Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブダペスト・ソウルファミリー・ワークショップの個人ノート 2日目 (03/16)
∞  2日目の3月17日分です。 

 

 

COBRAのブダペスト・ソウルファミリー・ワークショップの個人ノート 2日目
2019年3月16日
 

こちらは二日目の分です。このノートは、二日間の講座に参加した、私自身によって書かれた解釈です。恐らく、他の参加者によるノートもいずれ出てくることでしょう。この講座で触れられた情報や手段のほとんどは、過去にいくつかの場所でも公開された内容です。よって、スクープとなる情報はありませんが、このノートが皆さんの光の勝利を後押しするよう願っています。

----------------------------------------------------------------------------------------------
二日目は浄化と連携の瞑想から始まりました。光を吸い、異なる体(肉体、プラズマ体、エーテル体、感情体、メンタル体)に順番に吹き込んでいき、不必要なものをすべて吐き出すことにより、異なる体が連携するように調節しました。光を吸い込み、息を吐きだすと同時に光を全方向に放射します。それを繰り返し、最後は全ての体から全方向に光を放射するようにしました。瞑想の第二部は、自分自身を光の存在として視覚化し、その確認として「オーム」を三回唱えます。そして地球上の全ての生き物が繋がることを視覚化し、その確認として「オーム」を三回唱えます。次に銀河の全ての生き物が共に繋がることを視覚化し、その確認として「オーム」を三回唱えます。そして銀河から全ての闇が取り除かれることを視覚化します。終わったら自分の肉体と物質界に意識を戻します。
 
さて、現在私達はガンマタイムライン上にいます。(アルファタイムラインとベータタイムラインによるマトリックス脱出シナリオは過去のものになってしまいました。) ガンマタイムラインは、地表の人々の積極的な協力が必要となります。協力とは即ち、私達の生活を実際に変化させるという意味です。情報を理論的に吸収していく時期は終わり、今は自分のソウルファミリーを見つけ出すことが求められています。(ソウルメイトやツインソウルだけではなく) そして再会したソウルファミリーと一緒に、「光の島」を創り出すことです。この光の島は、アガルタ文明や地球外文明とのコンタクトをする絶好の場所になります。
 
繰り返しになりますが、レジスタンス・ムーブメントは地表の住人がレジスタンスへの参加のための準備できていないことに失望の意を示しました。準備とは即ち、自分が自分自身の光の主権者になることです。準備が整うまでには、ソウルファミリーと出会い、初期インプラントを除去し、ハートのエネルギーと性のエネルギーを結合させ、自身の影を完全に統合させているなど、高度な条件を満たす必要があります。
 

 
光の島プロジェクトに従事するコーディネーターはすでに任命済みです。この計画について、ウェブサイトが作成されるでしょう。これらの島はブラジル、クレタ島、ハンガリーなどの場所に創設されるでしょう…
 
「天の気泡」とは一体何なのかという質問がありました。これらは全ての界に渡って私達の新たな現実を創り出すための切っ掛けとなるものです。天の気泡は宇宙セントラル種族のエネルギーを持ち、異常を解消し、私達の全ての体を浄化してくれます。このエネルギーは松果体にも作用します。この泡は、宇宙セントラル種族と宇宙セントラルサンとの意識の繋がりをもたらします。「天の」気泡だからといって、立ち入り禁止だったりとか、高くて手が届かない場所にあるわけではありません。この泡は私達の周りに存在しており、(映画マトリックスの)レッドピルの効果があります。
 
具現化の法則について。具現化は三つの段階を経て成されます。決定、インヴォケーション、そして具現化。この原理を実現させるために、次の主な障害をまず解決しなければなりません。
 
1. 基底チャクラの障害
 
これは私達が持つ恐れの感情や、原始的な生存メカニズムに関連しています。この障害を取り除くことができれば、裕福になって金銭的な問題から解放されます。最も強力な障害と言えます。

2. 性的チャクラの障害
 
この障害を除去できれば、トラウマを治療できるようになります。そしてハートチャクラとの繋がりも修復されます。
 
3. 太陽神経叢チャクラの障害
 
この障害を取り除くことで、ソウルファミリーとの繋がりが回復します。個人的な問題に、面と向き合うことも必要になります。
 
インプラントは私達を対立させる作動装置としての機能があり、私達を妥協した人間関係に留めようとしてきます。銀河スーパーウェーブが到達する日には、皆が自分自身を再発見することになります。そこから逃げられる者は一人とていません。ですから、それを少しでも早めにやっておくべきなのです。たとえ光の島で暮らさないことを選んだとしても、準備をしておくことは大事なことです。
 
ソウルファミリーは一人につき10〜20人ほどいるそうです。そのうち何人かはレジスタンス・ムーブメントにいるか、宇宙の母船の中にいるかもしれません。
 
「ニュー・アトランティス」は、イベント後に建設される新たな文明のコードネームです。新たな楽園となるでしょう。その完成を待つ間にも、戦場の中心地、即ち惑星地表にも天の気泡を創り出していきましょう。
 

 
「接触の受け皿」プロジェクトを覚えていますでしょうか。十分な広さの私有地(推奨面積は30平方メートルの平らな空き地) を持つ人は、密かに銀河連合がその地に着陸するように要求できます。決してどこかに書いたり、誰かに公表しないでください。その要求を声に出してもいけません。このプロジェクトはテレパシー的に密かに行われなければなりません。私は皆さんにこのプロジェクトを実行してもらいたいと思いますし、だからここで説明することにしましたが、もし接触の受け皿となりえる土地について具体的なプロジェクトがあるのならば最大限の機密性を保つようにしてください。あなたがプロジェクトを実行する決断をしたら、あなたはもう(光の勢力と闇の勢力の間の)中立的立場ではなくなります。銀河連合の秘密軍事作戦が地球上で有利になるためにプロジェクトを行うことになるのです。
 
更に、ここから銀河連合が地上に強制的に軍事介入する場合があることも否めません。トップレット爆弾については、完全機密事項となったので何も言及できません。これははっきりと理解できたかわかりませんが、コブラによれば、ある日本人の個人が私有地において宇宙船の着陸が実現したのだそうです。忘れてはならないのが、ロシア、中国、アメリカのポジティブミリタリーはプレアデス最高司令部と繋がっているということです。
 
コブラは「アセンションとは人格(パーソナリティ)と魂の神聖な結婚である」と定義しています。それを実現する準備として、闇の勢力との間に交わされた魂の契約の解除文を読むというエクササイズがあります。
 
以下の文章を声に出して読みます。
 
「I AM Presenceの名において、
I AM That I AMの名において、

 
私は闇の勢力とすべての契約や過去の契約を取り消し、
無効にします。

 
これらの契約から生じる、
過去、現在、未来の全ての影響が無効になるように命じます。

 
そうあらしめたまえ。そうなります。(三回繰り返す)」
 

 
フランス語での契約解除全文と、詳細説明はこちら
 
未来の契約なども無効にするのは、現在と過去の契約が未来へと影響するのを防ぐためです。特に、闇の勢力の影響がある時は、いつでも契約解除をしてください。マトリックス内に入る権利を得るために結んだ契約であり、何千年もの間続いているものなので、一度の契約破棄だけで無効にできるものではありませんので、何度も繰り返すことが大事です。自身の至高の魂と繋がることで、契約を更新しましょう。
 
トップレット爆弾は初期異常に繋がっていると言われています。初期インプラントは三つあり、逆三角形を形成しています。
 

 
私達は、この三角形を通して初期異常とも繋がっています。だからこれらのインプラントを除去しなければならないのです。インプラントによる精神プログラミングの一部として、信念体系の操作があります。特に押し付けられているものとして、「私は神ではない」という信念体系があります。ですからここで、「 私は神」と「私は神ではない 」という言葉を一枚の紙に交互に書いていくという演習を行いました。言葉の意味をよく感じながら、明言するように書いていきます。そうすると目の下にある二つの初期インプラントの力を弱めることができます。(バグらせることができるのだと思います!)
 
「私は神である。私は神ではない」
I am God. I am Not God.
 
次は「性は愛 」と「性は愛ではない」を交互に書いていく演習を行いました。書いたことの意味をできる限りエネルギー的に感じながら書き続けます。そうすると、おへそから指三本分上にある初期インプラントを弱体化できます。
 
「セックスは愛である。セックスは愛ではない。」
Sex is Love. Sex is Not Love.
 
