Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
2017/11月 掲載が遅れました。m(._.)m     
11月その2 (^_^)/
New Entries
Links
                
Recent Comment
             
Recommend
                
PR
Category
Archives
Search
mobile
qrcode
    
Profile
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
愛知 ソニア (12/11) 12:12アクティベーション
∞ 明日12月12日は‘12:12ポータル’からのエネルギーが入来します。(^_^)/
 



 
愛知 ソニア
2017年12月11日
 
12:12アクティベーション


みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
 
このところ実に強力な‘変容のエネルギー’を受け取っています。次元上昇しているのが、3次元の肉体で実感できるほどパワフルになってきましたよね。
 
今までよりもいっそう叡智の源に接続する瞬間が増えてきています。各々皆さんにも同じように、自分の思考を遙かに超えた発想やひらめき、理解がきっと頻繁に届いていることでしょう。まさにアカシックレコードの「叡智のカウンシル」から直接ノウイングネスとして、私たちに届いているのです。また、「至福感」ゃ「達成感」が頻繁に全身を駆け巡るのが感じられます。
 
至福や達成を感じる根拠がまったくなくても、時間や状況を問わず、突然瞬間的に至福感、あるいは達成感で満たされるというような経験が増えているように感じませんか?
 
あなたはただ忘れていただけです。自分自身を褒めることもあまりなかったのでは?
 
実際にはこれまで多くのことをあなたは達成してきたのにもかかわらず、あまりそれを認めていなかったのです。自らを愛するためには、そのような至福感や達成感を体で感じることの大切さを忘れないようにしてください。
 
忘れていたとしても、今のこの時点のアセンションプロセスでは、そのような感覚が蓋が外れたように自然と沸き起こってくるのです!
 
今4つのエネルギーが私たちに届いています。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
1.‘12:12ポータル’からのエネルギー
 
これは1992年頃からライトワーカーたちによって認識されるようになったポータルです。それ以来12月12日には、世界の大勢のライトワーカーたちの意識によって、地球の次元上昇が現実化する「黄金時代」を促進させるために共に祈るセレモニーが維持されています。
 
よって今では‘12:12ポータル’のエネルギーは、私たちの体内の細胞にしっかりとコード刻印されていて、このエネルギーの受信ステーションとして働くようになっています。実はこの‘12:12’のエネルギーを、エジプトの大ピラミッドからアクティベーションを行なうと、全地球の次元上昇をパワフルに促進させることができます。
 
私自身も1994年12月12日にギザの大ピラミッドの「王の間」でワークショップ参加者の皆さんと共にセレモニーをして、アクティベーションを促したことがありますが、願わくば、明日大ピラミッドで誰かがこれからの地球のためにセレモニーを行なってくれると、今のシフトにきっと大きなインパクトをきっと与えるにちがいないでしょう。
 
もちろん、私たち個々が地球上どこにいようと、‘12:12ポータル’を活性化させ、さらなる地球上昇を促すことができます。アクティベーションを促す方法については後にお伝えします。


 
2.銀河の中心から届く‘パープルガンマ線’ 
 
これはフォトンエネルギーを放ち、地上では「バイオレットフレーム」と呼ばれる高次の紫の光線となり、私たちに人類を神聖な存在に高めてくれます。重たい感情や行動、カルマなどを高次のバイブレーションに変容させ、高次元シフトを促してくれています。


 
3.太陽が放つ‘ピンクガンマ線’
 
闇のエネルギーを溶かしてくれます。また、私たち個々の内に潜む古いエネルギーや束縛、制限を溶かせてくれます。浄化する力を発揮すると同時に、2分化させる力も備えています。すなわち、この次元上昇において、その波に乗る者と乗らない者がこれからさらに著しく分離が目立つようになるでしょう。


 
4.愛と光で私たちを包むキリスト・エネルギー
 
クリスマスが近づくと、子供たち同様に大人たちも喜びのエネルギーが満ちてきます。今年もクリスマスシーズンを迎えて、キリスト意識が地球上を取り巻いています。キリスト意識とは、ひと言でいうと『愛』と『赦し』です。愛と赦しを通して、私たちはキリストと一体となる超意識へと導かれます。超意識においては、私たちは多次元的自己を認識することができるようになり、進化した人類として12螺旋構造をもつDNAに変容するでしょう。


 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
12:12アクティベーション
 
とくに今日、明日、明後日と「12:12」を繰り返し見るシンクロが起きていると、まちがいなく高次の存在たちからあなたに、この特別なポータルからのエネルギーが届けられています。
 
この3日間にかぎらず、「12:12」にあなたが共鳴するとき、「マカバ」(メルカバ)フィールドを活性化させるコードポータルが開きます。これが起きると、あなたの心は統一意識につながります。あなたの心に神の愛を目覚めさせ、地球を進化させる新しいエネルギーの周波数を活性化させます。
 
明日12月12日12時(AMまたはPM)にあなたにとって重要なつながり(パートナーや人、高次の存在たち)を意識的に心に感じ、調和と愛、平和のエネルギーに満たされてください。そうすることによって、あなたのこれからの人生における新しいミッションが明確になり、前向きに自信をもってそれに向かってスタートを切ることができるでしょう。あなたの夢を思考の力で積極的に表現してください。
 
2017年の「12:12」のポータルを通過してからは、思考が現実化するスピードもさらに増します。揺らぎのない信念を貫くことと、なにごとに対しても楽観的に捉えるメンタルパワーが、あなたの想像を超える素晴らしい結果につながります!
 
愛知ソニア 

∞ 「このところ実に強力な‘変容のエネルギー’を受け取っています。次元上昇しているのが、3次元の肉体で実感できるほどパワフルになってきましたよね」
 
‘変容のエネルギー’を肉体的に感じるとはどういう感じなのか知りたいですね。管理人は以前から目覚めのときやリラックスしているときに微少な体内振動が始まってそれがしばらく続きます。確かに依然と比べて、その回数は増えていますが、それがそうなのかはわかりません・・。(^_^;)
 
「今までよりもいっそう叡智の源に接続する瞬間が増えてきています。各々皆さんにも同じように、自分の思考を遙かに超えた発想やひらめき、理解がきっと頻繁に届いていることでしょう。まさにアカシックレコードの『叡智のカウンシル』から直接ノウイングネスとして、私たちに届いているのです。また、『至福感』ゃ『達成感』が頻繁に全身を駆け巡るのが感じられます」
 
これは皆さんの中には知ってか知らずかの内に体験されていらっしゃるのではないでしょうか。頭がなぜかクリアーになって、新たな発想、ひらめき、理解が得られるならば、アカシックレコード(宇宙の図書館)に接続しているのかも知れませんよ。(^_^)
 
「あなたはただ忘れていただけです。自分自身を褒めることもあまりなかったのでは?」
 
元は皆さんの全てが高次の存在であり、超能力と言われる能力の持ち主でもあったのですから、この時期をそれを思い出しつつあるのです。自分を褒めてあげてください。そして闇さん達によって封印された、皆さんの全能力を取り戻しましょう。
 
「明日12月12日12時(AMまたはPM)にあなたにとって重要なつながり(パートナーや人、高次の存在たち)を意識的に心に感じ、調和と愛、平和のエネルギーに満たされてください。・・」
 
お昼休みに、「ちょっと瞑想」はいかがですか。(^_^)♪
 
「2017年の『12:12』のポータルを通過してからは、思考が現実化するスピードもさらに増します。揺らぎのない信念を貫くことと、なにごとに対しても楽観的に捉えるメンタルパワーが、あなたの想像を超える素晴らしい結果につながります!」
 
上昇を拒否する闇さん達以外のほとんどの人々は、今入来している多くの光エネルギーを受け入れているので振動数は上昇し続けています。ここで知っておくべき大切なことは振動数の上昇は思考の現実化を早めるので、もし自分がネガティブな思考をすると、その現実が創造されることです。ですから、“揺らぎのない信念を貫くことと、なにごとに対しても楽観的に捉えるメンタルパワー”によって我々は、我々にとってポジティブな未来を創造していかなければなりません。これが皆さん一人一人に要請されています!
 
(^_^)/ ソウゾウ ノ セキニン ガ アルンヨ。




 
posted by: Michi&Mirai | 愛知ソニア | 18:47 | comments(0) | - | - |
プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ (12/08)
∞ GFLサービ スのたきさんの翻訳です。(^_^)
 
 



 

プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ
2017年12月8日
 

皆さんこんにちは。私は今日は、強力な愛の力をもって、五年間に亘って常勤として勤めてきた地球評議会からのお誓いを伝えにきています。このメッセージで、私はあなた方と地球にこの次元上昇という強力な時を通じてあなた方にお目にかかることを誓います。
 
お気づきになっているかも知れませんが、あなた方の惑星上にはこれまでとは違う出来事が起きています。殆どのライトワーカーはこれらのエネルギーを感じるので、おそらく貴方はそのいくつかを感じていることでしょう。目覚めている人達でさえ、これらの異常に大いなる注意を払っています。それらの異常は次元上昇プロセスが進行中であるが故に起きているのです。
 
これらの異常な活動や出来事は次元上昇中に起きる普通のことだ、と思ってください。時にはこれらがあなた方の行く手を妨げるので、落ち着かないと感じられるのはごく普通のことでしょう。地球自体にはとてつもなく大きい変化が起きています。この惑星の磁場は不安定です。ですから、お感じになっているとおり、暮らしはいささかぎくしゃくし得ることでしょう。
 
光と情報の流れのために、あなた方の意識は向上しつつあります。透明性が普通のことになりつつあります。秘密や暗黒の暴露が増しているので、3次元からの基礎は目前で崩壊しつつあります。これは又、今あなた方ご自身がおかれている、不安定さと非永続性という感触を作り出すことになっています。
 
あなた方にとって歴史的な人物、アイコン、モニュメント、偶像が除去されつつあるのは、私たちには興味深いことです。これらの跡は、新たなエネルギーにとって重要な何かで置き換えられるでしょう。その置換はこれらの除去の手助けをする者たち自身が、これらが自分自身の置換の鏡であることに気がつきさえすればですが。3次元が崩壊して崩れかかってくるので、これらのアイコン、偶像、長期間政治的名声を得ていた人達なども又消え去ってゆくことでしょう。
 
このプロセスを私たちは”地球上での最大のショー”と呼んでいます。まだ気がついていないとしたら、それはサーカスのようなものです。必要なら天の許しを得て介入をする備えをして、支援、保護、技術を供給するために、あなた方の惑星を取り囲んでいる数十億の銀河の者たちがいます。私たちは、あなた方の惑星上で核兵器を使用させはしないことをどうか忘れないでください。戦争を行うエネルギーはないので、戦争を恐れる必要はありません。武器の製造によってより多くの金儲けをしようとのカバールのエネルギーがあるだけです。
 
地球上での出来事は全ての生命体、太陽システム、7個の太陽系の惑星全てに影響します。地球は闇と悪が排除されつつある貴重な惑星なのです。客席から見ている観客のように、それらの崩壊を見守っていてください。あなた方の力を取り戻し、あなた方の惑星を元に戻すように要求し、あなた方を引き戻しているあらゆるものを解除し、新しい黄金時代への道をきれいにならしてください。
 
私たちの技術を提供し、惑星地球上の闇の終焉を祝うためにあなた方とご一緒できる時を待っています。今は大規模な掘削が進んでいますが、この極度に重要なプロジェクトにおいてあなた方が果たしている重要な役割に感謝の念をささげます。
 
あなた方全てに深い愛の念、支援、およびヒーリングエネルギーをお送りします。私はミラです。
 

∞ 抜粋です。
 
「お気づきになっているかも知れませんが、あなた方の惑星上にはこれまでとは違う出来事が起きています。殆どのライトワーカーはこれらのエネルギーを感じるので、おそらく貴方はそのいくつかを感じていることでしょう。目覚めている人達でさえ、これらの異常に大いなる注意を払っています。それらの異常は次元上昇プロセスが進行中であるが故に起きているのです」
 
ライトワーカーであれば、時代のリアルな変化のエネルギーを感じる事が出来るようですが、そうでなくても、今世界では通常ではあり得ない、起こりえない物理的な異常現象が数多く起きており、その異常の原因は次元上昇プロセスの進行するが故に普通に起きているということなら、「確かに変化は起きている!」ということを実感できますね。(^_^)v
 
