Calendar
2017/5月前半 目立つのは太陽さんを貫く「光すじ」ぐらいかも。(^_^)
パート2です。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • 愛知ソニア (05/24) 宇宙意識の時代
    mirai (05/27)
  • 愛知ソニア (05/24) 宇宙意識の時代
    ゆう (05/27)
  • テレパシーは、意図しましょう♪ それが集合意識を変えてゆきます。(2014/09/30)
    mirai (05/21)
  • テレパシーは、意図しましょう♪ それが集合意識を変えてゆきます。(2014/09/30)
    るん (05/21)
  • ホログラム地球からの移行プロセス、総まとめ (2014/09/06)
    mirai (03/19)
  • ホログラム地球からの移行プロセス、総まとめ (2014/09/06)
    ストロベリー (03/17)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    ぷるるん (03/16)
  • PFC−JAPAN (02/17) 2月26日 エーテル界解放瞑想
    mirai (03/16)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    mirai (03/16)
  • フルフォードレポート英語版 (03/14)
    ぷるるん (03/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フルフォードレポート英語版 (05/22)
∞  闇さん達が、現金融システムを中々手放さないようです。(-_-;)

 


フルフォードレポート英語版
2017年5月22日
 
守旧派は単に金融システムの引き渡し拒否しているだけなので、置き換える必要がある。


世界金融システムを乗っ取った守旧派の人々は、ドル、ユーロと円を製造するプロセスの支配権をこの惑星地球の人々に譲ることを頑なに拒否している。
 
天皇に近い情報源によると、ロスチャイルド弁護人でモサド代理人のマイケル・グリーンバーグが先週、日本の天皇を訪ね、彼と彼の仲間のハザールギャングのために無制限の資金を要求したことが明らかになった。グリーンバーグはまた、既知の大量虐殺犯罪者の最優先リストに戻ってきたヘンリーキッシンジャーの代理であると主張した。
 
天皇はグリーンバーグに怒りを抱き、彼と彼の奴隷の日本の首相安倍晋三と金融相の麻生太郎に対してこの惑星の人々の為の資金の放出を阻止したと非難したと、その情報源は付け加えた。
 
このことは、新時代を始め、惑星を開放するために、二つの踏み込んだ攻撃が必要なことを示している。一つはハザール暴徒が最終的に降参するまで、守旧派のリーダーを一人ずつ排除し続けることである。もう一つは、金塊に担保された仮想通貨や非ハザール通貨と言った新金融システムへの変更を、旧システムがブドウの木を枯らし、歴史の堆肥の山になるまで、続けることである。
 
この二つの踏み込んだ攻撃はすでに完全に進行中である。しかし、今の大きな疑問はフランシス法王がやろうとしていることである。科学的犯罪調査によると、我々がTVの映像と公に見る世界の指導者たちはバチカン銀行やプロの暗殺者ネットワークを通じたP2フリーメーソンロッジによって支配されている。言い換えれば、ほとんどの世界の指導者たちは銀(賄賂)が鉛(銃弾)のどちらかの選択を示されると、バチカンの銀を選択している。
 
一方で、信じられないほどの秘密の力を持っているフランシス法王は、バチカンの小児性愛を排除する一方で、本当の記念日(すべての債務の帳消し)のようなものを行う基礎的なレベルでシステムを変更することに失敗した。
 
我々が長い間持ってきたある情報に対処しなければならなくなった。それは何をもたらすか判然としないが、フランシスは公に彼の神はルシーファーだと述べた事実である。
 
西側軍産複合体の名目代表の米大統領ドナルド・トランプが世界の3大一神教の聖地アラビア(メッカへの立ち入れは許可されなかったことに注意。(さらに注意:メッカには異教徒は入れません))、エルサレム、ローマへの訪問を実行するときのルーシーファー神の役割は何なのか?
 
問題はトランプの旅は旧体制(ルーシーファー?)を救おうとしているのか?それとも、黄金時代の幕開けのようなもっと歴史的なものを目指しているのかということである。
 
国防総省情報源は、トランプが今週末サウジアラビアにいる間に、3,500億ドルの武器取引は別として、サウジアラビアにアメリカ株式会社とその石油ドル体制の崩壊を防ぐために、米ドルで石油を売るように要請した。しかし、トランプのサウジ旅行は中国元や非ドルやさらに東の通貨による石油の売却を止めることはできなかった模様だと、国防総省情報源は言う。
 
トランプは彼が約束した演説でイスラム指導者達にゴマをすった:
 
「米国は友好、安全保障、文化と商売の密接な結束を熱望している。我々は抗議をする為にここにいるのではない、我々は皆さんに、どう生きるかや、何をするか、どうあるべきか、どう崇拝するかを話すためにここにいるのではない。その代わり、我々はパートナーシップを提供するためにここにいる」
 
米国にとって残念なことは、花を見せて、今後は決して仲間を傷つけないと約束している永年の家庭内虐待と見えたに違いない。
 
彼の演説において、イランに対するトランプの脅しとシリアに対する根拠のない告発は、美辞麗句にもかかわらず、アメリカ株式会社は全く改革の望みがないと言う事実を浮き彫りにしただけであった。ISISがハザール暴徒が作ったものであることに言及しなかったのは、彼の演説が誠実ではなかったもう一つの兆候である。
 
しかし、米国内のホワイトハットは訴訟中である。トランプの婿ジャレット・クシュナー(非ユダヤ人は奴隷でなければならないと信じている)は(トランプが公表した)110億ドルのサウジ武器取引の為の違法な賄賂にまで及ぶ可能性があり、非登録のイスラエル代理人として交渉したり、イランを脅すために核兵器を供給しながらの110億ドルのサウジ武器取引の為の違法な賄賂にまで及ぶ可能性があるFBIロシア調査の下にある。
 
また、特別弁護士の元FBI長官のロバート・ミューラーは、隠蔽に関与しており、911に先立ち一週間前に(元大統領ジョージ・W)ブッシュによって就任したので、解雇されるか、911の真相究明を強制される可能性がある。
 
イスラエルのサイバー指令部隊8200は大型旅客機を乗っ取り事故を起こさせるためにラップトップを開発した可能性が高い。その結果、米最高将軍ジョセフ・ダンフォードがNATO軍トップと同じ問題を協議するために会って、米露協力に到った。
 
加えて、米国内ではFBIは、前長官のジェームス・コミー、ヒラリークリントンとバラク・オバマと言う仲間の排除と言う大規模な排除を進めていると、国防総省情報源は言う。この一環として、コミーのオフィスから全てのファイルとテープが押収されたと、彼らは言う。
 
アンソニー・ワイナーやフーマ・アベディンのようなクリントンの元側近と同様にジェームス・コミーはヒラリーとワシントンDC内の小児性愛ネットワークに対する国家の証拠を消すための交渉をしていると、彼らは言う。次に、クリントンは彼女のボスを裏切ることになり、そのことが最終的には深層国家を打倒することになるかもしれないと、その情報源は言う。
 
我々の長期にわたる調査は、その足跡はBISやこれらの機関を支配する古代血統家族だけではなく、ローマとP2フリーメーソンロッジに通じることが分かっている。
 
これは我々を、自白したルシーファー崇拝者法王フランシスに戻します。彼は当に悪魔崇拝者の為の素敵な表看板雇い人ですか?千年の間彼らを密かに支配した一神教信者の振興と古代血統は、世界の他の人々と和解するのでしょうか?
 
これまでのところ、真に不思議なやり方で、落雷はバチカンとメッカを攻撃しました。エルサレムへの攻撃がいくぶん遅れているのでしょうか?
 
いずれにしてもトランプのサウジアラビア、イスラエルとローマへに訪問は生き残りの為の旧体制による最後のマーケティング努力か、一神教世界における本質的な改革を意味するものだろうか。旧血統悪魔崇拝家族が表に出てきて、真実を語り世界に許しを求めるだろうか?我々は今月末にはさらに多くを知ることになるかもしれないが、期待もしないで下さい。
 
ハザール暴徒はまた、以前より非常に頻度は減ったが、ウクライナ、中東やその他で問題を引き起こしている。インドネシアの白龍会によれば、最近インドネシアで雇われ暴徒が宗教暴動を起こそうとしたというトラブルがあった。雇われ暴徒の背後にある財政的痕跡はハザール人支配のフリーポート・マクマラン鉱山につながり、演出された暴動は金塊を搾取する当に企みであったことが明らかとなったと、その情報源は言う。
 
現状に関するインドネシアのWDSからの報告書は以下の通りです。
 
「最新の情報は、私が地元の情報接触者から知らされているように、ソロス組織とその系列によって資金提供されているFPI過激イスラム派はポンシアナク市の主要道路の脇に止めてあったダヤークス所属の乗客が乗ったままの二台のバスを急旋回させた。これはハザール人、シオニスト徒党の作戦であった。インドネシアの国民を分断し、そこから入り込み、ショーを買収する。私は、彼等が写真やビデオと撮っている間に、黒いサングラスをかけ、ダヤクと混ざり合っている白人の西洋人が多くいたことも聞いている。いずれにしても、古いアラブの諺が言うように「犬は吼えても、キャラバンは押し寄せる」
 
そしてハザール人や徒党の一神教の指導者が何をしようとも、必然的な惑星の変化は広がり続ける。
 
ロシア、米国と中国で統制を主張する軍事指導部は、中東、北朝鮮とウクライナで何が起こるか多かれ少なかれ思いついた。彼らは、ハザール宗教狂信者による第三次世界大戦とハルマゲドンを始める全ての企みを確実に失敗させるであろう。
 
だから今、現実の世界ではインド/中国の関係の将来は対処されるべき次の大きな地政学的問題になるであろう。インドは今月初めの中国の一帯一路パーティをボイコットすることにより、地政学的な手を終に上げた。表面的には一帯一路がインドが隣国であり対抗者のパキスタンと紛争する国境を通過させた主要輸送ルートを呼びかけたからである。しかし、基本的には中国が地政学的スポットライトを浴びているので、インドは嫉妬して無視している。
 
事実、インドは間違いなく次の大きな超大国になるだろうし、いつの日かライバルになり、中国を上回るかもしれない。次のリンクの地図とグラフを見て、理由を見てください。
 

http://www.zerohedge.com/news/2017-05-19/mapping-worlds-population

最初のグラフは人口に関してですが、14億人の中国に13億人のインドが続いている。さらに重要なことは、二番目のグラフは、インドの人口の41%が20才以下であり、急激に成長しているが、中国の人口は急速に高齢化しており、縮小に向かっている。インドはまた、急速な経済成長を経験しており、その経済影響力は人口統計上の影響力にまもなく合致することを意味している。次の段階は12億人の急速な人口増加を伴うアフリカである。
 
これらの全てが意味するところは、東アジアと西側は新世界構築を交渉する一方で、将来のトラブルを避けるために、アフリカとインド等の新興勢力は公正に受け入れる必要がある。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
今回のレポートにはJapanese Military Intelligence Serviceなる言葉が一切使われませんでした。
 
これは白龍会の情報を掲げる時に使われていた言葉です。この組織は一体なんでしょうか?日本人も知らない組織です。自衛隊内の情報機関を言っていると推測するしかありません。
 
白龍会は日本の皇室の一部と右翼が作った秘密結社で「貧困を止めて環境破壊をとめて能力主義の・・・・・・」ときれいごとを言っているが、世界覇権を取らす言って中国を担ぎ、逃げ場を失ったロスチャイルドを中国に取り込んで規制勢力に代わって自分達が寡頭制力になろうとしていた連中です。
 
ヒラリーに取り入り、金塊を買占め中国はその気になって全てのドルは中国が裏打ちするとまで豪語していたのですが、ヒラリーが勝てずで、支持が広がらず、ロスチャイルドは追い込まれ、結局金塊のたたき売りが始まり、そのセールスマンをフルフォードさんがやってました。涙がで出ました。この男も金に転ろんだと。
 
さて、今回はトランプについては全て良いもんかも知れないし、悪者かもしれないというしつこい書き方をしています。先週号まではトランプはあちら側に転んだ男と非難し続けていました。やっと目が覚めたようです。信用を挽回するのは容易ではありません。「青い目のサムライ」と言われた頃を思い出してください。
 
天皇と言うのはドルの印刷機を持っているということでしょうか?前からの疑問です。(答えをくれないのよね)
 
板垣ブログとほぼ同じ内容になってきました。よいことがどうか?
 
「嗚呼、悲しいではないか!」 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
∞ ハザールマフィアが金融改革を引き延ばししているようですが、それに対して、地上の光の勢力が手をこまねいているわけではなく、何らかの手を打ちつつあることは確かです。でも、このレポートを読む限りでは我々の光の時代への移行は長引きそうな感じですね。
 
ETさん達の視点では、今すぐにでもイベントが起きそうなメッセージが多く、現状打破に希望が持てるとしても、それも例の圧縮突破が起きる事を前提としたものですから、やや流動的なものです。
 
でも、今年は何らかの結果を出すべき年になるはずなので、我々の最も望ましい形で着地してほしいのですが・・・。
 
(^_^)/ キタイ シマヒョ。





 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 18:06 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (05/15)
∞  ハザールマフィアの劣勢が表面化しつつあるようですね。(^_^)/

 


フルフォードレポート英語版
2017年5月15日
 
敗北する悪党が増えるに連れて、世界平和の交渉が円滑に進む

 
北朝鮮和平協定、ウクライナ和平協定とイスラエル/パレスティナ問題を含む中東問題の解決はすべて、舞台裏で交渉されていると、多くの情報源が認める。これが米大統領ドナルド・トランプが今月の24日から始まるイスラエル、サウジアラビアとローマへ行く理由であると、その情報源は言う。トランプ自身、フォックスTVで、これらの会談後、世界を助けることになる国々の大きな会議に行くだろうと語った。(コメントは25分10秒のところで聞くことができる)
 
https://www.youtube.com/watch?v=k
 
北朝鮮の平和協定の詳細はまだ交渉がされていないが、交渉に近い関係筋は、北朝鮮は核兵器計画を公に放棄する代わりに主権と安全保障を保証されると述べた。もちろんこれは、メンツを保つジェスチャーに過ぎないので、秘密裏には北朝鮮はその核抑止力を保持することを認められると、その情報源は言う。
 
未完了の北朝鮮和平協定は、朝鮮半島の和平協定が日本とユーラシア大陸をつなぐトンネルの建設を認めることになるので、中国の大規模一帯一路の主導権に必然的に関連している。このトンネルの建設はすでに始まっていると日本政府関係者は認める。
 
