Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
2017/10月前半 プレアデス艦隊の移動があったようです。(^_^)  
10月前半 こちらは地球の歴史的イベントを見学に来たETの団体さんかも?(^_^;)
New Entries
Links
                
Recent Comment
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
PFC−JAPAN アントワイン (10/17) 小型のネガティブプラズマ生命体
∞ コブラインタビューでおなじみのアントワインさんからの投稿です。  

 


 


PFC−JAPAN アントワイン
2017年10月17日
 
小型のネガティブプラズマ生命体


アントワイン投稿のこのテーマはかなり気持ち悪いですが、不幸な真実ではありますが、この惑星の状況はほぼ例外なく全く気持ち悪いものであったということをいつかは受け入れなければいけません。
 
コブラが投稿していたように、最近のヤルダバオートは弱体化しており、隠れていた小型なネガティブプラズマ生命体がむき出しになり、除去されています。また、大型の虫型生命体についても言及されていて、他にも無数存在するとされています。
 
この惑星に暮らしている私たちは全員がヤルダバオートの身体の内部にいて、惑星の地表は信じられないほど汚染されています。
 
コブラが確認したところによれば、地表にいるこういった小型生命体には主に2つの宿主があります。つまり、私たちの身体と電子デバイスネットワークです。
 
コブラはまた、私たちの身体には次のような物理的アンカー(錨)が仕込まれていると説明しています。
 
さらに、電化製品、つまり全てのコンピューターと携帯電話にはファジー論理に基づいたソフトウェアがアンカーとして仕込まれており、WiFi ルーターにも仕込まれていると説明されています。2013年からは、それ以降に製造された全てのデバイスに強力なネガティブプラズマ場を発生するプラズマチップを挿入することで、アンカーが強化されています。
 
私たちの身体にはネガティブプラズマ場を発生するインプラントがあり、そのプラズマ場は虫型生命体に栄養を与え、アンカーを支えています。
 
つまり、人間社会はヤルダバオートの宿主と小型生命体の宿主として奉仕してきたのです。
 
人間の身体には、私が把握している限りでは、インプラントが主に腹部と頸部、および頭部に埋め込まれています。なぜならここが人間の行動に一番影響を与えることのできる場所だからです。このため、頭部および太陽神経叢は、私たちの意思を人格レベルに固定する意思能力のアンカーとなっています。これを反映しているのが、この二つの司令塔から物理レベルで私たちの神経系統を監視し、身体全体をコントロールすることができるという事実です。こうやって身体が乗っ取られているのです。
 
以下の記事では、例えばセロトニンは90%は腸でできるというように、いくつかの観点から腸が「第二の脳」の働きをするということが十分に立証されています。
 
一つ考えておかなければならないことは、食物に対する異常な欲求や味覚は操作されていて、寄生虫の栄養になるものを食べたくなるように仕組まれているということです。例えば腸内細菌の種類は食事が変わると完全に変わってしまい、病気になる腸内細菌もあれば、健康になる細菌もあるのです。
 
そしてもちろん、細菌の種類が変わればプラズマ界で宿主となる意識の種類もネガティブやポジティブに変わります。ですから、寄生虫を取り除くには、物理的、非物理的レベルの双方に働きかけるのが最も効率的でしょう。非物理的レベルでは、紫の炎やANの白い火を使って取り除くのが良いでしょう。
 
最も重要なのは、プラズマ寄生虫(身体、電子デバイスの双方にいる)およびインプラントは、惑星中を取り巻いているネガティブなプラズマネットワーク全体や大型生命体に、ネガティブなプラズマフィラメントでつながっています。そして、このようにして監視を続け、人類に対してネガティブな行動や衝突、そしてネガティブな状況をかなり嫌なくらい正確に企てることが可能となっているのです。
 
もっとエソテリックなレベルでは、人体では、プラズマ寄生虫およびインプラントをメンタル界にある皮膜と対応させる形で物理、プラズマ、エーテルレベルに配置しており、これによってハイヤーセルフが人格レベルと分離させられています。つまり、彼らの最終的な目標はハイヤーセルフとのつながりを妨害することなのです。その場所が太陽神経叢および、アルタメジャーセンターと呼ばれる脊椎が脳と交わる場所です。
 
ですから、いつものようにハイヤーセルフともっと繋がることが低次ボディを浄化し、健康を維持することにつながり、これが惑星のエネルギー場の浄化を進めることにもつながるのです。
 
ハイヤーセルフの意識はハイヤーセルフ以下全てのボディを通って肉体まで、私たちのボディ全てに固定されていなければなりません。低次ボディは楽器のようなもので、それ自体に生命はなく、ハイヤーセルフのみが楽器を奏でているのです。ハイヤーセルフが低次ボディを所有していなければ、ほかの意識が宿主として利用し得るのです。ハイヤーセルフの存在は安定した浄化、プロテクション、決意をもたらす唯一最良のものなのです。
 
Victory of the Light By  PFC-JAPAN 10月 17, 2017
TUESDAY, OCTOBER 17, 2017
翻訳:エル PFC-JAPAN

 
∞ この記事は深読みすると、多くの重要な気づきが得られますね。(^_^)/
 
我々が、主に腹部と頸部、および頭部に埋め込まれているインプラントによってハイヤーセルフと繋がれないようにされている理由や、また、物理的には食物に対する異常な欲求や味覚は操作されていて、寄生虫の栄養になるものを食べたくなるように仕組まれていること、それに人類の監視のためにネガティブな行動や衝突、そしてネガティブな状況を企てるなど人間をコントロールしている実態が明らかにされています。
 
現在、このような状態が、プレアデス艦隊によるヤルダバオートへの攻撃で解消されつつあるようですが、完全に解消するとなれば人体に埋め込まれたインプラントを全て除去することと、全てのコンピューターと携帯電話およびWiFiルーターにはファジー論理に基づいたソフトウェアがアンカーとして仕込まれているので、それを完全に消去をしなければなりません。
 
その方法として、ハイヤーセルフともっと繋がることが、自分の低次ボディを浄化し、健康を維持することにつながり、これが惑星のエネルギー場の浄化を進めることにも繋がることになります。
 
(^_^)/





 
posted by: Michi&Mirai | PFC-JAPAN*_コブラ | 12:06 | comments(0) | - | - |
コブラ (10/10) PFCのコブラインタビュー (後半)
∞ 後半です。前半はこちら (^_^)

 


 
コブラ
2017年10月10日
 
PFCのコブラインタビュー (後半)


Lynn – レプリケーターを持つようになっても、アートや手作りの製品は残りますか?
 
COBRA – はい。レプリケーターは、日用品を複製しますが、本物のアートは同じように複製ができません。なぜならオリジナルのものは・・・レプリケーターで複製されたものは、そうであるという印がつきます。よって、オリジナルは複製されたものでないとわかるのです。(なるほど)
 
Lynn – こちらの質問者から、続きます: アート作品をコピーするのは簡単ですか?
 
COBRA – はい、しかし、全てのレプリケーターにはプロテクト機能があり、アート作品には固有のエネルギー的な印があり、それは容易に複製ができなくなっています。 (アーティストが喜びますね。ありがとうコブラ)
 
Aaron – 次は特に北朝鮮についてのアップデートについてです: 北朝鮮についての報告はないのですか?ライトワーカーが北朝鮮の問題について、できることは何かありますか?
 
COBRA – はい、いつでも瞑想をすることにより、状況の鎮静化ができますよ。
 
Aaron – それはレジスタンスからの提案と同じ解決策ですか
 
COBRA – はい。もちろんイベントが起これば、全て解決することです。 (OKありがとう)
 
Lynn – コブラ、光の勢力によって、まだ尊重し維持している光と闇の間の契約について、簡潔に説明してください。
 
COBRA – 契約ということではありません。誰が何をするかという点について、動的な均衡状態があるのです。光の勢力も、闇の勢力も、自分たちの一線を越えることはしません。光の勢力は、地表の人と物理的なコンタクトをとろうとはしません。闇の勢力は、惑星上で大規模な大量虐殺をおこすことはありません。それが今起きている、両極の状況です。(なるほど)
 
Aaron – コブラ、ヤルダバオートやブラックストーン、トップレット爆弾についての最新情報をいただけますか?
 
COBRA – ブラックストーンは完全に除去されました。ヤルダバオートはほとんど力を失いましたが、他のエンティティーが出現しました。しかしそれもいま掃討されています。トップレット爆弾も徐々に取り除かれています。(わかりました)
 
Lynn – なぜ、時間が遅くなったような感覚になることがあるのですか?実際に起きているのか、それともただの心配しすぎでしょうか?
 
COBRA – 単純に、自身が願うように物事が変わっていかないことに対しての、普通の心理的な反応です。客観的な評価はありません。単に: 時間がかかり過ぎているし、その状態が長い期間続いている。特に新しいことではなく、進行中のことです。(ええ)
 
Lynn – あなたが定量的な質問がお好きでないのは承知の上ですが、私たちは前進しているように見えますし、あなたからパーセンテージや前進を示す数字をいただいたら盛り上がります。私も同じ考えです。ごめんなさい、コブラ。
 
COBRA – OK。私はパーセンテージを提示することが好きではありません。なぜなら、特に光の勢力の重要な作戦進行中などに、聞いているのは私たちだけではないからです。今年はそのような作戦が数多くあります。情報を与えすぎることは賢いことではないですし、それもあって私の報告は短くなっているのです。重要な作戦と折り合いをつけるため、多くは言えないのです。 (理解しました。ほかの方も理解いただけますと幸いです。)
 
COBRA – はい、そうです。
 
Aaron – イベントが起きる時、外にいても安全ですか?何か地球の変化が起こるのでしょうか?
 
COBRA – 外にいても安全です。地球の劇的な変化は、その時点ではないでしょう。(よかった、ありがとう)
 
Lynn – コブラ、魂が入るのは子宮内ですか、それとも出産時ですか?
 
COBRA – ほとんどの場合、2か月〜3か月目の間から、6か月〜7か月目の間に起きます。稀にその前や、後にも起こります。おおよそですが、このような感じです。
 
Lynn – 2か月〜4か月目の間ということね。
 
COBRA – 2か月〜6か月目と言えます。(OK, ありがとう)
 
Aaron – 次の質問です: セントラル種族は、アルコンの操作の下で、高度に進化したのですか?コブラのお考えを聞かせてください。
 
COBRA – セントラル種族はアルコンとは関係なく、完全に独立した進化をしました。 (OK ありがとう)
 
Lynn – あなたは以前に言いました: 「2011年の11月11日までに、この惑星の全てのネガティブな時間軸は崩壊し、ポジティブな未来が確定しました。ほかの地球はもうなくなりました。したがって、この惑星と、その住人の、輝く未来が確実となったのです。」 これは、平行世界の地球もそうなのですか?平行地球や、平行の私たちもいるのですか?(いいえ)

コブラ、わかりますか?
 
COBRA – はい、わかります。しかし、答えはNoです。
 
Lynn – しかし、最初の部分は合ってますね?
 
COBRA – はい、はい、当時私が言ったことには同意します、ええ。
 
Lynn – 平行地球と、時間軸の違いは何でしょう?
 
COBRA – 時間軸は単純に、未来の可能性です。平行地球は、何が起きているかを説明するときに使われる、概念です。(OK, ありがとう)
 
Aaron – 自分の波動を上げて、身体の生理機能を変える具体的な手順や儀式はありますか?
 
COBRA – ライトボディーを活性化して繋がる、アセンションの儀式があります。一定のレベルに達すると、身体の生理機能を変えることができます。
 
Aaron – 質問者から:バイオキネシスですか?
 
COBRA – いえ、いえ、違います。
 
Aaron – さらに質問者から: それは、骨を再成長させたり、目の色を変えたりできるようになるのと、同じ手順ですか?
 
COBRA – ある時点で、それは結果としてあり得るでしょうが、まだそこにはいません。 (OK, ありがとう)
 
Lynn – コブラ、私たちが24本のDNAを作り直すことができるということについて、どう感じられますか?
 
COBRA – 24本のDNAには同意しません。これは途中で入ったニューエイジ思想の一つです。(Ok, ありがとう)
 
Aaron – 本当ですか、それとも嘘ですか?
 
COBRA – 繰り返しますが、これは途中で地表の人たちに入った、ただのニューエイジ思想です。
 
Aaron – こちらをもう少し掘り下げたいのですが、私たちのDNAは2本ですね。
 
COBRA – はい、DNAは2本あります。
 
Aaron – なぜ、2本から、12本、24本となるのかがわかりません。
 
COBRA – その通り、私たちの物理的DNAは12本や24本ではありません。
 
Aaron – それはそうですね。何年も聞いてきたことなんです。恐らく噂や神話だったのでしょうか。
 
COBRA – 途中で入ったニューエイジ思想です。ここでは常識を働かせるべきです。本を読んだり、代替えメディアやインターネットで調べたり。
 
Aaron – 最初聞いた時は理解できなかったけど、やっとクリアにできてよかったです。
 
COBRA – はい、基本的に私たちはエーテル界において12本のDNAを持っていますが、物理面では、持っていません。
 
Aaron – ああ、それは全然違いますね。
 
COBRA – 全く違う話です。ええ。
 
Lynn – 次の質問に移りましょう: ネット上では体外離脱について多くの情報がありますが体外離脱をするのは賢明でしょうか?
 
