Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
  • RV/インテルアラート:「必須」 (05/17)
    mirai (05/18)
  • RV/インテルアラート:「必須」 (05/17)
    たけし (05/18)
  • RV/インテルアラート:「コントロール」 (03/14)
    mirai (03/19)
  • RV/インテルアラート:「コントロール」 (03/14)
    give me a freedom (03/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
コブラ更新情報 (07/17) 塔のカード
∞  コブラは、現状に於いて、プラズマ領域のプラズマトップレット爆弾の排除はかなり進展していて、その起爆の可能性はほとんどないと伝えています。(^_^)v

 

 

コブラ更新情報
2019年7月17日   
 
塔のカード


6月21日のブレークスルーは、多くの肯定的な発展をもたらしました。

まだ存在するプラズマトップレット爆弾の量はゆっくりと着実に減少しており、現在、トプレット爆弾による次のシナリオは、とてもありえない状況です。

その他の否定的なシナリオも回避されています。

我々はゆっくりと、しかし確実に最終点に近づいています。それは明らかに我々がブレークスルーに近づいている事の良い指標である地震活動に反映されています。

ジェフリー・エプスタインの逮捕は、地球の表面上の闇のネットワークに対する光の力の最初の大きな、現実的かつ有形の勝利です。これは、児童虐待の事実が表面集団に明らかにされるトリガーポイントを示します。

エプスタインのハンドラーであったロスチャイルド家とのつながりが公開されます。

ジェフリー・エプスタインがこの男の近親者であるという未確認の情報があります:

闇のネットワークを通じた児童虐待に関する忌わしい真実がついに明らかになります。
このすべてが公表されると、人々は自己否定に直面することを余儀なくされます。

すべての主な闇の血統は、児童虐待に関与しています。

多くの場合、児童虐待は、これらの血統に属する施設、特に一般的には、立ち入りできない場所で行われます。

 
光の勢力は今、全力で児童虐待ネットワークを除去し始めています。まず、少なくとも一時的にそれを無効にするために、チャイナレイク軍事基地の近くにプラズマスカラー装置で地震を引き起こしました。
 
チャイナレイク基地は単なる作り話で、実際にこの場所は子供たちが儀式的に虐待され、マインドコントロールされている主な強制収容所の一つです。(警告、下記の文章は、閲覧注意です。)
 

 
惑星レベルの子供の主なマインドコントロールと虐待のプログラムを行なっているのが、マイケル・アキノであり、彼はまた、チャイナレイクで主要なプログラマーの一人でした:
 

現在、カリフォルニアでは光と闇の勢力の間でオカルト戦争が起こっており、それについてはそれ以上のことは言えません。
世界的に最も厄介な開発の 1 つは、5G ネットワークがどの程度強制されるかです。

闇の力は、検疫/ベールが溶解するのを防ぐために電磁フェンスの別の層を作成するために5Gを促進しています。彼らは成功しません。

彼らはこれ以上大規模な目覚めを防ぐすることはできません:

今後数日、数週間、数ヶ月の間にサブルーナ空間で進行中の特定の重要な進展があり、情報開示、宇宙旅行、太陽系に関連する肯定的なニュースがすぐに期待されています。

翻訳  ホームページ編集委員会
PFC-JAPAN  


∞  「我々はゆっくりと、しかし確実に最終点に近づいています。それは明らかに我々がブレークスルーに近づいている事の良い指標である地震活動に反映されています」

地震の発生が通常の3倍程度’なっていることと、児童虐待ネットワークの除去、あるいは一時的に無効にするために「光の勢力」がチャイナレイク軍事基地の近くに、プラズマスカラー装置で地震を発生させた事実を考慮すると、現状に於いて光の勢力による闇さんたちへの攻撃が激化していることからも、ブレークスルーが近づいていると推測できるのではないでしょうか。
 
「世界的に最も厄介な開発の1つは、5G ネットワークがどの程度強制されるかです」

5Gとは「第5世代無線通信システム」のことで4Gとの違いは4Gの通信速度が100Mbps〜1Gbpsで、5Gはその100倍の最大100Gbps以上になります。第5世代無線通信システムは28GHzが使われますが、これは極めて電磁波のエネルギーが高く、人体に危険な周波数のようです。これを利権によって強制されると確実に健康リスクが生じるとみられます。

「闇の力は、検疫/ベールが溶解するのを防ぐために電磁フェンスの別の層を作成するために5Gを促進しています。彼らは成功しません」

5Gの強制の大元は「デープステート/カバール」です。‘彼等は成功しません’とあるように、彼等の全てはいずれ近いうちに強制逮捕されますから、5Gが世界に浸透することはないようですね。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 10:06 | comments(0) | - | - |
COBRAアップデート (07/01) フラワーオブライフ
∞  久しぶりのアップデートです。光の銀河連合が着々と成果を上げています。(^_^)v

 


 
COBRAアップデート
2019年7月1日
 
フラワーオブライフ
 

4月中旬以降の数か月間に、惑星地球はガンマタイムライン(Light Intervention:光の勢力の介入)とデルタタイムライン(Planetary Annihilation:地球の滅亡)の間で揺れ動いていました。
 
本件についての情報はすべて極秘です。というのも、ネガティブなタイムラインにあまりにも目を向けていると、それが具現化してしまう可能性が高まるからです。
 
この間に光の勢力は、トップレット爆弾が存在している極めて危険なプラズマ異常層の一つを除去していました。
 
この層の除去は6月21日の正午(GMT)のあたりに成功し、これによって危険性が大きく減少しました。トップレット爆弾はまだいくつか存在しており、多少のプラズマ/量子揺らぎ初期異常の除去は必要ですが、ポジティブなガンマタイムラインはいま遙かに確実なものとなりました。
 
6月21日の光の勢力の成功によって、私たちの太陽系に新鮮でポジティブな輝くプラズマが入ってきました。このポジティブなプラズマは惑星地球周囲の中間圏が刺激されたことで、その当日の夜にすばらしい夜光雲ができました。
 
光の勢力は1996年のアルコン侵略後初めて、アセンション大天使がこの太陽系に再来したと伝えてきました。
 
その数日後に、中国では虹色のクラウドシップの出現が始まりました。
 
 
6月24日、 廈門市にて
 
 6月28日、広州市と南寧市にて
 
光の勢力から、イベントへの道のりが加速化されたので、圧縮突破の前に物理的な光の島をつくる時間的余裕はないと伝えてきました。その気があるのであれば光の島のプロジェクトを継続していただいても構いませんが、現時点で主な焦点は変化の過程を安定させるために現状にできるだけ光を定着させることです。
 
光の勢力はいま、1996年に惑星地球を巻き込んだ根幹の異常の除去を開始しています。
 
この異常は全てのポテンシャルがありますが、量子泡における初期異常の量子波動関数の配合と摂動がまだ具現化していない状態のものです。
 
オカルトの専門家のケネス・グラントは、1996年の侵略のかなり前に、プラズマのセットのトンネルから通常の現実界に向けて初期異常が爆発する危険性を認識していました。1977年に彼の著書のエデンの夜側 (Nightside of Eden)が出版されました。
 
 
 
地表近くの闇の異常プラズマは、台形の非調和の幾何学的で非ユークリッド的な幾何学模様で形成されているもので、闇の勢力が手配したものです。
 
闇の勢力にいる主なオカルト魔術師の一人のマイケル・アキーノは、「9角の儀式」と呼ばれる儀式を開発してネガティブなオカルト儀式に台形の非神聖幾何学模様を導入し、1970年代から闇の勢力がこれを使用されています。

非神聖幾何学模様の格子は、地球を取り巻くマトリックスの基礎となるものです。

非神聖幾何学模様の解毒剤がフラワーオブライフです。
光の勢力から、皆さんがいまできるだけフラワーオブライフの神聖幾何学模様を使用するようにとの要請がありました。
 

 
皆さんのエネルギーフィールドの周囲に黄金のフラワーオブライフの球体を可視化すると皆さんのプロテクションとなります。
 

 
ヒーリングを要する地球上の場所に、フラワーオブライフのステッカーを貼っていただくと良いです。
 
armyofillumination.blogspot.com
 
こちらのクロップサークルで見てわかる通り、光の勢力はこのプロジェクトを強く支援しています。

www.cropcircleconnector.com

もう一つのクロップサークルは、キメラの蜘蛛がセントラルサンに連行されることを示唆しています。

www.cropcircleconnector.com
興味深いことに、このクロップサークルは6月21日当日に出現しました。
 
プラズマのキメラの蜘蛛はいま、セットのトンネル(闇のプラズマフィラメント)から銀河のセントラルサンに連行されています。
 
第3のクロップサークルは、世界中のチンターマニのグリッドが次の段階に活性化されつつあることを示しています。

 

 
Victory of the Light!

