Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    mirai (12/02)
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    m (12/02)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
      (10/27)
  • フルフォードレポート (10/22)
    mirai (10/24)
  • フルフォードレポート (10/22)
      (10/24)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
RV/インテルアラート:「より強く」 (12/07)
∞  大きな進展があったようですが・・・(^_^)/

 


 
RV/インテルアラート:「より強く」
2018年12月7日

 
世界は大規模な変化を遂げています。
 
カバールが作り出したすべてのものが破壊されています。
 
彼らのグローバルな経済は縮小している。
 
彼らの世界的な財務管理は放棄された。
 
彼らの金融システムは置き換えられた。
 
GESARAの世界のための財団が設立された。
 
12月11日のイギリスEU離脱の投票は、ロンドンが世界の金融資本ではなくなったことから、さらに進展している。
 
すべての地政学的イベントは移行の一部であった。
 
私たちがRVが始まるのを待っている間に、1941年12月7日に死んだ人たちを覚えておいてください。
 
私たちが待つ時間が長くなればなるほど、私たちはメンバーは増加します。
 
人道主義者の軍隊が、人類を解放しガイアを回復させるために世界に出動する準備ができていることをカバールに知らせてください。

∞ 一部、追加修正しました。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 08:26 | comments(0) | - | - |
「半分、黒い」太陽 (12/07)
∞  2018/12/06の「In DeeP」さんの記事から一部転載しています。

 
 
太陽観測衛星から撮影された12月6日の太陽。ほとんど半分黒い


「半分、黒い」太陽
2018年12月7日

 
「半分、黒い。」 : 磁気を噴出するコロナホールが太陽の大部分を占める異常な状態が「定着」し、人類が太陽からどんな影響を受けるのかがもはや分からない

冒頭には、今日 12月6日の太陽の写真を載せていますが、今現在のコロナホールの様相が顕著になってきて、もう2週間以上になります。
 
今年だけでも、そういう期間は何度もありました。
 
現在のコロナホールの状況としては、11月20日頃までは、太陽には特に顕著なコロナホールは見当たりませんでしたが、その後「 長さ 100万キロメートルクラス」のコロナホールが出現し始め、どんどん面積を拡大していきました。
 
下の写真は、11月20日から 3日位ずつの太陽の変化の様子を示したものです。
 
2018年11月20日から 12月3日までの太陽表面の様相の推移

 
11月20日過ぎから太陽を分割するような派手なコロナホールが出現し始める
 

どんどん面積が大きくなります
 
 
12月はずっと太陽の半分くらいが黒いままです
 
12月3日あたりの雰囲気は、壊れたハロウィンのカボチャのような様相にも似ています。
 
そして、今日 12月6日にかけて、この巨大コロナホールの位置は「まっすぐ地球に向いている」状態となっています。
 
注意すべきは、このコロナホールというものは、単に見た目が黒いということなのではなく、「磁気を放出している」ということです。
 
それに加えて、数日前には、「黒点がないのに、つまり太陽フレアが起こりようがないのに CME (コロナ質量放出)が発生した」という事象も太陽で起きています。
 
この CME は地球方向に向いていたため、地球が磁気嵐の直撃を受ける可能性がありましたが、先ほど、NOAA (アメリカ海洋大気庁)が、「直撃は避けられた」と述べていまして、今回のコロナ質量放出による地磁気の影響はないようです。
 
しかし、コロナホール自体が地球に磁気の影響を与えているということもあるのか、黒点などほとんど出ていない日々の中でも、磁気による現象であるオーロラは、非常に活発に出現し続けています。

11月19日には、「虹色のオーロラ」などという、私自身、聞いたことがない色彩のオーロラがノルウェーのトロムソで観測されていました。
 

 
なぜ、このような色のオーロラが出現し得るのかということについては、スペースウェザーは以下のように説明しています。ちなみに、一般的には、オーロラという現象は「圧倒的に緑色が多い」です。
 