もう一つ、エネルギー場の不完全性を解決するための方法があります。まず、自分の体全体を包み込むほどの大きさの両剣水晶を視覚化します。水晶の両極は天と地の方向を向いています。水晶の各角には回転するスカイブルー色の光点があります。
 
私達はよく「振動数を上げる」といった表現を使いますが、実際に起きているのは、エネルギーセンターである心を中心に形成される、トーラスの回転速度が上がっているのです。映画「スライヴ」にこのことが詳しく説明されています。
 

 
ハートチャクラは実はポータルであり、そのエネルギー場の中に自身の魂があります。その魂の半分は自身の魂で、もう半分はツインソウルのものです。男性性は電気的な性質を持つエネルギーで、女性性は磁気的な性質を持つエネルギーです。そしてライトボディーは霊的な乗り物だと言えます。イベント後には皆さんは宇宙船を操縦するのだろうとご想像されていると思いますが、実際には個人アセンションの後に、自分のライトボディーがその宇宙船になるのです。
 
光の柱を呼び出す瞑想は、銀河連合のATOVOR技術に基づくテクノロジーです。進化し続ける技術です。2019年1月21日以来、光の柱には宇宙セントラルサンの粒子の濃度が高まっています。
 
(ノートを取りながら私はこの技術は一般的なスピリチュアル訓練や瞑想法とは大きく異なる概念のものだと思いました。つまり世間に知られる瞑想法はほとんど意味が無いと言っているようなものだし、そもそも物質界ではこの技術の概念について現状何も知られていないのだということです。これらの技術は特にエネルギー界などの高次元の世界の話です。)
 

 
ATVOR技術と光の柱を自身の進化とエネルギー的なプロテクションのために用いる新しい方法があります。次の文言を唱えます。
 
「純白な光の柱よ、我が体の周りに降りてきたまえ。私は私である存在よ、目の前に現れたまえ。私は私である存在よ、我と融合して一つになりたまえ。」
 
こちらも何度も練習を繰り返す必要があります。
 
(日本語での参考記事はこちら)
 
アセンションの方法は、個人のものと集団のものがあります。集団アセンションの場合は、ソウルファミリーとの再会や光の島の形成から可能になります。個人アセンションの場合はその個人のライトボディーが宇宙船になりますが、集団アセンションの場合は集団的な宇宙船を形成することになります。
 
ソウルファミリーはまず最初に無意識の進化を経験し、その内一定数のメンバーがマトリックス統合を経験することで、自身のソウルファミリーと別れて進化の道を進むことになりました。マトリックスが無くなった後に待っている段階として、ソウルファミリーのメンバー達と一緒に意識の進化を再開することになります。
 
コブラは惑星アセンションの完了までの過程を説明するため、以下の相図を用いて改めて説明をしました。
 
 
 
第一段階
2012年12月21日から2019年1月21日までの期間です。この段階では、惑星上に注がれた光のエネルギーの大部分が異常と闇を解消するために費やされました。
 
第二段階
2019年1月21日からはこの段階に入りました。天の気泡段階とも言えます。これら光の泡は闇に取り込まれることは無く、光の計画を発展し続けます。恐らく第一段階よりはるかに短い期間となるでしょう。
 
第三段階
ソウルファミリーとの再会する段階です。闇の勢力の惑星地表の支配についての情報や、豊かさをもたらすような情報の開示があります。この段階は銀河のフラッシュを伴う「イベント」という絶頂点を迎えます。
 
第四段階
非常に不安定ですが、光が徐々に常識として浸透していく期間となります。地表の全住人が多かれ少なかれ変化を経験します。安定化は臨界数の到達とともに顕在化するでしょう。
 
第五段階
光の島が大きく発展するでしょう。銀河文明の代表者たちとのファーストコンタクトがあり、銀河連合との併合を完全に果たします。3回のアセンションの波があります。第一波は2000人です。その後波で数十万人がアセンションし、最後の波で数百万人がアセンションします。
 
第六段階
二度目の銀河のスーパーウェーブがあり、ポールシフトを引き起こします。大津波による惑星地表の大掃除が起きます。
 
日本語での参考記事はこちら
 
質疑応答などのメモ
 
・2019年1月21日から、宇宙セントラルサンの働きによってタキオンチェンバーの効果も強まった。
 
・同性愛者には三つの形態がある。生まれつきの同性愛者、深いトラウマによる障害が原因となった同性愛者、カバールによってプログラミングされた通りに表現をする同性愛者。
 
・ワクチン接種プログラムは人類の体に毒を入れるという明らかな思惑から始まった。(この件について話している記事はネット上の至る所で多く見つかる)
 
・紹介された手順で初期インプラントを取り除くことは簡単なことではなく、根気よく続けることが大事。
 
・自己免疫疾患は感情的なトラウマが原因。
 
・アフリカの悲惨な状況は、レプティリアンが人類を貧困に閉じ込めるという実験の結果。アフリカの状況を良くするのなら、実際の物理的支援をしてあげたり、教育を発展させるべき。そうすれば、アフリカは充分に発展するだろう。
 
この講座をエネルギー的に支援してくれた皆さんに感謝します。特に地球内部から二日間支援してくれたレジスタンス・ムーブメントの巫女に感謝します。
 
最後に、この移行のリーダーは私達です。惑星地球の地表という不均衡な戦場を辛うじてくぐり抜けてきた私達ですが、その努力が報われて私達は勝利するでしょう。私達は1975年から2025年まで開いている、この機会の窓の中にいます。さあ、私達の手で変化を起こしましょう!
NOGI」  2019/03/28 21:55

 
∞  気になる箇所を抽出しています。
 
「天の気泡」
 
・ 全ての界に渡って私達の新たな現実を創り出すための切っ掛けとなる。
 
・ 宇宙セントラル種族のエネルギーを持ち、異常を解消し、私達の全ての体を浄化してくれ、また松果体にも作用する。
 
・ 宇宙セントラル種族と宇宙セントラルサンとの意識の繋がりをもたらす。
 
・ 「天の気泡」は私達の周りに存在しており、(映画マトリックスの)レッドピルの効果がある。
 
※ 映画マトリックスのレッドピルの効果とは、赤いカプセル薬(真実を知ることができる)ことの意味です。ちなみに青いカプセル薬(幻想のなかで生きる)です。(^_^)

----------------------------------------------------------------------------------------------
・ インプラントは私達を対立させる作動装置としての機能があり、私達を妥協した人間関係に留めようとしている。
 
・ 銀河スーパーウェーブが到達する日には、皆が自分自身を再発見することになる。(インプラントの消滅?)
 
・ 私達1人1人にはソウルファミリーが10〜20人ほどいる。
 
・ 「ニュー・アトランティス」は、イベント後に建設される新たな文明のコードネーム。
 
「初期インプラントのマインドコントロールを解消するためのにすばらしいツール」

この詳細は「働かなくてもいい社会を実現するには?」にあります。 
 
・ 具現化への三つの段階 「決定、インヴォケーション、そして具現化」
 
・ 「振動数を上げる」とはエネルギーセンターである「心」を中心に形成される、トーラスの回転速度が上がること。
 
・ ハートチャクラはポータルであり、そのエネルギー場の中に自身の魂がある。その魂の半分は自身の魂で、もう半分はツインソウルのもの。
 
・ 男性性は電気的な性質を持つエネルギーで、女性性は磁気的な性質を持つエネルギー、ライトボディーは霊的な乗り物。
 
・ 私達は1975年から2025年まで開いている、この機会の窓の中にいる。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 18:46 | comments(0) | - | - |
COBRAのブダペスト・ソウルファミリー・ワークショップの個人ノート 1日目 (03/16)
∞ 既読の方も多いと思いますが、そうでない方々と管理人自身のためにUPさせて戴きます。(^_^;) 

 


 
COBRAのブダペスト・ソウルファミリー・ワークショップの個人ノート 1日目
2019年3月16日
 

2019年3月16日~17日に行われたCOBRAのブダペスト・ソウルファミリー・ワークショップでとったフランス語のノートが一部公開されていましたので翻訳しました。1日目の分です。
 
2019年3月21日 Hervé Gaïa
 
私はこの度、コンタクティ―であるコブラがブダペストで主催した、ソウルファミリー・ワークショップ(体験型講座)に参加する機会を得ました。今回、講座中に取ったノートのうちのいくつかの内容と、私自身の考えをここに共有させていただきます。これらは会議の正確な報告では無く、よってコブラ本人による言葉ではないことをご理解ください。このノートは、二日間の講座に参加した、私自身によって書かれた解釈です。恐らく、他の参加者によるノートもいずれ出てくることでしょう。この講座で触れられた情報や手段のほとんどは、過去にいくつかの場所でも公開された内容です。よって、スクープとなる情報はありませんが、このノートが皆さんの光の勝利を後押しするよう願っています。
----------------------------------------------------------------------------------------------

今回のワークショップの参加者は約350人でした。もちろん、ハンガリー人の割合が多めでしたが、ヨーロッパをはじめとする世界中の人々が集まりました。バラバラになってしまったソウルファミリーのメンバー同士が再会する絶好の機会となりました。
 
会議の冒頭で重要なメッセージがありました。それは、「イベントやアセンションの引き金を引くのは、他ならぬ私達自身であること」ということです。グル(教祖)を探すのではなく、自分自身の未来は自分で見つけ出してください。もしくは、この講座の出席者が書いたノートの情報を、自分自身で探し出して得てください。
 
その日はまず、会場のエネルギーの同調をして、カバールの攻撃によって亡くなったコブラのパートナーであるアイシス・アスタラへ敬意を表し、賛辞を贈りました。アイシス・アスタラは至高の女性性のエネルギーを完璧に体現する女性のことであり、そのエネルギーは集団瞑想を通して私達を通ります。このサイトの管理人も、いつか瞑想による女神エネルギーの伝達法や、マトリックス脱出法、この講座で教わったことなどを記事にしていく予定です。
 

 
2019年1月21日の世界同時瞑想は、地球解放までの道程の中でも極めて大きな成功でした。こちらの日本語の記事をご参照ください
 
私達が住むこの信念体系は、非常に長い期間に渡って存在し続けてきたため、特に強力なものです。虚偽の現実(マトリックス)を壊すことは簡単なことではありません。インプラントがこの支配システムの礎石となっています。世間ではインプラントを簡単に除去する方法が紹介されていたりしますが、目の上にある初期インプラントや、へその上のインプラントなどは簡単に除去できないものだと思います。根気よく長期間やりつづければ除去できるものかもしれません。多くの人々は、神秘の力の介入や、自動書記などで除去できるのではと信じています。これらの主要インプラントはエネルギー結晶体であり、私達がこのマトリックス内に入った時に、魂の契約に署名する際に埋め込まれたものです。頭部にある方のインプラントの主な機能は、私達のパーソナリティ(人格)をソースから切り離すというものです。ある意味、私達は皆、統合失調症なのだと言えるでしょう。この「I AM Presence」との断裂がマトリックス支配とそのメカニズムの基礎となっているのです。
 
 
図の中の黒点が初期インプラントのある場所です。
 
もしインプラントが無くなったら、人体のエネルギー体はこの図に表されているものとは全く違う形になるでしょう。これらのインプラントはエネルギー体の構造や放射を根本的に変えてしまうのです。
 
私達は「自分自身との再接続」を最優先のミッションにすべきです。その結果として、支配プログラムの崩壊があるのです。
 
さらに、私達がこれまで学んできたことのほぼ全てが間違っています。真実を知るために苦労して探し出した情報そのものが嘘なのですから、真実を知るのが難しいのは当然です。アルコンによって設置された、非常に精巧に作られたこの牢獄から「プリズンブレイク」するために、私達はここにいるのです。ブダペストをヨーロッパで開かれる「脱出ゲーム」の中心地にしましょう!
 