COBRA – 自分が何をしているか把握しているならば賢明です。違う次元を好奇心だけで探検することは賢明ではありません。
 
Lynn – OK。この質問者からさらに: 体外離脱体験は信用できますか?
 
COBRA – 体外離脱をすることにより、様々なことが可能になるため、いつでも安全とは言えないでしょう。 (OK)
 
Lynn – つまり、それをやりたかったら、まずやり方をまず聞くべきですか?それをどうやって安全かそうでないか識別するのですか?
 
COBRA – 勧めないほうがいいですね。もしこういった質問をされるのなら、やらない方がいいでしょう。 (OK, わかりました。ありがとう)
 
Aaron – 人間の行動と意識状態との関連上、「モナド拡張」とは何を意味していますか?
 
COBRA – 私があなたがモナド拡張で何を言いたいかを知る必要があります。モナド拡張は人や使い方によって意味合いが違ってくるからです。
 
Aaron – 引用符で表されていますが、私もよくわかりません。OK。
 
Lynn – 複数のバージョンの私たち自身が同時に存在しているという考えについて、コメントをいただけますでしょうか。
 
COBRA – ある意味、そうです。真実の自分、ハイヤーセルフがいて、私たちの物理的な肉体に具体化がされているのです。
 
Lynn – これらの複数のバージョンは、平行世界、次元、時間軸のものですか?
 
COBRA – 先ほど、この質問には答えました。(OK. わかりました)
 
Aaron – 大多数の人類は、すでにクローンされているというのは本当ですか?
 
COBRA – いいえ、本当ではありません。 (OK)
 
Aaron – 人々の「コピー」が惑星のあちこちで歩き回っていて、マインドコントロールによって利用されているのですか?
 
COBRA – ほとんどの場合、本当ではありません。(OK, それはよかった)
 
Aaron – こちら、いかが思いますか。現在、人類の何%がクローンですか?
 
COBRA – 非常に、非常に小さいパーセンテージです。
 
Aaron – 人間のクローンをつくるのは、複雑なことではないですか?まだ、かなり時間はかかりますか?
 
COBRA – クローンで身体は作れても、魂は作れませんので、人間を完全に複製することはできません。
 
Aaron – 成長中の外的要因もありますしね。
 
COBRA – 環境的要因には様々な要素があります。 (ありがとうコブラ)
 
Lynn – 魂をクローンに入れることは可能ですか?
 
COBRA – はい、もちろん。
 
Lynn – では、その人は、その体で、死ななければいけないのですか?
 
COBRA – そうしたければ、はい。クローンは物理的な体のコピーです。もちろん、魂をクローンに入れたり、出したりもできます。(へぇ〜)
 
Aaron – クローンはどのくらいで成長しますか?.
 
COBRA – クローンは結構早く成長します。とても進んだ技術で、数か月です。(ワオ)
 
Lynn – 「地球の軌道の速さ」が時速66,600マイルであるのは事実ですか?
 
COBRA – それにはいつも対象に関係するものの速さを測る必要があります。速度は常に相対的です。地球の速度を、何に関連して定義する必要がありますか?
 
Lynn – この人は次のように言っています: 「曲率は1マイル平方」は666フィートですか?「地軸の傾き」は66.6度ですか?
 
COBRA – その話は事実ではありません。
 
Lynn – このような惑星の次元数のオカルトや秘術的な意味は何でしょう?私たちの意識を下げたり上げたりするのでしょうか。どのように関係があるのでしょう?
 
COBRA – 関連性はありません。なぜなら、最低でも一つ、それらの数字に誤りがあるからです。(でも、2 つは合っていると?)
 
COBRA – この方が何をもって速度を測っているのかをしれば、あるいは分かるかもしれません。一定の状況下では合っている可能性があっても、この人物に定義などの十分な情報をいただかねば、わかりません。(ありがとうコブラ).
 
Aaron – コブラ、私は10年の間、GPSや国際的な物理学、数学をやって過ごしてきましたが、誤りがある数字です。時速66,000 でさえ理解できないですよ。
 
COBRA – 恐らく銀河にある、地球の速度に関係ある運動のことと思われますが、もっと情報が必要です。 (地球から出たら、どこかの真実のところがあるかもね。)
 
Aaron – 次の質問に移りましょう: プロセス・コレクションとは何か、ご存じですか?
 
COBRA – いいえ、こちらも答えることができません。(そうですね。あいまいです。ありがとうコブラ)
 
Lynn – コブラ、明晰夢は役に立ちますか?
 
COBRA – 役には立ちます。ええ。もちろん、正しい意識があれば、です。
 
Lynn – やって覚えるものですか、それとも時間をかけて習うことができますか?
 
COBRA – はい、導かれたら、そして自信があるのなら、こなせるはずです。
 
Lynn – 私たちのために、なにかおすすめできる信頼できる情報源などはありますか?
 
COBRA – eメールを送っていただければ、探すことはできます。今は持っていません。(OK ありがとう)
 
Aaron – 次の質問です: 人々は不可視なものに魅力を感じます。 –  グーグルで探せば、140もの映画がヒットします。「透明人間」だったり、ハリーポッターでさえ見えなくなるマントが登場しますね。なぜ、不可視なのでしょう?
 
COBRA – 人々は日常から逸脱したものに魅力を感じ、これもその一つです。
 
Aaron – 不可視化はクローキングの技術であって、実際には不可視ではないですか?
 
COBRA – 実際、光を跳ね返して、肉眼では見えなくするクローキング技術はあります。さらに進んだクローキングはフォトンや電子波動のテレポートができ、気づかれもしません。様々なアプローチがあります。
 
Aaron – このように人類は支配されてきたのでしょうか。 –  限られたものしか見えないようにして?
 
COBRA – いいえ、いいえ。
 
Aaron – 違う質問です: 闇の勢力は自分を見えなくして、私たちを支配してきたのですか?
 
COBRA – いいえ、キメラグループが非常に限られたケースで使うぐらいです。
 
Aaron – サイキックや直観が強い人は、人のエネルギーの場や、光や闇を「視る」ことができるようです。彼らは通常の人より広い範囲のスペクトラムを「視る」ことができるのでしょうか?
 
COBRA – ほとんどの場合、違います。(OK, ありがとう)
 
Lynn – イベント後の、アセンションの最中かその後、私たちの見える光の種類の幅が広がって、見えなかったものが見えるようになりますか?
 
COBRA – 起こるのは、高いチャクラによって、物理面以外の世界が見えるということです。
 
Lynn – それはイベントの後ですか、アセンションまで待たないといけないですか?
 
COBRA – イベント後の、アセンションプロセスの中の一定期間です。
 
Lynn – つまりイベントとアセンションには間があるのですね?
 
COBRA – はい、もちろん。何度も説明をしました。(OK)
 
Aaron – もっと人々が高次元からの介入を求めたら、惑星解放が早まると言えますでしょうか?
 
COBRA – はい、そうです。 (OK)
 
Lynn – オーブは移動用の乗り物ですか?
 
COBRA – ほとんどのオーブはただの・・・実際に、ほとんどのオーブはレンズの反射がそう呼ばれているだけです。
 
Lynn – 反射ではない、オーブについてお話いただけますか?
 
COBRA – 反射ではないオーブ。(はい) –  エーテルやプラズマの存在で、惑星の地表に近い領域に影響を及ぼし、一定の条件下で、人が見ることができます。
 
Lynn – 多くの人が、写真やナイトビジョンのスコープなどで見えますね。ほかの種類のオーブもありますか?色についても意味がありますか?
 
COBRA – はい、他の種類のオーブもあります。
 
Lynn – 色については?
 
COBRA – 様々な種類のオーブと、様々な色のものがあり、色は単に、彼らが別の世界からきた別の種の起源がある存在という意味です。
 
Lynn – 違う次元から来たのでしょうか?
 
COBRA – 彼らはエーテルとプラズマの存在です。
 
Lynn – OK. ネガティブなオーブもありますか?
 
COBRA – 非常に稀です。.
 
Lynn – オーブとコミュニケーションがとれたり、呼んだりできますか?
 
COBRA – はい、できます。
 
Lynn – ヒーリングで助けてくれたりしますか?
 
COBRA – はい、しますよ。(ありがとう)
 
Aaron – たまに、私はとても速く火花のような星が見えます。たまに動き回ったりします。これらは、ペアになっていて、3つか4つ見えます。これらは空にいるクローキングをしているシップなのでしょうか?
 
COBRA – はい、ほとんどの場合、そうです。
 
Aaron – もしかしてそれらが隠れていて、テレパシーが聞こえたら、コミュニケーションをとれるのでしょうか?
 
COBRA – できますよ。.
 
Aaron – どのくらい近くに来ますか?
 
COBRA – 場合に寄りますが、とても近くにまで来ることもあります。
 
Lynn – この方は他に:プレアデスのシップが西の空に見えます。空気汚染を綺麗にしてくれているのですか?そうでなければ、何をしているのですか?
 
COBRA – OK, プレアデスのシップを本当に見たかによります。ええ、プレアデスのシップ達は空気汚染を綺麗にしています。 (OK)
 
Lynn – コブラ、本当にありがとうございました。アーロンに最後の質問をいただきますね。
 
Aaron – これは早いと思います、コブラ。25%の人間は、人類ですか?
 
COBRA – いいえ。 (そうだったんですか)
 
Aaron – 75 %の人間は、人間ではなく、なんなのですか?
 
COBRA – この惑星の人々のほとんどは人間です。大多数はそうです。 (OK ありがとうコブラ)
 
Lynn – 144,000人が、他のどこかから助けにきたのですね。
 
COBRA – 多くの星系から、ええ。.
 
Lynn – コブラ、本日はありがとうございました。いつもお越しいただいて感謝しています。皆さまがこの10月の情報を楽しめるよう願っています。
 
COBRA – OK。 OK。 今回もありがとうございました。
 
Aaron – ありがとう、ではまた。
 
翻訳:NOGI  By  PFC-JAPAN 10月 10, 2017 
 

∞  あまり、目新しい情報はありませんが、いくつか気になるものはありました。
 
▼ 「・・ コブラ、第三次世界大戦が起きないと、私たちに保証をしてくれませんか?」

「COBRA – 北朝鮮がいくらなにをしても、大規模な核戦争は起きないでしょう。それは起きません・・」
 
▼ 「・・フルフォードも『我々は北朝鮮のロケットの実験を邪魔しないかわりに、北朝鮮を爆破した』と言っていましたが、本当でしょうか?」

「COBRA – ・・実際には、そうです。小型核爆弾が北朝鮮の地表の下で爆破されました。被害者はなく、北朝鮮への警告としてのものでした。しかし北朝鮮は警告としては受け取りませんでした」
 
▼ 「今起きていることの中で、どこまでが自然現象で、どこまでがカバールの作り出したことなのでしょうか?」

「COBRA – 基本的に、何が起きているのかというと、銀河の中心からの増量しているエネルギーに、この惑星が反応しているのです。そしてカバールはその自然の嵐を悪用し、できるだけ被害が多くなる場所へ行くように操縦しているのです。・・・例えばプエルトリコに最近したことなどです」
 
▼ 「彼らはまだ、何でもやりたいことができるほどの富を持っていますか?」

「COBRA – 彼らはまだ、何でもやりたいことを続けられるほどの富を持っています。」
 
▼ 「コブラ、光の勢力によって、まだ尊重し維持している光と闇の間の契約について、簡潔に説明してください」

「COBRA – 契約ということではありません。誰が何をするかという点について、動的な均衡状態があるのです。光の勢力も、闇の勢力も、自分たちの一線を越えることはしません。光の勢力は、地表の人と物理的なコンタクトをとろうとはしません。闇の勢力は、惑星上で大規模な大量虐殺をおこすことはありません。それが今起きている、両極の状況です」
 
▼ 「コブラ、ヤルダバオートやブラックストーン、トップレット爆弾についての最新情報をいただけますか?」

「COBRA – ブラックストーンは完全に除去されました。ヤルダバオートはほとんど力を失いましたが、他のエンティティーが出現しました。しかしそれもいま掃討されています。トップレット爆弾も徐々に取り除かれています」
 
▼ 「イベント後の、アセンションの最中かその後、私たちの見える光の種類の幅が広がって、見えなかったものが見えるようになりますか?」

「COBRA – 起こるのは、高いチャクラによって、物理面以外の世界が見えるということです」
 
(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | PFC-JAPAN*_コブラ | 11:16 | comments(0) | - | - |
コブラ (10/10) PFCのコブラインタビュー (前半)
∞  今回はいつもと違う視点かも。(^_^)/




 
コブラ
2017年10月10日
 
PFCのコブラインタビュー (前半)


Lynn –  2017年10月10日PFCによるコブラインタビューにようこそ。コブラ、今回もまたよろしくお願いします。
 
COBRA –  お誘いいただきありがとうございます。今はこのインタビューを続けるのにいい時期です。
 
Lynn –  まずはアーロンから最初の質問です。
 
Aaron –  やあ、コブラ。いつもありがとう。最初の質問です。面白い質問です。ニュースによく出ます。一番大きな出来事でした。10日前に起きたのラスベガスの銃乱射事件についてです。まず一人の目撃者の質問と、具体的なポイントについてみていきます。こちらは複雑な質問です。Youtubeやインターネットに多くの情報があり、その答えをいただきたいです。質問は: 10月1日にネバダ州のラスベガスで銃乱射/偽旗があり、58人が亡くなったと報道されていました。この事件には何か「大きな影」が後ろにいるのでしょうか?
 
