Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    mirai (12/02)
  • コブラ (12/01) 光の勢力の「プラン」
    m (12/02)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
    mirai (10/27)
  • RV/インテルアラート:「ブリーフィング」 (10/26)
      (10/27)
  • フルフォードレポート (10/22)
    mirai (10/24)
  • フルフォードレポート (10/22)
      (10/24)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
COBRAアップデート (11/06) デルタ選択肢
∞  プレアデス艦隊はトップレット爆弾の除去に行き詰まっているようです。(-_-;)

 


 
COBRAアップデート
2018年11月6日
 
デルタ選択肢

 
地上の状況は、沸点に達しました。
Delta Option

 (図:システム崩壊の流れ)
 
 闇の勢力が、地上でほぼ無制限に自由に振舞っている一方で、光の勢力はトップレット爆弾をすぐには除去できないという大問題を抱えています。
 
闇の勢力は隔離崩壊への計画を妨害しており、すでに70年前から宇宙旅行の技術は公開されているのにもかかわらず、商用の宇宙旅行計画が開始できません。
www.theguardian.com
 
一部情報開示ということでは、もはや不十分です。
edition.cnn.com
https://arxiv.org/pdf/1810.11490.pdf
 
地上にいる覚醒した住人は、ついにイベントを待つのをやめて、自分の人生を自分の手でつかもうという行動にでています。
spearoflight.blogspot.com
 
イベントは、起きる時には起きます。それまでの間は、自分と大切な人がより良い生活ができるようにして、自分の持てるパワーを何でも活用して地球解放の過程を加速化することが重要です。
 
真実は、カバールにやりすぎの行動があること、そして光の勢力がそれを十分に阻止していないということです。
 
同盟とアガルタの一定の派閥が、しびれを切らして、軍事行動によって地上をカバールの手から奪還しようとしています。これが起きると深刻な結果をもたらし、潜在的には人類が滅亡し、地上は居住不可能な場所となってしまいます。
 
これを防ぐために、レジスタンスムーブメントは、デルタ選択肢という緊急計画を策定しました。デルタ選択肢について出来るだけ開示します。
 
トップレット爆弾を除去し、非物理層のアルコンを除去するという最適条件を待つのではなくて、一定の「特殊部隊」が、米国内に限定してカバールのいくつかの派閥の排除を実施します。キメラ、アルコン、黒い貴族、イエズス会の構成員は、この作戦に関与しないでしょう。彼らは、目立たないようにして、友好的な態度を保つはずです。米国内にいるカバールのその他の全派閥については、対処します。「特殊部隊」は本作戦実行のためにポジティブな軍に対して戦術的な支援を提供します。マスメディアは、ロスチャイルドの支配から解放されて、米ドルは崩壊します。限定的な情報開示が即時に開始されます。
 
米国内でのこの変化は、国際的に強い反応を引き起こします。イベントに向かって、不安定で混沌とした移行期に入ります。世界の金融システムは、きわめてボラティリティ(乱高下)が高い状態となりますが、おそらく崩壊にまでは至らないでしょう。カバールの下層部員が世界中で追放されます。世界のマスメディアは、徐々にいろいろな情報を出してゆきます。私たちが置かれているマトリックスについての情報も、確実に出てきます。
www.livescience.com
 
全体の状況は、まずはゆっくりと、次にイベントに向かって加速化して行きます。
 
キメラ、アルコン、黒い貴族、イエズス会の構成員の排除については、一切申し上げられません。上記のカバールの派閥の排除と、情報完全開示については、トップレット爆弾を除去したときに初めて起きます。
 
デルタ選択肢は、デルタタイムラインではありませんのでご注意ください。
 
デルタ選択肢の計画については一つ重大な側面がありますが、現時点では開示できません。
 
デルタ選択肢の実施についての最終決定は、まだ行われていません。米国内の状況が、不安定で悪化すると、デルタ選択肢実行の可能性が高まります。イエズス会は、政界を左派と右派に故意に分断して対極状況をつくろうとしています。ここ数か月間のイエズス会の行為は、地球の状況の進展を決める重要な要素の一つとなります。イエズス会の行為は、よく監視する必要があります。
 
軍事面では、レジンスタンスは地上での騒乱に備えて、ここ数週間で地下にある太陽系全体の基地からの援軍を得ました。現時点では、1億4000万人の部隊ですが、この数は大幅に増加する予定です。
 
以前は、レジスタンス部員は、地表から30メートルの位置まで接近することを控えていました。今回の進展で、レジスタンスの特殊部隊は、地表から5メートルから10メートルに近接して駐留しています。
 
イベントの作戦に関するミッションの一部に参加の意向を有するライトワーカーとライトウォリアーは、自宅の下にレジスタンスの小基地を設けるようにレジスタンスにテレパシーで伝えてください。絶対に声に出したり、何かに書いたりしてはいけません。レジスタンスは一定のセキュリティーのかかった通信を通して、ライトウォリアーの地下に基地を設けるとの要請を受けて、大方の場合にそれを承認します。これらの小基地は、イベント作戦で一定の役割を果たします。
 
 
これ以上の内容は申し上げられませんが、何かが沸騰しつつあります。
 
それが沸騰するまでの期間、皆さんの記憶喚起のためにこちらのビデオをご覧ください。
 
Victory of the Light!
 
翻訳:Terry
 
 
∞ 「イベントは、起きる時には起きます。それまでの間は、自分と大切な人がより良い生活ができるようにして、自分の持てるパワーを何でも活用して地球解放の過程を加速化することが重要です」
 
イベントは“神聖なタイミングで起きる”と伝えられていますが、現在その状況にあります。今は満を持して待つしかないようです。
 
「真実は、カバールにやりすぎの行動があること、そして光の勢力がそれを十分に阻止していないということです」
 
これにはトップレット爆弾の除去が大きく関係していると推測できます。
 
「同盟とアガルタの一定の派閥が、しびれを切らして、軍事行動によって地上をカバールの手から奪還しようとしています。これが起きると深刻な結果をもたらし、潜在的には人類が滅亡し、地上は居住不可能な場所となってしまいます」
 
この場合の最悪のシナリオを想定すれば、今起きているのが第三次世界大戦で、軍事行動が起きると、おそらく大量の核兵器が使用されるでしょうし、そしてその時に光の銀河連合がトップレット爆弾の起爆防止に成功していない場合、彼等はそれらの核兵器を無効にできるかといういう難題を突きつけられることになります。
 
「これを防ぐために、レジスタンスムーブメントは、デルタ選択肢という緊急計画を策定しました。デルタ選択肢について出来るだけ開示します」
 
プレアデス艦隊によって“トップレット爆弾を除去し、非物理層のアルコンを除去するという最適条件を待つ”ことなく、地球の光の勢力が少しずつカバールを排除していくことになり、“全体の状況は、まずはゆっくりと、次にイベントに向かって加速化して行く”と言う状態へ移行します。これはデルタタイムラインとは異なり、言わば別な窮余のラインですから当初のプラン通りには行かない事になります。
 
「デルタ選択肢の実施についての最終決定は、まだ行われていません。米国内の状況が、不安定で悪化すると、デルタ選択肢実行の可能性が高まります。イエズス会は、政界を左派と右派に故意に分断して対極状況をつくろうとしています。ここ数か月間のイエズス会の行為は、地球の状況の進展を決める重要な要素の一つとなります。イエズス会の行為は、よく監視する必要があります」
 
“米国内の状況が、不安定で悪化する”
 
下院が民主党優勢であっても上院が共和党優勢ですから、トランプ大統領の政策には影響はないとしても、不測事態が起きたらと考えると・・・気になります。
 
つまり、現状は予断を許さない状況にあると言うことです。となれば私たちの光の瞑想による支援の要請がコブラからあるかと思いましたがありませんね・・・。(-_-) ワカルナ。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | 働かなくてもいい社会を実現するには? | 22:56 | comments(0) | - | - |
ライトワーカーに調和をもたらす解決策 (04/30)
∞  視点を変えてみましょう。(^_^)♪ 

 

 

ライトワーカーに調和をもたらす解決策
2018年4月30日
 

最近の精神的な活動の中心が外側の情報(カバールや闇の勢力、イベント、光の勢力)に向けられてきたため、多くの人々はこういう情報の実際の目的を見落とし、内なる活動の重要性を忘れてきています。外側の情報について学ぶ目的は、物語の中で自分たちが果たすべき能動的役割を見出すことで、傍観者や犠牲者または批評家にとどまることではありません。私たちはまだ、そしてこれからも常に現実を創造していくのです。
 
この惑星の闇の状態、つまり地球のエネルギーフィールドがマトリックスに占領されていることを学ぶにつれ、人々は地球における平均的な現実のネガティブな側面に気づき、さらに攻撃や干渉、個人的にネガティブな状況を経験している人もいるかもしれません。このネガティブな側面に反応して、ただ闇や他のものを非難するだけでそのままにしておくというのは、何の助けにもなりませんし、起きていることの完全かつ正確な描写ではありません。闇の勢力が地球を占領することを可能としているのは、アトンランティスの時代から招き入れ、認めてきたからです。そして今でさえそれが継続できているのは、地球人が今だに招き入れ、認めているからにすぎません。個人レベルでさえ、各人には自由意志があり、自分のエネルギーフィールドに基づいた各個人の現実を創造できます。そしてネガティブな状況が私たちの現実に入り込むことができるのは、個人的なエネルギーフィールドにあるネガティブな入り口を通してのみなのです。自由意志は基本法であり、現実の基盤であり、宇宙のどの存在にも侵害することはできないのです。
 
