている。
 
国防総省とCIA情報筋は、このことは、トランプが軍事支援を失ったので、トランプの凋落に繋がる可能性があると述べている。「ホワイトハウスにおけるクシュナーとジョン・ボルトンの存続に加え、ベネズエラの素人演芸会とイラン−コントラの犯罪者エリオット・エイブラハムのベネズエラ事件の特使としての指名は大統領への疑いを導くと国防総省情報筋は言う。
 
一方でトランプ、サウジアラビアとナショナルエンクワイアラー(米国のダブロイド紙)、他方でCIA、トルコとアマゾンのベフ・ジョボスの確執はトランプにとって致命的になるかもしれない。これは他のメディアによって後半に報道されている複雑なビジネスなので、ここではいくつかの重要な点にだけ触れる。
 
第一に、トルコのCIAトップがトルコ刑務所から釈放された後、(ベゾスが所有する)ワシントン・ポストのコラムニストであるジャマル・カショギの殺害ががトルコ内のサウジアラビア大使館で起こった。第二は、トランプは、サウジアラビアのクローン・モハメッド・ビン・サルマン皇太子の殺人を非難することを拒否しました。第三は、ナショナル・エンクワイアラーはベゾスの婚外交渉事件を暴露するために通常のニュース雑誌としては現実的ではない予算へのアクセスを持っていた。ベゾスはそれがサウジアラビアの金であることをほのめかしている。現在、ビジネスのCIAへのクラウド・コンピュータの取り扱いを含んでいるベゾスがエンクワイアラーを攻撃しているようである。
 
また、私の嗅覚試験に落ちたこのサガ全体の側面もある。エンクアイアラーのトップはペッカー(Pecker)と呼ばれる。ベゾス調査官はベッカー(Becker)と呼ばれている。そしてスキャンダルにはPeckerの写真が含まれている。ここでは、そのままにしておきましょう。
 
いずれにしろ、トランプのサウジアラビア(キッシンジャー+ロックフェラー)への繋がりと、トランプのベネズエラ石油奪取の失敗は、彼が石油ドル支配を失うので、彼の凋落となる可能性がある。この文章では、EUがサウジアラビアをテロを支援する国のリストに加えたことは注目すべき興味深いことである。そのために厳格な財政統制の対象となる。これは明らかに、石油ドルのネオコン支配者とアルカイダとISISによる偽戦争やテロを狙ったものである。

(訳者注:著者の混乱が見られる。挿入文なのか支離滅裂な気がするが。フルフォードが信じられないところが出ています。聞き流してください。次へ行くと文脈が変わります)
 
国防総省情報筋によると、ベネズエラは「軍事的選択肢にはリストアップされていない」と言う。それは「ロシアと中国がベネズエラに軍隊と軍事装備を送り、15,000のキューバ軍と一緒に軍事演習を行っている。一方、米議会と国連安全保障理事会は武力行使を承認していない」と国防総省情報筋は言う。「敗者はネイコン、イスラエル、シェブロン(ブッシュ)、ハリバートン(チェイニー)と金塊、コルタン(ニオブ・タンタル鉱石)とベネズエラの鉱物会社のようである」とその情報筋は言う。
 
ベネズエラ以外でも、企業(ファシスト)の利益は大きく減少している。米国では製薬会社の幹部の逮捕が始まり、製薬会社は値下げを余儀なくされていると、国防総省情報筋は言う。EUではシーメンスとアルストムの合併の試みは、高速鉄道の寡占化を理由に中止されました。
 
また、世界的にバイエル/モンサント社はその多くの犯罪に対する支払いを続けている。国防総省情報筋によると、2月4日から9日まで、ハリウッドの小児性愛を狙ってロスアンジェルスで陸軍と海軍の特殊作戦が行われると言う。法務省もまた、モサド小児性愛代理人ジェフ・エプスタインの調査を再開した。
 
これらの作戦が、連邦準備制度理事会を所有する家族の一員が我々に嘆願状(一部読める)を送ってきた理由であろう。
 
「愛する人間として、我々は集団の特定の一員が彼らほど幸運ではなかったことを理解する必要がある。その代わりに、我々が打倒しようとしている恒久的な悪魔システムを続けるために生まれてから悪魔的な残虐行為によって破壊され、傷つけられてきた。
 
