Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • アシュター司令部から短いメッセージ (06/28)
    mirai-michi (06/30)
  • アシュター司令部から短いメッセージ (06/28)
    nemo (06/29)
  • 9次元アルクトゥルス評議会(04/13) 新たに目覚めた人たちと残りの2020年を創造する
    mirai (04/13)
  • 9次元アルクトゥルス評議会(04/13) 新たに目覚めた人たちと残りの2020年を創造する
    yukiya (04/13)
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    mirai (11/04)
  • コスミック・ディスクロージャー シリーズ15 エピソード 3
    レッグ (11/04)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
世界の動向の予言-サイキックLJのリーディング (08/10)

∞ サイキックLJさんの8月10日最新のリーディングメッセージです。 (^_^)/

 

 

 

 


世界の動向の予言-サイキックLJ
2020年8月10日のリーディング
 


本日8月10日にアップされた動画です。
 


水晶は一晩外で浄化して準備ができています。スコットランドはとても暑く、珍しく太陽が出ています。ゆったりとリラックスして聞いてください。
 

今日はロト・ナンバーの数字は出しません。世界の動向予言だけになります。
 

今日は、ガイドのジェドが来ています。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 

ー The ELLEN Showのエレンが強く出てきます。ここ一週間ほどネット上で話題になっています。以前にハリウッドで金髪の女性のスキャンダルが起きると予言していましたが、この事です。
 


 

 

(彼女は善人のイメージでとてもよい事をするショー。人々をハッピーにするショーとして非常に人気が高いものでしたが、この番組のプロデューサーがセクシャル・ハラスメントを行っていたと36人からの告発があり、今調査を受けている事態です。)
 

エレン本人は調査対象にはなっていませんがメディアはあらゆる事を書き立てています。真実ではないものが多いと思います。
 

彼女が調査対象になるのか?何か政治的な事がからんでいるのか?これからの動向を見て行きたいと思います。
 

彼女のショーはコロナの後再開できるのか?私の感覚では、キャンセルになると思います。始まったとしても1〜2ヶ月で終わる・・
 

大きな裁判になります。男性とエレンが喧嘩になっている様子が見えます。もう一人女性の証言者が出てきます。
 

いずれ動物に関係する新しい番組をポーシャ(エレンの妻)と一緒に始めるイメージが出てきます。
 

彼女のイメージを壊す動きがあります。なぜ・・・何か政治的、キャンペーンと関係している。。彼女のファン、フォロワーは激減してしまいます。彼女に嫉妬している人達の仕業でしょう。
 

ー 私たちは皆今覚醒しようとしている事を忘れないで下さい。真実が雲に隠れる事があります。この覚醒の時期、皆、世界中の人々が自分自身の重要性、大切さに目覚めていきます。
 

ー (児童)人身売買に関係している芸能人が登場します。Amazonも関連しているようです。エレンは関係ありません。これは、世界にショックとなるでしょう。
 

ー 前回言いましたがトランプ大統領に関するスキャンダルが出ようとしていますが、成功していません。見え透いた嘘となり失敗に終わるでしょう。これからの2週間でピークを迎えるでしょう。
 

ー Cold Case(大分前の未解決事件)が再度浮上すると前に言いましたが、まだこれが見えます。3つの調査が再開します。「Steele dossier(ロシアとトランプとの関連の疑惑に関する記録書類)」が見えます。「Mueller Report(同じくロシアとの関連で調査されたロバート・ミューラーの報告書)」も見えます。「9.11」も見えます。これは年末までに出てこなければ、来年の始めの頃に出てくるでしょう。オバマの顔も今出てきました。今、水面下で多くの事が起きている様です。
 

ー ジュリアン・アサンジの顔が見えます。彼が何か発言します。この内容がこのCold Caseに関連している人々を大きく暴露する事になると強く出てきます。
 

ー マックスウェルのケースも見えます。アサンジの発言がこれにも影響を与えます。Seth Richという名前が出てきます。(7月10日にワシントンDCで殺害された27歳の男性。DNC-民主党全国委員会で働いていて何か情報をリークしようとしていた可能性が云われている。) FBIが関係している。これらの関連性が浮上してくるでしょう。全体像、大きな繋がりが見えます。全部トランプ政権を妨害しようとする行為です。3週間以内に大きなニュースが出てくると見えます。
 

ー 新たなる韓国でのスキャンダル。
 

ー 医薬品製造/研究のPfizer (ファイザー)社のスキャンダルも出てくるでしょう。
 

これが全部一気に次から次へと出てきます。
 

ー 人身売買に関して水曜日に逮捕があると前に予言しましたが、FBIが実際に水曜日に逮捕しました。
 

↓米国司法省のサイトー人身売買に関する逮捕などの報告一覧
https://www.justice.gov/humantrafficking/press-room
 

ー ヴァージニア州の法律事務所が見えます。そこに情報がリリースされています。MS13?MJ13だったでしょうか?それと非常に密に関連している11名のメンバー・・彼らが逮捕されました。児童性的人身売買に関係している人達です。見えているもの全部を話せませんが、今非常に多くの事が水面下で起きています。非常に多くのオペレーションが同時に起きています。
 

ー これから3週間の間に児童性的人身売買の大きなニュースが出てくるでしょう。米国だけでなくフランス、英国、ベルギーも関わっています。
 

ー メルケル首相の顔も見えます。何かニュースが出てくるのかも。
 

ー 有名な男性のセレブの死。スポーツカーが見えます。
 

ー ディープ・ステートは人身売買をとても長い間隠して来ました。秘密の巨大なネットワークが存在していました。
 

ー 前回言った23,24,25,26日・・非常に大きなニュースが報道されるでしょう。6と7という数字も出てきます。6日、7日?それとも今から6、7週間?かもしれません・・
 

ー これに関連した2つのスキャンダルが出てきます。3人の男性のスキャンダルが一つ。もう一つは女性一人のスキャンダル。両方とも絡んでいます。
 

ー どんどん逮捕が出てくるでしょう。全部関連しています。関連のハリウッドでの逮捕スキャンダルもまだ見えます。
 

ー 新しいサーチ・エンジンが登場します。これがGoogleに替わるものとなる可能性があります。あるいは競争し合う事になる。
 

ー Googleは次のレベルのソフトウェアの開発をしているのも見えます。これからの2年で大きな飛躍が起きるでしょう。非常に未来型の大きな飛躍です。
 

ー コンピューターのプロ達もタイピングに飽きて来ているでしょう。非常に未来型の新技術が紹介されます。もう、その方向へ進化するしかないでしょう。大きな変化が起きます。もう彼らは既に物凄い技術を持っていますが、iPhoneが少しづつ進化していく様に、少しづつ紹介されていて、その都度儲かるような仕組みです。でも、この1〜2年で非常に大きな飛躍が起きます。
 

ー AIの世界も見えます。。何か戦争が起きています。サーチ・エンジンの競争・戦いが起きるでしょう。Googleとこの新しいプラット・フォームです。この新しい方は安全なサーチエンジンになります。人々に選択権が与えられます。人々から個人情報を盗まないものです。
 

ー昨年言ったと思いますが、サーチ・エンジンのホログラフィック・テクノロジー・・・これは他のコンピューターと繋がる事になる。これが見えます・・リアル・ワールド・プログラミング・テクノロジーみたいな感じ・・非常に高度な技術です。
 

Googleとこの新しいサーチ・エンジン両方がこのテクノロジーを使います。エンジン・ループの様な感じ・・メガ速度、非常に高速で話して行く感じ(もうタイプしなくてよい)・・新しい方を選択すれば安全です。新しい方のロゴは、三色で渦巻きのデザインであると見えます。
 

ー フランスが見えます。大きな爆発が起きる。人々が高いビルから走り逃げている様子が見えます。フランスの何かお祭りの時期です。人々が集まっている時です。この爆発は地下から起きている様です。
 

ー 爆発といえばベイルートがありました。亡くなった方、負傷した方、家を亡くした方にヒーリングの祈りを送りました。これも何かただの事故ではなさそうです。中国での火事。北朝鮮での火事、アジュマン首長国とイラクでもありました。全部が24時間以内に起きています。これは非常に怪しいです。水晶に出てくる言葉は「Dodgy(危うい)」です。
 

これはディープステートが背後にいると感じます。これは第三次世界大戦です。情報戦争です。「隠されているテクノロジー」と出ます。空からのビーム。これはもっと活用されていくでしょう。
 

ー 我々は、メディアからのマインド・コントロールのマトリックスから抜け出し始めています。表面で起きている事と実際に起きている事は異なります。
 

ー ディスクロージャーは、もう直ぐそこまで来ていると出てきます。ETのディスクロージャー、ディープ・ステートのディスクロージャー。
 

ー 3つの星を見せられています。この3つの星は兄弟姉妹の星です。地球とあと2つの地球に似た星です。今の我々と似た様な状況を通過しています。そこにも人が住んでいます。地球からそんなに遠くではありません。一つは同じくらい大きさでもう一つはだいぶ小さい星。地球と同じくらいの大きい星では、ディープステートのコントロールから解放された様ですが、もう一つの小さい方は、今のこの地球よりも悪い状況です。
 

ー プレアデスの人達が出てきて、首を振っています。彼らは助けたいけれど、その星の人々の自由意思を尊重しなければいけないので、介入出来ないのです。精神的な成長の過程だからです。でもこの地球にはまだ希望があると言っています。
 

ー ディープステートは力・パワーで我々を抑え込もうとしています。トランプ政権は多くの犯罪を明らかにしていくと感じます。彼もあえて少しづつ明かして逮捕しています。ゆっくり徐々に人々がその事実を受け入れられる様にです。今から11月までに非常に多くのことが起きるでしょう。
 

ー この大きな目覚めは、楽なものだとは言いません。
 

ー 「隠されているテクノロジー」、ディープステートはパワーを失っていきます。
 

ー これが全部終わった後、人間は選択権を与えられます。
 

地球は3つのセクションに分裂されます。これは、しばらく前から見せられているのですが、クリスタルのグリッドの中にある一つの区分があります。このセクションはNew World Order となり完全に支配されてしまいます。。悪い組織の支配ではないですが一部の人々はそれを選択します。トランスヒューマニズムです。
 

今我々に起きていることは、全て我々の意思に反して、ナノ・テクノロジーを使ってコントロールしようとする動きです。我々を常にトラッキングする事が目的です。
 

もう一つのセクションにはET達が住んでいます。
 

そして、もう一つのセクションは、非常に大きくNew Earthです。独自の銀行システムがあり、光熱費なども全部無料になる場所です。自分達で野菜を育ていて、今の様にコントロールされていません。
 

1000年後には、テレポートが自由に自然に出来る様になっています。
 

クリスタル・グリッドの中にいる人達は、デバイスを使って旅行する様になります。
 

ですから一つのセクションは、今のプレアデスの一部と同じ様に自由で強制されない状態です。人権が尊重されてます。
 

今、我々がやっている事は未来の世代のために自由を獲得するために戦っているわけです。
 

今は、食べ物、薬、注射、空気中に入っている要素によって我々に密かに許可なしに入れられてコントロールされていましたが、これからは自分の意思で選択が出来ます。
 

今、ワクチンの注射でナノを入れようとしています。(それを打つ事を選択するとOne World Orderに行く事になる)。選択権があります。
 

良いセクションを選択すると星々の家族と一緒に暮らし始めます。非常に凄い変化が起きます。だから今しっかり地に足をつけてグラウンディングしていく必要があるのです。
 

ー このウィルスは心配する必要はありません。勿論注意する必要はありますが、ニュースの報道は過剰なので信じない事。
 

ー 「検査を受けるな」と出てきます。これで感染する・・このニュースも出てくるでしょう。
 

ー メルボルンが見えます。今のロックダウンの状況です。英国でも出る様です。第二の大きなパニックです。
 

ー 今の状況はNew World Orderが支配しようとしている事態を目撃しているのです! Noと言っていきましょう!
 

ー 検査結果も嘘であり、これも注射し、人々をコントロールする目的です。検査にNoと言いましょう。
 

ー みんなで力を合わせてNoと言っていく事が大事です。
 

ー DWAという文字が見えます。何の事かわかりませんが・・人の名前?場所?何かこれに関する情報のリークが起きます。
 

ー マイケル・フリン(元国防情報局長官)が見えます。軍隊が行進しています。米国と英国の半旗が見えます(弔意を表す)。人々が敬意を表している姿が見えます。
 

これが米国の人々がコントロールを自分の手に戻し始める合図になります。そこから、その流れが世界に広がっていくでしょう。
 

ー インドへの忠告。悪天候、悪天候・・サイクロンか何かでしょうか。
 

ー 米国、カリフォルニアにもハリケーンの忠告。
 

ー 小さな島、クリスマス、問題が起きる。モルジブでしょうか・・とても小さい島。。同時期に大きなニュースー大きな船から人々が逃げようとしている。
 

ー まあ、とにかく今年は暮れまで大きなニュースがどんどん出るでしょう。これから2〜3週間以内にも大きなニュースがあるでしょう。
 

ー 英国と他の国でのまた暴動があるでしょう。
 

ー サイバーアタックも起きる。
 

ー 空からのビーム。ETからではありません。これが起きたら家の中に入るドアを閉めて。鍵を閉めて。ドアを開けてはいけない。
書類に署名する様に求められますが、署名してはいけない。
 

パニックにならないで欲しいのですが、これは、非常に強くずっと出てきます。
 

これに関連する数字が出てきます。5、7、17、9、10,11,12。。月からもしれません。。日付と混ざっているかも・・


ー 世界中でクレージーな悪天候が年末から来年にかけて起きるのが見えます。大きく世界が変わっていく・・
 

ー 薬に関する大きなニュースが出ます。わざと誤った情報が流されていた内容。Dr.ファウチの顔ともう一人の医者の顔が見えます。調査が始まります。
 

ー このウィルスに関連したもう一つの薬に関するニュースも出てきます。かなり大掛かりな調査が起きます。
 

ー ビル・ゲーツに関する大きなニュースが見えます。非常に不思議な内容です。
 

ー イーロン・マスクに関する大きなニュースも出てくるようです。レーシング・カーに関係する。
 

ー T, G, Bという文字が出てきます。これに関係しているのか?
 

ー ロバート・ミューラー(元アメリカ連邦捜査局長官、ロシア・トランプ問題に関連していた)が世界的な大きなニュースに登場。
 

ー わあ〜 これは酷い・・子供の顔のポスターがそこら中に見えます。"Global inoculation"「世界的接種」と出てきます。
 

ー 「プロテクト」と出てきます。Noと言って下さい。
 

ー 非常に多くの検査が今起きています。見えないフォースが動いています。何百年と続いています。
 

ー アイフルタワーも見えます。全部つながっています。ブレグジット, 英国のEU離脱、英国の国会・・全部つながっている・・全部崩壊していくでしょう。ジュリアン・アサンジが鍵を握っています。すべての犯罪が暴露されていきます。
 

ー 良い未来に行けるという希望とパワーをもってキャンドルに火を灯してください。人類のために、自由のために、選択の自由のために。
 

ー 日付が出て来ました。8月13日と9月2日。9月22日にキャンドルを灯して下さい。豊な地球と人類、動物、木々、空気全ての自然界にも祈りを捧げてください。ガイアを守るため。
 

このキャンドルが世界中で灯される事で我々は一丸となってパワーを放っていく事になります。
 

みんなで一丸となって気を強くもっていきましょう。
 

皆様に守護のフォースがついている事を祈ります。


----------------------------------------------------------------------------------------------

 

マータ
 

東京の感染者数が増えているのも検査を沢山し始めたせいです。
 

調べたら血液検査ですね。針を刺すという事・・この針にウィルスがついている可能性がある??
 

検査の判定結果も正しいのか怪しいもんです。
 

すべては最終的にワクチンを打たせて、ナノを体内に入れAIでコントロールするのが目的の様ですね。
 

ルイーズさんの顔色も元に戻って良かったです。(^^)
 

これを読んで、なんだか年末まで早送りにしたい気持ちになりました。
 

8月13日と9月2日。9月22日に私もキャンドルを灯して、祈ろうと思います!
 

☆ FaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。↓

https://www.facebook.com/mayet.maat.9

「真実の泉 - ディスクロージャー」
 


∞ 多くのタイムラインが交錯しているような感じなので、人類に最も望ましいタイムラインが早々に確定してほしいと思います。



(^_^)/

 

 

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 23:17 | comments(0) | - | - |
人身売買撲滅への活動:ホワイト・ハウスのイベント (08/06)

∞ トランプ大統領の「人身売買撲滅への活動」の状況報告です。(^_^)/
 

 

 

人身売買撲滅への活動:ホワイト・ハウスのイベント
2020年8月6日 
 


↑の画像は、今年の2月20日アップされていたホワイト・ハウスのイベントです。少し前の動画ですが、海外の友人から回って来て、コーリー・グッドが7月13日の動画で人身売買の組織の撲滅に関しては、かなり進んでいる事を言っていた関連動画だったので最後のトランプ大統領の発言だけ翻訳しました。
 


 

1:23:20あたりからトランプ大統領のスピーチの概要です。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 

人身売買から守る活動20周年記念のサミット
ホワイト・ハウスにて


トランプ大統領:
私の政権において、完全に人身売買を米国そして地球全体から排除する事に100%コミットしている。
 

副大統領マイク・ペンス、司法長官ウィリアム・バー、保健福祉長官アレックス・アザー、ユージーン・スカリア労働長官、チャドF.ウルフ国土安全保障長官代理、ステファン・E・ビーガン国務副長官などが出席してくれている。
 

大使の皆様、FBI長官クリストファー・アッシャー・レイ、フロリダとジョージア州の司法長官も来てくれている。ありがとう。
 

そしてイヴァンカ(娘)にも特別にお礼を言いたい。彼女は、この問題について非常に素晴らしい仕事をしてくれている。イヴァンカは、人身売買に関して立法上、行政上両方に携わってきている。彼女は、この事業に関連して1500万人に雇用を与えた。
 

現在、悪魔的な行為のレベルは究極に達している。彼女は、本当に心からこの問題を解決したいと頑張っている。最初は50万人くらいの雇用を作れると私に言ってきたが、その一週間後には1500万件の雇用を達成していた。実に素晴らしい!
 

今日は、人身売買から救助された人達も来てくれています。ここに出席してくれて非常に光栄です。後ほどスピーチをお願いし、握手したいと思います。貴方達の勇気を讃えます。
 

人身売買は、世界的な大きな問題だ。人身売買は、インターネットの普及が原因で非常に拡大してしまっているとウィリアム・バーから報告を受けている。
 

インターネットは良い点も多いが、悪い点も多く、この問題はその中でも最も悪い点になるだろう。
 

およそ2500万人の人々が現在、人身売買を行っている組織によって捕虜にされ、酷い目に会っている。
 

2018年だけでも全国人身売買ホットラインにおいて、2万3千人もの被害者が米国内に存在する事を分かっている。65%は女性。5人に1人以上の確率でその被害者は子供である。非常に弱い立場にある市民を狙った悪質な組織だ。
 

私の政権において、その劣悪な組織を告発・起訴し、非常に長い間刑務所に入れる事を実行している。かつてない程、力を入れている。人身売買を可能にしている巨大なモンスター組織を排除する。
 

私が大統領に任命された最初の月から情報機関の人々に人身売買を行っている組織をトラッキングする様に指示して来た。かなり多くの組織を把握し、消滅させて来た。しかし残念ながら、また違う形で組織は敏速に形成されていく。
 

2018年に司法省は、オンラインのメジャーなセックス・トラフィッキング・サイトを削除した。更に多くの非常に暴力的な犯罪を裁いて来た。これは、記録的な数に上る。この3年間でICE(移民税関捜査局)は、5000の人身売買者を逮捕した。ICEの皆様を賞賛したいと思います。素晴らしい業績です。
 

私の政権が始まった当初は、ISISは、20,000平方マイルをコントロールしており、世界で最も凶悪な人身売買の組織だった。
 

ご存知の通りISISは完全に消滅した。シリアとイラクのカリフ、イスラム帝国は完全に敗北した。何千人という捕虜にされていた人々を救助した。
 

ISISの指導者アル=バグダーディーは殺害した。これは大きな出来事だった。彼はカリフを再生しようと試みていたが、それを食い止めた。簡単ではなかった。15年間彼の居場所を追跡していて、ようやく成し遂げたのだ。
 

私は、President’s Interagency Task Forceの最高司令官に任命された事を誇りに思う。
 

これは2000年に設立した人身売買の被害者を守る保護法だ。同年11月、大統領としては初めて行方不明になっている、あるいは殺害されたアメリカン・インディアンとアラスカの先住民を調査するタスク・フォースに対する大統領命令書に署名した。特に女性と少女に関する調査に署名をした。
 

会場:拍手喝采
 

超党派の法律に関する9つの書類にも署名した。これも国内と世界の人身売買に関する法律。
 

今までの政権と比較して、最も大きな力を人身売買撲滅に注いでいる。
 

世界の政治家にももっと力を入れる様に話を進めている。皆、話すだけで実行しません。ワシントンの政治家と同じだ。だから実行する様に強く推し進めている。
 

4億3千万ドルの資金をセックス・トラフィッキングと性的労働の撲滅に充てる事を認可した。
 

2021年の予算でもそれは引き継がれ、予算を増していき、この犯罪への調査・起訴を強化していく。
 

どう報道されても、何を耳にしているのか知らないが、人身売買排除に我々が最も大きく貢献しているのは事実だ。
 

会場:拍手喝采
 

今月は、人身売買、奴隷性を防止する月とされている。この月に新たにもう一つの執行命令に今から署名する。これは非常に大事なものだ。国内、各州に対しての人身売買、児童に対する売買に関する監視と調査を強化す対策だ。私は多くの問題に取り組んでいるが、この問題に関わる人々ほど、熱意を持って仕事をしている人々は類を見ない。ウィリアム・バーとFBI長官クリス・レイを筆頭に多くの素晴らしい法律関係のメンバーが従事している。
 

この予算は、防止対策のプログラム、教育、被害者の住居の確保などあらゆる面において活用され、インターネットにおける児童のセックス・トラフィッキングを最大優先し排除させていくつもりだ。
 

ここホワイト・ハウスにおいても、人身売買だけを専門に担当するスタッフを設ける。これが非常に重要である事を人々に知らせたい。
 

会場:拍手喝采
 

英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドと協力し合い、インターネットにおける児童のセックス・トラフィッキングを撲滅させるような、かつて無い細かいルールを設けた。人々は、大きなハートと情熱をもって実践している。
 

これまでの大統領は、こんなに大きなタスクと予算を使って、この問題に取り組んでいなかった。この犯罪に関わる人々を一人残らず逮捕し、被害者を救助するまで、諦めずに最後まで実行していく。
 

1:37:51
米国における人身売買撲滅の諮問委員会の新しいメンバー:ベラ・ハナケー:勇敢な人身売買からのサバイバーをこれから紹介します。
 

ベラ・ハナケー:
「トランプ大統領とMs.イヴァンカ、ホワイト・ハウスにこのイベントを開催してくれた事に感謝いたします。私は13歳の時に、この国に連れて来られました。人身売買の組織により、他19名の少女達と来ました。その後孤児院に連れて行かれましたが、このネガティブな経験によって、今日の私という存在価値を定義したくありません。今日、私は大学を卒業したアメリカ市民となり、人身売買撲滅の諮問委員会の新しいメンバーとなったのです。この委員会は、サバイバーをエンパワーメントするものであり、他国のモデルとなるものです。政府の高いレベルに影響する実践的な方法を提示していくものになります。被害者が人生を再構築していける様なプログラムを設け、ただネガティブな経験により自分達の存在価値を定める事のない様に努めていきます。そして、政府と協力して人身売買に関して戦っていきます。これを聞いている被害者の皆様へ:どんな事が起きていたとしても自分のせいではない事を知って下さい。だから恥だと思わないで下さい。年を取り過ぎて遅いという事はありません。見失いすぎている、壊れすぎていると思わないで下さい。今からでもヒーリングは可能です。希望を持つ事がキーポイントです。小さな種となります。希望が貴方を救います。希望を持ってください。そして何よりも大事な事は、貴方は一人ではないという事を知って下さい。
 

貴方は一人ではない。貴方は一人ではない。
 

ありがとうございます。
 

God Bless America」
 

会場:全員総立ち。拍手喝采
 

副大統領マイク・ペンス:
ここに出席して下さった熱意ある皆様と大統領にお礼を申し上げます。人身売買爆滅にもっとも大きな力を注いでくれた初の大統領です。そして、その政権の中で最も大きく貢献してくれているイヴァンカ・トランプにここでもう一度盛大な拍手をお願い致します。本当に貴方の熱意と実行力に感謝します。
 

これから若いアメリカの人々がインターネット上でどの様な事に注意して行くべきなのか?このプログラムで提示していきます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 

FaceBookに投稿していた記事もこちらに掲載しておきます。
 

7月25日と27日の動画より:トランプ大統領は、4つの執行命令に署名した。何十年と米国では処方箋が必要な医薬品が破格の価格だったがそれを大幅に減少させる。30%から80%の価格の減少。他国では全く同じ薬が半額以下で買えるのに、何故か米国では、世界一薬の値段が高かった。
 

それは中間商人が非常に大きな利益を取っている事が大きな要因だ。それが誰なのかも全く明らかになっていない。おそらくPalm Beachにいて、私の知り合いである可能性の高い人達だ。(会場:笑) 私は、この数日信じられない程多くの電話を受けた。もう何年も話していなかった人達もいる。これをやめた方が良いと提案してきた。
 

彼らは非常に裕福だったが、もうその時代は終わりだ。

低所得者もインスリンやエピペンが買える様になる。
 

https://www.youtube.com/watch?v=ruHhC0hyqLI
https://www.youtube.com/watch?v=IApZGdU0bz8
 

14:57:03 | トランプ大統領の業績
----------------------------------------------------------------------------------------------

マータ
 

どんどん進めて行ってほしいプログラムですね。日本やアジア圏でもしっかり実施して行ってもらいたいものです。
 

地球はアセンションをすませて8月8日のライオンズ・ゲートを迎えます。
 

かなり今強い宇宙線が地球に注がれているので個人的にもきつい感覚がありますが、悪者がどんどん炙り出されていく事にもなると思います!
 