オーロラの色についての説明
 
オーロラの色は、地球の大気中の特定の原子や分子と関連する。
 
オーロラで多い「緑」は、上空 100 kmから 200 kmの間の高度で酸素原子にぶつかる活発な粒子によるものだ。「赤」は、酸素原子によっても引き起こされるが、緑色と違い、それが上空 200 km以上で起きる。
 
ピンク色に輝くオーロラには、窒素分子が関係している。これは上空 100 km以下ではピンク色に輝き、窒素イオンは上空 100km 以上で青色に輝く。
 
要するに、「オーロラが発生する高さと、ぶつかる原子の種類によって、オーロラの色が決まる」ということらしいのですが、そこから考えると、先ほどのような、「さまざまな色にあやどられているオーロラ」というものは、「いろいろな高さで、いろいろな原子とぶつかって発光する現象が一度に起きている」ということになり、そういう意味では、「やや異常な現象」と言えなくもないのかもしれません。
 
オーロラのほうのことはともかくとして、「太陽に巨大なコロナホールが頻繁に出現するようになっている」ということと、「それは磁気の影響を地球に与えている」ということもまた今後の人類社会への影響と関係するのだろうなあと思います。
 
何しろ、現在の太陽のコロナホール現象については、「以前なかったことが、今は日常的に起きている」わけで、しかも、それは一辺の長さが数十万キロから 100万キロメートル以上という、直径 1万2000メートルの地球から見れ、超巨大な現象なわけです。
 
このブログでは、ずいぶん昔から、「太陽活動と人類社会の動きは連動している」ということを書いてきました。関係する過去記事として、比較的最近では、
 
太陽活動と人類の革命と戦争の歴史 In Deep 2018年3月16日
 
などがありますが、ブログを書きはじめたころから興味を持ち続けていたことでした。
 
下の図は、ポーランドのポジャギエロニア大学の教授の 1990年の論文に、日本語を加えたものです。
 
250年間の太陽の黒点数と社会変動。重大な事象のほぼすべてが黒点の最大期に発生
 

このように、太陽の活動サイクルは、人類史の「大きな部分」に常に関与してきました。
 
通常の太陽活動は、約 11年程度のサイクルを持っていまして、それに従って人類社会も変動していくということについては、データ的にも十分な説得力を持つものだと思います。
 
しかし、今のコロナホールのように、「サイクルも規則性も何もないように見える」ものが、2年ほど前から急速に「太陽の磁気活動」を支配し始めています。
 
この地球への影響については、データも少なく、「どうなるかわからない」としか言いようのない面があります。
 

∞ 管理人が、なぜ、この記事を取り上げたのかというと「2018年11月20日から 12月3日までの太陽表面の様相の推移」の期間が、「ブロッサム・グッドチャイルド 2018年12月2日 光の銀河連合からのメッセージ」にある以下の部分が、
----------------------------------------------------------------------------------------------
ブロッサム:「数週間前の11月11日以降…エネルギーが大きく変化したと感じざるを得ません」
 
光の銀河連合「・・より高度で純粋なエネルギーが…地球環境に…入って来て、地球の一部となっているという事です。とはいえ、最近入って来ているエネルギーは、いつもの‘エネルギーの流入’と比べて遥かに強力であると言えます。・・このエネルギーのバイブレーションは、今既に存在しているエネルギーと馴染むまでに‘時間’が掛かります。それによって、‘在る’ものは…今入って来ている高レベルのエネルギーの中へと上昇していきます」
----------------------------------------------------------------------------------------------
と、コロナホールの状態がシンクロしているのではと推測しているからです。つまり、In Deepさんの記事にある「12月6日の太陽。ほとんど半分黒い」というコロナホールの状態と、今地球に入来している“3倍増しのエネルギー”の状況がほぼシンクロ状態にあると言うことです。
 
あくまでも推測の域を出ませんが、ミルキーウェイ銀河のセントラルサンからの光エネルギーは私達の太陽を経由して地球に届きますから、もしかしたら、「ビンゴ」かも・・・と。
 
