Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NASAによるSOHOデータのサービス停止 (2018/01/28より)は光の勢力の勝利後になるでしょうね。
New Entries
Links
                
Recent Comment
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
    mirai (09/21)
  • コーリー・グッドによってリークされた先進テクノロジーに関する報告書が第一線の科学者による裏付けを得た
      (09/21)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    mirai (09/15)
  • GCRによる共和国の復興 (09/14)
    (09/15)
  • インテルアラート(09/02)
    mirai (09/03)
  • インテルアラート(09/02)
    SK47 (09/03)
  • 「+」領域、「−」領域、そして「+−」が融合した領域 (2014/12/15)
    hitomi (08/27)
  • バーバラマーシニアック (08/24) プレアデスからのメッセージその2 意識的に生きるとは?
    tarou758 (08/25)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    mirai (08/24)
  • コブラ (08/19) ランナーとチェイサー [ソウルメイト力学]
    yukiya (08/24)
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ケネディ・ジュニアの逆襲 (10/15)
∞  「ケネディ・ジュニアが生きていた!」、面白い展開になりそうです。(^_^)♪

 


 
ケネディ・ジュニアの逆襲
2018年10月15日
 

Q情報の話です。
 
古き良きアメリカにマリファナを持ち込み、どんどん社会が悪いほうへ落ちてゆくことを見てきた、NSAの愛国者グルプQが、売国奴からアメリカを取り戻す壮大なプランを作り上げた。
 
当初のプランは愛国者であるジョン・エフ・ケネディを大統領にしてアメリカを取り戻すことでした。しかし、ケネディは暗殺されてしまって、その計画は露のごとく消えてしまったのです。
 
ケネディの暗殺を知っていたにもかかわらず、助けられなかったことを彼らは残念に思っていた。そのためにケネディの墓地をQの形に作り、二度と愛国者の大統領を殺させないと誓いを立てた。
 

 
そのために、毎朝、トランプがホワイトハウスの職員一同とお祈りするときに、以下のようなケネディへの誓いを述べるのです。
 
「安らかにお眠り下さい。
 
ケネディ大統領よ。

あなたが持っておられた英知と力を通じて、私たち愛国者たちは、あなたの悲劇的な死の時から計画を立てて、神の恩寵により(世界を)光で満たす事を始めました。

私たちは、あなたの無私の行動を永遠に忘れないでしょう。

(天国から)私たちを見下ろしながら、どうか(私どもが)自由の鐘が鳴らせるように、そして我々の子供達や、我々の生き様や、我々の世界を犠牲にして来た者どもを殲滅出来るようにお導き下さい。

私ども民衆より」

Qたちが立てたプランAは、JFケネディを使って支配層と戦う予定だったのですが、Qたちの努力と力不足で失敗しました。例えば暗殺される少し前にケネディは、ロスチャイルドがコントロールしているFRBによるアメリカドルの支配を脱して、アメリカ政府のコントロール下でドル紙幣を発行しようと計画していて、それがもう少しで実現するところだったのです。しかしそのプランは潰されました。

その為にプランBが発動しました。プランBは、ケネディの息子が大統領になって支配層と戦う事でした。しかし、それを察知した支配層は、先ず、ケネディが立候補するであろうニューヨークの選挙区にヒラリーを送り込んでから、CIAの中の暗殺専門部隊を使ってケネディJrの暗殺を謀ったのです。その暗殺は成功したかのように見えましたが、事前にQグループにその画策は筒抜けだったのです。

その為にケネディJrや奥さんたちは命拾いをしたのです。彼らは時が来るまで死んだ事にして姿を隠すことにしました。
 

 
ケネディJrが飛行機事故で亡くなった事になったので、プランCが発動する事になりました。それはトランプを支配層と戦う為に起用する事でした。
 
ケネディJrが亡くなってすぐに、ニューヨークが選挙地元でないヒラリーが、ニューヨークを地元として議員に立候補することが決まり、翌年、民主党から立候補して当選したのは偶然ではありません。

支配層は、愛国者であるケネディJrが大統領への道を歩めないように、ヒラリーと言う刺客をニューヨークに引っ張り出して来たのですが、ニューヨークでのケネディJrの名声はあまりにも高く、ヒラリーがケネディJrを差し押さえて、大統領選の民主党候補になれる見込みは千に一つも無かったのです。
 

 
Qは今年八月の投稿で「ケネディJrが1999年に亡くなり、ヒラリーが2000年に議員になった。そして始まった。ショーを楽しんで下さい。」と謎のような言葉を投稿していますが、「この始まった。」という意味は、QグループがケネディJrを使って支配層退治に乗り出そうとしたけれど、ケネディJrが亡くなったので、プランCである、トランプを大統領候補として白羽の矢を立てて、支配層退治の劇プランCの序曲が、2000年から始まったという意味なのです。
 

 
ところでプランCは三年計画で、トランプが大統領になって支配層の一網打尽で終わりますが、実は、その後にまだオマケが付いて来るのです。トランプは、支配層を全てグアンタナモ湾収容所に送った後、アメリカを支配層から取り戻し、全ての政府機関や軍にCIAに巣食っていた支配層の操り人形を追い出した後には、もう2020年の大統領選挙に出馬しないのです。
 
その代わり、2020年にはまだ六十歳になったばかりの、脂が乗ったケネディJRに後を譲って引退するつもりなのです。それも計画の一つなのです。
 
Qは来月の十一日はとても幸せな日になるであろうと言っています。十一月の十一日と言えばアメリカ軍の軍事パレードの日ですね。自分はそれまでに機密書類が開示され、支配層の一斉逮捕が始まっていると思います。それに大統領中間選挙が行われた場合、その結果も十一日には明らかになっている事でしょう。そしてアメリカが支配層の影響からほとんど脱しているでしょう。
 
でも、大変幸せな日になっている理由はそれだけではなく、2018年11月11日の数字を全部足せば33になりますよね。
 
そして数霊学で、ジョンFケネディのアルファベットを数字に変えて全部足すとこれまた33になります。
 
つまり33という数字はとても特別な数字なので、その日にケネディJr夫婦が軍事パレードでその姿を現わすって事ではないでしょうか。そうなれば世界中が驚くでしょうね。
 
そのために、今まで18年間も姿を隠していたケネディJr夫妻とその義理の妹たちが、トランプ大統領選で、演説をしているトランプの真後ろに陣取って「自分たちはまだ死んでいないんだ。君たちに、君たちが犯した罪を支払ってもらう為に私たちはこうして復活したのだ。首を洗って待っておけ」と支配層たちを恫喝する為にわざとテレビカメラに映る場所にいるのです。
 

 
ケネディ・ジュニアと奥さんが変装して登場するようになりました。
 

 
ケネディジュニアとトランプは大の友達であります。
 

 
トランプは懸命に芝居をやって、悪者になって、やがて最適な大統領が登場するというシナリオのようです。
 


∞ もし、これが真実ならETさん達の伝えていた通りに、2年後にトランプ大統領に代わる新大統領が誕生するするというシナリオが実現することになります。その新大統領がケネディJrだということですね。
 
しかし、その本人が今、顔出しして本当に大丈夫なのかと思いますが、同盟がバックに付くのならケネディJrの安全は今回はしっかり保証されていると見做して良いのかも知れません。願わくば11月に光のイベントが始まることですね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | 嗚呼、悲しいではないか! | 17:26 | comments(0) | - | - |
RV / インテルアラート 「資産」 (10/14)
∞ 4日ぶりにインテルアラートが発進されました。(^_^)/

 


 
RV / インテルアラート 「資産」
2018年10月14日
 

BRICS同盟は、経済的(中国)および軍事的(ロシア)カバールを体系的に解体している。
 
QFS(量子金融システム)は、金、貴金属、REE、およびその他の資産によって支えられている。
 
RV / GCRとGESARAに資金を供給するのに十分な金額以上の、手の届かない未登録の金が地球上に無限にある。
 
古い金融システムは瞬時に置き換えることができるが、最初にそれを組織化された形で「壊した」ものでなければならない。
 
現金融システムが "壊れ"て、米国経済が崩壊すると、QFS(量子金融システム)が開始され、混乱を避けるためにGESARAが発表される。
 
一方、ジンバブエは、償還資金がどこに入金されるかについての口座を個別に開示している。
情報源によると、RVは今、スムーズな移行が起こる為に始まらなければならない。
 
RVが始まると、あなたの通貨の償還方法に関する説明書が発行される。
 

∞ どうやら、新旧金融システム移行の際に旧金融システムを完全にリセットして、新金融システムに置き換えることになるようです。全てが新規に始まる言うことでしょうね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 07:56 | comments(0) | - | - |
コブラ (10/13) 最新情勢
∞  久しぶりのコブラの記事、インパクトありますよ! (^_^)v

 


 
コブラ
2013年10月13日
 
最新情勢
 

銀河の中心の活性の増大が続いている。銀河の光の勢力は巨大な量子揺らぎであるダイソン球の量子的徴候の最後の残りを除去した。このダイソン球の直径は4光年にも及ぶもので、我々の太陽系を取り囲んでおり、我々の太陽系のアセンションプロセスを妨げていた。
 