「光と情報の流れのために、あなた方の意識は向上しつつあります。透明性が普通のことになりつつあります。秘密や暗黒の暴露が増しているので、3次元からの基礎は目前で崩壊しつつあります。これは又、今あなた方ご自身がおかれている、不安定さと非永続性という感触を作り出すことになっています」
 
現在、セントラルサンからの強力な光エネルギーを受け取っているのですから、光の増加につれて我々の意識レベルが上昇していることによりディスクロージャーが実際に加速していることはわかります。しかし、それによる三次元世界の崩壊が起き始めると、「これからどうなっていくのだろうか ?」、「先がみえない !」など不安な気持ちになりますね。
 
でも、それは杞憂に終わるでしょう。(^_^)/
 
「・・必要なら天の許しを得て介入をする備えをして、支援、保護、技術を供給するために、あなた方の惑星を取り囲んでいる数十億の銀河の者たちがいます。私たちは、あなた方の惑星上で核兵器を使用させはしないことをどうか忘れないでください。戦争を行うエネルギーはないので、戦争を恐れる必要はありません。武器の製造によってより多くの金儲けをしようとのカバールのエネルギーがあるだけです」
 
なぜなら、天の許しの元に、即、応えてくれる光の銀河連合の支援体制が確立されているからなのです。
 
現在、核戦争の危機に瀕しています。もしも北朝鮮が突然、核ミサイルを発射するという愚行に走った場合、光の銀河連合が即時介入して核機能を無効にします。同様にバザールマフィアによって三次元世界のあらゆる崩壊が起きるとしても、光の銀河連合による十分な支援体制によって完璧に保護されることになりますし、そうしなければならないのです。
 
(^_^)♪ ワテラ ラッカンテキ デ イイノダ。
 
「地球上での出来事は全ての生命体、太陽システム、7個の太陽系の惑星全てに影響します。地球は闇と悪が排除されつつある貴重な惑星なのです。・・」
 
今、仮想現実世界である三次元惑星の地球上で行われていることは、光対闇の戦いのシミュレーションゲームであり、宇宙中から選抜されて地球に転生した、我々が闇さん達を地球から排除するという、言わばそのノウハウを学んでいるところなのです。そして、今その卒業の最終試験が行われているのです。(^_^)
その最終試験に合格すれば、晴れて卒業となり、もとの高次の存在に戻れるのです。そしてその後は地球と同じような状況下にある、銀河系のとある闇さん達に侵略されている三次元惑星において、地球でマスターしたノウハウをもとにマスターとして他のETさん達に闇と悪の排除を指導することになります。
(^_^)/ コレガ テイセツ ナンヨ。




 
posted by: Michi&Mirai | プレアデス・ミラ (評議会)、(教義) | 19:07 | comments(0) | - | - |
ブロッサム・グッドチャイルド (12/02) 光の銀河連合からのメッセージ11月のSOHO画像
∞  世界の空で起きている色々な特異現象は、我々の上昇に直接的に関係があるようです。(^_^)/ 

 


 
ブロッサム・グッドチャイルド
2017年12月2日
 
光の銀河連合からのメッセージ


ブロッサム:友人のみなさんこんにちは。みなさんに聞いて欲しいと、多くの読者さんから様々な質問を頂いていて…何を聞くのが一番適切かが分からなくなってきたので、今日はどうかみなさん主導で話して頂けますか?そう思って通信を始めていますが…。
 
光の銀河連合:この言葉を読んで下さるみなさんに、伝えうる限りの最高のエネルギーをもって祝福申し上げます。みなさんが深い呼吸を通して、‘ご自分の人生という流れに身をゆだねる事‘で、こういったエネルギーと、今までにない形で繋がる事ができると認識されていらっしゃる事を、私たちは知っています。
 
ブロッサム:はい、最近は確かに今までにない、高い/違った感じのエネルギーが感じられます。
 
光の銀河連合:それはみなさんが、ご自分に値する/ご自分の為になるような考えをもたらしてくれる、バイブレーションの中へと自らを上昇させる事を許したという証拠です。
 
ブロッサム:ある方が、もう‘既に’より高いバイブレーションに突入していると認識する事が出来るような瞑想を、共にやってくださらないかと仰っていました。認識する事が出来れば、なおさら良いのではという事なのですが。
 
光の銀河連合:今言えるのは、それは単純に呼吸を通して、認識する事が出来ます…「自分たちの為になるような、最高のバイブレーションの全てが私の中を通過する事を許し、その中で私は喜んで振動している事を私は知っている」とご自分に言い聞かせれば良いのです。
 
ブロッサム:私は微笑んでいます…その言葉を聞いて瞬時に私が取り組んでいる小さなプロジェクトの事を思い出したからです!
 
光の銀河連合:たくさんの質問をお送り頂いた方々に敬意を示しつつ、どうかその決して‘小さくはない’あなたのプロジェクトについて、お話しさせて頂きたいのですがいかがでしょうか?
 
ブロッサム:え!あ、もちろんです、どうぞお願いします。まだ、‘人に話す’準備など何も出来ていないのですが。
 
光の銀河連合:でも、早い方が良いですよ。では、今回はさわりだけをお話しして、その後間もなくしてから、フルにお話しすれば良いのではないかと思いますが。
 
ブロッサム:はい、出来れば新年辺りに何かを‘始められたら’と考えていました。何かを始めるのに最適な時期ですから。
 
光の銀河連合:では、私たちからその序文を提供させて頂きます。
 
あなたはそれを「ゲームを変える為のプロジェクト」と名付けたようですね。あなたがゲームを変えるビデオを作成した時から、‘これをしなければ’、という強い衝動を感じ始めていましたね。私たちがあの言葉を提供したのは、それがみなさんのハートの思い/感情を言葉に表現したものであるからです。
 
改めて申し上げますが…何度も何度も…申し上げている通り…みなさんを手助けする力が、踊りながらみなさんの呼吸を通して、再び全体へと広がっていっています。「今」みなさんは、より「深い感情」に届く事が出来るようになっていますので…そうする事で全ての感情や思いは…より大きな影響を与えながら…効果をもたらしています!
 
ブロッサム、あなたが思い描いているプロジェクトは、人類をいるべき場所へと前進させる為に、その為の手助けをすると、私たちが交わした契約の一部です。あなたはこれが、なるべく多くの人に届くようにと望んでいますし、私たちも同じ気持ちです。しかし、知って頂きたい事は、時に人の数は非常に優位になり得るものの‘数の問題’だけでは無い事もあって、これが’世に出る事’こそが効果的だったりもします。
 
私たちがこう言うのは、この時に人類の上昇を助けたり、人々がより良い生き方が出来るようにと、例えば本を書いたり、何かのプロジェクトを通して多くの努力と愛を投入されている方に対して、その本の売れ行きがあまり芳しくなかったり、開催したイベントの参加率が低かったりした場合、決して落ち込まないでくださいと言いたいからなのです。何故なら、そうしようとするあなたの思いも非常に大事な役目を果たしているからです。
 
ブロッサム、あなたの‘神聖なプラン’も人がその日その日‘切り替える’ための時間を作る事が出来るような形式を提供する事で、魂がより本来の自分に帰る為の時間を作るという計画なのですよね。
 
ブロッサム:はい。何故なら、私たちはいとも簡単に日常の事をより重要、又は優先度が高いと考えてしまい、気持ちが逸れてしまうからです。本当はそこまで重要ではないのに。私たち、というか私にとって、黄金の時代を早く実現したいのであれば、これが一番重要だと考えています。自分自身、もっと日常的に自分の気持ちを上昇させるとか、なるべく行動に移す必要性を感じています。
 
光の銀河連合:はい、確かにそうです。どうか、その思いを実行してください。どうかみなさんお一人お一人が、全ての面においてみなさんの為になる、より重要な事にもっと気が付く事を選択して頂きたいと願っています。魂に栄養をあげなければ…お腹が空いて、弱くなって本来の機能を発揮できません。
 
それと同じように…実際の食事に関しても、人々は何を摂取するかに気を付け始めています。何故なら、この‘移行’の時期に…この変わりつつある時期に、人間という肉体の状態でのより良い生活の為を考慮して‘自分をケア’する事‘自分の為になる事’をするが求められているからです。
親愛なる魂のみなさん…私たちは、ブロッサムがそういったプロジェクトに取り組んでいる事を知っています。
 
ブロッサム:ちょっと待ってくださいよ。今ちょっとしたパニックになっています。そんなにハードルを高くされても困ります。万が一…
 
光の銀河連合:万が一、何ですか?
 
ブロッサム:万が一、思っていた通りにならなかったら、どうしようとか。もちろんあなた方が言うように…それは本当はどうでも良い事かもしれませんが。そんな大したプロジェクトじゃないし…「もし」多くの方に伝わって機運が上昇したとしたら、大した事かもしれませんが。ちょっと映画の「ペイフォーワード(可能の王国)」のような考え方/アイデアですよ。(訳者注:善意を受けたら、当人に返すのではなく、別の3人に返すという事を考えたトレバー少年の話) これはごく単純な事で、多くの方が既にこの方法を実践してきたと思います。その上で、これが正しいと感じるのです。このプロジェクトは、単に一日に‘何をする’というリストを作るというだけの事で…それによって、より進んで行く/上昇し続けていく事が出来ると思うのです。また今度詳しくお話ししたいと思います。
 
光の銀河連合:はい、分かっています。どのようになるかが楽しみです。
 
ブロッサム:正直、みなさんに同意して頂けた事でちょっと自信が付きました。私は偉い先生などでは無いので、偉そうな事は言えませんが、自分にとって役に立ちそうだなという事を、みなさんにもシェアさせて頂ければと思ったまでです。何だかそういう立ち位置にいるみたいなので!
 
光の銀河連合:そのようですね!
 
ブロッサム:この件は日曜日のホワイトクラウドとのミーティングの際にもっと掘り下げてビデオにしてシェアしようかと考えている所なので、ひとまず他の話題に移っても良いですか?
 
光の銀河連合:もちろんですよ、お望み通りに。では、どの質問にお答えしましょうか?
 
ブロッサム:ちょっと一瞬考えて、何が一番先に浮かぶかを試してみたら、たくさんのオレンジの光が空に現れ、奇妙な音も聞こえたという件や驚くべき写真が撮られたという件で…これら全部が何か繋がっているような気がしてくるのですが。これについて、お話し頂けますか?
 
 ( 写真のリンク: https://strangesounds.org/2017/11/what-is-going-on-in-our-skies-group-light-sky-vertical-rays-sun.html)
  
光の銀河連合:はい、ぜひとも。みなさんのお役に立つ事だと思うので。
 
まず、雲の合間から差し込み地球の大地に突き刺さるかのような、太陽の光の写真について。これらの光線のエネルギーは、地球の感情に莫大なインパクトを与えるものです。というのも、地球の外に住む存在たちと、地球の中に住む存在たち両方に影響があるという意味です。
 
ブロッサム:実際は何なのですか?
 
光の銀河連合:情報です。
 
ブロッサム:私、何だかビビっています。心臓がどきどきしてきましたが…‘情報’というのは、以前、確か2011年に‘光の柱’が出ると予測され、そこには‘情報’が込められると当時言っていましたよね。確か、当時の年末に現れるとみなさんは言っていたのに…何もなかった事を思い出して、ちょっとドキッとしました。もちろん、この事は忘れてはいないですよね?
 
光の銀河連合:もちろんです。私たちには時間の感覚、またはそれに左右される事が無いので、‘時間’が絡むと誤解が起きやすくなってしまいますね。
 
ブロッサム:はいはい…何とでも言って下さい!!とにかく、これはみなさんが言っていた‘光の柱’なのですか?
 
光の銀河連合:それが、形成されるところです。冒頭部分といいますか、導入部といいますか。
 
ブロッサム:わお!全く、予想外の展開です。その上に見える光は、何ですか?尾が繋がったような形の。
 
光の銀河連合:これは、‘光の船’の照明です!その意味を表現するとすれば…これらの光の光線を‘導く’ためのものという感じです。
 
ブロッサム:光線自体は太陽から来るものですか?
 