翻訳:Terry  「働かなくてもいい社会を実現するには?」 


∞  コブラのアップデート情報がここ数ヶ月発信されなかったのは、私たちのタイムラインが4月から7月の初め迄、ガンマタイムライン(光の勢力の介入)とデルタタイムライン(地球の滅亡)の間で揺れ動いていたからで、コブラはそのためにプラズマ領域で起きていた光の勢力の戦闘状況について沈黙を続けたようです。また戦闘情報の発信によって私たちの集合意識がデルタイムラインに注目すればその具現化をしてしまうことも危惧したようですね。

そして現在、プラズマ異常層のトップレット爆弾の除去作業に入っていて、ガンマタイムライン(光の勢力の介入)が確実なものになっている状況であれば、後は地球同盟とトランプ大統領らによるデープステート/カバールの一掃が待たれますが、その為に、現時点で「7月4日のアメリカ独立記念日」に、RV(通貨再評価)を世界的に開始するプランが浮上していますが、もしそれが本当に起きるとすれば世界規模の株式市場の崩壊と同時に現金融システムの破綻が引き起こされる事になり、そして1〜2週間程度のタイムラグをもって新量子金融システムが稼働することになれば、私たちは確実に新時代への一歩を踏み出します。そして水面下で新時代の為に出番を待っていた多くのものが表面化して一斉に動き出す事になります。

但し、↑この流れはあくまでも現時点迄のETさん他の既知の情報に基づいて書いたものであることをご理解下さい。(^_^)

「6月21日の光の勢力の成功によって、私たちの太陽系に新鮮でポジティブな輝くプラズマが入ってきました。このポジティブなプラズマは惑星地球周囲の中間圏が刺激されたことで、その当日の夜にすばらしい夜光雲ができました」

もしかしたら、ETさん達からのメッセージにあった「夏至の日(6/22日)」の強力なエネルギーの入来とは、アセンション大天使がこの太陽系に再来したことによる‘新鮮でポジティブな輝くプラズマ’だったのかも知れませんね。(-_-;) ヨワイ エネルギー ヤッタンヨ。

「光の勢力から、イベントへの道のりが加速化されたので、圧縮突破の前に物理的な光の島をつくる時間的余裕はないと伝えてきました」

イベントの加速化によって、もしRVが今月開始すれば、以前、ETさん達のメッセージあったように「世界は目まぐるしく急速に変化していく」ことになります。そうなれば心の準備をしておかないと、移行についていけなくなりますよ。(^_^;)

「プラズマのキメラの蜘蛛はいま、セットのトンネル(闇のプラズマフィラメント)から銀河のセントラルサンに連行されています」
 
 
[キメラ・スパイダー:巨大なクモ状の生命体で、プラズマトップレット爆弾がその皮膚に付着しており、小さいものでは10メートルから100メートルの直径、大きいものでは数キロもの直径があります]


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 18:46 | comments(0) | - | - |
COBRAアップデート (05/15) 状況更新
∞ 記事の本文だけではなく、動画やリンク先(英語)を含め多くのリアルな情報があります。是非お読み下さい。(^_^)♪

 


 
COBRAアップデート
2019年5月15日
 
状況更新


1996年1月の最後のアルコン侵入時に闇の勢力は、地球の光のグリッドを崩壊させるために闇のワームホール主要進入点を3地点で設定しました。
 
この3地点の闇の進入点は以下の通りです。
 
コンゴ       キブ湖のブカヴ
スロベニア     リュブリャナ
米国カリフォルニア サンタモニカ
 
リュブリャナとサンタモニカは、地球規模のアセンションを起こせる潜在力を最大限に有するアセンション・ボルテックスのある2地点です。
 
ワームホールは、上記の地点およびその上空で、エーテルおよびプラズマの従来型の数回の核爆発(世界全体で合計約200回のエーテル・プラズマ核爆発)により形成されたもので、リゲル恒星系につながる多次元ワームホールです。
 
リゲル・地球ワームホールを通じて、多くのネガティブな生命体が惑星地球にやってきて地球を汚染しました。
 
その中でも最も危険な生命体は、キメラ・スパイダーでした。それは巨大なクモ状の生命体で、プラズマトップレット爆弾がその皮膚に付着しており、小さいものでは10メートルから100メートルの直径、大きいものでは数キロもの直径があります。
 


 

これらの蜘蛛の大半は、地球の大都市にいます。
 

 
いま宇宙のセントラル種族がクモのエネルギーを絶滅の危機に瀕するまで抜き取っているので、キメラは大都市で5Gの技術を導入して、超小型衛星を使ってネガティブなエネルギーフィールドを強化する計画に出ました。
 
キメラはまた、ナノボット(注 細胞程度の大きさの小さなロボット)技術の強化を図ろうとしています。


 

光の勢力は、これに対しての措置を取っています。
 
2018年のアルファタイムラインの崩壊以来、私は難しい立場に立たされています。というのも、重要な情報の開示は一切許されていない一方で、このブログの継続だけは求められているからです。アルファタイムラインの崩壊した以降、光の勢力は情報非開示の徹底を図っています。
 
私が公表を許可された内容は、ほんの2−3件だけです。
 
第一に、2017年12月以来、ミョルニルの導入による一掃作戦を受けて、闇の勢力はどんなリスクでも犯してもよい程に怒りました。光の勢力と闇の勢力間で、地球が居住不可能となる程度の短期間の戦争につながり得る全面軍事衝突にまで発展するところでした。
 
トップレット爆弾の連鎖反応は(ストレンジレット爆弾の連鎖反応よりもはるかに強烈)、こちらの動画でわかりやすく説明している通り、惑星地球を一掃させる潜在力があります。
 
したがって、2018年春に光の勢力は撤退しミョルニル作戦を終了せざるを得なくなりました。
 
いま、ガンマタイムラインにいます。このタイムラインは、地上を破壊することなく地球解放の過程を進めるもので、時間のかかる堅実な方法です。
 
闇の勢力は、光の勢力の撤退につけこんで、イルミナティ離脱居住区(元は牡牛座の暗黒星雲からやってきた者たち)の地下基地からのクローンが地上のアライアンスに大量に侵入しましたが、光の勢力はこれに対抗してすでに一定の措置を取っています。
 
トップレット爆弾の問題は対処中で、徐々に解消しつつあります。
 
それ以上の内容は申し上げられません。
 
ますます多くの地上の住人が、それほど遠くない時期に大変動の事象が発生することに気づき始めています。
 
また、いま実際に人類が大量絶滅のさなかにいることに地球の住民は気づき始めています。
 
こういったこと全てが、地球を劇的に変えるような宇宙的規模の事象が近づいている兆候です。
 
このイベントについての正確な計画はこちらにあります。
 
光の勢力は、黄金時代の明るい未来への到達を加速化させて実現化させるために、皆がその明るい未来を可視化するように要請しています。
 

また光の勢力は、皆さんが自分の頭を使った思考のレベルを超えて自分の魂をつながるように求めています。
 
多くの人が、タキオンチェンバーの恩恵を享受しています。
 
ここで、タキオンチェンバーについての誤解を解きたいと思います。タキオンチェンバーは医療用の治療ベッドではありません。

一般に公開されているタキオンチェンバーで利用可能もので、確認の取れている唯一の情報源はこちらです。
 
タキオンヒーリングチェンバーは、物体をタキオン化するように設計されていません。自分の所のタキオンヒーリングチェンバーで物体をタキオン化できるとか、自分でタキオンチェンバーを作ったとか、更にはそれを販売しているとか言っているなどと言っている人は、真実を述べていません。
 
すでにRM(レジスタンス・ムーブメント)と間接的に接触している人たちがいます。
 
圧縮突破の瞬間に近づくほど、RMとの接触は増えてきます。
 

∞ 「リュブリャナとサンタモニカは、地球規模のアセンションを起こせる潜在力を最大限に有するアセンション・ボルテックスのある2地点です」
 
この2地点はアセンション・ボルテックスがあるので、その上空に、約200回のエーテル・プラズマ核爆弾を爆発させてネガティブ生命体の存在するリゲル恒星系につながる多次元ワームホールを形成して地球を汚染して地球のアセンションプロセスを一時停滞させたようです。
 
「最も危険な生命体は、キメラ・スパイダーでした。それは巨大なクモ状の生命体で、プラズマトップレット爆弾がその皮膚に付着しており、小さいものでは10メートルから100メートルの直径、大きいものでは数キロもの直径があります」
 
キメラ・スパイダーがその皮膚に付着させているプラズマトップレット爆弾は最小で10メーター大きい物で数キロの直径があるそうですが、もしこれが起爆したら地球は壊滅してしまいます。これが2018年春に光の勢力がミョルニル作戦を中途で終了させた本当の理由のようです。
 
「いま、ガンマタイムラインにいます。このタイムラインは、地上を破壊することなく地球解放の過程を進めるもので、時間のかかる堅実な方法です」
 
光の勢力は私達が生き残って地球と共にアセンションできる可能性の高いタイムラインを探った結果、アセンションプロセスの遅延を覚悟で堅実な「ガンマタイムライン」を選択したようです。
 
「トップレット爆弾の問題は対処中で、徐々に解消しつつあります」
 
これは、現時点でも宇宙のセントラル種族がクモのエネルギーの抜き取りを継続していると言うことでしょうね。
 

 
「キメラは大都市で5Gの技術を導入して、超小型衛星を使ってネガティブなエネルギーフィールドを強化する計画に出ました」
 
5Gの記述とは5ギガの通信と言うことではなく、「第5世代移動通信システム」です。詳しくは「第5世代移動通信システム「5G」とは?」を参照願います。
 
「ますます多くの地上の住人が、それほど遠くない時期に大変動の事象が発生することに気づき始めています」
 
今現在、世界で起きている異常現象等の拡散情報によってスピリチュアルに関心の無い人でも何かおかしいと気付きつつあるようです。
 
「また、いま実際に人類が大量絶滅のさなかにいることに地球の住民は気づき始めています」
 
でも、全ての人が今何が起きているのかを正確に認識していないようです。
 
「こういったこと全てが、地球を劇的に変えるような宇宙的規模の事象が近づいている兆候です」
 
今、何が起きているのかを知っている人はその詳細を知らない人に教えて下さい。そして時折開かれる「明るい未来の可視化」の瞑想会への参加にお誘い下さい。
 
「光の勢力は、黄金時代の明るい未来への到達を加速化させて実現化させるために、皆がその明るい未来を可視化するように要請しています。また光の勢力は、皆さんが自分の頭を使った思考のレベルを超えて自分の魂をつながるように求めています」
 
今、「新時代への移行」が正に始まろうとしている時なのです。多くの人達の覚醒が要請されます。私達にできることは、集合瞑想によって強力な光エネルギーを創造してネガティブエネルギーを完全に駆逐するこです。

 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:06 | comments(0) | - | - |
COBRAアップデート (04/28)
∞  久しぶりのCOBRAアップデートです。(^_^)

 


 
COBRAアップデート
2019年4月28日
 
女性高僧


数世紀にわたり抑圧されて、西暦457年にフィラエのISIS神殿にて完全に途絶えた女神の神秘の全てが、ついに2019年4月14日にあるグループに地上で伝授され定着しました。
 