COBRA – 基本的にこれは恐怖とパニックを引き起こすための、カバールの創作の一つに過ぎません。これは彼らの目的の一つであり、ベンジャミン・フルフォードの意見を加えますと: 大衆操作を促進させることで、治安維持関係の会社が儲かるように事件が創りだされたのです。背景にはそのような問題がありました。
 
Aaron – スティーブン・パドックを参考人として、彼が銃乱射の犯人だという主張がされています。彼が犯人だとかじゃないとか、様々な意見がありますが、質問者は: 彼は誰から訓練を受けたのですか?と聞いています。彼が犯人であれば適切な質問ではないかもしれませんが。
 
COBRA – 単に、そのような人を準備できるというカバールの様々な側面であり、そのような人はあらかじめよく訓練がされています。なので小さな作戦であり・・・複雑ではありません。
 
Aaron – 彼は武器販売会社ともいわれていますね。
 
COBRA – 銃を乱射したのは複数人いました。単独ではなく、少数がこの状況にかかわっていました。
 
Aaron – スティーブン・パドックは、はめられたスケープゴートということでしょうか。実行犯はいつも殺され、メディアはいつも単独犯に仕立て上げたがりますね。
 
COBRA – はい、まさに、まさに、そうです。
 
Aaron – 今やみんながスマートフォンを持っている時代で、記録がたくさんされています。離れたところからの自動小銃の発砲が聞こえ、マンダレーベイにいた人々も同じ時に大きな音を聞きました。エコーが聞こえたのではなく。あなたは発砲したのは複数だったとおっしゃいましたね。
 
COBRA – そうです。
 
Aaron – 34階、12階、4階、そして群衆の中であったと言われています。マンダレーベイで逃げ惑う人々には正面から撃たれた人もいました。もう証明したも同然ですね。その中にはクライシスアクター(演技をしていた人)もいたと思いますか。
 
COBRA – 具体的に?
 
Aaron – まあ、実際の銃や弾丸、発砲した人間はいましたし(ええ、ええ)実際に撃たれた人もいましたが、演技をしていた人もいたのでしょう。
 
COBRA – ええ、いました。それは複合的な状況でした。実際の犠牲者、実際の発砲者、実際に現場に血が流れました。より多くの恐怖、パニックなどを煽るためのアクターたちもいました。 カバールは代替えメディアに終わりない分析をさせたいのです。何が起きたか、どうやって起きたか、なぜ起きたか。実はこれが真実から目をそらすのに一番なのです。この事件の分析に時間を使いすぎるのは逆効果です。これは多くの起きている事件の一つに過ぎません。一つの見方をお伝えしましょう: 毎日、アメリカや世界中で、化学療法によってより多くの犠牲者がでていますが、誰一人として気が付きません。
 
Aaron – 確かに。
 
COBRA – カバールは化学療法と薬をつかって、ラスベガスででた犠牲者数よりはるかに多くの人を殺し続けて、それに誰も気づいていないのです。
 
Aaron – そうですね。化学療法は、社会で認められている療法の一つなので、許容されていますね。
 
COBRA – はい。しかし何が起きているかを常に見ていれば、見通すことはできます。
 
Aaron – 58人が亡くなり、500人以上が負傷したと言われていますが、実際には少なかったりしましたか?
 
COBRA – 私の情報源によると、少ないです。ええ。
 
Aaron – 少ないのですね?OK
 
COBRA – しかし、この状況には他の側面もあります。パニックで逃げ惑う人々に踏み倒される人々もいたことを考慮されるべきです。
 
Aaron – 弾丸以外での負傷者ということですか?
 
COBRA – 多くいました。致命傷を負わなかったものの、群衆に踏みつけられた人々がいました。実はこれもカバールの計画の一つでした。群衆をパニックに陥れることです。
 
Aaron – その計画がうまくいくか見るための実験でもあったということですか?
 
COBRA – はい。
 
Aaron – 興味深いです。 もっと続けることはできますが、次の質問に移るべきですね。あなたがおっしゃるように、真実から気をそらされてしまいますから。ありがとうございました。
 
Lynn – OK コブラ、サウジアラビアについてです: シャリーア法の下で抑圧的なサウジアラビアで、初めて女性が車の運転を許されるようになりました。これまでで、やっと、初めてです。サウジアラビアでは、女性は黒い布で顔を隠さねばならず、男性と同じように歩道を歩けません。成人した女性が、男性の保護者、夫、父親、兄弟に従わねばならず、彼らの許可無しに旅行にも出ることが許されません。病院に行くにも夫の署名入りの書類が必要となります。そこでは法律に「女性の判断能力の欠如のせいで必要」と書いてあるのです。更に、サウジアラビアでは女性が強姦をされることで、石打ちの刑に処せられます。強姦犯は処罰されません。また、自分の娘が失礼なことをした場合には、自分の娘を殺すことができます。シャリーア法はそういうものです。コブラ、一体どうして、このような豊かな、時代錯誤の国があるのですか?5万年前の石器時代のようなものですね!!コメントをいただけますか?
 
COBRA – 実際に、社会の発達具合でいえば中世の時代の国が多くあります。とても豊かな国にも、見られます。豊かさというのは・・・社会の発達度と同一ではありません。サウジアラビアは単にカバールの支配がより強いため、抑圧的なのです。そのように作られた社会なのです。 (OK, ありがとうございました)
 
Aaron – 次の質問です: なくなった通貨が再び生き返るという話がよくあります。歴史的に見たり常識で言えば、トイレットペーパーの方が価値がある程インフレとなった通貨は、死んだも同然ですね。100兆ジンバブエドルがeBayで1ドルや70ドルで、コレクション目的で売れています。ジンバブエ中央銀行は、100兆ジンバブエドルを40セントで取引しています。私の理解では、こういったハイパーインフレとなった通貨を集めている人は、いつか魔法のようにこの通貨が生き返り、豊かになれるという考えを押し出しているように見えます。ベトナムドンやイラクディナールなどもありますね。こちらにコメントはありますか、コブラ?
 
COBRA – 以前に何度もこのことについて話しました。このような劇的な富を期待している人は間違っています。それは起こらないからです。単にそれは・・・実際には、もしあなたがハイパーインフレ状況を抱えているとすれば、その国は通貨の価値を下げ、ゼロを3桁、6桁、10桁と取り除くことができます。 例えば新しいジンバブエドルを発行し、米ドルと取引となれば、古い全てのお金の価値が急激に下がるのです。今は40セントのものが、20セントに下がるかもしれません。ハイパーインフレの渦中で通貨の取引は非常にリスキーです。コレクターとしては面白いものかもしれませんが、そうでなければ多くのこういったお金を集める理由は見当たりません。
 
Aaron – 例えば、アメリカドルを使っているジンバブエがそうするように、国が新しい自分の通貨を作ると決めたら、作れるものなのでしょうか?
 
COBRA – 基本的には、この様な状況では通常、国が新しい銀行券を発行し、通貨を再ブランド化し、一定数のゼロを取り除きます。中央銀行はその期間に、古い通貨と非常に低いレートで両替できます(40セントみたいにですね)。これは最も起こりえる可能性の一つです。 (OK, お答えありがとう)
 
Lynn – アメリカ市民にとって、年間135億ドルが不法移民にかかる費用としてかかってくると言われています。いわゆる「ドリーマー」、若くしてここへ連れられた子供たちにとっては、大人になってからメキシコなどの他の国に追放されるのは難しいですね。ドリーマーたちがここに住んだら、雪だるま式に彼らの家族や友達と一緒に大きくなってアメリカに入ってきます。アメリカはスキルのない労働力の巨大な流れがあっても全てを受け入れきれないです。庭師、留守番、メイドを雇える家は限られています。コメントをいただけますか、コブラ?
 
COBRA – 基本的に、この様な状況は、イベントによる全ての国と人々のへ平等化で解決できます。なぜ人々か自分の国から逃げ、アメリカに流れてくるかというと、自分の国で幸せな生活を送ることが困難だからです。移民は、この国の間のアンバランスが解消されるまで続くでしょう。よって、基本的な不平等がこの惑星に存在しているかぎり、この問題を解決する政策はありません。(同意です。ありがとう。)
 
Aaron – 聖域都市は移民問題についての解決法の一つです。民主党は無償の施しと福祉プログラムを支持していますが、難しいことだと思います。しかも不法移民が投票権を無料のオバマケアに行使できるようになったら、民主党にみんなが投票して、無料の物資補給を確保するようにすることが自然の成り行きでしょう。トランプはそれに歯止めをかけようとし、お金を移民でなくアメリカ市民に届かせようとしています。コブラ、コメントをお願いします。
 
COBRA – Ok, これはコインの裏表です。こちらも基本的な不平等があるかぎり解決しません。民主党と共和党の2極間のレベルということで解決することではありません。(OK ありがとう)
 
Lynn – コブラ、いつものように、メディアは依然として、トランプが脅威となる国からの入国禁止を「イスラム教徒禁止令」と呼び続けています。このような誤称はメディアの典型であり、いつも物事を複雑にして、自身は何もせずトランプ叩きばかりしています。チャド、イラン、リビア、北朝鮮、ソマリア、シリア、ベネズエラ、イエメンなど8カ国が禁止されました。これらの国の名前を見ていると、禁止されてもおかしくないように見えますが、いかがですか、コブラ?
 
COBRA – 基本的にテロリズムはカバールの創作です。カバールの主な基地の一つはアメリカ内にありますし、先ほど名の挙がった国々の人のことはそこまで心配していません。「テロリストはすでにどこにでもいる」からです。 (ええ、その通りですね。ありがとう。)
 
Aaron – 最近放送されている、ケン・バーンズPBSのドキュメンタリー「ベトナム」では、 とても鋭いことが言われています。ベトナムはフランスの植民地であったこと、フランスと日本に占領されたという事実に焦点を当てています。フランスは我々の味方でしたが、日本は敵でした。南ベトナムはフランスと日本両方を嫌っていました。ホーチミンは革命を起こし、我々の力を借りて南ベトナムの人々を解放しようとしました。 共産主義の北ベトナムのことも加えると、支配の問題と自由への望みが非常に複雑に絡み合ってきます。アメリカは厄介な立場にいました。もちろん、これは簡潔すぎる説明ですが、コブラ、1960~1970年代のベトナムの全体的な状況についてコメントをお願いします。
 
COBRA – 単純な話、カバールがまた一つ戦争を起こしたかったので、起こした。以上です。地方の限定的な複雑さは、いつも戦争の言い訳を創り出すために使われるものです。それがベトナムでも行われたということです。(OK)
 
Lynn – ジョン・マケインはベトナム戦争で戦闘機パイロットでした。そこで撃墜され、敵に捕まり、死にかけました。このドキュメンタリーでは、彼がまるで本当の愛国者のように見えます。しかし、議会ではマケインはトランプ政権の妨害に徹しています。ジョン・マケインに何があったのでしょう、コブラ?
 
COBRA – 彼はイルミナティ関係にマインドコントロールされた奴隷です。彼の行動はそれを示しています。 (ワオ、そうだね)
 
Aaron – ジュリアン・アサンジはダナ・ローラバッカーとのインタビューの中で、ロシアとアメリカ間には選挙の干渉はないという証拠があると断言しています。本当だと思いますが、彼は真実を伝えるジャーナリストなのに、犯罪者として貶めようとする動きがあります。いかがでしょう。
 
COBRA – これについて、コメントはありません。 (OK)
 
Lynn – ロバート・ミューラーは、FBI長官ジェームズ・コミーを解雇したトランプの追跡捜査をしていますが、前ホワイトハウス補佐官ロジャー・ストーンとアンドリュー・ナポリターノ裁判官に標的にされ、トランプに解雇されそうになっています。まるでトランプがすべての権限を持っているかのようです。このFBI劇 は最初からずっと、トランプに反対する勢力への魔女狩りとして起きています。ミュラーには頑張ってほしいですが、闇に待ち伏せている連中も排除する必要がありますね。どのように思われますか、コブラ?
 
COBRA – このような質問は大体、トランプと反民主主義と対極にいる人から来るものです。両政党とも、この全体的な状況と共に、アメリカ人社会に存在する分裂と同じように、創り出されたものと言えるでしょう。そしてどちらの政党も、あの人は良い人だ、あの人は悪い人だ、というものではなく、カバールがどちらにも侵入していて、実際にはカバールがそのトップにいるのです。イエズス会とカバールのトップメンバーが、どちらの政党や政治家も操作して、このような対立をつくっているのです。(OK, ありがとう)
 
Aaron – 同じような質問ですが: ジェフ・セッションズ司法長官はわざとグズグズと、法を犯した人に露骨に正義の裁きを振りかざしています。なにか言うことはありますか、コブラ?
 
COBRA – 同じことです。 (OK, ありがとう)
 
Lynn – 反逆者、売国奴について、共和党のトップがわざとトランプの選挙を妨害していたことが明らかになりました。その中にはポール・ライアン、カーリー・フィオリーナ、ジョン・カシッチ、リンジー・グラハム、ジョン・マケインなどが含まれていました。コメントをいただけますか、コブラ?
 