今週末に集まる中国の一帯一路への米国、韓国、日本、ドイツ、英国とフランスの代表団の出席は、この計画への西側の抵抗が終わったことを意味している。中国の習金平主席がトランプとの最近の首脳会談の帰りにアラスカに立ち寄った事実は、アラスカとユーラシア大陸をつなぐトンネルを作ることの合意ができたとするのは非常に良い推測である。
 
すでに、貨物列車はロンドンとドイツから中国へ走っており、商品の運搬時間を半分にし、コストを同様に下げた。
 
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/transport/4667863/Beijing-Hamburg-train-halves-time-by-sea.html
 
https://www.forbes.com/sites/wadeshepard/2017/01/06/the-story-behind-the-new-china-to-uk-train/#2093e8bf261b
 
これらの新陸上貨物ルートは、ユーラシア内の陸上輸送が安価で速いために、バルティック海運指数が非常に低い水準に留まっている理由の一つである。列車や船の商品がニューヨーク発中国やロシア経由でロンドンへ運ばれることができるようになるのはそう遠いことではないかもしれない。ロンドンとニューヨークを結ぶ地下超高速3,000km/時の真空チューブレールトンネルも稼働すると、米秘密宇宙計画の情報源は言う。
 
中国人はまた、コンパス、火薬、神や印刷のような世界を変える技術の発明者に再びなりたいと思っている。中国主席習金平は中国は人工頭脳、ナノテクノロジー、量子コンピュータやスマート都市の分野で画期的なものを創り出すために莫大な投資をしていると言っている。
 
トランプが「世界を救う」と言った大規模キャンペーンは数京ドルとは言わないまでも数兆ドルを解放する秘密裏に交渉されてきた西側の主導権によって、この大規模な中国主導権は薄らいでしまう可能性がある。このキャンペーンはとりわけ、容易に貧困を終了させ、環境破壊を終わらせ、そして宇宙開発と殖民と言う新時代を立ち上げることが可能である。公開が可能な西側の発明には、光より速い自由エネルギと何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機が含まれると、NSA情報源は言う。
 
ハザールマフィアがいかに人類の進歩を妨害してきたかを理解するには、1990年代に国連は2000年までに貧困と環境破壊の廃除を求める計画を出してきたことを思い出して欲しい。その計画は貧困はたった2,000億ドルで終わらせることができ、環境破壊はたった4,000億ドルで止める事ができると見積もっている。それにもかかわらず、ハザールマフィアは911を演出し、国際金融システムを乗っ取り続けて、人類の90%を殺すための計画に数兆ドルも費やしてきた。金は戦争、SARSやエボラのような生物化学兵器の拡散、そして大量飢餓を始めるために食料の代わりに燃料を栽培するよう農民に支払うことに費やされてきた。
 
それは、この地球を天国に変える計画が実行できる前に、ハザール悪魔主義者の抵抗の最終拠点を一掃することが依然として我々の念頭にあることを意味している。
 
ここに、我が国防総省情報源がこれについて言わなければならないことがある:「(FBI長官のジェームス)コミーの首切りは110日遅く、クリントン財団、オバマと言った深層国家との戦争を始め、小児性愛スキャンダルや民主党全国委員会は司法省によって積極的に訴追されるだろう」
 
「コミーは、ヒラリーを自由にさせ、ロシアのハッカーにプーチンに濡れ衣を着せるために贈賄しようとしたり、トランプと他のVIPとの間の盗聴の徹底調査を拒否することで司法妨害で訴追される可能性が高いと、国防総省情報源は続ける。
 
また、日本の皇室家族とCIA情報源はヒラリークリントンは実際はデイビット・ロックフェラーの娘であることを確認している。ビルクリントンはウィンスロップ・ロックフェラー(これらの情報源による)の息子であるので、我々は今、悪魔血統近交支配は新しい姓名によって隠されていたことを見ている。「デイビット・ロックフェラーの死は人々に、このような情報を提供する勇気を与えた」と王室家族情報源は言っている。
 
先週、ホワイトハウスの記者の前にトランプと一緒に突然のヘンリーキッシンジャーの出現は彼の長年の奴隷ご主人ロックフェラーについて喋り始める前兆かもしれない。キッシンジャー特使は白龍会に、暗号名ボアといソビエトの代理人であったこと、そしてデイビット・ロックフェラーが彼を辱めたことに憤慨していたことを既に話している。いずれにしても、キッシンジャーは最近、世界中の最終和平取引を交渉するために彼のコネを使っていることは明らかであり、今のところ彼は、指名手配リストからは取り除かれている。
 
このような血統支配の暴露はデイビット・ロックフェラーの孫マーク・ツッケンベルグとその眠れる羊支配網のフェイスブックのようなロックフェラーの隠れた権力センターを含む。
 
ハザール暴徒召使が米安全保障基盤から追い出されるに連れて、クリーンアップは勢いを増して行く。
 
コミー後に倒れる次にドミノは国家安全保障担当顧問HR・マックマスターが予想され、解雇あるいは降格そして、国家安全保障会議に仲間と重任している有罪判決を受けた男デイビット・ペトロイアスに機密情報を漏洩した件で軍法会議に掛けられるかもしれないと、国防総省情報源は言う。その情報源は、彼らはシリアまたは北朝鮮で第三次世界大戦を始める悪魔主義者による大きな最後の瞬間の圧力の背後にいる人々であると言っている。
 
もちろん、ワシントンDCのハザール代理人は驚いて、トランプの弾劾について話し合っている。以下に引用されたCIA代理人からの(風刺的)電子メールはDCにおける全物語を非常にうまく纏めている。
 
「NBCのレスター・ホルトとのインタビューで、ドナルド・トランプは彼が弾劾されれば、歴史上他の弾劾の人々よりテレビの格付けは上がるだろう」と自慢した。「私がどこへ行こうと、人々は私に弾劾されるのかと聞くであろうし、彼らはそれを見つめているだろう」と彼は言った。「評価は屋根を突き破るであろう」彼は彼の弾劾格付けが、1998年のビル・クリントンの弾劾の聴衆の規模よりさらに多くなるであろうと予想されると述べた。漫画はますます良くなっている−トランプはロシアと特別なビジネス関係はないと言っている手紙を書いた法律家は、ロシアと豊富な関係を持ち、2016年「ロシアの法律事務所」賞を受賞した法律事務所で働いている。
 
ロシアが実際に、世界の他国と共にハザール汚物を権力から取り除くことに協力していることは間違いがない。それがイスラエルのハザールマフィアの巣窟に多大な圧力が掛かっている理由です。ここに、中国、ロシアと米国はイスラエルはパレスティナとの二国間解決を受け入れなければならないと主張していると、国防総省情報源は言う。
 
さらに、米ジョセフ・ダンフォード大将は今週イスラエルに居り、シリアその他の地域にロシアが定めた紛争地域を遵守するように強要していると、その情報源は言う。言い換えれば、彼らはダーイッシュがトラブルを起こすことを中止し、思い留めなければならない。
 
日本でもまた、水面下で大きな動きが起こっている。日本最大の暴力団山口組は今三派に分かれており、三人の支配者が代表をしていると、三派の情報源は確認している。それらの派閥の一つ、最も弱い派が、依然としてハザールマフィアの下請けを行っている。しかし、もし北朝鮮のアンフェタミン流通(合法化と規制)による合意が成立すれば、一つの最後の派もまたハザール人との関係を断つだろう。ハザールマフィアがここでの完全な執行機関を失うことになるので、日本の権力構造を完全に変える道筋が明らかになるであろう。
 
既に、フランス・ロスチャイルドの代理人麻生太郎のようなハザール奴隷を日本の権力に据える企みは完全に止められた。麻生は小沢一郎と共に、解放が期待される大規模資金を手にする為に日本の権力の座に座るべく圧力を掛けてきたと、日本右翼情報源は言う。しかし、麻生の故郷九州のヤクザ暴力団は彼は悪魔でありこれ以上支持しないと言っている。
 
金塊に苦しんでいるハザール人もまた、インドネシアで問題を起こそうとしていると、インドネシア情報機関の情報源は言う。インドネシアにおけるキリスト教徒とイスラム教徒の間の現在の大変化は、その国を不安定にしようとする西側権力によって支えられている。これはジョコウィ政権がフリーポート(マクモラン鉱山)の指揮者の命令に従わないからである。彼らはインドネシアの鉱山法を迂回しようとしている。彼等が言及している大騒動は、民主的に選出され、人気の大統領ジョコウィを打倒するために殺人的前スハルト政権に繋がるハザール人が支配する寡頭勢力による多くの企みであると、その情報源は言う。
 
いずれにしても、これが終わるまでは、ウクライナ、インドネシア、中東の、日本他で、我々はいくらかの継続するハザール人トラブルが予想される。

---------------------------------------------------------------------------------------------
トランプはあちら側の人と割り切った人々は多かったが、ここへ来て「トランプは戦っている」という評価に多くの人が変わってきた。プーチンさえもそんな評価をしていた人々も、やっと気づいてきました。まずは進歩としましょう。
 
あまり新情報はないのですが、トランプの言う「世界を救う」キャンペーンを計画中とか。西側の計画だそうです。どんなものでしょうか?日本は参加しているの?少し気になるところでした。一帯一路も不協和音が聞こえてくるが。中国ではまとめきれないと思う。
 
「嗚呼、悲しいではないか!」  NEW!2017-05-17 18:00:00
---------------------------------------------------------------------------------------------

 
∞  我々の現実にも光が差し込んできているようです。(^_^)♪
 
「ハザール暴徒召使が米安全保障基盤から追い出されるに連れて、クリーンアップは勢いを増して行く」
 
ハザールマフィアは、追い詰められて反撃も出来ない状態になりつつあるようですね。
 
「・・・ロンドンとニューヨークを結ぶ地下超高速3,000km/時の真空チューブレールトンネルも稼働すると、米秘密宇宙計画の情報源は言う」
 
真空チューブレールトンネルは既に存在していて軍産複合体等によって秘密裡に利用されていますから、それが部分ないしは全開示されるのでしょう。
 
「・・・中国は人工頭脳、ナノテクノロジー、量子コンピュータやスマート都市の分野で画期的なものを創り出すために莫大な投資をしていると言っている」
 
中国がロシアのようにプレアデス人等ETさん達と接触をしているのかは分かりませんが、いずれ近いうちにSSPの先進技術やETさん達からの先進技術が公開されるれれば、それは無償で利用できるでしょうから、莫大な投資は中国の環境改善や人民の幸福の為に使うべきではないでしょうか。(^_^;) コウサ イヤヤ。
 
「トランプが「世界を救う」と言った大規模キャンペーンはとりわけ、容易に貧困を終了させ、環境破壊を終わらせ、そして宇宙開発と殖民と言う新時代を立ち上げることが可能である。公開が可能な西側の発明には、光より速い自由エネルギと何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機が含まれると、NSA情報源は言う」
 
”光より速い自由エネルギー” とは「タキオン」のことですね。タキオンはこの宇宙開闢の時に最初に作られた粒子です。
 
”何もない所から実物を作ることができる次世代3次元印刷機”とは、いわゆるレプリケータのことです。空間エネルギーの物質化です。この技術については未公開ですが秘密宇宙プログラムでは既に使われているものです。これも部分ないしは全開示の一環でしょう。
 
「ハザール暴徒召使が米安全保障基盤から追い出されるに連れて、クリーンアップは勢いを増して行く」
 
まさにその通りであり、これからもそうあるべきですね。
 
(^_^)♪ ヤミチャン ソロソロ オワカレヤネ。
 
「ロシアが実際に、世界の他国と共にハザール汚物を権力から取り除くことに協力していることは間違いがない。それがイスラエルのハザールマフィアの巣窟に多大な圧力が掛かっている理由です」
 
プーチン大統領にはとても良きプレアデス人のお友達がいますから、ハザールマフィアなんか目じゃないといったところでしょう。
日本はいつまで、ハザールマフィアに「へいこら へいこら」しているのでしょうね。
 
(-_-;) ウーム ソロソロ オメザメ シテ モラワント イカンナ トンカチ デ ヒッパタクカ。





 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 10:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (05/08) 
∞  世の中、何が起きているのでしょうね。(^_^;)  

 

 
フルフォードレポート英語版
2017年5月8日
 
破産した米企業政府のカナダによるLBOの時間だ

 
何も起こっていないという推測が続いていたにもかかわらず、ワシントンに拠点を置き、プエルトリコに登記した米企業政府が先週、現実に破産したことが判明した。プエルトリコの破産はデトロイトの破産のようなものとは異なる。なぜならば、プエルトリコは完全なDCの子会社であるので、親会社は倒産しなければならない。これが、突然中国財務大臣が金融緊急事態として日本と韓国の交渉相手との会議をキャンセルした理由です。
 
 
これもまた、英国王室家族が先週、バッキンガム宮殿で緊急会議を開き、フィリップ王配の引退を発表した理由である。
 
両緊急会議はSuper PetchiliまたはLung-Tsing-U-Hai債券の現金化に関係しており、世界の王室家族の多くのメンバーによって開かれたと、上級銀行情報源は言う。この情報源によって正確に言えば、退任と引き換えに、フィリップ王配は彼のPetchilisの現金化が認められ、つまり英王室家族は惑星を完全に変えるだけの十分なお金を持っていることを意味している。
 
もし、そうであれば、このことはカナダが今、破綻した米国株式会社の再建に対して、その事業の買収を資金調達するために融資を求める立場にあることを意味している。その結果はワシントンDCの決して終わらない狂気と犯罪の終了となるであろう。これがこの惑星にどのように影響を与えるかという観点において、この水面下の動きはフランス大統領選挙よりはるかに重要であるので、以下で深く検討する。
 
これはロスチャイルドの奴隷エマニュエル・マクロンに代わってロスチャイルド族の1%によって強引に投票の66.06%を盗んだ。フランスの選挙は実際は欧州の支配をめぐるドイツとロシアの代理戦争であった。米海軍諜報部は選挙に先立ってドイツ軍がフランスに送られ、その一方で国防総省によるとロシア軍が同時期にセルビアへ送られたと言う。
 
物事が進むにつれて、ヒットラーの娘アンゲラ・メルケルは、今度はオープンな戦争ではなくステルスによってフランスを征服するという父の悲願を繰り返してきた。しかし、日本軍諜報機関は今、負けたフランス大統領選候補マリー・ルペンは事実はモサド代理人の娘であると言っている。それが意味するところは例え彼女が大統領になっても所詮ロスチャイルドということである。選挙においてフランスの大多数はペストかコレラか、つまりファシスト独裁者か銀行家独裁者かを選択せざるを得なかったので、戦いは決して終わることはない。
 