乗り越えられないほどの暗黒の悪と善とすべてのこの狂気を止めるための唯一の方法は、彼らに今までに知ら得ていた唯一の道を外れて道を見つけ出す機会を与えることである。しかし、回復不能な傷害を受けた多くの人がおり、彼らの計画に従わないすべての物と人を殺すモードに設定されている。それらの人々は人類の利益のために廃除され、現場で撃たれる必要がある」
 
(訳者注:我々は悪くない、末端の部下達が悪いと言っている)
 
我々はまた、現在イリノイ州の刑務所にいるロシアの武器商人ヴィクター・バウトから送られた手書きの手紙と山積みの文書を得た。今更彼を黙らすために殺すのは遅すぎる。我々は、2000年にロシアの潜水艦クルスクから盗まれ、福島の津波核大量殺人テロに使用された核兵器について彼の詳細な証言を持っている。
 
MI6、CIAおよび国防総省の情報筋によると、福島での調査は、日本の安倍晋三首相、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、イギリスのテレサ・メイ首相、その他多くのいわゆる世界の首相が逮捕される可能性が高いと言う。
 
この面では、国防総省の公式プレスリリースによると軍事法廷がキューバのグアンタナモ湾で始まったと言うことができる。
 
最後の記述として、我々はブラジルの進行の癒してジョン・オブ・ゴッドが10代の奴隷を乳児牧場で飼っていると言うニュース報道に疑問を鳴け投げかけている日本の読者からの手紙を受け取りました。
 
この読者によると、彼のビタミンと信仰癒しのビジネスが製薬会社の利益に食い込んだので、「神ジョン」つまりジョアオ・ファリアは製薬会社マフィアによって罠に嵌められた。ファリアは投獄された後に中毒となり、その結果血を吐いていたと言う。
 
このことは、私が若者としてアマゾンで勉強したシッピボシャーマンが彼は競争を望まなかった故に、その後製薬会社マフィアに嵌められて殺された事実を思いだした。
 
さらに、それはその後自殺した一人の女性活動家によって作られた乳児牧場であると言う主張であったことが分かったが、彼女の家族は彼女の死体を当局に見せることは拒否している。我々は、ブラジル司法がこの事件の背後にある真実にたどり着くようにする必要がある。
 
しかし、ブラジルの真実がどうであれ、赤ちゃんが自分の臓器、部分と摘出のために売られていることを否定することはできない。
 
支配階級は、彼らの支配が終わっていることをし信じられない程、長い間我々を殺されるべき家畜のように扱ってきた。地球は解放されようとしている。
 

∞ 「国防総省とCIA情報筋は、このことは、トランプが軍事支援を失ったので、トランプの凋落に繋がる可能性があると述べている」
 
(O_O)エエー 


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 10:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (02/04)

∞  世界ではハザールマフィアさん達が追い詰められているのに、日本の闇さん達は安穏としているようです。(-_-)
 



 
フルフォードレポート
2019年2月4日
 

豚年は世界に人々にとって大きな懸賞金によって始めることになっている
 

豚年である中国の新年は、2月5日の明日から始まり、人々が心行くまで飼い葉桶で食べることができる恵みの年にセットされていると、アジア秘密結社の情報筋達は言う。豚つまり猪の年は夜の9時から11時に関連付けられており、これは世界が2001年の9月11日の大量殺人と金塊強盗の企みに関する真実と終結を得るように設定されていると、情報筋は言う。
 

 
西側の秘密結社によれば、今年は、世界の人口の90%の殺害する彼らの最善を試みようとしている特定のエリートたちにとっても、虐殺の年になる。それは、踏みにじられた人々を養うことになるこれらの犯人によって盗まれた懸賞金の返済であると、彼らは言う。
 
アジアに拠点を置くCIA情報筋によると、ロスチャイルド家の英国分家と、そのほとんどのフランス分家は、秩序ある権力移転を交渉しようとしている。私有G7中央銀行を所有するロスチャイルド家と他の家族たちは、現時点の現金(ATMや、現金印刷)、金融コンピュータ、国際金融送金システムの管理と交換に、アジアの歴史的金塊の一部の権利を望んでいると、その情報筋は言う。
これらの交渉は進行中であるが、すでに決まっていることの一つは、国連の本部はニューヨークからラオスへ移転すると言うことである。「人類の前進を助け、この地球上の汚染を洗浄し、すべての生物にとって平和と調和の新しい世界を創造する準備ができているエネルギッシュな人だけが、新本部に住むことが許されるでしょう。言い換えれば、この世界の住民を代表する新メンバーであると、その情報筋は述べた。
 