伝説的なアトランティス文明を起源とする本来の手順に完全準拠して、物理層に女神を完全に定着させる4月14日の最重要の儀式が最高潮に達している時でも、黒貴族はもはや光の勝利を奪うことはできませんでした。
 
黒貴族はイエズス会に命じて、テンプル騎士団の主要な聖地にすぐに放火させました。というのも、テンプル騎士団はISISの秘儀の断片を再生して西洋文明に認識させようと活動していた主要な勢力だったからです。
 
テンプル騎士団は、アル・アクサモスク近辺のソロモン厩舎にてISISの秘儀に関係する古代の聖典を発見しました。この聖典にもとづいて、テンプル騎士団は欧州全土のISIS神殿の存在した各拠点に聖母マリア(ノートルダム)に捧げる大聖堂を数多く建設しました。
 
この神殿の多くには、黒い聖母マリアの像が祀ってありますが、これは肌の黒いISISが時には我が子であるホルスを抱いている姿のキリスト教版の彫像なのです。
 
4月14日に、まずパリのノートルダム寺院が放火されました。

ノートルダム寺院は、ISIS寺院の跡地に建設されたものです。
 
ベンジャミン・フルフォードは、ノートルダム寺院の火災について正確に論評しています。ノートルダム寺院の放火は、千年間にわたり女神ISISに対して戦闘を挑んできた黒貴族の主要家系が、女神ISISの大敵であるセトへの捧げものとして放火したものとしています。
 
女神のエネルギーに対抗するために第二の火災は、エルサレムのアル・アクサモスク近辺のソロモン厩舎をターゲットとしたものです。
 
おもしろいことに、イエズス会はノートルダム寺院の火災は偶然の出来事ではないと仄めかしています。イエズス会は、この火災を大喜びで祝福していました。しかし、ノートルダム寺院にあるバラの姉妹団(SOTR)のシンボルのバラ窓は、火災による焼失を免れました。
 

 
セントジャーマンは前世にフランシスコ・ベーコンとして転生した時に、バラ十字団の活動を通じて女神の秘儀を一部復活させました。セントジャーマンは女神の神秘を司る教皇で、カリオストロやポンパドール夫人の両名のイニシエーションを行いました。
こうして、ポンパドール夫人は地上初の女性高僧となったのです。
 

 
女性高僧は、地球文明に影響を与えうるまでの女神の秘儀を完全に体現した女性です。地球のエネルギーグリッドと地球文明全体に大きな調和をもたらす影響を与えます。
 
ポンパドール夫人はフランス宮廷に高い文化をもたらし、それがフランス全土に広がり、やがては西洋社会全体に広がってゆくことになります。ポンパドール夫人は、イエズス会の制圧にも重要な役割を果たしました。
 
イエズス会の完全制圧(1773年から1814年)のさなかに、西洋文明はその最盛期を迎えました。
 
1775年に、セントジャーマンはパリでミステリースクールを開講し、セントジャーマンの影響力は、パリに数多くの女性のフリーメーソンのロッジ創設への引き金となりました。
 
バラの姉妹団は、バラの騎士と妖精の令としてパリで復活しました。
 
地上における2番目の女性高僧は、ランバル公妃でした。
 

 
ランバル公妃は、トリノの闇のサボイ家の家系に転生した、とても純粋な魂を持つ人でした。コロナ家はランバル公妃の人生を操ろうとしましたが、闇側に引き込むことはできませんでした。ランバル公妃は、フランスの女性用フリーメーソン・ロッジの最高位にあり、女性の真の姉妹関係や友情を培った公開女性サークルを推進した地球初の人でした。(ISISの秘儀のイニシエーションを受けた方には、暗号名のamitieと伝えておきます。) 
 
ランバル公妃は、マリー・アントワネットの大親友でした。アントワネットは、1785年にパリでISIS寺院を開設したカリオストロによってイニシエーションを受けました。そのイニシエーションは、1785年の春分に行われました。ランバル公妃は、1792年に殺害されました。
 
3番目の女性高僧は、Sisi皇后です。
 

 
Sisi皇后はオーストリアとハンガリーの統一に尽力し、その功績だけで長年にわたりヨーロッパの平和が達成され、世界戦争を数十年間も先送りすることができました。
 
Sisi皇后は、女神Isisを体現したエネルギーです。
 
Sisi皇后は、ロスチャイルド家のジュネーブ支部の直接の指令により1898年に殺害されました。
 
4番目の女性高僧は、マリリン・モンローです。
 
彼女は、地球外生命体の真実を暴露しようとしたところ、1962年に殺害されました。
 
5番目の女性高僧は、ダイアナ妃です。1997年に殺害されました。
 
6番目の女性高僧は、アイシス・アスタラです。2018年に殺害されました。
 
いま地上には、女性高僧がいません。そのため、地上の光のエネルギーグリッドが不安定化するという問題を抱えています。光の勢力は、この問題に対処するためにある行動を予定しています。それ以上の内容は申し上げられません。
 
Victory of the Light!
 

∞ リンクの煩雑さを省いて活字部分のみを転載しています。本文はこちらをご覧下さい。


(^_^)/ 
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 10:36 | comments(0) | - | - |
コブラ (04/01) 地上人類への短信
∞ former-spiritual-lightさんからの非常に意味深な情報ですよ! (^_^)/

 


 
コブラ 
2019年4月1日
 
地上人類への短信


水面下では多くのことが起こっています。もし、全てがプラン通りに進行すれば、地上人類への最新情勢に関する記事が数日のうちにこのブログに投稿されるでしょう。
 
原文:
Short Notice to the Surface Population
 
There are many things happening behind the scenes and if everything goes according to the plan, an update for the surface population will be posted on this blog in a few days.
 
 「former-spiritual-light」 
 

∞ “地上人類への最新情勢に関する”とあるので、もしかしたらプレアデス艦隊によって、「プラズマ領域のプラズマ生命体及びプラズマトップレット爆弾の排除が完了した」という嬉しいニュースだったら良いですね。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 10:26 | comments(0) | - | - |
PFC-JAPAN (03/15) 久しぶりにQ情報 「世界を救う計画」 リマスター版
∞  PFCを覗いたら「久しぶりにQ情報 世界を救う計画 リマスター版」という記事がUPされていて、それが今の世界の現状を知る上で非常に有益だと思いますので転載させていただきました。
 
 



 

PFC-JAPAN
2019年3月15日
 
久しぶりにQ情報 「世界を救う計画」 リマスター版
 
 
これは、前に載せた「世界を救う計画」のリマスター版だそうです。前より詳細に説明されてて良く分かる動画です。ぜひ見て下さい。
 
右下の設定で日本語訳が出ます。
 
ビデオの概要
 
世の中には人のお金を盗む、殺人をする、強盗する、麻薬を売る。犯罪者はいろいろいるが、でも、その犯罪者が政府を乗っ取ってしまったらどうなるだろう?
 
ありとあらゆることができてしまうようになるだろう。
 
そして奴らは、可能な限り自分たちの仲間だけが豊かになろうとするだろう。
 
それが今、まさに世界で起きてることなんだ。
 
奴らが恐れることは庶民がそのことに気づいて反乱を起こすこと。
 
だから奴らは本当の敵が誰だか分からなくするために、庶民同士互いに争わせることを思いついた。
 
さらに、現代ではあらゆる人がスマホを持って行動する。
 
これで全ての人の行動パターンが追跡可能になった。
 
人々の情報はNSAの巨大なデータセンターに送られ、逐一把握されるようになってしまったのだ。
 
これで奴らは庶民を完全に支配できるようになったのだ。
 
でも、しだいに奴らはそのデータベースに依存するようになった。
 
そこに奴らの隙があった。
 
Qは、その隙をついて反撃を開始したNSA内部のグループなのだ。
と説明してます。

 
∞ いかがでした?すごく分かりやすかったでしょう。これは、今世界で何が起きているのかを他の皆さんに知らせるためにも是非とも拡散してほしい動画です。
 
 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 17:56 | comments(0) | - | - |
コブラ (2018/03/22) プレアデス人
∞  「former-spiritual-light」さんがコブラの過去記事の「プレアデス人」を再掲されました。(^_^)♪

 


 
コブラ
2018年3月22日
 
プレアデス人
 

プレアデス人は愛と光の存在です。この惑星(訳注:地球のこと)の地表の人類のほとんどは、事象を正しく認識する能力が機能不全に陥っており、思惑や欲望を伴わない純粋かつ無条件の愛と光に満ち溢れている人々が他の星にいることを信じることができません。
 
しかし、このような純粋かつ無条件の愛と光の意識世界に生きている存在がこの銀河では大多数を占めているのです。プレアデス人もその仲間です。
 
プレアデス人は天使から進化した存在です。プレアデス人は銀河のセントラルサンのポータルを通ってこの次元の宇宙に入ってきました。
 
彼らはプレアデス星団に移住するまでの間、天使のライトボディで銀河を探検していたのです。この星団はプラズマ界から物質界に1,800万年前に出現しました。
 
彼らはプラズマ界にある自分たちの住んでいる惑星の密度を意識的に増大させ、物質界の密度レベルにまで増大させようとしました。そしてその結果、その惑星は爆発したのです。
 
彼らの住んでいた星の爆発片は銀河中に飛び散りました。そして、その爆発片のいくらかは地球にモルダバイトとして降り注ぎました。
 
https://heavenandearthjewelry.com/Moldavite-Starborn-Stone-of-Transformation1.aspx

 
地球のミッションに携わる144,000人のボランティアの144,000の光がコード化されて閉じ込められているモルダバイトのうち、一つの大きな破片を使って聖杯が彫り上げられたのです。
 
数十万年よりずっと前に、プレアデス人は、暴力は問題の解決にならないことを学び、これ以上銀河戦争に参加しないことを決意しました。そして、平和に満ちた文化を創り上げることに注力し、数百ものプレアデス星団を構成する星々にこの文化を広げ、プレアデス連合を結成するに至ったのです。
 
