Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
      (10/27)
  • フルフォードレポート (10/22)
    mirai (10/24)
  • フルフォードレポート (10/22)
      (10/24)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    (09/15)
  • インテルアラート(09/02)
    mirai (09/03)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
感情ヒーリング・プロトコル (09/17)
∞  現在、私たちは惑星解放の新たな段階にあるのですが・・・ (-_-;)
 

 
 

感情ヒーリング・プロトコル
2018年9月17日
 

現在、私達は惑星解放の新たな段階に入ったことで、日常生活の中で感情的な争いが非常に起きやすくなっているとプレアデス人から連絡がありました。ベールやインプラントの技術を通して、お互いに敵対するようなイメージや考えを埋め込まれるためです。
 
私達の感情には弱点があるということが闇の勢力に知られてしまったことから、ネット上でのやり取りはライトワーカー同士が争い、仲間割れをするための主な戦場として設計されるようになりました。このオンラインコミュニティーとは無関係の人々も、それに影響を受けています。
 
そのためプレアデス人は私達に、オンライン上のコミュニケーションを極力減らし、いつでも冷静でいられることに集中するように要請してきました。
 
一見何事もないように見えるオンラインでのコミュニケーションも、過去のトラウマや感情プログラミング、言語や文化の壁によって誤解が生じている場合が多々あります。COBRAが言っていたように、今は周りのことにいちいち反応せず、意識的に前向きな行動をとることで、個人的対立を控えるようにしていきましょう。
 
私達の意思を、調和のとれたコミュニケーションへと日々向けるようにすることが最重要課題です。
 
恐怖、心配、恨み、罪悪感、怒り、敵意、羞恥心、嫉妬などのネガティブな感情を感じ始めたら、次の技法で感情を癒しましょう。
 
1.深呼吸を数分し、リラックスした意識状態になってください。
 
2.自分が黄金の球体の中にいることを視覚化してください。
 
この球体から出る黄金の光で、ソーラープレキサス(太陽神経叢)チャクラと全身が温められて、苦痛を与えている全ての感情を癒しているのを視覚化してください。
 
日の出を見ている時のように、黄金の光が顔に降り注ぐのを視覚化してください。
 
全ての外的な考えや風景が、この太陽の光で溶けていくのを想像しましょう。
 
導きに従って、好きなだけこの球体の中にいてください。
 
他の人たちを、その球体の中に入れてヒーリングを行うこともできます。
 
3.ここで「ハイヤーセルフ プロトコル」を用いて、自分を高い視点に持って行って、低位の感情を癒すことができます。
 
プロトコルを実行中、こちらの「ラブ・シグナル」をお聴きいただくのも良いでしょう。
 
すべてはうまくゆきますので、安心してください。冷静になって、この時期を内面的なワークと自分のエネルギー体の浄化に使って下さい。
 
Victory of the Light!
 
9/17/2018 02:45:00 am
 
NOGI」  2018/09/17 22:57

 
∞  「・・惑星解放の新たな段階に入ったことで、日常生活の中で感情的な争いが非常に起きやすくなっている。・・」
 
地球を覆っているベールやアルコンによって、私たちがインプラントされた‘お互いに敵対するようなイメージや考え’が作用してネットワーク上でライトワーカー同士が争い、分裂する事態が起きていて、その悪影響が拡大しているようです。そのような争いが起きる要因には‘過去のトラウマや感情プログラミング、言語や文化の壁’による誤解があるようです。
 
オンラインコミュニケーションは相手が見えない分、上記のような要因によって論争が起きやすい状況になりやすいのです。では論争を起こさない、論争に参加しないためにはどうすべきかというと、
 
「・・周りのことにいちいち反応せず、意識的に前向きな行動をとることで、個人的対立を控える・・」
 
とコブラが言うように、ネガティブな状況に注目すれば、それにエネルギーを注ぐことになるので、ポジティブなものに注目するようにします。具体的にはネガティブエネルギーを発生する論争をやめて、そのコミュニティから即退場して、別のポジティブなことに意識を振り向けることです。
 
何事においても人同士を対立させるというのは闇さん達の常套手段であり、それは闇さん達の好むエネルギー、つまり彼らの生きるエネルギーを増産することになります。(-_-;)
 
「私達の意思を、調和のとれたコミュニケーションへと日々向けるようにすることが最重要課題です。・・恐怖、心配、恨み、罪悪感、怒り、敵意、羞恥心、嫉妬などのネガティブな感情を感じ始めたら、次の技法で感情を癒しましょう」
 
その技法は伴奏付き瞑想です。リラックスしてネガティブに傾いた自分をポジティブに戻しましょう。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 09:07 | comments(0) | - | - |
国家準備月間における米国大統領令 (08/31)
∞  トランプ大統領が、「2018年の9月が国家準備月間」であることを宣言しました。 (O_O) Wow !