COBRA – はい、そうです。これは本当で、実際に起きたことと言えます。ええ。 (OK, ありがとう)
 
Aaron – これはいい質問です:新しい、我らがロケットマンとトランプに呼ばれた、金正恩はいつも通りトラブルを作っています。北朝鮮とアメリカの核戦争の心配をしてはいませんが、他の人たちは心配しているようです。私は、状況が手遅れにならないようにする、監視官がいるように感じます。 コブラ、第三次世界大戦が起きないと、私たちに保証をしてくれませんか?
 
COBRA – 北朝鮮がいくらなにをしても、大規模な核戦争は起きないでしょう。それは起きません。トランプと北朝鮮の指導者の間に緊張はあります。カバールがその緊張から生まれる恐怖を用い、皆を緊張状態の中に抑えています。特に、プラズマ界で緊張状態によって人類を奴隷化するために必須なので、このやり方が用いられています。
 
Aaron – それに加え、フルフォードも「我々は北朝鮮のロケットの実験を邪魔しないかわりに、北朝鮮を爆破した」と言っていましたが、本当でしょうか?
 
COBRA – 実際に・・・実際には、そうです。小型核爆弾が北朝鮮の地表の下で爆破されました。被害者はなく、北朝鮮への警告としてのものでした。しかし北朝鮮は警告としては受け取りませんでした。
 
Aaron – フルフォードによると、彼らはもう実験をしないとか。
 
COBRA – 実験は続く予定です。このゲームはしばらく続くことが予想されます。(ああ、OK)。もちろん、心配は要りません。(OK, ありがとう)
 
Lynn – 指導者や著名人の格付けに続き、これから挙げる人物が、どのくらい悪か、格付けしてほしいです。
 
Aaron – 世界の著名人が、どのくらい悪なのか。1〜10段階の評価で答えてください。1は良い人、10は悪の見本です。それではお願いします:
 
COBRA 
1. ヘンリー・キッシンジャーの評価は? – 完全に10。 (ワオ、予想外です)
2. ディック・チェイニー? – 完全に10
3. ドナルド・ラムズフェルドは? –  9
4. ジョージ・H・W・ブッシュ・シニアは?– シニアブッシュは、10 (ワオ)
5. ジョージ・W・ブッシュ・ジュニアは?–  8 (OK)
6. バラク・オバマは?–  5 (じゃあ、ほとんど良い人なんだ)
7. ウラジミールプーチンは? – 2-3と言えます (OK)
8. アンジェラメルケルは? – 8 (ワオ、ありがとうコブラ)
 
Lynn – これらの人は、生きていますか?それともクローンと入れ替わっていますか?
 
COBRA – 全員生きています。はい。 (ありがとう)
 
Lynn – カバールの南フロリダの島々や世界各地での気象戦争は、混乱、破壊、多くの死と避難民を生み出しました。主なネガティブな勢力による天気異常や操作について話していただけますか?
 
COBRA – 基本的に、これはカバールの様々な派閥間での合意だったのです。カバールは、時間がなくなってきたことをますます意識してきており、この惑星解放を止めるために何でもします。そしてこのことも彼らのやろうとしていることです。
 
Lynn – これらの異なる派閥、もしくは国々が、ほとんどの被害の原因なのでしょうか?
 
COBRA – 基本的に、派閥です。カバールの主要派閥は惑星のあちこちにあるため、国によって分かれるということはありません。
 
Lynn – 今起きていることの中で、どこまでが自然現象で、どこまでがカバールの作り出したことなのでしょうか?
 
COBRA – 基本的に、何が起きているのかというと、銀河の中心からの増量しているエネルギーに、この惑星が反応しているのです。そしてカバールはその自然の嵐を悪用し、できるだけ被害が多くなる場所へ行くように操縦しているのです。・・・例えばプエルトリコに最近したことなどです。
 
Aaron – 次の質問です: 250年の歴史を持つロスチャイルドのヨーロッパ信託は脅迫をして、政治的な目的のための献金(よくブッシュやクリントンに)をさせています。賄賂や犯罪の隠蔽のためです。9月27日水曜日の時点でこの信託は押収され、もう利用できなくなりました。どうでしょう、コブラ?
 
COBRA – OK、私はこの信託が没収されて、もう利用できなくなったとは思いません。 この情報はどこから? (わかりません) では、この状況はまだ続いていることもあり、信じることはできません。
 
Aaron – 彼らはまだ、何でもやりたいことができるほどの富を持っていますか?
 
COBRA – 彼らはまだ、何でもやりたいことを続けられるほどの富を持っています。 (OK, ありがとう)
 
Lynn – カタロニアの当局者は、90%の人々が、この国の中央政府によって禁止されている国民投票でスペインからの独立に「賛成」の票を投じたと言っています。カタルーニャの一人のリーダーも、この地方が「権利を得た」と言っています。スペインにとって、カタロニアは大きな経済エンジンであることはわかっています。スペインの選挙についてお話いただけますか?なぜスペイン政府は選挙を抑圧したいのでしょう?
 
COBRA – 基本的に、スペイン政府は選挙を抑圧したいと考えていました。あなたが答えたように、主な理由の一つとして、スペイン中央政府にとっての大きな富の割合だからです。ヨーロッパ方針の一部分として・・・実際にはカバールとしてはカタルーニャをスペイン政府の下に置きたいのです。カタルーニャの多くの人々は解放を求めていますが・・・まだどうなるかは、わかりません。抑圧の力はまだ強力ですし、国民投票は様々なストレスがある状況のもとで作られました。カタルーニャ人たちの大部分は投票をしませんでしたし、彼らの国民投票は、国民の過半数の意志を反映したものではありません。よって、私たちも解釈には気を配る必要があります。
 
Lynn – 現時点で、この独立運動はポジティブな、光の勢力がついていると思いますか?
 
COBRA – はい、これはポジティブです。正しいやり方で行われるのならば。これから正しいやり方で導かれれば、とてもポジティブになることでしょう。 (OK ありがとう)
 
Aaron – イギリスは結局EUから離脱しないと聞きました。そうするために天文学的な費用がかかるためです。本当でしょうか、コブラ?
 
COBRA – これは単に交渉戦術の一つに過ぎません。今後数か月で両極端な話をいろいろと耳にするでしょう。両者ともに、全体的な状況をできるだけ利用しようとするでしょう。
 
Aaron – EUから出たいと投票した人は、過半数でしたか?
 
COBRA – はい、それは本当です。 (OK ありがとう)
 
Lynn – 最近の国連会議で、ロスチャイルドによる脅しに続いて最後通告が言い渡されました。国連のメンバーによって、細菌兵器の使用や世界各地で虐殺を行う者の配置を迫られました。最後通告の期限は9月25日の月曜日までで、全ての政府と省庁に資金提供を求めました。その期限は、ロスチャイルド家からの返事がないまま過ぎましたが、翌日の火曜日の朝、アクションの指令が出されたようです。ロスチャイルド家のために働いている者や関わりがある者が、ロスチャイルド家と一緒に排除され始めたのです。78の国で襲撃があり、1,100の政府職員が解雇され、600人が逮捕され、一部はもう表には出てこなくなりました。これは今もまさに続いており、完了するまで続くでしょう。レジスタンスムーブメントへの支援なのでしょうか?こちらの声明についてコメントをいただけますか、コブラ?
 
COBRA – こちらの声明ついて、完全には確認が取れません。
 
Lynn – つまり、これらの数字には納得できないということですか?それとも全くの偽りとお考えですか?
 
COBRA – このような数字に見覚えはありません。本当の数字ははるかに、はるかに、はるかに低いです。ここに表された一定の事柄については、このやり方で起きてはいませんので、この声明に賛同できません。 (OK, ありがとうコブラ)
 
Aaron – これは新しいですね。「ロシア上空の光る渦」についてです。 9月26日、ロシアの空に光る渦が現れました。これについてご存じですか?
 


 

 

COBRA – これは単なるスカラー兵器の試用です。
 
Aaron – ETは関係ありませんか?
 
COBRA – ありません。
 
Aaron – なにか読み取れる意味がありますでしょうか?
 
COBRA – ただのスカラー兵器の試用です。それ以上はありません。 (OK, ありがとうコブラ)
 
後半に続く。





 
posted by: Michi&Mirai | PFC-JAPAN*_コブラ | 11:06 | comments(0) | - | - |
見逃してはいけない ハイヤーセルフからの6つのメッセージ (02/19)
∞  普段、気づかないことですけど・・ (^_^)/
 
 



 

見逃してはいけない ハイヤーセルフからの6つのメッセージ
2017年2月19日


ハイヤーセルフからのメッセージを、見逃さないようにしましょう。
 
■ ハイヤーセルフとの会話
 
そもそも、誰でも日ごろからハイヤーセルフと会話していますが、あまり気づかないものです。なぜならハイヤーセルフとの会話は、ものすごい地味だからです。
 
これは多次元とのコミュニケーション全般に言えることかも知れませんが、気が付くと目の前に神様が立ってたとか、目覚めたら異次元の世界に入っていたというのは、ごく稀で、いかにも非日常な感じは、あまりありません。逆に、その辺にいくらでも転がっているようなことなので、注意を向けない限り、気づきにくいのです。
 
ハイヤーセルフとの会話も、ほとんどは自分自身の考えとして片づけられているように思います。自分の頭の中にひらめく言葉や体の感覚として、彼らはコミュニケーションを取ってくるからです。
 
ハイヤーセルフって、所詮は自分です。普段は意識してない自分の一部分です。ですから彼らとの会話って、そんな大げさなことでもないんですよね。
 
■ ハイヤーセルフの仕事
 
ハイヤーセルフのメインの仕事は、あなたが望む最高の自分になるために、あなたを導くことです。それを実現するために、必要なレッスンがあれば学ばせ、乗り越えるべき障害にチャレンジさせ、それを克服するヒントを与えてくれます。あなたの魂の全体像をよく知っている存在です。
 
肉体のマインドは、身の回りのことに囚われて全体像が見えなくなることがしょっちゅうありますが、ハイヤーセルフはいつでも迷うことなく全てを把握しています。頼もしいですね。

■ 見逃してはいけないハイヤーセルフからのメッセージ
 
彼らは、あなたの中にふと湧き上がる思考や、イメージを通じて、あなたにメッセージを送ります。彼らがあなたに伝えることのうち、見逃してはいけない重要なメッセージは、以下のようなものがあります。
 
1.何かが違うと、感じるとき
 
頭で考えることと、体の底で感じることが異なる場合は、よくあると思います。頭で考えていることは、肉体のマインドの仕業、体の底で感じることは、ハイヤーセルフからのメッセージです。
 
ハイヤーセルフからのメッセージ: あなたが本当に願う方向を模索し、そこに向かいましょう。

2.繰り返し陥るパターンに気づくとき
 
人生で繰り返し陥りがちなパターンが、見えてくるときがあります。それまでは意識に上らなかったのに、ある時、ふと気づくのです。ここにはとても重要なメッセージが隠されています。
 
ハイヤーセルフからのメッセージ: あなたが成長するときが来ました。パターンを作る原因や感情を自分の中に探し、それを癒しましょう。

3.人間関係の中で、満たされないものを感じるとき
 
人間関係の中で与えるものと受け取るものは、つり合いが取れているのが健康的です。もしあなたが自分が不当な扱いを受けていると感じたり、何か満たされないものがあると感じるなら、その感覚を無視しないようにしましょう。
 
ハイヤーセルフからのメッセージ: もっと自分を愛し、自分には愛を受け取るにふさわしい価値があることを認めましょう。

4.体の不調があるとき
 
体の不調は、体を通じたハイヤーセルフからのメッセージだと思ってください。不調があると感じていながら、それを無視したり、大丈夫だと軽く考えてしまっては、せっかくのメッセージを見逃すことになります。ただ感覚として感じるだけではなく、体に症状として現れる場合は、メッセージの緊急性や重要性も強くなります。
 
ハイヤーセルフからのメッセージ: あなたの体の声を聞きましょう。体が何を必要としていて、何を不必要としているか、よく選別し、それに従って行動してください。

5.夢
 
夢には、ハイヤーセルフからのメッセージが隠されていることが多くあります。繰り返し見る夢や、気になる夢を見た場合、まずそこで自分がどんなことを感じたか、現実世界で自分が抱えている問題にフィードバックがあるのか考えてみましょう。
 
ハイヤーセルフからのメッセージ: 夢に注意を向け、その中に意味を探してください。

6.わくわくする気持ち
 
ハイヤーセルフは、感情や感覚を通じてあなたに必要な方向性を指示します。基本的にネガティブな感情が湧いたら、その背後にある感情を癒す必要があるということ、ポジティブな感情が湧いたら、そこを探求しろということです。彼らの言葉は、ものすごくシンプルです。わくわくする気持ちが湧いたら、もちろんそこを掘ってみろということです。
 
ハイヤーセルフからのメッセージ: あなたが望む最高のあなたになる方向へ向かいましょう。
 
∞ “ハイヤーセルフのメインの仕事は、自分が望む最高の自分になるために、自分を導くこと”
 
自分のハイヤーセルフとのコミュニケーションは、気づきや直感だけでなく、意識、感覚、感情、体調そして夢にまで及ぶようですね。それはハイヤーセルフはもともと高次元の自分ですから、三次元の自分の全てに気を配るのは当たり前のことではあるのですが、三次元の自分がそこに気づくことで、ハイヤーセルフの導きにより、アセンションプロセスをより確実に安全に乗り切ることができることを理解しましょう。
 
(^_^)/








 
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 17:37 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (10/19)
∞ 闇さん達はあの手この手で人類を破滅への道へ追い込もうとしていますが、それらはことごとく裏目に出ているようです。(^_^)/