タキオンは電磁相互作用はしませんが、強い核力とのみ相互作用をすることを覚えておきましょう。タキオンは強い核力相互作用を通して物質の構造を大きく変える性質を持っています。タキオンは全宇宙の万物の源です。コブラは宝石などのタキオン化製品の働きの概念も話しましたが、瞑想にもそれは関係していると言っていました。
 
ソウルファミリーについて。調和のとれた社会を築き上げる為には、ソウルファミリーとの再会が必須になります。ソウルファミリーは、同じ創造の過程を経て、似通った魂の構造を持っています。1995年、レジスタンス・ムーブメントは多くの問題を抱えていました。ですが、ソウルファミリーを基にする社会力学を設置することで、4〜5年のうちに全く争いの起きない社会へと変化させようとしました。残念なことに、マトリックス内にいる以上、それは簡単なことではありませんでした。
 
映画マトリックスを覚えていますでしょうか。私達が外の世界を知らない奴隷状態になっているという現実について、非常に近い描写をした映画です。映画の中で青いピルと赤いピルを選ぶ場面がありますが、そのユーモアとして会場でも一人一人に赤いピルが配られました。お土産に持って帰ることもできましたが、会場に来ていた多くの人達はすぐに赤ピルを飲み込んでいました!マトリックスは、人工知能に管理されたテクノロジー群です。テクノロジーは私達をどうにか監獄の中に留めようとしてきます。更に、友人や同僚などの、マトリックスの一員たちも常に私達をマトリックスの中に押し込めようとしてきます…
 
私達がやっていることが先駆的だということは、どう見ても明らかです!
 

 
コブラは以前、「参加の手順」という記事を投稿したことがあり、レジスタンス・ムーブメントと協働したい人が志願できると言っていましたが、志願者の多くは準備ができている状態とは程遠いものでした。個人的な問題を解決できないかと考え、レジスタンスへ志願した人もいるくらいでした。
 
日本語での「参加の手順」の記事はこちら
 
認識力と情報開示の難しさについて、コブラはこれを3段階の難易度に別けました。惑星上で起きている陰謀についてを人前で話して理解してもらうことは最も低い難易度と言えます。中難易度としては、地球外生命体などについての現実と向き合うことです。最も高難易度であり、全ての人々にとって最も直面するのが恐ろしいこととは、この惑星が戦争や性的虐待、子供達が儀式という名の犯罪で虐待されているという巨大な問題です。
 
私の光の気泡の記事で説明したように、2012年12月から2019年1月21日までの間が、(惑星のアセンションまでの)相転移の6段階のうち最初の段階でした。
 

 
日本語での「天の気泡」についての説明記事はこちら
 
コブラはこの過程を、液体から気体への相転移の例を使って説明しましたが、これは私達の新たな振動レベルへの変化の過程にも当てはめることができます。この期間はよく「何度も攻撃を受けた時期」とも言われています。実際に死者も出てしまいました。その期間もようやく終わってくれました。ソウルファミリーと繋がることによって、これらの問題も無くなっていくでしょう。生物学的ファミリーは、依然としてDNAの繋がりを根拠にして、マトリックスの維持に努めています。
 
コブラはソウルファミリー、ソウルメイト、ツインソウルという3つの概念をよく区別して説明しています。
 
日本語でのソウルファミリーについての詳しい記事はこちら
 
以前の私の記事でも、ソウルファミリーこそが調和の取れた社会を築くための鍵であり、光の島を創り出すための鍵であると述べました。
 
魂の仲間(複数います)は、マトリックスに初めて入った時までは、一緒に旅をしてきた仲間でした。そのため彼らとは深い関係を持っています。マトリックスは手段を問わずに彼らとの再会を妨害してきます。彼らとの再会が生み出す浄化効力は、マトリックスにとって非常に脅威となるからです。マトリックスは再会を妨害するために、事件を引き起こしたりもします。そうすれば会おうという気持ちを無くさせることができるからです。
 
コブラはレイラインの話もしていました。レイラインとは、地上にあるエネルギー網のことであり、その線が交差する点は一般的にヴォルテックスとされています。
 

 
この惑星上の主要なレイライン、女神のラインは権力によって占拠されています。それらはパリ、ヴェルサイユ、ストーンヘンジ、シリアの五芒星地点、ロングアイランドなどを通ります。こちらの私の記事でこのことを詳しく話しています。
 
ソウルファミリーとの再会によって、この惑星を通るエネルギー網を、安定した光の網へと変換させることができます。特に、チンターマニストーンの設置は、ソウルファミリーとの再会も支援できるのです。
 
魂の3つの人間関係のなかで、ツインソウルの概念については良く誤解されています。ツインソウルは同一の宇宙卵から発生し、やがて二つの存在へとと分裂しました。多くの人が、すでにツインソウルと出会って共に暮らしていると誤った思い込みをしています。ツインソウルに会うというのは、自身の魂の発生の時からこれまでの全ての歴史を持った、自分自身に会うことと同じだという現実があります。莫大なエネルギーが放出されるため、ツインソウルとの物理的な出会いは致命的になりかねません。特に女性がそうですが、ツインソウルに幻想を抱く人も沢山います。女性が結婚に憧れを持つのは、自身のツインソウルの原型への憧れが元になっています。映画やディズニー映画などで、誤ったツインソウルに憧れを持たせて、本当の再会ができないように操作されています。
 
ここで私達はツインソウル(多くの場合、マトリックスの外にいます)と再接続するための特別な瞑想を行いました。非常に強力に思えた瞑想でしたので、いつかガイド音源などを使って詳しくご紹介できたらと思います。


 
おへそから指三本分上の方にあるインプラントについて知ることも大事なことです。このインプラントは性のチャクラと心のチャクラの間にあるエネルギーの循環を特に妨害する機能があります。
 
人類の歴史の中で、女性達は自分の感情をよく表現しているのを目にする一方で、性の表現をすることは危険であると一般的に思われています。男性はそれとは逆に、心から切り離された性のみを表現し、自分の感情を表現することは危険であるという認識があります。

Manipulation de la polarité homme femme par les implants | * Rêvolution Vibratoire * 
 
性の革命」は、最初はポジティブなものでした。しかし今は誤った方向へと向かっています。コブラは、性エネルギーが自由で健康的に表現されないと、特に社会の経済や金融システムが正しく機能しないと述べました。しかも、世界各地の戦争の勃発や、絶え間ない争いという結果を生んでしまうそうです。
 
カバールのメンバーは、I AM Presenceと繋がるにはあまりにトラウマを植え付けられ過ぎています。児童への犯罪(児童性愛という言葉は使いたくはありません。愛という言葉を使いたくはありませんので、犯罪と呼ぶのが相応しいでしょう) の多発から見受けられるように、カバールは心も性も表現することが不可能となっています。
 
ここで、コブラは新生地球の確立までの3段階について述べました。
 
1. ソウルファミリーとの再会、それによる浄化とヒーリング。

2. 地表に光の島を設置。

3. ポジティブな外文明とのファーストコンタクト。
 
私達のクンダリーニ・エネルギーは常に抑制され、その力を使わないようにプログラミングをされています。エネルギーが妨害されたり、恐怖や怒りといったネガティブなエネルギーに変化されることなく、自然な本質的女性性(受容性)の表現と、男性性(行動)の表現をすることができれば、それはアセンションへの道となります。
 

 
マトリックスを壊すには、性エネルギーを心と再接続させる探求をすることです。性エネルギーは、肉体的な性的表現以外でも表現することができます。
 
コブラは、イエローベスト運動は本物の運動であって、決して止まないだろうと述べました。
 

 
これはパリの地下でレジスタンス・ムーブメントの巫女たちによって行われた地表のクンダリーニ活性化によって始まった運動です。
 
日本語でのイエローベスト運動についての記事はこちら
 
質疑応答などのメモ
 
・レプティリアンの大部分は地球の地表から排除された。
 
・コブラはQアノンについては言及を避けた。
 
(※訳注: 日本からの参加者によれば、「Qアノンはプレアデス人からの情報は得ていない」と回答していたそうです。また、「21日の予想については過大な期待をしないように」とも発言していたそうです。)
 
・デンマークにもタキオンチェンバーがある。コペンハーゲンから南に一時間ほどの場所で、使用料は無料。(私のサイトで特集記事を書く予定)
 
・マヤ文明はアガルタと接触し、一部は地球の中心に移住した。
 
・自分自身のいかなる側面とも向き合って、争いの原因となっている偽りの仮面を外して、完全に自分自身になること。
 
・(ドイツ-オーストリア国境間にある)ウンタースベルク山は非常に特別なエネルギーを持つ女神ヴォルテックス。秘密宇宙プログラムが始まった場所。イベント後には特別なポータルになる予定。
 