 
この量子のダイソン球は非常に発達した量子の高次元ポータルであり、1996年にキメラグループによって創り出されたものであった。しかし、今や永遠に完全に消え去った。
 
この結果、我々の太陽は銀河の光のネットワークに組み入れられたこのネットワーク上の最後の星となった。そして今、光のポータルとして完全に機能している。
 
今や、言及するに値する全ての初期異常は、惑星地球表面から一直径以内の初期異常内に圧縮されている。
 
銀河勢力の艦隊は我々の太陽系内に存在しており、クローキング(隠蔽)されているものの、そのエネルギーを明らかに感じられるようになっている。
 

 これらの母船の存在が地上人類に知られることを防ぐため、NASAは”天空上の盲目”を演出した。
https://spacenews.com/nasa-addressing-problems-with-hubble-and-chandra-space-telescopes/
 
全ての残りのプラズマトップレット爆弾は今や、惑星表面から30メートル以内に位置している。
 
プラズマトップレット爆弾は、トンネルオブセットと呼ばれるプラズマフィラメントを通じてプラズマインプラントのネットワークと繋がっている。
 
プラズマインプラントは強力な電磁気フィールド内を回転しているブラックホールである。この電磁気フィールドは我々の記憶を消去し、我々のソウルから我々を切り離す役割を担っている。物理的バイオチップ(シーメンス(訳注:ドイツの総合電機機器メーカー)によって製造された)は全ての転生した人類のインプラント近くに設置されており、惑星表面にある主要なキメラコントロールセンターへと常に映像動画を送信している。
https://en.wikipedia.org/wiki/Information_Innovation_Office
https://en.wikipedia.org/wiki/Microsystems_Technology_Office
 
プラズマインプラントおよび物理的バイオチップは地上人類が受け取っているプログラミングの全ての層をカバーする封印である。
http://eventreference.org/2018/09/02/human-programming-101-emotions-memories-implants/
 
1996年から2001年の間、ライトワーカーおよびライトウォリアーの大部分は地下軍事基地で実行されるトラウマを基盤とするマインドプログラムの対象であった。多くにとって、インプラントがその力を失い始めたのでそのプログラミングの記憶が表面化し始めるであろう。
 
これらのライトワーカーおよびライトウォリアーの多くは銀河連合の光の勢力に抵抗するようにマインドコントロールされており、惑星開放プロセスに関わる私と幾人かの鍵となる人物に抵抗するようにプログラムされている。
 
光の勢力は膠着状態を解決するためにフルスピードで働いている。しかし、いまだに闇の勢力はこの惑星の地上に人質を取っている。
 
残る主要な問題はいまだにプラズマトップレット爆弾である。そしてついに、主要メディアがゆっくりとストレンジレット爆弾とトップレット爆弾の危険性に気づき始めている。
https://www.telegraph.co.uk/science/2018/09/29/earth-could-shrink-330ft-across-particle-accelerator-experiments/
 
http://www.shtfplan.com/headline-news/astronomer-warns-earth-could-be-crushed-by-particle-accelerator_10012018
 
このことは、光の勢力がいまだに惑星の地上に介入しない主要な理由である。
 
このことゆえに、レジスタンスムーブメントが何人かの消耗しきったライトウォリアーを地下世界へと救助できないのである。あなた方に金や現金をもたらせないのである。あなた方をSkypeへと招待できないのである。
 
また、もしレジスタンスのエージェントが直接に地上の個人にコンタクトするならば、闇の勢力がその個人をただちに殺害するだろう。
 
闇の勢力は私が私のミッションを実行することから私を妨げるために私を孤立させるいつもと変わらぬ戦略を用いている。私とのコンタクトを欲する鍵となる人々は、もし私をコンタクトしようとすると殺すと言う脅迫を受けるのである。
 
それにも関わらず、私のチームを拡張する時が来た。このブログは絶望的な人々の最後の憩いの場を意図しているのではない。最も力に満たされた人々が惑星開放のために進路転換が可能なようにするためのものなのである。
 
この理由から、私は私のチームに参加する新しい人々を呼び求めている。このチームに加入させるために、私は精神的に、感情的に、肉体的に、そして財政的に安定しており、自分のミッションが何なのかを知っている人々にのみ興味を持っている。私は特に、惑星開放に向けて働いてくれるポジティブなドラゴン、白い貴族、秘密宇宙プログラム、秘密結社、諜報機関あるいは同様のポジティブなグループの代表を求めている。私はまた、機密情報をマスメディアに拡散できる人々も求めている。大きなプロジェクト(一億円かそれ以上)に財政援助できる人々を求めている。そして、純粋で強力な方法で女神のエネルギーを定着できる女性を求めている。

私にコンタクトしたいと望む新しい人々は自分自身の暗号化されたeメールアドレスをhttps://tutanota.com/で開設する必要がある。そして、そのeメールからproject501@tutanota.comのメールアドレスの私にコンタクトする必要がある。そして、自分が誰でどのようにこのプロジェクトに貢献できるか伝える必要がある。
 
既に惑星開放のためのプロジェクトに関わっている人々はフェイスブックでのコミュニケーションを避ける必要がある。なぜなら、そのプラットフォームは深くまで闇の勢力に浸透されているからである。彼らはTutanosa(最上)やProtonmail(上)のような全てが暗号化されたeメールサービスあるいはSignal(最上)やWhatsapp(上)のような暗号化された通話アプリを利用する必要がある。
人々はまた、ライトワーカーおよびライトウォリアーコミュニティが深く闇の勢力によって浸透されており、最前線に立つ多くのライトワーカーやライトウォリアーが裏ではカバールのエージェントであることを理解する必要がある。
http://www.greatdreams.com/political/media03.html
 
これらの人々の多くは彼らの意志に反してカバールのネットワークの中にいる。そして、もし可能な状況の時にのみそこから脱出するであろう。
 
あなた方は瞑想の力を用いることができる。そして、全てのライトワーカーおよびライトウォリアーが紫の炎で浄化される様子を、EELA(シリアの愛の天使)のピンクのリキッドライトの愛によって取り囲まれる様子を、全てのプログラムされたコントロールや抑圧からANの白い火によって解放される様子を視覚化することができる。
 
この悪夢は間もなく終わる、正義が到来する。
https://www.youtube.com/watch?v=4WMTFGjigCA
 
光の勝利!
 
former-spiritual-light」 NEW!2018年10月14日
 

∞  我々の解放のために、光の銀河連合が色々とやってくれているようですが、プラズマトップレット爆弾は未だにしぶとく居残っているようです。
 
「プラズマインプラントは強力な電磁気フィールド内を回転しているブラックホールである。この電磁気フィールドは我々の記憶を消去し、我々のソウルから我々を切り離す役割を担っている」
 
プラズマインプラントはまだ私たちの肉体に埋め込まれています。そしてシーメンスが製造したバイオチップがプラズマインプラント設置され私たちを監視しているようです。これらによって地上人類が受け取っているプログラミングの全ての層が封印されている、つまり人類全てがまだ隔離状態にあるということですね。
 
「・・レジスタンスムーブメントが何人かの消耗しきったライトウォリアーを地下世界へと救助できないのである。あなた方に金や現金をもたらせないのである。あなた方をSkypeへと招待できないのである」
 
プラズマトップレット爆弾さえ、消えてくれれば、全てはうまくいくのですが・・・。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コブラ&_PNCJAPAN | 18:56 | comments(0) | - | - |
忍び寄るカバールのRV妨害工作 EUがジンバブエの選挙結果に疑義を表明 (10/12)
∞  ジンバブエ共和国のRVが始まらないと思っていたら、やはり ・・・ (^_^)/

 


 
忍び寄るカバールのRV妨害工作 EUがジンバブエの選挙結果に疑義を表明
2018年10月12日

 
EUの選挙監視団は偏見に満ちた選挙報告で酷評される
 
EUは、水曜日に公表された最終報告において、広く歓喜をもって受け入れられた7月30日の何ら問題のない選挙の信用を落とそうと試みたことによって、集中砲火を浴びている。
 
アフリカ連合と南部アフリカ開発共同体を含む選挙監視団は、Zanu-PF(訳注:ムナンガグワ氏が率いる政党)とムナンガグワ大統領が自由で公正で信頼でき、人民の意志を反映した選挙において勝利したことを是認した。
 
EUの報告書は根拠のないMDC-Alliance(訳注:ムナンガグワ大統領の対立候補であったチャミサ氏の率いる政党)の主張を機械的に繰り返したものである。
 
政策と法のアナリストであるティノムダイシェ・チニョカ氏は、EUがこの選挙結果を酷評したことは、敗北したネルソン・チャミサ候補とMDC-Allianceを利することになり、残念なことだと述べた。
 
「我々の法廷は選挙を裁定する機会を得た。そして法廷はそのようにしたのである。」
 
ムレリワ氏は、ムナンガグワ大統領の外交政策がジンバブエを投資と国際社会への復帰に道を開いており、無謀なものとみなされるべきではないと述べた。
 
「我々は生き残るであろう。我々の手にこの領土と膨大な鉱物資源がある限り。」と彼は述べた。「我々はこれらのために戦った。これらは我々の生得権なのである。海外からの投資家はこの神聖で犯すことのできない原理を尊重すべきである。この領土とは経済でありジンバブエである。」
 