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/france-presidential-elections-le-pen-macron-french-polls-vote-abstentions-odds-who-will-win-a7722356.html


選挙の直前で暴露されたマクロンの脱税やその他の犯罪の証拠は本当のフランス革命に続く本当の起訴を免れたわけではなく、引き続きカードは留保される。
 
いずれにしても、フランスにおける選挙窃盗はフランスがイタリアとスペインと共に破産しており、ドイツが彼らの債権者であるという基本的な現実を変えるものではなく、これらの国々は財政を通じて征服されていることを意味している。
 
ドイツとロシアに間の欧州への影響力を掛けた代理戦争は今、東へ移っている。
 
その前線では、ロシアは少なくとも15万人の軍隊をセルビアを守り、バルカン半島におけるダーイッシュノ麻薬と大麻作戦を止める為に送ったと、国防総省情報源は言う。ロシアはまた、ハザールマフィアの大アルバニア計画を止めるために、そこにいるとその情報源は続ける。アルバニア計画はまた数兆ドルの鉱物資源を盗もうとしていると、セルビア諜報筋は言っている。ロシアは今、ハザール人によるこの資源窃盗とキリスト教徒の民族浄化を止めようとしている。
 
全体として、ドイツもロシアも欧州における彼らの影響領域を確保するために騎乗しているように見える。
 
悪魔崇拝ハザール人に対する戦争はまた、一神教全てを含む何かに拡大しようとしてる。これは2016年の初めに見られたフランシス法王とパトリアッチ・キリルロシア正教会の二人のトップが1000年で初めて会談したことである。先週、法王フランシスはエジプトに行き、イスラム教徒聖職者のトップと会って、悪魔主義者とダーイッシュ軍に対抗することの支持を得た。
 
一方、米大統領ドナルド・トランプは今月末にバチカン、イスラエルとサウジアラビアを訪問する予定です。これらはキリスト教、ユダヤ教とイスラム教の最高聖地であり、世界の三大一神教である。一神教に関連したなにか大きなことが起ころうとしているのか?これは中国や英国王室の緊急財政会議と関係がありますか?乞うご期待。
 
米株式会社の事実上の倒産はその大統領と彼の背後の既成勢力に、ハザール悪魔主義者に対して更に強硬な態度を強いているかもしれないと、白龍会情報源は言う。それが、ゴラン高原を占領するイスラエルを含むシリアにロシア、イランとトルコが提案する飛行禁止区域を認めた理由だと、国防総省とモサド情報源は言う。イスラエル人は、世界各国から彼等が不法に奪った土地を返し、パレスティナ人と和平するよう強制されているので、今怒っている。今回違うところは、米国はもはや彼らの反社会的行動を無条件に擁護していないということである。
 
国防総省の将軍もまたトランプにアフリカと中東におけるキリスト教徒に対するハザー人攻撃と戦うための計画に署名するよう強く強制している。
 
北朝鮮の状況も、トランプの鎖が引かれて、彼が太った少年(金正雲)と会うと言わされて和らいできた。
 
秘密結社の情報源によると、金正雲を偽の傀儡に置き換えるロスチャイルドの計画は西側とアジアの秘密結社の協力のおかげで止められた。ロスチャイルド傀儡の麻生太郎を日本の総理大臣にする彼らの計画も止められたと、国防総省情報源は言う。
 
また、米国と中国の間に南シナ海についてある種の秘密の合意が為された兆候がある。日本軍情報源は、米国は日本では尖閣と知られ、中国ではティアオイタイとして知られる係争の島々に対する中国の支配を認めるだろうと述べたと言っている。これの見返りとして、中国は米国がマラッカ海峡近くのインドネシアの島に新海軍基地を開設することに目をつぶることを合意したと、国防総省情報源は言う。
 
この進展は日本の既成勢力に米国からさらに自立するよう促したと、日本右翼情報源は言う。その一つの兆候が、首相の安倍晋三が米国押し付けられた憲法を書き換えると公然と呼びかけたことだった。日本はまた、中国と米国の友好関係が強化されることで彼らの独立への脅威とのバランスをとる為にロシアとの接触が増えていると、日本とを市あの情報源は言う。
 
米中協力関係のを示す非常に興味ある進展は中国の広大な中心にある新疆と雲南省に二つの事業拠点持つフロンティア・サービスグループ(FSG)と呼ばれる会社に、単橋、湾ロード高速鉄道、港とエネルギパイプ・ラインインフラ計画を与える決定をした。FSGの会長とCEOは現在は廃止されている悪名高いブラックウォータ-セキュリティmp創設者であるエリック・プリンス以外はいない。
 
https://www.sott.net/article/349692-Beijing-hires-Erik-Prince-as-guardian-of-the-New-Silk-Road
 
中国人も、飢えた狼と戦うより番犬を飼っているほうが安いという白龍会の助言を受け入れたようである。アフリカやその他の地域でのアジアのインフラプロジェクトを守っている失業傭兵にも多くの仕事が与えられる予定です。
 
総合的に言えば、世界の大国間の進化を続ける友好は、今やこの惑星上においてあらゆる国境を越えた犯罪戦争の混乱を終えることを意味している。
 
カナダの破産した米国株式会社の買収提案は、このプロセスを大幅にスピードアップすることに役立つ。それについて考えると、米国は第二時世界大戦終了後、ほぼノンストップに戦争に従事してきた。カナダは平和維持軍による戦争を止める考えに到った。カナダは米国最大の問題の二つ、悲惨な医療制度と犯罪問題の解決にも役立つであろう。カナダ人はアメリカ人の医療費の半分しか使っていないが、長生きである。また、カナダ人も銃を手にすることができるが、米殺人速度はカナダの23倍である。ボーナスとして、多くのアメリカ人はカナダのコテージで夏を過ごす事が始められる。
 
カナダは米政府のために真実と若い委員会の設立の手助けができるので、犯罪組織に関与する善人が再出発できるだろう。明らかに死に近い元大統領ビルクリントンは、彼がこの世を去る前に良心を晴らす告白をすることによって前例にしようとしている。
 
https://www.youtube.com/watch?v=sKgo5u1knHk&feature=youtu.be&app=desktop
 
進化の戦いは戦うライオンが勝つのではなく、愛を作るその洞窟に戻るライオンが勝つのである。それが、「戦争ではなく愛を作る」と言っているヒッピーを白龍会が支持する理由です。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------
プエルトリコ破産⇒英国王室会議⇒(Prtchili債権の現金化)⇒(カナダの米国株式会社買収)
と言う思考だそうです。
 
仏マクロンの件はよく分からないが、このまますんなりとは治まらない気がする。
不正選挙、マクロンの不正、議会との調整不能等の要因でトラブルが起こるかもしれない。
 
三大聖地へのトランプ訪問は確かに何かあるかも・・・・・
 
北朝鮮は端から米露中の大劇場であった。シリアの攻撃も全くの嘘であったようです。
むしろ日本がその仲間に入れなかった外交上の失策の反省を促したい。
「嗚呼、悲しいではないか!」  NEW!2017-05-10 10:00:00
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
∞  ワシントンに拠点を置き、プエルトリコに登記した米企業政府(USAカンパニー)が、先週の4月末に、現実に破産したことが判明したとあります。それを今、アメリカが公表しないのは世界の秩序を維持するためだとしても、いずれ適切な時期に公表しなければなりませんが、それはアメリカ共和国の宣言の時、つまり圧縮突破後に予定されているイベントラッシュが始まるときかも知れません。
 
(^_^)♪ コノ トキ セカイ ハ ヒカリ ノ ジダイ ニ イッポ フミダスンヨ。






 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 18:26 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (05/01)
∞ 闇さん達の延命策は打つ手、打つ手が、いずれも失敗に終わっているようですが、まだまだやる気があるようです。(^_^;)
 
 



フルフォードレポート英語版
2017年5月1日
 

■ ハザールマフィアの攻撃は伸び悩んだが、高レベルの陰謀が続いている
 
悪魔のハザールマフィアから自らを開放する人類の戦いは最終的な勝利に向かっているが、いくつかの厳しい最終戦が私たちの前に横たわる。4月は悪魔主義者による大打撃を受け、多くの迷惑は起こしたが第三次世界大戦を始めるか、世界金融システムの支配を取り戻すかの努力は失敗した。にもかかわらず、欧州、東アジア、米国、中東他では、高度な陰謀が続いている。これらすべての中で、米国株式会社政府は破産を避けて、数が月あるいは高レベル権力闘争が終わるまで先延ばしできた。
 
先週の最も激しい秘密の戦場の一つは日本でした。アジアのNSAとCIA情報源はともに首謀者悪魔のレオ・ザガミとその手下が東京にいて、とりわけ東京の地下鉄でサリンガス攻撃を演出し、北朝鮮の所為にしようとしていたことを確認している。それがおそらく、先週、北朝鮮のミサイル試射に対応して、地下鉄システムを一時閉鎖した理由であろう。
 
グノーシス・イルミナティ総支配人のアレクサンダー・ロマノフもまた、NSAが彼に、ザガミとその手下が彼の命を狙っていると警告したことを避けるために、身を隠した。ザガミは、このニュースレターが公開される今までには、これらの主張には反応していない。
 
日本で起こっている他のこととしては、日本の皇室家族を乗せている車が最近、いくつかの事件で攻撃を受けていると、皇室家族に近い右翼の情報源は言う。これらの攻撃は、天皇に大きな単位の債権を現金化するために彼の印章を使わせようとしていることを意味していると、その情報源は言う。これらの債権には前中華人民共和国がその国のインフラを構築するために使用したスーパーペッチリス債権も含まれていたと、米国防総省情報源は言う。私にスーパーペッチリス債権を見せてくれた最後の人がレオ・ザガミである。
 
最近、極東でトラブルを巻き起こしている他のグループは、ロスチャイルド家のフランス支部であると、複数の情報源が認める。フランスのロスチャイルドが最近の米国と北朝鮮の間の戦争を引き起こそうと努力している主役である。それはフランス・ロスチャイルド家が北朝鮮の強硬派金正雲を彼らが支配する偽の金漢率に置き換えたいからである。それが、彼らが最近、金正雲の兄弟で金漢率の父親である金正男と主張する男の殺人を演出した理由です。中国政府情報源、日本軍情報機関とアジア秘密結社の情報源はすべて、最近マレーシアで殺された金正男は本物ではなく、また暗殺と思われる直後にユーチューブに登場した金漢率も偽物であることを確認している。金正男とその息子は中国内の安全な場所にいると中国情報源は言う。

ロスチャイルドは破産を避けるために金塊に手を出そうとしているが、その結果、彼らは北朝鮮の巨額な金塊や鉱物資源を欲望している。それが、彼らがその国を彼らの傀儡に置き換えたい理由であると、その情報源は言う。それで我々は北朝鮮に対する突然の驚異の急拡大を理解することができる。
 
また、ロスチャイルド代理人麻生太郎を日本の総理大臣に就任させる強い圧力があると、日本右翼情報源は言う。麻生はロスチャイルド家族のフランス支部と結婚したので、麻生政権がこの家族が日本を支配することを認めている。白龍会情報源は彼らはロスチャイルドの麻生や、ロックフェラーの小沢が日本の首相官邸近くのどこにも入ることは許されないと信じている。麻生はまた、このニュースレターを発行することによる収入のすべてを差し押さえた責任があり、それは現在進行中の迷惑であり、現金の寄付のおかげで対処している。
 
また、米大統領ドナルド・トランプ、中国国家主席習金平とグオ・ウォングイという名の中国のロスチャイルド代理人に関わる多くの陰謀もあった。グオは習金平が中国政府内の彼のライバルを排除する手助けをする仕事請負人であると、ベトナムの情報源は言う。情報源はグオの二枚の写真を送ってきた。一枚はジェイコブ・ロスチャイルドと一緒のもの、もう一枚はダライラマと一緒のものである。


 
グオはフロリダのドナルド・トランプのMar-A-Lagoリゾートの会員であり、そこでトランプと習金平が最近会談をした。グオは現在、中国政府から贈収賄罪で追跡を受けており、国際警察から指名手配がかかっている。
 

https://www.forbes.com/sites/nathanvardi/2017/04/25/chinese-fugitive-guo-wengui-lost-500-million-in-ubs-margin-call/amp/

 
アジアの秘密結社の情報源は以下のコメントでこの情報に反応した:
 
「我々は新しい未来と新しい時代を作りたい。旧体制のロスチャイルドが我々に同意すれば、我々は相互の繁栄を考えますが、彼らには決して奉仕しません。もし、習金平がロスチャイルドのために働くならば、我々は彼への支持を取り下げる」
 
結社はまた友情に結ばれた「一つの世界」と言いう目標を再確認した。
 
トランプと習金平の周辺の策謀は非常に大きな中国の金塊で裏打ちされた債権を現金化すると言う目下の努力に繋がっていると、米国防情報局長官は言う:
 
「これらの中国債権は1930年代からFRBによって保有されてきた中国金塊を返却する鍵である」
 
中国は中国の莫大な金塊貯蔵量を解放することになる債権の支払いをする為に繁栄基金を使用している。徒党がこれらの債権の現金をその手にしたら、金塊に裏打ちされた新通貨を発行することは非常に悲惨な結果となるだろう。
 
DIA(米国防情報局)の情報源はまた、先週、莫大な資金を金融システムに解放する多くの努力が為されたと述べている。
 
このこと全ては、トランプがNSAと国防総省が会っている間、CIAとFBIがニュージーランドで英国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアの英連邦の彼らの交渉相手と秘密の会合を持とうとしている間に、ワシントンDCで起こった。NSA長官はニュージーランドに招かれなかったし、海軍情報局がそこにいたかどうかも分からないと、その情報源は言う。
 
DIA情報源は、西側権力の最高レベルにおいて二つの競合する派閥が動いているようであると言っている。これらの派閥の存在はまた、マルタ騎士団の新トップの選出についてのニュース報道にでも確認される。マルタ騎士団は表面的には慈善団体ですが、多くの西側軍隊や情報機関の将軍が騎士であるので、現実には西側軍事力の頂点を代表している。
 
いずれにしても、72歳のイタリアのGiacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinettoが中間指導者として選出されたと報道されている。この報告書は、ダッラ・トーレは、英国とドイツの派閥の秩序の妥協であったことに同意している。
 
バチカンの陰謀と財政的悪行を含むリーダーシップを巡る内部闘争によって、その秩序は破壊され、最近漏洩した最近復帰した元首相のアルバート・フォン・ボアセラガーがフォン・ボアセラガーとバチカンを豊かにする非論理的な財政取引の立場に立つ元総長のフェスティングをコンドーム流通問題で逮捕されたことを示す内部文書によって証言しようと積極的に陰謀を企んでいたと、クリスティーヌ・ナイルズは言っている。
 
(信じられない難文です。“The order has been wracked by internal struggles over leadership involving Vatican intrigue and financial misdeeds, revealed by a recently leaked internal document showing Albrecht von Boeselager, the recently reinstated Grand Chancellor caught in a condom distribution scandal, was actively conspiring to depose [former Grandmaster Mathew] Festing, who stood in the way of an unethical financial deal that would’ve financially enriched von Boeselager and the Vatican,” according to Christine Niles, M.St. (Oxon.), J.D. • ChurchMilitant.
 