 
フルフォードレポート英語版
2017年10月19日

 
ハザールマフィアの戦争を始める企みが失敗したので、交渉中のドナルド・トランプと金正雲の首脳会談
 
殺人、脅迫、贈収賄、喧伝によるハザールマフィアの支配がもはや否定できない形で全体的に解体されている。人類を古典本に基づいた破滅への道へ追い込もうとしているこれらの狂信者たちは、第三次世界大戦を始める最近の企てにおいて再び失敗した。彼らの絶望的な暴徒があるゆる場所で追い詰められていることが確認できるように、北朝鮮、クルドそしてイランにおいて見ることができる。
 
イランの場合、米大統領ドナルド・トランプはイランとの核条約を放棄するよう脅されていたが、同盟国同様に軍からの抵抗に直面して、トランプができることは好戦的誇張によってハザール人をなだめるだけであった。トランプの誇張はイランが核条約を破棄しようとしたと言うトランプの主張と矛盾する米同盟国の英国、ドイツとフランスの首脳による声明を受けた。
 
声明は国連安全保障理事会によって2231号議案として満場一致で支持されていると読める。国際原子力機関は、イランの長期的な検証と監視プログラムによって、イランがJCPoAを遵守していることを繰り返し確認していると述べた。
 
言い換えれば、彼らはトランプに嘘に基づく戦争を始めるなと言っている。これは、私が外交声明を見てきた経験において見られなかったことである。
 
事実、トランプの猛烈な誇張を支持した唯一の国は不正ハザール奴隷国サウジアラビアだけであった。いずれにしても、サウジアラビアの悪魔支配者は、悪魔偽イスラエル人の指導者のベンジャミン・ネタニヤフにイスラエル警察が迫るにつれて、彼等の保護者を失いつつある。
 
関連する見解:ロスチャイルド卿は、シオニズムを受け、イスラエルを作った経緯を説明している。
 
ハザール人による北朝鮮を使った第三次世界大戦を始める企みも失敗した。先週、二人の日本の上級政治家が、トランプが11月にアジアを訪問する時に、ドナルドトランプと北朝鮮独裁者の金正雲との首脳会談を交渉するために北朝鮮へ秘密の訪問をしたと、日本皇室家族に近い情報筋は言う。
 
もしこれが行われれば(最終決着は保留されている)、この会談はおそらく平和協定だけではなく、朝鮮半島統一の道を開くことになるだろう。しかし、それよりはるかに大きな声明もまた準備中かもしれない。国防総省幹部やアジア秘密結社の情報筋によれば、事実上の世界政府樹立の決定もまた高レベルで交渉されている。これはハザール暴徒によって支配される全体主義NWOへの計画ではなさそうである。むしろ、それは既存の構造を民主的に改革することを含んでおり、現実世界の平和と繁栄が人類に初めて可能になるかもしれない。
 
アジア秘密結社の情報筋は、水曜日に始まる5年に一度の彼らの大会議で新世界システムを議論することになっていることを、確認している。
 
ヘンリーキッシンジャーは、米国、中国と高レベルの検討については他のどこかの間で秘密裏に行われている議論については、間違いなく関わっていると、多くの情報源は認める。先週、ホワイトハウスはキッシンジャーがトランプが大統領になって依頼三度目の会談の後に新聞発表した。それは以下に(通常のキッシンジャーの苦言の形)部分的に読める。
 
「私は建設的で、平和的な世界秩序を構築する機会が非常に高まっているこの瞬間に、ここにいる。大統領はアジアへのたびに出発すし、それはシンポ、平和と繁栄へ多く紀貢献するだろうと思う」
 

https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2017/10/10/remarks-president-trump-meeting-dr-henry-kissinger
 

アジア秘密結社の情報筋は、中国政府は水曜日から開催される5年に一度の大規模会議において議論をすることを確認している。
 
そのような議論が現時点で緊急性を要する理由は、もちろん、ハザール人支配の10平方メートルのワシントンDC政権(米国合衆国と混同してはならない)の事実上の破産である。
 
白龍会はアジア人に、彼らの刑事裁判を続ける為に必要な資金を奪うために、全面核戦争の脅しを使わせてはならないと助言している。彼らは、米軍はハザール人がこの惑星を破壊することを許さず、米国が掃討されるか、そこで権力を奪った犯罪者が排除されるかのどちらかだと説明された。
 
いずれにしろ、米国内の全ての権力からのハザール暴徒の廃除は、否定できないペースで続けられる。最後の標的はハリウッドである・国防総省が、そこでの行動をどのように要約したかは次の通りである。
 
映像と科学アカデミーがハーベイ・ウッェスティンを追い出すすことを圧倒的に認めて、彼のオスカーさえ押収するかも知れないので、ハリウッドは世界的な攻撃を受けている。FBIとニュ−ヨーク、ロンドンとフランスの警察が近づいているので、英国首相テレサ・メイはHWの大英帝国司令官勲位を剥奪するかもしれないし、フランス大統領エマニュエル・マクロンは彼のレジオンドヌール勲章を剥奪するかもしれないと、その情報筋は注目している。
 
HWに対する公開告発は女性が進み出るドアーを開けただけではなく、体を触られ、強姦されたり、わいせつ行動で虐待された男や子供のドアーも開けたと、彼らは続ける。言い換えれば、ハリウッドの廃除は始まったばかりである。
 
「彼の名のついた会社は、主要スタジオ、TVネットワーク、タレント機関、アップル、アマゾン、ゴールドマンと巨大ファンドが彼に毒性を感じているので、まもなく閉鎖されるかもしれないので、ユダヤ人の特権は今や過去のことであると、ある情報筋は指摘している。
 
大量逮捕と世界的通貨リセットの前哨戦として、文化戦争が、偽ニュース、NFL、ハリウッド、アイビーリーグ、ユダヤ権力のあらゆるレベルに拡大しているので、ユダヤマフィアは終わっていると、その情報源は言う。
 
世界経済システムは世界指導者達が好きであれ嫌いであれ、何らかのリセットが必要となる。多くの専門家トップが指摘しているように、西側金融市場は合理的な投資家の投資先の調達としての機能はなくなり、代わりに中央銀行の紙幣印刷の喧伝となっている。ハザール支配の私有中央銀行がどんなに現実を否定しようが、現実は常に追いついてきて、正確な時間は予測できなくても、ある種の恐ろしい市場事件は避けることはできない。
 
中国はまた、1990年代初めに日本が経験した不動産バブルよりひどい経験をしている。日本のバブルピーク時には住宅価格は世帯収入の20倍に達したが、中国のトップクラスの都市では、現在の価格は年間賃金の50−100倍に達している。つまり所得の50%が住宅ローンの支払いに回しても、200年の歳月が必要となる場合がある。日本では商業不動産価格はバブルピーク時の20分の1に低下した。人口の伸びが鈍化し、新築住宅ストックが大幅に増加している中国では、否応なしに、より悪い状況に対処しなければならないだろう。
 
言い換えれば、この状況を修正するためには、経済システムの全面的リセットと、一時の借金の帳消しと資産の再配分が伴う。
 
しかし、それを可能とするためには、イタリアのフリーメーソンロッジとスイスのツーグにいるシオニスト中枢にいるハザールマフィアの支配最上層を排除するためには、おそらく銃を持った男が必要となるだろう。始めるに良い場所は、目立つP2の指導者−フランシス法王である。
 
NSAは2011年3月11日の福島核津波攻撃を事件を自分の手柄として、自分は悪魔であると主張しているイエスズ会のピーターハンス・コルベンバッハの記録を持っている。法王がこれを公開しないで、協会に許しを求めるならば、彼は大量殺人者の仲間となるであろう。そのように、彼は逮捕され裁判に掛けられるために彼の首に賞金が掛かるであろう。フランシスよ、告白しろ。
 
福島と言えば、先週この著者は福島原子力発電所から20kmの距離で診療所を開いている木下裕勝博士の訪問を受けた。癌を専門とする木下は、優れた放射線検出装置を購入して、津波核事件の後、福島発電所の労働者を全体に検査した。彼は、二年間の検査において、なんら放射線と穂斜線中毒に苦しむ人を見出すことはできなかった。これは、我々が関係当局に提出した福島が海底に埋め込まれた核兵器によって被害を受けたことを示す証拠と完全に一致する。
 
それは、日本政府が支払った190億ドルは本当はハザール暴徒がその傀儡を日本の権力に維持するための大規模買収活動であったことを意味している。これは結果がなければ続かない。
 

http://www.independent.co.uk/travel/news-and-advice/la-palma-volcano-canary-islands-earthquakes-tremors-active-erupt-seismic-swarms-a7994476.html
 

これらの同じ勢力は、2013年に予測されたチェリャビンスク流星によって、天体の物体を地球に向けなおさせる力を持っていることを示した。NSAはこの事件に先立って、グノーシスイルミナティに与えた警告の明白な記録を持っている。
 
最後に、ロシア特殊部隊のメンバーが白龍会に接触してきて、彼らはガーナのアクラにある核兵器開発研究所を爆破するために、戦術核兵器を使用したことを知らせてきた。この事件は世界メディアにおいてはガソリンスタンドの爆発として報道された。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------

北朝鮮へ行ったのは、二人の高級政治家とは誰れ?先月、板垣氏が、小沢、前原で北朝鮮を訪問すると言っていたが、このことか。
 
2017年09月17日 01時29分25秒 | 政治
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
 
小沢一郎代表は近く、民進党に復党、前原誠司代表と北朝鮮を電撃訪問し、拉致被害者奪還、「米朝和平」を実現する
 
◆〔特別情報1〕
 
小沢一郎代表は近く、民進党(前身は民主党)に復党し、前原誠司代表と2人が、訪朝団を組んで「第2の日本」北朝鮮(金正恩党委員長=元帥)を電撃訪問する。これは、米CIA情報である。
 
小沢一郎代表が、前原誠司代表に「筋道はできている。北朝鮮は、自民党とりわけ安倍晋三首相ではダメだ、民進党なら受け入れると言っている」と話を持ちかけ、スンナリ決まったという。日本人拉致被害者の奪還と「米朝・日朝和平」を実現する。
 
キッシンジャーがアッ変わっていることをやっと認めました。最近の情勢は不思議と板垣英憲が言っているようになっている。すべてではないが。 
 
嗚呼、悲しいではないか!」 
---------------------------------------------------------------------------------------------

∞  闇さん達の状況を抜粋してみました。  
 
・ 殺人、脅迫、贈収賄、喧伝によるハザールマフィアの支配がもはや否定できない形で全体的に解体されている。
 
・ 第三次世界大戦を始める最近の企てにおいて再び失敗した。
 
・ 闇さん達が追い詰められている状況を北朝鮮、クルドそしてイランにおいて見ることができる。
 
・ 国防総省幹部やアジア秘密結社の情報筋によれば、事実上の世界政府樹立の決定もまた高レベルで交渉されている。これは闇さん達の世界支配を目的とする「NEW WORLD ORDER( 新世界秩序)」ではなく、既存の構造を民主的に改革することを含んでおり、“現実世界の平和と繁栄”を目的とするものです。
 
・ ( DC政権側でない)米軍はハザール人がこの惑星を破壊することを許さず、米国が掃討されるか、そこで権力を奪った犯罪者が排除されるかのどちらかだと説明された。・・いずれにしろ、米国内の全ての権力からのハザール暴徒の廃除は、否定できないペースで続けられる。
 
・ 米国内の全ての権力からのハザール暴徒の廃除は、否定できないペースで続けられる。最後の標的はハリウッドである・国防総省が、そこでの行動をどのように要約したかは次の通りである。・・ハリウッドの廃除は始まったばかりである。
 
・ 大量逮捕と世界的通貨リセットの前哨戦として、文化戦争が、偽ニュース、NFL、ハリウッド、アイビーリーグ、ユダヤ権力のあらゆるレベルに拡大しているので、ユダヤマフィアは終わっていると、その情報源は言う。
 
・ 世界経済システムは世界指導者達が好きであれ嫌いであれ、何らかのリセットが必要となる。・・ハザール支配の私有中央銀行がどんなに現実を否定しようが、現実は常に追いついてきて、正確な時間は予測できなくても、ある種の恐ろしい市場事件は避けることはできない。
 
・ 経済システムの全面的リセットと、一時の借金の帳消しと資産の再配分が伴うには、イタリアのフリーメーソンロッジとスイスのツーグにいるシオニスト中枢にいるハザールマフィアの支配最上層を強制排除する必要がある。
 
以上から、闇さん達の廃除が世界的に進行していることがうかがえますね。また、コブラ ( 10/12) 状況報告によると、太陽系でのプレアデス艦隊によるキメラグループの掃討もかなり進行していて、地表近くのプラズモイド寄生生命体の十分な駆除もなされ、トップレット爆弾の誘発の恐れがなくなったことで、一定数のプレアデス艦隊がサブルーナー空間に帰還しているので、もしハザールマフィアが核ミサイルを打ち上げたとしても、完全に阻止されるでしょうね。従って、打つ手のなくなったハザールマフィアは遠からず廃除されることになり、地上のほんの一握りのハザールマフィアに支配されるハザールマフィアの世界はまもなく崩壊します。
 