二日目のノートに続く >>>
 
NOGI」 2019/03/24 00:45

 
∞ 気になる箇所を抽出してみました。
 
・ 「イベントやアセンションの引き金を引くのは、他ならぬ私達自身であること」

・ アイシス・アスタラは至高の女性性のエネルギーを完璧に体現する女性のことであり、そのエネルギーは集団瞑想を通して私達を通ります。

・ 目の上にある初期インプラントや、へその上のインプラントなどは簡単に除去できない。

・ 主要インプラントはエネルギー結晶体であり、私達がこのマトリックス内に入った時に、魂の契約に署名する際に埋め込まれたもの。

・ インプラントはエネルギー体の構造や放射を根本的に変えてしまう。

・ アルコンによって設置された、非常に精巧に作られたこの牢獄から「プリズンブレイク」するために、私達はここにいる。

・ タキオンは強い核力相互作用を通して物質の構造を大きく変える性質を持っています。タキオンは全宇宙の万物の源です。

・ 調和のとれた社会を築き上げる為には、ソウルファミリーとの再会が必須。再会によって、この惑星を通るエネルギー網を、安定した光の網へと変換させることができます。

・ 莫大なエネルギーが放出されるため、ツインソウルとの物理的な出会いは致命的になりかねません。

・ おへそから指三本分上の方にあるインプラントは性のチャクラと心のチャクラの間にあるエネルギーの循環を特に妨害する機能があります。

・ カバールのメンバーは、I AM Presenceと繋がるにはあまりにトラウマを植え付けられ過ぎています。またカバールは心も性も表現することが不可能となっています。

・ 自然な本質的女性性(受容性)の表現と、男性性(行動)の表現をすることができれば、それはアセンションへの道となります。

・ マトリックスを壊すには、性エネルギーを心と再接続させる探求をする。

・ コブラはQアノンについて、「Qアノンはプレアデス人からの情報は得ていない」と回答していた。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 19:26 | comments(0) | - | - |
サンパウロ・カンファレンスノート (12/1-2)
∞ 「NOGI」さんがブラジルで開かれたサンパウロ・カンファレンスノートの1つを翻訳されました。ありがとうございます。 

 

 
 
サンパウロ・カンファレンスノート
2018年12月1〜2日

 
「こんにちは、旅の仲間の皆様 
コブラのアセンション会議に参加することができたので、私のとったノートといくつかの洞察を共有させていただきます。ノートの共有について、コブラが重点を置いているように、これらはあくまで私の観点から得られた情報であることをご理解ください。」Priscila Inocêncioより
 
まず初めに、コブラは銀河のスーパーウェーブと銀河の整列について話しました。
アセンションの窓は1975年から2025年まで開いています。
私達はセントラルサンから来る銀河のスーパーウェーブと銀河のパルスの間でシンクロを経験します。かつてアトランティスを滅ぼした銀河ウェーブですが、今回はイベントを起こすウェーブとなります!
光の勢力のシップは地球の軌道上に配置されており、地球に対する銀河スーパーウェーブに伴う銀河パルスの衝撃を和らげてくれます。
 
ここに転生してきた人は誰でも、以下の5層のプログラミングを施されています。
 
1.最初に地球に来た時に受けるプログラミング
2.転生時に受けるプログラミング
3.両親からのプログラミング
4.学校からのプログラミング
5.メディアからのプログラミング

ニュー・アトランティス計画
 
ニュー・アトランティス計画とは、光の勢力が惑星を解放するための計画であり、ブラジルは非常に大きなヴォルテックスがあることから、アトランティスと強い繋がりがあると説明しました。アトランティス時代のこの惑星の赤道はサンパウロを通っていました。カンファレンスがそこで開かれた理由の一つでもあります。この計画の狙いは、大いなる光のネットワークを惑星にもたらすことです。
 
コブラはサンジェルマンに導かれ、タキオンチェンバーのネットワークを作り、それらのチェンバーを通してプレアデス人のエネルギーを地球のグリッドにもたらそうとしています。
チンターマニストーンを埋める活動の重要さも説明されました。これによって光のネットワークを拡張できます!世界各地にチンターマニストーンが埋まっています。南極や海の中にも!既に目に見える変化もあります。例えば中国の北京では、フラワーオブライフ模様に設置され、空気汚染に改善が見られています。
それは神聖幾何学の形をとった生きている光のネットワークです。プラズマを浄化して光をもたらし、イベントの支援をします。
マザーシップへの入り口はチンターマニストーンが埋まっている場所になるでしょう。
一つ埋めると、巨大な天使が定着し、周囲の直径20−30マイルの範囲にエネルギーのヴォルテックスを作り出します。
Vórtice da Deusa - O Evento e a AscensãoVórtice da Deusa
Partilhar no FacebookFacebookVórtice da Deusa O Vórtice da De
チンターマニストーンは全人類を目覚めさせるためにシリウスからきました。フランシス・ベーコンとして転生したサンジェルマンが「ニューアトランティス」という本を著し、その中で黄金時代の展望を記しています。
サンジェルマン伯爵として転生していた時には、パリに秘密のミステリースクールを開き、それは3つのメーソンロッジに繋がっていました。
 
ベンジャミン・フランクリンはそのうち一つのロッジのメンバーでした。彼はアメリカ共和国憲法の発布過程に関わるように影響されていました。
 
闇の勢力は未だにいかなる宇宙船をも検知するシステムを維持しているため、ファーストコンタクトが起こせません。
集団瞑想は重要です。私達をイベントへと近づけてくれるからです。臨界数に達することで、このプロセスを効果的に加速化できます。
 
私達は25,000年もの間プログラミングを受け続けてきました。闇の勢力は25,000年もかけてマトリックスを維持してきましたが、私達はそれより断然早くマトリックスを壊すことができます。
O Véu e a Quarentena implementado pelos seres das TrevasO Véu e a Quarentena
アガルタネットワークは非常に活発で、今は女神の神殿を作ってくれています!
 
地下では多くの活動があります。
 
プロジェクト・コンタクトディッシュ(接触の受け皿)
 
新しいガンマ・ラインのために光の勢力によって発案されたプロジェクトです。
 
今年はタイムラインの変更が多くありました。以前はアルファ・タイムラインでしたが、アイシス・アスタラの死後、ガンマ・タイムラインに入りました。
 
とても安全で安定した、光の勢力の直接介入が加味されたタイムラインです。
 
空地を個人的に所有している人なら誰でも、このプロジェクトに参加してシップに着陸をしてもらうことができます。
 
着陸の許可を与えればいいのですが、大事なのはその事を誰にも言ってはならないということです。
 
土地を所有しているのなら、その土地へ来るよう招待してください。しかし、それは秘密にしてください。誰かに知られたら、その土地は放棄されます。詳細はこちらの記事にあります。
接触
 
闇の勢力の排除が進めば、コンタクトを受ける人が増えていき、メディアで体験を話し始めます。
(公式の)ファーストコンタクトは国連で行われるでしょう。
 
銀河法典
 

 
全銀河で順守されている法典です。
 
銀河社会の社会規範であり、ファーストコンタクト後に全人類にもたらされます。
 
その中には「介入の法」があり、銀河法典が侵害されている惑星に軍事的介入を行う権利が銀河連合に与えられています。
 
地球はまさに侵害されている場所であり、光の勢力が軍事介入を行うことが決定されました。銀河連合は介入が行われるよう、全面的に支援をしています。
イベント後、地球は銀河連合の領域になり、人類はその一員に加わります。
銀河法典に則り、未来を共同創造しましょう!
 
ここに来ているシップの中には、小惑星にカモフラージュしているのもいます。
 
アルコンは黒い貴族やイエズス会を通してこの惑星を支配しています。
ドラコニアンは政治を通して支配を保っています。

最も進化した種族は銀河セントラル種族です。
参加手順
 
物質的な執着や愛着を持たず、優れた能力を持つ選ばれた人々は、イベントの過程を支援するために(レジスタンスへの)参加手順を行う機会が与えられます。
 
参加を促された人々は、イベント前にある選抜過程を通ることになります。持ち物を揃えるために15分間の猶予が与えられ、自宅近くの エレベーターや地下エリアなどの場所で接触されます。そして「シャワー室」に入るように言われ、体中の全てのナノテクノロジーとほとんどのウイルスや細菌が殺菌浄化されます。シャワー室の反対側から出ると、すでに浄化は完了しています。この時点で内なる喜びが溢れ、生き生きとしたエネルギーが湧き上がり、気分が非常に良くなるはずです。この過程の後、レジスタンスを効果的に手伝うことができるようになります。以下の2つの記事に詳細があります。
参加の手順
 
アセンション過程
 
アセンションは個人レベル、グループレベル、そして惑星レベルで起こります。
 
個人レベルにおいては、集中的な霊的成長が起こります。
 
ソウルグループの各人と、それぞれのグループが成長していき、惑星の変化を支援していきます。
アセンション過程はイベント後にのみ始まります。
 
イベントの間は大量の情報開示があり、惑星に対して行われていた全てのネガティブな行いが暴露され、視野と見識が広がっていきます。
 
全ての人間が現実に直面することになり、新しい社会構造が誕生します。
 
ソウルファミリーとの出会いが始まり、光の島への道が開き、アセンション過程は加速していきます。
 
アセンションに加わる存在は、5次元以上へと上昇します!
 
人類全員がアセンション過程を通るわけではありません。多くの人々が三次元での進化を続けるでしょう。
 
「クリスタルの階梯」という本ではこのアセンション過程が説明されています。(アシュターやイエス・キリストのメッセージがあり、アセンションを求める人たちの必須読本です。)
初期契約
 
私達がこの隔離された場所に来た時に結んだ契約です。この中で、私達は闇の勢力が生活に介入することを許可してしまっています。
 
契約に署名すると、ブラックホールのあるインプラントを身体のエネルギー・ヴォルテックスに埋め込まれます。インプラントの作用により、女性性と男性性の分離が起こります!
 