国防総省とCIAの情報筋によると、米政府は2月15日金曜日まで資金を供給されているので、ジョージ・ワシントンの生誕を祝う次の長い週末までに、これらとその他の件に関連するある重大な発表を行うことができる。
 
しかし、今から交渉する必要があるいくつかの難しい問題があると、アジアと西側の秘密結社の情報筋は言う。一つの問題は中国の華為(ファーウェイ)社の最高財務責任者である孟晩舟の逮捕に関することである。西側の情報機関が彼女の逮捕を命じた本当の理由は詐欺のためではなく、むしろ華為社は科学者によって人間の脳に損傷を与え、自然生命システムを混乱させると言うことが分かっているのに、5G無線技術の発表によって猛烈な速度で前進していたことが分かった。
 
西側の情報機関の馬鹿者たち(それゆえ大衆に嘘をつくことに使われる)は彼女はイランに対する米制裁を迂回させたからだと言う代わりに、これを言うべきであった。カナダの最近解雇された中国大使のジョン・マッカラムが「カナダはイラン制裁には署名しない」と言ったことは、大衆への弁解として馬鹿なことであった。
 
事実先週、ドイツ、フランスと英国は米大統領ドナルド・トランプが課した制裁を企業や政府が回避できる特別目的の媒体を立ち上げた。
 
それは徒党支配SWIFT国際決済システムを巡る最初の西側主導システムであるから、この発表は重要なことである。SWIFTシステムは、システムを介して送金するためには個人に「納税者番号(獣の印)を登録するよう要求している。
 
先週、旧金融システムの支配者たちは他にも多くの敗北に直面した。大きな敗北の一つは、彼らの従僕を担当させることでベネズエラの石油備蓄を盗むことに失敗したことである。ベネズエラ人は、先週いわゆる野党指導者であるジュアン・グアイドが世界最大のベネズエラの石油資源を「民営化」する(すなわちハザールマフィアに引き渡す)ことを約束したので正体を現したとき、これに気づいた。
 

 
石油の価格を引き上げジンバブエ政府を転覆させ(そして金、ダイアモンド、希少金属やその他の資源を盗む)る徒党の計画もまた先週失敗した。他の兆候として、米上院は米軍のシリアとアフガニスタンからの撤退に対して68対23で可決した。実際は上院議員たちは盗まれたシリアの石油とアフガンのヘロインからの徒党の収入損失に反対の投票をしようとしていたと、CIAと国防総省情報筋は言う。
 
ジンバブエとベネズエラは共に現実世界の資産に基づいた通貨発行の先駆者であり、G7中央銀行の通貨のように幻想ではないために標的にされたと、国防総省情報筋は言う。「資産担保通貨の時代が始まった」と国防総省情報筋は言う。
 
今、国防総省の情報筋はまた「ベネズエラの失敗したクーデターは中国に貿易交渉のための圧力をかける一方で、ネオコンを暴くための賭博であったかもしれない」と言っている。いずれにしても、その情報筋は「偶然にも中国の新年である2月5日にトランプが一般教書の演説をした後、我々は多くの思いがけないことを期待できる」と言っている。CIA情報筋はまた、トランプの義理の息子のジャレット・クシュナーは性的にも財政的にも追い込まれており、そして明らかに外国勢力の未登録代理人であると言っている。米の防諜活動専門家はこれに基づくクシュナーの機密事項取り扱い許可を否定してきた、唯一大統領の名のもとに行動する何者かによって覆されていた。今、民主党はニューヨークで数千万ドルの袖の下を受け、そして今ホワイトハウスにおけるシオニスト国家イスラエルを代表して数千万ドルの賄賂を受けている彼の父親と同様にクシュナーは犯罪者であることがおそらく暴かれるであろう特別調査を求めている。

大統領ドナルド・トランプは、議会にうその証言をすることでロシア選挙介入物語を続けている国家情報局長ダン・コストに激怒している。2017年のノーベル平和賞に推薦された元スパイのロバート・デイビット・スティールは中国、イランとロシアはシオニストポン引きのシェルダン・アデルソン他の1%の精々1%を費やしただけであることを指摘した新記事の中でコストを解体した。ロシアではなくイスラエルが米選挙を管理する対外勢力である。
 
