Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
    mirai-michi (08/07)
  • RV/インテルジェンス アラート:「通貨」 (08/06)
      (08/07)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    mirai-michi (07/22)
  • スピリチュアル・ハイラーキーと ET(地球外知的生命体)からの メッセージ 5
    林成慧 (07/22)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/30)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/29)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    mirai (06/28)
  • マイク・クインシー (06/07) ハイアーセルフからのメッセージ
    taka (06/28)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アセンション予報 (06/10)
∞  今日、予備PCのインストール作業に時間を取られ、最新記事のUPができませんでした。(^_^;)

 

 

アセンション予報
2019年6月10日
 
9次元のアルクトゥル・カウンシル
”夏至のもたらすタイムラインの可能性”


みなさんは夜寝ている間にも、これらのタイムラインを探索しています
 
こんにちは。私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。あなたたちとつながれて、嬉しいです。
 
夏至を前にして、これから人類にもたらされるタイムラインの様々な可能性を眺めています。
 
みなさんは夜寝ている間にも、これらのタイムラインを探索しているんですよ。どのようなタイプのエネルギーが最も自分の役に立つか、眠っている間に探っているのです。
 
個人として、あなたがどのタイムラインを選ぼうと、その選択に従うバージョンの集合意識があります。今あるタイムラインの可能性の一つには、クリスタル化したエネルギーを受け取り、ライトボディを作り上げるものがあります。そうすることで、肉体の中にハイヤーセルフの意識をより多く保持することが出来るようになります。
 
別の可能性としては、人類のための大規模なETコンタクトが起きるタイムラインがあります。十分信頼あるソースから、情報がリリースされることになります。政府に対する見方や、現実そのものを変えてしまうような情報です。また、かつてこの惑星にETが存在した事実について、もはや否定できない物的証拠が見つかるタイムラインを考える人もいるでしょう。人類が恐竜時代に存在したという証拠も見つかります。
 
個人のそれぞれのタイムラインが、人類の集合の別バージョンです
 
こうした可能性は、あなたたちの顕在意識の前に並べられています。どのタイムラインから最も大きな恩恵を受けるのか、経験したい現実のバージョンはどれか、あなたたちが決定してください。
 
今、私たちがお話しした可能性が現実となるのは、時間の問題と言えます。けれども4次元の旅路を通じて、実際にその現実を作り出すのは、あなたたち自身なのです。
 
あなたは個人的に、これらを経験する順番を決めなくてはなりません。あなたは人類全体のために選ぶのではありません。なぜなら個人のそれぞれのタイムラインは、人類の集合の別バージョンだからです。
 
経験することになる可能性は、一つ以上あります。あなたたち全員が、望むタイムラインを意識的に選ぶのを見ることが出来たらうれしいです。あなたが何を選ぼうとも、夏至にはゆっくり時間をとってください。この惑星の何処にいようとも、心をオープンにして、呼びよせたエネルギーと、望む経験を受け取ってください。
 
メタフィジックス通信」 2019年6月15日

 
∞ PCのHDDが中古だったせいか、インストールに失敗しました。(-_-;) ハー ツカレタ


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 22:47 | comments(0) | - | - |
アセンション予報 (06/09)
∞ (^_^)/

 


 
アセンション予報
2019年6月9日
 
9次元のアルクトゥルス・カウンシル
”正しくあることと、心地よくあること”


意識の拡大を楽しむには、物事をあらゆる角度から眺めてください

こんにちは。私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。あなたたちとつながれて、うれしいです。
 
正しさという感覚や、正しくあることについて、あなたたちがどこまで行けるか興味を持っています。みなさんはイデオロギーや政党、ムーブメントなどに夢中になる時、実は自分に夢中になっています。このような現象には、常に気を付けていたいものです。
 
みなさんはマインドを拡大させたいと願いますが、マインドが意識につながる訳ではありません。あなたは拡大する意識そのものであって、マインドはその一部なのです。
 
拡大を楽しむためには、物事をあらゆる角度から眺め、特定の価値観や思考に執着しないことです。
 
向こう側の世界はどうなっているか知りたいと願いながら、自分と異なる見方を持つという理由で誰かを拒絶したくはないですよね。心をオープンに、その場に応じて対応してください。
 
あなたが正しいと思う考えに賛同しない人と議論する時間を減らしましょう
 
特定の価値観に縛られると、柔軟さを失います。思考や価値観に柔軟さを失えば、今ここの感覚に従って行動する能力にも制限をかけることになります。常にその時の自分の感覚を信頼したいと願うなら、思考に執着しないことです。
 
特定の価値観に固定されてしまえば、柔軟性を失います。思考や価値観に柔軟性を失えば、その瞬間の感覚に従って反応する能力も失うことになります。常に自分の感覚を信頼したいと願うなら、思考にこだわらないことです。出来る限り、マインドの中に閉じこもって暮らさないことをお勧めします。そして、あなたが正しいと思う考えに賛同しない人と議論する時間を減らしましょう。
 
自分を正しいと感じることは、一瞬、あなたを満足させます。自分が考えた通りだと考え続けるには、自分の価値を最優先にする必要があります。自分を最優先だと感じるから、自分の意見が正しいと思えるのです。
 
より大きな存在としての姿に目覚めていく人たちへ

そのようにして、あなたは自分の現実を作ります。あなたが正しくあろうとすればするほど、自分と異なる人の意見を否定し、拒絶する必要があります。その時、あなたは自分が感じる感覚に注意を払っていませんが、そのようにして経験したくない現実を作り出してしまうのです。誰かを責めることは、あなたの力を奪います。
 
私たちがお話ししているのは、みなさんと力を分かち合いたいからです。自分の見方にこだわるあまり、そもそも立場や意見を理解しない人と議論になるのもつまらないことです。あなたたちがこれからなっていく姿が、私たちには分かります。そのように、より大きな存在としての姿に目覚めていく人たちと、私たちはつながるのです。

私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。みなさんとつながれて楽しかったです。


∞  無理してまとめると、(^_^;)
 
自分は拡大する意識そのものであってマインドはその一部です。意識の拡大を楽しむためには、物事をあらゆる角度から眺め、自分の感覚を信頼して特定の価値観や思考に執着しないで、心をオープンに、その場に応じて柔軟に対応して、常に正しく、心地よくあることです。

つまり、「あるがままに」ということ?


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 18:37 | comments(0) | - | - |
アセンション予報2019
∞  非常に気になる記事です。(^_^)/

 

 
以下、「メタフィジックス通信」からの転載です。上の動画はこちらからご覧下さい。
 
昨年、バシャールがLAで行った「2027:ファーストコンタクトへの支点 2027 – Contact Fruclum」というセッションの中で、今後の予測について話していました。
 
■ 2050年までには、真のパラダイスが訪れる?
 