良い世界・良いタイムラインにしっかり軌道を合わせて行きましょう♪


☆ FaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。

https://www.facebook.com/mayet.maat.9
 

自分で日々出来るヒーリング法、瞑想法、呼吸法を紹介しています。
 

〜覚醒への準備〜
 

インカのヒーリング法のブログはこちらです。
https://blog.goo.ne.jp/apu-medicina
 

梅雨明けて、暑い夏がいよいよ本格到来!どうぞご自愛ください。

* おまけ:ちょっと笑えるミステリー・サークル発見(^^)


 


∞ 「人身売買」は以前から行われていたのですが、その実態が明らかにされることは殆どありませんでした。それが今、トランプ大統領によって、クローズアップされつつあります。
 


(^_^)/

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 19:36 | comments(0) | - | - |
世界の動向の予言-サイキックLJ (07/30)

∞ 前回UPした2つの予言と重なる部分が多いようです・・が。(^_^)


 

世界の動向の予言-サイキックLJ
2020年7月30日
 


今夜は、ちょっと不思議な感覚があります。何かおかしな情報が入ってくる感じがしています。では、ゆったりとくつろいでお聞き下さい。
 

----------------------------------------------------------------------------------------------
ー 前からも言ってますが8月、9月は大きな変化が起きます。
 

ー ワクチンが義務的に強制される様になるが「NO」と出てきます。打ってはいけないと出てきます。
 

ー 人間としての人権があります。
 

ー IPhoneが出てきます。このテクノロジーが我々に有効的である場合と反対に利用される場合があります。
 

↓は「ワクチン」の接種拒否について述べています。
 

ー もしも(ワクチンを)強制的に打たないといけない場合には、医師のところでスマホで録音しながら、次の事を質問して下さい。
 

「このワクチンの中に入っている成分が記述されている書類を見せて下さい。(写メを撮る)もしも万が一何か問題が起きた時には、この製造元を告訴する事はできますか?」
 

これを医師に質問して下さい。調べたところによると告訴出来ないとされています。
 

彼らは、私たちの体内に毒を注射しようとしているのです。そして、何が起きても告訴出来ないとしています。
 

人権として、仕事に行ってはいけないとか、海外旅行をしては行けないという権利は政府にはありません。
 

皆で一致団結し、自分の権利を主張して行く必要があります。
 

これは、非常に深刻な状況です。
 

今年は、真実を伝える年です。これは忘れないで下さい。
 

最初に若い家族が標的になるでしょう。これがニュースに出て来ます。
 

人権に関するニュースで世界中で流れます。
 

ー これは、とても不思議です。世界中で人々が水のボトルを持って並んでいる様子が見えます。
 

ー 人が橋の上で並んでいます。これが上と関連しているのか、違う出来事なのか分かりません。同じ時期になると思いますが、何か大きなニュースが出るでしょう。
 

ー トランプ大統領も今起きている事態をある程度理解していると思いますが、先日彼は、I wish you well (貴方の幸せを祈る)。。とちょっと皮肉っぽく言いました。この相手の女性がニュースに出てくるでしょう。Mというイニシャルの人です。(ギレーヌ・マックスウェルの事
 

[∞ ギレーヌ・ノエル・マリオン・マクスウェル(Ghislaine Noelle Marion Maxwell、1961年12月25日 -)]
 


 

1991年に父親が死去してからアメリカ合衆国へ移住し、投資家で有罪判決を受けた性犯罪者のジェフリー・エプスタインと懇意になった 。 ギレーヌは、2019年にエプスタインが勾留中に自殺した後に行方不明となっていたが、2020年7月2日、性犯罪目的の未成年者誘拐・斡旋共謀などの容疑で逃走先のニューハンプシャー州で連邦捜査局に逮捕された。(Wiki)]
 

この件のトランプの記者会見の(25秒)動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=JLXFgtbl-80
 

ー 病院が見えます。マックスウェル?ディープ・ステート?コロナウィルスにかかったのか?何かその関連のニュースが出てきます。
 

ー 英国と米国で人々が行進しています。軍が出動しています。
 

ー 3つの大きな事件が勃発するでしょう。2つはおそらく大統領選挙前で1つは選挙後。
 

ー 3つの大きな事件が起きるので、家で食べ物を貯蓄して下さい。怖がらせるつもりで言っているのではありませんが、準備すると良いです。
 

ー 前にも言ってますが、ランボーが、道で出てくる。。。ドアを閉めて、ロックして下さい。
 

ー 27,28日、19日、9月10月・・3、4つのビッグ・ニュース。17と7.
 

ー 連邦政府と世界銀行が見えます。3・・・週間後?日?月?分かりませんが、大きなニュースが出てくるでしょう。
 

ー パウエル(たぶんジェローム・パウエル)連邦政府のトップ(理事会議長)が出てます。
 

ー 「エアーバス」という名前が出てきます。会社の名前なのか?分かりませんが・・
 

ー どこからか、凄い人々の行列が見えます。トランプはこれを止めようとしている。世界銀行に関係している。銀行のシステム・・表のシステムと裏のシステム・・資金洗浄のことかもしれません。
 

ー ヨーロッパで中国人の行列・・これは、香港の問題に関係しています。中国が香港をいじめている件、境界線問題。
 

ー インドでも中国人が行列になっている・・全部関連してます。でも主流メディアでは報道されません。
 

ー 基本ヨーロッパの銀行は破綻・・・米国もかなり資金を提供していると感じます。トランプは、このシステムを変えようとしている。ヨーロッパの銀行は返済が出来ないので、システムを変える必要がある。多くの汚職が表面化する。
 

ー 中国は、これに関して激しく避難される。メディアは、ちょっと捻った報道をするでしょう。トランプのせいにする様な報道になる。
 

[∞ 2020年9〜10月の時点でもトランプは大統領職にあるようでね。(^_^)♪]
 

ー これに関連して、一人の女性と二人の男性が厳重に調査されている様子が見えます。
 

ー これは、本当に大きな大きな問題です。非常に大きな汚職問題が浮上して来ます。3〜6週間?ヶ月?に出てくるでしょう。
 

ー 10月11月、サイバー・アタックが起きる・・・暗闇・・これは水面下で起きている戦争です。権力と強欲の力・・全ては計画に則っている。
 

ー 3〜4週間以内にトランプ大統領に対して大きな告発が出るでしょう。彼は常に非難されていますが、これは大きなニュースになるでしょう。サリバン裁判官とフリンも一緒に名前が出てくる。
 

日本語関連記事:
https://yuukou-exp.plus/obamagate-doj-bar-order-dismissing-but-sullivan-rebel-against-order/
 

[∞ タイトルに「フリン元中将の起訴取り下げ命令に危ない橋を渡ってまで抵抗する担当裁判官」とあり、内容的に興味深い。(^_^)]
 

ー 9月27,28日29日、14,4,11,12日・・大きなニュース:フリンの汚名は晴れる。10月11月にも大きいニュース。ナンシーペロシーの顔も見えます。
 

ー アムステルダムが見えます。船、クレーン、海関連のニュース。

 

ー ネットワークが崩壊していくと、次から次へと問題が浮上していく感じになります。

ー ロンドン・・馬車が見えます・・悲しいニュース(王室の誰か?)
 

ー 著名な男性・・非常に筋肉質なマッチョな人が児童人身売買の実態を暴露する。これに関連した殺人のニュース・・ロンドンから出てくるでしょう。
 

ー ナイジェル・ファラージ(イギリスの政治家)の大きなニュースが出る。
 

ー class action lawsuits (集団訴訟)という言葉を覚えておいて下さい。これが中国に関する大きな問題を表面化していきます。
 

ー 製薬会社の大きなニュースも出てくるでしょう。米国、英国・・まあ世界中に関係してますがディープステートにとっては良からぬニュースになるでしょう。2つの大きな事実が明るみになります。
 

ー 保険会社の汚職/詐欺ニュースも出るでしょう。銀行のシステムに関連してます。
 

ー ロト・ナンバーが出てきました。4つのサインに分けてます。これは遊びだと思って下さいね。
 

風のサイン:11,1,14,9,29,26

水のサイン:21,27,46,43,19,5

火のサイン:6,16,24,2,22,36

地のサイン:25,12,28,27,16,17
 


 

 

ー イルカ・カリフォルニア、オーストリア。。。海のニュース ・・サメのアタック ニュースが出てくるかも。
 

ー まだデモの中で危ないことが起きると出てきますので注意して、参加しないように。
 

ー ニューヨークとロンドン、フランス、カナダ、ワシントン、ルイジアナ、カリフォルニア、フロリダ・・デモに注意
 

ー 医師・・大きな船・・偽証・・関連したニュース
 

ー 前にも行ったけど、アメリカの政治の暴露が出ると過去のケースに関連してロンドンも暴露されていきます。
 

ー FBI ・・書類・・共謀・・ロバート・モラー(2001年9月4日から2013年9月4日に6代目アメリカ連邦捜査局長官を務めた)・・・これは、まだ核心に触れてない・・もっと深い
 

ー 二人のブロンドの女性が逮捕される。一人は政治家。一人はメディアの人・・今年中に出てくると思う。
 

ー またウィルアム・バー(米国司法長官)が出てきます。。何かアナウンスします。
 

ー ショックの大きい報道が出てきますので、心の準備をして下さい。パニックにならない様に。これは嘘です。これは3週間続くでしょう。でもパニックにならない様に。真実ではありません。これを覚えておいて下さい。
 

ー トランプは、これに関連して、急遽選挙活動のイベントを変えていきます。とても賢い戦略をとるでしょう。
 

ー 情報戦争です。
 

ー 前にも言った通り、多くの医者達が真実を語り始めています。もっと証拠が出てきます。数字の操作がされています。我々も気を引き締めて、強くいる必要があります。
 

ー また飛行機の事故が見えます。まだこれは起きる様です。軍人達が立っていて米国のテレビで世界に向けて何か報道がされるでしょう。
 

ー ダーク・ナイト・・夜にFBIが家を取り巻く。。前にも言いました。。ハリウッドで誰かが死にます。
 

ー トランプがこれに関して記者会見します。これは児童人身売買に関連しています。
 

ー 軍の秘密のミッションが今密かに実行されています。次の3・・週間?ヶ月?にこれは公表されるでしょう。児童人身売買に関連する大きなネットワーク。
 

ー 子供に関連したチャリティー団体の真実が暴露されます。これも関係してます。

映像が薄れていきます。
 

ー これは不思議ですが・・なぜかバディ・ホリー:アメリカのロック・ミュージシャンが見えます。小型機の墜落事故により死去。1959年(22歳没)・・・これは、他にも有名人が飛行機事故で死ぬという意味でしょうか?なぜ出てきたのか不思議です。JFK Jr.も見えます。。これはどういう意味なのか? 時々スピリット達は、謎謎を出してくるので、また飛行機事故があるという事なのか?過去の事件の真相が明るみになるという意味なのか? 海・・ヘリコプター・潜水艦も見えます。
 

今日はこの辺で終わります。
 

どうか皆様、安全に過ごして、気持ちを強くもって行って下さい。
 

サイキックLJでした。
2020-08-03 08:37:36 
 


 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

マータ
 

前の数回で繰り返し言っていたことが多かったと思いますが一応訳しました。
 

7月30日にアップされています。

https://youtu.be/_BgNNVz3WBE

 

サイキックLJについて:
 

今日はちょっと顔色が悪くお疲れのご様子でした・・家のリノベーションとリーディングで忙しかったと言ってましたが、この前の週にゴースト・ハンティングをスコットランドの町で夜している動画がありました・・・やっぱり、それが良くなかったのではと思ったり・・(^^;)
 

☆ FaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。
 

https://www.facebook.com/mayet.maat.9
 


∞ 前回の予言とダブりはありますが、新規情報も多いですね。
 


(^_^)/

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 11:56 | comments(0) | - | - |
「キャピトル・ヒルで起きている誤報とコロナの偽情報を打ち消す」

∞ 「米国医師達が語るコロナ・ウィルスの偽情報と医療組織の問題」というタイトルの記事です。
 

 

 

最初の女性-救急医学専門医師/弁護士 Dr.シモーン・ゴールド
 

 

 

「キャピトル・ヒルで起きている誤報とコロナの偽情報を打ち消す」
 2020年7月29日
 

 

 


 

 

↑こちらの動画では、最初の女性医師シモーンが話す部分はカットされてしまっていますが、FaceBookにはアップしています。

以下、概要です。


----------------------------------------------------------------------------------------------

「これは2005年にNIH- アメリカ国立衛生研究所が発行したウィルス学の記事に書かれたものです。Covid-19はSARS-Cov2としても知られています。これについて、中国から来たウィルスであり、呼吸器に強く問題を起こすとあります。そして研究結果としてクロロキンガ効果があったと記載されています。Dr.ファウチが当時ディレクターをしていたのです。彼が書いた記事ではないですが、彼が所長をやっていたのですから、当然知っていたはずです。
 

このこれはまさに今起きている事ではないですか?つまり、ずっと前からコロナ・ウィルスはあり、その処方の仕方、何か効くかも分かっていたのです。もうずっと前からあったウィルスなんです。でも何故か新しくCovid-19という名前をつけられました。なぜ新しく名前をつける必要があったのでしょうか?
 

もうずっと前からあったウィルスであり、処方法もあったのです。
 

2005年のNational Institute of Health -アメリカ国立衛生研究所が発行した記事を読んでください。
 

では、次に私の同僚である小児科医Dr.ロバート・ハミルトンを紹介します。」



 

 

 

Dr.ロバート・ハミルトン:「シモーンありがとう。私の名前は.ロバート・ハミルトンです。カルフォルニア州サンタモニカで小児科医として36年間仕事に従事して来ました。
 

私は一般市民であり、どこかから資金をもらって出てきたのではありません。何の紐もありません。(笑) どこかの代表として来ている訳ではありません。完全に個人的に来ています。
 

子供に関して説明します。
 

#1. 子供達は、大きな問題にはなっていません。全体で0歳から18歳の子供の感染率は現在8%となっています。現在14歳以下では、36名の子供がコロナウィルスの原因で死亡したという報告がありますが、致死率は1%の5分の1くらいですから、非常に低いです。
 

#2. 子供から大人には移っていない事が分かっています。
 

欧州22か国では、既に学校は再開しており、大きな感染者数の増加は起きていません。
 

数日前に韓国で感染者数が増加しているという報道がありました。韓国での調査では10歳以上の子供は、大人にも感染させるというデータがあります。ただそれは家の中で起きています。韓国はほとんどがマンションであり、密度が濃くなる事もあります。しかし、学校はもっと広いわけですから、学校での感染の心配はさほど無いと言ってよいと思います。
 

学校を再開してほしいというご両親が多いと思うので、ここで申し上げます。
 

UTLA - ユナイテッドティーチャーズロサンゼルス(ロサンゼルスの教師組合)の書類を読み上げる- 要するに全部お金が絡んでいるのです。感染の懸念ではなく、もっと理由をつけてお金をくれと言っているのです。閉校はコロナが原因ではなく、もっとお金を要求する教師達の組合のせいです。
 

*ユナイテッドティーチャーズロサンゼルスは、ロサンゼルス統一学区の管理職以外の認定スタッフの代表です。 1970年より前は、ロサンゼルスの初等中等学校の教師は主に、全米教育連盟の地元住民と、全米教育協会に所属するロサンゼルスの関連教室教師によって代表されていました。
 

学校では、常識ある対処法をとりながら、授業を再開する事は何の問題もないと私は考えます。
 

カリフォルニア州の親達は、もう本当に疲れています。子供達もZOOMの授業は、あまり上手く行かないと言っています。親の間では、mini Podという同じ様に感じている親達が集まり、小さい学校システムを始めようとしている動きがあります。UTLAは、これに対して正統な教育の方針ではなくなると批判し、親達に罪の意識とか恐れを与えようとしています。もしもこのmini Podが発展して行けば教師達は仕事を失う事になるでしょう。それを言いたいです。
 

The same storm but different boats The safe but equitable conditions for starting LA USD in 2020 and 2021
https://www.utla.net/sites/default/files/samestormdiffboats_final.pdf
 

にUTLAの教師達の発行した記事があります。
 

Dr.ゴールド:「Dr.ハミルトンありがとうございました。学校も教育者達内で起きている政治的な問題が絡んでいるという事ですね。すると本来は、子供達は学校に行っても問題ないと言う事ですよね?」
 

Dr.ハミルトン:「スコットランドのMark Woolhouse (エディンバラ大学医学部獣医学部のアッシャー研究所の感染症疫学の教授)が言ってますが、子供から先生へ感染したケースは、世界中で1件も報告されていません。例え1件だけあったとしては、そんなに問題ないと言う事ですね。子供達を学校に行かせる事の方が大事だと思います。」
 

Dr.ゴールド:つまり子供達には「Don't worry Be Happy- 心配しないで、楽しくやろう」 ですよね?
 

Dr.ハミルトン:「その通りです。mini Podの発展をみていきたいと個人的には思っています。」
 

次にDr. マーク・マックドナルド小児専門精神科医です。彼は今子供達に何が起きているのか経験豊富です。
 

27:30〜


 

 

Dr. マーク・マックドナルド: 今多くの子供達が精神的に病んでしまっています。不安・うつ状態・自殺願望・自虐行為・性的暴行を受けている・暴力的になる・パニック衝動・・・・多くが起きてしまっています。
 

ある家族がビーチに行こうと言いました。すると娘が「ビーチにはいけない、沢山人がいるから」と足を引っ張りました。このパンデミックが起きる前は、この女の子は普通の健康的な子供でした。
 

今起きている事は、ウィルスのパンデミックではなく、感情のパンデミックだと私は言いたいです。
 

この感情のパンデミックは、「恐れ」を中心軸に発生しています。恐れは、実際に起きています。しかし現実には大きな問題が起きていないのに、恐れが蔓延してしまっているのです。ご家族に実際のデータを元に話していますが、受け入れる家族と受け入れない家族がいます。あまりにも多くの誤った情報が流されているからです。
 

子供達は外でも遊べない、スポーツも出来ない。家から出られない・・家でお漏らしをしてしまう様になったり、太ってしまったり、ストレスが強くなっています。先週は、家で兄妹がナイフを持って喧嘩していて、警察が呼ばれた事件もありました。
 

私は、これは児童虐待であると考えます。
 

学校はあと一年閉校にすると聞いて、この親は泣いていました。シングル・マザーで仕事に行かなといけない。ベビーシッターを雇うお金がありません。多くの移民達は、今子供達を自国へ帰しています。母国では学校に行けるからです。米国にいては、もはや子供達の安全は確保できないのではないかと思っているからです。
 

何故これは起きているのか?何故パンデミックは米国で起きているのか?
 

私の意見では、良からぬアライアンスがある種の政治家、ある種のメディア、ある種の特別な興味を持っているグループと手を組んでいると考えます。UTLAは、非常に政治的にパワフルなグループでカリフォルニア州では最も権力を持っているグループです。最も大きく政府に、州に、市に資金提供をしている組織です。教師の労働組合です。彼らは、もしも学校に子供達を行かせたら、みんな死ぬと親達を脅しています。みんなが死ぬ前に教師達が全員死ぬと言っています。これは、エラーではなく、ナイーブではなく、嘘です。これは、悲観的に操ろうとしている嘘です。
 

子供達をネタに自分達が利益を得ようとしています。邪悪です。
 

我々は、米国は3月に最大に過ちを犯したと思っています。学校を閉鎖にした事です。学校を閉鎖にした事で親達は仕事に行けなくなりました。仕事に行けないと経済も発展しません。選択権を失われ、政府に依存するしかなくなりました。
 

前に進む為には、まず大人が「恐れ」を手放す事から始めないといけないと思います。
 

もしも皆がそれを実行しなげれば、米国は失敗に終わり、悲惨な事態となるでしょう。とても限定された未来となります。
 

ですからメディアの報道、政治家の言っている事、教師の労働組合が言っている嘘を聞き入れない選択をして下さい。
 

彼らの目的、意図は貴方と貴方の子供達の為ではありません。自分達の利益の為に嘘をついています。
 

「恐れ」を押し出して、正しい選択をして下さい。それが出来たなら、このウィルス問題は安全に簡単に効果的に通り抜ける事が出来ます。ありがとうございます。
 

Dr.シモーン・ゴールド:Dr. マックドナルドありがとうございました。私も毎日親御さん達からメールをもらいます。子供達を学校に行かせて良いのか?という不安の声です。私の答えは、子供達は、はい、学校に行かせても大丈夫です。問題なのは、教育側のシステムが汚職されているのです。
 

今は子供達に関するお話しでした。次に高齢者に関して医師たちから意見をもらいます。
 

51:17〜


 

 

Dr.テラン・クラーク:「こんにちわ。私は、南カリフォルニア州の神経内科医です。主にアルツハイマーや痴呆症の患者を診ています。多くが高齢者の患者さんです。彼らを代表して、高齢者をどうやって社会復帰させるかについてお話したいと思います。
 

今、ロックダウンが起きて、高齢者の行く施設でも全てが停止してしまっています。野外での体操なども中止になってしまっています。痴呆症患者にとって、最も重要なのが運動する事とソーシャライズ(社会的交流)なのです。その二つを奪われてしまうと病状は悪化します。
 

また再開するのは、早すぎるのでは?という声もあります。感染者が増えていると言いますが、コロナの判定が陽性でも実際には症状が出ていない人が殆どなのです。高齢者に対しては、弱者ですから社会に戻す事は、常識をもって安全な形で対応して行く必要があります。
 

施設にいる高齢者達は、家族と3ヶ月も会えないでいて、監獄に入っている様な気分になっています。
 

WHOがこのウィルスが空気感染症であると言った事で、人々は空気に充満していると受け取ってしまいました。ですから、外も危険で外で運動する事を恐れてしまっています。ただ外で運動しても感染する事はありません。運動させる事は非常に大事です。それから社会交流に関しても、距離を保ちながら、ただ縁側で人が通るのを見ているだけでも良いですから、出来るだけ部屋から出る様時間をとってあげて下さい。
 

免疫力を高める為にメラトニンは非常に大事です。ですから十分な睡眠を取る事。ビタミンDは、多くの科学的証明がされている通り、呼吸器の感染防止と感染してもその期間を短くする、あるいは重度にならない様に防止する策として良いです。
 

カルフォルニアでは太陽がサンサンとしていますが、私の患者では多くビタミンDの不足が見られます。ビタミンDを十分に取る事で免疫力を高める事が出来ます。ビタミンCも言わずともとても大事です。後、私が多くの患者に薦めているのが、ケルセチンとZinc(亜鉛)です。ケルセチンとはフラボノイドの一種で玉ねぎと赤ワインに多く含まれていますが、患者に必要な量を摂取する為に玉ねぎと赤ワインを多く摂取する事は薦められないので、サプリが良いです。このサプリは何をするかというと、患者に説明する方法としては、細胞の中に入ってくるウィルスや寄生虫などを膜でゴミ袋を作り排泄してくれる機能を持っています。このサプリを摂取して、まず起きる事は、白血球の中のPhを変えて、ゴミ袋にウィルスをいれ排泄してくれます。
 

もしも、そこでウィルスはゴミ袋に入れないと他の細胞にも広がっていき、人々にも感染していくので、最初にゴミ袋に入れてしまい排泄してしまうのがベストです。
 

亜鉛もコロナの研究をされている方ならよく知っていると思いますが、初期症状には非常に有効です。ケルセチンを同時に摂取する事で亜鉛を細胞に入れてくれます。ウィルスは、生き延びる為に酵素を必要としますが、亜鉛はそれを止めてくれます。
 

ですから、他の薬を飲んでいる方は医者に相談する必要がありますが、この二つのサプリを摂取する事も高齢者をコロナから守る事になります。

(ケルセチンは、iherb.com https://jp.iherb.com/で購入可)
 