上記訳はまったく自信がありません。どなたが、何の目的で、このような難文を書くのでしょうか??よほど頭のよい人か悪い人間だと思います。これ以降、論調と英語が変わります。フルフォードさんの英文ではないと思いますよ)
 

http://angelqueen.org/2017/04/29/knights-of-malta-elect-new-interim-leader/http://www.telegraph.co.uk/news/2017/04/29/knights-malta-elect-new-leader-vatican-seeks-bury-feud/

 
マルタ騎士団は、古代カトリック騎士道への法王フランシスの個人的介入をもたらした激しい内戦を終わらせるために、土曜日にローマで新しい指導者を選出した。
 
だから、再び、我々は世界権力の最高レベルにおいて行われている高額債権の現金化の試みを見ることになる。ザガミとP2フリーメーソンロッジの彼の手下が裏で暗躍しているとするのは良い推測である。
 
各機器と第三次世界大戦を始める企みは再建を現金化して世界金融システムを支配する努力と結びついている。
 
国防総省情報源が何を言っても、彼らはシオニストや戦争誘起ネオコンから米外交政策の支配権を奪ってきた。軍隊が全権を与えられ、トランプが100人の上院議員に対して北朝鮮やその他の国と正式な宣戦布告なしでは戦いを起こさないと言うことを強制され、実質的に不可能にして、トランプの軍引継ぎは完了したと、その情報源は言う。
 
(米国防長官ジェームス)マティス、(最高将軍ジョセフ)ダンフォードが全ての上院議員をホワイトハウスに召集して、外交政策はイスラエルではなく軍に委嘱し、クシュナー、ヴオルフヴィッツ、ペトロイアス、HRマックマスタ−ネイコン派を無効化すると言わされたと、その情報源は続ける。ダンフォード4月2日モサド代理人ジャレッド・クシュナーを伴ったイラクへの訪問は敵を近づけておくための物であった。
 
元二つ星の将軍もまた深層国家とモサドによる暗殺が起こらないように秘密任務を担当していると、彼らは言う。
 
また、イスラエルの売春婦である国連大使のニッキ−・へイリーは彼女の姦通によって脅迫されているかもしれない、そして米国務長官レックス・テラーソンによって非難され、NSCから廃除され、トランプさえ彼女を首にするとほのめかしている。
 
トランプはバチカンの反対で、サードミサイルを配備する趣旨で韓国から金を巻き上げることをやめるよう余儀なくされた。サードミサイルは宣伝どおりには機能しないかもしれない。
 
法王フランシスは、西側と北朝鮮の戦争は全てを破棄すると述べて、第三次世界大戦を始めようとする派閥を公然と非難した。
 
http://www.express.co.uk/news/world/798331/Pope-Francis-Donald-Trump-North-Korea-Kim-Jong-un-war-destroy-everything-ballistic-missile
 
法王は北朝鮮と西側の戦争は緊張が高まるに連れて、あらゆる物を壊すことになると述べている。
 
カトリック教会の指導者は今日の人類は二国間の潜在的戦争には耐えることができないと述べた。
 
イルミナティの情報源と他の権力センターは核戦争を始めることは全く許されないと合意確認している。言い換えれば、今回、国際機関の改革は戦争ではなく交渉で行われる。この状況の中で、白龍会は東と西の間にウィンウィンの妥協を見つけ出す努力を提供する。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
確かに東西線が人身事故の影響とかで止まりました。1時間程度ですが、そうだったのでしょうか?
 
アジア秘密結社(白龍会)の発言
 
「ロスチャイルドには奉仕しない、習金平がロスチャイルドと組むなら、我々は習金平を支持しない」
は中国がロスチャイルドを選んだことを暴露している。
 
これは依然から私が申し上げていることです。
 
でも、残念ながらロスチャイルドは沈没しましたので、中国の覇権獲得の夢もなくなりました。米国と組まざるを得なくなったのですが、FRBに貸した金塊を担保に現金化しようとしているらしいが、誰ががそんな不渡り債権を換金してくれるものか。
 
FRBは破産して(つまり中国日本には戻らないのでは)、米国は一から出直すしかありません。それをみんなで支えあおうと言う話になぜならないのか?
 
債権者側がそれを進めなければできない。日本と中国ですよ。
 
「嗚呼、悲しいではないか!」    NEW!2017-05-03 16:38:08
---------------------------------------------------------------------------------------------

 
∞  闇さん達は、第三次世界大戦を始めるか、世界金融システムの支配を取り戻すかの努力は失敗したにも関わらず。今尚、彼等の生き残り策を模索しているようです。しかし彼等の望む全ては決して実現しないと、彼等が理解する時が刻々と近づいています。いずれ近いうちに世界情勢が光の方へ大きくシフトする可能性に期待しましょう。
 
(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 18:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (04/24)
∞  5月1日に、USAカンパニーが閉鎖か!?(-_-;)



 
フルフォードレポート英語版
2017年4月24日

■ 我々一丸となって、5月1日に米国株式会社政府が確実に閉鎖するために推し進めなければならない
 
難解な経験が私に特定の日に固執しないように教えてくれたが、複数の独立した情報源は皆、5月1日に何か大きなことが起こるかもしれないと言っている。統合宣伝メディアはこれは、負債上限が引き上げられない限り、米政府閉鎖は起こるだろうと言っている。
 
http://www.zerohedge.com/news/2017-04-21/trump-administration-begins-quiet-preparations-government-shutdown
 
また、その日は、米株式会社政府の100%子会社であるプエルトリコが倒産に至ると予想されている日でもある。
 
http://www.reuters.com/article/us-puertorico-debt-bankruptcy-analysis-idUSKBN17E0GN
 
CIA、グノーシス・イルミナティ、日本軍情報機関と国防総省は、これは世界が米企業政府を永久に閉鎖する戦いのチャンスを得て、黄金の古き米国として知られるアメリカ共和国の再建をする日であると伝えます。
 
ホワイト・ドラゴン・ソサエティは米企業政府の債権者である日本と中国に、彼らがハザールマフィア支配を続ける限り、企業政治のこれ以上の延長を認めないように働きかけをしている。彼らは、米企業政府の制御解体は、終わりのない戦争、ダーイッシュ、偽旗テロ、生物化学兵器の拡散等への融資を終わらせるだろうと、言われている。
 
ハザールマフィアは破産期日が迫るにつれて制度的には不正と言う他ない状態になっている。シリアと北朝鮮で第三次世界大戦を始めようとする最近の企ては、核や生物兵器テロによる繰り返される脅迫によって続いているが、そのような狂気は彼らが商売で失敗するまで永遠に続けられるのは間違いがない。
 
米企業政府の破産期限の直前の4月29日にマルタ騎士団の新団長が選出されるのは決して偶然なことではない。マシュー・フェスティングは、表面上コンドームに関する議論において、ローマ法王によって首になった。
 


 

しかし、日本軍情報機関、イタリアP2ロッジとMI6の情報源は皆、フェスティング率いるマルタ騎士団のファイスト派が2011年3月11日の日本に対する津波核テロに深く関与していたと確認している。この著者に福島の直後に、日本を海に沈めてやると脅すメールを送ってきた自称悪魔主義者レオ・ザガミもまた、マルタ騎士団の指導者であると主張した。
 
傍注ですが、最近ガイガーカウンターを持って福島を訪問した友達は、通常の自然放射能以上は検出することができなかった。

 

 

 


表向き慈善団体であるマルタ騎士団はカトリック教会の最古の騎士修道会であり、その修道会のファシスト派は賄賂、脅迫、殺人の組み合わせで、世界の指導者たちを支配してきた事に対して責任がある。言い換えれば彼らは、秘密世界政府の重要な軍事力執行機関の一つであった。彼らはまた、多くの幹部将軍がマルタ騎士団であったので、米軍に強い影響力を行使してきた。だから、60人の騎士を含む選挙は実際には惑星、特に米国の未来に決定的な影響を与える。
 
関連する進展としては、国際逃亡者のヘンリーキッシンジャーは先週、白龍会に接触して来て、ロックフェラーが彼に公で恥をかかせたので、かなり以前から関係を断ってきた。キッシンジャーのメッセンジャーであると主張するCSISの情報源は、ロックフェラーは世界の高官の前でキッシンジャーにお茶を注がせ、ウェイターのように繰り返し使ってきたと言っている。
 

しかし、キッシンジャーは1960年代にKGBに拘束され、リチャード・ニクソンの内閣に入る前に拷問を受けてコードネーム「ボア」のKGB代理人に身を変えたと、これらの情報源は言う。その時から、キッシンジャーは実際はロックフェラーのために働いていなかったと、その情報源は言う。今、ご主人様が亡くなったキッシンジャーはこの惑星を助けるために莫大な資金を開放する運動をロスチャイルドとともに推進していると主張していると、これらの情報源は突然言い出した。
 
CISI(戦略国際問題研究所)へ攻撃を集中するという白龍会の推奨は彼らの琴線に触れたようである。これらの人々が約束するように、5月1日に何が起こるのかを見ていましょう。しかし、一般的法則としては、これらの陰険な人々を信用するのではなく、ある日突然に姿を変えるので、彼らを信用しないことだ。彼らが退くまで攻撃を続けなければならない。
 
この目的のために、ジョージ・ブッシュ・シニアが先週、逮捕を逃れるように病院に検査入院したことは注目に値する。これは、前大統領バラク・オバマがブッシュ/クリントンの麻薬取引について知っていることを全て浮かれて話した後に、シカゴ限定の保護観察条件で解放された時期とほぼ同時期に起こった。
 
デイビット・ロックフェラー、マレディクト法王、そして下がってその他と来て、ブッシュ・シニアが最後の大きな立っているドミノであり、彼がいつまで耐えられるかを見ていましょうと、国防総省情報源も言っている。
 
中国の習金平が、シリアのトマホーク攻撃の後の4月7日のトランプとの首脳会談の帰国途上に、それ続くロシア爆撃機が4月17日から20日の間、アラスカを鳴らし続け、その後も続いているアラスカに立ち寄り、知事に会ったのは決して偶然ではない。メッセージは、米本土はロシア/中国のアラスカ経由の共同侵攻は難攻不落のものではないと言うことである。
いずれにしても、これらの動きは例えば広く注目されているフランス大統領選挙よりも重要になるだろう。この選挙において、今まで誰も聞いたことのない39才のロスチャイルドの銀行家エマニュエル・マクロンが第一位を取った。しかし、CIA情報源はフランス大統領選挙は間違いなく不正が行われていると言っている。彼らは、マクロンは今までに公職に選出されたことはなく、まったく無名であったと指摘している。下のリンクの報告書は、彼はフランシス・オランドの下で経済長官として数年過ごし、そこで彼は数十万人の抗議を受け、彼の個性より穏やかではない宣言を付けた執行命令によって強制されなければならなかった彼の名前の付いた労働法を提案したと述べている。
 
https://www.sott.net/article/348998-Establishment-Shunts-Establishment-Puppet-into-the-Elysee-More-Warmongering-To-Follow
 
マクロンが5月7日に選挙を盗み、フランスの大統領になってユーロを延長できるかどうかについては、5月1日に売国で、4月29日に丸太の秘密騎士団の選挙でなにが起こるかに掛かっている。
 
しかし、明らかに、米国のいわゆる大統領ドナルド・トランプによって突然180度の転換によって、ハザールマフィアがこの惑星の支配を維持しようとするために全面的に撤退します。しかし、今やアジアが世界のお金をほとんどを支配しているので、西側にハザールマフィア奉仕者を置くだけでは十分ではないだろう。
 
バチカンの召使で米国副大統領のマイク・ペンスは先週、彼らの企業政府のご主人様への資金調達を試みた。韓国では、彼は金を手にすることに失敗し、北朝鮮にむなしい脅しを掛けて、日本に追い出されたと、日本軍情報機関は言う。
 
日本では、日本政府の複数の情報源によると、彼は金を求めて拒否されたので、彼は日本の首相安倍晋三に6月に辞任して総選挙をしないと、逮捕されると話した。今のところ、日本の既成勢力は彼らの頭上で行われている戦いがどうなるのかを見守っている。その後、ペンスはインドネシアへ行き、そこで世界でも最も厄介な人物の何人かと会ったと、インドネシアの情報源は言う。ロイターの見出しは、単にペンスの訪問が100億ドルの大規模取引を成し遂げたビジネス成功として説明されている。
 
https://www.bloomberg.com/politics/articles/2017-04-21/pence-hails-10-billion-in-indonesia-deals-from-exxon-to-ge
 


 

事実、ペンスは何人かの厄介な人物を介してインドネシアの支配を取り戻そうとしているにもかかわらず、FRBの認可ドルを配布していると、中国軍情報機関とCIAの情報源は認める。これは首都ジャカルタの知事アニー・バスヴエダンの各種汚い工作による選挙に見ることができる。
 
バズウェダンの変わりに勝利の演説をした人物は、元インドネシアの独裁者スハルトを殺した多数の義理の息子のプラボウ・スビアントを置いては他にいない。スビアントはインドネシア大統領として厳粛のジョコウィに置き換えるハザールマフィアの選択であると、その情報源は認める。
 
スビアントは彼とその特殊部隊が非武装の村人数百人を虐殺した後、1990年代の初めに東ティモールの反政府勢力によって捉えられたと、スビアントに近い情報源は言う。その情報源は、反政府勢力は罰として彼を去勢したと言っている。それがスビアントがその後、スハルトの娘と離婚した理由であると、この情報源は言う。
 
今、我々は彼が、無尽蔵の資金を持って、ダーイッシュの傭兵と手を携えて、非常に人気のあるジョコウィ政権を不安定にしようと、登場するのを見ている。もちろん、実際の目的は、インドネシアのハザール傀儡政権を再び構築して、ハザール人が彼らの世界支配を損なわないように近海を手に入れられるようにしたいと、インドネシアの白龍会情報源は言う。
 