バシャールによれば、私たちの文明が他の文明とファーストコンタクトを行う可能性が最も高くなるのは、2025年から2033年の間です。この場合のファーストコンタクトは、どの程度の規模になるのか分かりませんが、政府機関から地球外文明についての公式アナウンスがあるという意味では、認めているも同然のようなニュースが最近よくありますから、ファーストコンタクトも遠くない気はします。
 
そして嬉しいことに、その後、順調に進めば、なんと2050年には、地球上に真のパラダイスが訪れる可能性があるとのこと。このセッションのタイトルにある2027という年は、パラダイスへの始まりのキックオフとなる年になるそうです。
 
■ 2019年 境界線を越えて、冒険の旅が始まる
 
さて2019年も、もう半分が過ぎようとしていますが、バシャールは今年をどのような年と眺めているのか気になりますよね。

バシャールは、2019年を「境界線を越える年 crossing a threshold」と呼んでいました。この表現は、ヒーローズジャーニーの中に出て来るものとして有名です。宇宙人である彼に、意図があったのかどうかは分かりませんけどね。
 
ヒーローズジャーニーとは、神話や物語に見られるストーリーの典型的な構造で、普通の世界にいた主人公が、冒険へと旅立ち、困難や挫折を乗り越え、成功するまでのプロセスをパターン化したものです。少年ジャンプで言えば、友情・努力・勝利みたいな、ヒーローものにありがちなパターンを思い浮かべてください。
 
 
ヒーローズジャーニー via: bazubu.com
 
物語によってバージョンは微妙に変わると思いますが、どのような場合でも、主人公が冒険の世界へと旅立つには、魂の呼び声に従い、それまでいた普通の世界から境界線を越えて行く必要があります。境界線を越えて、はじめて物語が本格化します。それ以前に起きたことは、いわば旅に出るまでの前説であって、桃太郎さんならキビ団子つくってもらってる段階です。
 
バシャールの発言に寄せて言えば、「2019年に境界線を越える」というのは、つまり、ここからようやく私たちのスピリチュアルの進化の旅路が本格化するということなんですね。
 
なおヒーローズジャーにについては、いろいろなサイトが説明していますが、私は次のサイトが簡単で分かりやすかったです。
 
では以下より、バシャールの説明を聞いてみましょう。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
■ 2019年に何が起きるの、バシャール?
 
やって来る2019年は、境界線を越える年になります。この年にみなさんが目撃するのは、多くのことが分解し、浮き沈み、拡散する様子です。より多くの平行現実が分岐し、さらなる二極化が進んでいくでしょう。
 
けれども、すべてのカードがテーブルの上に並んで、そこであなたは自分がどのような現実を望むのか決めることが出来ます。そしてそれは2020年につながっていきます。
 
2020年は非常に様々な理由から重要な年となりますので、いずれ詳しく述べるつもりですが、2020年のビジョンを象徴的に理解することができれば、今、自分が向かっている方向をはっきりと見ることができるだけでなく、2020年がやって来た時に、そこでどのようにヴィジョンを使うかをも理解することができます。
 
あなたが望む平行現実に分岐することは、実際には2020年に起こります。その年に、あなたは自分がどこからやって来たのかが明確になります。そこに至るまでに、どうしてその道をたどったのか、そこからどこへ進むのかについても理解するでしょう。
 
これについては、今後話していきます。シンクロニシティには注意を払うことをお勧めします。それをあなたの知恵袋に入れておけば、身の回りで何が起こっているかについて、より多くの洞察を得ることが出来るでしょう。そしてみなさんは、一瞬ごとに平行現実を選んでいるタイムトラベラーであることを覚えていてください。
 
喜びに従い、可能な限り情熱に従って行動し、何事にも自分の期待を押し付けず、現実があなたに見せてくれるもの、宇宙の創造があなたに見せてくれるものにポジティブな反応をしていけば、あなたは前にどんどん進みます。
 
そうやって2027年へと続く大いなる加速を経験してください。

----------------------------------------------------------------------------------------------
∞  この記事は去年、LAで行われたセッションです。現時点ではあくまでも「予測」ですから、確定ではないことをご承知下さい。
 
■ アセンションへのタイムスケジュール
 
・ 2019年、「境界線を越える年 crossing a threshold」
・ 2025年〜2033年、「地球文明が他の文明とファーストコンタクトを行う可能性が最も高くなる」
・ 2027年、「パラダイス開始のキックオフとなる年」
・ 2050年、「真のパラダイスが訪れる」
 
真のパラダイスの2050年まであと31年もありますから、年代によっては行けないかも知れませんが、2019年が‘境界を超える’年になれば、私たちはデープステート/カバールの支配から完全に解放され新時代に移行します。そしてその後の予測としてフルディスクロージャーが起きて、闇さん達に隠蔽されていたあらゆる先進技術の完全開示とそれまでプールされていた繁栄プロジェクト資金等が企業へ無償供与され、個人的には豊穣資金が配布されることになるでしょう。そうなれば多くのプロジェクトが動き出して世界的に社会基盤の再構築が始まり、生産、物流、交通、医療などの分野に於いて著しい発展が期待できます。そして世界中の貧困がなくなり、すべての病気も先進の治療法により完全に治癒できるでしょうし、それによって寿命が劇的に延びることも期待されます。さらには食料、住居も無料ですべての人々に行き渡るでしょう。そして多くの人がボランティア活動にいそしむようになるでしょう。(^_^)♪
 
「あなたが望む平行現実に分岐することは、実際には2020年に起こります。その年に、あなたは自分がどこからやって来たのかが明確になります。そこに至るまでに、どうしてその道をたどったのか、そこからどこへ進むのかについても理解するでしょう」
来年、2020年はすべての人にとって、自分の出自が明確になる、とても大事な年になるようですから、それを踏まえて無数に存在する平行現実の中から自分のもっとも望む平行現実に確実にジャンプできるようにしましょう!
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 19:07 | comments(0) | - | - |
アウェイクニングって、何から目覚めるの?(06/19)
∞  メタさんが、多分、この時期に皆さんの知りたいことであろう記事を翻訳されました。(^_^)♪

 


 
アウェイクニングって、何から目覚めるの?
2019年6月19日
 

たとえば音楽でも、洋楽ってやたらジャンルが詳細だったりしますけど、海外インターネット掲示板レディットも、ありとあらゆるカルチャーが細かい住み分けで存在します。マインドフルネス板と瞑想板、UFO板と宇宙人板など、日本なら同じカテゴリになりそうですけど、海外ではそれぞれ別なんですよ。
 
そんな中、目覚めた人たちが集まるアウェイクン板なるものがあります。現実の見方や意識を変え、よりクリアに目覚めていくことにフォーカスしたカテゴリです。
 
でも目覚めるって、何なの?
 
そんな人向けにFAQ(よく聞かれる質問)コーナーがありました。
 
アウェイクニングとは何ですか。
 
「アウェイクニングとは、自分と現実との関係性における基本的な考え方が変化すること。アウェイクニングにおいて、価値観とは守るものではなく、超えていくためのものである。それは現実というものの性質に対する理解をより深めていくプロセスであり、盲目的な信仰とは対照的なものである」
 
アウェイクニング板はマインドフルネス寄りなんですけど、スピリチュアル界全体に共通する定義だと、「世俗的な古い価値観に縛られた自分から、人間の経験をしているスピリットとしての真実に目覚めること」だと言えます。あれ、なんかこれって、違くない?って思うような、そんな感じのことです。
 
悟りとは何ですか。アウェイクニングとはどう違いますか。
 
「悟りには非常に様々な定義がある。確かなのは、悟りという感覚には、物事がクリアに見え、解放される感覚と関連して話されるということ。悟りの道とは非常に個人的なものであり、正直に自分を見つめ、熟考することで推し進められる」
 
悟りの定義が間違ってると怒る人がたまにいるんですけど、経験上、みんな言ってることが微妙に違うんですよ。誰が正しいって言うよりも、相当パーソナルなものなのかも知れません。
 
アウェイクニングや悟りは、人生に役立ちますか。
 
「イエスともノーとも言える。アウェイクニングとは、伝統的には苦しみの軽減につながるとされるが、一方、そのようなマインドの解放から恩恵を得られるとも限らない。世界の中でうまく立ち回るためのツールが欲しいなら、自己啓発かオカルトをやるべきだ」
 