 
 

 
国家準備月間における米国大統領令
2018年8月31日
 

「国家準備月間」には災害などによる家族の生命や財産、土地への危険に対して、家族や家、ビジネスやコミュニティーに注意を払うために設置された期間です。この期間中、必要となる助けを無私無欲で提供してくれる、勇気ある諸君を称賛します。休むことなく国家と市民の安全のために、最初に行動に移してくれた勇気ある者たちには、最高位の感謝の念が与えられるべきです。

過去数年において、各地でハリケーンや山火事、トルネード、洪水、火山の噴火などの自然災害がみられました。2017年の記録的なハリケーンの季節にみられた三つの嵐によって、土砂崩れなどの壊滅的な被害を一月の間にもたらしました。被害を受けた人の人数は4700万人にものぼり、何千人もの防災対策員が支援のために動員されました。カリフォルニア州、オレゴン州、コロラド州では今でも山火事による被害があることを忘れてはなりません。どんな困難があろうとも、アメリカ市民は屈しません。

このような悲劇は、私達に準備の大事さを痛感させてくれます。アメリカ市民は潜在的な災害に対し、家庭内で緊急対策案を準備しておくべきでしょう。防災グッズを確保したり、防災アプリを携帯デバイスに入れておくことや、緊急時に使用する金銭の確保や、家やビジネス向けの保険に入っておくのもいいでしょう。アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(略称FEMA)
の"Ready Campaign"の要綱には、大きな災害時にできる最良の準備についても書かれています。
 
今月、私はすべてのアメリカ市民がこの機を利用して、危機管理計画の立案と準備を実行できるようにしていただきたいです。災害などの危機的状況では、家族、コミュニティー、そして国家のもつ力と対応力が試されます。危機と脅威は避けるものです。そのための準備は必要不可欠です。準備をすることが、私達と周りの人々の命を救うことになるのですから。
 
私、アメリカ合衆国大統領ドナルド J. トランプはここに、2018年の9月が国家準備月間であることを宣言します。アメリカ市民の皆様、そして州政府、連邦政府、地方政府は緊急対策案の準備をしてください。私達が準備をすれば、予想だにしない出来事に直面しても、家族やコミュニティーの危険が大幅に減らせることになるでしょう。

これを証するため、本日2018年8月31日、合衆国建国243年目の本日、私はここにこれを記します。

DONALD J. TRUMP

National Preparedness Month is a time to focus our attention

www.whitehouse.gov
COBRAの2018年9月1日(土)の記事「Keyhole Situation Update」で紹介された記事「Presidential Proclamation on National Preparedness Month, 2018」の翻訳記事です。

"キーホール作戦のもう1つの側面は、JPモルガンのメインフレームコンピューター内のコンピューターウイルスの強化です。これは金融リセットに関連する全世界の株式市場の崩壊を効果的に発生させます。この理由のため、ある情報筋から、追加のアドバイスが提供されました。ご自身の判断で使ってください。

NOGI」 2018/09/02 14:22

 
∞ トランプ大統領は人類のアセンションのために一生懸命ですが、日本は何もしませんね。

 
(-_-)
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 19:26 | comments(0) | - | - |
コブラ (07/17) 動的流動プロセス「トーラス」
∞   この記事はじっくり読まれることをお勧めします。

 



 

コブラ
2018年7月17日
 
動的流動プロセス「トーラス」
 

"第4(阿羅漢)のイニシエーションとは、垂直インプラント(アイアム・プレゼンスから個人識別情報を分離している回転性のプラズマ・ブラックホールである垂直初期異常インプラント)の解消につながるものです。インプラントが解消すると、I AMプレゼンスの電気的な火が、コーザル体、アストラル体、エーテル体、プラズマ体、肉体に存在するすべての生命体をその火の中に吸収します。それ以降、その火はレインボーの復活体(ライトボディー)の二重トーラス状の生命ホログラムとして、時空連続体に自らを投影します。"
 