彼らは美と調和を信じており、それを自分たちの生活様式に反映させています。彼らはリキッドライトで自分たちを包んでいます。
 
http://www.theliquidcrystals.com/atlantian-and-lemurian-topics/the-pleiadian-influence-and-liquid-light-technology
 
彼らは自分たちの周囲を美しい芸術作品で飾りつけています。
 
そして、美しい音楽を楽しみます。

https://www.youtube.com/watch?v=6sK0wT0C_7k
 
彼らは結晶でできた都市に住んでいます。それは草木の緑豊かな自然の中でちっぽけな水晶の結晶のように輝いています。
 
これらの都市の多くは、プレアデス星団に属する惑星の地下および海底に結晶構造として存在しています。
 
彼らはあまり眠る必要がありません。そして、自分たちの物質的身体を特別な万能薬を飲むことによって維持しています。
 
彼らは不死の秘密を理解しています。しかし、1000年以上も同じ物質的身体で生きることを選択することは稀です。
 
彼らはとてもポジティブで喜びに満ちており官能的です。
 
エロティックな愛は彼らの人生において最も重要な要素です。そして、彼らはどのように自分たちのエネルギーを癒すかをよく知っています。
 
プレアデス人は数千年間、地上の人類とコンタクトしてきました。
 
この惑星の監獄状態を破るため、彼らはドイツの秘密宇宙プログラムをスタートさせるためにヴリルガールズ(die Vrilerinnen)とコンタクトしてきました。
 
http://1stmuse.com/maria_orsitsch/
 
闇の勢力がドイツの秘密宇宙プログラムを乗っ取ったので、プレアデス人は1945年にこの惑星の地上からヴリルガールズたちを救出しました。この秘密プロジェクトのコードネームは”Niemand bleibt hier”つまり、誰もここには留まらないでした。
 
 
 
1922年から1945年までの間の幾人かの重要な”ヴリルの女たち”
 
プレアデス人は1954年にアイゼンハワー大統領とコンタクトを取り、核戦争を防ごうとしました。
 
プレアデス人は核戦争を防ごうと1977年に私にコンタクトしてきました。
 
http://recreatingbalance1.blogspot.com/2015/03/notes-from-cobra-konstanz-conference.html
 
プレアデス人は核戦争を防ごうと努力を積み重ねてきました。しかし、1996年のアルコンの侵略を防ぐことができませんでした。
 
http://2012portal.blogspot.com/2015/10/the-great-forgetting-of-1996.html
 
アルコンは1996年から1999年までの短期間、プレアデス星団を侵略することさえできたのです。
 
https://www.youtube.com/watch?v=-OTryGzS-G8
 
プレアデス星団が1999年に解放され、地球の地下基地に軍隊により囚われていたプレアデス人の人質の大部分が救出された後、プレアデス人は2001年の後半に私にコンタクトしてきました。そして、タキオンヒーリングチャンバーの作り方を私に教えてくれたのです。
 
http://tachyonis.org/Chamber.html
 
とはいえ、彼らは私のソウルメイトの殺害を防ぐことはできませんでした。
 
http://2012portal.blogspot.com/2018/02/situation-update.html
 
そのため、どれだけの人々がこのブログを手の込んだ作り話で自分たちのことを騙していると思っているのか私には分からないのです。これらの人々は深刻な信頼の問題を抱えていてセラピーを受けることが益になるでしょう。また、このブログに間抜けでクソなコメントを投稿している人々は永遠に二度とこのブログに投稿することができなくなるでしょう。
 
もしあなたが間抜けでクソなコメントはどういうものか分からないのであれば、投稿する前にもう一度、その投稿の結果がどんな結果になるかをよく考えてください。
 
これは冗談ではありません。これは真面目な戦争なのです。私はほとんどの人々が思っているよりずっと高潔な主張をもたらしているのです。私はほとんどの人々が持っているものをはるかに上回る多くのものを失いました。ですから私は尊敬を受けるに値するのです。
 
この惑星の地上は私やレジスタンスやプレアデス人がかつて予想していた状況よりはるかに闇の状態にあります。この複雑な状況を浄化するのは非常に困難でこの作業が遅れるのは避けがたいのです。
 
私はこの状況が好きではありません。あなたはこの状況が好きではありません。だれもこの状況が好きではないのです。ですから、意気地なしでいるのはやめてください。泣いてばかりいるのは、文句ばかり言っているのはやめてください。この惑星の地上をもっとましなものにできる何かを実行してください。カバールしか十分な大きさの土地を提供できないからコンタクトディッシュプロジェクトに参加できないですって?
 
私はグーグル検索で20秒のうちにコンタクトディッシュプロジェクトにふさわしい土地が500ドル以下で売りに出ているのを見つけましたよ!
 
https://www.landcentury.com/under-1000-land-deals
 
何人かの方は素晴らしいコメントを寄せてくださって、コンタクトディスクプロジェクトを、イベントを起こす観点から立派に実行に移してくれました。
 
“多次元的に考えることが鍵になるでしょう。イベントに段々と向かう一本道はありません。たくさんの絶えず変化している異なったタイムラインがあってイベントが起こる道筋が変化していると思います。
 
これらのプロジェクトを情報開示することによって、それらのタイムラインはレジスタンスムーブメントと私たち全てによって創り出されているエネルギーフィールドの中で共同創造されます。
 
このタイムラインの安定化は相対的にバイブレーションと量子フィールドの状態を改善し、全てのポジティブなタイムラインをサポートすることになります。そのポジティブなタイムラインの一つでイベントが起こるのでしょう。”
 
何を今期待するのですか?私がお約束できるのは血と汗と涙だけです。
 
そして私は、あなたに光の勝利をお約束できます。
 
何時ですって?そんなことは誰も知りません。イベントはプラズマトップレット爆弾の大部分が除去されない限り起こりません。
 
光の勝利!
 

∞ 抜粋です。
 
“多次元的に考えることが鍵になるでしょう。イベントに段々と向かう一本道はありません。たくさんの絶えず変化している異なったタイムラインがあってイベントが起こる道筋が変化していると思います。
 
これらのプロジェクトを情報開示することによって、それらのタイムラインはレジスタンスムーブメントと私たち全てによって創り出されているエネルギーフィールドの中で共同創造されます。
 
このタイムラインの安定化は相対的にバイブレーションと量子フィールドの状態を改善し、全てのポジティブなタイムラインをサポートすることになります。そのポジティブなタイムラインの一つでイベントが起こるのでしょう。”
 
私たちの未来は私たちが創造しています。タイムラインの道筋は私たちの意識次第でいかようにでも変わります、例えば少し違うだけの未来のタイムラインも平行して存在していますし、それが私たちの望む未来ならそのタイムラインにジャンプして望む未来を選択すれば良いのです。
 
「イベントはプラズマトップレット爆弾の大部分が除去されない限り起こりません」
 
今現在、プレアデス艦隊はプラズマ領域のプラズマトップレット爆弾の排除に苦慮しているようですが、「天界の泡アップデート」によると1/22日からは相転移の第二段階に入り光エネルギーの入来が増加していきますし、第三段階の終わりにはソーラーフラッシュが起きます。その瞬間にプラズマトップレット爆弾の完全除去もしくは起爆解除が起きると、一挙にイベントに突入します。
 
これがここ数年以内に起きるというタイムスケジュールがはっきりしているのですから、あとはそのイベントの神聖なタイミングを待つだけです。
 
イベントが起きると、いずれ、そう遠くない時期に私たちはプレアデス人と直に話し合う機会を得るでしょう。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 23:16 | comments(0) | - | - |
コブラ (02/06) 天界の泡アップデート
∞  「former-spiritual-light」 さんが、今、最も重要なコブラの最新記事を翻訳されました。是非お読み下さい。(^_^)♪

 


 
コブラ
2019年2月6日
 
天界の泡アップデート


このアップデートの目的は、地上人類に前回の天界の泡の記事を説明することにあります。
 
まず、相転移の六つの段階をより詳しく説明することにします。これらの段階の各々は、惑星のアセンションプロセスの完成段階であり、ここ数ヶ月から数年にかけて続くと予想されています。これはみなさんの「いつイベントが起こるのですか?」というこのブログに寄せられた質問に対する回答として、いまだかつてなかった程にできる限り近づいたものとなっています。
  
 
相転移の第一段階は、境界面蒸発(訳注1)段階と呼ばれています。この段階は2012年に始まり、2019年の1月21日に終わりました。境界面蒸発段階は、熱流束(私たちの場合、銀河のセントラルサンから私たちの地球表面へのエネルギーの流入を意味します。)が境界面(私たちの場合、この惑星の地上を意味します。)へと送り込まれ、この表面の境界面上の対流(訳注2)を作り出します(これは2012年から2019年にかけての地上人類の覚醒と同じ意味です。)。
 
(訳注1:液体が気体になる現象には境界面蒸発と沸騰があります。ここでは水と水の気体である水蒸気の話に限定して話を進めます。みなさんは水に砂糖や塩が溶けることはご存知のことと思いますが、空気も水蒸気を溶かす性質があります。細かいことは話しませんが、境界を接している水と空気の両方の温度が高いほど、また、水に比べて空気の温度が高いほど、水面から水が水蒸気になって空気に溶け込んでいく量が多くなります。地球上の水や空気の温度は主に太陽からやってくる光エネルギーによって暖められます。水に加えられるエネルギーが充分ではないうちは、沸騰は起こらず、太陽からやってくる光エネルギーの程度に応じて、空気の水蒸気の溶けやすさに応じて水面から水が水蒸気になって空気に溶け込む境界面蒸発が起こるのです。そして、空気に溶け込んでいる水蒸気の量が限度を越えると、水蒸気は水滴となって雲を形成し、やがて、雨になって地上に戻ってくるのです。実は、地球の遙か彼方からやってくる太陽の光エネルギーは水と空気の境界面のエントロピーを低下させているのです。そうすると、そこでエントロピーを増大させようという反応が起きるのです。このエントロピーを増大させるために水面から空気へ水蒸気の移送が起こるのです。エントロピーは日本語では”乱雑さ”と訳されます。秩序がないということです。エントロピーの低いところというのは、微視的に見ると、各所に整合的なエネルギーギャップが出来ているのです。秩序/コスモスが形成されたということなのです。エントロピーが高いところは逆にのっぺりしてどこにもエネルギーギャップがないのです。つまり、無秩序/カオスなのです。)
 