Dr.シモーン・ゴールド:ありがとうございました。私も両親が自宅で軟禁状態です。ずっと家にいると喧嘩が起きたり、ストレスで色々な問題が起きてますね。安全に外で運動したり、サプリを摂取する事で精神の健康も守っていかないといけません。
 

私は病院の緊急治療の部署にいます。実際に咳があるとか熱が出たとかで心配してくる患者は多くいますが、重症になる人は非常に一部の人だけです。ロックダウンをする程の問題のあるウィルスではありません。殆どの人は、感染していても症状がなかったり、あっても軽症です。
 

人間としての権利、自由に仕事をしたり、出かける権限があるはずです。その権利を殆どの人にとって、そんなに危険ではないなウィルスの為に諦める必要はありません。
 

次にDr.Armstrong(アームストロング)にもう少し弱い高齢者に対して、どうしたら良いかを聞いてみたいと思います。
 

1:37:00〜 (電話通話のみ)


 

 

 

Dr.ロビン・アームストロング:「お招きありがとうございます。4月2日にテキサスの高齢者施設において86名の感染が確認されました。31名のスタッフと55名の入館者でした。これは、非常にショッキングな出来事でした。ワシントンやルイジアナで老人ホームでの集団感染で多くの方が死亡したという報道があった矢先でした。病院に連れて行くべきか考えたのですが、それも患者にとっては恐怖だったのです。ですので、中国やフランスで行われた対処法を採用して自分達の施設内で治療してみる事にしました。毎日医者2名と看護師を数名常勤させました。ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンと亜鉛を使いました。これは、ずっと以前から使っている薬/サプリであり、副作用もなく非常に安全であると分かっていました。酸素飽和度をモニタリングし、95以下になった、あるいは熱が発症した時にこの薬を飲ませました。クロロキンが心臓に問題をきたすとかいう報道がありますが、それも嘘です。一応心電図もとって行きましたが全く問題ありませんでした。QTの間隔が引き延ばされるケーズもゼロでした。心電図を取る専門医も心電図を取る必要性はないのに、なんで??っという感じでした。
 

ヒドロキシクロロキンを400mgの初日1日2回。2日目から5日目までは200mg1日2回。一般的なZ-Pack(アジスロマイシン)を200mgと亜鉛220mgを毎日を投与しました。
 

5日間続けた事で症状を発症した38名のうち35名が回復しました。2名は、死因が不明ですが後に死亡しましたが、35名は完全に回復しました。皆何かしらの持病を抱えていて老人達です。クロロキンからの副作用も一切ありませんでした。
 

ですから、これは大きなサクセス・ストーリーだったわけで全米で祝福されるべきでしたが、報道は一切なく、FDAやテキサス州の医師会からも邪魔されました。FDA(米国の食品医薬品局)と全米の医療組織は、多くの患者が死亡した責任を取る必要があると思います。
 

FDAと全米の医療組織がこの治療法に歯止めをかけているのです。ヒドロキシクロロキンでの治療をさせない様にしています。メディアや政治家もそれに貢献していて、非常に残念な事態です。
 

<マータのコメント:トランプも最初クロロキンを自分は摂取している。クロロキンが効くと言ってましたが、いつの間にかメディアに危険性などの情報が出回って打ち消されてしまった・・さすがのトランプ大統領も今の状況を抑えるのがいかに難しいかという事が分かりますね。>
 

我々のやった事は、サクセス・ストーリーだったはずですが、FDAと全米の医療組織と官僚達は、不満に思っている様です。これは法廷に持っていき戦うつもりです。
 

ヒドロキシクロロキンは、安全な薬です。私も実際にこれを飲んだ事があります。ケニアのナイロビにいた時、お店の棚に並んでいたヒドロキシクロロキンを買って飲みました。アフリカに滞在中にずっと200mgを毎日取りました。非常に安全で全く問題のない薬です。
 

全米の老人ホームにて、同じケアをするべきです。最も弱い立場にいる高齢者施設において、標準のケアとするべきです。
 

もっとこの情報が早くに行き渡っていたなら、何万人という患者を救う事が出来たのです。不必要に死んでいった事は非常に遺憾に思います。
 

しかしメディアは、常に我々のこの様な情報を邪魔し、攻撃して来て、真実を一般市民に伝える事が出来ませんでした。
 

弱い高齢者を守る方法もあるのです。そして、外にみんな安全に出かけて、学校や仕事に行くべきです。健全な生活を取り戻す必要があります。」
 

Dr.シモーン・ゴールド:ありがとうございます。これを聞いて視聴者の人々はショックを受けているのではないかと思います。Dr.アームストロングに私から幾つか質問したいのですが、その前にヒドロキシクロロキンに関してのネガティブな報道は驚くべき程多いです。私も1月か2月にはヒドロキシクロロキンの事を知り、トランプ大統領もこれを推薦したので、ドラッグストアでは売り切れるであろうと思っていましたが、その翌日から一気にヒドロキシクロロキンが危険だとかのネガティブな報道が始まりました。

え??どうして??という感じでとてもミステリアスな事態でした。これは、普通にドラッグストアのビタミン剤のセクションで売っている極安全なサプリです。我々は、全く理解出来ませんでした。安全で効果の高いサプリなのです。
 

FDAが承認してドラッグストアで販売しているわけですから、当然基準となっている安全性を持っているサプリです。同じ様に陳列しているタイラノールやアスピリン、イブプロフェン等よりも遥かに安全です。その様なサプリに対して、安全性が疑われるというのは全く変です。
 

米国で肝臓の移植をしないといけない原因の上位は、タイラノールからの毒性なのです。タイラノールを非常に危険な鎮痛剤です。クロロキンの方が遥かに安全です。クロロキンという名前とヒドロキシクロロキンという名前を両方使ってますが、ヒドロキシクロロキンの方がクロロキンよりも新しいものです。両方とも安全です。
 

心電図を撮った際にQTの間隔を引き延ばす要因になるという事は、心臓に問題をきたす事になります。
 

これを引き起こす薬は、ここでは言う時間がない程多くあります。コロナに対して有効なヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンは、どうなのか?確かにQTの間隔を引き延ばします。
 

しかし米国心臓協会が発行した2020年4月20日の記事です。「コロナウィルスの治療において、ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンを両方、あるいはヒドロキシクロロキンのみを投与させ心電図を撮った結果、致命的な不整脈は一切報告されていない。」としています。
 

Dr.アームストロングのこの老人ホームの患者達の殆どが心臓病の持病があったと思われる様な弱者でしたが、一切問題がなかった訳です。ここにいらっしゃる医師からも他の老人ホームでも同じケアを行い一切問題がなかったのです。他の一切の副作用もありませんでした。これは合ってますよね?
 

Dr.アームストロング:心臓にも一切負担がかかりませんでしたし、他の一切の副作用もありませんでした。
 

Dr.シモーン・ゴールド:ヒドロキシクロロキンを使う治療というのは、米国ではリュウマチ患者が多いのですが、今までヒドロキシクロロキンを投与する前に心電図をチェックするという基準は一切なかったのです。それは必要ないとされていましたが、突然コロナウィルスの時から心電図での確認が必要とされてしまったのです。
 

突然コロナウィルスの時から政治化されて、心臓に危険性があるとされてしまったのです。
 

次に、Dr.アームストロングに質問したい事は、医療的がガン(問題)を作り出している事についてです。なぜもっと多くの医者達が発言しないのか?ここに数名いますが、極少数です。貴方が発言した時の反響はどうでしたか?
 

Dr.ロビン・アームストロング:はい。ひどくネガティブな反応でした。公共のラジオ放送とか、Rolling Stonesの雑誌もかなり酷い記事を書きましたが、US NEWS, World Report, New York Timesも全部ネガティブでした。Wall Street Journalだけはポジティブに書いてくれました。
 

あるグループは、私を賞賛してくれて、多くの患者を救ってくれているヒーローだと言ってくれました。
 

しかし、もう一方では殺すとあるグループから脅されました。私はヨーゼフ・メンゲレ(ナチの医師で収容所の人々を実験台にした)だ等と脅されました。今はテキサスの医師会が私に対して調査をしている様です。このケースで、大きく報道される事は分かっていました。そしてこうなる事も分かっていました。だからあえて心電図を起用したのです。心臓の専門医は必要ないと言いましたが、政治的な問題に発展すると分かっていたので、起用したのです。
 

病院は、今満杯で患者を受け入れる事が出来ない。どうしよう?とある病院勤務の医師に聞かれました。だた家でヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンと亜鉛を買って飲めば大丈夫と言えばいいでしょうと言うと、それを言うとテキサスの医師会が私の後を追ってくるのではないか、心配だと言いました。
 

だから医師達も自分のライセンスを没収されてしまうのではないかと恐れているのです。
 

医師達は、自分達でこのセットを摂取しているし、家族にもそれを飲ませていますが、患者には処方箋を出せないのです。
 

これは恥るべき行為です。自分や自分の家族には飲ませていて、患者には教えない。自分の身を守る為です。恐れがあるのです。
 

私の意見では、残念ながら医師会の政治的な問題で、この様な事態となってしまっているわけです。
 

Dr.シモーン・ゴールド:(強く肯く)大変貴重な情報をありがとうございます。
 

SERMO(医師達が話合う民間のソーシャルメディアネットワーク)というのがあります。ここでも医師の中でヒドロキシクロロキンを摂取している人を聞いたら30%は摂取していると言いました。米国医師会から、ここに連絡があり、家族や自分の為にヒドロキシクロロキンを買い溜めしないで下さいと忠告がありました。私も個人的に医師の友人達から入手出来ないか?という連絡を非常に多くもらっています。ちょっと可笑しくなってしまいました。
 

関連日本語記事:
https://www.businesswire.com/news/home/20170616005366/ja/
 

私も最初に患者にこの処方をした時は、驚きました。病院の医院長から公式に避難され、大きな問題となってしまったのです。しかし、私は正しい事をしないといけないと思う性格なので繰り返し処方していました。毎回不快な非難を受けました。他の医師に「そうするべきではない」と忠告されて、本当に驚きました。もしも、これを続けたらなら職を失う可能性がある。
 

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?間違っていると知っていても、自分を守るのか?
 

これが多くの医師達が口を閉ざしている理由なのです。職を失うという危機。他でも働けなくさせられる可能性が出て来ます。それを皆恐れているのです。
 

これをメディカル・キャンサー(癌)・カルチャーと呼んでいます。医療組織の問題です。
 

次にDr.オルゾーとDr.タダロにお話願います。
 

2:03:15〜


 

 

Dr.オルゾー:私も当初まさかロックダウンになるとは想定していませんでした。SARSの時は、クロロキンが効果があった事を証明されています。3月当時は、まだ私はナイーブでした。かなり調べて医療コミュニティーとも非常に多くの時間を費やし話合い、そんなに問題ではない。ロックダウンの必要がない。クロロキンを少量投与する事で予防出来る。・・・そう伝えました。テキサスの医師会のかなりトップの著名な人です。彼が「いいから、家に帰れ。それを家でストックするな。」と言われました。私は聞く耳を持たずに患者の治療にあたり、FaceBookにもライブ投稿しました。一気に10万人くらいのアクセスになってしまい、これは非難されるなと思ったら、案の定テキサスの委員会から連絡がありました。「クロロキンが効果があると公表した。おまえは公衆の脅威だ。誰をこれで治療したのか詳細を報告しろ」と言われました。私も家族を養わないといけない立場ですから、かなりビビリました。本当に怖かったです。
 

一日考えた結果、やはり正しい事をしないといけないと思いました。呼吸器やECMO人工肺器を患者に取り付けたくない。ですから、私も脅威を体験しました。他の医師が恐れて、発言したくない気持ちはよく分かります。ライセンスを失う可能性を皆恐れているのです。
 

2:11:13〜


 

 

Dr.ジェームズ・タダロ:私は眼科医です。2月からコロナウィルスに関して詳しく調査してきて、クロロキンが効果があるという記事も書き、イーロン・マスクがそれをシェアしてくれたおかげで340万人の人が呼んで話題になりました。ちょうどトランプ大統領がクロロキンが効果があると発言した数日後でした。
 

それ以来、クロロキンに関する情報は更に増え、安全性は元からありましたが、その効果も立証されています。残念ながら、我々の記事はその一週間後にGoogle検索しても出て来なくされました。彼らの方針に違反したとして取り下げられました。
 

2ヶ月後にまた記事を書きました。"The Study out of thin air" という題名です。Lancetの調査と医療情報分析会社であるSurgisphere社の内容をまとめた感じです。
 

日経バイオテックの日本語関連記事↓
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/082300015/062500169/
 

*『ランセット』は、週刊で刊行される査読制の医学雑誌である。同誌は世界で最もよく知られ、最も評価の高い世界五大医学雑誌

YouTubeのCEOが公式にWHOの発言に反する内容は削除すると言っていますので、それ以外のSNSもセンサーシップがあります。

あっという間に数週間で、我々は自由を奪われ、発言権も失われました。アメリカ人は市民としての権限を取り戻す必要があると思います。ありがとうございました。
 

2:14:22〜


Dr.エリクソン:我々が最初にこの情報をYouTubeにアップした時も5千万人の視聴者数になっていましたが、それも削除されました。しかし、多くの人達が録画していたので、他の方法で他のチャンネルで再度アップされて拡散されています。FaceBookは、まだ大丈夫ですがYouTubeは厳しいです。しかし削除すると更に話題になるという利点もあります。WHOの意見と我々の意見が異なるからです。
 

我々は過激な発言をしている訳ではありません。正しいデータに基づいた証拠をあげているだけです。もっとオープンに話合う必要があると思います。異なる意見があっても良いはずです。話し合う事が大事だと思います。
 

Dr.ゴールド:ありがとうございます。我々に政治的な意図はありません。ただ真実を一般市民に知ってもらい、正しい治療を行っていきたいだけです。
 

2:17:20〜


 

 

Dr.ジョー・ラティポ:私は内科医であり、医療の調査もしておりUCLAに勤務していますが、今日は個人的に来ています。UCLAを代表していません。医療保険と健康経済学の専門であり、患者も診ますが、研究が主です。分析がメインです。USA TodayやWall Street Journalにもコロナウィルスの記事を書いています。
 

できるだけシモーンとかと一緒に、このパンデミック、恐れ、暗闇というものに光をもたらしたいと考えてやって来ました。
 

再度ロックダウンを行う事は本当に正しい選択なのでしょうか?副作用が全く考慮されていません。孤立、孤独感から更にお酒やドラッグに走る人が増える・・経済も低迷する・・これらの代償は大きいと思います。
 

医療品が不足しているという事態も非常に不可思議です。あり得ない話です。これも何かがおかしいと疑問に思わないといけないと思います。
 

クロロキンに関しても、私も個人的にマラリアや自己免疫疾患などの症状にずっと処方して来ました。もう長年問題視されていなかったのに、突然コロナが発生してから、安全性が確認されていないという報道が多くされている事です。これは明らかにおかしいです。
 

とにかくもっと公に話し合える必要があると思います。
 

ワクチンに関しても先日ロバート・F・ケネディ- JR.が話していた動画を友人に見せられて、我々でも知らない様な事を話していました。彼は真実を追求する情熱を持った人であり、実例をもって話ていました。勿論全てが正しいとは思っていませんが、それで、ワクチンに関しても本当に安全なのか?ワクチンを強制しようとしている企業は金儲けの為であるのか?
 

こういった疑問を持つ必要があると思います。
 

そして、討論が必要だと思います。反対派と賛成派の討論を一般市民に公式に見てもらい、判断してもらう事が良いと思います。闇に隠れた状態で何が起きているのか分からない状態では良くない。もっとオープンにする必要があります。
 

Dr. ゴールド:ありがとうございました。本当にコロナウィルスとクロロキンに関しては、本当に医療で今まで経験した事のない、不可思議な状況が起きていると思います。
 

次にDr.スコット・ジェンスンにメディカル・キャンサー(癌)・カルチャー現象について、証言してもらいたいと思います。医療従事者が患者や大衆に真実を言えない事態についてです。
 

2:43:05〜 (電話通話;音声のみ)


 

 

Dr.スコット・ジェンスン:私はミネソタ州の内科医です。私はこの数週間、医師会から調査を受けています。私がコロナとインフルの比較を公表しているからです。無謀な発言であり、誤った情報を流していると告発されています。診断書や死亡診断書に関する書き方の指導に関しても疑問に思っている事も発言していました。疑問視する予知を与えられていないという状況で、それが医療で起きている事に本当に驚嘆しています。
 

私は35年間医師として仕事をしてきて、ずっと医療は理論的で理にかなっており、好奇心をもって哲学的に疑問を抱いていく事が正しく、それを誇りに思ってやって来ました。
 

それが今崩壊している事を非常に遺憾に思います。医師仲間から告発されています。保健省から受けた死亡診断書の書き方に関しても疑問視したら、それを医師達から告発されました。非常に若い、まだおそらく死亡診断書を書いた経験も少ない様な医師からです。今までの手法と異なる方法で死亡診断書を書く様に指示を出されたので、それに反抗しました。
 

彼らの指導では、コロナウィルスが死亡の要因の一つであった場合には、死因はコロナウィルスにする様にと指示されました。それ以外の要因はPart 2の枠の中に記入する様に言われました。
 

日本語関連記事:
https://news.yahoo.co.jp/articles/367e78852001d447d939cf4237f61dc6aaa58acd
 

上からのパワー、圧力に負けずに、正しい判断を一般市民がもって行く必要があると思います。
 

ですからDr.ゴールド、貴方には感謝します。勇気ある行動で医師達を集めて、こうして発言して行く事が非常に大事です。理にかなった思考を持っていく事。大衆が同じ様に自分で考え、調査して判断する事をして行ってもらいたいと思います。
 

Dr. ゴールド:これは、非常にショッキングな話です。個人的には存じあげませんが、onlineの動画で200万人のビューがあった動画です。是非見てない方は見てください。貴方は、ミネソタ州にて、ホームドクター・オフ・ザ・イヤーを受賞されていますね。そして上院議員になったのですね?正しいですか?
 

Dr.スコット・ジェンスン:はい。その通りです。
 

Dr. ゴールド:これは本当に驚嘆する事実ですよね。多くの人々、患者さんに長年愛されて来た貴方がこのように告発されているという事です。死亡診断書の書き方を疑問視した事を問題だと調査されている・・こうした事実は、本当に驚嘆します。こんな事は、貴方の医師としての35年間に体験した事がありますか?
 

Dr.スコット・ジェンスン:・・・人々は理解出来ていないと思いますが、医師としてのプロ意識よりも評判の方が重要視されているという実態です。ですので、この様な事態が起きる事は非常に痛手を負います。患者との関係はそうでもないですが、大衆からのコメントです。議員としては、難しい疑問点を掲げて、型にはまらない考え方をして行く事が大切なはずです。これは、私にとっても妻にとっても非常に困難な状況となっています。
 

Dr. ゴールド:OMG! これは本当に大きな問題です。私は、幸いにもまだ脅迫されていませんが、これは「医師の反職業的行為」と見做される・・これを医師達は恐れているのです。自分という存在価値、プロ意識もさながら、命も危うくなります。
 

これは医者と患者の間にどういう関係を築く事になりますか?もしも医者が「医師の反職業的行為」とみなされる事を恐れているとどうなるでしょうか?
 

Dr.スコット・ジェンスン:・・・残念ながら、心が痛みつつも患者に良い処方を与えられないという状況になるでしょう。医師達は、私に起きている事を知って、ビクついているでしょう。医師会から尋問されたくありませんから。。
 

どんなライセンスであろうと、医師、教師、看護師、理髪師・・何か委員会が気に入らない発言をしたならば、どんな資格も奪われる可能性があるのです。
 

ライセンスを武器に口を閉ざす事を強いられています。
 

悲惨な現象が起きています。
 

Dr. ゴールド:最後に、一般市民あるいは医師達がこの問題に対してとれる行動はありますか?議員という立場、医師としての立場から何かありましたら教えて下さい。
 

Dr.スコット・ジェンスン:2つのレベルがあると思います。一つは、法律的な観点から、各州の委員会が各地方の医師会がどう運営されているのかを調査する事だと思います。もう一つは、医師仲間の間で尊重し合う討論が必要だと思います。疑問に思う事を打ち出して、尊重する間柄で話合って行かないといけません。医師としての本来の組織が崩壊しては行けないと思います。政治的になって不正が起きては行けないと思います。
 

我々は本来医療の専門のプロでなくては行けないのです。常に患者を助ける事が第一でなければ行けません。どんな病気であろうと伝染病であろうと、患者にとってベストを追求するのが医師です。もしもそれが出来なくなったら、道を踏み外した事になります。

Dr. ゴールド:ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------------------------
マータ
 

この後また数時間続く様ですが、ここで3時間くらいです。だいたいの問題は把握できたと思います。
 

これは米国の問題だけでなく、日本でも起きている事だと思います。日本でも医療全体に政治的問題が絡んでいると思います。
 

報道に関しても日本もおかしいと思います。船瀬俊介の本だったか?NHKも全く嘘ばかりだという話です。私はテレビを見ていないので、よく分かりませんが、とにかく恐れを大衆に与える様な報道がオンラインでも非常に多いと思います。
 

昨年インフルで3000名が死亡していますが、その時は毎日感染者が何人増えたとか報道していませんでした。それが何故今回だけ、こんなに毎日報道されているのか?おかしいですよね?感染者といってもコロナ陽性の判定があったというだけで症状が出ていない人が何人なのかとか詳しい情報はありません。ネガティブなニュースばかりです。
 

ロックダウンになっていなくても、東京都民はかなりストレスが強く、地方に出かけても嫌がらせをされたり、孤立した孤島に様になっていると嘆いている人々の話を耳にします。
 

一般のテレビの報道に釘つけになっていると、完全に洗脳されていて、恐れを抱き、免疫力が低下するばかりですね。
 

自分の健康は自分で守る。きちんと調べて、健康管理を自分でし、ポジティブな気持ちが一番大事だと思いますが、正しい情報を得ていく様に努力していきたいものですね。
 

----------------------------------------------------------------------------------------------

このBreithbart Newsについて少し調べました。創設したアンドリュー・ブライトバートは、2012年3月、2012年アメリカ合衆国大統領選挙(オバマが勝った年)の最中に43歳で死亡しています。死因は、急性心筋梗塞。ニューヨーク・タイムス等は、このニュース・チャンネルをフェーク・ニュースと言っている。
 

こちらの記事、他にも幾つかありましたが、「Breithbart Newsの創設者アンドリュー・ブライトバートは、オバマ議員(当時大統領の選挙戦で戦っていた)とハーバードのテープを持っていて、それを公開する予定だった。FOX Newsの Sean Hannityにそう伝え、一週間から10日以内に公表出来ると言っていました。その数日後に死亡。」とあり、殺された可能性を示唆しています。
 

https://nymag.com/intelligencer/2012/03/andrew-breitbart-video-college-harvard-murdered.html
 

ニューヨーク・タイムス等の主流メディアが実際は嘘を言っているわけですから、Breithbart Newsは、真実を伝えようとしているメディアであると思われます。
 

☆ マータのFaceBookページ でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。
 

https://www.facebook.com/mayet.maat.9
 

真実の泉 - ディスクロージャー



∞ コロナ・ウィルスは以前から存在していて、その治療法も確立されていたという事実を隠蔽し、その方法でコロナ・ウィルスを治療していた善良な医者の医療行為を当の医療機関が阻止するという行為がまかり通るとは、アメリカの医学界が完全に闇の勢力の支配下にあると言うことでしょうか。日本はどうなんでしょうね。(-_-;)
 

以下、コロナ・ウィルスに効果があるサプリの部分を抽出しました。
 

「免疫力を高める為にメラトニンは非常に大事です。ですから十分な睡眠を取る事。ビタミンDは、多くの科学的証明がされている通り、呼吸器の感染防止と感染してもその期間を短くする、あるいは重度にならない様に防止する策として良いです」
 

「・・ビタミンCも言わずともとても大事です。後、私が多くの患者に薦めているのが、ケルセチンとZinc(亜鉛)です。ケルセチンとはフラボノイドの一種で玉ねぎと赤ワインに多く含まれていますが、患者に必要な量を摂取する為に玉ねぎと赤ワインを多く摂取する事は薦められないので、サプリが良いです。このサプリは何をするかというと、患者に説明する方法としては、細胞の中に入ってくるウィルスや寄生虫などを膜でゴミ袋を作り排泄してくれる機能を持っています。このサプリを摂取して、まず起きる事は、白血球の中のPhを変えて、ゴミ袋にウィルスをいれ排泄してくれます。・・二つのサプリを摂取する事も高齢者をコロナから守る事になります」
 

「ヒドロキシクロロキンを400mgの初日1日2回。2日目から5日目までは200mg1日2回。一般的なZ-Pack(アジスロマイシン)を200mgと亜鉛220mgを毎日を投与しました。・・5日間続けた事で症状を発症した38名のうち35名が回復」
 


(^_^)/

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 19:47 | comments(0) | - | - |
ワクチン問題 - 米国女性内科医が語る (07/27)

∞  この記事に関する詳細はマータさんの解説をお読みください。
 

 

ワクチン問題 - 米国女性内科医が語る
2020年7月27日 



私は、内科医、オステオパシー(人間の自然治癒力を最大限に活かした医学)のライセンスを持っています。ワクチンに関しては20年間研究して来ましたので、この内容は私にとって新しい情報ではありません。
 

まず最初に質問したい最重要の事は「人間として生きる事の意味」です。
 

DNAのコードは、コンピューターのコードやバイナリー・コードと良く似ています。この仕組みを知っていれば分かりますが、極小さくコードを変えるだけで大きくDNAに変化を与える事が出来ます。
 

ある遺伝子をゲノムに注入する、あるいは何か一つ取り出す、あるいはゲノムを異なる場所に移動する、入れ替える、あるいは合成のものを注入する、他の生物からのゲノムを人間に入れる等の操作が可能です。これをする事で、ソフトウェアのプログラムを上書きする事になります。これは人間としての道徳とか倫理観の問題です。何がされているのか、本当に分かりません。我々は人間になるのか?違うものになるのか?非常に重要な問題です。
 

これはエンジニアされた、あるいは合成の、遺伝子操作された細胞株となります。
 

重要なポイントは、自然に存在するもの、自然に育った野菜などは特許を取る事が出来ません。でも遺伝子組換えされた(GMO)合成のものは特許を取得する事が可能なのです。モンサントが良い例です。表面的には同じトウモロコシに見えても中を覗くと違います。普通に自然のまま野生的なものは特許を取れませんが、GMOの製品、種は特許を取れます。
 

これを人間にとって変えてみると、もしも我々も遺伝子が操作されると我々の細胞株も特許を取れる事になります。
 

もしも、他の生き物からのDNAを注入されたなら、我々はまだ人間であると言えるのか?
 