光の銀河連合:そうではありますが、‘船’からの操作的要素がなければ、起き得ない光線です。太陽からの光線を用いてこういった情報を含んだ光線を‘作る’というのが正しい説明かと。
 
ブロッサム:ちょっと、正直に言いますが…こう何年も共にやり取りする中、みなさんが真実である事を知りました。‘こういう事’があると、何だか自分の頭の中で勝手に作り上げているのかもと思ってしまう事もありますが!とはいえ、私はこれを続けなくてはなりません…例え、時々自分を疑う事があっても。疑ってしまう時は、光の銀河連合さんや読者のみなさんには、本当に申し訳ないと思うのですよ。だって、全く疑いを持ってない人もいるのに、私自身が疑っているのですから。
 
光の銀河連合:友人であり、同僚のようなブロッサム…何にそんなに‘疑いを持って’しまうのですか?
 
ブロッサム:そんな事がリアルにあると思えますか!とはいえ、あり得るという事は分かってるんですけどね。光の柱に関して言えば、光の存在/地球外生命体が地球の為に情報を込めて作ったんじゃなくて、例えば気象の影響とかフォトショップ加工とかじゃないかとか考えてしまうのです。もちろん、みなさんに大いなる敬意を込めて言わせて頂ければですけど…分かります?
 
光の銀河連合:はい、分かりますよ。でも、微笑んでしまいます。私たち起きると言った事が、言った通りのタイミングで起きなかった時は…
 
ブロッサム:はい、我を見失いました!
 
光の銀河連合:はい、そうですね…ありがとうございます。で、実際起きたら…私たちを疑うのですか!
 
ブロッサム:自分で自分の事を笑ってしまいますね!何でこの役目に私が選ばれたのでしょうか、これこそが私の最大の疑問ですけどね。
 
光の銀河連合:では、そういう事もひっくるめて…続けましょうか?
 
ブロッサム:ですね。では、情報とはどうやったら光の柱となるのですか?
 
光の銀河連合:では、どうしたら‘空’の小さなUSBの棒をコンピューターに差し込んで、ボタンをクリックすると様々な情報をそこに入れる事ができ、コンピューターから外した後もその情報が使えるようになるのでしょうか?
 
ブロッサム:それを、よりによって私に聞く?まあ、仰りたい事は伝わりましたが。
 
光の銀河連合:作られた光線は…この光の柱は…‘究極のエネルギー’が充満しているだけではなく…太陽の光から出来ているだけに…その中に投影された情報も含む事ができるのです。
 
ブロッサム:その情報を私たちはどうやって受け取るのですか?…そもそも、どんな情報なのですか?
 
光の銀河連合:含まれている情報についての‘詳細’を私たちからお伝えするのは…今の段階では相応しくないと思われます。何故なら…あなたが受け取る時に既に知っているという事になってしまうからです。この内容は、受け取る準備が出来ている方々にこういった特別な形で受け取ってもらうようにデザインされているのです。これは、ちょっと説明するには複雑なのですが、この情報はこの様にお届けするのが相応しいとしか言いようがありません。更に言えば、受け取るべきでは無い方は受け取れません…これには様々なレベルでの理由があり…誰が受け取り/受け取るべきではないかにもたくさんのレベルがあります。
 
ブロッサム:はい…分かりました。では、大まかに言うと大衆に向けた情報なのですか?
 
光の銀河連合:準備のできている大衆のみなさんですが…みなさん準備が出来ています。それは、私たちが目覚めの‘音’を提供し…説明書の入った封筒を開けてもらった時と同じ感じです。これからの日々、こういったものが増えていきますが…あちらこちら‘無造作に放り出される‘のではありませんし、みなさんがそれを忘れていたというのではなく、完全に吸収するべく、一旦ぼやけただけです。
 
ブロッサム:私の純粋な古い考えだと…なんだか途方もなく、あり得ない話に思えてくるのですが、実際昔のSF映画などを見返してみると、そんなに途方もない話ではなかった事に気が付いたりもします!じゃ、次は何が起きるの?
 
光の銀河連合:こういった形の現象が多くなります。今回の光の柱に関しては太陽に‘関連した’ものでしたが、私たちがずっと以前にブロッサム、あなたにお見せしたように、そういったものがみなさんの上空を通過し、そうする度に‘情報を送り出す’模様がみなさんにも見えるようになります。
 
ブロッサム:以前そういったビジョンを頭の中に送ってもらったのを思い出しました。見られたら素敵ですね!
 
光の銀河連合:あ〜!こういったビジョンによってあなたの中の何が呼び覚まされるか、あなたにはまだ想像もつかないでしょう。何故なら、今あなたがいる高バイブレーションを認識する事で…あなたは高バイブレーションのものを‘見る事’が出来るようになるからです。それらは、常にここにあったものですが…単にあなたには見えていなかった…でも今は見えます!
 
あなたはそれを感じる事が出来ます…そしてこの高バイブレーションの中であなたの周波数の様々なレべルを通過して、上昇する事でどんどんと心地よさを感じてきます。
 
ブロッサム:今日はここまでにしましょう。何だか脳みそが疲れました。でも、まだまだ話足りない事はありそうですね。
 
光の銀河連合:時間は永遠にあります…全て適切なタイミングでお伝えしますから。
 
ブロッサム:ありがとうございます。今日は、こんなやり取りになるとは思ってもいませんでした。どんとこい!!ところで、最後に質問です…光の柱が世界的なニュースにならなかったのは何でですか?
 
光の銀河連合:ブロッサム、分かっているでしょう。でも、それもじきに変わります。
 
ブロッサム:メディアの情報操作って事ですかね。
 
光の銀河連合:そういう事です。では、今日はここまでとしましょう。私たちから感謝と愛をみなさんにお送りします…今はそれがより強烈にみなさんに感じて頂けていると知りながら。
 
ブロッサム:感謝しています。ではまた。
 
 
訳:JUN ライトワーカー  NEW!2017-12-07 14:47:39  


∞ 抜粋しています。
 
…「自分たちの為になるような、最高のバイブレーションの全てが私の中を通過する事を許し、その中で私は喜んで振動している事を私は知っている」

バイブレーションの中へと自らを上昇させる事を許す呪文です。(^_^;)
 
「ブロッサム、あなたあなたが思い描いているプロジェクトは、人類をいるべき場所へと前進させる為に、その為の手助けをすると、私たちが交わした契約の一部です」

「自分自身、もっと日常的に自分の気持ちを上昇させるとか、なるべく行動に移す必要性を感じています」

「…実際の食事に関しても、人々は何を摂取するかに気を付け始めています。何故なら、この‘移行’の時期に…この変わりつつある時期に、人間という肉体の状態でのより良い生活の為を考慮して‘自分をケア’する事‘自分の為になる事’をするが求められているからです」
 
確かに、日常生活においても意識的な変化は起きているでしょうね。
 

 
光の銀河連合による↑の「光の柱」の説明

「雲の合間から差し込み地球の大地に突き刺さるかのような、太陽の光の写真について。これらの光線のエネルギーは、地球の感情に莫大なインパクトを与えるものです。というのも、地球の外に住む存在たちと、地球の中に住む存在たち両方に影響があるという意味です」
 
上記画像は‘光の柱’が形成される冒頭部分、あるいは導入部で、尾が繋がったような形の光筋は、‘光の船’の照明で、それは太陽からの情報を含んだ光の光線のガイドになるものです。
 
‘光の柱’の中は‘究極のエネルギー’が充満しているだけではなく、太陽の光から出来ているだけに、その中に投影された情報も含んでいるので、その情報を受け取る準備が出来ている人々が受け取れるようになっているようです。
 
多分、これからも空に起きるこのような特異な現象は我々に必要な‘情報を送り出す’模様として頻繁に起きるということですから、いつの日か皆さんの頭上に‘光の柱’が現れたら、太陽からの光の情報を自分の頭に取り込めるかも知れません。
 
その情報を受けとった人々は、その結果として、ビジョンによって自分の中の何が呼び覚まされ、高バイブレーションのものを‘見る事’が出来るようになって、常にここにあったもの…単に自分には見えていなかったものが見えてきて、それを感じる事が出来るようになるのです。
 
つまり、我々は光の情報を取り込むことにより、この高バイブレーションの中で自分の周波数の様々なレべルを通過して、上昇していくと言うことのようですね。
 
(^_^)♪



 
posted by: Michi&Mirai | ブロッサム・グッドチャイルド | 18:47 | comments(0) | - | - |
コブラ (12/07) 状況報告 
∞  地球と月の間で見えない戦闘が行われています。(^_^)/ 
 



コブラ
2017/12/7
 
状況報告 


現在、地球のサブルーナー空間(地球と月の間)のプラズマ界で全面戦争となっています。光の勢力は、1996年にオリオンから侵入してきて、現在地球に取り巻いているプラズマ寄生体の排除に集中しています。
 
この生命体とその体内にいるプラズマ特殊兵器を伴うそのプラズモイド生命体は最近、ライトワーカーとライトウォーリアーに残忍なスカラー攻撃をしかけています。
 
銀河中心への多次元ポータルは12月21日を転換点として、12月17日から12月25日まで開きます。これによって、サブルーナー空間のプラズマ界の大半の状況が劇的に変化します。
 

www.universallifetools.com
 

物質界では、光の勢力がサブルーナー空間のネガティブな秘密宇宙プログラムの全ての派閥を一掃しているところです。このプログラムでメンバー全員に与えられる選択肢は、無条件降伏して銀河法典を受け入れるか、排除されるかのどちらかです。


 
ベンジャミンフルフォードが報告しているように、この一掃によって、地球低軌道で、異常な活動を数多く引き起こしています。
 
トールのハンマーは2018年2月まで攻撃し続けることになります。
 

 

 


 

光の勢力は、南極や北極圏、特にバフィン島やノヴァヤゼムリヤに隠れようとしている全てのネガティブな派閥も排除しているところです。
 
先月(11月)の大規模作戦で、闇の勢力のインフラと人員の約8割が南極から一掃されました。
 
ロングアイランドの地下クローニング施設も一掃されました。
 
今年3月、カバールの多くのメンバーが地下のレジスタンスのもとへ尋問のために連行されて、その後に記憶を消された状態で、地上に戻されました。デイビッドロックフェラーは尋問のストレスに耐えられず、数日後に心臓麻痺で死亡しました。
 
現在、カバールのメンバーの中には、大量逮捕につながる大規模調査の一環として、地表のある場所に連行されている者もいます。
 
彼らはその後、足首に監視装置を着けた状態で解放されます。
 
プラズマ界の全てのスカラー兵器とトップレット爆弾が排除されるまで、イベントは起こらないでしょう。
 
あることが計画通りに進んでいません。イベントについての多くの情報を公表したいのですが、できません。非常にデリケートな状況だからです。
 
私たちが経験している全ての困難にもかかわらず、光は前進していて、地球は解放されるでしょう。
 
Victory of the Light!
 


∞ 光の勢力はキメラグループに全面戦争状態になっているようです!!
 
「現在、地球のサブルーナー空間(地球と月の間)のプラズマ界で全面戦争となっています。光の勢力は、1996年にオリオンから侵入してきて、現在地球に取り巻いているプラズマ寄生体の排除に集中しています」
 
プラズマ寄生体の体内にいるプラズモイド生命体が、プラズマ特殊兵器によってライトワーカーとライトウォーリアーに残忍なスカラー攻撃を仕掛けているので、光の勢力がプラズマ寄生体の排除を集中的に行っているようですね。
 
「銀河中心への多次元ポータルは12月21日を転換点として、12月17日から12月25日まで開きます。これによって、サブルーナー空間のプラズマ界の大半の状況が劇的に変化します」
 
以下は上のリンク先の記事のポータルオープンに関するものの抜粋です。

---------------------------------------------------------------------------------------------
私たちの12月3日、4月、2017年のSUPERMOONの活気のある波に乗って...。私たちの12月17/18ニュームーンは、私たちの平衡配置(2017年12月18日)とソルスティス(2017年12月22日)の間に5日間のエネルギーウィンドウを開きます。
 
今年の完全な銀河系のアライメントは、2017年12月19日(12月の新月の13時間後)に行われ、2017年12月22日に私たちの拠点に至るまでの完全な5日間のエネルギーが感じられます。
 
2017年12月18日から22日にかけて行われた銀河系のアライメントは、私たちがより大きな進化の目的を抱いていることを鼓舞し、私たちが今までに抱えていた最大のビジョンの最も壮大なバージョンに踏み込むのを助けます。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
いずれも、11月、12月3/4のフルムーンに続く、12月17/18のニュームーンによって12/18〜12/22の5日間に渡ってエネルギーウィンドウが開くことを伝えます。この期間に入来してくるエネルギーが“サブルーナー空間のプラズマ界の大半の状況を劇的に変化させる”ということですから、光の勢力によるプラズマ寄生体の排除をより効果的にしてくれると言うことでしょうね。
出来うるならば100%排除できると良いのですか・・・。(^_^)/
 
「物質界では、光の勢力がサブルーナー空間のネガティブな秘密宇宙プログラム( SSP)の全ての派閥を一掃しているところです。このプログラムでメンバー全員に与えられる選択肢は、無条件降伏して銀河法典を受け入れるか、排除されるかのどちらかです」
 
サブルーナー空間で排除されるネガティブなSSPのメンバーには自由意思による選択が与えられるとしても、光に戻らなければどこかの星系の三次元惑星へ送られるでしょうね。
 
(^_^)/





 
posted by: Michi&Mirai | PFC-JAPAN*_コブラ | 19:26 | comments(0) | - | - |
予算不成立によるアメリカ政府閉鎖の可能性 (12/07)
∞ ワシントンD.C.の終焉か!?
 