本来、RV/GCR/NESARA/GESARAの一連の動きというものは、カバールによって奪われ、ごく一部のカバールに集中した富を私たちの手の元に取り返し、その富を本来あるべきところに戻すための運動なのです。
 
リビア、イラク、ジンバブエを代表する多くの発展途上国がカバールの利己的な目的のために国を荒廃させられ、経済を破壊されてその豊かな富を奪われてきました。
 
そして、これらの国々の通貨は、カバールにより不当に低い価値に評価されてきたのです。
 
これらの不当に低く見積もられてきた発展途上国の通貨を本来の価値に戻し、不当に高く見積もられてきたカバールの石油ドルの価値を本来の価値に戻すのが本来のRVです。
 
一部の欲深な人物が目論む偽物のRVとは全く別の運動です。
 
我々地球人は、我々の自由意志に基づいて我々の欲するタイミングでRVを挙行する権利を保有しています。
 
カバールは世界の金融体制を、金本位制に基づいた金融体制から管理通貨制に基づいた金融体制に移行させ、通貨発行権を有する各国家の中央銀行を民営化して自分たちの支配下に置くことによって無尽蔵の富を手に入れてきました。
 
金本位制の場合、存在する金の量以上に富を創り出すことはできません。
 
しかし、管理通貨制の場合、人々にただの紙くずに過ぎない紙幣に価値があると洗脳できさえすれば、いくらでもこの紙くずの価値を高めることができるのです。
 
株式、商品先物取引、国債、不動産投資、FX・・・・
 
カバールは数々のマネーゲームを演出し、人々の金銭欲を刺激することによって、偽りの紙幣の価値を高く釣り上げてきたのです。
そして、カバールは意図的にバブル経済崩壊を演出し、低金利デフレ世界を作り出しました。
 
やがて、各国のカバール傘下の中央銀行は、時を同じくして景気回復のためにインフレ誘導を行うとして、大量の紙幣を印刷して市場に投入し出したのです。
 
しかし、インフレは一向に起こる気配がありません。
 
なぜでしょうか?
 
通貨は市場において循環しなければインフレを起こすことはありません。
 
私たちがお金を使わなければ通貨は循環せず、インフレは起こらないのです。
 
黒田バズーカで大量の紙幣が印刷され、市場に投入されました。
 
私たちのところにこの大量の紙幣の少しでも回ってきましたか?
 
私たちはカバールの犬、小泉純一郎と竹中平蔵の極悪コンビにより、郵便局を民営化され、私たちの大切な預貯金は民営化によってゆうちょ銀行の経営者として入り込んできたカバール外資銀行からの役員によってカバールの好きなように使われることになったのです。
 
そして、竹中により終身雇用制度が破壊され、多くの若者が非正規雇用者として不安定な低賃金長時間労働に就くかそれを諦めて引きこもりニートの道を選ぶしか選択肢がなくなってしまったのです。
 
そして、今、この竹中は派遣大手のパソナの会長の座に収まり、のうのうとこれらの若者の生き血を吸って私腹を肥やしているのです。
 
このような非正規低賃金体制では、黒田バズーカの金は我々の手元に回ってくるはずがありません。
 
これらの金はどこに行っているのか?
 
これらの金のほとんどは非正規低賃金体制の構築により大幅な人件費カットに成功したカバール企業の内部留保や企業オーナーの個人資産に化けてしまったのです。
 
黒田バズ―カの金はカバールの懐に死蔵されているだけなのですから、お金は動きません。
 
だから、今のままではインフレなど起こるはずがないのです。
 
こうやって、カバールは来るべき同盟との経済戦争に備えて、軍資金を蓄えているのです。
 
したがって、カバールの保有する紙くずの総価値は同盟側が保有する金の価値を大幅に上回っています。
 
ジンバブエの地下に眠る膨大な金の埋蔵量を足してもです。
 
ですから、RVを起し、同盟の金本位制経済システムがカバールの偽りの錬金術に勝利するにはカバール通貨の価値を本来の紙くずの価値に等しい程度にまで暴落させる必要があります。
 
このカバール市場の暴落を起こすためにカバールの大量逮捕とこれに伴うカバールの罪状のフルディスクロージャーが必要なのです。
 
カバール企業やカバール中央銀行の数々の不正が明らかになった時、カバール市場は暴落します。
 
そして、カバール保有資産の総価値が同盟の保有する金の総価値を下回るタイミングがやってきます。
 
この時こそ、カバールの金融コンピューターをハッキングして停止させ、量子金融システムを作動させ、世界規模で金本位制への移行を果たす時なのです。
 
量子コンピューターで高度制御された量子金融システムが作動してしまえば、もう、インフレもデフレも起きません。
 
この時初めて安心してサンジェルマンの豊穣資金を人々に配布することが可能になります。
 
一人当たり一千万円というもっぱらの噂です。
 
現在の管理通貨体制で豊穣資金を投入すると確実にハイパーインフレが起こり、一千万の紙幣も百円くらいの価値になってしまうので今は豊穣資金は投入できません。
 
このRVにおいて非常に重要な役割を担うのが埋蔵量世界第一位のオーストラリアに匹敵する金埋蔵量があるとされるジンバブエです。
 
カバールが支配するEUは同盟側のムナンガグワ大統領の当選の正当性に難癖をつけ、選挙の無効化を狙って暗躍を開始しました。
 
ジンバブエの膨大な埋蔵金がカバールの支配するところとなると、同盟のRV戦略に大幅な狂いが生じます。
 
ムナンガグワ大統領の暗殺、チャミサによるクーデター、内戦、選挙不正をでっち上げてのEUの経済制裁などを同盟は未然に防ぐ必要があるでしょう。
 
former-spiritual-light」 NEW!2018年10月13日
 

∞ 「former-spiritual-light」さんの解説には敬意を表します。(^_^)>
 
ジンバブエ共和国のRV開始の動きが「パタッと」止まったので、なぜかと思っていたのですが、やはり、闇さん達の陳腐な裏工作が邪魔をしていたのですね。今は、とにかくジンバブエ共和国がRVを早期に起こすことを願います。
 
今尚、量子コンピュータへの切り替えの動きが止まっています。同盟側は以前、「兆に及ぶ様々なパラメーターが絡むので、慎重に慎重を重ねて臨んでいると言っていますから何か不都合なことが起きて、今現在は光の勢力の手を借りて様々なタイムラインを模索して最適解を探している最中かも知れませんね。
 
小泉純一郎と竹中平蔵による日本国民への裏切り行為は絶対に許されるものでありませんし、彼等には来たるべき時に間違いなくそれなりの責任をとってもらうことになりますね。多分、銀河辺境の地球よりひどい環境にある三次元二極惑星に追放されることは間違いないでしょう。(-_-;)

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | former-spiritual-lighter | 08:06 | comments(0) | - | - |
マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ (10/05)
∞ 時間が加速している割には物事の進展が遅いように感じるのはなぜでしょうか。(^_^;)  

 


 
マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ
2018年10月5日
 
 
あなたは急速に年の瀬に近づいており、振り返ってみると、更に時間が高速化している事に気が付いているかと思います。バイブレーションは引き続き上昇中で、ゆっくりとですが、確実に多くの魂がバイブレーションの変化を経験しています。その結果、彼らは気が楽になって、気分がころころと変わる事なくなり、ネガティブな事があっても嫌な気分が長続きしなくなっています。人は気分を害するような事に直面しても、平和で充実した経験、及び冷静さを求めるようになります。現在のように、条件が非常に変化しやすい時にこそ、あなたは平和のためのきっかけになることができ、それが故に、人々はあなたに引き寄せられます。これも全て、あなたの進化の為の経験であり、あなたが人々の良き例となる事で、あなたの生き方を真似したいと願う人々の動きを促進します。現時点では、外界は依然として混乱し続けていますが、それは同時に古い問題を解決している、つまり何世紀にもわたって蓄積してしまったカルマが解消されているという事でもあります。今あなたはもう新時代に入っているため、古い時代のものや、カルマをこの先に持って行く事はできないので、今きっぱりと解消しておかなければならないのです。
 
古い敵が互いの違いにこだわる事を放棄し、平和の為に和解した際は、あなたの周りで顕著な変化が見られるようになるでしょう。その変化は訪れるべきものであり、関係者全ての懸念を和らげ、和解の方法を見い出すことのできる人達によって、更に奨励されるでしょう。戦争や平和的な進歩を阻止するような時代の行動は、もはや受け入れられなくなり、戦争で利益を得ているような存在たちは、自分たちの計画が阻止され、実現する事はないと気が付くでしょう。もう間もなく、戦争とそれに伴う全ての費用は、お金と人命の両方の面で非常に無駄であることが明らかになります。既に、今の若者たちは、世界平和の為ではない行動を取る事に、消極的な態度を示しています。彼らは、新しい世代の人種であり、いかに人類が協力して平和を達成できるかを広く理解していると言えます。彼等の声に人々は耳を傾けるし、彼らはその洞察とセンスの良さで知られるようになるでしょう。
 