目覚めたはいいけど、社会生活が送りづらくなったという話はよくありますよね。そこがゴールになる人もいれば、通過点になる人もいて、すべては自分の選択です。
 
沢山のティーチャーがいますが、誰がいいですか。
 
「最も大事なのは、自分のハートだ。マーケットは沢山の教えで溢れているが、そこから自分に合うものを選べるのは自分しかいない。共鳴する教えがあるなら、真実だと思える部分だけを受け取り、それ以外は見捨てても構わない。また、時期によって共鳴するものも異なるし、受け取る教えも異なる。誰から何を受け取るかも、決めるのは自分次第だ」
 
人間に限らず、動物や植物たちも偉大なティーチャーです。いかにオープンになるかも自分次第です。
 
悟りを得るためにティーチャーやグルは必要ですか
 
「必ずしも必要なわけではない。心をオープンにしていれば、どんな状況からでも気付きを得ることは可能であるが、それを得るサポートをしてくれるのがティーチャーだ。腕のいいティーチャーは、得た気付きをより深めてくれる。腕の悪いティーチャーに限って、一つの考えに固執させる。いずれにしても、ワークは自分の中のみで行われるものだ」
 
人はどんな状況の、何からでも、役に立つことを学べてしまうんですね。
 
現実世界とどうやって折り合いをつければいいですか
 
「アウェイクニングの目的は、常に今いる場所を超えていく、または現実に対する理解を深めていくこと。天なるものは、地上にもなるという言葉があるように、現実世界との関わりを無視してスピリチュアルを考えることは出来ない」
 
スピリチュアルが現実と関わらなければ苦労も少ないですけど、面白みも欠けてしまうように思います。
 
エゴとは何ですか
 
「エゴとは、マインドの働きで、個性、引いては分離を生み出す部分であり、コントロールや物質的欲望を必要とする考え。それは育った環境の条件付けによって形作られるものであり、物質的世界で生きるためには役立つが、あらゆる体験をポジティブ/ネガティブに二分してしまうことが様々な問題にもつながる。ただし本来的な性質としては良いものでも悪いものでなく、それは私たちによってコントロール可能なものだ」
 
エゴは、英語でイーゴーです。囲碁と間違えそうですね。
 
愛とは何ですか
 
「愛については、条件付きのものと、無条件のものを分けて考えるべきである。通常、愛と言う言葉は前者の文脈で使われ、好きだと感じるには何らかの理由がある。無条件の愛とは、それとは違って、むしろ受容という感覚に近い。条件もなければ、執着もない。そこに存在することをただ認める感覚である」
 
この文脈で言えば、セルフラブについても、自分大好きっていうよりは、ここにいていいんだっていう感覚に近いんですね。
 
苦しみとは何ですか
 
「苦しみとは、痛み、不快、困難が進行している状態。たとえば切り傷が痛むのと、その痛みにどう反応するかはまた別のものである。苦しみとは、痛みそれ自体と、その痛みにどう反応するかによって定義されるストーリーだ。現実をあるがままに受け入れことを拒否し、違うストーリーを作り出そうとすることから生まれる」
 
自分が考えた苦しいストーリーに捕らわれると、苦しみが続いちゃうんですね。そんなストーリーは打ち切りにしたいです。続編も無しで。
 
人生の意味は何ですか
 
「アウェイクニングの道では、かつて自分にとって重要だったものが、ある時、突然意味を失う経験を多くする。つまり意味とは自分が作り出すものに過ぎず、人生の意味についても答えが既にあることではない。人生で何に意味を見出すかによって、答えは変わる」
 
バシャールもすべてはニュートラルであって、意味は自分で作るものだって言います。
 
アウェイクニングの妨げになるものは何ですか
 
「特定の教義への頑固な固執や、スピリチュアルの自主権を放棄すること。ワークは常に自分の内側にのみある」
 
自分の意見にこだわり過ぎると、壁を沢山立てるのと同じになってしまいます。見えない。
 
アウェイクニングの道のりで無感覚に陥ったり、魂の闇夜を経験するのは普通ですか。
 
「深い経験と空しさの間を振り子のように行き来するのは、至極ノーマルなことだ。しかし誰もが闇から生還する訳でも、それを望む訳でもない。とは言え、夜明けは必ずやって来る」
 
闇は夜明け前に最も深まるって言いますけど、昔、新聞配達をしてた時に、それは本当だと毎晩思いました。
 
1111や333、777などの数字をよく目撃しますが、どんな意味がありますか。
 
「宇宙が語り掛けているのかも知れないし、単なる思い込みかも知れない。その意味は自分で決めるものだ」
 
シンクロニシティも、自分の使い方次第です。
 
どうやって世界を変えたらいいですか。
 
「まず自分を変えることから始めよう。なぜなら君は、(君がそれを受け入れようと受け入れなかろうと)この世界の一部だからだ。自分を助けることが出来ないうちは、世界を助ける準備もまだ出来ていない」
 
いいこと言いますね。
 

∞ (-_-) フムフム
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 19:17 | comments(0) | - | - |
アセンション予報 (06/03) 6月のエネルギー
∞  6月は5月前半より強力な光エネルギーが入来してくるらしい。(^_^)♪

 


 
アセンション予報
2019年6月3日
 
月のエネルギー


アセンション周波数のアチューンメントは、すべてに影響を与えます
 
ナマステ―。6月のエネルギー予報へようこそ。ウィズダムティーチャーのシュリ・ラム・カーと、エンジェリックオラクルのキアラ・ラーです。今月は非常に重要な月になります。なぜなら5月に開いたポータルのエネルギーの中心へと、今月、私たちは向かうからです。ウェーブのようにやって来るアセンションのエネルギーは、6月にはさらに強調されます。今年全体の中でも今月が特別であるのは、全体を通してアセンション周波数のアチューンメントが起きるからです。このアセンション周波数へのシフトは、例外なく、すべてに影響を与えます。そのように大きな影響を与えるために、今月のエネルギーはやって来ると言えます。
 
今月のエネルギーは、既に5月22日には始まっていて、やがて6月22日に最高潮を迎えます。私たちは、素晴らしいタイミングを前にしているのです。
 
リネージホルダー(いにしえの伝統を受け継ぐ人たち)の目覚め
 
※リネージホルダーについては文末の「メタフィジックス通信」さんの解説をお読み下さい。
 
リネージホルダーたちは、これまで身を覆っていたヴェールが希薄化し、そこから一歩前に踏み出すことを選びつつあります。本当の自分を明らかにしていく道のりは、本当に生きたいと願った人生を生きる道のりでもあります。
 
5月22日に始まったエネルギーの波は、リネージホルダーたちを呼び覚まします。先月22日に起きたことを振り返ってみてください。このエネルギーウェーブは6月22日まで続き、私たちを覆うヴェールを剥ぎ取っていきます。それは、セルフラブを通じて経験されます。
 
と言うのも、これはリネージホルダー自らがヴェールを剥ぐプロセスなのです。彼らは、家族の中での厄介者だったり、仲間が見つからなかったりという経験があり、通常は自分を隠していることが多いのです。
 
「私は、私になる。」心からそう言えるチャンスが、この6月にやって来ます。あなたの真実を身にまとってください。宇宙はそれをサポートします。
 
私はリネージホルダーかしらと考える人もいるでしょう。もしあなたが人生に調和をもたらすために様々な努力を重ねてきたい、感情的なトラウマを抱えて苦労をしてきたなら、リネ―ジホルダーである可能性があります。
 