 



 

予算不成立によるアメリカ政府閉鎖の可能性
2017年12月7日
 

トランプ・アメリカ大統領が、予算不成立による、アメリカ政府の閉鎖の可能性を伝えました。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
RIB通信が報じたところによりますと、トランプ大統領は、予算不成立のため、アメリカ政府は9日土曜、閉鎖される可能性があると語りました。
 
トランプ大統領は、民主党にその責任があるとしています。
 
アメリカ民主党のシューマー上院院内総務と、ペロシ下院院内総務が、政府閉鎖を阻止するために行われたホワイトハウスでの会議に出席することを拒んだ結果、この可能性が強まりました。
 
アメリカの上院と下院が8日金曜までに国家予算に関して意見の一致を見ない場合には、アメリカ政府の業務は停止することになります。

新・ほんとうがいちばん」さんよりの転載です。

転載元は「Post Today
 

∞ トランプ大統領の12月7日にエルサレムを“イスラエルの首都と承認する”という、問題発言の後に“アメリカ政府閉鎖の可能性”を伝えています。
 
正念場を迎えている、ワシントンD.C.が破産するのは大いに歓迎ですが、イスラエルの首都問題はいただけません。トランプ大統領は何を考えているのでしょうか?
 
(-_-;)> ヒカリ ト ヤミ ノ セメギアイカ ?




 
posted by: Michi&Mirai | 世界変革 | 08:16 | comments(0) | - | - |
フルフォードレポート英語版 (12/05)
∞ これは先日UPしたフルフォード緊急報告 (11/30)」の詳細版です。・・・12月はそのまま・・・かも。(^_^;)




 
フルフォードレポート英語版
2017年12月5日

 
■ 司法省、FBIの犯罪性が暴露されたので、戒厳令を宣言する米軍
 
大統領ドナルド・トランプの政権として知られている米軍事政権は戒厳令を宣言しようとしていると、国防総省情報源は言う。「トランプは暴動と国民の不安に備えて国家警備隊を連邦化する準備をしているので、徒党は詰んでいる」と国防総省情報筋は言っている、また「FEMAキャンプは大量逮捕を収容するのに使われ、グァンタモは、軍事裁判所が迅速に派遣される一方で、高レベル標的を収容する可能性が高い」と付け加えた。
 
前大統領バラク・オバマやイスラエルの為のさくらで積み上がった議会によって指名された腐敗した判事の為に、トランプは軍事裁判を課すために戒厳令を宣言させられる可能性が高いとある国防総省情報源が状況を説明しているので、そのような急進的行動が必要である。例えば、FBIはG4S傭兵軍を使ったラスベガスにおける数百人のアメリカ人虐殺を積極的に隠蔽してきたと、複数の情報源は言う。
 
トランプはおそらく、以下のツィートでこの排除について言及していたのでしょう。「コミーの数年間後、FBIを指揮している嘘と不正のクリントン調査によって、その評判はぼろぼろであり、史上最悪である!しかし、恐れることはない、我々は偉大さを取り戻す」
 
先週のその他の大きなニュースは、米ドーバー空軍基地が核兵器かそれと同等のもので最近攻撃された。攻撃は企業メディアではマグニチュード4.4の地震として報道された。しかし、その震央が軍事基地であり、浅く、地震計が巨大な一時的瞬間的地震を示しており、自然地震に見られる振れの増加ではないので、核爆弾或いはビーム兵器攻撃の特徴を有している。それは、下のリンクで見ることができる。
 
この攻撃は、北朝鮮が米国内のどこでも攻撃可能な大陸弾道弾を持っていると発表した翌日に起きたが、国防総省情報源は、軍産複合体内の非宣言内戦であると言っている。ドーバー基地は米軍や他の死体を処理するところで、また長距離高重量の航空輸送の拠点である。CIAはベトナム戦争中はヘロインを棺に入れて米国に密輸していたので、アフガンのヘロイン主要輸送基地であったので取り除かれたとするのは良い推測である。
 
先週、国防総省が不正な衛星が勝手に飛んでいると表現したように少ないけれど低軌道空間戦争の証拠も見られた。これは、19の衛星を搭載したロシアのロケットの打ち上げの失敗として、ニュースに登場したかもしれない。
 

http://www.telegraph.co.uk/news/2017/11/28/international-spacecrafts-lost-sea-russian-rocket-fails-make/
 

また、12月2日に米戦略司令部長官であるジョン・ハイデン将軍がカルフォルニアの聴衆を前に、いくつかの州が米宇宙能力を標的にしているが、「我々はそれを起こさせない」と警告した。
 
先週は世界的に隕石と宇宙のごみの落下の報告があった。この著者は個人的に、私の東京西部の家から1kmも離れていないところに多色隕石がが落下するのを目撃した。その動画は次のリンクからご覧いただけます。
 


 

「サウジの排除によって11月4日に始まった嵐は続いている」と国防総省情報源は言い、明らかに文字通りであると言われている。
 
米国内の地上レベルでの掃討もますます目に見えるようになっている。「モッキンバード作戦は、11月18日のCIA本部の襲撃に続いてマット・ローラーのようなCIAメディア資産がNBCから解雇されたように、モッキンバード作戦は止められたと、その情報源は言う。トランプが「ロシア、ロシア、ロシアの魔女狩りについて恐ろしく不正確で不正直と言うので、ABCニュースはブライアン・ロスを追放したので、モッキンバードは撃ち落されたもう一つの兆候がきた。企業メディアの追放は始まったばかりであると、その情報源は約束している。
 
ハザール暴徒は特別検事ロバート・ミュラーによる前米国防省諜報局のマイケル・フリンの告発がトランプの弾劾に繋がると言う希望に固執している。しかし、国防総省情報源は、フリンの告発は、オバマ、ヒラリー、FBI、小児性愛と深層国家の全ての犯罪をミュラーに暴露させることになり、トランプの泥沼の排水を助けることになり、無意味なことであると約束している。
 
オバマは先週中国国家主席習金平に政治的庇護を求めたが、断られたとアジアの秘密結社情報源は言う。公には、中国を出る直後にダライラマを訪問することで中国を馬鹿にするオバマを見ることができる。しかし、ダライラマは彼自身が排除される可能性があり、オバマを助ける立場にない。
 
また、小児性愛については、先週ハリウッドのスター、ディレクターである俳優ノメル・ギブソンはハリウッドのエリート達は「子供達の血を収穫する」と言っていた。彼らは肉を食べる。彼らはこれが彼らに生命力を与えると信じている。子供が死ぬ前に身体と精神で苦しめば、これが更なる生命力を与えてくれると信じている。ギブソンは、「これはある種の芸術的抽象ではありません。私は2000年代初めに個人的にこの紹介を受けた。これらの人々、経営幹部は今は死んでいるので、これについて話せる。
 
この著者は人間の胎児を食べたことを認めた二人のハザール人暴徒に個人的に会ったことを確認できる。これらは、ホワイトハットによって今積極的に狩られている人々である。
 
徳仁天皇が彼の父親である明仁天皇から引き継いだ日本でも掃討が始まったと、日本軍情報機関は言っている。明仁は2019年4月まで退位する予定ではないが、徳仁は既に事実上の天皇であると、彼らは説明している。今のところ、数十人しか掃討されていないが、真珠湾記念日の12月7日にはさらに多くが始まると、彼らは言う。特に70人のボディーガードで守られるホテルの住んでいるミスターKは逮捕されると、彼らは付け加えた。
 
日本の諜報機関はまた、米軍ホワイトハットに日本の米軍と諜報社会の多くが長年、加倉坂の芸者と現金で買収されてきたことに気付いて欲しいと思っている。彼らは、全米大使のキャロライン・ケネディ大使でさえ、定期的に惜しげなホストクラブで楽しんだ。裕仁天皇の死後、日本の金の多くは、元首相中曽根康弘のような日本人のふりをした韓国人によって、ロスチャイルド、ブッシュ、クリントンと他の高レベルハザール暴徒に与えられて、奪われてきたと、その情報源は言う。
 
米国と日本が清掃を続ける一報で、米国と中国の間の国際金融緊張が高まっている。この兆候は、先週の米中経済対話の解消であった。先週トランプが発表した減税は、その文脈で米国が破産宣告して新たな通貨を発行する場合にのみ実施可能であることに注意することが重要です。そうしないと中国から大規模な新規借り入れが必要となるからである。中国は米国企業のブラックホールにさらに多くの資金をつぎ込む気分ではないと、アジアの秘密結社筋は言っている。
 
中国は、米企業政府を破産させて、カナダが引き継いで、米企業政府がなってしまった不正政権を置換え、北米合衆国をつくることを希望していると、その情報源は言う。今週、カナダ首相ジャスティン・トルドーは中国にいて、カナダ放送公社の報告によると、「米大統領ドナルド・トランプの現れては消えることに対する中国の反感は、北米におけるより魅力的なパートナーとしてカナダを位置づける助けになっている」
 
中国とBRICS同盟国が米国の債務不履行に備えている兆候として、先週BRICS諸国が独自の金塊取引ネットワークを始めつと公式発表があった。
 

http://www.zerohedge.com/news/2017-12-02/russia-china-india-unveil-new-gold-trading-network
 

ベネズエラは先週、米ドルに置き換えて金塊、石油とダイアモンドに裏打ちされた仮想通貨を立ち上げると発表した。さらに、ロシア財務省は、アメリカ人による金押収を心配して、米国がロシアの外貨備蓄を奪うことがあれば、金融戦争を宣言すると警告した。
 
不気味なことに、ロスチャイルドに繋がるアジアのCIA情報筋は、金融戦争について訊ねられた時、以下のようなコメントをした。「私はこの種の話に詳しい私の連絡者の一人から、基本計画は2018年の第3四半期に世界システムを崩壊させると聞いている」
 
最後に、ブラジルの読者から電子メールで以下のような情報が寄せられた。「私の国の南部の州ポルト・アレグロ・ブラジルには、大きなアメリカ領事館があるが、実際サンパウロの物より大きい。常識的にはCIA本部でもなければ、そのような大きなアメリカ領事館は持つ必要がないと言える。そこに住んでいる私の友人は、この建物が作られて以来、ここ数年、表面的には10人以下の少数しか働いていないようだと言っている。おそらく、これは、取り除くべきもう一つのDUMB(深層地下軍事基地)であろう。
 
しかし、南米の地下基地を基点とするナチスは以前、この著者に彼らはもはや世界を征服したくはなく、彼らの空飛ぶ円盤で遊ぶ為に放っておいて欲しいといっていた。多分、彼らにとっては、それとその他の技術を世界の人々と共有することを発表するだけである。
 

∞ 全体的に見て、世界はこれから2018年にかけてどう動いていくのかという本筋が見えそうで見えません。もう少し見通しが良くなると良いのですが・・・。
 

(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 00:06 | comments(0) | - | - |
コズミック・ディスクロージャー シーズン 8 エピソード 13 (11/01)
∞ 現在、コズミック・ディスクロージャー はシーズン 8 エピソード 13以降更新されていません。(-_-;)
 



 
コズミック・ディスクロージャー シーズン 8 エピソード 13
2017年11月1日
 
視聴者の質問12:抑圧された開示と協調的なコミュニケーション


David Wilcock:オーライ。「コズミック・ディスクロージャ」をまた見てくれて有難う。番組ホスト、デビット・ウィルコックです。コーリーグッドとお送りします。このエピソードでは、あなたの質問に、コーリーがお答えします。
 