中東においても、いくつかの新しい進展があり、米防衛長官ジェームス・マティスによって先週、その地域の訪問があった。初めにマティスはイスラエルに行き、ゴラン高原から出て行き、シリアへの爆撃をやめるように言ったと、モサド情報源は言う。彼は彼らに米軍とエジプト軍は、シナイ半島に展開するダーイッシュ傭兵軍を排除することのみに援助すると、その情報源は続ける。
 
国防総省情報源は、サウジアラビアにおいてマティスが、米軍がそこでの活動を終結させたいので、イエメン戦争への国連仲介の終了を求めた。米軍は彼らの各種機械のためのサウジの石油を必要として理由のみで、サウジの手助けをしてそこで戦っている。この石油は今、彼等がサウジ政権の支持をやめても彼らに約束されていると、白龍会情報源は言う。
 
また、パニックに陥ったサルマン王は911訴訟とその他のスキャンダルの処理に彼の若い息子を大使として米国に送った。サウジの王室家族は、日本と英国の王室家族のように、世界権力構造の頂点に空白があり、彼らの運命はそれがどのように満たされるかによることを知っている。
 
最後のメモとして、61才の米最高将軍ジョセフ・ダンフォードは4月17日にボストンマラソンを4時間50分で走った。
これは全ての愛国者に愛国者デーにアメリカを取り戻そうと言うメッセージである。
 

http://benjaminfulfordtranslations.blogspot.jp/


∞ 注目度の高いのは以下の部分ですね。 
 
 「・・・5月1日に何か大きなことが起こるかもしれないと言っている。統合宣伝メディアはこれは、負債上限が引き上げられない限り、米政府閉鎖は起こるだろうと言っている」
 
もし、本当に現米政府が閉鎖という事態になったら、我々は万々歳なのですが、さて、どうなるでしょうね。(^_^;) ヨウスミ ヤネ。
 
「・・・米株式会社政府の100%子会社であるプエルトリコが倒産に至ると予想されている日でもある」
 
プエルトリコの子会社も連鎖倒産することを願いたいものです。
 
「CIA、グノーシス・イルミナティ、日本軍情報機関と国防総省は、これは世界が米企業政府を永久に閉鎖する戦いのチャンスを得て、黄金の古き米国として知られるアメリカ共和国の再建をする日であると伝える」
 
CIA、グノーシス・イルミナティらの闇さん達も、また日本軍情報機関と国防総省も、認めているようですから、もしかしたら、現実に起きるかも知れませんね。
 
でも、起きたら起きたで、次のステップへ行くには、地球中空のプラズマ層で起きているプレアデス艦隊とキメラグループの決着をつける必要があります。つまり、彼等に圧縮突破を実現して貰わないと、プラズマトップレット爆弾の心配が消えません。
 
(-_-;) プレアチャン ハヨ シテヤ。





 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 19:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (04/18)
∞ パソコンの調子が悪く、投稿を一時休止するかも知れません。(-_-;) メンテ シナキャ イケンノヨ。

 


フルフォードレポート英語版
2017年4月18日
 

■ ハザールマフィアはシリアと北朝鮮で止められた第三次世界大戦を始めようと企んでいる
 
ドナルド・トランプはシオニスト(ハザールマフィア)の眠れる代理人として彼の本性を現したので、彼はますます孤立し、戦争犯罪に有罪である可能性が高いと、国防総省、CIAその他は認めている。「トランプはお終いである」とは、CIAが状況を説明した方法である。
 
トランプは彼のシオニストハンドラーによって第三次世界大戦を始めようと圧力をかけられている、何故ならこれら宗教狂信者たちは依然としてゴグとマゴグの戦争を開始しようとしており、人類の90%を殺し、残りを奴隷にしようとしているからである。この目的のために、トランプはロシアの人間が駐留しているシリアの空軍基地に攻撃を命令した。それが、トランプが先週、核武装した北朝鮮と戦争を始めようとした理由です。
 
北朝鮮の状況はシオニストによって、北朝鮮の金正雲とドナルド・トランプという非常にたくましい敵対者の面目を失うことなく、どちらの男も戻れないように挑発するように計画された。北朝鮮は、彼らが望むいつでも、特に彼らの建国の父金日成の105回目の誕生記念日にはミサイルなどの試験を行う権利を持っていると言っている。トランプは「あなたがそうすれば我々は攻撃する」と言っている。
 
だから、面目を保てる解決策として、発射後すぐに爆発するミサイルを使って計画された。北朝鮮は、トランプの脅しにもかかわらず、彼らは先に行ったと主張することができた。シオニストは未確認の秘密兵器で試験を妨害したということ示唆できた。重要な点は、シオニストが第三次世界大戦を始めようとしたが再び失敗して、今後も失敗し続けるだろうという事である。
 
これらの挑発は。トランプ大統領とともに、間違いなく何か不可解なことが起こっているサインに過ぎない。数週間前、トランプは大統領アンドリュー・ジャクソンを引合いに出し、連邦準備理事会を国有化を示唆していた。今は、彼はFRB理事長のジャネット・イエレンはさらなる人気も可能であると言っている。彼はまた、中国を挑発して、彼らを「為替操作国」として非難することから、ずうずうしくゴマをすり彼らの通貨操作を否定することに変わった。
 
これらの豹変は米国株式会社の次の破産期限が迫っていることと関連しているかもしれない。米国株式会社のプエルトリコ子会社は5月1日に破産が予想されている。これを地方債の問題として描く努力にもかかわらず、これはワシントンのシオニスト本部を打倒するドミノ効果の引き金になった。
 
https://www.yahoo.com/news/puerto-rico-seen-sliding-toward-bankruptcy-deadline-nears-070022952–sector.html
 
日本の天皇に近い情報源は、P2フリーメーソンロッジとバチカンの代表である副大統領のマイク・ペンス、同様に長年ロスチャイルドの代理人で商務長官ウィバー・ロスの東京への到着は、日本から金をとろうとするものであり、米国株式会社のために再び先延ばししようとしている。「ゴールドマンファミリ」と呼ばれるグループがいて、天皇に天文学的数字の偽造債券の現金化か、小沢一郎を日本の首相にするよう説得しようとしていると、その情報源は言う。これらのいずれも起こらないと、その情報源は言う。
 
ドナルド・トランプに戻ると、第三次世界大戦を始めようとした後の先週、彼は「我々はシリアへは行かない」と言わざるを得なかった。彼はまた、5月26日と27日に予定されているシチリアでのG7会合の間に、法王との会談を拒否されたので、彼が孤立していることの確実な兆候であると、国防総省情報源は言う。日本の首相安倍晋三も最近法王との会談を拒否され、サリン・ミサイルを日本に送ることについて話した先週、シオニスト奴隷であることを再び現した。
 
イスラエルが前CIA長官のブレナン、ジョン・マケイン、サウジとイスラエルのご主人様のために働くH.R.マッカシらとともに、シリアの偽旗攻撃の背後にいることが明らかになっていると国防総省情報源は述べている。
 
シオニストのガキ、ジャレッド・クシュナーは、ビビ(ベンジャミン・ネタニヤフ)、ロシア、ジョージ・ソロス、ゴールドマンサックス、ハインズ・キッシンジャーとロバート・マードックとのつながりに対して対敵諜報活動の捜査下にあるかもしれない。
 
トランプのシオニストハンドラーのクシュナーに関する記事は彼の本当の課題を示している。
 
https://mainerepublicemailalert.com/2017/04/16/kushner-coup-inside-trump-white-house/
 
クシュナーの大学に拠点を置くチャボットとの関与は特に、彼の経歴構築の重要な部分であり、チャボット・ルヴァビッチ宗派はユダヤ人種に圧倒的に有利な独善的かつ時間的予言を信奉する極めて過激な組織であることを示している。クシュナーはまた、666番地の建物を以前の価格の3倍を支払っているので、ほとんど悪魔主義者である。
 
日本軍情報部はこの問題の本当の原因は、ジョージタウン大学内の悪魔主義者が支配するCSISであり、世界のテロを終わらせる近道としてその組織を取り除くことを示唆している。
 
今までのところ、ゴールドマンサックスは標的にされているが、ゴールドマンは巨額な賭けで高騰した原油価格から利益を得ることができたので、シリアへの侵略がなくなったので破滅させられる可能性が高い。
 
トランプはシリアを攻撃したことで戦争犯罪に有罪である。彼は議会の承認も、国連の承認もなしの主権国家を攻撃し、弾劾的違反となる非常大権令を犯したと、CIA情報源は言う。
 
シリア政府によってサリン攻撃と想定されたこの違法な攻撃に対する口実は、CNN、ブルームバーグ、ロイターなどの統合メディアに広く引用されているフランスAFPニュースワイヤーによるシリア大統領バシャール・アサドとのインタビューは完全な作り事として暴かれ、そしてごくわずかになったシオニストのクール・エイド酒飲み達にとってさえ、ダーイッシュのサリンテロビジネスは西側権力によって運営されていることが明らかになった。そのインタビューはこのリンクで読むことができる。
 
http://sana.sy/en/?p=104255
 
(ここから論調が変わります。英文が変わる。変化点―螳癲they say等の言葉が極めて少ない、つまり白龍会の主張文と思われる⊃祐崟が感じられない解説文 これ以降がフルフォードさんの自筆であると推定する。最近、明らかに白龍会の文章と思われるものが挿入されている、これで有料?)
 
西側は永遠の戦争偽旗攻撃、偽ニュース、テロ、麻薬取引等を代表するものではなかったはずだ。私が育ち、外交官としての私の父に代表される西側は世界平和、民主主義、人権、報道の自由、貧困の終結、環境保護等の立場に立つものであった。これは、テロリストのスポンサーであるシオニストやハザール獣が最終的に倒されれば、元に戻るでしょう。
 
国防総省情報源は、中国、ロシアと米国の三大国は世界通貨リセットの導入するために、北朝鮮、シリア、ウクライナとダーイッシュで協力している。
 
この努力の一環として、シオニストとハザールマフィアへの麻薬資金の供給の遮断のための運動が続けられていると、彼えらは言う。アフガニスタンのCIA団体は麻薬取引を止めるために核攻撃を受けた。米軍はまた、被害アフリカへのダーイッシュとイスラエルの侵入を止めるために先週、1994年以来初めてソマリアへ派遣されたと、国防総省情報源は言う。
 
ロシアとの偽の冷戦を維持するハザール人の努力は意味がないし、シオニストがこれを実現するために努力したにもかかわらず、G7はロシアに対していかなる制裁も貸すことがなかったことは注目に値する。
 
代わりに、イースターが西洋と正教の両方のために4月16日に来た事実は、平和と繁栄の新時代を告げるものです。
 
その鍵は、薄い空気から米ドル、円やユーロを創り出すプロセスの支配である彼らの最後の最大の権力の源をハザール人から取り上げることである。

ヘンリーキッシンジャーは通貨の魔法を起こさせるマスターコードを持つ男です。それが、彼が殺されたり捕らえられない限り、追われる男である理由です。だからシステムはシャットダウンして、再起動すべきである。
 
キッシンジャーのような悪者すべては逮捕されているので安心してください。ジョージ・ソロス、ジョン・ケリー、デイビット・ロックフェラー、バラク・オバマ、ヒラリークリントン、ビルクリントンなどは大衆の目からは消されている。
 
今、長年待っていた米政府当局者の反逆罪での最初の逮捕もあった。この件では、前ヒラリークリントン時代の国務省職員キャンディス・マリー・クレールボーンは米国の秘密を中国から賄賂をもらって、中国に提供したという反逆罪で起訴された。検察はこれが裁判に持ち込まれる多くの人の最初になると言っている。
 
http://yournewswire.com/clinton-employee-arrested-treason/
 
システムから腐敗を取り除くことは不可欠ですが、この目的のために惑星を安定させなければならない。白龍会は来週、この惑星を楽園に変えるプロセスを開始する鍵を持っている人に、キッシンジャーではなく、手紙を届けます。我々は前向きな反応を期待している。
 
しかし、惑星の方向を変えることは洋上で超大型タンカーを回転させるよなものです。それは船を先導しないような方法で行われるべきである。我々は発表すべき特別のデータを持っていないからである。善人が勝利して人類が解放されると確信している。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------

フルフォード報告に対して世界的に多くの批判があるのは事実です。長年読んできましたが、特に最近は非常におかしいと思うことが多い。これらを読むときには話半分に聞けということは分かっている。(最近は半分もない10%未満だと思いますが)
 
多くの場合、提示されるデータは矛盾している(同じレターの中でも矛盾している)。時には確かに正確でしたが、全く外れも多くありました。彼が真実を知っているはずはなく、今の時点での可能性(多くの人の意見と思えばいい)を述べているだけだと受け止めればいいと思います。
 
盲目的に信じるのでもなく、頑なに拒否するのではなく、批判的思考をオープンにしたいと私は思っている。彼が弁解として「私が聞いたことを紹介しているだけだ」と強弁したときはショックでしたね。それが、the sources sayという表現に繋がる。まぁ、ご自身でよく考えてください、自己責任です。Fulford says
 
なお、冒頭で「トランプはお終いである」と訳しました。原文は Trump is toast.です。
 
「White Dragon Society is toast」をお返ししておきます。
 
嗚呼、悲しいではないか!」 NEW!2017-04-19 18:00:00
---------------------------------------------------------------------------------------------

∞ 「私が聞いたことを紹介しているだけだ」と強弁したのであれば、フルフォード氏は白龍会などのエージェントではなく、私的に活動している存在ということになりますね。しかし、その活動資金はどこから出ているのでしょうね。
 
(-_-)ゼイムショ  イマ チョウサチュウ デス。





 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 17:46 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (04/10)
∞  トランプ大統領が、悪魔主義ゾンビ!? (^_^;)

 


 

フルフォードレポート英語版
2017年4月10日
 
 
 ■ ハザール悪魔主義者はトランプをゾンビ奴隷に変えることによって致命的に彼ら自身を暴露した
 
悪魔崇拝はザールマフィアは先週、彼らが米大統領を彼らの奴隷ゾンビになるよう脅迫したときに、致命的な誤算をしたと、国防総省と他の情報源は認める。
 
悪魔主義者たちは医者によって殺されたアヘン中毒の赤ん坊のビデオを掲示し、トランプに対してシリアに対する違法なミサイル攻撃を命じるために使った。
 
しかし、トランプがこの違法な攻撃を命じた本当の理由は、彼がメリーという名の12歳の少女を殺したビデオによって悪魔主義者によって脅迫されたからであると、国防総省とCIA情報源は言う。
 