幸い、全ての契約は簡単なエクササイズによってキャンセルすることができます。
 
紙を一枚用意し、以下の文言を書いてください。
 
I AM Presenceの名において
私の魂の名において
光の勢力の名において
私はここに、闇の勢力との間に交わされた初期契約を破棄し無効とします。
闇の勢力との間に交わされた全ての初期契約は、今破棄され、無効になりました。
この契約から生じる、過去、現在、未来への影響は全て無効になりました。
そうあらしめたまえ。そうなります。
 
書けたら、それを3回声を出して読み上げてください。そして毎日このエクササイズを続けてください。(コブラはどのくらい続けるべきなのか尋ねられると、何百回でもやるべきと冗談を言いました。(笑))
インプラント・トライアンギュレーション
 
これらのインプラントはアトランティス時代に埋め込まれました。
 
インプラントは回転するブラックホールを内包し、信念体系の引き金となります。
 
頭部の目の上には二つのインプラント、そしておへそから数インチ上にも一つのインプラントがあり、トライアンギュレーション(三角分割)がされています。
 
このインプラントはソースとの分離を引き起こします。(訳注: 頭部のインプラントのことと思われます。)
 
そして全ての宗教がこのインプラントを利用しています!そこは二元性への入り口のポータルなのです。
 
あらゆる信念体系がここから生じています。
 
このインプラントを埋め込まれた男性は、性的欲求を持ちますが感情的ではなくなります。女性の場合、性的欲求はありませんが、感情的になります。(訳注: こちらは腹部のインプラントを指していると思われます。)
 
また、このインプラントは上部と下部のチャクラを分離し、具現化のプロセスを妨害します。それから後頭部にも支配のインプラントがあり、生き残り、恐怖を駆り立てる作用があります。「働かなければ死んでしまう」という感覚を与えます。
これらのインプラントもいくつかのエクササイズによって除去できます。
 
最初のエクササイズは、頭部のインプラントを無力化するものです。紙を一枚とって、次のように何度も書いていってください。
 
私は神。
私は神じゃない。
私は神。
私は神じゃない。
私は神。
私は神じゃない。
 
書く度に文章のエネルギーを感じてください。
 
何日間もこれを続けてください。(コブラはインプラントの除去に25年もかかったと冗談を言いました。しかし、現在はもう少しやり易くなったと。(笑))
 
二つめのエクササイズは、おへその上のインプラントを除去するためのものです。
 
そのインプラントを感じることもできます。おへそから4兢紊良分に、何か感じるか試してみてください。ねじってみると奇妙な感覚になるかもしれません。
 
セックスは愛。
セックスは愛じゃない。
セックスは愛。
セックスは愛じゃない。
セックスは愛。
セックスは愛じゃない。
 
文章を感じながら書いてください。これをインプラントが消えたと感じるまで繰り返してください。
 
コブラは声に出すだけではなく、常に書くようにするのが大事だと言っていました。書くことで有効になるのだそうです。
 
ライトボディー活性化
 
コブラは創造にはいくつかの異なる次元と階層があることを説明しました。
 
三次元は物理界が存在しているところで、その中での最高階層がプラズマです。(三次元と四次元の間)
 
四次元にはエーテル界があり、メンタル階層が最も高度です。
 
五次元と六次元は魂の階層です。
 
七次元はソースの階層です。
 
皆さんのライトボディーは魂の体と同義です。そこから肉体、 エネルギー体、プラズマ体へと、光線と呼べるものが発せられています。
 
この繋がりが作られれば自身のライトボディーを活性化することができ、その過程においてアセンションをすることになります。魂のプレゼンスが完全に肉体に降りてきます。
 
I AM PRESENCE、魂と一つになることで、五次元と六次元へのポータルになります。
 
ライトボディーを活性化することで、それはあなたの乗り物になります。アセンション後はライトボディーの操縦法を学ぶことになります。
 
プレアデス人はライトボディーをシップと融合させて、凄まじいスピードで飛び回ります。プロセスを経れば、誰もがこれを覚えることになります。
ATVOR
アシュターコマンドのテクノロジーです。母船から降りてくる光線のようなもので、エネルギー場を整える過程を支援してくれます。
 
この技術を使えば遠隔輸送が可能になりますが、トップレット爆弾があるため使うことができません。
今日は簡略化されたテクノロジーを使って光の存在やI AM Presenceと繋がってみましょう。
 
母船から発せられた光の場を視覚化し、それがあなたを通って地球の中心まで届きます。数分間そのままでいて、次の文言を唱えてください。
 
「純粋な白い光よ、私の上に降りてきて、周囲を囲んでください。

I Am that I Amに呼びかけます。

I Amという存在よ、私と一つになってください。」
 
具現化の過程
 
とても単純な理論です。練習すればもっともっと上手になっていきます。(「ザ・シークレット」や「引き寄せの法則」関連の)本では具現化の全体の過程が説明されておらず、ストレスが溜まってしまう人が多くいます。
 
具現化の法則は基本的に三つのステップがあります。
 
第一のステップ: 何かを具現化したいという意思決定
 
明確さが欠けていることや、本当のセルフ(自分自身)や内なる声を聞かず、外的影響によって決定をしていることが多いです。

自分は本当は何が欲しいのかを見つけ出す必要があります。社会が欲しがっているものでは無いかもしれません。
 
決意は自由意志のスパークです具現化のプロセスはそこから始まり、物質として形になります。
 
第二のステップ: 召喚
 
ここで熱望や感情を使う必要があります。決定が強い感情を伴って下されれば、具現化の過程は加速します。
 
私の理解では、このプロセスで必要なのは、これまでの人生で経験してきた全ての感覚のことだと思います。
 
コブラは光の勢力が具現化を支援してくれるように呼び掛けてくださいと言っていました。
 
第三のステップ: 物理的行動
 
物理的に行動すること、経験すること。コブラが言ったのは、体が具現化したいと思う物の本当の感覚を持つ必要があるということでした。
 
そしてポルシェが欲しいと言っていた人がいたので、その人に車に乗り込んで運転してみるように指示をして、身体がその感覚を忘れないようにと伝えました。
 
本当に欲しいものや本当に大事なことを得られるまで、このプロセスを何度も繰り返す必要があります。諦めてはいけません。何でも可能なのですから!
 
意思決定をし(決定をすることは視覚化することだと思います。)

インボケーション(祈り)をして感情をこめて物理的行動を取る。そして絶対にあきらめない!
 
イエス・キリストは言いました。「求めよさらば与えられん!」
 
闇の勢力は人々をプログラム通りに動かせようとし、人々に成功して欲しくないので、この惑星上での具現化の過程は遅いと説明をしました。
 
上級テクニック
 
精神と物質は、同じコインの表と裏です。

精神は希薄な物質であり、物質は濃密なエネルギーです。
 
皆さんは星のポータルです。皆さんの意識は精神を物質に、物質を精神に変化させるポータルです。

何でも具現化できます!
 
金融システムは闇の勢力が人類を支配するために作られました。しかし、あなたはこのやり方で人生を豊かにすることができます。ゲームのルールを変えることができます!
 
具現化の瞑想
 
コブラは具現化したいものの小さな模型を使うのを勧めていました。また、サンジェルマンのミッションは地球に豊かさをもたらすことなので、サンジェルマンを呼び出してプロセスを支援してもらうようにと説明していました。
 
そして次の瞑想法を教えてくれました。
 
空から黄金の光が降りてきて、自分を通っていきます。
黄金の光を吸い込み、その光を吐くと同時に、自分という存在の全方向に向けて放ちます。
その呼吸を数回繰り返してください。
黄金の光の渦がハートから放たれるのを感じます。
手のひらに金貨があるのを創造し、その重さや固さを感じます。これが自分の財産のシンボルです。
呼吸を続け、自分の人生が既にとても豊かになっているのを感じます。
準備ができたら目を開けてください。
 
具現化のためのエクササイズ
 
紙を一枚用意し、その上に具現化のマップを描きます。

自分が欲しいもの、その詳細や覚えてることを全て描きます。限度はありません。描けたらしばらく(1~2年)どこかに保存しておいてください。その後マップを確認して、どの願いが叶ったかみてみましょう。
 
デ・マニフェステーション(脱・実現化)
 
人生に要らない物事を具現化しないようにすることもできます。
 
好きじゃない物事を、どうやって実現させないようにするのでしょうか?
 
まず、これ以上容認できないという決意をします。非常に明快で固い決心をしてください!
 
次に、感情を込めて、 これ以上経験したくない嫌な体験記憶を想起、視覚化してください。
 
そして、光の勢力を呼び出し、この物理的行動を達成できるようにお願いします。
 
辛抱強く続けて見てください。
 
何にでも適用可能です!
 
銀河のセントラルサンは強い銀河パルスを送り、愛の大ウェーブを惑星に向けて送ります。
惑星の地表では多くの異常事態がありました。それらは変容される必要があります。5000年前、純粋な女性性の原理は抑圧されました!
 