コーリー、また来てくれましたね。
 
Corey Goode: サンキュー。
 
David: では最初の質問はこちらからです:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q1: 「忘れることが出来ないのは、私たちのアセンションプロセスを遅らせている、この惑星上のネガティブなエンティティの勢力がいるという事です。これと戦うために、あるいはこれらの障壁を打ち破るために、私たちは何ができるでしょうか?」
---------------------------------------------------------------------------------------------

 
Corey:まあ、彼らがアセンションプロセスを阻止しようとしているので、通常は、あなたのために物事を個人的なレベルで取り戻すことです。
 


 

通常、私たちは叫んでいます。われわれは迫害されたり、攻撃されたりしていますと。でも、私たち自身を深く見ると、私たちは通常、自分たちがやっていることを知っています。
 
だから私はその質問への答えは、あなた自身に焦点を当ててくださいと言います。あなたの中に隠れているすべてのものに取り組むことに集中してください。
 
そして、自分自身の内面を知るワークを始めると、一人の人間の世界を間違いなく変えてしまいますが、自分の事を見ている人もいます。それは良い手本になります。
 
David: 次の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q2: 「南極大陸と私たちの真の歴史に関する開示討論について、恐らく遅らせようとする戦術があるように見えます。情報が飛躍しているように見えても、すぐに静かになってしまう。舞台裏で何が起こっているのですか?」
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey:南極の情報や南極の文明に関する、あるいは氷の下に何があるのか。彼らは情報をただ降ろしてくるだけではないことを理解しなければなりません。彼らは海の下深くで見つかった遺跡についての情報を降ろす気はありません。
 
政府内の時の権力者による動きが、触媒となってその情報を降ろす切っ掛けになります。それは起こります…彼らはその時間を持つしかなくなります。
 
それは彼らの偉大なる錯乱時間になります。
 
David:「大量錯乱の武器」
 
Corey: 大量錯乱の武器です。
 
David:だからあなたは南極の情報が前進するだろうと思っていますが、最終的な(情報公開の)フリーカードのようなものでしょうか?
 
Corey:そのような計画です、はい。彼らは必要な時にその情報を公開するつもりです。彼ら(ポジティブ勢力側)のために混乱の時に情報を公開し、彼らの支配によって、秩序ある未来の惑星のへの足がかりになることを願っています。(訳注:つまり情報を公開することで、混乱に乗じて支配力を得ようとする勢力がある。一方光側も情報を公開しようとしているが、目的が真逆)
 
David: 次の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q3: 「ブルー・エイビアンズのワン・スフィアビイーイング・アライアンスのメッセージを次の世代に引き渡す適切な方法として、あなたは何をお勧めしますか?私には非常に好奇心が強い、7歳と9歳の2人の子供がいます。私は彼らに人道と霊性についてのオープンな考えを提起しました。もちろん、彼らは私やテレビが話していることに非常に大きな影響を受けています。私はそれは私たちだと思います。」
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey:私は、若い世代の若者たちと一緒に、彼らが善意者になるように教える事を、基本的に堅持すべきと言います。他の人に奉仕するということを教えても、他の人たち全てに対し実行しろという意味ではありません。そして、焦点を維持する…私は、彼らがその期間に行うべき内なるワークのすべてをたくさん持っていないと思うが、あなたが他の人に奉仕することに集中することができれば、彼らは我々がやっていることを邪魔するためのすべての問題を、あなたに持ちかける事は無いでしょう。
 
David:あなたは、山の下に住んでいると思われる人々の情報がありますか?テロスのシェスタ山です。彼らが都市と呼んでいます。
 
Corey:私は最近シエスタ山にいました。いいえ、私は彼らから連絡を受けていません。インナー・アースへの初めての訪問で私が見たグループの1つがこのグループであるかどうかわかりません。私は分かりません。
 
私が持っている情報は…その地域にインナー・アース・グループがあることを知っていますが、彼らの直接的な情報はありません。
 
David: OK。次の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q4: 「私の質問はこれです:20-and-Backプログラムは、なぜコーリーの場合、何度も行って、20年にわたって人々を使用し、虐待するような激しい措置を講じていますか?私にはまるで理解できません。非常に巧妙なようです。どうして彼らは任務が終わったら、新しい人を募集しないのですか?」
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey:20-and-Backの技術は私たちに与えられました─私はそれがノルディックであったと信じています。そして、これは他の惑星で使われていたものです。
 
それは宇宙の法則を、光の存在はどのようにしてそれを守るのか─法律とどのように関係しているかです。
 
もし彼らが私たちを惑星から常に離陸させ、20年のツアーで、あるいはもっと長く私たちを使って、その後私たちを殺したら、それは秘密宇宙計画への大きなカルマの反発を引き起こすでしょう。
 
他の異なるネガティブ・グループすべてと戦おうとしている時に、カルマを持っていれば、戦争で、自分の足を撃つことになります。
 
David:まあ、常に新しい人たちを訓練するのはずっと大変になりますね。違いませんね?
 
Corey: 勿論、はい。そして20-and-Backの大半は…ほとんどすべての20-and-Back被験者は軍隊です。彼らは軍隊の訓練を受け、コンディションが調整されています。彼らは20-and-Backで戻った後に元の任務にすぐ戻されます。
 
そして、多くの場合、彼らは1つ、2つ、または3つの20-and-Backが行われます。しかし、多くの被験者が3回目の20-and-Backを完全には行っていないことがわかっています。彼らは神経学的な問題をたくさん持っています。
 
David:あなたが「しない」と言うとき、それはどういう意味ですか?
 
Corey: 彼らは20年を終えられませんでした。
 
David:彼らは死んだの?それとも…
 
Corey:いいえ。彼らは早期に返送されるか、トレーニングのように別のポジションに置かれます。…他の科目を訓練します。
 
David:しかし、宇宙計画ではないのですか?彼らは戻ってくるのか…
 
Corey:彼らはもはやそこにいません…そうですね、彼らはもはや宇宙計画で活動していません。
 
David: 面白い。
 
Corey:彼らはトレーニングのために戻ってきて、トレーニングのために上官に報告します。そんな感じです。
 
David:だから、3回のツアーは、あなたがどれくらいそれを耐えられるかの限界だと思われます。
 
Corey: そうです。人間の生理機能はそれより上がらない。
 
ご存知の様に、人々は、「まあ、あなたは時を経て戻ってきていると思う。あなたは時代遅れになっています。あなたの体は何らかの被害からダメージを受けています。」と言います。
 
そして、あなたの体には、さまざまなトラウマの記憶が残っています。危険な技術から得た神経学的外傷であるトラウマは、後の人生で再び出始めます。
 
David:理論的には、あなたが宇宙計画に参加していた時に入れ墨をした後、年齢回帰プロセスがうまくいかない場合、年齢が退行したときに入れ墨が残るでしょうか?
 
Corey: いいえ、入れ墨をすることは許されません。
 
David: アゥ。
 
Corey: しかし、私が非常に深い外傷性の傷跡があったとすれば、それは修正され、私が20-and-Backの間に傷跡が隠されたとしましょう。あなたが戻った後、彼らが言うように、あなたが「世界に戻っている」とき、これが…あなたはその領域に幽霊の傷跡を見ることができます。
 
David: 面白い。それは理にかなっている。さて、次の質問です。これも面白い:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q5: 「私たちの太陽系の外にスーパーゲートがあり、カバールがアクセスのためにそれを利用しようとしているのであれば、スフィアが今作成した外側の障壁によってそのアクセスが遮断されないでしょうか?」
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey: そうです、そうです。彼らはしばらくの間、そのスーパーゲートにアクセスできませんでした。
 
David: しかし彼らは改善した?
 
Corey: はい。それは取引が多く行われている場所です。
 
David: オゥ、そして、あなたはそのスーパーゲートが潜在的にこの銀河だけでなく、他の銀河に行く可能性があると前に言ったことがありますか?
 
Corey: オゥ、それは他の銀河に行きます。絶対に。それがスーパーゲートなのです。
 
David: フ〜ム。OK。
 
次の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q6: 私はコーリーが肯定的なレプタリアンの存在について何かを知っているだろうと思っています。彼らは存在しているのですか?もしそうなら、あなたはそれらのうちのどれかに遭遇しましたか?
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey:私はそれらに遭遇していません。私はレプタリアンの様なポジティブな存在に遭遇しましたが、違います…彼らはまったくレプタリアンではありません。彼らは存在の全く異なるタイプです。
 
さて、私は、龍のようなタイプの慈悲深いレプタリアンの存在について聞いたことがありますが、私は経験したことがありません。
 
David: OK。次の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q7: マンデラ効果で、別のタイムラインに切り替わると、私が実際にシフトしたことをどのように知ることができますか?私は私の人生の中にいる人々のさまざまなバージョンとやりとりしていますか、それともそれらの人々も私と一緒に移動していますか?
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey: ハッ、ハッ。
 
David: ハッ、ハッ。
 
Corey:私はその一部に答えることはできません。私たちの心の周りを取り囲んでいる、時間はとても難しいです。私たち…私たちは、宇宙の仕組み、時空の仕組みを理解し始めています。あなたはそれを進めることができます。あなたは何でも学べますが、私たちはちょうど時間空間とその操作方法について学び始めています。
 
David:しかし、あなたはこうも言いましたね…私たちはずっと以前に、私たちとは非常に根本的に異なるタイムラインを持つ別の地球があるという考えについて話しました。あなたは、その地球に行くことは非常に危険だと言いました。
 
Corey:それは基本的には違う世界です、異なる現実または次元です。今、タイムラインとディメンションまたは別の現実の違いは何でしょう?それらは我々が心で統合しようと試みているものです。
 
そして、質問は、私がタイムラインを移動したことをどのように知ることができるでしょうか?まあ、地球上の大多数の人は本当に気づきません。
 
David: その通り。
 
Corey:しかし、あなたはマンデラ効果のような奇妙なことに気付き始めます。これが現時点でアクセスできる唯一の実際の指標です…タイムラインを変更したかどうかを判断しようとしています。
 
David:私が受け取った情報の中には、「選択肢」と呼ばれることが懸念されているので、人々が大きな決断を下す時に選択肢があった場合、どちらの決定にもタイムラインがあるでしょうか?
 
Corey: そう信じています。
 
David: OK。したがって、選択肢を一方向にすると別のタイムラインが存在する可能性があります。あなたの全体の現実は違っていて、将来を見ることができる人が潜在的に存在する可能性があります。
 
あるいはあなたはそのタイムラインがあなたに似ているかもしれないと示す預言的な夢を見る場合があります。しかし、夢がデジャヴュのようなものなら、あなたは別の選択肢を選ぶことができます。そして、それらは未来を警告しています。その預言的な能力があれば、あなたは別の選択肢を選んで未来を変えることができます。
 
Corey: はい。そして、それはいつも夢の中で起こります。
 
David:それでは、私たち全体の選択肢が今の結果にどのように影響しますか?私たちが未来に向かって進めている選択肢のポイントは、より良い選択肢でしょうか?
 
Corey:まあ、今私たちは集合意識として、私たちが一緒に経験したいタイプの未来のタイムラインを選んでいるのでしょう。だから私たちは集団として、私たちのタイムラインを決定しています。
 
それは分かれているものではなく、自然に分かります。私たちはタイムラインを変えているのです。
 
David: OK。次の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q8: 彼らがしているように、ネガティブな勢力が自由意志という天の法則を破った結果は何でしょう?私が見る限り、邪悪な存在が人類に干渉する一番の影響は、彼らの邪悪な議題は誰にも邪魔されることなく信じられないほどの成功を収めたという事です。私たちがフェアなフィールドにいないで、どうやってこの戦争に勝つことができますか?
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey:まあ、私は、地球上で彼らがそこにいるのを見ています。私たちはネガティブな人たちが、人生のなかで一生懸命にスケートしているように見えます…カルマが実際にスケートに追いつくことはありません。そのカルマは積み重ね、積み重ね、そして積み重ね、後で全力で彼らをヒットする傾向があります。
 
そして、あなたはあらゆる種類の問題を抱えていると思われるネガティブな人々を見ます。
 
私はそれが(ネガティブな勢力)が上記のものとかなり近いと思う。
 
David:さて、この質問の言葉は私が明確にすべきだと思いました。それは、ネガティブなものが単に宇宙の法律を破るだけではないと言いませんか?彼らは実際に彼らが法律に従うかについて非常に慎重です。彼らは何をしても良い訳ではありません。
 
Corey:彼ら…主に、彼らは法律に抵触しない様にしようとします。しかし結局、彼らは法律を破るでしょう。そして分派が出来ます。
 
もし彼らが…モハマド・アコーズ(契約の聖人という比喩)のように、良いものと悪いもののバランスが取れていれば、その合意の署名者はネガティブなグループとポジティブなグループとの合意になります。
 
今、グループの1つが決定したら…あなたが知っているように、最近グループのうちの4人は、彼らが合意を守らないと決めました。彼らがポジティブであろうとネガティブであろうと、それには影響があります。したがって、それはカルマではなく、精力的に警察力とされていれば、別のレベルで警察力として機能します。
 
David:エリザベス女王時代の占星術師ジョン・ディーが最初に思いついたように、カバルの魔法の宇宙原則は、表(の社会)には隠す必要があります。彼らは何をしているでしょうか。それはいろいろなやり方で、全てのものを与えてくれますが、最終的には敗北をもたらしますね?
 