では多くのスターシードに非常によくある例を見てみましょう。スターシードはかつて解放された惑星で地球よりもはるかに健全な現実を経験してきているために、普通は、この現実は何か間違っているという内に秘めた感情を持っています。中には思い出し、意識的に気づいている人もいるかもしれません。それが目覚めに繋がり、違う何か、光の何かを創造するという願望を持つようになるのです。しかしまた、多くは地球にいることが受け入れ難く、それゆえ、何を創造したいのかを自由意志で決めることが不明瞭で安定しません。どこか別の場所に逃げ出したいと思うグループもいれば、地球に残って光を固定したいと思うグループもいるからです。マトリックスは内側の状態を映し出す厳しい鏡を創り出し、ネガティブな部分が増幅されることも多いのですが、それでも所詮は内側の状態を映す鏡に過ぎません。少なくとも今だけでも地球にいることを受け入れなければ(マトリックスを受け入れるという意味ではありません)、自分たちが今ここにいることを歓迎していないということであり、自分の現実に歓迎できない状態が入り込む道を開くことになります。このようにしてマトリックスという容赦ない鏡が働くのです。かつて闇や狂気に直面しているにも関わらず自分自身を晴明にできるほど献身的であった存在(マヤ族やホピ族など)は、アセンドしたか、アガルタや他の惑星へ移動しました。なぜなら、もはやこのマトリックスには引き寄せられ拘束されることができないからです。状況が私たちの人生に入り込むことができるのは、私たちのエネルギーフィールドにあるのと同じようなエネルギーを持つことで私たちの人生に磁石のように引き寄せられる時だけなのです。そのエネルギーは私たちの意思で創造したものであり、私たちの意思が思考や感情、エーテル、プラズマ、物質エネルギーとして人格に高密度化されたものなのです。
 
健全な現実では、内側に問題があれば、許しや情け、癒しや導きを受けることになります。これは全てアセンデッドビーイングが生み出したものです。しかしこれは、マトリックス内部でインプラントされ、プログラミングされた人類の状況では起こり得ません。自分でプログラミングを解き、内なるワークを行い、今ここに自分のI AM プレゼンスを固定した人だけがマトリックスの裂け目を具現化し、今ここに健全な現実を具現化することができるのです。かつて私たちがプレアデスやその他の星系で光の現実を創造し、その現実に参加していた時、その光の現実はソースから具現化したものであり、I AM プレゼンスから具現化したものでした。ソースやI AM プレゼンスは今もちょうど同じように宇宙にあまねく存在しています。もしここに今存在していることを受け入れ、今ここで私たちの魂のプレゼンスを物質界にしっかりと固定すれば、ちょうど現在のこの地球にも故郷の光の現実を創造することができるのです。そして、自分自身の光の現実を創造することになるでしょう。魂の存在の内部には光の現実やニューアトランティスやゴールデンエイジ(黄金時代)の青写真があり、ありとあらゆるところに故郷の光の現実をもたらすというのが、スターシードとしての私たち本来の使命なのです。
私たちのエネルギーフィールドからネガティブな入り口を取り除くためには、人々と調和的な関わりを持てるようになる必要があります。なぜなら他者は私たち内部の状態を反映しているからで、私たちはともに異なる才能、異なる魂のコードという全てのピースを組み合わせてパズルを完成させソウルファミリーのマンダラを創造するようになっているのです。そしてそのマンダラがエネルギー的な青写真となり、ニューアトランティスを引き起こすのです。
 
確実に従うのであれば、すべての問題を解消し、ともに調和した繋がりをもたらす単純な基本原理があります。それは、自由意志は法であり、どんなに小さな事柄についても決して軽視され得ないということ、そして批判は自由意志の最も単純な軽視であり、普通は批判が入口となって衝突や不調和が入り込むということを理解することです。私たちは批判することで他人に圧力をかけ、やり方を変えさせるようなことをするという任務や権限や必要性を決して与えられてはいません。批判というのは、たとえ言葉だけであったり、静かでエネルギー的なものだけであったにしろ、他者を力で変える権利があるという間違った考えに基づいています。自由意志を停止できるのは、自由意志が他者の自由意志を侵害するときや、他の生きとし生けるものに直接的な害を公然と与える場合に限られ、これが銀河法典の原則なのです。
 
つまり、例えば外を歩いている時に、誰かが他の生きとし生けるものを叩いているのを見つけたら、介入できるということです。これは、意見や解釈、個人的見解、様々な憶測や個人的選択に関する間接的な要因に基づいて別のライトワーカーを攻撃したり批判できるという意味ではありません。人々が変化し、進化するのは、建設的で敬意ある誘いや提案による時に限ります。批判せず、自由意志を軽視しないことを常に固守していれば、調和的な方法でしか解決し得ないのです。批判する代わりに、質問し、個人的状況を説明し、敬意ある提案を行い(喜んで受け入れられる場合)、手本を示すことなどができます。
 
また、個人的な問題を抑え込まずに、関係する人々と、いかなる批判もせずに表現する努力をし、物事を変化させていく必要があります。私たちはお互いを映す鏡であるため、私たちの現実に創造するものに対してすべての責任を負い、自分自身や他者を許し、永遠な光である私たちのI AM プレゼンス、つまり私たちのハイヤーセルフである純粋な光と愛の具現化を確固として擁護することができます。私たちは光の入口、光の橋であり、自分のエネルギーフィールドを通して全てのポジティブな出来事やこの惑星の癒し、ファーストコンタクト、イベント、アセンション、ニューアトランティスという故郷の光の現実を、ちょうどここ地球の、あらゆる場所のいかなる状況にも磁石のように引き寄せることができるのです。
 
光の勝利
翻訳:エル
 
∞ 「・・多くの人々はこういう情報の実際の目的を見落とし、内なる活動の重要性を忘れてきています」
 
お説ごもっともです。(^_^;)>
 
外側の情報に気をとられ、自信の内側での仕事を忘れていました。私たちの仕事(果たすべき能動的役割)は光の現実を創造していくことなのです。
 
「・・ネガティブな側面に反応して、ただ闇や他のものを非難するだけでそのままにしておくというのは、何の助けにもなりませんし、起きていることの完全かつ正確な描写ではありません」
 
闇の勢力が地球を占領することを私たちが認めているから、彼らは彼らの役割を果たしているのです。ですから早い話、私たちが彼らの地球占領に「ノー」を突きつければ、彼らも自分たちの役割が終わったとしてこの現実から退場してくれるでしょう。(^_^)
 
「・・今存在していることを受け入れ、今ここで私たちの魂のプレゼンスを物質界にしっかりと固定すれば、ちょうど現在のこの地球にも故郷の光の現実を創造することができるのです・・」
 
私たちの故郷の光の現実を地球に創造することがスターシードとしての本来の使命です。
 
「・・批判というのは、たとえ言葉だけであったり、静かでエネルギー的なものだけであったにしろ、他者を力で変える権利があるという間違った考えに基づいている・・」
 
これはしっかり理解しておきましょう。(^_^)
 
「・・自由意志を停止できるのは、自由意志が他者の自由意志を侵害するときや、他の生きとし生けるものに直接的な害を公然と与える場合に限られ、これが銀河法典の原則なのです」
 
“他の生きとし生けるものに直接的な害を公然と与える場合に限られる”
 
これが自由意志を停止できる条件です。銀河法典の原則です。


(^_^)/

 
posted by: Michi&Mirai | 働かなくてもいい社会を実現するには? | 19:56 | comments(0) | - | - |
コブラ (03/22) プレアデス人
∞ 「 プレアデス人とは」についての情報です。(^_^)♪
 


 

コブラ
2018年3月22日
 
プレアデス人


プレアデス人は、愛と光の存在です。地上の住人の大半は、地球の機能不全状態にはまっているので、思惑を持たない愛と光に満ちた存在が信じられなくなっているのです。
 
でも、本当にそうなんです。実際、この銀河にいる大半の生命体はそういう存在です。プレアデスもその中の一つです。
 
プレアデス人は、銀河のセントラルサンのポータルからこの次元の宇宙に入ったエンジェルからの進化体を起源としています。
 
約1800万年前に、物理層にプラズマ層から生じたプレアデス星団に定住するまで、エンジェルのライトボディを持ってこの銀河を探索していました。
 
プレアデス人は、プラズマで形成されている母国の惑星の一つを物理的な濃密度物質にあえて転化させた結果、その惑星は爆発しました。
 
爆発した惑星のかけらは銀河全体に飛散しました。その中で地球に落ちたものがモルダバイトです。
 
モルダバイトの大きなかけらの一つに、144,000人の地球のミッションについての144,000の光の暗号が埋め込まれていて、それが後に聖杯に刻まれました。
 
何十万年も前のことですが、暴力で事は解決しないとプレアデス人は悟り、銀河の戦争には加われないと心に決め、プレアデス連合を形成するプレアデス星団の数百もの惑星に広がっている平和な文化を構築することに注力することにしました。
 
プレアデス人は美と調和を信奉し、それがライフスタイルにも表れています。生活空間にはリキッドライト(液体光)があふれています。
 
美しい美術品もたくさんあります。



 
音楽も。
 
自然の緑のなかの小さな水晶のように輝くクリスタル都市で暮らしています。


 
こういった都市の多くは、プレアデス星団の各惑星の地中と海底にあって、クリスタル地区のようなものです。
特殊な秘薬を使用することで、短時間の睡眠で肉体を維持できています。


 
不老長寿の秘訣を持っていますが、1000年以上は同じ肉体でいることはほとんどありません。
 
プレアデス人は、とてもポジティブで、楽しくて、官能的です。

性愛はプレアデス人の生活で最も重要な側面で、性的なエネルギーを使ってヒーリングする方法を知っています。
 

http://www.dolphinstartemple.org/product/the-pleiadian-tantric-workbook-awakening-your-divine-ba/
 