あなたの宇宙の家族は、こそこそせずにオープンに地球に到着できる時を、今か今かと待っていますが、すでに述べたように、彼らの安全が確保できるようになったら、そうしたいと望んでいます。彼等はとっくの昔に、目的を果たす為に暴力に訴えるという段階を卒業しており、万が一脅かされた場合でも、戦闘的な行動に頼ることなく、自分自身を守る事ができます。彼等は、絶対的な愛と平和という目的でやってきて、彼らの仲間になれるよう、あなたを手助けする準備が出来ています。あなたの中には、地球外の場所から来た家族との繋がりを改めて確認する人もいるでしょう。多くの人は、自分がより高い次元から来ており、地球上に生まれる事を志願し、人類が2012年の区切りを超えるのを手伝いに来たという事を知って、間違いなく喜び、驚くでしょう。上昇した存在になると、人を手助けするという行為が、いたって普通である事に気が付くと思います。それは、当然ながら助けを必要としている方々に向けられるものです。”全ては一つである“という言葉をよく耳にすると思いますが、それはその通りで、全ての魂というのは、どこにいても、壊す事の出来ない絆でもって繋がっているのです。
 
闇の者達によってあなたの進化は阻まれていたかもしれませんが、長期的には、これまでにあなたが否定されてきた恩恵を失う訳ではありません。実際、多くの新しいアイデアがすでに開発されており、利用できるようになっています。その中のいくつかは、既にあなたの生活に入り込んでいます。何故なら、闇の者達は全てを阻止する事が出来なかったからです。従って、そういう意味では、あなたはご自分が思っているほど遅れてはいないのかもしれません。しかし、悲しい事に近代化は多くの分野でまだ欠けており、あなたはその代償を相当払わされています。しかし、進歩を止める事は不可能で、単に遅くなっただけなので、一度始動すれば急速に前進し、飛躍します。
 
幸いなことに、あなたはご自分たちが環境や動物の世界を大いに破壊している事を認識し始めています。あなたは賢明な行動をとるように促され、 "見えない"手助けを得る事で、思っていたよりも早く問題を解決することができます。最も緊急に必要とされるのは、海洋生物の不必要な喪失を引き起こす前に、海から汚染物質を取り除く為の適切な行動を取ることです。どうか、ご自分で引き起こした被害に、ほぼ無関心であった事に対して、あなたの善意とやる気を見せつつ、海の生命に課された深刻な問題を克服して頂きたく思います。あなたは、間違いなくその為の手助けを得るでしょう。あなたは長年の間、無関心でいた事に対する結果という形で、その報いを目の当たりにしています。あなたがご自分の住む環境を守るという責任を受け入れると、この課題は間違いなくクリアできるようになるでしょう。
 
より安定した地球に向けた動きは形を成しており、人々のニーズを満たす為に、適切なリーダーシップの変化をもたらす多くの動きが起こっています。古い方法はすでに過去のものであり、それに戻る事はできません。新しいアイデアは、豊富にありますが、自分のやり方を変えたがらない人達によって、阻止されている傾向がまだあります。また、新時代を完全に実現させる為に必要な全てのものへの新しいアプローチを反映していない、長期的な変化に投資した人もいます。 でも、恐れないでください。何故なら、より良い方向への変化は来なければならないし、もう間もなく今後の課題に役に立つ新しいアイデアが、最も歓迎される最も適切な時にやってくるのをあなたは目撃するでしょう。
 
地球上の平和が近づいている時に、未だ純粋に自己のために働いている人々のグループが、人々のニーズを完全に無視して存在しているということは悲しいことです。彼等は、太陽系を使って他者を支配しようとする事を選択しました。全体の利益の為に調和して働くのではなく、彼等は地球上の変化する時代に気付かず、最終的に戦争の活動を続ける為に上昇しないま置いていかれます。彼らがそうする事ができるのは、人には自由意志が与えられているからで、それが起こっている全ての鍵であるからです。あなたにはご自分の行動に対する責任があり、自分自身でその代償を払う事になります。それは、あなたが平和な存在になることを学ぶ唯一の方法であり、学びを通して、より高いバイブレーションのレベルに進化することができます。幸運なことに、多くの魂が進化しており、しっかりとアセンションに向かって進んでいます。裏口入学はできませんが、その唯一の埋め合わせとして、何度でもチャンスが与えられます。そして、あなたが気付いていなくても、あなたは常に助けられています。
 
ひとつのサイクルが終わりに近づくと、それを通して確立された全てのものは、もう使用されなくなります。古いものは、そのまま拡張される事なく、代わりに全く新しいエネルギーが取り入れられるからです。従って、古いものがその目的を果たした後は、新しく、より進歩したものの方にその道を譲る事で、徐々にあなたは新しいレベルへと上昇します。
 
私はあなたに愛と祝福を残し、光はあなたの日々を明るくして完成へと導くでしょう。 このメッセージは、私の神の自己、高次の自己を通して来て、すべての魂は神と同じつながりを持っています。
 
愛と光の中で
マイク・クインシー
 

∞ 抜粋しています。
「・・バイブレーションは引き続き上昇中で、ゆっくりとですが、確実に多くの魂がバイブレーションの変化を経験しています。その結果、彼らは気が楽になって、気分がころころと変わる事なくなり、ネガティブな事があっても嫌な気分が長続きしなくなっています。人は気分を害するような事に直面しても、平和で充実した経験、及び冷静さを求めるようになります。・・」
 
以前に比べて、自分が自分の周囲に起きることにあまり影響されず、関心をもたなくなっていませんか?そして世界で起きているネガティブな事柄にも執着することなく淡々と観ている事はありませんか?もしそうならご自分の意識レベルが上昇しているのです。今光を選択した全ての人がセントラルサンからの光エネルギーを受け取っています。それが私たちの振動数を上昇させています。このまま振動数を上昇させていくと低振動に同調する事もなくなり、平和で優しい気持ちで日々を暮らせるようになってきます。そして全てに「許し」を与え、物事の本質を見極めたいと思うようになるでしょう。
 
「・・現時点では、外界は依然として混乱し続けていますが、それは同時に古い問題を解決している、つまり何世紀にもわたって蓄積してしまったカルマが解消されているという事でもあります。今あなたはもう新時代に入っているため、古い時代のものや、カルマをこの先に持って行く事はできないので、今きっぱりと解消しておかなければならないのです」
 
自分にカルマが無い人はいないと思いますが、でも取り立てて解消すべきカルマに思い当たらないと言う人は多いでしょうね。(^_^;) 
 
世界で今起きている混乱が蓄積したカルマの解消のために起きているのであれば、私たちの解消しなければならないカルマも何らかの形で自分にアピールしてくるはずですね。それが精神的、肉体的なものであろうとそれに気づけばその解消に努めることになります。

「古い敵が互いの違いにこだわる事を放棄し、平和の為に和解した際は、あなたの周りで顕著な変化が見られるようになるでしょう。その変化は訪れるべきものであり、関係者全ての懸念を和らげ、和解の方法を見い出すことのできる人達によって、更に奨励される」
 
と言うことですね。
 
「・・戦争や平和的な進歩を阻止するような時代の行動は、もはや受け入れられなくなり、戦争で利益を得ているような存在たちは、自分たちの計画が阻止され、実現する事はないと気が付くでしょう。もう間もなく、戦争とそれに伴う全ての費用は、お金と人命の両方の面で非常に無駄であることが明らかになります」
 
今の闇さん達の心境ですね。でも彼らはやれるところまでやるでしょう。でも、結果として彼らの望むべきものは何も得られないことに気づくことになります。

「・・今の若者たちは、世界平和の為ではない行動を取る事に、消極的な態度を示しています。彼らは、新しい世代の人種であり、いかに人類が協力して平和を達成できるかを広く理解していると言えます。彼等の声に人々は耳を傾けるし、彼らはその洞察とセンスの良さで知られるようになるでしょう」
 
今の若い世代の全てとは言いませんが、彼らは非常に進化したソウルであり、この時期の地球に彼らの役割を果たすために転生してきているようです。そしてこれらの新世代の人々はアセンションプロセスにおいて、私たちのリーダー的存在になります。

「・・多くの人は、自分がより高い次元から来ており、地球上に生まれる事を志願し、人類が2012年の区切りを超えるのを手伝いに来たという事を知って、間違いなく喜び、驚くでしょう」

でも先陣の私たちも高次元の存在であり、自ら志願してこの地球の転生サイクルに入り、2012年に実現しなかったものの、アセンションプロスをこれまで推進してきたのです。ですから新世代はそのあとを引き継ぐ形で転生しているとも言えますね。

「・・実際、多くの新しいアイデアがすでに開発されており、利用できるようになっています。その中のいくつかは、既にあなたの生活に入り込んでいます。何故なら、闇の者達は全てを阻止する事が出来なかったからです。従って、そういう意味では、あなたはご自分が思っているほど遅れてはいないのかもしれません。・・」