彼らはその意味では不滅ではありません。
 
Corey: はい。そして、彼らは伝統や何かで行うものなのでという理由で、何を行っているかを表に出しません。彼らは目的を実現させるためにそれを行います。彼らが何かをすると私たちにそれが入ってきます…私たちの共同創造意識に種をまき影響を与えます。
 
そして、何度も前に述べたように、映画、テレビ、偽旗の攻撃を利用して、私たちの感情にそれらの種子を触媒し、それらを引き起こさせます。
 
それが彼らの魔法の秘密です。
 
David:同じ意味で、彼らは実際には非常に脆弱です。なぜなら、彼らは私たち全員の議題を明らかにしたからです。
 
Corey: その通り。
 
David:NASAは最近、火星で奴隷労働が起こっていることを否定したと、実際に公表しました。カバールが部分的または全面的な開示により特赦を求めているのに、なぜこのような公表をしたでしょうか?
 
Corey:ええ、それはとても面白いことです。NASAはなぜこの質問に答えるのか?それは前の質問にすべて戻ります。(訳注:強制ではないという発言で火星に労働者がいることを認めている)彼らは私たちの意識を否定していると思います。
 
私は解りません…私は本当にその質問に答えることが彼らのアジェンダの中でどのように機能するのか見えていないです。
 
David: そうですね。だから、それを否定することによって、彼らは実際に火星に奴隷労働がいればどうなるだろうと思う、人々の心に種を植えているわけです。
 
Corey: はい。
 
David: OK。次の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q9: 「どうしてMIC(軍産複合体)秘密スペースプログラムの人々は、過去にインターネット上にあった海軍のソーラーウォーデンプログラム、特にハッカーゲイリー・マッキノンの開示と2000年代初めの公開に気付かなかったでしょうか?英国のゲイリー以来、人々に巨大な波がありました。
---------------------------------------------------------------------------------------------


 
Corey:そう。ゲイリーマッキノンは、2004年にDoD[米国国防総省]とNASAのデータベースをハックして秘密スペースプログラムの情報を探す試みを始めた英国のITプロフェッショナルです。
 
David: はい。
 
Corey: OK。その情報は…それが公開されれば…それがMICのSSPだったら、デスインフォメーションと呼ばれるか、「偽情報」と言われる可能性が最も高いです。
 
今、米軍SSPである空軍DIA(国防情報諜報局)の秘密宇宙計画は、彼らの所属ではない、海軍プログラムに属している宇宙船を見ています。彼らは「それはコンセプトクラフトです」と言います。「それはテストされています。あなたはそれを見ませんでした。それについて話をしてはいけません。」そして、彼らはそれについて話しません。
 
David: はい。コーリーはこれまで何も言いませんでしたが、ある時点で、私たちはあなたとピート・ピーターソンを同時にここに迎えました。 そして、ピートはあなたのエピソードを録画するのを見ました。そして、あなたが言っていたことはすべて本当であるとは確信していませんでしたが、彼はそれが海軍の宇宙計画であると言いました。
 
そして、彼は、海軍の宇宙計画があったことを長い間認識しており、彼はそれについての情報を得ようとは思っていませんでしたが、「(情報を得るのは)ほぼ不可能です」と彼は言いました。それが彼の言葉でした。
 
それは実際にMICの一部にあり、実際に海軍がやっていることを知りたいが、何も手に入れることができない誰かの進軍の例です。(ブーツ・オン・ザ・グランド:戦場で実際に戦っている部隊」また、比ゆ的に派兵を意味する)
 
Corey:消えたシグムンド、私は情報を交換していましたが、最初は海軍のプログラムが進行しているとは信じていませんでした。彼は、最終的に空軍に授与された秘密宇宙計画の多くを海軍が開発したことを知っていました。
 
そこで、彼は、海軍のプログラムがあるかどうか、また、海軍のプログラムより進んでいるかどうかを証明しようとする調査を始めました…彼らはその気持ちを抑えることが出来ませんでした。
 
David:トップ・インサイダーのホーグランドが常に言っていた声明に同意しますか?「その嘘は全レベルで違うのですか?」
 
Corey: うん。それは彼らが区分する方法です。
 
David:そう。だからシグムンド、私は思います…彼のエゴによる大きな挑戦は、彼がすべてを知っていると言って、あなたを誘拐し、あなたを尋問した後、彼はおそらく非常に大きなレベルの嘘をついていた。
 
Corey: はい。とても。彼は基本的に言いました─私はそれをきれいにするでしょう─「私たちが実際に沿岸警備隊を襲っている(情報収集)とき、最後の一押しが出来ますか?」彼とのブリーフィングの間に言われました。
 
David: とても興味深い。OK。次の質問です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q10: 私はソーラーイベントの前にある種の情報開示が起こるという印象を受けました。そうでない場合は、人工知能とマインドコントロール技術が抹殺された場合に、フラッシュ後の大衆を教育することは簡単でしょうか?
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey:まあ、フラッシュの後、私たちは、この大きな意識を通り越して、すべてがちょっと違って見える場所に向かうことになっています。我々は異なった考え方をしている。私たちはすべてのことに異なったアプローチをしています。だから、予測するのは難しいです。
 
David: 次の質問です。
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q11: ソーラーフラッシュやディスクロージャーの後に、地球上のネガティブなグループに何が起こるか考えていますか?
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey:ご存知のように、私はそれを理解しようとしています。タイムラインのシフトが起こっているのか、それともこれがあるのか分かりません…この新しいサイクルが始まった後、我々は4番目の密度であり、おそらく以前と互換性がないだろう。だから彼らに何が起こるのでしょう?
 
いくつかのガーディアン種族が来て、物理的に彼らを削除するか?彼らは精力的に私たちのタイムラインから切り出されるのか?私はその答えを知りません。
 
David:さて、ブルー・エイビアンズは、「一なるものの法則」を書いたのと同じラーであると言いましたが、彼らはあなたに言いました、あなたにこれを実行し、あなたが思うものを見てみましょう。
 
一なるものの法則では、3者分割と呼ばれることについて頻繁に話します。彼らが言うのは、負の実体が取り除かれ、負の惑星に移動し、肯定的な実体は卒業して、地球に留まり、肯定的でも否定的でもない中立的な実体は新しい地球型惑星に移されるます。彼らは第3の密度を続けます。
 
アンシャールやブルー・エイビアンズから聞いたことと何らかの相関がありますか?
 
Corey:あります。多くのことが関係しています…彼らがあなたに与えている情報は…私は、あなたの心を隠すのは難しいと言っています。そして、多くの時間、一定の時間が経過するまでは、多くのことが意味をなさないでしょう。
 
David: はい。
 
Corey:情報は非常に重いです。
 
David:ですからこれが、私が長年持っていたモデルだと思います。そして、これは一なるものの法則を中心とした非常に激しい学問に基づいています。
 
彼らが言うことを正確に理解しようとするのは難しいですが、そのモデルには、ポジティブな人々と3番目の密度を繰り返さなければならない人は含まれていますが、実際にはネガティブはなく、地球はある種の大惨事を経験し、あなたが十分にネガティブな存在であれば、そこで生きて行きます。
 
そしてその後、地球上に人が住めないような時間が長くあります。その時、地球に残る肯定的な人々が地球に再導入されるのです。
Corey:しかし、彼らは実際にどのように連れ去られますか? どのようなプロセスを通して?
 
David:私はそれが、あなたと一緒に体験したのと同じプロセスだと思います。ブルース・フィアとアンシャールが使っているような、白い光のポータルを人々が通ります。
 
彼らが、あなたにそれをできるなら、おそらく数十億人の人々に一度にそれを行うことができると思います。
 
Corey:彼らは可能性です。そしてそれはタイムラインのようなものでもあります…あなたが知っているのは、変化するものです。だから、一なるものの法則と同じように、彼らは本当の具体的なことではなく、1対1の場合でも具体的ではありません。
 
David:あなたはこれらの質問に具体的な答えを得ようとしましたか?
 
Corey:必ずしもこれらの質問ではなく、私が具体的な事の質問しようとします。すると、多くの場合、ご存知の様に、現在のトピックに関連していない答えか、彼らは「それは結果のない事」と言うか、または彼らは答えないのです。
 
David:私たちの時間のカウントで、マヤ文化は離脱した文明をどのくらいまで発展させましたか?そして、ミカの文化は、マヤ離脱文明の一員ですか?
 
Corey:ミカはマヤには関係ありません。マヤはここ(地球)で発展しなかった。私が以前話したことは、彼らは難民でした。どこから来たのか、このグループはどこから来たのかが問題でした。彼らは難民として地球に移植されました。
 
彼らが地球上にいた間、彼らの数は増えました。しかし、人々はその土地で暮らしていました。そして宗教的な階級は、科学やその他のものについてのすべての秘密を守っていました。
 
そして私は彼らがなぜ居たのか判らない…彼らは必ずしもマヤの残りの部族から離脱したのではありませんでした。彼らは秘密にされていましたが、彼らは同じ時間帯にここに来ました。それはカーストシステムのようなものだと思います。
 
David:さて、私は面白いと思うことをいくつかあなたに問います。
 
非常に信じられていると証明された、もう一人のインサイダーは、1970年代後半にエクアドルで広大な地下探査が行われていたこと、そしてNASAの宇宙飛行士とニールアームストロングが参加し、かなり技術的な調査が行われました。これがすべて公開されていれば、南極で見つかったものと似たような物だとわかるでしょう。
 
そんなことを聞いたことがありますか?
 
Corey: いいえ聞いていません。
 
David:しかし、私たちは、これらのマヤ族が地球表面だけでなく地下設備を築いていることを知っています。


 
Corey: その通り。はい。そして彼らはいました…彼らが持っている巨大な母船は、巨大な円筒で、基本的に山の中から彫られた巨大な岩です。
 
David:どこか地下に保管されている彼らの船があると思いますか?
 
Corey: オゥ、絶対に。はい、彼らはここに領地を持っています。
 
David: フーム。OK。では最後の質問です:
---------------------------------------------------------------------------------------------
Q12: ICCと取引している商人の種族について教えてください。
---------------------------------------------------------------------------------------------

Corey: うん。いくつかの商人の種族が居ますが、彼らの外見はまるで犬のように見えます。彼らはすべて貿易に関わっており、そして、彼らは非道です。実際にはポジティブでもネガティブでもないのですが、彼らは中立で、ポジティブとネガティブのグループを扱います。情報と技術、商品とサービスを両者に渡しています。
 
David: フーム。彼らが実際にどのように見えるのか説明できますか?
 
Corey: ええ。彼らは非常に犬に見えます。彼らには、耳のようなものがあり、犬のような耳や突き出た鼻もあります…つまり、彼らは犬のようであり、非常に犬に似ています。
 
David:彼らは直立歩行しますか?
 
Corey:はい、二足歩行です。彼らは手のようなものがあり、器用です。彼らは私たちがするすべてのことをすることができます。彼らにはあなたが知っているようなパッドや爪がほとんどありません。進化しています…彼らはヒューマノイドです。
 
David:これらの商人はテレパシーを使いますか、それとも口で話しますか?
 
Corey: いいえ、彼らは口で話します。
 
David: 彼らが?
 