(訳注2:この対流が訳注1で述べたエントロピーの低い状態、すなわち、秩序だったエネルギーギャップの一例です。ビーカーに水を入れて火でビーカーの底を熱していくと、やがて、左回りと右回りの水の渦からなる対流が一対生じます。対流が出来たということは、対流のない静水の状態に比べ、外からエネルギーが与えられたためにエントロピーが低下した、つまり、秩序が形成されたということなのです。)
 
相転移の第二段階は、蒸気泡形成段階(訳注3)と呼ばれています。この段階は2019年の1月21日に始まり現在進行中です。この段階では、この惑星の地上に充分量の熱エネルギーの移流が発生し、液体の水(マトリックス社会)から蒸気泡(銀河社会)への正真正銘の相転移が生じることが可能となります。ただし、この蒸気泡(銀河社会)の形成は、この地上のごく限られた小さな孤立した領域に留まります。蒸気泡形成段階の間、これらの天界の泡が現れ、これらがイジングモデルに完全に従って再編成および再組織化されます。
 
(訳注3:この段階で初めて沸騰が起こります。沸騰というのは、水が水蒸気に相転移するに充分なエネルギーを受け取って、境界面蒸発が起きる条件などは完全に飛び越えてしまって問答無用で水が水蒸気になる現象です。私たちが水を熱する場合、基本的にある特定方向からしか水を熱することができないわけです。また、水を熱するとまず最初に必ず対流が生じます。この特定方向からの水の加熱と対流のおかげで、エントロピーの低下が生じるわけですね。つまり、水を小部分に分けてそこの温度を計ってみると場所場所で違うわけです。秩序だったエネルギーギャップができているのです。のっぺりした、エネルギー差のない、エントロピーの高いマトリックスではないわけですね。温度が場所場所で違いますから、沸騰が起こって蒸気の泡ができるところとそうでないところが出来るわけです。このように、外部から与えられるエネルギーがまだ充分ではなくて、部分部分にしか沸騰が起きない状態を蒸気泡形成段階と言うのです。それで、このような部分部分にしか相転移が起きない状態を簡単に記述できるように開発されたモデルがイジングモデルなのです。)
 

https://en.wikipedia.org/wiki/Ising_model
上記リンクの日本語版はこちらです。
 
(訳者補足:この上のリンク記事の図Aの三つの図がエントロピーとマトリックス社会と銀河社会の関係を、境界面蒸発から蒸気泡形成段階に進む様子を直感的に理解する助けになります。右の図がエントロピーの高い状態、エネルギーギャップのないのっぺりした状態、マトリックス社会です。それで、左に行くにしたがってエントロピーが低下した状態に、エネルギーギャップが整合的に発生した状態に、泡が大きくはっきりしてくる状態になります。) 
 
  
この段階の間、天界の泡はエントロピーがより低下した状態で、ゆっくりとしかし確実に大きく成長してきます。一方、これを取り囲むマトリックス社会は更にエントロピーを増大させながら、着実に不安定となっていきます。
 
これが、いくらかの人々が外界の日々の政治に興味を失い、内面的な精神的成長により注意を向けるよう導かれている理由なのです。
 
https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/27/kp-message-1-27-19-a-few-notes-of-possible-interest-to-a-few/
 
https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/29/kp-message-1-29-19-winds-of-clearance/
 
https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/31/kp-note-1-31-19-timelines-levels-of-beingness-holy-crap-whats-going-on/
 
相転移の第三段階は、蒸気泡増大段階です。この段階では、銀河のセントラルサンからの熱流入は指数関数的に増大し、より多くのより大きな天界の泡が活発に形成されます。これに伴い、マトリックス社会は活発に崩壊していきます。そして、銀河のセントラルサンからの増大する熱流入により、これらが頂点に達した時がイベントが起こる瞬間となるのです。
 
イベントの瞬間とは限界熱流入点に達する瞬間なのです。この時、マトリックス社会は崩壊し、異星人とのコンタクトがなされ、旧社会のエントロピック/乱雑さに溢れた要素は迅速に取り除かれます。そして、私たちは第四段階に突入します。
 
相転移の第四段階は不安定膜沸騰段階(訳注4)と呼ばれます。天界の泡はこの惑星の地上に接続されます。そして、新しい社会のバックボーンとして、ある安定したネットワーク(膜)が形成されます。しかし、社会それ自体は総じて不安定です。しかし、徐々に統合され、安定化してきます。光の島は活発な異星人のコンタクトがあるにつれて完全な形として形成されていきます。
 
(訳注4:要は、エントロピー低下をもたらす外界からのエネルギー流入が充分に増大した結果、水蒸気界と液状水界との間のエネルギーギャップが充分に強大となり、つまり、充分にエントロピーが低下したため、巨大な膜状の水蒸気領域が形成される段階です。しかし、膜状の水蒸気領域が充分に安定するにはまだエネルギー流入が足りない段階です。)
 
相転移の第五段階は、安定膜沸騰段階です。この惑星の地上の光の島は、活動的な転移/反転領域となり、そこで、個人および集団のアセンションプロセスが起こります。最初に、数千人規模のファーストアセンションが起こります。ファーストアセンションした人々のうちの何人かは、アセンデッドビーイングとしてこの地上に戻ってきます。そして、数十万人規模の人々がアセンションするセカンドアセンションの準備をします。セカンドアセンションした人々のうち何人かは、地上に戻り、地上人類のサードアセンションの準備をします。
 
この第五段階の間、地上人類は、新しい進歩したテクノロジーを完全に統合し、全員で光を受け入れるに充分なほどに癒されます。
 
相転移の第六段階は最終閃光段階/Final Flash Phaseと呼ばれます。相転移は完了します。銀河のセントラルサンはソーラーイベント(訳注:コブラの前記事のmicronova/小新星、いわゆる、超巨大太陽フレアと同じ意味と考えられます。)の引き金となり、これがこの惑星のポールシフトを引き起こします。数百万人の人々はサードウェイブとしてアセンションします。そして、残りの人類はこの惑星の地上から銀河艦隊へと吸い込まれ、この艦隊は彼らをプレアデス星団の中の相応しい惑星へと移送します。そして、この惑星が人類の新しい故郷となるのです。
 
この時、この惑星の表面を津波が襲い、惑星の表面を拭い去ります。この津波の影響を受けない光の島だけが、進歩したスタービーイングの住む場所となります。このスタービーイングの多くがあなたなのです。そして、この新しい地球に新しいアトランティスが建設されるのです。
 
あなたに、光の勢力からリリースされたこのプラン全体のより詳しい説明をすることにしましょう。光の勢力は台湾北部に地下基地を完成させました。この基地は30億人の人々を収容することができます。同様に、同じような基地が中央ヨーロッパのある場所に建設されつつあります。そして、もう一つは南アフリカのある場所に建設中です。また、もう一つアフリカに建設される計画があります。これらの基地は銀河艦隊へとアセンションしなかった残りの人々を収容するプランのオプションとして利用されるかも知れません。
 
あなたは、私たちが1月21日に達成したことが非常に大きなものだと理解する必要があります。天界の泡は完全に新しい現実の最初の兆(きざ)しなのです。それは、新しい宇宙のサイクルに属するものなのです。
 
 あなたが光に連なる時にはいつでも、あなたの人生はどんどん容易になっていきます。あなたが崩壊しつつある旧社会に目を向けそれに執着する時はいつでも、あなたの人生はどんどん悪くなっていきます。
 
取るに足らない情報に依存している、溺れている人々には良い風は吹いてはこないのです。自分自身の手に自分の人生を握り、その人生を歩む人々のところに良い風は吹くのです。今のあなたの人生の状況がどうであれ、あなたは数年かそれ以内でもっと自分の人生を好転させる何かに自分の人生を振り向けることができます。もし、あなたが本当に献身的にそのように行動すればの話ですが・・・。これはイベントのタイミングとは関係なくできることです。
 
私の以前の記事のある部分に対する子供じみた反応やコメントはあらかじめ予期されていましたし、放っておかれました。これとは関係なく、ミッションは続いているのです。
 
また、何人かの人々は、レジスタンスムーブメントの暗号メッセージについて熱狂して語り合っていました。何の根拠もなく・・・。よく分からないユーチューブ動画をインターネットで探してきては無意味にそれに時間をつぶしていたのです。彼らの理解力のレベルというものは、普通レベルのアカゲザルの理解力が、量子力学を理解できるレベルに遠く及ばないのと同じようなものなのです。
 
プレアデス人は活発にモニタリングしています。地上人類の最も覚醒した人々の覚醒プロセスを評価し、助長しています。そして、私心なく愛に満ちたエネルギーをみなさんに送っているのです。
 
私たちの集団瞑想のちょうど30分前に、セムヤーゼは月において流星群をしつらえてくれました。このことを探知した天文愛好家たちは、“時が来たんだと感じ、”前もって望遠鏡を用意していたのです。
 
https://gizmodo.com/holy-crap-the-moon-was-struck-by-a-meteorite-during-th-1831950105
 
https://www.rt.com/news/449517-meteorite-hit-moon-during-lunar-eclipse/
 
https://www.newscientist.com/article/2191526-a-meteorite-hit-the-moon-during-mondays-total-lunar-eclipse/
 
これはセムヤーゼからのあるシグナルでした。地上人類にはまだその意味を明かすことはできません。
 
言わせて欲しいのですが、数日後、GSSAP、地球静止軌道宇宙状況自覚プログラムが、プレアデス艦隊の活動を受けて、その調査衛星の軌道を変更することを余儀なくされました。
 