ベクトル平衡(立方八面体)は究極のエネルギーの安定性を表します。


 
一方、トーラスは最もバランスが取れた動的流動プロセスの中でエネルギーが移動する様子を示しています。
 
トーラスを理解する上で大事なのは、それはプロセス(過程)を示しているのであって、形を表しているのではないということを理解することです。
 

 
トーラスは両端に渦がある中心軸と、周囲にコヒーレント場(干渉場)を持ちます。エネルギーはどちらかの渦から流れ込み、中心軸を通り、もう一方の渦から放出されます。そして、エネルギーはトーラスのまわりを囲い、最初に入った渦に戻っていきます。
 
存在する媒体によってその形は様々ですが、基本的な形はドーナツ型です。空気中にできた煙の輪や、水の中にできた泡の輪はドーナツ型です。しかし、リンゴやオレンジのような丸いものも、ドーナツ型ですね。植物や木々は全て同じエネルギーの流動プロセスを持ちますが、その形は実に様々です。
 
ハリケーン、竜巻、惑星の磁場、さらに銀河も、全てはトーラス状のエネルギーシステムです。
 
このように、トーラス状エネルギーシステムが世界のどこにでも存在しているという事実を量子力学的観点から見てみると、原子の構造やシステムでさえも、同じ動的形態をとっていることが分かります。
 
こちらは金属のスプリングフープを使った、トーラスの流れを簡潔に示した動画です。
 

 
そしてこちらは私達の銀河にある、回転するパルサー天体の周りにあるトーラス場を示すNASAの動画です。
 

 
トーラスこそが、持続可能なシステムの中で見られる、バランスの取れたエネルギーの流れの基本的な形状です。
 
極小の原子の世界から、極大の銀河の世界まで途切れなく続く、フラクタルなエネルギーの主要形態です。その世界での個々の存在は独自性を持ってはいますが、実は全ては繋がっているのです。
 
先駆的研究者アーサー・ヤングは次のように言いました。
 
トーラス宇宙の中の自己は、他と切り離すこともできれば、全てと繋がることもできる。
 
例えば、太陽もその周りに大きなトーラス場である、太陽圏を持っています。その太陽そのものも、天の川銀河を取り巻くより巨大なトロイダル場の中に置かれています。
 
地球の磁場は、その太陽圏の内側にありながら、太陽の磁場の直接の影響から私達を守っています。地球の大気や海の力学もトーラスであり、周りの磁場によって影響を受けます。
 
エコシステム、植物、動物などはトーラスであり、地球の大気や海のシステムから直接影響を受けて(または与えて)います。そして、エコシステムから私達の肉体の臓器へ、そして細胞、分子、原子、亜原子粒子へと、その構造は続いていきます。
 
つまり、エネルギーと情報(意識も)は絶えず動的に交換されており、それは宇宙全体の経験として流れています。これは、レベルからレベルへの「ステップダウン」と「ステップアップ」のようなもので、エネルギー動態のバランスが各段階によって一貫性があるものに収まります。
 
しかしながら、そこには一つのエネルギーが全体の中を通っています。物理学者デヴィッド・ボームはそのエネルギーをホロムーブメントと名づけました。
 
[補足]
ホロムーブメント(holomovement)は、「完全な完全さ」という全体主義の原則を、すべてがプロセスの状態になっているという考えに結び付けます(David Bohmはそれを「普遍的な流れ」と呼んでいます)。 物理学のこの解釈では、全体は静的ではなく、動的に相互接続されたプロセスとみなされます。

「この新しい発見は、流体運動の中での境目のない全体と名づけられるべきでしょう。その流れはある意味、物が形作られる前に観察することができるとを暗に示しています。」
 
ボームは、この全体のイメージとは渦状の流れであると述べています。流れが続いている間は安定した渦になりますが、渦は決して途切れたり分裂したりはしません。従って、その中で独立した存在はありません。全ては根底から繋がっているのです。
 
幻視芸術家アレックス・グレーはSacred Mirrorsシリーズでこの本質を描いています。
 

 
彼は最も基本的なエネルギー「光子」でさえもトーラスであり、統合フィールドの中から放出されているという、素晴らしい洞察をその絵を通して披露しています。
 
以上のことから、統合フィールドからまだ何も観測できるほどに発現していない状態にあっても、現在の流動が起こる可能性が存在しているということが分かります。場の構造がバランスがとれた均衡状態を保っていても、その中で局地的な回転が起こって光子などが観測可能な状態に発現することがあります。(ダークエネルギーやダークマターはこの概念を使っていつかどこかで解明されるかもしれません。)
 