Corey: はい。そして…そうですね彼らは言葉を持っています。そして、彼らは多分、これらの存在の多くが非常にアッカド語に近く聞こえる普遍的な言語と思われます…これを使って、商業や貿易を行います。
 
David: クール。では、コーリー、これらのすべての質問に答えてくれてありがとう。今回は本当に面白い事がいろいろと伺えました。
 
「ゴズミック・ディスクロージャ」番組ホストデビット・ウィルコック、コーリーグッドとあなたの質問にお答えしました。ご視聴ありがとう御座いました。
 
翻訳:AKsystem 「キーンエリアニュース」 
 

∞ 文末に、「注:エピソードの終わりに、コーリーは2017年12月5日まで休暇を取ると発表しました」とありました。

これが更新されていない理由ですね。であれば今日は12/6日ですから、近いうちにUPDATEされるかも知れませんね。
 
さて、今回、注目するのは視聴者質問の一つに「タイムラインを移動したことをどのように知ることができるでしょうか?」というのがありましたが、コーリーの回答が以下です。
 
「あなたはマンデラ効果のような奇妙なことに気付き始めます。これが現時点でアクセスできる唯一の実際の指標です…タイムラインを変更したかどうかを判断しようとしています。」
 
ということなのですね。(^_^)/
---------------------------------------------------------------------------------------------
■ 「マンデラ効果」とは人種差別政策・アパルトヘイトの撤廃に尽力した20世紀の世界的なトップリーダーの一人であるネルソン・マンデラ氏であるが、2013年に氏の訃報のニュースが流れた時は、決して少なくない人々の頭の中にクエスチョンマークが浮かんだという。故人にとっては不本意極まりない話にはなるだろうが、とっくの昔(1980年代)にマンデラ氏は亡くなっていたと思い込んでいた人々がかなりの数いたようなのである。
 
つまり、過去の記憶がいつの間にか事実と反するものになってしまっている現象を、超常現象研究家のフィオナ・ブルーム氏は「マンデラ効果」と名付けている。
 
また、以下の愛知ソニアさんによるバシャールの説明は「なるほど」と思わせます。(^_^)
 
■ バシャール 「意識的にシフトする」
 
私達は1秒間に何十億回という気の遠くなる数だけ“平行世界”を移動しているのだと、バシャールは話します。
貴方の意識は流動的であって、一定に定まる事 は決してありません。
 
前回お話した”マンデラ・エフェクト”は、日常的に起こる”変化”であって、決して珍しい現象ではないのです。
 
ただ、”今までの私 達”は意識的に平行世界へ移動するのではなく、無意識にシフトを行っていただけであると、バシャールは説明しています。
 
意識が高まって波動上昇中の現在の私達は、シフトする以前の”記憶”を持ったまま移動する事が出来るようになりました。
 
人によっては”地理”の変化を的確 にスポットする人もいるでしょう。いずれにせよ、物質世界は”夢”の世界のように流動的であり、粘土のように柔軟であるという事がここで証明する事ができ ます。
 
(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | コズミック・ディスクロージャー | 12:06 | comments(0) | - | - |
フルフォード緊急報告 (11/30)
∞ 状況報告がUPされています。

 
フルフォード緊急報告
2017年11月30日
 

 今世界が激しく動いている。
 
11月18日に米海兵隊がCIA本部を占領した。その影響でアフガンの400箇所のヘロイン生産拠点が爆撃された。アメリカ軍産複合体の中で内戦が起きている。アメリカの大物政治家を含む逮捕者が4200名以上に上っている。まだ発表されていないが、すでに始まっている。トランプ大統領のツィッターを見ればわかる。
 
もう一つ大きな展開は、北朝鮮がアメリカを始め世界のどこにでも核爆弾を送ることができることを見せた。これで北朝鮮が潰されない、核戦争のカードがアメリカが切れなくなった。地球の今後を平和的に決めるしかない。それはある意味でよかった。リビアのようにあきらめると滅茶滅茶にされる。これによって旧体制の全面戦争が切れなくなった。
 
イスラエルのネタニヤフ首相が、イランと戦争をすると言う発言をしたことに対して、イスラエルの国防長官がイスラエルはイランと戦争しませんと言っているので、最後の悪役が失脚し始めている。日本では加計学園で私物化学兵器を作ろうとしている安倍政権が問題である。
 
今、アメリカンの第七艦隊の幹部440人のうち対象60名が収賄罪事件で捜査されている。これでハリーハリスのアジア地区最高司令官が首になる。それによって横田基地で身を潜めているマイケルグリーンとりチャード・アーミタージも保護されなくなる。そうすると安倍政権と311大量殺人の犯人たちも、ようやく逮捕される。
 
311の関係者に言う。今のうちに降伏すれば、まだ許しがある。嘘を言い続ければ刑務所、あるいは死刑になる。世界は激変していて、ドイツのメルケルも失脚、911のサウジ王子たちも逮捕された。アメリカではジョン・マケイン、ヒラリークリントンも逮捕された。やっと正義の味方が勝っているので、人類の解放を楽しみにして下さい。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------

第七艦隊の粛清が行われているとしたら、最高に幸せです。ぜひ、よろしくお願いします。待ってました!!
フルフォードレポート今週号も緊迫です。今しばらくお待ちください。お楽しみに。

嗚呼、悲しいではないか!」 


∞ 掲載している情報はほとんどが先週までに既に発信されています。現状にて、それがそのままに進行状態にあるようです。そして、その先には、ハザールマフィア達の逮捕がいつ実行されるのかという事が焦点となるでしょうね。出来れば12月中に始まってほしいものです。
 
(^_^)/ 2018 ヒカリ アレ !




 
posted by: Michi&Mirai | ベンジャミン・フルフォード | 17:16 | comments(0) | - | - |
11月のSOHO画像

∞ 2017年11月の1ヶ月間に太陽近傍で起きた現象の拡大版です。(^_^)

 

 

 



 

 

 

 

2017年11月の太陽観測衛星SOHOによる、太陽近傍の最も不可思議な現象

2017年12月5日

 

 

 

11月は以下の画像に示されるようにETさん達にとっては非常に忙しかった月だったようです。光の銀河連合 <VS> キメラグループ、アルコンとの対決の最終的フレーズに移行しているからかも知れませんね。
 

 

 


いつもの整然とした動きではなく非常にランダムな状態です。よほど急いで

ジャンプしてきたのか、それともET種族によってジャンプ方法にそれぞれ

特徴があるのかも知れませんね。
 

 

こちらも全く統制されていませんが、でも宇宙船同士の衝突は回避出来て

いるようです。太陽近傍の一つの光跡が少しカーブしているのは太陽磁場

の影響でしょうか。
 

 

こちらは太陽近傍で磁場の影響でしょうか、捻れています。よくある

パターンです。
 

 

こちらは球体同盟のブルー・エイビアンズに関連する巨大な飛行物体です。

太陽近接付近で光度が増しているのは太陽との何らかの相互作用の結果かも

知れませんね。
 

 

見事な反転ですが、やはり太陽近接時の光度真ん中のひげは後方の宇宙船

が偶然に重なって移ったものでしょうね。
 

 

プレアデス艦隊の宇宙船の大量帰還もしくは、キメラグループ掃討のため

の増援部隊の到着かと思われます。太陽近接時の捻れは太陽磁場との相互

作用としても宇宙船の加速度が段階的に変化している現象はここ5〜6年

で初めてのケースかも知れません。
 

 

こちらは捻れと言うより、複数の球体、もしくは瞬間移動した?

 

 

 

∞ 一ヶ月でこれだけの現象が起きたのは、NASAの画像チェックを5〜6年前に始めて以来、初めてのことです。地球上では2017年秋にイベントが起きるだろうという大方の予想はありましたが、でも起きませんでした。しかし光の銀河連合はこれらの画像を見る限り、着実にアルコン・キメラグループの掃討作戦を実行し彼らを追い詰めているように思えます。従ってこの作戦が最終フレーズをクリアーするのも、そう遠くないのではと思います。
 

 

もし、そうなれば、プラズマトップレット爆弾の起爆という最悪の懸念が完全に払拭されますから圧縮突破が起きて地表のハザールマフィアさん達の起訴、逮捕が本格的に始まるでしょう。なぜなら地底のアルコン・キメラグループによる人類への脅しの切り札がなくなるからです。
 

 

ですから、早ければ今月末までに、新時代の到来を実現するポジティブなイベントが起きるかもと言う淡い期待はあります。しかし、現在ハザールマフィアが裏で北朝鮮を煽っていて、米国との戦争を目論んでいますから一触即発とまでは言いませんが、表面的にはかなり危険な状況にあるようですから、トランプ大統領がこれにどう対応するかによっては、2018年移行のアセンションプロセスに大きな影響がでる可能性も否定できません。つまりタイムラインの分岐が起きる・・・。(-_-;)
 

 

(^_^)/

 

posted by: Michi&Mirai | 天体画像 | 12:06 | comments(0) | - | - |
コズミック・ディスクロージャー シーズン 8 エピソード 12 後半 (10/24)
∞ 後半です。 前半はこちら

  


 
コズミック・ディスクロージャー シーズン 8 エピソード 12 後
2017年10月24日
 
ピート・ピーターソンと三本指の存在たちとの出会い


しかし、誰かが実際に、本当に興味を持っていたか?まったくそうではありません。私達は本当に興味がありました。私たちはそれをするのに何も持っていません。私たちはチャネル(英仏海峡トンネル)を掘ったした装置を持っていましたが、私が思うのは…彼らの考えでは… 彼らはこれらのトンネルを見て、それがどのように造られたのか把握しようとしました。
 
David:米国には1960年代の早い時期にトンネリング機を持っていたようだから、かなりスピードが上がっている可能性もあります。
 
Pete:まあ、私はそれらの多くが動作するのを見た事があります─別の物です。私が知っているのは、おそらく過去20年間でない程のハイスピードです。
 
David: オゥ、OK。
 
Pete:私たちには今ある物で可能ですが、一部問題がありました…先ほど言った、エネルギーの問題です。その多くの岩を溶かすエネルギーです。私たちは岩石を粉砕します。それの多くは削り取られ、[私たちは]それを取り除きます。彼らは、岩を溶かし、外側をコートか、この場合は内側をコートします…落ちる岩や水が垂れないようにします。
 
David: 確かに。
 
Pete: そうです。地下には常に水があります。
 
David: OK。では私からの質問です:これらのミイラで見つかった内いくつかは、レプタリアンタイプです。私は強い好奇心があります。政府のワークでもETに遭遇することができたので、あなたは3本指を持つ存在を見たことがありますか?まずそこから始めましょう。
 
Pete: はい。
 
David: OK。そして彼らはどのように見えますか?私達に教えてもらえますか?
 
Pete:彼らは非常に細い、長い腕、長い指、長い脚、長い体です。
 
David:「ナスカを掘り起こす」にあるものは、それらが地球上で成長したと思いますか、あなたはどう思いますか?…
 
Pete:いいえ。
 
David: いいえ?
 
Pete: まあ、私は彼らが一定の期間にわたってやったと確信していますが、彼らはここ(地球)の出ではありません。
 
David: OK。
 
Pete: 進化の記録がないのです。
 
David:質問です。これは興味深い質問です。
 


 


 
M.K.ジェシーはコロラドの放射線医です。ミイラのX線を見るためにそこへミイラを持ち込みました。そして彼女が指摘したもっとも奇妙な異常の1つは、それは恐怖の対象ではないと思いますが、頭蓋骨に頭蓋骨の縫合がないということでした。
 


 
頭蓋骨に亀裂のない、大きな1つのピースであるように見えます。
 
Pete: うん。
 
David:それはどのように考えられますか?どうやって成長するのでしょうか?
 
Pete: それは単に遺伝学です。すべてが共通であるという事実です。…彼らは私たちに近いかもしれません。彼らは私たちの銀河系に居ます。外銀河に比べ(より近い)。
 
通常は外銀河です…実際、科学の他の分野では、銀河系外のものは本当に違っています。
 
David: フム。
 
Pete:しかし、それらの多くは2つの目、2つの鼻孔、2つの耳、2つの聴覚物、2つの腕、2つの脚を有しています。そして、非常に多くの異なるものが広がっているという事実は、私にとって驚くべきことです。ミイラはそのはずだと証言しています…ご存知の様に、彼らはいくつか(の星)から来ている必要があります…基本的な形式または機能として。
 
David: 人間の青写真のようなものはありますか?
 