レジスタンスは、トップレット爆弾に関する全ての情報は深い闇の中にあると言っています。一つ言えることは、トップレット爆弾はまだ除去されてはいませんが、徐々にその力を失っているということです。
 
レジスタンスは“Entry Protocol/参加手順”の記事に応じてボランティアを申し出た人々のほとんどが、準備ができているとはほど遠い状態であったとも言っていました。このため、ある”社会動力学的”記事とワークショップが、地上人類が、準備ができるようにリリースされることになるでしょう。
 
これらはまた、天界の泡と光の島を形成して拡張するための人々を準備するためにもリリースされるでしょう。
 
第一弾はソウルファミリーワークショップでハンガリーのブダペストにおいて、3月16日と17日に開催されます。あなたの参加を歓迎します。
 
http://portal2012.org/Hungary.html
 
 
レンゲルとティサの新石器時代の女神の文化の興隆以来、ハンガリーはこの惑星上の最も重要な女神のヴォルテックスの一つです。
 
http://rolfgross.dreamhosters.com/Modern-Man-2012/ProtoEurope/ProtoEurope.html
 
 
 

このワークショップの準備期間中に、光の柱がハンガリーに現れました。
 
 女神の統合は間もなくです。
光の勝利!
 
former-spiritual-light」 NEW!2019年02月07日

 
∞  ここ数ヶ月から数年にかけて続くと予想されている、「相転移の六つの段階」の注目してください。この相転移の第誼奮〜第挫奮
 

 〜蠹尚椶梁茘誼奮は「境界面蒸発段階」と呼ばれ、2012年〜2019年1月21日迄の期間です。
 
この段階は「境界面蒸発段階」は熱流束(セントラルサンから地球へ入来する光エネルギー)が地球表面に流入し表面の境界面上の対流を作りだします。
 
第誼奮はこの期間のエントロピーの低下が乱雑から秩序へという人類の意識レベルの上昇による覚醒が始まったということです。
 
◆〜蠹尚椶梁茘驚奮は「蒸気泡形成段階」と呼ばれ、2019年の1月21日に始まり現在進行中です。
 
この段階では、地球表面に熱流束による充分量の熱エネルギーの移流が発生し、液体の水(マトリックス社会:私たちの現実社会)から蒸気泡(銀河社会)への正真正銘の相転移が生じることが可能となります。
 
但し、蒸気泡(銀河社会)の形成は、この地上のごく限られた小さな孤立した領域に留まります。蒸気泡形成段階の間、これらの天界の泡が現れ、これらが(わかりやすい)イジングモデルに完全に従って再編成および再組織化されます。
 
 相転移の第恵奮は、「蒸気泡増大段階」です。 期間 未定
 
「この段階では、銀河のセントラルサンからの熱流入は指数関数的に増大し、より多くのより大きな天界の泡が活発に形成されます。これに伴い、マトリックス社会は活発に崩壊していきます。そして、銀河のセントラルサンからの増大する熱流入により、これらが頂点に達した時がイベントが起こる瞬間となるのです」
 
この段階はセントラルサンからの熱流束(Heat Flux)が急速に増加して臨界熱流束(Critical Heat Flux)に達する迄です。この急激な熱流束の増加によって高次領域となる天界の泡が活発に形成される一方で私たちの現実の崩壊が加速していきます。これは臨界熱流束になるまで続きます。そして、そのピークに達したときにイベントが起きて私たちの現実世界が崩壊します。ETさん達とのコンタクトが始まります。
 
ぁ〜蠹尚椶梁茘乎奮は不安定膜沸騰段階と呼ばれます。
 
「天界の泡はこの惑星の地上に接続されます。そして、新しい社会のバックボーンとして、ある安定したネットワーク(膜)が形成されます。しかし、社会それ自体は総じて不安定です。しかし、徐々に統合され、安定化してきます。光の島は活発な異星人のコンタクトがあるにつれて完全な形として形成されていきます」
 
この時期には地上に高次領域が出現するので「光の島」が出現してETさん達の支援を受けて光の都市ができるかも知れません。
 
ァ〜蠹尚椶梁茘甲奮は、安定膜沸騰段階です。
 
「この惑星の地上の光の島は、活動的な転移/反転領域となり、そこで、個人および集団のアセンションプロセスが起こります。最初に、数千人規模のファーストアセンションが起こります。ファーストアセンションした人々のうちの何人かは、アセンデッドビーイングとしてこの地上に戻ってきます。そして、数十万人規模の人々がアセンションするセカンドアセンションの準備をします。セカンドアセンションした人々のうち何人かは、地上に戻り、地上人類のサードアセンションの準備をします」
 
この段階で初めて、個人及び集団のアセンションが起きる。

・ ファーストアセンションで数千人規模
・ セカンドアセンションで数十万人規模
・ サードアセンションで数百万?
          ・
          ・
          ・
この部分は4、5年前に読んだアイーシャ・ノースのメッセージにもありました。彼女のチャネリング情報は間違ってはいません。(^_^)
 
アセンションすると言っても、アセンションレベルに達している人のみですから、まずはライトワーカーと言われている二百万人が対象になるのかも知れませんが、私たちの波動の上昇は続くのでそう遠くない時期にアセンション選択した人はアセンションできるでしょうね。 
 
「この第甲奮の間、地上人類は、新しい進歩したテクノロジーを完全に統合し、全員で光を受け入れるに充分なほどに癒されます」
 
この時期に闇さん達に隠蔽されていたテクノロジーが開示され、また光の銀河連合からの先進テクノロジーも無償供与されるので新時代の暮らしが可能になるということらしい。
 
Α〜蠹尚椶梁茘挫奮は最終閃光段階/Final Flash Phaseと呼ばれます。
 
「相転移は完了します。銀河のセントラルサンはソーラーイベントの引き金となり、これがこの惑星のポールシフトを引き起こします。数百万人の人々はサードウェイブとしてアセンションします。そして、残りの人類はこの惑星の地上から銀河艦隊へと吸い込まれ、この艦隊は彼らをプレアデス星団の中の相応しい惑星へと移送します。そして、この惑星が人類の新しい故郷となるのです」
 
この段階迄が残り数年の内に起きると言うことを知って下さい。
 
ソーラーイベントは相転移の完了後に起きて、地球のポールシフト(磁極の反転)を起こす。
 
・ 相転移の第甲奮で準備したサードアセンションで数百万がアセンションする。
 
2019年の人口は統計上では76億人程になるようです。その中のハザールマフィアさん達やアセンションを選択しなかった人たち以外の人々は銀河艦隊の宇宙船に吸い込まれて、私たちの波動に合うプレアデスの惑星へ移送されることになるようです。それは地球の霊界にいた魂のほとんどがプレアデスの惑星に送られているからです。従って私たちも同じ惑星へ行くことになるでしょうね。
 
「この時、この惑星の表面を津波が襲い、惑星の表面を拭い去ります。この津波の影響を受けない光の島だけが、進歩したスタービーイングの住む場所となります。このスタービーイングの多くがあなたなのです。そして、この新しい地球に新しいアトランティスが建設されるのです」
 
地球表面は津波によってネガティブなものは全て一掃され、光の島だけが残り、そこに進歩したスタービーイングである私たちが住む事になるようです。ということはプレアデスの惑星への移送は地球の浄化のための一時退避が目的かも知れませんが、自身の波動を上昇させないと戻って来られないかも知れません。
 
「あなたに、光の勢力からリリースされたこのプラン全体のより詳しい説明をすることにしましょう。光の勢力は台湾北部に地下基地を完成させました。この基地は30億人の人々を収容することができます。同様に、同じような基地が中央ヨーロッパのある場所に建設されつつあります。そして、もう一つは南アフリカのある場所に建設中です。また、もう一つアフリカに建設される計画があります。これらの基地は銀河艦隊へとアセンションしなかった残りの人々を収容するプランのオプションとして利用されるかも知れません」
 
30億人を収容できる地下基地が台湾北部に、また同規模の地下基地?が中央ヨーロッパ、南アフリカ、アフリカの3カ所の計4カ所できるとすれば総計120億人を収容できますが、現時点では銀河艦隊へとアセンションしなかった残りの人々を収容するプランのオプションとして利用される可能性があるようです。
 
銀河艦隊へアセンションは宇宙船から降りてくる光の柱に、何も持たずに入ると吸い上げられますが、中には恐怖もあり、光の柱に入ることを躊躇する人もいるでしょう。その場合、彼等はアセンションを拒否して地上に残ることを選択したので、津波による地球の浄化が始まる前に地下基地に一時的に避難することになりそうです。
 
「あなたは、私たちが1月21日に達成したことが非常に大きなものだと理解する必要があります。天界の泡は完全に新しい現実の最初の兆(きざ)しなのです。それは、新しい宇宙のサイクルに属するものなのです」
新しい宇宙のサイクルに入るための「天界の泡」は私たちの現実に確実に存在しているのです。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 23:26 | comments(0) | - | - |
月食の瞑想レポート - ガブリエルRL (01/23)
∞  遅ればせなからですが、1月21日の月食瞑想レポートです。

 


 
月食の瞑想レポート - ガブリエルRL
2019年1月23日
 

月蝕瞑想レポート
 
以前に報告されたように、エネルギー最高潮はクリティカルマスに瞑想の間に達成されました。正確には其処で432,000人の人々がこの銀河の光の瞑想と固定でつながっていました。
 
金星、そしてプレアデスの星系を通過する銀河のセントラルサンからの強力なプラズマ波、そして最終的に地球は私達の銀河系ファミリーの最も純粋な意思で非常に強力に到着しました。
 
惑星の至る所にいた何千人もの人々が、この強力なエネルギーのすばらしい受信機と強力な送信機として働いて、残りの地球の住民にエネルギーを増強して働きかけました。
 
顕著に金色のエネルギーが金色の光の針のように、地球を打っているように見えま。すぐに、このエネルギーは地球全体を包み込み、それは完全に金色に輝き放ちました。そしてそれは、特に地球のアストラル領域で大きな変化を引き起こしました。
 