永遠の記憶が蘇る
 
あなたが何かを隠しているなら、それは自分の本質に嘘をついているということです。私たちが自分自身や、経験していることに嘘をつくとき、密度のエネルギーやカオスを活性化させることになります。何事も隠さず、ただ、あるがままでいることによって、そこから解放されます。6月を大いなる解放のチャンスにするには、あなたがあなた自身にイエスと言えるかどうかにかかっています。
 
5月22日に、私たちはマスターたちからこのようなメッセージを受け取りました。
 
「あなたちと初めてつながる日であり、永遠の記憶が蘇る日となります。これからあなたたちは30日間続くシフトの期間に入り、6月22日の夜明けをもって完成します。この日を祝ってください。あなたがこのメッセージを聞いていることを祝ってください。」
 
喜びのポータルが、あなたのアセンションを加速させる時、外側の世界で起きていることは、すべて幻想であると感じさせてくれます。2019年には、アセンションのためのユニークな瞬間がいくつもやって来て、それが2020年につながっていきます。私たちは、未来へとジャンプするエネルギーを受け取っているようなものなのです。未来への思いを集め、現在に呼び寄せてください。そうすることで、あなたの中心がぐらつくのを防ぐことが出来ます。
 
6月は様々な強度のエネルギーが混ざり合いますから、ぐらつく瞬間も多くなります。だからこそ、大いなる悟りのチャンスも多くなるのです。
 
宇宙のサポートをより感じたいなら、コンスタントな貢献、気付きへのフォーカス、完全な信頼が必要です。リラックスして、リネージホルダーとしての自分を楽しんでください。あなたを覆うヴェールを取り去り、アセンション周波数へのアチューンメントを受け取ってください。神聖な気づきにつながる豊かな経験が、今月のあなたを待っています。

----------------------------------------------------------------------------------------------

以下、メタフィジックス通信さんの解説です。
 
リネージホルダーとは、詳しくはこれから明らかになるようですが、マスターの道にいる人のことみたいです。リネージホルダーは、今回の転生でアセンションしたマスターとなるために、これまで多くの過去世で経験を積んできていると言われます。苦労の多い人生で、全然嬉しくなんかないけど、どこかでそれを望んでいた自分もいる気がする。そんなふうに感じる人は、だいたいそうです。
 
そんないい加減なと思うかも知れませんが、スピリチュアルの気付きってそういうものなんですよ。
 
今日、ウーバーに乗った時、運転手さんと、ちょうどこんな会話をしました。
 
ドライバー「調子はどう?」
 
メタ「不満はないよ」
 
ドラ「それって、いい言葉だよね。僕もよく使う。たまに不満を言いそうになる自分もいるけど、そこにエネルギーを投資するのは時間の無駄だから、気を付けてるんだ」
 
メタ「どうして私たちの中には、いくつもの自分がいるんだと思う?それぞれ意見がバラバラなことがあるじゃない?」
 
ドラ「それはね、進化だよ」
 
メタ「え?」
 
ドラ「進化の過程で、僕らは新しい自分を築いたり、知らなかった一面を開くだろ?その時、古くなって要らないものを抱えてると、まるで自分がいくつもの部分から出来ているように感じるんだ」
 
メタ「古くても要るものもあるよね」
 
ドラ「あるね。時間は関係ないんだ。直線じゃないから」
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
よろけながら、バランスを崩す原因を探しつつ、手放しつつ、なりたい自分の未来に向かって進みながら、今の中に未来を創ります。最高の6月にしましょう。
 

∞  「今月のエネルギーは、既に5月22日には始まっていて、やがて6月22日に最高潮を迎えます。私たちは、素晴らしいタイミングを前にしている」
 
6月のエネルギーは2019年全体の中で非常に重要なエネルギーになるようです。その理由は‘全体を通してアセンション周波数のアチューンメントが起きる’からです。
 
「アチューンメント」とは、人がヒーリングなどの高次元エネルギーを使えるようにするためにその「エネルギーの通り道を開く」ことです。また、神や天使といった高次元の存在と同調し、彼らからのサポートを受けやすくする「コネを築く」意味合いもあります。従って、このアセンション周波数へのシフト(同調)は、例外なく、すべてに影響を与える事になるようです。
 
「5月22日に始まったエネルギーの波は、リネージホルダーたちを呼び覚まします。先月22日に起きたことを振り返ってみてください。このエネルギーウェーブは6月22日まで続き、私たちを覆うヴェールを剥ぎ取っていきます。それは、セルフラブを通じて経験されます」
 
6月のエネルギーはリネージホルダー(いにしえの伝統を受け継ぐ人たち)にとって重要なエネルギーで、自らがヴェールを剥ぐプロセスですから、もし皆さんがリネージホルダーであれば、「私は、私になる」と心からそう言えるチャンスになります。
 
もし、リネージホルダーがアセンションの第一陣の人達であれば。彼等は後に続く人達の道標の役割を果たすことになります。
 
「6月は様々な強度のエネルギーが混ざり合いますから、ぐらつく瞬間も多くなります。だからこそ、大いなる悟りのチャンスも多くなるのです」
 
そういえば5月前半に入来した光エネルギーも、私の顔面を「バシバシ」と叩くような強いエネルギーでしたが、もしも6月のエネルギーがそれ以上だとしたら、その強力なエネルギーにぶん殴られるかも知れません・・・(^_^;)>
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 19:37 | comments(0) | - | - |
エックハルト・トールが語る (05/24) ”宇宙の目的と私たち”
∞  宇宙の目的についてのお話です。(^_^)

 


 
エックハルト・トールが語る 
2019年5月24日
 
”宇宙の目的と私たち”


宇宙の目的を満たすためには、二つの要素が必要です

宇宙の目的は、この次元にやって来た意識を目覚めさせることです。それは神聖な目的です。

その神聖な目的を果たすためには、二つの要素が必要になります。一つは、宇宙が創造によって輝くこと。クリエイティビティによって輝くことです。どうやってそれが分かるかって?この惑星を見渡してください。海に大地に空に、何百万もの生命があります。宇宙は、このように多様な創造物によって輝いています。それらの生命を通じて、宇宙は自身を経験しているのです。

ひとつの大きな生命が、無数の生命を通して、自分自身を経験しているのです。宇宙とは、成長する複合体です。様々な形態を経験することによって、宇宙は進化し複雑さを増します。1000年前の人類にくらべたら、私たちの生活は何倍も複雑になっていますね。

けれども同時に、宇宙は自分のソースをより深く知りたいと願いました。ソースのレベルでの深い自己実現を願ったのです。それが神聖な目的を果たすための、もう一つの要素になります。

宇宙が目的の一部として、あなたはここに来ています

私たちが自分自身の内面を覗き込んだ時、そこには自分を表現したいという、いわば内側から外へ向かう動きもあれば、自分に深く入り、自分のエッセンスを経験したいという、外側から内へ向かう動きもあります。

私たちは、人生で何かを成し遂げたいという願いを持つ一方、ただ存在し、存在することを経験したいという願いもあります。何かになろうとする必要もなく、すでにここにある自分自身をフルに経験したいという願いです。

このように私たちは、相反する二つの動きを内包します。内側から外へ向かう動きが大きい人もいれば、外側から内へ向かう動きが大きい人もいます。どちらか一方のみを重視する教えもありますが、両方の動きがあって、宇宙はあなたを通じて創造を行います。ストレスを感じたり、バランスを失う時、あなたは自分を失っています。あなたの内なるひとつなるものと、無条件につながっていないのです。