国防総省情報源は、トランプ(悪魔主義者)はザールハンドラーのジャレッド・クシュナーを首にして、ネオコンを排除する為に全米の反撃と大量抗議を展開させた一方で、シリア攻撃はロシア軍に最小限の損害を与えると事前に通知したと言っている。
 
クシュナーが悪魔主義者と信じがたい人は、例えば獣の識別のように人間の中に埋め込まれるマイクロチップを開発していたルーセント・テクノロジーと呼ばれる会社を置くために5番街の666ビルを買うことが何故できたのか自身に問いかけてみなさい。

 
クシュナーは公衆の標的であり、この惑星上にそう長く残れないだろうと、CIAとその機関の情報源は言う。
 
いずれにしても、必死のハザール徒党がシリア攻撃の道を敷き始めた他の重要な理由は、EUがドイツへのノルドストリーム2ガスパイプラインの反対を議決したので、ロシアがエネルギー戦争に勝ったからであると、国防総省情報源は言う。
 
シリア攻撃について注意しなければならないもう一つのことは、ハザール悪魔主義ダーイッシュ傭兵軍がパルミラのバール神殿を取り戻そうとするのに時間を稼ぐものであった。この企みは失敗した。
 
今度は、トランプが悪魔主義ゾンビに変わったので、悪魔主義者将軍デイヴィッド・ペトレイアスが米国家安全保障理事会を引き継いだと、国防総省情報源は言う。彼の下働き、H. R.マクマスターは今、トランプの国家安全保障顧問であり、15万人の米軍をシリアへ侵攻させようとしていると、その情報源は言う。
 
これには統合参謀本部は追従しないから、さらなる組織変更が起こるであろうと、その情報源は続ける。言うまでもなく、15万人の米軍隊をシリアに派遣すれば、第三次世界大戦がはじまり、人類の90%が死に、北半球は破壊されるので、それは起こらないだろう。
 
イスラエルはまた、トルコのインシルク空軍基地における悪魔主義者のヘロイン密輸作戦が閉鎖されたので、シリアに米空軍の巨大な基地を建設させようと欺いてきた。
 
私たちが目撃していることは、イスラエルを占拠している悪魔主義者による必死の戦いである。
 
「ヒズボラ、イラン、イラク、レバノンはイスラエル、サウジとその傭兵軍に不法で決して終わらない戦争を止めさせるようロシアと米軍と合流している」と多くの情報源は認める。
 
中東の火花にもかかわらず、現在日本と北朝鮮で決定的な動きが起こっており、CIA、FSB、日本軍事情報機関などの意見が一致している。
 
悪魔奴隷ドナルド・トランプの空母グループを北朝鮮へ派遣する決定は、4月27日に行われる北朝鮮に対する核攻撃の命令と関連していると、日本軍事情報機関は言う。
 
習金平が先週米国を訪問した時、トランプは彼に中国は何故、北朝鮮に鉄槌を下さなかったのかと聞いた。習は彼に北朝鮮と中国北部は軍部の支配下にあり、彼には影響力がないと説明したと、日本軍情報機関は言う。
 
国防総省情報源は、習はトランプはイスラエルに奉仕すべく脅迫されているかしれないので、ホワイトハウスと国家訪問の罠を避けた。
 
それがトランプが癇癪を持っている理由であり、中国と北朝鮮にメッセージを送るために空母を北朝鮮に派遣するよう命令した。それでも、トランプは戦争を起こすことは認められないと、国防総省情報源は言う。
 
トランプが北朝鮮を攻撃した意思の本当の理由は、ハアザールマフィアが日本の支配、彼らの重要なドル箱(約2兆ドル以上の収入)、そして麻薬とエネルギーー収入が枯渇しようとしている事実へ対処しなければならないからであると、白龍会情報源は言う。
その理由は、デイビット・ロックフェラーは日本権力構造の最頂点に大きな権力空白を作ったからである。白龍会とその同盟者は日本を、ハザールマフィアの世界権力を永遠に終わらせる為の重要な鍵と特定している。
 
米国には推定百万人のハザール悪魔主義者がいるが、日本には千人以下である。もし東京タワー、日本銀行と赤坂のプルデンシャルビル近くのCSIS日本本部が占領されれば、そのことが日本のハザールマフィア支配を終わらせるだろう。
 
これが彼らを破産させ、その結果彼らの全惑星支配網が沈没し炎上する。いずれにしても、日本の黒幕小沢一郎が今、彼が新統領であり彼がヘンリーキシンジャーから南北朝鮮と日本とマレーシア一つの国に統一する許可をヘンリーキッシンジャーから受けているという主張を放棄することを確認している。
 
今度は梨本隆夫と言う名前の日本の支配者が彼が担当していると言いながら走り回っている。実際、彼は日本財団の笹川隆平から命令を受けている。笹川はCSISとP2フリーメーソンロッジから命令を受けていると、P2情報源は言う。
 
白龍会は新フリーメーソン総支配人とCSISトップのレルフ・コーサと先週接触したが、何の回答も得られなかったので、我々は直接訪問しなければならない。コーサは戦いになれば、彼とその手先は数で1000倍勝っているので、希望的には平和裏に勝てると思っている。
 
グノーシス・イルミナティは人類を悪魔主義派ザールマフィアから解放するために必要とあればローマを破壊するつもりであると言っている。関連する進展として、キッシンジャーはK.T.マクファーランドを先週、米NSCから解雇し、シンガポール米大使として送った。シンガポールはCIAのアジア本部であり、マクファーランドは彼女の主人キッシンジャーに代わってアジアの金塊を握ろうとするかもしれない。
 
一方、米国に戻ると、FRBに対する攻撃は続いており、リッチモンド連銀総裁ジェフ・ラッカーが解雇され、不正な金を作り出すコンピュータと暗号は世界通貨リセットの為に押収されたと、国防総省情報源は言う。日本軍情報機関は、ヘンリーキッシンジャーが逮捕され、ドル、ユーロと円を作り出す万スターコードが引き渡されない限り、連邦準備理事会、日本銀行と押収中央銀行の物理的占領は意味がないと言っている。それがキッシンジャー逮捕の指名手配が出た理由である。彼が逮捕されそのコードを手渡させば、1京ドルが新時代の融資に活用できる。
 
日本の皇室家族は、皇室委員会が伝統的にお金の創出の要求を封印しているが、彼らはキッシンジャー、ロックフェラーやハザール暴徒の命令でそれを実行してきた。彼らはキッシンジャーの逮捕が確認できるまでは、独立した行動をとることは依然として非常に恐れていると、皇室家族情報源は言う。それはキッシンジャーが多くの戦後の日本の首相や政治家の殺人を命令してきたからであると、彼らは言う。
 
キッシンジャーは最新の情報では南極に隠れていると報告されており、これを書いている時点では、特殊部隊が彼を捕獲するためにその途上にある。
 
最後に、白流会とその同盟者が惑星地球の魂の戦いに勝利したらどうなるかを説明したい。
 
・ 我々のグループは公的および個人の負債の全てを記念日や一時解消を発表する。
 
・ 私有中央銀行が父性によって取得して全ての資産を人々に再配分する。
 
・ 薬物乱用で投獄された全ての非暴力囚人の恩赦。
 
・ 世界平和を宣言し、世界の人口統計と経済の実態を正確に反映した世界構造の再構築。
 
・ 将来計画機関を設立し、人々に解放された数京ドルの資産を、この惑星を楽園に変えるために責任ある、非インフレ方法で使用する。
 
・ 禁止された技術を解放し、使途病気を終わらせつ為に大規模な資金提供計画を開始し、望むなら私達を不死にする。

真実と若い委員会を設立し、人々が真実の歴史を学ぶことができるようにし、ダレでもが新しいクリーンなスタートを切れるチャンスを与える。
 
・ 銀河の中の他の惑星の殖民をし、宇宙に拡張し、黄金時代を始める。
---------------------------------------------------------------------------------------------
話が唐突で付いてゆけません。コメント不能。各自でお考え下さい。
 
ちなみに、これまたガセ・メーカですが、板垣ブログです。
 
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
 
米国はキッシンジャー博士の指南を受けて「世界の警察官」復活、習近平国家主席に「北朝鮮問題」解決を委ね、北朝鮮を守る
 
◆〔特別情報1〕
 
「小沢一郎代表は、巨額マネーを天皇陛下とともに委託されて、国際政治の檜舞台で大活躍、評価を大いに高めている」―「世界銀行+IMF(国際通貨基金)」運用益の分配(シェア)を意図的に妨害して遅らせていた張本人(私利私欲の朝敵)が、「反社会的勢力を動かして、財務官僚やメガバンクの担当者を脅迫して妨害した」として国際司法裁判所に2月中ごろ告発されて、死刑判決を受けた。
 
米国は、ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士の指南を受けて、「世界の警察官」の地位を復活、中東和平をめざし「シリア攻撃」、朝鮮半島統一の前提となる「米国と北朝鮮の国交正常化・国交樹立・平和友好条約締結」実現に向けて、習近平国家主席が北朝鮮問題解決に全力を上げること促すため、原子力空母「カールビンソン」を擁する戦闘部隊「第1空母打撃群」(北朝鮮に対する攻撃は、厳に禁じられている)を派遣して、北朝鮮を守ろうとしている。
  
真実はよく分かりませんが、この類の話がなんらかの形で行われているのだろうと思います。結果がでれば分かりますね。
---------------------------------------------------------------------------------------------

∞ レポートを読むと、何か別次元の出来事のように感じません?(^_^;)
 
いずれにしても、現在、地球周辺でプラズマ領域で「ヤルダバオートの頭」と闘っているプレアデス艦隊が、その頭を完全消去し、圧縮突破が起きたら、地上の闇さん達全ては降伏するしか生き残る道はありません。ですから、今は静観していればよろしいかと思いますが・・・。(^_^;)



 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 12:00 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (04/03)
∞ 日本の皇室の背景は複雑でよくわかりません。 (^_^;)>
 


 
フルフォードレポート英語版
2017年4月3日

 
■ ロックフェラーの死が権力の空白を残したので、米国と日本は内戦が近い

デイビット・ロックフェラーの死によって、残された権力の空白は、広まらないならば米国と日本において内戦に繋がる状態を作ったと、CIA、国防総省と日本軍事情報は言う。状況は米軍がワシントンDCに進軍し、CIAの麻薬売買派、連邦準備理事会の手先政治家とその殺し屋と戦う時点にまで来ていると、その情報源は言う。
 
一方、日本においては、東京の傀儡政府を拠点とする米支配勢力と大阪地域の国家主義プラス北朝鮮に繋がる連合軍の間で分かれていると、日本軍情報筋は言う。日本の天皇明仁の事実上の退位は日本の王位を巡る権力闘争を創り出したと、皇室家族に近い右翼情報源は言う。
 
日本の右翼グループは明仁は天皇裕仁の本当の子供ではなく、デイビット・ロックフェラーの傀儡であったこと明かして混乱に陥っていると、彼らは言う。それが徳仁皇太子を推すあるグループによって継承をめぐる大きな戦いが激しくなっている理由です。
一方、他の派は明治時代より外国勢力の影響を受けた皇室家族の置き換えを進めていると、その情報源は言う。京都に本拠を置く秘密組織八咫烏は日蓮仏教派、台湾人と北朝鮮と連携してそのような根本的変革を推し進めていると、彼らは言う。彼らが推している候補は王位継承主張者である小野寺直(なおし)であると、その情報源は付け加えた。
 
今の皇室の背後にいる既成勢力もまた、徳仁皇太子には心配していると、その情報源は言う。彼の妻である皇太子妃雅子は創価学会の仏教徒であり、その為、日本の天皇の基本的仕事である神道儀式への参加を拒否していると、彼らは言う。雅子はまたロックフェラーの仲間である小和田恒の娘であると、彼らは述べている。
 
しかし、現在の既成勢力は彼が雅子抜きで各種の神道儀式を自分の側で行うと約束すれば、徳仁で喜んで行くと彼らは言う。そうでなければ、彼らは現在の支配家族の中で後継者、おそらく息子と後継者を持つ文仁殿下を選ぶであろうと、彼らは言う。
 
今の家族を権力の座に置こうとしているグループはまた、問題は実際の血統ではなく慣習であると主張している。
 
日本の政治家小沢一郎はアジアを訪問しながら、ヘンリーキッシンジャーが彼を選び、徳仁が王位を取れば、彼はマレーシア、北朝鮮、韓国と日本を彼の支配下の一つの国に統合すると言っていると、日本の右翼情報源は言う。小沢と日本の旧体制の奴隷が実現できなかった理由は、キッシンジャーは既に権力はなく彼らは歴史のゴミ箱へ行く運命である。
 
一方、北朝鮮の実力者金正雲はその状況に怖気づいて、恒常的にアンフェタミンに酔っており、毎晩場所を変えて寝ることは米無人偵察機によって廃除されることを心配していると、その情報源は言う。
 
一方、伝統主義者は西側帝国主義が19世紀に日本を秘密の植民地に投じた以前に物事を戻す必要があると言っている。彼らはこの地域に対する西側の影響から完全に独立したいと、アジア秘密結社情報源は言う。CIAと米軍は受け入れがたいことである。
 
いずれにしても、日本の皇室家族に関わる難解な戦いは世界的な影響力を持っている。明らかに、既存の金融システムの最高峰において、日本皇室の一つである旧王族血統の代表者が新しいお金の作成を可能にする最終決済印を支配していると、皇室家族情報源は言う。
 
デイビット・ロックフェラーと彼の皇室傀儡がいなくなった今、ロックフェラーによって率いられた戦後秩序の崩壊を伴う混乱は、前大統領バラク・オバマが米警察によって逮捕されると言う点にまで到ったと、国防総省と日本MI情報源は言う。オバマの所謂ブラックハウスや反トランプ本部もまた放火されたと、その情報源は言う。逮捕されたオバマはCIAの麻薬取引派の彼のボスの名前を挙げ始めたと、その情報源は言う。結果として、アフガンのヘロインと北朝鮮のアンフェタミンを積載した飛行機は、カリブ海のセント・ヴィンセントとグレナディのアーガイル国際空港で押収されたと、その情報源は言う。
 
この麻薬飛行機から稼いだ金はダーイッシュ(依然はISISとして知られていた)の作戦資金調達に使用されることを目的としていると、その情報源は言う。この押収は4.2トンのコカインを積載する船に連なるオバマの拘束に続いたと、その情報源は述べている。
 
オバマの拘束以来、当局は体系的に麻薬の米国への搬入を阻止している。先週、16トンのコカインが押収され、大量のヘロインが廃棄された。
 
ダーイッシュ傭兵軍資金提供された麻薬資金の関するオバマによって提供された情報はイエメン、ソマリア、ナイジェリアとリビアの彼らに対する米軍の軍事行動をもたらしたと、国防総省情報源は言う。
 