新アイデアはネット検索で、結構見つかると思いますが、それが一般的に流通し日常的に使われているのならば、闇さん達の阻止を免れたアイデアとは思わないでしょうね。

「・・最も緊急に必要とされるのは、海洋生物の不必要な喪失を引き起こす前に、海から汚染物質を取り除く為の適切な行動を取ることです。どうか、ご自分で引き起こした被害に、ほぼ無関心であった事に対して、あなたの善意とやる気を見せつつ、海の生命に課された深刻な問題を克服して頂きたく思います。あなたは、間違いなくその為の手助けを得るでしょう。・・」

“見えない”手助けとはETさん達の先進テクノロジーであり、私たちが海洋汚染物質を取り除く為の適切な行動を起こして、彼らに支援を要請すれば、一緒に手伝ってくれるでしょう。それが彼らの最高の喜びなのです。それが起きるのは新時代が始まって、光の銀河連合との本格的なコンタクトが始まってからになるとは思いますが・・。いずれにしてもガイアの自然を太古の自然に戻すことはガイアのためにも私たちのためにも、また神からの至上命令としてやらなければなりません。

「新しいアイデアは、豊富にありますが、自分のやり方を変えたがらない人達によって、阻止されている傾向がまだあります。・・より良い方向への変化は来なければならないし、もう間もなく今後の課題に役に立つ新しいアイデアが、最も歓迎される最も適切な時にやってくる」

闇さん達によるわがままは、そろそろお終いです。私たちの上昇する波動に彼らは追従できませんから、彼等はそのうちに消え去ります。つまり、光の勝利の時に闇さん達が隠し持っている地球発の先進テクノロジーは完全開示されます。

「・・彼等は、太陽系を使って他者を支配しようとする事を選択しました。全体の利益の為に調和して働くのではなく、彼等は地球上の変化する時代に気付かず、最終的に戦争の活動を続ける為に上昇しないま置いていかれます。彼らがそうする事ができるのは、人には自由意志が与えられているからで、それが起こっている全ての鍵であるからです」

闇さん達は彼等の自由意志で光を受け入れないので地球上の変化する時代に気づきません。彼等だけの世界に居残るしかないのです。それが光と闇のタイムラインの最終分離になります。

「ひとつのサイクルが終わりに近づくと、それを通して確立された全てのものは、もう使用されなくなります。古いものは、そのまま拡張される事なく、代わりに全く新しいエネルギーが取り入れられるからです。従って、古いものがその目的を果たした後は、新しく、より進歩したものの方にその道を譲る事で、徐々にあなたは新しいレベルへと上昇します」

私たちのアセンション時にこの次元のものは全てを置いて行かなければならない理由です。宇宙船にリフトされるときは何も持ち込めません。


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | マイククエンシー | 18:47 | comments(0) | - | - |
コーリー・グッド最新情報 (10/02)
∞  こちらを先にUPするつもりでいたのですが、時間の都合で後になりました。_(-_-)_

 
コーリー・グッド最新情報
2018年10月2日

 
秘密宇宙プログラムによって人類が地球外に進出しているという話は、多くの人々にとって信じられないことのようです。しかしながら、新たな情報が次々に明るみに出続けるにつれて、私たちがこれまでどれほど大規模な嘘をつかれてきたのかが、日増しに明らかになってきています。
 
私たちはすでにスター・トレックのような社会生活を実現できるのです。そして私たちはその変化の潮流を作り出す真っ只中にいます。私たちは抑圧されてきたテクノロジーの完全開示(フル・ディスクロージャー)を求めているだけでなく、コミュニティー一丸となって自分たちの手で積極的にディスクロージャーを生み出そうとしているのです。
 
[この更新は前回の続きです。私のこれまでの更新を読むには、こちらへどうぞ。∞ 但し、英文のみ]
 
私が最後に詳細な情報更新をしてからしばらく経ちました。その間色々と休みなく動きがあり、なかなか自分の体験を振り返ったり、書き留めたりすることができずにいました。
 
私はアライアンス(地球同盟)、SSP同盟、アンシャール、ゴンザレスと彼の友人のマヤ人たちから立て続けに訪問を受けて、とても忙しい時期を経験していました。
 
ブルーエイビアンズが新たなガーディアン(後見人)グループを迎え入れる劇的な会合にも立ち会いました。そこには地球の近隣の52の恒星系に住む、人間と同じ容姿をした代表者たちもいました。
 
私はアライアンスからも切望されてますます多くのブリーフィングの機会を得るようになり、これまでよりずっと高レベルの詳細な情報を打ち明けられるようになってきていたのでした。
 
この新旧のガーディアン種族のエキサイティングな会合から間もなくして、私の体験は突然の休止を迎えました。
 
夢の中を除いて、私はもはやラー・ティール・エールともアンシャールとも出会うことはなくなりました。毎週あったゴンザレスとマヤ人からの訪問も、何の説明もなく突然終わりました。
 
私はこれらの体験が唐突に途切れたことで、薬物中毒からの離脱に似た状態に入りました。こういった体験が途切れた「禁断症状」の影響で私の振動数や精神は、ありふれた日常の状態に一気に引き下げられました。
 
私の肉体が統合することを覚えた(低密度の)エネルギーは、以来私の生理機能に変化を起こしています。(高密度の)存在との一連のコンタクト体験に伴うエンドルフィンの放出があって、それから一気にそれらが絶たれたことで、私の肉体はもとの低い周波数に合わせて調節しなくてはならなくなったのです。これは肉体的な消耗だけでなく、心理的にも精神的にも負担となります。
 
私は体調を整えるために時間を取ったり、自身の内面に気持ちを集中させ始めました。数年前に受けた肩と腕の手術の後、私は適切な身体療法を受けていませんでした。近頃になって、私は自己流で行っていた身体療法の効果を高めるために、弱めのステロイド剤を処方してもらっていました。
 
これは機能の回復には大変助けとなったのですが、私を疲れさせ、短気にさせる原因となっていました。当初私はその関係性には気づいておらず、ストレスのせいだろうと思っていました。私の振動数はどんどん下がり、アンシャールがもはや私に接触できなくなるほどの地点まで落ちて、しばらく期間が過ぎました。
 
マウイに住む2人の親友が、夏休みに子どもたちがテキサスの親戚の家に行っていなくなる間の数週間、マウイに来てゆっくりしていかないかと招待してくれました。私はひどく休暇を欲していたので、ためらいなくその申し出を受け入れました。
 
マウイで過ごした2週間目の終わりのことです。カ・アリーがやっと私に声を届けることができました。私に彼女が叫んでいるのが聞こえたのです。「やめなさい!」「やめなければいけません!」
 
これはそれまで私たちが交わしていた清々しく感情豊かなコミュニケーションとは違っていました。まるでヘッドフォンで大音量の音楽を聞いている時に、誰かが隣の部屋から叫んでいるのが聞こえたような感じでした。
 
私はすぐに、彼女がステロイド剤の服用をやめるように言っているのだと気づきました。そしてその朝から、私はステロイドをやめました。それから数週間経って、私の心がクリアに研ぎ澄まされ始めた時、私は突然、見慣れたアンシャールの寺院の一室に移送されていました。私は以前付着したエンティティ(※悪霊のようなもの)をアリーに取り除いてもらった時と同じ、石版のテーブルの上に寝かされていることに気づきました。
 
足元を見ると、アリーと彼女の姉のアリンが私の下腹部の傍らに立っているのが見えました。彼女たちは2人ともクリスタルの杖を持っていて、それはアリーが前回使っていたのと同じ杖でした。彼女たちは交互に私のある一つのチャクラの上に杖をかざして、処置をしながら少し呻くような声を出していました。
 
私は何度も何が起きているのかたずねようとしましたが、その度に彼女たちは「静かに」と言うかのように、私の顔の上に手のひらをかざしました。彼女たちはお互いに前後に入れ替わりながら、アンシャールの言葉で何かを言って、それを数回繰り返しました。
突然、部屋の中のエネルギーと圧力の変化が起こりました。アンシャールの女司祭であるアリーとアリンは私の頭上の方向を見て微笑みました。私は頭を起こして、私の背後に誰が現れたのか見ようと振り返りました。
 
そこには背の高いアフリカ人風の男性が立っていました。私には以前見たアフリカのズールー族の映画を思い起こさせる容姿です。私はこれまでもこのET種族の人々には何度か会う機会があり、最後にミカに会った時に聞かされた話から、彼らが何者であるかよく知っていました。ミカは彼らのことをとても強力な「シャーマン一族の文明」と呼んでいました。
 
私たちの星団には50を超す人間種の文明があります。中でも最も注目に値する文明が、ドラコが決して征服することができなかった彼らの恒星系です。その住民たちは極めて進化した意識を持っており、彼らの恒星系を侵略しようとする者の意識を混乱させて、打ち負かすことができたのです。
 
彼らは人間型の種族で、ほとんど全く電力に基づかないテクノロジーを発達させていました。彼らは自身の精神的な能力を発達させ、遠く離れた場所から敵の心を混乱させたり、味方の心を落ち着けたりすることができるまでになったのです。
 
彼らのグループはこの星団にある全ての恒星系の人々に物理的に接触してきて、精神面・感情面での支援を申し出たり、少量の交易を求めたりすることで知られています。彼らの人口の一定の割合の人々はテレポーテーションの能力を持ち、他の世界を訪れることもできます。
 