プレアデス人は、数千年にもわたり地球人と接触してきました。
 
地球の隔離状況を打ち壊すために、ドイツの秘密宇宙プログラムを開始すべくヴリルの少女たち(die Vrilerinnen)に接触しました。
 
闇の勢力がドイツの秘密の宇宙プログラムを乗っ取った後に、Niemand bleibt hier(誰もここにいない)という暗号名の秘密のプロジェクトで1945年にヴリルの少女たちを地上から救助しました。


 
プレアデス人は、核戦争防止のために1954年にアイゼンハワー大統領に接触しました。
 
1977年にプレアデス人は核戦争を防止すべく私に接触しました。
 
プレアデス人は、何とか核戦争を防止できたものの、1996年のアルコン侵略を防ぐことはできませんでした。
 
アルコンは、1996年から1999年の短期間ですがプレアデス星団にも侵略してきました。
 
プレアデス星団が1999年に解放されてプレアデス人の人質の大半が地球の地下軍事基地から解放された後に、プレアデス人が2001年に私に接触してきてタキオンチェンバーの組み立て方を教えてくれました。
 
それをもってしても、私のソウルメートの殺害を防ぐことはできませんでした。
 
理解に苦しむのは、私のブログが高度な詐欺だとか、私が人を操っているとかのデマを信じている人がいることです。こういった人たちは、深刻な不信感の塊でセラピーが必要なのではないでしょうか。このブログのコメント欄に馬鹿げたコメントを投稿している輩は、今後永遠に投稿を禁止します。馬鹿げたコメントとは何なのかがわからない方は、投稿前に再考し、起こりうる結果をよく考えてからにしていただきたいです。
 
冗談で言っているのではありません。これは私が高尚な動機を持って賭けた真剣な戦争です。私が失ったものは、誰と比べても非常に大きいのです。その分、尊重していただいても良いはずです。
 
地上は、私やレジスタンスムーブメントやプレアデス人の想像をはるかに超える深い闇の世界でした。複雑な状況を片付けるとなると、必然的に遅れも生じます。そんなことは私も嫌ですし、あなたもそうでしょう。それが良いと思っている人などいません。斜に構えて泣き言と不平ばかり言うのは止めて、地上が生活に耐えうるような空間にするための行動をしましょう。
 
「カバールだけが私有地を持てる」から接触の受け皿の私有地の余裕はないとか言っている方。20秒前にGoogleで検索したら接触の受け皿のプロジェクトに適した500ドル以下の土地が売りに出ていました。
 
イベントに絡めて接触の受け皿について素晴らしいコメントをいただきました。
 
「ここで鍵となるのは、多次元的に考えるべきということです。イベントに一直線に一歩一歩向かうという人はいません。確率的に様々なタイムラインの変動が数多くあって、別の方法でイベントが起こりうる。こういったプロジェクトを公開することで、RMや我々が設定した分野を一緒に創造することができる。タイムラインの安定化は、全体的な波動と量子場を上げ、それがイベントを起こすようなすべてのポジティブなタイムラインを支援することになる。」
 
いま何が期待されているのかというと、血と汗と涙です。
 
その後に、Victory of the Lightをお約束します。
 
それがいつかって? 誰にもわかりません。イベントは、大半のプラズマトップレット爆弾が除去できるまで決して起きません。
その間、4月14日と15日にハンガリーのブダペストで2018年初回のアセンションカンファレンスを開催しますのでぜひご参加ください。
 
台北のカンファレンスは5月12日と13日です。
 


∞ 「私たちのミルキーウェイ銀河にいる大半の生命体は愛と光の存在です。プレアデスもその中の一つです」
 
地球人も近いうちに・・・(^_^)/
 
「プレアデス人は、銀河のセントラルサンのポータルからこの次元の宇宙に入ったエンジェルからの進化体を起源としています」
 
1800万年前に、なぜ天使的存在であったプレアデス人がプラズマ次元の母国の惑星の一つを物理次元上昇に転化させ、爆発させてまで物理次元に降りようとしたのか?その理由が知りたいところですが、・・・。一説には物理次元がより多くの経験ができるからと言うのもあります。でも定かではありません。
 
「爆発した惑星のかけらは銀河全体に飛散しました。その中で地球に落ちたものがモルダバイトです。・・モルダバイトの大きなかけらの一つに、144,000人の地球のミッションについての144,000の光の暗号が埋め込まれていて、それが後に聖杯に刻まれました」
 
これが「144,000人」の由来ですね。
 
「モルダバイト」はヒーリング効果があるようです。
 
モルダバイトと同様なものにチンターマニ・ストーンがあります。それはシリウス恒星系から来た石で、シリウスAを回っていた惑星が爆発し、その破片が地球に落下したもので、一部には闇の波動の石という説もありますがチンターマニ・ストーンはプラズマ界とインプラントに影響を及ぼします。光の勢力は、銀河の中心からのエネルギーを、直接チンターマニ・ストーンに送る技術を持っていて、チンターマニ・ストーンは、そのエネルギーを集めるレンズとして働き、プラズマを解消します。チンターマニ・ストーンを使うことで、その持ち主にとっても地球にとっても、プロセスの効果とスピードが増すのです。このチンターマニ・ストーンは世界中に埋められていますから期待できそうです。
 
「イベントは、大半のプラズマトップレット爆弾が除去できるまで決して起きません」
 
コブラのこの主張は変わりませんね。でもRVは動き出してはいるようですが・・・。もし、3月26日に中国の金本位制が開始されたなら・・・どうでしょうね。
 
(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | 働かなくてもいい社会を実現するには? | 19:26 | comments(0) | - | - |
WWLM瞑想アップデート (01/13)
∞ コーリー・グッド氏は緊急治療室に入院していたようです。(-_-;)

 



 

WWLM瞑想アップデート
2018年1月13日
 

瞑想の更新情報です。 銑
 
 ‘睇告発者への瞑想(現在はコーリー・グッドと彼の娘、及びエメリー・スミス向け)
 
昨日及び本日の5PM UTC(日本時間2AM)に、コーリー・グッドへ瞑想いただいた皆さんのおかげで、コーリーはER(緊急治療室)から退院し、安全に帰宅しました。
コーリーはまた、重症のインフルエンザにかかっていたことをFacebookの投稿で認めています。さらに、昨日アップされたデイビッド・ウィルコックの最新記事では、コーリーの娘とエメリー・スミスも同じインフルエンザに罹っていることがわかります。
そこで、コーリー、彼の娘、そしてエメリー・スミスに向けて、彼らが完全に回復するまでの数日間、5PM UTC(日本時間2AM)に引き続き行います。
 
コーリーも同じインフルエンザに罹った
 
「残念ながら、コーリーにも全く同じ出来事が起こりました。彼はこの記事の当初の公開予定に合わせて、ジミー・チャーチと昨晩オンエア予定だったのです。
 
その代わり、コーリーも彼の娘も同じ重症のインフルエンザに罹ってしまい、彼の要請を受けて私が直前で代わることになったのです。
 
コーリーの熱は103℉(39.4℃)で、それ以上に上がらなければ重篤な命の危険はありません。さらに外科処置後、眼に関連のない強度の痛みも発症しています。
 
コーリーは大丈夫だとお伝えしています。生命に危険はないと思われます。翌朝には退院しています。
 
しかしながら、このタイミングは、そして同じようなことがエメリーにも起こっているということには、非常に疑念を抱きます。エメリーも現在入院しています。
 
そのため、今回の状況報告がさらに緊急的なものになっていて、ご存知ない方にも理解できるような内容にしています。」
 
内部告発者への一般的な瞑想手順です。
 
1.呼吸に注意を向けるなど、自分なりのやり方で身体、感情、思考をリラックスさせます。
 
2.この瞑想の目的が、光のために行動している全ての内部告発者に聖なる保護やヒーリングをもたらし、彼らが闇からのいかなる妨害からも解放され、平和裡に使命を完遂出来るようにすることであるという意図を表明します。
 
3.銀河のセントラルサンから光の柱が降りてきて、太陽系のすべての存在を通り、それからあなたのソウルスターチャクラを通り、そして体全体を通って地球の中心に届くのを視覚化します。次に地球の中心からもう一本の光の柱が登ってきて、あなたの体を通って空に登り、太陽系と銀河のすべての存在に届くのを視覚化します。今あなたは二本の光の柱の中にいます。この柱は上向きと下向きに同時に流れています。数分間この柱の流れを維持します。
 
4.すべての内部告発者のI AM Presenceから輝く白い光の渦が降りてきて、彼らのソウルスターチャクラに流れ込むのを視覚化します。この白い光が彼らの体全体やオーラに降り注ぐのを視覚化します。この聖なる光がすべての内部告発者のボディすべてを癒します。肉体、プラズマ体、エーテル体、アストラル体、メンタル体、そしてコーザル体のすべてを、すべての時、すべての次元、すべての空間、すべての現実を超えて癒すのを視覚化します。あなたがすべての内部告発者が完全に健康になるのを視覚化するたびこの光はますます光輝くのをイメージします。
 
5.すべての内部告発者は強力な善意のガイドチームに囲まれていて、楽しく楽々とミッションを完了できるよう、ガイドがそばにいて保護しているのを視覚化します。彼らのオーラが黄金の光でできた強力なシールドで守られているのを視覚化します。広い光が彼らのオーラに注がれるたびにこのシールドがますます強化されて行くのをイメージします。このシールドがこれから先永遠にすべての闇の妨害から保護してくれるのを念じます。
 