トランス・ヒューマニズムとなります。
 

※トランス・ヒューマニズム:新しい科学技術を用い、人間の身体と認知能力を進化させ、人間の状況を前例の無い形で向上させようという思想である。 省略して>HやH+と書かれる場合もある。日本語では「超人間主義」などと訳される。(Wiki)
 

我々は遺伝子組換えされて、細胞株の特許を取られたら、どうなるのか?これはSciFi(サイファイ)は、サイエンス・フィクションの流れの中でのアンチテーゼとしての表現のひとつ)の映画ではありません。今日現実的に起きているのです。
 

これはRecombinant DNA(組換えDNA)と呼ばれています。
 

そして、コロナ・ウィルスのワクチン製作の中で提案されているのです。
 

コロナ・ウィルスのワクチンは、我々をGMO生命体にする事が目的でデザインされています。「組換えDNA」はモンサントの種と同じ用語です。意味が分かりますか?
 

「組換えDNA」を先頭的に開発している企業はNOBIO社(ビル・ゲイツ財団が資金を投資している)、GlaxoSmithKline -グラクソ・スミスクライン株式会社、と サノフィ社です。Moderna(モデルナ社) ビル・ゲイツ財団の資金でバックアップされている。
 

ここで強調したいのは、このタイプのワクチンは今まで一度も人間に使われた事はありません。繰り返します。これは全く一度も今まで人間には使われていません。
 

今まで一度も使われた事の無いものを全員に注射すると提案しているのです。
 

ワクチン開発のスピードは今までに無いほど早い速度で起きています。私もこうなるとは想像できませんでした。
 

動物実験をせずに、いきなり人間で実験しようとしているのです。
 

善良な科学メソッドは一切無視されています。ランダム化可能性比較試験もされていません。これは本来ならFDAより認可される法的基準です。科学的なプロトコルは一切、無視され、安全性も効能も確認されていません。それを全員に注射しようとしているのです。
 

これらの企業は、万が一、発作や皮膚炎などの問題が出ても責任を免除されます。ランダム化比較試験も免除されている。コロナのワクチンでもやっているし、他のワクチンでも最近免除されているのです。「MMR (新三種混合ワクチン)と基本同じだから検証は必要ない。」・・こんな事信じられません。ちょっとした違いで大きく結果は変わるのです。「更にこういう効果があると書いてあってもその効果が見られなかった場合にも責任を免除される。」とあります。抗生物質が入っているから大丈夫だと・・抗生物質が入っているから免疫力が付くという事はありません。時間がないから、十分な検査をしていられないとしています。信じられません。
 

ですから効果はない可能性も多いにあります。では目的はなんでしょう?
 

ワクチンの関するもう一つの事実は、1960年代に開発されたMRC-5細胞を採用しています。この細胞株は絶対に死なないのです。アポプトーシス(多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種)を通過しません。この種の細胞は、別名:癌細胞なのです。他の用語を使ってますが、ガン細胞なのです。二倍体細胞という用語を使われてますが、これも癌細胞です。他の成分もありますが、この二つが主たる癌細胞である成分であり、これが含まれています。
 

MMR(新三種混合),水疱瘡、A型とB型肝炎、ポリオ(小児麻痺)その他にこれらの成分が含まれています。
 

これを聞いて、貴方の情報は嘘だ。我々は政府を信じる、医療を信じる、ビル・ゲイツを信じるという方に言いたい事は、ここ何年も医者達はこれらの情報を開示しようと試みて来ましたが、黙る様にあらゆる手を使われて公表出来ませんでした。私の医師仲間も私も試みて来ましたが失敗に終わって来ました。大金が絡んでいるし、メディアもコントロールされているからです。その為、一部の医師は声をあげていますが、大きなグループとしては言えないのです。自由な発言権を奪われています。
 

イタリアの政府をバックにするコルベラ(Corvelva)というイタリアの科学者グループがいますが、彼らが今提示したワクチンに関する検証を発表しています。これらのワクチンは、発がん性を持っているという研究結果を発表しています。遺伝子が突然変異する可能性があると書いています。汚染物質が混入している可能性もあります。ですから他の感染も起きる可能性があるという事です。
 

コルベラ社の日本語のサイトがありました。
https://www.corvelva.it/ja/approfondimenti/vaccini.html
 

発がん性物質や水銀やアルミニウム由来の成分などがワクチンには入っていますから、生物兵器だとも言えませんか?
 

色々なワクチンを過去に打っていると、それが体内で混合しています。簡単にA+B=Cという訳には行かないでしょう。2種が混合しただけでも、病気の原因は何十倍にも膨れ上がるという事です。
 

何故こんな危険なものを我々に注射しようとするのでしょうか?お金の流れを見ていくとそれが読み解く事が出来ると思います。
 

2011年ドイツの会社キュアバックは、DNA-RNAワクチンの開発に3300万ドルを受け取った。
 

(日本語の関連記事がありました↓)
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-17/QC2NOVT0G1KX01
 

2013年には、モデルナ社がDNA-RNAワクチンの開発に2500万ドルを受け取った。
 

2015年には、NOBIO社がDNA-RNAワクチンの開発に4500万ドルを受け取った。さらにNOBIO社は、ナノ・テクノロジーを採用する事を認めています。
 

NOBIO社のHPサイトでもこれを公表しています。↓
https://www.nobio.com/how-antimicrobial-nanotechnology-is-set-to-empower-composites/
 

これは、非常に小さいミクロなロボティックス細胞を入れるという事です。これらの企業は、全てビル・ゲイツ財団から資金を受け取っている、あるいは関係があります。
 

これらの企業は、今までこれを人間に使用する事を認められていなかった。これがワクチンとして試験的に免疫力の向上に効果があると立証出来ていない。
 

2010年、DARPA(アメリカ国防高等研究計画局)は、DNAとRNAワクチンにフォーカスし始めた。これは、非侵襲的人間の電子的手術により行われるとあります。非常に細い針で殆ど感じない程度の注射という意味です。これは彼らの言葉で「これは人間の遺伝子レベルで能力を高め(enhance)、覆る(subvert)ものとなる。」
 

これはビル・ゲイツ財団が先ほど上げた複数の企業のDNA-RNAワクチンの開発に大きく投資し始めた年と同じです。
 

2012年には、DARPAは、機械と人間の脳のインターフェースを紹介しています。これはAIと人間の頭脳が神経ネットワークと繋がるという意味で、思考しただけで繋がり、思考もリモート・コントロールで影響を与える事が可能だという意味です。
 

DARPAは、ソフト・フレキシブル・ヒドロゲル(ジェル)を生産する会社に資金を出しました。これは皮膚に注射し、健康状態をモニタリングしている。これはヘルス・ケアのアプリにシンクしている。しかしソフト・フレキシブル・ヒドロゲルの中に含まれているナノ部品は、全身に広がっていく。これがDNAにどう影響するかは知られていません。分かっている事は、これがその人の健康状態の情報をAIに送っているという事だけです。
 

ですから全てのスマホ、私のも含めてヘルス関連のアプリが入っています。そのアプリを停止する事は出来ても削除する事が出来ません。ONになっていなくても作動している可能性があります。コロナ・ウィルスのアプリも取得すると、これに関連しています。それで、このソフト・フレキシブル・ヒドロゲルを注射すると、もう永遠に貴方の健康状態はAIによって記録されモニタリングされる事になります。
 

貴方の排卵日、生理のサイクル、今週何回セックスしたか?体内のアルコール量、ミネラルやビタミンの種類と量、何歩歩いたか?どんな感情を抱いているか?ステレス量、全て、本当に全てを知られる事になります。
 

これらの事を貴方にしようとしているのです。もうスマホのアプリは既に持っているのです。これはファンタジーではありません。現実的に非常に早い速度で起きようとしています。
 

では、最後にまとめます。
 

人間であるという事はどういう意味なのか?
 

コロナウィルスのワクチンは、安全ではありません。どんな科学的メソッドを使っても安全性は確認されていません。
 

癌細胞や突然変異細胞株を我々に注射しようとしているのです。もう長い事注射されていたのです。汚染物質や毒も長い事注射されていたのです。
 

動物のゲノムもワクチンの中に含まれています。これも長い事注射されていたのです。
 

(日本語の関連記事がありました↓)
http://www.nihs.go.jp/cbtp/home/Biologics-forum/BF7/DrYokote.pdf
 

https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/life-science/bioproduction/gibco-bioprocessing/virus-expression/vaccine-production-diploid-growth-media.html
 

これを再度行おうとしているのです。
 

組換えDNAを注射する事で一時的あるいは永遠に人間の身体に変異を起こします。そこから波及効果でどの様な事が起こるかも全く予測不可能です。
 

「ワクチンを一度打ってみて、何にも効果がなかったから、もう二度とやらないわ」という訳にはいきません。一度打ったら遺伝子に変化を起こす事になってしまうのです。
 

ナノ・テクノロジー、ロボティックスを体内に入れようとしているのです。
 

ID2020などを含むデジタル・テクノロジーでAIへ我々全員を繋げようとしているのです。
 

この多くの情報を飲み込むのが大変だと思いますが・・・私は本当に恐れています。もう何年も恐れてきました。
 

これに関する科学的な会議や経済的会議にも出席した事があります。これは本当に起きているのです。ファンタジーではありません。
 

私はこれを20代前半からずっと研究して来ました。。(涙ぐむ)
 

これは本当に起きています。
 

今、真実を語る必要があります。
 

我々家族のため、未来の世代のために。人類のために。
 

これはジョークではありません。
 

自分でもきちんと研究してみて下さい。
 

ソーシャルメディアをやめずに、どんどんこの様な情報を流して行って拡散して下さい。
 

もっと多くの人が目覚めたら、チャンスはまだあると思います。
 

最も大きな愛と平和の心からこれをお伝えします。
 

真実を語っていきましょう!
 

良い日をお過ごしください

----------------------------------------------------------------------------------------------
<マータ>
 

ロバート・F・ケネディ- Jr.も下の動画で「ジャンクの科学と本当の科学の違いは理解しています。調べていくと水銀を子供達が多く摂取している事、その多くがワクチンを通して注射されていた事を知り、非常に心配しています。」と語っています。」1:30~2:00
 

https://www.youtube.com/watch?v=iRYsN9IL1As&t=489s
 

こちらの7月18日付け記事では、「ルガンスク人民共和国の軍隊のスポークスマンAlexander Mazeikinが言うには、アメリカ製の抗コロナ・ワクチンをウクライナ北東部の都市ハウコフにて15名の軍人がワクチンを実験台になり、10名が体調不良になり8名は集中治療室に運ばれ5名が死亡した」と記されています。
 

https://en.news-front.info/2020/07/18/american-coronavirus-vaccine-killed-five-ukrainians/?fbclid=IwAR2Kug6yjdbzyDCR4Z-kmD3vj7K1fggG7wiMun_sYFdCxJSQCFwe7thxfoE#.XxslmE73LD4.facebook
 

この記事は、海外の信頼する友人から回ってきた動画内容の翻訳です。
 

FaceBookでシェアしようとするとこう出て来ます。
 

「この投稿はScience Feedbackの独立した第三者ファクトチェッカーにより虚偽の情報が含まれていると判断されました。フェイクニュースの拡散を防ぐため、この投稿をシェアする際には警告メッセージが追加されます。」
 

https://www.facebook.com/KrystalTini13/videos/10221475005158816/

UzpfSTEwMDAwMTk1MDI1Njk5ODo0MTk4NjU4MDEwMjA5MTY2/
 

↑こちらの動画で女性の医師が話す部分3:00~最後を要約します。
 

あえてAIのチェックが入らないようにC...19という言葉は避けます。
 

(無駄な努力かもしれませんが・・笑)
 

<マータのコメント>
 

以前に米国の獣医がペットのワクチンも本来なら4年に一度で良いのに、金儲けの為に毎年打たないといけない事になっているという記事を読んで以来、4年に一度にしようと思っていましたが、やはり一切今後打たせない様にしようと思います。愛猫や愛犬のワクチンも三種混合、五種混合も癌細胞が入っているという事ですよね。
 

医療も製薬会社に完全にコントロールされているので、病気にさせてまた病院を頼り金儲けの仕組みですね。
 

自分の健康は自分で守る事をしていかないといけないと思います。
 

今は漢方の医院でも健康保険が適応されているところもあるので、私は行くとしたら漢方にしています。今はホメオパシーやメタトロンなど代替え医療も出てきているので、必要な方は、西洋医学ではない代替え医療に切り替えていく方が良いと思います。
 

コーリー・グッドが言っていた様にET達の計画では、人類の進化を加速させる為に遺伝子操作をウィルスを使って行うという事でした。まあそれは仕方なく受け入れるしかないとしても、ナノを注射されてAIにコントロールされるのは嫌ですね。日本では強制的にはならない事を祈っています。
 

AI問題は、動画に日本語字幕をつけています。ご覧になっていない方は是非みて下さい。

こちら https://www.youtube.com/watch?v=Hzg7Rw-mX4k&t=917s
 

コーリー・グッドが語るET達の「22の遺伝子実験」に関しては以下の動画で紹介しています。
 

驚きの真相!Part1 宇宙連合・軍の地下組織・人類のDNAのルーツ Part1
https://www.youtube.com/watch?v=eCDjr64kdB4
 

驚きの真相!Part2 宇宙人・人類DNAルーツ・アセンション
https://youtu.be/1eUDPKTlKms
 

ブログページは、こちら
 

この医師の女性も無事で過ごせる事を祈っています。
 

☆ マータのFaceBookページ でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。
 

https://www.facebook.com/mayet.maat.9



∞ 「コロナウィルスのワクチンは、安全ではありません。どんな科学的メソッドを使っても安全性は確認されていません。・・癌細胞や突然変異細胞株を我々に注射しようとしているのです。もう長い事注射されていたのです。汚染物質や毒も長い事注射されていたのです。・・動物のゲノムもワクチンの中に含まれています。これも長い事注射されていたのです」
 

「コロナウィルスのワクチン」の真の「怖さ」が十分理解できますね。皆さん、このワクチンは絶対に打ってはいけません!
 

でも、プレアデス艦隊の情報を信頼するとすれば、光の勢力側艦隊が月軌道以遠の闇の勢力側艦隊を完全に撃破した今、月の軌道から地球表面迄の敵艦隊の撃破も時間の問題であると考えると、今、ワクチン接種を強制しようとしている闇の勢力側の人間達もトランプ大統領の一声で全員一斉逮捕されると予測します。その結果、闇の勢力によるワクチン接種は全面回避できると想定しますが、現状に於いてその辺の動きはまだ起きていないようです。
 


(^_^)/

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 19:46 | comments(0) | - | - |
大天使ミカエル ライオンズ・ゲートに向けて

∞  明日。7月26日は「宇宙の新年」です。(^_^)/
 

 


 

大天使ミカエル
2020年8月8日
 

ライオンズ・ゲートに向けて



親愛なる皆様へ
 

再び宇宙の新年となるライオンズ・ゲートの日が近づいて来ました。ダイヤモンド・スパイラルがまた8月8日獅子座のゲートウェイに生まれます。
 

ライオン族のロイヤル・ガーディアン達がゲートウェイ「昨日」と「明日」の方角に立ち、ハートのバランスがとれた準備の出来ている人々を地球の共同創造を行う聖なるスパイラルの中に招きいれます。
 

これは太陽が獅子座の中に移動する7月22日から始まり、「時間の外の日」7月25日にエネルギーを収集し、26日に宇宙の新年を迎えます。この時にレグルスとシリウスのロイヤル・ライオン族が手助けして、新しいタイムラインが生まれます。新しい地球の新しい時間のスパイラルです。
 

このスパイラルのエネルギーは、光の存在達のクリエイティブなパワーを開花させ、物質化させて行きます。このクリエイティブなエネルギーは、創造が始まった頃からの宇宙の本質的な力であり、アセンションと創造のプロセスとして持続して使われていきます。
 

ここ数年のライオンズ・ゲートは満月や食が重なり、とてもパワフルでした。今年は、既に3つの食を6月5日から7月5日の間に通過して来たので、静かなエネルギーとなります。ですから、貴方は北半球の夜明けと共にブルースターであるシリウスと太陽が交差し、獅子座に入るところからゲートを体験する事をなります。
 

7月25日「時間の外の日」では、過去を手放し、新しいスパイラルを活性化させる準備の期間となります。25日は、それを意識して下さい。新しい銀河サイクルに入るにあたり不必要なものを手放す時です。
 

26日から新しい人生のサイクルと進化に必要な意図をセットして下さい。
 

今年の8月8日の天体の動向を見ると、今起きている集合的エネルギー、病気、不快、降下的な状態はまだ暫くあります。古いエネルギーが排除される過程にいます。大衆の感情や反応は依然として荒いものが続くでしょう。まだエネルギーの不安定さが続く中で、賢い者は自分の軸をしっかりとキープし、そのエネルギーをクリエイティブな方向に使って行きます。この不安定な状態は年末まで続くでしょう。ですから親愛なる皆様、平和と穏やかな心をしっかりと持続させて前進していきましょう。
 

貴方の心が平和と光のセンターです。
 

親愛なる皆様、聖なるハートだけが平和とバランスの存在する場所です。外界ではカオス的なバランスの崩れた状態が起きています。このカオスは、今まで長い事続いて来た古い構造の崩壊の結果です。この崩壊のエネルギーが今解放されている為にカオスの竜巻が発生しているのです。
 

カオスからはクリエイティブな力も起きます。新しいアイディアや新しい生き方の種が生まれてくるでしょう。しかし、その渦中では、とても疲れる状態が続きます。まだまだ古い習慣なアイディアを手放せない人が多いからです。頭が忙しくなっています。エネルギーのマスターになる為には、そのカオスの渦の外に出る事です。無限の静寂という場所に自分を置けば良いのです。それは聖なる自分の心に意識を向ける事です。
 

親愛なる皆様、瞑想して静寂の中にいると、ダイヤモンド・ライトの分子やコードが身体の中に吸収されていきます。そこでは、地上に天国を形成する事が可能です。男性性と女性性が融合し、一つのクリスタル状の光スパイラルが形成されます。そこが意識が一つになる場所です。
 

この一なる意識の中にいる時間が多ければ多いほど、8月8日のライオンズ・ゲートをスムーズに通過する事ができます。今という瞬間に意識を置く事です。
 

聖なる叡智:ソフィアと神聖な女性性の光
 

この後に生まれる新しい黄金の時代では、ソフィアの神聖な女性性のエネルギーによって誘導されて行きます。
 

ソフィアは秘められて来た神聖な存在です。外界には現れず、深く内側に入ると彼女を知る事ができるでしょう。そこで隠れた自分のパワーと出会う事になります。ここで貴方は、カオスから蝶々に様に羽を伸ばし飛び立つ力を得る事が出来ます。
 

そのソフィアの叡智が、貴方を世界のダンサーとなる様に導き、自分の方向性を教えてくれるでしょう。踊りながら一ステップごとに現実を生み出していきます。
 

どんなに外が荒れ狂っていても、グレースとスキルで踊り通します。彼女のエネルギーは、時空を優美に動いて幾次元にも繋がっています。愛と優美さを意識すると、それは5次元の新しい地球とつながり、マスターダンサーとして新しい現実を築いていく事になります。
 

宇宙ロイヤル・ライオンズは、今ここに来ています!
 

ライオンズ・ゲートの頃には必ず来ています。このポータルのガーディアンであり、レグルスとシリウスの高次の叡智を運んでくれています。
 

非常に高次元の意識が流れる期間となります。これは瞑想状態でのみ通過出来る波動です。今という非常に危機的な状況の渦中では、低い次元の波動に惑わされない様に注意する事がとても大切です。
 

ロイヤル・ライオンズは、貴方を手助けしてくれますが、心のバランスがとれていないとマスターになる事は出来ません。低い次元の波動に惑わされ、心のバランスを失うと、リズムと流れの中にいないと新しい地球に向かうダイアモンド・ライトの踊り手にはなれません。
 

カオスが起きていても、光、愛と喜びのハーモニックスを上手く作り波乗りしていきましょう。低い波動に降下しない様に、惑わされない様に注意して下さい。天使界や銀河家族が来ています。貴方の魂の家族である彼らのサポートもある事もしっかりと感じてとっていきましょう。そうすれば大丈夫です。
 

愛するマスター達よ、貴方達は高次元の存在達に守られています。それを意識する事で彼らの愛の中に包まれている事を知って下さい。
 

喜びと創造をお祈りします。
 

ライオンズ・ゲート2020のメッセージ
大天使ミカエルより
 

by セリア・フェン 2020-07-24 
 

真実の泉 - ディスクロージャー
 


∞ 勝手解釈です。_(-_-)_ムシ0K
 

「・・太陽が獅子座の中に移動する7月22日から始まり、『時間の外の日』7月25日にエネルギーを収集し、26日に宇宙の新年を迎えます。この時にレグルスとシリウスのロイヤル・ライオン族が手助けして、新しいタイムラインが生まれます。新しい地球の新しい時間のスパイラルです」
 

“時間の外の日”が7月25日、つまり今日、スパイラル状のエネルギーを収集し、明日、7月26日に宇宙の新年を迎え、レグルスとシリウスのロイヤル・ライオン族が手助けして新地球の新しいタイムラインとなる新しい時間のスパイラルが生まれるとは、明日26日がこの宇宙の元旦であり、新しい5次元地球のタイムラインが生まれるということのようです。
 

「スパイラルのエネルギーは、光の存在達のクリエイティブなパワーを開花させ、物質化させて行きます。このクリエイティブなエネルギーは、創造が始まった頃からの宇宙の本質的な力であり、アセンションと創造のプロセスとして持続して使われていきます」

“スパイラル状のエネルギ−”とは、この宇宙の源のエネルギーであり、私たちのアセンションのとき5次元の地球を創造し、また肉体のままにアセンションする私たちの5次元ボディを創造するエネルギーのようですね。(^_^;)
 

「7月25日「時間の外の日」では、過去を手放し、新しいスパイラルを活性化させる準備の期間となります。25日は、それを意識して下さい。新しい銀河サイクルに入るにあたり不必要なものを手放す時です」
 

皆さん、今日、時間外の日は、“自分の過去を手放し、新しいスパイラルを活性化させる準備の期間”ということを認識しましょう!そして、今日はこの宇宙の大晦日なので、不必要なものを全て手放しましょう。(^_^)/
 

「26日から新しい人生のサイクルと進化に必要な意図をセットして下さい」
 

5次元の人生サイクルと進化に必要な決意をしていただきましょう。(-_-)
 

「今年の8月8日の天体の動向を見ると、今起きている集合的エネルギー、病気、不快、降下的な状態はまだ暫くあります。古いエネルギーが排除される過程にいます。大衆の感情や反応は依然として荒いものが続くでしょう」
 

今の地球の現状を考えると、闇の勢力が彼等の生き残りをかけていまだに頑張っているので、彼等が完全にへたばるまでは世界の混沌とした状態が続く事による私たちの感情の起伏もまだ続くでしょうが、この宇宙が新年を迎えたことを知って平和と穏やかな心で乗り切っていくしかありません。(^_^)
 

「カオスからはクリエイティブな力も起きます。新しいアイディアや新しい生き方の種が生まれてくるでしょう。しかし、その渦中では、とても疲れる状態が続きます。・・エネルギーのマスターになる為には、そのカオスの渦の外に出る事です。無限の静寂という場所に自分を置けば良いのです。それは聖なる自分の心に意識を向ける事です」
 

これから続く混沌とした期間は、“聖なる自分の心に意識を向ける”ことによって乗り越えられると認識しましょう。(^_^)v
 

「・・瞑想して静寂の中にいると、ダイヤモンド・ライトの分子やコードが身体の中に吸収されていきます。そこでは、地上に天国を形成する事が可能です。男性性と女性性が融合し、一つのクリスタル状の光スパイラルが形成されます。そこが意識が一つになる場所です」
 

現在、入来している光エネルギーに含まれる光コードにより、私たちの肉体は遺伝子レベルで改変中であり、肉体を5次元の周波数に変容するプロセスが進行中です。また、8月8日のライオンズ・ゲートをスムーズに通過する為に“一なる意識”の中にいる時間を増やす必要があります。
 


(^_^)/

 

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 19:27 | comments(0) | - | - |
タイムライン戦争>POTUSはロズウェルのUFOの真実を知らされた?