このグループについてのもっと詳細な情報と彼らに関わる私のいくつかの体験については、近い将来にお伝えできればと思っています。中でも一番最近の体験が、初めて物理的に彼らの一人と交流したこの出来事だったのです。
 
テーブルの上に仰向けに寝ると、彼がとても素早く私の方に身を傾けるのが見えました。そしてきめの細かい青白い粉を吹きました。それが手に持った粉を吹いたのか、直接口の中から吹いたのかは、私の角度からは見えませんでした。
 
青白い粉の煙が私の両目の間に当たりました。アンシャールの一人が私の顔と目を布で拭いました。私の目は涙でにじみ、少しぼやけた視界にはダンスを踊り始めた男性の姿が見えました。
 
視界がはっきりしてくると、彼の顔が見えました。彼は大きく8の字にステップを踏んで、両腕を上下に振りながら、私にには聞くことも感じることもできないリズムに合わせて踊っていました。彼の足が床をこする音と、素早く大きく息を吐き出す音だけが聞こえました。彼は温かな笑顔をうかべ、その目は愛情に満ちていました
 
突然彼は足を踏み鳴らし、私にまっすぐ向けた自分の腕をピシャリと平手打ちしました。すると私は取り付いたエンティティが離れるのを感じました。それらが体から出ていくのを目視したわけではありませんが、はっきりと感じることができました。もう一度あたりを見回すと、部屋にはアリーとその姉しかいませんでした。
 
アリーから後で言われたのが、彼女たちは私が自らこの厄災を招く姿を落胆の思いで見ていたということでした。私の波動が下がって均衡を失ったために私と連絡が取れなかった間、彼女たちは代わりに私のチームのメンバーの一人にコンタクトを取り始めたのだと言っていました。
 
アリーの話では、このチーム・メンバーは私と似たような学習過程を経ていて、近い将来の継続的な情報のダウンロードと夢を通じてのコミュニケーションに備えているそうで、彼女たちは続けてそれ以外の私のチームの数人のメンバーも、用意ができ次第、私と同様の導管として役割を与えるつもりだと言っていました。
 
彼女は私に再度、私たちが集合意識としてポジティブなタイムラインを実現するために残された時間はわずかであると知らせました。彼女は私がアンシャールを訪れた3日間と、その時にあったある出来事の話を持ち出しました。
 
その出来事については将来的に詳細をお伝えするつもりでいます。アリーは彼女が訓練している別の地表の人間と一緒に、私にエネルギー・ワークをさせたのです。その時はグループで集められて、私はとても恥じ入る結果となりました。
 
そのワークは目的通りに進みました。そこで明らかになったことが、私のエネルギーの経路にアンバランスが生じているということでした。それは私が高密度の意識を持った生命体と立て続けに遭遇していたせいなのです。私の上部のチャクラはその高いエネルギーでうなるように活性化され、一方で下部のチャクラは本来あるべき振動数よりずっと低かったのがいけなかったのです。
 
私は自分の過去に起因する特定のトラウマをまだ解消できていないと言われました。そのことで私のエネルギー・バランスが崩れているだけでなく、それが私の足かせとなっており、ネガティブなエンティティが入り込んで付着する隙きを与えていたのです。
 
私はそのカルマの解消が進展していれば、2018年の8月にアンシャールたちとの30日間の集中滞在に招待されるはずでした。私は明らかに彼らの要求とは真逆の状態だったので、その申し出は私がきちんと自分の問題に取り組むまで延期だと知らされました。
 
アリーは私のトラウマのことはよく知っています。彼女と私は以前「マインド・メルト(心の融合)」をしたことがあるからです。この「融合」により私の意識は大きく拡大し、多くのとてもポジティブな変化をもたらしてくれました。
 
ただ私が知らなかったのは、アリーとアンシャールの集合意識にとってはこれがネガティブな効果を生んでいたということです。彼女は不安定な第3密度の感情や、彼女自身の個人的な人間関係が他のアンシャールたちと異なっていることから生まれる混乱の感情に対処しなければならなかったのです。
 
アリーの私との体験を集合意識に統合することは、アンシャールたちにとってしばらくの時間を要しました。アンシャールの長老の一人が私に言いました。その体験は彼らにとってとても不快ではあったが、私たちのことをより良く理解するための参考の基準となり、少し私たちの立場に寄りそった見方ができるようになったと。
 
私は家に帰され、自身の問題と、本当にしくじってしまったという胃の悪くなるような気持ちに向き合い始めました。
 
この体験のほとんどすぐ後に、私はいつものアライアンス(地球同盟)の面々から接触を受けました。彼らは私に怒っていて、なぜ私がもう一人のアセットに伝令を届けなかったのかと責めました。いつも私はある共通の協力者に、状況報告をするように、とか、会合やグループ・チャットに参加するように、といった連絡を回すよう頼まれているのです。
 
私がステロイドの副作用を発症している間に、どうやら彼らは私が以前もこなしてきた、その日常的な仕事を私に依頼していたのでした。私は普通であれば18時間以内にはそのような要求には応えていたのですが、疲れてぼろぼろの状態にあった私は完全にそれをすっぽかしてしまい、さらにはいつそれを頼まれたのかすらも思い出せない有様でした。
 
彼らはその状況に過剰に取り乱しているように見え、奇妙な振る舞いを見せたり、警告を口にしたりしていました。彼らはまた妙に私のチーム・メンバーの一人について情報を聞き出そうともしていました。
 
その数週間後、私がかつて定期的に話していた主な情報源の一人が連絡してきて、私に情報の届け役を依頼していた両方の人間とも、裏切り者であった嫌疑で尋問にかけられていると教えてくれました。
 
私はそうと気づかないうちに罠を回避していたのだ知りました。私はもしその情報を届けていたら、自分にとっても家族にとってもかなりまずい立場に置かれるはずだったのです!
 
この二人は私に先進技術についての分厚い書類を渡し、私に「本物であるとの証明」を受けさせに行かせるよう手配したのと同じ人間です。私が書類の「鑑定人」から銃を向けられて書類を奪われたのも、実は最初から彼らが仕組んでいたことだったのです。(※シーズン9エピソード3後半参照
 
この情報には続きがあり、私はここ数週間のアライアンスの活動に重大な停滞が生じていると聞かされました。アライアンスはスパイに潜入されており、アライアンスの各派閥がお互いを信用できなくなるような戦術が用いられてきたそうなのです。
 
話によれば、この戦術はかなり効き目があったようで、アライアンス間の信頼関係はあやふやなものになってしまったそうです。作戦上極めて重要で信頼が築かれていたアライアンス間の関係が、スパイたちのずる賢い心理戦(サイオプス)によって、疑問符がつく結果となってしまったのです。
 
この戦術にはまってしまった2、3のアライアンス派閥が、他の派閥のメンバーをハイテクとローテクな方法を通じて、罠にかけるという手段に出ました。こういった派閥間の信頼の欠如が、現場の人間への作戦情報の伝達に、ほぼ完全に支障をきたす原因となったのです。
 
私はさらに、アライアンス(地球同盟)はMIC(軍産複合体)秘密宇宙プログラムの部分開示案に完全合意したと聞かされました。アライアンスはこれから2020年に向けて、全力を上げてアメリカ宇宙軍を宣伝していくということと、MICが所有するトライアングル型機を一般人が目撃する機会をますます増やしていくつもりだということでした。
 
彼らはMIC SSPの部分開示(パーシャル・ディスクロージャー)の語り口を大胆に推し進めてつもりだそうで、カバールの多くを無関係の犯罪で裁判にかけるか、軍事法廷で内密に裁くつもりだと聞きました。私は以前から何ヶ月もの間、軍事法廷が「準備運動」を始めていて、主要な州検事たちや連邦地方検事たちと連絡を取って、協同して動けるように調整していると聞いていました。
 
この話が意味するのは、今後は完全開示(フル・ディスクロージャー)を支えるどの堅実な語り口も、一度は私たちの味方だった人々によって矮小化され、信用を毀損されていくだろうということです。カバールの多くを秘密の軍事法廷で裁くという協定が交わされたということは、同時に他の多くのアライアンス・グループも戦々恐々としているということです。
 
私は聞かされたことに異議を唱えたところ、このように言われました。彼らが今後10年から20年かけて公開する予定のテクノロジーは世界を変えるだろうという事、しかし地球人口はすでにぼろぼろに傷つけられてきたという事。それゆえに地球同盟はこれらや他の2、3の点で意見が一致せず、つまらない内紛が起きていると。
 
どうやらアライアンスの主導的グループが通常の意思決定手続きを経ずに、独断でいくつかの協定を交わしてしまったのだということが判明しました。このことがアライアンス内のある主要メンバーたちが、そのリーダーシップに少々の不信感を抱かせることにつながっているのです。
 
私の直接のアライアンスとのつながりが失われ、アライアンスの階級内の紛争もあって、私へのほとんどすべての高レベルの最新情報は途絶え、この先のブリーフィングの機会も失いました。たまに単発でざっくりとした概要を教えてもらえることもありますが、それもこちらから尋ねた時だけです。
 
色々なことが起きている中でも、何よりこの話には心が折れました。控えめに言っても。それ以来私はかつては味方のアセット(協力者)だと思っていた人々が、突然FDP(フル・ディスクロージャー・プロジェクト)運動に反対する側に回るのではと疑うようになりました。
 
以来私と私のチームは自分たちのプロジェクトのいくつかに専念してきました。それがやっと日の目を見ることとなります。
 
ロジャー・リチャーズは最近になって彼の初の映画『アバーブ・マジェスティック』を完成させました。これは2018年のハロウィンに公開されます。オーチャードの配給によりiTunes、Xbox、 Amazon Prime、VUDU、Google Playで世界同時配信されます。
 
私たちはグラフィック・ノベル(漫画)の方も仕上げに入っています。これらはすでにたくさんの予約注文が入っていて、10月末に入手可能になります。このグラフィック・ノベルの先行販売の大成功は私たちにも想定外でした!
 