(^_^)/ ト、イエルノヨ。
 
「廃除」とは「やめて取り除くこと」ですが、「遺産相続の相続権をなくす」など、法的に除くという意味があります。ちなみに「排除」とは「おしのけてそこからなくすこと」の意味です。(^_^)




 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 10:56 | comments(0) | - | - |
マイククインシーのハイヤーセルフからのメッセージ (10/13)
∞  第2の脳とは? 我々のシフトに関わる中身の濃い重要な記事です。 (^_^)/
 



 
マイククインシーのハイヤーセルフからのメッセージ
2017年110月13日
 
 
■ マイク・クインシーからの一言
 
最近、今一番間違いなく情報として最も有効であると考えている、カイロンのここ数年先の事を書いたメッセージを読んだのですが、その中には2012年までに起きた変化の事や、アセンションへの道のりを含むこれからやってくる変化について焦点が置かれている事が多いようです。これらのメッセージによれば、2012年以前に教わった事は、文字通りに全て忘れる必要があるとハッキリ明示しています。それは、新しいパラダイム(規範/枠組)が既に開始し、私たちがこれまでに知らされて来なかった真実が明かにされるからです。
 
今私たちには、古い道筋から新しい道筋へと乗り換える“一度限りの”機会を与えられているように私にはハッキリと思えます。それは、もし私たちが低いバイブレーションや輪廻転生の必要性を後に残して、より高い次元へと移行したいと望んでいればの話ですが。この事を前提として、カイロンの最近のメッセージから、みなさんの多くにとってまだあまり馴染みないであろう“生粋の脳”に関連した内容について抜粋してみました。より高レベルのバイブレーションへの新しい道を辿る為に必要な考え方に、馴染んで頂く事が大切なのではないかと思ったまでです。
 
内容を抜粋したカイロンのオリジナルメッセージ:
“KRYON 2017. Teaches exactly how to instruct your cells to heal.
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
生粋の脳―あなたの量子シンクロニシティ―における第二の脳
 
あなたの生粋の脳とはスピリチュアルな生存の為にプログラムされていて、私たちの中にあるものです。全てのものは神の中から来ています。自然回復は生粋の脳によってもたらされますが、ネガティブな反応のある場では、その機能は働きません。生粋の脳は、あなたにとって有益な事を望み、あなたを心地よくさせます。あなたの生粋の脳は、あなたのハイヤーセルフ及び人類のアカシックレコードとも繋がっています。あなたの脳が、あなたを生かしているのです。
 
次の言葉を声に出して言って下さい。“今日私は、私の前進を阻んだり、既に機能していない物事を手放します”。更に言って下さい、“私の身体にとって相応しくないと思われるものは全て解放してください”。また、ご自分の生粋の脳に向かって言って下さい。“私のアカシックの中で、今日の自分の荘厳な姿を見る事を阻むものがあれば、私はそれを解放します”。
 
科学でも証明されている事ですが、細胞というのは“聞いている“そうで、身体の化学反応は意識によって創造されているのです。みなさんには自由意志がありますが、生粋の脳はそれを知っていて、あなたの指示を待っています。あなたの生粋の脳は、あなたの過去生全てについて把握していて、あなたの言う事を何でもやってくれますが、聞いてもらう為には声に出して言わなくてはなりません。
 
生粋の脳は、脳の機能などではありませんし、制御もされていなくて、それは“スマートボディー性能”のようなもので、それは領域であり、DNAが存在する身体のどこにでもあり、DNAと調和しながらあなたを生かし続けます。それは、あなたに必要なものを統制するものです。生粋の脳は、ハイヤーセルフと繋がっています。
 
実体的な身体(肉体)は、脳が制御するもので、そこから直感を通じて生粋の脳に向けて橋が出来つつあるので、いずれあなたが自分自身の医療保険となる日が来ます。あなたはご自分の身体に何が起きているかを知る事が出来るようになるだけでなく、あなたのアカシックの事も分かるようになります。生粋の脳はスピリチュアルな生存の為にプログラミングされていて、賢明であり、あなたに必要なものが何かを知っています。
 
生粋の脳の第一の目的は、あなたが目覚める為に、出来る事全てをやる事であり、あなたがスピリチュアルに的に生存し、あなたが目覚め、前進できるように全てを整える為にデザインされています。そして、それによって人類が橋を渡り、アセンションした状態の地球へ移行できる様にする為です。スピリチュアルな気付きを得る為、それが生粋の脳が在る理由で、その過程で生粋の脳は物質的(肉体)な構造のまま、橋を渡ります。その際に生粋の脳は色んな意味でみなさんが自然寛解できるよう責任を負っています。
 
病期が一昼夜で消えますか、不均衡な身体の不具合が一晩で反応して、浄化される事などありますか?
 
細胞組織が一晩で加速的に成長して、一晩で出現する事などあり得ますか?
 
病院で何度も検査して、レントゲンなども撮ってみれば分かる事ですが、そんな事は奇跡でしかないと言うでしょうーそれは違います!
 
あなたは生粋の脳のパワーをお持ちです。そして、生粋の脳が一度肉体との間に橋を築き始めると、あなたが今まで知っていた‘人’は消えます。それに置き換わるのは、長寿で自己再生が可能な人ですー手足だって生え代わります。親愛なるみなさん、人とは本来その様に出来ているので、あなたには理解ができるはずです。生粋の脳はあなたの第2の脳であり、鍼灸治療に反応し、セントラルサン(中央太陽)以外のすべてが変わります。
 
あなたは、生粋の脳を通して過去生について知る事ができ、生粋の脳は必要なものを取って来てあなたの細胞組織に加える事も出来ます。生粋の脳はあなたを知っていて、人間的な意識と生粋の脳の間に橋を築きます。あなたはご自分自身の直感で医療を行う事が出来るようになり、全ては変わり始めます。自分は地球の出身では無くて、グレートセントラルサンから来ている事も分かるようになります。生粋の脳は感情を創造し、あなたの身体の細胞一つ一つを変えます。カルマはヴェールの向こうから掘り起こされますが、これは未処理のエネルギーです。古い時代が終わった今、みなさんは、この生粋の脳のプログラミングを書き換えなくてはなりませんが、その際にカルマの処理等はもう必要ない事を告げてください。
 
ホメオパシー: 生粋の脳の気付き
 
ホメオパシーは科学的ではなく、一人一人の個人に合うように、あなたを苦しめるものに対してデザインされた小さな薬です。それは、あなたの訴えを“聞く”ようにデザインされています。ホメオパシーの薬は、あなたの為だけに特別にデザインされるものであり、あなたの身体はその指示に従いますが、このシステムは有効で、何百万もの人々が既に利用しています。生粋の脳はあなたの意図を汲み、その“生粋の脳の直感”を用いて、それを起こします。これは、新しい人類の機能の一部でありますが、人類の一人一人にこの美しいシステムは組み込まれており、あなたの要望に反応しています。それは最高の化学反応であり、あなたの身体はそれを支える為にそばにいます。それはDNAの中にあり、生粋の脳、あなたのアカシック、あなたのハイヤーセルフは全て結ばれています。
 
生粋の脳はあなたに良い事のみを望む、美しい気付きのシステムです。徐々に時間が経つほどあなたには「シフト」が感じられ、その働きが分かるようになります。
 
どうかあなたの身体をリセットし、生粋の脳に‘私である美しさに相応しくないものは全て解放してください“と伝えてください。”今日は自分に相応しくないもの全てを外します“。そして、”私の前進を阻むもの全てを解放します“。更に、”私である事を定義するもの全てを解放し、自分の身体が欲しない情報全てを解放します“、”私のアカシックレコードの中で、私が自分に対して壮麗さを感じられなくさせるもの全てを解放します“と言い聞かせてください。
 
科学的にも証明されていますが、あなたの細胞全てがあなたの意識に耳を傾けています。
 
この素晴らしく、気分の上昇する情報をLee Caroll氏(チャネラー)を通して伝えてくれたカイロンに感謝します。
 
では、今日はこのままみなさんを愛と祝福の中に置いて去ります、どうか完了までの日々と道を光が照らしてくれますように。
 
愛と光をもって マイク・クインシー
訳:JUN ライトワーカー  NEW!2017-10-19 17:36:49
 

∞ マイククエンシーが特別版で発信した、重要な記事です。
 
“カイロンのここ数年先の事を書いたメッセージ”なので、未来予測になりますが、ここに書かれていることは予測と言うより、確定事項のように思えます。(^_^)/
 
「・・2012年以前に教わった事は、文字通りに全て忘れる必要があるとハッキリ明示しています。それは、新しいパラダイム(規範/枠組)が既に開始し、私たちがこれまでに知らされて来なかった真実が明かにされるからです」
 
つまり、パラダイムシフトが起きると言うことです。
 
「・・古い道筋から新しい道筋へと乗り換える“一度限りの”機会を与えられているように私にはハッキリと思えます」
 
アセンションを選択した人々は、“一度限りの”の、この機会を逃すことなく、真摯に向き合う必要があります。
 
“生粋の脳”とは“量子脳”とも翻訳され、スピリチュアルな生存の為にプログラムされていて、私たちの中にあるものです。
 
その役割は、ポジティブな場での肉体の自然回復をもたらし、自分にとって有益な事を望み、自分を心地よくさせます。また非物質世界につながり、自分のハイヤーセルフ及び人類のアカシックレコードとも繋がっています。

「生粋の脳は、脳の機能などではありませんし、制御もされていなくて、それは“スマートボディー性能”のようなもので、それは領域であり、DNAが存在する身体のどこにでもあり、DNAと調和しながらあなたを生かし続けます。それは、あなたに必要なものを統制するものです。生粋の脳は、ハイヤーセルフと繋がっています」
 
“スマートボディー”とはどういうものかはわかりませんが、DNAが存在する身体のどこにでもあり、DNAと調和しながら自分に必要なものを統制し、しかもハイヤーセルフと繋がっているなら、身体と重なった多次元的ボディの一つなのかも知れませんね。
 
「実体的な身体(肉体)は、脳が制御するもので、そこから直感を通じて生粋の脳に向けて橋が出来つつあるので、いずれあなたが自分自身の医療保険となる日が来ます。あなたはご自分の身体に何が起きているかを知る事が出来るようになるだけでなく、あなたのアカシックの事も分かるようになります。生粋の脳はスピリチュアルな生存の為にプログラミングされていて、賢明であり、あなたに必要なものが何かを知っています」
 
“脳が制御するもので、そこから直感を通じて生粋の脳に向けて橋が出来つつある”であれば、“生粋の脳”がハイヤーセルフと繋がる場所はハイヤーセルフ「ハートの聖なる空間」と言われる心臓内部のある特定の部位とみられます。そこは心臓外科医の間で絶対に触ってはならない場所であり、下手に触ると患者が絶命する場所です。つまり、自分のハイヤーセルフとの繋がる場所を損傷すると、ハイヤーセルフとの繋がりが切れるということなのかも知れません。

「生粋の脳の第一の目的は、あなたが目覚める為に、出来る事全てをやる事であり、あなたがスピリチュアルに的に生存し、あなたが目覚め、前進できるように全てを整える為にデザインされています。そして、それによって人類が橋を渡り、アセンションした状態の地球へ移行できる様にする為です。スピリチュアルな気付きを得る為、それが生粋の脳が在る理由で、その過程で生粋の脳は物質的(肉体)な構造のまま、橋を渡ります。その際に生粋の脳は色んな意味でみなさんが自然寛解できるよう責任を負っています」
 
“生粋の脳が在る理由で、その過程で生粋の脳は物質的(肉体)な構造のまま、橋を渡ります”
 
つまり、肉体がライトボディへ移行するということでしょうね。
 
以上。(^_^)/




 
posted by: Michi&Mirai | マイククエンシー | 19:07 | comments(0) | - | - |
愛知ソニア (10/19) 10/20の新月のエネルギー
∞ 明日の新月は自分の願いが叶うかも知れませんよ。(^_^)♪    
 



 
愛知ソニア 
2017年10月19日
 
10月20日 新月のエネルギー


さらなる愛、さらなる美、さらなる豊かさのエネルギーがこれからやってきます!
 
新月はいつも新しいことを意図するのに適したエネルギーがやってくるのですが、この10月の新月のエネルギーは、意図したことがさらに実現しやすくなっています!
 
今、また新しいサイクルが押し寄せてきているのを、あなたは感じていらっしゃいますか? あなたはなにをほんとうに望んでいるのか? 意図をはっきりとさせましょう!
 
この新月は、あなたの意識をさらに拡大させて、これからの人生をヴィジュアライズするタイミングです!
 
素晴らしい人との出会いを運んでくるエネルギーも強くなります。
 
愛はさまざまな形で訪れます!
 
パートナーがいない人には、新しい恋人に出会えるチャンスが高くなるのですが、あなたが想像し、イメージしていた感じとは、かなり違うかもしれなません。たとえば、あなたとは年齢が離れているといったように。それにしても、あなたにとってその人は最適な人かもしれないのです。心を許せるパートナーとの出会いかもしれません。また、今までの友達とは全くちがうタイプの友達ができるかもしれませんが、その人は、これからのあなたにとてもためになります。
 
固定概念を手放して、せっかくのチャンスを見送らないようにしてください!
 