∞ サラ博士との対談です。サラ博士もずっとコーリー・グッドと共に宇宙人の存在を立証しようとしているメンバーです。

 

 

 


 

 


サラ博士



コーリー・グッド・アップデート with サラ博士
2020年7月13日
 

タイムライン戦争>POTUSはロズウェルのUFOの真実を知らされた?
 


コーリー:Hi コーリーグッドです。SphereBeingAliance のチャンネルへようこそ。すぐに登録をクリックして下さいね。新情報をお見逃しなく!ベルもクリックしてね。新動画が出るとお知らせが行きます。今日は又エルドラド・スプリングスに来ています。川の流れや鳥のさえずりが聞こえますか?今日もここは、とても美しいです。
 

最初にニュースをお伝えします。UFO学のコミュニティが混乱している。あらゆる問題が起きています。Jan Harzanという重要人物、7月3日にMUFONのトップが逮捕されました。逮捕の理由は、児童に対する性犯罪。とても不快なニュースです。裁判での判定が出るまで確定ではないですが、UFOコミュニティーの現状の虚しさの一例です。他にも同じ様な理由の逮捕が出て来ます。この一年以内にはUFO学会を仕切るトップの実情が暴かれていくでしょう。嫌なニュースがこれからどんどん出て来ますが、それで落ち込まない様に自分に意識を向けて下さい。
 

私の裁判への資金の寄付をして下さっている皆様にもお礼を申し上げます。私も裁判でUFO学会のハラスメントを止めさせようと努力しています。我々に証拠を送ってくれた皆様にも感謝します。彼らは裁判で嘘を言う様な人達ではありません。証言に出て来てくれた皆様は勇敢な素晴らしい意識の持ち主です。感謝しています。インタビューに入る前に、言いたい事は、AcceleratingAscension.com にも行って下さい。メールを登録してください。無料の情報を提供しています。セミナーの情報もお知らせします。メールアドレスをぜひ登録して下さい。
 

今日は昨日収録したサラ博士との対談をアップしました。UFO学会の事情を話し合いました。Qのコミュニティも対抗活動が出ている事。アライアンスからのアップデートも少し、これから起きる残念なお知らせもあります。公に公表されるディスクロージャーについてです。タイムトラベル的な話になる。地球外生命体とコンタクトを経験している人達にとっては、その議論外の内容です。皆、妄想を抱いている。今ETだと思っている存在はETではない。古代のETはいるけど、今、空に現れているのは、未来の私達なのだというシナリオになる。ではサラ博士と私の対談をゆるりとお楽しみ下さい。コメントもお待ちしています。参加してくれてありがとう。
 

サラ博士とアップデートについて話します。
 

サラ博士:Hi コーリー、元気?
 

コーリー:元気です。
 

サラ博士:重要なプロセスが始まっている感じだね。
 

コーリー:そうですね。もう何ヶ月もブリーフィングがない。きちんとしたブリーフィングは受けてません。軍人の大将・少将的な通常強い絆のある人達からも情報は希薄になっています。それで情報が入って来ても、何か内容の真偽を疑っていると言ってます。通常は、積極的に情報を流している主力の人達ですが、情報が入って来ないと、勝手に推測し出して、それを流してしまっている。ですから、その内容の多くは正確なものではないQANONなどのソースからの情報だったりしますが、その情報もチェーンで伝わってくるし、誤った内容になっている場合があり、敵を欺く手段でもある。だから、その辺も注意しないといけない。防諜活動の様なものだから。嫌でも、仕方ない状況です。QANONの内容で目覚めている多くの人達は、我々からの情報もしかり、人々は情報に飢えている状態です。それは良い事でもありますが、注意しないと、アライアンスの本来の思惑と異なる情報も出てきています。
 

サラ博士:貴方が話しているのは、あるグループですか?それとも個人?ジョンとかジェームズとか・・個人的に動いている人達ですか?
 

コーリー:色々な人たちです。私がアライアンスと呼んでいる人達です。ひと昔前は、とてもオープンでした。ブリッジ・コールで同時に複数の人が聴ける様な形でブリーフィングが行われていましたが今は、非常に監視が厳しくなっています。ですから、今はセキュリティーの意味でブリッジ・コールは出来ません。しかし、当時ブリッジ・コールに参加していた人達は、ブリッジ・コールが下部の人達から切り離され、情報をメモして、私の様な存在に連絡して来ます。コーリーは、こういう事を話しているから・・と、私が報道している内容に関連する事を少し提供してくれます。彼らは全員にブリーフィングの全容だと言いますが、実際には、個々に関連した情報だけをくれています。そういう手法なので、私は最低でも3人からの情報から読み解いています。機密情報は、今厳しく管理されており、彼らは個々にはアライアンスと繋がっていても、お互いは繋がっていない人達です。私は、あまり相手に本当は何を知りたいのかをハッキリと言わずに聞きたい大まかなガイドラインを提示しています。また他の2人から聞いた話について、確認する意味でそれとなく聞いたりしてます。3人から同じ様な情報を得られた場合には、それをある程度 安心して公表できますが、それでも情報は、生き物と同じ感じで毎週、毎日、あるいは毎時 変化していく可能性があります。戦場でも計画通りには実施されない。政府内での強い圧力もあり、常にその場その場で計画は変更されるから常に、変化の激しい戦争になってます。最近聞いた話ではDODイベント 一つ例にとってもスパイが侵入していて、それらの人々を探し当て、排除していくのが大変です。起訴内容も行き詰まりが出ています。調査が終わってしまい、そのまま進行していない。司法省内でも政治的な戦いが起きています。
 

サラ博士:はい。例えば「ディフェンダー・ヨーロッパ」にてディープ・ステートのエリート達の逮捕計画がありましたが、Covid-19のせいで、それも計画が延期になった。今は、全ての逮捕計画が延期、停止状態。ディープ・ステートは、資産の移動などの理由で 今の事態を引き起こしたのだと思いますか?
 

コーリー:周辺の存在達の逮捕は徐々に起きていますよね。人身売買の部分は、今非常に水面下でクリーニングが起きています。ですから、多くの事が実際には実施されてます。ただトップレベルの人々は非常に守護が強いので逮捕が難しいです。幾つかのケースでは、聞いた話では、ヨーロッパでは上部の人達が逮捕されたという情報もありますが釈放しないと、大きな惨事となる事件を起こすと脅迫された為に解放された様です。1〜2年前にメキシコで起きた事と似ています。軍が突入し、カーテルのリーダーを取り囲んだが、そこで今度はカーテルが軍を囲みその為ドラッグ王は解放されてしまったのです。これと似たような状況だったと聞いています。他にもMS-13系のグループやその手のグループが逮捕されています。司法省と軍の裁判所 両方で事態を進行させています。選挙までの期間なので、それも非常に心配されています。軍は、トランプに司令塔として強い力を持って欲しいと望んでいます。政府内に裏切り者がいたり、暴動が起きている事態ですからこの時に力を発揮するのは重要ですが同時に、それは大きな問題にもなります。アライアンスが知るだけでも拳銃の貯蔵庫が沢山あります。これらの拳銃は、暴動中に起きた銃店からの盗品であり、更に海外から持ち込まれた殺人用のライフルなども入って来ています。貯蔵庫が何処にあるのかは、だいたい分かっています。もしも起訴が選挙目前に起きる事になるとするとこの反政府の反逆者達に、これらの拳銃が渡され市民が逮捕される事になります。マルクス主義的な革命が起きる事を恐れていると聞いています。
 

サラ博士:それはトランプ政権が言っているのですか?それとも軍のアドバイザー達が言っているのですか?
 

コーリー:トランプ政権ではなく、アライアンス関連の軍人達です。元軍人で非常に重要な地位にいた人達です。ずっと前に退役している人達です。
 

サラ博士:Qが2020大統領選に向けてのステップを書いてます。投票に不正が無い様にする事を今は重視していると不正にコンピューター・ハッキングや不在投票などに不正が起きない様にそのマルクス的革命行為は、選挙の不正操作も含まれるのでしょうか?何か聞いてますか?
 

コーリー:もっと公然とした事だと聞いてます。道端での暴動とか60年代に起きた爆破とか・・今起きている警察官の暗殺の様なターゲット・リストがあり暗殺が起きるなどです。法的なものを破る様な行為です。もしも法的な手段が完全に崩壊したならば起訴などを起こしても、大衆はどう反応するでしょうか?革命状態になったら・・今起き始めてますけど。
 

サラ博士:なるほど・・ではQは、公然と実施される市民戦争的な暴動の恐れを警戒しているのですね?
 

コーリー:私が最近もらっている情報ではQは、最近投稿がしばらくありません。私がもらった情報によると心配されているのは、警察などの司法のシステムの破滅だけでなくパンデミックによって、幾つかの州が閉鎖されるとか投票率を低くする為の努力が色々成される一方で、後は、選挙が数ヶ月先まで競われる事になるシナリオも想定されているがそれまでには、多くの暴動が起きる可能性も想定されている。
 

サラ博士:なるほど。でもディスクロージャーに向けても何か起きているはずじゃない?トランプが息子にロズウェルの事を語ったニュースがありましたよね。
 

コーリー:はい、そう思いたいですがSSPのプログラムにいた時は、階級によってブリーフィングの内容が異なりました。誰もがトップのブリーフィングをもらっていると思っていました。プログラム内では1940年代〜60年代からの人もいました。物腰や話し方で分かります。それをどう説明するか?私は、20年間このタイムラインから外れて戻ってきてなぜ、同じタイム・フレームじゃないのか?(?)皆が同じ一つのタイムバブルになぜ戻れてないのか?私が現役だった時は、この人は、40年代から来ているとか60年代から来ているとか、分かりました。私に対しても、見て時代を定める人がいました。2023年から来ていて20&Backをやっている人だったりします。「彼は、話し方から見て、おそらく80年代から来ているね」とかだからタイム・トラベルの要素があったのは確かです。しかし・・トランプ大統領は、幾つかのブリーフィングを受け、報告されている事は、ETは存在しない。昔は、死滅した星から逃れて来たET達がいましたが、それ以来は、来ていない。
--------------
トランプ:じゃあ、ロズウェルはどうなんだ?
 

大統領、我々は全く同じ場所で研究をしていましたが、それは未来のタイムラインです。その時に、非常に高度なテクノロジーを使っていて、ブリッジが出てしまった。その時代のものが今の時空に突然入って来て、クラッシュしたんです。

ですので、米軍の未来の宇宙船だったのです。
 

トランプ:なんてこった!でもその方が理にかなう。ETはどうなんだ?ETは居なかったんだね?
--------------

その事実を隠す為のETとUFO墜落の偽情報を流しているのです。大衆には、それを知られたくないのです。何故なら、テクノロジーの進化が進むと自分の未来の自分とコンタクトする能力が出来ます。すると今とその未来の間のギャップが瞬時に消えてしまいます。すると社会全体の時間軸が狂ってしまうので困るのです。
 

サラ博士:ではトランプは、前代の大統領達と同じブリーフィングを受けているの?コーリー:オバマ、クリントン、ブッシュJr. などもこの同じ話を聞いていたのでしょうか?
 

コーリー:はい、そう聞いてます。それから聞いた話では、SSP内で働いていた人達もその話しを知っているという事です。彼らは地球人以外とコンタクトしない部署の人達です。
 

サラ博士:SSPのプログラムでは、異なる時代からの人達がいたと言いましたが、大統領にブリーフィングをしているのは、この異なる時代から来ている人達が伝えているのですか?
 

コーリー:いいえ。通常の彼に国家安全問題に関連する事項を伝える人が伝えています。伝える事項リストを取り出し、読み上げる感じです。そんなに詳細な説明はなく、簡単に書かれているのを読みあげるだけです。その内容では、ETは存在せず未来の我々だったという事になってます。
 

サラ博士:とすると、それは国家情報局の長官とか日々大統領に報告している人ですか?それとも違う組織?
 

コーリー:特定のブリーフィングは、大統領が就任してから、暫くしてブリーフィングが起きます。具体的な日数は知りませんが、暫く大統領の座が安定した頃に報告する内容がある様です。この内容は、その一つだった。国家あるいは世界の安全保全の為でもあります。そのブリーフィングの中の一つだったと聞いています。私は聞いた話を言っているだけです。タイム トラベル版のシナリオだったと聞いてます。ディープステートもその内容をあげる様です。空に目撃するUFOは、古代から50sでも今でも殆どが未来から来るUFOでバターフライ・エフェクトで時空を行き来しているという話になる。光のスペクタクルの様な感じで、人々がそれを見ていると今空に見えているUFOが殆どそうだというシナリオになります。
 

サラ博士:このシナリオは、いつの大統領の頃から伝えられているの?レーガンの頃からではないかと推測しますが、彼は、邪悪なET達のブリーフィングを受けていましたよね?それで、地球が統合する必要があるという事を言い出しました。だから、彼が邪悪なET達に関して知らされていた事は確かですが、タイムトラベルの話は、いつから・・ブッシュ シニアは、知らされていたと思いますが、クリントンはどうでしょう?クリントン政権の時も彼はUFOに関心があった様ですが、その頃からですか?
 

コーリー:私が聞いた話では、もっと最近話が変えられたという事です。どの様にディスクロージャーを進めるのか、権力争いがあり、何度か変更され一つの説を押し出したけど、また変わり最終的にある大きな会議で話し合った結果、交渉により秘密宇宙プログラムの事を少し開示し、そこで、未来の我々と暫くコミュニケーションしていた事を開示し、望ましいタイムラインをキープする為に隠しておく必要性が重視された等と言い訳します。それから古代の歴史を開示します。他の星が死滅した事である種族が地球に到来し、そこから文明が起きた事を開示します。
 

サラ博士:これがディスクロージャー開始の仕方なんですね。タイムトラベルの事実、未来の人間とのコンタクトでUFOが理屈づけられるロズウェルの墜落事件もそれで解決。トランプが息子にロズウェルの質問をされたというニュースは、わざとヤラセだったのですか?ディスクロージャーの準備としてわざと報道した?それともシンクロニシティだったの?
 

コーリー:いいえ、シンクロニシティだったと思いません。トランプは、テクノロジーを開示しようとしています。秘密の軍・部署を宇宙軍にまとめ様としている。それで宇宙軍がもっと多くの人々に活用される様になるのが目的だ。ですから、これは長いプロセスの過程だと思う。トランプの叔父は、ニコラ・テスラとなんらか仕事をしてたからですから家系的に高度なテクノロジーの事は聞いていたはずだ。そういう意味で、彼もこれを大衆に提供したいと思っているはず、宇宙軍という形でそれを開示していくのだと思う。ヒントは既に色々、ATIPとか出てきている。米海軍のパイロットが見たUFOの動画が公表されたりした。この手の手段で少しづつ出てくると思う。秘密宇宙軍の飛行船も徐々に開示されるでしょう。少しづつ、三角形の飛行船とか・・出てくるでしょう。新しい原理を色々な場所で紹介したり、映画などでタイムトラベル等の原理をもっと教えていく。今は、宇宙の広大さは理解出来ていますが、時間という観点は、まだ多くの人々が理解出来ていませんからね。
 

サラ博士:トランプが大統領に就任した数日後に、彼は大統領メモランダムを発行したと貴方は言った。米軍の情報部に対して、数千の特許が使えずに保留されている事に関して、国家安全保障の命令書を出すような内容だったと、5800件の特許が活用保留になっている。それらの数千件は、国家安全保障の下で2年以内に解除されるとフリーエネルギーや医療テクノロジーに関するものそれに関するアップデートはある?
 

コーリー:ノー・・・ないです。聞いている話では、彼はこれらを解除する事に非常に努力したが、非常に強い反対を受けていて、まだ実施されていないという事です。エネルギー省や防衛省等からの反対、幾つかの情報機関からも圧力がかかって反対されている。多くの人々は、まだこれらのテクノロジーをまだ開示したくないのだ。
 

サラ博士:一週間くらい前に貴方が送って来たメールで二つのタイムラインの時間戦争が起きていると一つは、AIに支配されていて、人口がかなり減少している未来で、もう一つは、アンシャー族のタイムラインでポジティブな我々の未来、それをもう少し詳しく説明してもらえる?特にウィングメーカーについて。
 

コーリー:興味深い話を聞きました。最終的に開示する事は、今起きている事に似ている事態を公表するとタイムラインの戦争が起きていて、悪いETは排除するとか今実際に起きている事は、全てタイムライン戦争のせいだという。そうです。それでそのタイムラインは、一つはAI 支配のタイムライン、もう一つは、もっと高い次元のタイムラインで最終的に公表される内容とは、ウィングメーカーというタイプの種族がいて、その彼らが未来から情報を送り込んでいるとその情報は、彼らがやってしまった同じ誤ちを起こさない様にという忠告。非常に人口が減少していて、AIに支配されてしまった。そうならない様にと忠告して来ています。公表される もう一つのグループは、もっとポジティブな種族で、ポジティブなタイムラインにいる存在達で、そちらへ我々を誘導しようとしていると、でも、彼らは軍隊的な存在です・・今存在するそのプログラムとは、そこで働く人達は何十年もかけて昇格していきそのプログラムで使う特殊なデバイスがあり、軍産複合の会社から情報を得ている。その会社は異なるタイムバブルの中にいるのです。基本的には、このデバイスで未来の人達が情報を送ってくるのです。未来の人達とこのプログラムの人達は、交信していると言います。この人達は、非常に献身的に何十年もそこで勤務し、昇格されていくとそれで、大きな昇格をもらって、はい、じゃあ、これから過去の人達と交信する任務になりますと、それで、その内容は既に知っている内容になる。過去の自分と交信する事もあると。その時点で、その人はびっくり!入って来ていた情報の一部は、未来の自分からのメッセージだったのか!?だから彼らが経験する事は、ちょっと頭の切替を要する訳です。でも公表される内容は微調整されます。スーパー高度な秘密宇宙プログラムの内容や超高次元のET達の事は完全に排除された内容です。
 

サラ博士:では、公表される内容は、おそらく時間戦争の事とUFOは、タイムトラベルによって、未来からの二つのグループが訪れているというシナリオ、AIに支配されている、人口がかなり減少している方ですが、彼らは、今そのタイムラインに向けて、活動をしているという事ですか?
 

コーリー:そうです。過去の情報を送り込むという手段を使っています。過去の情報を過去に送り込んで、変更しようと試みています。私に この内容を教えてくれていたある人が、この一環として、Qanonの情報の偽情報を捜査しているとタイムトラベルについて等の情報を変えようとしているとですから、それは注意して見て行かないといけない点です。
 

サラ博士:では、シリコンバレーの会社、Google、YouTube, Facebookなどは、このAI支配の未来の存在によって影響を受けているの?今、大衆がメディアで読む事なども、AI支配に向けて意図して操作されているの?メジャーメディアは当然コントロールされてますが、ソーシャルメディアもそうなのか?AI=アルゴリズムがどんどん主役になっている感じだけど・・。
 

コーリー:勿論それらの企業はAIが主役で利益を得てますから、彼らは、今の酷く腐敗した社会を唯一まともに道徳ある腐敗しないものにする方法は、AIでのコントロールだと信じていますからね。AIは確実に重要な役割、これらの企業のトップは、密かにこの軍産複合のスーパー取締役会の役員です。その役員も常に入れ替わっています。彼らは、ポリシーを定めたり、貿易などでET達と関わっているだけでなく、地球で何かが起きると自分の財布にお金が増えるかを計画しています。
 

サラ博士:では、ここで新しく登場したシナリオ=ロズウェルしかり、未来からのタイムトラベルしかり、UFOの実態も、この手の情報がまずは大衆に公表されて、暫くはそれだけを信じて、もっと高度な秘密宇宙プログラムとかETについては、まだ公表しない訳ですね。それで宇宙軍の創設の意味というのは、いずれはそれを開示する為?それとも限界ある開示の一環なの?今部分的に少し開示されているけど。
 

コーリー:宇宙軍は、基本政府、防衛省の管理下になるでしょうから官僚的なグループのコントロール下になるでしょう。でも このグループは、一つのモニカになる様にデザインされています。沢山ある小さな軍産複合体プログラムを一つにまとめてから準備を整えて大衆に公表出来る状態にする。他のプログラムに関しては関係や実態を否認する。。彼らがこれをやって、彼らがこれをやって・・と・・それで今ここに一つにまとめましたと、今まで公に認識されていなかった科学者達の名前を公表し、評価を与える6
そうやって知る事になって行きます。実際に見る前に、存在を知らされます。こういう特許があり、この人が発見したとか・・ここで関わって来た科学者達に与えられた美味しい餌を与えました。その餌とは、君たちはロックスターになるんだ。将来、この代償は、大きく評価されるというものだった。他にも彼らが口を閉ざす為の手段を使われてますが、私が聞いた話では、科学雑誌とかに情報がまず掲載され、こんな特許が発見されたとか、ある人をインタビューして、その科学者がこの特許の内容を発明して、今それが公表されたとか・・何か素晴らしいエンジニアリングのフォーミュラが解読され、それを大きく評価されるニュースが出る。そうやって情報が収集されていく。
 

サラ博士:すると大統領からの公式のディスクロージャーは起きない?未来の我々が訪問していて、ロズウェルも未来の我々の飛行船のだったとか、ただ、テクノロジーとか特許が徐々に少しづつ開示されていく感じですかね?海軍の革命的技術開発をしたサルバドール・パイヤスの時の様な感じで将来は期待するという事ですね?技術的に進歩していく社会にはなるけれどこれが数十年も前から存在していた事を大きく開示する方法ではないのですね?
 

コーリー:そうですね。私が聞く話では、大統領から大きなディスクロージャーが発表されるという事は絶対にないと推測します。おそらくトランプには、今タイムラインとか色々と奇妙な事が起きているけど、宇宙軍を貴方が創設したのは、タイムラインを統合する為の大きなステップだ。この未来の人達は、そんなに遠い未来の話ではないので、今これを秘密にしておく事は重要だと世界が心配する様なETからの侵略はないから大丈夫だとか言う、おそらく大統領もそれで安堵するでしょう、と思います。そんな感じで情報が開示されて行くと聞いてます。特許とかフォーミュラ、技術などが少しづつ開示されていく、突然出てきて、一体どうやって、そこまで到達したの?と市民は思う。そこで科学者が登場して、プログラムの説明は出来ないけどと、それなりの解説をする。徐々にパズルのピースが埋まっていく様にQanonの投稿のグループのまとめと似ている。大きな対敵情報活動のこと、ある程度の情報を流して、各人がそれに準じてリサーチさせる様な手段、自分でパズルのピースを繋げて理解していく様な方法、もう陰謀説とは思えない程、きちんとリサーチして、自分で情報に確信を持つ様になるですから情報は徐々にゆっくりと開示されていく事になりそうです。ディスクロージャーは、アライアンスを含めて、殆どの存在達がゆっくりと50年くらいかけて行うべきと言っています。ETの事は、後の方が良い。一度に全部は、大衆に重すぎると、まずは、物理とかテクノロジーの新情報から開示していき、コンセプトとか時空の説明から始める。時空の原理の紹介とそのテクノロジーを説明する。一度、それを理解させて正しい物理と電気宇宙のモデルを紹介してもう少し大衆に納得させる為です。それで、少し教えてから、暫く経って、ETや宇宙の遠くにもある他の秘密プログラムについても徐々に開示する。タイムトラベルは我々人類だけではない事を知らせる。
 

サラ博士:では、50年くらいかけて、ゆっくりとしたプロセスで開示し、我々が進化する為に必要な知識を植え付けていくというのは、2030年に起きる可能性のあるマイクロノバについて、貴方は前に言ってますが、それとはどう関係してるの?このイベントが大変化をきたすと言ってますね。地球の大変動、アセンション的イベントになる。この2030年に起きる可能性のソーラー・フラッシュと50年かけるディスクロージャー説は、どう説明出来ますか?
 