6.全ての内部告発者が完璧な至福にあるのを視覚化します。
 
内部告発者に向けた瞑想の新しい誘導音源はこれから作成する予定です。
 
それまでは、元々コーリー・グッド向けに作成されていた瞑想の誘導音源が8カ国語で提供されています。
 
友人であり、同じライトワーカーであるエイダ・ショウと彼女のチームの有能な協力に敬意を評します。
エメリー・スミス向けに作成されていた誘導音声もありますので、こちらをお使いいただくこともできます。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLSsIlAdZAHGfbEQPUiuhyVxGeFgw6wbhG
 
▲蓮璽箸離Εークリー瞑想
 
昨年12月14日、WLMMはAchievers Dynamic Systems International (ADSI,)と協力し、非常に成果が期待できるADSIのハートの瞑想を翻訳し、時間を合わせ、シェアしました。この瞑想の目的はこの惑星から全ての次元(物理、プラズマ、エーテル、アストラル、メンタル、コーザル)において闇の全ての影響を除去することです。
現在、二つの団体は、この瞑想を毎週土曜日の12PM~12:30PM UTC、マニラでは8PM-8:30PM PHT(日本時間9PM-9:30PM)に毎週行うことに合意しています。
 


 

以下はこの瞑想の手順と誘導音声です。
この瞑想の他言語による誘導音声は以下のリンクにあります。
(注)この瞑想の長さは通常の瞑想の3倍です。これはエネルギーシフトを達成できる程度に長く、そして瞑想初心者、熟練者のいずれにとっても短時間で、さらに世界中のほとんどの人が同時に参加できるよう時間を合わせて調整した結果です。
 
この瞑想はたくさんのグループやサポートチームに共鳴されていて、シェアできるのを嬉しく思いますし、Achievers Dynamic Systems International (ADSI) の提供に感謝いたします。
 
いつものことですが、自分に何ができて、何がハイヤーセルフと共鳴するのかはご自身で選択してください。
 
イランへの瞑想
 
コブラによる最新の状況報告によると、イエズス会およびマルタ騎士団はローマーペルシア戦争のエネルギーを悪用してイランに新しい戦争を生み出そうとしています。
この状況に対する瞑想を現在準備中で、できるだけ早く公開する予定です。それまでは、お望みの時間にイランと(古代)ペルシャ帝国の上でハラフ文化の陶器が回転しているのを視覚化することで支援できます。



 

ての渦によるサブルーナー空間の浄化
 
以下は虹の渦が地球の周りでプラズマレベルのすべての異常を浄化している非常に優れた動画で、今週始めにブログのサイドバーにアップしたものです。


 
この渦は光の柱の先進技術(ATVOR)によって推進されていて、現在、光の勢力がプラズマの初期異常解消のために用いています。
ATVOR技術はAN転換が基礎となっています。
 
「『AN変換』は偶然性のフィルターを迂回して、直接、光に変換するシステムです。
 
このため、充分な量の光が低い次元へと下降していきます。この光の流入は、高密度の全ての次元を変容し、癒し、再接続し、『一なるもの』へと回帰させるための、至高の意志による光の送信システムです。」
2018年初めから光の勢力は地表にこれまでより近いところで作業しています。これは主なプラズマ異常が現在は惑星の中心からわずか3地球半径分に広がっているだけだからです。(地球の中心からおよそ19,000km、12,000マイル)
この動画を瞑想に使っても良いでしょう。地球の周囲に残るプラズマ異常が除去されるプロセスを視覚化することで、光の勢力への大きな支援となります!
 
光の勝利!
 
翻訳:エル
 
∞  コブラからのいつもの状況報告ではありませんが、 銑△魯魁璽蝓璽哀奪瓢瓩箸修量次△修靴謄灰坤潺奪ディスクロジャーシリーズのシーズン9のエピソード2および3、そしてエピソード7に登場するインサイダーのエメリー・スミス氏が、同時に重症のインフルエンザにかかったことで、彼らが完全に回復するまで瞑想を行うというお知らせです。
現在、コーリーグッド氏は瞑想のおかげで早期退院していますが、彼の娘と、インサイダーのエメリー・スミス氏がまだ入院中です。
 
「コーリーは大丈夫だとお伝えしています。生命に危険はないと思われます。翌朝には退院しています。・・しかしながら、このタイミングは、そして同じようなことがエメリーにも起こっているということには、非常に疑念を抱きます。エメリーも現在入院しています。・・そのため、今回の状況報告がさらに緊急的なものになっていて、ご存知ない方にも理解できるような内容にしています。」
 
とあるように、彼らが同時にインフルエンザに罹っていることから、アルコンによる攻撃ではないかという疑念を抱いています。
「コブラによる最新の状況報告によると、イエズス会およびマルタ騎士団はローマーペルシア戦争のエネルギーを悪用してイランに新しい戦争を生み出そうとしています」
 
これはのイランへの瞑想によって戦争回避を願うものです。
 
い話狼紊亮りでプラズマレベルのすべての異常を浄化する「虹の渦によるサブルーナー空間の浄化」について述べています。
「この渦は光の柱の先進技術(ATVOR)によって推進されていて、現在、光の勢力がプラズマの初期異常解消のために用いています」
 
光の銀河連合が、AN転換が基礎となるATVOR技術によって充分な量の光を低い次元へと流入させることによって、高密度(低次元)の全ての次元を変容し、癒し、再接続し、「一なるもの」へと回帰させるための、至高の意志による光の送信システムとありますから、地球の中心からわずか3地球半径分に広がっているプラズマ異常の領域を完全に浄化することになります。これが完了すれば、全ての闇さん達が排除され光の勢力の勝利が確定しますから、新時代が確実に到来します。

(^_^)/





 
posted by: Michi&Mirai | 働かなくてもいい社会を実現するには? | 19:26 | comments(0) | - | - |
コブラ (01/07) 状況報告 
∞  2018年の動向は? (^_^)/

 


 


コブラ
2018年1月7日
 
状況報告 


■ コマンドPBスターダスト ミョルニル 仮想通貨 イエズス会
 
2018年は多くのブレイクスルーの年となるでしょう。光の勢力はこのブログで何度か言及されたコードネーム「ミョルニル」の第二段階の重要な作戦において太陽系中に強力な統一フィールドを展開しています。この作戦の第二段階は1月3日から開始し、3月上旬には完了するでしょう(前回の2月下旬という予測から若干の遅延)。これは次の記事に直感的に描写されています。
 
光の勢力は サブルーナー空間の全てのプラズマトップレット爆弾と、ほとんど全てのプラズマ異常を除去しました。レジスタンスの定義では、サブルーナー空間とは、月の軌道の内側を外縁とする、地球の中心から地球半径の3倍分の内縁の範囲を意味しています。
 
全てのトップレット爆弾と、プラズモイドエンティティーなどのプラズマ異常の大部分や、ネガティブSSP派の残党は地表近くに現在集中しています。 以下にある通り、地球半径の3倍分の距離以遠には存在していません。
地球低軌道での戦争の継続が予測されています。
 
しかし、それは少しずつ惑星の地下基地での戦いへと移行してゆきます。
 
ヴェールの全ての側面において浄化作業が集中的に行われています。そして光の勢力はこの一定の流れを逆転できるように尽力しているところです。
 
アルコンの計画の一つに、人間の情緒的側面と有意義な社会的交流を断つというものがあります。スマートフォンはその計画のために導入されました。
 


 

若い世代が特にターゲットとなっています。1996年以降に生まれた世代は、健康的な感情と社会習慣を育むポジティブなプラズマ、エーテル、アストラルエネルギーの環境をほんの少ししか経験していなかったためです。
 
もう一つのアルコンの計画として、既存の金融制度を乗っ取って現金を排除し、分散型に見えますが実のところ完全支配が可能となる、世界金融システム構築のための、仮想通貨の発展があります。
 www.naturalnews.com
 
ブロックチェーン技術(分散型台帳技術)は、2016年4月の銀行家たちの秘密の集会において採択された、現金を排除するための技術です:
 
彼ら独自の暗号通貨が開発されています。
moneywise411.com
 
暗号通貨は中央銀行によるゴールドに対しての戦いの支援となり得ます。
www.zerohedge.com
 
彼らは東方連合を恐れているからです。
www.rt.com
 
ブロックチェーン技術は一見匿名性もあり非集中的に見えますが、全てのコンピューター(WindowsのOSだけでなく)には、ソフトウェア的に裏口の抜け穴が設定されています。
 
そして全てのコンピューター(intel搭載のものだけでなく)は、ハードウェア的な裏口の抜け穴が設定されています。
www.rt.com
 
とは言え、仮想通貨やブロックチェーン技術には将来性もあります。レジスタンスは金融リセットの計画に暗号通貨を組み込むことにし、イベント時にはカバールの手からブロックチェーン技術を解放するようにしました。
 
リップルはSWIFTに取って代わって、惑星の疑似準備通貨として機能する可能性を秘めた暗号通貨です。
 
まだ明かされてはいませんが、レジスタンスはイベント時にリップルを使った特定の計画をたてています。
 
仮想通貨はバーティカル・マーケット(噂を買い、ニュースを売る)での取引に詳しければ有益な投資となりえますが、コインが無くなったり盗まれたりするリスクが25%あります。
 www.independent.co.uk
 
一方で、イエズス会とマルタ騎士団は新たな戦争を作り出そうとしています。
 
彼らはローマ・ペルシャ戦争のエネルギーを利用しようとしています。
Roman–Persian Wars - Wikipedia
 
シーア派とスンニ派間の争いはそれに起因するものです。
www.cfr.org
 
ローマ帝国に起源を持つ血族はスンニ派を支持しています(アメリカ合衆国、イスラエル、サウジアラビア枢軸)。その一方で古代ペルシアに起源を持つ血族はシーア派を支持しています(イラン-レバノン/ヒズボラ-シリア枢軸)。ローマのアルコンファミリーのトップはこの争いの両サイドから搾取しています。
 