女神の帰還によって、その純粋な女性性原理が戻ってきます。
 
この新しいエネルギーは大いなるヒーリング・ウェーブを引き起こし、人間社会を調和させます。
 
歴史を通して、薔薇の姉妹団と呼ばれる秘密組織が存在していました。彼女らはアトランティスに由来し、女神のエネルギーを定着させる目的を持っていました。
 
近年、光の勢力は薔薇の姉妹団のグループを一新して、週に一度物理的に会うようにと指示をしてきました。
薔薇の姉妹団はエネルギーの定着において鍵となるグループです。
 
地球により多くの女神のエネルギーを戻す役目を持っています。
 
その無条件の愛の原型によって、惑星から全ての分離を融解させ、どんな状況にも統一をもたらすことができます。
 
純粋な女性性のエネルギーを定着させようとする巫女たちは何度も攻撃の対象となってきました。
 
ブラジルやポルトガルで薔薇の姉妹団に加わりたい方はこちらでご確認いただけます。
コブラの2018年12月7日の記事「Brazil Ascension Conference Report and Situation Update」で紹介されたブラジル会議ノートの一つを翻訳しました。

元記事:Cobra ~ Sao Paulo Conference notes ~ 12/2/2018

prepareforchange.net
 
NOGI」 2018/12/09 23:45


∞  「アセンションの窓は1975年から2025年まで開いています」
 
これは当ブログでも何回かお伝えしていますが、今年2018年も師走になり、もうすぐ2019年がやってきます。そうすると私達がアセンションできる期間はあと6〜7年しかありません。その間に金融リセット、RV、アメリカ共和国復古、ディスクロージャー・・等、予定される全てのイベントが起きて新時代に移行できたとしても、その後に私達の意識レベルをアセンション可能な波動域まで上昇させなければなりません。従ってイベント開始が遅れれば遅れるほど、アセンションレベルに達しない人々が増えることになります。

「人類全員がアセンション過程を通るわけではありません。多くの人々が三次元での進化を続けるでしょう」
 
アセンションを選択しない闇さん達は、三次元の地球に残るか、あるいは他の星系の三次元惑星に送られて、再度、長期間に渡って二極世界を体験することになるようです。それ以外のアセンションレベルに到達しない人たちもそうなります。
 
「アセンション過程はイベント後にのみ始まります。・・イベントの間は大量の情報開示があり、惑星に対して行われていた全てのネガティブな行いが暴露され、視野と見識が広がっていきます。・・全ての人間が現実に直面することになり、新しい社会構造が誕生します。・・ソウルファミリーとの出会いが始まり、光の島への道が開き、アセンション過程は加速していきます。・・アセンションに加わる存在は、5次元以上へと上昇します!」
 
今回、アセンションを選択した人たちは新時代に移行すると環境的に本人の努力次第で自意識レベルを急速に上昇させることができますから、確実にアセンションできるでしょうね。
 
「私達はセントラルサンから来る銀河のスーパーウェーブと銀河のパルスの間でシンクロを経験します。かつてアトランティスを滅ぼした銀河ウェーブですが、今回はイベントを起こすウェーブとなります!」
 
世界で起きている現状をみると、セントラルサンからのスーパーウェーブがイベントを起こすウェーブとしてそろそろ地球に到着しても良い頃合いなので、もし今拡大している太陽のコロナホールがその兆候を示しているのならば近いうちにスーパーウェーブが体験できるかも知れませんよ。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 08:16 | comments(0) | - | - |
COBRA (12/07) 薔薇の姉妹団結成への入り口
∞  ブラジルのアセンションカンファレンスで二日目に起きた女神アイシス・アスタラのエネルギーの定着の状況について。

 


 
COBRA
2018年12月7日
 
薔薇の姉妹団結成への入り口

 
“アセンション会議のエネルギー自体は驚異的で、400名の参加者が巨大な光の共鳴場を形成しました。会議の第2日目には、大きなブレークスルーが起きました。かつてない女神のエネルギーを定着させることができたのです。会議参加者の内から100名以上の方が、自分の地元で実際に合って行うバラの姉妹団(SOTR)の設立の意図を表明しました。”
 
SOTRグループ結成
 
カンファレンスの二日目の午後、コブラは地元でSOTRグループを作りたい人に、ステージ上に上がるように呼びかけました。コブラは前もってグループ結成への必要事項を説明をしました。最低人数は3人。週に一度、物理的な場所に、物理的に集まること。そして女神瞑想の情報やリンクはブログに載せていくと伝えました。内的に導かれたのなら、他の瞑想や活動をしても良いとも言っていました。会議全体を通して、コブラは女神や女神のエネルギーについての様々な話題に触れていきました。ノートがまとまり次第、私のブログに投稿していきます。
 
多くの人がステージへ上がり、やがていっぱいになりました。皆が輪になることになりましたが、人数が多すぎるので二つの輪になりました。内側の輪と外側の輪です。手をつないだ両側の二人と繋がった感覚を覚えました。次に、グループの皆と繋がった感覚がゆっくりと湧き上がってきました。物理レベルと、魂のレベルの両方で。
 
コブラは私が女神に捧げるために会場に持ってきた8本のオレンジ色の薔薇を、輪の中央にある小さな白いテーブルに置きました。そこには大きな盃(さかずき)型のモルダバイトも置かれていました。
 
コブラは言いました。「アイシス・アスタラがここに来ています。」彼は、彼女を通して女神エネルギーをチャネリングをするというのです。
 
彼がゆっくりとテーブルの周りを歩き始めると、私はアイシスの存在感を感じました。歩きながら彼は言いました。「他の存在もここに来ています。」彼が述べていったその存在達の名前は、まるで近しい友人かソウルファミリーのメンバーであるかのように聞こえました。眼から涙が溢れます。とても強い感覚を覚えました。女神は確実にそこにいました。そして彼女は私達の肉体に入って一緒になっていました。
 
コブラは少しの間話を続けた後、私達に見守られながらしばらく沈黙しました。物質的三次元領域と五次元の愛と光の領域を繋げていたのです。
 
私達全員も静かに見守っていましたが、そのうち輪のどこからか柔らかな音のハーモニーが聞こえてきました。それはやがてステージ上の全員へと拡がっていき、自分たちから出る音へと変化していきました。
 
聖音「オーム」など、声や歌で表現できうる様々な音がそこに溢れていました。私の近くにいた女性が皆が聞こえるほど大きな声を出しました。何らかの力か、あるいは何らかの存在に活性化されたかのようでした。
 
後にコブラが皆にどのように感じたかを尋ねると、こちらの女性が体験を話しました。彼女にアイシス・アスタラが入ってきて、美しい光と愛の言葉を告げたというのです。
 
ステージ上に響く音は大きくなっていき、その種類も多様になっていき…最後は柔らかな音になり、沈黙が再び訪れました。
 
私達が繋いでいた手を降ろすと、皆がお互いを抱きしめあいました。自由な気分でハグをすることができました。誰とでも、もっと心が通い合う気がしました。会議の間で、一番このような感覚を持っていた瞬間でした。お互いのハグはなかなか止まず、誰もステージを降りようとしませんでした。女神は私達の中に生きていました。
 
席へ戻ると、コブラはとても面白いことが起きたと話していました。私達は物理的にも魂のレベルでも、お互いに心を開いて、お互いに繋がることで、イベントへと近づいていくのだと感じました。
 
光の勝利を。女神の勝利を。全ての命が女神と共にありますように。女神は新しい愛のウェーブを招き入れ、私達を三次元の物理界から解き放ってくれます。そして私達はアセンション・プロセスへと歩みだすでしょう。女神はこのようにして、私達をイベントへと近づけてくれているのですから。
 
原文:Invitation to start Sisterhood Of The Rose groups

Posted on December 3, 2018 by peterpansblog
----------------------------------------------------------------------------------------------
COBRAの2018年12月7日の記事「Brazil Ascension Conference Report and Situation Update」で紹介された記事「Invitation to start Sisterhood Of The Rose groups」を翻訳
 
NOGI」2018/12/08 18:00

 
∞ 「会議の第2日目には、大きなブレークスルーが起きました。かつてない女神のエネルギーを定着させることができたのです」
 
女神「アイシス・アスタラ」と他の存在がアセンションカンファレンスに来て女神の存在を感じられたことと、コブラによって物質的三次元領域と五次元の愛と光の領域が繋げられ、何らかの力か、あるいは何らかの存在に活性化されたように声や歌で表現できうる様々な音が発生し、ある1人の女性にアイシス・アスタラが入ってきて、美しい光と愛の言葉を告げた、という素晴らしいことが起きたようです。
 
私達もこれから先に、このような体験をすることになるでしょうね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 10:26 | comments(0) | - | - |
感情ヒーリング・プロトコル (09/17)
∞  現在、私たちは惑星解放の新たな段階にあるのですが・・・ (-_-;)
 

 
 

感情ヒーリング・プロトコル
2018年9月17日
 

現在、私達は惑星解放の新たな段階に入ったことで、日常生活の中で感情的な争いが非常に起きやすくなっているとプレアデス人から連絡がありました。ベールやインプラントの技術を通して、お互いに敵対するようなイメージや考えを埋め込まれるためです。
 
私達の感情には弱点があるということが闇の勢力に知られてしまったことから、ネット上でのやり取りはライトワーカー同士が争い、仲間割れをするための主な戦場として設計されるようになりました。このオンラインコミュニティーとは無関係の人々も、それに影響を受けています。
 
そのためプレアデス人は私達に、オンライン上のコミュニケーションを極力減らし、いつでも冷静でいられることに集中するように要請してきました。
 
一見何事もないように見えるオンラインでのコミュニケーションも、過去のトラウマや感情プログラミング、言語や文化の壁によって誤解が生じている場合が多々あります。COBRAが言っていたように、今は周りのことにいちいち反応せず、意識的に前向きな行動をとることで、個人的対立を控えるようにしていきましょう。
 
私達の意思を、調和のとれたコミュニケーションへと日々向けるようにすることが最重要課題です。
 
恐怖、心配、恨み、罪悪感、怒り、敵意、羞恥心、嫉妬などのネガティブな感情を感じ始めたら、次の技法で感情を癒しましょう。
 
1.深呼吸を数分し、リラックスした意識状態になってください。
 
2.自分が黄金の球体の中にいることを視覚化してください。
 
この球体から出る黄金の光で、ソーラープレキサス(太陽神経叢)チャクラと全身が温められて、苦痛を与えている全ての感情を癒しているのを視覚化してください。
 
日の出を見ている時のように、黄金の光が顔に降り注ぐのを視覚化してください。
 
全ての外的な考えや風景が、この太陽の光で溶けていくのを想像しましょう。
 
導きに従って、好きなだけこの球体の中にいてください。
 
他の人たちを、その球体の中に入れてヒーリングを行うこともできます。
 
3.ここで「ハイヤーセルフ プロトコル」を用いて、自分を高い視点に持って行って、低位の感情を癒すことができます。
 
プロトコルを実行中、こちらの「ラブ・シグナル」をお聴きいただくのも良いでしょう。
 
すべてはうまくゆきますので、安心してください。冷静になって、この時期を内面的なワークと自分のエネルギー体の浄化に使って下さい。
 
Victory of the Light!
 