ドナルド・トランプはまた、世界自閉症の日を迎えるツィートと共に、製薬企業に対して行動を取る準備をしていることを示しているようだ。彼の息子バロンは汚染されたワクチンを受けて自閉症になったと噂されている。
 
米政府はまた、トランプにAIPACロビーの3月年次会議をボイコットさせることでハザールマフィアと決別した。
 
ロスチャイルドハザール派はロンドン証券取引所をドイツ証券取引所と合併させる計画がEUによって否決された時に、重大な敗北を喫したと、国防総省情報源は言う。
 
ロックフェラー、ブッシュ/クリントン権力と同様にロスチャイルドの敗北は現在の米ドル/ユーロ/円の西側金融システムが危機に曝されていることを意味している。理論的には、適切な担当者と共に、現在の西側金融システム化では新しい皇帝は新時代への資金提供として、数兆ドル或いは数京ドルの発行を認可できると、複数の情報源は言う。
 
古代システムの支援の世界的ネットワークを持つフリーメーソン、イエスズ会とバチカンがCSISに関係していた3月25日から新総裁として選出されたラルフを、
 
その情報源は日本の皇室家族に話した。(ここは表現が難しく、正確な訳ではないかもしれません、悪しからずご理解を)
新総裁に何をやらせようとしているかまだ明らかではないが、我々は読者にもっと知って頂くために彼に接触しようとしている。

我々は世界に平和と黄金時代の始まりがあると考えている。
 
言うまでもなく、世界の人々が現在の金融システムの性質を知れば知るほど、それを近代化し、民主的制御に直面させ、さらにの透明性を持たせるべきかどうかは疑問に思うだろう。金融システムはこの惑星上で本当の権力の源なので、その支配に対する戦いはこの惑星地球と生物とその未来への支配の本質的な戦いである。
 
米軍とドナルド・トランプの背後に集まるアメリカ人は連邦準備制度理事会と国有化し、それを民主的に選出された役人の管理下に置くだろう。
 
しかし、米国が破産すれば、トランプが貸し手(主に中国と日本)に相談せずにFRBを国有化すれば、最悪のシナリオが発生し、米国との貿易が停止し、世界各地に配備されている米軍の給料が延滞する。これは逆に戦争と人類の90%の死と北半球の破壊を導くことになる。
 
それが、今週大統領ドナルド・トランプと中国主席習金平との間で行われる首脳会談に多くの憂慮がある理由です。
 
トランプの息子のジャレッド・クシュナーは中国の資源が持ち出される恐れがあると国家安全保障の理由で中国保険会社アンバングとの4億ドルの取引の中止を強要されたので、「トランプは首脳会談前に彼の翼は止められた」と国防総省当局者は言っている。
 
中国秘密結社の情報源たちは、中国はヒラリークリントン国務長官に投資し、そして失ったとき非常に失望したことを認めており、彼らは今、国民とトランプ政権との選択によって巻き返そうとしているものと思われる。最後に、トランプ政権との関係を改善するために中国が米国内の多くの生産拠点を建設すると発表した。
 
いずれにしても、ロシアのキリル総主教、エリザベス女王、フランシス法王、人気者トランプ、並びにアジアの長老は今、戦後システムの根本的改善をする機会を得た。このことは悪魔崇拝ハザールマフィアのテロと殺人行動にこれを最後として終止符を打つことを可能にする。
 
さらに、合意が達せされれば、貧困を終わらせ、環境破壊を止めて人類を自然と調和させて宇宙へ指数関数的拡大する為に、数兆ドルどころではない金が大規模投資活動に資金供給される。
 
それを望む全ての人々の不死を可能にする為に大規模な投資が行われる可能性がある。平和の黄金時代に向けて合意が成立すれば、この地球を文字通り天国に変えることができる。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
今回の文章の特徴は、一文ずつJapanese military intelligence sources say(日本の軍事情報筋によると)、the imperial family sources say(皇室情報筋によると)、the sources say(情報源によると)、they say(彼らが言う)等が繰り返し続きます。今まではも、もちろん段落ごとに挿入されていましたが、今回はほとんど全文についています。何か期するところがあったのでしょうか?
 
なお、前回の公開規制は既に破られて、私が見たときにはすでに数箇所のブログが全文を掲載しておりました。一方、フルフォードさんのHPに一般公開されている文章は過去になく少ない量でした。これだけでは全く内容は分からないようになっている。
 
参考までに早期に全文(英文)を掲載しているブログの例をご紹介しておきます。(写真まで内容に合わせて掲示しています。丁寧です。)お読みください。
 
「嗚呼、悲しいではないか!」 
NEW!2017-04-04 18:18:00
---------------------------------------------------------------------------------------------

∞ フルフォード氏の情報はアセンション・プロセスの足を引っ張っているような情報ばかりですが、文末の以下のセンテンスによると、やっと明るい兆しが見えてきているという感じでしょうか。(^_^)/

「ロシアのキリル総主教、エリザベス女王、フランシス法王、人気者トランプ、並びにアジアの長老は今、戦後システムの根本的改善をする機会を得た。このことは悪魔崇拝ハザールマフィアのテロと殺人行動にこれを最後として終止符を打つことを可能にする」
アジアの長老とトランプ氏を除く、他の人達は他にもやることがあるでしょうね。(^_^;)
 
「さらに、合意が達せされれば、貧困を終わらせ、環境破壊を止めて人類を自然と調和させて宇宙へ指数関数的拡大する為に、数兆ドルどころではない金が大規模投資活動に資金供給される」
 
もし合意会議に、未だに自己保身を願う人達は、それが達成出来ない事を早々に知るべきでしょうね。
 
(-_-;) ミガッテナ ネガイ ハ キイテ モラエンノヨ。
 
「それを望む全ての人々の不死を可能にする為に大規模な投資が行われる可能性がある。平和の黄金時代に向けて合意が成立すれば、この地球を文字通り天国に変えることができる」
 
必要なときに必要な金額は、投資としてではなく、無償配布されるべきもので、そうでなければならないのです。
 
(-_-#) トウシ デハ ナク ミンナ ノ タメ ニ ツカウノダ。
 
(^_^)/






 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 11:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (03/27)
∞  フルフォード情報とは? (-_-;)

 


 
フルフォードレポート英語版
2017年3月27日
 
不死と宇宙の指数関数的拡張は最終的な徒党の敗北の後にやってくるだろう


先週、誰かが私のコンピュータに不法に侵入し、私がコンピュータのスイッチを入れると、下にリンクしたビデオが始まった。NASAのような米情報機関の多くの人々が人間が惑星地球外に出ることを止めていたと主張するブラックナイト衛星の破壊を示していると思われる。
 


 

 

このニュースはNASAによる老化防止薬と我々に惑星のような新発見の地球へ行くことを可能とする光旅行より速い技術に関する発表と一致する。
 

CIA情報源もまた、フリーエネルギーと既存の老化防止技術を公表するよう秘密の大統領命令が出ていると言っている。
 
この不死と宇宙への拡張を阻止している唯一のものは、連邦準備理事会、日本銀行、欧州中央銀行と国際決済銀行の金融コンピュータを支配するために集まっている少数の人々である。これらのコンピュータは人類がその羽を広げて飛ぶための無制限の資金を保証を可能とするために、現実的に押収する必要がある。
 
新時代への融資を阻止していると特定された個人は、連邦準備理事会のジャネット・イエレン、欧州中央銀行のマリオ・ドラギ、日本銀行の黒田春彦と国際決済銀行のアグスティン・カルスンズである。特殊部隊が、惑星地球のために資金を開放することを確実にするために出動し、これらの個人を逮捕し、可能な限り早く中央銀行のコンピュータセンターを占領する必要がある。
 
これらのコンピュータとそれらを支配する寄生虫が除去されれば、様々な慈善団体の情報源は数兆ドルどころではなく数千兆ドルが不死と宇宙への無限の拡張への研究と同様に、貧困と環境破壊の終了を賄うために解放されるだろうと言っている。
 
これらの中央銀行が監督するバビロニア風負債奴隷システムの支配者に対する戦いは最終の勝利に向かって続いている。前米大統領オバマは人前から消えているが、おそらく尋問を受けているのだろう。また先週、ビルとヒラリーの永年の仲間であるヴィンセント・フォスターの体が掘り返されて、彼の後頭部に二発の弾丸跡があることが分かった。そのことは彼の死の原因が自殺から殺人へ変わったということを意味している。国防総省とCIA情報源は、この発見によってクリントンを殺人で起訴されることになるだろうと言っている。
 
大ボス、デイビット・ロックフェラーの死もまた先週、家族によって発表された。CIA情報源は、ロックフェラーは家族が諦め、すでにのこの世にはいないと公表するまで、南極の基地で数か月間植物状態で維持されていたと言っている。
 
この著者が初めて日本の当局から、疾病、飢餓と核戦争によって人類の90%を殺す西側エリートの計画を知らされたとき、彼らは私にロックフェラーがビルダーバーググループ、外交問題評議会、三極委員会や他の西側黒幕のトップグループのトップに座っている資料を手渡した。従って、彼はこの恐ろしい計画の創始者として主要な容疑者であった。
 
しかし、私がロックフェラー氏に実際にあったときに、私は深層でこの男はこの惑星にとって良いことをしていると考えている印象を持った。今後の真実と和解の調査者が今、答えなければならない疑問は、自然と調和した統一された惑星の将来像が悪夢のような大量虐殺計画に歪められているかどうかである。
 
ロックフェラーで始まった科学捜査はジョージ・ブッシュ・ジュニアとハザールマフィアのナチ派に繋がった。これらは2001年の911とナチによる米国乗っ取りにかかわった人たちであった。そこからの追跡はイタリアのP2ロッジと黒い太陽崇拝者に繋がった。
 
それ以来、白龍会、国防総省とその機関ホワイトハットとそのアジアの同盟者たちが旧西側権力構造のトップを体系的に解体してきた。それは2013年のマレディクト法王の退任で始まり、2014年のオランダのベアトリックス女王、カタールのシェイク・アル・タニ、ベルギーのアルバート2世、スペインのファン・カルロス国王の退任の年が続いた。昨年11月にクリントン/ブッシュ派が米国で権力を失い、彼らの犯罪を追及された。今、日本の天皇が退位を発表し、彼の秘密の支配者デイビット・ロックフェラーが死んだ。英国のエリザベス女王とスェーデンのカール・グスタフ王は大量殺戮計画にかかわっていなかったために王位を維持しているとCIA情報源は言う。
 
これらの高位権力者の退任や権力喪失により、今までは隠れていた世界権力構造の新しい層を暴露させた。日本の皇室家族の情報源はアイゼンバーグやローゼンバーグのような名前の高度レベルの中で、不可思議なスイスのキャボット家が北朝鮮の金正雲の支配者であると指摘している。
 
惑星地球からNWOを取り除く戦いは、特に米国と日本では凶暴に荒れ狂っている。日本ではヘンリーキッシンジャーが徒党が韓国と日本の支配をたすけることを確実にするために、政治家小沢一郎に命令を与えるために行った。皇室家族の情報源は小沢は、彼とキッシンジャーは今300委員会のリーダーであると国民に言うように伝えられた。不幸にも権力にいる何人かは、依然これを信じているが、しかし真実は両者とも自慰或いは当てもなくさまよう主なき侍である。
 
首相安倍信三と日本の財務大臣麻生太郎はご主人のブッシュとクリントンが米国で権力を失ったので、権力の座から取り除かれようされている。安倍は先週、欧州へ行って法王に会おうとしたが、面会は拒絶された。そのことは彼の権力の座にいる時間は残りわずかであることを意味している。官僚組織、特に財務省は次期総理に麻生を推しているが、彼は日本の水資源はフランスのロスチャイルド料理人に売る代わりに賄賂を受け取ったので、日本軍と警察に嫌われている。
 
イエスズ会の戦略と国際研究センターのCSISは、日本は主要なお金の製造者であり、秘密の予算を持っている。日本政府の公式声明では2017年度は97.45兆ドル、それに対して秘密の予算は250兆円以上あるのでCSISは権力に非難を入れようとしている。予算は石油とタバコの税から来ており、収入は国会による支配を受けない案件である。250兆円のうち、200兆円はアメリカ人に渡り、50兆円は財務大臣に渡ると、皇室家族の情報源は言っている。
 
ヘンリーキッシンジャーに命令されている日本のCSISの人々は彼らのリーダーであるデイビット・ロックフェラーが死んだ今、この日本の収益の流通を秘密裏に守ることは全く合わないと、その情報源は言っている。米軍とホワイトハットはキッシンジャー他を阻止し、収益の流れもより有益な目的に換えなければならない。CSISの後ろにいるのは誰なのか?
 