エリック・プリンスは、イエズス会/マルタ騎士団の企みの主要な実行者です。彼は中東に新たな戦争を持ち込もうとしています。
 
彼はドナルド・トランプに大きな影響を与えています。よりイエズス会に友好的で、クリントン/ブッシュ/ロックフェラーのイルミナチ派派閥に敵対する、新たなスパイ組織を編成しようと勧めています。
覚えておられるかもしれませんが、イエズス会が生き残りのためにイルミナチ派閥を打倒しようとしているということを、数年前に私が申し上げました。
 
エリック・プリンスのブラックウォーター/アカデミの傭兵によるサウジアラビアのイルミナチ派の大量逮捕は、上記の理由によって引き起こされました。
www.dailymail.co.uk
 
現在イエズス会/ロスチャイルドが後ろ盾しているサウジアラビア、イスラエル、アメリカ合衆国の派閥はイランに戦争をしかけようとしています:
MoA - Revealed - Saudis Plan To Give Up Palestine - For War On Iran
www.zerohedge.com
2011年にシリアでの主だった抗議活動を残忍な戦争へと変えた台詞を繰り返し読み上げながら、イランは内側から不安定化されています。最近のイランでの抗議活動はアカデミの傭兵によって引き起こされ、西側世界のメディアによって酷く歪めた報道をされています。
www.rt.com
 
イランの抗議者のほとんどは今の政府を支持しているということが現実です。西側世界の革命と「民主主義」を取り入れるよりは、はるかにましな選択ということは間違いないでしょう。
www.presstv.com
 
アメリカ合衆国はシリアにも再度戦争をしかけようとしています。
www.strategic-culture.org
www.strategic-culture.org
 
光の勢力は、目覚めた人々がイエズス会の計画を十分に把握することで、新たなシーア-スンニ戦争を防ぐことができると伝えました。
 
代替メディアは、カバールの主要メンバーがグアンタナモに送られたということを大々的に報じています。
 
私の情報源ではこのことは確認ができません。同様に、2012年にドレイク・ベイリーから発せられた青信号の点灯についても確認ができませんでした。
 
しかし、Passionate Pachydermsと呼ばれる者からの情報については確認が完全に取りました。
www.reddit.com
 
55人のアリゾナ州兵の軍警察がグアンタナモに到着し、その数日前に現地を去った122人のミネソタ州兵の軍警察と交代をしました。
www.theeagle.com
 
本当の大量逮捕が起きれば、マスメディアで報じられます。
 
地表の状況は劇的に改善していませんが、ミョルニルが地表を打つ瞬間にはブレイクスルーが起こるでしょう。
 
その時まで、コマンドPBスターダストのプロトコルによって物理的な痛みを和らげることを広めてください。
 
 



∞  注目すべきは冒頭の部分ですね。
 
「2018年は多くのブレイクスルーの年となるでしょう。光の勢力はこのブログで何度か言及されたコードネーム「ミョルニル」の第二段階の重要な作戦において太陽系中に強力な統一フィールドを展開しています。この作戦の第二段階は1月3日から開始し、3月上旬には完了するでしょう(前回の2月下旬という予測から若干の遅延)。これは次の記事に直感的に描写されています」
 
“2018年は多くのブレイクスルーの年”

“コードネーム「ミョルニル」の第二段階の重要な作戦において太陽系中に強力な統一フィールドを展開”

“この作戦の第二段階は1月3日から開始し、3月上旬には完了するでしょう”
 
第二段階が重要な作戦とあり、3月上旬に完了ならば、その時点で光の銀河連合の作戦の態勢が判明するかも知れませんね。
 
「光の勢力は サブルーナー空間の全てのプラズマトップレット爆弾と、ほとんど全てのプラズマ異常を除去しました」
 
サブルーナー空間とは、月の軌道の内側を外縁とする、地球の中心から地球半径の3倍分の内縁の範囲ですから、2017年2月12日の「コブラ近況報告」で伝えた以下の記事と同じです。

http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/02/situation-update.html
---------------------------------------------------------------------------------------------
キメラ・グループの掃討は続いています。最近、太陽系の状況が大きく前進しました。光の勢力は太陽系とその先にあった殆どのプラズマ異常を除去することができました。残ったプラズマ異常やトップレット爆弾の大半は、地球の中心から直径1.5倍以内の領域に溜まっています。
---------------------------------------------------------------------------------------------
つまり、地球の中心から直径1.5倍以内の領域にあるプラズマ異常やトップレット爆弾の排除については一年他近く経っても、まだ手が付けられていないということになりますが、でも、“地球低軌道での戦争の継続が予測されています”とあり、少しずつ地球の地下基地での戦いへと移行してゆくと言うことなら、少しは進展はしていると言うことでしょうか。
 
「アルコンの計画の一つに、人間の情緒的側面と有意義な社会的交流を断つというものがあります。スマートフォンはその計画のために導入されました」
 
スマートフォンは言わば、多くの人がハンディコンピュータを持つようなものですから、必要なことがその場の操作で完了するので、人間社会における対面的な事柄はほとんど必要がなくなります。それにスマートフォンを使うことによる身体への電磁波の影響は看過できないといわれています。できるなら使わない方が良いのではと思いますが・・・。

「若い世代が特にターゲットとなっています。1996年以降に生まれた世代は、健康的な感情と社会習慣を育むポジティブなプラズマ、エーテル、アストラルエネルギーの環境をほんの少ししか経験していなかったためです」
 
つまり、20代前後のインディゴチルドレンの若者達がスマートフォン・トラップに囚われやすく、結果として本来彼らが担う役割を果たせなくなる可能性が高いということですね。

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | 働かなくてもいい社会を実現するには? | 17:56 | comments(0) | - | - |
WWLMのHoshinoによるコブラインタビュー (12/23)
∞ 今回は全文の1/3が「瞑想」についての質問です。(^_^)
 
 



 

WWLMのHoshinoによるコブラインタビュー
2017年12月23日
 

◇ 集団瞑想について
 
Hoshino:ポジティブなETも自由な時間に集団瞑想を行いますか。
 
Cobra:はい、ポジティブなETも集団瞑想を行います。
 
Hoshino:彼らは集団瞑想を都合の良いときに行うのでしょうか、それとも特別な目的のために行うのでしょうか。
 
Cobra:ポジティブなETたちは、他の惑星や文明を支援するミッションのときに、何度も集団瞑想を行っています。また彼らがソースとつながるためにも集団瞑想を行います。
 
Hoshino:現在、ポジティブなETたちは地球を支援するために瞑想を行っていますか。
 
Cobra:はい、もちろんです。
 
Hoshino:レジスタンスムーブメントやプレアデス人は私たちが毎日WWLMで行っている集団瞑想について知っていますか。
 
Cobra:はい、もちろん知っています。彼らはWWLMで行われている集団瞑想を全面的に支援しています。
 
Hoshino:彼らも瞑想に参加しているのですか。
 
Cobra:彼らなりのやり方で参加しています。
 
Hoshino:ドラゴンについてはどうでしょうか?
 
Cobra:もっと質問を具体的にお願いします。
 
Hoshino:レッドドラゴンやブルードラゴンのようなグループです。ドラゴングループは私たちといっしょに瞑想を行っていますか。彼らは瞑想について知っていますか。
 
Cobra:特にブルードラゴンには自分たちの瞑想があり、彼らは私たちの瞑想についても知っています。特に私のブログで呼びかけられる集団瞑想が大規模なものになり、それを広めるとき、ブルードラゴンは瞑想を広めることを支援しています。
 
Hoshino:レジスタンスムーブメントは、地表の人類のできることを観察して、イベントに対する地表の人類の心構えを試していますか。
 
Cobra:レジスタンスムーブメントは試しているのではなく、地表の人類を観察しています。レジスタンスは地表の人類の行動のためのモデルや理解を改善していて、それに基づいて、レジスタンスはイベントのときの計画を調整しています。
 
Hoshino:現時点でレジスタンスが地表の人類に抱いている視点や意見を話していただくことはできますか。レジスタンスは私たちのことをどう思っていますか。
 
Cobra:レジスタンスは地表の人類がひどく抑圧されてきたという事実を知っています。イベント時に、この抑圧が無くなると、多くの人類は光の勢力と大いに協力するようになるとレジスタンスは予測しています。多くの導き、ヒーリングや支援が必要となりますが、時が来れば人類全体は基本的にこの移行をかなり平和的に行うことができるでしょう。
 
Hoshino:レジスタンスが私たちに点数をつけるとしたら、現時点でのイベントに対する私たちの心構えについては0から100点の何点くらいですか。
 
Cobra:人類の目覚めた人たちはイベントのための準備がかなりできているとレジスタンスは見積もっています。主な問題点は、ライトワーカーとライトウォーリアの様々なグループの間で多くの争いがあったり、充分に協力できていないことです。昨年改善されたこともありましたが、まだ改善の余地があります。
 
Hoshino:その点数を上げるために、私たちにできることは何ですか。
 
Cobra:人類全体のことですか、目覚めた人類だけについてですか。
 
Hoshino:両方お願いします。
 
Cobra:目覚めた人類はもっと協力し、争いを減らすことです。残りの目覚めていない人類は答えを探求し、マスメディアの情報を鵜呑みにしないことです。
 
Hoshino:人類を支援するために私たちはどのように集団瞑想や他の支援体制を構築すべきでしょうか。
 
Cobra:集団瞑想はかなり組織化されています。必要なことは重要な瞑想があるときに、他のグループに私たちの瞑想に参加してもらうことです。これが集団の努力です。これが行うべき主要なことです。
 