コーリー:その太陽イベントは、その説のシナリオには全く考慮されてません。ソーラーフラッシュの事は、大統領にも告げられていません。彼らは、一切これを考慮してません。ただ100年後は、どっちの道をいくかだけを想定してます。本当にトップ中のトップしか太陽イベントに関しては知らされていない。このマイクロノバに関する情報が出てくるのは、このエリート集団にとってドグマであり宗教的な脅威なのです。月でオレンジや緑のガラスが発見されている。それは検証され、太陽から放射された物質である事が分かってます。どんなサイクルでこれが起きるかも、期限も切れている事も認識しているが大衆や地球を支配している低次元の人々にも知られたくない。地底深くに基地を建設している人達も太陽イベントに関しては、知らされていない。何かしらの理由は提示されているが誰も過去に巨大な太陽イベントが起きていた事さえも知らされていない。我々がこの事を公表し始めてから 上部の人達は、それに気がつき始めてはいますが、大衆には、それを知らせるシナリオにはなっていません。
 

サラ博士:それで貴方はどうなんですか?私や他の人達も手助けてしてますが、貴方は完全開示を押し進めて来ましたよね。どういう意味でしょうか?ただ今の状況の中でベストを尽くすしかないのでしょうか?テクノロジーが徐々に明かされていくだけ?それともフル・ディスクロージャー運動として、何か出来る事はある?ベストを尽くして、この様な情報をどんどんアップして行く事だと思います。

コーリー:残念ながら、この新しいシナリオが出て来たので、我々の話を押しつぶそうとするでしょう。ETが存在するというバージョンは嘘であると言い、未来の人間だというシナリオが押し進められます。ですから我々の様にETの存在を伝える人達は、横に押し出され、口封じを試みるでしょう。プログラム内に完全開示を求める人達がいて、情報を我々に持って来てくれない限り異なる2つの話の対戦となる。残念ながら、この異なるシナリオをリリースする事を決断したグループは、パワーを持っています。我々が「ETはあそこにいるよ」と言っても「じゃあ写真を見せろ」と言うでしょう。「写真はない」と言うと「我々は写真があるよ。今も左肩の後ろに飛行船がいる」、皆「うあ〜〜」という。実証できる物を人は信じていきます。ですから話は、微調整されます。TTSA(トヨタ工業学園)とか他のグループなどが非常に驚く様なテクノロジーを紹介して行くと聞いています。それは、非常に注目される内容です。注目度が高ければ、話をその方向に変えて行きやすいという事です。
 

サラ博士:では、アンシャーやSBAが過去に話した良い方のタイムラインについては、この話が公表されると、そのタイムラインに乗る方向に行きにくい気がしますが、どうですか?
 

コーリー:私は、その良いタイムラインの方に行く必要な知識が何なのかという事は聞いていません。私が見せられたのは、ただ完全開示は、ソーラーイベントが起きるまで起きなかったという事。その時は、ETが来て我々を助けてくれたので、その時点では彼らの存在を肯定せざる負えない。ですから、私が思うには、我々の知る情報をもっと一般大衆に見せて行く事です。それを行うベストな場所は、今の文明ではエンターテイメント産業です。なので我々はアジアの皇族でかなりの金や資産を保有する人達と繋がりのある人に資金調達を今交渉しています。今、幾つかのグループが活動してくれており、ドキュメンタリーを制作したり、映画にそれを導入する。それにより大衆意識にポジティブな影響を与え、完全開示に向けて意識に種を植えていく作業をする。そこで「未来の人間」のシナリオが公表された時にでもグレーとかETと遭遇している人達はどうなの?これはどうなの?とそう疑問を抱かせる為に大衆意識に種を植える。人々が疑問を持ち質問する様になる。それがロジカルなプロセスだ。前も言ったけど誰かプログラム内にいる人で何らかの証拠かテクノロジーを持ち出せたらほぼ不可能だけどでもそんな事が起きない限りシナリオの対戦になる情報戦争だね。
 

サラ博士:Qanonの情報は、この新しいシナリオにどう関連してくるの?アライアンスであるQanonは、その情報を押し出すの?Qは、既にETの実在や秘密宇宙プログラムは存在する事を匂わせてますね。Qは、すでにヒントを出している。だからQは真実を突き通すの?それとも新しいシナリオに準じていくの。
 

コーリー:Qには、大きな計画があり、なんでこう呼んでいるのか知らないけどQに対する大きな情報の対抗運動があり、これをオースティン・パワース計画と呼んでいる。UFO学会にわりと最近起きた事と同様Qanonのコミュニティ内でも潜入しているスパイがいて、ある種の話を流している。電子機器において、Qanonの動きの監視を強化しています。脅迫とかその人物の信頼を失わせる様な情報を流したり、悪質です。動画サイトなどで名前を知られようとしている人達の中でそれぞれが分裂していく様にとか、異なる情報が飛び交うように細工します。私が聞いた一つのシナリオ計画は、アライアンスがスタートした60年代の頃ですが、その頃からQanonを導入する計画があったと聞いてます。その情報は未来からミステリアスに入って来て、その計画を実行している非常に優秀な大将や将官とそのチームが50年代から60年代初頭にこの計画をまとめたと聞いてます。しかし情報は未来から来たと言ってます。更に信頼を落とす為、アイゼンハワー大統領とエリア51の事件がありましたね。
 

サラ博士:1958年頃、これがアイゼンハワーが組織を形成したきっかけあるいは未来の人からコンタクトを受け、実行したのかも。
 

コーリー:うん。そうかも。でも、それは事実に反すると聞いてます。非常に優秀な大将や将官が非常に戦略的に計画したものが今日まで実行されていると聞いてます。
 

サラ博士:分かりました。まあ、これは完全開示の動向をフォローしている人達にとっての状況説明になったと思う。基本的にソーラーフラッシュが起きるまで、本当に起きたらそれが完全開示への始まりとなるという事だね。それまでは、ずっと緩やかな特許とかの開示が徐々に起きるだけ。企業がその特許を生産し始めるとか、少しづつは出てくるけど、我々が望む様な速度では進まないという事だね。
 

コーリー:そうです。我々が望むよりも遥かに遅くなります。アライアンスとカバールが戦争になっていてカバールはある部分で後退したり交渉したり、妥協したりしてます。アライアンスの中にも今良い事をしているが、過去には罪を犯していて、それが知られたら刑務所行きですから。あらゆる状況が絡んでいて、ある人達が死なないと情報を開示できない内容もあります。
 

サラ博士:なるほど。ワンダフル。これを聞いている視聴者の皆さんは、あと10年ほどの心の準備がこれで出来たでしょう。
 

コーリー:汚職は完全にはなくなりませんが、減少していくでしょう。常に自分の方が上手だと思っている人達はいます。我々が求める情報をちょっとづつ与えるつもりです。彼らが状況をコントロールしてますから我々が賛成しなくても決定権を持っている。ですから我々はどんどんET関連の情報、実際にコンタクトしている人達の情報を流していくしかないです。プログラムに所属経験のある人達が又少しづつ出てきたら、彼らを手助けてして、このコミュニティに、大衆意識にも、常に情報を提供し、ET情報を頭に植え付けていく必要がある。彼らは、異なるシナリオを何年も提示してくるからだ。新しい物理学や時間への理解を始めるエキサイティングな時代になる。未来の人達との交信も学ぶ。これだけでも大きな意識の拡張にはなる。ソーラーフラッシュが起きるまでに必要な完全開示ではないけれどね。
 

サラ博士:うん。いいね。それは大衆にとってはきっと良い事だね。でも私個人としては・・完全開示が起きないのは、ガッカリだけど波乗りを学ぶしかないね。望ましい波でなくても、それを受け入れるしかない。上手く波乗りする事だね。
 

コーリー:そうです。私も最近のブリーフィングでこの内容を明かされ、不満を抱きました。前は、もっと大きな開示がされると聞かされていて、その方向に行く様な感じだったけど、しかし最近、違うシナリオに変わったと言われました。不快です。それとあの洞窟にいた時、どうやら観光客が多くあそこに入り酸素を吸い取っていく・・風も入って来ないから。全く酸素がなくて、非常に苦しかった。二度度あの洞窟から配信する事はないよ。ブリーフィングは再開されてるけど前とは違う。情報も少ない。情報の幅も狭い。以前は、もっとベネズエラでこれがあって、あ〜それから、あそこでこれがあってと多くの情報が入ってきました。全部が繋がる感じで有益情報だったけど、今は、全体の一部を少しだけしか入って来ません。セキュリティが理由で全員そうだと聞いてます。

サラ博士:了解。ベストを尽くして得た情報を流して行きましょう。何が起きているのかを個々で把握してもらうように手助けして行きましょう。顔見ながら話せて良かった。
 

コーリー:もっとやろうね。
 

サラ博士:勿論!
 

ご視聴ありがとうございました。
 

https://youtu.be/BGabv_QNxqU
 

オリジナルSBA動画:https://youtu.be/By15qKz6CXk

----------------------------------------------------------------------------------------------
サラ博士
 

「タイムライン戦争」に関しては、こちらのブログページでも詳しく書いてます。
https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/cb288277d135496edcc6c9ed078f81a7
 

AIのタイム・ライン問題は、こちらのブログ・ページに詳細があります。特に動画「A.I. 人類侵略計画」(日本語字幕あり)は分かりやすいので見ていない方はお進めです。
https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/c/b88b235e1fa204d12d98aa939259c8cc
 

コーリー・グッドのソーラーフラッシュに関する情報は、こちらのページです。
https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/5e3a785f0e36051bf05c74cf250dc77e
 

「真実の泉 - ディスクロージャー」
 

今年の6月18日頃、トランプ大統領が「ロズウェルには何があるの?」と息子に聞かれたニュースが話題となり、多くの報道媒体が取り上げていました。トランプは「今は言えないけど、非常に興味深い内容である」と言った。

https://nypost.com/2020/06/18/trump-says-he-heard-interesting-things-about-ufo-mecca-roswell/
 


∞ コーリーグッド氏はプレアデス艦隊からのメッセージには全く関心がないようで、この対談でも闇の勢力のSSP絡みの情報に基づいての将来予測を話しています。つまり、彼の中では人類は未だに闇の支配下にあり、まったく解放されていない状態という認識なのでしょう。これは「悪いタイムライン」の話しですが、一方、最新のフレアデス伝達によると、プレアデス艦隊は敵対するドラコ艦隊にほぼ壊滅に近い打撃を与えており、残るドラコ艦隊は地球の近くで必死の抵抗を続けているようですが、何れ近いうちにプレアデス艦隊が全面勝利することになるでしょう。そうなれば、今年度中に『宇宙船 天空に満つる日』如くに空にたくさんの宇宙船が対空しているのを多くの人が見る日が来るでしょうし、そして地球のSSPを含む闇の勢力は全て逮捕されて裁判にかけられ刑務所で相応の罪に服す事になります。これが「良いタイムライン」です。しかし現時点では人類がどちらのタイムラインを選択するのかは未定です。皆さん、是非、「良いタイムライン」を選択してその創造に参加してしてください!



(^_^)/

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 23:06 | comments(0) | - | - |
ガーナの大統領が暴露したロックフェラー財団の計画書 (07/20)

∞ コロナウィルスパンデミックの背景を詳細に伝えています。(^_^)♪
 

 

 

 


ガーナの大統領が暴露したロックフェラー財団の計画書

2020年7月20日
 

ガーナの大統領ナナ・アクフォ-アドが語る真実



「アフリカのリーダーがようやくビル・ゲーツの殺人的ワクチンを暴露し拒否する」
 

www.voicetvnigeria.com
 

アフリカ人の発音がちょっと分かりにくい部分も少しありますが、大まかな部分は理解頂けると思います。
 

マータ

----------------------------------------------------------------------------------------------
 

親愛なるガーナの皆様へ
 

ロックフェラー財団の作成した書類がある人から手に入りました。
その内容は、PDFでWebsiteにアップされています。
 

ロックフェラー財団
これは一部を抜粋して読み上げます。
 

「ロックフェラー・ロック・ステップ計画 2010」
題目:仮説 - グローバル・アウトブレーク

 

ステップ・ゼロ - 全体のタイムラインと期待できる結果
 

- 非常に致死率の低いウィルスを作る
 

- SARS とHIVのハイブリッドを作る
 

- これはフォート・デトリックのクラス4の研究所にて2008年〜2013年に研究されていた。コロナ・ウィルスはコウモリにはWifiの様に簡単に広がるのに、人間では何故そうならないのか?という研究だった。その為真の受容体であるHIV(人間に感染させる為に必要な要素)を注入した。
 

フォート・デトリック アメリカ合衆国・メリーランド州フレデリックにある、アメリカ陸軍の医学研究施設である。アメリカ軍における生物兵器の使用や防護に関する研究の中心拠点となっている。
 

- バックアップ・プランとして、生物兵器として、もっと致死率の高いウィルスを製作する。これはフェーズ3で必要に迫った際にのみリリースする。(SARS、HIV、MERS)三種混合のハイブリッドは、フォート・デトリックにて2015年に製作された。
 

- これは、カナダのウィニペグにあるクラス4の微生物研究所に移送される。そして中国人が盗んだ事にする。これも意図的であり、中国・武漢のクラス4の微生物研究所に持っていく。
 

アド大統領: 「WOW!」
 

- 必要に迫られたら、大衆に説明するバックアップ・プランとしてシナリオを作成。
 

- 主たるシナリオ:自然発生- 中国が開発していたウィルスが事故的に漏れてしまった。
 

- ファウチ、バークス、テッド・クルーズ(?)の情報報道者、WHO、NID(?)、CDC(アメリカ疾病予防管理センタ)、 UNという組織らがパンデミックが起きた際に報道する。このパンデミックの間は、彼らがシナリオに従って事態をコントロールする。
 

- ワクチンの開発と資金の調達。我々の計画通りに世界的に展開する。
 

世界的ワクチン・アクション・プラン - ビル・ゲイツの2010~2020の10年計画
 

- ワクチン・検証・デジタルIDプロトコル教育を立ち上げ、資金調達。
 

- 委任が成立したら、ワクチン・プログラムを実施する。ゲーツID 2020.
 

- 仮説 - ロック・ステップ計画 と同様に、最終的な戦争ゲームとして現実社会のエクササイズとしてワクチンをリリースし、タイムラインの予測と成果を見ていく。
 

2019年10月に開催されたビル・ゲーツのイベント201
 

- 武漢の研究所から自然のスケープゴートとしてウィルスを発生させる。これが望む主たるシナリオ「武漢の市場から発生する。」
11月2019年
 

アド大統領:「これは全く不正不法。秘密で邪悪な計画が成されている。」
 

- 控えめに人間から人間と感染させる事を出来るだけ長く持続させ ウィルスを世界的に蔓延させる。各国がロックダウンする前に、初期の感染が十分に広がる様にする。
 

アド大統領:「信じられない!WHOがまさにこれをやったね。控えめに人間から人間と感染させる事を・・」
 

- ロックダウンが起きたら、国内でウィルスが広がる事を持続させる。
 

- 十分な感染者数が出て、隔離を強要しない。ロックダウン後は、ゆっくりと広げていく。
 

- 死者数を誇大に報道し、いかなる死因も全てコロナが原因であったと報告させ、恐れと命令に従う心理状態を最高に保つ。
 

- いかなる死因であったとしてもコロナ陽性の場合には、死因としてコロナで死亡した事にする。
 

アド大統領: 「だから、今耳にしている死亡者数は操作されている。アメリカは、これを理由に中国を責めているが、中国の人数は正しいのだ。しかし、このウィルスはアメリカで製造されたものであり、アメリカが計画している人口減少計画なのだ。これはファウチ医師とロックフェラー財団によって実施されている。
 

だからアメリカの死者数は実際にはCovid-19とは関係ないのだ。ちょっと症状があるだけで、コロナが死因であるとされているのだ。死者20万人と報道する。恥じるべきだ。」
 

- 大衆を出来るだけ長い間隔離させ、経済を崩壊させる。
 

アド大統領:「信じられない!」
 

- 市民を不安に陥らせ、フードチェーンを崩壊させ、深刻な食糧危機も作る。
 

- 同時に人々が交流しない事によってバクテリアを減らし、免疫力を下げる。
 

アド大統領:「我々の免疫力を低下させ様としているのだ。だからもっと外に出た方が良い。彼らはバカにしている。」
 

- 可能な治療法を攻撃し、ワクチンのみが有効な治療であると仕向ける。
 

- 二週間おきにロックダウンを続け、いずれ大衆が怒り、反対デモを起こさせる様に仕向ける。
 

- 2020年6月に一度、ロックダウンを解除し、数週間解放する。
 

- 8月、9月でまた死者数を誇張させ報道する。他の病死でも出来るだけコロナが死因と報告させる。
 

- 何ヶ月も隔離状態で、大衆の免疫力を下げていく。
 

- 10月,11月には第二の波が到来。政府を信頼しない人々によって反対運動で暴動が更に激しくなり血塗れになる。
 

- 「ほら、言っただろう。まだ早すぎると忠告したはずだ。髪の毛を切りに行きたいとか自由を求めた君たちのせいだ。」と言う。隔離を更に強化し、違反者には罰金が課せられる。
 

- 旅行も不可能。

- 軍による大衆への監視を強化。

- 食料やガスなどの不足により、最低限の買い物しか出来ない。それも許可を得た場合のみ。
 

- フェーズ1 ロックダウンにより世界的に経済を崩壊させ、食糧難を発生させる。
 

- フェーズ2 長めのロックダウンを実施。6ヶ月+。その間にワクチンを強制する。反対する者には、国家への危機であると脅す。国家の敵とみなす。もう普通の生活には戻れないとワクチンを強要する。
 

アド大統領:「信じられない!神よ、どうかご守護を。」
 

- もしも大衆が計画に従えば、新しいシステムに入る。反対する者は、仕事や旅行を制限される。
 

- 大衆の殆どが反抗する場合:SARS+HIV+MERSのハイブリッド生物兵器を放つ。死亡率30%の強いウィルスだ。これで最終的に大衆を脅かす。「ほら言っただろう」と反抗している人々にワクチンを打たせる。
 

- 新しい経済システムを提案:マイクロソフトの暗号通貨060606
 

- 身体活動のデータを使ったシステム
 

- 新しい経済システムの実施:食料・水・住まいも武器となる。基本的に我々がやりたい方向に動けば、それらを得られる様にする。従わないと必需品が得られず罰則を受ける。従えば得られる。
 

アド大統領:「これは録音されています。この計画をみんなに知ってもらいたいのでシェアして下さい。今まで起きている事は、まさにこの計画書通りに起きています。ロックフェラー財団からの書類です。これをある人物が我々に密かにリークしてくれました。この動画は削除されるかもしれませんが、録音してあります。陰謀説とか言いますが、これは事実である証拠です。不正が起きている証拠です。神がこれを暴露させて、この邪悪な秘密の計画があった事を大衆が知る様に年内までに起きる事を祈っています。最終的には我々を全員ワクチンを打たせる事が目的です。それが最終目的です。
 

ガーナが神の祝福を受けます様に。自由と人権を守ります。どうかこうした抑圧する様な行為から我々が抵抗できる力を下さい。そして真実が賞賛されます様に。
 

我々はビル・ゲーツ、アンソニー・ファウチ、ジョージ・ソロスと人口減少計画に断固として戦い抵抗します!
 

私は神の名において、彼らが成功しない事を布告する!
 

神よ!どうか彼らと我々を審判して下さい!
 

彼らは我々人類をパニックに陥らせ、騙し、天地をひっくり返そうとしている。
 

世界は彼らの邪悪な計画には乗らない!絶対に乗らない!神は思うようにはさせない。
 

今私は彼らに断固として反対する!」
 

----------------------------------------------------------------------------------------------
 

マータ
 

14:35~ 他の報道陣のニュースに変わる。ロシア人?東欧の様な英語の発音ですが、話している人の名前、国は定かではありません。
 

アメリカはキッシンジャーの頃からカーター大統領の時もずっとアフリカ人の人口削減計画を実施させ、避妊や中絶を強要させて来ました。1990年から2000年の間だけでも、米国、カナダ、欧州が60億ドルを投じてアフリカで避妊をする様に力を注ぎました。清潔な食料や水を与えるのではなく、避妊に力を入れたのです。マラリアを防止させる事にも一切手助けしていません。死んでもらいたいのです。
 

ですから、アフリカの人々に海外からのこういった事態を知ってもらい、自分達で自分達を守る事を行っていかなければいけません。


∞ これが「コロナウィルス」の真実でしょう。この全ては世界のごく一部の特権階級の闇の勢力が本当のやっていることです。
 

しかし、「ガーナの大統領」が、なぜ「ロックフェラー財団の計画書」の暴露をすることになったのかの経緯は不明ですが、闇の勢力のとっては予想外の時、人物によるリークだったので、事前に手の打ちようがなかったと言うことかも知れません。光の勢力の作戦勝ちかも。



(^_^)/

 

 

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 20:06 | comments(0) | - | - |
コーリー・グッド (07/16) ジェームズ・ギリランド - インタビュー Part 2

∞ 後半は情報量が多いのでしっかり読むと、大分時間がかかります。(^_^;)

 


 


コーリー・グッド
2020年7月16日
 

 

ジェームズ・ギリランド - インタビュー Part 2



ステーシー(コーリーの妻):視聴者からの質問「Q: 憑依を取り除いてもらうのは、貴方にお願い出来るのでしょうか?
 

ジェームズ:オンラインで出来ます。ECETIのHPからメール下さい。
 

コーリー:そういえば、4月のイベントからのビデオがありますが、それを今流しましょうか?
 

ジェームズ:はい。いいですよ。それは、ある晩のスカイ・ウォッチをした時のです。もっと凄い映像は過去にありますけどね。
 


57:10〜1:09:15
 

映像内のジェームズ:凄いゆっくり進んでるね〜 ハレルーヤー!ハロー!大きいね〜 本当にゆっくり停まっている・・フラッシュして消えていくね。南の方に行っているのは不思議だ。宇宙ステーションではないね。
 

また来たね。不思議な事に家の前に来ると明るく光んだ。どうよ、これは?木の上にいるね。どんどん降下してくる。地上に着陸するかの様だね。小さいのがその上にもう一機いるね。あ、もう一機いるね。見える? 一機がメインの宇宙船に向かって降りてくる感じ。。
 

ナイス・フラッシュ!パルスを送って来ている。・・・行っちゃった。
 

また2機いるね。凄い上昇して・・・またUターンしている。。面白い動きだ。
 

寒いね。今夜は・・そろそろ戻りたい。
 

上のがまたフラッシュした。
 

コーリー:これは、映像だけ見ていても信憑性がないけれど、実際に肉眼で見ると認めざる負えないですよね。
 

ジェームズ:私のHPにももっと素晴らしい映像をアップしています。今年の4月に撮影した10分から20分の映像です。ですから、まだまだ起きています。ジョン・ヴィヴァンコによるリモート・ビューイングでは、2機が地上に着陸していたのです。何人かがリモート・ビューイングして、同じ事を言っていたのですが、猫化のヒューマノイドだったのです。彼らは自分で宇宙船を創造できるのです。マカバの様なものです。彼らは見えているものが理解出来ていなかったのですが、それはマカバだと私は言いました。とても高次元の存在達は、マカバを自分で形成する事が出来ます。マカバを使って旅行し、好きな時に出現して消えていく事も出来ます。
 

猫化のETには3種類います。一つはヒューマノイド型。これは古代の歴史に多く登場します。ヴェーダの中ではニリシャとかシュリンガ・・エジプトではセクメットがいます。彼らは、今入って来ていて、守護の力が強く、ライトワーカー達を手助けしています。


コーリー:はい。私も一度貴方が送ってくれて、彼らに助けてもらった事があります。ルーシー(ルシファー系)に右から左からとボコボコに攻撃されていた時です。


ジェームズ:そうだったね。彼らは強力スクワット隊の様なもので、彼らが現れたら大抵の存在達は逃げていくよね。(笑)


コーリー:私がECETIにいて撮影する前に、貴方が部屋のクリアリングをしました。最初部屋はとても寒かったのですが、クリアリングをしたら私の身体は足の爪先からぐ〜と熱が上がってきて全身が熱くなり、非常に寒かったのに、外に出てジャケットを脱ぐくらい体が熱くなりました。


※ECETI(Englightened Contact with Extraterrestrial Intelligence)は「毎晩UFOが見える別荘」と呼ばれるアメリカワシントン州の別荘地にあります。代表者のジェームズ・ギリランド氏の様々な宇宙的体験により、UFO目撃のメッカとして世界的に有名になりました
 

ジェームズ:そうですね。ライン系のETとかアンドロメダのET達は、とても熱いエナジーを放出しています。我々とは異なる密度で、交わると密度が異なる為、相手の熱を感じます。プレアデス星人たちが来るととても涼しい、グレース、優美なエナジーを感じます。とても美しいです。みんな異なるエナジーのサインを持っていて、光も異なります。マリア様的な存在が入ってくると、部屋がピンク色になります。これもとても美しいです。
 

これはジェイソン・グリーブスが撮影したものです。彼はロイヤル・エアー・フォース(空軍)所属で、パラノーマル現象を調査しています。彼の調査は素晴らしいです。この写真はここの牧場で撮影したものです。
 

 

これはワークショップを終えた時に撮影したものです。多くのエナジーが入って来ているのが分かります。
 


 

 

コーリー:私がそこにいた時にも遠赤外線のメガネで見ると皆が瞑想していた際に、プラズマの玉みたいのが皆の上に降り注がれていたのを見ました。
 

ジェームズ:この場所は、ヴォルテックス上にあり、二つのレイラインが交差している場所なので、オーブ達の高速道路の様な場所です。(笑)
 

これはマリア様が出現した時です。これはセルフ・マスタリーのクラスをやっていた時です。彼女が部屋に出現すると女性達は泣いていました。タオの僧侶も一人来ていたのですが、彼はカメラを持ち出し撮影に成功しました。
 


 

 

これが神聖な女性性です。宗教とは関係ありません。彼女は全ての人々の為に存在しています。特に子供達の為に働いています。今起きている子供への虐待とか暴行などの酷い事態のヒーリングをしてくれています。
 

この右側は、シージーというプレアデスの女性です。オーストラリアのECETIのピーター・スラテリーが撮影したものです。
 

これは観音様です。ピーターがここで撮影したものです。非常にはっきりと全身が写りました。左はケイティが撮影したもの。彼女はここでボランティアとして働いているのですが、とても素晴らしい写真を多く撮っています。これも観音様ですがエナジーだけで捉えたものです。
 


 

 

これはコーリーが最近うちの牧場に来た時ですね。一番右がピーターです。一番左がジョン・ヴィヴァンコです。
 


 

 

写真は本当に沢山あります。UFOだけでなくETや妖精やビッグフットも来ます。ビッグフットはリンゴを置いておくと持って行きます。ピーナッツバターも好きみたいで瓶ごと置いておくと蓋を外して中だけ食べて、また蓋がきちんと閉めておいてあります。(笑)動物だったら、蓋の開け閉めは出来ませんよね。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: コロナ旋風が巻き起こって以来のUFOの動きに何か変化はありますか?
 