いずれにしても、あらゆることに対する今までの制限的な概念や、古いパターンから抜け出るのに協力的なエネルギーを10月の新月は運んできてくれます。絶対に無理だと思い込んできた心の重さが外れます。
 
無限の可能性が流れ込んでくるための心のスペースをまず空けておいてください。したがって、ないこと、無理な事、手に入らないこと、ないない(欠乏)意識、ネガティブ意識にフォーカスしないように気をつけてください。でなければ、これから来年にかけてのあなたの人生の飛躍、拡大といった、かなり大幅な変容にブレーキをかけてしまうことになります。
 
来年は今までの心地よさやなまけモードから抜けて、いよいよ大きく羽ばたく年となります!後回しにしてきたライフパーパスの重要なミッションを実行する年なのです!
 
10月の新月は、これからのあなたの飛躍のスタートボタンだと、捉えても言い過ぎではないほど、重要なエネルギーを運んできます。
 
この新月のエネルギーをまったく意識していなくても、今までのなんらかの窮屈さが外れたような自由さを感じることができるでしょう。
 
10月6日の満月からこの新月までは、忙しすぎて混乱したり、予定外のスケジュールが入ったり、どのように対処すればよいのかわからないほど、圧倒されがちなエネルギーに満ちていました。
 
ようやくそのような密度の濃いエネルギーから抜け出られ、あなた本来のパワーを発揮できます!
 
さらには、自由さが感じられ、人生の優雅さ、自然界の美しさを満喫できる余裕のある日々がしばらく戻ってきます。疲労回復のために十分に体を休めてください。
 
拡大した観点から将来を見つめて、それに向かってリセットするのにも最適なエネルギーがやってきます!あなたのハイアーセルフが望んでいるヴィジョンにフォーカスしてください!
 
31日はハロウィーンですね。世界中がマジカルなエネルギーで充満します。この新月から月末にかけて、あなたが望む魔法をやってみるのに協力的なエネルギーが強くなります。同時にネガティブなエネルギーも高まってくるので、巻き込まれないように気をつけてください!
 


∞  抜粋です。
 
「今までの制限的な概念や、古いパターンから抜け出るのに協力的なエネルギーを10月の新月は運んできてくれます。絶対に無理だと思い込んできた心の重さが外れます」
 
おそらく、これから全ての人々に必然としてパラダイムシフトが起きますが、今度の新月のエネルギーはそのパラダイムシフトのさきぶれとして、人々の信念や固定観念を揺るがしてくれるようです。
 
「無限の可能性が流れ込んでくるための心のスペースをまず空けておいてください。したがって、ないこと、無理な事、手に入らないこと、ないない(欠乏)意識、ネガティブ意識にフォーカスしないように気をつけてください。でなければ、これから来年にかけてのあなたの人生の飛躍、拡大といった、かなり大幅な変容にブレーキをかけてしまうことになります」
 
今まで夢想だにしなかった多くの情報や事柄が我々に流れ込んできますから、自分の信念や固定観念でフィルタをかけずに入ってくる全てを受け入れるようにしましょう。
 
(^_^)/ イベントフラッシュ ガ オキルデ。
 
「来年は今までの心地よさやなまけモードから抜けて、いよいよ大きく羽ばたく年となります!後回しにしてきたライフパーパス( 人生の目的)の重要なミッションを実行する年なのです!」
 
皆さんにとっての人生の目的は何ですか?
 
2018年は飛翔の年になり、自分自身の「人生の目的」を果たす年になるようですから、それをしっかり頭の中にメモっておいて、時が来たら、そのミッションを実行しましょう。(^_^)v
 
「10月の新月は、これからのあなたの飛躍のスタートボタンだと、捉えても言い過ぎではないほど、重要なエネルギーを運んできます」
 
自分の為の“飛躍のスタートボタン”ですから、明日の新月のエネルギーを十分に受け入れてください。そうすると2018年はより大きく羽ばたけますよ!(^_^)/
 
「拡大した観点から将来を見つめて、それに向かってリセットするのにも最適なエネルギーがやってきます!あなたのハイアーセルフが望んでいるヴィジョンにフォーカスしてください!」
 
新月のエネルギーは、これから我々に起きるパラダイムシフトを乗り切るために自意識拡大のスタートボタンを押してくれます。それが押されたら自分自身の望むビジョンにフォーカスして自分自身の未来を創造していきましょう。
 
(^_^)/





 
posted by: Michi&Mirai | 愛知ソニア | 17:37 | comments(0) | - | - |
身近な‘人間’にみる‘本体’の真実 (2017/11/08)
∞ ‘本体’のない、挿入された人間の映像とは? (^_^)
 



 
身近な‘人間’にみる‘本体’の真実
2014年11月8日
 

アセンション計画時の地球のホログラムの‘本体’と‘クローン人間’」という記事で、地球のホログラムの‘人間’の実態を書かせていただきました。そのなかで、闇の勢力はみな‘クローン人間’と書きましたが、こうした‘クローン人間’は、大それた権力者や支配者層に限ったことではありません。わたしたちの、ごくごく身近な‘人間’のなかにも、‘クローン人間’は存在します。
 
簡単にいってしまえば、とにかく、頑(かたく)な・・、光の情報といった、これまでに馴染みのない宇宙の真実を受けいれられないばかりか、地球のごくごく一般の良識やマナーといった、社会を円滑に過ごすためのものすら素直に受け入れられない、という感じでしょうか。
 
「それはおかしいのではない?」
 
「人に対してどうしてそんなことができるの?」
 
と、問いたくなるようなことを平気でする。
 
また、普通の人であったら当たり前のようにある他者への気遣い、心遣いといったものがまったく感じられません。
 
「あなたのこんなところはおかしいよ?」
 
と誠意をもって注意しようと試みても通じることはなく、
 
「人として普通のことがどうしてこの人にはわからないのだろう?」
 
と感じてしまうような・・こうした人々は、‘クローン人間’です。
 
本人に悪気はまったくなく、そういった感覚が、本当に、わ・か・ら・な・い のです。そうした人からは、距離を置くしか、自身の心身の安定はありません。
 
私(海七)の体験からしますと、ツイン神話に囚われた方々ですね?
 
どんなにツインの真実を告げられても自分の思っていること、信じていることと違っていれば、それらの真実を跳ね除けます、あるいは、無視します。そうして、自分たちの都合のよいことを書きつづけます、発信しつづけます。自分だけがよければいい、自分たち二人だけがよければそれでいい、という人たちです。
 
私のハートの空間には、ツインと関わっていると信じている多くの人たちがやってきましたが、訪れてくるのはある特定の方たちだけ・・、あれだけたっくさんの「ツインブログ」がありながら、訪れるのは、同じ方たちだけ、だったのです。
 
それが私には不思議でした。なぜ、来る人は何度も何度も訪れて来ない人は、まったくこないのだろう?と。
 
そのわけは、単純に・・‘本体’の意識の在りかたにありました。私にナニカを訴えたい、話したい、というだけの意志力があるのは‘本体’では、地球のオリジナルの動物意識の方々だったのです。
 
また、動物意識からがんばって人間意識まで拡大された人たちもいました。こういった人々が、いわゆる4次元ツインさん。
 
宇宙からの転生ではありませんが、このホログラムで、次は人間存在として生まれるというくらいにまで意識を拡大させていた動物意識だった方々です。そうしてもちろん、アセンデッド・マスター意識と人間意識の人たちも。
 
動物意識から植物意識、鉱物意識へと密度を落としていった ‘人間’ と ‘クローン人間’ は私のハートの空間へと訪れることはなかったのですね。
 
この人たちはツインの真実に触れようが触れまいが関係ないという方々。闇が挿入したツイン神話という集合意識の囚われ人なのです。このネット上に溢れているたっくさんの「ツインブログ」のほとんどはこういった人たちのものです。
 
この方たちに、ナニを言っても、語っても、徒労に終わるだけ。こうした人たちには、その人自身の道をゆかせてあげるだけです。ホログラムが終わりを迎えるその日・・自身のもとの領域へと還るまで・・。この人たちが変わることは決してありません。そ・・・ぉっと、しておいてあげることしか、できることはないのです。
 
さて、わたしたちの身近にいる‘人間’の‘本体’について、もっと詳しくみてゆきましょう。
 
目の前に見るたっくさんたっくさんの人々の群れ、大衆のなか、そのなかの幾人の人たちに、‘本体’があると、想われますか?
答えは、実は、ごくごく少数です。
 
ラッシュ時のホームや駅に溢れるように行き交う人々・・・

ほとんどが、‘本体’のない、映像だけの人間です。
 
イベントや観光地で混雑するたっくさんたっくさんの人々、ほとんどが、‘本体’のない、映像だけの人間なのです。ただ見過ごすだけの、街ですれちがう人、買い物をする店内にみる人、そうした人たちでさえ、‘本体’のない、挿入された人間の映像なのです。その人々に、‘いのち’は、ありません。
 
では、どのような人が、‘本体’のある‘人間’なのでしょう?
 
それは、自分と関わる人、言葉を交わせる人たちです。こうした人たちは、映像のみではなく、‘本体’ があり ‘いのち’ を持った人たちです。もちろん、ネット上などで実際に言葉をやりとりする人にも、‘いのち’は宿っています。
 
どこにいっても、あれっだけたっくさんの人がいるように見えるのにでも実際には、自分と関わる人しか、‘いのち’をもった存在はありません。それ以外はすべて、単なる映像・・ホログラム映像なのです。
 
さて、では、ここでわたしたちは、ナニに気づけばいいのでしょう?
 
そう。真剣に向き合うべき人は、ほんとにごくごく少数しかいない、と、いうことです。それは、自分と実際に言葉を交わすことのできる身近な人たちだけ、と、いうことです。そうした、言葉を実際に交わす人たちのなかで植物意識、鉱物意識の‘人間’や‘クローン人間’はもう、そっとしておいてあげるだけ。
 
そうであるなら、では自分が関わっている‘人間’は、残るは、どれだけいるでしょう?
 
家族、親戚、友達、同僚、ご近所の方々、ネット上の知り合い..etc
 
こうした、自分と実際に繋がりのある、ホログラム上の ‘いのち’ ある ‘人間’ たち。
 
今後は、そういったホログラム上の、ごくごく身近な‘人間’たちの‘本体’について、お話しを進めてゆきたいと想いますが、その前に、ホログラムが幻想であることをしっかりと認識していいただくためにお話ししたいこと書かせていただきますね。
 
アンドロメダ・ミラ


∞ 要所のみです。(^_^)
 
ただし、以下は「個人的解釈である」という前提でお読みください。
 
「・・ただ見過ごすだけの、街ですれちがう人、買い物をする店内にみる人、そうした人たちでさえ、‘本体’のない、挿入された人間の映像なのです。その人々に、‘いのち’は、ありません」
 
自分が、TVを見るなり、シアターで映画を見たりするイメージで考えるとわかりやすいと思いますが、一般的にストリーの展開に直接関わりのない人たちへの関心はほとんどありませんね。
 
これと同じで三次元世界の我々の現実で自分が相手と関わることで、両者の現実を共同創造しているのですから、‘いのち’のあるのは当事者同士で事足りるのです。背景は映像です。
 
「・・それは、自分と関わる人、言葉を交わせる人たちです。こうした人たちは、映像のみではなく、‘本体’ があり ‘いのち’ を持った人たちです。もちろん、ネット上などで実際に言葉をやりとりする人にも、‘いのち’は宿っています」
 
自分と相手との間で言葉のやりとりをするという現実の創造は、‘本体’ があり、‘いのち’ を持った人たちであり、ネット上などで言葉のやりとりする人も当然、‘いのち’がないと創造できません。
 
「・・真剣に向き合うべき人は、ほんとにごくごく少数しかいない、と、いうことです。それは、自分と実際に言葉を交わすことのできる身近な人たちだけ、と、いうことです。そうした、言葉を実際に交わす人たちのなかで植物意識、鉱物意識の‘人間’や‘クローン人間’はもう、そっとしておいてあげるだけ」
 
つまり、「今」の瞬間に共同創造している人たちだけの現実があるのです。その現実に関わってほしくない、植物意識、鉱物意識の‘人間’や‘クローン人間’はそっとしておいてあげるのが正解なのです。
 
(-_-;) ヤミチャン ト ノ オツキアイ ハ ・・・ デケン。
 
ここまでについて、「何かおかしくない!」、「意味がわからん!」と仰る方も多いでしょうね。(^_^;)
 
ならば、お答えします。
 
自分の現実は自分が創造しているということはご承知と思います。ですから今の瞬間の世界の現実は、‘本体’ があり ‘いのち’ を持った人たちの意識が創り上げていることもおわかりですね。平たく言えば我々の集合意識が我々の今の瞬間瞬間を創造している、さらに言えば我々の未来を創造しているのです。
 
従って、自分の現実は自分が今の瞬間に創造し続けていて、他の人との関わりがある場合の現実はその分だけ自分と相手が共同で創造しているのです。さらにネット上も含めて多くの人と関わりがあるなら関わった人全てで、その現実が造られるのです。ということで我々の現実世界は我々一人一人の創造している世界がつながったものということになります。
 
以前のメッセージで、五次元の真実の自分が、四次元世界に複数の意識を送り、三次元世界にその意識を投影しているのが、三次元の我々の現実だということでしたね。つまり、自分のいる現実は五次元の真実の自分が自分の意識を三次元に投影して創り上げた「自分の宇宙」なのです。
 
以上、個人的解釈ですから、お気に召さなければ、無視してくださいね。(^_^)/






 
posted by: Michi&Mirai | アンドロメダ・ミラ | 19:47 | comments(0) | - | - |
同じようで違う 目覚めと悟りの違い (09/23)
∞  「目覚め」とは? 悟りとは? (^_^) 
 



 
同じようで違う 目覚めと悟りの違い
2017年9月23日


目覚めることと悟ることは違うの?
 