Hoshino:私たちの毎日の瞑想に参加している人数についての情報はありますか。
 
Cobra:これについて、私はレジスタンスムーブメントから情報を受け取っています。毎日のさまざまな瞑想に参加している人数は基本的に数百人から数千人の間です。
 
Hoshino:つまり、レジスタンスムーブメントは人数を日常的に追跡しているのですか。
 
Cobra:はい。レジスタンスはこれをいつでも追跡しています。
 
Hoshino:私が参加人数を調べる方法は何かありますか。
 
Cobra:あなたが地上の人類の視点からそれを行うことは容易ではありません。あなたができることはブログのアクセス数を調べることです。しかしそれは瞑想に参加している大まかな人数です。
 
Hoshino:わかりました。私は代わりにページビューを使って各瞑想に参加している人数を計算しています。参加人数について、私が見ているものとコブラが述べた人数は一致していると思います。
 
Hoshino:世界同時冬至瞑想の効果はどれくらいだったのでしょうか。そしてWLMMに促進された集団瞑想はそのプロセスをどれくらい加速させたのでしょうか。
 
Cobra:冬至瞑想はクリティカルマスには届きませんでしたが、冬至瞑想がその日に光の勢力が行った作戦を支援できたので、重要なブレイクスルーがあったといえます。私たちは12月と多次元ポータルが開放されている期間にいます。現時点で地球解放のために特定のことが進められているので、少なくともポータルが閉じるまでこの冬至瞑想を続けるように人々を励ましたいです。
 
Hoshino:冬至瞑想で私たちはどれくらいクリティカルマスに近づいたか、情報を明らかにすることはできますか。
 
Cobra:1万人から1万5千人ほどが瞑想に参加していました。それはとてもうまくいきました。冬至瞑想は光の勢力のとても重要な作戦のひとつを支援しました。ですから良い瞑想でした。
 
Hoshino:冬至瞑想によりプラズマ界では何か排除されましたか。
 
Cobra:これは現時点では機密情報です。1〜2週間後に公表できると思います。
 
Hoshino:144000人と他のライトワーカー、ライトウォーリアたちのアセンションのコードを活性化する集団瞑想を作るというのは良い考えだと思いませんか。
 
Cobra:これはまだです。というのもこの活性化が完全に効果を発揮するためには、プラズマ界の状況がもっと改善する必要があります。
 
Hoshino:0010110のコードにや令について詳しいですか。
 
Cobra:ある程度は。
 
Hoshino:このコードと令を活用する良い方法があれば教えてください。
 
Cobra:自分が導かれたと感じたらそれを使うことができます。これについてはそれ以上のコメントはありません。
 
Hoshino:瞑想中、私たちは通常、「銀河のセントラルサンから光の柱が降りてきて、太陽系内の全ての光の生命体を通り、太陽と月を通り、自分のソウルスターチャクラから身体を通って、地球の中心へ届くことを視覚化します」という段階を踏みます。それは私たちのハイヤーセルフや地下のアガルタ人とつながるために使われているのですか。
 
Cobra:基本的にそれは自身のハイヤーセルフだけではなく、銀河のセントラルサンにもつながっています。この縦のつながりは地球上の様々な要素、アガルタ人や銀河全体の全ての光の生命体を含み、完全な光の意識で自身のハイヤーセルフと全ての光の生命体と完全につながることです。
 
Hoshino:光の勢力がプラズモイド生命体やヤルダバオト生命体を排除するために冬至瞑想の機会を使ったのですか、差支えなければ教えてください。
 
Cobra:はい、光の勢力はこの機会をこれらの生命体を排除するプロセスを促進させるために使いましたが、このプロセスはまだ完了していません。
 
Hoshino:多次元ポータルが開放されている間、ライトワーカーとして、私たちが毎日冬至瞑想を行うことで達成できたことはありますか。
 
Cobra:これはまだ機密情報です。私たちはまだ多次元ポータルの期間中であり、作戦が進行中でまだ完了していないからです。全てのことがうまくいけば、1〜2週間で情報を公表できるかもしれません。しかし約束はできません。
 
Hoshino:どのように光の勢力はプラズマもしくはエーテル寄生生命体を追跡していますか。
 
Cobra:光の勢力は、私たちが物質界において携帯のカメラで見ることと同じようにプラズマを見ることができる先進的なテクノロジーを持っています。それはプラズマ界の全てを見ることができるテクノロジーです。
 
Hoshino:どうやって光の勢力はこれらの生命体を排除していますか。
 
Cobra:光の勢力はこれを行っていますが、これは機密情報なので方法について述べることはできません。
 
Hoshino:私たちは毎日の瞑想において紫の炎とANの白い炎をこれらの生命体に対して毎日行っていますが、この面で私たちは光の勢力を支援していますか。
 
Cobra:はい、もちろんです。それは大いに役立っています。この活動は光の勢力により大いに推薦され、促されています。
 
Hoshino:コマンドPBスターダストについて質問があります。現在私たちはコマンドPBスターダストのプロトコルを多次元ポータル瞑想後に使うように参加者に呼びかけています。私たちがコマンドPBスターダストをもっと効果的に活用するための方法は何かありますか。できるだけ大きな声で言うとか。
 
Cobra:人々がこの言葉を大きな声で言うともっと効果的です。他の要素は私たちがもっと広めるほど、コマンドPBスターダストを使う人々が増えるほど、このプロトコルはもっと良くなります。というのもプレアデス人はこのプロトコルを使用した人々からフィードバックを得て、もっと効果的なものにするからです。そのため人々にできるだけ広めることをすすめています。まだ十分な反応がありません。
 
プレアデス人たちはもっとこれに関心を持ってもらえるよう期待していました。このプロトコルは多くの人々を支援することができるからです。もっとこれを広めると、他の状況のための別のプロトコルを開発しているプレアデス人たちを活気づけることができるでしょう。しかし、現時点ではまだ他のプロトコルは公表できません。コマンドPBスターダストのプロトコルが十分に広まれば、プレアデス人は他の状況のための別のプロトコルを公表するでしょう。
 
Hoshino:「コマンドPBスターダスト」と声を出して三回言うとき、プレアデス人はその人の身体を測定し続けることができますか。
 
Cobra:プレアデス人はプロトコルを起動した人との関係を継続します。その人がプレアデス人にもっと働きかければ、プレアデス人はもっとその人に働きかけるでしょう。
 
Hoshino:他のポジティブなETによって開発されている別のプロトコルはありますか。
 
Cobra:彼らの言っていることと私が述べたことは同じです。このプロトコルはもっと知られ、広まる必要があります。人々はプレアデス人なんて信じていませんし、彼らが何かについて信じる必要はありませんが、このプロトコルを試し、それが機能するかどうか見る必要があります。プロトコルが効かない人もいれば、効く人もいます。これがプレアデス人が求めていることです。プレアデス人は地球における痛みと苦しみを減らしたがっています。
 
Hoshino:私たちが瞑想技術を高めるために使える方法は何かありますか。
 
Cobra:現時点で、全ての人に言えることは、自身の瞑想技術を使ってくださいということです。現時点では他のいかなる瞑想技術についても公表しません。ふさわしいときではないからです。プラズマ界の状況が整っておらず、瞑想技術には強力なものもありますが、状況が整っていないからです。
 
Hoshino:それでは、将来にもっとたくさんの人々が目覚めて、集団瞑想に参加すれば、この情報をあなたのブログで公表する可能性があるということですか。
 
Cobra:はい、その可能性はあります。
 
Hoshino:タイムゾーンの制限のせいで瞑想に参加できないならば、同じ瞑想を他の時間に行うのは良いですか。例えばGMT午後三時のアラート瞑想をGMT午前三時に行うということです。
 
Cobra:全ての参加者が同じ時間に瞑想を行うことをおすすめします。強力な共鳴場が作られるからです。しかし本当にその時間に参加できないときは、他の時間に瞑想を行って支援することができます。
 
Hoshino:多くの人々が集団瞑想だけでなく自分のための瞑想を行っているときに、光の勢力からメッセージを受け取っているように思われます。 瞑想中は私のテレパシー能力が高まるのでしょうか。
 
Cobra:基本的に瞑想中はチャンネルが開きます。光の勢力はその特定の時間内にできるだけ多くの導きを私たちに与えることができます。
 
Hoshino:人を集めて集団瞑想してもらうには、何をしたらよいでしょうか。ブログに書くとか。オススメはありますか。さま私たちのブログもしくはコブラがすすめる他のメディアを通じて。
 
Cobra:現時点では、瞑想者は有機的に広がっています。人々が十分に目覚めると同時に、集団瞑想にも参加します。
 
◇ 現在の状況について

 
Hoshino:イベントが元々予想されていた期日から何年も遅れているという事実はイベントと私たちが次元上昇するための期間が短くなることを意味しますか。特に私たちはイベントの期間の終わりである2025年に近づいています。(1975年ー2025年)
 
Cobra:現在の計画では、2025年はイベントの期間の終わりの年です。アセンションプロセスはそれよりもはるかに長いです。
 
Hoshino:アセンションプロセスは地球もしくはどこかで継続されるのでしょうか。
 
Cobra:大義のために本件は公表することはまだできません。
 
Hoshino:冬至瞑想の日に、あなたはブログに「RR9 is completed」と投稿しました。それがどういうことか話してくれませんか。
 
Cobra:このメッセージは光の勢力の特定の作戦についてであり、このメッセージはレジスタンスムーブメントのための伝達手段です。地表人類向けのメッセージではありません。
 
Hoshino:最近私たちは主要メディアと代替メディアの両方でディスクロージャー(情報公開)に向かっているように見えます。今から2月の終わりまでに期待できることは何でしょうか。
 