9/17/2018 02:45:00 am
 
NOGI」  2018/09/17 22:57

 
∞  「・・惑星解放の新たな段階に入ったことで、日常生活の中で感情的な争いが非常に起きやすくなっている。・・」
 
地球を覆っているベールやアルコンによって、私たちがインプラントされた‘お互いに敵対するようなイメージや考え’が作用してネットワーク上でライトワーカー同士が争い、分裂する事態が起きていて、その悪影響が拡大しているようです。そのような争いが起きる要因には‘過去のトラウマや感情プログラミング、言語や文化の壁’による誤解があるようです。
 
オンラインコミュニケーションは相手が見えない分、上記のような要因によって論争が起きやすい状況になりやすいのです。では論争を起こさない、論争に参加しないためにはどうすべきかというと、
 
「・・周りのことにいちいち反応せず、意識的に前向きな行動をとることで、個人的対立を控える・・」
 
とコブラが言うように、ネガティブな状況に注目すれば、それにエネルギーを注ぐことになるので、ポジティブなものに注目するようにします。具体的にはネガティブエネルギーを発生する論争をやめて、そのコミュニティから即退場して、別のポジティブなことに意識を振り向けることです。
 
何事においても人同士を対立させるというのは闇さん達の常套手段であり、それは闇さん達の好むエネルギー、つまり彼らの生きるエネルギーを増産することになります。(-_-;)
 
「私達の意思を、調和のとれたコミュニケーションへと日々向けるようにすることが最重要課題です。・・恐怖、心配、恨み、罪悪感、怒り、敵意、羞恥心、嫉妬などのネガティブな感情を感じ始めたら、次の技法で感情を癒しましょう」
 
その技法は伴奏付き瞑想です。リラックスしてネガティブに傾いた自分をポジティブに戻しましょう。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 09:07 | comments(0) | - | - |
国家準備月間における米国大統領令 (08/31)
∞  トランプ大統領が、「2018年の9月が国家準備月間」であることを宣言しました。 (O_O) Wow !

 
 

 
国家準備月間における米国大統領令
2018年8月31日
 

「国家準備月間」には災害などによる家族の生命や財産、土地への危険に対して、家族や家、ビジネスやコミュニティーに注意を払うために設置された期間です。この期間中、必要となる助けを無私無欲で提供してくれる、勇気ある諸君を称賛します。休むことなく国家と市民の安全のために、最初に行動に移してくれた勇気ある者たちには、最高位の感謝の念が与えられるべきです。

過去数年において、各地でハリケーンや山火事、トルネード、洪水、火山の噴火などの自然災害がみられました。2017年の記録的なハリケーンの季節にみられた三つの嵐によって、土砂崩れなどの壊滅的な被害を一月の間にもたらしました。被害を受けた人の人数は4700万人にものぼり、何千人もの防災対策員が支援のために動員されました。カリフォルニア州、オレゴン州、コロラド州では今でも山火事による被害があることを忘れてはなりません。どんな困難があろうとも、アメリカ市民は屈しません。

このような悲劇は、私達に準備の大事さを痛感させてくれます。アメリカ市民は潜在的な災害に対し、家庭内で緊急対策案を準備しておくべきでしょう。防災グッズを確保したり、防災アプリを携帯デバイスに入れておくことや、緊急時に使用する金銭の確保や、家やビジネス向けの保険に入っておくのもいいでしょう。アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(略称FEMA)
の"Ready Campaign"の要綱には、大きな災害時にできる最良の準備についても書かれています。
 
今月、私はすべてのアメリカ市民がこの機を利用して、危機管理計画の立案と準備を実行できるようにしていただきたいです。災害などの危機的状況では、家族、コミュニティー、そして国家のもつ力と対応力が試されます。危機と脅威は避けるものです。そのための準備は必要不可欠です。準備をすることが、私達と周りの人々の命を救うことになるのですから。
 
私、アメリカ合衆国大統領ドナルド J. トランプはここに、2018年の9月が国家準備月間であることを宣言します。アメリカ市民の皆様、そして州政府、連邦政府、地方政府は緊急対策案の準備をしてください。私達が準備をすれば、予想だにしない出来事に直面しても、家族やコミュニティーの危険が大幅に減らせることになるでしょう。

これを証するため、本日2018年8月31日、合衆国建国243年目の本日、私はここにこれを記します。

DONALD J. TRUMP

National Preparedness Month is a time to focus our attention

www.whitehouse.gov
COBRAの2018年9月1日(土)の記事「Keyhole Situation Update」で紹介された記事「Presidential Proclamation on National Preparedness Month, 2018」の翻訳記事です。

"キーホール作戦のもう1つの側面は、JPモルガンのメインフレームコンピューター内のコンピューターウイルスの強化です。これは金融リセットに関連する全世界の株式市場の崩壊を効果的に発生させます。この理由のため、ある情報筋から、追加のアドバイスが提供されました。ご自身の判断で使ってください。

NOGI」 2018/09/02 14:22

 
∞ トランプ大統領は人類のアセンションのために一生懸命ですが、日本は何もしませんね。

 
(-_-)
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 19:26 | comments(0) | - | - |
コブラ (07/17) 動的流動プロセス「トーラス」
∞   この記事はじっくり読まれることをお勧めします。

 



 

コブラ
2018年7月17日
 
動的流動プロセス「トーラス」
 

"第4(阿羅漢)のイニシエーションとは、垂直インプラント(アイアム・プレゼンスから個人識別情報を分離している回転性のプラズマ・ブラックホールである垂直初期異常インプラント)の解消につながるものです。インプラントが解消すると、I AMプレゼンスの電気的な火が、コーザル体、アストラル体、エーテル体、プラズマ体、肉体に存在するすべての生命体をその火の中に吸収します。それ以降、その火はレインボーの復活体(ライトボディー)の二重トーラス状の生命ホログラムとして、時空連続体に自らを投影します。"
 
ベクトル平衡(立方八面体)は究極のエネルギーの安定性を表します。


 
一方、トーラスは最もバランスが取れた動的流動プロセスの中でエネルギーが移動する様子を示しています。
 
トーラスを理解する上で大事なのは、それはプロセス(過程)を示しているのであって、形を表しているのではないということを理解することです。
 

 
トーラスは両端に渦がある中心軸と、周囲にコヒーレント場(干渉場)を持ちます。エネルギーはどちらかの渦から流れ込み、中心軸を通り、もう一方の渦から放出されます。そして、エネルギーはトーラスのまわりを囲い、最初に入った渦に戻っていきます。
 
存在する媒体によってその形は様々ですが、基本的な形はドーナツ型です。空気中にできた煙の輪や、水の中にできた泡の輪はドーナツ型です。しかし、リンゴやオレンジのような丸いものも、ドーナツ型ですね。植物や木々は全て同じエネルギーの流動プロセスを持ちますが、その形は実に様々です。
 
ハリケーン、竜巻、惑星の磁場、さらに銀河も、全てはトーラス状のエネルギーシステムです。
 
このように、トーラス状エネルギーシステムが世界のどこにでも存在しているという事実を量子力学的観点から見てみると、原子の構造やシステムでさえも、同じ動的形態をとっていることが分かります。
 
こちらは金属のスプリングフープを使った、トーラスの流れを簡潔に示した動画です。
 

 
そしてこちらは私達の銀河にある、回転するパルサー天体の周りにあるトーラス場を示すNASAの動画です。
 

 
トーラスこそが、持続可能なシステムの中で見られる、バランスの取れたエネルギーの流れの基本的な形状です。
 
極小の原子の世界から、極大の銀河の世界まで途切れなく続く、フラクタルなエネルギーの主要形態です。その世界での個々の存在は独自性を持ってはいますが、実は全ては繋がっているのです。
 
先駆的研究者アーサー・ヤングは次のように言いました。
 
トーラス宇宙の中の自己は、他と切り離すこともできれば、全てと繋がることもできる。
 
例えば、太陽もその周りに大きなトーラス場である、太陽圏を持っています。その太陽そのものも、天の川銀河を取り巻くより巨大なトロイダル場の中に置かれています。
 
地球の磁場は、その太陽圏の内側にありながら、太陽の磁場の直接の影響から私達を守っています。地球の大気や海の力学もトーラスであり、周りの磁場によって影響を受けます。
 
エコシステム、植物、動物などはトーラスであり、地球の大気や海のシステムから直接影響を受けて(または与えて)います。そして、エコシステムから私達の肉体の臓器へ、そして細胞、分子、原子、亜原子粒子へと、その構造は続いていきます。
 
つまり、エネルギーと情報(意識も)は絶えず動的に交換されており、それは宇宙全体の経験として流れています。これは、レベルからレベルへの「ステップダウン」と「ステップアップ」のようなもので、エネルギー動態のバランスが各段階によって一貫性があるものに収まります。
 
しかしながら、そこには一つのエネルギーが全体の中を通っています。物理学者デヴィッド・ボームはそのエネルギーをホロムーブメントと名づけました。
 
[補足]
ホロムーブメント(holomovement)は、「完全な完全さ」という全体主義の原則を、すべてがプロセスの状態になっているという考えに結び付けます(David Bohmはそれを「普遍的な流れ」と呼んでいます)。 物理学のこの解釈では、全体は静的ではなく、動的に相互接続されたプロセスとみなされます。