どちらも人間が完全に理解できるものではないし、ラベルは不要というのはもっともなのですが、それはひとまず置いといて、英語版知恵袋・クオラの解答が結構面白かったので、そこからいくつかご紹介しましょう。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
目覚め/悟りの違い
 
悟りとは、二元論を越えた状態で、マインドが永遠に静寂に包まれた状態になること。目覚めた状態は、まだマインドの働きが強く、そこで経験する愛も時に強く主張するし、特定の教えや考え方に偏ることもある。悟った存在は、あるがままに現実を受け入れ、どんなものにも真実を見る。
 
目覚めとは、マインドによって特徴づけられた世界が終わること。理性によって、それまでロックがかかっていた膨大なサイキックエネルギーが解放されるので、圧倒されてしまうこともある。目覚めた人は、自分を意識として考えるかも知れないが、まだ二元論を抱えている。
 
悟りとは、二元論が終わること。すべてはあるがままに一つであると、体現すること。これは個人のパーソナリティだけでなく、あらゆる識別の終わりをも意味する。そこにはもう誰もいない。
 
目覚めとは、4次元に上昇すること。悟りとは、5次元の中にいること。
 
目覚めとは、人生の中でよくある経験で、インスピレーションから始まり、あなたをスピリチュアルの旅路に乗せる。自分の興味や情熱、願望、ゴールなどを掘り起こしていくこと。
 
悟りとは、文化や宗教によって違うかも知れないけど、多くの場合、苦しみや抵抗の完全な終わりを意味する。
 
目覚めとは、道の始まり。  悟りとは、道の終わり。
 
目覚めとは、個人の気付き。 悟りとは、普遍的な気付き。
 
目覚めとは、悟りの過去形。  悟りとは、目覚めの未来形。
 
目覚めとは、過去の知識や情報、借り物の解放の終焉。
 
悟りとは、究極の変容であり、今を知り、自由と共に生きること。
 
目覚めとは、自分のゴールに向かって、月曜から土曜までの努力をすることに似てる。
 
悟りとは、スーパー静かで、リラックスした日曜日のような状態。ゴールそのもの。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
目覚めとは、家に帰る旅路の始まり。
 
悟りとは、家に到着すること。
 


∞ この記事は「英語版知恵袋・クオラの解答」からです。
 
日本人による“「目覚め」とは? 悟りとは?”との違いはどうなんでしょうね。(^_^;)





 
posted by: Michi&Mirai | メタフィジックス | 17:57 | comments(0) | - | - |
シェルダン・ナイドルニュース (10/10)
∞ JUNさん、かんばって翻訳してくれました。(^_^)/゜アンガトネ。  




 
シェルダン・ナイドルニュース
2017年10月10日
 
 
Selamat Balik! 多くの事が舞台裏で形作られています。資金を所持している存在たちは、未だにそれを手放すのが惜しいようですが、こういった同時発生的な現実の要素が、光によって押しのけられています。様々な問題が起きている箇所というのは、そういった度合いのカオスが起きるのは何故かを単純に示してるというだけです。繁栄資金を早急に解放させ、ようやくNESARA共和国を繁栄できるようにするのが天の第一の意図なので、その時には闇は完敗している事でしょう!
 
今の資金調達の遅れは現実的な事を言うと、ある種の失策です。通貨評価替えの資金はしばらく保留されますが、その後数々の喜ばしいイベントが見られる事を大いに期待しています。私たちの新しい方針は単純に今の状況を受け入れ、流れに任せる事です。多くの障害はあるものの、新しい時代はすぐそこまで来ています。ですから、どうか辛抱強くいて頂き、この特別なイベントが近い事を知ってください!
 
未だに残っている主要な課題は長い間始動するのを待っている、非常にうまく計画されたイベントの実現だけです。新しくとても重大な出来事が人類とガイアを豊かな新しい時代へと動かすのを目撃する準備をしてください。この時に、長らく待たれた通貨の評価替えも起きます。今宇宙の注目を浴びているのが、この壮大な贈り物を超えた贈り物の愛です。豊富な資金提供はほんの始まりに過ぎません。
 
この偉大な光の中で、真の変化に備えてください。あなたを永遠に変えるであろう、新しい現実を手を広げて受け入れてください!!その実現にはあまりにも多くの時間がかかりましたが、ご自分の胸の高鳴りからもう既にお分かりかと思いますが、良い意図を持った現実の実現は運命づけられています。その中には、世界的な法令と新しく平和的で尊厳ある統治も含まれます。これが地球平和の鍵となります。
 
ナマステ!私たちはみなさんのアセンデッドマスターです!本日は愛と希望のメッセージを携えてやって来ました。どこを見渡しても、豊かな新しい現実が近付いている事を示す事ばかりが反映されています。ですから、親愛なるみなさん、どうか勇敢でいて頂き、大きな焦りの気持ちは手放してください。ご自分の広がりつつあるハートを見てみて、どれだけ大きくなったかに気が付いて下さい。どうか知ってください、あなたの最も素晴らしい勝利は結構近いのですよ!だから、どうかこういった壮大なビジョンを抱き、それが今実現する事を許可してください。
 
あなたの周りには、その実現の最終段階を迎えている、意識の莫大なエネルギーがあります。スピリチュアルな領域にいる私たちは、地球中においてその神がかった実現が近い事を感じています。神聖な今というエネルギーが、聖なる布告を受けて、新しい領域の実現の方法を探っています。この会話の最初にちらっと申した通りに、神聖な魂たちが今ある障害をいとも簡単に取り除くべく、急いで地球に向かっている事を心の奥底で知ってください。
 
これらの魂たちの力が、変化が早く起きるよう促しているので、それが目に見えるようになるでしょう。そこらじゅうで、天のトランペットが鳴り響いています。この世界は、これがどれだけ近いかに気付かないはずがありません!この神聖な音色は、そのお馴染みの調子を聖なる地球にとどろかせています。悪の日々は上昇されつつあり、光のコーラスがもう間もなく、この長らく拷問を受けてきた地球に鳴り響くでしょう。実に、ミラクル溢れる、神聖な祝賀の時です!
 
ご覧の通り、週間レポートでこの美しい地球で何が起きているかを今一度取り上げさせて頂きました。私たちは何度となく今起きている事について、拍手喝さいし、喜びの声を上げたくなる衝動にかられています。この光の中で、どうかいつまでも忘れないでください。終わる事の無い天の供給はあなたのものです!そういう事です!一つであれ!喜びの中にあれ!
 
∞  「Selamat Balik! 多くの事が舞台裏で形作られています。資金を所持している存在たちは、未だにそれを手放すのが惜しいようですが、こういった同時発生的な現実の要素が、光によって押しのけられています。様々な問題が起きている箇所というのは、そういった度合いのカオスが起きるのは何故かを単純に示してるというだけです。繁栄資金を早急に解放させ、最終的にNESARA共和国を繁栄できるようにするのが天の第一の意図なので、その時には闇は完敗している事でしょう!」
 
資金を手放すのが惜しい存在とは資金の流通ルートの闇の支配下にある各銀行マンでしょうね。(^_^;)
 
しかし彼らがいくら駄々をこねようが、なすすべもなく、最終的には天のスケジュール通りに事は進行するでしょう。
 
「今の資金調達の遅れは現実的な事を言うと、ある種の失策です。通貨評価替えの資金はしばらく保留されますが、その後数々の喜ばしいイベントが見られる事を大いに期待しています。私たちの新しい方針は単純に今の状況を受け入れ、流れに任せる事です。多くの障害はあるものの、新しい時代はすぐそこまで来ています。ですから、どうか辛抱強くいて頂き、この特別なイベントが近い事を知ってください!」
 
“ある種の失策”とは資金配布手続き上の不備があったという事のようです。その不備を補うまではRVの資金は一時保留されますから、イベントの開始がまたもや遅れます。でも地上の光の勢力は流れに任せるというスタンスをとるようですね。 「急いては事を仕損じる」ということもありますから、今は慎重にと言うことでしょうか。(^_^;)
 
「未だに残っている主要な課題は長い間始動するのを待っている、非常にうまく計画されたイベントの実現だけです。新しくとても重大な出来事が人類とガイアを豊かな新しい時代へと動かすのを目撃する準備をしてください。この時に、長らく待たれた通貨の評価替えも起きます。今宇宙の注目を浴びているのが、この壮大な贈り物を超えた贈り物の愛です。豊富な資金提供はほんの始まりに過ぎません」
 
今の課題は、闇さん達の逮捕を含めた一連のイベントラッシュをいつ開始するかですが、しかしサブルーナー(地球と月との間の空間)にいるプラズモイド寄生生命体の十分な駆除がなされ、トップレット爆弾の誘発の恐れがなくなったとは言え、そのエリアの浄化はこれからですし、また地球に巣くうキメラグルーブはそのかなりの部分が排除されたとしても、全てではなく、これらが完全に排除されるまでは圧縮突破は完了しません。ですから、この圧縮突破がいつ起きるかが鍵になるのかも知れません。
 
「この偉大な光の中で、真の変化に備えてください。あなたを永遠に変えるであろう、新しい現実を手を広げて受け入れてください!!その実現にはあまりにも多くの時間がかかりましたが、ご自分の胸の高鳴りからもう既にお分かりかと思いますが、良い意図を持った現実の実現は運命づけられています。その中には、世界的な法令と新しく平和的で尊厳ある統治も含まれます。これが地球平和の鍵となります」
 
“真の変化”、つまり新時代の開花は実質的に目前にあります。新時代への移行は近いということをご自分の胸の高鳴りで感じてください。
 
“世界的な法令と新しく平和的で尊厳ある統治”
 
これは闇さん達のいう、世界統一政府、つまり、新世界秩序のもとパワーエリートをトップとする、世界レベルでの 政治、経済を統一し全世界を支配することではありません。それよりも光の時代にふさわしい、NESARA法をもとにした平和的で尊厳ある統治であり、全ての人々が平等で幸せで健康に暮らせる光の社会を形成します。
 
「ナマステ!私たちはみなさんのアセンデッドマスターです!本日は愛と希望のメッセージを携えてやって来ました。どこを見渡しても、豊かな新しい現実が近付いている事を示す事ばかりが反映されています。ですから、親愛なるみなさん、どうか勇敢でいて頂き、大きな焦りの気持ちは手放してください。ご自分の広がりつつあるハートを見てみて、どれだけ大きくなったかに気が付いて下さい。どうか知ってください、あなたの最も素晴らしい勝利は結構近いのですよ!だから、どうかこういった壮大なビジョンを抱き、それが今実現する事を許可してください」
 
“どこを見渡しても、豊かな新しい現実が近付いている事を示す事ばかりが反映されています”
 
世界の全てとは言いませんが、多くの情報にアクセスしていると、今は普通にあり得ないことも普通に起きていることに気づくでしょう。それが「何か起きそう!?」という予感を持たせてくれるのでしょうね。
 
しかし、現実にそう見えないなら、ご自身の内面に入ってしばらく感じてみましょう。もし、そこにいると十分にリラックスするなら、その反映は全ての人々が平和な時代にいるという現実を創造しますから。
 
「あなたの周りには、その実現の最終段階を迎えている、意識の莫大なエネルギーがあります。スピリチュアルな領域にいる私たちは、地球中においてその神がかった実現が近い事を感じています。神聖な今というエネルギーが、聖なる布告を受けて、新しい領域の実現の方法を探っています。この会話の最初にちらっと申した通りに、神聖な魂たちが今ある障害をいとも簡単に取り除くべく、急いで地球に向かっている事を心の奥底で知ってください」
 
“その実現の最終段階を迎えている、意識の莫大なエネルギーがあります”
 
つまり、我々の集合意識が新地球を創造するエネルギーですね。
 
“神聖な魂たちが今ある障害をいとも簡単に取り除くべく、急いで地球に向かっている”
 
振動数の低い闇さん達がソーラーフラッシュによって一掃されるかもという説もありますが、“急いで地球に向かっている”とあるので、もしかしたら、今、太陽系に侵入しているニビルといわれている青い天体が、今年の11月ごろに最接近すると情報がありますが、このことを言っているのかも知れませんね。
 
しかし、あくまでも推測の域を出ませんので、もっと情報がほしいところです。
 
「これらの魂たちの力が、変化が早く起きるよう促しているので、それが目に見えるようになるでしょう。そこらじゅうで、天のトランペットが鳴り響いています。この世界は、これがどれだけ近いかに気付かないはずがありません!この神聖な音色は、そのお馴染みの調子を聖なる地球にとどろかせています。悪の日々は上昇されつつあり、光のコーラスがもう間もなく、この長らく拷問を受けてきた地球に鳴り響くでしょう。実に、ミラクル溢れる、神聖な祝賀の時です!」
 
“そこらじゅうで、天のトランペットが鳴り響いています”
 
これは以前、ネットで話題になり実際に録音もされていたのですが、この手の情報は最近は聞かなくなっていますね。もしかしたら、以前と違う音なのかも知れませんが。
 
ともかく、変化している状況が可視化できるようになれば、実感できますね。
 
以上 (^_^)/







 
posted by: Michi&Mirai | シェルダン・ナイドル | 12:17 | comments(3) | - | - |