彼らは新たに体現していない、千年紀の存在を抱いています。これらの存在は、まだ特定の否定的な精神的およびエネルギー的パターンを保持し、表面に悪影響を及ぼそうとします。
 
団結
 
これらの領域では大きな掃除がありました、そして、光のビームが地球全体に到達したとき、これらの存在の多くは意見の一致が出来ませんでした。まだ負の勢力になりがちなこれらの存在の約59%はこれらの地域から取り除かれ、特別な治療地域に連れて行かれました。
 
もう一つの重要な点は、この光の浴層によって、銀河軍は艦隊を少しでも惑星に近づけることができたということです。瞑想中そして瞑想の後、世界中で、惑星の至る所で私たちの家族の存在と支持の証として多くの隠れた(そしてではない)船が大量に現れました。
 
この瞑想はまた、世界をリードする政府である地球の何人かの指導者たちがついに、人々を統一する必要性を愛の中で理解し始めたときに、より多くの境界が解体されるきっかけとなるでしょう。
 
銀河セントラルサン
 
彼らの個人的なアジェンダは彼らの決定に大きな影響をさらなる接触の容易さを持つでしょう。セントラルサンの肯定的プラズマ波が惑星中のアショリス(Ashoris)3 / キメラ(Chimera)グループの”主力波”を完全に破壊したので(100%)、惑星上の物理的でない現実への集中度と敏感度が増すだろう。元から供給された補助ウェブは溶解の過程にあり、それらのほんの数パーセントを残す。
 
これらの補助ウェブは、補助ウェブが下にある、地球の低軌道の真下に位置する大きなウェブによって精力的に支えられていました。世界中の多くの預言者がこれらのウェブを観察するようになりました。今それらの残っているものは確かに完全に分解されて、直ぐに直線的に小さなパーセンテージに成った。それはアショリス(Ashoris)3 / キメラ(Chimera)にとって強烈でした。
 
銀河系セントラルサンのエネルギー
 
これらのウェブの主な機能の1つは、戦争の本能を活発に保ち、人間と其れ等のより高い自己とを結びつけるプロセスを妨げることでした。
 
彼らの分解により、人々はより短い時間の瞑想と固定で昇華(純化)することが出来る様になり、いつでも地球の住民にメッセージやインスピレーションを送ろうと照らされた助言者の情報にもっと簡単にアクセスできるようになるでしょう。
 
この固定と非常に多くの人々の参加は、私たちが手を結ぶときに何ができるかを示しました。
 
空中には大きなエネルギーがあり、それは、自分自身の中や他の人間との個人的な状況など、問題を解決するために多くの人を駆り立てます。彼らが何かに同意しなくても、彼らは外交的に一緒に共存することができ、そして特別な違いがあっても私たちがより強いことを知っているので、これによって彼らは古い憎しみを取り消すことへの大きな衝動を感じ得るでしょう。
 
最後に、この瞑想と固定の働きは惑星中の女性と男性のエネルギーの調和を助け、男性の存在がよりオープンになり、母なる女神と父なる神の女性の波を感じるようになるでしょう。これらの力を調和のとれた形で彼らの分野に統合し、それゆえ私たちがこれら二つの力であり、完全に私たちの中に統合されていることを理解し始めます。
 
私たちは男性的でも女性的でも無く両方共に在ります。そしてこの現実では、特定のプロジェクトのために、男性的で女性的な両極性で自分自身を表現します、しかし私達のそれぞれの奥深くには長年からの調和がとれていない2つのエネルギーがあります。
 
この情報は、彼等自身にまだどんな女性エネルギーに対して極度に耐性があり、男性の目を向けることができそして、確かに、「私は非常に 男性です!」と言う人もいるかもしれませんが、これはポイント部分ではありません。
 
本意が必ずしも彼の男らしさや女らしさを失うこと無く、この2つのエネルギーの調和がより明確になる、これを達成するのに少しの努力が必要になるでしょう。このすべてが固定するのでエネルギーが真に明確になり、この固定されたエネルギーはすべてそれのより明快さと内部理解を得るからです。
 
愛と感謝、
ガブリエルRLから
 
(注釈、この情報は、プレアデス1情報の詳細解説にも成っています。最近プレアデスからコブラに情報が入っているのか如何か分かりかねますが、詳細、内容に多少の違いは”感じ”ましたが私達の今後にとても参考に成ってると思いました。又、翻訳し難い部分も有りましたが、其処は皆さんの読解力にて理解して頂けると思います。ATC-Y)
 

∞ 「正確には其処で432,000人の人々がこの銀河の光の瞑想と固定でつながっていました」
 
432,000人は144,000人のきっちり三倍です。コブラの「天界の泡」の記事によると瞑想当時、100〜200万人の人々が瞑想について知らされ、30万〜40万人が実際に参加していたので、参加人数はクリティカルマスの数倍に及んだと報告されていましたが、それがきっちり三倍だったと言うことでしょうね。そこに何か意味があるのでしょうか?(^_^;)

∞ 「正確には其処で432,000人の人々がこの銀河の光の瞑想と固定でつながっていました」
 
432,000人は144,000人のきっちり三倍です。コブラの「天界の泡」の記事によると瞑想当時、100〜200万人の人々が瞑想について知らされ、30万〜40万人が実際に参加していたので、参加人数はクリティカルマスの数倍に及んだと報告されていましたが、それがきっちり三倍だったと言うことでしょうね。そこに何か意味があるのでしょうか?(^_^;)
 
レポート内容はコブラの記事とほぼ同じですが、銀河のセントラルサンからの強力なプラズマ波は1月21日の瞑想によって強化され地球のアストラル領域で大きな変化を引き起こし、ネガティブな存在の約59%が取り除かれて特別な治療地域に連れて行かれたと言うことと、この光の浴層によって、銀河軍は艦隊を少しでも惑星に近づけることができたということです。瞑想中そして瞑想の後、世界中で、惑星の至る所で私たちの家族の存在と支持の証として多くの隠れた(そしてではない)船が大量に現れました。
 

 
「この瞑想はまた、世界をリードする政府である地球の何人かの指導者たちがついに、人々を統一する必要性を愛の中で理解し始めたときに、より多くの境界が解体されるきっかけとなるでしょう」
 
その何人かの指導者はトランプ大統領、プーチン大統領、習近平国家主席の面々がそうなのか、あるいは光を受け入れた新たな指導者なのかは分かりませんが、いずれにしろ良い方向性にはあります。
 
「セントラルサンの肯定的プラズマ波が惑星中のアショリス(Ashoris)3 / キメラ(Chimera)グループの”主力波”を完全に破壊したので(100%)、惑星上の物理的でない現実への集中度と敏感度が増すだろう。元から供給された補助ウェブは溶解の過程にあり、それらのほんの数パーセントを残す」
 
‘アショリス(Ashoris)3’はどういう組織なのでしょうか?ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?
 
“Ashoris)3 / キメラ(Chimera)グループの‘主力波’を100%破壊した”
 
これによって光の銀河連合がプラズマ領域のプラズマトップレット爆弾の処理がやりやすくなれば良いのですが・・。
 
「ウェブの主な機能の1つは、戦争の本能を活発に保ち、人間と其れ等のより高い自己とを結びつけるプロセスを妨げることでした。・・彼らの分解により、人々はより短い時間の瞑想と固定で昇華(純化)することが出来る様になり、いつでも地球の住民にメッセージやインスピレーションを送ろうと照らされた助言者の情報にもっと簡単にアクセスできるようになるでしょう」
 
ここでのウェブとは3つの私たちに埋め込まれたインプラントのことでしょうね。私たちからインプラントが取り除かれれば闇さん達の支配から抜け出せますから、ETさん達とのコミニュケーションも可能になってくるでしょうね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:06 | comments(0) | - | - |
コブラ (01/21)  天界の泡
∞ 「former-spiritual-light」さんの記事に差し替えさせて頂きました。(^_^)v

 

 
 
コブラ
2019年1月21日
 
天界の泡


光の帰還瞑想の復活は大成功でした。 100〜200万人の人々が瞑想について知らされ、30万〜40万人が実際に参加していたので、参加人数はクリティカルマスの数倍にもおよびました。


 
宇宙のセントラルサンからのエネルギー波は地上に到達し、そのエネルギーは不可逆的に定着しました。
 
これにより、地上の初期異常の構造が大幅に変化し、私達は圧縮突破の次の段階、いわゆる核形成段階に入りました。 
 

(以下の部分は「former-spiritual-light」さんから部分転載させて頂きました。上記の図について説明する。これは、ホットプレートを徐々に加熱していって、そこに水滴を落とすとその水滴がどのような挙動を示すかを表している。縦軸/Y軸は熱移流(1平方センチメートルの領域を1秒あたりどのくらいの熱エネルギーが通過したかの数値の大きさを示している。横軸/X軸はホットプレート上の温度Tsurが水の沸点の温度Tsatより何度高いのか(ΔT)を表している。フェーズ気沸騰前、フェーズ兇鉢靴核沸騰/nucleate boiling、フェーズ犬遷移状態、フェーズ垢膜沸騰という状態である。核沸騰の状態では、ホットプレート上に落ちた水滴は静かに泡立ちながら蒸発していく。遷移状態では、ジュージューと音を立てながらあっという間に蒸発して消失する。膜沸騰の状態では、水滴はホットプレート上に少し浮き上がった状態で踊るような動きを見せ、なかなか蒸発してなくならない。コブラは、核生成段階/nucleation phaseという言葉を用いて、今が来たるイベントの直前の段階に入ったことを示唆したようである。図に示した熱移流限界/critical heat fluxの地点がイベント開始を象徴しているのだろう。)
 
核形成段階は、2つの動的システム間の相転移となる非常に重要な段階であり、私達は今日、地球と宇宙の解放過程のこの段階に入りました。
 
上のリンク記事の日本語版はこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%94%9F%E6%88%90
 