「この新しい発見は、流体運動の中での境目のない全体と名づけられるべきでしょう。その流れはある意味、物が形作られる前に観察することができるとを暗に示しています。」
 
ボームは、この全体のイメージとは渦状の流れであると述べています。流れが続いている間は安定した渦になりますが、渦は決して途切れたり分裂したりはしません。従って、その中で独立した存在はありません。全ては根底から繋がっているのです。
 
幻視芸術家アレックス・グレーはSacred Mirrorsシリーズでこの本質を描いています。
 

 
彼は最も基本的なエネルギー「光子」でさえもトーラスであり、統合フィールドの中から放出されているという、素晴らしい洞察をその絵を通して披露しています。
 
以上のことから、統合フィールドからまだ何も観測できるほどに発現していない状態にあっても、現在の流動が起こる可能性が存在しているということが分かります。場の構造がバランスがとれた均衡状態を保っていても、その中で局地的な回転が起こって光子などが観測可能な状態に発現することがあります。(ダークエネルギーやダークマターはこの概念を使っていつかどこかで解明されるかもしれません。)
 
「全てはアインシュタインが、独立して存在する分子についての矛盾を問うてから始まりました。彼は、私達が通常考える分子とは、実は大きな場から一時的に現れただけだと述べました。その場とは動的流動から一時的に渦として発生した場だというのです。」-デヴィッド・ボーム
 
静止した中心
 
トーラスの特筆すべき性質はその中心にあります。その全体のシステムは、たった一点の究極のバランス、「静寂」から来ているのです。完璧な中心性とも言い換えられます。ベクトル平衡の中心点のように、これがトーラスの「特異点」なのです。
 
銀河の中心にあるブラックホールの特異点を例にとると、全システムに存在しているこの中心点は、統一フィールドの下で繋がっているのです(エネルギーや情報はゼロポイントの無限である特異点に回帰します)。
 
このように見てみると、宇宙の全ての存在は一つであり、統一フィールドから生じたホログラム的な存在であると言えます。そして、全ての存在は自分の存在を統一フィールドを通して、全宇宙に知らせているのです。このような相互的な情報交換は、トーラスシステムの基礎であると言えます。個人は環境に影響され、環境は個人に影響される関係がバランスが取れたリズミカルな形で続いていきます。
 
二重トーラス 力学
 
この世界に偏在するこの流動プロセスのもう一つの基礎的側面として、二重トーラス力学と呼ばれるものがあります。簡単に言えば、二つのトーラスは「重なっている」形状で、お互いに逆に回転していることです。エネルギーの流れは、軸を基準として反対方向に流れます。宇宙ではこの二重トーラスの力学は極めて普遍的です。木に流れるエネルギー、地球の天候パターンや、太陽、銀河でも二重トーラスが現れます。
 


 

こちらは映画スライヴでナシーム・ハラメインが二重トーラスを様々な規模で図で示している動画です。
 

 
「物質的かつ精神的なものはすべて、1つの源に由来し、1つの家族として繋がっています。過去、現在、未来はすべて、その生命の力の中にあります。宇宙は1つの源から現れ、発展し、統一と調和の最適プロセスを経て、進化しました。」- 植芝盛平
 
統一と調和…それは進化への出発点です。今、自分自身で世界の仕組みを理解する新しい段階にいるのです。
 
私達はテクノロジー、経済、政治、教育などを発展させてきましたが、いずれも健康な生活システムを適切に構成するものではありませんでした。
 
いずれもその振動数の限界に達しており、いずれ崩壊するか、もしくは次の一貫性がある段階に進み、全体のバランスが取れるかのどちらかになります。
 
私達に残された選択は、一つしかありません。
 
宇宙が健康的な持続性システムを用意してくれたのですから、これらのシステムを理解し、調和して生きていくことです。デヴィッド・マコンヴィル(David McConville)が「宇宙ものまね Cosmomimicry」と名づけた生き方です。
 
基本的に、私達は共鳴の原理と影響の下で生きています。統一フィールドはエネルギーと創造性(意識)の無限の可能性を秘めています。物質的であり形而上的な現象として発現します。連続し、進化の流れが止まることはありません。最も均衡がとれ、一貫性があり、自家発電と持続性のある動的流動が、トーラスです。
 
このシステムを模するテクノロジー(例えばフリーエネルギー装置)を作ることで、この宇宙の生命の共鳴場と同調する術を学び、限りないエネルギーと創造性の井戸にたどり着くことでしょう。
 
自分の中に中心性を持ち、自分自身のトーラスの流動力学を体現することもできます(物質体、メンタル体、感情体などの精神体を安定化させ統合させることです)。
 
この力学を理解し、それを情報と資源の流れとして、あなたの地方、国、大陸の社会にまで広げていくことで、実行することができます。
 
統一フィールドの基本構造と同調し、テクノロジーを用いて実行することもできます。調和の流れを植え付け、綺麗で安全な無限のエネルギーを手に入れることができます。
 
人類全体の努力はやがて地球全体、宇宙全体の体験へと繋がるトーラスの動的流動プロセスを作り出し、やがて健康的な生活システムを私達の現実にもたらすでしょう。
 

 
NOGI   2018/07/19 


∞   いかがでした? 「トーラス」は思っている以上に奥が深いと思いません。(^_^)/
 
「トーラスは最もバランスが取れた動的流動プロセスの中でエネルギーが移動する様子を示しています。・・トーラスを理解する上で大事なのは、それはプロセスを示しているのであって、形を表しているのではないということを理解することです」
 
“トーラス”は存在する媒体によってその形は様々なので形では無く、エネルギーが移動するプロセスと理解すべきであり、トーラスこそが、持続可能なシステムの中で見られる、バランスの取れたエネルギーの流れの基本的な形状です。
 
「・・宇宙の全ての存在は一つであり、統一フィールドから生じたホログラム的な存在であると言えます。そして、全ての存在は自分の存在を統一フィールドを通して、全宇宙に知らせているのです。このような相互的な情報交換は、トーラスシステムの基礎であると言えます。個人は環境に影響され、環境は個人に影響される関係がバランスが取れたリズミカルな形で続いていきます」
 
つまり、全ての存在は1つということが、いとも簡単に理解できますね。 (O_O)オォー
 
「宇宙が健康的な持続性システムを用意してくれたのですから、これらのシステムを理解し、調和して生きていくことです。デヴィッド・マコンヴィル(David McConville)が「宇宙ものまね Cosmomimicry」と名づけた生き方です」
 
トーラスを理解し調和して生きていくの最良の生き方です。この記事にはまだまだ多くの学びがありますから、事細かに学ぶこともお勧めです。

 
(^_^)/
 
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 08:46 | comments(0) | - | - |
コブラ (02/03〜05/01) 501計画アップデート(暗号記事)
∞ プレアデス艦隊とキメラグループの戦闘状況時の暗号通信です。時系列です。(^_^)
 



 
■ COBRAのThe Portalの過去記事を日本語訳にしたものです。こちらは暗号記事のようです。よって正確な意味は汲み取れません。
 
コブラ 2018年2月3日
501計画アップデート(暗号記事)
 
アルファ時間軸とHVBNの交差は、741を消滅させた重大なセキュリティー違反により、崩壊しました。
 
残されたのは、交差前の次のHVBNの可能性に向けてのLEVSFピボット選択による散発的HV YXRのある代替えベータ時間軸となりました。
 
超位相へ最低限必要となる数値はPHI 1.35-4.00、 P>0.8、 THETA >0.8、 VTXPOS > 1.8です。
 
180205.0600ZのPHX掃討は承認されました。

tZ=0へのPHX VTX掃討は承認されました。
 
COBRA速力は最速に設定され、L0衝撃波を出さないようにします。
 
ここからの報告は機密となります。・・・
----------------------------------------------------------------------
コブラ 2018年4月2日
501計画アップデート(暗号記事)

 
散発的HV YXRを伴うベータ時間軸が確保されました。内部YXRの流れが妨害されたため、審議中です。LEVSFピボット選択はm分散と共に反転設置されました。HVBN目標は、GBNに取って代わりました。
 
圧縮突破プロトコルとワイプアウト(掃討)・シーケンス(列)については現在、特別機密事項です。
 
LJVTXは機密指定解除されました。プロトコルは公表され、実行されています。
----------------------------------------------------------------------
コブラ 2018年5月1日
501計画アップデート(暗号記事)

 
散発的YXRを伴うベータ時間軸は確保され(GBNF+, n=2)、超位相グリッドも起動しました。内部YXRの流れは進行中です。
 
HVBNの交差 (PHI 3.2, P 0.90, THETA 0.83, VTXPOS 2.0)は不安定で、GBNFセキュリティー・パッチの適用が必要で、統合曲線に伴って時間の目盛は調整され、他の YXRs / HVBNとトライアンギュレーション(三角分割)されます。
 
LJVTXプロトコルは実行中で、LOCセキュリティー・パッチが必要です。
 
原文:http://2012portal.blogspot.jp/2018/02/project-501-update.htmlProject 501 Update
Alpha timeline with HVBN until intersection has collapsed d
2012portal.blogspot.jp
 
NOGI   2018/05/02 03:45

∞ プレアデス艦隊は現在、地球上空のプラズマ領域でキメラグループと戦闘中ですが、その中において地底の光の勢力であるレジスタンスへ発信されている暗号通信とみられます。おそらく圧縮突破は宇宙からと地底から同時に地表面に向かって進行するはずですから、その圧縮突破プロトコルとワイプアウト(掃討)・シーケンス(列)に関する進行状況を双方通信しているものとみられます。
 

(^_^)/

 
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 19:56 | comments(0) | - | - |