「全てはアインシュタインが、独立して存在する分子についての矛盾を問うてから始まりました。彼は、私達が通常考える分子とは、実は大きな場から一時的に現れただけだと述べました。その場とは動的流動から一時的に渦として発生した場だというのです。」-デヴィッド・ボーム
 
静止した中心
 
トーラスの特筆すべき性質はその中心にあります。その全体のシステムは、たった一点の究極のバランス、「静寂」から来ているのです。完璧な中心性とも言い換えられます。ベクトル平衡の中心点のように、これがトーラスの「特異点」なのです。
 
銀河の中心にあるブラックホールの特異点を例にとると、全システムに存在しているこの中心点は、統一フィールドの下で繋がっているのです(エネルギーや情報はゼロポイントの無限である特異点に回帰します)。
 
このように見てみると、宇宙の全ての存在は一つであり、統一フィールドから生じたホログラム的な存在であると言えます。そして、全ての存在は自分の存在を統一フィールドを通して、全宇宙に知らせているのです。このような相互的な情報交換は、トーラスシステムの基礎であると言えます。個人は環境に影響され、環境は個人に影響される関係がバランスが取れたリズミカルな形で続いていきます。
 
二重トーラス 力学
 
この世界に偏在するこの流動プロセスのもう一つの基礎的側面として、二重トーラス力学と呼ばれるものがあります。簡単に言えば、二つのトーラスは「重なっている」形状で、お互いに逆に回転していることです。エネルギーの流れは、軸を基準として反対方向に流れます。宇宙ではこの二重トーラスの力学は極めて普遍的です。木に流れるエネルギー、地球の天候パターンや、太陽、銀河でも二重トーラスが現れます。
 


 

こちらは映画スライヴでナシーム・ハラメインが二重トーラスを様々な規模で図で示している動画です。
 

 
「物質的かつ精神的なものはすべて、1つの源に由来し、1つの家族として繋がっています。過去、現在、未来はすべて、その生命の力の中にあります。宇宙は1つの源から現れ、発展し、統一と調和の最適プロセスを経て、進化しました。」- 植芝盛平
 
統一と調和…それは進化への出発点です。今、自分自身で世界の仕組みを理解する新しい段階にいるのです。
 
私達はテクノロジー、経済、政治、教育などを発展させてきましたが、いずれも健康な生活システムを適切に構成するものではありませんでした。
 
いずれもその振動数の限界に達しており、いずれ崩壊するか、もしくは次の一貫性がある段階に進み、全体のバランスが取れるかのどちらかになります。
 
私達に残された選択は、一つしかありません。
 
宇宙が健康的な持続性システムを用意してくれたのですから、これらのシステムを理解し、調和して生きていくことです。デヴィッド・マコンヴィル(David McConville)が「宇宙ものまね Cosmomimicry」と名づけた生き方です。
 
基本的に、私達は共鳴の原理と影響の下で生きています。統一フィールドはエネルギーと創造性(意識)の無限の可能性を秘めています。物質的であり形而上的な現象として発現します。連続し、進化の流れが止まることはありません。最も均衡がとれ、一貫性があり、自家発電と持続性のある動的流動が、トーラスです。
 
このシステムを模するテクノロジー(例えばフリーエネルギー装置)を作ることで、この宇宙の生命の共鳴場と同調する術を学び、限りないエネルギーと創造性の井戸にたどり着くことでしょう。
 
自分の中に中心性を持ち、自分自身のトーラスの流動力学を体現することもできます(物質体、メンタル体、感情体などの精神体を安定化させ統合させることです)。
 
この力学を理解し、それを情報と資源の流れとして、あなたの地方、国、大陸の社会にまで広げていくことで、実行することができます。
 
統一フィールドの基本構造と同調し、テクノロジーを用いて実行することもできます。調和の流れを植え付け、綺麗で安全な無限のエネルギーを手に入れることができます。
 
人類全体の努力はやがて地球全体、宇宙全体の体験へと繋がるトーラスの動的流動プロセスを作り出し、やがて健康的な生活システムを私達の現実にもたらすでしょう。
 

 
NOGI   2018/07/19 


∞   いかがでした? 「トーラス」は思っている以上に奥が深いと思いません。(^_^)/
 
「トーラスは最もバランスが取れた動的流動プロセスの中でエネルギーが移動する様子を示しています。・・トーラスを理解する上で大事なのは、それはプロセスを示しているのであって、形を表しているのではないということを理解することです」
 