(^_^;)>ハズレタラ ゴメンヤデ。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 19:06 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「繰り返し」(12/04)
∞  とりあえず、UPします。 (^_^)/
追記:一部修正しました

 


 
RV/インテルアラート:「繰り返し」
2018年12月4日
 

歴史は何度も繰り返す。
 
暗黒時代が終わった後、中世はルネサンス時代になった。
 
暗黒時代、人生はつらく厳しいものでした。
 
歴史は繰り返している。
 
暗黒時代=今(終わりに近い)
中世=RV後
ルネッサンス= GESARA
 
今回は、数百年の代わりに、数日しかかかりません。
 
複数の情報源によると、米国新紙幣(USN)は今週中に稼働する予定です。
 
米国新紙幣は量子金融システム(QFS)なしでは稼働できず、量子金融システムはRVなしでは稼動できません。
 
機密解除(DECLAS)文書は今週、おそらくRVの前に公開されるという噂もあります。
 
機密解除文書は、民間通貨償還イベント(RV)中に必要な民衆の気晴らしを提供する。
 
機密解除文書が公開されたら、RVが始まることを期待してください。
 
それは、起訴の一括解除、世界通貨のリセット(量子金融システムの有効化)​​、およびGESARAの発表を含む、2週間の移行段階に備えておくことをお勧めします。


∞ 本番間近という雰囲気になりつつあるようですが・・・


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 09:26 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「プライム指令」 (12/02)
∞  QFSの開始時期が米国と中国の両首脳に伝えられた!?(^_^)v

 


 
RV/インテルアラート:「プライム指令」
2018年12月2日
 

複数の情報源によると、トランプ大統領とXi(習近平)はG-20サミットの間に量子金融システム(QFS)開始スケジュールを知らされた。

両首脳はまた、1月になると噂されている量子金融システム開始までの新しい地政学的タスクについても説明されました。

プーチン大統領は「悪い警官」としての役割を引き続き維持し、世界を軍事的にチェックし、G20首脳会議に出席する。

私たちは現在、暗黒時代の現代版的なものを体験しています。

受け取るために、あなたはまず失わなければならないのは人間の精神的な性質です。

"物事が最悪のときは、あなたはあなたの最善を尽くしています。"  -  Starman(1984)

民間通貨償還イベント(RV)は、すべて人類のアセンション(霊的上昇)と協調して行われるように設定されています。

それは舞台裏で私たちのために働いているすべての軍(地球同盟と銀河系)によって総括的に合意された主要な指令です。


∞ 進展していますね!


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 07:36 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「今後」 (11/29)
∞  トランプ大統領のノルマをしっかり果たしてほしいところです。(^_^)

 


 
RV/インテルアラート:「今後」
2018年11月29日
 

今後のG20サミットの成果は、GESARA準拠に向けた世界的な改革の一環として、より多くの地政学的イベントの道を開くでしょう。
 
軍事調査部門は、州と連邦の法執行機関と一緒に3文字機関(CIA、NSA、FBI)を除く公開記者会見を開催しています。
https://operationdisclosure.blogspot.com/2018/11/something-big-is-going-on-meeting-being.html
 
公開記者会見の発表の次の日、トランプ大統領は反対派に「反逆罪」の裁判を受けることを公表する。
https://thehill.com/homenews/administration/418630-trump-shares-image-calling-for-his-topponents-to-face-trials-for
 