2018年のハロウィンにコロラド州ボルダーで、映画と漫画の初披露イベント「マジェスティック・マスカレード」を開催します。http://majesticmasquerade.com
 
それだけでなく、私たちは一般向けにディスクロージャー関連の豊富なコンテンツを大量に届けるためのキャンペーンを立ち上げます。映画と漫画の公開と連動して、そちらにも期待して頂き、コロラド州ボルダーに来られない方もこの運動に関わっていって頂きたいと思います。
 
今後の数ヶ月、フル・ディスクロージャー・プロジェクトからのさらなる発信に注目しておいて下さい。私たちはカバールの打倒から世界人類の精神的な目覚めまで、広範な話題についてのドキュメンタリーをリリースしていく予定です。
 
私のチームも成長を続け、私たちの声は一つに結集し、信じられないほど創造的なプロジェクトを生み出してきています。
 
私たちはまだ始まったばかりです。
 
私たちはこのことについて、近いうちにもっとお伝えできるはずです。
 
これらのプロジェクトの目標は、秘密宇宙プログラムとディスクロージャーの話題をメインストリーム(主流)化させるだけでなく、聴衆の意識を引き上げることです。私たちはこれが、新たに目覚めた人々が抑圧されてきたテクノロジーの公開を求める運動へと発展することを期待しています。
 
私たちはたった今、一般大衆に大きな目覚めが起きているのを目撃しています。もし私たちが目覚めのプロセスを加速させるメディアを生み出せれば、私たちはこのコミュニティにとどまらず、世界の大衆に影響を与えることができます。
 
もし『アバーブ・マジェスティック』を見た誰かが、それをきっかけに興味を持って、さらに秘密宇宙プログラムについての長編映画やドキュメンタリー・シリーズを見に行った先で、ETや離脱文明の存在は事実だと主張されていたら、どうでしょうか?
 
そうすれば何百万人もの人々が、Googleで他に私の情報がないかと検索するようになるでしょう。彼らはそこから今度は枝分かれするように、このコミュニティで何十年と開示に努めてきた他の人々の情報をも目にしていくことになるでしょう!
 
私たちがUFO研究や秘教のコミュニティから正確な情報をメインストリームへ届けることができれば、どちらのコミュニティも、これまでずっと関心をもたせることが叶わなかったタイプの人々からも突然大きな関心を集めるようになるでしょう。
 
そうなったら、このコミュニティの真価がかつてなく試されることになるでしょう。
 
大衆の意識を拡大し、正しく導くために、もはや新たな宗教や信念体系は必要ありません。
 
私たちは、これまで私たちに対してネガティブなプロパガンダの道具として用いられてきたメディアを、今度は逆に精神を解放し、私たちの集合意識を拡大する道具として利用する機会を得ているのです。
 
私たちが目覚め、私たちの集合意識が拡大し、それから抑圧されてきたテクノロジーの公開を要求することが肝心です。そうして初めて私たちは真の自由を経験することになるのです。
 

∞ 抜粋しています。
 
「私たちはすでにスター・トレックのような社会生活を実現できるのです。そして私たちはその変化の潮流を作り出す真っ只中にいます」
 
これは、コズミックディスクロージャー・シリーズをお読みなっていらっしゃる方には常識ですね。私たちもまもなくスタートレックの世界に入ることになります。(^_^)♪
 
「私の肉体が統合することを覚えた(低密度の)エネルギーは、以来私の生理機能に変化を起こしています。(高密度の)存在との一連のコンタクト体験に伴うエンドルフィンの放出があって、それから一気にそれらが絶たれたことで、私の肉体はもとの低い周波数に合わせて調節しなくてはならなくなったのです。これは肉体的な消耗だけでなく、心理的にも精神的にも負担となります」
 
コーリー氏が3次元密度のエネルギ-レベルから自分の肉体の振動数を機械的、生物学的を上げたのは、ラー・ティール・エールやアンシャール、それにブルーエイビアンズやガーディアングループという高振動の生命体と会うためです。つまり、コーリー氏は私たちに先立って肉体のままに高次元の振動数を体現したのです。
 
でも、皆さんお気づきのことと思いますが、私たちも現在少しずつではありますが次元上昇中です。それを意識しないのは環境となる地球も同時に上昇しているからですね。ですから自分が次元上昇しているとは思っていない人も少なからずいらっしゃるはずです。(^_^;) ヤミチャン ハ カンゼン ムシヤナ。
 
「・・、アライアンス間の信頼関係はあやふやなものになってしまったそうです。作戦上極めて重要で信頼が築かれていたアライアンス間の関係が、スパイたちのずる賢い心理戦(サイオプス)によって、疑問符がつく結果となってしまったのです」
 
これはコブラの状況報告にもあって、同盟内で事がスムーズに進まないとコブラが嘆いていました。これがその真相だったのですね。
 
「・・アライアンス(地球同盟)はMIC(軍産複合体)秘密宇宙プログラムの部分開示案に完全合意したと聞かされました。・・」

これが起きたのはアライアンス間の信頼関係はあやふやなものになったから?

「アライアンスの主導的グループが通常の意思決定手続きを経ずに、独断でいくつかの協定を交わしてしまったのだということが判明しました。このことがアライアンス内のある主要メンバーたちが、そのリーダーシップに少々の不信感を抱かせることにつながっているのです」
 
結局のアライアンスの主導的グループの独断で部分開示案に完全合意したようですが、私たちは絶対に完全開示を要求するでしょうし要求しなければなりません。
 
コーリー氏は新たに目覚めた人々が抑圧されてきたテクノロジーの公開を求める運動へと発展することを期待しています。そして、秘密宇宙プログラムとディスクロージャーの話題をメインストリーム(主流)化させるだけでなく、聴衆の意識を引き上げるプロジェクトを立ち上げるようです。
 
しかし、情報開示については光の銀河連合とのコンタクトが正式に始まれば即、全面開示されるでしょう。なぜなら、光の銀河連合とコンタクトする頃には闇さん達は一掃されているからです。(^_^)v
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | コーリー・グッド | 21:56 | comments(0) | - | - |
米国国防長官ジェームズ・マティスという男 (10/11)
∞  この記事はリンク先も含めて全て読んでおくべきと思います。良い記事です。(^_^) 

 


 
米国国防長官ジェームズ・マティスという男
2018年10月11日
 
 
‖荵絢\こβ臉錣量ち核瓢澆彼の最大の願い
https://www.fnn.jp/posts/00359150HDK
 
マティス国防長官はトランプ大統領の「なぜ、韓国に米軍を配備し国費を浪費するのか?」という疑問に対し、「第三次世界大戦を防止するためだ。」と答えています。
 
また、トランプ大統領がシリアでのカバールの偽旗事件の真相も知らずに、アサド大統領がシリア国民に化学兵器を使用したと信じ切ってアサド大統領の暗殺をマティス国防長官に命じた時、マティス国防長官はその命には「イエス」と応じました。
 
しかし、部下にはアサド大統領の命には別状のないシリアへの攻撃を命じて、シリアがカダフィ暗殺後のリビア、フセイン処刑後のイラクのような混乱が発生し、カバールが望むようなテロリストの温床と化すのを防ぎました。
 
カダフィ暗殺後のリビアに関する分析記事はこちら
 
ブレア英国元首相が、フセイン排除がISISのイラクでの台頭を許したと認めたことを報道した記事はこちら
 
そして、カバールが望んでやまない第三次世界大戦が中東で勃発するのを未然に防いだのです。
 
▲蹈轡◆中国には是々非々で対応
 
ロシアにプレアデス人が、中国にドラゴングループが関与しているからといって完全に光の勢力の支配領域であるわけではありません。これらの国にも闇の勢力が暗躍しています。
 
ロシアが最新ミサイルシステムを紛争当事者国に売り込んでいることを示唆している記事はこちら
 
ロシアはカバールの巣窟アメリカに次ぐ武器輸出ランキング世界第二位
https://www.businessinsider.jp/post-163973
 
中国政府に反旗を翻した法輪功信者や独立運動を繰り広げるウイグル人から臓器を取り出して臓器ビジネスにいそしむ中国の闇を告発した記事はこちら
 
国際協調を全く省みず、国際仲裁裁判所の判決を無視して海洋利権の確保に野心をむき出しにする中国
https://www.jiji.com/jc/d4?p=ume622-jpp021852003&d=d4_tt
 