ただ「在ること」に惹かれ、何かを「すること」にさほど興味が向かない人たちもいます。「すること」に強い願いを感じないのです。たとえばガーデニングとかクッキングなど、ささやかなことをしながら、ただ在ることを楽しみ、それによって彼らは世界に貢献しています。

一方、「すること」に、より強く惹かれる人たちがいます。たとえば大きなプロジェクトを成し遂げることに強い願いを感じる人たちです。気を付けるべき点として、自分のしていることに捕らわれると、他のことを軽んじて考える傾向があります。自分のしていることに深刻になり過ぎてしまうと、ハッピーにはなれないのです。

宇宙の目的とは、形あるものの創造と、形のないエッセンスの認識の両方を通じて、自身を知ることです。それが宇宙の神聖な目的であり、あなたはその一部としてここに来ています。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------

以下、‘’メタフィジックス通信‘’さんの解説です。
 
スピリチュアルの世界で宇宙/神はなぜ存在し、その目的は何かという話をする時、神話的な見方と、エネルギー的な見方の二種類が出来ます。
 
神話的宇宙論では、神は人格や姿を持ち、悪を裁き、愛や恵みを与える存在として描かれます。神の意図は人知を超えたものであり、天上の存在である神に近いほど”偉く”、遠ざかるほど”偉くない”というヒエラルキーが発生します。この考え方は、世界中の多くの宗教や民間信仰の中に見られます。

一方、エネルギー的宇宙論では、宇宙の原初は振動するエネルギーであり、私たちも自分の中にそのエネルギーを分け持つと考えます。マクロとミクロは相似形で、宇宙の中に私たちがいると共に、宇宙とは私たち自身であり、すべてはひとつです。この考え方はワンネスにつながるものですが、本質的な善悪もなく、ヒエラルキーもないという捉え方が、そうでない見方に慣れた私たちにとっては非常に分かりにくい部分もあります。

これらは同じものの別の見方だと言えるんですけどね。

宇宙はなぜ存在するかについて、神話的宇宙論では「神が自身を経験するため」「神があらゆる可能性を知るため」という言い方をすることがあります。昨日のエリックの話にも出てきましたね。擬人化した神を考えた時に分かりやすい表現ですが、ちょっと神が自分勝手ぽく見える気もします。

エネルギー的宇宙論において、神とは宇宙を作ったエネルギーそのものです。それは光であり愛であり、生命と創造の源であって、その本来の性質から無限に拡大する傾向を持ちます。たとえば光は、あらゆる影を照らして広がりますよね。ソースのエネルギーも、それと似ています。

その拡大を、「知る」という言葉で表すこともできます。世界を知るとは、ブラインドスポット、つまり認識が届かない部分を減らし、智慧の光を広げることでもあるからです。

進化とは、愛と光を滞りなく、隅々までフロウさせていくことです。それはカルマを浄化するということでもあります。
エックハルトの説く宇宙の神聖な目的、つまり創造と自己実現を通じて自分を知ることは、まるで心臓の鼓動や呼吸のように、外向きと内向きのフロウを繰り返します。

私たちも宇宙も、その動きを通じて、どこまでも成長し拡大していく生命体なのです。
 
 
メタフィジックス通信」 2019年5月24日
 

∞  「この惑星を見渡してください。海に大地に空に、何百万もの生命があります。宇宙は、このように多様な創造物によって輝いています。それらの生命を通じて、宇宙は自身を経験しているのです」

エックハルトさんが言っていることは、この宇宙の創造主は自分が何者なのかを知りたいが為に自身の分霊を暗黒の宇宙放ち、その分霊達がさらに、さらに・・分霊を続け、この宇宙の森羅万象を創造し続け、そしてそれらの経験を宇宙自身の体験としてし続けているということです。

この宇宙に存在するあらゆるもの、それらは無機物、有機物に限らず、すべて意識あるものであり、人、動物、植物、菌類他のあらゆる形態の多種多様な生命体として、また岩石として、海として、惑星として、太陽としてそれぞれの意識体が「それ」としての体験をし続けているのです。

「ひとつの大きな生命が、無数の生命を通して、自分自身を経験しているのです。宇宙とは、成長する複合体です。様々な形態を経験することによって、宇宙は進化し複雑さを増します」

創造主(宇宙意識)は進化の為に宇宙を拡大し続けますが、進化の頂点に達したと自覚したときに、宇宙のすべての活動を終わりにして休眠状態に入り、得られたあらゆる経験を検証し考察する作業に入ります。そして、あるときに再び目覚めて、前宇宙より一段と進化し複雑さを増した新しい宇宙として誕生して、さらなる「新たな体験」を続けていくのです。その繰り返しは永遠に続くとされています。

「宇宙の目的とは、形あるものの創造と、形のないエッセンスの認識の両方を通じて、自身を知ることです。それが宇宙の神聖な目的であり、あなたはその一部としてここに来ています」

宇宙の目的は宇宙自身を知ることで、自分が何者なのかを自分に理解させるには、まずは「自分がやれるすべてのことをやってトライ」なのです。それを本気でやっているのが、この宇宙のすべての営みであり森羅万象なのです。

因みに、皆さんはこの宇宙以外に別な宇宙が存在すると思いますか?つまり、この宇宙以外の宇宙意識が創造している別宇宙が存在するのかどうかと言うことですが・・・

私達は観測し、思考しうる範囲でしか宇宙を考えることしかできません。でも、近い将来において光の銀河連合のような高次生命体とのコンタクトが実現したときには、彼等の宇宙論を聞いてみたいものです。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 08:36 | comments(0) | - | - |
エリック君が語る (05/23) ”人生の意味と進化について”
∞  人生とは? (^_^)♪

 


 
エリック君が語る
2019年5月23日
 
”人生の意味と進化について”


登場人物
母: この番組のMC。エリックのお母さん。
エリック: アストラル界の住人。

人生の意味?答えはシンプルだよ
 
母: 今日は人生の意味について聞きたいんだ。大きいテーマだと思うけど。
 
エリック: でも、答えはすごくシンプルだよ。
 
母: 何だろう?
 
エリック: 人生の意味を説明するには、たった一語で足りる。リサーチだ。
 
母: え?リサーチ?エリックなら、愛って言うかと思った。
 
エリック: もちろん、それも人生の価値を作る重要な材料の一つだよ。でもリサーチって言ったのは、僕らを作っているエネルギーは科学的な実験みたいなものだからだ。科学と創造主は同じとも言える。人生は創造主のリサーチだ。
 
母: 神さまは科学者で、私たちを実験に使ってるってこと?
 
エリック: もちろん神は科学者だ。神はすべてだからね。科学者たちが思いつくあらゆる素晴らしいセオリーは、宇宙のオーケストラによるものだ。
 
母: 科学者がチャネリングしてるの?
 
エリック: チャネリングとも言えるし、頭にプラグが刺さってるとも言える。あとはソウルコントラクトが関係している。人生っていうのは、僕たち以上のものなんだよ。僕らが主役なわけじゃない。魂には、始まりも終わりもない。僕らは死なない。まあ、僕がいい証拠だけど。僕らという存在は、無から作られたり、終わったりするものじゃない。ひと続きなんだ。
 
母: 時間は直線的じゃないってことね。
 
エリック: 胚が細胞分裂を繰り返し、やがては僕らが生まれる。その生命のエネルギーと、世界を作った創造のエネルギーは同じものだ。だからこそ、創造のエネルギーは僕らの中にも存在する。僕らはみんな奇跡的な存在なんだ。
 
母: それと人生の意味って、どう関係があるの?
 