公開記者会見は、起訴の大量開封に参加するすべての軍事部門と政府機関のカバールへの直接のメッセージです。
 
公開記者会見は、(皮肉なことに)矯正局で開催される予定です。
 
起訴事件の大量開封を担当しているのは、間違いなく米連邦保安官局(US Marshals Service)である。
 
IRS-CI(米国内国歳入庁 - 犯罪捜査)などのその他の調査機関は、最終的に米国財務省に引き継がれるように国内国歳入庁 を「修正」する予定です。
 
現在、何か大きなことが起こっていることは明らかです。
 
RV(民間通貨償還)は、移行の始まりを示す最初のイベントとなるでしょう。
 
第2の出来事:
財政的な金融システムの完全性は、意図的な債務奴隷制度として公開され、株式市場の暴落の原因となるため、解体される。
 
第3の出来事:
起訴および他の世界的な逮捕の一斉開封。カバールは人道に対する罪に対して強制的に答えさせられるだろう。
 
第4回:
新しい量子金融システム(QFS)の発表。
 
第5回:
GESARAの発表。
 
移行が完了しました。
 

∞ 株式市場の暴落が現実となる日が刻々と近づいています。(^_^)v

 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 12:06 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「サミット」(11/28)
∞  そろそろ、大詰めでしょうか。 (^_^)♪

 


 
RV/インテルアラート:「サミット」
2018年11月28日

 
GESARAのコンプライアンス(準拠)を満たすために、カバールの影響を受けた複数の国々(サウジアラビア、イスラエル、オーストラリア、イギリス、ウクライナ、米国など)が強制的に改革されている。

トランプは米国でGESARAのコンプライアンスを満たすように先導している。

この惑星(シリア、イエメン、ウクライナ、イスラエル - パレスチナ)の最後の残りの紛争は終結しつつある。

12月1日に予定されているG20首脳会議は、重要な地政学的イベントであると噂されている。

複数の情報源によると、RVは、G20首脳会議が終了した後に始まると予想されている。

RVが始まると、量子金融システム(QFS)への移行が始まる。株式市場の暴落、金融システムの崩壊が始まり、そしてGESARAの発表が行われるだろう。


∞ G-20首脳会議はブエノスアイレスで2018年11月30日(金)〜12月1日(土)間に開催されます。日本との時差は12時間です。

これは要注目ですね。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 07:36 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「ロンドン」 (11/25)
∞  起きるべきことが起きるかも!! (^_^)v

 


 
RV/インテルアラート:「ロンドン」
2018年11月25日
 

決裂はカバ−ルのゲームであり、同時に混乱はアライアンスのゲームです。
 
起きているすべての地政学的イベントは、主要な経済移行をもたらすために必要な条件を満たすために調整された計画です。
 
これらの地政学的イベントの1つはイギリスのEU離脱です。
 
昨日、ジブラルタルでの合意後、EUの指導者達はイギリスのEU離脱を承認することに同意した。
https://edition.cnn.com/2018/11/24/uk/may-brussels-brexit-gbr-intl/index.html
https://www.bbc.com/news/uk-46334649
 
イギリスのEU離脱の承認は、世界の金融資本であるというロンドンの地位の終わりを意味します。つまり、カバールの金融界の支配が最終的に終わりました。
 
これは、いつでも移行が開始できることを意味します。
 
まず、民間通貨償還イベント(RV)が行われます。
 
第二に、RVが完了した後、株式市場が崩壊し、旧来の金融システムが債務の奴隷制度として暴露されるでしょう。
 
すべての通貨を再設定し、世界経済を救う新しい公正な(量子)金融システムが導入される予定です。
 
世界が混乱するのを防ぐため、GESARAも発表される予定です。
 
混乱が収まると、人類は新しい時代に移行するでしょう。
 

∞ ‘イギリスのEU離脱の承認’がカバールの全面降伏ということであれば、新金融システム移行への短いカウントダウンが始まっても良いときですね。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 08:26 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「需要」(11/22)
∞  来週の金曜日の早い時期に株式市場の崩壊!? (O_O) wow !