スティールはこれらの人々をシオニストと呼んでいるが、彼らの多くは事実は悪魔主義者である。これらの多くのグループが現在暴露されている。例えばブラジルでは、世界は今、「神の霊的指導者であるジョン」が若い女の子を性的奴隷として子供たちを売っており、10年間繁殖させて彼らを殺していることが分かっている。

少なくとも子供たちが幸せな家に養子に行ったと思いたいが、残念ながら多くは血とアドレナクロム(不死薬になる)を収穫するために殺された。ここにこれを述べている部分である。
 
アドレノクロム(C 9 H 9 NO 3)化合物は、ヒトの子供の血液から供給されるアドレナリンの酸化によって合成されます。アドレノクロムは、国際的な子供ドナーのプライチェーンから厳しく規制された条件下で収穫された、市場で最も純粋な製品です。特に子供や処女の血−犠牲の捧げ物としても儀式的に吸収されるべき物質であったが−、その命を与える性質のために長い間に変わってきました。それは子供のドナーの松果体から収穫された強力な若返り、向精神性のエリキシル剤です。
 
民主党のバージニア州知事ラルフ・ノーザムは、妊娠中絶後の3か月の赤ん坊の殺害を支持していると言うコメントは、この文脈で見るべきである。 「小児脳神経外科医」だったノーザムがアドレノクロムを売ってお金を稼いだとしても、私は驚きません。
 
白龍会とその同盟者はこれらの地球の屑が一人残さず、自由で生き残ることがなくなるまで全てを追い詰め逮捕または殺し続けるので安心してください。もちろん、我々が戦っていることにならないように、白龍会は超法規的殺害に対する公的な証拠に基づく裁判を希望する。そのために、私たちは真実と和解を超えた真の犯罪者を選別するために、ニュルンベルクタイプの裁判をできるだけ早く開始することを推進しています。 それから初めて、私たちはすべての子供たち、弱い生き物、そして他のすべての人たちが安全で愛されていると感じることができる素晴らしい新しい時代を始めることができます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
白龍会は調子のいい時になると出てくる。
 
あなたたちが推した、カナダのトルドーはどうしたのよ、フリーメーソンと組む話はどうしたのよ、小児性愛事件は米軍が一生懸命追っかけてほぼ見えてきたら、また出てきた。トランプでさえ、フルフォード氏も批判していたけど、どうしたの?
 
今度はクシュナーですか?民主党が追及しようとしているだけで問題なしと思うけど(笑)民主党の手先としか思えない。それから金をもらっているフルフォードもいかがなものかと思っている。そのうち真実の公開があるでしょう、すべて作戦です。緻密に設計された。
 

∞ 中国は人間の脳に損傷を与え、自然生命システムを混乱させる5G無線を普及させるようですが・・・(-_-)

 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 22:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート (01/28)
∞  ハザールマフィアへの締め付けが続いているようです。(^_^)v

 


 
フルフォードレポート
2019年1月28日

▼ 徒党のベネズエラ石油略奪は失敗する;米国株式会社の倒産は迫っている
 
悪魔支配の西側徒党は追い詰められて、危険であり、文字通り命を懸けて戦っているので、惑星地球の戦いは激化している。徒党は金融システムの支配を失うと保護を雇う能力を失って運命が決まるので、ベネズエラの石油備蓄を盗むことで権力に留まるために必死に戦っている。ますます多くの内部告発者が出てきて、彼らが本当に子どもを拷問し殺し、地球の人間の大多数を殺そうとし続けていることを確認している。
 
例えば、英国の新聞「ガーディアン」は今、我々が長年報告してきたHIV/AIDSは故意にアフリカの人工削減するために広められたとことを確認している。
 
マイケル・メイリング博士は我々に、彼はポリオワクチンの先駆者であるジョナス・ソーク博士と共に2百万人のアフリカ人に与えるポリオワクチンの中にHIVを挿入することで、HIVを拡散させることに参加したと話したことを、数年前に我々は報告した。アフリカにおけるHIV/AIDSの発生の初期の地域は、ポリを予防接種キャンペーンの地域と正確に一致している。ここでは詳細に取り上げないが、エボラ、SARS、鳥インフルエンザ等もまた、この人口削減の計画の一環として人的に拡散されたことを保証する。
 

 
我々はまた、西側の支配エリートのメンバーがモロク、セット、サタン等として知られるバアル崇拝の一環として、子供たちを犠牲にした方法を説明するより多くの内部告発者からも聞いている。我々はいくつかの最新の恐ろしい意外な事実を下で検討しますが、まず進行中の世界的な権力闘争を見てみましょう。
 