Pete: まあ、うん。OK。
 
David: ヒューマノイド。
 
Pete:私たちはそれを人間の青写真と呼んでいます。遺伝的な青写真があります…それはかなりよく続いたように見えます。
 
さて、私たちは結局人類学や考古学の研究で見つけ出すかもしれません…ちょうどそのフォームが最も効果的だったことがわかります。
 
David: はい。
 
Pete:だから自然の進化は、私たちが今見ているものに向かって進んでいたということです。
 
David:私たちが「マリア」と呼んでいるミイラは、「ナスカを掘り起こす」の中で、耳の周りに脂肪組織を持っていません。実際には耳が全くありません。


 
これは、より空気力学的な外観を示しているようであり、それは水生生物であるか、または空気中を急速に移動する存在である可能性があります。私はあなたの考えに興味があります。
 
Pete:そうですね。私はあなたが望むならば、多くの異なる種族の写真や例を見たことがあります。我々はそれらをレース(種族)と呼びます。いくつかは水生生物に由来することは明らかです。
 
水中から来ていない、鳥や昆虫のようなものもあることは明らかです。
 
彼らは水かきがあり、水中から来たように見えるものがあります。彼らには腕があるかもしれませんが、水かきがあります。[ピートは、身体を低くして腕を動かす─泳ぐ真似をする。]
 
David: うん。
 
Pete: 彼らはミックス(両生類?)になるように造られました。
 
David: はい。
 
Pete: そして、非常に厚い大気を持つ人間の住める惑星があります。
 
David: フム!
 
Pete:つまり、温度がそこにあるということで人間の生活を支えてくれるのです。重力はそれほど強くないか、少なすぎない。
 
David:だから、必ずしもゴールドロックス(ちょうどよい)の原則である必要はないと言っています。それは、大気が私たちと大きく違う惑星でも、あなたはまだ知的な人生を持つことができるということです。
 
Pete: ああ、絶対に。私は私が感じているものを見ました…知的な人々だった…2つの目を持っていません。
 
David: フム。
 
Pete:そして、あなたが見た人物の耳に脂肪組織がない話は、高度な生命体であると解かります。それらの多く…リモートビューワーが遠くの場所を訪問し始めたとき、彼らは「ギャラクティック・センター」から遠く離れていくにつれて、声帯と耳でコミュニケーションする必要性を失い、言葉以外で伝達されます。
 
David: アゥ
 
Pete: そして彼らの耳は…、進化によって耳を取り除いた形態へと進化しました。
 
David: ワォウ!
 
Pete:…声帯を取り除いた。そして彼らがこれまでに他の方法で進化していることを知るでしょう。私たちが彼らとコミュニケーションする時は、パーキングメーターや古いフェンスのポストと話すようなものです。そして我々はサンスクリット語を除いて、続けることができない…ここにある私たちの言語は、間違いなく世界共通語です…知る限り約7,200年前からあります。そして、7,200年の間に、彼らはフライング・ソーサーの作り方を正確に説明していました。
 
David: はい。ではあなたが個人的に会った地球外生命体についてもう少し話しましょう。あなたが個人的に見た3本指のETに関する情報をいくつか教えていただけますか?
 
Pete:私は3本指型のETを3種類見てきました…
 
David: OK。
 
Pete:…彼らは基本的に情報を交換したり、集めたりするためにここに来ていました…私たちの身体は彼らが非常に興味を持つ再生の可能性が非常に高い多くのDNAがあります。
 
David:これらの3本指のETがどのように見えるかを具体的に、記述することができますか?
 
Pete:3本指のETのうちのいくつか…私の仕事は主にクラフトのコントロールをリバースエンジニアリングすることであることを覚えていますね。
 
David: OK。
 
Pete:だから私たちが空飛ぶ円盤と呼ぶもののほとんどは、3本指の存在のためのコントロールパネルになっていました。
 
David:ほぼすべての空飛ぶ円盤には、3本指のコントロールパネルがありましたか?
 
Pete: そう。
 
David: 本当に?
 
Pete: そうだった…私が言うように。
 
David: これらの存在には3つのつま先がありますか?
 
Pete:私が3本指のETで見た、すべての存在は3つのつま先を持っていたので、普遍的なものでした。
 
David:ちょっと待ってください。ナスカで見た、つま先はフロントジョイントで下にカールしているようでした。
 


 
あなたがこれを観察したのであれば私は珍しいです。
 
Pete: オォウ、絶対に。
 
David: 本当? OK。
 
Pete: うん。そして一つの方法…私は、これらの3本指の存在の3つの異なるグループを見ていると言いました。グループには、3本の指があります。中指は真っ直ぐです。そして彼らのほとんどは実際に…私たちが持っていない、2つの余分な関節を持っています。彼らは私たちが持っているナックルジョイントと同じではありません。それは別の種類の関節です。しかし、それらの多くでは、外の指の先端の関節…実際には、このような軸の中で[指を上げ下げする]すべてを動かす代わりに、外側のものは内側に曲がります。
 
David: オゥ!
 
Pete:まあ、どんな感じでしょう?それはあなたの中指の両側に反対の親指があります。
 
David:面白い。中指はそうならないが、他の2本は内側に曲がる?
 
Pete: 他の2本はそうです。
 
David: う〜ん。
 
Pete:さて、今のところ、彼らはおそらく3つの種族すべて同じように見えます。通常、中指は一方向に直線的ですが、外側の指は中に入る傾向があります。
 
David:だから私はそれらの関節のための腱は別の場所になければならないと思います。
 
Pete:腱は別の場所にあり、骨や骨に沿った神経経路や溝は別の場所にあり、それらは非常に異なっています。
 
David:あなたは、ペルーの誰かが、これらのミイラをお金を稼ぐために、いたずらした可能性があると思いますか?
 
Pete: 今日ではありません。
 
David: どうして?
 
Pete:私たちはこの技術を持っていません。私の理解では、(ミイラが)持っている結晶構造は、天然の骨の結晶構造であるということです。
 
David: はい。
 
Pete: どうすればそれを作ることができますか?私たちはそのようなものをどうやって作るのか考えることさえありません。
 
David:懐疑的な人たちの中には、ミイラの周りにある白い粉塵を嫌う人もいます。
 


 
 


 

私たちが見てきたことは、ケイソウ土と明らかに洞窟全体としての塵のテストが完全に一致しているということです。
 


 

あなたはどう思いますか?…なぜ彼らは最初にこれらのミイラを珪藻土に置くのだろうか?理由は何でしょうか?
 
Pete:組織を保存する保存方法です。組織は常に崩壊するでしょう。それは大気中の細菌によって食べられるでしょう。私たちは常にその問題を抱えています。
 
それでエジプト人はそれに一つの方法を見出しました。彼らは、特定の種類のカブトムシの羽根からワックスを抽出し、コーティングに使用しました。化学的相互作用を阻止する多くのことをしました。
 
David:材料科学の知識からして、珪藻土は防腐剤として機能しますか?
 
Pete:絶対に。すべての珪藻質…珪藻は小さな細胞であるか、炭素質の外骨格を持ち細胞メカニズムはごくわずかです。
 
 


 

そして、例えば、アンデスのいくつかの地域では、洞窟はすべて珪藻土にあります。
 
David: はい。
 
Pete:珪藻は、地球上でアニマルライフが始まった頃にほぼ形成されました。
 
David: はい。
 
Pete:そういうわけで、あなたは骨格を持っています。
 
David:あなたは三つの異なるタイプの三本指の存在に会ったと言った。そして私は彼らがどのようにコミュニケートしたのか不思議です。
 
Pete:いくつかは精神的に伝えられました。一部は部分的な精神伝達です。まだあなたの耳があるようなものです。いくつかは耳を持っていません。彼らに耳がある場合、彼らにより良い範囲になる様にはるかに高い周波数に設定されています。
 
いくつかは彼らの聴覚で見ることができます。
 
David: 本当に?
 
Pete:言い換えれば、聴覚がとても良く、1ヘルツの1/10を聞き分けることができます。
 
彼らの発言の一部は非常に狭い帯域幅にありますが、私たちが持っているよりもはるかに多い発言をしています。
 
David:「帯域幅が狭い」と言うのは、スピーチのピッチを意味しますか?
 
Pete:ピッチ。ピッチは、ミドルC(音階のド)とA(ソ)またはB(ラ)ノートの間、で上下します。それだけです!それだけで…それが全体のスペクトルです。しかし、その全体像には、ビジョンを得るために十分な情報を詰め込むことができます。
 
David:彼らの目や瞼でユニークなものはありましたか? または点滅しますか?
 
Pete:すべてが異なっていますが、大きく異なるわけではありません。さて、両方向[上と下を意味する]から目が瞬きするものがあります。
 
レプタリアンのものは異なる種類のコーティング構造を持っています。あるいは、何らかの形で水分を保持しています。彼らは異なったエアフローを持っています。それは違った表面を持っています。それは水をよりよく保持する、非常に厚い涙を持っています。これらのすべてが行われます。
 
そして彼らの目はほとんどのトカゲのようなものです。彼らは点滅しません。
 
David: はい。
 
Pete:複眼を持つ宇宙人がいる。垂直な瞳孔を持つ宇宙人がいる。瞳孔は、このように[開閉する]代わりに、このように[縦に細く拡大]-開閉して光の量を調整します。
 
目には常に一定の光量と一定の色合いの光があります。それはより多くの情報を得ることができるからです。そしてそのすべてが誘導と生存のためのものです。
 
David:あなたがナスカのミイラの目を見たら、彼らの目はあなたの経験に基づいてどのように見えると思いますか?
 
Pete:さて、その存在は、私たちと非常によく似た目を持っています。
 
David: 本当に?
 
Pete:複眼ではありません。それは蓋があります。
 
私はカメラのようなアイリス(虹彩)を持ったカップルを見ました。昔ながらのカメラの様なアイリスがあり、個々に離れています。
 
David:虹彩の目だと言うことは、まぶたが開いて閉じることを意味しますか?
 
Pete:まぶたではなく、瞳孔が作られています…動物には次のような化学があります。それに続く化学があります。それに続く神経構造があります。
 
ワシは地面に這う数千フィート先の虫を見ることができます。
 
David: 確かに。
 
Pete:私たちはそのようなビジョンを持っていません。
 
David: 確かに。
 
Pete:彼らの目はそれに応じて異なっている。まあ、あなたはETのことを考えています。
 
David:それで、これらの生き物は平らな足の裏で歩いたのですか、つま先で歩いたのですか?
 
Pete:彼らの歩き方は…まず、遠くから見ると、彼らは竹馬で歩いているように見えます。
 
David: OK。
 
Pete:そして、つま先は、柔らかく、どれくらい湾曲しているかによって、違います。彼らは立って、(つま先を)伸ばすか、ぴょんぴょんします。
 
そして、彼らの多くは、自分の指や足指の上に蹄のような構造を持っていました。
 
彼らのグループにはパッドがあり、非常に柔軟なつま先を持っていました。そして、つま先はちょうどパタパタと道を移動します。
彼らの中には、バランスを取るためにそれらをコントロールする者もいました。
 
David:彼らは裸足でしょうか、足の上までのジャンプスーツがあるのでしょうか?
 
Pete:上記のすべて。ほぼ裸でした。彼らの多くは裸です。裸のものには堅い角状がありました……彼らのほとんどは、関節の間に角がありました。
 
David:ここで彼らが地球上で果たした役割は何ですか?彼らはポジティブでしたか?彼らは私たちを助けようとしていましたか?
 
Pete:彼らが来たのは、探検し、存在し、彼らはピックアップして、去りました。
 
David: オーライ。「コズミック・ディスクロージャ」このエピソードは時間となりました。スペシャルゲスト、ピート・ピーターソンでお送りしました。ご視聴ありがとうございました。
 
翻訳:AKsystem 「キーンエリアニュース」 
 

∞ この記事には三本指のETさん達が地球にやってきて、地上絵で有名なナスカの地下、約45メートルに巨大なトンネルおよび彼らの多くの居住地をハイテク機器で構築していたことと、彼らが地球にやってきた目的として我々人類のDNAサンプルの採取をすることであったこと、それに彼らの仲間が地球にきたときに、彼らの居住地がわかるようにナスカの地上絵を造ったと言う事などが書かれています。
 
その後、目的を達成した三つ指のETさん達は地球から去っていったのですが、彼らの葬儀スタイルがミイラとして残っていることは彼らが人類と同じような思考を持つ存在であったということでしょうか。
 
また長い間、調査されていた「ナスカの地上絵」が造られた真の理由が明確になった点は高評価ですね。
 
(^_^)/



 
posted by: Michi&Mirai | コズミック・ディスクロージャー | 21:56 | comments(0) | - | - |