ジェームズ:そうですね。彼らはこのウィルスを消滅させる事も簡単に出来ます。(でも干渉しない) これは人為的に作られたウィルスであり、お金が絡んでいます。あまり話せませんが・・これはいずれ公になると思います。
 

コーリー:ステーシーが最近見つけましたが、シム・ゲームでPlague (疫病)というゲームまで開発されているようです。ウィルスに名前をつけて、それを世界に広げていく様なゲームです。
 

ジェームズ:出来ていてもおかしくないですね。
 

ステーシー:このゲームは2012年に発売されており、今年の4月に中国ではiTuneなどからの購入を禁止にしたようです。
 

視聴者からの質問「Q: ネコ科の三種について、教えて下さい
 

ジェームズ:ヒューマノイド型の猫種族は、探検家でプロテクター(保護者)で愛に溢れています。とても背が高いです。山の中に住んでいる存在達をも守っています。彼らは、5次元から来ています。
 

6次元からはバンサー種族です。二足歩行で立っていて、非常に愛に満ち溢れています。歩き方がとても優美で美しいです。とてもエレガントです。私の前にジャンプして来て、尻尾を降って遊ぼうよ〜っと言って来た事もありました。
 

7次元からはライオン種族です。非常に背が高く5mくらいあります。彼らは神々の眷族(けんぞく、一族?)で守護しています。古代の歴史にも存在していますが、アヌンナキの守護もしていましたが、アヌンナキが落ちぶれて行ったので離れて行きました。アヌンナキの中には没落せずにアセンションを遂げて上の次元に上昇した人達もいます。没落したアヌンナキが戦争や争いを今でも起こしています。でも今、ライオン族が到来して、クリーニングをしてくれています。多くはシリウスやライラ(琴座)から来ています。基本的には、冒険家、探検家でプロテクターです。
 

----------------------------------------------------------------------------------------------
こちらに猫族に関する情報があります。
----------------------------------------------------------------------------------------------
 

コーリー:とても良い質問が沢山来ていて、私も聞いていて初めて知る事も多く楽しいです。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q:  山の中では今何が起きているのですか?
 

ジェームズ:シャスタ山とかアダムス山では色々起きていて、多次元で同時に起きているので説明するのが難しいですが、まず前回の地球変動の時期に地底に移動したアトランティスあるいはレムリアからの種族がいます。彼らが地底に入った時に既に地底に住んでいる存在達がいました。彼らは肉体を持っておらずエーテル体ですが、彼らとの関係の問題もあります。このエーテル体の存在はエルフとか妖精と云われる様な存在達です。それから銀河間の飛行場もあります。
 

それからHarold Oldfield Pip technology →動画があれば、実際に撮影が出来ますが、この山からエナジーが放出されています。ここからは、ピラミッドよりも多くの凄いエナジーを放出しています。地球の周波数を調整していて、アセンションのプロセスを助けています。
 

ですから色々起きています。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: アセンデット・マスター達(覚醒した先達)は地球に来ているのですか?
 

コーリー:マスター 達とガイドの違いも知りたいですね。
 

ジェームズ:私が理解しているのは、天使の王国、マスター達の王国があり、彼らが地上に今送り込まれているスピリチュアルあるいはテクノロジーに関係する先祖達と関係していると思います。例えばマリア様の神聖な女性性のエナジーは、プレアデス星人達と繋がっていて、今降り注がれていますが、彼女は元々は琴座から来ています。我々の最も古い形は、古代の琴座からプレアデス、冥王座、オリオン座へ移動して、地球や火星(マルデック)に来ました。今地球に来ているスターシード達の多くは、高次元から来ていてマスター達がいる次元です。
 

今の若いスターシード達は、プレアデスとか猫化種族だったり、高次元から来て人間になりアセンションを手助けしに来ています。彼らは、人間になり凄いトラウマをも経験しています。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: サイババは牧場に出現しましたか?彼らどの王国から来ているのか知っていますか?
 

ジェームズ:ふ〜ん。。サイババの弟子だった人を私は知っています。彼女の小さな寺院で一緒に瞑想した事があります。灰が現れました。そしてサイババが見えて、もう一人マスターが見えました。長い黒い髪の毛でローブを纏っていました。一緒に出現しました。。まあ、あまりそこで起きた事を深く話ませんが・・とにかく誰かを崇拝する様な行為は止めた方がいいですね。崇拝すると自分の力をその人に与えてしまう事になります。マスター達は、貴方が自分の力に目覚める事を手助けに来ているだけです。ですから、もしもマスターが目の前に現れたら、ハイファイブを送って、やあ〜こんにちわ〜と言えばいいだけです。崇拝してはダメです。崇めてしまうと遠い存在になってしまいます。実際はそうではありません。とても近い存在なのです。彼らはいつも常時周りに存在します。意識していないだけです。
 

※High fiveは和製英語で「ハイタッチ」のこと
 

コーリー:そうですね。それは大切なポイントだと思います。崇拝して崇めてしまうと自分の力を失う事になります。生きている師匠的なグルとかでも同じだと思います。一緒に時間を過ごせば過ごす程に普通の人間であるという事が分かりガッカリします。
 

ジェームズ:本当にそれは大事だと思います。私のワークに参加する人達にも最初に伝える事は私は先生ではなく、マスターでもないという事です。ただ私が知っている情報をシェアし、貴方が自分の力に目覚める事を手助けしたいだけです。自分の本質に目覚めて、自分を愛する事が大事です。そして人生を楽しむ事です。全ては笑えますよ。目覚めていくと全てが愉快です。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: ECETIに行った時には、どんなエナジーを期待できますか?
 

コーリー:私の体験を少し話すとセドナに行った時もそうだったのですが、ECETIでもちょっと目眩がする様な酔っぱらった感じに最初の一日なりました。エナジーのボルテックスの中に入った感覚です。
 

ジェームズ:そうですね。まあスピリット酔いするとでもいいましょうか。(笑)最初の数日はただただ眠くて寝まくる人もいれば、至福感で泣いて里帰りした感覚だと言う人もいます。でも数日経つと内面から色々浮き上がって来て、色々ネガティブなものが爆発する場合もあります。それでそれを人のせいにしたり、人に当たったりし始め、ネガティブな習性が出始める事もありますし、ずっと素晴らしい体験のままの人もいます。たまには、まだ準備が出来てない人も来て、クリアリングをしても心を開かない人もいます。そういう場合には、他で試して下さいと言うしかありません。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: ヒンズー教の神々はETですか?
 

ジェームズ:そうです。(ニコニコ) 多くの青い種族は、銅が基盤になっています。我々は鉄分が多いわけですが、彼らは銅が多いわけです。そして多くは地底から来ています。他の色々な星から来ている存在もいます。旧約聖書に登場するエロヒムも複数で神々と言っています。エジプトやギリシャ神話に登場するのも複数の神々です。彼らの元は全部アヌンナキです。新約聖書では、全部愛と許しを与える善の神だけになってますが、旧約聖書では怒りや嫉妬に狂った神々も登場します。
 

ですから、我々にもその両面が内在するわけですが、愛と許しの自己にフォーカスして、ネガティブなものを解放していく必要があります。心と魂は繋がっています。多くの人はマインドを使って覚醒に到達しようとしますが、マインド(脳の思考)は酷いマスターであり、そこの奴隷になってはいけません。心と魂で感じて、全ての決断をしていかないといけません。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: プラズマ・ビーイングについて何か知っていますか?18年前に私は遭遇しました。マカバの作り方などを教えてくれました。
 

ジェームズ:オーブの多くは、プラズマ・エナジーで出来ています。我々もオーブ(球体のエネルギー体)です。私は、自分の胸からオーブが出てきて、そのオーブとして宇宙旅行する事ができます。単にエナジーや意識のレベルです。本来、我々も自分でプラズマを形成する事もできます。
 

オーブにも色々あり、黒い濁ったオーブはあまり良いものではありません。美しい色のオーブは高次元の存在です。特に青い色のはとても次元の高い存在です。ただ肉体を持っていないだけの意識体です。昔は持っていたのかもしれないですが、進化して異なる次元から来ています。


ステーシー:視聴者からの質問「Q: 妖精とか小さい人達はどんな次元から来ているのですか?
 

ジェームズ:4、5、6次元あたりから来ています。4次元の低い次元は、グレーとかデーモンとかあまり良くない存在達です。4次元の中位にいるのは、生まれ変わりを待っている存在達です。まだ覚醒していない人達です。4次元の高位にはスピリット・ガイドや先生達がいます。ただ彼らもまだ覚醒できておらず生まれ変わりのサイクルの中にいます。何か文化的あるいは宗教的プログラムの中の概念を手放せていないからです。ですから、全ての文化・伝統・宗教という枠を外していかないと統一的な意識、ユニティー・コンシャス(融合意識、統一意識)には到達出来ません。それが出来ないと5次元にはいけません。
 

6次元のエルフに出会った事がありますが、とても美しい愛に溢れた存在でした。ここでは妖精が水晶を手に持って飛んでいる写真も撮影できています。ノームも・・確か6次元の存在達にもここで会いました。
 

4次元の低い次元は避けたいですね。(笑)アストラス・トラベルでは、多くの人がそこに行ってしまいます。ドラッグを使って旅するケースも無意識にその次元に行ってしまう事があり、そうすると精神に問題をきたしてしまいます。精神病院などでは、そういう人が多いですが、彼らにもヒーリングをしてあげる必要が本当はあります。私もある病院で教えた事があります。その精神病患者はヒーリングがおき、完治して今はカウンセラーとして仕事をしてハワイに住んでいます。ただ対話の仕方を習うだけで出来る様になります。ネガティブな存在達に語りかけて、正しい場所に送る事をすればいいだけです。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: イエス・Jesus は誰ですか?アセンデット・マスター/覚醒したマスターなのですか?それとも他の銀河から来た生まれ変わりなのですか?
 

コーリー:私の経験を少し先に話してもいいですか? 私の祖父はナザレ教の牧師でした。なのでその教えでは、何か存在が出現した時には、そのスピリットをテストする様な教えが意識の中にエンコードされていました。秘密宇宙プログラムにいた時も常にそれを行っていました。ですから私はブルーエイヴィアンが出現した時にも、イエスは誰ですか?と聞いた事があります。
 

彼らはまずはお辞儀をしました。それから私にダウンロードで映像を送ってきました。銀河のロゴ、マインドが送信されて来ました。この銀河のロゴ/マインドは、宇宙のフラクタル《多角形[多面体]の分割されたどんなに小さな部分でも全体に相似しているような図形[面]》だったのです。絶対唯一の創造主のフラクタルだったのです。星の一つ一つも宇宙=絶対唯一の創造主のフラクタルであり、我々人間一人一人もそのフラクタルなのです。我々のハイヤーセルフからローセルフまでずっと繋がっている。
 

それでイエスは、銀河のマインド・意識の生まれ変わりだと知りました。
 

これは凄い事が起きたので、銀河のET達は皆興味津々に事態を観察していたのです。これは色々な星で繰り返し起きている事なのですが、非常に美しい進化・変革へのキック・スタートが起きたという印になるわけです。
 

ブルーエイヴィアンに私がイエスについて質問した時には、一瞬瞬(まばた)きしている間程の瞬間にこの映像を見せられました。
 

ジェームズ:はい。それは非常に正確な情報だったと思います。私が得た時の内容は、彼は至福の世界から出現したと説明されました。それは、宇宙意識ともいえる場所だと思いますが、彼は完全に覚醒した存在でした。彼が人間に生まれ変わる時には、12人のマスター達がイエスの中に彼らのエナジー、能力、意識を注ぎ入れたのです。その為に、イエスは12人の弟子を持ったのです。そして、その一人一人に12人のマスター達の力がそれぞれ注入されたのです。そして13人目がヤハウェだったのです(これを言うと怒る人もいるかもしれませんが)。エホバが旧約聖書の神で、ヤハウェが新約聖書の神的な存在ですが、ヤハウェが全てを愛し、全てを許し神だったのです。これは色々異なる話をしている人達もいると思います。
 

マリア様は、太古の琴座(Lyra:ライラあるいはリラ)から来ている純粋な存在で、のちにプレアデスとも繋がっていきました。ヨセフがマリアと結婚しないと言った時、マリアは既に身篭っていましたが、ヨセフは私は彼女と寝床を共にしていないと言い、とても怒りました。するとヨセフの前に光の存在が降臨し、「これは我々の子供であり、神の子供だ。だから貴方は自分の子の様に育てなさい」と言ったのです。それでヨセフはその通りにしました。
 

とにかくマリア様の遺伝子は、非常に波動の高い太古の琴座ライラから来ているのです。その遺伝子に高次元の遺伝子が加えられイェシュアつまりJesusが誕生したのです。その様な方法で彼は作られたのでしたが。彼のシナプス・生命力は強すぎるので、普通の生まれ方では、肉体が燃えてしまう程だったからです。
 

彼は我々に生き方を指し示してくれたのです。我々が単にこの肉体ではなく、魂として神と同一であるという事に目覚める必要があるという事です。高次元からメッセージを受け取る存在に誰でもなれるのです。意識を拡張していく事で、目覚めていき、美しい高次の存在達と交流出来る様になっていきます。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: 都会でUFOを呼ぶ事は出来るますか?兄の農場で呼びたいと思ってますが、危険がある事もありますか?何かプロトコルがあったら教えて下さい。
 

ジェームズ:はい。勿論低次元の存在達もいるわけで、それらとは関わりたくない訳です。UFO学コミュニティの中にも低次元の存在とコンタクトしてしまっている人達が多いのです。低次元の存在達にパワーを吸い取られてしまっています。ですから自分の状態が大事です。自分が愛と喜びと至福を放っている必要があります。そのエナジーにフォーカスして、それを放つ事。まずは必ず、先ほどやったクリアリングをします。そして、高い波動の意識で呼び込みます。そして、交流が始まったら、テストします。彼らの意図は何かとか質問して、高次元の存在であるかを確認して下さい。
 

低次元の存在とコンタクトしてしまっている人達が多く、これがネットワークとして広がってしまっています。ここも善と悪の戦いが起きています。人間の意識のネットワークです。
 

ですから自分で見分ける力を使って、しっかりと愛と喜びの波長の存在とコンタクトしているかどうかを確認して下さい。地上に愛を降り注いでいる感覚があるか?それとも利己的なメッセージなのか?貴方のエネルギーを吸い取っている感じで疲れるのなら低次元の存在です。貴方を力付けてる様なメッセージならいいですが、エゴが強い感じなら交流を止めた方が良いです。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: マグダラのマリアとイエスの関係はどうだったのですか?彼女の役割はなんだったのですか?
 

ジェームズ:彼女とはコンタクトをした事があります。本当に美しい波動の存在でした。彼女は踊るのが大好きで、いつもクルクルと回ってボルテックスを作り踊って、高次元の存在達を招いています。彼女は高貴な家の人で、多くの叡智を学び、基本的にはイエスが再度アセンションするのを手助けしました。マリア様も手助けしました。ですから、この神聖な女性性が大いに重要だったわけですが、これが表で賞賛されて来ませんでした。今、その神聖な女性性を再度強く輝かせる必要があります。
 

ちょっと笑える話をしますね。私は瞑想しているとよくマグダラのマリアが頭に浮かんでくるのです。それで完全に彼女に恋していました。するとイエスが出てくるので、彼に「私は懺悔します。実はマグダラのマリアに恋してしまいました」というと、イエスは「皆彼女に恋しているよ」と言いました。(笑)
 

これは、本当です。こういう高次元の存在達は本当に美しい波動を放っているので、恋に陥ってしまいます。プレアデス星人達もそうです。本当に美しい波動です。愛に溢れていて、喜びと至福を感じしまうので愛さずにはいられません。
 

多くの方にこの体験をしてもらいたいです。そういう存在達とコンタクトすると自然にハイになります。感謝の気持ちしかありません。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: シューマン・レゾナンスの周波数が私は聞こえますが、妻は聞こえないと言います。何故聞こえる人と聞こえない人がいるのでしょうか?
 

ジェームズ:まあ人によって聴覚が敏感な人とそうでない人がいると思います。耳鳴りがする時は、直接高次元の存在達がコンタクトして来ている時です。後で、情報が理解出来てくるでしょう。
 

シューマン・レゾナンスは、アセンション・プロセスを周波数で表しています。今、非常に数値がかつて無い程上がっています。要するには何が起きているかというと、高い周波数の宇宙線が入って来ていて、ゴミは排除・排泄されているという事です。
 

高い周波数の宇宙線が入って来ているという事は、光のエネルギー・意識も同時に入って来ているという事です。
 

通常は7.8Hzくらいなのが最近は50Hzくらいになっていたりします。とにかく、アセンションが加速しているという事です。ヒーリングも早く起きます。当然カオス(混乱)にもなります。
 

砂で実験すると分かりますが、ある周波数で砂が幾何学模様を形成しますが、周波数を上げるごとに一度カオスが生じて、次の新しい幾何学模様を形成し始めるのです。それと同じ事です。
 

Cymatics 
 

※サイマティクス(cymatics)とは、砂や水などの媒質によって物体の固有振動や音を可視化すること。
 

周波数が上がると、我々の肉体にも変化が起きます。細胞レベルで変化が起きています。そして全体的に周波数が上がると自分のハイヤーセルフと融合されて、自己の本質の意識に目覚める様になるという事です。
 

ステーシー:これは興味深い質問です。視聴者:「私は、ここ数ヶ月耳鳴りがしています。毎日夜7時から11時の間に日々異なる周波数が聞こえます。私は生まれながら耳が聞こえません。
 

ジェームズ:ふ〜〜ん。。。おそらく、それは高次元からのコミュニケーションだと思います。同じ様な時間帯に来るという事は何か習慣づけているのだと思います。コミュニケーションに慣れさせるために。彼の星の家族から連絡が来ているのでしょう。オリオン、ライラ、プレアデスなど多くの高次元の光の連合隊が今コミュニケーションを図っていると思います。異なる存在達は、異なる周波数を持っていますので、色々な所から連絡が来ているのだと思います。それが起きた後に、瞑想して、何を言おうとしているのかを感じてみると良いと思います。その叡智は既に貴方の中にエンコードされているので、必要になった時に出てくるかもしれません。忠告だったりする事もあります。
 

プレアデスが来る時は、左の耳に聞こえます。オリオンの光の評議会が来る時には右に聞こえます。特に男性のケオーという存在が話す時は右です。プレアデス星人達は女性性が強いので左に聞こえます。

(人間の身体の左側が女性性。右が男性性となっています)
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: 我々のリーダー達(政治家など)達はETとコンタクトしていると思いますか?
 

ジェームズ:100%、コンタクトしています。この星のトップのリーダー達は・・きっとこれはちょっと言うと問題になるかもしれませんが(笑)・・今起きているドラマは、実際にはなんで起きているのかは、全く異なる理由です。高次元の存在達が実際にきちんとコントロールしてくれています。多くのトップ主要人物たちは、宇宙人の存在の事を知っていて、今来ているのも知っています。そして彼らと一緒に事を進めて行かないといけない時に来ている事も知っています。
 

ただスイッチ・オンにして、皆が変わるというわけには行きませんので、プロセスの段階を今踏んでいます。何故から一気に真実を開示してしまうと大衆はクレージーになってしまうからです。今まで好きだったハリウッドスターとか尊敬していた人が全くそうではなくダークな部分を持っていた事を知ることになるので、それは徐々に段階を踏んで起こしていく必要があるのです。大きな暴動とか革命が起きない様に注意しているのです。フェークニュースは、恐れを懐かせる為のものです。真実を伝える報道もありますが、ちらっと見せているだけです。
 

ステーシー:視聴者からの質問「Q: スピリット・ガイドとのコミュニケーションを取りたいのですが、どうしたら良いですか?

ジェームズ:あるラマが教えてくれた事をシェアします。「目覚めている人が地球には本当に少ない。真実は、とてもシンプルだからだ。みんな難しく考えすぎる。ただ自然の中に行けば良いのだ。そして愛と喜びと至福感をその中で感じるまでずっといればいいんだ。」と言ってました。本当にそれにつきます。もしもネガティブな感情が出て来たら、しっかり向き合って、それを癒す事です。高次元の存在にも手伝ってもらえる様にお願いして行けばいい。
 

人によっては、とても時間がかかり、人によっては、は!と気がついて一瞬でヒーリングが起きて治る人もいます。人によっては契約している人もいます。ある時期になったら高次元の存在がやって来て、記憶を蘇らせてくれるような設定になっている。他の星にいた時の記憶もです。私の場合は、それが起きました。なので自分が今世どう自分で設定してきたかにもよりますが、やり方は色々です。でも全て自分次第で、変える事も可能です。
 

コーリー:それには同感します。本当に自分次第ですね。自分でカルマと向き合って、手放す決意をする事が大事ですね。
 

ジェームズ:本当にその通りです。今外で起きているくだらないドラマに囚われずに、しっかりと自分と向き合う事です。今、しっかり自分をヒーリングする事が大事です。問題は地球にいる低い次元の人達です。私達も常に攻撃されていますが、気にしないで、愛にフォーカスする事です。自分に本来備わっている力を取り戻す事が重要です。
 

コーリー:その通りですね。私も最初の数年間は、被害者意識になってしまって、そこから抜け出すのに苦労しました。私を責めて来た人たちは、実際は自分がやっている事を私のせいにしているのです。鏡の様に自分の問題を私に投影している。私は、人々のためのスクリーンになっていた。あまり気持ちの良い体験ではないけれど、ある意味、他人への奉仕になっていたのだと思います。とても大変ですが、貴方の様に私を信じてくれて、私の意図を理解し、ずっとサポートしてくれて来た人には本当に感謝しています。

ジェームズ:本来間違いという一切ないのです。モハメッドも言っていましたが完全な人間などいない。完全な意図があるだけだと。完全な意図の中でも、その道の中で間違えを起こす事もあります。でもその経験から叡智を得ていくのです。大事なのはハートです。自分の意図が重要です。地上で天国を創ろうとしているかです。
 

コンピューターの前に座って、嘘の報道を書いたり、人を批判、避難する様な事ばかり書いている、言っている人達に対して質問すれば良い。「地上で天国を創ろうとしているか?」その意図がない人は、自分の内側に癒されていない問題を抱えている人達です。自分の中のトラウマ・ドラマを外側に投影しているのです。
 

「地上で天国を創ろうとしているか?」
 

「貴方はここに何をしに来ているの?」
 

「貴方の意図は何?」
 

これが自分に対する重要な質問です。今地球全体がトラウマからヒーリングを行っているプロセスです。だからお互いサポートし合って、助け合わないといけません。相手を批判したり非難する事で自分の力を取り戻そうとするのは、絶対に上手く行きません。
 

私は36年間、そういう人達をずっと見てきて、もう全て見たと思います。ですから最近では、何か起きても、あ〜また始まったと笑うだけです。もう私は、何も言われても全然気になりません。愛と強く繋がっているので、ネガティブな要素から自分を完全に切り離しています。毎日クリアリングもしています。自分が善人であると自覚しているし、自分がブレない様に訓練して来ました。だから人が何と言おうと気にしません。
 

コーリー:本当にそうですね。私も自分の内側から出てくる歪みから誤ちを犯しそうになった事は何度もありますが、アンシャーのヒーリングのお陰で本当に助けられました。光のコミュニティだと思っていた人達も最初は良かったけれど、最近になって離れて行った人達がいました。みんな何かをきっかけに自分の内側の歪みと直面する事になるのですね。直面した時に、自分の内面と向き合い、そこを癒すか、否定して逃げて変わらない事を選択するかです。後者になると、それは人生の中で繰り返し起きていきます。
 

だから自分の意図が良いものであるならば、相手の反応と自分を切り離して、相手が自分のカルマを自分で解消できるまで関わらない様にする事が大事だと思います。自分を守る事も大事だと思います。
 

今この時期は、ライトワーカー達でも色々浮上している時で大変混乱していますので、人と関わりすぎると絡まってしまうので、自分と向き合う事を先決していく事の方が大事ではないかと思います。
 

ジェームズ:その通りです。このUFOとかET好きなコミュニティーでも起きているし、宗教的なグループにも今起きていると思います。先駆者は矢を向けられる事が多いです。今、大きな変革の時期なので仕方ないと思います。残念な事ですが、それぞれが自分の宿題をやらないといけません。自分の本質は神です。愛と喜びのパワーの存在です。その可能性を選択するか。違う方を選択するかです。残念ながら、自分の中に備わるパターン、トラウマや心の傷と同調してしまう人が多いです。
 

あるラマが言った言葉でとても好きな言葉は、「我々の問題は、自分が人間であると思う事にある。人はエゴ。それを取り除いて人間ではないと気づいた瞬間に問題は消えていく。」
 

最後にもう一つだけ話したい事があります。二度目の臨死体験をした時に白い光の存在達と出会いました。一人のアセンデット・マスターであるキジキエルが来て、私の体を持ち上げて行ってくれました。地球をずっと上から見ていました。大きな世界でした。

「これが本当の君だ。あそこの小さな点が自分が問題だと思っていたものだ。」と言いました。我々は、その小さな点に囚われていて、それが現実だと思い込んでしまっています。だから、自分の本質を取り戻せば、問題はなくなり、外で起きているドラマも気にならなくなります。自分の中心軸に戻る必要があります。
 

コーリー:そうですね。本当に今の時期、自分を守り、人への慈悲や思いやりが大事だけれども、その人のカルマのボルテックスに絡まらないようにする事も大事ですね。問題が爆発している人に対しても愛の目線でエネルギー的にサポートしつつ、あまり関わらない様に注意する必要があると思います。自分のエネルギーを保持し、正しい事に使える様に自分のエネルギーを管理する事です。
 

ジェームズ、今日は本当にありがとうございました。貴方のサポートは本当に心強いです。最後に何か言いたい事はありますか?
 