彼らの最新の策略では、悪魔主義ハザールマフィアは現在、ベネズエラの石油備蓄を盗むことで、石油ドル準拠の金融システムの支配を維持しようとしている。自称悪魔主義者のレオ・サガミは全てのフリーメーソンに、反体制者フリーメーソンのジュアン・グアイドを共産主義者フランシス法王と共産主義イエスズ会に対するフリーメーソンとキリスト教のための戦っている大統領として、支援するよう呼び掛けている。
 

 
ベネズエラは世界最大の保管量である3,030憶バレルの石油を持っており、此の石油をハザールマフィアの石油ドルシステムから取り除こうとする努力が、ニコラス・マドゥロ大統領を転覆させようとして本当の理由である。
 
実際、マドゥロを転覆させられなかったことは、ハザールマフィアにとって「ベルリンの壁崩壊」の瞬間であった。国防総省の情報筋の説明によると、「マドゥロに対するネオコンのクーデターは、アメリカ軍、バチカン、メキシコ、EU、南アフリカ、ロシア、中国、イラン、トルコ、インド、キューバ、ニカラグア、ボリビア他の国々が追従しなかったので、失敗した。
 
また、ブラジルとコロンビアは侵略と彼らの基地の使用を拒否し、傀儡グアイドは国連に認知されず、米州機構さえ十分な票を得ることに失敗した(34票中16)。ロシアはベネズエラを守るために各爆撃機とマドゥロを守るために先鋭護衛部隊を送ったことは注目すべきである。
 
ところで、この作戦の全体はイラン・コントラ犯罪者エリオット・エイブラムス、上院議員マルコ・ルビオとイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ悪魔主義犯罪首相によって運営された。
 
ベネズエラに対するこの動きは、明らかに非民主的なEUがサウジアラビアをテロ資金提供国家として指定することでハザール石油ドル体制の新たな打撃を加えたので、起きた。この発表は、EUがイランに対するハザール主導の制裁を回避するために特別な目的の乗り物を思いついたので、出された。
 

 
このことは、イランで営業していた通信システム会社のイラン制裁違反についてアメリカの銀行に嘘をつく詐欺行為を犯した罪で、ハウエイ・カナダのCFO孟晩舟(ファーウェイ)の逮捕となってもたらされた。カナダの中国大使が、とりわけ、逮捕に結びついたイラン制裁さえ支持しないと真実を言ってしまったので、カナダのシオニスト奴隷首相ジャスティン・トルドーは大使を解雇せざるを得なくなった。
 
あなたも、この問題が国際金融システムの支配に関することであることは分かるでしょう。中国はハーウェイを通じて、ハザール人が管理するSWIFTシステムに依存しない国際決済システムを構築してきた。それがこの戦いの本当の問題である。
 
その一方で、米国企業政府は2月15日までの政府閉鎖までの3週間の資金として納税者の資金を盗んだようだ。政府による一時職場復帰の発表が、人々が予想した税金還付より少ないと言う発表が同時であったので、これは本当であると、我々は推測する。
 
国防総省情報筋は別の見解を持っており、「トランプは2月15日まで政府閉鎖を一時停止しただけであり、そのことにより彼は一般教書演説が行え、最高裁判所を無慈悲であることを暴露し、大陪審員に報酬支払うことができ、裁判官と司法長官を確認することができ、一方で、FBIはさらに多くの令状を送付することができ、そして緊急事態宣言をすることができると、述べている。
 
米軍はトランプを救世主と考えているようであるが、彼が国家非常事態宣言をつかって祈年祭と惑星を救う大キャンペーン−中国の一帯一路計画と同じ規模−を発表しない限り、米国企業政府の破産を保護することになる。
 
破産と言えば、国防総省情報筋は、「怒るカルフォルニアの納税者と地方納付者を緊急救済することはできないので、ロスチャイルド代理人のロジャー・キンメルは公共企業の破産に対して、パシフィックガス電気会社の役員を辞任したと、述べている。うまく行けば、破産手続きは誤った大量虐殺計画21の指針を推進するために会社志向性エネルギー兵器を使ったことを暴露することになる。
 
いずれにしろ、米国内の混乱とベネズエラに対する攻撃にもかかわらず、米軍が世界中で軍事作戦を展開しているので、世界は良い方向へ向かっている。その面の最後の動きとしては、アフガニスタンで達成された平和協定であった。また、フィリピンにおける長期のゲリア戦争が終わっているようです。
 