これらに対してマティスはトランプとは一定の距離を取りつつ、両大国を牽制しつつも対話の窓口を開いておくことも忘れない。
https://yoshiko-sakurai.jp/2017/06/15/6882
 
http://www.afpbb.com/articles/-/3113927
 
E┐筌肇薀鵐廚砲牢蕎霤に対応せず、墓穴を掘らない
 
マティスはカバールの刺客ボルトン大統領補佐官に対しては露骨に対立することを避け、ボルトンが第三次世界大戦を焚きつけようとする目論見を巧みに火消ししています。
 
マティス国防長官、ボルトン大統領補佐官との初対面で強烈な皮肉
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20180330-00083353/
 
ボルトンが米朝首脳会談を潰そうともくろんだが・・・
https://www.sankei.com/world/news/180516/wor1805160037-n1.html
 
マティスがこれを火消しする
http://www.koryojournal.news/?p=566
 
ぅ泪謄スの絶妙なバランス感覚
 
北朝鮮に圧力をかけつつ北朝鮮への過剰な刺激は避ける
https://www.sankei.com/world/news/180830/wor1808300004-n1.html
 
マティスがトランプに罷免された時、同盟の長年の夢は大幅に後退を余儀なくされるでしょう。
 
銀河連合が銀河法典に謳っている自由意志の尊重を重視する限り、地球同盟の地球解放運動が大幅な後退を余儀なくされたならば、彼らがイベントを起こすことはできません。
 
一部のライトワーカーの意向のみを受け入れてほとんどの地球人の自由意志による意向を顧みずにイベントを強行すれば地球は大混乱に陥るでしょう。
 
だからこそ、トランプに面従腹背し、トランプの解任砲の直撃を避けつつ陰でトランプの尻ぬぐいをする忍耐の日々が続くマティス国防長官なのです。
 
地球人の意識の啓蒙を果たすには、デイヴィッド・ウィルコックと協同したキーホール作戦の事後リークなど、フルディスクロージャーに向けた段階的開示も必要なのです。
 

∞「former-spiritual-light」さんには大感謝ですね。アメリカの闇の実態がよく分かりますし、マチス氏の孤軍奮闘的な状況もよく理解できます。願わくば、この危機を乗り切るために、そしてマチス氏の為にもトランプ大統領が聞き分けの良い、「良い子」でいてくれることですね。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | former-spiritual-lighter | 18:56 | comments(0) | - | - |
RV/インテルアラート:[変更](10/10)
∞  金融システムに大きな変化・・・RV、金融リセット? (^_^)

 


 
RV/インテルアラート:[変更]
2018年10月10日
 

情報源によると、米国財務省は、(金融)システムに大きな変化が起こると予想している。
 
株式市場の修正はインバウンド(内向き)であり、RVリリースは修正中に経済を財政的に安定させると言われている。
 
ジンバブエは世界で最も豊かな国ですが、まだ貧しい国です。
 
ジンバブエは、グローバル通貨のリセットの基礎を独自に設定している。
 
超高層ビルは、強固な基礎がなければ立つことはできません。
 
2つの異なる現実がリアルタイムで共存しています。 1つは公開され、もう1つは非公開です。
 
世界にはジンバブエ(鉱物)が必要であり、ジンバブエには世界(RV)が必要です。
 

∞ 米国財務省の予想ですから、それなりの根拠があると思われますが、ジンバブエのRVが引き金となって金融リセットが・・・という展開でしょうか?
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 08:26 | comments(0) | - | - |
危険な兆候 同盟とカバール全面衝突の予感 (10/10)
∞ ヒラリー・クリントン、とっくに消えた存在かと思っていたのですが・・・ (^_^;)

 


 
危険な兆候 同盟とカバール全面衝突の予感
NEW!2018年10月10日
 

記事1原文:https://www.foxnews.com/politics/hillary-clinton-democrats-cannot-be-civil-with-republicans-anymore
 
抄訳はじめ
 
ヒラリー・クリントン、民主党はもはや共和党とは市民的にやってはいけないと言及
 
ヒラリー・クリントンは火曜日のテレビでのインタビューの中で、民主党はドナルド・トランプ時代の共和党とは市民的にやっていくべきだとの考えを拒否し、より対立的で攻撃的な政治的アプローチを取るべきだと強調した。
 
「みなさんの依って立つもの、みなさんが大切にしているものを破壊する政党とはみなさんは市民的になることができない。」と、クリントンは述べた。
 
抄訳終わり
 
記事2原文:https://www.foxnews.com/politics/rand-paul-warns-of-assassination-after-kavanaugh-confirmation-i-really-worry-someone-is-going-to-be-killed
 
抄訳はじめ
 
ランド・ポールはカヴァノー連邦最高裁判事承認後の暗殺の危険性を警告「私は誰かが殺されることを本当に心配している。」
 
ケンタッキー州選出の共和党上院議員ランド・ポールは火曜日のインタビューの中で、加熱する政策論争は死に転じる可能性があると警告した。
 
「私は暗殺が起こることを危惧している。」と、ポールがケンタッキー州でのラジオ番組で述べた。「私は誰かが殺されることを本当に心配している。後戻りできないような対話をしている人間はこのエスカレートが暴力をもたらす可能性について責任を負うことを認識しなければならない。」
 
抄訳終わり
 
これより私見です。
 
私が”市民的”と訳した単語は原文では”civil”です。このcivilの反対語は実は英語では”military”つまり軍事的という意味なのです。
 
ヒラリー・クリントンが”cannot be civil”という言葉を用いたということは、カバールが同盟に対し「我々は暴力に訴えてでも同盟の目論見を阻止する。」と宣戦布告したと見てよいでしょう。
 
ですから、ランド・ポールはカバールの暴力的手段による暗殺が起こることを警告したのです。
 
実際、一週間前に警告が発せられました。
 
以下の人物に猛毒リシンを含むヒマ/トウゴマの種子が送付されたのです。
 
トランプ大統領
マティス国防長官
リチャードソン海軍大将
セッションズ司法長官
プーチン大統領
エリザベス女王
https://jp.sputniknews.com/incidents/201810065424355/
http://www.afpbb.com/articles/-/3191878
 
マティス国防長官とリチャードソン海軍大将は現役および退役軍人の有志グループであるQグループの一員であることは間違いないでしょう。重要閣僚クラスでない限り、大統領専用機の大統領執務室に入って写真を撮ることなどできません。軍関係者でそんなことができるのはマティス国防長官だけです。
 
セッションズ司法長官はカバールの封印された起訴状の開封と大量逮捕の総指揮を取る人物です。
 
プーチン大統領の背後には銀河連合の一党であるプレアデス人がついているとコブラが常々言っています。
 
エリザベス女王はトランプ大統領が訪英した際、トランプ大統領に道を譲り、中央の場所を譲ることによって降伏の意を示したカバールです。
 
ただ、チャールズ皇太子やウィリアム王子など他の英王室メンバーが全く姿を見せなかったことをよく考えるべきです。
 
英国王室はエリザベス女王しか降伏していないのです。
 
ですから、カバールにとってはエリザベス女王は裏切り者です。
 
カバールは猛毒リシンを送ることによってはっきりと暗殺の対象を示しました。
 
トランプ大統領、Qグループ、大量逮捕の実行者、そして、カバールを裏切った者です。
 
大量逮捕の実行者ですから、セッションズ司法長官だけでなく、ヒューバーユタ州検察官、ホロウィッツ司法省監察官、連邦最高裁の同盟側判事なども含まれるでしょう。
 
同盟にとって、正念場となりました。
 

∞ 闇さん達は負け犬の遠吠えでは終わりそうになく最後の最後まで戦うでしょうし卑怯な手も使ってくるでしょうね。でも使える手段は限られているようです。この状況で同盟が一枚岩となって予定されているイベントをどのように進展させていくかが注目ですが、ともかく、まずはリセットが必要です。リセットで新金融システムが稼働します。その後の流れは光優勢ままに進展していくでしょう。
 

(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | former-spiritual-lighter | 17:26 | comments(0) | - | - |
RV /インテルアラート[制限] (10/09)
∞  今、世界は嵐の前の静けさの中にあります。(^_^)♪

 


 
RV /インテルアラート[制限]
2018年10月9日
 
 
ソースは、移行を開始するために "システムを中断"するのを待っています。

インテルはここ数日間、活動を制限されている。

私たちは最終的な対決を待っている。
 

∞ “システムを中断”とは旧金融システムの停止で、“量子金融システム金融システム”への切り替えをするためのようです。既にここまで準備が整っているということですね。もし、この新旧システムの切り替えが成功すれば、ハザールマフィアさん達は一瞬で破産します。つまり、光の勝利が決定的になります。ですから光の勢力は今、非常に慎重に行動しているものと見られます。インテルも箝口令に従っています。正に最終対決ですね。(^_^)v


(^_^)/
posted by: Michi&Mirai | michi & mirai | 11:16 | comments(0) | - | - |