Cobra:このディスクロージャーの話題が継続することを期待します。ドラゴングループの情報源はディスクロージャーについて大きな圧力を予想していますが、レジスタンスは今から2月の終わりまでの間にディスクロージャーが起こるかどうかはまだ100%確信していません。わかっていることは光の勢力の特定の作戦が2月の終わりまでに完了するだろうことです。その期間に特定のサイクルの終焉があり、特定のサイクルが完了し、特定の新しいことが始まるでしょう。その時間に近づけば、それについてもっと公表することができるでしょう。
 
Hoshino:トランプ大統領やプーチン大統領からのディスクロージャーは期待できますか。
 
Cobra:高位の政治家からのさらなるディスクロージャーは期待できませんが、独立した情報源が新しい情報を持ってくることを期待します。
 
Hoshino:排除すべき残ったプラズマトップレット爆弾の割合を教えてください。
 
Cobra:多くはすでに排除されましたが、排除される必要があるものも残っています。そのため問題はまだ解決されていませんし、イベントが起こる前に解消されている必要があります。これらプラズマトップレット爆弾が排除されなければ、イベントは起こりません。
 
Hoshino:差し支えなければ、プラズマ界、エーテル界に残っているアルコンはどのくらいいるのか教えてください。
 
Cobra:それほど多くはありません。少数の強力なものが残っているだけです。大多数のアルコンは排除されました。
 
Hoshino:南極の状況はどうですか。南極にあるドラコやキメラの全ての基地は排除されましたか。
 
Cobra:全部ではありませんが少なくとも85%の基地は排除されました。
 
Hoshino:ステイシス(巨人)の状況はどうですか。南極に何かありましたか。彼らは目覚めましたか。
 
Cobra:まだです。彼らの多くはステイシス(休眠)状態です。目覚めているものもいますし、眠っているままのものもいます。カナダ北部やシベリアにいるものもいます。その目覚めは完全な引き金にはなっていません。
 
Hoshino:人工知能に対する進行中の戦いでは何が起こっていますか。人類に対する支配を解消する何か進展はありましたか。
 
Cobra:これはヴェールや全てのスカラー兵器に対する戦いと同じです。前進していますが、現時点では終わりからはまだ遠いです。
 
Hoshino:地表の人類として私たちが人類に対する人工知能の支配を弱めるためにできることは何かありますか。
 
Cobra:できるだけ自分の魂、ハイヤーセルフにつながってください。ここで大切なことは自分の感情と触れ合うことです。なぜなら人工知能のプログラムはその感情を抑圧する傾向があるからです。スマートフォンのような全てのテクノロジーは人類の感情を支配し抑圧するために生み出されました。
 
Hoshino:つまり、私たちがスマートフォンをできるだけ使わないように勧めているのでしょうか。
 
Cobra:バランスのとれた方法でスマートフォンを使い、乱用はしないでください。
 
Hoshino:離脱世界では何が起こっていますか。全ての奴隷植民地は解放されましたか。
 
Cobra:太陽系は解放されました。今起こっていることはサブルーナー空間における、光の勢力と秘密宇宙プログラムのネガティブな特定の派閥の戦いです。
 
Hoshino:離脱世界の繁殖プログラムは閉鎖されましたか。
 
Cobra:はい。
 
Hoshino:これらのプログラムで使われていた人々はどうやってヒーリングへアクセスしましたか。
 
Cobra:その人たちは他の太陽系の惑星へ移送されました。彼らの多くはプレアデス星系の特定の場所に送られました。ヒーリングに専念している巨大な惑星があり、彼らはとても集中的で効果的なヒーリングプロセスを受けることになっています。
 
Hoshino:サブルーナー空間の現在の状況はどうですか。
 
Cobra:サブルーナー空間の物質界と非物質界の両方で、光の勢力と闇の勢力の間で全面的な戦闘状態となっています。ちょうど今そこで主要な戦いが起こっています。
 
Hoshino:これについてはすでに回答されていると思いますが、太陽系の残りは現在すでに闇の支配から完全に解放されているということをもう一度確認してもいいですか。
 
Cobra:サブルーナー空間を除く太陽系は完全に解放されています。
 
Hoshino:外宇宙のどこかの区域では闇の支配はありますか。
 
Cobra:ありません。彼らが唯一持っている支配はNASAが太陽系に派遣した惑星間探査機と低位の軍事宇宙プログラムを通じている一定数の探査機です。外宇宙についてはそうです。
 
Hoshino:MegaAnonとQAnonは信頼できる情報源と考えられますか。
 
Cobra:およそ60〜70%だけです。
 
Hoshino:両方ともですか。
 
Cobra:そうです。
 
Hoshino:FBIコスミックエージェントについて聞いたことはありますか。
 
それについて知っていますか。
 
Cobra:知ってますが、それについてはコメントしません。とういうのも全ての人が全ての情報源に関して自身の内なる導きに従う必要があるからです。
 
Hoshino:アメリカにおけるペドフィリアたち(小児性愛者)の逮捕とトランプが彼らの資産を差し押さえたことは大量逮捕の前提でしょうか。
 
Cobra:はい。これはプロセスの一部です。同意します。
 
Hoshino:支配権力者たちが逮捕される前に、彼らがお金を供給することから切り離す必要があります。これは正しいですか。
 
Cobra:権力者たちは完全にお金の供給から切り離す必要はありませんが、もちろん彼らがお金を少ししか持っていなければ、光の勢力にとって利するでしょう。
 
Hoshino:イベント時に金融リセットが起きると、権力者たちとお金の供給も切り離される だろうと以前あなたは言っていました。
Cobra:その通りです。
 
Hoshino:なぜこれについてのいかなることも主流メディアで耳にしないのでしょうか。
 
Cobra:特にアメリカとヨーロッパの主流メディアは完全にカバールの支配下にあります。そのためそれ以外の国の主流メディアではこれについて見ることができますが、アメリカの主流メディアで見られる可能性は一番低いです。
 
Hoshino:マスメディアがカバールの支配から解放されるのは最後でしょうか。
 
Cobra:マスメディアの解放は地球と金融システムの解放と同時です。それは全て同じ成果です。
 
Hoshino:進行中のディスクロージャープロセスでアメリカにおいて「インターネットの中立性の終焉」の影響はどうなるでしょうか。
Cobra:これはディスクロージャーを妨げようとするカバールの試みの一つです。 しかしディスクロージャープロセスはいずれにしても続くでしょう。ある時点でインターネットが閉鎖されることになれば、プレアデス人は物理的に介入し始めることができると彼らは伝えてきました。計画の中にこの選択は常にあります。
 
Hoshino:最近、地球の大気へ巨大な宇宙船が入ってきたので、高層大気でイオン化気体の痕跡が追跡局によって報告されました。現在宇宙船は地表に来ていますか。
 
Cobra:まずイオン化気体は宇宙船ではありません。ですが宇宙船は地表にやってきています。そして地球低軌道において様々な派閥の活動があります。そのためここでは詳しく述べませんが、近地球軌道においても進行中のたくさんの活動があります。どちらにせよこれらの多くは気づかれるでしょう。
 
Hoshino:カリフォルニアの火事はカバールが証拠を破壊するという試みですか。
 
Cobra:違います、このとき実際には公然とプラズマ兵器または指向性エネルギー兵器が使われていました。
 
Hoshino:住人は家を燃やしたエネルギー兵器の標的になりましたか。
 
Cobra:そうです。これが起こっていたことです。
 
Hoshino:カバールと一般住人の両方を意味していますか。
 
Cobra:カバールがそれらの兵器を向けています。
 
Hoshino:世界中のワイン生産地は儀礼虐待に通じていましたか。
 
Cobra:これはワイン生産地であろうとなかろうと関係なくどこでも起こっていることです。
 
Hoshino:これがこの地域がいま火事になっている原因なのですか。
 
Cobra:違います。
 
Hoshino:シリアの現在の情勢はどうですか。ペンタグラムは解放されました。しかし女神のエネルギーを定着させるためにこの地域をヒーリングする計画は何かありますか。
 
Cobra:ペンタグラムの5か所は解放されましたが、シリア全体は解放されておらず、女神のエネルギーがこの地域に定着する前にこれらの地域には大量のヒーリングが必要です。
 
Hoshino:ロシアがシリアに向かい、復興させる計画があると考えています。それは計画の一部ですか。
 
Cobra:はい。
 
Hoshino:ドナルド・トランプについての質問があります。彼を救世主と持ち上げる多くの人がいます。彼は完全にカバールのためもしくは自身の利益のために活動しているのでしょうか。どのようにして落胆している多くのライトワーカーにバランスをもたらし、支援することができるでしょうか。
 
Cobra:彼の周囲では多くのドラマがあります。彼ではなく地球解放に意識を向けてください。
 
Hoshino:人々は昨夜ロサンゼルスやアメリカ南部での宇宙船の映像をシェアしています。誰かが以下のリンクを提供し、スペースXの発射のようだと言っています。何が起こっていますか。
 
Cobra:公の宇宙プログラムにおいてたくさんの活動があります。軍事衛星の極秘の発射もありました。住人はカリフォルニアでそれを見ました。
 
◇ 一般的な質問について
 
Hoshino:スピリチュアル的に準備できている人はどのくらいの速さでイベント後に次元上昇できますか?
 
Cobra:数年もしくは3-4年です。それは、その人自身にもよると思いますが、だいたいその位の時間を要します。
 
Hoshino: キメラはどのような姿ですか?彼らは映画やインターネットに出て来る醜い生物のようですか?
 