 


 
RV/インテルアラート:「需要」
2018年11月22日
 

米国の同盟のホワイトハット派は、政府を舞台裏で拘束している。
 
ディープステート(米国のカバール)には、特定の期限前にすべての資産を引き渡し、統制を放棄し、全面降伏することが求められている。
 
カバールは以前は検出されなかった資産(武器)によるカリフォルニアの火災の災害を起こして報復した。

カバールが火災を引き起こすために利用した資産(武器)は破壊された。
 
一方、財務面では、RVは複数の情報源によるとブラック・フライデーに始まると期待されている。
 
株式市場は、次の金曜日の早い時期に崩壊すると予想され、既存の金融システムを新しい(量子的な)金融システムに置き換える移行フェーズが正式に始まる・・・
 
移行期は1〜2週間続きます。
 
すべての国が大きな改革と改革を行う。
 
起訴の開封もこの間に始まる。
 
GESARAは、移行フェーズの終わりに発表される予定です。
 

∞ 例の2週間の備蓄が必要かも・・・
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 17:56 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「劇的」(11/20)
∞  株式市場の崩壊はRV待ち! (^_^)/

 


 
RV/インテルアラート:「劇的」
2018年11月20日
 

民間通貨償還イベント(RV)は、株式市場がクラッシュするように設定されているため、リリースが近い。
 
一旦RVが始まると、株式市場は死んでしまい、その結果、旧来の金融システムが大損失を被る。
 
旧来の金融システムはその価値がないことが明らかになり、従って、新たな(量子的な)金融システムへの扉が開かれることになる。
 
この段階でGESARAが公表され、中央銀行は古い金融システムの維持しようとしても完全に阻止されるだろう。
 
すべての中央銀行はGESARAの法律に基づいて強制停止される。
 
この時点でカバールは完全に破産するでしょう。
 
この移行中に、起訴の大量開封が起こり、すべての国がGESARA法に従って大幅な変更を受けることになるでしょう。
 
GITMO(グアンタナモ湾収容キャンプ)は囚人が増えるだろう。
 
移民キャラバンの問題は衝突が発生して軍隊を待機させる理由を与えるまで、継続されます(これにより、RVの現在の予定表の概要がわかります)。
 
移行が完了すると、すべての通貨は量子金融システム(QFS)の下で正式に資産担保となる。
 
世界がGESARAの法律の下に落ち着くと、開示が始まります。
 

∞ 「移民キャラバンの問題は衝突が発生して軍隊を待機させる理由を与えるまで、継続されます(これにより、RVの現在の予定表の概要がわかります)」
 
移民キャラバンについては以前のインテル情報によれば既に解決済みかと思っていましたが、そうではなかったようです。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 08:00 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:「衝撃」(11/18)
∞  プロセスはゆっくりとかつ確実に進展しているようです。(^_^)v

 


 
RV/インテルアラート:「衝撃」
2018年11月18日
 

現在、世界の重要なホットポット(鍋)はイベントに集中している。
 
カバールが過去数世紀に渡って構築してきた地政学的構造全体が解体されつつある。
 
イギリスのEU離脱(Brexit)は世界の金融の中心地としてのロンドンを失うことになる。
 
米国では、デーブステートがスキャンダルにつぐスキャンダルにさらされている。
 
新米ドル(USN)は既に印刷されており、量子金融システム(QFS)が正式に公開されるまで安全な場所に置かれている。
 
アフリカは制裁を解除されており、GESARAが義務づけている金融改革を総括的に受け入れている。
 
複数の情報源によると、ブレキシット物語、米国/中国貿易戦争、告発の開封は、株式市場の暴落を招き、世界をショックに導くだろう。
 
これは物語がクライマックスに達する部分です。
 
民間通貨償還イベント(RV)は、何百万人もの人々がステップアップし、この驚異的な移行期間中に必要としている人々を助けることを可能にします。
 
RVは株式市場の崩壊後に始まる。
 
移行が完了すると、実際の作業が開始されます。
 

∞ 「カバールが過去数世紀に渡って構築してきた地政学的構造全体が解体されつつある」
 
今は、この進行によって闇のベールが一枚一枚剥がされていくような感じになっていますから、光が見えるまでもう暫く待つことになりそうです。そして、ある日、突然、金融リセットが・・・
 

(^_^;)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 08:26 | comments(0) | - | - |