エリック: 創造主のリサーチっていうのは、トライ&エラーを繰り返して、よりよい結果を出すってこと。
 
母: 私たち、実験用ラットとして生きてるの?悲惨ね(笑)。
 
エリック: そうじゃないよ。トライ&エラーは、集合の成長のためでもあるし、個人の成長のためでもある。リサーチや実験って言っても、僕らが機械みたいに使われているとか、そういうことじゃない。僕らを創造したのは、愛に満ちた存在だ。この話を人間が理解するのは、難しいんだけどね。さっきママが言ってたように、人生の目的のひとつは愛だ。愛は僕らを成長させる。純粋で嘘のない本当の愛はね。
 
母: 条件付きの愛じゃないってことね。
 
エリック: うん。

進化するってことは、愛のキャパシティが増えるってこと
 
エリック: 最終的に本当に大事なのは…僕も向こう側に渡って感じたことだけど、やっぱり愛なんだよ。
 
母: 愛は創造主と同じエネルギー?
 
エリック: そうだよ。
 
母: すべては愛で出来てる?
 
エリック: うん。
 
母: このピンも?
 
エリック: どっちかって言うと、生命のあるもの、有機的なものを愛と考えた方が分かりやすいけどね。
 
母: まあね。
 
エリック: 創造主の実験の目的は、進化だ。僕らが別の何かになるってことじゃなくて、僕らの在り方が進化する。そのために。
 
母: 昔、エリックが「僕らがここに来るのは、僕らが愛であると思い出すためだ」って言ってたよね。それからもう一つ、「愛することを思い出すためだ」とも。それと進化って関係があるの?
 
エリック: 進化っていうのは、愛を感じ、愛を与えるキャパシティが増えるってこと。
 
母: すごいね。

エリック: 人生の意味って、実に大きなテーマだけど、まず伝えたいのは、誰もが絶対的に愛されてるとみんなに知ってほしいってこと。僕たちから見れば、すべては愛だ。僕らは、まるでチョコレートとキャンディーで溢れる大地に暮らしてるようなものだよ。ハッピーで、愛と喜びがいっぱいでね。
 
母: キャンディーはシュガーフリーでお願いしたいわ(笑)。世界には愛と恐れがあって、でもその二つは相反する価値じゃなくて、すべては光のスペクトラム、愛のグラデーションってことだよね。
 
エリック: うん。
 

∞  「人生は創造主のリサーチだ」
 
エリック君 言ってくれますね! <(^_^)> マァ- ソンナモンカナー
 
プレアデス教義によると、この宇宙開闢の創世記に創造主は「自分は何者なのか!」を知りたいと強く思ったようです。そして自分が何者なのかを知るために創造主自身の分霊を複数の探査プローブとして真っ暗な宇宙に放ちました。宇宙に放たれた分霊はさらに分霊を繰り返しつつまた多次元的に多種多様の多くの生命体及び意識体となってより多くの情報を集めるようになりました。その一つの表れがこの3次元宇宙に住む私達人間で、その任務は自分の一生を通じての様々な精神的肉体的体験のリサーチデータを転生サイクルを通して蓄積し続ける事です。同様に宇宙のあらゆる生命体あるいは意識あるもののすべてがこの宇宙全域で創造主のためにリサーチ活動しているということになります。
 
「神は科学者だ」
 
創造主は自分が何者なのかを探求をし続ける科学者であり、悠久の時を経て私達を含めすべての探査プローブが創造主の元に帰還するまでは探求し続けます。そして永劫の時を経て回帰するのです。もちろん私達も科学者であり、またそれぞれが創造の能力を持つ創造主であり、イエスでも釈迦でもあるのです。
 
「・・魂には、始まりも終わりもない。僕らは死なない。まあ、僕がいい証拠だけど。僕らという存在は、無から作られたり、終わったりするものじゃない。ひと続きなんだ」
 
肉体は魂の乗り物であり、それが古くなれば(肉体死で)降りて霊界に戻り、次の転生で国籍に関係なく人間界の自分という魂に縁やゆかりのある夫婦、あるいは無関係の夫婦の子供として誕生し、新しい肉体(乗物)を得て新たな探求人生を始めるという霊界の転生システムがありますが、ETさん達からのメッセージによるとこのシステムは私達の今生のアセンションプロセスの成就をもって終了するようです。その後私達は4次元以上の世界でのリサーチを続けることになると思われますが、しかし3次元仮想現実2極世界で引き続きの探索を希望する魂は、地球以外の他の星系の地球同様の惑星へ移動して残りの余生を送るか、もしくは惑星の転生システム組み込まれるかにするでしょう。
 
「創造主のリサーチっていうのは、トライ&エラーを繰り返して、よりよい結果を出すってこと」
 
自分の一生において‘集合の成長のためでもあるし、個人の成長のためでもあるトライ&エラー’を繰り返し、魂としての良き学びを得ること、それが創造主のリサーチになります。
 
「創造主の実験の目的は、進化だ。僕らが別の何かになるってことじゃなくて、僕らの在り方が進化する」
 
永劫の時を経て創造主が自分は何者なのかを集大成するときが来れば宇宙はすべての活動を停止して休眠に入り、リサーチしたものすべてを学習した後、一段と進化した創造主として、さらなる成長を目指して新しい宇宙を作るという一連の宇宙進化の流れがあるようです。

 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 10:57 | comments(0) | - | - |
アセンション予報 (05/02) 5月のエネルギー
∞ 気になる記事です。是非お読み下さい。(^_^)♪
 
 


 


アセンション予報
2019年5月2日
 
5月のエネルギー


コアの中へ
 
さて、2019年5月には、人類すべてがコアのエネルギーに入ります。入りたいかどうかについて、本人の意思は関係ありません。エネルギーの方から、私たちの元へやって来るからです。

2019年、最初の4か月は、今年のエネルギーを定着させるための役割を果たしました。今月は、翌6月にやって来る巨大なアセンションエネルギーと、そこから始まる次のサイクルに向けた準備期間となります。
 
今月、あなたは感情的にもスピリチュアル的にも、これまでの人生にないほど大きなチャレンジを経験するかも知れませんし、それが推進力となり、今後のための大きな財産を作り出すかも知れません。いずれにしても、あなたはここから立ち上がり、6月のアセンションへと突き進んでいきます。恐れる必要はありません。私たちはみんなここを通り抜けて、より大きなアセンションエネルギーへ突入するからです。
 
スピリチュアルな旅路では、残存するシャドウを洗い流すために乱気流を使うのは、よくあることです。そこを越えるからこそ、「私はできる」という自信にもつながるのです。
 
さて改めて5月のエネルギーテーマは、「コアの中へ」です。コアのエネルギーとは、あなたの中心。あなたが誰であるかのエッセンスそのものです。IKIGAI(※)という言葉を思い出して下さい。IKIGAIを感じる瞬間、あなたは情熱と共に生きています。朝、目が覚めて、これが私であり、これが私のやりたいことだと自然と思える時、それがIKIGAIです。IKIGAIとは、あなたの情熱、コアのエネルギーそのものなのです。
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
IKIGAI 
 
日本人が世界に誇る日本語 それがIKIGAI
 
スシ、パンコ、イナリ、ベントーなどに続いて、IKIGAIも英語になりつつあるようです。
 
IKIGAIとは
 
「生きがい」という言葉は、日本人にとっては極めてなじみ深いものであり、定義を考えることすらしませんが、どうも西洋では、ジャパニーズ哲学のような形で考えられているフシがあるようです。
 
西洋の目で見るIKIGAIとは、このような感じになります。
 

 

これを日本語にすると、こうなります。
 

 
つまりIKIGAIとは、「好きなこと」「得意なこと」「世間から必要とされること」「お金をもらえること」の4つの要素が、バランスよく配合されたときに生まれるもののようです。
 
この図を見ると「好きなこと」+「得意なこと」は情熱になりますが、世間から必要とされて、しかもお金をもらえることで、IKIGAIに変身します。
 
同様に「好きなこと」+「世間から必要とされること」でミッションになりますが、得意でなかったり、お金にならないと、IKIGAIではないんだそうです。
 
これは、ライフパーパスとは違うのか?
 