Cobra:基本的にキメラは人間の姿をしています。何故なら、彼らは人間の身体に転生しているので、モンスターには見えません。彼らは一般人に見えます。
 
Hoshino:リゲル星系にて行われたネガティブな実験をご存知ですか?星の火花であるスタープラズマを無理やりソウルスターチャクラに埋め込み、彼らを物凄く強靭にし闇の勢力が光の勢力に対抗する、スーパーソルジャーとして使います。
 
Cobra:それは基本的にインプラントの過程の一部になります。そしてこの実験は、数百年前にリゲル星系にて行われていました。
Hoshino:スーパーソルジャーの運動機能は、闇の勢力の特別な人工頭脳のインプラントと装着した装置によって操られているというのは本当ですか。
 
Cobra:ある程度当たっています。
 
Hoshino: この問題は既に解決されましたか?
 
Cobra:はい、リゲル星系は解放されました。今はそのような実験は行われていません。
 
Hoshino: タキオンチェンバーはどのようにして、地球ガイアにグリッドの準備と光のアンカーをイベントの前に定着させるのに役立つのですか?どのように、この過程は行われるのですか?
 
Cobra:タキオンチェンバーはタキオンのエネルギーを地球の表面に浸透させてくれます。地球表面にタキオンのエネルギーは届かないようにブロックされています。タキオンのエネルギーの1つの側面は全ての物事を調和させてくれることにあります。タキオンチェンバーはこの地球の状況にタキオンのエネルギーを浸透させるので、地球の状況に対して巨大な調整器としての役割を果たしています。
 
Hoshino:最近、たくさんのライトワーカー達はプラズマスカラー波攻撃によって苦しめられています。どうやってそれらの攻撃に対抗したらいいですか?
 
Cobra:一番のおすすめは、自然のある場所に行く事です。何故なら自然にはスカラー波やプラズマのエネルギー場が少ないからです。

そして他の仲間達と連絡を取り合い、ネットワークに協力し合いこの厳しい状況を一緒に乗り越えて下さい。
 
Hoshino: 自然を見つけて木を実際に抱きしめる事はおすすめですか?
 
Cobra:はい
 
Hoshino:前回あなたは闇のベールが、光よりも早い速度で移動できるのをブロックしていると言っていましたよね。これはタキオンを基本にした推進システムがスカラー壁内によって上手く作動しない事の説明になります。少量の中性微子(ニュートリノ)が特別な検出措置を通り抜けるので単純に科学者は疑問を抱き続けているようです(科学者が考えるよりも極小の微子だと彼らは推測しているようです。)この不可思議な現象はベールの影響によるものですか?
 
Cobra:はい
 
Hoshino: もしくは他に何故、観測された中性微子が科学者が考えていた大きさよりも、とても小さいのか説明できますか?
Cobra:いいえ、先程説明して頂いたものでだいたいあっています。
 
Hoshino:最近ですが、Prepare for Changeのサイト記事より遠隔のスカラーヒーリングについて出ていました。これはご存知ですか?

Cobra:よく知りません。基本的にたくさんのヒーリングテクノロジーがあります。人々は自分の内なるガイダンスに従ってどれが一番自分に合うのか見つける必要があります。
 
prepareforchange.net
ここまでの翻訳:ria
 
Hoshino: 私達のブログの関係者のうち何人かはアストラル界(明晰夢)でツインフレームと良い出会いを持つことができました。しかしアルコンの妨害も深刻で、私達の接触を邪魔したり、うやむやにしてきます。
 
質問です。もし両方のツインフレームが物理界に生まれ変わったら、イベントの前でもお互いを夢の中で活性化することができますか?それとも完全な活性化のためにはイベント後に物理界でお互いが会う必要がありますか?
 
Cobra:夢の中ではイベントの前でも活性化プロセスを始めることができます。しかし、イベント後に物理的な接触を経ないと完全にはできません。
 
Hoshino: では、イベントの後に地球上のツインフレームに会えるということですね?
 
Cobra:これは個のプロセスなので、質問に対する答えも人それぞれとなります。
 
Hoshino: 事前に周波数のリストをお送りしております。平均的な地上の人間にとって、どの周波数が有益で、どの周波数が最悪か教えてください。そしてより良い周波数をいくつか選んでいただけますか?
 
[以下はインタビュー前にコブラに送られたリストです:
 
1.6181 Hz (黄金比周波数)
3.4 Hz
3.5 Hz
4.83 Hz
7.83 Hz (地球の基本周波数)
14.1 Hz
136.1 Hz
174 Hz
256 Hz
285 Hz
396 Hz
417 Hz
432 Hz
528 Hz
639 Hz
741 Hz
852 Hz
963 Hz
1056 Hz
2675 Hz
6390 Hz
8190 Hz
10,000 Hz
 
Cobra:それでは、いくつか興味深いものを挙げます。最初のものは黄金比周波数です(1.6181 Hz)。次に、地球の基本周波数 (7.83 Hz)。そしてよく知られている432 Hzです。これらは現在使用されている重要な周波数と言えます。
 
Hoshino: ほとんどのライトワーカーは432 Hzと同調するようです。この周波数には特別な意味や目的があります。
 
Cobra:それは調和の周波数です。録音においてはわざと他の有害な周波数に合わされました。最近では目覚めた人類がより自然な周波数 (432 Hz)に合わせようとする運動があります。それはより自然で、より人類と調和します。
 
Hoshino: 全く同意します、コブラ。WLMMブログではガイド付きの瞑想用のオーディオは全て 432 Hzに合わせようという方針を設けました。よって、私達がやっていることは、このプロセスを加速させることに繋がりますね。
 
528 Hzはいかがでしょう? これも良い周波数ですか?
 
Cobra:それも良いですが、 432 Hzの方が私の好みです。
 
Hoshino: 最後に、もう少し軽い話題です。Hoshino氏はイベント後にプレアデスに行ってのんびり休んでみたいです。どこかナイスなビーチがありましたら、教えてくれますか?
 
Cobra:はい、プレアデス星団の惑星の中には水が豊富な場所もあり、良いビーチや自然がありますよ。みんながとても気に入ると思います。
 
Hoshino: それらの惑星の天気はどのようなものですか?人間にとっても適していますか?
 
Cobra:ほとんどはそうです。全てではありませんが。よく晴れている空の惑星もあれば、緑がかった空の惑星もあります。いわゆる楽園と言える惑星もあります。
 
Hoshino: 重力についてはどうでしょうか?人間が適応できますか?
 
Cobra:多くの惑星が人間に適した重力を持っています。
 
Hoshino: 地球に似た空気の組成を持つ惑星 [プレアデス星団に]はありますか?
 
Cobra:はい、酸素と大気が適正な温度と状態で存在している惑星があります。人間もそこで生存できます。
 
Hoshino: 家庭用のレプリケーターはどのくらいのサイズなのでしょうか?オーブントースターくらいでしょうか?それとも食洗器や、それよりも大きな冷蔵庫くらいでしょうか?
 
Cobra:基本的には、冷蔵庫くらいのサイズです。小型のものは昔のテレビよりも少し小さいくらいの大きさです。電子レンジくらいです。
 
Hoshino: そのサイズ [電子レンジサイズ]のレプリケーターは食べ物を作る用途のみでしょうか?
 
Cobra:必要なものは何でも作れます。殆どは食品のために使用しますが、日常で必要となるものは全て作れます。
 
Hoshino: レプリケーター自体を複製できますか?大きなレプリケーターを使って小さなレプリケータ−を複製するとか。
 
Cobra:はい、もちろんです。
 
Hoshino: スターウォーズの大ファンのための質問です。ライトセイバーは実在するか教えていただけますか?
 
Cobra:はい、実在します。実は、そのテクノロジーは本当に存在するものです。
 
Hoshino: 光の勢力はそれを実戦に使用するのですか?闇の勢力と戦うために?
 
Cobra:それは武器ではありません。便利なレーザー切断用のツールとして使用します。
 
Hoshino: では、人を殺すことにも使えるということですか?
 
Cobra:誤った使用をすることは、もちろんできます。しかし、光の勢力はそれを使って材料を切ったりする為に使います。その方が便利ですし、建設的と言えるでしょう。
 
◇ 結びの言葉
 
Hoshino: 2017年の終わりに近づきましたが、ライトワーカーの皆様や私達になにかメッセージをいただけますか?
 
Cobra:人類の歴史にとって大事な時です。自らの使命を見つけることに専念してください。自らのミッションを見出し、実行し、可能な限りの光を定着させてください。何故なら光こそが世界に変化をもたらすからです。
 
Hoshino: 2018年はどのような年になるでしょう?
 
Cobra:誰にも分りません。私達は今重要な時期にいます。極限の状況です。極限の光と極限の闇が同時に起きています。混沌の時でもありますので、何が起きるか予測ができません。予測ができない時なので、光を定着させることが非常に重要となるのです。
 
Hoshino: 闇の勢力が状況に介入をしようとしても、私達は光の勢力と共にそれを乗り越えて、やり返して、より多くを達成できるでしょう。いかがでしょうか?
 
Cobra:はい。
 
Hoshino: 2018年にイベントが起こる可能性はどのくらいですか?
 
Cobra:私はそれについて推測や予測はいたしません。
 
Victory of the Light!
---------------------------------------------------------------------------------------------
12月23日㈯にWLMMのHoshinoがコブラへインタビューを行いました。WLMMにとって初めてのことです。集団瞑想や地球解放の状況について、最後に一般的な質問について多くのインタビューを行いました。この場を借りてインタビューに応じていただいたコブラに感謝を述べたいです。皆さんに楽しんでいただけると思います。このインタビューはスクリプトだけです。(音声はありません。)
 
働かなくてもいい社会を実現するには?」
翻訳:NOGI
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
∞ アクセス過多か、容量制限かで追記ができませんので、以下省略しました。(^_^;)>



 
posted by: Michi&Mirai | 働かなくてもいい社会を実現するには? | 11:30 | comments(0) | - | - |