“トーラス”は存在する媒体によってその形は様々なので形では無く、エネルギーが移動するプロセスと理解すべきであり、トーラスこそが、持続可能なシステムの中で見られる、バランスの取れたエネルギーの流れの基本的な形状です。
 
「・・宇宙の全ての存在は一つであり、統一フィールドから生じたホログラム的な存在であると言えます。そして、全ての存在は自分の存在を統一フィールドを通して、全宇宙に知らせているのです。このような相互的な情報交換は、トーラスシステムの基礎であると言えます。個人は環境に影響され、環境は個人に影響される関係がバランスが取れたリズミカルな形で続いていきます」
 
つまり、全ての存在は1つということが、いとも簡単に理解できますね。 (O_O)オォー
 
「宇宙が健康的な持続性システムを用意してくれたのですから、これらのシステムを理解し、調和して生きていくことです。デヴィッド・マコンヴィル(David McConville)が「宇宙ものまね Cosmomimicry」と名づけた生き方です」
 
トーラスを理解し調和して生きていくの最良の生き方です。この記事にはまだまだ多くの学びがありますから、事細かに学ぶこともお勧めです。

 
(^_^)/
 
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 08:46 | comments(0) | - | - |
コブラ (02/03〜05/01) 501計画アップデート(暗号記事)
∞ プレアデス艦隊とキメラグループの戦闘状況時の暗号通信です。時系列です。(^_^)
 



 
■ COBRAのThe Portalの過去記事を日本語訳にしたものです。こちらは暗号記事のようです。よって正確な意味は汲み取れません。
 
コブラ 2018年2月3日
501計画アップデート(暗号記事)
 
アルファ時間軸とHVBNの交差は、741を消滅させた重大なセキュリティー違反により、崩壊しました。
 
残されたのは、交差前の次のHVBNの可能性に向けてのLEVSFピボット選択による散発的HV YXRのある代替えベータ時間軸となりました。
 
超位相へ最低限必要となる数値はPHI 1.35-4.00、 P>0.8、 THETA >0.8、 VTXPOS > 1.8です。
 
180205.0600ZのPHX掃討は承認されました。

tZ=0へのPHX VTX掃討は承認されました。
 
COBRA速力は最速に設定され、L0衝撃波を出さないようにします。
 
ここからの報告は機密となります。・・・
----------------------------------------------------------------------
コブラ 2018年4月2日
501計画アップデート(暗号記事)

 
散発的HV YXRを伴うベータ時間軸が確保されました。内部YXRの流れが妨害されたため、審議中です。LEVSFピボット選択はm分散と共に反転設置されました。HVBN目標は、GBNに取って代わりました。
 
圧縮突破プロトコルとワイプアウト(掃討)・シーケンス(列)については現在、特別機密事項です。
 
LJVTXは機密指定解除されました。プロトコルは公表され、実行されています。
----------------------------------------------------------------------
コブラ 2018年5月1日
501計画アップデート(暗号記事)

 
散発的YXRを伴うベータ時間軸は確保され(GBNF+, n=2)、超位相グリッドも起動しました。内部YXRの流れは進行中です。
 
HVBNの交差 (PHI 3.2, P 0.90, THETA 0.83, VTXPOS 2.0)は不安定で、GBNFセキュリティー・パッチの適用が必要で、統合曲線に伴って時間の目盛は調整され、他の YXRs / HVBNとトライアンギュレーション(三角分割)されます。
 
LJVTXプロトコルは実行中で、LOCセキュリティー・パッチが必要です。
 
原文:http://2012portal.blogspot.jp/2018/02/project-501-update.htmlProject 501 Update
Alpha timeline with HVBN until intersection has collapsed d
2012portal.blogspot.jp
 
NOGI   2018/05/02 03:45

∞ プレアデス艦隊は現在、地球上空のプラズマ領域でキメラグループと戦闘中ですが、その中において地底の光の勢力であるレジスタンスへ発信されている暗号通信とみられます。おそらく圧縮突破は宇宙からと地底から同時に地表面に向かって進行するはずですから、その圧縮突破プロトコルとワイプアウト(掃討)・シーケンス(列)に関する進行状況を双方通信しているものとみられます。
 

(^_^)/

 
posted by: Michi&Mirai | NOGI | 19:56 | comments(0) | - | - |