同じだろと思うじゃないですか。でも微妙に違うんだそうです。

IKIGAIには、いくつかの必須の条件があり、それは単に西洋で言う「自分の情熱に従え」という考えとは異なります。IKIGAIの特徴には、以下のようなものがあります。
 
・ IKIGAIは、チャレンジング: マスターの道や成長につながる
・ KIGAIは、ユア・チョイス: 自分の自由意志で追及する
・ IKIGAIは、時間と信念が必要: 特定の目的、スキル、人々のコミットメントが必要になる
・ IKIGAIは、健康を増進する: エネルギーを奪うものではなく、それが自分のエネルギーとなり、健康をもたらす
 
metaphysicstsushin.tokyo/2018/02/26/日本人が世界に誇る日本語%e3%80%80それがikigai/
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
魂の闇夜は3度起きる
 
出来事が加速しているのは、この領域に多次元のエネルギーが流入しているからです。私たちが今、新しい旅路のチャプターを開いたのと同様、みなさんの中にも同じ経験をしている人がいるかもしれません。より大きなアセンションエネルギーに向かって上昇しているなら、魂の闇夜を経験するのも、ごく自然なことです。
 
時に私たちは人間として、希望を見失うような経験をしますが、魂の闇夜には、まるで自分のコアからも切り離されたように感じます。進むべき道が分からない、もしくはずいぶん遠くまで来たと思ったのに逆戻りをするかのように思える時です。もちろん、そうではありません。これはマスターへの道を試される経験であり、ブレイクスルーの前に起きるサインなのです。
 
現在、起こっている魂の闇夜は、ダーク・ダーカー・ダーケストと、比較の変化活用のように三段階で闇が深まります。最初の闇夜では、通常、感情的に揺さぶられる経験をします。より深まった闇夜では、揺さぶられた感情の奥にさらに深く入ってきます。最も深い闇夜に入ると、残存するエゴが浄化のために否応なく引き出される経験をします。
 
スピリチュアルの旅路は誰にとっても特別で、浄化する必要のあるものも人によって異なります。けれども浄化という経験自体は、そのレベルからさらに高次に上昇する直前に起きるものです。言い換えれば、アセンションエネルギーに自分を定着させるために起きると言えます。
 
自分の状況を高次の視点から眺めることで、何が起きているかを理解し、視界を遮る二元論のエネルギーから自由になることが出来るのです。
 
光の戦士を呼び起こす
 
コアのエネルギーは、すべての光の戦士たちを呼び起こします。あなたの中心から立ち上がり、平和と愛と喜びと共にいるあなたのエッセンスを取り戻してください。賢い将軍は、戦いが大きくなるほど、より高い視点から物事を眺め、何に身を投じ、何から身を引くべきか決断する必要があると知っています。
 
IKIGAIを感じてください。あなたの情熱があなたをどこにつれていくか確かめてください。
 
2019年は、神聖な気づきの年です。あなたにとって何が本物か、あなたという存在に欠かせないものは何かを認識する年になると言えます。
 
この世界を経験する肉体のあなたを、高次の視点から眺め、経験することで、現在の中に神聖な気づきとアメージングなフロウをもたらします。そのフロウは、今この瞬間も、あなただけでなく、私たちみんながそれぞれの場所で共に経験しているものです。どうか恐れないでください。ジャッジメントに陥らないでください。そして高次の領域のエネルギーと、常につながっていてください。
みなさんこそがマスターであり、奇跡の担い手です。みなさんに心よりの感謝と愛を。
 

 


∞ 抽出しています。
 
「2019年、最初の4か月は、今年のエネルギーを定着させるための役割を果たしました。今月は、翌6月にやって来る巨大なアセンションエネルギーと、そこから始まる次のサイクルに向けた準備期間となります。・・・ あなたはここから立ち上がり、6月のアセンションへと突き進んでいきます。恐れる必要はありません。私たちはみんなここを通り抜けて、より大きなアセンションエネルギーへ突入するからです」
 
6月にやって来る“巨大なアセンションエネルギー”はソーラーフラッシュの第一陣という見方をすれば、もしそれが実際にやってきたときには物理的にも精神的にある程度の影響が出るでしょうし、それにより世界的な混乱を引き起こすことになるかも知れませんから、地球同盟の計画である金融リセットやRVの開始にどのような影響をおよぼすかが気になります。
 
「魂の闇夜は、ダーク・ダーカー・ダーケストと、比較の変化活用のように三段階で闇が深まります。最初の闇夜では、通常、感情的に揺さぶられる経験をします。より深まった闇夜では、揺さぶられた感情の奥にさらに深く入ってきます。最も深い闇夜に入ると、残存するエゴが浄化のために否応なく引き出される経験をします」
 
3度起きる魂の闇夜がソーラーフラッシュによるものであるならばアセンションの窓の開いている最終期限の2029年にかけて起きるものと推測されます。
 
「最も深い闇夜に入ると、残存するエゴが浄化のために否応なく引き出される経験をします」
 
自身の残存するエゴの浄化はソーラーフラッシュの第三陣で完了します。しかし最終のソーラーフラッシュが起きた場合、地球表面は大洪水によって全てが洗い流される事になります。そのため、三度の闇を通り抜けた人達には「光の島」という高次のエリアが事前に用意されているので、そこへ避難することになります。
 
「浄化という経験自体は、そのレベルからさらに高次に上昇する直前に起きるものです。言い換えれば、アセンションエネルギーに自分を定着させるために起きると言えます」
 
エゴの完全浄化ができたら、すぐにアセンションするとしても、アセンションを意図する全ての人々がアセンションできるかはどうかは現時点では未知数です。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 17:07 | comments(0) | - | - |
あなたのハイヤーセルフがあなたに覚えていてほしい7つのこと (04/13)
∞  読んでみて下さい (^_^)♪

 


 
あなたのハイヤーセルフがあなたに覚えていてほしい7つのこと
2019年4月13日


ハイヤーセルフは、あなたがこの肉体に生まれた時から、ずっと一緒にいました。あなたが意識しようがしまいが、あなたにとって本当に大切なことを伝え続けています。彼らは、あなたをエゴの欲求から解放し、愛と共に呼吸する健やかな毎日を送ってもらいたいと思っています。彼らの声に耳を傾けてみましょう。
 
1.あなたは、まさにいるべき場所にいます
 
人生で間違った道を歩んだように思えても、あなたはいるべき場所にいます。間違ったと思うことでも、それはあなたの旅路を進む上で欠かせない道のりだったのであって、決してやり直す必要はありません。その経験が、今のあなたを作りました。あなたはいつもその時のベストを尽くしてきています。どうか自分を責めたりしないでください。
 
2.変えられるのは、現在だけです
 
あなたが変えられるのは、現在だけです。過去を悔いたり、やり直す必要はなく、今のあなたが変わるだけですべては十分なのです。同様に、これから来る未来を不安視するのも、自分を苦しめるだけです。今できることに、ベストを尽くしてください。
 