今、宇宙のセントラルサンからの直接の介入の結果として、天界の泡は監獄地球の内部に形成され始めました。これが可能になったのは、瞑想中の私たちの集合的意識が、地表に宇宙セントラルサンの光を集めるレンズとして作用したからです。(私達の)未来の文明は、おそらくこれを地球の意識の進化における決定的瞬間とみなすことでしょう。
 
天界の泡は純粋な光の領域であり、11次元のブレーン世界時空連続体の中に作られたすべての物質から独立して存在します。これは実際には、地表の物質界および非物質界に、闇の勢力の手が届かない小領域が形成されたことを意味します。これが光の帰還の本当の意味です。
 
これは、今からあなたの生活の中に光を創造して光に至ることがはるかに容易になったことを意味します。これは、私達がカバールと戦っているレジスタンスの段階を脱してブレークスルーの段階に入った事を意味しています。この段階においては私達は新しい現実を創造し、一方でその独自のエントロピーの重力の下で古い世界が崩壊する様子を静かに観察する事になるのです。私達はその崩壊に巻き込まれることはありません。私達は既にあらゆる状況において静かに輝く光なのです。
 
天界の泡(以下のシミュレーションでは、赤で示されている)は、ブレイクスルー(イベント)が起こるまで、監獄地球の地獄(以下のシミュレーションでは、白で示されている)の中に成長するでしょう。
 
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/92/Nucleation_of_the_equilibrium_

さて、ショックかもしれませんが、あなたが内面の奥深くで既に知っているであろう情報を開示する時が来ました。
 
イベント後のある段階において、地球の地軸に物理的なポールシフトが起きるでしょう。これは私たちの太陽が宇宙のセントラルサンと銀河のセントラルサンの活動により、小新星(訳注1)/Tタウリ型星(訳注2)となることによって誘発されるでしょう。
(訳注1:原文ではmicronova。日本語では全く情報がヒットしてこない。英語では以下に添付するYoutube動画でその内容を知ることができる。この動画でmicronovaはsuperflareと同じ意味に扱われている。superflareは日本語では超太陽フレアと訳出できよう。通常の太陽フレアの数万倍にもおよぶ強力なエネルギーを発する太陽の爆発現象である。なお、novaは日本語では新星と訳され、恒星(白色矮星)の表面に強い爆発が発生し、これにより一時的にその恒星の輝度が著しく増大する現象を言う。であるからして、micornovaは恒星のフレアより遙かに強烈であるが、novaよりは弱い恒星の爆発現象と捉えることができよう。)
 
https://www.youtube.com/watch?v=0cDWbgFjCDc&feature=youtu.be
 
(訳注2:原文ではT-tauri star。外層あるいは大気の爆発によって輝度を変える恒星の一種。爆発に伴い、強い恒星風(プラズマ(高エネルギー状態下で気体分子が陽イオンと電子に分離した状態)の一定方向への流れ)を吹き出していることを特徴とする。また、強い磁場を保有している。)
(訳者補足:天文学の定義では、micronovaは恒星に見られる現象の一つであり、T-tauri starは恒星のある特定の分類群を指すので、これらは厳密には同じものではない。コブラがこれらをmicronova/T-tauri starと併記したのは、恒星表面での大きな爆発によって生じる非常に強いプラズマ(荷電粒子)の流れのことに読者の注意を向けることを意図したと考えられよう。中学の理科で右ねじの法則を習ったことを思い出していただきたい。電流(荷電粒子の一定方向への流れ)がある所にはその周囲にらせん状の磁場を伴うのである。micronovaによって発生する強い磁場に地磁気が晒されるならば、これに狂いが生じ、ポールシフト(地軸移動)が起きるのは当然の理論的帰結である。)
 
宇宙のセントラルサンおよび銀河のセントラルサンの作用に誘発され、太陽は巨大なプラズマ波を放射し、これが地球の地殻変動をもたらし、地軸が移動し、1マイル(1609)の高さの津波を発生させるでしょう:
 
この1マイルの高さの津波は、排除される必要のある全ての不純な者どもをこの惑星の地上から効果的に一掃するでしょう。言うまでもないことですが、すべての光の島とすべての光の領域は津波によって全く影響されることはありません。なぜなら、これらの領域はイベント後にポジティブな種族によって私たちに与えられた先進のテクノロジーによって守られるからです。
 
これらの全てのことはイベントの数年後のことですから、何も恐れる必要はありません。
 
地軸の物理的な移動を伴わない、小規模ながら同じような太陽でのプラズマ現象は、歳差周期の半期で一回、あるいは一万二千九百年前に起きました。
 
カバールはこのことが起きるのを知っており、神経質になっています。なぜなら、彼らには逃げ場がないことを知っているからです。このために彼らは、自分たちがこの現象から逃れられるよう、空しい希望を抱きながら、様々な宇宙秘密プログラムを開発したのです。
 
彼らは地球温暖化という嘘情報を作り出し、来たるポールシフトの真実を覆い隠しているのです。
 

 
来たるポールシフトは彼らが隠そうとしている主要な秘密の一つです。しかし、真実は明らかになることでしょう。物理的なポールシフトに先立って起こる地磁気逆転は既に起きつつあるのです。
カバールが隠そうとしている第二の秘密は、女性性と男性性の極性間の相互作用がドーナツ状の電磁場を作り出し、これが惑星解放をもたらすクンダリーニエネルギーの誘因となるというです。
 
イエズス会の人類の性を抑圧する計画が失敗に終わったため、彼らは新しい計画を考案しました。彼らは脱極性化を図り、ジェンダー間の混乱を作り出すことによって、女性と男性のアイデンティティを混乱させようとしています。
 
男性を女性化することによって、
 
そして、女性を男性化さすることによって、
 
女性を男性化し、性的な女性の力を奪うため、イエズス会はまた、ここ数十年間メディアキャンペーンを組織化し、女性が脇の下の毛や体毛を剃ることを流行らせました。
 
脇の下や体毛は、本源的な女性の力と繋がっており、イエズス会と黒い貴族はこれを破壊しようと望んでいるのです。
 
彼らはまた、有害な衛生用品の使用を強要し、女性にホルモンバランスの失調を作り出しています。
 
純粋で歪みのない能動的/動的な男性性の電気的エネルギーおよび純粋で歪みのない受動的/静的な女性性の磁気的は、惑星解放のために必要なのです。
(訳注:男性性エネルギーと女性性エネルギーの関係は餅つきのつき手と返し手の関係と捉えればよい。最初に動くのはつき手でなければならない。つき手が蒸した餅米にエネルギーを加えてこれに変化をもたらし、これを受けて、返し手がこの蒸した餅米を整えこの変化を安定化させるのである。どちらかを欠いてもおいしいお餅はできないのである。)
 
純粋な電気的で能動的/動的な男性性のエネルギーは、トールのハンマーの重要要素なのです。
 
純粋な磁気的で応答的/静的な女性性のエネルギーは、イベントのためのコンタクトディッシュである共鳴場を作り出すのです。
 
これらが協働して聖杯を作り出すのです。
 
これらが協働してソウルファミリーのマンダラを作り出すのです。
 
今が、最も覚醒した地上人類のメンバーが、ソウルの見地に基づいて、ソウルファミリーの繋がりを形成し始める時なのです。このプロセスは既に始まっています。このことに関する更なる指示は間もなく与えられるでしょう。
 
ソウルファミリーのマンダラは光の島に住み始めるでしょう。光の島の創造プロセスは既に始まっています。アジア、ヨーロッパ、アフリカおよびアメリカで既にプロジェクトが進行中です。これに関する更なる指示は間もなく与えられるでしょう。
 
この図の文章の訳:カオスの内側に愛の神殿を作りましょう。
 
ソウルファミリーのマンダラおよび光の島は内部に作り上げられた天界の泡なのです。しかし、それは、現在の地上の状態の地獄に対して平行して存在するものなのです。それらは充分な光が存在するようになった時に具現化します。それらはこの惑星の地上における将来の離脱文明の種なのです。
 
私は個人的に私自身のソウルファミリーマンダラを創造し始めるよう導かれました。このプロセスは、プレアデス星艦隊の司令官であるセムヤーゼの導きの下で2019年の1月1日から加速化しました。彼女は実際、私のソウルファミリーマンダラに属するソウルメイトの一人なのです。


 
プレアデス艦隊は女性のソウル命とおよびこの地上における私のソウルファミリーの女性メンバーをこのプロジェクトのために準備しています。プレアデス艦隊は、彼女たちに強力な示唆的な明晰夢やヴィジョンやシンクロニシティを送信することによって、彼女たちが私とコンタクトするように準備することでしょう。これらの彼女たちのスピリチュアルな経験は、2018年3月のコンタクトディッシュの行動計画の公表から既に始まっています。しかし、これが強化され始めたのは2019年からです。
 
私たちは天界の泡を創造しつつあります。真実の女神の神秘を定着させつつあります。そして、加速化したアセンションプロセス経験しつつあります。
 
もし、私にコンタクトするように導かれたと感じているのならば、彼女たちはtutanotaのeメールアドレスを作成する必要があります。
 
(∞ Tutanota(トゥータノータ)は、2011年にサービスが開始された暗号化メールサービスである。 Tutanota間でのメール送受信は自動的にエンドツーエンドで暗号化される)
 
そして、そのtutanotaのEメールアドレスから、次のEメールアドレスまで私に連絡してください。
 
一般的な地上人類のために、私のブログからの全ての情報が、一冊の本に見事にまとめられた書籍がハードカヴァーあるいは電子書籍の形で公開されました。この本はイベントの時に非常に重要なものとなるでしょう。なぜならば、イベント前後の主要期間中の短い間に、電子システムが途絶し、インターネットが利用できなくなる可能性があるからです。この本は携帯するためには非常に便利です。
 
あなたは以下からこの本を注文できます。

https://portal-report.com/
 

 
光の帰還瞑想の報告を終えるに当たって一言。この瞬間の閃光のうちに、為されたあらゆる事はなかったことになるでしょう。
 
光の勝利!
 

∞ 「former-spiritual-light」さんの記事に差し替得させて頂きます。(^_^)♪ 
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 19:26 | comments(0) | - | - |