FBI長官コミーと副大統領のマイケルはドナルドトランプを失脚させるために秘密の努力に支払っている。情報源は、ドナルド・トランプの大統領選挙中にバラク・オバマがトランプのメッセージを傍受する助けをしたのはコミーであったと思われると言っている。
 
ドナルド・トランプ米大統領が支配者に対する戦いの長にいると言う不穏な兆候もある。これは医療制度改革を押し通すことと米国の医者と国民にとって全く寄生を成し遂げた犯罪ギャングをいかに処置するかの企てが完全に失敗した示威行動であった。これらの国民の血を吸い取っているアメリカのお金はいくらであるかを示す上の記事の中のグラフが示している。
 
我々が侵略本部米国医療協会と協会役員の一斉検挙を見るまで、製薬米国保健医療費は健康に増加することができるだけです。アメリカ国民の寿命は退歩するだけである。
 
米軍とホワイトハットはアメリカ合衆国の外でよい仕事をしている。最近、ダーイッシュの戦いはラップトップとか航空機をトルコやサウジ、湾岸協力会議のようなダーイッシュ国に支援を禁止することで新財政人の言及に取って代わられたと国防総省は言っている。
 
その情報源は、イスラエルはレバノンを攻撃する彼らの偽イスラム軍を重大な脅威の下、撤退を余儀なくされたと言っている。モサドの情報源は、イスラエルが先週、モサドが米国のユダヤ人共同社会センターの偽攻撃の源と同定され後、恥をかかされた。
 
その情報源は、ウクライナではザール狂人が彼らの弾薬倉庫にあった核兵器が巨大な爆発をしたので巨大な爆風に苦しめられた。それは彼らから兵器等の重要な必需品を奪った。その情報源は、爆発の時のビデオは以下の国防総省のリンクで見ることができる。情報源は今、彼らは7月あたりに惑星地球の戦いのゲームに対する命令が出るだろうと言っている。
 
中国主席習金平は4月のトランプとの頂上会議はトランプとロシア大統領ウラジミール・プーチンとの7月のシリアとウクライナ紛争の終結とイスラエルに二国間解決を課す頂上会議の地ならしであると考えている。そうすれば今の国際通貨が発行できる。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
小沢さんの訪韓は板垣ブログとは全く逆です。板垣さんも信用ができないが、実はフルフォードさんもほとんど当たっていないのが事実です。
 
キッシンジャーと小沢さんがね〜、、それは信じられません。特別税のうち200兆円はアメリカへ??本当です?政治家官僚全員銃殺である。情報ください。こんな重大なことを聞きかじりではなく、しっかりとした証拠を提示してください。
 
なんか毎回話がくるくる回って通り過ぎて行くのですが、先週報告分の進捗を教えてください。
 
どうもなぁ、、と最近思っています。フルフォードレポートもやめようかとさえ思っている。(嘘が多いと思う。非常に色に染まっている。前述しましたが、「私は聞いた話を紹介している。それが仕事だと」のたまわった。
 
真実じゃないのかね・・・・・朝堂院がフルフォードに向かってここでは(国家非常事態対策委員会)では白龍会だとかイルミナティだとかの嘘は止めろと放送中に言っていたのは正しいと思っている。それ以来国家非常事態対策委員会は開かれていない)
 
なんか、今回はみなさん出足が遅いようで、木曜日までは全文公開するなとお達しが回っているらしい。相当読者が減っているようだ。上記のように思うのは私だけではないと思う。これは私の訳文ですから^^、、間違っているかもしれませんが(訳がですよ)、よろしく。
 
「嗚呼、悲しいではないか!」 

NEW!2017-03-29 19:20:00
---------------------------------------------------------------------------------------------
∞  フルフォード・レポートの情報ソースに限らず、ネット上に公開される多くのインサイド情報は、その裏付けとなる物証や文書資料、メディア情報なども少なく、また結果としての検証もされない等、情報としての信頼性は必ずしも保証されていないことを知った上で、その真為は読み手の判断に委ねられます。でも、メディアなどで公表される、フェィクを除く、現実に起きている不可思議な現象など、多くの不可解な出来事に見聞きすると、インサイド情報の全てが信用できないとも言えません。
 
(^_^;) ジレンマナンヨ。
 
ともかく、今回の注目点は、
 
・ 一万三千年前から地球高層圏に停滞しているブラックナイト衛星の破壊を示していると思われる。
 
これが、光の銀河連合なのか、それともSSPの内輪もめなのか、気になりますね。
 
・ フリーエネルギーと既存の老化防止技術を公表するよう秘密の大統領命令が出ていると言っているが、・・・この不死と宇宙への拡張を阻止している唯一のものは、連邦準備理事会、日本銀行、欧州中央銀行と国際決済銀行の金融コンピュータを支配するために集まっている少数の人々である。

連邦準備理事会のジャネット・イエレン
欧州中央銀行のマリオ・ドラギ
日本銀行の黒田春彦
国際決済銀行のアグスティン・カルスンズ
 
この中央銀行のメンバーを法的に逮捕することができずに、特殊部隊が出動し強制逮捕に踏み切る必要があるようですね。
 
・ 首相安倍信三と日本の財務大臣麻生太郎はご主人のブッシュとクリントンが米国で権力を失ったので、権力の座から取り除かれようされている。・・・官僚組織、特に財務省は次期総理に麻生を推しているが、彼は日本の水資源はフランスのロスチャイルド料理人に売る代わりに賄賂を受け取ったので、日本軍と警察に嫌われている。
 
”ブッシュとクリントンの失墜により、安倍信三と財務大臣麻生太郎の首が危うい”、これが真の情報なら、このご両人には政界から、即退陣願いたいものです。
 
・ イエスズ会の戦略と国際研究センターのCSISは、日本は主要なお金の製造者であり、秘密の予算を持っている。日本政府の公式声明では2017年度は97.45兆ドル、それに対して秘密の予算は250兆円以上あるのでCSISは権力に非難を入れようとしている。予算は石油とタバコの税から来ており、収入は国会による支配を受けない案件である。250兆円のうち、200兆円はアメリカ人に渡り、50兆円は財務大臣に渡ると、皇室家族の情報源は言っている。
 
”200兆円はアメリカ人に渡り、50兆円は財務大臣に渡る”
 
(-_-;) ホンマカ デマカ ノ ハンチュウ デ ハ ナイナ。
 
・ 情報源は今、彼らは7月あたりに惑星地球の戦いのゲームに対する命令が出るだろうと言っている。
 
これ、どのような戦いになるのでしょうか?







 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 12:01 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (03/20)
∞  USAカンパニーがアメリカ合衆共和国に置き換えられた? ( ・_・;) ホ ホンマ !?

 

 

フルフォードレポート英語版
2017年3月20日
 
 
悪魔崇拝徒党は先週、すべての面で敗北したと複数の情報源が認める。最大のニュースは米大統領ドナルド・トランプが先週、徒党が所有する1861年創立の米国株式会社は1776年創立のアメリカ合衆共和国に置き換えられたと発表した。詳細はここを見てください。
 
それが20兆ドルの債務上限に達したために、政府機能が3月15日に停止するという話が実現しなかった理由です。負債は株式会社に属しており、共和国ではない。株式会社は破産を宣告され、債務は無効であると複数の情報源が認めている。米国株式会社国務省と株式会社のトップ株主でありデイビット・ロックフェラー・ジュニアの奴隷であるレックス・テラーソンが先週アジアで資金調達に失敗したからであると、アジア秘密結社の情報源は言う。
 
日本の皇室家族情報源は、ロックェラーの仲介人ヘンリーキッシンジャーがレックス・テラーソと現れ、米国株式会社を生きながらせる為に4京円(40兆ドル)の偽の世界銀行債権の換金と手先の小沢一郎を日本の総理大臣に置くことに失敗した努力で皇室家族を脅した。小沢は日本政府筋では軽蔑されており、首相官邸近くでは求められないだろうと日本の右翼情報源は言う。
 
しかし、世界作戦を継続させる資金が欲しいので取引を妨害した現在の首相安倍晋三と財務大臣麻生太郎を米軍は排除することに決めている。それが彼らが安倍のスキャンダルをメディアに流している理由です。安倍は中国と戦争を始めたい極右派閥の代表であり、間違いなく汚染されているので排除される可能性が高い。
 
安倍に代わり誰を置くかという議論が続いているおり、白龍会は比較的清潔で有能であり、日本の官僚とその他の黒幕の代表として暫定首相として推薦している。アジアの秘密結社は今のところ安倍の代わりは必要なく、彼には新しい脚本を与えなければならないと言っている。議論は進行中である。
 
ロスチャイルドとロックフェラーは北朝鮮を乗っ取ることで破産を避けようと努力している。北朝鮮の神聖な白頭山の周りは貴重な鉱物や地下埋蔵物の豊富な場所であると、アジアの秘密結社は情報源は言う。
 
フランスのロスチャイルド分家は最近、金正雲の信用を落とし権力から排除する為に、マレーシアで偽の金正男の暗殺を演じたことが確認できている。彼らが王位継承者として世に出したい偽の金正男の長男(金韓率)を彼に置き換えたいと希望していた。アジアの秘密結社はこんなことで騙されることはなく、その失敗した計画の背後にいるのはCIAはなくロスチャイルドであると言われてたと、白龍会の情報源は言う。
 
レックス・テラーソンは先週、ロックフェラーご主人に代わって軍事力で北朝鮮を乗っ取ると公けに脅した。「レックスはロッキーのために彼が欲しがるものにはすべて吠えることができるが、朝鮮半島で戦争は許されない」と、国防総省情報源は言わざるを得ない。
 
一方、中東ではイスラエル政府を占拠する悪魔崇拝者を崩壊させるために戦争があるかもしれないと、国防総省情報源は言う。イスラエルに平和を強要する為に、イスラエルに対する同盟を強化する目的で米最高将軍ジョセフ・ダンフォードは先週、ヨルダンのアブドラ2世王と会ったと、国防総省情報源は言う。結果的にはイスラエルは今、ビッグ3(中国、米国とロシア)軍が平和を強要しているので、シリア、レバノン、ヒズボラ、エジプト、ヨルダン、イラクとトルコの軍事同盟によって降服していると、その情報源は言っている。
 
この状況に直面して、イスラエル首相で悪魔崇拝主義者のベンジャミン・ネタニヤフは最高指導者の習金平の保護を求めて3月19日に中国へ飛んだ。国防総省情報源は、「シリアへのイスラエルの攻撃中止を要求している習からは恵みは得られず、ゴラン高原の返還、パレスティナトの二国間解決、ISISは敗北したので中国は中東を再建しユーラシア統合を促進できる」と予測している。
 
サウジ王室家族もまた、日本とインドネシアで亡命を拒否された後、中国で保護を求めていると、白龍会情報源は言う。一方日本では、明らかに偽のサルマン王が、本当の王より若く年老いておらずテレビカメラの前を行進していた。これが意味することは本当の国王は死んでおりアメリカ風のムハメッド・ビン・ナイフ王子が今はサウジアラビアの王である。
 
それが先週サウジ王子ビン・アルマンがドナルド・トランプの保護を求めてワシントンへ飛んだ理由です。保護は拒否されたと国防総省情報源は言っている。トランプはまた、911反サウジテロ法の執行しないことを狙ったサルマンからの賄賂を拒否したと、その情報源は続ける。トランプはビルゲーツと孫正義が1000億ドルの投資ファンドを提供することでサルマンの代理人として行動しているという事実に気付いていると彼らは言う。
 
トランプはまた、ジョン・マケインやヒラリークリントンのようなロスチャイルド使用人を追跡しないようにと、ドイツ首相アンゲラ・メルケルによって提供された賄賂の受け取りも拒否した。それがトランプが公にメルケルと握手しなかった背景である。
 
「フランスには圧力がかかるかもしれないし、特殊隊やCIA要員が麻薬、盗聴、扇動やその他に罪に直面させるためにタヒチからオバマの登場を挿入した」と国防総省情報源は言っている。
 
CIA情報源は、アンソニーワイナーや他の小児性愛者がべらべらとしゃべっており、西側権力構造の頂点にある高度小児性愛と脅迫メール組織について多くの証拠をFBI に提供していると述べている。
 
トランプ政権はまた、南アメリカの違法麻薬産業を終わらせることを決めている。それが米沿岸警備隊が予算のカットではなく、ブッシュのコロンビアとメキシコのカルテルを崩壊させるために、むしろ増額され、海軍、情報や軍事的援助を得た理由であると、その情報源は言う。
 
また、麻薬資金洗浄を止める努力が功を奏している証拠もある。米金融業界情報源は、南アメリカの麻薬乱用者は彼らの麻薬資金で資金洗浄としてイラクのディナールを買っている。しかし、クリントン/ブッシュ派は米選挙で負けたので、これらのディナールは決して使える資金にはならないと、その情報源は言う。
 
アジアの秘密結社と白龍会情報源は、長年の麻薬戦争は年に2−3兆ドルの違法麻薬事業を根絶するために何もしてこなかったので、長期的解決は彼らが引き起こす被害を最小にし、ガン剤者に手からお金を取り上げるために、麻薬を合法化し規制するして管理することになっている。この目的に向かって極秘の交渉が進行中であると、その情報源は言う。
 
アジアの秘密結社の情報源はまた、西側権力は米ドルシステムの支配権を引き渡すことを拒否しているので、彼らは今、4ないし5の重要通貨を含むシステムに徐々に移行することを予定している。
 
一方、米共和国は「運命を共有する人間社会」という中国の概念を支持することに合意した。この中国の構想は先週、国連安全保障理事会で全会一致で採決された。
 
中国はまた、世界をより相互接続されたことを目指した大規模インフラ惑星を前進する為のゴーサインを得ている。米共和国は中国のインフラ整備作業を混乱させる目的でアフリカや中東のような場所における軍事行動に対する全面支援を終了させていると、国防総省情報源は言う。
 
西側の権力中枢は自然の生態系を復元し強化するための主要なプロジェクトを企画する西側将来計画機関を立ち上げる白龍会の提案を支持し始めた。このことは、海洋を魚で満たし、雨林を復元し、砂漠と北極地帯を緑に変え、宇宙に広がって行くことを意味している。まもなくそれを可能にする大規模資金の解放によってその成果を実現する発表が行われることが望まれる。
 
また、新黄金時代を記録する西洋のグレゴリオ暦に代わる新しいカレンダーシステムの予備交渉が進行中です。これは新世界カレンダーの下で年がリセットされることを意味する。そのシステムは太陽と月の動きに基づいている。専門家の委員会が詳細を検討している。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
いつも思うのはアジア秘密結社(Asian Secret Society)と言うのはどこでしょうか?
 
おそらくドラゴン・ファミリーなのだろうと思うと情報源が限られている。
 
4京円と小沢一郎の話はテラーソンがロスチャイルドの手下であるということが言いたいようですが、本当にそうでしょうか?この文章は全く理解できません。教えてください。
 
この話は板垣ブログに出ていて、4京円を手渡すのでで世直しをして欲しい、そのリーダーは小沢一郎と世界が指名していると言う物です。
 
何故日本にだけ4京円もの金をくれるのでしょうか?
 
板垣は書いていませんが、これは日本がFRBに貸していた金をアメリアカ共和国が代わりに払おうと言うのではないかと思っている(100年掛けてかもしれないが)
 
小沢一郎を今の政府が拒否するのは当たり前だと右翼が言ったという当然の話にすぎない。
 
レックス・テラーソン、、、プーチンもロスチャイルドの手下とフルフォードは言ったままになっている。白龍会にとって邪魔な人間なのだろうと思う。
 
北朝鮮だって、いい加減にしろと言うのは当たり前ではないでしょうか。
 
先日の国家非常事態対策委員会で朝堂院がフルフォードに白龍会とかフリーメーソンとか嘘はここでは止めろと忠告した。それに対してフルフォードは私は聞いたたことを紹介しているだけだと開き直った。。。。。。
 
これで国家非常事態対策委員会は終わりだなと思ったら、以来フルフォードが出演する国家非常事態対策委員会は開かれていない。
 
「嗚呼、悲しいではないか!」 
 
NEW!2017-03-21 18:00:00
---------------------------------------------------------------------------------------------

∞ 情報の真為はともかく、内容的には一歩も二歩も踏み込んだ感じはしますが。。。。
 
(-_-;) フム ソウナンカ フム。






 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 00:01 | comments(0) | - | - |