もう一つの良い兆候は、その一部であったカルトについての暴露をもって出てくる悪魔カルトの内部告発者の増加です。下にその種の暴露を示している。最初のものは、最近この著者に接触してきた欧州王室家族の内部告白者によるものである。ここに彼が言わなければならなかったことがある;
 
「サタンはカルトの称号であり、人物やものではありません。悪魔的な要素は偽りの現実に彼らの変わった信念をもたらすのがカルトです。その偽の現実が終わった時、悪魔は存在しなくなる。それは物理学ではパラダイムシフトと呼ばれている。私はハザール人について科学的考古学によって全てを調べてみた。それは、バビロニアのバアル崇拝と主に子どもたちの人間生贄崇拝にさかのぼる。それは現在によく知られるカトリック教会−高度に衛生的な血の儀式−に変わった、それはバアルのカルトあるいは鐘がなるための人のためである。イエスズ会の期限はそこからさらに遡る。イエスズ会の黒教皇ピーター・ハンス・コルべンバッハが自分自身をサタンと宣言した時の福島の事件の証拠を参照する。それは教皇のような高位の黒教会の称号です。このナンセンスに私は脅されはしない。彼らは精神病の犯罪者以外の何物でもない。
 
私は自己防衛のために、これを乗り越え残るつもりであるが、私が上記のいくつかの高度証拠を見直す間に、非常に変わったエピソードがあった。警察も出席したオーストラリアの悪魔の儀式で、妊娠している女性が胸骨から鼠径部に解剖され、彼女の子供は食べられ、そして間違いなく薬物投与された子供たちが行進して打ち首にされて、世界貿易センターの起工式で起こった例のいつもの血だらけの性パーティ。9/11はこの奇妙な反キリスト概念、つまり再臨と言う全く救世主的なものを訴える血の犠牲でした。私はこの事件全体に非常に悩んでおり、本当に悲しい。
 
私がこの金融システムを設計するために、非常に多くのこと−使用事例−を調べている数年の間にも、同様な事件はいくつかあった。この全体の事件における小片はLHC CERN(大型ハドロン衝突型加速器 )であり、それは「Tekel(器量不足?)」と言うメッセージを返してきた。これは古いバビロニアの言葉で「命運が尽き、器量が不足しており、他者に置き換わられる」つまり壁に書かれたものであり、ネブカドネザルにまでさかのぼる。(ここ訳に自信なし)これは世界中の核支配階級の高レベル悪魔分子によって学ばれたとき、彼らを守り、支える金融システムが終わっていたので、彼らは手を挙げたと理解している。明白に、この事件に言及するNLP(自然言語処理)の言葉「飛躍的な変化」への多くの言及と新しい世界金融システムを含むすべてのDLT(デジタル磁気テープ)技術革新の本当に目を見張る迅速な採用があった。
 
もう一つの暴露が先週のチャットルームの議論で見つかった。
 
これはそこからの引用です。
 
「私は自動車産業の裕福な家庭出身ですが、私は彼らの類ではないので追放された。恐れることはなく、私は永遠に続くため、つまり私が自分自身を殺すまで十分な資金を持っている。しかし、その前に私はおそらく興味があるあなたに、裕福な小児性愛者が個人や子供のグループを購入する方法を説明したいと思う。提供されるサービスには、証拠の破壊、警察の保護、購入前に性教育と、欧州各地への輸送も含まれる。それは上流階級の小児アマゾンである。主要な貯蔵施設は私の家族のいるカントンから運営している。ベリンツォーナには犯罪組織の本部を見つけられる場所である。それは何人かのユダヤ人他によって運営されている。皆さんのおかげで、ユダヤ人について真実を学びました」
 
この人がユダヤ人と呼んでいるのは本当のユダヤ人ではなく、ユダヤ人のふりをしているバアル崇拝信者です。彼らはまた、サウジアラビア王室のようにイスラム教徒、あるいはブッシュ家族のようにクリスチャンに変装して言います。
 
彼らの時間は終わりました。
 
嗚呼、悲しいではないか!」 http://fanblogs.jp/jicchoku/
 

∞ もし全てのハザールマフィアの悪事の全てが明らかになったら、グアンタナモ刑務所だけでは足りなくなると思いますが、でも、アセンションを目指す人々は次元上昇しますから、3次元世界に居残る人のことは気にすることもありませんね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 22:56 | comments(0) | - | - |