ジェームズ:今は第9の波が宇宙から到来している中で、これはユニティーコンシャスの波長です。次から次へと波が来ています。とにかく自分に聞いてみて下さい。「地上で天国を創ろうとしているか?」何か疑問に思ったら、その人は「地上で天国を創ろうとしているか?」考えてみて下さい。そして、重要な事に自分の意識を戻す事です。
 

今は宇宙の法則が降り注がれている状態です。愛・平和・調和・自由・豊かさという波動の高い周波数です。これらを指針にして、この厳しい時代を乗り越えていくしかありません。これらの波長に合わせていかないと、地球のアセンションにはついていけませんので、シフトできずに終わります。
 

自分に選択権があるのです。上に上昇していくボルテックスに入るのか、恐れや欲・競争意識とかの無意味な下に降りていくボルッテックスを選択するのか?
 

抵抗していると問題が出てきます。シフト出来ないでしょう。
 

コーリー:ジェームズ本当にありがとうございました。視聴者の皆様にもありがとうございます。
 


 

 

 

最後は瞑想の音楽を流します。自分を高次元の意識にリセットして行って下さい。成長、ヒーリング、カルマの解放という意図を持って瞑想してみて下さい。そして自分が自分の使命の最高の状態になる事を意図していきましょう。
 

2:16:15~
 

真実の泉 - ディスクロージャー
2020年7月17日
----------------------------------------------------------------------------------------------
 

マータ
 

日本語で出版されているジェームズの本がありましたのでご紹介します。



 

 

 

∞ 後半も長文でかつ中身が非常濃いので、読むのに疲れました。



(^_^)/
 

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 23:26 | comments(0) | - | - |
コーリー・グッド (07/16) ジェームズ・ギリランド - インタビューPart 1

∞ アセンション前のこの時期に自分自身のクリアリングが必要です。(^_^)/

 

 


 

コーリー・グッド
2020年7月16日
 

ジェームズ・ギリランド - インタビューPart 1

 

 

コーリー:私もECETIのイベントには何度も行ってますが、本当に凄いですよね。UFOがバンバンやって来ます。快晴の夜だったら、ほぼ100%見る事ができます。
 

ジェームズ:興味深いことに、この場所は最もセンサーシップ、監視されている場所であるにも関わらず、毎夜UFOが見られるだけでなく、人々は、星の家族からコンタクトを体験しています。素晴らしいダウンロードやヒーリングが起きています。
 

コーリー:そうですね。UFOというよりも、よく見るとマカバになっていたのが分かった事もありますよね。
 

ジェームズ:そうです。彼らは自分達で飛行船を作り出しています。5次元から7次元のET達は、自分達でマカバを作り出す事が出来ます。私達は、最高で13次元の存在達ともコンタクトした事があります。素晴らしい存在達です。
 

ただ残念ながら、まだ完全に証明するところまでは行ってません。何千人という目撃者もいますし、動画や写真も沢山あります。

FOX NEWS、ABCや地元のテレビ番組の多くが来て動画も撮影に成功していますけどね。
 

ダニー・ダイヤーも来て、「UFOが過剰に出てくる場所と言ってました。」もう36年もこれをやってます。人々はいつコンタクトがあるの?と言いますが、もうずっと何千年も起きてます。ただ人々がそこに意識を持っていないだけです。
 

コーリー:スピリチュアルな人々がよく話す天使とか大天使とか、ニューエージの文化では高次密度の存在達という言い方をしますが、貴方から見ると何か違いがありますか?
 

ジェームズ:あまり違いというのは感じません。意識のレベルと意図のレベルがあるとは思います。幾つかの種族は、利己的で人間から見るとあまり良い意図ではないと思える事をやっています。彼らは、かなり昔からいます。でも彼らから侵略される事を心配する必要はありません。問題はもう既に地球にいる存在達です。今、徐々に排除されている存在達です。今地球に来ている存在達あるいはこれから来る存在達は、自由化を促進させていく良い種族達です。それから中立的な存在達がいます。他に先祖である種族が戻って来ているというケースもあります。プレアデス星人やオリオンの光の評議会達は、皆我々の先祖です。
 

本当に多くのグループが存在しますので、ここでは全部あげられませんが、我々が多くコンタクトしているのは、プレアデス星人やオリオンの光の評議会達、アンドロメダ星人、シリウス星人(ライオン種族)、アークトゥルス星人、あとはあまり知られていないマカー星人、ジョサイヤ星人(戦士)です。
 

面白かったのは、この間テレビドラマ「スーパー・ガール」を見ていたんですが、そこに紫のオーブの存在が出てきて、ジョサイヤ星人のグループと非常に似た事をやっているのです。驚きました。(笑) 「この道具はとてもパワフルだから、完全に覚醒していないと使えない」とか言っているのです。主流のテレビドラマにこれが採用されているのです。
 

こうやって、既に主流のテレビドラマに情報が使われているのは、素晴らしいと思います。
 

コーリー:今、この物凄い宇宙からのエネルギー波が到来していて、気候にも、人々の身体にも精神面にも大きく影響しています。それで、今まで見て見ぬふりをして来たトラウマとか、過去からの歪みが発動しています。
 

最近アンシャーに見せられたのですが、私の周りの人達でもエゴが勃発していて、エネルギーで見るとその人達は竜巻の中にいる様な感じでした。カルマのサイクルを繰り返しているのだと言われました。いずれは、その竜巻が終わってインフィニティ縦の8の形になって行くのが見えました。(インフィニティ→∞)
 

 


 

 

そこで忠告されたのが、人々がカルマのサイクル、竜巻の中にいる時に、助けようとしない事だと言われました。私は少し前に、カルマを解消するプロセスを通過しているので、多くの人々に比べて自分をコントロール出来る様になっています。その様な段階に達するとつい他の人達を助けたくなりますが、これをしてしまうと、人のカルマに絡まってしまうので、けして助けては行けない。その人は自分でその竜巻を終わるのを待つ、あるいは抜け出す必要があるので、関わってはいけないと言われました。これは、多くの人々にも知っておいてもらった方が良いと思います。
 

スピリチュアルな戦争についても後で触れて行きたいのですが、自分が疲れていて、まだすり切れている状態だと、戦えないのです。
 

貴方は、こういう人達に対してはどう対応していますか?
 

 


 

 

ジェームズ:はい。Eメールを多くもらいます。個人セッションもしています。まずは、その人に付着しているネガティブなエナジーを取り払い、それから過去生の繋がりを見て行き、それをクリアにし、次に幼少期のトラウマを見ていき、そのエナジーをクリアにします。それから良い人生だった時につなげて、星々の家族との繋がりを再生させます。
 

要するに、非常に周波数の高い高次元の存在達とのコンタクトをするには、抱えているネガティブなエナジーを削除しないと、抱えているものが増幅してしまうだけです。
 

抱えているネガティブなエナジーが増幅した時点で選択権があります。その状態を誰かのせいにするか、自分の感情であると認めて、それを手放す作業をするかです。
 

残念ながら、まだ多くの人は起きた事を人のせいにしたり、自分に内在するネガティブな投影に反応しています。だから、世の中で起きる事でどんどんそれが爆発していくでしょう。愛する事、依存しない事を実践していかないといけません。それをしないで避けていると良い方向への変化は起きません。
 

地球も今アセンションの過程を通過しています。ET種族達も意識とエナジーを地球に向けて送っています。宇宙の法則、愛と平和、全ての人々に対して兄弟愛を持つ事、ユニティー・コンシャスネスが今、押し入っています。だから、今大浄化のプロセスが起きています。まずは、ネガティブなエナジーを排泄しないと高次元の意識へアクセスが出来ません。
 

高次元の高周波数が今が入って来ていますので、いずれは皆が自分の本質に目覚めていく事になると思います。
 

コーリー:全くその通りだと思います。私の仲間の中でも、エゴが勃発して、自分の歪みが出てきて崩れてしまった人達、分裂が起きています。宇宙から13段階くらいの波が入ってくる中で、今第8波くらいの段階だと聞いています。ですから半分あるいは3/4くらいの地点にいます。ですから、これからどんどんそのエナジーは強くなり、人々がネガティブに反応する事が治まるまで悪化するだけです。
 

ジェームズ:そうです。(笑)もう、既に起きていますね。クレージーな状況です。言いたくないですけど、ポラリティー(極性)があって、利己的な人達がいます。サタン的とかルシファー的とか色々名前がありますが、そのエナジーは利己的です。ネガティブに我々を攻撃している人達は、そのエナジーとつながってしまっているのです。かなり傷の深い歪んでしまった人達です。深いトラウマを持ち傷ついていて、ドラッグとアルコール依存などの問題を抱えています。実は助けを求めているのです。
 

そして、もう一方では、光と高い周波数を保持している人達もいます。この人達にも言いたいことが2つあります。ひと1つは、キリスト意識を持っているからといって、ドアマットになる必要はないということです。(笑)踏みつけられて、引っ張られる必要はないということです。自分を大事にする事。2つ目は、ある子供がいたのですが、この子供に「私はキリストかブッダの様になりたい」と言った人がいました。すると子供は、「やめた方がいいね。嫌われるよ」と言って来ました。「どうして?」と聞くと「人々は、自分に対して思っている善悪の感情を貴方に投影するから」だと言いました。「貴方が人々に内在しているものを増幅させてしまうから」という事です。だから、貴方を大好きになる人もいるでしょう。それは、とても愛ある周波数の人達です。貴方を酷く嫌う人は、自分自身にネガティブなものがあるからです。
 

コーリー:あるいは、その人はとても大好き!っとずっと寄り添って来ますが、ある時点で自分の価値を認められかった場合や自分の思っていた妄想と異なっていたと気づくと反対方向に向かっていく・・・これは人間の性質ですね。
 

ジェームズ:そうですね。ここに来る人の中には、自分がイエスやマリア様の生まれ変わりだと言って来る人もいます。私はそれは限界のある考えだと言います。彼らはバチカンを目指している様ですが、ここで池の上を歩ける様になってからにしたら?と言います。(笑) 出ないとバチカンは何かサインを求めるでしょうからね。
 

人々は、覚醒のプロセスを逆方向から取り組んでしまっていると思います。
 

コーリー:エンティティの憑依とかハラスメントについては、どの様に対応していますか?
 

ジェームズ:まずは、クリアリングをします。とても簡単です。それから自分の状態を維持する方法を教えます。自分で自分へのヒーリングを行える事は、自分の権限です。自分の体であり、自分の自由意志がありますので、他の存在に力を与えてしまわずに、自分を尊重する必要があります。我々の体はバッテリーの様なものです。バッテリーがしっかり充電されておらず、他人に自分の価値を認めてもらいたいとか、愛してほしいとか、受け入れてもらいたい等、外にエネルギー・チャージを求めています。他の人達は3/4くらいは充電出来ているけれど漏れている。自分の外の神々を信仰したり、高次元の存在達とのコンタクトを願って、そればかりに意識を向けていたりします。勿論それが自分のパワーを向上させる良い存在、個人的に源とつなげてくれる様な存在だったら良いですが・・・その様な良い存在達は、貴方のヒーリング・プロセスをガイドしてくれたりします。
 

どういう存在とコンタクトしているのか、真剣に識別する必要があります。フェークなスピリットもいて、自分はイエスキリストだとかマリア様だとか、ブッダだとか言ってくるのは、大概偽りの存在達です。
 

ですから、私が教える時には、必ずクリアリング(清掃・除去)をして、聖なる空間を作ってから行う様に伝えます。もしも感じるものが何かオカシイと思ったら、クリアリングをまたやる様に言います。
 

いつも、ある女性の写真を見せるのですが、この女性にあらゆる霊が憑依していました。こういう事になっていると、自分の感情ではないものが湧き上がってくる場合もあるのです。怒り、悲しみとか色々な感情が自分のものではない事もあります。ですから、クリアリングが大事です。
 

本来の自分は、喜びに溢れていて、神あるいは女神なのです。
 

ある種のスピリットは、貴方が素晴らしい存在だと煽(あお)ります。それでYouTube動画を始める様に言ったりします。これは偽りのスピリットです。それで霊界のヒエラルキーなどを説明したりしますが、実際には階層性などはありません。純粋な愛と喜び、至福感。これが最高の意識です。意識のレベルがあるだけです。
 

ですから内側に入りゼロ・ポイントという場所に行くところから全てが始まります。きちんと宿題をやらないといけません。
 

それと同時に、本当に自分のダークサイドのクリアリングをする必要があります。過去生からも引き継いでいる悪いネガティブな癖、トラウマは、低い周波数に自分を留めてしまいます。それをクリアにしないと高次元の存在達は、貴方とコンタクトが取れません。
 

今のUFOコミュニティは残念ながらETに誘拐されたとかネガティブな要素に囚われています。高次元の意識の存在とのコンタクトが重視されていません。ですから残念な事ですが、囚われる周波数になってしまっています。
 

コーリー:はい。全く同感です。その霊とかの憑依を取り除く方法ですが、何かワークショップなどをやっているのですか?
 

ジェームズ:はい。ワークショップをやっています。我々も周波数をキープする必要があります。でないと人がやってこないですし、コンタクトも起きません。恐れ・怒り・恨み・妬み・悲しみ・競争意識などのネガティブな意識は波動を下げます。
 

コーリー:質問が来ています。「自分に憑依があるのかどうか?どうやって分かるのですか?」
 

 


 

 

ジェームズ:基本的には、過剰な悲しみとか妬みとか怒りとか・・そういう感情が止まらない時は、大概憑依があると思ったら良いと思います。
 

古いサンスクリットの言い伝えがありますが、ニルヴァナに近く程デーモンの醜い頭が背後から顔を出すといいます。ですから周波数が上がってくる程、自分をしっかりと維持して守って行かないといけません。邪悪な存在達は、光に向かって試して来ます。
 

今良かったら、ここでクリアリングをやりましょうか?見ている人にも全部行き渡ります。
 

コーリー:わあ〜。はい、是非お願いします。やりましょう。あ、ちょっと待って下さい。音声が乱れていますので、少し待ちましょう。
 

ジェームズ:(笑) こういう事をしようとすると、必ず邪魔が入ります。AIとかグレーとかが邪魔しようとするんですよね。
 

43:00 あたりから〜
 

はい、それではまず、呼吸を整えて、愛と喜びと至福感を感じてみましょう。
 

子供の頃とか、とてもハッピーだった時を思い出してみましょう。
 

池とか川で遊んでいた時のこと・・森の中の景色かもしれません・・好きな光景の中にいるイメージをもってリラックスしていきます。
 

多くの美しい高次元の存在達を招き入れます。
 

ヒーリングが必要な存在達も招き入れます。
 

この空間がキリストの光と愛、ブッダや観音様など自分の好きな高次元の愛と光に満ち溢れている状態を想像します。
 

使者に、貴方に憑依している存在達を正しい場所へ連れて行ってくれる様にお願いします。
 

その霊やエンティティ達に、「貴方は癒され、許され、上昇し、目覚めて行きます」と繰り返し伝えて下さい。
 

そうする事で、霊達も最も高次の可能性へと到達できる様にして手助けします。
 

次に、自分の身体が光と愛で満ち溢れている状態をイメージしてみましょう。
 

何色を使っても良いです。私はいつも黄金の光を使います。ヒーリングには緑の光を使います。好きな色を広げていきましょう。
 

その愛の光が自分の身体に充満している感覚を感じて、オーラにも満ち溢れているイメージをもって下さい。
 

そして、自分のオーラのフィールドが自分のエネルギーだけになっている状態をイメージします。その状態にエネルギー・フィールドを固定します。
 

自分のハイヤーセルフ(神的自己)との繋がりだけをキープした状態です。
 

使者に、もう一度貴方に憑依していた存在達を正しい場所へ連れて行ってくれる様にお願いします。
 

平和を送ります。
 

ありがとうございます。
 

この内容の誘導瞑想・日本語でアップしました。↓
 


 

いかがでしたでしょうか? 気分が良くなった人達はいますか?
 

コーリーとステーシーのやっているクラスは、本当に素晴らしいと思いますよ。
 

この最初の曲も素晴らしかったです。私の部屋にはプレイデアンが沢山来ていました。私も涙が流れてきました。まるで高次元の存在達が通過してくるポータルの様になっていました。ですから、批判に屈せず素晴らしい仕事をぜひ続けて行って下さいね。
 

コーリー:ありがとうございます。私もステーシーも参加者からのフィードバックに本当に驚く程良いコメントを頂いていて、謙虚な気持ちで喜んでいます。まだ第4週目なのに、喜びを感じられる様になったとか、瞑想やポジティブなアファーメンションのオーディオなども効果があると評判です。
 

ECETIの牧場でも素晴らしいワークショップをやっていると思います。
 

 


ジェームズ:ありがとうございます。大学の心理学の教授なども来ました。最初は半信半疑でしたが、誘導瞑想で彼らは涙が溢れて、ひれ伏していましたよ。(笑) 色々押し込めていた感情が溢れて来たのです。でもヒーリングは直ぐに起きます。そんなに時間をかけずにハイヤーセルフと繋がる事が可能です。
 

コーリー:私もそれには同感です。人々は自分のトラウマと向き合うのを恐れています。私のは根が深いから十年はかかるとか・・思い込んでいます。私も非常に大きなヒーリングが起きたのは、マウイ島に行った時でした。その時も自然にお膳立てが出きた感じで、私は単純にその流れに乗って行きました。それであっという間に大きなエネルギーの解放が起きて大きなヒーリングが起きた体験をしています。今回のコースで話してくれるメンバー達も同じ様な体験をしています。今は、非常に早くヒーリングも起きると思います。
 

ジェームズ:はい。その通りです。私は5歳の時に臨死体験をして以来ずっとこういう事をやって来ています。池で溺れた時に、大いなる源と繋がったのです。黄金の領域の至福感に包まれました。人々が云う創造主と対話したのです。色々な存在達も来ました。そこで分かったのは、創造主とか大いなる源は、エゴがなく批判したり裁いたりも一切しません。男性でも女性でもありません。髭のある白髪のお爺さんでもありません。ただ純粋な意識とエナジーです。
 

その時に気がついたのです。「あれ?じゃあ、誰が自分を批判しているの?自分で自分の目録を記録しているんだ。自分で自分を批判したり、罪の意識をもったり、裁いているんだ。」と創造主とか大いなる源は、もう貴方を許しているのです。
 

イエスだって言ってました。「私はジャッジしない。私の父もジャッジしない。もう罪を作るのをやめなさい。」愚かな行為をやめて、変わりなさいと言っていたのです。この地球上に存在する最もダークな人達でさえも、シフトして変わり事も出来ます。実はとてもシンプルで簡単な事です。自分次第です。
 

そしてシフトして、人類全体が目覚める方へとヒーリングのプロセスを手助けする立場になる事が可能です。
 

あるいはカルマに依存して、それにしがみついて、降下スパイラルの渦の中にいる事を選択する事も出来ます。
 

今起きている事は銀河レベルでのアセンションです。想像を絶する大きな変化ですから、個人がコントロールする事は出来ません。地球のアセンションの周波数にそぐわない後者の選択をしたなら、全てを失う事になるでしょう。
 

今起きている事を止める事は出来ません。どちらを選択するかで、どういう形で参加するのかが決まります。
 

コーリー:全くその通りです。次の質問に行きたいと思います。
 

ステーシー:「一度ネガティブな憑依をクリアにした後、再度入って来ない様にするにはどうしたら良いですか?」
 

ジェームズ:私は、まず朝起きたらクリアリングをします。午後の1時頃にまた瞑想する前に行います。そして寝る前にも再度行っています。その間にもメールで「今日は酷い攻撃を受けている。助けてくれないか?」というのが度々来ますので、ここで常にクリアリングの作業が起きている状態です。自分の先生あるいはガイドが分かっているなら、その人を呼んで行うのがベストでしょう。私はジョシュアとヨセフを呼びますが、イエスでもブッダでもババジ、観音様、白いイーグルでも自分が好きな存在の名前を使えば良いです。五次元以上の存在達は、統合されているので、誰を呼んでも同じです。
 

この三次元は、分裂されていて異なる宗教がありカオスとなっているけれど、上は全部一つに統合されていて、皆腕を組んで一つです。
 

寝る前にいつもクリアリングをして、自分のガイドや彼らを呼んで、今何を知る必要があるのかを聞いてみて下さい。そしてヒーリングをお願いしていきます。これは毎晩やっています。とても大切な事です。私は朝起きた時もやっています。今日1日をどの様に過ごしたら、最も大きく奉仕出来るかを聞きます。最近では庭仕事をやっています。庭や自然が私の教会(聖地)です。庭仕事をしながら高次元と繋がり、それが他の人々を助けている事になります。
 

コーリー:ジェームズありがとう。他に質問があるかな?
 

ステーシー:前世からのトラウマがクリアになったかどうかは、どうやって分かるのでしょうか?
 

ジェームズ:ここでも、その様なカウンセリングをやっていますが、自分でもガイド達に聞いてみて下さい。Yes/Noの答えをもらう事が出来ます。瞑想して、まずはクリアリングをします。それから何かサインを下さいと言います。脈が強くなるとか、エナジーを強く感じるとか、手がピクッとするとか・・ダウジング様の棒やペンジラムを使う事も出来るでしょう。道具を使う時には、自分の意識をしっかりとクリアリングする必要があります。道具は自分の意識と繋がっているからです。
 

コーリー:ありがとう。


Part2に続きます。(^_^)/
----------------------------------------------------------------------------------------------


マータ
 

ジェームズ・ギリランドは、SBAのアライアンスとして、コーリー・グッドの仲間であり、映画「The Cosimic Secret」にも登場します。
 

ECETI - 地球外生命体とのコンタクト・センターの設立者であり、数多くの神秘体験もしている方です。
 

彼は、多次元ETに近い振動数の高さを保っていると思います。 癒し系という感じで、私はとても好きです。
 

インカのシャーマンも言ってましたが、以外と憑依は多い。4人に一人は付いていると・・そんなに邪悪なものではなく親戚だったり他界した家族だったり・・・でも、それが理由でうつ病とか自殺に追い込まれる事もあるので、クリアリングはとても大事。
 

なかなかネガティブな感情が手放せない人もそのせいだったりする事がとても多いと思います。
 

インカ式ヒーリングでは、これを自分で取り除く方法は教えられていないので、ここで出て来て良かったと思います。
 

☆ マータのFaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。

https://www.facebook.com/mayet.maat.9
 

「真実の泉 - ディスクロージャー」
 

 


∞ 私たちのアセション前の時期に、このインタビュー記事で伝える「クリアリング」についての知識を得られたことは幸いですね。

Part2は近日中にUPします。
 


(^_^)/

posted by: Michi&Mirai | 真実の泉_ディスクロージャー | 09:56 | comments(0) | - | - |