3.必要なものは、すべてあなたの中にあります
 
強さも勇気も優しさも愛も、あなたが欲しいと思うものは、すべてあなたの中にあります。自分自身を学ぶことで、他人の痛みを学ぶこともできます。あなたがなりたいと思っている人物は、あなたの中にいます。あとは見つけ、解き放つだけです。
 
4.あなたの価値が本当に分かるのは、あなただけです
 
あなたの価値を、地位やお金や名声で測らないでください。それはエゴの承認欲求や防衛本能が作り上げた3次元的な基準であり、あなたの本当の価値を反映するものではありません。作品や仕事など、手に取って眺められるものを創造したいなら、ぜひそうしてください。けれども、あなたの内面の光と愛こそが、あなたの真実の姿です。
 
5.恐れではなく、愛に自分を導かせてください
 
十分持っていないという恐れを手放してください。恐れはエゴにとっての”ガイダンス”であり、限界がありません。ハイヤーセルフは、愛に従います。恐れや不安で自分を縛ることなく、純粋な情熱に従って生きる時、あなたは”約束の地”にたどり着くでしょう。
 
6.受け入れることに、大きな学びがあります
 
人生におけるあらゆるすべてが、あなたの思うままにコントロールできる訳ではありません。「こうあるべき」という考えは、思い通りにならない時に、苦しみを生み出します。時には現状を受け入れ、流れにまかせてみてください。平安は、あなたの外側ではなく、心の中にあります。
 
7.あなたは誰か別の人になる必要はありません
 
あなたがここにやって来た大きな目的の一つは、あなた自身を学び、受け入れ、愛することです。社会や学校で教わった価値感や責任感から、自分を解放してください。あなたであることを、大いに楽しんでください。あなたは、あなたであるために生まれてきたのであって、他の誰にもなる必要はありません。自分をありのままに愛し、あなたもみんなの一員であることを受け入れることが出来た時、あなたの才能や力は、自然と身を結びます。
 

∞ ストレートで受け入れやすい。

 
(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 17:07 | comments(0) | - | - |
エリック君が語る (03/09) ”自分の正しさばかりを主張する人との付き合い方”
∞  久しぶりのエリック君です。(^_^)

 


 
エリック君が語る
2019年3月9日
 
”自分の正しさばかりを主張する人との付き合い方”

登場人物
母: エリックのお母さん。この番組のMC.
エリック: アストラル界の住人。
 
正しさを主張したい気持ちは、どこから来るか
 
母: 今日は、自分が正しくありたいと感じる気持ちについて聞きたいんだ。それって、サバイバルのための自己防衛本能じゃないかと思うんだけど、進化のプロセスっていう観点で見ると、どうなの?
 
エリック: ママの言う通りだよ。かつて、人類はサバイバルする上で、決断力が非常に重要だったんだ。なにしろ大昔は、正しく決断できなければ、死んじゃうからね。
 
母: ふむ。それが発端だったとしても、今みたいにエゴイスティックな主張になったのは、なんでかしら?「自分の方が正しくて、君は違ってる」みたいな。
 
エリック: 人間が集団で暮らし始めた頃、正しさとは、サバイバルに直結するものだった。正しければ、グループの長になれるし、グループの長になれば、他のグループと戦って勝ち、さらにいい暮らしにつながるからね。でもそういうサバイバルは、もう必要じゃないけど。
 
母: だけど、正しくありたい人っているじゃない?私も昔はそうだったけど、子どもを5人も持つと、自分のエゴばかり主張できないのよね。
 
エリック: そうだね。常に正しくなくちゃいけないって気持ちは、無知に由来することが多いね。つまり人生経験が少ないか、情報が足りてないんだ。自分の方が正しかったとして、常に相手がそれを理解する必要はないんだよ。自分が正しいと思われたいのは、人間的な未熟さだ。もちろん言ってることが正しくても、だからと言って、相手に気まずい思いをさせてまで主張することはないよね。
 
子ども時代や前世との関係
 
母: それって、子ども時代の経験に関係したりする?
 
エリック: 生まれつきの性格のこともあるし、育つ環境に起因することもある。「正しくないと、人として駄目」っていう育て方をされると、正しさの基準値がすごく高くなる。それから兄弟姉妹が何人もいると、その中で一人か二人は、自分の正しさにこだわる子が出てくる場合がある。
 
母: うちの長女がそうだわ。カオスな両親と5人の兄弟姉妹の中で育ったから「自分がしっかりしないと」って思っちゃうのよね。
 
エリック: でも生まれつきの性格のことも多いよ。だいたい前世が絡んでる。軍人や政治家だったなら、正しくないとまずいからね。
 
母: でもさ、どっちの方が正しいかではなく、どっちもありっていう可能性だってあるじゃない?
 
エリック: 自分の意見だけを正しいと主張するのはどうかってことだよね。実際には正しい、間違っていないことでも、多くの人は自分の意見は正しい理由に基づくと思いたがる。その人の現実の中ではそうかも知れないけどね。
 
母: エリックは正しい間違ってはいないっていつも言うけど、たとえば「今日は寒い」とか、「気温は8℃だ」っていうのは、誰にとっても正しいでしょ。
 
エリック: それは意見じゃなくて、事実だ。どの動物が犬で、どれが猫かみたいな。そうじゃなくて、自分の正しさを主張し、自分の視点を分かってもらいたいと思いたがる人がいるって話でしょ。
 
しなやかさを獲得するレッスン
 
母: 正しさにこだわる人と、別にどっちでもいいって言う人には、どんな違いがあるの?
 
エリック: 忍耐力。学ぼうとする意志。あとは、単に争いが嫌いな人もいる。いくら自分が正しいと分かっていても、争うのが嫌だからという理由で声を上げない人もいるよね。単なる性格の違いで、もちろんそこから学ぶことはあるだろうけどね。自分の間違いを認められないなら、それは恥ずかしさに関係してる。間違うのは自分が十分じゃないからだと思うのは、それはそれでストレスがたまるよね。何を手放すべきなのか、きちんと考えた方がいい。
 
母: でも、どうしても自分が優位に立ちたい人っているじゃない?自分が正しくて、相手が間違っていると決めることで、自分の方が優れていて、価値があると思いたいみたいな。
 
エリック: その通りだよ。自尊心の問題だよね。そういう人は、たいてい自尊心が低くて、実は自分に自信がないことも多いいんだ。もちろん、知識があって、正しいことを言えるっていうのとは違うよ。
 
母: 自分の間違いを認めたり、柔軟に意見を変えることの方がよっぽど難しいし、そういうしなやかさは大事だと思うわ。
 
エリック: そのプロセスこそ、本当に学びだよね。
 
母: 私は昔、いつも自分が正しくないと気が済まなかった。そういう両親の元で育ったのよ。それですごく苦労したから、自分の意見は一旦置いといて、いろいろな立場でフレキシブルに物事を眺めるように練習したの。
 
エリック: そうそう、練習が大事なんだよね。人と話してる時にイライラしたり、議論になることが多い人は、ぜひやってみるといいよ。最初にひらめいたことをそのまま言わず、一呼吸入れてみよう。
 
母: 逆にそういう人の周りにいる人は、どうすればいいの?
 
エリック: あんまりひどいようなら、関係から離れた方がいいね。でもその人が親しい相手で、君が大切に思っているなら、きちんと言葉にして伝えるといいよ。
 
メタフィジックス通信」 2019年3月19日
 

∞ “自分が正しいと思われたいのは、人間的な未熟さだ。もちろん言ってることが正しくても”
(-_-) フムフム。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 08:37 | comments(0) | - | - |